5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

トルコ料理の歴史

1 : :04/03/25 15:51
フレンチ、中華のスレがすでにあるので世界三大料理として
トルコもあってもよいかなと思って立ててみた

2 :世界@名無史さん:04/03/25 16:21
どアホ。無駄なスレ立てるな。

3 :世界@名無史さん:04/03/25 16:54
長崎名物:トルコライス

4 :世界@名無史さん:04/03/25 17:20
ロッテ名物:トルコアイス

5 :世界@名無史さん:04/03/25 21:48
秋葉原名物:屋台のけばぶ


6 : 世界@名無史さん:04/03/25 22:12
トルコ料理がなぜ世界大料理なのか?
と疑問に思う人も多いだろうけど、
キリスト圏、イスラム圏、中華権という 大きな文化件を代表する料理だからだと思う
一番安上がりだけどw
トルコ料理っていわゆる 珍味 っていうか高級食材がないよね あえて言えば昔はスパイス類が高価だったんだろうけど、
今は普通だからね。

7 : 世界@名無史さん:04/03/25 22:17
>トルコ料理がなぜ世界3大料理なのか?
の間違いすまん

8 :世界@名無史さん:04/03/25 22:21
ピラウとケバブしか知らんって人が大多数だろな…。

9 : 世界@名無史さん:04/03/25 22:26
ビデ(ピザ)やマントウ もあるんだけどね

10 :世界@名無史さん:04/03/25 23:43

食べ物の歴史スレに合流しろ。
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1079803651/l50

フレンチ中華ならともかく、トルコだけで話が持つか?

11 :例の170 ◆vBOFA0jTOg :04/03/25 23:48
>>10
ネタは無いこともないが…、そんなに漏れの手持ち多くないし。

 どーしよ?

12 :海原雄山:04/03/25 23:52

シシケバブ、ドネルケバブ、キョフテ、ピラウ、エキメッキ、ドンドルマ・・・


13 : 世界@名無史さん:04/03/25 23:55
歴史板だから、トルコ料理が後世の料理に与えた影響とか語ると面白いと思う
カフェ文化とかね

14 :世界@名無史さん:04/03/25 23:58
たしかに、現在のトルコを見れば「こんな小国の料理が、なんで世界
の三大料理??」と思うかもしれない。

だが、オスマン・トルコ帝国が、大清帝国と並ぶ、東西文明の両横綱
だったことを思い出そう。

「東の中華料理、西のトルコ料理」となるのは、当たり前ではないか・・・。


15 :海原雄山:04/03/26 00:03
ピラウは、まず米の質が重要だ。
味の半分はそれで決まると言ってよい。
バターは少なくライスは固めにした方が日本人向きだが、好みには民族差があるだろう。
ピラウは、わずかな調理法の違いで味に大きな差が出る極めて高度な料理だ。
私は、その料理人を知りたい時はまずピラウを注文する。
一杯のピラウには、その料理人の人生、生い立ち、思想、性格など全てが表れるものだ。
ピラウを食す事は、その料理人との戦いでもある。
感覚を鋭敏にして全てを読み取らねばならない。
ピラウを軽んじる者に、料理、ひいては人生を語る資格はない!!!


16 : 世界@名無史さん:04/03/26 00:07
ピラウね
俺も好きだよ 今日なんか都内のアフガン料理屋でパラウ食ってきた
上手かった!


17 :海原雄山:04/03/26 00:08
エキメッキ・・・
フランスパンに似ているが、さらにボリュームがあるといえるだろう。
表面はカリカリ、中はモチモチ。
素朴だが味わい深くいろんな料理に合う。
どのロカンタ(食堂)にも、食べ放題で置いてあるのがうれしい。
トルコ人の気前の良さを表わしてると言えるだろう。
エキメッキをを軽んじる者に、料理、ひいては人生を語る資格はない!!!



18 : 世界@名無史さん:04/03/26 00:17
>>14
トルコ料理が現在の国に与えた影響力は、
東は中央アジアあたりから西はギリシャや、ブルガリア、ルーマニア南もエジプトやモロッコ、チュニジアあたりまでだからね
かなりの広範囲だと言える



19 :世界@名無史さん:04/03/26 00:20

羊肉は何故か日本では評判が良くないが、中東で食べるのは美味しい。


20 : 世界@名無史さん:04/03/26 00:30
中東は絞めた羊を熟成させないで食べると聴いた事あるが、ほんとうだろうか?
あれが美味さの秘訣なのかな

21 :世界@名無史さん:04/03/26 00:34
>>19

乾燥気候に合うんじゃないの。日本だと臭みがある・・・。


22 : 世界@名無史さん:04/03/26 00:38
>>17
日本じゃあの小太りなフランスパンみたいなエキメキ見ないよな
ピタパンみたいなエキメキが支流 最近はラバシュというクレープ状の薄焼きパン出す店も増えたが


23 :海原雄山:04/03/26 01:18
>>22
むう士郎・・
やりおる・・・

24 :海原雄山:04/03/26 01:20
>>17
アフガン料理とは目の付け所が違うな・・
やりおる・・・


25 :世界@名無史さん:04/03/26 01:22
やはり権力のあるところ美味が生まれるんだね。

26 :世界@名無史さん:04/03/26 01:23
インド料理を忘れるべきでないと思う。


27 : 世界@名無史さん:04/03/26 01:35
インド料理は基本的にトルコ料理と同じ食文化圏
ナン コルマ ピリヤーニ カバブなどは、ペルシャやアフガンにも見られる


28 :世界@名無史さん:04/03/27 00:17
>27

インドはベジが多いので料理のバリエが少ない。
陸海空平らげるトルコから見れば貧相なローカル料理。

29 : 世界@名無史さん:04/03/27 00:30
インド料理でも南部のケララと、北部のムガール宮廷料理はかなり違うね
俺は南部のが特に好きだけど、米の粉で作るチャパティーみたいな奴とか、ココナッツのチャツネとか好きだな

トルコ料理に近いのは北部の料理だね
まあトルコに近いと言うより、ペルシャ料理だけど


30 ::04/03/27 00:40
世界三大料理だよねぇ。食べたいなぁ。
フランス料理はいまいち好みじゃないっちゃね。
やっぱ中華かなー

31 : 世界@名無史さん:04/03/27 00:47
>>30
トルコ料理には中華やフレンチとはまた違った魅力があるのでぜひ食べてみて
基本的に日本人にも親しまれる味だと思う

32 :自転車小僧 ◆IBmI/K76EY :04/03/27 01:06
チャンチャカチャカチャカチャンチャンチャ〜ン
今日はトルコの一般的家庭料理メネネンの作り方です。
用意するものは玉葱1玉、ピーマン2個、トマト2個もしくはホールトマト缶1缶、
卵2個、オリーブオイルまたはサラダ油です。

玉葱はみじん切りにします。
フライパンにオリーブオイルを敷き、熱したところで玉葱が透明になるまで炒めます。
途中塩コショウで味を調えます。そして、小口切りにしたピーマンを加えて炒め、
程よく炒まったところでとき卵を加えスクランブルエッグのようにかき混ぜます。
そして、トマトをみじん切りにしたものと角切りにしたものを加え、更に熱します。
一通り、熱が通ったら香り付けにオリーブオイルをさっと振り出来上がりです。
お好みで具にイカや鶏肉などを加えても良いです。
仕上げにヨーグルトを少しかけるとトルコらしさが増します。
甘酸っぱいちょっと変わった味ですが簡単でおいしいですよ。


33 :中華@名無史さん:04/03/27 01:16
突厥族とかもシシカバブ食べていたのかなぁ?

34 :世界@名無史さん:04/03/27 01:19
>32

懐かしい。
その口調、はるか昔地理板の首狩りスレでやっていたのと同じだね。

35 :世界@名無史さん:04/03/27 01:30
トルコって言うと、ボスニアで飲んだトルココーヒーが意外といけた。
どろどろのコーヒー粉と砂糖の甘さが癖になる。

そういや、ウィーンがコーヒーで有名なのもトルコの影響だったか。

36 : 世界@名無史さん:04/03/27 01:35
オスマントルコ軍のウイーン包囲の産物です。
コーヒーのヨーロッパ伝来とカフェ文化
ウイーンのカフェでは今でもトルココーヒー飲めるよ
ちなみにギリシャも同じスタイルのコーヒー
あとアラビアンコーヒーってのもあるが、あれはまたまったく別な飲み物

37 ::04/03/27 02:01
はーい!挑戦してみまーす。
…って、どこで食べれます?

38 : 世界@名無史さん:04/03/27 02:13
>>37
トルコ料理で検索してみ
都内なら今はかなりの数の店があるぞ
地方でもそれなりに在るみたいだな

39 :世界@名無史さん:04/03/27 06:41
世界四大料理は中華料理とフランス料理とイタリア料理と日本料理
ttp://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4490105886.html

40 :世界@名無史さん:04/03/27 09:24
ttp://turkey.arabia-i.com/~nazar/kanou/menu01/map.html

現地逝ったことある人ならわかると思うけど、いいロケーションです。





ごめんなさい。古い人なので。

41 ::04/03/27 16:49
思いっきり地方の人なんでしばらくおあずけ?
あと、よかったらトルコ料理初心者に入りやすい料理を紹介してください!

42 :世界@名無史さん:04/03/27 17:33
http://members.at.infoseek.co.jp/kaz1910032/tak/100404.html
> トルコのアナトリア高原のレストランで、店のオヤジにすすめられた料理
>があった。油でいためた黒い物体がちょっと異様で、これは何かとたずね
>ると「アルバニア人の肝」だという。「もっとも今は本物は使わないけど」

> なんでも昔トルコ帝国が征服したときにさんざんてこずらせたので、その
>報復にナスといっしょにいためて食べたらうまかったというような話だった。

43 :世界@名無史さん:04/03/27 19:28


Türk yemeği çok yemek istiyorum!!!!!


44 : 世界@名無史さん:04/03/27 22:51
代表的な料理はまずシシケバブが上げられる ご存知だとは思うが、羊肉をくしに刺してあぶった物だけど、
店によってそれぞれ下味を工夫している(マリネ液につけておくのだが、臭みを消すため玉葱の下ろしたのや、ヨーグルト、オリーブオイルなどに浸す)
後、最近日本でもポピュラー?になりつつあるドネルケバブ
薄切りにした羊肉を何層にも重ね巨大な塊にしたものを専用のオーブンでまわし焼きにし、焼けたところから削ぎ切りにして、ピラフやピタパンと一緒に食す
キョフテ 挽肉のケバブで、やはり羊の挽肉にスパイス類や玉葱をあわせつくね上にしたものをグリルした物
バリエーションとしてナスと交互にくしに刺しして焼いたパトリジャンケバブや、レッドペッパーがっきいたアダナケバブ
など、がある。またトマトソースで煮込んだものなどバリエーションは豊富
ゼイティヤールドルマ ドルマとは詰め物料理の事で、トマトやピーマン、葡萄の葉の塩付けなどにレーズンと松のみ、ディルが入ったピラフを積めてオリーブ油で蒸し煮にしたものを冷やした前菜
レモンをかけて食す
ちなみにドルマは温かいのものもありこちらは肉いりのピラフをつめ、トマトソースで煮込みメイン料理として食べる
マントウも結構有名かな。分かりやすく言えば湯で餃子(当然羊入り)にトマトソースと、にんにく入りのヨーグルトソースをかけたもの)
そのほかにもいろいろあるけど、キリがないのでw

45 ::04/03/27 23:49
予算とお腹の関係上そんなに食べれないかも…(・・;)
パトリジャンケバブとマントウを試してみまーす。
感想はできるだけ書き込みますんでヨロシクっす!
親切にありがとうございました!

46 :世界@名無史さん:04/03/28 01:08
シシカバブの冷凍食品化を要求する。

47 : 世界@名無史さん:04/03/28 01:45
>>46
タイカレーのレトルト食品が日本の会社から発売されるなんて、
90年代のエスニック料理ブームの頃は考えもしなったからな・・・・
今じゃ東南アジア料理は普通に市民権得てるよね
シシカバブもそのうち出るんじゃ似ないか?

ちょっと前に 日テレのマネーの虎って番組でカバブ屋のチェーン展開の企画やってたよ
どうなったかな? 何でも吉野屋みたいな店舗でカバブを販売して、将来的にはマックみたいな規模にしたいそうだ

48 :世界@名無史さん:04/03/28 02:25
>41
世界の食文化 (9)トルコ
をお勧めする。この1冊で十分だろう・・・

49 :世界@名無史さん:04/03/28 03:54
てかドネル・ケバブはもう日本でも屋台が出て
ポピュラーになりつつあるんでは。(東京だけ?)
鶏肉や牛肉のが多いけど、この前秋葉原で買ったのは
BSEの影響からかちゃんと羊肉になっていたよ。


50 :世界@名無史さん:04/03/28 05:39
>>48
買ったけど、レシピは載ってなかったな。

51 :世界@名無史さん:04/03/28 07:08
なんか困ったらとにかくオリーブ油かヨーグルト入れとけみたいな印象が

52 :世界@名無史さん:04/03/28 09:05
>>51
それじゃ、和食で困ったら醤油か味噌入れとけっていう印象がある?

53 :世界@名無史さん:04/03/28 09:29
あるよ。ただしうちじゃカレーにはソースだけどね。

54 :世界@名無史さん:04/03/28 10:06
うちは困ったら鰹出汁入れる。
結構便利。

55 :世界@名無史さん:04/03/28 10:18
中華料理とかよ、汁が飛び散るし、食べた後の散らかりが汚い!
中華料理は食べてる姿が絵的に良くない。

56 :世界@名無史さん:04/03/28 10:40
ヨーグルト料理の本場

57 :世界@名無史さん:04/03/28 10:45
イギリスも世界三大料理料理として含めるべき。サンドイッチが
ハンバーガーやサブマリンのルーツだからな。

58 :世界@名無史さん:04/03/28 11:12
>>57
なんの冗談だ?

59 :世界@名無史さん:04/03/28 12:12
大韓料理を忘れないです。
世界皆にほめられてる。
肉料理です。香辛料をうまく使ってる。
料理界での世界五大料理は、フランス、トルコ、中国、大韓、イタリア
そうだ。
大韓料理コーナーを新しく作ってもいいですか?

60 :世界@名無史さん:04/03/28 12:12
>>58
世界三大不味い料理

61 :世界@名無史さん:04/03/28 12:16
60
世界三大料理とまで言ってくれてありがとう。
日本でも大韓料理は人気ありますね。

62 :世界@名無史さん:04/03/28 12:19
またハン厨かよ…春だなあ

63 :世界@名無史さん:04/03/28 12:20
アメリカが世界三大料理の一つ。

64 :世界@名無史さん:04/03/28 13:12
>>57>>59>>63

何の冗談だ?特に>>59、釣りにしてもわざとらし過ぎ。もっと修行汁。

65 :63:04/03/28 14:27
>>64
冗談じゃねえよ。アメリカ料理は絶対に五本の指に入る。
しかし中華ってそんなに美味しいかね。中華料理がルーツでも日本人が
アレンジした奴の方が断然美味しいんだけど。

66 :世界@名無史さん:04/03/28 15:54
>>65
アメリカ料理ってどーゆーのを言うの?ファーストフード位しか思いつかん…。
アメリカという国自体の食の多様性なら最もな話だが、アメリカ文化の中で
育まれた独特の食様式を持つ独自の料理となると…

67 :世界@名無史さん:04/03/28 16:18
>>65
お前がバカなのはよくわかった。消えろ。

68 :世界@名無史さん:04/03/28 16:19
ソウルフードは?黒人料理。

69 :世界@名無史さん:04/03/28 16:33
珍味だな。


70 :世界@名無史さん:04/03/28 16:57
>>66
そう、そのファーストフード。
マクドナルド兄弟は偉人だよ。

71 :世界@名無史さん:04/03/28 19:18
>>66
ケイジャン料理なんかはけっこういけるよ

72 :自転車小僧 ◆IBmI/K76EY :04/03/28 21:44
>49
関西でもドネルケバップの店はちょこちょこ見かけますよ。
ハミちゃんのドネルケバップは手作りのピデに挟んでヨーグルトをかけてくれる。
他にも軽トラの荷台にドネルケバップの道具を乗せた屋台のようなのをエジプト人や
イラン人がよく出している。
こちらの方は店を構えていないのでホットドッグ用のパンにケバプと野菜を挟んで出し
てくれる。

73 : 世界@名無史さん:04/03/28 22:43
日本にもアラブ人街観たいのがあれば、もっと知れ渡るんだけどね。
トルコ料理、中華がポピュラーなのは、横浜や神戸などの中華街があるからというのが大きいと思う。
あそこ行くといろいろな形態の中華料理の店があるからね。
それこそ、宮廷料理から、屋台の出店的な店、朝粥までさまざま
パリやニューヨークのアラブ人街いくと面白いよ。 トルコ料理屋、レバノン料理、モロッコ料理あたりの店がたくさんあるんだけど、
ロカンタや、アラブ菓子やホブスと言うアラブパンの専門店まである。 当然近くにはモスクも

74 :世界@名無史さん:04/03/28 22:51
代々木上原のオスマン様式のモスクのあたりにトルコ料理店はないのかなぁ?
神戸のモスクの周辺はどんなんだろ。

75 : 世界@名無史さん:04/03/28 23:06
>>74
両方行ったことないから分からないなあ
代々木上原のはかなり立派な物みたいだけどね
近くにバザールがあったりすると面白いのにね

76 ::04/03/28 23:13
世界の食文化トルコの在庫が無かったんで早速書店で頼んできたよー。
ちょっと時間がかかるみたいだけど店員さんが親切なんで感謝でした☆

77 : 世界@名無史さん:04/03/28 23:17
NTT出版の 食はイスタンブールにあり って本もお勧め
内容は世界の食文化と変わんないんだけどね 著者も同じ人みたいだし

78 :例の170 ◆vBOFA0jTOg :04/03/29 00:04
>>6
>珍味
トルコ式アイス、ドンドルマの材料でもある生クリームの変種”カイマク”というものが
あるんだが、やっぱインパクト弱いかな…。カイマクという言葉には日本語の”醍醐味”のような
意味合いもあるらしい。ちなみに、17世紀の公定価格表では時価になっているようだ。
まぁこれは>>77の本からの引用なわけだが。

>>13
ではコーヒーについて少々。
現在の茶菓子の起源はトルコ。少なくともコーヒー+甘い物のカップリングは彼らの発明だ。
当時イスラム圏ではコーヒーの効能について、現代人にも頷けるものから馬鹿馬鹿しいもの
(例えばコーヒーを飲むと鬱になるだとか)までまことしやかに議論されていたわけだが、
その中に、空きっ腹でコーヒーを飲むと胃を痛める、という説があった。そしてトルコのコーヒー
スタンドでは、店先で菓子を売り、客はそれをコーヒーと一緒にいただいていたのだ。

>>36
実際は、ウィーン包囲以前の16世紀にヴェネチア経由で伝わっているわけだが。
クレメンス8世が「悪魔の飲物」と評されていたコーヒーに洗礼を施したという逸話もある。
例の男は確かにウィーン最初のコーヒーハウスを開いたかも知れんが、やはり俗説だろう。

79 : 世界@名無史さん:04/03/29 00:14
>>78
カイマクね あれほとんどバタークリームみたいな奴でしょ?
テルカダイフやバクラワに添えてある甘くない硬いホイップクリームみたいなの

トルコのエジプトバザール行くとキャビアが安く買えるのだが、あれトルコ人は食べないのかな?
イラン産のなんてかなりウマ!なわけだがおまけに安い!
俺が旅行した時は、4缶も自宅用に買って家でキャビア茶漬けとか考えられないような食べ方してたよw
しばらくキャビアなんて観たくないってくらい食ったな・・・

80 :世界@名無史さん:04/03/29 00:56
>66
チリビーンズ、ガンボは
ちゃんと作るとうまいよ。

81 :世界@名無史さん:04/03/29 09:46
>>66
アメリカ料理

ホットドック
シーザーサラダ
チリビーンズ
ステーキ
ケチャップ
マヨネーズ
ポテトチップ
タコス
サブマリンサンド
べーグル
オニオンリング
フレンチフライ
フライドチキン
アップルパイ

82 : 世界@名無史さん:04/03/29 11:52
ねただとは思うが、ステーキフレンチフライはアメリア料理ではない
マヨネーズも違うしそもそもケチャップと共にルお売りではなく調味料だろw


83 :世界@名無史さん:04/03/29 12:19
>>82
確かに「アメリア」料理じゃないな。w

いや、マジレスするとアメリカ風のステーキ料理などいくらでもある。
フレンチフライをファーストフードでアメリカが広めたし。
調味料でつっこまれるとはな。ただのおまけ。

84 :世界@名無史さん:04/03/29 13:02
オートミールとか食ってる連中に戦争で負けたくない

85 :世界@名無史さん:04/03/29 13:05
スレ違いだが、アメリカ料理といえば、
ケージャンやクレオールがあるじゃんw



86 : 世界@名無史さん:04/03/29 13:07
アメリカ風ステーキってどういうの?
何味? 

87 :世界@名無史さん:04/03/29 17:47
>>86

靴底味

88 :世界@名無史さん:04/03/29 18:14
>>84
納豆よりはましだろw

89 :世界@名無史さん:04/03/30 01:47
美味いものを安く食いたい

90 :世界@名無史さん:04/03/30 02:15
ケバブとカバブ。

91 :世界@名無史さん:04/03/30 05:32
考えてみれば日本料理もバリエーションが少ないよな。
材料は、米と大豆と魚と野菜。
味付けは、醤油と味噌と塩。


92 :世界@名無史さん:04/03/30 21:57
トルコ料理はイスラムの食文化に加えて、
遊牧民の食文化の洗練の頂点と位置付ける事も出来る。

フランス料理:ナイフの文化を代表
中華:箸の文化を代表
トルコ:手食〜「包食」の文化を代表

という説もある。

包んで料理するものが多いのは遊牧民の食文化。



93 :世界@名無史さん:04/03/30 22:01
高度に発達した保存食

フランス料理:チーズ (牧畜的)
中華料理 :醤、味噌類(農耕的)
トルコ料理:ヨーグルト(遊牧的)

94 :世界@名無史さん:04/03/30 22:08
フルコースてのは、トルコに由来するのですね?

95 :世界@名無史さん:04/03/30 22:44
昔はなぁ、吉野家フルコースという注文の仕方があってなぁ、
ビール、ごぼうサラダ、味噌汁、牛丼、玉子、漬物 で全メニューの
全部を注文するとき、「フルコース」と言ったものさ。

96 : 世界@名無史さん:04/03/30 23:16
トルコ料理のフルコース

ショルバ(スープ)
メゼ  (冷たい前菜) 
ユフカ (パイ料理)
ケバブ (メイン料理)
菓子


97 :世界@名無史さん:04/03/30 23:17
>96
飲料は水かヨーグルトかな?

98 :  :04/03/30 23:30
飲料は今は酒が飲めるので、ワインやラク
(フランスのペルーノやイタリアのサンブッカみたいなアニスリキュール)
が飲める
のんアルコールならヨーグルトドリンクのアイラン
ちなみに昔はとうぜんアルコールがご法度だったので、シャルベットと呼ばれるシロップ水が飲まれた
シャルベットにはいろいろバリエーションがあり、スグリや桃葡萄バラの花メロンレモンなど多彩だったみたい
中には麝香なんて物まで加えた物まであったようだ

99 :例の170 ◆vBOFA0jTOg :04/03/30 23:59
>>79
>>78で挙げた公定価格表にキャビアも載っているから食べたことは食べたんだろうけど、
その値段はバカ安のようなので、そんなに有難いものでもないようだ。
昔のインドでの胡椒みたいなモンかな。


>>97-98
コーヒーは、食中に飲むものではなく歓待かカフェで、あるいは楽しみのために飲む物だったようで。
ただ消化に効くと言うことはわかっていたようなので、食後に飲むのも普通だったろう。

ちなみに、夫がコーヒーを飲ませないことが逆三行半の理由と認められたこともあったとか何とか。

100 :     :04/03/31 00:07
>>99
どういう食べ方してたのか興味あるな キャビア
俺の印象だと、そもそもトルコ人に生の魚介類が食えるとは思えないんだけど・・・



101 :世界@名無史さん:04/03/31 12:29
フランス料理って宮廷ではすごい発達したが
中華と違って、庶民の食文化って大して発達してないよね。

トルコ料理はそのへんどうなの?
オスマン帝国のイメージだとむしろ庶民の食文化がすごい多様に発達してる気がするが。


102 :世界@名無史さん:04/03/31 23:01
>101

おまいはフランス料理のことろくに知らんようだな。

103 :世界@名無史さん:04/04/01 00:05
カッパドキア定食、味噌汁付き。

104 :世界@名無史さん:04/04/01 00:33
>101
フランス革命で何が起こったと思う?

105 :世界@名無史さん     :04/04/01 01:00
中華は知らんが、トルコも基本的にはフランスと同じく帝国の解体 料理人が失業
レストランはじめる 庶民に宮廷料理が下ってきた
って流れだと思う
ただ、それでも遊牧門の料理や、トラブゾン地方の魚介料理など庶民独自の?食文化もなくはない


106 :世界@名無史さん:04/04/01 01:28
革命で庶民に宮廷料理が下って来たってことは
庶民の食文化は大して発達してなかったってことだろうが。

107 :世界@名無史さん     :04/04/01 01:33
>>106
現在のトルコ料理の基本はそうだと思う 宮廷風〜って名前の料理が結構あるし
ただ上に上げたようにトラブゾン地方の漁師料理とか(鰯のピラウが有名)チイキョフテと言う羊のタルタルステーキなど、庶民の味もなくはない

108 :世界@名無史さん:04/04/01 08:55
>106
当時はね。

109 :世界@名無史さん:04/04/01 12:25
ドネルケバブやマントウなど包んで食べるのは遊牧系の料理と言われるな。
あのへんは宮廷料理から下ってきたもんじゃないだろ。

屋台料理みたいなのも豊富だぞ。

110 :世界@名無史さん     :04/04/01 23:29
遊牧民の料理はトルコの基本形だろうね
あそこが基本で帝国が拡大するにしたがっていろいろな民族のいろいろな料理も取り入れていったんだろう


111 :   :04/04/02 01:25
トルコの屋台料理

ドネルケバブサンド
ラフマージュ(アラブ式肉ピザ)
ビデ     (トルコピザ)
鯖サンド
ミディエドルマ (ムール貝のドルマ)

こんなもんかな

112 :世界@名無史さん:04/04/02 01:37
鯖サンド(・∀・)イイヨー

113 :世界@名無史さん:04/04/02 09:00
絨毯だって、遊牧民のテント暮らしの名残だろ。


114 :世界@名無史さん:04/04/02 09:01
最近は、韓国のウリ党がテント張りの党本部に引っ越したそうだが(なんでも、
汚職の罪滅ぼしのためだとか)。


115 :世界@名無史さん:04/04/02 19:03
>111 112
サバサンドはホント美味い。もう一回食べたい味だな。
日本でもやってくれんかな。
シュミットもお忘れなく。
屋台じゃなくて、売り歩きだが・・・

116 :世界@名無史さん:04/04/02 19:43
ドネルケバブのすごい所は腹もちの良さだな。
手軽に喰えて、しばらくは腹が減らない。
戦闘用食品なのか?

117 :世界@名無史さん  :04/04/02 23:27
鯖サンド渋谷のトルコ料理屋で食える店あるよ
でもあれって別に自分でつくれないかw? わざわざ買わんでも・・・・

118 :世界@名無史さん:04/04/03 00:22
トルコ料理と言うとやれ豚肉ないだの
普通はイスラムってとこに目が行くが
遊牧文化に目がいくとこが世界史板っぽいな。

119 :世界@名無史さん:04/04/03 06:41
>>117
イスタブールの屋台で買い食いするのが美味いんだよ。

120 :世界@名無史さん:04/04/03 06:50
ギリシャ料理はどうよ?
同じ地中海料理らしいけど・・

121 :世界@名無史さん:04/04/03 18:28
>>121
トルコ料理と似たようなもんだよ。ギリシャ人は頑として認めたがらないけどね。

122 :世界@名無史さん:04/04/03 19:24
豚があるかないかしか違わないとか…。

123 :世界@名無史さん:04/04/03 23:41
>122

酒は?

124 :世界@名無史さん:04/04/04 00:01
トルコのラクとギリシアのウゾーって同じ物だろ。

125 :世界@名無史さん  :04/04/04 00:23
ドルマとか、ヘルバ バクラワなど同じ物多いよ トルコ ギリシャ
味付けが微妙に違うが

126 :世界@名無史さん:04/04/04 04:46
トルコは南に行くほどおいしいような気がする。
(もちろん個人の好みだけど)
アンタリアで食べた野菜料理がうまかった。

ところで、トルコに行ったとき、現地の料理人が、
「16世紀のトルコは、茄子を使う料理だけで300のレシピがあった。
そんなに多様性があったのはトルコ料理だけ、
当時はイタリアでもフランスでも1つの食材に20のレシピがあればいいところ。
それに、何日も前から仕込みが必要な(手の込んだ)料理を作る国は
その当時はトルコだけだった!」と自慢された。
真偽の程は知らないけどね。

127 :世界@名無史さん:04/04/04 06:47
フランス料理のフルコースの起源

128 :世界@名無史さん:04/04/04 10:50
アメリカ料理は、今後百年が勝負かね。
トンカツやらが日本料理として定着して、海外でもそう認知されているように
カリフォルニア巻きなどがアメリカ料理としていずれは認知されるようになる
のかもしれない。

129 :世界@名無史さん  :04/04/05 00:18
>>126
ナスを使った料理は美味いのが多いな トルコ
ヒュンケルビアンデルやパトリジャンサラタス、パトリジャンケバブ、イスティムケバブ
パトリジャンピラウ、カルヌヤルク、イマアームバイジャンなど
美味ななす料理の宝庫

130 :世界@名無史さん  :04/04/05 00:27
>>128
カルフォルニアキュイジーヌのウルフギャング・パックカフェに行ったことあるが
恐ろしくまずかった・・・まさに量だけ食ってろ的な店
同系列のスパーゴ 六本木店は美味かったのに。
アリス・ウォータースのシェ・パニースは美味そうだな

131 :世界@名無史さん:04/04/05 00:33
アイランとイスケンデル・ケバブ(だったか?焼肉ヨーグルトかけ)だけは
どうにも舌に合わない。他は美味しく感じるのに不思議だ。

ラッシーをはじめ、世界のヨーグルトの殆どは甘いか、酸っぱいのにどうしてトルコは?

132 :世界@名無史さん  :04/04/05 00:42
正確にはイスケンデルケバブはぶつ切りにしたビデ(パン)の上にドネルケバブをのせ
トマトソースとヨーグルトソース、溶かしバターを載せた料理
ヨールトル・ケバブ(ヨーグルトケバブ)と言うのもあるが
こちらはビデに角切りの羊の炭焼きを乗せヨーグルトとトマトソースをかけグリルした野菜をトッピングした料理

アイラン 好みだろうが俺は好きだよ
食事の時はあれ飲むと口の中サッパリするから、脂っこいトルコ料理食べる時は特に合うよ


133 :世界@名無史さん:04/04/05 07:01
スレと全然関係ないけど

イスタンブールのガラタ橋に鮮魚を売る屋台がずらりと並んでる。
あそこを通ったとき、私が日本人旅行者と見るや
ヒゲおじさんたちが一斉に「スズキ!サバ!カレイ!」などと
日本語で魚の名前を連呼しはじめてビビった。
それどころか「アナタトケコンシターイ(結婚したい)」とか
「フタリノコドモハエミコトナヅケヨウ(恵美子と名づけよう)」とか
魚と全く関係ないことまで叫んで誘ってくる!!
本人は全く意味が分かってないらしいが、発音はいやにクリア!!

誰だ、おっちゃんたちにフザけてあんな変な日本語教えた旅行者はw

134 :世界@名無史さん:04/04/05 12:18
>本人は全く意味が分かってないらしいが、発音はいやにクリア!!
男にも言うとか?

135 :世界@名無史さん  :04/04/05 13:34
グランドバザールとかで「持ってけ泥棒」とか言ってるよね客寄せw
そういえばイスタンブール行ったとき現地のガイドさんが日本語ペラペラなので
日本に行ったことあるのかと聞いたら、言った事なくて大学で勉強したと言ってたよ
日本人は中学から英語勉強しても中々身に付かないのにね


136 :世界@名無史さん:04/04/05 16:09
>>135
日本人がイタリア語を勉強するようなモンなんだと思います。

137 :世界@名無史さん:04/04/05 16:43
>>135
スレ違いで申し訳ないけど日本語って比較言語学だかなんだかの観点で見るとトルコ語を含むアルタイ系と関係が深いんじゃなかったっけ。
ガイドさんと逆パターンで日本人にもトルコ語は覚えやすいかも。
といってもトルコ語勉強したことないからわかりませんが・・・。

138 :世界@名無史さん:04/04/05 16:48
>>137
>スレ違いで申し訳ないけど日本語って比較言語学だかなんだかの観点で見るとトルコ語を含むアルタイ系と関係が深いんじゃなかったっけ。
迷信らしい。

139 :世界@名無史さん:04/04/05 17:41
>>138
そうですか。適当なこと言ってスマソ>>135

140 :世界@名無史さん:04/04/05 20:41
誰が教えたんだ日本語編
長距離バスのステーションで、バスを選ぼうとしていたときだ
向こうも競争があるらしく、うちのバスにしろって客引きをしてくるんだが
その中の一人が、「コッチ、ポンビキ」といった時はひいた・・・

食べ物の話にしとけば、私はアダナケバブが好きだな
で、ラクがどうしてもダメ。土産に持って帰ったら、罰ゲーム用にされてしまった

141 :世界@名無史さん     :04/04/05 20:46
>>127
俺もフレンチのフルコースの起源と聞いたことあるが
ちょっと疑問
トルコ料理は基本的に大皿料理で、みんなでソフラと言う真鍮製のでかい丸盆を囲んで
大皿からじかに手で口に運ぶのが基本だから、フレンチみたいに前菜〜メイン、デザート
と言うように小出しにするスタイルではないと思うのだが・・・

142 :世界@名無史さん:04/04/05 22:44
小出しにするスタイルは、ロシアのやり方が直接の起源らしいよ。「フランス
料理の歴史」スレ山椒。

「山のトルコ人」はどんな料理を食べてるんだろう?クルド料理ってあるの?

143 :世界@名無史さん:04/04/05 22:47
>>141
小出しにするのはロシアの影響でしょう。
いわゆる前菜サラダスープメインデザートという
構成に影響を与えたという事なんではないかなあ。

144 :世界@名無史さん     :04/04/05 23:20
>>142
>>143
ロシア料理の影響か
すると>>143が言うように、トルコがフルコースの起源ってのは前菜とか、メインとかの観念そのものを
持ち込んだってことか


145 :世界@名無史さん:04/04/06 02:26
トルコは親日国であるのだ。
落とす金もあるだろうけれど、
そこら辺も日本語を覚えるのに
作用していないかな?

詳しくは、どこぞでFlashを探すが良い。

146 :世界@名無史さん:04/04/06 11:15
うまそう

147 :世界@名無史さん:04/04/06 14:49
>>145
よほどの好漢でもなければ、そんな昔話など覚えてはいない。

148 :世界@名無史さん:04/04/06 17:01
親日嫌日でレッテル張りすると目が曇るぞ。

149 :世界@名無史さん:04/04/06 23:59
今週号の女性週刊誌に、トルコ料理の作り方載っていますた。

150 :世界@名無史さん     :04/04/07 00:28
>>149
なんていう雑誌ですか?

151 :世界@名無史さん:04/04/07 00:39
>150

名前は忘れたが、あの「冬ソナ」のチョン俳優が表紙のグラビアに載った雑誌。


152 :世界@名無史さん     :04/04/07 00:52
>>151
ありがとう
探してみます

153 :世界@名無史さん:04/04/07 05:02
>>147
普通の10歳くらいの子供がエルトゥールルを知っていたぞ。


154 :世界@名無史さん:04/04/07 05:10
トルコが親日なのは
同じアジアって意識のが大きいんでしょ。
こっちから見れば白人にしか見えないけど。

155 :世界@名無史さん     :04/04/07 09:58
トルコ人は自分のことヨーロッパ人だと思ってるよ
自分たちはアジア人ではないと思ってる日本人とある意味同じだけど・・・

156 :世界@名無史さん:04/04/07 11:15
>>150

「週間女性」な。

157 :世界@名無史さん:04/04/07 11:25
ぜんぜん人種違うし中東人だ。
アジアなんてヨーロッパが勝手に東の残りを括っただけ。





158 :世界@名無史さん:04/04/07 12:53
日本は、日本列島とその他雑多な島からなる日本文明である!


159 :よろずこ:04/04/07 22:45
>>156
「 週 刊 女性」
なぜにちゃんでは「週間」と書くのか?
そんな習慣があるのか?

160 :世界@名無史さん     :04/04/07 23:45
週刊女性のトルコ料理レシピ見たよ
結構凝った料理のレシピも載ってるね
でもバクラヴァとかかなりいい加減なレシピもあるな・・・・
(トルコ風ではあるが、本来のバクラヴァとは別物)



161 :世界@名無史さん:04/04/07 23:59
>(トルコ風ではあるが、本来のバクラヴァとは別物)
実はその地方ではそれをバクラヴァと呼ぶとか?

162 :世界@名無史さん:04/04/08 00:16
>154
いや、もっと歴史のある経緯だよ。
100年以上前の出来事のお礼と
邦人救出に協力してくれた。

日露戦争時には黒海艦隊の
出撃を許さなかったし。

163 :世界@名無史さん     :04/04/08 00:17
>>161
材料を観るとパイシートを使ってるのだが
トルコ式のパイであるバクラヴァはいわゆるフィユタージュ(折り込みパイ生地)
は使わず、パータフィロと言う春巻きの皮を薄くしたような、紙のような生地に溶かしバターを塗って何層にも重ねて作る
ためしにパイ生地でバクラヴァ作ったことあるけど、シロップがしみすぎてグジョグジョになり、
あの外はパリット中はしっとりシロップがしみこんだ美味なバクラヴァとはほど遠いものになっちゃったよ


164 :世界@名無史さん:04/04/08 00:31
>>162
>邦人救出に協力してくれた。
それは初耳。どんな話?

>日露戦争時には黒海艦隊の
>出撃を許さなかったし。
日本人でこれを知ってる人が少ないように、トルコ人も船の難破を知ってる人が少ないのかもな。
でも、アラーの神の加護があるとか言って、嵐の海に乗り出す、トルコ人はちょっと馬鹿すぎるかも。

165 :世界@名無史さん:04/04/08 01:00
んまぁ、日本とトルコって直接的な利害関係がなく、しかも潜在的に共通の敵の
ロシアを抱えているためか、互いに妙に好感を抱いているのは確か。


166 :世界@名無史さん:04/04/08 01:08
>>164
>>日露戦争時には黒海艦隊の
>>出撃を許さなかったし。
>日本人でこれを知ってる人が少ないように、トルコ人も船の難破を知ってる人が少ないのかもな。
日本人でエルトゥール号事件を知ってる人が多いように、トルコ人で黒海艦隊の出撃を止めたことを知ってる人は多かったりな。
自分の受けた恩義より、相手への貸しの方をよく覚えてるもんだし。

167 :世界@名無史さん:04/04/08 01:32
江戸時代に漂着したトルコの商船を
助けたのが最初だったかな。
また、ロシアに負け領土をとられたトルコが
日露戦争の時に日本に肩入れしてくれた。
ここら辺は、フィンランドと一緒だね。
んで、連合軍がイラクに空爆を行う前夜に
害務省が大馬鹿で、邦人脱出用の
飛行機の手配が遅れてピンチになった。
その時、トルコが飛行機をチャーターしてくれて邦人脱出。
そして彼らはこう言ったそうだ。
「あの時のお礼をしただけさ。」

世界史板発のFlashがあったはず。
NHKのあの番組でも紹介していたらしいよ。

168 :例の170 ◆vBOFA0jTOg :04/04/08 01:37
もう人情話はいいから。


さてチョコレートについてなんだが、(少なくともオスマン朝時代の)トルコ・アラブ
ではチョコレートについて全く聞かない。事実需要もまるで無かったようだ。
しばしば甘く味付けされ、コーヒーなどと同じく独特の香気と興奮作用を持つという、
いかにもムスリムである彼ら好みの特性を持つチョコレートに何の興味を持たな
かったというのは何とも不思議である。
もしアラブ人の間にチョコレートの嗜好が広まっていれば、ヨーロッパ人にとりて
重大かつ貴重な輸出品となっただろうだけに極めて興味深い。
河出書房新社「チョコレートの歴史」(ソフィー・D・コウ著)によると、やはり「不可解」
としており、その上で以下のような推論を挙げている。

1.彼らの「コーヒー信仰」とでも呼ぶべきコーヒーへの執着により、新たな嗜好品に
  興味を持たなかった
2.コーヒーのまがい物とみなされた
3.ピーナッツをナッツ菓子に取り入れなかった彼らの保守性によるもの

ちなみに、同書では3.を最重要な要因と見なしていた。

169 :世界@名無史さん     :04/04/08 01:49
確かにチョコを使った古典的なトルコ菓子はないな
カカオの当初の食し方は今と違いどちらかと言うと辛い飲み物だったらしいから
そこら辺も関係あるのかな? ムスリムに広がらなかった理由
甘くして飲むようになったのはヨーロッパ行ってからだしね

170 :世界@名無史さん:04/04/08 09:01
レストランで、うまいトルコ料理食いたい

171 :世界@名無史さん     :04/04/08 22:32
久々にレストランでトルコ料理食った
メゼが上手くて、ラクが進んだよ

172 :世界@名無史さん:04/04/08 22:34
(´・д・‘)

173 :世界@名無史さん:04/04/12 01:22
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~kokueki/swf/turkey.swf

174 :世界@名無史さん:04/04/12 01:27
トルコに料理なんてあったの?

175 : :04/04/12 12:59
トルコ料理店なのに羊肉使ってない店があるんだよね、
日本人は食べないからって。あとテーブルに塩と胡椒が置いてある
んだけど日本人は何で少ししか使わないのか不思議そうにしてたな。

176 :世界@名無史さん:04/04/18 00:59
トルコ料理とイラン料理とアラブ料理は殆ど同じもの?

177 :世界@名無史さん:04/04/18 02:01
鯖サンドまた食いたいなあ

178 :世界@名無史さん:04/04/18 02:17
トルコのレストランってバケット食い放題のところが多くてうれしかったなあ。
ヨーグルトで臓物を煮込んだスープとバケット、最後はあまーいチャイでしめ、よっし、今日も観光するぞ!
と力が湧いた。

179 :世界@名無史さん:04/04/18 02:42
トルコ料理とアラブ料理はかぶってる部分多いね。
ハムスとか。

180 :世界@名無史さん:04/04/18 02:47
シャオルマやケッパはトルコ料理にもあるのかな

181 :世界@名無史さん     :04/04/18 22:40
>>175
トルコ料理の中にはアラブ、イラン料理と同じ物も多いと言うより
アラブやイランの料理もトルコ料理の中に取り入れられいる
他ないギリシャや、アフガンやレバノン、アゼルバイジャン、チュニジアやモロッコなどの料理も取り入れてる
世界帝国だった名残だろ

>>180
シォオルマ=ドネルケバブ
ケッパってなんだっけ? ケフタならトルコ料理のキョフテと同じ


182 :世界@名無史さん:04/04/19 02:56
>>181

さんくす。
「ケッパ」ってのは、口頭で教わって俺にはそう聞こえた、という音。
二層構造になっているメンチカツ。
ケフタなのかな?

183 :世界@名無史さん     :04/04/19 09:49
ケフタ、(砕いた物の意味)キョフテはハンバーグみたいなもん

184 :世界@名無史さん:04/04/19 22:05
>>168
原産地の南米と、栽培適地でプランテーション産地の象牙海岸はキリスト教徒の
支配域だったから、入手難だったんだろ。
定着する前から入手難だと定着しようもない罠。

185 :例の170 ◆vBOFA0jTOg :04/04/27 22:46
>>184
しかしタバコや唐辛子はスペイン人が持ち出したのに、100年も経たずに世界中に拡散している。
ジャガイモと同じように、好まれなかったから(非キリスト教勢力圏では)栽培されなかったと
見た方がよさそうに思える。

186 :世界@名無史さん:04/04/28 11:58
カカオの栽培の適・不適についても考える必要はある罠。

187 :世界@名無史さん:04/04/30 20:34
伸びるアイスクリームが食いたい

188 :世界@名無史さん:04/05/01 01:09
ゲスラに襲われるからカカオは栽培しなかったんだよ!

189 :例の170 ◆vBOFA0jTOg :04/05/08 22:00
>>186
> 現在、カカオの主要生産国は、アフリカ西部、南アメリカ、東南アジアの赤道付近である。
>これはカカオの栽培適地の気候が、年平均気温27℃以上、年間降雨量2,000mm以上、有機質に
>富んだ適湿土壌で排水良好であること、と限定された環境であることが大きい。
http://www.geocities.co.jp/PowderRoom/4514/cacao.html

「カカオは、重要な農産物にしては栽培が非常に難しい。多少の例外はあるものの、北緯二十
度と南緯二十度の間でしか実を結ばない。また熱帯地方といえども、高度の関係で最低気温が
摂氏十六度以下になる土地には適さない。さらに、カカオは一年中水分を必要とするので、
乾期がはっきりした気候では灌漑が不可欠だ。」(24〜25P)
河出書房新社『チョコレートの歴史』ソフィー・D・コウ/マイケル・D・コウ著


う〜む、これだけではイスラム圏でも出来るともいや無理だとも強弁できそうだ。

43 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)