5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

堀越孝一の文体

1 :世界@名無史さん:04/02/16 19:45
ちょっと細かい点だけど。彼の文体って読みにくいよね?
研究内容はともかく、みんな理解できてるのかな?
本人はうまいつもりなんだろうか?
意見カキコキボンヌ

2 :世界@名無史さん:04/02/16 19:48
お前、こんなくそスレ立てるなよ
削除依頼だしてこい。
常識なくてなにが「文体」だよ。


3 :世界@名無史さん:04/02/17 00:16
読みにくい本だったな。

4 ::04/02/17 17:28
確かに題名も悪かったですね。あまり問題でもないし。
なので、堀越孝一氏の学会での評価・業績などについて 語って
いただけませんでしょうか。なぜならば、彼の文章はついてゆけないのです。
何が書いてあるかよくわからないので、正当に彼の業績や内容を検討できない
のです。フランス中世史に詳しい方などのご指摘をいただければと思います。

5 :世界@名無史さん:04/02/17 20:21
具体的になにが同問題なのかここに晒せば、誰か答えるかもよ。
学会って、ここの住人の多くは高校生だよ。


6 :世界@名無史さん:04/02/18 10:53
俺はこの人の学校の出身で、彼の授業を取ったこともあるけど、
話し方最悪。
話を五分聞いたら眠くなる。

催眠術師にでもなればよかったのに、とは俺の同級生たちの感想。

7 :世界@名無史さん:04/02/20 00:24
ホイジンガの「中世の秋」の翻訳この人だったっけ。
読みにくかったなあ。内容は面白そうなんだが。誰か新訳してくれる人いないかな。

新書系では講談社現代新書か。
最近出た「ヨーロッパ史中性変」この人の総論は要らないな。
「中世の秋のうんたらかんたら」何が言いたいのかさっぱり。文体は詩人だかなんだか作家気取り。
人知れず美術エッセイのようなものも出しているんだが、これは詰まらん。本当に詰まらん。

8 :世界@名無史さん:04/02/20 20:24
話術も文章力も最悪ということはわかったが、歴史家としての能力はどうなんだ?

9 :世界@名無史さん:04/02/20 21:32
NHK教育の世界史の講座を以前に担当してたな。

10 :世界@名無史さん:04/02/20 22:23
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061496646/qid=1077283262/sr=1-7/ref=sr_1_10_7/249-0145535-2097166
アマゾンのカスタマーレビューでも、
堀越氏の文体がけなされてますな。

11 :世界@名無史さん:04/02/20 22:24
結局、いくら実績があっても表現力がないとダメってことか。

12 :世界@名無史さん:04/02/20 22:38
ホイジンガの「中世の秋」は中公クラシックにもなっているが、
序文で「ホイジンガはハイジンハという…」とかのたまってるんだよなあ。
「ハイ」はいいとして、「ジンハ」はないだろう。>Huijinga
蘭語わかる人ならngは「ング」と発音する。uiは「アイ」でも「アウ」でもかまわんが。
Engels(イギリス)をエンヘルスなどと発音するオランダ人はいない。
蘭語を定本としてあげているが、本当は仏語版でも翻訳したんじゃないかと疑いたくなる。
漏れ的にこの時点で研究者としても失格。



13 :世界@名無史さん:04/02/20 23:14
いや、この人はほんとの教養人だよ。
今年退官だが、今後の歴史学会を憂いたくなる…

14 :世界@名無史さん:04/02/20 23:19
>>12
そーゆー藻前も Huijinga はないだろ。

発音表記の誤りの一つを取って、鬼の首を取ったように勘違いしている
ところがイタイ。多分、藻前よりはるかに読めるから安心しろ。

15 :世界@名無史さん:04/02/21 01:00
>10
というより、アマゾン見てここ作ったんじゃないの?
読みにくい人ではあるが、実際、貶されるほどではない

16 :世界@名無史さん:04/02/21 01:54
中公クラシック版には堀越さんの序文がついたのか。
買いなおそうかなぁ。

17 ::04/02/21 10:04
>>15
 そうなんです。アマゾン見て、結構本は出していて有名なのに、と
疑問をもったのです。だってそんなに酷かったら本を1冊だして終りでしょ?
でも何冊も出していて露出度高い。東大教授という権威もあるかと
思うが、堀米庸三の弟子でもあるし、歴史家としての能力はあるのでは
ないかと。で、その歴史家としての能力ってどうなの?
とうことと、アマゾンは一般の読者の方の批評なので世界史版の
方々の意見を聞きたかった、ということなのです。
7年くらい前なのでよく覚えていないのですが、「中世の秋」を読んだときは
翻訳モノなので、読みにくい文体なのかなぁと思いましたが、
どうもそうではないのかな、ともアマゾン見てみて思いました。

18 :世界@名無史さん:04/02/21 10:07
× 東大教授
○ 学習院大教授

19 :世界@名無史さん:04/02/21 12:58
俺は西洋史でも学習院でもなかったが、この人の授業を受けてみたかったな。

20 :世界@名無史さん:04/02/21 20:03
堀越先生は、普段は温厚で、そう例えるならスラダンの安西先生。
でも、学問のことになると厳しいよ。
文体等ここではけなされてるけど、中公文庫版の『中世の秋』では故江藤淳氏に
「堀越氏の名訳で読めるのは素晴らしい」的な推薦文があげてありました。
江藤淳がほめてるからってどうなのってこともあるかもしんないけど、筋の人が見れば
だめぽ呼ばわりされるほど、悪くないんじゃないかな?
ちなみに、俺は、『教養としての歴史学』けっこう好きだな


21 :世界@名無史さん:04/02/21 20:32
名文とは何かということについては昔から議論があり、特に歴史の
文体についてはヘロドトスやツキディデスがよく引き合いに出される。
ヘロドトスは読んで面白い文体で、物語風の記述を取っている。
対して、ツキディデスは実に難解な文体で、それは古典ギリシア語の
中で最も難解だとされている。何が難解かというと、実に文章が長く、
節が連なっているからだという。
では文章が難しいからといって、分かりにくいかというとそうでもない
らしい。ツキディデスは自分の思ったことを思ったとおりに書いたので、
思考の順序にそって書かれていて分かりやすいという。
よく、日本語で短文こそよいという考え方があるが、短文は文と文の
つながりがはっきりせず、かえってよく分からないということもある
そうだ。その点、ツキディデスは短文でなく、節を繋げているので分かりやすいら
しい。
また、文が始まりから終わりまで一つの塊になってセットになっているので、
話しの内容を理解しやすいという。
要するに、いい文章というのが、読みやすいものなのか、それとも
文章の内容が分かりやすいのか、それによっていい文章かそうでない
かが決まるといってよいだろう。

22 :世界@名無史さん:04/02/21 20:51
そうそう、小林秀雄にしても相当読みづらいけど、評価は高いし。
堀越先生の文は、かめばかむほど味がある、そういったものだよね。
好き嫌いが別れるのは致しかたないかも。

23 :世界@名無史さん:04/02/21 21:14
みんなあんなふうになる前の堀越さんの文体を知って議論してるのかしら?
昔はまともだったよ。教養文庫の『中世ヨーロッパ』なんて、
今読んでもすごくおもしろい。
パリの戦いに萌えたもんだよ。

24 :世界@名無史さん:04/02/21 21:29
講談社版の「世界の歴史」は、文学者気取りの文体で読みにくかったが・・・

25 :世界@名無史さん:04/02/21 21:33
そうすると、何であんな文体になってしまったんでしょうかね?
彼の身に何が起こったのでしょうか?

26 :世界@名無史さん:04/02/21 21:38
>>23
そうなんだよね、昔は普通に読みやすい文体だったんだよね。論文集『中世の精神』所収の
ものなんかも、普通に学術論文してるんだよね。
あの先生は、自らに文体を作り出してる。歴史学に限らず、学問の世界では珍しいと思うんだけど。
自分の文体を確立していることには敬意を表してもいいんじゃないかな。

27 :23:04/02/21 21:43
彼の近くに似たような文章を書く人はいるか?



…いたよ。
クイズダービーでおなじみだった篠沢教授。
学習院でフランス屋。
どっちがどっちに影響与えたのか知らないけど、
中公新書の『フランス三昧』なんか堀越さんと同じような文体だ。

28 :世界@名無史さん:04/02/21 21:48
堀越さんの文体ってのは口述筆記体というか極端な言文一致体だと考えていいのかな?

29 :世界@名無史さん:04/02/21 22:12
そういや篠沢教授もそろそろ堀越教授と一緒に定年か?

30 :世界@名無史さん:04/02/21 22:13
今年度はわたしが演習を担当する最後の年度です。
いままでにいくつの論文を君たちと一緒に読んできたか、なにしろ歴史家にあるまじく、
記録をとっていないので、よくは分からないが、かなりの数にのぼるでしょう。
だんだんと思い返せば、文化史系の論文が多かった。一昨年の「エロイーズ文」
(ぶみ、と読んでください)をめぐる論説なんか、とてもおもしろかった。
「エロイーズ文」は、なにしろ若年時、これを日本語に写すまでは死ねないとまで
恋い焦がれたテキストで、これで焼けぼっくいに火がついた。
わたしは『アベラールとエロイーズの往復書簡』校注の仕事に入ることを、
ここに宣言します。
君たちと一緒に読みながら、君たちと一緒にわたしも人文の学の世界に遊んでいる
ということで、さてさて、今年度、わが演習最後の年度は、どう遊ぼうか。

31 :世界@名無史さん:04/02/21 22:16
あいつも逝って、三十年、
わたしは卒論にフランスの啓蒙主義の時代に出版された百科全書の出版事情を書いた。
なにしろ検閲官が見張っている時代で、危険視される項目は削除を命令されたり、
書き直しを要求されたりした。編集者と出版人にはそれぞれの立場があって、
ときには対立し、反目した。そのあたりの事情が若者のわたしの関心をひいた。
委細は最初の授業時にお話する。
この演習は卒論の書き方を実践的に指導することを目的とする。
内容? それはむしろ君たちにかかっている。


32 :例の170 ◆vBOFA0jTOg :04/02/21 22:29
リアル鬼ごっこのガイドライン@ガイドライン
http://that.2ch.net/test/read.cgi/gline/1073660658/

33 :世界@名無史さん:04/02/22 10:37
確かにクセのある自意識過剰な文章だな。

34 :世界@名無史さん:04/02/22 11:37
ジジイになっても心は少年のまま。

35 ::04/02/22 16:30
今日図書館に行って「新書ヨーロッパ史中世編」を読みました。確かに悪文だと思いました。
(教養文庫の『中世ヨーロッパ』は置いてなかったので残念です)。
これまでの板情報をまとめると、TPOをわきまえない人、という風に思いました。
独特の文体は、歴史エッセイを書くときに用いるべきであって、論文や、
一般向けの歴史概説書に使うべきではない、と思いました。
あの文体を使いたかったら、塩野七生のような著作で行うべきかと。
 独自文体を探求する努力は敬意を表しますが、それでもヘタクソなのでは
ないかと思いました。塩野作品のように、一般読者を相手の著作で勝負して
みてはいかがかと。それで売れたら、私の感覚が古い、ということになりますね。

36 :世界@名無史さん:04/02/22 16:43
堀越さんの読みにくさは文体のせいなんだろうか?

どちらかというと、奔放に話題が飛躍したり、読者にとってどうでもよく
思われる薀蓄や脇筋に紙幅を割いたり、定説的な視座を批判してリヴィジョン
する場合の説明が抽象的でわかりにくかったりといった構成や叙述の深度の
問題に思えるのだが。

37 :世界@名無史さん:04/02/22 16:51
20年ほど前に、この人の中世史の授業受けてたんだが、教養溢れる講義内容の
あまりの難解さと退屈さに辟易して、友人と五目並べをしていたら、睨まれた
記憶がある、というかそれ以上の記憶は無い。当時こっちの認識は、まだ
堀米大先生の後を伺う売出し中の学者といった程度のものであったが…。

しかし、読み易ければ全て良しという最近の一種デジタル的?考え方にも少々
抵抗を感じる。わたしの尊敬する澤柳大五郎先生も今日的には悪文家であろうし、
万人に認められなくても読む人が読めば良さが分るというのも良いんではなかろうか。

38 :世界@名無史さん:04/02/22 17:03
本来、教養というか知識というものは、手軽に手に入るものではなくて、足らざる
ところを必死になって自分で調べ上げて、初めて身につくものなんで、なんでも手取り
足取り解説がつく「猿でも分る〜入門」と比べて、悪文とか分り難いとかいうのは
的外れじゃなかろうか。理解するために相応しい教養や努力を要する本とか演奏とか
ってのは確かに存在する訳だから

39 :世界@名無史さん:04/02/22 17:11
>>23 >>26
堀米庸三先生が亡くなってから、重しがなくなって学問的にちょっとハジけてしまった、
という風評は聞いたことがあるなあ

40 :世界@名無史さん:04/02/22 19:41
>>39
そうゆうことはないんじゃないかなあ。
基本的に堀越先生は権威に盲従するタイプではないかと。
だって、あのフランス文学の世界では、政治学の丸山真男的権威、渡辺一夫と論争してるんだよ。
それも、渡辺先生存命中に!
これって、けっこう驚くべきことじゃない?

41 :世界@名無史さん:04/02/22 19:43
フランス史とフランス文学の世界って論争するほど交流があるんですか?

42 :世界@名無史さん:04/02/22 19:43
この人はヨーロッパ中世の権威といわれているが、今印象に残っている
のはホイジンガーの中世の秋を訳したということだけだ。
勿論やっただけはすごいので認めるが、それも昔の仕事。また、ただ
オランダの学者の著作を訳しただけ。何だかなあ。
自ら中世の原典を紐解き、解釈し、新説をいかほど見出したのか、
勿論すごいのだろうけど、寡聞にして聞かない。
もうすでに、欧州史学の紹介者としての役割は終わっているだろうのに。

43 :世界@名無史さん:04/02/22 19:57
>>41
ごめん、論争というには大袈裟だけど、くってかかったのは事実。
日記文の語句解釈を巡ってなんだけどね。
ちなみにその経緯は『中世の精神』小沢書店、に出てるよ。
俺がいいたいのは、この論争が学問的に価値ありとかではなく、>>39に対して
堀越が師匠の存在どうこうで変わる人物ではないということを言いたかったから。


44 :世界@名無史さん:04/02/22 20:16
>>38
 たしかにそうおもうけど、「新書」というのは、お手軽入門編で
あって、「教養」の方から大衆に媚びて(ちょっと表現悪いけど)、
結果的に「多少は啓蒙」するようなものだと思う。新書は営業利益を
見込んで出版されるものだと思うんだけど。
 それに対してB5、A5判の書籍なら、本のレベルを落とすわけには
いかないので、読者の方の努力が必要。

>>36
 にも同感だけど、構成や叙述の深度については、それなりに体系
だっていないと。論述の基礎ってあると思う。それにとらわれたくない
のであれば、歴史エッセイ本でやるべきだ。

45 :世界@名無史さん:04/02/22 20:28
そういや大江健三郎(渡辺一夫の弟子)が何かで書いてたような気がするな。
畸形がどうとかいう話だったか。

46 :世界@名無史さん:04/02/22 20:40
>>44
いや、文体というのは語り口や表現のスタイルのことだろ。
漏れが言いたいのは、堀越さんの文体を論文調に書き換えても
すんなり理解できるようにはならないだろうってこと。
問題は文体ではなく、ロジックや説明にあるんじゃないだろうか?

47 :世界@名無史さん:04/02/22 21:29
>>46
 文体だと思ったのは、以前はちゃんとした文章を書いていた、という情報
から判断したのです。、教養文庫の『中世ヨーロッパ』
とか昔はよかった、とあるので、意識的に今の文体に移行しているのでは
ないかと。ロジックや説明にあるとしても、「歴史書」関しては、
やっぱりなんとかして欲しい。エッセイでやって、と思っちゃう。

48 :世界@名無史さん:04/02/22 21:47
だからさ、堀越さんの分かりにくさは文体以前の問題だってことなんだけど

49 :世界@名無史さん:04/02/22 22:39
要するに、若手に席を譲れということか?>一般書籍
どの学問分野でも大家が頂上に鎮座ましまして、若手の芽を摘んでいく傾向があるような。
この人の場合、フィールドを専門分野だけにとどめているのがまだマシということなのかな。

>柳澤大五郎
懐かしい名前だなあ。あのころの馬鹿田の美術史はよかった(多分)

50 :世界@名無史さん:04/02/23 00:08
>>49
澤柳

51 :世界@名無史さん:04/02/23 00:13
堀越さんの本って、そんなに一般に出回ってるとは思えないけどね。
学習院大のHPを見ても、本人が絶版、品切れを明言してるしw

52 :世界@名無史さん:04/02/23 00:37
Amazon.co.jp: 検索結果 本: 堀越孝一
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index=books-jp&field-keywords=%E5%A0%80%E8%B6%8A%E5%AD%9D%E4%B8%80&bq=1/ref=sr_aps_all_b/249-7582939-1520367


53 :世界@名無史さん:04/02/23 00:48
>>50
アチャー、スマソ

54 :世界@名無史さん:04/02/23 07:41
なんだか不毛な論議だな。歴史自体とはなんも関係ない。
誰それはどうだとか、狭い世界から抜け出れない某スレの方々ですな。




55 :世界@名無史さん:04/02/23 10:25
堀越さん、退職後はどうされるんですか?

56 :世界@名無史さん:04/02/23 10:28
もしかしてこのスレは新手の本の宣伝スレなのか?
文体が悪いところからスレをアマゾンにリンクさせて本を売ろうと?


57 ::04/02/23 12:53
そうですね。大体少し状況が見えてきた気がします。学者の中には
翻訳スタータイプと地道研究スタータイプと、地道研究非スタータイプが
いると思うけど、地道研究スタータイプではなく、堀越氏は翻訳スタータイプかもしれない
とうことですね(スターというのは要はマスコミの露出度が高い、という意味)

で、ここで少し観点を代えて、国内学者で中世ヨーロッパ史を
書くとすれば、他に誰が適任だと思いますか?
例えば
中世ドイツは、菊池良生、ビザンツなら井上浩一、帝政ローマなら
南川高志と、若い世代が台頭してきていますが。
できれば、欧州全部、地域毎、などに分けていろいろな人材をあげて
みていただないでしょうか?

58 :世界@名無史さん:04/02/23 14:49
菊池良生はありえんだろ

59 :世界@名無史さん:04/02/23 17:20
50代の大学教授の名を挙げて「若い世代」かよ。

60 :世界@名無史さん:04/02/23 18:37
重複スレの様相が明らかになってきたな。
史学科スレへ行け

終了


61 :世界@名無史さん:04/02/23 18:53
>>1は業界人(崩れ院生)なのか?

62 :世界@名無史さん:04/02/23 18:54
規制厨UZEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE

63 :世界@名無史さん:04/02/23 18:59
学問の世界のだれがどうしたは一スレあれば十分だろ。
最初からこの>>1うさんくさい。研究の中身の議論ではなく「文体」とか

>国内学者で中世ヨーロッパ史を書くとすれば、他に誰が適任だと
オマイ、編集者かなんかですか(あるいはその使いっ走り)
誰に原稿依頼するか、2chで値踏みしてるとか。あやしーやつ。


64 : 1:04/02/23 20:31
思わぬ反応ですな。50台は研究者の世界ではまだ若い。古代ローマ史などでは
弓削、吉村、長谷川などの世代が年寄り。まだ40台の南川は充分若手。50台でも
まだ若い方だと思うけど。逆に30台などではめったに世に出れないのが現状。
学生であれば、どこの史学科が、などという議論でいいが、一般社会人では
どこかの大学で本当に若い30代の有望な教授がいたところで、関係ない。
一般社会人が関わるのは、普通の書店で入手できる書籍の著者だよ。
だから、学会内で評価が高くて、レベルの紀要や史学雑誌などに論文書いて評価
されてる研究者より、普通の書店で売ってる書籍が(も)書けるタイプの
研究者を知りたいと思うのは当然だろ。
59-63で判ったことはこれでこの掲示板には中高程度の学生かあるいはそれに
相当する世間知らずが多いことだな。
ちなみに俺はコンピュータのエンジニアだ。史学科は出ているがね。

65 :世界@名無史さん:04/02/23 20:45
>>1
いいこといいますね!
ところで、卒論はどんなことを書いたのですか?なるたけ詳しく教えてください。
当方も、史学科出身です。

66 :世界@名無史さん:04/02/23 21:31
史学科出身を強調するのは虫がすかん。

67 :世界@名無史さん:04/02/23 21:49
>>64
というよりも、あなたの提案が明らかにスレッドの主旨と乖離するものであるからこそ
>>60 や >>63 のごとき反応が出てきたのでは?

堀越某の文体に限定したスレッドなんだから、それだけを論じろよと。
いくらスレ立て人だといっても、違う主旨のスレにする権限はないだろ、と。
もし概説書を書かせたい若手研究者の話題をやりたいなら、
既存スレで話題を振るか、それ専門のスレッド立てろ、と。

こういう具合ではないかと思います。

68 :世界@名無史さん:04/02/23 22:37
>>64
>中高程度の学生かあるいはそれに相当する世間知らず
学会の事情に通じたり論文の「文体」についてこだわったりすることが
「世間を知っている」とは少しも思えませんが。
っつーか、かえって逆だろ(苦笑


69 :世界@名無史さん:04/02/24 00:14
まあ、堀越先生の本は読みづらいということでええやんw

70 :世界@名無史さん:04/02/24 04:05
>>64
花氏は違うが、史学出身のSE?って、お前、成績悪かっただろww

71 :世界@名無史さん:04/02/24 07:49
どこまで実話かわからんぞ。

72 :1:04/02/24 08:12
>>66,67
 確かにそうかも知れませんね。最初に他のスレッドで質問していて
 様子を見てから立てるべきだったとは思います。史学科云々は
 余計だった。ちと勢い余った。

>>70、71
 確かにねぇ。実話かどうかは判断できない。でも実名にしたところで、
私の成績表が見えるわけではないし。見たとしても出身大学と優の数で
優秀かどうかきまるわけではないし。(ちなみに私の在学中に政治経済
学部の生徒が卒論で大久保利通の暗殺犯についての論文を書いて、
出版まで至っていた。優秀というのはそういうことを言うのかも知れん)
ここで優の合計数を書いても「虫がすかん」と思うだろうが、
俺だって掲示板にそんなこと書くやつは好かんよ。

>>65
 残念ですが、私の卒論は中世とも古代ローマとも関係ない、ゼミの
教官によれば「史学でも、社会学でも、心理学でも、人類学でも、
生物学でも生態学でも哲学でもない現代思想というしかない何か」と言われたものです。
入学前はトインビーに興味をもっていてたが、入学後、ポスト構造主義の
ニューアカとアナール派にはまって、現象主義社会学のピーター・バーガーや
村上陽一郎、ニーチェ、ピアジェ、バタイユなどにはまった。
多分これで私がどの世代に属しているかわかるかもませんね。

73 :1:04/02/24 08:35
追加。私が学生の頃読んだ中世ヨーロッパの本は阿部勤也と増田四郎くらい。
中世の秋は買っただけで、読んだのは卒業後。

74 :世界@名無史さん:04/02/24 08:53

kimo


75 :世界@名無史さん:04/02/24 10:03
馬鹿田を匂わせながらゼミの指導教授のことを教官なんてほざいてる>>1
出身大学は、朝鮮大学校でつか?
http://www.korea-u.ac.jp/infomation/polieco/news/news01j.htm

なるほど暗殺犯が卒論になるというはお国柄でつかねpp

76 :世界@名無史さん:04/02/24 18:13

どじでのろまな亀が立てたスレはここでつか?

77 :世界@名無史さん:04/02/24 18:16
あおるやつってほんとおもしろいですよね。
マジスレのあいだにあおりがサンドイッチされてるのが特によい!

78 :世界@名無史さん:04/02/24 18:31
堀はホリでも堀真清の弟子か?

79 :世界@名無史さん:04/02/24 19:57
エッセイとか学習院のシラバスを見た限りでは、ユーモアのある人物のようだが。

80 :世界@名無史さん:04/02/24 21:13
盛りあがる話題でも無いけれど、自作自演せずカタらず放置したほうが
稀にレス付くかも。。

81 :世界@名無史さん:04/02/26 21:18
退職後の予定が気になる。

82 :世界@名無史さん:04/02/27 21:22
この人、高校時代は網野さんに習ったことあるのかな?

83 :世界@名無史さん:04/02/29 13:47
堀越ヲタの>>1は立て逃げかよ。

84 :世界@名無史さん:04/03/09 19:05
あげ

85 :世界@名無史さん:04/03/09 19:13
北方のアホに比べれば遥かにマシ

86 :世界@名無史さん:04/03/13 19:53
北方謙三?

87 :世界@名無史さん:04/03/13 21:21
誰かが言ったように「歴史は叙述」。文体が素晴らしい。

88 :世界@名無史さん:04/03/13 21:46
あげるのはやめろ。
サゲでこそこそやれ。
つまらん


89 :世界@名無史さん:04/03/14 20:08
「中世の秋」はホイジンガ選集の一巻として、河出かどこからか新訳(といtっても十数年前)
にでてるよね。あれと比較してみればわかるやも。

90 :世界@名無史さん:04/03/19 19:52
あげ

91 :世界@名無史さん:04/03/20 10:53
ちょっと細かい点だけど。彼のヒゲって理解しにくいよね?
研究内容はともかく、みんな理解できてるのかな?
本人はカッコいいつもりなんだろうか?
意見カキコキボンヌ

92 :世界@名無史さん:04/05/15 02:06
      ∧_∧
      ( ´∀`)
      (    ) >>1 の脳みそは―――
      | ||
      (___)__)


        ● パカッ
     \  T  /))
      ( ´∀`)
      (    ) はい、
      | ||  ヴンコー入れになってまーす♪
      (___)__)







93 :世界@名無史さん:04/05/15 02:07
      ∧_∧
      ( ´∀`)
      (    ) >>1 の脳みそは―――
      | ||
      (___)__)


        ● パカッ
     \  T  /))
      ( ´∀`)
      (    ) はい、
      | ||  ヴンコー入れになってまーす♪
      (___)__)







94 :waza_fire:04/05/19 22:50
糞スレ晒しage

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)