5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

スペイン内戦

1 :世界@名無史さん:04/03/12 10:23
アナキストが活躍したんだよね

2 :世界@名無史さん:04/03/12 10:46
プロ市民が大好きな戦争だけど、負けたのは民衆の支持がないからなんだよ。
サヨクが支配するよりマシ。

3 :世界@名無史さん:04/03/12 14:03
勝てば官軍の、バカウヨは氏ねよ。
アナーキストは、多数者が正しいとは限らない、と考えるしな。

4 :世界@名無史さん:04/03/12 14:16
ナショナリスツは軍隊ですら平等を主張したって言うね。
本来上官の命令が上意下達であるべきところを、いちいち皆で会議したっていう。
攻撃を受けた際に応戦するか後退するか、って次元ですら。

5 :世界@名無史さん:04/03/12 14:36
そういえば
ナショナリスト=ファシスト=フランコ派
と思ってる椰子が意外に多いらしい

6 :世界@名無史さん:04/03/12 14:39
>>2
アナーキストを標榜した上海コミューンは毛沢東の陰謀だったわけだが。
所詮は国家転覆を企むコミュストのスペインへの浸透戦術。
人民政府が誕生していたらとんでもない事になっていただろう。


7 :1:04/03/13 11:14
>>6
お前世界史ちゃんとやった?
人民戦線が選挙で勝ったのを不服としてフランコがモロッコから軍を率いて
非合法的にクーデターを起こしたのがスペイン内戦ですよ?

めちゃくちゃなことを言う右翼工作員は消えていいよ

8 :コピペ:04/03/13 11:44
 1936年2月の総選挙で、親ソ派の人民戦線政府が成立したが、人民戦線内部での、社会党、共産党、アナーキストの権力闘争が激化、
社会混乱が続く中、軍を代表する右派の人民戦線政府への不満が募り、ついに、1936年7月18日、スペイン領モロッコのメリリャ駐屯軍の
反乱をきっかけに、スペイン各地で軍が蜂起した。これがいわゆる「スペイン内戦」の始まりであり、軍と政府が国土を二分して戦うことにな
った。

・初期(1936年)
 反乱軍の実権は、参謀総長を歴任し、当時カナリア諸島軍司令官フランシス・フランコ将軍が掌握し、9月29日、サラマンカで開催された
最高評議会で国軍最高司令官に任命され、10月1日には、プルゴスの教会での集会で国家主席に就任し、反人民戦線側の最高指導者とな
った。
 しかし、反乱軍主力であるモロッコ駐留軍は、海空軍が政府側だったため、スペイン本土へ進撃することができず、フランスは独伊に支援
を要請した。こうして独伊による反乱軍支援が開始された。独のJu52輸送機によって本土に空輸された反乱軍は、北部の反乱軍と呼応して
マドリードを南北から挟撃し攻略するという作戦を行うが、1936年末には頓挫し戦線は膠着状態となる。

・中期(1937年)
 膠着状態となった両陣営は外国に支援を要請。政府軍側には、ソ連から軍事顧問団、兵員とともに戦闘機、戦車・火砲などが送られ、さら
に世界各国からの義勇兵で編成された国際旅団が加わった。反乱軍側には、ドイツからコンドル部隊(空軍義勇兵部隊)と戦車部隊、イタリ
アからも空軍部隊と陸軍部隊(正規部隊)が派遣された。
 マドリード攻略に固執するフランコは、イタリア軍4個師団でグアダラハラ方面から攻撃をかけるが、大損害を出して敗退。そこで、北部地
方への攻勢に作戦を変更した反乱軍は、コンドル部隊の本格的航空支援のもとに大規模な攻撃を開始する。1937年10月にはバスク地方
を含む北部全域を制圧する。この時のゲルニカ爆撃は世界に衝撃を与えた。

9 :コピペ:04/03/13 11:45
・末期(1938〜39年)
 南部地域での政府軍の攻勢を撃退した反乱軍は、一気に地中海方向へ攻勢に転じ、カタルーニャ地方とヴァレンシア地方の分断に成功
した。しかし、政府軍はエブロ川で攻撃を行い両軍激戦となり双方で2万名以上の戦死者を出す。この頃、ミュンヘン会談をめぐるヨーロッ
パの政治情勢の変化と、ソ連国内での大粛正の影響によって、ソ連の義勇軍の引き上げと国際旅団の解散があり、政府側はエブロ川攻撃
の失敗も重なりますます不利となっていった。
 1939年1月には反乱軍はカタルーニャ地方攻略のための大規模な攻勢を開始し、政府軍を次々に撃破していった。バルセロナもまもなく
陥落し、2月にはフランス国境に到達してカタルーニャ地方を完全に制圧した。政府側は、これによって戦意を喪失し、ついに3月末、フラン
コはマドリードに入城し、4月1日には内乱終結宣言を行った。

10 :世界@名無史さん:04/03/13 12:14
反乱軍は本土でエミリオ=モラが呼び掛けて決起アフリカ軍のフランコがそれに呼応する形ではじまった
反乱軍はモラの指揮のもと先ずマドリードを急襲したが市民の抵抗で失敗『第五列』の呼応もなく撤退を余儀なくされる
内戦中反乱軍は北部はモラ派と南部はフランコ派仕切ってたけどモラが飛行機事故でくたばったから
反乱軍は結束して内線勝利の一因になった
また、ドイツのコンドル部隊は自国の1号、2号戦車はBT-7などソ連戦車にアウトレンジで撃破されてしまうなど多くの教訓を得て
後の3号戦車の長砲身化、88mm高射砲が対戦車戦で有効であること、対戦車陣地の有効性などの教訓を得た
ドイツのノモンハン事件?

11 :世界@名無史さん:04/03/13 12:48
>>7
>フランコがモロッコから軍を率いて

別に、フランコが起こしたんじゃあない・・・・。
あいつは、どっちかと言うと巻き込まれた。
蜂起の何日も前にモラ将軍とかから蜂起に参加するように
何度も要請を受けていたが、その度に「時期が熟していない」
とかいって参加を拒否しまくった。

>>10
>アフリカ軍のフランコがそれに呼応する形ではじまった

これも違う・・・。モロッコのスペイン軍は手違いにより、
蜂起の計画がばれてしまい、蜂起の予定よりも早く始めただけ。
しかも、勝手にモロッコ駐屯軍がフランコの名で蜂起したわけで
別に彼は蜂起計画に参加していない。

12 :10:04/03/13 14:21
>>11
そうだったのか?
漏れの浅学か

13 :世界@名無史さん:04/03/13 14:27
スペイン内戦について詳述しているサイトをきぼん。
欧米圏でNOTスペイン語で思想がかっていないサイトを。

14 :世界@名無史さん:04/03/13 14:48
>>13
サイトは知らんが中公新書から『スペイン内戦』て本でてるけど900円くらいで

15 :13:04/03/13 14:50
欧州圏かスマソ

16 :世界@名無史さん:04/03/13 14:51
ヘミングウェイ

17 :11:04/03/13 16:26
>>12
あなたが、そう思っていたのもしょうがない。
中学、高校の教科書でそう教えたりするんだから・・・。
でも、実際は違う。11で紹介した話は『フランコ スペイン現代史の迷路』(中公叢書)
と言う本にでてる。これを読むまでは漏れも貴方と同じように
「フランコがモロッコの軍を率いて・・・」と思ってた。
でも、この本によると、その「フランコがモロッコの軍を率いて・・・」と言う
話は事実に反する事だと書かれている。しかも、具体的に。
フランコの伝記だが、スペイン内乱について非常に詳しく書かれているから
一回読んでみるといいですよ。

18 :世界@名無史さん:04/03/13 22:33
スペインでの勝利は可能か trotsky
http://www.trotsky-library.com/1930-3/sp-kanou.htm

>フランコ軍はアサーニャの、すなわち人民戦線の直接的な庇護のもとで建設された。
これマジ?

19 :世界@名無史さん:04/03/13 22:57
なんとなく中南米系に詳しいとてたさんや水さんはイベリア半島の歴史にも
通じているような気がするといってみるテスト


20 :1:04/03/13 23:09
オーウェルの「カタロニア讃歌」興味深い。
今度読んでみよう。

解説
http://member.nifty.ne.jp/t-kanazawa/essay49.html


人民戦線と共産党ってのはPOUMやCNTを粛清したんだな・・・。
つまり、左からもファシズムが・・・。
スペイン内戦ってのはホント悲劇的な事件だったんだね・・・。

21 :世界@名無史さん:04/03/13 23:20
こんなのもあるよ

http://www.geocities.com/CapitolHill/9820/

22 :世界@名無史さん:04/03/13 23:23
コンドル師団によるゲルニカ爆撃がピカソの絵画によって悲劇の象徴として
あつかわれ支援した枢軸側が絶対悪のようにとらわれているが、赤軍側も
陰に陽に支援したからね。
ソ連という国は東欧の解放後の変遷でも多々見られるように政権に携わる人々を
暗殺、粛清、讒言による失脚で次第に衛星国かしていくわけだし、フランコの反乱が
成功しなければ人民政府の国として発展したか疑問が残る。

ただ、独ソ戦があのタイミングでは開始されていないとは思う。
フランスの後背地にソ連の影響が強いスペインと化していればあるいは
ヒトラーとスターリンが組んで欧州分割もありえたのか?

いや・・・やはりロシアを侮蔑していたヒトラーの事。合理的な判断は肝心な時に
できない人物だからやはり無理かな。

23 :世界@名無史さん:04/03/14 00:30
>22
せっかくだから、18にあるトロツキーの論文読んでみ。
赤軍云々じゃないし、もし勝ってたらとかでもないと思うよ。

24 :世界@名無史さん:04/03/14 00:32
>>22
ゲルニカってバスク地方の都市だから攻撃したとか聴くけど?
バスク人はアジア系だからスペイン内では弾圧されてた、そこを狙って都市爆撃の実験場となったとか
関係ないけどベレー帽ってバスク人の民族衣裳らしいな

25 :世界@名無史さん:04/03/14 00:36
いやコンドル師団ってヒトラードイツから派遣されてきた連中で
フランコ指揮下になかったと記憶しているが。

26 :世界@名無史さん:04/03/14 00:38
バスク人はアジア系?
うーむ。 真偽はしらねど、クロマニョン人の説もあるそうだな。
与太話なんだろうけど
言語的には付近の周辺諸民族とは別の孤立語ときいたような。
専門家ではないからちがうかもな。


27 :24:04/03/14 00:50
>>25
うん、一応言語系統は不明だけどモンゴル研究してる講師がアジア系じゃないかとかいってたから

28 :世界@名無史さん:04/03/14 00:52
>>25
イタリア軍もかな?
義勇軍だけど、総司令官はツェペルだったっけ?

29 :24:04/03/14 00:53
>>25じゃなくて>>26スマソ

30 :世界@名無史さん:04/03/14 00:56
http://www.uraken.net/rekishi/reki-sekai006.html
ほほぅ注目されたのはゲルニカだがドゥランゴではさらに大規模な空爆が行われたのか
ドゥランゴなる都市はバスク地方内外のどちらサイド?


31 :世界@名無史さん:04/03/14 12:03
>>28
イタリア軍の指揮官はロアッタでは?彼の指揮権は黒シャツ旅団に限ってかな・・・。
ついでに、イタリアは正規軍も送ってる。
ただ、この戦争でイタリアは財政が傾くほど援助した。
だから、WW2じゃあ・・・


32 :世界@名無史さん:04/03/14 22:58
>>30
ドゥランゴ(Durango)はゲルニカ(Gernika-Lumo)の南東約30km。
バスク自治州のビスカヤ県東部の町。
ビルバオとサン・セバスティアンを結ぶ高速A8線で、ビルバオの東30km強

ベルテルスマンの凡例ではゲルニカと同じ1〜5万で表示。


33 :世界@名無史さん:04/03/15 20:06
>>26

サッカーとか見てると、バスク人選手は黒髪(やや茶系)が多いね。
アジア系っぽいけど、どうなんかな?
エチャベリア、ウルサイスなんて典型。

デシャンは違うみたいだけど。

34 :世界@名無史さん:04/03/16 12:12
>>30
サイト先でゲルニカが注目されたのはおかしいという説が持ち上がっているが、
やはりピカソの絵画が注目されたのかねぇ。

35 :1:04/04/08 01:27
PSOE(今の社会労働党)=PSUCなの?
だとしたらCNT=FAIファン的に許せんな・・・・

36 :世界@名無史さん:04/04/08 01:55
仏独伊では左右の一方が他方を比較的すんなり排除したのに、
なぜスペインでは内戦に陥ってしまったのだろうか?

37 :エズラ・パウンド詩章より:04/04/08 07:58
そしてムッスは救った
事態を救った
スペインでは今も救っている

(○m○)』「ゲルニカ」ピカソ個人の愛の葛藤を描いた作品で反戦云々はこじつけに過ぎない。

38 :1:04/04/08 10:36
>>36
ナチスとムッソリーニがフランコ反乱軍を支援し、参戦したから。
それがなければ人民軍と労働者が反乱を制圧してた。

39 :世界@名無史さん:04/04/08 12:02
「人民戦線」なんて聞こえはいいけど内ゲバばかりしていたからな。
それこそ右翼共和派からレイシストっぽいのもあったろうし、左は
ソ連も嫌うような極左まであったろうから。
それに左翼的な運動っていうのはも残虐な面があって、その辺は
人民戦線軍に参加していたシモーヌなんかを失望させている。
人民戦線政府が一枚岩になれなかったからこそフランコにやられたんだろう。
フランコはいわゆる「国家社会主義」的政策でスペインを安定させたし、
ナチスとも距離を置いたから戦争の被害も受けなかったし、その後の
政情を安定させた意では功績は大きいだろう。

40 :世界@名無史さん:04/04/08 13:09
>>35
PSUCはスペイン内戦直後にカタルーニャでPSOEとPCEの共闘としてできた党だろ。
今でも一応あるけどPSUCは実質的にPCEのカタルーニャ支部だ。

41 :1:04/04/08 13:10
>>39
ハァァ?
"フランコが良かった"だなんて・・・。
スペイン人に言ってみろよ・・・・。すごいことになるぜ。

人民戦線ってのは主にPSUC(カタロニア統一社会党)、POUM(マルクス主義統一労働者党)、
CNT=FAI(イベリア・アナキスト連盟)から成っていた。

PSUC(スターリン主義親ソ共産勢力、右派社会主義者)は赤いファシスト・スターリンの軍事援助を受けて、
労働者の自治に反対、POUM・CNTを粛清するなど反革命的政策を実施。


42 :バハモンデ:04/04/08 14:06
>>1
「功罪相半ばす」との評価と思っていました。
国内安定、経済成長は認められているもと。。。

43 :世界@名無史さん:04/04/08 14:13
>>41
フランコの経済政策はどうだったの?

44 :世界@名無史さん:04/04/08 22:05
>>41
特にバスク人とカタロニア人にそれを言ったらただじゃすまなさそう。

45 :世界@名無史さん:04/04/08 23:16
>>44
間違い無く殺されるな。

46 :世界@名無史さん:04/04/10 11:23
カタルーニャ人の中にはサラマンチのようにフランコ側を
支持する輩もいたわな。そういう連中ってカタルーニャ
人にして見れば当然裏切り者なんだろうけど、サラマンチ
自身も彼らから大いに憎まれてるんだろうなあ。
ttp://idd00ten.eresmas.net/02_Txiki/Txiki_Histry/Histry_214.html

47 :\(^■^ ラ 犠牲者には悪いが:04/04/10 12:55
マドリードの爆弾テロで「ざまーみろ!」と思った中南米現住民はかなりいただろう菜。

48 :世界@名無史さん:04/04/10 17:51
サッカースペイン代表が面子のわりにイマイチぱっとしない成績だが
アレイギリスみたいに地域ごとにわけたら(まぁイギリスのは特権なんだけど)
かえって結果だけは出るような気がする
まぁ結果が出たらそれが原因で国内が大騒動になるんだろうけど

49 :世界@名無史さん:04/04/10 23:16
>>47
でも、犠牲者の多くが中南米国籍の出稼ぎ労働者だぞ

50 :世界@名無史さん:04/04/17 21:52
http://es.news.yahoo.com/040416/159/3d0fb.html
PSOE書記長サパテロが16日、首相に選出された。新内閣は
PSOE単独の少数政権で、指名選挙で信任票を投じた党派からの
閣外協力を受けて発足する。
カタルーニャ州で連立を組むERC、IU-ICVと、それにより長年保持
してきた同州知事の座を失ったCiUのPSC(及びPSOE)に対する
距離感が窺え、またバスク諸政党との関係も微妙である。

下院 定数350
・サパテロを首相として信任:183
PSOE:164、ERC:8、IU-ICV:5、CC:3、BNG:2、CHA:1
・信任せず:148
PP:148
・棄権:19
CiU:10、EAJ-PNV:7、EA:1、NaBai:1

またこれに先立ち、上院でもPSOEは会派形成や評議会ポストで
少数政党を懐柔することにより、議長の座をPPから奪い孤立させた。
(なお総選挙同日に実施されたアンダルシア州選挙結果は
PSOE:61、PP:37、IU-LV-CA:6、PA:5。州代表はPSOE主導で
選出されることになる。)

上院 定数259(直接選挙208、州選出51)
GPP       123[ PP:123 ]
GPS       . 78[ PSOE:78 ]
GPECP      16[ PSC(PSOE):9、ERC:4、IU-ICV:3 ]
GPSNV      10[ EAJ-PNV:7、PSOE:3 ]
GPCiU       10[ CiU:6、PSOE:4 ]
GPCC      . 10[ CC:4、PSOE:6 ]
GPM         4[ BNG:1、IU:2、PAR:1 ]
欠員         8[ アンダルシア州代表:8 ]

51 :世界@名無史さん:04/04/20 08:47
またスペインが鍵を握りそうなお燗。

有志連合崩壊だな。戦後のフランコのモロッコへの仕打ちが
左翼の勝利から植民地主義的覇権主義の崩壊の契機に
なるかもな。

52 :世界@名無史さん:04/04/26 01:09
軍は人民政府への不満だけでなく、米西戦争以後の庶民に広がっていた蔑軍感情にも不満を持っていたみたいで、
それを打破するために起こしたということもあるらしいな

53 :世界@名無史さん:04/04/26 01:10
あげ

54 :世界@名無史さん:04/04/26 15:19
>>50
スレの趣旨からは外れるが、サパテロ新首相ってアスナール政権時代
の反動として、移民の緩和や北アフリカ移民への融和策を推進してい
くのだろうか。

55 :waza_fire:04/04/26 16:59
フランコ政権下のスペインの公式国名および政治体制って何だったんだろう? 総統なら形式上はスペイン共和国&共和制か?

56 :世界@名無史さん:04/04/26 17:39
>>54
イスラム系への警戒はおいそれとは消えないでしょう。
例の事件の後も、イスラム過激派がアパートで自爆したし。

一方、ヒスパニックの移民は前政権も歓迎していたよね。

57 :世界@名無史さん:04/04/26 18:24
新国家検察長官にカンディド・コンデ・プンピド氏
去る19日月曜に行われた新内閣最初の閣僚会議にて、PP(民衆党)
によって任命されたヘスス・カルデナル国家検察長官の解任が決議さ
れていたが、その後任として現最高裁判事のコンデ・プンピド氏が任
命される事が判明した。同氏は現在最高裁判所刑事法廷の判事であり、
リベラルな判事らが組織する「民主政治のための判事」協会の幹部であ
りスポークスマンでもある。

58 :世界@名無史さん:04/04/26 18:26
23歳で判事となり、10年間セゴビア管区裁
判所の裁判長を務めた後、45歳で史上最年少の最高裁判事となった同氏は
、現在までの軌跡から厳格、堅実、対話型の判事という評価を得ている。
1981年コンデ・プンピド判事がサン・セバスチャンに赴任した当時は
「対ETA汚れた戦争」が始まった頃で、同判事も国家権力によるETA
に対するコントラ・テロリスム犯罪に関わった被告の裁判を担当した。
最高裁において同判事は、第一次社会党政府の時代の国家権力による対
ETA犯罪「セグンド・マレイ事件」の裁判が行われた際、事件当時の
内務省トップ2(ホセ・バリオヌエボ内務大臣とラフェエル・ベラ内務
長官)に対して有罪票を投じているが、事件当時のフェリペ・ゴンサレス
首相を最高裁法廷へ被告として召喚する事には反対票を投じている。






59 :世界@名無史さん:04/04/27 19:31
ageあげアゲ揚げ挙げ上げ

60 :世界@名無史さん:04/04/29 13:46
>>55
スペイン王国で立憲独裁制らしい。

61 :waza_fire:04/04/29 17:31
>>60さんサンキュ。でも立憲独裁制って何?

62 :世界@名無史さん:04/04/30 14:06
人民戦線側には日本からジャック白井という人物が加わ
ってたけど、フランコ側にも外人部隊上がりの日本人
(名前失念)がいて作戦会議に参加したという。『ス
ペインを知る事典』の”外人部隊”の項にその事がふれ
てあった。

63 :ナポレオン ◆vYVYAtFe0o :04/05/01 01:54
>>62
外人部隊ではなく、スペイン公使館付武官守屋中佐ですな。
1兵士に過ぎないジャック白井とは格が違います。
テルエルの戦闘で立てた作戦が「モリヤ作戦」として高く評価され、
フランコから鹵獲したソ連戦車をもらっています。

64 :世界@名無史さん:04/05/01 09:51
今度、高校の卒業試験廃止して、大学の統一テスト導入するというけど、
日本みたいに掛け算のできない大学生が出る心配はないの?(。・_・。)ノ 

65 :世界@名無史さん:04/05/01 22:45
>>60-61
フランコの「国家首長」の地位は、建前上は革命で倒れたスペイン王国を再建して、
王位継承者ファン・カルロス王子(現国王)に「大政奉還」するものじゃなかったかな。

66 :50:04/05/03 06:12
http://www.senado.es/legis8/senadores/index.html
http://www.congreso.es/grupos/wgrupo_8.htm
上院 定数259(直接選挙208、州選出51)
GPP       123[ PP:123 ]
GPS       . 91[ PSOE:91 ]
GPECP      16[ PSC:10、ERC:4、ICV:2 ]
GPSNV      . 7[ EAJ-PNV:7 ]
GPCiU      . 6[ CiU:6 ]
GPCC        4[ CC:4 ]
GPM         4[ BNG:1、IU:2、PAR:1 ]
欠員         8[ アンダルシア州代表:8 ]

誰も興味ないかも知れないしスレ違い気味だけどその後の上院の変動。
PSOE一部議員の他会派への出張は評議会員選出の時の一時的なもの
らしく、今は元へ戻った。
あとカタルーニャ州与党(カタルーニャ社会党、カタルーニャ左翼共和党、
カタルーニャ緑の党)の統一リスト”ENTESA”の構成員で一部誤解していた
ので修正した。
今は下院でPSOEからCC(カナリアス同盟)の会派に2人出張中。
PSOEは少数与党だけにPP以外の政党の懐柔に注意を払っている。
政権運営は対話型のゆっくりしたものになりそう。

67 :世界@名無史さん:04/05/11 13:10
スペイン内乱時に処刑された詩人ガルシア・ロルカは,
内戦終結以降のスペインで永らくタブーとされてたけど
フランコの生地ガリシアや,内戦当初からフランコ側を
支持したような保守的な土地では今でもフランコはタブ
ー扱いなんだろうかね?

22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)