5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【EU】ヨーロッパ共同体の歴史【EU】

1 :世界@名無史さん:04/01/25 20:09
フランスの政治家ジャン・モネ、
欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)、
ローマ条約とEECの発足、
EUの拡大問題、
トルコ・英国・ロシアといった国のEUとの関係など、
EUやヨーロッパに関することなら何でも語ろう。

2 :世界@名無史さん:04/01/25 20:12
シュペングラー

3 :世界@名無史さん:04/01/25 20:20
英国がEU統合に熱心でないのは、
やっぱり大西洋を隔てて同じ英語を話す超大国があるため?


4 :世界@名無史さん:04/01/25 20:31
1818年 プロイセン王国関税法
1828年 プロイセン・ヘッセン関税同盟、南ドイツ関税同盟、、中部ドイツ通商同盟
1834年 ドイツ関税同盟
1871年 ドイツ帝国


5 :世界@名無史さん:04/01/25 20:31
最後に勝つのはアッラーの国々だ


6 :世界@名無史さん:04/01/25 20:34
あっらーっ!

7 :世界@名無史さん:04/01/25 20:54
EUの発言力は、

フランス、ドイツ>イタリア、ベネルクス>>>超えられない壁>>>イギリス

負け犬イギリスプ

8 :世界@名無史さん:04/01/25 20:56
EUの発言力は、

アメリカ>>>∞>>>フランス、ドイツ>イタリア、ベネルクス>>>超えられない壁>>>イギリス

負け犬イギリスプ


9 :世界@名無史さん:04/01/25 22:09
>>8
半万年のウリナラは?

10 :世界@名無史さん:04/01/25 22:43
ヨーロッパのアイデンティティとは何?
キリスト教?
でも大勢のイスラーム移民がいるしなあ。

11 :世界@名無史さん:04/01/25 22:57
ヨーロッパ?そのうち飲み込まれるよ。

12 :世界@名無史さん:04/01/25 23:33
>>11
何に?

13 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/01/26 00:09
ヨーロッパにイスラム教徒が住み着くのは構わんが、
それでワインが飲めなくなったらイヤだな。

14 :世界@名無史さん:04/01/26 00:10
白人的特徴が劣勢遺伝が多いというのが痛いな。
ネイティブな金髪も刻一刻と減ってるらしいし。

15 :世界@名無史さん:04/01/26 00:20
ポーランドやハンガリーはまだしも
ルーマニアみたいな遅れた国をEUに入れて
うまくやっていけるのか?

16 :\(^■^ ラ 【卍】:04/01/26 00:22
「悪の連合軍」は恥知らずだ!
邪悪なユダヤのヤツラに支配されていいのか?
『われいつの日にか、明らかな言葉をもってもろもろの民を変えん』
その時彼等はみな共に神の名を呼ばわん。
彼等の世界支配の野望は永遠に続くのだ!


17 :世界@名無史さん:04/01/26 00:36
548 :レリン ◆0UjkSmThNE :04/01/24 18:01
>>543
 EUは元からトルコを加盟させるつもりはないのでは・・・。
トルコのEU加盟が独仏にとって脅威となりうるのは大量の非熟練労働者の域内流
入。仮に中欧諸国と同様の暫定的な移動制限条約を結んだとしても、現在の欧州
議会が加盟国の人口比により議席数が配分されている以上はトルコのような大国は
独仏英等の大国にとっては既得権益を侵害しうる脅威。また、EUの小国にとっても
EUからの補助金がトルコに流入し、各国が受け取る補助金額が減らされるというマ
イナス面も。更にこれは統計数値上は分かりにくいが、意外とトルコの安価な輸出品
目(農産品、衣類、菓子類等)がEUの地元産業育成(特に2007年加盟組)にとっては
脅威。
 EUがあくまでトルコの加盟の可能性についてあいまいな態度をとっているのは何ら
かの「希望」をトルコ側に与えることによりトルコがEUの「衛星国」化となることを期待
した上でのことだと思う。むしろEU加盟が有り得ないのにEUに従っているトルコが悲
劇的(喜劇?)に見えるのだが。

18 :世界@名無史さん:04/01/27 17:14
リヒアルト・栄次郎・クーデンホーフ=カレルギー伯爵(1894年11月16日〜1972年7月27日)

19 :世界@名無史さん:04/01/27 22:52
欧州は10年もしないうちにムスリム排斥に動くだろうね
最初はスカーフ禁止みたいな感じで段々ね

20 :世界@名無史さん:04/01/29 19:36
日本のムスリム社会は、民族よりもムスリム同士でかたまってるね。
東京ジャーミイにはいろんな国籍のムスリムが集まってくるし。
欧州のムスリム社会はどうなんだろうか?

21 :世界@名無史さん:04/02/01 19:14
http://www.diplo.jp/articles04/0401.html
欧州カトリック勢力のロビー工作

産業金融ロビー団体と比べて目立たないながら、ローマ法王庁、また
オプス・デイをはじめとするカトリック団体は、ブリュッセルでかなりの
力を持っている。そのロビー活動は、EU(欧州連合)の政教分離の原則を
破って、教会に関する条項を欧州憲法草案に盛り込むことに成功した。
当初案でも、教会については「代表組織と市民社会」という条項ですでに
記載があったにもかかわらず、である。




22 : :04/02/01 20:28
>>21
そもそもEU統合の重要キーワード、補完性原理からして、カトリックの社会哲学から生まれている。
ヨーロッパで政教分離なんてあり得ないでしょう。あのビスマルクでさえ、ローマ教皇の前では子供扱いだった。

23 :世界@名無史さん:04/02/04 00:02
>>22
>補完性原理

ヨーロッパとアメリカの違いも、そこから生まれてきたのですか?

24 :世界@名無史さん:04/02/04 02:45
EUの前の前のヨーロッパ共同体組織を作った人、確か母親が日本人だったね。
光子

25 :世界@名無史さん:04/02/04 02:51
クーデンホーフ光子

明治時代、欧州の伯爵家に嫁いだ初めての日本人。その名はクーデンホーフ光子。
明治7(1874)年、東京に生まれた青山光子は、オーストリア・ハンガリー帝国代理公使
ハインリッヒ・クーデンホーフ=カレルギー伯爵に見初められ、
明治25(1892)年18歳で結ばれました。明治29(1896)年に欧州へ渡りますが、
愛しい夫と7人のこどもに囲まれた幸せな日々は、夫の急死で一変。
伯爵家の財産管理やこどもたちの教育にかける気丈な女性に変貌しました。
ウイーン社交界の華としても活躍しましたが、第一次世界大戦、
ハプスブルク帝国の崩壊、国の分裂と、時代の荒波に翻弄され、
昭和16(1941)年に死去。次男リヒャルトが、
EEC〜ECを経て統一されようとするヨーロッパ、
その礎となる「汎ヨーロッパ」思想の提唱者だったことで、
その母光子もいま注目されています。

http://www.mediawars.ne.jp/~tairyudo/tukan/tukan941.htm
ヨーロッパにも和の心、日本人凄くない?

26 :世界@名無史さん:04/02/04 03:02
補完性の原則って言わない?

補完性の原則がカトリックから生まれた原則だとしても
それと政教分離って何の関係も無いと思うけど。

27 :世界@名無史さん:04/02/04 03:03
>>25
NHKアーカイブスでやってたね。


28 :世界@名無史さん:04/02/04 08:58
光子役の吉永小百合がよかった。

29 :世界@名無史さん:04/02/04 10:34
>>15
ルーマニアに失礼

30 :世界@名無史さん:04/02/04 20:35
バルカン諸国や、ベラルーシ・ウクライナ・ロシアの東スラヴ三国は、
いつかEUに加盟するのかなあ。

31 :世界@名無史さん:04/02/05 00:28
理事会での票の配分法の是正についても、激論が交わされた。
これまでEUでは、議決の際に人口の少ない小国が大国に比べて不利に
ならないように、小国に対しては、EUでの総人口に占める人口比率を
上回る割合の票が与えられていた。
だがEU拡大後は、小国の数が増えるために、現在の票の割り当て方では、
逆に大国が不利になってしまう。
例えばドイツの票の数は一0票だが、現在の配分法のままでは、EU拡大後に、
人口の合計がほぼドイツと同数の一七の小国が、五七票を持つことになる。
つまり、ドイツ国民は同じ人口の他国民に比べて、票の数が大幅に少なく
なるという不公平が生じるわけだ。このためニース会議では、ドイツや
フランス、英国などの票数を三0票に増やすとともに、多数決で賛成する国の
人口が、EUの人口の六二%を超えなければならないという規定が導入された。



32 :世界@名無史さん:04/02/05 10:43
ttp://www.hiu.ac.jp/eu/resume/council.html

特定多数決制度は、共同市場に関する案件に適用される議決方式である。
各加盟国ごとに、一定の持ち票数が定められており、総数は87票である
(EC条約第205条第2項)[17]。理事会が委員会の提案を受けて決議を取るときは、
62[18]の賛成票が必要になる。その他の場合には、少なくとも10の加盟国の
賛成を含む62の賛成票が必要になる。


33 :世界@名無史さん:04/02/05 10:44
各国の持票数は、以下の通りである。ドイツ、フランス、イギリス、
イタリアは共に10票、スペインは8票、ベルギー、オランダ、ギリシャ、
ポルトガルは共に5票、オーストリアとスウェーデンは共に4票、
デンマーク、アイルランド、フィンランドは3票、ルクセンブルクは2票。



34 :世界@名無史さん:04/02/05 10:45
この62という数字や、各加盟国の持ち票数および総票数は、各加盟国の
政治力やECの政策運営方法など、種々の事項を考慮して定められている。
例えば、大国2国のみの反対では、議案の採択を阻止することはできない。
また中小国のみの賛成票でも議決は採択されない。

35 :世界@名無史さん:04/02/05 13:43
フランスとドイツは、ユーロの参加基準に3年連続で違反。
これに対しEU加盟国の蔵相たちは、、「ユーロ安定協定」に基づく
制裁措置を発動することを見合わせた。
このまま独仏の財政赤字拡大が減少に転じなければ、どうなるのか・・・

36 : :04/02/05 13:45
日本も対抗して「なんとか共同体」をつくるべし

37 :世界@名無史さん:04/02/05 13:49
>>36 大東亜共栄圏

38 :世界@名無史さん:04/02/05 21:35
ルクセンブルクはスイスと並ぶ金融立国。

39 :世界@名無史さん:04/02/05 21:37
53 :44 :03/07/27 13:22
>>48
 うーん。もともとEUにとっては人権なる概念は全くの言い訳にすぎず、
広い意味での「人権」(少数民族の取り扱いのみならず外国人の人権保障)
をEU加盟の基準と考えるならば新規EU加盟予定国の内それなりに基準を
満たしているのはマルタだけになってしまう…。バルトはロシア系住民のス
テータスが未だ未解決だし、チェコでは各地方自治体がロマ居住区の周りに
壁を建設する ことが合法で、ハンガリー(それに2007年加盟予定のブルガ
リア)ではアジア・アフリカ系外国人に警察が拷問を尋問の手段としてほぼ
必ず利用されている。
 他方、EUを単なる利権団体と考えるならば、議会活動などを通じて西欧
の利益を米から守っているという点ではまさにギリシャこそEUに「ふさわ
しい」と言えるのかもしれないけど。
 ただ、やはりEUの中にもEUは人権尊重を名目だけでなく実質的に体現
しなくてはならないという理想に燃えた政治家もいることはいて、確かデン
マークの議員だったかの「ギリシャはふさわしくない」と主張する演説が数
年前ギリシャ、トルコ、マケドニアのあらゆる掲示板にコピペされていたの
は覚えている。


40 :世界@名無史さん:04/02/07 00:05
そもそもヨーロッパのアイデンティティって何?

41 :  :04/02/07 00:18
>>40
そもそもアイデンティティって何?

42 :世界@名無史さん:04/02/07 06:23
独自性、よりどころ

43 :世界@名無史さん:04/02/08 17:50
ヨーロッパのアイデンティティといえば、
キリスト教、古典古代の文化・・・
他に何かある?

44 :世界@名無史さん:04/02/09 18:07
カール(シャルルマーニュ)の帝国

45 :世界@名無史さん:04/02/09 19:32
啓蒙主義。

46 :世界@名無史さん:04/02/09 20:01
ヨーロッパ人にとって、romanization というのは特別な意味があるらしいね。
ローマ化=文明化と捉えてるふしもある。

47 :世界@名無史さん:04/02/09 20:08
EU 憲章にヨーロッパの歴史的共有財産として「キリスト教」を明記させようと
イタリア、スペイン、ポーランドとバチカンがごねてるが、
そんなもの盛り込んだらまずい位のことが分からないほど
カトリックはどこかねじが壊れてる、時代錯誤と言うか。
自己中心的と言うか。
一宗教だけ憲法に(どんな形であれ)特記するなんてできっこないよ。


48 :世界@名無史さん:04/02/09 20:21
>>47
アイルランドモナー

49 :世界@名無史さん:04/02/09 20:21
>>47
フランスと、無神論者の団体が反対しているらしいね。
ちなみに東方正教会はバチカンのこの動きを警戒しているとか。

50 :世界@名無史さん:04/02/09 20:36
バチカンの90年代のリベラルさからの揺り戻しが結構きついな。

51 :世界@名無史さん:04/02/09 20:43
最近デンマークでキリスト教のほかに北欧神話信仰が宗教として公認された。

52 :世界@名無史さん:04/02/09 22:08
>>51
いまだにそんなのを信仰している人がいるの?

53 :世界@名無史さん:04/02/09 22:14
ttp://www.remus.dti.ne.jp/~sooki/2-gallery/gal/DTI/hotnews.html
2004.1.10
+ デンマークでバイキング時代の神々復活

デンマークでゲルマン的異教と呼ばれるバイキング時代の神々が復権。
キリスト教伝来以前から信仰されてきた伝統的なものが公式にキリスト
教会から認可された。
隻眼の主神オーディン、戦いの神トール、美と多産の神フレイヤ
時代はキリスト教以前の多神教時代を再評価しはじめている。現在の
政治、経済など行き詰まりからすべてのもとになったキリスト教の限界
からのキリスト以前の再評価、またイスラムを筆頭に他宗教への理解、
共生が平和への唯一の道という必然からの他宗教認知。



54 :世界@名無史さん:04/02/09 22:19
ttp://www.jsmcnet.com/NCSJ/ygg/data/199305.html

今から20年前の1973年に、アイスランドは紀元1000年以来禁じられていた
異教を、公の宗教として認めた。これはアイスランドならでは起きえなかった
ことであり、文明史上ユ二一クなできごとである。仮にこの宗教を主神の
名をとってオージン教と呼ぷとして、これが長く栄えるためには、過去への
ロマンチックな憧れだけでなく、しっかりした聖典が必要となる。その際、
信者が拠るべき作品が13世紀のアイスランドに由来する二つの『エッダ』
である。

55 :世界@名無史さん:04/02/09 22:27
>>51-53

イギリスの2001年の国勢調査の宗教のらんに書く「予想できる宗教名」として
あらかじめ「ジェダイの岸」がコード番号割り振られてたのも笑ったけど。
(用紙に選択肢としては出てなかったらしい)

スレ違いか? ならスマソ


56 :55:04/02/09 22:35
言いたかったことを書くのを忘れた。
ようするに政府が Multicaltural ですということをアピールしたいだけだよ。
いろんな宗教があって、どれも寛容に平等に扱ってますよ、っつー意味での
プロパガンダの方法の一つが少数宗教の認知ってことやね。

ま、北ヨーロッパとイギリスは EU をいつ抜けてもいいだけの準備は
すでに始めているということですな。


57 :世界@名無史さん:04/02/09 23:43
やっぱ女は西欧より東欧だな。
ttp://www.number.ne.jp/images/columns_part2/2002.04.04/photo_gallery/photo_tennis.jpg


58 :世界@名無史さん:04/02/10 00:51
>47
建前はどうあれ、実態としては西方系キリスト教諸国同盟だからなぁ。
新規加盟国も見事にカトリックorプロテスタントだらけだし。
一カ国だけ例外があるけど、やっぱりそこだけは昔からギクシャクしてる。

59 : :04/02/10 01:06
>>47
カトリック、最近いやに反動的だよね。同性婚は許さんとドイツのCDUを
叱りとばしてみたり。
個人的には、カトリックのそういう保守的なスタンスは嫌いじゃなかったりする。

>>56
まあ、もともとイギリスなんて対米従属の国だからいいけど、北欧はどうなるんでしょうね。

60 :世界@名無史さん:04/02/10 05:15
>>58
ギリシャが特別扱いされているのは、
ギリシャ正教や中世のビザンツ帝国のためではなく、
古代のヘロドトスやアリストテレスのおかげw)

61 :世界@名無史さん:04/02/10 05:28
>>59

ヨーロッパの南北問題と言うか、
やはり EU の主力にカトリックが多いのはそれなりの理由がある。
彼らの方が「国境を越えた組織」を受け入れやすいんだろうね。
イタリアなんて熱狂的に EU 支持。
イタリアから独立しても EU には残りたい北部同盟と現首相か。
北欧は英も含めて国家教会制度でずっと来た経過がある、王家が残ってるなどなど
南とは肌合いはそもそもあわないのは必ずある。
なおかつ南の方が貧しい(一般論として)
ドイツはその二派の間でどっち付かずな感じがします。

イギリスはコモンウェルスと英語圏にいつでも回帰できるのが保険だから
日和見スタンスを変えることはないだろう。



62 :世界@名無史さん:04/02/10 05:45
カトリック圏:宗教>国家
プロテスタント圏:国家>宗教

というイメージがあるな。


63 :世界@名無史さん:04/02/10 09:28
>>61
北欧の場合、宗教改革でもドイツのような激しい戦いというのが
起こらなかったんだよな。
デンマークとスウェーデンでは、国王自身が改革運動の後援者となり、
1536年にコペンハーゲンでひらかれた国民議会において、
デンマーク全土でローマ・カトリック司教の権威をみとめないことが
決議され、教皇庁と絶縁。 
これにより、スカンジナビア諸国は宗教改革ルター派の信仰を基盤と
した国家となった。その後、ノルウェーとフィンランドがそれぞれ
デンマークとスウェーデンから独立して行くが、ルーテル教会は国教会
として受け継がれてゆく。

英国国教会は、イギリスという国家の国益に奉仕する教会。
ジュビリー2000では、非キリスト教国である日本に対してまで
途上国の債務を帳消しにするよう要求していた。


64 :61:04/02/10 09:50
>>63

スウェーデンもデンマークもユーロにゃいかんだろうね(ノルウェーは EU 外だし)
外から(有り体に言えばローマ教会やブリュッセルのこと)コントロールされるのは嫌だと。
南欧は逆に外を内からコントロールしてやろうとする願望が強いか。
なし崩しに持ってくと言うかね。

>英国国教会は、イギリスという国家の国益に奉仕する教会。

言い得て妙なり。
政治と不可分なところは想像を絶するものがあるんですわね。
国王とカンタベリー大主教は二人共で国をあけないプロトコルがある。
高位聖職者は内閣府が(名目上だけだが)任命など。

ただ途上国の債務については
キリスト教だからやりましょうという感覚はあまり伺えなかった。
もちろん考えのそこには「チャリティー」があるのはそうなんだが、
あまり宗教的にはとらえていなかったと思うよ。
きっかけは確かにミレニアムであったりもするけど。
日本が非キリスト教国だとか、そういう感覚もないでしょう。
「金持ち日本」としか見てない。
自分たちより金持ちなんだから日本もやるべきってだけのこと。
クレア・ショート開発相(当時)はそう賢い人でもなかったような(w

寝よう。おやすみ

65 :世界@名無史さん:04/02/10 09:53
>59
親米国は全て対米従属ですかい。まあ「反動的」なんて言葉使ってる人だからしゃあないか。

66 :世界@名無史さん:04/02/10 09:55
>63
ジュビリー2000って国教会と関係あるの?

67 :世界@名無史さん:04/02/10 10:17
ttp://www.mmjp.or.jp/autobahn/shingo/libra2/jsi_01.html
ジュビリー2000  【政治・国際】

西暦2000年に低所得国の債務を帳消しにしようとする、世界レベルの
キャンペーンの名称。ローマ法王が、この主旨を提言したことを受けて、
英国の英国聖公会やNGOを中心に運動が活発化、これが国際的な
キャンペーンに成長した。当面の目標は、今年の6月に行われるケルン・
サミットで、これを正式議題に上げることだ。この運動に対する各国の
対応はまちまちで、英・仏は好意的、日・米・伊は反発的、または
消極的である。

ちなみに、ジュビリーとは旧約聖書に由来する50年のサイクルのこと。
7年を7回(キリスト教では7という数字に深い意味がある)巡回した
次の年、つまり50年目をヨベル(英語風に読むとジュビリー)の年と
呼ぶ。この年は、畑に安息を与えるなどの「解放」を宣言すべき年だと
言われている。2000年は、このジュビリーの年に当たる他、3000年紀の
始まりの年でもあり、キリスト教的には非常に意味の大きな年である。



68 :世界@名無史さん:04/02/10 10:22
ttp://tanakanews.com/a0724debt.htm
債務帳消しでアフリカを救えるか

もう一つ、債務帳消し計画で重要なのは、イギリスを中心とした
「ジュビリー2000」という国際市民運動の存在で、帳消しを渋る
日本政府に圧力をかけるため、日本にも支部的なNGOが作られた。
この運動に参加している人の多くは「貧しい人々を救いたい」という
善意からスタートしていると思われるが、私にとっては、そもそも
債務帳消しの計画自体に、すでに述べた問題点を感じるため、英米の
政治家が主導する政治ショーにいろどりを添えているだけのように
見えてしまう。



69 :世界@名無史さん:04/02/10 10:23
ヨベルの年に借金帳消しにするのはユダヤの慣行だな。
同胞内限定だが。

70 :世界@名無史さん:04/02/10 10:44
つーか、英国国教会(聖公会)って、よくわからん宗派だ。
教義やシステムに幅がありすぎ。独自の神学体系を持たない。
よく言えば柔軟性に富む、悪く言えば無節操・どっちつかず・中途半端。
high churchの礼拝はカトリックにそっくりで、荘厳な感じ。
law churchは儀式にあまりこだわらず、説教に重点をおく。


71 :世界@名無史さん:04/02/10 13:14
オーディン教って銀英っぽくてイイ

72 :世界@名無史さん:04/02/10 13:36
勇者はヴァルハラに行ける

73 :世界@名無史さん:04/02/10 15:49
ttp://www.worldtimes.co.jp/
ジュペ氏の有罪判決に揺れる仏政界
来月の地方選挙控え波乱含み


フランス政界が今、大物政治家に下された有罪判決で大きく揺れている。
シラク大統領の右腕と言われ、次期大統領候補と目されていた中道右派・
国民運動連合(UMP)のジュペ党首に不正政党資金調達で有罪判決が
下されたことで、与党中道右派陣営内は大きく動揺している。議員汚職防止を
定めた法で裁かれたジュペ氏をめぐり、与野党を問わず、判決を疑問視する
声も上がっている。三月の地方選挙を前にフランス政界は波乱含みだ。



74 :世界@名無史さん:04/02/10 16:07
ベルギーでは、ヨーロッパ人意識・ベルギー国民意識・地域市民意識
といった三つを同時に備えたアイデンティティ・タイプを抱いている
人が多いそうで。


75 :世界@名無史さん:04/02/10 16:28
>74
地域市民意識というより、フラマン・ワロン等の民族意識というべきでは

76 :世界@名無史さん:04/02/10 19:30
>>70

ハイとローの二つでは全然割り切れないよ。
ショッピングモールだと思うと分かりやすい。
同じ洋服でも違う店がいくつか入っていてそれなりに競って商売してる。
同じように一つの屋根の中にカトリック的、リベラル、保守、カリスマティック、いろいろいる。
それを大きく包むのが「国家教会」としてのイングランド教会。
教義を軸にまとまって行動することをはなから前提としてない組成。
じっくり勉強するのにけっこう面白いよ。

スレ違い下げ

77 :世界@名無史さん:04/02/10 19:35
>76
日本聖公会なんかはどういう立場なんでしょうか。
そういう本国での各派が縦割り状態で割拠してるんでしょうか。
それとも本国各派とは別の「日本派」を形成しているんでしょうか。

78 :世界@名無史さん:04/02/10 19:45
ついでにもひとつ、こっちの方が EU 議論が関係あるが

1990年代を通して英国教会と他のヨーロッパの主にルーテル系の国家教会との間で
協定が次々に結ばれている。簡単に言ってしまえば相互の教会の承認と教義上の擦り合わせ、
信者の相互受け入れと聖職の共同トレーニングなどいくつか重要な取り決めを含んでいる。

英語しかソース見つけられないでスマソだが、
http://www.porvoochurches.org/

これは明らかに北欧とブリテン諸国教会連合だ(リンク先の地図に明らか)
どこも国家教会(政治と密接に関係)の形態を取った教会群であり、
さらにバルト三国が含まれているのに注目してほしい。
(スペインは「スペイン聖公会」のことでスペイン内勢力として無視できる)

今年は EU 拡大の年、そして英国は常に「半身」だということも考え合わせて、
これが EU の軸の独仏、そして何よりローマ教会の疳の虫に触っていることは
容易に見て取れるでしょう。



79 :世界@名無史さん:04/02/10 19:54
>>77
日本聖公会は資料をあさってもネットにほとんど載ってないので、
実はあまり詳しくないのですが(宗教板へでも行って聞いてね)
ハイローもある程度あります。
それから明治初期の宣教団の国別の色(アメリカ、カナダ、英国、オーストラリア)もあるはずです。
しかし今では基本的に「日本の教会」ですね。(独立自治です)

激しくスレ(板)違い スマソ。いったん消えます。


80 :世界@名無史さん:04/02/10 21:11
聖公会内部では大きく分けてハイチャーチ、ブロードチャーチ、ローチャーチ
の流れがある。

ちなみに聖公会はプロテスタントの中で最もローマ・カトリックに近く、
二つをつなぐブリッジチャーチ(橋渡しの教会)と呼ばれる。


81 :世界@名無史さん:04/02/10 21:15
>>78
イギリス・北欧・バルト三国の組み合わせだと、
なんとなく「海洋国家連合」という感じがするな。
これにドイツ北部のハンザ同盟都市があった地域が加わったら面白いなw)

82 :世界@名無史さん:04/02/10 21:17
わざわざ調べて頂いてありがとうございます

83 :世界@名無史さん:04/02/10 21:23
ttp://www.luthasia.net/japan/lhps/arcscree.html
信教の自由は支持、イスラム教徒からの要求には消極的

(488-02)

[東京  3・31 ENI00-0126=ルーテル・アワーPS/2000年]
(抜粋) 国内で急速に発展するイスラム教徒社会を、デンマークのルーテル
教会がどう考えているかという調査が行われた。その結果、ルーテル信徒は
全国民に信教の自由が保障されることを強く望んでおり、「日曜日に教会の
鐘を鳴らす」など、認められている教会の地位は保持したいが、イスラム教
モスクから祈りを流すことには消極的であることなどが分かった。



84 :世界@名無史さん:04/02/10 21:24
ttp://www.luthasia.net/japan/lhps/arcscree.html
スウェーデン
政教分離国家へ

(474-12)

[東京  12・27 ルーテル・アワーPS/1999年]
(抜粋) スウェーデンは2000年1月1日、ルーテル教会が国教で
あった500年近い歴史に幕を下ろす。今でも約90%の国民は
ルーテル教会員だが、多人種と多文化という最近の社会変化と、国民の
既成宗教への無関心が、国教会廃止の背景にある。



85 :世界@名無史さん:04/02/10 22:02
>>78
>そして英国は常に「半身」だ

よく「ロシアはヨーロッパか否か?」と問われるけど、
英国のヨーロッパに対する意識もロシアにおとらず両義的だよなー

ところで、最近のヨーロッパでは、新たなヨーロッパ統合の象徴として、
ローマの征服以前にヨーロッパ各地に広がっていた「ケルト人」に
注目する動きが強まっていて、
これに対してイギリスの考古学者の間から、「ケルト」という統一的な
文化集団を想定して古代ヨーロッパをとらえることは学問的に不適切
であり、「ケルト」は18世紀初頭から政治的に「捏造」されたものである、
という批判が出されたそうで。


86 :世界@名無史さん:04/02/10 22:13
>85
ケルトを欧州の象徴にしたいのは、ケルト国家のアイルランドを除けば
ウェルキンゲトリクスを民族主義の先駆者に位置づけるフランスくらいじゃないのか。

87 :世界@名無史さん:04/02/10 22:28
>>86
スイスやオーストリアは?
ラ・テーヌ遺跡はスイスのヌーシャテル湖岸に、
ハルシュタットはオーストリアのザルツカンマーグートにある。
ドイツのホイネブルクとホッホブルクにもケルトの遺跡がある。
スペインのガリシア地方はいうまでもない。

88 :世界@名無史さん:04/02/10 22:41
>87
その国の主流民族がケルトの末裔なのか、それを追いやった「侵略者」かでは
位置づけが180度違ってくると思うのだが。

89 :世界@名無史さん:04/02/10 22:56
ttp://www.hmn.bun.kyoto-u.ac.jp/europid/intconf1.htm

近年のヨーロッパ古代史研究の領域では、例えば「ケルト人」に関して
注目すべき論争が生じている。「ケルト人」は長い間、ローマ帝国成立
以前のヨーロッパに広く分布した、同じ芸術や言語、宗教、そして文化を
もつ人々と考えられてきた。しかし、最近の15年ほどの間に、とくに
イギリスの考古学者の一部が統一的な集団としての「ケルト」の存在を
否定する見解を提示して、「ケルト」擁護派との間で激しい論争を
巻き起こしたのである。この論争は、従来ヨーロッパの少数住民の
アイデンティティとされてきた「ケルト」が、ヨーロッパ統合の進展と
ともに統合のシンボルとして新たな位置を与えられようとしていること
と無関係ではない。また、ローマ帝国がヨーロッパ各地を支配下に
入れてゆく過程で生じたいわゆる「ローマ化」についても、「文明化」
と同値されたこの「ローマ化」概念が、大英帝国の植民地主義を背景に
した「帝国主義的言説」であると批判されている。現在研究者の間には
先住民の視点からローマ時代のヨーロッパの物質文化や意識のあり方を
再考しようとする動きがみられるが、これもイギリスで現在熱心に
なされている「イギリス人」のアイデンティティに関わる議論や研究と
密に関連する問題点を提示している。ヨーロッパ文化の重要な源泉と
された古代ギリシアについても、古代におけるその本質と近現代
ヨーロッパ人の築いてきたギリシア像の間にある差に、例えば常に
対比される「オリエント」のとらえ方との関連で新たな議論が
提起されている。


90 :世界@名無史さん:04/02/10 23:08
>>81
上に上げたサイトには他の地域のルーテルや改革派とも話し合いをしてると書いてある(ドイツ含む)

ハンザ同盟か、夢があっていいよね、歴史読み物風にはさ。
北欧とブリテン諸島ってことは北海とバルト海をを共有するんだな。
そう考えると地中海・カトリック組との温度差はたしかにあるね。
なんかEU への熱心さが現れてるようなw。
もひとつ違った面から穿った見方をすれば、
常に保険をかけることを忘れないイングランド、ってことでもあるのか。
「バルト三国にとりあえず足場は作っておこう」みたいなね。


91 :世界@名無史さん:04/02/10 23:10
>>85-87

そのイギリスでの批判はヨーロッパというよりはブリテン諸島のことなんではないの?
ヨーロッパ大陸のケルトはブリテン諸島の古代民族とは違う人々だ
という説だと思っているのだが、違ったらゴメソ。

余談:ググって見てワラタ、やたらと上がってくるサッカーチーム(w
予想はしてたがなーw



92 :世界@名無史さん:04/02/10 23:10
EFTA組が多いですな

93 :世界@名無史さん:04/02/10 23:11

>>89

>ローマ帝国がヨーロッパ各地を支配下に入れてゆく過程で生じた
>いわゆる「ローマ化」についても、「文明化」と同値されたこの「ローマ化」概念が、
>大英帝国の植民地主義を背景にした「帝国主義的言説」であると批判

どうなんでしょうか。
自分のような素人目には たんなる Revisionist にしか見えんなあ。
ちょっと自虐気味なんでないの?w
この京大の記述の要約の仕方にもよるだろし。


94 :世界@名無史さん:04/02/10 23:24
>>92

The United States of Europe はやだってことでしょうな。



95 :世界@名無史さん:04/02/10 23:46
>>91
>ヨーロッパ大陸のケルトはブリテン諸島の古代民族とは違う人々だ

ブリテン島でローマ支配に対して反旗を翻したBoudica(ボーディカ)女王は、
イケニ族の首長の妻で、ローマ人がやってくる前に居住していた、一般に
ブリトン人と呼ばれる人々です。
彼らが大陸からやってきた「ケルト人」と呼ばれる人々であるとする見方は、
現在のイギリスの考古学界ではすっかり少数説になっています。


96 :世界@名無史さん:04/02/10 23:50
隣国と古代史が食い違うのは世界的に当たり前なんだな。

97 :世界@名無史さん:04/02/10 23:54
>>93
ルネサンス時代から19世紀前半まで、
イギリスの一般的思潮は決してローマ帝国に好意的ではありませんでした。
ローマの共和制に対する関心は高かったのですが、帝政時代のローマ
については批判的でした。
自国の優れた国制的伝統や民族の起源は、もっぱらゲルマンの森の中に
求められていたのです。
ローマのImperium(命令権)から生まれたImperialism(帝国主義)という
言葉が19世紀に用いられるようになりましたが、イギリス人はこれに
負の意味をこめ、とくにフランスの帝政の批判に用いました。
ローマ帝国は独裁と衰亡の象徴と見られていたのです。
ボーディカ女王の像が造られたのもこういう思潮が背景にありました。


98 :97の続き:04/02/11 00:01
1880年代あたりから学者・知識人の間でローマ帝国を評価する動きが
みられるようになり、20世紀初頭には、イギリスの思潮はすっかり
親ローマに転じます。
自らが広大な地域を支配するまぎれもない「帝国」であること、
国際的にもイギリス一人勝ちの構図がくずれ、「大国の衰亡」という
イメージがローマに親和性を与えたこと、
ゲルマンの「ご本家」といってよいドイツとの関係がきわめて悪くなった
ことも、大きく影響していたと思われます。
イギリスは「ローマの文化的子孫」を主張するようになりました。
そして、モムゼンの影響を受けたフランシス・ハヴァフィールドが、
モムゼン以上にRomanization概念を明確にし、これを「文明化」と
同値します。
イギリス国内でローマ人の事跡が熱心に探求され、遺跡や遺物の保存、
展示が整備されました。

99 :世界@名無史さん:04/02/11 14:36
07
http://www.tanakanews.com/e0210mideast.htm
イスラエル・パレスチナのEU加盟

提案は、スペインを中心に行われた。2月6日からマドリッドで「社会主義
インターナショナル」の年次総会が開かれたが、そこに、イスラエルの野党
労働党の党首であるシモン・ペレス、パレスチナ自治政府の和平交渉担当の
閣僚であるサエブ・エレカットがともに参加した。2人はスペインのアナ・
パラシオ外相の仲裁で会談を持ち、そこで「和平が成功したらイスラエルと
パレスチナはEUに加盟する」という案が検討された。イスラエルとパレスチナ
双方は、この案に賛同し、スペインはEUの他国と調整してこのメカニズムを
進めていくことにした。


100 :世界@名無史さん:04/02/11 14:44
ヨーロッパの共同体なんて

絶対いつか潰れるよ
それが第三次世界大戦になる

いままでの歴史でヨーロッパが1つにまとまった時代があったか?

186 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)