5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ヴァイキング

1 :世界@名無史さん:04/04/20 04:42
立っては消えるヴァイキングスレッド。

2 :世界@名無史さん:04/04/20 04:44
ああ、今週から漫画ゴラクで土山しげる先生の売キングが始まるね。

3 :世界@名無史さん:04/04/20 04:45
大空魔竜

4 :世界@名無史さん:04/04/21 01:54
ガイキング?

5 :世界@名無史さん:04/04/21 02:59
>>3-4
あれのフェイスオープンはダイアポロンの合身と並んで子供が怖がったやつだよな。
俺も嫌で嫌で、といいつつ観てたが。

6 :世界@名無史さん:04/04/21 16:06
赤毛のエリクage



ノルマンディーのロロは百貫デブ巨漢だったと聞いたが・・・・・・

7 :世界@名無史さん:04/04/25 23:40
アメリカ入植地の最期は悲惨だったそうな・・・
ヨーロッパとの定期船も途絶えた末に孤立、
果てにイヌイトに襲われアボーン・・・
15世紀まで集落は生き残ったようだが、コロンブス以降にヨーロッパ人が
訪れたときにはすでに無人の村と化していた。

8 :世界@名無史さん:04/04/26 10:40
冠二郎って演歌歌手の「バイキング」って歌は
歌詞がムチャクチャで笑える。
カラオケで見つけたらぜひ歌うべし。

9 :世界@名無史さん:04/04/26 16:04
レイフ・エリクソンage

10 :世界@名無史さん:04/04/26 19:07
♪ドクロの旗をなびかせて〜世界の海を駆け巡る〜

♪命をかけた/この船は/太平洋の暴れ船ェェェ〜

11 :waza_fire:04/04/26 20:45
10ゲトできなくてショーク(つД`)

12 :世界@名無史さん:04/04/27 15:29
ヴァイキングは北アフリカも襲撃している。

アジア、ヨーロッパ、アフリカ、北アメリカ、グリーンランドと
4.5大陸を荒らしまわったわけだ。
(グリーンランドは半分大陸として)

13 :世界@名無史さん:04/04/27 15:31
今もノルウェーのヴァイキングは世界中で真っ赤な塗装の商船団を動かしている。

14 :世界@名無史さん:04/04/29 11:33
邦題「移民の歌」というとなんか行儀よく渡来するイメージがする・・・

15 :世界@名無史さん:04/04/30 16:48
>>13
愛媛の村上水軍の末裔達も全く負けてないけどな。

16 :世界@名無史さん:04/04/30 16:51
ノルウェーはキティフェミに乗っ取られてもう駄目ぽ。

17 :世界@名無史さん:04/05/01 13:32
同じヴァイキングでも祖先がフランスのノルマンディ地方に定住し、
フランス人と同化(というよりはフランスの言語や文化、生活様式
を受け入れたといった方がいいだろうか)したノルマン人って、ス
カンディナビア本土のヴァイキングを『野蛮人』として見下すふし
はあったんだろうか。ちょっと気になる。


18 :世界@名無史さん:04/05/01 14:28
ベルセルクっていたの?

19 :世界@名無史さん:04/05/02 07:50
>>12
無人のグリーンランドをどうやって荒らすのか、、

20 :世界@名無史さん:04/05/03 19:46
イヌイットを略奪してなけなしの(盗られたら凍死するほかない)毛皮を略奪か?
極悪だな。全滅させられて当然だったな

21 :世界@名無史さん:04/05/03 22:09
ヴァイキングの凶暴さと行動力はゲルマン人の凄さを物語るものだと思う。

22 :世界@名無史さん:04/05/03 22:11
>>18
ベルセルケル

23 :世界@名無史さん:04/05/03 23:19
>>17
ヴァイキングって同じゲルマン族の国であるフランク王国の沿岸部
を襲撃・略奪して回ったんだよな。


24 :世界@名無史さん:04/05/10 03:04
↑略奪の手引きするやつが居たのでは?

25 :世界@名無史さん:04/05/10 03:10
>>23
別に、親戚という感覚もなかったんだろ。
ゲルマン国家同士の戦争なんかザラだしフランク内部でも始終戦争してるが。

26 :ちゅるごー:04/05/10 11:22
大暴れするノルマン人をおとなしくさせた人はすごくない?

27 :世界@名無史さん:04/05/10 12:59
>>26
おとなしくさせた人?
911年に西フランク国王がノルマン人族長ロロをカトリックに改宗させ、
ノルマンディ公として封じ、ロロをロベールと改名させた。

28 :世界@名無史さん:04/05/18 10:04
どうして略奪止めたの?

29 :世界@名無史さん:04/05/19 13:03
>>25
内陸の機動侵略は苦手だったので、蒙古系のマジャール遊牧民族(定住し混血して
ゲルマン・スラブと同化したのがハンガリー人)と手を組んでいるしなあ。蛮族どう
し、気が合ったものとおもわれ


>>28どうして略奪止めたの?

侵略されていた諸民族が封建国家を完成させた中世には、形勢を完全に逆転されますた。
いったんヨーロッパが堅固たる国家体制をととのえてしまえば、がんらい技術も総生産も
総合的な技術もたち遅れていた未開の北欧人やアジア遊牧民は、基礎体力で太刀打ちできません。
で、じぶんたちも慌ててキリスト教に改宗し、封建国家(スウェーデンやデンマーク、
ハンガリーやブルガリアなど)建設へと舵を切ったわけです。

30 :世界@名無史さん:04/05/19 15:12
にしても、マジャールの王は、西欧の王族の娘を娶ったわけだな。

31 :世界@名無史さん:04/05/19 19:44
>>29
マジャールは蒙古系じゃなくてウラル系だろ

>>30
西欧は当時既に蛮族のゲルマン人国家ばっかりだったろ

32 :世界@名無史さん:04/05/19 19:47
東スラブ人は部族国家が多すぎてまとまりがなく、互いに争いばかりやっていたため、
そのときたまたま商売に来ていたヴァイキングであるノルマン人(ルーシ人)の族長リューリクを担いで、
王様になってもらい、キエフにルーシ(ロシア)を作った。

33 :世界@名無史さん:04/05/19 19:55
>>24
戦後の日本みたいな事はないだろ。
ゲルマン人は雇われた先に忠誠を尽くす習慣があるし、
それはバイキングも変わらないはずだし。
むしろ相手を信頼させて裏切るようなのは唾棄されてたんじゃないか。

34 :世界@名無史さん:04/05/19 19:59
>>32
魏志倭人伝のようだな。

35 :世界@名無史さん:04/05/19 20:02
たまたまというよりも、
北海と黒海を結ぶ交易路はヴァイキングの通り道だったから、
交易中継地にヴァイキングが街を作り、
それが周囲の定住民にも支えられて大きくなったんだと思う。
東スラブ人には不可能だったという能力の問題では決してなく、
ただ当時の生活形態では街を作る動機が低かったというだけじゃないか。

36 :世界@名無史さん:04/05/19 20:07
当時も今もロシアは人口密度が極めて低い。
しかも森林地帯とステップ地帯とが分かれており、
それを南北に繋ぐのは交易路でもある河だった。
全く環境が異なるけれども中央アジアの交易オアシス国家と同じような物だと思う。
実際にイワン雷帝やピョートルが出てくるまでは、
ロシアというのは距離の離れた連続しない都市国家の集まりだった。
都市を作らなかったというよりも矢張り作る動機が無かったんだと思う。

37 :世界@名無史さん:04/05/19 20:20
>>29
それじゃあアイルランドやブリテンへの襲撃が収まった事の理由になっていない気もする。
キリスト教の普及とヴァイキングの封建国家化が理由じゃなかろうか。
もっと言えばヴァイキングの北にヴァイキングは居なかったからだと思う。

38 :例の170 ◆vBOFA0jTOg :04/05/19 22:06
>>29
フン族もモンゴル帝国系の国家も、自分側の軍事力が優勢なときから領土を征服して
国土を支配してるだろ。ヴァイキングも、ロロがノルマンディーをもらえたのはフランス
に略奪を仕掛ける力があったからだろうし、両シチリア王国建設では言うまでも無し。

そもそも北欧諸国の王権は略奪行に由来してるという話を聞いた。
「王権の成長自体がヴァイキング活動に関係があったのである」
「〜地域間の争いを平和的に解決し、共通する外敵を撃退し、また結束して遠征するために、
連合することを必要とした」
「財政的にみても王権は、「国民」の租税にではなく、対外的な略奪や交易に依存していた
〜少なくとも恒常的な租税はなかった〜遠征こそが王権の形成根拠であり、存在理由でもあった」0
『山川出版社「北欧史」熊野 聰 ほか著』

39 :世界@名無史さん:04/05/20 00:05
>>37
ノルマンディ公国のアイルランド侵略は聞いたことがないが、
へースティングスで勝ったウィリアム1世も、負けたハロルド2世もノルマン人だよ。
ノルマン朝はウィリアムからだが。

40 :waza_fire:04/05/20 00:08
(・∀・)ヴァイキング!


41 :世界@名無史さん:04/05/20 00:14
ヴァイキングのロシア進出はすごい壮大な旅だったんだろう。
なんか原始ロシアって神秘的なんだよなー

42 :世界@名無史さん:04/05/20 00:18
>>41
ヨーロッパ・ロシアは昔から水路が発達してたから、古代でもそんなに難しい旅じゃなかったようだよ。

43 :42:04/05/20 00:20
古代ロシアに神秘性を感じるのは胴衣。

44 :世界@名無史さん:04/05/20 19:12
神秘的というか9Cにもなりながらノブゴロドの建国が伝承じみてるのは不思議。
リューリックに至っては手元の本じゃ”伝説上”のルーシ族の首長とさえ書かれる始末、実際どうなんだろうか。

45 :世界@名無史さん:04/05/21 00:19
ロシアでは9世紀は「上古」だよ。

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)