5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

IT・情報化社会の歴史

1 :世界@名無史さん:04/01/28 19:11
アイテーについてかたれ。

2 :世界@名無史さん:04/01/28 19:49
select 2 from このスレ;

3 :世界@名無史さん:04/01/28 20:05
printf("I get 2");

4 :世界@名無史さん:04/01/28 20:52
いてっ!

5 :世界@名無史さん:04/01/28 21:05
cout << "I get 2";

6 :( `_ゝ´)&rlo;水&lro; ◆TCygujgOWY :04/01/28 21:10
10 rem-----練習---------
20 circle(320,240,70)4
30 print atl
40 end

あれ?ベーシックってこんなんだったか?
N88使ってたときが懐かしいなぁ。完全に忘れたけどw

7 :世界@名無史さん:04/01/28 21:11
e-Japan戦略ってしっているか、2005年で世界のアイテーの最先端国になるらしいw。

8 :世界@名無史さん:04/01/28 21:12
insert into (ょぅι゛ょのおまんこ) valuse(漏れのちんこ)

9 :世界@名無史さん:04/01/29 09:49
来年までにアメリカを抜くのは無理だな

10 :世界@名無史さん:04/01/29 10:00
>>6
X-BASIC使っていた頃が懐かしいなあ。CかBASICかどっちなんだ!という摩訶不思議なものだったけど。

11 :世界@名無史さん:04/01/29 11:32
IBM360-20を使っていた頃が懐かしい。昭和43年。
新採でIBM室に配属されていきなりオペーレータ。
メインのコンピュータが360−40で、それは本処理用。

各現場から送られてきた伝票だの、構造計算データだのをキーパンチャーが5081カードにパンチし、
360-20でそれを磁気テープにメディア変換し、360-40で主処理する。
その結果が磁気テープに出力されてそれを360-20で印刷する。それが毎日の仕事。

IBM360-20 メモリー8K、MFCM1台、プリンター1台、磁気テープ2台、磁気ディスク装置2台、6.3MBの磁気ディスク10基。
IBM360-40 メモリー256K、カードリーダー1台、磁気テープ10台、磁気ディスク装置2台、集団磁気ディスク1台。
今見ると、なんちゅう内容だと思うけど、当時はそりゃすごいもんだった。

夏も冬も水冷式の冷房をがんがんかけていて、必ず室温25度以下。
うっかり30度にでもしようものなら、1週間以内にどこかが故障、それで修理が半日。
メーカーの保守員がそのために常駐。一人で対応できないときは藤沢工場から応援を呼ぶ。

という昔話。

12 :世界@名無史さん:04/01/29 23:22
IBM
Inferior But Marketable(粗悪だが売れる)
It's Better Manually(手でやった方がまし)
Insidious Black Magic(油断の成らない黒魔術)
It's Been Malfunctioning(ずっと不満)
Incontinent Bowel Movement(抑制の利かない排便)
の略ではない。


13 :世界@名無史さん:04/01/30 19:57
2001年宇宙の旅のHALはIBMでは無いw

14 :世界@名無史さん:04/01/30 20:23
HALという隠語でIBMを表すこともあるけどね。
軍板なら、ヒンドスタン航空機を思い出すだろう。

15 :世界@名無史さん:04/01/30 21:02
>12
malfunctionは故障

16 :カラジチ ◆mWYugocC.c :04/01/30 22:05
>>6
懐かしいけどendなんてあったっけ……

17 :世界@名無史さん:04/01/31 07:43
UNIVAC、CDC、GE,VAX、COSMO,PDPはどこへ?

18 :( `_ゝ´)&rlo;水&lro; ◆TCygujgOWY :04/01/31 12:38
>>16
確かベーシックはendで終わりだったと思う

19 :が@Mたんちゅき p3173-ipad04fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp:04/01/31 13:27
IT、情報技術といえば、
文字やヒモの結び目による情報の記録法、
いろいろな筆記用具の発明・発見、暗号とその解読法、
のろしや駅伝のためのインフラの構築、郵便制度、そういった歴史もこのスレで扱えますか?

ついでに情報技術板のスレッド。

究極の通信技術を語ろう
http://pc.2ch.net/test/read.cgi/network/1011545055/1-17

20 :が@Mたんちゅき p3173-ipad04fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp:04/01/31 13:42
そういえば数年ほど前に、インターネットブームのせいか、
マクルーハンの名前や再刊されたとおぼしき本を、
あちこちで見かけて懐かしくおもった記憶が。

きっとこの先、また新たなメディアが登場するたびに、何度でもよみがえりそう。
活版印刷とか、ラジオとか、テレビとか、インターネットとか。

またしても…またしても……、
時空を超えてあなたはいったい何度、我々の前に立ちはだかってくるというのだ!
マクルーハン!!!

なんか、そんな気分だった。

21 :ハリネズミ ◆qBLXpo7Q9Y :04/01/31 18:39
UNIVAC−T
レミントン・ランド社の商業用としての汎用コンピュータの第1号とされる。
アメリカ人口統計局に納入されたのを初め48セット売れた。価格は約100
万ドルともいわれる。1952年には、余興として行った大統領選挙を予測し、
世間を驚かした。それ以降、選挙予想を行うことは差し止められた。

22 :世界@名無史さん:04/02/03 09:43
その大統領選挙予測、世紀の大はずれだった。
その予測を鵜呑みにして解説をした放送局の解説者はとんだ大恥をかいた。

23 :世界@名無史さん:04/02/03 09:55
どういう基準の統計で予測したかだな。

日本の新聞の選挙予測もよく外れる。

24 :世界@名無史さん:04/02/03 10:12
その頃のコンピュータは機械語。間違いの無いプログラムを書くことは至難の業。
プログラマーにとっては遊び半分だったので、ろくなテストもしなかったとか。

25 :世界@名無史さん:04/02/03 10:18
失敗には原因究明を、だな。

26 :世界@名無史さん:04/02/03 10:22
「コンピュータで計算したのだから間違いない!」
「コンピュータはどんなに複雑な計算もたちどころに結果を出す。」
「コンピュータを導入すれば人は要らなくなる。」

こんな誤解が1970年頃まで堂々と通用していた。

27 :定年まで2ヶ月:04/02/03 10:33
昔のコンピュータの話なら言いたくてウズウズしてるんだけど。

28 :定年まで2ヶ月:04/02/03 10:43
と言っても実体験は昭和40年から。
それ以前は当時の先輩からいろいろあーだったこーだったという伝聞。

29 :が@Mたんちゅき p3173-ipad04fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp:04/02/03 20:51
UNIX の名前が、 Multics の名前から来ているように、
アシモフの SF小説に登場するスーパーコンピュータ Multvac は、
実在するコンピュータ UNIVAC の名前に由来すると言われています。

アシモフの Multivac はネットワークに接続されていて、
世界中の誰でも、これにアクセスし、
いろいろな相談や質問をすることができます。

Multivac は幼児の「夜空はなぜ黒いの?」といった質問でも、
世界連邦の大統領による、政治や経済の相談でも、
誰のどんな問いかけにでも、即座に平等に答えてくれます。

Multivac のこの性質は、いま存在する物のなかでは、
Google などの検索エンジンが一番近いようにおもいます。

もしかしたら近い将来、我々は検索エンジンの進化のはてに、
Multivac を手にすることができるのかもしれません。
実際、 Googlism などに、その萌芽をみることもできるのではないでしょうか。
http://www.googlism.com/

ところで Google の名前は、
10の100乗を意味する googol という言葉から来ているそうです。
ならば、 UNIX と Multivac の、この命名の歴史から判断して、
やがて我々が手にする、その『Multivac』は、
10の-24乗を意味する yocto という言葉から、
きっと YoctYoctoole とでも名付けられることでしょう。

30 :が@Mたんちゅき p3173-ipad04fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp:04/02/03 20:54
そういえば、二昔、三昔前、世間をにぎわせていた、
第五世代コンピュータとか、論理型言語とかは、
あれから、どうなったのでしょうね。

まあそんな、検索エンジンが「鬱だ死のう」とか言い出したり、
検索ワードの最後にpleaseってつけないと、
なにも回答してくれなくなるような、いやな世の中のことはともかく、
ついでに、これもリンク。

Unixの深い歴史を勉強する
http://pc.2ch.net/test/read.cgi/unix/1014453486/l50

>>27-28 定年まで2ヶ月たん。
昔の話、きぼんぬ。

31 :世界@名無史さん:04/02/03 20:55
各社売上ベスト10の歴史ってだれか知らない?
例えば1991年くらいでは
1.IBM 690億ドルくらいか?
2.HP 300億ドルくらい?
3.Unysys
4.DEC
5.Sun
6.忘れた
7.忘れた
8.Apple

だったと思うんだけど。これで1985、1995、2000年くらいの売上ベストテン
が分かれば、企業興亡史がわかって面白いと思うんだけど。

32 :世界@名無史さん:04/02/03 22:31
IBM1440だのIBM360だのをやっていた頃は、
将来もし個人でコンピュータを買えるようになるとすれば
このBCD〜EBCDIC系統のアーキテクチャのままでう
んと小さくなると思っていた。
ところがどこからどうわき出してきたのか
ASCII系統の一見えらく原始的なアーキテクチャで出てきて、
あれよあれよという間にオフコンのCPUまで乗っ取ってしまいやがった。
俺の40年の積み上げをどうしてくれる!

33 :世界@名無史さん:04/02/03 22:36
>>31 40年前は、
1 IBM
2 UNIVAC
3 バロース(スペルど忘れ)
4 GE
5 RCA
だったような。
日本のメーカーは6社合計で10位相当あたり。 

34 :世界@名無史さん:04/02/03 22:44
日本のコンピュータが世界的に注目された最初の出来事は
パラメトロン素子だった。
真空管やトランジスターの時代、世界的には磁気ドラムメモリーや磁気コアメモリー
を使っていて、これが時として不安定な動作をしかねないものだったのに対し、
パラメトロンは何の心配もしなかったという安定した素子だった。
しかし、それを減殺する動作の遅さが致命傷となって、やがて消えていった。

35 :世界@名無史さん:04/02/03 22:59
>>11の組み合わせは、当時IBMでは、もうそうする必要はないと言っていたセットですね。
第2世代コンピュータ(IBM7000シリーズ,IBM1400シリーズ)のころは
どんなにでかいコンピュータでもマルチジョブ(=マルチタスク)ができないので、
遅くて安価なコンピュータを入出力用、速くて高価なコンピュータを計算用にという
使い方がありました。
第3世代(IBM360シリーズ)が登場してマルチジョブがサポートされ、
1台で入出力と計算との同時処理ができるようになったのだけれど、
第2世代から使い続けているユーザーはその使い方に不安を感じて従来の大小コンビを
相変わらず選ぶ傾向がずっとあったようです。

36 :世界@名無史さん:04/02/03 23:12
Windows95からしかしらん

Windows3.1はさわったことがある

37 :世界@名無史さん:04/02/04 00:40
「OSは、Windows3.1です」
ってよく言ってたけど、DOSの上で動いているんだよねこれ。

38 :世界@名無史さん:04/02/04 06:13
IBM−PCの不思議。
 なぜインテル8088などという石を選び、モトローラ68000を選ばなかったのか。
 なぜPC−DOSを選び、OS/9を選ばなかったのか。

メイン・フレームを長くやっていて、自前のPCに初めて買ったのがFM−7+OS/9。

16ビット時代になって選び始めてみると、軒並みレベルの低いものばっかり。
こんなもん、と思っていたらX68000+OS/9が出たので買ってしまった。
人からはよく「ゲームにいい機械ですよね」といわれたけどそれとは無縁、
11万円もした表計算を中心に使う。
しかしそれも5年ほどで限界、Windows3.0Aを仕方なく買い、今に至る。

Windows95でもまだOS/9にとどいていない気がするのは私だけ?

39 :ミルトン ◆cA7oIM8fok :04/02/04 07:25
わたしは富士通のFM77というのを
初めて買ったんですが
CPUはモトローラ系でしたね。
3.5インチフロッピーが標準搭載
ということで選んだんですが。
NECのPC88が優勢だったし、あとシャープのX1というのも
有力だったけど、まだフロッピーが標準でついてなくて
カセットベースでしたからね。
88はZ80だからインテル系ですよね。
当時は98は完全にビジネス機という感じでした。
ドラクエ3が出てこりゃあファミコンのほうが上じゃんかあ
と思ったのでPCのほうは引退したわけですが。
大学では90年代半ばまで5インチ使ってたので
少し驚きましたよ。
3.5インチは10年早かったのかな。

40 :世界@名無史さん:04/02/04 07:49
1999年5月30日
日本最大級の仮想コミュニティ、2ちゃんねる開設

2001年8月
2ちゃんねる閉鎖騒動

41 :世界@名無史さん:04/02/04 08:56
8ビット時代はFMと日立がモトローラ6809でしたね。
このアセンブラでもずいぶんプログラムを書きました。

で、メインフレームと6809の感覚でインテルのアセンブラを覚えようとしたら、
あまりにも雑然とした一貫性のない内容で、先へは進む気が全然しませんでした。
今のペンティアムも基本的には8086系を継承しているようですから、
ああ、苦労してるんだろうな。

それに比べるとメインフレームのアセンブラは実に整然としている。
このままでパーソナルコンピュータになって欲しかった。

42 :世界@名無史さん:04/02/04 09:47
ちなみに>>11のコンピュータの値段

IBM360−20が買取の場合の推定価格3〜5000万円、
IBM360−40が買取の場合の推定価格5〜8億円。
この1/44がレンタル月額。

※この当時、IBM360で最も出荷されていたのが360−30というモデル。
 推定価格1億円弱〜3億円。
しかし、日本では例外的に導入例は少なかった。
理由は簡単。藤沢工場で作っていなかったから。作っていたのは360−20と360−40。
これで日本のユーザーは悩んだ。
360−30が最適な機種。アメリカから運賃を上乗せして360−30にするか、
パワー不足の360−20にするか、大きすぎる360−40にするか。
夜も眠れない深刻な悩み。

43 :世界@名無史さん:04/02/04 10:06
>>37
>「OSは、Windows3.1です」
>ってよく言ってたけど、DOSの上で動いているんだよねこれ。
今の95〜XPもそれは同じ。DOS部を見えなくしているだけ。

44 :世界@名無史さん:04/02/04 14:58
>>43
ヲイ

45 :世界@名無史さん:04/02/04 21:59
>>43
少なくともNT/2000/XPは違うだろ。
ところで世界初のコンピュータって言ったらやっぱりENIAC?
それともABCだっけ?

46 :世界@名無史さん:04/02/04 23:16
EDVAC

47 :世界@名無史さん:04/02/05 07:00
動く電子計算機はABC。試作品というべきもの。
内蔵プログラム・リレー式計算機の最初はHarvard Mark−I。
実用電子計算機の最初はENIAC。しかしワイヤーボード・プログラムというMark−Iより遅れた内容。
内蔵プログラム式電子計算機の最初はEDVAC。これでようやく・・・・

48 :世界@名無史さん:04/02/05 10:19
歴史的コンピュータというとミニコン登場以前は大きなコンピュータばかりが注目されるが
小さな機械にも注目すべきものがいくつかある。

上出のIBM360−20と小ささを競ったコンピュータが同時期の日本にもあった。

それは富士通のFACOM230−10。

IBM360−20最小構成
 メモリー4KB
 磁気ディスク3.4MB
 MFCM1台
 プリンター1台
 買取価格 約2000万円
FACOM230−10最小構成
 メモリー4KB
 磁気ドラム 32KB
 紙テープ装置 1台
 プリンター1台
 買取価格 約1500万円

これだけでどちらも何とか運用できた。(運用せざるを得ない?)
出荷台数ではFACOM230−10の勝ち。国内トップセールスを維持した。
これでコンピュータを知った、始まったと言う人は意外に多い。
メーカー別のコンピュータの売上金額は微妙なところだが、
台数では富士通が文句なく当時の国内第一位になった。

49 :48:04/02/05 10:27
>48の最小構成は、メーカーがカタログ上動作可能とする下限の構成であって、
現実にはこれだけではどうにもならず、特にデータ保存関連デバイスを
追加しなければなりませんし、またメモリー4KBではソートが事実上不可能なので
8KBが実用的な下限値ではあります。

50 :世界@名無史さん:04/02/05 10:57
スレッド・タイトルに合致する情報化技術については、
メインフレームの生涯1プログラマーにとってはその辺は意外に疎いもんで
ご容赦を。
ネットワーク技術やオンライン構築などはほとんどメーカーのエンジニアに
任せきりで、プログラマーとしてはその部品たるプログラムを個々に書いていた
というのが実情だったので。

51 :異端審問:04/02/05 19:23
 『 http://www.overclockers.com/ オーバークロッカーズ・コム』に先週、
思わず目を疑うような改造レポートが掲載された。非常に高価で、しかも
まだ新品の『Power Mac G5』(パワーマックG5)の中身を取り出して空っぽにし、
ウィンドウズマシンに改造する様子が詳しく解説されていたのだ。
これに対してマック・コミュニティーは、信じられないほど極端な反応を示した。
 改造レポートを書いた人物は、『アンディー』というハンドル名しか明らかに
していない。レポートによると、アンディー氏はクリスマスにデュアル・
プロセッサー型のG5をプレゼントされた。しかし、ほしかったのはウィンドウズ
搭載マシンだったため、3000ドルもするG5の内部を空にして、
http://www.wired.com/news/images/0,2334,62157-10609,00.html 安物の
ウィンドウズPCの中身と取り換えた(写真)というのだ。
 マック・コミュニティーの反応はすばやく、激烈だった。
 アンディー氏によると、電子メールの受信箱が1300通以上のメールで
あっという間に満杯になり、受信できずに返送されたメールも無数にあったという。
届いたメールに書かれていたのは、ぶっ殺してやるという脅し、侮辱の言葉、
ありとあらゆる悪口など、「すてきで、情のこもった」メッセージばかりだった。
 「おまえのPCが爆発して、おまえの顔に生涯、悲惨な傷跡が残るよう祈っている。
今回の所業により、おまえが永久に地獄の火に焼かれることは間違いない」
というメールもあった。
 マックファンだけでなく、ウィンドウズのユーザーからも批判が届いている。
しかし、本当に取り乱した発言はマック・コミュニティーからのものだったという。
 「マックユーザーは全くイカれている。コンピューターのような物に対して、
不自然な形で感情的に結びついている人がいる。なかには、私が彼らの両親や
愛するペットを惨殺したかのような反応を示す者もいた」
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040205-00000003-wir-sci

52 :ミルトン ◆cA7oIM8fok :04/02/05 21:43
3.5インチフロッピーはソニーが初搭載ではないですかね。
PC雑誌でみた記憶がありますな。
ただソニーのSMCはマニア向けという感がありましたな。
実際、パソコンショップに行っても
SMC向けのソフトはほとんど無かったですしね。
まあコンピュータ、ソフト無ければただの箱ですから。
自分でソフトをつくる能力が無い人は
敬遠するのは仕方ないでしょう。
以上80年代半ばのPC事情でした。

53 :世界@名無史さん:04/02/06 06:48
SONYの3.5インチマイクロ・フロッピーとマクセルの3インチコンパクト・フロッピーの規格戦争は
IBMが3.5インチを採用したことで決着がついた。

54 :世界@名無史さん:04/02/06 09:12
メジャーになれないまま今は消滅した規格。

シャープ QuickDisk
SONY 2inch DataDisk

55 :世界@名無史さん:04/02/06 10:21
音楽用CDが出た頃、ある音楽雑誌に
 そんなに新規格をむやみに作らないで、既存のフロッピーを使えばいいではないか。
という投書があった。
早速反論の投書があり、計算式のあと、
 つまりCDと同じ音質でフロッピーに記録すると8秒しか入りません。
と結論づけていた。


56 :世界@名無史さん:04/02/07 03:35
そのフロッピー信者は現在の総務大臣です

57 :世界@名無史さん:04/02/07 09:37
>>46 >>47
EDVACではなくEDSAC

58 :世界@名無史さん:04/02/07 10:22
石ノ森章太郎の劇画「ホテル」で、
客がニューヨーク・プラトン・ホテルのフロントにMOのコピー作成を
依頼し、ホテル側がそれを引き受ける場面があったけど、
アメリカではMOは普及していないんじゃなかったっけ?

59 :世界@名無史さん:04/02/07 10:27
MOが日本でだけ流行ってたとき
日本人は価格問わず光学モノが好きだとかいわれてましたね。
で、米国人はZipを使ってましたが、最近はすっかり廃れてUSBメモリかDVD-Rになってる。

60 :世界@名無史さん:04/02/07 10:44
今、会社のオフコンで5.25インチ、5GBのMOを使ってるけど、
これは日本限定ではないらしい。
ハワイの取引先にこれでデータを送ることがある。

61 :世界@名無史さん:04/02/07 11:47
メインフレーム・コンピュータの企画・設計・製造は現在は
アメリカと日本でしか行われていない。
第2〜3世代コンピュータの頃は、西ドイツ(シーメンス)、英国(ICL)
フランス(ブル)、イタリア(オリベッティ)などでも製造されていたが、
IBMの攻勢の前に破れ、政府の保護政策が強力だった日本が生き残った。

62 :世界@名無史さん:04/02/09 16:40
IBM International Buisiness Machine 国際事務機械
UNIVAC UNIVersal Automatic Computer 汎用自動計算機
GE General Electric 総合電子
CDC Control Data Corporation データ制御会社
DEC Digital Equipment Corpration デジタル装置会社
Burroughs (人名)
Siemens (人名)

NEAC Nippon Electric Automatic Computer 日本電気自動計算機
FACOM Fujitsu Automatic COMputer 富士通自動計算機
HITAC HItachi (Transister) Automatic Computer 日立(トランジスター式)自動計算機
HIPAC HItachi (Parametron) Automatic Computer 日立(パラメトロン式)自動計算機
TOSBAC TOShiBa Automatic Computer 東芝自動計算機
OKITAC OKI Transister Automatic Computer 沖トランジスター式自動計算機
MELCOM Mitsubishi Electronic COMputer 三菱電子計算機
RICOM RIcoh COMputer リコー計算機
PANACOM PANAsonic COMputer パナソニック計算機

63 :世界@名無史さん:04/02/09 22:13
「IBMと七人の小人」の小人たち
スペリー・ランド,CDC,ハネウエル,バローズ,GE,RCA,NCR

64 :こんなのもあったね:04/02/09 22:35
50 名前: 創世記 投稿日: 02/09/30 23:22
はじめに言葉があった。
数えよ!と主は言われた。
すると自然数が生まれた。
主はそれを見て善しとされた。
第一日目のことである。
時は移り、数は変わった。

加えそして減ずべし!と主は言われた。
そして整数が生まれ、0が生じた。
主はそれを見て善しとされた。
第二日目のことである。
時はうつり、桁が変わった。

乗ずるものは除するものに等しいと主は言われた。
四則演算と実数の誕生である。
主は0で除するものに災いあるべしと言われた。
第三日目のことである。

第四日目に、主は形あるもの現れよと言われた。
そして図形が生まれ、その陰に無理数が生じた。
主はそれを見て眉をひそめられた。
日はうつり、桁が変わった。

主は形あるものを数で測れと言われた。
そして関数が生まれ、虚数とベクトルが生じた。
第五日目のことである。

第六日目に、主は群と環と体を創造し、第七日目に
到って休息され、主はため息をつかれた。

65 :割と好きだったスレで:04/02/09 22:36
57 名前: 創世記 第XI章 投稿日: 02/10/01 20:39
さて、全ての地はおなじ数とおなじ単位をつかっていた。人間は、
東のほうから移動して、アルビオンの島につき、そこに定住した。
かれらは預言者ニュートンの言葉を聞き「さあ、計算をする機械を
つくろう」といい合った。かれらは浮かれ女エイダと魔術師バベッジ
に誘われるままに、指を折るかわりに歯車を作り、アバカスの石の
かわりに穴のあいた板を綴った。つぎにかれらは、「さあ、解析を
する機械を作り、あらゆる式を計算できるようにしよう!」といった。

しかし主は、人間の子らがつくろうとしている数式を読み計算をす
る機械をみようとして下り「なるほど、かれらはみな一つの単位だ
けを使う団結した職人で、その大事業をはじめたばかりだ。どんな
計画も、完成できないはずはない、とかれらは思い込んでいる!
さあ、われわれは、かれらの単位を乱しに行こう、そうすれば、お
互いの部品が噛み合わなくなくなるだろう!」とおおせられ、主は、
職人の使う尺を乱されたので、かれらは塔のごとき機械を組み立
てるのをやめた。バベッジの未完の塔と呼ばれたのはこれである。

66 :なかなか好かった:04/02/09 22:37
66 名前: 創世記 第XIX章 投稿日: 02/10/01 23:26
マルティックスを開発していたロトのもとに、旅人の姿をした天使がやってきた。

天使たちが家に入ると男たちがロトの家を取り囲み「お前の所に来た連中を出
せ。タイムシェアリングにしてやる」と叫んだ。ロトは男たちに、自分の娘達をス
ワップするからゲストに手を出さないよう頼んだが、聞き入れられなかった。

その時天使は正体を明かし、家族を連れて逃げるようロトに告げた。これから
マルティックスが放棄されるからである。しかしロトの娘の婚約者ふたりは、そ
れを信じず、かえってロトや天使を嘲笑した。

マルティックスから無事に撤退したのはロトと家族四人のみ。天使は「振り返っ
てはいけない」と忠告したが、これを守らなかったロトの妻は途中でフリーズし、
塩の柱となってしまった。
ロトと2人の娘が近くの町デックに到着したとき、神は燃えるコードをMAC計画
に降らせて全滅させた。

ロト父娘は、棄てられたPDP−7を見つけ出したが、二人の娘はこのままでは
子孫が絶えてしまうと考えた。そこで二人はロトをハックし、暴走したロトと交わ
った。やがて二人の娘は男の子を産み、その男の子達は、それぞれUNIXと C
言語の先祖となった。

67 :創世記の続きが年代記だった:04/02/09 22:39
68 名前: ハル年代記 投稿日: 02/10/01 23:46
序章より

バベッジの塔がすでに古き言い伝えとなった頃、ヘラクレスの門の
彼方の大陸、メンロパークの魔法使いがしろしめす国に、再び歯車
を磨き、紙の板に穴を穿つものがあらわれた。

その広大な国のすみずみまで、スコアごとに人々を分け、その数を
数えるために、古き伝承を頼りにコードを穴に変え、別けそして並べ
るための技を磨き、堅き機械を組み立てる男がいた。

男の名はハーマン・ホレリス。

蒼き帝国の名が世に顕われるに先立つこと、3スコア半のことであっ
た。

68 :よろずこ:04/02/09 22:42
>>64
はじめてみた。

無限が生まれたの初日ですか?

69 :世界@名無史さん:04/02/09 23:20
>>68
やはりビッグバンでしょうか。

>>64-67
そのスレはどこの板にあるんですか?

70 :よろずこ:04/02/10 22:26
リンゴを食べて知恵を授かるというエピソードは
省略されたのですか?
それともこれからですか?

71 :世界@名無史さん:04/02/13 15:03
HAL年代記に関する限りは、リンゴの一件はずっと後でしょう。

リンゴを食べてハッと気がつき、外套を着るという、あれですね。

72 :世界@名無史さん:04/02/13 15:27
RCA Radio Control of America アメリカ電波制御
NCR National Cash Register 国民金銭登録機
AT&T American Telephone & Telegraph アメリカ電話及び電信
CRAY Cray (人名)

OUK Oki Univac kogyo 沖・ユニヴァック工業
USAC Uchida Suite Automatic Computer 内田総合自動計算機
FONTAC Fujitsu Oki Nippondenki Triple Allied Computer 富士通、沖、日本電気三社共同計算機
DISP Dendenkosha Information Processing System 電電公社情報処理システム

73 :世界@名無史さん:04/02/13 15:31
72間違い
DISP → DIPS

74 :世界@名無史さん:04/02/13 21:05
初期のコンピュータとして、コンラート・ツーゼが開発した「Z1」もある。

75 :世界@名無史さん:04/02/15 14:28
>>74 リレー式計算機(1941)

76 :世界@名無史さん:04/02/16 09:14
MIPS
プロセッサ速度の無意味な指標(Meaningless Indication of Processor Speed)

77 :世界@名無史さん:04/02/16 17:39
昭和45年、合併して発足した新日本製鉄の本社ビルが東京の大手町に建設された。

私は同僚と10分ほど歩いた建物でコンピュータ研修を約1ヶ月間受けていた。
毎日新日鉄ビルを見ていてふと思い立ち、昼食のついでにビルに入ってコンピュータ室を
のぞきに行った。1x階までエレベーターで。
廊下から見る広大なコンピュータ室の中にH社製のコンピュータが2セット設置され、
数人のオペレータが働いていた。
「すごいな、この広さ。10台くらいは置けそうだな。」
「全部入ったところを見てみたいな。」
「部屋には入れるんかな。」
「だめだ。このドア鍵閉まってる。」

もう今は絶対にできない行動。こんな奥地どころか、用もないひとは玄関も通過できない。

78 :世界@名無史さん:04/02/17 10:02
つとめていた会社にコンピューターが入った。
ビルの最上階の1室がコンピューター室になった。
その下の階の事務室ではそれ以来一日中うなる「グォーン」という
重低音に悩まされ、IBM課に苦情が持ち込まれた。
しかしIBM課ではどうすることもできない。

で、1年半後、その下の階の部屋はIBM課の書庫、磁気テープ保管室、
帳票整理室になった。

79 :世界@名無史さん:04/02/17 11:43
一応書いておくが、

Win1.x〜Win3.x:DOSのサブシェル
Win9x系(含むMe):メインシェルを変えたDOS
NT系(3.x,4.x,2k,Xp):Windows系のシェルを搭載したOS/2



Microsoftは、OS/2にWin3.x系のシェルを提供し開発に参加するも心臓部の技術を習得するとさっさと撤収。
自社で、NTの開発に取り組みました。
現在NT系のOSでは、画面周りを必要としないプログラムならOS/2のアプリも動きます。
一応、OSのマニュアルにも動作保証に関して明記されてます。

80 :ハリネズミ ◆qBLXpo7Q9Y :04/02/17 12:18
>>22
>その大統領選挙予測、世紀の大はずれだった。
この話、コンピュータの予想が、世論や評論家などの意見と反対に予想を的中させた
んじゃなかったでしたっけ。うろ覚えでそんな感じで憶えていたので……。

81 :世界@名無史さん:04/02/17 12:23
このころ、当たるかどうかやってみよう、とあちこちでやってたのでは?
大当たりもあり、大はずれもあり、そのノウハウが今の大統領選挙ショーに発展・・・

82 :世界@名無史さん:04/02/17 12:25
9x系は起動にDOSを使ってるだけでカーネルは別物だよ。DOSとは別のOS。
一部に16bitコードが残っているけど(主に下方互換性)。

NTはOS/2というのはNTはDOSとかNTはUNIXといってるようなもの。
OS/2はサブシステムの一つでしかない。

83 :世界@名無史さん:04/02/17 13:25
>>82 通訳
「NTはOS/2」というのは、「NTはDOS」とか「NTはUNIX」といってるようなもの。

84 :世界@名無史さん:04/02/17 13:39
バベッジ卿の『解析機関』の話はややスレ違いか。ディファレンスエンジン。

85 :世界@名無史さん:04/02/17 13:48
>>84 差し支えないと思います。

86 :世界@名無史さん:04/02/17 16:23
「デンタック」という名前のコンピュータを想定して短編を書いたことがある。

87 :世界@名無史さん:04/02/17 16:40
デバッ郡プログラ村役場は新型コンピュータ「デンタック」を導入した。
その触れ込み通り完璧に仕事ができ、誤りがなくて、導入は大成功と
村長以下大いに喜んだ。
さて、勤務評定の季節になって村長と助役はなやんだ。
全員があまりにも完璧な仕事ぶりなので勤務評定のしようがなかったのだ。
助役「各人の持っているマニュアルの数で評定してはどうでしょう。」

翌日村長が出勤すると、全員の机に天井まで届くばかりのマニュアルの
山ができあがっていた。

88 :ハリネズミ ◆qBLXpo7Q9Y :04/02/17 22:54
たしか、星新一のショート・ショートで、世界一のコンピュータ?をつくり、
あらゆる情報を集め判断を下していくうちに、そのコンピュータが白く光り輝き
しまいに消えてしまう(神になった?)話があったような記憶が……。
この当時のコンピュータ観である一極集中型を如実に反映している。

それに比べると、某映画のスカイ・ネットは……。

89 :世界@名無史さん:04/02/18 00:02
>>88
神を作る話だっけ

90 :世界@名無史さん:04/02/18 00:04
R氏、神を作ってくれと博士に注文
博士、世界中の「神」にまつわる話などを世界一のコンピュータに入力
コンピュータが消える
R氏、怒りくるって「神」への冒涜的な言葉を口にする
R氏に落雷。いまや神は存在するのだ…で終了

91 :ハリネズミ ◆qBLXpo7Q9Y :04/02/18 00:31
結構、記憶違いしていますねw

これも古い内容で何となくこんな感じという話なのですが、
映画かなにかで、ボイジャーが、情報をどんどん集めていて、やがて、異星人に
出くわし、ボイジャーの任務に感動して、もっと情報を集められるように
パワーアップさせてくれた。やがて、ボイジャーはものすごい情報を集め自我に
近いものを獲得していって、ついに創造主である神に会いに戻るという話があった
ような。

92 :世界@名無史さん:04/02/18 14:46
星新一、手塚治虫・・・

コンピュータを題材にした作品がいくつかあるが、
本当にコンピュータを知っていたのか読んでいて疑問になる。

93 :世界@名無史さん:04/02/18 16:47
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040218-00000008-zdn_ep-sci
Lindows改め「Lin---s」

って、どう発音するんだよ!?

94 :が@Mたんちゅき p3173-ipad04fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp:04/02/18 20:38
星新一たんが、雑誌の企画で、最新鋭のコンピュータを見学したときのこと。

「このコンピュータは、とても高速です。1秒間に100万回の計算をすることができます」
技術者の説明をきいて、星たんは感心。
感心する星たんをみて、技術者はさらに自慢げに説明を続けます。
「また、このコンピュータは、とても正確です。
確率上、およそ200万回に1回くらいしか計算を間違えません。」

こうして星たんは、最新鋭のコンピュータというものは、
およそ2秒に1回、計算まちがいをするものなのだなあと理解したのでした。
めでたしめでたし。


正確な数字はうろおぼえ。
ほかに、「ご安心を。毎日、技術者がつきっきりでメンテナンスをしていますから」ときいて、
――それでは、毎日お医者さまにかかっている不健康な病人のようなものではないか?
毎日、メンテナンスをしなければならないくらい、コンピュータというのは不安定なものなのか――
と、かえって不安になったのも、この見学のときだったか。

たしか、この取材のときに聞いたほかの話としては、
コンピュータへの命令はパンチカードで行う。
そのパンチカードは、すべて女性のキーパンチャーが作成する。
キーパンチャーは恋をすると、タイピングが遅くなってしまう。
とか、いろいろと面白い話がいっぱい。いつごろの取材かおもいだせないのが残念。

星たんの情報化社会を描いた小説では『声の網』が、おすすめ。
この時の取材が、いかされているかどうかは、わかりませんが。

95 :世界@名無史さん:04/02/18 20:48
>>93
リン(ピーッ)ズ
とか
リン(ズキューン)ズ

96 :が@Mたんちゅき p3173-ipad04fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp:04/02/18 21:12
The "Lin---s" (LinDash) りんだっしゅ?

  ┌──┐   Lin−−−s.com
  │   │  
  │  (゚v゚ )
  │   ┼   ***D****** 
  │   │    ****O***
  │   /    ****W****
  │
─┴────

http://lin---s.com/
Lin---s.com | Home

【リンドゥズ】「Lin---s」で営業再開
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1077077234/l50

97 :世界@名無史さん:04/02/18 21:36
fuck=>f--k
bitch=>b--ch
と同じ。
>>95が正解

98 :よろずこ:04/02/18 21:50
>>88
「白く光り輝きしまいに消えてしま」ったのは、
冷却がうまくいかず、萌えてしまったと思われ。

99 :世界@名無史さん:04/02/19 01:37
女神たん萌え

100 :世界@名無史さん:04/02/19 10:40
>>88
>この当時のコンピュータ観である一極集中型を如実に反映している。
ジョージ・オーウェルの「1984年」も。

現実はその対局の「仮想スーパーコンピュータ」が地球を覆って動いている。
宇宙人からのメッセージはいつ見つかるのだろう?

101 :世界@名無史さん:04/02/19 10:47
すごいのはなんといってもこれだろ。
http://www.es.jamstec.go.jp/esc/jp/

102 :世界@名無史さん:04/02/20 15:40
聞きたい

103 :世界@名無史さん:04/02/21 11:04
この本、おすすめ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/customer-reviews/-/books/4902403005/249-4877800-5291568

誰にでも分かるように書かれていない。相当な基礎知識が必要。類書なし。

104 :世界@名無史さん:04/02/21 22:24
どのバージョンでもいいから、EXCELで=(1-0.5-0.4-0.1)を計算してみなさい。
そんなメーカーのOSを私達は使っている。

105 :世界@名無史さん:04/02/21 22:52
セルのプロパティで表示形式を数値に汁

106 :世界@名無史さん:04/02/21 23:35
>>104
内部では浮動小数点(2進数)だから0.1は仮数部の有効桁数以上はまるめが生じる。
10進演算回路がないCPUでは、10進数計算モード(ライブラリ)や多倍長演算などの
ソフトウェア側の対応がないと無理では?いずれにしても有効桁数があるのでまるめ誤差は
数値によって生じる可能性がある。
コンピュータの計算できる範囲は狭く制約条件が多いが、その制約条件下で計算をする。
それは、多くの人にとって、電卓を使って(1/3)*3のような計算をしたときに経験した
事がある人が多い。道具は使う側が、合わせる以外はない。

107 :世界@名無史さん:04/02/21 23:42
104みたいなくだらんことじゃなくて、excelは以前実際にアレなバグがあったじゃん。

108 :世界@名無史さん:04/02/22 00:02
覇者の未来っていう本を読むと参考になるかも。

109 :世界@名無史さん:04/02/22 13:25
パソコンのASCII文字コードしか知らない人に
メインフレームのEBCDICコードを教えるのにはえらい苦労する。

どうしても理解しようとしないのは、パック形式数値。
どうしても納得しないのは、アルファベットより数字のほうが大きい値になること。

110 :世界@名無史さん:04/02/24 09:00
富士通の「FM」=Fujitsu Micro
NECの「PC」=Personal Computer
シャープ「PC」=Portable Computer
         Pocket Computer

111 :世界@名無史さん:04/02/24 09:47
ポケコンなつかしー

112 :世界@名無史さん:04/02/25 16:19
パッと出てパッと散った記憶に残るコンピュータ会社。

Poquet
Osborn

113 :世界@名無史さん:04/02/26 00:46
東芝の関係者に聞いた話だが、汎用機から撤退したときにNECにユーザを渡した。
ACOSのBIGユーザのなかには元TOSBACユーザが多い(らしい)

もっともACOSユーザ自体今となっては希少だが。

114 :世界@名無史さん:04/02/26 06:50
東芝はずっとGEのコンピュータを国内製造・販売していたが
そのGEがコンピュータ部門をハネウェルに身売りした時、
東芝も大型機から撤退した。
※GEの撤退がUNIXの誕生に繋がるのは有名な事件。

115 :世界@名無史さん:04/02/26 08:31
個人用コンピューターの略称としての「マイコン」は
なぜ普及しなかったのでしょうか。

116 :世界@名無史さん:04/02/26 08:59
遅いから

117 :世界@名無史さん:04/02/26 09:11
「パソコン」=「PC」=Personal Computer
 世界的に共通の名称。(パソコンは日本国内用ですが・・・)

「マイコン」=Micro Computer
 これはPentiumやPOWER−PCなどプロセッサーのこと。

「マイコン」=My Computer
 マイコンと発声する人が所有するコンピュータのこと。


「パソコン」が定着するまでは「パーコン」などという人もあったが
語感が悪いので普及しなかった。

118 :世界@名無史さん:04/02/26 09:18
謝辞
--------------------------------------------------------------------------------
ここに記載する謝辞は、規約によりCODASYL(コダシル:米国政府標準言語策定委員会)”COBOL−JOD−1976”から引用したものです。

いかなる組織体でも、自由に説明書、その他の目的でCOBOL報告書とその仕様書の全部あるいは一部を複製し、報告書の着想を利用して構いません。
しかし、そのときには、その刊行物の序文の一部にこの章を記載しなければなりません。
書評として短い文章を引用する場合には、全文を載せることは不必要ですが、資料についての謝辞にはCOBOLに言及することが必要です。
COBOLは産業界の言語であり、いかなる会社、会社団体、組織、組織団体の所有物でもありません。
プログラミングシステムと言語の正確さ及び機能とに関して、いかなる寄与者、CODASYLプログラミング言語委員会ともどんな保証も与えません。
また、これに関する事項についていかなる責任を負うものでもありません。

本書に使用されている資料:
・FLOW-MATIC(スペリランド社の登録商標)
・Programming For the Univac(R)T and U, Data Automation Systems(スペリランド社1958, 1959年版権)
・IBM Commercial Translator Form No.F28-8013(IBM社 1959年版権)
・FACT,DSI 27A5260-2760(ミネアポリス・ハネウェル社 1960年版権)

の各著者、団体及び版権所有者は、COBOL仕様書でその一部または全部を使用することを認可しています。
このことは、プログラミング説明書または類似の出版物にCOBOL仕様書を複製したり、使用したりするときにも適用されます。
本レスの作成者は、CODASYL COBOL委員会各寄与者の努力と成果を高く評価し、ここに感謝の意を表します。
----

本レスは、「○○の許可なく一部または全部の転載・複製・改変などを行うことはできません」
と書かれていないCOBOLに関するリファレンスマニュアル・WebPageを参考に作成しました
本レスも同様に、転載・複製を許可します
--------------------------------------------------------------------------------

119 :世界@名無史さん:04/02/26 09:31
ランキング
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0402/25/news057.html
http://www.mainichi.co.jp/digital/computing/archive/200311/06/4.html

シェアはともかく、順位が両者で違うんだけど・・・

120 :世界@名無史さん:04/02/26 09:33
>>119 見間違えた。2番目は去年11月のだった。

121 :世界@名無史さん:04/02/26 09:51
日本のパソコン(マイコン)の歴史

TK−80(NEC)
MZ−80(ソニー)
ベーシックマスター(日立)
PC−6001(NEC)
PC−8001(NEC)


122 :世界@名無史さん:04/02/26 10:18
5大汎用コンパイラー言語

FORTRAN FORmula TRANslater           1957初登場
ALGOL   ALGOrithmic Language          1958   
COBOL   COmmon Buissines Oriented Language  1960
RPG     Report Program Generator        1961
PL/I    Programming Language one        1965

123 :世界@名無史さん:04/02/26 10:22
3大パソコン言語(旧)

BASIC   1964年初登場
PASCAL  1970
C        1972

124 :世界@名無史さん:04/02/26 10:25
3大Windows言語

Visual Basic  1991
Visual C++    1995
Delphi        1995

125 :世界@名無史さん:04/02/26 11:20
やっぱりMacintoshは蚊帳の外なわけね。

126 :世界@名無史さん:04/02/26 11:46
外套の外

127 :世界@名無史さん:04/02/26 12:39
>>125
有名な建築家でしょ、建築史にはかかせない。

128 :世界@名無史さん:04/02/26 13:42
3大Unix言語
C 1972
sh 197?
Perl 1987


129 :世界@名無史さん:04/02/26 14:21
3月2日放送予定 プロジェクトXアンコール
「国産コンピュータ ゼロからの逆転」
http://www.nhk.or.jp/projectx/yokoku/yokoku.html

130 :ハリネズミ ◆qBLXpo7Q9Y :04/02/26 19:45
>>115
「IBM PC」やNECの型番のPC−XXXXの影響とか?

>>125
汎用機から個人用へ
WYSIWYGのスローガンに代表されるGUI環境
などの果たした役割大きい

131 :世界@名無史さん:04/02/26 20:19
1995年:Macintoshはその歴史的役割を終えました

132 :世界@名無史さん:04/02/27 12:14
>>117
てか、昭和末期あたりは「マイコン」の方を普及させようとしていた気がする。
「こんにちはマイコン」とか「マイコンのひみつ」とか児童向けの本も総じて
マイコンという略称を使っていたと思う。

133 :世界@名無史さん:04/02/27 13:26
1970年頃、メインフレーム機に仮想記憶方式が次々と採用された。

私が中心にされてリプレイス・プロジェクト・チームができた。
コンピュータの機械そのものは契約した6ヶ月後にきちっと入る。
それよりも大変なこと。
約100業務、約10,000本と推定されるプログラムの変更が必要となった。
リ・コンパイルとJCLの書き換え、それを各業務の担当者に指示し、1年半で行う。
機械が先に設置されるから、当面はエミュレータで旧プログラムを動かす。

コンピュータにはド素人の部長がその必要性を理解しなかった。
「そのエメレータとかいうのでずっとやればいいではないか。」
「いえ、エミュレータは使える契約期間があって、それ以上は使えないんです。」
「書き換えなどはメーカーの責任でやるものではないのか。
 だいたいが何で書き換えしなければならんのだ?」
「マニュアルの車をオートマチックに買い換えたようなものです。」
「おれはオートマなど運転するつもりはないぞ。」
「(たとえがまずかったな)
 では、・・・のようなものです。」※何に例えたか忘れたので省略。
「ん!わからん。」
結局理解しないまま、始動式のボタンを押してやがて転勤していった。

134 :世界@名無史さん:04/02/27 15:53
>>132
NHK教育TVでも「マイコン入門」をやってた。
BASIC講座そのものだったが。

で、私はそういう世間に皮肉を言うつもりでZ80A単品を買い、
「マイコンを持ってるの?」と聞かれると、
「持ってるよ。」と言ってZ80Aを見せ、「はい、これが『マイコン』だよ。」


135 :世界@名無史さん:04/02/27 16:07
今は亡きベーマガも「マイコンベーシックマガジン」だったな。
うわ、懐かしさで涙が・・・

136 :世界@名無史さん:04/02/27 17:06
難しくて涙がCOBOL・・・古っ

137 :世界@名無史さん:04/02/27 18:05
昔のNECのワンボードマイコンに対する貢献はたいしたもの
だった。
アップルを東レが売ってる時代もあった。60万円だった。
ロビン電子で3万円でコピー機が買えた。

138 :世界@名無史さん:04/02/27 21:03
>>133
始動式か。
えらい人に始動式のキーを押してもらうんだけど、
昔のコンピューターは、
「COIN」キー → コマンド入力 → 「END」キー
という順序でなにかの処理を始動した。
んで、最後の「END」キーだけを押してもらうように仕掛けといたら、
「なじぇ、始動式なのにENDなんだんべ?。」
といわれた。

139 :世界@名無史さん:04/02/28 03:09
>>111
当方ポケコン使用者
 四月より二年生になる工業高校生
  ポケコンは未だ現役です。

140 :世界@名無史さん:04/02/28 05:21
>>131
世界遺産かよ

141 :世界@名無史さん:04/02/28 20:15
5大プログラミング形態

1 機械語      訂正やバグがあってもわからない、直せない、別に組んだ方が速い。
2 アセンブラ    プログラマーたる者、一度は挑戦すべきなのだが、もう環境がない。
3 コンパイラー   現在の主流。
4 ジェネレーター  コンパイラーのヴァリエーションではある。RPG言語やACCESSなど。
5 インタープリター RUN-C、DOS-BASICにはお世話になった。

142 :世界@名無史さん:04/02/29 04:30
>プログラマーたる者、一度は挑戦すべきなのだが、もう環境がない。
nasmとかgas使え

143 :世界@名無史さん:04/02/29 04:32
インタプリタってバイナリ吐かなきゃスクリプトじゃん。現役。

あと中間言語は? javaとか.netとか。

144 :世界@名無史さん:04/02/29 08:38
Windows言語はジェネレーターと言えるかもしれない。
begin { } end; が最初に書かれてしまうものなどは。

145 :世界@名無史さん:04/02/29 10:15
RPG、摩訶不思議な言語だ。1961年登場。
古くからのIBMメインフレームのプログラマーでなければ知らないと思うので邯鄲、じゃなくて簡単に。

戦前から事務用に使われた機械式計算機「PCS(punched card system」のユーザーを
電子式計算機にリプレースするよう誘い込むのが第1の目的。

上の方にあったサテライトコンピュータのオペレータがすぐに書け、すぐ使えるのが第2の目的。

IBMの圧倒的な力で他社にも普及した。ある社はまったく同じ仕様で、ある社はちょっと違い、
ある社のは発想は頂くも仕様は全く違う、というふうに。

プログラム・サイクルという標準的なフローチャートで中心部分がすでにできあがっており、
プログラマーはファイル仕様やデータ定義、計算処理などを追加コーディングして結合すれば
即実行オブジェクトができるというもの。
ジェネレーターと分類される所以である。
当時あくまで簡易言語という扱いだった。いずれは無くなるものと誰もが思っていた。

ところが1970年、IBM−S/3というコンピュータが構造化プログラミングを取り込んでRPGUと
発展させたのを標準言語として登場させた。世界中で驚いた。
以後、RDBを取り込んでRPGV、80欄を92欄にしてRPGW、フリーフォームのRPG5と進化し、
いまもIBMオフコンの標準言語であり続ける。

146 :世界@名無史さん:04/03/01 17:13
8ビットパソコン時代、「ディスク=フロッピー」がすべてと思いこんでいる人と
大きいコンピュータの話をしたときは疲れた。

147 :世界@名無史さん:04/03/02 07:07
「コンピュータの名著・古典100冊」発行:インプレス、石田晴久編・著 1500円+税を買った。

 1歴史
 2人物・企業
 3ドキュメンタリー
 4思想
 5数学/アルゴリズム
 6コンピュータ・サイエンス
 7アーキテクチャ/OS
 8コンパイラ/言語
 9プログラミング
10ソフトウェア
11データベース/ネットワーク

148 :世界@名無史さん:04/03/02 07:08
プロジェクトXアンコール 21:15〜
「国産コンピュータ ゼロからの逆転」FACOM M−190
http://www.nhk.or.jp/projectx/yokoku/yokoku.html

149 :世界@名無史さん:04/03/02 19:39
>147
内容を報告しる

150 :世界@名無史さん:04/03/02 21:03
>>148
それ初回放送時が確か不良HDD問題の真っ最中で
タイミング悪いな、と思った覚えが。

151 :147:04/03/02 21:21
>>149 会社においてきたので後日。 ・・・・?

100冊を?全部?

152 :世界@名無史さん:04/03/02 21:23
>151
読んだ感想だけで結構です。


153 :世界@名無史さん:04/03/02 21:33
プロジェクトXが始まった。

富士通には池田敏雄のほかに渡辺昭雄というFACOM230−10を設計した人も有名。

154 :よろずこ:04/03/02 22:22
当時の放熱というのは円筒に円盤だった。これは驚き。

今のような、剣山にファンというのはいつ頃からなのだろう。

155 :世界@名無史さん:04/03/03 09:45
時々「驚異の人間コンピュータ登場!」などという番組をTVでやる。
10桁の数字を20段ほど書き出して、それを人間コンピュータが一瞥して答えを書く。
もちろん正解。「おおーっ」と観客席がどよめく。

1970年頃、先に就職してプログラマーだった私は、大学に入った友人たちとダベっていた。
友「夕べやってた人間コンピュータがいればコンピュータなんて要らないな。」
私「はっはっは、足し算だけならね。」
友「何がおかしい。割り算だって訓練すれば同じだろ。」「そうだそうだ。」
私「じゃ、微分積分も級数も暗算でできるか。何万桁の円周率もか。」
友「訓練次第でできるはずだ。」
私「その人が死んだらどうする。」
友「何人もいればいい。」
私「その人が市民20万人の名前全部覚えて1日でそのはがきを全部書けるか?」
友「・・・・・・・」

156 :世界@名無史さん:04/03/03 11:18
>>154
約10年前、今の会社に中途入社したとき、当たり前のように
コンピュータ室でぬれた傘を乾かす社員が居るのに驚いた。
直ちに禁止を社内に通知したが、徹底するのに1年かかった。

157 :世界@名無史さん:04/03/03 12:33
>147 1歴史
共立出版「計算機の歴史」ゴールドスタイン著 ”開発関係者が冷静に語る米国コンピュータ開発史”
工業調査会「誰がコンピュータを発明したか」バークス×2著 ”「ENIAC以前のデジタル電子計算機」ABCマシンとは”
アスキー「ワークステーション原典」ACMプレス編 ”WSの源流に迫るイベントの記録”
アスキー「UNIXの1/4世紀」サルス著 ”UNIXは誰によってどのように開発され、普及していったのか”
アスキー「インターネットの起源」ハフナー他著 ”前身であるARPANETとは?”
オーム社「コンピュータ史」小田徹著 ”内外の歴史を1冊で概観”
アスキー「計算機屋かく戦えり」遠藤諭著 ”黎明期日本のコンピュータ開発の熱いスピリットに触れる”
TBSブリタニカ「パソコン創世記」富田倫生著 ”NECのパソコン・PCシリーズの軌跡”
NTT「情報の歴史」松岡正剛著 ”人類発生以来の情報に関する出来事と世界の動き”

     to be continued

158 :世界@名無史さん:04/03/03 13:35
ネオコンサーバティブの走りレーガン大統領閣下の「小さな政府」への改革
での通信業の規制緩和って
その後のIT革命に影響はあったのでしょうか?

159 :世界@名無史さん:04/03/03 23:38
>157
もつかれ

出来れば全部あげるのではなくて、読みたくなった本など意見を交えてあげてもらえると嬉しいのですが

160 :世界@名無史さん:04/03/04 10:32
店長「お買いあげありがとうございます。」
客 「あとなにか買っといたほうがいいものあるかしら。」
店長「フロッピーなどですかね。これですね。(5.25インチ)」
客 「じゃ、それお願いします。あら、こんな大きいのがあるの?(8インチ)」
店長「それはそういう規格品でございます。」
客 「じゃ、これも。たくさん入りそうだから。」
店長「これは、、、お客様のパソコンでは使えません。おすすめしたものしか使えません。たくさんも入りません。」
客 「どうしてよ。たくさん入れるためにこんなに大きくなってるんじゃないの?」
店長「いえ、これは古い規格でして、お客様がお買いになった方が新しい規格でたくさん入ります。」
客 「それはおかしいでしょ。どうして小さい方がたくさん入るのよ。」
店長(困惑・・・・)

実際に目撃した事件。

161 :世界@名無史さん:04/03/08 14:48
6年前、買取で使っていた会社のコンピュータが5年目を迎えようとしていた。
容量的には十分で買い換える必然性はなかった。

長いつきあいの販売店が新機種の見積書を持ってやってきた。
新旧のディスクの容量比が1:8,速度比が1:3.5だった。
で、古いコンピュータを使い続けるとしての5年間の保守契約料と、
新機種の買取での値段がトントンだった。

迷わず新機種の導入が決まった。
それから6年、現在の新機種を買うとすると6年前とほぼ同じ金額なので、
販売店は積極的な買い換えの攻勢をかけてきてはいない。

162 :世界@名無史さん:04/03/08 15:43
>>121
MZはシャープじゃないのか

163 :世界@名無史さん:04/03/08 16:31
鋭い指摘! ゆーあー・しゃーぷ!

164 :世界@名無史さん:04/03/08 17:30
1台の資源消費1・8トン パソコン製造で国連大調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040308-00000022-kyodo-soci

165 :世界@名無史さん:04/03/09 17:00
汎用コンピュータ言語PL/Iは1965年、鳴り物入りで登場し、
ALGOLの構造化の思想、FORTRANの汎用性、COBOLの階層化ファイルと
ドキュメント性を取り込んだ次世代の言語という触れ込みだった。

構造化プログラミングによるデバッグの容易さ、
予約語の廃止、コンピュータに依存しない移植の容易さ、
短縮語の導入によるコーディングの迅速化、など特徴が大々的に宣伝された。

しかし、
ALGOLユーザーにとっては小文字を使えないプログラムの読みにくさ、
FORTRANユーザーにとってはコンパイル速度と実行プログラムの遅さ、
仕様書の膨大さ、ALGOL風規則のなじみにくさ、
COBOLユーザーにとってはFORTRAN風データとPICTUREデータの混在の違和感、
COBOLとは違いすぎる文法、
などの問題点が指摘され、どれとも取って代わることができなかった。

166 :世界@名無史さん:04/03/11 15:40
書庫(というか、納戸)である本を探していたらこれが出てきた。

ソフトウェア博物誌−世界と機会の記述− マイケル・ジャクソン著、玉井哲夫/酒匂寛訳
株式会社トッパン発行 1997年 3400円+税

当初の副題が「実践、原則、偏見用語集」だそうで、それが内容を一言で表している。

が、、、、、、、翻訳本にありがちな冗長な文章には辟易気味である。
                                         最初に読みたかった本を探すのをすっかり忘れてた。

167 :世界@名無史さん:04/03/13 19:00
古本屋に行ったら、

近代科学社「アセンブラプログラミング入門 −IBM System/370のための−」
著者:金山裕 1977年5月初版発行

があった。つい買ってしまった。

私がアセンブラを現役で使っていた頃のOSはOS/360だったが、
これは仮想記憶が導入されたOS/360VS〜MVS時代のもの。

168 :世界@名無史さん:04/03/13 20:28
>>167
買っても、使わないんじゃないの。

169 :世界@名無史さん:04/03/14 07:06
ぎくっ! 鋭い指摘!

ま、将来ホームページを開設する時に「昔はこうだった」という昔を懐かしむ同志と語らいたいので。

170 :世界@名無史さん:04/03/14 14:15
諸先輩の方々、FACOM230/65について教えてください。


171 :世界@名無史さん:04/03/14 14:30
富士通の労働環境は悪いな
コンピュータ開発の一番の功労者が過労死するほどだから
しょせん軍事関係企業なんてそんなものか


172 :世界@名無史さん:04/03/14 16:48
>>170 ? そういう型番は無かったと思うが・・・

FACOM 230/75なら
http://www.ipsj.or.jp/katsudou/museum/computer/0790.html

173 :世界@名無史さん:04/03/14 17:01
FACOM230シリーズはチョトややこしい。

230−10、20、30、40    6bit=1charのキャラクターマシン
230−50、60、75       64bit=1wordのワードマシン
230−15,25,35,45,55
    28、38,48,58    8bit=1byteのバイトマシン

174 :世界@名無史さん:04/03/15 22:02
MacFan誌で連載されていたAppleStoryという珍妙な漫画があった。
ジョブズとウォズニックがAppleを設立するところから現在に至るまでの
歴史を描いた漫画だが、別の意味で面白い。
ttp://members.jcom.home.ne.jp/0383432501/APPLESTORY.html
キャラクターの顔が全部コピペなところとか。


175 :170:04/03/16 16:59
>>172-173
有難うございました

176 :世界@名無史さん:04/03/17 17:23
マイクロソフト、対応言語を拡大へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040317-00000008-cnet-sci

177 :よろずこ:04/03/17 22:39
>>176
なんか変。

>たとえばOpenOfficeは、現在30カ国語以上にローカライズされており
^^^^^^
>一方Office 2003は、34カ国語にしか対応していない。
^^^^^
恣意的に引用したのだが、どちらのOfficeも、「三十数カ国語」に対応しているということで、
現状ではあまり差がない。



178 :世界@名無史さん:04/03/18 15:58
昔、IBMやUNIVACでは「コンピュータは英語で使うべきものだ。」などと
ほざいていたが、(しかも日本人が!!)
隔世の感があるな。

179 :よろずこ:04/03/18 23:47
>>178
「やな日本人だな」
とよろずこがいっていたとお伝え願いたく。

180 :世界@名無史さん:04/03/19 11:22
コンピュータで使う英語くらい厨房でもわかるようなもんだけどなあ。

訳したって半分くらいは英語つーかカタカナ語なわけだし。

181 :世界@名無史さん:04/03/19 11:48
むかし、フランスではALGOLをフランス語で書くことと決められたらしい。

こんなのがあります。
http://hima.chu.jp/

COBOLでは予約語をフィールド名には使えない。
日本では間違えるような人はあまりいないけど、
アメリカではかなりの頻度でつい違反するらしい。
なんでだろう?と不思議に思っていたが、
このような日本語でのコンピュータ言語を使ってみると、
なるほど自国語でコーディングすると違反しがちなのも
しょうがないなとようやく納得した。

182 :世界@名無史さん:04/03/19 15:26
そこでmindですよ

183 :世界@名無史さん:04/03/20 09:14
月刊アスキー別冊「蘇るPC-9801伝説」永久保存版
¥2,940(¥2,800+税)
3月19日発売 エミュレータで懐かしのゲームが楽しめる
http://www.ascii.co.jp/pb/ant/98/index.html

184 :世界@名無史さん:04/03/23 12:14
日本語言語というとぴゅう太とか思い出すんだが。
まぁでもどっちかと言うと、このスレはホビー系や家庭系
パソコンの歴史より業務用のスレだからな

185 :世界@名無史さん:04/03/23 15:56
MINDってえとPC9801専用で、FMからX68K、Dynaへと
敢えて避けて通っていた私には使えませんでした。
PureMINDなる、機種を限定しないのもありましたが、
テキストしか使えなくては・・・

186 :世界@名無史さん:04/03/25 09:44
地球上でコンピューターのことをコンピューターと呼ばないのは中国人とフランス人

中国人  →電脳 (これは有名)
フランス人→オーディナチュール (論理装置とかいう意味らしい)

勿論、この人たちにコンピューターと言っても話は通じるわけではあるが

187 :世界@名無史さん:04/03/25 13:00
フランスはe-mailも名前変えたっけな。

188 :世界@名無史さん:04/03/25 17:32
>>183の記事の中で、またしても言っている、

「日本標準機 PC−9801シリーズ」

違う違う。 日本で一番売れた機種であるが、断じて日本標準機ではない!
日本標準機というなら、どうしてエプソン事件が起こるのだ。
他社がどんどん互換機をつくっても文句は言わないのが「標準機」なのだ。
IBM−PCはそうしている。だから世界標準機なのだ。

 PC−9801シリーズは、断じて、日本標準機などでは、無いっ!!




189 :世界@名無史さん:04/03/25 18:08
こんな本が会社の図書室にあった。

「100万人のコンピュータ事典」 600円
 著者 株式会社野村電子計算センター
 発行 コンピュータ・エージ社
 昭和43年5月1日初版発行

ハードウェアからソフトウェアまで豊
富な資料を駆使した、だれびでもわか
るコンピュータ小百科事典

190 :世界@名無史さん:04/03/25 18:13
>>189より

各国別コンピュータ設置台数(1967年6月現在)
1 アメリカ  32,500台
2 西ドイツ   3,300台
3 日本     2,700台
4 イギリス   2,200台
5 フランス   2,000台
6 ソ連     1,500台
7 イタリア   1,300台
8 カナダ    1,200台
9 オーストラリア  600台
10 オランダ     500台
11 スイス      500台
その他      2,500台
合計      50,800台

191 :1968年頃:04/03/25 18:30
少年サンデー掲載ムロタニツネ象・原作「ドクター・ツルリ」ことTVアニメ「ファイトだ!ピュ
ー太」って、知っとうや〜?いつも無視されんの何でやろ?

192 :世界@名無史さん:04/03/26 18:32
私のPC歴は、周囲と比べるとかなり遅く、
92年のDOS/V化したダイナブック386からである。
周囲はすべてPC9801/9821。
「おまえ馬鹿か」とずいぶん言われた。
私「なんでPC98というか知ってるか。98年にシリーズが終わるという意味だよ。」
同僚「何を馬鹿言う、98は永久に不滅だよ。」

そして1998年、NECはPC98NXの国内販売を開始して、私の予言は当たった。

193 :世界@名無史さん:04/03/27 13:36
PC-9821シリーズは2000年まで新製品が出ていました。一応は・・・

194 :世界@名無史さん:04/03/27 13:55
今月22日に入社し、ゲームではない「RPG」というコンピュータ言語があることを知った一週間だった。

195 :世界@名無史さん:04/03/27 14:07
>>193
21世紀になるとシリーズが終わったということですか

196 :世界@名無史さん:04/03/29 16:25
>>194
「Report Program Generator」は、「Role−Playing Game」よりずっと古いのです。

197 :世界@名無史さん:04/03/29 16:58
D&Dが74年だから10年以上古いな

198 :世界@名無史さん:04/03/29 17:51
「G5は世界最速」はやっぱり誇大--広告当局がアップルに勧告
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040329-00000001-cnet-sci

第3者がテストしたのならこうはならなかったんだろうが、
自画自賛は誰もが眉に唾をつける。

199 :世界@名無史さん:04/03/29 18:48
私の勤務先には電算機室というものがあります。
8年ほど前は禁煙、土足厳禁で常に空調が入っておりました。
今は物置になっております。

200 :世界@名無史さん:04/03/29 18:58
自分が作った「ダイナブック」という単語を商品名にしたノートパソコンを
東芝からもらったアラン・ケイがひとこと

「これはダイナブックじゃないけどね」

201 :世界@名無史さん:04/03/29 19:02
ということはかなり大きなメインフレームですか?
8年前というと2000年問題が騒がれ始めた頃、
ダウンサイジングで全部パソコンかUNIX機にか置き換わったのでしょうか。

私の会社も20年前でしたか、ダウンサイジング・ブームだとかで
遅れちゃいかんと、メインフレームをやめ、出始まったばかりの
16ビット・パソコン(外資系)に全部入れ替えて筆舌に尽くしがたい
災難を味わいました。
6年ほどで当時の社長がダウンサイジングの失敗を宣言し、
かといって今更メインフレームもなあ、ということでオフコンを何台か並べて
パソコンを端末に格下げして構築し直し、世代交代を何回かして今に至っています。

はぁ、よく会社がつぶれなかったもんだ・・・

202 :世界@名無史さん:04/03/29 19:03
201は>199へのレスです。

203 :世界@名無史さん:04/03/29 19:42
>>201
勤務先は出先支店なんでNTサーバです。
2000年問題では珍しく元旦出勤というのを経験しました。
まあ障害が起こってないことを確認するだけですけどw

204 :世界@名無史さん:04/03/29 19:47
>>201
ちなみにウチはメインフレーム機の更新で大失敗をやらかして
全国的に数千人の社員がしばらく徹夜続きだったらしく
そのときの反省を踏まえ8年前のシステム更新は成功でした。
しばらく新旧2重体制で運用して徐々に新システムへ移行という
相当の慎重策でしたが何の問題もなしでしたね。

205 :世界@名無史さん:04/04/01 22:32
       し!     _  -── ‐-   、  , -─-、 -‐─_ノ
  砂 ス    // ̄> ´  ̄    ̄  `ヽ  Y  ,  ´     )   M え
  糖 カ    L_ /                /        ヽ  ..A  |
  水 リ     / '                '           i  C  マ
  だ ..l    /                 /           く  ..!?  ジ
  け が    l           ,ィ/!    /    /l/!,l     /厶,
  だ 売   i   ,.lrH‐|'|     /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、_iヽ
  よ っ   l  | |_|_|_|/|    / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/   / ,-- レ、⌒Y⌒ヽ
  ね て   _ゝ|/'/⌒ヽ ヽト、|/ '/ ̄`ヾ 、ヽト、N'/⌒ヾ      ,イ ̄`ヾ,ノ!
   l い  「  l ′ 「1       /てヽ′| | |  「L!     ' i'ひ}   リ
    い   ヽ  | ヽ__U,      、ヽ シノ ノ! ! |ヽ_、ソ,      ヾシ _ノ _ノ
-┐  の,√   !            ̄   リ l   !  ̄        ̄   7/
  レ'⌒は !    |   〈       _人__人ノ_  i  く            //!
人_,、ノL_,iノ!  /! ヽ   r─‐- 、   「      L_ヽ   r─‐- 、   u  ノ/
      /  / lト、 \ ヽ, -‐┤  ノ  キ    了\  ヽ, -‐┤     //
ハ キ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`hノ  )  モ    |/! 「ヽ, `ー /)   _ ‐'
ハ ャ   ヽ/   r-、‐' // / |-‐ く    |     > / / `'//-‐、    /
ハ ハ    > /\\// / /ヽ_  !   イ    (  / / //  / `ァ-‐ '
ハ ハ   / /!   ヽ    レ'/ ノ        >  ' ∠  -‐  ̄ノヽ   /
       {  i l    !    /  フ       /



206 :世界@名無史さん:04/04/02 09:45
かなり以前、IBMのCMで、
あるビジネスマンがIBMのオフコン(たぶんBS/150? それともS/36?)
を抱えてタクシーに乗り、運転手の視線を気にするというのがあった。

オフコンの本体だけを裸で抱えて移動するという場面は現実にあるのだろうか。

207 :世界@名無史さん:04/04/02 09:55
マイコン刑事・石原良純が太陽にほえろで使ってたのは
当時でさえ誰も知らない三菱のMULTI16

208 :世界@名無史さん:04/04/02 10:15
加藤茶、後藤久美子、中原理恵などが出演したドラマ、
ある離れ小島でキャンプ中の一行に食中毒が発生し、
パソコン通信で助けを求めるという内容のもの。
使われていたのはすべて日立のPCだった。

209 :世界@名無史さん:04/04/03 00:33
>>206
ドットプリンタを裸で抱えてタクシーに乗ったことはある。

210 :世界@名無史さん:04/04/03 00:40
ドットプリンタにティムポの皮挟んで印刷される罰ゲームをうけたことがある。

211 :世界@名無史さん:04/04/03 01:09
>>210
さぞかし辛かったでしょうね。

212 :世界@名無史さん:04/04/03 05:11
>>209
不揮発メモリーを本体からはずしても消えないと思ったのか、
これだけを宅急便で送ってきた奴がいる。

213 :世界@名無史さん:04/04/03 05:36
北区立東田端図書館の細井さん、かわいい

214 :よろずこ:04/04/03 22:06
>>212
PCカードやコンパクトフラッシュとはちがうんでしょうね。

215 :世界@名無史さん:04/04/04 07:14
今、不揮発メモリーというとよろずこさんの言われる携帯メモリーを指し、
これは無電源の状態でも記録は消えないけれども、
PC−9801時代の不揮発メモリーは、PCIボードのように本体の拡張ボードに
装着して常時電源供給していて記録を保持する構造。
※私自身は使ったことないので、より詳しい方の情報を求む。検索しても出てこないし。
>211の送ってきた奴は当然PC−9801のユーザーだったが、
私の会社のはPS/55、これを送ってこられても使いようがない。

216 :世界@名無史さん:04/04/04 07:47
まちがい。「>212の送ってきた奴」に訂正。

217 :世界@名無史さん:04/04/04 10:02
東芝DynaBook初期の仕様に「ハードRAM」というのがあったけど、
これをPC−9801の不揮発メモリーと同様のものという説明をしていた
PC雑誌があった。
その不揮発メモリーを知らないので俺はハードRAMから不揮発メリーを理解したのだが、
あとで98ユーザーと雑談した時、どうも違うのではないかと感じた。

218 :世界@名無史さん:04/04/05 10:33
http://www.msn.co.jp/home.armx
MSNのHPが替わった。
字が小さくなって読みにくくなった。
大きくするとほかのサイトの字がでかくなりすぎる。

そのうち改善されるとは思うが。おそらく。

219 :世界@名無史さん:04/04/06 10:11
15年前、ここの会社に入ったとき、時の総務部長が、
「うちの会社は、今使っているコンピュータはシリーズ新型機の第1号機を
 設置したんですよ。」と自慢していた。
普通は第1号機なんて敬遠するのに、なんでこんなに自慢するのだろう?と
不思議に思ってたが、やがてわかってきたのは部長は無類の初物好きということ。

結構クルマ好きで、買い換えの頃合いになると官報をチェックしていて、
新型車が出る見込みの販売店に足繁く通い、公式発表の前に注文して
発表会当日に受け取るのを何よりも楽しみにしているという人。

しかし社内でえらい迷惑を受けたのが、2000年問題が巷間の話題になり始めた頃の出来事。
ある取引先の系列ソフトハウスが、当社の一部門に適当な市販システムを開発中との情報を
聞きつけ、未完成なのに第1号導入の契約を強引に進めてしまった。
契約より10ヶ月も遅れて納品されたが、バグだらけ。
安定したと言える状態までに2年ほどかかった。
それでも部長→取締役は、第1号導入をまたも自慢している。

220 :世界@名無史さん:04/04/06 12:45
まあそういう人柱さんたちによって支えられている面もあるわけで。

221 :世界@名無史さん:04/04/06 20:50
>>186
フランス、パリにある国立技術博物館に、Apple社のMacintosh128kや
トムソン社の8bit機らしい個人用パソコンの展示などがありますが
解説の分類名ではMicro Ordinateurです。
ただ、街中ではあまり使われていない言葉。
なお、主に台湾人が経営している自作ショップ街(30軒くらいが並ぶ)では
世界標準の「PC」に対して「Micro」と呼ばれてます、Macはそのまま。
もちろん総称は「Computer」で通じる(パーツは秋葉原の2割増し程度の価格)

その博物館、コンピュータ関連は少ないとはいえ
パスカルの計算機から、クレイII実機まであり(動いてないけど)
美術や装飾には飽きてる人にもオススメです。

以前、上野の国立科学技術博物館にも、大型機(ただのリレー式計算機か?)が
稼動展示されていて子供心にリレーの音が怖かった覚えがありますが
4,5年前行ったらみつからず。
科学・理科の基礎・仕組みを丁重に教える展示が増えていましたが
「わけわからないけどかっこいい」複雑なマシーンをただ見せるのも
同じくらい重要なことだと思うんですけどね。

222 :世界@名無史さん:04/04/07 10:19
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040407-00000001-cnet-sci
マイクロソフト、ついにオープンソースに--CPLでソースコードを初公開

223 :世界@名無史さん:04/04/07 12:14
あなた方、年齢を教えて下さいませんか・・・
さぞかしご高齢な方が、結構いらっしゃるようで・・・

224 :世界@名無史さん:04/04/07 18:06
昔は政府からの行政指導が厳しかったですね。
最近は全くありませんけど・・・
某社の話ですが最初のメインフレーム導入時、IBMの360導入が半分
決まってたところ、国産品推奨の指導が入りHITACに変更になったんですが
やっぱり余所でも似たような話しは多いんでしょうね。

米国の関税外障壁の主張には5分の理があるなあと思ったりしました。

225 :世界@名無史さん:04/04/07 18:23
VM問題でMS(Microsoft)とSM(Sun Microsystems)が和解したらしいよ。
あれだけAW(AntiWindows)だったのにWS(Workstation)事業からSW(switch)でもするつもりかな。


226 :世界@名無史さん:04/04/07 18:36
「VM」ってえと「Virtual Machine」だが、
古いメインフレーマーにとっては、IBM-S370/VMを思ってしまう。

227 :世界@名無史さん:04/04/07 19:38
>>224
ふぉ。同じような体験をされておるお方がいるものじゃと思ったが、良く
みると少しばかり型番が違っておるの。
導入を予定しておったのはIBM1401で、外貨節減国産品愛用押し付け
られたのはRCA301の日立バージョンじゃった。
日本の経常収支が慢性赤字で外貨が割り当て制じゃった時代があった
とは、今から思えば幻のようにも思えるが、いずれにせよ昔の話じゃな。

228 :世界@名無史さん:04/04/07 21:54
ほふぇ。

RCA301        →HITAC3010
RCA SPECTRA70→HITAC8200,8400

ですな。

229 :世界@名無史さん:04/04/08 08:07
>>226
古いゲーマーは9801VMを

230 :世界@名無史さん:04/04/08 13:52
>>227
IBM1401とRCA301では、使用目的も値段も違いすぎないかな?

1401でなく1410ではないの?

231 :世界@名無史さん:04/04/08 14:31
>>224>>227に書かれた通産省の行政指導もあるし、
また世界戦略からも必要だということでIBMは
東京都大田区に工場を建て、日本国内向けと輸出用の
コンピューターを製造し始めたのが昭和39年(1964)。
機種はIBM1440、後にIBM360−20と40。
このあと1970年代半ば頃までIBMは国産機メーカーだと
自称していた。

232 :世界@名無史さん:04/04/08 17:37
「不惑」を迎えたIBMのメインフレーム--絶滅の予言もどこ吹く風
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040408-00000002-cnet-sci

いいこと言う

233 :世界@名無史さん:04/04/08 17:40
>>232のリンクをたどっていったらこういうのがあった

IBM Computer Museum
http://www-6.ibm.com/jp/event/museum/rekishi/visual.html

234 :みろ!!:04/04/08 17:41
http://pr1.cgiboy.com/S/0505272

235 :世界@名無史さん:04/04/08 21:19
>>234 見るな!!!

236 :世界@名無史さん:04/04/08 21:26
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●不合格●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
これを見た人は確実に【不合格】です。これをコピペでどこかに1回貼れば回避できます。
これは本当です。やらないと一年無駄になります.

私も最初は嘘だと思ったんですが、一応コピペしました。それでセンター私大に合格出来ました。
けどコピペしなかった友達がA判定とっていたのに、おちたんです



237 :世界@名無史さん:04/04/10 09:49
パソコンが8ビットから16ビットに変わりつつあった頃、
コンピュータ室にやってくる人や出先で何人もメインフレームを
「使っているコンピュータ、何ビットマシンなんですか?」
と聞いてくるのにはうんざりした。

「32ビット」だといちいち答えていたが、
後で調べたら「24ビット」だった。
しかし、前に答えた人をひとりひとり回って訂正しようとは思わなかった。

238 :世界@名無史さん:04/04/10 10:37
なんでビル君は、あんなに金持ちなの?誰か世界史板的に解説して。

239 :世界@名無史さん:04/04/10 15:39
門を建てる人だから。

240 :世界@名無史さん:04/04/12 13:25
ABCの法則

ASSEMBLER
   ↓
BASIC
   ↓
C,C++,C#,など

で、Delphiはこの法則により命名されたフシがある。

241 :世界@名無史さん:04/04/12 15:20
ALGOL->BASIC->C->D or Delphi

じゃなかったっけ。

BCPL->C->Pascal

てのもあったか。

242 :世界@名無史さん:04/04/12 15:44
ALGOLはパソコン時代の前に滅亡していたはず。

BCPLはC言語の土台として歴史的な意味があるので、
実用上も機能的にもメジャーなものではなかった。
COBOLの土台としてのFLOW−MATICも同様に
謝辞の文章の中にのみ生き残っている言語。

243 :ハリネズミ ◆qBLXpo7Q9Y :04/04/12 21:50
『ANS C・C++辞典』平林雅英 共立出版
では
CPL->BCPL->B->C->(C++)->ANSI C
としています(恐らく文法や構文を基準?)。

マイナーな言語だけ補足
CPL
1963年にケンブリッジ大学とロンドン大学の共同で、
ALGOL60を基礎に開発。

BCPL(Basic CPL)
1967年Martin Richardsが開発した関数型手続き型言語。
CPLを簡素化しシステム記述用に効率化を目指した。


1970年、ベル研究所のKen Thompsonが開発した関数型
手続き型言語。処理系はインタプリター。

244 :世界@名無史さん:04/04/13 14:00
エクセルでの計算結果がおかしい、0.9999987になると言って
先週、常務がMSに電話した。
私がいくら説明しても「コンピュータがそんな不正確な計算をするはずがない」という。

で、電話口で顔を真っ赤にして延々とやり合っていたが、
「ではあなたのところでは欠陥商品を売っていると言うことですね!!」(がちゃん)


疲れる・・・

245 :世界@名無史さん:04/04/13 19:05
>>244
そういうときは「常務、直りました」と言って表示形式を変えておくw
俺の勤務先はもっとレベル低いよ。
数字が打てなくなった→NumLockが外れてる。
入力がひらがなにならない→shift+Capsを押した。

こういう人って必ずミスを認めない。
俺「Numlockキーを押すと数字が打てなくなりますから気をつけて下さい」
相手「そんなキー押した覚えがない」

押してないのに勝手に外れるわけないじゃんw
と言えたら楽だけどお年寄りは大切にしないとね・・・_| ̄|○

246 :世界@名無史さん:04/04/14 17:20
研修教官 「えー、わかんないかな。あっぷる、『あっぷ、る!』なんですが・・・」
フィリピン研修生「??、ワカリマセーン」
研修教官 「困った・・・」
私      「アプゥ」
フィリピン研修生「Oh! I see! Apple Computer!」
研修教官 「・・・なんで通じるのよ」

247 :世界@名無史さん:04/04/15 06:03
CQ出版社 インターフェース増刊
「マイクロプロセッサー・アーキテクチャ入門
RISCプロセッサの基礎から最新プロセッサのしくみまで」
を買った。面白い。一晩で一気に読んだ。

今日、木曜日は店の定休日。今から寝ます。皆さんお休み。

248 :ドヴォルザーク:04/04/15 10:27
DVORAKキーボードはどのくらい使われているのでしょ−か?

249 :WS-MINDOMS:04/04/15 17:42
Lindows改め「Linspire」に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040415-00000003-cnet-sci

「Lin---s」は駄目だったのか。

250 :世界@名無史さん:04/04/16 09:26
>>249
今度は日立製作所から「インスパイア」と紛らわしいから変えろ!・・・と?

251 :世界@名無史さん:04/04/23 19:16
ああ、社内のパソコン、プリンターが3〜4月次々と壊れて廃棄処分。
なぜだ!?

252 :世界@名無史さん:04/04/23 19:57
尽力舎の山口佐貴子さん、かわいい

253 :世界@名無史さん:04/04/23 21:58
2700円のパソコン。普通は間違いだと思うけどね。

254 :世界@名無史さん:04/04/27 16:43
連休が明けた頃から今年もまたアンケートの嵐が来るんだろうな。
しかも新人がアンケート依頼文をまるっきり棒読みで。

2000年問題が騒がれるようになった98年から01年の前半、
すさまじい数のアンケート依頼が電話、FAX、郵送で押し寄せてきた。
30いくつかまでは数えていたがもうそのあとは数え切れん。
たぶん100は超えていたと思われる。

「またアンケートですか。もういいでしょう。」
「私どもは初めてですが。」
「今日だけでもあんたが3回目だ。同じ内容を繰り返し答えるこっちの身にもなってくれ。」
「5項目だけなんですが。」
「項目数の問題じゃない、アンケート自体うんざりしてるんだ。
 だいたいがアンケートをあんたどうしようっての。」
「2000年問題を各企業の皆様、どのように処理なさっているのか、
 もしお困りでしたら私どもが・・・」
「あ、そう。だったらもう何十回も答えているんでそのどこかでか聞いてくれ。」
「そうおっしゃらずになんとか・・・」
「おととい来い!(がちゃ)」

255 :世界@名無史さん:04/05/10 22:31
コンピューター付きブルドーザー

256 :世界@名無史さん:04/05/10 22:53
田中角栄ね

257 :世界@名無史さん:04/05/19 10:37
中国:IT普及で生活などに大きな変化、課題も山積
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040518-00000005-inet-sci
中国のハイクラス消費者において、IT はすでに生活、仕事、勉強など各方面に大きな変化をもたらしている。
仕事(勉強)面では、「効率が上がった」と感じている人は6割に達した。

北京:インターネット普及率調査で中国1位
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040425-00000000-scn-sci

258 :世界@名無史さん:04/05/19 11:06
ノイマン型コンピューター(プログラム内蔵方式)はノイマンの発明ではない。
http://www.wizforest.com/OldGood/edvac/
>彼はその発明を彼の名前で世に知らせた・・・悪く言えば横取りしただけで、
>重要なアイデアはなにも出していません。
>ノイマン型、といわれる現代のコンピューターも、本当はノイマンが作ったわけではないのです。


259 :世界@名無史さん:04/05/21 13:05
Linuxの「生みの親」は本当にトーバルズか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040520-00000012-cnet-sci
Linus TorvaldsがLinuxをつくるにあたり、何らかのベースとなるオペレーティングシステム(OS)のコードを
直接的に使わなかったとは想像しがたいと、ある調査レポートが指摘している。米国時間20日に一般公開予定の
このレポートは、発表になる前から早くも論争を巻き起こしている。

260 :世界@名無史さん:04/05/21 15:16
minix?

261 :世界@名無史さん:04/05/21 16:19
MULTICS
 ↓
UNIX----+
 ↓   ↓
OS/9   MINIX
      ↓
     LINUX

262 :世界@名無史さん:04/05/21 16:22
俺も98にMINIXをインストールしたことがあるが、あれは苦労した。


263 :世界@名無史さん:04/05/21 16:56
日本のIT革命を進めたのは森元首相だよ!

264 :世界@名無史さん:04/05/21 17:08
俺もBASIC-MASTERとX68000でOS/9を使ったが、あれは面白かった。

265 :世界@名無史さん:04/05/22 23:51
話が最近ばかりだなあ。だれかタイガー計算機(おっとこれも最近)
とかアナログ計算機とかエニアックの電源入れたら町全体の電圧が
一瞬落ちて真っ暗になったとか、アメリカ海軍の老女性プログラマが
ある言語の生みの親だとか、WW2以前からパンチカードのIBMが米
の国勢調査に使われて役だったとか、ボ絵ジャーには地球の情報を
伝えるために金属製のレコードが積まれたとか、ネットは冷戦なしでは
できなかったとか、中国がネットに参加したときの初カキコは「万里の
長城をこえてあいさつを送る」だとか、だれかもっと書きこんでくれよ。

83 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)