5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

歴史上のアホ人物・事件について

1 :世界@名無史さん:04/02/27 00:35
語って下さい

ヴィルヘルム2世の話し等きぼん

2 :世界@名無史さん:04/02/27 00:44
世界にアフォは多いけど、>>1よりひどいアフォはいない。

3 :世界@名無史さん:04/02/27 00:47
「目に入るものといえば見渡す限りのヒッキーヒッキー。
 あんなにたくさんのヒッキーを見るのは初めてだったわ。
 だけど>>1もそのヒッキーの一人だったのよね。
 どんどん気分が悪くなってくるの。
 まともな人間が減って、>>1と同じような人間が増えてくるんだもの」


4 :世界@名無史さん:04/02/27 00:49
その日は雪がちらついていて、身を切るような寒さだった

スレが見える・・・荒らされて傷ついた>>1の、長い長い
スレだった。くねくねと長いやつ 。

1000に向かって一列に進んでゆく。どれがまじめなレスなのか見分け
がつかない。

列の後ろの方に、道に倒れて動けなくなった>>1
がいた。>>1は狼のような声で泣き叫ぶんだ

>>2、待ってくれ。>>3、見捨てないでくれって。

板住人は肩を竦めて歩いていく・・・ 。一度も振り返らずにねえ。

〜ソ連兵の回想より〜



5 :世界@名無史さん:04/02/27 00:54
私がこのスレに来たのは、このスレでは>>1に良レスが返されていると聞いたからでした。
しかしここに着いて三つのことを知りました。

まず第一に、
>>1には良レスなど返されてはいないということ、
次に、
そもそも>>1はまったく相手にされてさえいないこと、
そして最後に気付いたのは、
このスレを削除依頼する役目は私に課せられているのだということでした。

                              ――2ちゃんねらの手記より

6 :世界@名無史さん:04/02/27 00:55
この板には良スレしか存在することはできない。
私は駄スレからクソスレそして>>1が育てたこのスレにいたるまで綺麗に片づけるつもりだ。
私がコテハンの格好をしているからといってAAを乱射しないと思ったら大間違いだ。
私はローカルルールに反するものは何でも潰してやる。
それがたとえ7歳の少年並の知能しか持たない>>1が立てたスレであっても
汚れた駄スレの血が流れているものは浄化しなくてならないのだ。

〜2ちゃんねるコテハンの証言より〜

7 :世界@名無史さん:04/02/27 00:58
〜ドイツ軍将校の手記より〜
「このスレはもはや正常ではない。
日中は嫉妬と憤懣がもうもうと立ち込め、一寸先も見えない。
炎に照らし出された巨大な盧のようだ。
それは焼けつくように熱く、殺伐として耐えられないので、
犬でさえヴォルガ河へ飛び込み、必死で対岸にたどり着こうとした。
動物はこの地獄から逃げ出す。
どんなに硬い意思でも、いつまでも我慢していられない。
>>1だけが耐えるのだ。神よ、なぜ>>1を見捨てたもうたのか。」


8 :世界@名無史さん:04/02/27 01:12
私は、>>1に悪意を持っているわけではありません
>>1は、ヒッキーのための2chという崇高な希望を持っていました
しかし、今ではそれもクソスレの言い訳に過ぎません
そしてその野望を実現できずに2chを解体する張本人になってしまうかもしれません
世界史板のコテハンと肩を並べたい、というのが>>1の野望でした
しかしクソスレを立てたり、コピペやAA荒らしを行うことによって実現するものではないはずです
>>1はいかなる訴えにも耳を貸そうとはなさらない、ただエロゲーにのみ耳を貸す厨房だと聞いています
それが、大きな誤解でありますように
>>1の友、世界史板より

                      世界史板住人「すべてのヒッキーへ」より

9 :世界@名無史さん:04/02/27 01:17
映像の世紀・コピペスレの悪寒・・・

10 :世界@名無史さん:04/02/27 01:40
ニコライ2世はヴィルヘルム2世の事を何と思っていたのだろうか。
見捨ててたと思うけど

11 :世界@名無史さん:04/02/27 01:50
>>10
ベルリンで生まれ、フリードリヒ3世と同じく、ボン大学で学んだ。母親のヴィクトリアは英国女王ヴィクトリアの長女なので、
ヴィクトリア女王の孫ということになる。女王の私信で「孫のウィリーとニッキーが仲が悪くて困る」とこぼしているものがあるが、
ウィリーというのがつまりヴィルヘルム2世であり、ニッキーというのが女王の孫娘の婿にあたるロシア皇帝ニコライ2世である。

もともと仲が悪いみたい。
こいつらのばあさんも嘆いてる。

12 :世界@名無史さん:04/02/27 02:14
近親憎悪だな。幸いドイツの革命はいわゆるブルジョワ革命だったから
ヴィルヘルムは殺されずに済んだけど。

13 :世界@名無史さん:04/02/27 02:44
ジョン欠地王はやっぱりアホだったのかな。

14 :世界@名無史さん:04/02/27 04:20
>>13
貴族に反目されてマグナ・カルタ制定
教皇インノケンティウス3世と対立し屈服

どうにもならん。イギリス王朝ワーストはこいつで決まりか?ヘンリ8世も
酷い奴だが、とてもかなわん。

15 ::04/02/27 05:25
ローマ帝政史上最大のアフォはカリグラでよござんすね?

16 :世界@名無史さん:04/02/27 05:28
丁半ばくちじゃないんだからさあ。


17 :世界@名無史さん:04/02/27 06:12
>>14
>イギリス王朝ワーストはこいつで決まりか?
近年はジョンも再評価されている。
ジョンのように教会と対立した国王は歴史に悪く書かれすぎるので
(中世に歴史記録残すのは修道士だからな)ジョンの悪評は割り引
いて考える必要がある。
ワースト1はジョンよりむしろ、その兄貴(リチャード1世)だろ。
「十字軍のためならロンドンでも売る」と公言した戦争バカ。

18 :世界@名無史さん:04/02/27 07:43
>>17
「馬をくれれば王国をやる」と言った王様もおりますですよ。

ま、フィクションだが。

19 :世界@名無史さん:04/02/27 12:06
マグナカルタを制定したジョンは偉大ではないか。

20 :世界@名無史さん:04/02/27 22:29
安重根は世界TOPクラスの馬鹿

21 :世界@名無史さん:04/02/28 01:33
イワン雷帝は馬鹿







       イ   ワ   ン   の   馬   鹿

22 :世界@名無史さん:04/02/28 17:10
秦檜は一部地域では相当なアフォってことになってるんだろうな

23 :世界@名無史さん:04/02/28 23:31
>>22
あの当時の宋には金と戦って勝つ程の国力はあったのかな?
まあ、あそこで戦争ふっかけていたとしてもどのみちモンゴルに滅ぼされる
だけだったと思う。

24 :世界@名無史さん:04/02/29 05:52
中国と戦闘状態になり戦争の収拾がつかなくなり一度は「国民政府を
対手とせず」と声明を発表したくせにその後大東亜共栄圏の構築を
提唱し、終いには善隣友好・共同防共・経済提携の三原則をうち立てた
近衛文麿も結構アレだが。
 喧嘩をふっかけた相手に「てめえとは絶交だ!」と言っておきながら後になって
「仲良くしようよ」なんて言ってもねえ・・・

25 :世界@名無史さん:04/02/29 05:55
近衛は日本史上まれにみるDQN指導者

26 :世界@名無史さん:04/02/29 07:09
そもそもいほんとに国民政府を相手にしないならそんな声明出す必要ない罠

27 :世界@名無史さん:04/02/29 11:03
仏印南部に進駐したときも、戦争になるとは思っていなかった鈍感男。
幣原に戦争になるぞと指摘され、(((;゜Д゜)))ガクガブルブル

28 :世界@名無史さん:04/02/29 12:03
砂糖付けのお公家さま首相はダメって事だ。

細川もしかり、何もせず、何も出来ず、むしろ近衛はまだいい方だ

29 :世界@名無史さん:04/03/01 06:09
立花道雪

雷を切ろうとして感電し、半身不随になる。

本当はただ、単に雷に打たれてただけだと思うが。

30 :世界@名無史さん:04/03/02 14:13
いざ考えると、そんな人物や事件はないなぁ。
見方を変えれば幾らでもあるが。

ウェーク島を占領した日本陸軍。
飛行場を整備しようと捕虜の米士官に、道具(もっこスコップ)を与え
部下共々やれと命令したところ、三本の指で「三名で十分」と言われた。

何の事はない、無傷で残っていた土木機械を操作した米兵三名。
一日で飛行場を離発着可能に整備した。

ああ、北海道開拓で、土木機械が導入されていれば……計画はあったんだよな。

31 :世界@名無史さん:04/03/03 03:18
大正天皇とカリグラについて詳細きぼん

32 :世界@名無史さん:04/03/03 03:27
>>30
詳細きぼーん

33 :世界@名無史さん:04/03/03 07:29
そもそも、陸上輸送の主力がいまだ牛馬だった時点で、すでにギャグ。

燃料が足りないので、車が人を運ぶのではなく、人が車を運ぶとか。探せばそんなネタはいくらでもありそうだ。

34 :世界@名無史さん:04/03/03 10:52
>>32
詳細も何もって(w 零戦を飛行場まで運んだのが牛や馬ってのは
朝日ソノラマの「零戦」という分厚い本を読めば分かる。>>33の言う意図はそれ。
また、ウェーク島の件は、遡ると北海道開拓時に、明治から大正…の時
関東大震災等の予算圧迫で、米国から当初輸入するはずだった
土木重機の商談がキャンセルになったところから端に始まる。今でも悔やむ人は多い。

>人が車を運ぶとか。探せばそんなネタ
ああ、太平洋戦争(ニュー速の連中は大東亜らしいが)の、
マトモな戦記や当時の将校クラスの本読めば、腐る程出てくる。

35 :世界@名無史さん:04/03/03 10:56
後、マーシャルのとある島に飛行場とか作った物の、
工事に250万円(当時)掛かって、実際に離発着した飛行機が1式陸攻(輸送型)と
97式艦攻の二機だけだったってのもある。

スレタイを、アホ事象に変えればまだまだ裾野は広がりそうだぞ

でも、今日本は土木立国…ゼネコンの弊害は大きいが
あの機械化土木作業能力は世界一かもしれん。
太平洋戦争の惨めな記憶がそうさせたのかもな。

36 :世界@名無史さん:04/03/07 09:45

       _,,. -‐‐‐‐‐‐‐- 、        /\;;::::::::::::::::::ヘ         .。   。   。   。
       lヽ ヽ ヽ ヽ  ヽ ヽ      /,,;;;;;;\.;;;;;;;;;;;;::./;ヽ         | ヽ / ヽ ./ ヽ / |
       l }   |  |  |  |  |     L::;;,__ ヽ、::..ノ;. ..:::ゝ.      |:  V   V   V  |
       l }   |  |  |  |  |    //;;;;::::::.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..::::;;;|l.    |:           |
       |ニニ''" ̄ ̄○ ̄ ̄`|    |l l;;;;;;;;;;;;;:::::::::...   ...:::::::;;;;;;|l    |________|
     / //  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ .〔l lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll〕  /             \
    /  //              ヽ j/               ヾ、                 ヽ
     l:::::::| |.                 |::||::::              |l:::::::::               |
     |:::::::| |:  (●)     (●)   |::||:::::::..  (●)     (●)  ||::::::::::   (●)    (●)   |  
    |:::::::| |:::::::   \___/    .|.:||:::::::::::::   \___/     ||:::::::::::::::::   \___/    |  
     ヽ::::::| |::::::::::.  \/     ノ \:::::::::::::::..  \/     ,ノヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ
 
劉禅、今川氏真、ジョン欠地王が登場だよ


37 :世界@名無史さん:04/03/07 21:16
いや劉禅はあれでしたたかよ

38 :世界@名無史さん:04/03/07 21:19
>>1が糞スレ立てた事件

39 :世界@名無史さん:04/03/07 23:28
劉禅・・・魏との圧倒的国力差を認識し、主戦派を抑えて平和的解決をもたらした名君。

40 :世界@名無史さん:04/03/08 21:53
>>39
そして最後まで馬鹿を通し捨て扶持を食って魏晋を越えて天寿を全う、ある意味勝ち組

41 :世界@名無史さん:04/03/08 21:56
子孫はどうなったんだろう

42 :世界@名無史さん:04/03/09 09:40
アメリカ合衆国皇帝ノートン1世



と言ってみる。

43 :世界@名無史さん:04/03/09 12:22
安重根
感情にまかせた短絡思考で、わざわざ朝鮮の完全植民地化を決定付けた英雄。

44 :世界@名無史さん:04/03/09 16:07
国王1代在位中の「失地面積」なんか比較してみたいねえ。
ただし国家滅亡とか、政権交代は全国土が丸々失地に加算されるので、それは除いて。

ジョン欠地王はまだマシな方ではないかな。

45 :世界@名無史さん:04/03/09 17:56
>>44
ジョン王=失地王ってのは最初に覚えたヨーロッパの国王だった。

国家滅亡や政権交代を除く状態なら、北宋…ダメか微宗は国を失ったし
意外と難しいな

46 :世界@名無史さん:04/03/09 18:08
大日本帝国は信託統治領も含めれば、かなり広大な領土を失ったと言えなくも無い。
問題は大日本帝国 → 日本国になるときに政治システムが大きく変化したんだよなぁ。
主上の御立場も帝国皇帝から日本国の象徴にお変わりあそばしたし。

47 :世界@名無史さん:04/03/09 18:11
ここはアホで笑える人物や事件について語るレスじゃないのか?

48 :世界@名無史さん:04/03/09 19:16
ジョン・・・戦争に気が狂ったリチャードを抑え、戦乱のヨーロッパ大陸からイングランドのみの統治に
     切り替え、繁栄をもたらした名君。

49 ::04/03/09 20:36
じゃあ私が一つ。

ヘラクレイトスは優れた哲学者だったが、体に水がたまる病気に罹った。
すると医師の指示も聞かずに自分で治療しようとして、自らの体に土を被せて
水分を吸い取らせようとした。
 ヘラクレイトスは子供たちに命じて体に土を被せさせた。ところが、土が固まって
身動きがとれなくなってしまいそのまま死んだ。

50 :世界@名無史さん:04/03/09 22:05
クラッススはアホ

51 :世界@名無史さん:04/03/09 22:17
ルドルフ・ヘスはアホっぽい

52 :世界@名無史さん:04/03/09 22:35
国家滅亡もアリなら、失地面積世界1の王(皇帝)は
ロシア帝国のニコライ2世ですわな。

53 :世界@名無史さん:04/03/10 02:48
ヴァレリアヌス帝はあほ

54 :世界@名無史さん:04/03/10 02:53
山本五十六

こいつが史上最強のアホ

55 :世界@名無史さん:04/03/10 03:30
ま、山本さんが奇人変人だったのは事実。
突然逆立ちをしたり、恩師の通夜で号泣し気絶、また起きあがると号泣し気絶。
外交武官の時は井上成美を昼飯抜きの意味で勉強を語ったり
怪しい占い師を採用したり、芸者を旗艦長門に招いたり(知識人・学者連中を招く偽装イベント)
そして、博打の天才、ま、ブラフの名人か。

でも、あれほどでなければ、あんな馬鹿戦争を真面目に遂行することは
出来無かっただろう。ミットウェイは、日本海軍の総力を挙げて
壮大な馬鹿を演じたと見ると、善悪や正否を別にしてもスゴい人だ。

でも、あの人の下では働きたくないな。(w

56 :世界@名無史さん:04/03/10 09:33
近代科学の魁でもあった修道士ロジャー・ベーコンは肉の腐敗
するかどうかの実験のため、鶏の腹に雪を詰めていたところ
風邪を引き、肺炎で死亡。

57 :世界@名無史さん:04/03/10 10:27
ネロ

演劇やら競技会やらに参加してスターきどり。後の皇帝ウェスパシアヌス
があまりのネロの大根ぶりに居眠りしたのに怒るさまはまさにジャイアン。

58 :世界@名無史さん:04/03/10 10:30
カリオストロ。
こいつはイルミナティなのか?

59 :世界@名無史さん:04/03/10 16:08
歴史の教師がナポレオン3世を「ものすごいアホ」呼ばわりしてたんだが、
そんなに無能だったの?戦争は負けまくったらしいが

60 :世界@名無史さん:04/03/10 17:18
クレオパトラは無能。

61 :世界@名無史さん:04/03/10 17:20
クレオパトラはフェラの達人だぞ
馬鹿にするな

62 :世界@名無史さん:04/03/10 18:00
>>33
アメリカ以外は皆そうだったって聞くけどその辺どーなん?

63 :世界@名無史さん:04/03/10 19:08
>>59

先生がプロイセンオタorビスマルクオタに一票

64 :世界@名無史さん:04/03/10 19:46
>>59
最近はナポレオン3世も見直されつつある。
世界史の先生は、生徒に印象付けるために、イメージを誇張してるんではないかな。

というか、西晋の恵帝のようにホントにどうしようもないアホは、世界史の教科書には登場しないだろう。

65 :世界@名無史さん:04/03/11 03:54
ヴィルヘルム2世はかなりアホな部類に入ると思う。
お前功臣のビスマルクの遺産食いつぶしただけじゃないかと。
つーかとる政策のことごとくがビスマルクの苦労を台無しにするものばかりだし。
ビスマルクの敷いた路線を継続してればもっと王朝が続いたろうになぁ。

66 :世界@名無史さん:04/03/11 04:50
>>59

なっお前の先生もこーゆーやつだったんだよ

こーゆーやつ→>>65

67 :世界@名無史さん:04/03/11 14:37
カノッサの屈辱
これはアホ

68 :世界@名無史さん:04/03/11 17:20
おまえのほうがアホだ

69 :世界@名無史さん:04/03/11 21:29
イスラム系でアホっている?
個人的にはムガルのアウラングゼーブあたりがそれっぽいけど

70 :世界@名無史さん:04/03/11 21:32
シャー・ジャハーンはどうなんだろう
嫁はんの追悼にタージ・マハルつくるなんてなあ

71 :世界@名無史さん:04/03/11 22:01
日本でアホっていえば誰だろう
綱吉?

72 :世界@名無史さん:04/03/11 22:16
鳥居ヨウゾウ

73 :世界@名無史さん:04/03/11 22:21
>>71
大正(ry

辻政信

74 :世界@名無史さん:04/03/11 22:22
バルサロッサの最期も溺死なんだが、どういう状況だったんだろ?
ロンバルディア同盟を敵に回したり、結構アホかもしれない。

75 :世界@名無史さん:04/03/11 22:49
訂正

バルサロッサ→バルバロッサ

76 :世界@名無史さん:04/03/12 05:23
鎧が重くて脱げませんでした。

77 :世界@名無史さん:04/03/12 22:44
フリードリヒ1世バルバロッサは、イスラム側の記録では
ごく浅い川で水浴中に溺死したことになっている。
70過ぎた老人だったことを考えれば、水浴中のショック死
というのもありえない話ではない。
一応、ヨーロッパ側では渡河中の事故死ということになっ
てはいるが。

78 :世界@名無史さん:04/03/12 23:03
>劉禅・・・魏との圧倒的国力差を認識し、主戦派を抑えて平和的解決をもたらした名君。

彼は最近、見直されつつある。

戦乱に疲弊していた蜀に、平和をもたらしたんだから。

79 :世界@名無史さん:04/03/12 23:27
オスマントルコのバヤジット1世は案からの戦いに負けたため、
小トルコ全土をティムール朝に取られ、一時期はアドリア海の
小さな島に政庁を置く地方政権に成り下がった。

80 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/12 23:49
>>71
四条天皇・後醍醐天皇・・・。前者は死に方を言うだけで充分ながら、後者
は本を読まないと解りにくいほど(ry

81 :世界@名無史さん:04/03/12 23:57
聖武帝 民が苦しんでいると言いながら、土木都作り、そして大仏。
不老不死を求めて……氏ね屋。

古代中世歴代天皇で、名君は、天武、桓武、醍醐、これくらいかな

82 :世界@名無史さん:04/03/13 01:37
>>81
聖武は藤原氏の讒言を真に受けて長屋王を処罰。
藤原広嗣の乱にビビり、遷都。
それで仏教に嵌ったのか?

83 :世界@名無史さん:04/03/13 01:51
文革期の中国人。
ワイルドスワンで一番笑った話は毛沢東が来た時、そこで
「好きなだけいくらでも食べられる場所にする」と発言したため
「毛主席の予言を実行しなくてはいけない」と翌日から
全食堂がいつでも好きなだけ無料で食べさせる、という事を実行し始めた。
破滅すると分かっていながら誰も止められず、
終には食料が無くなり、そこら中に餓死者だらけになった。

84 :神ギャンブラー:04/03/13 03:26
ウィーン会議のパーティーの席上ではしゃぎすぎたゆえにショック死したおっさんが
一名おりましたとさ

85 :世界@名無史さん:04/03/13 03:34
>>83
大躍進じゃねぇ?

86 :世界@名無史さん:04/03/13 10:28
板垣が刺された時に発した「板垣死すとも自由は死せず」の名言。

だが、これを発したのは彼では無く、彼はただ刺されて苦しんでいたという
話しもある・・・。

87 :世界@名無史さん:04/03/13 12:24
>>86

付き人の言葉だったと思う

88 :世界@名無史さん:04/03/13 14:41
板垣って征韓論派だったんだよね。

89 :世界@名無史さん:04/03/13 16:10
>>42
事件としてはアホだし、本人の行動もアホだが、政策としては結構良いものを持っていたと聞いているよ。
金門橋の建設を提唱していたとか。

90 :世界@名無史さん:04/03/13 16:17
桃の食べすぎで死んだジョン欠地王と、
火鉢の熱で発熱死したフェリペ三世、
そしてアッティラ

91 :世界@名無史さん:04/03/13 16:23
>>90
美女を見て鼻血を出しすぎて失血死だったけ?

92 :世界@名無史さん:04/03/13 17:10
ヘーゲルは金が無かったので自分の著作のページ数(原稿数)を増やす
ことで金を稼ごうとした。
 そのお陰で精神現象学の文章は理解しづらいものとなった。

93 :世界@名無史さん:04/03/13 17:29
>>92
生存欲>権勢欲>性欲>金/物欲>食欲>睡眠

ま、これに集約されるな。

94 :世界@名無史さん:04/03/14 12:07
>>71
漏れは足利義政に一票。
仮に実質的な権力を姻戚や側近が握っていてどうしようもなかったのだとしても
乱を止める努力をほとんどせず、かえって火に油を注ぐようなことを・・・

勝手な理想をブチ上げて暴走した綱吉や後醍醐帝なんかも迷惑だが・・・

>>86
もれが聞いた説では、板垣はうめきながら「俺が・・・殺し・・自由が・・・」
というようなことを口走っていたらしい(実際は土佐弁だったそうだが)。
で、それを聞いた側近がその単語をつなぎ合わせて公表、
それをまた新聞が「嘆きたまふな板垣死すとも自由は死せず」という見出しで
書き上げたためにそうなったのだとか。


95 :世界@名無史さん:04/03/14 13:25
>>94
板垣は自由党作った後に死ねば伝説になれたと思う。
尾崎行雄もメじゃなかったのにね。

96 :世界@名無史さん:04/03/14 16:00
板垣が(その時には)死ななかったので、自由が死にました。

97 :世界@名無史さん:04/03/14 17:30
板垣と孫文ってキャラがかぶるな

98 :世界@名無史さん:04/03/15 02:39
やっぱアミン大統領じゃね?

99 :世界@名無史さん:04/03/15 13:46
数十年後にはキム・ジョンイルが仲間入りしてるんだろうなあ。
日本だと麻原とか。宇野首相も入るのかなあ。

100 :John Doe ◆0WsIEmknHQ :04/03/15 13:55
世界史に登場する大抵の経済学者が貧乏らしい
(あくまでも噂だけどね)
でも本当なら物凄いアイロニーだな

101 :世界@名無史さん:04/03/15 14:03
ハイエクってとてつもないアホなのでは、と思う

102 :世界@名無史さん:04/03/15 14:12
>>100
ケインズは、仕事がないときは株で食ってたんじゃなかったかな?

ニュートンの遺稿の半分を落札するくらいだから、かなり金は持っていたはず。

103 :世界@名無史さん:04/03/15 17:27
ジョンローシステムの欠陥を見抜いて指摘した奴も
バブルを売り抜けて金持ちになってる。

104 :世界@名無史さん:04/03/15 18:02
そもそも経済学ってマクロな経済の動きとかその法則性とか
理論なんかを研究する学問であって、個人の金儲けの方法を
追究してるわけじゃないからな。
経済学者が貧乏でも別に不思議はない。

105 :世界@名無史さん:04/03/15 18:46
>>101
だったら西ドイツの発展を経済学的に説明してみろ

106 :世界@名無史さん:04/03/15 18:54
元日銀エリートの人がうちの大学にいるんだが、曰く
「経済学ってのは実験しなくていいからねえ。どんなこと言おうがあとで責任とらなくていいから
すっごい楽なんだよ。テレビとかにでてるコメンテーターはそういう理由で信用しちゃだめw」

経済学って怖いな…


107 :世界@名無史さん:04/03/15 19:06
>>106
後、軍事評論家も同じ。 実験は軍任せ。
ツッ込まれると「その情報は軍機」だから見れなかったで逃げられる。

いやはや。

108 :世界@名無史さん:04/03/15 19:19
そういう意味では旧ソ連共産主義は壮大な実験だったといえる。
軍需産業中心の戦時経済体制といい、困窮時の傾斜生産方式といい
麻薬みたいなものだといえる。

109 :世界@名無史さん:04/03/15 19:20
評論家ってのはそういうもの。
ホントに有能なら評論家ではなくその道のプロになってる。

110 :世界@名無史さん:04/03/15 19:21
>105
まあ西ドイツがハイエクの理論どおりにやって成功したのは認める。

111 :世界@名無史さん:04/03/15 19:29
評論家ってのいつも悪い方に賭けてる人のこと

112 :世界@名無史さん:04/03/15 19:57
>>108
つまり経済学を実際に実験したらああなるってことか
まさにアホ事件!

113 :世界@名無史さん:04/03/15 20:38
>>112
ただ、ソ連型社会主義がどういう事かはこちらへ
社会主義と共産主義の違いってなんだったの?
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1032866557/
何故共産主義にしないの?(dat堕ち)
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1047265234/
下の方が詳しい

評論家については、ビジネス系のニュースに出る、
株価解説等のプランナー等が悪例
「そう言うおまいはその株買っているのか?」
「公平性とインサイダーの疑いを避ける為秘密です」

114 :世界@名無史さん:04/03/15 20:39
マネタリストも馬鹿ばっかで、結局ケインジリアンにとって変わられかけてる


115 :世界@名無史さん:04/03/15 20:46
>>113
何でスレ誘導されるのか理解できんのだが…
アホ事件といったらあかんのか?

116 :世界@名無史さん:04/03/15 20:48
>>115
すまん、一応と思ってな。


117 :世界@名無史さん:04/03/15 20:55
アホと言ったら宋襄の仁

118 :世界@名無史さん:04/03/15 21:53
徽宗はアホなんだろうか?

119 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/16 17:31
>>81
橘奈良麻呂の乱の時に仏教に金をかけ過ぎたことを糾弾された称徳天皇は
「父の代からやっていた事なのに、今になって批判したという事は単なる謀反
の言い訳ではないのか。」
と返して黙らせたと言いますが、言い換えれば二代でやっていたという訳で。
この時代には仏教の支持も増えていたようですが、それにしてもやり過ぎてい
たようで三善清行も当時まで費用がかかり過ぎていたと糾弾している。
名君ですが、宇多・村上・一条・後三条・花園あたりも入れて下さい。
それに完全に悪い天皇というのもそうそう居た訳じゃありません。

120 :世界@名無史さん:04/03/16 17:45
日本のバカはたいていやる気が無くて助かるよね。
これがやる気のあるバカだったら・・・

121 :世界@名無史さん:04/03/16 18:01
やる気のあるバカとは牟田口中将の事でしょうか?

122 :世界@名無史さん:04/03/16 18:30
中国だと大運河つくっちゃったりするもんね

123 :世界@名無史さん:04/03/16 19:30
大運河ならまだ役に立つが、阿房宮なんかは…

124 :世界@名無史さん:04/03/16 19:51
そういや阿房宮って実は焼けてないんだっけ?
項羽に焼かれたというデマを信じて書いちゃった司馬遷をアホというのは可愛そうだよな

125 :世界@名無史さん:04/03/16 20:28
>>121
牟田口は、むしろ馬鹿と言うより、南方軍、大本営に踊らされたアフォ
白骨街道、漏れの祖父母の従兄弟が…

126 :世界@名無史さん:04/03/16 21:03
じゃあ辻ーん。

127 :世界@名無史さん:04/03/16 21:58
>>126
辻かー、妖怪と言われているな。
山本も「あんなのを生かしているから陸軍がダメになる」と暗に殺意を…

ま、潜行三千里は…

128 :世界@名無史さん:04/03/17 03:08
最後はラオスに視察に行って帰ってこなかったんだっけ。
なんか、昭和の暗部を感じさせる男ではあるね。こういう奴おおいよね、昭和期の
軍人には。悪い意味で尋常じゃないっつーかさ。甘粕なんかも尾鰭はついてるん
だろうけど、相当色々なところで暗躍してたようだし。

129 :世界@名無史さん:04/03/17 04:51
甘粕は胡散臭い。

130 :世界@名無史さん:04/03/22 11:51
第二次大戦の時には
英国中部から独逸へ向けて飛び立った米英の爆撃機が、かなりの数
倫敦上空で英軍の高射砲で落とされまくったとさ。
高射砲撃つ方もびびっただろうな。
北から独逸空軍が攻めてきたかと勘違いして。


131 :世界@名無史さん:04/03/22 11:53
あと第二次大戦中のNYで、
米軍の爆撃機が曇天の中、飛行中に
エンパイアステ-トビルに正面衝突したこともあるらしい。


132 :世界@名無史さん:04/03/22 22:27
ダウト、

>>130 レーダー配備と対空管制が整う前ならあり得る事態であるが、実際にはない。
>>131 米軍の爆撃機?意味不明、海軍機?陸軍機?海兵隊機?何にせよヨタ話だろ

133 :世界@名無史さん:04/03/22 23:29
>>27

仏印進駐を非難されて、

「だってぇ、ビシーフランスが、『いい』って言ったんだも〜ん」


134 :世界@名無史さん:04/03/23 00:01
>>124
史記にはそのような記述は一切無い。秦の宮室を焼いた、とあるだけ。
そういう記述があるのは漢書のほう。

135 :世界@名無史さん:04/03/23 00:02
エンパイアステートビルにB-25が突っ込んだ話は結構有名だと思うが。
大戦中じゃなく終戦直後だけどな。


136 :世界@名無史さん:04/03/23 03:08
WTCにBが突っ込んだ話も有名だな
終戦直後じゃなく新世紀直後だけどな

137 :世界@名無史さん:04/03/23 06:11
WTCは1966年当時最大の旅客機B707の衝突には耐えられるように設計されていたが
さすがに燃料満載のB767の直撃には耐えられなかった

138 :世界@名無史さん:04/03/23 12:52
http://www.asahi-net.or.jp/~jj8k-nkmc/top3-00.1.29.htm

>>131
これのことでしょ。

139 :世界@名無史さん:04/03/23 12:56
>>137
しかし、事件当初、まさか完全に崩壊するとまでは思っていなかった
専門家の方が多かったように思う。

実際にボッキリいっちゃったあと、かなり動揺していた。
骨格部分の鉄骨が熔けたり曲がったりするほどの高温になるとは
考えていなかったようだ。

140 :世界@名無史さん:04/03/26 18:13
だが、中途半端に崩れたままだったら解体工事が大変そうだ。

やはりビル爆破の超プロ呼んできて、周りに粉塵や煙が立ちこめないよう
やるんだろうなぁ、そのほうが米国経済に打撃を、そして半壊したビルが余計に
世界に対する挑戦モニュメントになって……あ、原爆ドームと同じか

141 :世界@名無史さん:04/03/30 00:38
フランクリン=ルーズベルト
共産主義への油断から冷戦を引き起こした

142 :世界@名無史さん:04/04/02 13:23
>>141
もっと具体的には、何も知らず、チャーチルに乗せられた
小ブッシュ並の頭のトルーマンがアフォだ

143 :世界@名無史さん:04/04/15 04:45
あげ

144 :世界@名無史さん:04/04/26 12:06
戦後日本史で一番アホは誰なんだろう
海部・羽田・村山、あと一応森さんあたりが最有力候補っぽいが

145 :世界@名無史さん:04/04/26 13:52
名もなき知的障害者だろ。
歴史に名を残してる人だと、公害病事件の被害者とかになるか。

146 :世界@名無史さん:04/04/26 14:14
シャルル八世って、ポームを観戦しようと走っていって
低いドアに頭ぶつけて死んでしまった。

147 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/26 14:17
>>554-555
明治政府というのは薩長の政府のことか?
向こうでは元号が明治になったらしいが、ここだとまだ慶応だ。
で、話題の人物だが、確かにそういう人物がいると聞いたことはある。
知名度? 悪名は高いだろうな。いい評判でないことは承知している。
それにしてもあんた、分かってるんだろ? 俺の名前。
いい加減に教えてくれ。

>>556
残念だったな。次のゾロ目は・・・何故か同行してる異人たちは嫌がってたな、
あの数字。不吉だとか言って。

148 :世界@名無史さん:04/04/26 15:39
>147
ここはどこ?わたしはだれ?〜二日目〜
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1070371982/
にカエレ!

149 :世界@名無史さん:04/04/26 19:29
とりあえず>>147誤爆乙

150 :世界@名無史さん:04/04/26 21:25
コントなんか妻だったか愛人だったかが死んでから
社会学から離れて「人類教」の創始者、教主となったアフォ。

151 :世界@名無史さん:04/04/26 21:56
>>132
これだけレーダーと対空管制が整ってる現代でも同士討ちはなくならないよ。
機密が優先される普通の軍事作戦では、ちょっとした連絡のの行き違いで
簡単に同士討ちが発生します。
パイロットは敵味方なく対空陣地を避けるものですw

152 :世界@名無史さん:04/04/26 22:24
レーニンが超絶禿なのは、昔高熱にかかって気付いたら全部抜けてた。

153 :世界@名無史さん:04/04/26 23:11
>130
1945年1月1日にナチスドイツ空軍はベルギー・オランダの連合国軍の
航空基地への奇襲攻撃を実施した。「ボーデンプラッテ作戦」
この作戦では、ドイツ空軍の機密がよく保たれ、地上の高射砲部隊には連絡が無く
友軍の高射砲陣地の上空を通過したドイツ軍機は、奇襲攻撃と思ったドイツ高射砲部隊に
撃たれまくった。味方であることを告げようにも無線封鎖中で無線の発信は禁じられ
何もできないまま、ひたすら味方の弾を浴びてしまった
ちなみにこの前のイラク戦争でも、イギリスの飛行機がアメリカ軍のミサイルに
落とされたことが2〜3回ありました。


154 :世界@名無史さん:04/04/26 23:44
1944年6月19日マリアナ沖海戦当日。

第三艦隊から発艦した第一次攻撃隊は、第三艦隊の前衛として遊弋する
第二艦隊の上空に到達、そこで敵機と間違えられ、猛烈な対空放火を浴びた。
ただし、大和武蔵のみ発砲せず。

両艦は各艦に「上空の飛行機は友軍機ナリ発砲中止」と
発光信号を上げ続けたが、発砲は止まなかった。
発光信号を読める士官も少なくなっていたのもあるし、
艦隊内無線が使えなかったと言う事もあった。

この友軍の誤射騒ぎで、十数機が後退、乃至墜落した。
原因は、味方艦隊の上空を通過するという非常識な攻撃隊隊長にあった。
普通は避けるものだが、技量の低さは、ここにも現れていたのである。

155 :世界@名無史さん:04/04/28 10:20
山本五十六の奇人ぶりがわかる書物などはありますか?

156 :世界@名無史さん:04/04/29 03:01
>>155
阿川弘之著 山本五十六 上下巻 

奇人振り、変人振り、愛人好き 増悪の激しさ、
そして著者は遺族から訴えられるいわく付きの本(相当昔)
もうまる分かり、他の本はそれからでいい。

凡将山本〜等の本はそれから巡れ、

157 :世界@名無史さん:04/05/14 12:11
あげ

158 :世界@名無史さん:04/05/14 12:56
やはり、ボカサ様でしょう。

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)