5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【EU】ヨーロッパ共同体の歴史【EU】

1 :世界@名無史さん:04/01/25 20:09
フランスの政治家ジャン・モネ、
欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)、
ローマ条約とEECの発足、
EUの拡大問題、
トルコ・英国・ロシアといった国のEUとの関係など、
EUやヨーロッパに関することなら何でも語ろう。

2 :世界@名無史さん:04/01/25 20:12
シュペングラー

3 :世界@名無史さん:04/01/25 20:20
英国がEU統合に熱心でないのは、
やっぱり大西洋を隔てて同じ英語を話す超大国があるため?


4 :世界@名無史さん:04/01/25 20:31
1818年 プロイセン王国関税法
1828年 プロイセン・ヘッセン関税同盟、南ドイツ関税同盟、、中部ドイツ通商同盟
1834年 ドイツ関税同盟
1871年 ドイツ帝国


5 :世界@名無史さん:04/01/25 20:31
最後に勝つのはアッラーの国々だ


6 :世界@名無史さん:04/01/25 20:34
あっらーっ!

7 :世界@名無史さん:04/01/25 20:54
EUの発言力は、

フランス、ドイツ>イタリア、ベネルクス>>>超えられない壁>>>イギリス

負け犬イギリスプ

8 :世界@名無史さん:04/01/25 20:56
EUの発言力は、

アメリカ>>>∞>>>フランス、ドイツ>イタリア、ベネルクス>>>超えられない壁>>>イギリス

負け犬イギリスプ


9 :世界@名無史さん:04/01/25 22:09
>>8
半万年のウリナラは?

10 :世界@名無史さん:04/01/25 22:43
ヨーロッパのアイデンティティとは何?
キリスト教?
でも大勢のイスラーム移民がいるしなあ。

11 :世界@名無史さん:04/01/25 22:57
ヨーロッパ?そのうち飲み込まれるよ。

12 :世界@名無史さん:04/01/25 23:33
>>11
何に?

13 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/01/26 00:09
ヨーロッパにイスラム教徒が住み着くのは構わんが、
それでワインが飲めなくなったらイヤだな。

14 :世界@名無史さん:04/01/26 00:10
白人的特徴が劣勢遺伝が多いというのが痛いな。
ネイティブな金髪も刻一刻と減ってるらしいし。

15 :世界@名無史さん:04/01/26 00:20
ポーランドやハンガリーはまだしも
ルーマニアみたいな遅れた国をEUに入れて
うまくやっていけるのか?

16 :\(^■^ ラ 【卍】:04/01/26 00:22
「悪の連合軍」は恥知らずだ!
邪悪なユダヤのヤツラに支配されていいのか?
『われいつの日にか、明らかな言葉をもってもろもろの民を変えん』
その時彼等はみな共に神の名を呼ばわん。
彼等の世界支配の野望は永遠に続くのだ!


17 :世界@名無史さん:04/01/26 00:36
548 :レリン ◆0UjkSmThNE :04/01/24 18:01
>>543
 EUは元からトルコを加盟させるつもりはないのでは・・・。
トルコのEU加盟が独仏にとって脅威となりうるのは大量の非熟練労働者の域内流
入。仮に中欧諸国と同様の暫定的な移動制限条約を結んだとしても、現在の欧州
議会が加盟国の人口比により議席数が配分されている以上はトルコのような大国は
独仏英等の大国にとっては既得権益を侵害しうる脅威。また、EUの小国にとっても
EUからの補助金がトルコに流入し、各国が受け取る補助金額が減らされるというマ
イナス面も。更にこれは統計数値上は分かりにくいが、意外とトルコの安価な輸出品
目(農産品、衣類、菓子類等)がEUの地元産業育成(特に2007年加盟組)にとっては
脅威。
 EUがあくまでトルコの加盟の可能性についてあいまいな態度をとっているのは何ら
かの「希望」をトルコ側に与えることによりトルコがEUの「衛星国」化となることを期待
した上でのことだと思う。むしろEU加盟が有り得ないのにEUに従っているトルコが悲
劇的(喜劇?)に見えるのだが。

18 :世界@名無史さん:04/01/27 17:14
リヒアルト・栄次郎・クーデンホーフ=カレルギー伯爵(1894年11月16日〜1972年7月27日)

19 :世界@名無史さん:04/01/27 22:52
欧州は10年もしないうちにムスリム排斥に動くだろうね
最初はスカーフ禁止みたいな感じで段々ね

20 :世界@名無史さん:04/01/29 19:36
日本のムスリム社会は、民族よりもムスリム同士でかたまってるね。
東京ジャーミイにはいろんな国籍のムスリムが集まってくるし。
欧州のムスリム社会はどうなんだろうか?

21 :世界@名無史さん:04/02/01 19:14
http://www.diplo.jp/articles04/0401.html
欧州カトリック勢力のロビー工作

産業金融ロビー団体と比べて目立たないながら、ローマ法王庁、また
オプス・デイをはじめとするカトリック団体は、ブリュッセルでかなりの
力を持っている。そのロビー活動は、EU(欧州連合)の政教分離の原則を
破って、教会に関する条項を欧州憲法草案に盛り込むことに成功した。
当初案でも、教会については「代表組織と市民社会」という条項ですでに
記載があったにもかかわらず、である。




22 : :04/02/01 20:28
>>21
そもそもEU統合の重要キーワード、補完性原理からして、カトリックの社会哲学から生まれている。
ヨーロッパで政教分離なんてあり得ないでしょう。あのビスマルクでさえ、ローマ教皇の前では子供扱いだった。

23 :世界@名無史さん:04/02/04 00:02
>>22
>補完性原理

ヨーロッパとアメリカの違いも、そこから生まれてきたのですか?

24 :世界@名無史さん:04/02/04 02:45
EUの前の前のヨーロッパ共同体組織を作った人、確か母親が日本人だったね。
光子

25 :世界@名無史さん:04/02/04 02:51
クーデンホーフ光子

明治時代、欧州の伯爵家に嫁いだ初めての日本人。その名はクーデンホーフ光子。
明治7(1874)年、東京に生まれた青山光子は、オーストリア・ハンガリー帝国代理公使
ハインリッヒ・クーデンホーフ=カレルギー伯爵に見初められ、
明治25(1892)年18歳で結ばれました。明治29(1896)年に欧州へ渡りますが、
愛しい夫と7人のこどもに囲まれた幸せな日々は、夫の急死で一変。
伯爵家の財産管理やこどもたちの教育にかける気丈な女性に変貌しました。
ウイーン社交界の華としても活躍しましたが、第一次世界大戦、
ハプスブルク帝国の崩壊、国の分裂と、時代の荒波に翻弄され、
昭和16(1941)年に死去。次男リヒャルトが、
EEC〜ECを経て統一されようとするヨーロッパ、
その礎となる「汎ヨーロッパ」思想の提唱者だったことで、
その母光子もいま注目されています。

http://www.mediawars.ne.jp/~tairyudo/tukan/tukan941.htm
ヨーロッパにも和の心、日本人凄くない?

26 :世界@名無史さん:04/02/04 03:02
補完性の原則って言わない?

補完性の原則がカトリックから生まれた原則だとしても
それと政教分離って何の関係も無いと思うけど。

27 :世界@名無史さん:04/02/04 03:03
>>25
NHKアーカイブスでやってたね。


28 :世界@名無史さん:04/02/04 08:58
光子役の吉永小百合がよかった。

29 :世界@名無史さん:04/02/04 10:34
>>15
ルーマニアに失礼

30 :世界@名無史さん:04/02/04 20:35
バルカン諸国や、ベラルーシ・ウクライナ・ロシアの東スラヴ三国は、
いつかEUに加盟するのかなあ。

31 :世界@名無史さん:04/02/05 00:28
理事会での票の配分法の是正についても、激論が交わされた。
これまでEUでは、議決の際に人口の少ない小国が大国に比べて不利に
ならないように、小国に対しては、EUでの総人口に占める人口比率を
上回る割合の票が与えられていた。
だがEU拡大後は、小国の数が増えるために、現在の票の割り当て方では、
逆に大国が不利になってしまう。
例えばドイツの票の数は一0票だが、現在の配分法のままでは、EU拡大後に、
人口の合計がほぼドイツと同数の一七の小国が、五七票を持つことになる。
つまり、ドイツ国民は同じ人口の他国民に比べて、票の数が大幅に少なく
なるという不公平が生じるわけだ。このためニース会議では、ドイツや
フランス、英国などの票数を三0票に増やすとともに、多数決で賛成する国の
人口が、EUの人口の六二%を超えなければならないという規定が導入された。



32 :世界@名無史さん:04/02/05 10:43
ttp://www.hiu.ac.jp/eu/resume/council.html

特定多数決制度は、共同市場に関する案件に適用される議決方式である。
各加盟国ごとに、一定の持ち票数が定められており、総数は87票である
(EC条約第205条第2項)[17]。理事会が委員会の提案を受けて決議を取るときは、
62[18]の賛成票が必要になる。その他の場合には、少なくとも10の加盟国の
賛成を含む62の賛成票が必要になる。


33 :世界@名無史さん:04/02/05 10:44
各国の持票数は、以下の通りである。ドイツ、フランス、イギリス、
イタリアは共に10票、スペインは8票、ベルギー、オランダ、ギリシャ、
ポルトガルは共に5票、オーストリアとスウェーデンは共に4票、
デンマーク、アイルランド、フィンランドは3票、ルクセンブルクは2票。



34 :世界@名無史さん:04/02/05 10:45
この62という数字や、各加盟国の持ち票数および総票数は、各加盟国の
政治力やECの政策運営方法など、種々の事項を考慮して定められている。
例えば、大国2国のみの反対では、議案の採択を阻止することはできない。
また中小国のみの賛成票でも議決は採択されない。

35 :世界@名無史さん:04/02/05 13:43
フランスとドイツは、ユーロの参加基準に3年連続で違反。
これに対しEU加盟国の蔵相たちは、、「ユーロ安定協定」に基づく
制裁措置を発動することを見合わせた。
このまま独仏の財政赤字拡大が減少に転じなければ、どうなるのか・・・

36 : :04/02/05 13:45
日本も対抗して「なんとか共同体」をつくるべし

37 :世界@名無史さん:04/02/05 13:49
>>36 大東亜共栄圏

38 :世界@名無史さん:04/02/05 21:35
ルクセンブルクはスイスと並ぶ金融立国。

39 :世界@名無史さん:04/02/05 21:37
53 :44 :03/07/27 13:22
>>48
 うーん。もともとEUにとっては人権なる概念は全くの言い訳にすぎず、
広い意味での「人権」(少数民族の取り扱いのみならず外国人の人権保障)
をEU加盟の基準と考えるならば新規EU加盟予定国の内それなりに基準を
満たしているのはマルタだけになってしまう…。バルトはロシア系住民のス
テータスが未だ未解決だし、チェコでは各地方自治体がロマ居住区の周りに
壁を建設する ことが合法で、ハンガリー(それに2007年加盟予定のブルガ
リア)ではアジア・アフリカ系外国人に警察が拷問を尋問の手段としてほぼ
必ず利用されている。
 他方、EUを単なる利権団体と考えるならば、議会活動などを通じて西欧
の利益を米から守っているという点ではまさにギリシャこそEUに「ふさわ
しい」と言えるのかもしれないけど。
 ただ、やはりEUの中にもEUは人権尊重を名目だけでなく実質的に体現
しなくてはならないという理想に燃えた政治家もいることはいて、確かデン
マークの議員だったかの「ギリシャはふさわしくない」と主張する演説が数
年前ギリシャ、トルコ、マケドニアのあらゆる掲示板にコピペされていたの
は覚えている。


40 :世界@名無史さん:04/02/07 00:05
そもそもヨーロッパのアイデンティティって何?

41 :  :04/02/07 00:18
>>40
そもそもアイデンティティって何?

42 :世界@名無史さん:04/02/07 06:23
独自性、よりどころ

43 :世界@名無史さん:04/02/08 17:50
ヨーロッパのアイデンティティといえば、
キリスト教、古典古代の文化・・・
他に何かある?

44 :世界@名無史さん:04/02/09 18:07
カール(シャルルマーニュ)の帝国

45 :世界@名無史さん:04/02/09 19:32
啓蒙主義。

46 :世界@名無史さん:04/02/09 20:01
ヨーロッパ人にとって、romanization というのは特別な意味があるらしいね。
ローマ化=文明化と捉えてるふしもある。

47 :世界@名無史さん:04/02/09 20:08
EU 憲章にヨーロッパの歴史的共有財産として「キリスト教」を明記させようと
イタリア、スペイン、ポーランドとバチカンがごねてるが、
そんなもの盛り込んだらまずい位のことが分からないほど
カトリックはどこかねじが壊れてる、時代錯誤と言うか。
自己中心的と言うか。
一宗教だけ憲法に(どんな形であれ)特記するなんてできっこないよ。


48 :世界@名無史さん:04/02/09 20:21
>>47
アイルランドモナー

49 :世界@名無史さん:04/02/09 20:21
>>47
フランスと、無神論者の団体が反対しているらしいね。
ちなみに東方正教会はバチカンのこの動きを警戒しているとか。

50 :世界@名無史さん:04/02/09 20:36
バチカンの90年代のリベラルさからの揺り戻しが結構きついな。

51 :世界@名無史さん:04/02/09 20:43
最近デンマークでキリスト教のほかに北欧神話信仰が宗教として公認された。

52 :世界@名無史さん:04/02/09 22:08
>>51
いまだにそんなのを信仰している人がいるの?

53 :世界@名無史さん:04/02/09 22:14
ttp://www.remus.dti.ne.jp/~sooki/2-gallery/gal/DTI/hotnews.html
2004.1.10
+ デンマークでバイキング時代の神々復活

デンマークでゲルマン的異教と呼ばれるバイキング時代の神々が復権。
キリスト教伝来以前から信仰されてきた伝統的なものが公式にキリスト
教会から認可された。
隻眼の主神オーディン、戦いの神トール、美と多産の神フレイヤ
時代はキリスト教以前の多神教時代を再評価しはじめている。現在の
政治、経済など行き詰まりからすべてのもとになったキリスト教の限界
からのキリスト以前の再評価、またイスラムを筆頭に他宗教への理解、
共生が平和への唯一の道という必然からの他宗教認知。



54 :世界@名無史さん:04/02/09 22:19
ttp://www.jsmcnet.com/NCSJ/ygg/data/199305.html

今から20年前の1973年に、アイスランドは紀元1000年以来禁じられていた
異教を、公の宗教として認めた。これはアイスランドならでは起きえなかった
ことであり、文明史上ユ二一クなできごとである。仮にこの宗教を主神の
名をとってオージン教と呼ぷとして、これが長く栄えるためには、過去への
ロマンチックな憧れだけでなく、しっかりした聖典が必要となる。その際、
信者が拠るべき作品が13世紀のアイスランドに由来する二つの『エッダ』
である。

55 :世界@名無史さん:04/02/09 22:27
>>51-53

イギリスの2001年の国勢調査の宗教のらんに書く「予想できる宗教名」として
あらかじめ「ジェダイの岸」がコード番号割り振られてたのも笑ったけど。
(用紙に選択肢としては出てなかったらしい)

スレ違いか? ならスマソ


56 :55:04/02/09 22:35
言いたかったことを書くのを忘れた。
ようするに政府が Multicaltural ですということをアピールしたいだけだよ。
いろんな宗教があって、どれも寛容に平等に扱ってますよ、っつー意味での
プロパガンダの方法の一つが少数宗教の認知ってことやね。

ま、北ヨーロッパとイギリスは EU をいつ抜けてもいいだけの準備は
すでに始めているということですな。


57 :世界@名無史さん:04/02/09 23:43
やっぱ女は西欧より東欧だな。
ttp://www.number.ne.jp/images/columns_part2/2002.04.04/photo_gallery/photo_tennis.jpg


58 :世界@名無史さん:04/02/10 00:51
>47
建前はどうあれ、実態としては西方系キリスト教諸国同盟だからなぁ。
新規加盟国も見事にカトリックorプロテスタントだらけだし。
一カ国だけ例外があるけど、やっぱりそこだけは昔からギクシャクしてる。

59 : :04/02/10 01:06
>>47
カトリック、最近いやに反動的だよね。同性婚は許さんとドイツのCDUを
叱りとばしてみたり。
個人的には、カトリックのそういう保守的なスタンスは嫌いじゃなかったりする。

>>56
まあ、もともとイギリスなんて対米従属の国だからいいけど、北欧はどうなるんでしょうね。

60 :世界@名無史さん:04/02/10 05:15
>>58
ギリシャが特別扱いされているのは、
ギリシャ正教や中世のビザンツ帝国のためではなく、
古代のヘロドトスやアリストテレスのおかげw)

61 :世界@名無史さん:04/02/10 05:28
>>59

ヨーロッパの南北問題と言うか、
やはり EU の主力にカトリックが多いのはそれなりの理由がある。
彼らの方が「国境を越えた組織」を受け入れやすいんだろうね。
イタリアなんて熱狂的に EU 支持。
イタリアから独立しても EU には残りたい北部同盟と現首相か。
北欧は英も含めて国家教会制度でずっと来た経過がある、王家が残ってるなどなど
南とは肌合いはそもそもあわないのは必ずある。
なおかつ南の方が貧しい(一般論として)
ドイツはその二派の間でどっち付かずな感じがします。

イギリスはコモンウェルスと英語圏にいつでも回帰できるのが保険だから
日和見スタンスを変えることはないだろう。



62 :世界@名無史さん:04/02/10 05:45
カトリック圏:宗教>国家
プロテスタント圏:国家>宗教

というイメージがあるな。


63 :世界@名無史さん:04/02/10 09:28
>>61
北欧の場合、宗教改革でもドイツのような激しい戦いというのが
起こらなかったんだよな。
デンマークとスウェーデンでは、国王自身が改革運動の後援者となり、
1536年にコペンハーゲンでひらかれた国民議会において、
デンマーク全土でローマ・カトリック司教の権威をみとめないことが
決議され、教皇庁と絶縁。 
これにより、スカンジナビア諸国は宗教改革ルター派の信仰を基盤と
した国家となった。その後、ノルウェーとフィンランドがそれぞれ
デンマークとスウェーデンから独立して行くが、ルーテル教会は国教会
として受け継がれてゆく。

英国国教会は、イギリスという国家の国益に奉仕する教会。
ジュビリー2000では、非キリスト教国である日本に対してまで
途上国の債務を帳消しにするよう要求していた。


64 :61:04/02/10 09:50
>>63

スウェーデンもデンマークもユーロにゃいかんだろうね(ノルウェーは EU 外だし)
外から(有り体に言えばローマ教会やブリュッセルのこと)コントロールされるのは嫌だと。
南欧は逆に外を内からコントロールしてやろうとする願望が強いか。
なし崩しに持ってくと言うかね。

>英国国教会は、イギリスという国家の国益に奉仕する教会。

言い得て妙なり。
政治と不可分なところは想像を絶するものがあるんですわね。
国王とカンタベリー大主教は二人共で国をあけないプロトコルがある。
高位聖職者は内閣府が(名目上だけだが)任命など。

ただ途上国の債務については
キリスト教だからやりましょうという感覚はあまり伺えなかった。
もちろん考えのそこには「チャリティー」があるのはそうなんだが、
あまり宗教的にはとらえていなかったと思うよ。
きっかけは確かにミレニアムであったりもするけど。
日本が非キリスト教国だとか、そういう感覚もないでしょう。
「金持ち日本」としか見てない。
自分たちより金持ちなんだから日本もやるべきってだけのこと。
クレア・ショート開発相(当時)はそう賢い人でもなかったような(w

寝よう。おやすみ

65 :世界@名無史さん:04/02/10 09:53
>59
親米国は全て対米従属ですかい。まあ「反動的」なんて言葉使ってる人だからしゃあないか。

66 :世界@名無史さん:04/02/10 09:55
>63
ジュビリー2000って国教会と関係あるの?

67 :世界@名無史さん:04/02/10 10:17
ttp://www.mmjp.or.jp/autobahn/shingo/libra2/jsi_01.html
ジュビリー2000  【政治・国際】

西暦2000年に低所得国の債務を帳消しにしようとする、世界レベルの
キャンペーンの名称。ローマ法王が、この主旨を提言したことを受けて、
英国の英国聖公会やNGOを中心に運動が活発化、これが国際的な
キャンペーンに成長した。当面の目標は、今年の6月に行われるケルン・
サミットで、これを正式議題に上げることだ。この運動に対する各国の
対応はまちまちで、英・仏は好意的、日・米・伊は反発的、または
消極的である。

ちなみに、ジュビリーとは旧約聖書に由来する50年のサイクルのこと。
7年を7回(キリスト教では7という数字に深い意味がある)巡回した
次の年、つまり50年目をヨベル(英語風に読むとジュビリー)の年と
呼ぶ。この年は、畑に安息を与えるなどの「解放」を宣言すべき年だと
言われている。2000年は、このジュビリーの年に当たる他、3000年紀の
始まりの年でもあり、キリスト教的には非常に意味の大きな年である。



68 :世界@名無史さん:04/02/10 10:22
ttp://tanakanews.com/a0724debt.htm
債務帳消しでアフリカを救えるか

もう一つ、債務帳消し計画で重要なのは、イギリスを中心とした
「ジュビリー2000」という国際市民運動の存在で、帳消しを渋る
日本政府に圧力をかけるため、日本にも支部的なNGOが作られた。
この運動に参加している人の多くは「貧しい人々を救いたい」という
善意からスタートしていると思われるが、私にとっては、そもそも
債務帳消しの計画自体に、すでに述べた問題点を感じるため、英米の
政治家が主導する政治ショーにいろどりを添えているだけのように
見えてしまう。



69 :世界@名無史さん:04/02/10 10:23
ヨベルの年に借金帳消しにするのはユダヤの慣行だな。
同胞内限定だが。

70 :世界@名無史さん:04/02/10 10:44
つーか、英国国教会(聖公会)って、よくわからん宗派だ。
教義やシステムに幅がありすぎ。独自の神学体系を持たない。
よく言えば柔軟性に富む、悪く言えば無節操・どっちつかず・中途半端。
high churchの礼拝はカトリックにそっくりで、荘厳な感じ。
law churchは儀式にあまりこだわらず、説教に重点をおく。


71 :世界@名無史さん:04/02/10 13:14
オーディン教って銀英っぽくてイイ

72 :世界@名無史さん:04/02/10 13:36
勇者はヴァルハラに行ける

73 :世界@名無史さん:04/02/10 15:49
ttp://www.worldtimes.co.jp/
ジュペ氏の有罪判決に揺れる仏政界
来月の地方選挙控え波乱含み


フランス政界が今、大物政治家に下された有罪判決で大きく揺れている。
シラク大統領の右腕と言われ、次期大統領候補と目されていた中道右派・
国民運動連合(UMP)のジュペ党首に不正政党資金調達で有罪判決が
下されたことで、与党中道右派陣営内は大きく動揺している。議員汚職防止を
定めた法で裁かれたジュペ氏をめぐり、与野党を問わず、判決を疑問視する
声も上がっている。三月の地方選挙を前にフランス政界は波乱含みだ。



74 :世界@名無史さん:04/02/10 16:07
ベルギーでは、ヨーロッパ人意識・ベルギー国民意識・地域市民意識
といった三つを同時に備えたアイデンティティ・タイプを抱いている
人が多いそうで。


75 :世界@名無史さん:04/02/10 16:28
>74
地域市民意識というより、フラマン・ワロン等の民族意識というべきでは

76 :世界@名無史さん:04/02/10 19:30
>>70

ハイとローの二つでは全然割り切れないよ。
ショッピングモールだと思うと分かりやすい。
同じ洋服でも違う店がいくつか入っていてそれなりに競って商売してる。
同じように一つの屋根の中にカトリック的、リベラル、保守、カリスマティック、いろいろいる。
それを大きく包むのが「国家教会」としてのイングランド教会。
教義を軸にまとまって行動することをはなから前提としてない組成。
じっくり勉強するのにけっこう面白いよ。

スレ違い下げ

77 :世界@名無史さん:04/02/10 19:35
>76
日本聖公会なんかはどういう立場なんでしょうか。
そういう本国での各派が縦割り状態で割拠してるんでしょうか。
それとも本国各派とは別の「日本派」を形成しているんでしょうか。

78 :世界@名無史さん:04/02/10 19:45
ついでにもひとつ、こっちの方が EU 議論が関係あるが

1990年代を通して英国教会と他のヨーロッパの主にルーテル系の国家教会との間で
協定が次々に結ばれている。簡単に言ってしまえば相互の教会の承認と教義上の擦り合わせ、
信者の相互受け入れと聖職の共同トレーニングなどいくつか重要な取り決めを含んでいる。

英語しかソース見つけられないでスマソだが、
http://www.porvoochurches.org/

これは明らかに北欧とブリテン諸国教会連合だ(リンク先の地図に明らか)
どこも国家教会(政治と密接に関係)の形態を取った教会群であり、
さらにバルト三国が含まれているのに注目してほしい。
(スペインは「スペイン聖公会」のことでスペイン内勢力として無視できる)

今年は EU 拡大の年、そして英国は常に「半身」だということも考え合わせて、
これが EU の軸の独仏、そして何よりローマ教会の疳の虫に触っていることは
容易に見て取れるでしょう。



79 :世界@名無史さん:04/02/10 19:54
>>77
日本聖公会は資料をあさってもネットにほとんど載ってないので、
実はあまり詳しくないのですが(宗教板へでも行って聞いてね)
ハイローもある程度あります。
それから明治初期の宣教団の国別の色(アメリカ、カナダ、英国、オーストラリア)もあるはずです。
しかし今では基本的に「日本の教会」ですね。(独立自治です)

激しくスレ(板)違い スマソ。いったん消えます。


80 :世界@名無史さん:04/02/10 21:11
聖公会内部では大きく分けてハイチャーチ、ブロードチャーチ、ローチャーチ
の流れがある。

ちなみに聖公会はプロテスタントの中で最もローマ・カトリックに近く、
二つをつなぐブリッジチャーチ(橋渡しの教会)と呼ばれる。


81 :世界@名無史さん:04/02/10 21:15
>>78
イギリス・北欧・バルト三国の組み合わせだと、
なんとなく「海洋国家連合」という感じがするな。
これにドイツ北部のハンザ同盟都市があった地域が加わったら面白いなw)

82 :世界@名無史さん:04/02/10 21:17
わざわざ調べて頂いてありがとうございます

83 :世界@名無史さん:04/02/10 21:23
ttp://www.luthasia.net/japan/lhps/arcscree.html
信教の自由は支持、イスラム教徒からの要求には消極的

(488-02)

[東京  3・31 ENI00-0126=ルーテル・アワーPS/2000年]
(抜粋) 国内で急速に発展するイスラム教徒社会を、デンマークのルーテル
教会がどう考えているかという調査が行われた。その結果、ルーテル信徒は
全国民に信教の自由が保障されることを強く望んでおり、「日曜日に教会の
鐘を鳴らす」など、認められている教会の地位は保持したいが、イスラム教
モスクから祈りを流すことには消極的であることなどが分かった。



84 :世界@名無史さん:04/02/10 21:24
ttp://www.luthasia.net/japan/lhps/arcscree.html
スウェーデン
政教分離国家へ

(474-12)

[東京  12・27 ルーテル・アワーPS/1999年]
(抜粋) スウェーデンは2000年1月1日、ルーテル教会が国教で
あった500年近い歴史に幕を下ろす。今でも約90%の国民は
ルーテル教会員だが、多人種と多文化という最近の社会変化と、国民の
既成宗教への無関心が、国教会廃止の背景にある。



85 :世界@名無史さん:04/02/10 22:02
>>78
>そして英国は常に「半身」だ

よく「ロシアはヨーロッパか否か?」と問われるけど、
英国のヨーロッパに対する意識もロシアにおとらず両義的だよなー

ところで、最近のヨーロッパでは、新たなヨーロッパ統合の象徴として、
ローマの征服以前にヨーロッパ各地に広がっていた「ケルト人」に
注目する動きが強まっていて、
これに対してイギリスの考古学者の間から、「ケルト」という統一的な
文化集団を想定して古代ヨーロッパをとらえることは学問的に不適切
であり、「ケルト」は18世紀初頭から政治的に「捏造」されたものである、
という批判が出されたそうで。


86 :世界@名無史さん:04/02/10 22:13
>85
ケルトを欧州の象徴にしたいのは、ケルト国家のアイルランドを除けば
ウェルキンゲトリクスを民族主義の先駆者に位置づけるフランスくらいじゃないのか。

87 :世界@名無史さん:04/02/10 22:28
>>86
スイスやオーストリアは?
ラ・テーヌ遺跡はスイスのヌーシャテル湖岸に、
ハルシュタットはオーストリアのザルツカンマーグートにある。
ドイツのホイネブルクとホッホブルクにもケルトの遺跡がある。
スペインのガリシア地方はいうまでもない。

88 :世界@名無史さん:04/02/10 22:41
>87
その国の主流民族がケルトの末裔なのか、それを追いやった「侵略者」かでは
位置づけが180度違ってくると思うのだが。

89 :世界@名無史さん:04/02/10 22:56
ttp://www.hmn.bun.kyoto-u.ac.jp/europid/intconf1.htm

近年のヨーロッパ古代史研究の領域では、例えば「ケルト人」に関して
注目すべき論争が生じている。「ケルト人」は長い間、ローマ帝国成立
以前のヨーロッパに広く分布した、同じ芸術や言語、宗教、そして文化を
もつ人々と考えられてきた。しかし、最近の15年ほどの間に、とくに
イギリスの考古学者の一部が統一的な集団としての「ケルト」の存在を
否定する見解を提示して、「ケルト」擁護派との間で激しい論争を
巻き起こしたのである。この論争は、従来ヨーロッパの少数住民の
アイデンティティとされてきた「ケルト」が、ヨーロッパ統合の進展と
ともに統合のシンボルとして新たな位置を与えられようとしていること
と無関係ではない。また、ローマ帝国がヨーロッパ各地を支配下に
入れてゆく過程で生じたいわゆる「ローマ化」についても、「文明化」
と同値されたこの「ローマ化」概念が、大英帝国の植民地主義を背景に
した「帝国主義的言説」であると批判されている。現在研究者の間には
先住民の視点からローマ時代のヨーロッパの物質文化や意識のあり方を
再考しようとする動きがみられるが、これもイギリスで現在熱心に
なされている「イギリス人」のアイデンティティに関わる議論や研究と
密に関連する問題点を提示している。ヨーロッパ文化の重要な源泉と
された古代ギリシアについても、古代におけるその本質と近現代
ヨーロッパ人の築いてきたギリシア像の間にある差に、例えば常に
対比される「オリエント」のとらえ方との関連で新たな議論が
提起されている。


90 :世界@名無史さん:04/02/10 23:08
>>81
上に上げたサイトには他の地域のルーテルや改革派とも話し合いをしてると書いてある(ドイツ含む)

ハンザ同盟か、夢があっていいよね、歴史読み物風にはさ。
北欧とブリテン諸島ってことは北海とバルト海をを共有するんだな。
そう考えると地中海・カトリック組との温度差はたしかにあるね。
なんかEU への熱心さが現れてるようなw。
もひとつ違った面から穿った見方をすれば、
常に保険をかけることを忘れないイングランド、ってことでもあるのか。
「バルト三国にとりあえず足場は作っておこう」みたいなね。


91 :世界@名無史さん:04/02/10 23:10
>>85-87

そのイギリスでの批判はヨーロッパというよりはブリテン諸島のことなんではないの?
ヨーロッパ大陸のケルトはブリテン諸島の古代民族とは違う人々だ
という説だと思っているのだが、違ったらゴメソ。

余談:ググって見てワラタ、やたらと上がってくるサッカーチーム(w
予想はしてたがなーw



92 :世界@名無史さん:04/02/10 23:10
EFTA組が多いですな

93 :世界@名無史さん:04/02/10 23:11

>>89

>ローマ帝国がヨーロッパ各地を支配下に入れてゆく過程で生じた
>いわゆる「ローマ化」についても、「文明化」と同値されたこの「ローマ化」概念が、
>大英帝国の植民地主義を背景にした「帝国主義的言説」であると批判

どうなんでしょうか。
自分のような素人目には たんなる Revisionist にしか見えんなあ。
ちょっと自虐気味なんでないの?w
この京大の記述の要約の仕方にもよるだろし。


94 :世界@名無史さん:04/02/10 23:24
>>92

The United States of Europe はやだってことでしょうな。



95 :世界@名無史さん:04/02/10 23:46
>>91
>ヨーロッパ大陸のケルトはブリテン諸島の古代民族とは違う人々だ

ブリテン島でローマ支配に対して反旗を翻したBoudica(ボーディカ)女王は、
イケニ族の首長の妻で、ローマ人がやってくる前に居住していた、一般に
ブリトン人と呼ばれる人々です。
彼らが大陸からやってきた「ケルト人」と呼ばれる人々であるとする見方は、
現在のイギリスの考古学界ではすっかり少数説になっています。


96 :世界@名無史さん:04/02/10 23:50
隣国と古代史が食い違うのは世界的に当たり前なんだな。

97 :世界@名無史さん:04/02/10 23:54
>>93
ルネサンス時代から19世紀前半まで、
イギリスの一般的思潮は決してローマ帝国に好意的ではありませんでした。
ローマの共和制に対する関心は高かったのですが、帝政時代のローマ
については批判的でした。
自国の優れた国制的伝統や民族の起源は、もっぱらゲルマンの森の中に
求められていたのです。
ローマのImperium(命令権)から生まれたImperialism(帝国主義)という
言葉が19世紀に用いられるようになりましたが、イギリス人はこれに
負の意味をこめ、とくにフランスの帝政の批判に用いました。
ローマ帝国は独裁と衰亡の象徴と見られていたのです。
ボーディカ女王の像が造られたのもこういう思潮が背景にありました。


98 :97の続き:04/02/11 00:01
1880年代あたりから学者・知識人の間でローマ帝国を評価する動きが
みられるようになり、20世紀初頭には、イギリスの思潮はすっかり
親ローマに転じます。
自らが広大な地域を支配するまぎれもない「帝国」であること、
国際的にもイギリス一人勝ちの構図がくずれ、「大国の衰亡」という
イメージがローマに親和性を与えたこと、
ゲルマンの「ご本家」といってよいドイツとの関係がきわめて悪くなった
ことも、大きく影響していたと思われます。
イギリスは「ローマの文化的子孫」を主張するようになりました。
そして、モムゼンの影響を受けたフランシス・ハヴァフィールドが、
モムゼン以上にRomanization概念を明確にし、これを「文明化」と
同値します。
イギリス国内でローマ人の事跡が熱心に探求され、遺跡や遺物の保存、
展示が整備されました。

99 :世界@名無史さん:04/02/11 14:36
07
http://www.tanakanews.com/e0210mideast.htm
イスラエル・パレスチナのEU加盟

提案は、スペインを中心に行われた。2月6日からマドリッドで「社会主義
インターナショナル」の年次総会が開かれたが、そこに、イスラエルの野党
労働党の党首であるシモン・ペレス、パレスチナ自治政府の和平交渉担当の
閣僚であるサエブ・エレカットがともに参加した。2人はスペインのアナ・
パラシオ外相の仲裁で会談を持ち、そこで「和平が成功したらイスラエルと
パレスチナはEUに加盟する」という案が検討された。イスラエルとパレスチナ
双方は、この案に賛同し、スペインはEUの他国と調整してこのメカニズムを
進めていくことにした。


100 :世界@名無史さん:04/02/11 14:44
ヨーロッパの共同体なんて

絶対いつか潰れるよ
それが第三次世界大戦になる

いままでの歴史でヨーロッパが1つにまとまった時代があったか?

101 :世界@名無史さん:04/02/11 17:24
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040211-00000134-mai-int
<フランス>イスラムのスカーフ禁止の法案可決 

仏国民議会(下院)は10日、公立学校でイスラム教徒のスカーフなど宗教的な
標章、服飾の着用を禁じる法案を可決した。禁止法は上院での可決などを経て
成立し、今秋の新学期から適用の見通し。宗教団体などは「自由の侵害」などと
反発している。
法案は「公立の小、中、高校において児童・生徒が宗教的帰属を露骨に示すような
標章、服飾を着用すること」を禁じている。禁止されるのはイスラムのスカーフ
のほか、ユダヤ教徒のキッパ(丸帽)、キリスト教徒の大きな十字架など。
フェリー国民教育相はシーク教徒のターバン、同教徒やイスラム教徒のひげなども
禁止対象となるとの見解を示している。シャツの下に隠すことのできる目立たない
小さな十字架や「ダビデの星」のペンダントなどは容認される見込みだ。
世論調査では、国民の57%は公共の場における「露骨な宗教的標章」の着用が
「国民団結に脅威になる」と回答、教師の78%が着用禁止法案に賛成している。
在仏イスラム教徒の過半数は法案反対とされる。

102 :世界@名無史さん:04/02/12 01:05
>小さな十字架や「ダビデの星」のペンダントなどは容認

っつーことでこれはあからさまな「反イスラム」だと考えられてるんだが、
要するにフランス人はフランス以外はダメなんですわ。
「フランス教」やね。
かなりごりごりの宗教チック(本人たちが気がついてないところが日本教と違う点か?)
イギリスではスカーフなど禁止されるリストの後ろに
「その他何でもイングランド風のもの」とつけてからかってますよ。



103 :世界@名無史さん:04/02/12 02:14
>>100
ローマ

104 :世界@名無史さん:04/02/12 08:03
>>102
「文化ナショナリズム」って言葉があるね。
「ネーションの文化的アイデンティティおよび共同体的連帯を創造、促進する
ことによってネーションの創造、再生を目指す現象」
と定義される。

ふっと思ったんだけど、フランスとアメリカって似てる。
アメリカ人は、実際はナショナリズムがきわめて強いのにも関わらず、
自分たちがナショナリスティックだとは思っていない。
これはフランスやアメリカのナショナリズムが、自由・民主主義・キリスト教
といった、「普遍的思想」の衣をまとって現れることも原因のひとつじゃないか
と思ってるけど。

105 :世界@名無史さん:04/02/12 10:07
>普遍的思想」の衣をまとって現れる

自由平等博愛って、有り体に言ってどこ行っても当たり前のこと(普遍)を
「フランスの登録商標」にしようとするから、あっちこっちで収まりが悪いんだと思う。
アメリカも自分たち「だけが」正義の味方だと思いたいようだ。
普遍の概念の abuse だとおもう。

アメリカは教会にも思いっきり星条旗飾ってあるってことです。
神なし憲法と呼ばれた憲法を持つアメリカですが、
神への忠誠が国家への忠誠とごっちゃまぜになってる。
これも神(普遍、仮にそうしときます)の私物化だ。オマイさんたちだけの神ではないぞよ。

「普遍たるもの(概念)の自己中心的かつ不条理な独占とLocalization」っつーことか。


106 :世界@名無史さん:04/02/12 11:14
アメリカ国内の教会に星条旗があったとしても、神を独占ということにはならんだろ。
カナダ・マクドナルドのロゴにカエデが入っているからといって、マクドナルドをカナダが独占しているとはいえまい。

107 :世界@名無史さん:04/02/12 11:18
God bless America!


108 :世界@名無史さん:04/02/12 11:19
むしろ、決して日の丸を教会の中に入れないどころか、反日プロ市民運動に精を出すところも少なくない
日本の教会の方が異常だとおもうけどね。

109 :世界@名無史さん:04/02/12 11:21
国家鎮護

110 :105:04/02/12 11:24
ここに日の丸持ち出されると話がややこしくなるんだけど。
別に日本の教会の話や左翼、右翼の話をしてるわけじゃないから。
ここは EU スレなんで、フランスの絡みでアメリカがでてきただけのこと。

教会に国旗の話だけど、イギリスにはそんな例はほとんどない、
ってことを書くと同じアングロサクソンでも違うって対比になるかね?

111 :105:04/02/12 11:30
>>106
言葉足らずだったようだ。
神の独占の「願望」ってことね。
常にアメリカは正義だ=アメリカには神がついてる=神がついてる国は正義だ
の堂々巡り思考にすっかり安住してるってこと。


112 :世界@名無史さん:04/02/12 11:35
>110
別に右翼左翼の話をしてるんじゃなくて、教会が特定イデオロギーにコミットすることはよくあるってこと。
「わたしたちキリスト者はイラク戦争に反対します」って教会のポスターよく見たよ。
国教会やルーテル派は、もっと深いところで国教一体じゃないですか。
アメリカでは、国家側は教会には関与しないわけだし。

113 :105:04/02/12 11:40
寝ようと思ったのだが(もう二時半だ)

>教会が特定イデオロギー
そんな話もしてないんだけど。過去ログ読んでくれれば分かるよ。

>国教会やルーテル派は、もっと深いところで国教一体じゃないですか

私も昔そう思っていたのですよ。(ルーテルのことは分からんが)
制度としてはそうだけど、毎日の生活における面では完全に反対だよ。
国家が関与しなければ自分でコミットするしかない。
そういうこともありですよ。

おやすみ


114 :105:04/02/12 11:43
もう一つ、ここでやりたくはないが

>「わたしたちキリスト者はイラク戦争に反対します」って教会のポスター

戦争反対はイデオロギーではないでしょう。

おやすみ

115 :世界@名無史さん:04/02/12 11:43
105氏はどういう職業で、どういう生活をしてる人?
それともブラジルから?

116 :世界@名無史さん:04/02/12 11:45
イタリアなどは教会法が民法の役割を果たしていたりもする。
ドイツでは「教会税」を徴収して各派に分配する。

117 :世界@名無史さん:04/02/12 11:45
>114
十分イデオロギーだと思いますが。

118 :世界@名無史さん:04/02/12 11:47
>115
時間がGMTだからイギリスだ

119 :世界@名無史さん:04/02/12 11:58
>>105
>アメリカは教会にも思いっきり星条旗飾ってあるってことです。

The American Jeremiad(アメリカ的エレミアの嘆き)という言葉があって、
エレミアの嘆きはヨーロッパでは神の意志にそむくこの世の出来事への嘆き
だった。それは人々、共同体、国民、文明、人類の罪、人類の悪しき行動を
一方的に非難した。神に従い、神の怒りを恐れることだけが重視され、
強調された。

ところがアメリカでは、エレミアの嘆きがめざしたのは、危険にさらされた神の
選民を神が予定した運命へと向けることに、個人的には救済へ、集団的には
アメリカという神の国へと導くことだった。


120 :世界@名無史さん:04/02/12 12:12
>>114,117

あらゆる暴力に反対すると言う意味で「イラク戦争に反対」と言ってんならイデオロギーじゃないわな。

でももし暴力に反対という大義名分を掲げながら北朝鮮の日本人拉致やチベットでの少数民族弾圧はスルーっていうんならイラク戦争に
反対してる動機は明らかにイデオロギーだな。

121 :世界@名無史さん:04/02/12 13:00
>>112
>国教会やルーテル派は、もっと深いところで国教一体じゃないですか。

たしかロシアやギリシャといった、東方正教の国もそうだよね?

>アメリカでは、国家側は教会には関与しないわけだし

アメリカで、日本の政教分離に当たる英語は、Separeation of Charch
and State で、政府が特定の教会(宗派)に便宜を図らないこと。
でも、現在問題になってる EvangelicalsやFundamentalistsは「教派」
ではなくて、全プロテスタントを縦断する流れ。

122 :世界@名無史さん:04/02/12 13:44
ttp://www.worldtimes.co.jp/
ギリシャ正教指導者、トルコを「野蛮人」と批判
 
【ベルリン6日豊田剛】
ギリシャ正教の最高指導者であるクリストドロス大司教は五日、トルコが将来、
欧州連合(EU)に加盟することに反対を表明した。
大司教は「野蛮人には、キリスト教家族の一員になる資格はない」と発言。
政府は同発言に距離を置いている。


123 :121:04/02/12 13:47
×→Fundamentalists
○→Fundamentalism

124 :世界@名無史さん:04/02/12 13:47
すげえ。
大司教が2chねらー並みだな。

125 :世界@名無史さん:04/02/12 13:55
書いてるやつもアレだな。「大司教」なんて正教にはないんだが。

126 :世界@名無史さん:04/02/12 14:15
「大司教」じゃなくて「大主教」のはず。

127 :世界@名無史さん:04/02/12 14:16
>>124
でも、ある程度バルカンのことを知っている人なら「所詮ギリシャだもん」
の一言で説明できたりするのが悲しいところ。

128 :世界@名無史さん:04/02/12 14:24
>125
単に日本の正教会で「大主教」と訳しているだけだが。
archbishopには変わらん。

129 :世界@名無史さん:04/02/12 14:43
ロシア正教会の場合、ピョートル大帝の時代にシノド制(聖宗務院制)
が導入され、独立と自治権を失い、世俗権力の支配に完全に従属させられる。

これはピョートル大帝がドイツのルーテル派教会から学び取ったもの。

痛悔(告解)が政治的な操作の手段に使われ、司祭は信徒の反国家的言動を
官憲に報告することが法令で義務づけられた。

130 :世界@名無史さん:04/02/12 14:51
>129
>痛悔(告解)が政治的な操作の手段に使われ、司祭は信徒の反国家的言動を
>官憲に報告することが法令で義務づけられた。

すると共産政党の「自己批判」はロシア正教会起源かも。

131 :世界@名無史さん:04/02/12 15:04
>>130
かもね。
なにしろ痛悔を怠る信徒は報告され、罰金が科せられたそうだから。

132 :世界@名無史さん:04/02/12 15:14
以前、フランスで不法移民が教会を占拠してたてこもるという事件が
あったけど、これは日本の「駆け込み寺」に似た発想?
神父は、
「困窮者を助けることこそ、フランスの伝統であり、宗教家の義務だ」
と発言していた。

133 :世界@名無史さん:04/02/12 17:30
ttp://www.worldtimes.co.jp/
オランダ議会、厳しい移民制限を検討
 
【ベルリン11日豊田剛】オランダ議会は現在、移民を制限するための
法案を審議している。ハーグからの報道によると、移民制限を目指す
バルケネンデ首相率いる中道右派与党は、オランダ滞在中の移民のうち
二千三百人には永住権を与えるが、二万六千人はその資格がないとして
国外退去を命じる方針。
フェルドンク移民・社会統合相は、「寛容な移民施策は密輸業者に
チャンスを与えるようなもの」としたうえで、「五年以上滞在し、
犯罪歴がない移民の二千人強だけに滞在権が与えられる」と述べている。
左派野党や人権団体などは、政府の方針を「非人道的」と非難。
移民制限に反対するデモが各地で行われている。世論調査によると、
国民の六割が厳しい移民政策に反対している。



134 :世界@名無史さん:04/02/12 18:59
>>133
ここに統一教会でも住みついてるのか?
世界日報のリンクじゃないか。

135 :世界@名無史さん:04/02/12 19:50
世界日報のバックはアレだけど、このサイトは結構使える。

136 :世界@名無史さん:04/02/12 20:06
>>135
そうなんだよね〜
国際ニュースが豊富だしね。
アフリカや中南米なんか、日本の普通のメディアはほとんど取り上げないから。

137 :世界@名無史さん:04/02/13 09:53
スレ違いを知りつつも、返事だけご容赦

>>119
自分はガラッパチできれいには表現できず申し訳ないが、

つまりなんかカッコつけないと、収まりがつかなかっただけなんだよね。
選民とか、神の国とか。アメリカにおいてはね。
アメリカはピューリタンの国だと思ってる人は多いし、
それはそれで間違ってるわけじゃないんだが、
やっぱし基本は「一旗揚げてやろう族」だったですよね。
(このあたりは、流刑地だったオーストラリアとは違う点)
ところで、新しい植民地で大事なのは「定着率」だったから、
一攫千金の香具師らにアメリカにとどまってもらわんことにはね。
出稼ぎっぽく帰られちゃ困るんだ。
そのためのいいわけですよ。運命とか、Providence とかさ。

今のアメ人はそんな経過は忘れてしまって美化に突っ走ってるわけだが。


138 :世界@名無史さん:04/02/13 10:28
>137
あらゆる「正義」の本質はそういうもんだが。
「イラク反戦」も含めてね。

139 :世界@名無史さん:04/02/13 12:28
>>137
それと似たようなことを松本悠子氏も書いてたなー。

植民地の人々を統合し、アメリカという新しい国への帰属意識を育てるため
だけでなく、ヨーロッパ諸国にアメリカの存在を認めさせるためにも、
ヨーロッパというひとまとまりの概念が必要であったと。
「腐敗した旧世界に対する純粋な新世界」ね。

ところで、最近のヨーロッパ諸国を見ていると、立場が逆転して、
アメリカを攻撃したり、ヨーロッパとアメリカの差異を強調することで
自分たちを定義づけようとしているように見える。


140 : :04/02/13 21:11
>>139
>ヨーロッパとアメリカの差異を強調

アメリカ側から眺めればそう見えるんだろうな
「ヨーロッパ」ってものがあるって風に。
内実はそんなもんでもないのはEU憲法難航からだけでもわかる。

「アメリカ対ヨーロッパ」ってのはご存知のようにフランスの戦略なんだよね。
わざと大声だから目立つけど、いつもタクティックスは同じね。
ドゴールほかの政治家のプロパガンダなんだけど、けっこうフランス国民に浸透してしまってる。
自分たちの国とヨーロッパを同一視する傾向はちょっと痛いところはあるんだよなー
(とドーバーの西側では考えられてる)
フランスの「大ヨーロッパ」戦略に乗っかって漁父の利もってこうというのが
イタリアでしょうな。バチカンとね。
だからポーランドは現状としては不憫な板挟み(教皇の交代で状況かわるだろが)
東プロイセンのスレで話してるように
ドイツにはあんまり「ヨーロッパ」ってとこにしがみつく感覚はないんではないか。
「大ドイツ」ってのはあるけど、それは過去の痛みの問題でまた別なんだよな>対アメリカ


141 :世界@名無史さん:04/02/13 21:13
おお在英氏だ。
おはようさんです。

142 :世界@名無史さん:04/02/13 21:15
あ、考えてみたらアメリカ時間帯だった。勘違いすまそ。

143 :世界@名無史さん:04/02/13 22:27
>>141
おはようさんです(140メール欄見てね)


144 :世界@名無史さん:04/02/14 15:11
こんちは

145 :世界@名無史さん:04/02/14 17:34
フランスの中小農家組合「農民同盟」指導者ジョゼ・ボベ氏。
彼は1999年8月、南フランスのミヨーに建設中だったマクドナルドの店舗を襲撃。
アメリカでは「グローバル化に業を煮やし、奇天烈な行動に出た農民」と
見られているが、フランス国内では英雄扱い。
「構造的な暴力が襲いかかってきたら、時には法から外れた手段を使っても
闘うべきだ」
と主張する。
昔、フランスの政治家が
「フランスの田舎はフランスの心だ」
といっていたが、彼の思想もこの延長線上にあるのかもしれない。

146 :世界@名無史さん:04/02/15 04:39

イギリスから見た EU については BBC の Inside Europe の見出しなど参考にしてください。

http://news.bbc.co.uk/1/hi/in_depth/europe/2003/inside_europe/default.stm

ちなみにイギリスで 「In Europe ヨーロッパでは」と話が始まるときは、
往々にしてイギリスは含まれてないんですよね。
感覚としては Europe = Continent なんです。

どなたか他の EU 加盟国のメディアで
EU についてよくまとまったサイトがあったら教えてください。



147 :世界@名無史さん:04/02/15 04:58
>>145
ここ数年EU の農業改革の話がずーっとあるわけだけど、
フランスの農家は特に強硬に反発してます(別に反発してるのはフランスだけではないけど)
EU wide の補助金の問題がとくに問題になってるんですが、補助金の国別額のグラフはここ見てね。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/business/2980894.stm
アイルランドがだんトツに多いんだけど、
フランスは比較的豊かな国の割には補助金たくさんもらってるんですね。
それで一番少ないイギリスにはものすごい不公平感がある。
ところが新加盟国が入ってくると、この状態では支えきれないわけです。財政的に。
で、改革したいわけだけどそうはうまくとんとんとは行かないんだよねえ。
EU wide の改革(その内容とは関係なく)がフランスの中小農民には「主権の侵害」と見えているのは確かなようです。
その辺り、イギリスのように「半身」の国から見ると
「都合のいいときだけ EU を振りかざし、自分たちに累が及ぶ話になるととたんに文句を言う」と映ってしまう。
英仏の一般人の感覚的距離感はかなりかけ離れてまして、
フランス人にはそのイギリスの肩越しにアメリカが見えてるのかもしれない。

フランス側からの話をだれかおながい




148 :世界@名無史さん:04/02/15 11:55
>「都合のいいときだけ EU を振りかざし、自分たちに累が及ぶ話になると
>とたんに文句を言う」と映ってしまう。

1995年の冬に、フランス全土にストが広がったことがあったよね。
あれはもともと、アラン・ジュペ内閣が、社会保障制度を改革しようとした
のが原因。
この改革は、「財政赤字はGDPの3%以内」と定めた通貨統合への参加基準
から発想されたもので、通貨統合という「外圧」を利用して、政府が懸案の
社会保障制度にメスを入れようとしたもの。
このストの間、フランス人からは
「マーストリヒト条約の名の下に、フランス独自の制度が攻撃にさらされている」
「フランスの社会保障制度を、ブリュッセルが左右するな」
などという声が出て、イタリアの『スタンパ』紙に、
「フランスは欧州のどの国よりも病んでいる。何故なら、フランスは将来を
欧州に賭けながら、独自の習慣や伝統や嗜好を同時に守ろうとするからだ」
と皮肉られるありさま。

149 :世界@名無史さん:04/02/15 12:14
>>147
昔、日本の新聞記者が、フランスの農業問題専門のジャーナリストに、

「仏農民は欧州農業共通政策で過保護という批判があるが」
と質問したところ、
「「EU予算に占める農業予算の比率は六〇%と高い。共通政策は欧州の
唯一の統合政策であり最初の実行政策だ。農民が当初、統合に最も好意的
だったからだ。産業人は保護主義で統合には懐疑的だった。ところがEUの
援助金を受け取ったのは農民ではなく輸出業者だった。欧州域内価格は
世界価格より低い。このため差額の問題が出てくる」
という答えが返ってきた。



150 :世界@名無史さん:04/02/15 20:20
336 :名無しさん@4周年 :04/02/15 19:35 ID:JattN5SN
>「スカーフ着用を主張するイスラム教徒」は一旦その
>「自由」を与えられると、今度は他者に思想的のみならず
>身体的にも危害を与えるまでにエスカレート

実際に郊外のイスラム教徒系移民の多く住む地区では、イスラム系
の家の若い女性がスカーフなしで歩くのに、地区の青年たちが嫌が
らせをするようなことが増えてきているという。
それで心ならずもスカーフをしているという女性のインタビューが
ときどきでる。

151 :世界@名無史さん:04/02/15 20:21
343 :名無しさん@4周年 :04/02/15 19:50 ID:JattN5SN
あんまりフランスの嫌イスラム極右の宣伝にのせられたく
もないがあと、エスカレートしている要求の一部には、
大学入試の口頭試問で、女子生徒には男性の試験官をあてる
のをやめろとかまである。
そのうち男女共学まで問題にしかねない勢いだと、さすがに
どこかで歯止めをといいたくなる。

152 :世界@名無史さん:04/02/15 23:24
>>148-149

イギリスの狂牛病後の UK beef 禁輸入解除はもう実行された?>フランス
EU で「解除しないのは違法」って判決食らっても断固としてUKビーフ拒否してたよな。
「フランス内牛価格は低い」から守ってるんだろうな(笑
実際はフランスは元々 UK ビーフの消費国ではないわけだが、
ココゾとばかり禁輸措置を国内向け選挙に利用するから。

EUを各国の政治の燃料にするのはどこの国もやってることだよね。
これは昨日の新聞に出ていたんだが、
EUコミッションのプロディ議長(で日本語の名称はいいのかな?)が
イタリアでの勢力回復をねらってるってことなんだが。
こりゃイタリア現政権にすりゃあ、EU の内政干渉ってプロパガンダにできる。
プロディ側は「俺はイタリア人だ、イタリア政治にもの申してなにが悪い」って言える。
Prodi role criticised as he launches Italy election campaign
http://www.guardian.co.uk/eu/story/0,7369,1148080,00.html

英労働党が自己矛盾だと非難されてるのも、国内は地方に権限を割譲し
一方で外交など残った中央政府主権国家としての権限は今度はヨーロッパに明け渡すのか、と。
保守党の「二枚舌」って批判。UK 政府= England 政府にすぎなくなるではないか、と。
その England でも南北の乖離は年々激しくなってもいる。
保守党はイングランド以外の国政議席ほとんど失って、
そのイングランドがさらに地上政府に分かれることを極端に恐れてる。
だから EU を使って労働党を叩く



153 :世界@名無史さん:04/02/16 11:12
>>152
その当時、フランスの大手業者が、禁止されている材料をバイオ技術で処理し、
家畜の飼料にしていたことが明らかになって、それらの飼料で育った豚肉や
鶏肉は、英国にも輸出されている可能性が強く、
「フランスに狂牛病の危険性をうんぬんする資格はない」と英国側がフランス
製品をボイコットしようとしたっけ。

フランスでの UK beef 禁輸入解除については、その後、続報が入ってこない
のでわからない。

確か、ドイツは連邦議会の審理を経て輸入解禁に応じる姿勢をとったはず。


154 :世界@名無史さん:04/02/17 06:45
>>153
そう、ドイツで解禁になった話の後,フランスはどうなのか結局よく分からんのよね(笑)
まあ,もとからのお客さんじゃないから「まただよ,また」って感じで放置プレーなのかもしれん。

去年だったか,テレビの DocuSoap でイギリスで借地で農家していてうまくいかなくなって、
フランスで農場を買って、そっちでやるってのの密着シリーズがあった。
そしたらイギリスではおりなかった補助金もちゃんとおりて(w
フランスの地元の農協も金を貸して、なんとか軌道に乗るまでをやってた。
これは自分なんかからすると、やっぱびっくりではある。
日本に中国から一家族がひょいっと入ってきて農家を買って、農業する。
資金面のことは度外視したとしても、ありえないでしょう、まず。
農業って外国からの参入に村落共同体として一番抵抗感を示す分野だと思うわけね。
それが EU では個人レベルでできてしまうわけだ。



155 :世界@名無史さん:04/02/17 06:46

ご参考までに、この表もだしておきましょう (表の下の意見もよかったら読んでください)

ヨーロッパ人であると感じるか否か
http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/europe/3254764.stm#quote

ヨーロッパ人と感じる人の割合が
過激に一番少ないのが UK 30% あまり
一番多いのが ルクセンブルグで75%程度。

イギリスはフランスやドイツとの比較でも半分の割合でしか
自分をヨーロッパ人とは見ていないことが分かる。

これではEU にコミットしようがないよね>UK 政府
選挙でヨーロッパは常にネガティブに出るのもまた宜なるかな。
EU 側も UK なしでは財政面、軍事面その他数々痛いだろうが、
かといって UK の世論がこれだけNon-European だと、
そのUKにポリシーで妥協させられるのは辛いはず。


156 :155:04/02/17 06:52
あれ、ちゃんとジャンプしないや。
>>155 のリンク先のページの中頃に
Click to see levels of European identity found across Europe
ってゴシック体のリンクがあるから、そこクリックしてください。
そしたら棒グラフが出てきます。
失礼いたしやした。


157 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/02/17 11:40
>>155
しかし、政府としても頭痛いところだろうな。
イギリスがユーロに加入しないと工場が移る=雇用がなくなるから。
少なくとも、日本の自動車メーカーはそう公言してはばからない。
もしこれからEUに加入する中東欧諸国が、イギリスより先にユーロにも
加入するようだと、そちらに一気に移る可能性がある。
ただでさえ、人件費その他の諸費用は中東欧の方が安いし。

為替のリスクという問題と共に、通貨交換の手数料の問題もあるからね。
約1%持って行かれる。車が100万だとすると、1万は手数料。
製造業にこれは結構大きい。

158 :世界@名無史さん:04/02/17 13:14
>>157
イギリス経済において、ソフト産業(金融・マスメディアなど)の占める
割合はどのくらい?

159 :世界@名無史さん:04/02/17 13:19
>>157
フランス人がそう言ってんだよ(w
日本企業を他国の政治に利用されてる日本政府萎え萎え〜。

160 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/02/17 14:15
>>158
それは良く知らないが(調べたが日本政府の「イギリス経済の状況」
という文書にも載ってない)、それによるとイギリス向けの
証券/直接投資額は(2001年までの統計だが)共に激増してる。
マスメディアはBBCが有名だが、最近のニュースだと
それも解体しようとしているらしい。
それ以上に凄まじいのが生産と雇用における外資系の比率。
自動車産業は生産の八割が外資系。
イギリス政府は2005年をめどにユーロを導入するつもりだ
というから、最終的な動きは来年以降だろうな。

>>159
トヨタの会長も前に同じようなこと言ってた記憶があるが。
その時も内政干渉だのなんだの問題になっていた。
いずれにしても通貨交換の手数料と為替の不安定さというのは
企業の負担だから、それを避けたいというのは合理的。

161 :世界@名無史さん:04/02/17 14:24
イギリスも経済界はユーロ加入支持で、そのあたりが保守党政権落ちの一因だわな。
それでもユーロが瓦解して欲しいというのが本音だろうけど。

162 :世界@名無史さん:04/02/17 14:53
>>155
>一番多いのが ルクセンブルグで75%程度。

ルクセンブルクは長らく「ECの優等生」といわれてきたけど、
EC委員会が1989年に、加盟12カ国一律に預金利子への最低15%
源泉課税を義務づけるという案を出したときには激しく抵抗していた。
銀行が最初から税務当局に口座の内容を報告しておくことになれば、
口座は事実上、みなガラスばりとなり、ルクセンブルクの「金融立国」
が崩れかねないから。

163 :世界@名無史さん:04/02/17 19:22
>>160
>イギリス政府は2005年をめどにユーロを導入するつもりだというから

一体いつの資料を見てる?
2005年にユーロ導入は、外国資本向けの単なる宣伝文句、
実際2005年の導入はあり得ない。
五つの指標がマッチしても、導入するとは限らない。

>>161
経済界は事実上まっぷたつである。
大企業がユーロ指向であるのは、
そもそもイギリスの大企業はほとんど外資あるいは多国籍企業であり、当然ユーロ。
特に製造業はユーロを強く主張しているが、
しかしソフト産業や草の根の自営業者は当然大反対。
シティーも手数料収入を失ってユーロ圏の銀行が苦戦しているのを見ている。
日本のような大企業オンリー向け経済政策はイギリスではうまくいかないだろう。


164 :世界@名無史さん:04/02/17 22:28
関連スレ

ヨーロッパが1つに統一されなかったのは何故
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1045181184/l50

165 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/02/17 22:32
>>163
生産と雇用の数値は2002年の通商白書に載ってる。

言葉が足りなかったか。済まん。
ただ、外国向けの宣伝文句としても、2001年当時はまだそれなりに
説得力があったろうからな。投資が増えた一因は多分それだろうと。
で、実際にはユーロ導入の一応の公約が2005年だから、
それまでに政府で何らかの動きがなければ、企業側も移転なり
残留する代わりに援助求めるなり何なりを始めるだろう。
160の「最終的な動きは来年以降だろう」というのはその辺のこと。

日本も別に大企業向けオンリーでもないんだがね。
FTA締結で主な障害になってるのは農業部門だし。
製造業、特に輸出産業側は苦り切っている。
経団連が政治献金を解禁したのもこの辺が原因。

166 :世界@名無史さん:04/02/18 00:56
>日本のような大企業オンリー向け経済政策

全然そんなことないがな。
中小企業は昔から与党の重要な支持基盤のひとつ

167 :155:04/02/18 05:50
>>165
英政府のユーロ政策は2001年の総選挙前と今とじゃ全く違うからね。
それにだまされて投資が増えたのは、日本企業の読みがいかに甘いかでしょうな。
日本企業の対英投資は製造業に偏ってるから、空気読めんかったんかもしれんねえ。
2001年に投資激増ってのはそういうこってしょう。
日産なんて工場の従業員、ブレアの選挙区にいっぱい住んでるだよ。
日産に出て行かれたら地域経済がたがたになるでよーん。
口だけでもうまいこと言うわね、新工場の開業にもやってくるわね、ブレア君。
その辺りを見越してアイルランドに出ているアメさんたちはもうすこしお利口と言うべきか。
とにかく今頃から移転がどうの言ってるのは明らかに後手踏んでますぜ。
せめて大陸に候補地ぐらいは唾つけてあるんかな。

おそらく次の総選挙(多分来年)までにユーロ導入の手続きが開始されることはないだろうし。
今年は EU 憲法というもひとつのでかい懸案があり、ヨーロッパ議会選挙があり、だ。
イラクで大量破壊兵器は見つからず嘘つきブレア (Blier) とあだ名され、
Hutton レポートが大きく逆効果でブレアの労働党内基盤はかつてないほど脆弱
国内公共政策の失敗で国民の支持率はがっくり低下。
天敵 Ken Livingstone に頭を下げて労働党に戻ってもらう屈辱に耐えてまで、
ロンドン市長選の敗北を食い止めたい、なんてかなり危機的状態だから。
ユーロの話を政策に掲げる度胸はどこにもないだろうね。
そもそもブラウンは慎重派であるわけだしさ。


>>166
うーん、でも一番効率いいんでねいの?>大企業中心
特に製造業は大企業が栄えないと中小下請けはどーしょうもないっしょ。
最近は系列の縛りも消えてきたとはいえね。


168 :世界@名無史さん:04/02/18 08:51
ここってフランス叩きスレとダブルポストが多いの何故?


169 :世界@名無史さん:04/02/18 17:59
こっちをコピペしてるだけ


170 :世界@名無史さん:04/02/18 18:17
ttp://www.worldtimes.co.jp/
「トルコをEUの特権的パートナーに」―独保守野党党首
 
【ベルリン17日豊田剛】ドイツの保守系最大野党、キリスト教民主同盟
(CDU)のメルケル党首は十六日、トルコの首都アンカラを訪問し、
エルドアン同国首相と会談した。メルケル党首は、トルコの欧州連合
(EU)加盟に否定的見解を示した代わりに、トルコをEUの
“特権的パートナー”に定めるべきだと提案した。
エルドアン首相は、メルケル党首の提案を拒否。あくまでもEU加盟を
目指す意向を示した。在独トルコ人団体代表は、メルケル党首の発言を
「優越感あふれるもの」として不快感を示した。
シュレーダー首相は二十二日からトルコを訪問し、同国のEU加盟に改めて
支持を表明する見通し。トルコのEU加盟の交渉を開始するかどうかは
十二月に決定される予定。



171 :世界@名無史さん:04/02/18 20:24
ドイツも含めてヨーロッパの国には、バチカンとコンコルダート(政教協約)
むすんでいるところが多い。
たとえば、大学教授もカトリック・プロテスタントがそれぞれ半分ずつとか。
そこへムスリム移民が入ってくると、いろいろややこしいんだろうな。

172 :世界@名無史さん:04/02/19 00:01
>>169
今確かめた。たしかにそうだ。

実をいうと>>150 151の元をニュー速+に書き込んだのオレなんだけど
フランス叩きスレと、ここにコピペされているのを偶然みつけてちょっ
と驚いた。何のためか意味がわからん。
フランス叩きネタのつもりか、フランス擁護ネタのつもりか。


173 :世界@名無史さん:04/02/19 11:36
ttp://www.worldtimes.co.jp/
EU副大統領職の設置を提案―独仏英首脳会議

【ベルリン18日豊田剛】ドイツ、フランス、英国の三首脳は十八日、ベルリン
で会談し、成長と雇用を最優先課題とすることで一致。欧州連合(EU)に、
事実上の副大統領となる欧州委員会副委員長職を設置することで合意した。
副大統領は、域内の雇用対策や景気対策など経済問題をはじめ、産業・環境を
担当する。
首脳会議後の会見でシュレーダー首相は「EUは競争能力を高め、効率的で
あるべきだ」と述べ、域内経済に刺激を与える必要性を訴えた。三月に行われる
EU首脳会議では、経済政策を最優先議題とする意向。
ベルルスコーニ・イタリア首相が「三カ国は拡大EUを支配しようとしている」
と批判したことで、ブレア英首相は「人口の約半分を占め、EU域内総生産
(GDP)が五割を超える三カ国が政策を話し合うことはきわめて普通のこと」
と指摘。シュレーダー独首相は「われわれは誰も支配しようとはしていない」
と反論した。
欧州委員会の改革を含めたEU憲法草案についての言及は最小限にとどまった。
五月にEUは十カ国が新規加盟することを受け、欧州委員会の委員数が現在の
二十人から各国一人ずつの二十五人に増える。
六月に就任する欧州委員長の座をめぐって、EU内ではすでに駆け引きが
始まっている。ドイツ政府筋によると、ドイツは新委員長にユンケル・
ルクセンブルク首相を支持し、新設を目指す副委員長職にドイツ人の
フェアホイゲン拡大担当委員を推す見通し。



174 :世界@名無史さん:04/02/19 11:40
ttp://www.worldtimes.co.jp/
国籍取得に宣誓式義務付け
 
英国籍取得条件の改正を進めている英政府は、今年一月一日から申請者
に対して宣誓式の義務付けを課している。宣誓式では、従来のように
国家元首であるエリザベス女王への忠誠のみならず、英国国旗の掲揚と
国歌斉唱を行い、英国の諸権利と自由と民主主義などの価値を順守する
ことを誓わなければならない。また、式には地元の名士が出席したり、
式典の伴奏曲として愛国的な曲、例えばイングランドではエルガー作曲の
「希望と栄光の国」などを流すことも許可されている。
宣誓式は大ロンドン圏にあるブレント地区とワンズワース地区、中部
イングランドのリバプール、スコットランドのグラスゴー、ウェールズ
のカーディフなど八カ所でまず試験的に実施し、その後全国で実施される。
最初の宣誓式は今月二十六日に、インド系マイノリティーの人々が多く
住んでいるロンドン北西部のブレント地区で行われる予定だ。
国籍取得条件の改正は、一昨年に法制化された「国籍、移民、亡命法
2002」の中で規定されている。その目的は、従来は郵送のみで簡素に
済ませていた国籍取得手続きを改め、同手続きを有意義なものとして、
英国民になる自覚を促すことにある。なお、取得条件として、英語
(ならびに、スコットランドとウェールズではゲール語)と英国の生活
に関する知識を義務付けるかどうかに関してはいまだ検討中で、来年
までに結論を出す見込みだ。二〇〇二年度は十二万百四十五人に英国籍
が与えられた。
ユニオンジャックの下で、国歌「ゴッド・セーブ・ザ・クイーン
(神よ、女王を救いたまえ)」を厳かに歌えば、やはり英国民になった
という気持ちがするということか。



175 :世界@名無史さん:04/02/19 12:32
ttp://www.yomiuri.co.jp/world/news/20040219i203.htm
「税金高い場合は脱税してもよい?」伊首相が問題発言

イタリアのベルルスコーニ首相が17、18日の両日にわたって、
「税金が高い場合は脱税しても道徳的に正当化できる」と発言、
野党などから「首相が脱税を奨励した」と批判が噴出している。
問題の発言は、6月の欧州議会選挙を前に政府・与党の減税案の売り込み
を図ろうとして飛び出したもの。まず、17日の記者会見で、「税率が
(高額所得者に適用されている)50%以上なら、人々は『脱税しても
道徳的に認められる』と考えるものだが、これが33%だと、支払い
義務を感じる」などと語った。18日にも、「脱税の正当化」は「人間の
自然な行動」と繰り返した。
国内有数の財閥を一代で築き上げたベルルスコーニ首相は、不正会計操作
で脱税を図ったとして被告席に座ったこともある人物。それだけに単なる
舌禍事件では済まされないと見る向きもある。


176 : ◆1OIuiDt1UI :04/02/20 13:52
ベルルスコーニマンセー

177 :世界@名無史さん:04/02/20 23:02
>173
EU委員長って輪番制じゃなかったっけ

178 :世界@名無史さん:04/02/21 01:23
>>178
輪番制なのは EU 議長国



179 :世界@名無史さん:04/02/21 20:57
フランスでは1905年に「国家と教会の分離に関する法律」(Loi concernant
la séparation des Eglises et de l’Etat)が制定される。
第五共和制のもとでの共和国憲法第二条も、フランス共和国を「不可分の
非宗教的(laique)、民主的および社会的な共和国」と規定している。
ムスリム移民の「スカーフ問題」に対して、ライシテの理念の堅持を主張する
共和主義者たちは、解放・中立・自由・そしてフランス共和国が信じてきた
ところの普遍主義(universalism)を堅持するために、こっかは宗教から分離
されなければならないと主張した。
ライシテの原則を承認しない異質な集団を国内に包摂することによって、
フランス社会がモザイク化してはならないということ。

180 :世界@名無史さん:04/02/21 23:17
欧州で最も豊かな国と思われてきたドイツの1人あたりの国民所得が昨年、
初めて欧州連合(EU)平均を下回ったことが明らかになった。

ドイツは高速道路課金システムの開発失敗などで自国の技術に対する自信も
失いかけており、「先進技術の豊かな国」というイメージが次々と崩壊している。
英エコノミスト誌最新号(21日付)によると、2003年のドイツの1人あたりの
国民所得は、EU平均値を1%下回り、加盟15か国中、下から5番目となった。
西独時代の1980年代には平均を20%も上回る豊かさ。東西ドイツ統一直後でも
9%上回っていただけに、初めて「EU内の貧国」になったことは、国民にショックを与えている。

ドイツは過去10年間、景気低迷や失業率増大に苦しみ、欧州景気の足を引っ張る
“劣等生”とまで言われるようになっていた。同誌は「5月に(貧しい)旧東欧圏など
10か国がEUに加盟すれば、ドイツはまた平均以上になるだろう」と皮肉っている。

読売新聞 ttp://www.yomiuri.co.jp/world/news/20040220id27.htm


181 :世界@名無史さん:04/02/22 20:23
>>180
以前、「ドイツ人のバカンスのとりすぎ」が問題になってなかった?

182 :世界@名無史さん:04/02/22 20:55
ドイツ人はビーチで嫌われてる。日光浴に執念燃やしすぎ。
浜辺のサンベッドを朝5時起きで確保する。
ほかの人も早起きせざるを得なくなり「何のためのバカンスか」
ドイツ人が多く泊まるホテルでは「ベッドの確保は8時から」などという
規則を作らなければならなくなっている。
あほらしー話である。

183 :182:04/02/22 21:01
>>182
ちなみに規則さえ作ればいいのだそうだ。なぜならドイツ人だから。
出来すぎているようだが、本当の話。


184 :世界@名無史さん:04/02/22 21:50
>>182
カリブ海かどっかの保養地で、ドイツ人の団体客が、毎晩真夜中を過ぎてから
やってきて、デッキチェアの上にタオルを置いておくことが判明して、
怒ったイギリス人が、次の朝、デッキチェアの上のタオルを全部投げ捨てて
やったとか。
これに似た話はあちこちで聞くな。



185 :182:04/02/22 23:25
私は被害にあった口です、クレタ島で。
ドイツ資本の旅行会社のツアーにしたのがまずかったのかも。


186 :この案は面白い:04/02/23 00:47
546 :世界@名無史さん :04/02/22 14:43
東欧はEU2部リーグに所属となります。
で、毎年EU1部の低成績国と入れ替え戦を行うのです。


ついでにchampions League の創設をキボン


187 :世界@名無史さん:04/02/23 10:17
もちろん最初の二部落ちは世界史板でもDQN国イメージが定着したギリシャだな。
本来、地理的には東欧だし。

188 :世界@名無史さん:04/02/23 18:08
>>187
アイルランドも、将来EUの援助が無くなったらどうなるかわからんな。

189 :世界@名無史さん:04/02/24 01:20
ベルギーは1993年に、人道に対する罪については、犯罪の発生地がどこで
あっても、司法管轄権を持つという法律が下院を通過。
ルワンダ、イスラエル、アラファト議長、フセイン大統領、カストロ議長、
ピノチェト元大統領に対する訴えが起こされている。

時効のあるハーグ国際司法裁判所の法の隙間を埋める役を担おうとして
いるのかな。
それにしてもベルギー人が訴えられることになったらどうするんだろうか。


190 :世界@名無史さん:04/02/24 09:57
>>187
何でギリシアが東欧やねん。
東欧=ロシア・ウクライナ・ベラルーシなど
南東欧(バルカン)=ギリシア・セルビア・ブルガリアなど

191 :世界@名無史さん:04/02/24 10:33
ギリシャは南欧だし、人種的にも地中海人種だしな

192 :世界@名無史さん:04/02/24 16:49
>>191
をいをい、中世以来スラブ人が大量流入してるんだけど

193 :世界@名無史さん:04/02/24 16:53
スラブ人とだけ書くと人種と民族を混同するなっていう話になるから、あれか。
人種的には東ヨーロッパやアルプスやディナール人種ね。

194 :世界@名無史さん:04/02/25 03:31
ttp://www.worldtimes.co.jp/
宗教離れに迎合する新宗教教育案−英国
労働党系シンクタンクが提案
 
宗教教育が公立校でも正規の必修科目になっている英国で、諸宗教の内容
のみならずヒューマニズムや無神論など非宗教的な思想も教えるべきだとする
改訂案が出ている。英教育省は、今秋をめどに全国的なカリキュラム指針
(ガイドライン)を決定する予定だが、宗教教育の時間に世俗的テーマを
教える同改訂案には反対意見が多い。


195 :194:04/02/25 03:33
文化多元主義と相対主義持ち込む
公教育に限界/宗教系学校の拡充必要
 
改訂案を提案しているのは、与党労働党系のシンクタンク「公共政策研究所
(IPPR)」で、今月十六日に発表した報告書(IPPRが先月二十日に
開いたセミナーの内容)では、結論として以下の四点を政府へ提言している。
(1)「宗教教育(RE)」は無神論、不可知論、ヒューマニズムを
含んだ非宗教的信念体系へと範囲を広げるとともに、自立した哲学的
倫理的な問題の研究を促進する
(2)REの呼称を「宗教、哲学、モラル教育」にする
(3)REは科目「シチズンシップ(公民)」(二〇〇二年九月に共通
カリキュラムとして導入。善き市民として生活するためのルールや社会
的責任などを学ぶ)を手本に、技術的学習の時間を多くする
(4)REは反省的思考と理性的議論の規範を教えることを意図する。

196 :194:04/02/25 03:34
IPPRの改訂案は今後、教育省付属の監視機関「資格カリキュラム
当局(QCA)」で検討され、夏に諮問案として出される見込みだ。
IPPRはこれまでも労働党の政策作りに深く関与しており、政府への
影響力が大きい。
英国(正確には、イングランドとウェールズ)では、公立私立を問わず
義務教育課程(五−十六歳)で主にキリスト教に基づいた「宗教教育
(RE)」が正規の必修科目になっているが、その授業要項(シラバス)
に関してはこれまで、地方教育当局(LEA)と現場の教師、教会など
宗教団体代表から成る会合で各地域ごとに自主的に決定されてきた。
しかし、英教育省は来年度からREの全国的なカリキュラム指針
(法的拘束力はないが、基準とみなされる)を導入する方針だ。
その理由としては、地域の学校によっては伝統的宗教偏重だったり、
あるいは無神論などの非宗教的内容をも議論したりとバラつきがある
こと、そして何よりも社会全体の宗教離れが進み、信仰を持たない家庭
の児童・生徒たちが増えていることがある。



197 :194:04/02/25 03:35
しかし、改訂案に対してキリスト教会やイスラム団体などの既成宗教界は、
REの時間に世俗的思想を教えるべきではないと反対。また、保守系
メディアは文化的多元主義と相対主義を持ち込むことだと批判している。
タイムズ紙は「多文化主義ないし非寛容的な寛容という新たな国教を
説教することだ」「相対主義のドグマ的崇拝は、宗教的であれ世俗的
であれ持つに値するいかなる信仰の原則も崩してしまう」と指摘。
デーリー・テレグラフ紙は「提案の背後にある衝動は反宗教というよりも
反キリスト教だ」「IPPRと政府部内の信奉者は、信教の多様性を
促進することに興味を持っているのではない。むしろ、ある種の権威
主義的な宗教体系を他の体系、文化相対主義という無味無臭のイデオロギー
で置き換えることに関心がある」と反論し、改訂案を持ち出している
左派進歩主義者の動きを警戒した。


198 :194:04/02/25 03:36
宗教教育は、英国では伝統的に国教会などキリスト教会を中心に
各コミュニティーと各家庭が協力して責任を持ってきたものだが、
世俗化の進展とともに人々の教会離れが著しく(毎週何らかの礼拝
参加者の割合は一九八〇年の19%から、九九年には7%までに低下)、
教会やコミュニティー、家庭が子供たちに宗教的教え(神様の存在や
祈りの力など)とその価値を伝える役割を失いつつある。政府は学校に
その肩代わりをさせようとしているものの、公教育の場で宗教教育を
充実させようとすれば今回の改訂案が示しているように価値多様性に
配慮せざるを得ないのが現実だ。このため、宗教本来の霊的道徳的な
内容や信条を学ぶ目的からは、私立の宗教系学校を拡充すべきだとの
意見が出ている。


199 :世界@名無史さん:04/02/25 03:49
>>194

記事乙、お疲れさん。しかし
この記事はかなり世界日報の脚色込み。
テレグラフだけ引っ張ってくるのでは一面しか伝えていませんと言ってるようなもの。

>宗教離れに迎合する新宗教教育案−英国
見出しで既に「迎合」とやってしまえば
客観的な記事はのぞめないのは目に見えてるねえ。




200 :世界@名無史さん:04/02/25 03:53
>>189
それは改正された

201 :世界@名無史さん:04/02/25 08:22
822 名前:世界@名無史さん :04/02/24 15:46
ドイツ政府が、トルコのEU加盟を支援するようなこと言ってるけど、
また人権問題で揉めるかな?


202 :世界@名無史さん:04/02/25 08:23
824 名前:レリン ◆0UjkSmThNE :04/02/24 18:22
>>822
 実は(というか相変わらずだが)微妙な発言ばかり。
ttp://www.turkishdailynews.com/FrTDN/latest/for.htm#f8
 結局「加盟のための努力を支援する」だとか「条件が満たされれば」とか。
よくある外交上の表現で、どうとでも解釈できるリップサービスですな。
要は最終的にトルコがEUに加盟できなかったらドイツは「別にトルコのEU加盟その
ものを支持すると言ったわけではない」と言うだろうし、逆にEUに加盟できたら「ほら、
我々が支持を約束したからじゃないか。じゃあこれからわが国を崇め奉れ」となる。
 トルコは独に期待しすぎたら失望するだけだと思う。


203 :世界@名無史さん:04/02/25 21:08
>>194
日本じゃ、小学校の時間割りに「道徳」の時間というのがあったけど、
ヨーロッパじゃアレの代わりに「宗教」の時間というのがあるんだよ。

204 :世界@名無史さん:04/02/25 21:37
>>202
ヨーロッパはそーゆー外交的な駆け引きがうまいね。

205 :世界@名無史さん:04/02/25 21:53
ttp://www.worldtimes.co.jp/
英政府、EU新加盟国からの移民規制措置発表
 
【ロンドン24日行天慎二】ブランケット英内相は二十三日、英議会下院で
声明を発表し、五月一日に欧州連合(EU)加盟国となる中東欧八カ国
(ポーランド、ハンガリー、チェコ、スロバキア、スロベニア、エストニア、
ラトビア、リトアニア)からの移民規制措置の内容を明らかにした。
それによると、これら八カ国からの移民は労働許可証を要求されないが、
就労にあたって外国人労働者として登録(給与証明、身分証明書などを
提出)しなければならない。就労した者へは最低賃金、税金控除、住宅
手当てのほか、家族への医療サービス、子供の就学資格など社会保障が
与えられる。しかし、最低一年間就労した後でないと失業手当ては
受けられない。就労しない者は最低二年間は所得控除、失業手当て、
住宅手当て、住民税控除などへの申請資格を持たない。また、就労せずに
滞在する者には居住権がなくなり国外退去を求めることができる、などだ。
EU加盟国の国民は原則として、域内での居住と就労の自由があるが、
西欧の現加盟国十五カ国の多くは国内雇用情勢などを配慮し、新加盟国に
対して一定期間(2−7年)、労働禁止や労働許可証の義務付けなどの
規制措置を決めている。


206 :世界@名無史さん:04/02/26 00:25
一軍のヨーロッパ、二軍のヨーロッパ

207 :名無的発言者:04/02/26 00:39
ヨーロッパを食い物にするヨーロッパ:イタリア

208 :世界@名無史さん:04/02/26 00:40
なんでか知らないけどヨーロッパ:ギリシア

209 :世界@名無史さん:04/02/26 01:36
俺がヨーロッパ:フランス

210 :世界@名無史さん:04/02/26 02:06
自分はヨーロッパ:トルコ
自分は非ヨーロッパ:イギリス

211 :世界@名無史さん:04/02/26 14:30
>>210
たしかにw

212 :世界@名無史さん:04/02/27 01:29
スコットランドのEUに対する感覚ってどんなの?
やっぱりイングランドとは温度差がある?
同君連合を組む前のスコットランドは、けっこうフランスと関係が
深かったよね。


213 :世界@名無史さん:04/02/28 00:22
>207
>208
>209
>210
所詮濃い面など偉大なドイツからしたら僕に過ぎない。
ヨーロッパ全国をEUに加盟させた暁にはEUをGU(German Union)に改名すべし。


214 :世界@名無史さん:04/02/28 00:39
香ばしいのがきたな。



215 :世界@名無史さん:04/02/28 01:16
EUの報われない人柱:ドイツ
(日本よりは遥かにマシだけど)

216 :世界@名無史さん:04/02/28 01:51
>>215
統一以前までの EU 牽引車ぶりには頭が下がるが
最近は足を引っ張ってるよ。
Volkswagen がヨーロッパでも有数の「すぐ故障する車会社」になってしまったし。

217 :世界@名無史さん:04/02/28 17:42
ポーランドとスペインが主役

218 :世界@名無史さん:04/02/29 10:19
>>212
スコットランドについてはここ数年で空気が変わったような気がする。
つまりスコットランド議会が再開されて、内政についてはほぼ自治になった。
今スコットランドは新しい国づくりの最中とも言えるんで、
意識はあまり EU には行ってないと思う。
以前の「アンチ・イングランド=プロ・EU 」て感情が薄まってきているかも。
相変わらずアンチ・イングランドではあるが
かといって EU の統合強化には賛否があるって感じだろう。
ただイングランドに比べて通貨 Euro に関しては加入賛成がイングランドより多いようだ。

現状ではフランスとの間に特別な感情を持つスコットランド人は皆無だろう
スチュワート朝は遠くになりにけりだよ。

219 :世界@名無史さん:04/02/29 19:33
>>218
確か300年ぶりに議会が再開したんだっけ?
戦略としてバイオ産業を育成しようとしているらしい。

220 :世界@名無史さん:04/03/01 00:54
やっぱりアイルランドの成功に刺激されている面があるんだろうな。

221 :世界@名無史さん:04/03/01 08:17
>>220
>アイルランドの成功

アイルランドの成功ってなにを指していってるの?



222 :世界@名無史さん:04/03/01 12:36
経済

223 :世界@名無史さん:04/03/01 18:21
>>222
アイルランドのケースは一にも二にも通貨 Euro のおかげだから
スコットランドがあんなブームを夢見るはずもなし。


224 :世界@名無史さん:04/03/01 21:11
自分より格下という意識が染みついていた国が突然自分より上にくると、
猛烈な対抗意識が出るもんでそ。

225 :世界@名無史さん:04/03/01 22:03
スコッツはアイリッシュが「上に行った」とはツユほども考えていないとおもうが。


226 :世界@名無史さん:04/03/02 16:49
唯一の英語圏かつユーロ圏ってのはおいしいポジションだわな。

227 :世界@名無史さん:04/03/03 00:39
バイオといえばクローン羊ドリー。

228 :世界@名無史さん:04/03/04 19:56
>>101
ヨーロッパ人はムスリム移民について、

「キリスト教国へ来たってムスリムは絶対にヨーロッパの社会に同化せず、
キリスト教の寛容だけ利用してる。だけど、キリスト教徒のヨーロッパ人が
イスラーム圏の国へ行ったら、彼らの習慣に絶対に従わせようとする。
ヨーロッパの女性にもスカーフやヴェールを被れと言うし」
「ムスリムはヨーロッパではみんなアルコールを飲むのに、国へ里帰りすると、
アルコールなんて触れたことも無いようなふりをして、お祈りしている。
偽善的だ」

と不満を持っているらしい。

229 :世界@名無史さん:04/03/04 21:26
ttp://www.asahi.com/international/update/0304/008.html
公立学校でのスカーフ着用禁止法案、仏上院で可決

フランス元老院(上院)は3日、イスラム教のスカーフなど宗教色の
強い標章の着用を公立学校で禁止する法案を圧倒的賛成多数で可決し、
同法は成立した。新学期が始まる9月の施行を目指す。元老院での採決
では276人が賛成、20人が反対した。


230 :世界@名無史さん:04/03/05 13:16
それでも人口では危ない

231 :世界@名無史さん:04/03/28 17:39
五月一日に間に合うようにチケットゲットしなければ・・・

232 :世界@名無史さん:04/03/28 21:29
>>231
何のチケットでつか!?

233 :世界@名無史さん:04/03/31 23:28
飛行機でつ。東欧のEU統合の祭りを見に行こうと思って・・・
予定としては、ポーランドからエストニアまで北上しようかと。

234 :(`ρ´):04/03/31 23:42
オルバース爆動か!?

235 :世界@名無史さん:04/03/31 23:44
>>225
実際は収入でも社会制度でもはるかに上いっちゃってるんだが、歴史的に見下してるんだろう

236 :世界@名無史さん:04/04/02 12:48
ttp://www.worldtimes.co.jp/
ドイツで初めてイスラム教スカーフ禁止令が施行
【ベルリン1日豊田剛】
ドイツ南部バーデン・ビュルテンベルク州は一日、イスラム教徒の女性教師が
授業中にスカーフを身につけることを禁止する措置を開始した。ドイツ十六州
のうち、スカーフ禁止令が施行されたのは初めて。
同州は、スカーフは宗教の中立に反するだけでなく女性抑圧の象徴として禁止
した。一方で、キリスト教やユダヤ教のシンボルを身につけることは引き続き
許される。
ドイツではベルリンなど計五州でスカーフ禁止を法制化する動きがある。



237 :世界@名無史さん:04/04/10 08:38
age

238 :世界@名無史さん:04/04/10 08:44
フランスより揉めそうだな

239 :世界@名無史さん:04/04/11 00:01
トルコ人多いからなぁ。

240 :世界@名無史さん:04/04/18 00:23
age

241 :世界@名無史さん:04/04/18 18:18
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040418-00000059-kyodo-int
国民投票後に辞任と報道 英首相、EU要職に転身か

【ロンドン18日共同】18日付の英紙メール・オン・サンデーは英政府高官
の話として、ブレア首相が欧州憲法の批准をめぐる国民投票を実施した後に
辞任する意向だと報じた。複数の閣僚によれば、引退後は欧州連合(EU)の
要職就任を狙っているという。
同紙によると、国民投票は今秋か、遅くても来年までに実施される見通し。
首相は来年にも予定される総選挙の勝利を目指すと公言しているものの、首相
の座に長期間とどまるとみている閣僚はほとんどいない。
首相は自らの名声を保ちながら身を引くにはどうしたらいいか頭を悩ませて
おり、辞任のタイミングについて、既に友人のマンデルソン元貿易産業相らに
相談しているという。

242 : ◆6hgEmzypp2 :04/04/19 03:04
>>241
今まで拒否し続けてきた EU 憲法の国民投票を政策を反転して行う事にしたらしい
これは BBC も報道してるし、プレスコットもそれらしいことを言ってるからそうなんだろう。
しかしブレアの引退後が EU 要職というのは今の時点では飛ばし記事
(アメリカ大統領に押すこえはアメリカ内に根強いが w)
Mail 紙は保守党権新聞だし、日曜紙はデマもはったりも多いから。
そもそも EU 憲法が国民投票でポシャったら(可能性は十分あり)
EU 要職に横流れはあまりにみっともないだろう。
ブラウン財務相のほうが辞職後はいい職につきそうか?(噂によれば IMF 総裁とか)

243 :世界@名無史さん:04/04/23 11:28
EUってぜんぜんマトマリがないよな。イラク戦争でもバラバラに行動したし。
スローガンとか、志がなにもない。差別的に加盟国の選別をしてるし。
ただ加盟してることに優越感をもちたいだけ(とくに小国)なんじゃねえのかちょ。

244 :世界@名無史さん:04/04/23 13:34
EU 憲法ができた時、崩壊は始まる!
間違い無い!

245 :世界@名無史さん:04/04/23 20:21
産経新聞 平成 16年 (2004年) 4月 23日 金曜日
■イラク戦で欧州勢力図変化 ポーランドと“共闘” 英「米と足並み」堅持

欧州連合(EU)の拡大を機に、ブレア英政権は欧州の同盟国としてポーランド
との関係強化を目指している。英首相官邸の意向で英王室がEU拡大直後の
五月五−七日に同国のクワシニエフスキ大統領を国賓として招待する力の
入れようだ。イラク戦争で、これまでの右派と左派の区別ではなく、米国との
同盟関係と拡大EUをめぐる姿勢の違いで欧州の勢力関係が大きく変わった
ことを鮮明にしている。
「仏独中心の“古い欧州”は終わった。“新しい欧州”はまだ生まれていないが、
そこで英国の最大の同盟国になるのがポーランドだ」。英国のマクシェーン
欧州担当相は先月、下院の会合で演説し、こう語った。



246 :世界@名無史さん:04/04/23 20:30
>>243
経済ではまとまりがある。問題は外交。

247 :世界@名無史さん:04/04/23 21:17
>>245
要は英によるEU切り崩しやん。

248 :世界@名無史さん:04/04/23 21:39
イギリスは単独だと独仏が主導するEUの中で埋没してしまうから、
アメリカと常に連携することでEU内での影響力を維持しようとしている。
ポーランドや(前政権までの)スペインがイラク戦争以来アメリカに
接近したのも、EU内での発言権を拡大するという意味ではほぼ同じ理由。
他方アメリカも、EUが一枚岩になってもらっては困るので、イギリスや
ポーランド、スペインと組んでEUを分断することは国益に適っている。

要するに、イラク戦争とその後のゴタゴタは、EU(あるいはNATO)内部の
主導権争いが大きな原因の1つ。

249 :世界@名無史さん:04/04/24 01:40
>>248
>イギリスは単独だと独仏が主導するEUの中で埋没してしまうから、
>アメリカと常に連携することでEU内での影響力を維持しようとしている。

EU 内での影響力を強く保ちたいと思ってるのは政府内の一握りと
City の多国籍金融企業のみでしょう。あとは正直どうでも良い。
どっちコロンでもそれはそれでオケってこと。
アメリカとの連携最優先はデフォです。
どの党が政権につこうが、がどれだけうまそうな利権であろうが
そのスタンスはまず変わらない。
>>247 さんのおっしゃるのは外から見ればそうですが、
国民投票は草の根のオサーンの意思表明なんで,
「切り崩し」とか「戦略」なんてそんな高等な事ではなくて
「 EUきらい」って庶民が半分以上で、しかもみんな投票に逝くよ、ってことでは?


250 :世界@名無史さん:04/04/24 12:11
EU 憲法とか大統領ができたら、これこそ内戦状態になるな。
いまのワヤワヤしてるうちが最盛期。

251 :世界@名無史さん:04/04/24 23:52
ポーランドではイラク問題ではアメリカよりだが、それも来年の一月にイラクで憲法制定されるまで。
その後は段階的に兵力を削減する。
今は、人口約4000万の大国としてEUの枠内で独自の力を持つようになりたい、というのが本音。
特に今年の総選挙で市民プラットフォームが勝利すればその傾向は加速するだろう。
この話は「歴史」とまではいえないので、一応sage。

252 :世界@名無史さん:04/04/26 13:52
いよいよEUの東方拡大が今週末に迫ってきました。
GWなので、29日より中東欧諸国とバルト三国の各首都に逝ってきます。
5月1日はワルシャワ滞在の予定。

253 :世界@名無史さん:04/04/26 20:17
>>252
帰ってきたら、感想レスキボン。

254 :世界@名無史さん:04/04/26 21:24
>>252
気をつけてね〜(^0^)ノシ

255 :世界@名無史さん:04/04/27 14:21
EUはソビエトと違って平均的な恩恵を受けれないってのがイタイな。
かならず格差が開く。

256 :世界@名無史さん:04/04/27 14:54
んなことないぞ。
後進的だったスペインやポルトガルは大きく成長したし。
イタリアはドイツに追いついた。
アイルランドなんか最も貧乏な国から最も金持ちの国に生まれ変わってしまった。

257 :世界@名無史さん:04/04/27 15:12
そう?NHKの特集では、ドイツの失業率が増大し
どっかの国(EU内の)も(たしか二桁)失業率だったぞ
加盟予定の東欧もかなりヤヴァかった

258 :世界@名無史さん:04/04/27 15:14
>>257
それは独仏の犠牲の上にEUが成り立っているといういい証拠だろうが。

259 :世界@名無史さん:04/04/27 15:15
つまり、もとの金持ち国で経済が停滞し失業者が増え、もとの貧乏国が金持ち国に発展して、平均化していく。
ドイツでも雇用保険の制度が近々変わって、いつまでも受給されなくなるそうだから、これからEU内の外国に出稼ぎに出るドイツ人が増えると思う。

260 :世界@名無史さん:04/04/27 15:16
東欧はアイルランドのように爆発的に発展するケースが多くなるだろうね。

261 :世界@名無史さん:04/04/27 15:16
>>258
いや、むしろ独仏が弱小国を工場にして、低賃金でコキ使おうとしてんの
ttp://www.ovta.or.jp/info/europe/germany/09graduation.html
1998年のEU全体の失業率は、25歳以下の場合、19.6%であったが、何らかの職業教育システムを
備えた国々では、若者の失業率は低い。因みに、ドイツ(9.8%)、ルクセンブルグ(6.4%)、デンマー
ク(7.2%)、オーストリア(7.5%)、オランダ(8.8%)となっている。

主要国でこんな効率業率なのに、いまから加盟予定の国々はみんな二桁でつよ?

262 :世界@名無史さん:04/04/27 15:18
>>260
それはないよ、、、EUの足を引っ張るだけだろう

263 :世界@名無史さん:04/04/27 15:23
東欧諸国の場合、EU既加盟国の足を引っ張って、自分達が発展すると思うけどな。
つまり、労働市場が東欧に移動する。そこで新興企業が生まれて、彼らが資本家となり、数十年後にドイツなどに労働市場が還流する。

264 :世界@名無史さん:04/04/27 15:24
>>263
アイルランドとイギリスの関係がそれ。
1980年代初頭までアイルランドはイギリス資本の労働市場だったが、
現在はイギリスがアイルランド資本の労働市場と化している。

265 :世界@名無史さん:04/04/27 15:26
>>263
イタリアとドイツ・フランスの関係も同じ。
昔、イタリアはドイツ・フランスの労働市場だったが、
現在はイタリア資本のドイツ・フランスへの進出が盛ん。

266 :世界@名無史さん:04/04/27 15:29
むしろ日本がアジアの低賃金労働者を使っているような構図だとおもわれ。
国内の労働者よりもコストが下げれる。

267 :世界@名無史さん:04/04/27 15:36
>>266
その比較は大事なところで間違っている。
ヨーロッパは中国に対応する労働市場がないので、どこかで必ず賃金の底にぶつかる。
そうなると付加価値のある商品しか生産できなくなる。そういった商品は広範なノウハウが必要なので、
地場産業として下請け業が独自の技術を持つことになる。そして、下請け業者だったところが、
本格的なブランドとして発展し、発注元のあった国に対し優位に立つようになる。
イタリアとフランスのアパレル業、イタリアとドイツの自動車部品、アイルランドとイギリスのコンピュータソフト産業などが典型的な例。

268 :世界@名無史さん:04/04/27 15:40
>>267
加盟予定の国にはそんな恩恵はないとおもうよ
仏独はそんなにやさしくない

269 :世界@名無史さん:04/04/27 15:41
>>268
何か感情的に仏独の側に立ちたいように見えるが?
やさしいやさしくないの問題でなく、市場の移動は単なる経済の原理に基づいた現象にすぎない。

270 :世界@名無史さん:04/04/27 15:47
仏独の側にいないから、加盟予定の「工場国家」がかわいそうだと思ってんの

271 :世界@名無史さん:04/04/27 15:47
既存の大市場に近く交通の便がよくて、しかも賃金の比較的安いところが
第二第三のイタリア・アイルランドとなる。
EU加盟ですぐに第二次産業や第三次産業で恩恵を受ける国は、具体的にはまずポーランドとチェコだろう。
次にハンガリーとバルト三国だろう。

272 :世界@名無史さん:04/04/27 15:48
>>271
上手くいったとして10年以上はかかるな。
そのまえに、、
大統領や憲法が決まった後でいろいろ
諸問題を起こすと思う。通常国家群をまとめるには
レーニンやチトーのようなカリスマ指導者が必要。

273 :世界@名無史さん:04/04/27 15:53
>>270
EU内の既存の先進工業国から工場が誘致できる国はすぐに発展できる。
そういった国では失業率の低下に反比例して賃金は上昇していくが、
同時に付加価値を持つ産業が発展していく。
これを産業のイタリア化という。イタリアは1970年代までフランスやドイツの資本が利用する
低賃金の労働市場に過ぎなかったが、技術やブランド価値を蓄え、結果1990年代の後半から
競争力でフランスやドイツを追いこしてしまった。
EUは中国のような無限ともいえる労働市場を近くに持たないから、こういったことが起こる。

274 :世界@名無史さん:04/04/27 15:56
>>272
カリスマだなんて、、、そんなことないよ。
全ては経済原理で進む。つまり「神の手」が動かす。
仮に政治的陰謀があっても、ヒトラーの起こしたような戦争でも起きない限り、
経済のダイナミズムの前にはそんな陰謀など無力でしかない。

275 :世界@名無史さん:04/04/27 15:59
>>274
EU大統領がカリスマ指導者のような存在じゃなかったら
必ずEU憲法に逆らう国がでてくるよ。

276 :世界@名無史さん:04/04/27 15:59
>>272
それに10年なら早い方だ。
イタリアは外国資本が入り始めてから現在のように豊かになるまで30年、
アイルランドは20年かかった。スペインはフランコ独裁が終わってから約30年。

277 :世界@名無史さん:04/04/27 16:02
>>276
へえ、、、じゃもっとかかるかもな、、

278 :世界@名無史さん:04/04/27 16:03
>>275
EU憲法は条約による批准を基に成立するので、一度批准してしまうと、
逆らう者がいたとしても憲法とその効力をどうこうすることはできない。
もし、一度した批准を反故にしてしまうほどのならず者国家が出てきたら、
もちろん制裁が課されるが、そこまでやろうとする国にこそ、多分カリスマ独裁者がいるだろう。

279 :世界@名無史さん:04/04/27 16:05
>>277
新規加盟の東欧諸国がGDP成長率5%を超える高度経済成長時代に入るのは加盟後すぐだと思う。
一人当たりGDPといった国民の豊かさの指標が西欧並になるには少なくとも20年かかる。

280 :世界@名無史さん:04/04/27 16:06
>>278
それが恐いんだよ。どこの国にも過激派はいるから。ネオナチとかさ。

あと
ttp://www.ksm.fr/shiryo/suji/eu2004/040206_eu.html
ここのグラフみると、日本の失業率はそんなに悪くないんだなあと思う。
もっとヒドい国がEUに多いからだ

281 :世界@名無史さん:04/04/27 16:10
EU加盟に反対する団体(反グローバリズムの組合や組織)は加盟国にも
ワンサといるからね

282 :世界@名無史さん:04/04/27 16:12
>>280
新規加盟国でそういった剣呑な問題が起こりそうな国は東欧には皆無だね。
別のところにある。ずばりキプロス。

失業率算定の基準は日本だけ特殊なの知ってるよね。
日本だけ、職がなくかつ職を探していると登録されている人が完全失業者として失業率にカウントされる。
日本では、ただ職がないだけでは、失業者とはいわない。こういった人たちは、ヨーロッパではカウントされる。

283 :世界@名無史さん:04/04/27 16:14
>>282
>失業者とはいわない。こういった人たちは、ヨーロッパではカウントされる。

全部の国でか??うそこけ

284 :世界@名無史さん:04/04/27 16:15
>新規加盟国でそういった剣呑な問題が起こりそうな国は東欧には皆無だね。

甘いな、、

285 :世界@名無史さん:04/04/27 16:15
>>283
EU加盟国では全部の国でそういう基準になっているけど、それが何か問題?

286 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/27 16:16
>>280
・・・日本の失業率と欧米の失業率は算出方法が違うぞ。
日本のはあくまでもハローワークが把握してる数だ。
日本には統計外の失業者が多数いる。

287 :世界@名無史さん:04/04/27 16:17
>>284
甘いと思われるその根拠は?

288 :世界@名無史さん:04/04/27 16:18
>>286
じゃあ日本の失業率って実際はどんくらいかな

289 :世界@名無史さん:04/04/27 16:19
>>288
誰にもわからん。少なくとも6%、多くてその2倍以上。

290 :世界@名無史さん:04/04/27 16:19
>>287
カリスマ指導者や、魅力的なスローガンが消えると、連合は解体する様を
キミも何度もみてきたろ?

291 :世界@名無史さん:04/04/27 16:21
>>289
日本はドイツ以上スペイン以下の値ってとこか
EUとドッコイドッコイだな。ちょっと気がラクになったw

292 :世界@名無史さん:04/04/27 16:22
>>290
違うでしょ。逆でしょ。
局地的なカリスマが現れるとその地域がならず者になるのがヨーロッパの歴史。
ナポレオンしかり、ヒトラーしかり。
そうじゃなく、現在のEUのように「域内における完全な自由市場」が紐帯となる組織は
経済原理がその牽引車になるわけで、結束が固くなる。

293 :世界@名無史さん:04/04/27 16:23
>>292
だからEUはさ その「域内における完全な自由市場」以上のモノを目ざしてるの!
わかる?

294 :世界@名無史さん:04/04/27 16:24
EU憲法は>>292の自由市場を法的に規定するのが役割であって、主役ではない。
つまり、カリスマが必要だなどという議論はバカバカしいだけですよ。

295 :世界@名無史さん:04/04/27 16:26
>>294
EU加盟国のなかには、ロシアもいれて大欧州国家にし、アメリカに
対抗(軍事もいれて)しようと提言してる国もある。

296 :世界@名無史さん:04/04/27 16:27
>>293
EUの最終目的は、域内で戦争を決して起こさないこと。恒久平和。
そのために自由市場で互いの経済を相互でリンクさせ、
一部の国や団体が勝手な思想で勝手なことをしないように縛り付ける。
超国家を作るのが第一義なワケではない。

297 :世界@名無史さん:04/04/27 16:28
11月失業率 17.8% 2002年12月23日号
ttp://www.e.okayama-u.ac.jp/~taguchi/wadai/hz021223.htm
一番加盟国の中で期待されてるポーランドがこれって、、、

298 :世界@名無史さん:04/04/27 16:29
>>295
>提言してる国もある。

そういうことを言う政治家は知っているが、国としてそういう主張をしているところは知らない。
どこの国だか教えて欲しい。

299 :世界@名無史さん:04/04/27 16:30
>>298
国じゃないか、、スマン  でも
イタリアにそんな政治勢力がいるらしいね

300 :世界@名無史さん:04/04/27 16:31
>>298
あ、そうそう、仏独はEU軍創設を提言しているよ

301 :世界@名無史さん:04/04/27 16:32
>>297
失業率の高い国が対内投資が最も期待される国。投資初期の賃金が安いからね。
ちなみにその田口先生によると最も新しいポーランドの失業率は20.6%。
ただし、ポーランドの場合、グレーゾーンという経済(脱税に基づいた一種の地下経済)の存在が大きく、
公表される失業率は当てにならない。実際に仕事のない人はずっと少ないのが現状とされる。

302 :世界@名無史さん:04/04/27 16:34
>>300
それは地域的な平和維持軍のようなもので、
軍事同盟のような性格のものじゃないよ。誤解しないで。

303 :世界@名無史さん:04/04/27 16:34
>>301
マフィアやネオナチの方々は多いとききます。


304 :世界@名無史さん:04/04/27 16:35
>>302
EU軍はアメリカの一極支配世界に対抗する目的もあるんだと
だから将来的にはNATOと対立するらしい。米も懸念(ズバリ反対)を
表明したのは記憶に新しい

305 :世界@名無史さん:04/04/27 16:36
>>303
ポーランドに限らず、あのあたりの地域のグレーゾーン経済は、
業種はいたってマトモなもの。普通の工場とか、問屋とか、
日本と同じように禁止されていたはずの企業的農場経営。
ただ、一番の問題は、脱税していること。

306 :世界@名無史さん:04/04/27 16:37
>>305
あっちのマフィアはプロなんだが、、

307 :世界@名無史さん:04/04/27 16:39
>>304
アメリカが反対するのは、NATO内に独自の軍事組織を持つことはNATOの存在と矛盾し、
そういった組織がアメリカの国益に反する勝手な行動をとりかねないから。
イラク戦争で顕在化した問題と同じ。

アメリカと戦争するわけないでしょ。

308 :世界@名無史さん:04/04/27 16:41
>>307
>そういった組織がアメリカの国益に反する勝手な行動をとりかねないから。

これはアメリカにとって敵と同じ意味

309 :世界@名無史さん:04/04/27 16:41
Eウ憲法制定は明らかに Super Europe の「第一歩」ではありますよ。
貿易の調整だけなら今の枠組みでも十分やっていける。
>>302 の意見は非常にうさん臭い。地域の平和維持軍?
NATO に入ってない大国の意向になんでそんなに「誤解しないで」までべったりなの?
2ch にはフランスのポチもいるんだね。
NATO もその役割をおえようとしているときに。



310 :世界@名無史さん:04/04/27 16:41
>>306
ポーランドの場合、1999年夏に最後のマフィア(「五人組」といわれた5大マフィアの最後)のボスが
スペインで逮捕され、ポーランドから大きな犯罪組織は全て消えた。

311 :世界@名無史さん:04/04/27 16:45
>>310
プッ

312 :世界@名無史さん:04/04/27 16:46
>>310
徹底的にポーランドを賛美するお前のレスってほんとうにわかりやすいな。

313 :世界@名無史さん:04/04/27 16:47
>>311
感情的なレスだけど、何か問題ですか?
元々は、新規加盟国の人々が西欧の大資本に低賃金でコキ使われるかどうか、の話だったはずですが?

314 :世界@名無史さん:04/04/27 16:48
ポーランドは会社そのものがマフィア

315 :世界@名無史さん:04/04/27 16:49
>>312
荒らしが入ってきたようですね。

ポーランドに関する知識のソースは、田口先生のHPだけで、
別に個人的には賛美なんかしてませんが?

316 :世界@名無史さん:04/04/27 16:51
>>315
だれがポルスカ国外にホステスやモデルなどの輸出を請け負ってると?

317 :世界@名無史さん:04/04/27 16:51
世界史板の関係スレを荒らしまわってるドイ厨のお出ましだ

318 :世界@名無史さん:04/04/27 16:52
関係ない人も入ってきて、そろそろ議論も終わりですね。

319 :世界@名無史さん:04/04/27 16:53
>>318
いいからドイ厨が出てきたらもう黙って消えた方がいい
コイツは真性だぞ

320 :世界@名無史さん:04/04/27 16:54
結論。
EU加盟の弱小国は、その「工場としての機能」が必要だったから
加盟できたが、失業率の高さや、主要国の「EU商標に反対」などの姿勢から
わかるとおり、独自の発展を許されるほど甘くはない。

321 :世界@名無史さん:04/04/27 16:56
>>320はさっきから議論している人ですね。荒らしたのはあなたですね。
自分の意見に拘泥するのは構いませんが、荒らすのは卑怯では?

322 :世界@名無史さん:04/04/27 16:57
>>321
真性には付き合うな

323 :>>321:04/04/27 16:58
荒らしとかいってるレスはおれじゃない。
おれは嵐だとはおもわないね。2chなら普通にあることさ。


324 :世界@名無史さん:04/04/27 16:59
>>323
さあどうだか(w

325 :世界@名無史さん:04/04/27 17:01
>>323
自分に分がないとみると荒らすのかよ(w

326 :世界@名無史さん:04/04/27 17:03
>>320
どうしても話がループしてしまいますね。人の意見もちゃんと理解してください。
>>267以降にはすでにその反論を書きました。

327 :世界@名無史さん:04/04/27 17:04
>>326
こんなヤツもういいかげんほっとけ

328 :世界@名無史さん:04/04/27 17:04
>>324
IPチェクでも監理サイドにきいてみろよ。
反論もしないでエラそうなこというやつこそ荒らし。

おれは反グローバリズム反EUだ。
東欧の独自性が失われる懸念をおもっている。
しかしEU軍創設が現実味を帯びてきたからなあ、、
反米だから、思わず応援してしまう。

>>267以降にはすでにその反論を書きました。

反論にしては希望的予測すぎるなあW

329 :世界@名無史さん:04/04/27 17:08
>>328
現実にイタリア・アイルランド・スペインなど数十年前までは遅れていた工業国で起きたことが
東欧の新規加盟国にも起きると言っているのですが。自分としては自然な推測だと思います。
>>320で「結論」と描いていること自体、「エラそうなこと」ではないでしょうか?

330 :世界@名無史さん:04/04/27 17:10
>>329
元から西側と 元は東側の差があるんだよ

331 :世界@名無史さん:04/04/27 17:13
ところで、今のポーランドの振る舞いをみて、EU主要国から
「恥じ知らすな国」とのレッテルをはられてるらしい、のはしってる?
信用度がガタ落ちらしいな。
NHK報道から

332 :世界@名無史さん:04/04/27 17:13
>>329
お前、いい加減にしろ

333 :世界@名無史さん:04/04/27 17:14
>>330
差はもちろんあります。イタリアなどの国が高度成長した時代は
東欧ではまだやっと民主化運動をしていた時代ですから。
だから、差というのは、時間軸的なものに過ぎません。

334 :世界@名無史さん:04/04/27 17:15
>>333
おまえ なにもしらないんだな
思考や文化にまで差があるんだよ。だからロシアでは海外企業が
進出しづらいんだ

335 :世界@名無史さん:04/04/27 17:16
>>333
あまりにも皮相的すぎる。まともに経済学お勉強して出直すように。

336 :世界@名無史さん:04/04/27 17:16
>>334
ロシアの話じゃないでしょ。
また、ロシアで海外企業が進出できないのは、制度的な不備があるからでしょ。
EUの新規加盟国ではその問題は解決済み。

337 :世界@名無史さん:04/04/27 17:17
>>331
英米では評判いいわけだが



338 :世界@名無史さん:04/04/27 17:17
>>334-335
333は各スレで一撃論破されて荒らしに走っているヤシなんだから相手にすんなよ。

339 :世界@名無史さん:04/04/27 17:18
>>337
英米でも大統領の「だまされた」発言以降の評判はがた落ちだよ。
お前には都合のいい話しか聞こえないようだな。

340 :世界@名無史さん:04/04/27 17:20
>>336
はい??
そんな不備は進出会社がなんとかするだろ。問題は資本主義という
概念がないということ。

341 :世界@名無史さん:04/04/27 17:20
>>335
皮相的なのはどっちだか。
経済学的には東欧新規加盟国の発展は約束されたも同然。
制度的整備が西欧と同じ基準にまで進み、賃金も安い。
あとは市場との距離に比例して、大市場から近い国から発展していくと考えるのは経済的に当然。

342 :世界@名無史さん:04/04/27 17:21
>>341
>制度的整備が西欧と同じ基準にまで進み

進んでねえだろ 失業率20%だぞ 
急いだツケはこれから加算される

343 :世界@名無史さん:04/04/27 17:22
>>340
ロシアの新興財閥が過去にやったようなヤバイことを西側の企業がやるはずないでしょ。
なんとかできるわけがない。
資本主義というのは制度的インフラが整えば自動的に発展するもの。

344 :世界@名無史さん:04/04/27 17:23
>>343
アメリカの企業ができねえのに、なんで西欧はできるのかねえ?

345 :世界@名無史さん:04/04/27 17:25
>>342
失業率が高いから、対内投資する投資家に賃金面で有利なわけ。
制度はEU基準を満たしているかどうかという問題で、この問題が解決したからEUに入れる。
たとえばハンガリーは財政赤字が経済規模に対して大きすぎるが、これも
制度が整備されたこととは別の話。

346 :世界@名無史さん:04/04/27 17:27
>>344
何を言ってるのかさっぱり。
思考が破綻してませんか?

347 :世界@名無史さん:04/04/27 17:30
>>345
ほんと都合の悪いことはまったく無視するヤシだな、お前。

348 :世界@名無史さん:04/04/27 17:30
>>345
だから西側の理論で東側をみるなって
基盤が違う、西側の理論が通じるようになるまで
教育しないといけないが それはちょっとやそっとの
年数でできることじゃないんだ
不可能に近い。関東関西とか、そういう範囲じゃない
もっと根源的に違うんだよアッチの国々わ

349 :世界@名無史さん:04/04/27 17:30
要するに数年してそういった国が経済成長してるかどうか事実を見ればどっちが言ってるのが正しいかわかるだろ
議論がループして退屈になってきたぞ

350 :世界@名無史さん:04/04/27 17:30
>>347
オマエだけは消えろ

351 :世界@名無史さん:04/04/27 17:33
何でチェコ・ポーランド・ハンガリー等の中欧の主要国の失業率が高いのかというと、
それだけドラスティックな経済構造改革をしているから。

>>348
不可能かどうかは失業率より、GDP成長率を見れば判ること。

352 :世界@名無史さん:04/04/27 17:33
>要するに数年して

いや、もっと長いスパンでみる必要があるが、その前に
憲法、大統領の問題があってEU存続すらどうかわかんないぞ

353 :世界@名無史さん:04/04/27 17:35
>不可能かどうかは失業率より、GDP成長率を見れば判ること。

一部の裕福層を基準にしろと?

354 :世界@名無史さん:04/04/27 17:39
GDP成長率の現在の状況を見ると中欧各国は軒並み成長率が高い。
http://dataranking.com/Japanese/ne02-1.html

EU加盟後はさらに高くなる。要するに富の移動が西欧から中欧へ、そして東欧へと進む。
まずは中欧諸国が発展する。

355 :世界@名無史さん:04/04/27 17:41
ttp://new.osaka.cci.or.jp/Chousa_Kenkyuu_Iken/Sonota/EU_business/01-gaikyou.html
ここなんかみると 一人当たりGDP  2002年
米国 37,990
日本 33,386
EU(15ヶ国)24,174
拡大EU(25ヶ国)21,921

てなってるから、EUはダメポ

356 :世界@名無史さん:04/04/27 17:41
要するに富の移動が西欧から中欧へ、そして東欧へと沈む

357 :世界@名無史さん:04/04/27 17:42
>>349
>>354のリンク先を見ればいかにドイツ・フランス・スイス(EUではないが西欧の先進工業国として)・オランダの成長率が低く、
中欧諸国とアイルランドなどEUの新興工業国の成長率が高いかがわかる。

すでに結果は出ている。

358 :世界@名無史さん:04/04/27 17:44
>>356
オマエだけは消えろ

359 :世界@名無史さん:04/04/27 17:45
>>357
元から西側と元東側を混同するなって

360 :世界@名無史さん:04/04/27 17:45
>>358さっきからウザイ

361 :世界@名無史さん:04/04/27 17:47
>>359
してないって。
http://dataranking.com/Japanese/ne02-1.html
↑のスロバキア・ポーランド・ハンガリー・チェコ(すべて元東側)の数字とランクを見なさい。

362 :世界@名無史さん:04/04/27 17:48
>>360
オマエ、いいかげんにしろよ

363 :世界@名無史さん:04/04/27 17:49
>>355
357ってこういう統計を見ようとしていないんだよなぁ。

EUが拡大することにより、逆にEU全体としては競争力が低下してしまうことが
まるで理解できないんだろうな。いまだにマスメリット信仰でもしているのか?

364 :世界@名無史さん:04/04/27 17:50
>>361
ソースによってはな。
実際は失業率は悪化してるのだが

365 :世界@名無史さん:04/04/27 17:52
>>363
そうなんだよ。結果共産主義の末期状態のような、底辺での足の引っ張りあいに
なるというカラクリがあるという罠

366 :世界@名無史さん:04/04/27 17:52
>>363
一人当たりGDPの平均値は競争力とは関係ないんだけど。
むしろ、新規加盟国の競争力が上がることだけは間接的に意味するが。

367 :世界@名無史さん:04/04/27 17:54
>>364
失業率の上昇圧力があるのは当然。
これらの国では経済構造改革をしなくてはならない。
これらの国では高いペースで対内投資が行なわれることが大事。

368 :世界@名無史さん:04/04/27 17:56
EUは腹の減った虫を飼いこんで疲弊するに一票
やがて崩壊するだろうに一票

369 :世界@名無史さん:04/04/27 17:56
>>365
感性だけでものを考えてませんか?

370 :世界@名無史さん:04/04/27 17:58
独仏が衰退するに一票
新規加盟国が発展するに一票

371 :世界@名無史さん:04/04/27 17:58
>>363が正解


372 :世界@名無史さん:04/04/27 17:59
>>370
独仏はアラブとのパイプがあるが、他にはないよ。
イラク派兵でブッツンコしたから。長期的には仏独が勝つ仕組み。

373 :世界@名無史さん:04/04/27 17:59
>>369-370
お前、もはや完全に荒らしモードだな。

374 :世界@名無史さん:04/04/27 18:00
>>370
たしかにそうなると思います。
ドイツとフランスは大変な時期を迎え、
スペイン・イタリア・チェコ・ポーランド・ハンガリーは発展すると思います。
アイルランドは中東欧に競争相手ができる分、これまでの成長は期待できなくなると思います。

375 :世界@名無史さん:04/04/27 18:01
>>374
とうとう自作自演まで開始か

376 :世界@名無史さん:04/04/27 18:02
>>372
いきなりなんでアラブ?

377 :世界@名無史さん:04/04/27 18:03
>>374
仏独の柱なくしてEUはありえないのになあ、、、癌みたいだな

378 :世界@名無史さん:04/04/27 18:03
>>375
感情的になって自作自演といって荒らすのは卑怯ではないですか?

379 :世界@名無史さん:04/04/27 18:03
>>376
今後の石油業界の動向

380 :世界@名無史さん:04/04/27 18:03
>>373
>>375
オマエ、消えろ

381 :世界@名無史さん:04/04/27 18:05
>>379
今後もメジャーの支配が続くでしょう。
石油ではフランスやドイツ、特にドイツは蚊帳の外です。
また、ドイツの産業の市場はアメリカ。
輸出総額の確か65%がアメリカ向けです。アメリカナシにドイツは成り立ちません。

382 :世界@名無史さん:04/04/27 18:05
ちなみに今ロシア経済は成長してるね。
これから先EU脱退してCISに入り治したりな

383 :世界@名無史さん:04/04/27 18:07
>>381
いや、イラク戦争あとは、ドイツにアラブの富豪がいっぱいやってきて
関係が向上しまくったらしい。フセイン政権からも石油の開発権利を買ってたし
まだ放棄したわけじゃないし。

384 :世界@名無史さん:04/04/27 18:07
ポーランドは世界一と叫びたいだけなんだから、叫ばせといてやれよ。

385 :世界@名無史さん:04/04/27 18:08
>>377
>仏独の柱なくして
というのも、この2カ国の経済のサイズが突発して大きいからでしょう。
他の国が発展してEU内の経済の力関係は多極化するのです。
EU憲法の元では、人口の多い仏独の政治力は維持されます。

386 :世界@名無史さん:04/04/27 18:09
>>384
ポーランドだけが問題じゃないのに何故にポーランドにこだわるのですか?

387 :世界@名無史さん:04/04/27 18:10
>>385
仏独がEUを貧しい国の育成所のように考えてるわけがない。
上限付きの成長、、あとは搾取。


388 :世界@名無史さん:04/04/27 18:11
>>386
いい加減頭を冷やせ

389 :世界@名無史さん:04/04/27 18:11
>>382
バルト三国の一部はCISに入らずとも、何らかの不安定要因を抱え込むことはありえます。

390 :世界@名無史さん:04/04/27 18:13
>>387
それはあなたの希望的観測でしょう。

391 :世界@名無史さん:04/04/27 18:15
>>390
仏独が仏様みたいに貧しい国に手を差し伸べるわけないだろって。
アホらしい。仏独は新しい小作人が欲しいんだよ。

392 :世界@名無史さん:04/04/27 18:16
>>387
EUの恩恵を最も蒙る国はチェコとハンガリーなのは間違いないです。
同じ中欧でもポーランドとスロバキアは国営企業と農業の改革が遅れているので問題ありですが、
それでも結局経済的なメリットは大きいでしょう。

393 :世界@名無史さん:04/04/27 18:19
いまのEUはボスが子分を募集してる段階

394 :世界@名無史さん:04/04/27 18:19
>>391
アメリカというドイツやフランスにとって最も大事な市場が飽和状態にあるのに、
さらなる供給力を求めるだけの理由で新規加盟国を認めるわけないでしょ。
既存の加盟国は新規加盟国に投資し、経済を発展させることで新規加盟国にとってメリットとなり、
それによって拡大した市場で独自のの製品やサービスを売ることで既存の加盟国へ利益を還元する絵図。

395 :世界@名無史さん:04/04/27 18:23
>>394
だから、それこそ牧畜の法則だろ。羊の毛狩り
最後には御主人様がおよろこびになられる

396 :世界@名無史さん:04/04/27 18:24
>>393
フランスやドイツに必ずしも同調しない勢力(イギリスやイタリア)の味方が増えるだけでしょう。
EU憲法制定に関してスペインとポーランドがニース条約どおりにするよう運動したことでも明白。
しかし、新規加盟国最大の経済圏であるポーランドは必ずしも反フランスではない。

397 :世界@名無史さん:04/04/27 18:25
>>395のような煽りしかいなくなってしまいましたね。

398 :世界@名無史さん:04/04/27 18:27
>>396
だから憲法でもめもめしてるんだろ

399 :世界@名無史さん:04/04/27 18:29
>>395
マジレスすると、羊のように何の権利もなければそうなるが、
EU域内では住民は法的に平等になる。したがって、ドイツ人やフランス人のご主人様が
スペイン人やポーランド人やチェコ人になることも当然ありうる。

400 :世界@名無史さん:04/04/27 18:30
だからドイツは世界一なんだよ

401 :世界@名無史さん:04/04/27 18:31
>>400
それが本音なんですね。バカバカしい。。。

402 :世界@名無史さん:04/04/27 18:31
>>399
それはナイだろ。もしあったら大問題になる。

403 :世界@名無史さん:04/04/27 18:32
>>402
既にスペイン企業もイタリア企業もポーランド企業もチェコ企業もドイツに進出してますが?

404 :世界@名無史さん:04/04/27 18:33
ま、弱小国の寄せ集めだから、将来的にインド、ロシア、アセアンの発展には
及ばないだろう

405 :世界@名無史さん:04/04/27 18:33
ロシア系企業はドイツとかの大企業を次々に買収してるな

406 :402:04/04/27 18:34
>>403
国家単位での評価の話し。プライドの高い仏独が、東欧諸国の下に位置する
ようにするわけない

407 :世界@名無史さん:04/04/27 18:35
ドイツのご主人様はロシアか

408 :世界@名無史さん:04/04/27 18:36
>>406
国家単位なら当然でしょう。
しかし、企業単位なら東欧諸国の企業に使用されるドイツ人やフランス人は既に大勢いるのです。

409 :世界@名無史さん:04/04/27 18:38
そりゃ日本人にもサムソンの社員やハイアールの社員はいる罠

410 :世界@名無史さん:04/04/27 18:39
>>408
その企業の利益を自国家の利益に変換するのが主要国の野望

411 :世界@名無史さん:04/04/27 18:39
>>408
遠い将来、人口がドイツ(約8000万)やフランス(約7000万)を凌駕する国が現れればわからないよ
EUは人口重視だから
でも新規加盟国の最大は今のところポーランドの約4000万
問題はトルコか

412 :世界@名無史さん:04/04/27 18:40
>>410
独占資本主義の時代だと思ってるのか
アホくさ

413 :世界@名無史さん:04/04/27 18:40
ロシアはどうよ

414 :世界@名無史さん:04/04/27 18:41
>>409
>>410
まあ、中国の野望は認める

415 :世界@名無史さん:04/04/27 18:42
<<412
独占資本主義の時代だと思ってないのか
アホくさ

416 :世界@名無史さん:04/04/27 18:43
>>415
まあ、ロシアの野望も認める

417 :世界@名無史さん:04/04/27 18:43
ロシアは天然資源でドイツとフランスを支配する気だからな

418 :世界@名無史さん:04/04/27 18:45
http://society.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1039715651/9
皆さんも本当はお気付きになっているはずです。
経済的にはかなりドイツもガタが来ているらしいことや、
ユーロ圏内にも国力差がありすぎて、メリットがあるのは大規模資本だけだと。
中小零歳でなんとかやってこられれた所はこれからの大競争で淘汰され、
旧東欧圏の労働力で復活を遂げようと西側は画策しているのかもしれません。
聞けばECの重鎮さんたちは大抵が各国の旧貴族や資本家の出自だそうじゃないです
か。
新しい形の植民地主義として、格差のある東欧などを新市場として囲い込むつもりで
しょう。

もれのいいたいことはまさにコレかも

419 :世界@名無史さん:04/04/27 18:46
EUを支配するのはアメリカとロシア。ドイツやフランスではない。

420 :世界@名無史さん:04/04/27 18:47
>>418
いいや、ドイツとフランスはアメリカとロシアの植民地になるんだよ

421 :世界@名無史さん:04/04/27 18:49
日本と、中国やインドのように100倍以上の格差があればそりゃ植民地主義的メリットはあるが、
3倍から5倍程度の収入格差の東欧を囲って市場としてなんの旨味があるのか

422 :世界@名無史さん:04/04/27 18:52
>>421
ちょこっと旨味がある、、、
それかソビエトみたいな強大な欧州に憧れてんのか


423 :世界@名無史さん:04/04/27 18:53
だいたい新興国の中小零細企業にとって、自国のEU加盟ほどオイシイはなしはあろうかってこと

424 :世界@名無史さん:04/04/27 18:54
そういった中小企業にとっては、ドイツやらフランスやらのライバル企業を叩き潰す千載一遇のチャンス

425 :世界@名無史さん:04/04/27 18:56
コイツがいいこといった!
ttp://society.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1039715651/20
※ ハンガリー、ポーランドなどはポルトガルよりもずっと国民総生産が低いとか。
そのため、購買力もなくついてこられないと予測できる国々に対しては
EUへの加盟は認めるものの、ユーロ通貨圏としては組み込まないことを
すでに取り決めているらしいです。となると、これは結果的に旧東欧諸国から
できるだけ安く労働力を吸い上げて、これら諸国の産業育成よりも単なる消費市場と
してしか扱わないということになります。


やはりな〜〜

426 :世界@名無史さん:04/04/27 18:56
>>422
ちょこっとの旨味のために、国内経済の大半を占める中小零細企業を犠牲にして
東欧諸国のライバル企業に奉げてもいいわけだね

427 :世界@名無史さん:04/04/27 18:58
>>425
あのねぇ、ユーロ圏に組み込まないことは東欧にとってメリットがあるの
西のマルクを導入した東ドイツの悲劇を繰り返さないために

428 :世界@名無史さん:04/04/27 19:01
>>427
搾取されるメリットもな〜

429 :世界@名無史さん:04/04/27 19:05
新規加盟の10カ国は、加盟後少なくても2年間はユーロを採用しない
http://www.shugiin.go.jp/itdb_kenpou.nsf/html/kenpou/1590304zepter06.pdf/$File/1590304zepter06.pdf

いま採用されたら困るのは新規加盟国の新興企業

430 :429:04/04/27 19:06
為替の旨味がなくなるからな

431 :世界@名無史さん:04/04/27 19:06
「メード・イン・EU」にブランド統一検討、業界反発(読売新聞)
 【ベルリン=宮明敬】「ドイツ製」の車や「イタリア製」の靴がなくなる?――
欧州連合(EU)の執行
機関である欧州委員会が、EU域内産品すべてに、統一ラベル「メード・イン・E
U」の導入を検討して
いることが明らかになり、ドイツ産業界などの反発を呼んでいる

これだもんな、、

432 :世界@名無史さん:04/04/27 19:07
ハンガリー・ポーランド・チェコのユーロ加盟は2009年とされている。5年後。

433 :世界@名無史さん:04/04/27 19:09
「メード・イン・EU」ブランドで得をするのは当然東欧の企業

434 :世界@名無史さん:04/04/27 19:10
なんだ独仏が損して東欧が得するだけじゃん

435 :世界@名無史さん:04/04/27 19:10
延長されたりなw
そのころはもっと酷くなってる悪寒もあり

436 :世界@名無史さん:04/04/27 19:10
>>434
今は家畜にエサをやる段階

437 :世界@名無史さん:04/04/27 19:11
延長して欲しいのが東欧企業の本音
ユーロ高止まりで為替の旨味をできるだけ長く享受したい

438 :世界@名無史さん:04/04/27 19:13
新加盟国=新植民地

439 :世界@名無史さん:04/04/27 19:14
経済格差が平準化する方向に向かうわけだから、戦争でもない限り永遠にエサがもらえる
オイシイ構図

440 :世界@名無史さん:04/04/27 19:15
なんだ結局東欧の勝利だな

441 :世界@名無史さん:04/04/27 19:16
東欧の企業は5月1日が待ち遠しいだろうな
おめでとう

442 :世界@名無史さん:04/04/27 19:17
結局大団円だな

443 :世界@名無史さん:04/04/27 19:17
東欧は家畜なんだが、、

ところでこんなのもある

展望も政策的合意も欠如したEUサミット
ttp://www.jrcl.net/web/frame0920b.html
>今日存在していない、明確に確立された欧州連合の指導部がなくては、こ
>うした矛盾は深刻な危機へと上り詰めていくことになりうる。

444 :世界@名無史さん:04/04/27 19:19
スウェーデン企業もクローネの対ユーロ安を利用してオイシイ思いをしている

445 :世界@名無史さん:04/04/27 19:20
東欧をユーロに組み込むことはドイツとフランスの責任である
が、東欧はイヤイヤしている

446 :世界@名無史さん:04/04/27 19:20
スウェーデンでは暗殺もあったよな、、だれだっけ?

447 :世界@名無史さん:04/04/27 19:21
イギリス企業も対ユーロのポンド安を利用している
イギリスはそもそもユーロなんかに興味がない

448 :世界@名無史さん:04/04/27 19:22
なんとしてもユーロ圏に東欧を組み込まないと植民地化が完成しない

449 :世界@名無史さん:04/04/27 19:22
ユーロに入っていない東欧はただ儲かるだけの構図になっている

450 :世界@名無史さん:04/04/27 19:24
>>448
(・∀・)ソレダ!!

451 :世界@名無史さん:04/04/27 19:25
通貨が異なっているのに関税がゼロだからな
これじゃドイツが価格的競争力のある東欧の草刈場になっているのも同然

452 :世界@名無史さん:04/04/27 19:26
このままでは東欧はドイツの家畜で、ドイツ人は東欧人の家畜だ

453 :世界@名無史さん:04/04/27 19:27
それでいいんじゃない?
日本人には関係ない>ドイツ人は東欧人の家畜

454 :世界@名無史さん:04/04/27 19:28
>>452
(・∀・)ソレダ!!
それが個人主義西洋の足の引っ張りあい
自分が自分がと騒ぎ立て
やがて競争力が低下し沈んでいく

455 :世界@名無史さん:04/04/27 19:29
>>448
ダメ
東欧に競争力がついてから組み込んでも、ドイツがさらに東欧の家畜になるだけだ

456 :世界@名無史さん:04/04/27 19:31
>東欧に競争力がついてから

その後ドイツの市場になる

457 :世界@名無史さん:04/04/27 19:31
>>454
いやだ、ドイツが世界で一番えらくなきゃ
日本人はドイツの家畜でいいからベンツをもっと買え
漏れの親父もベンツ持ってるし、オカンはVWだ
うちは家族揃ってドイツファンだからな
オペルは実質アメ車なのでダメ

458 :世界@名無史さん:04/04/27 19:32
日本がEUの家畜になればいい
皆ブランド品スキじゃん

459 :世界@名無史さん:04/04/27 19:33
ほら>>457みたいなヤシ

460 :457:04/04/27 19:34
うちはヨーロッパの家畜なら家畜でかまわないの
アメリカはイヤだけど

461 :世界@名無史さん:04/04/27 19:34
その前にEU発足以来のあの高い失業率がよくならないと
返って主要国群がEUに不満を持ち、いろいろ画策してくるだろ〜ネ!

462 :世界@名無史さん:04/04/27 19:35
>>456
ドイツの対東欧貿易は輸出入がほぼ同額になっていて、東欧はちっともドイツの植民地になっていない

463 :世界@名無史さん:04/04/27 19:37
>>462
だから加盟させるんだよ

464 :世界@名無史さん:04/04/27 19:38
そもそも植民地経営なんてペイしないんだよ


465 :世界@名無史さん:04/04/27 19:39
>>463
馬鹿だな
加盟して関税がゼロになったらドイツが入超になるだろ
ドイツが東欧の植民地になっちまうわい

466 :世界@名無史さん:04/04/27 19:40
進むのも引くのもダメなのか
かわいそうなドイツ、、、

467 :世界@名無史さん:04/04/27 19:41
>>466
自業自得なんだよ

468 :世界@名無史さん:04/04/27 19:41
>>465
だから、これからそうならないような「憲法」にするのさ

469 :世界@名無史さん:04/04/27 19:53
確かなのは欧州大統領が大国主導に拍車をかけるだろうね。
仏の陰謀は中央集権制らしいから。

470 :世界@名無史さん:04/04/27 20:37
ttp://www.worldtimes.co.jp/
英世論は欧州懐疑派がなお支配的

(英国では)主要な保守系メディアが反欧州キャンペーンを執拗に繰り返し、
世論を左右している。親米で保守党支持のデーリー・テレグラフ紙、
右派大衆紙のデーリー・メールだけでなく、ブレア政権を支持している
サン紙(最大部数を誇るタブロイド紙で影響力が絶大)も反欧州の
旗振り役をしている。テレグラフ・グループやメール・グループは完全な
英米資本、そしてサン紙もオーストラリア人のメディア王マードック氏
所有のニューズ・インターナショナル社(タイムズ紙、日曜紙ニューズ・
オブ・ザ・ワールドも含む)に属する。大衆紙エキスプレスはユダヤ
資本だが、ブレア政権のEU肩入れを嫌って二十二日に保守党支持を
鮮明にした。
これら保守系メディアにとっては、欧州問題は政治経済上の問題だけで
なくアングロサクソン国家の命運が懸かった問題でもあるようだ。また
ユダヤ資本にとっては、再び反ユダヤ的動きが出ている欧州大陸とは
一線を画したいとの思いがあると考えられる。



471 :世界@名無史さん:04/04/27 20:40
ttp://www.worldtimes.co.jp/
フランスの2003年財政赤字がGDPの4・1%
 
【パリ27日安倍雅信】仏国立統計局(INSEE)は二十七日、フランスの
公共部門での二〇〇三年の財政赤字が、国内総生産(GDP)の4・1%
だったと発表した。欧州連合(EU)のユーロ加盟国は、GDPの3%を
超えないことが定められている。また、昨年の公共負債は、生産高の63・7%
に達したとしている。ユーロ圏は60%を超えないことが定められている。
仏政府は、財政赤字問題で欧州委員会から何度も警告を受けており、財政赤字
削減が急務とされている。INSEEは、さらに昨年のフランスの経済成長率
が、0・5%だったと報告した。

472 :世界@名無史さん:04/04/27 23:08
NHK BS1
大ヨーロッパ誕生
 〜EU拡大で変わる人々のくらし〜」
5月1日  午後6・00〜11・50

5月1日、EU=ヨーロッパ連合は、ポーランド・チェコなど10か国の加盟国
を迎え、東方に大きく拡大する。アイルランドのダブリンでは、新旧あわせて
25の加盟国の首脳が一堂に会し記念式典を行う。




473 :世界@名無史さん:04/04/27 23:16
どう議論しようとも、

EU加盟してから3年間ぐらいのの平均で東欧諸国の
1.GDP成長率が下がる
2.失業率が上がる
3.現加盟国との賃金格差が広がる
の現象が観測されれば、新規国のEU加盟は現加盟国への隷属だった、となる。
つまりは現加盟国による植民地化、収奪である。
さらに、
4.高付加価値製品(農産物のような一次産品ではない)に関税が儲けられる
という現象が観測されれば、隷属は大国の陰謀によるものにまちがいない。

上の1〜4の逆の現象が起きれば、これは新規国がEU加盟を生かして発展していることを意味する。
すなわち新規加盟国が現加盟国から富を奪ったということを意味する。

こういうことだけは、はっきりしている。

474 :世界@名無史さん:04/04/27 23:19
EU大統領職が創設されたら、大統領は小国から選出される可能性が高い。
多分ベルギーかアイルランドあたりだ。
その次期大統領も小国から。多分チェコあたり。
大国から選出される可能性はほとんどない。

475 :世界@名無史さん:04/04/27 23:21
>>472
ベルリン・ワルシャワコンサート二元中継とか、プラハからのレポートとか色々やるみたいだな。

476 :世界@名無史さん:04/04/27 23:37
>>473
沿岸部と内陸との収入格差が広がる中国と違って、富が平準化していく現象が観測されれば、新規加盟国は万歳だということだな

477 :世界@名無史さん:04/04/28 01:52
>>474
Wikipedia
2003年 - 欧州連合 (EU) の欧州協議会で、「欧州大統領」の創
設がジスカールデスタン議長(元仏大統領)により提案される。大国は賛成だ
が、中小国は大国主導になることを恐れ反対している。

これはどうなんだ

あと
ttp://www.asyura.com/2002/bd20/msg/496.html
 EUの将来像については、加盟国の主権を制限してEUの権限を強化する「欧州連邦構
想」をドイツが提案している。

これもな


478 :世界@名無史さん:04/04/28 01:54
こんなのもある
ttp://www.worldtimes.co.jp/w/eu/news/040101-153408.html
シラク大統領はフランスがEU憲法制定で指導的役割を果たすことを約束するとも述べた
ttp://www.worldtimes.co.jp/w/eu/eu2/mb040427.html
 しかし、不安もある。リトアニアなど、旧中・東欧諸国は加盟を果たした後も、
即座に人の移動が可能になるわけではないからだ。つまり、豊かな西ヨーロッパ
諸国に人々が大量に移動しないように移民規制が敷かれる。そうなれば、今まで
労働ビザなしでも、大目に見てくれたパリの仕事や滞在が厳しくなる可能性がある
と友人から告げられたのだ。

とかもある。ただでEU加盟させるほど、大国はマヌケじゃない


479 :世界@名無史さん:04/04/28 01:57
>>473
>EU加盟してから3年間ぐらいのの平均で東欧諸国の
そんな短い期間では判断できないね

480 :世界@名無史さん:04/04/30 16:54
>>478
>ただでEU加盟させるほど、大国はマヌケじゃない
タダどころか、物凄い額の補助金が西欧から東欧に流れるのをご存知か?

>>479
一年目で将来像が見えてくる。

481 :世界@名無史さん:04/05/01 13:55
「副島隆彦(そえじま・たかひこ)の学問道場」
http://soejima.to/

「今日のぼやき」
http://snsi-j.jp/boyaki/diary.cgi

136.世界は金融経済から実物経済へ(下) 2001.3.13(現在有料)より一部引用転載

ヨーロッパ諸国は、EU(ヨーロッパ連合)を作って団結して、アメリカの世界一極支配に
対抗しているのである。EUを実質的に支配して運営しているのは旧オーストリア=ハンガリー
二重帝国の皇帝だったハプスブルグ家につながるハプスブルグ貴族たちである。
あの国際オリンピック委員会(IOC)のスペイン人のサマランチ会長などもそうだ。
ハプスブルグ家はスペインから始まった。

 モンペルラン・ソサエティという学者集団があって、たとえばフリードリヒ・ハイエク
などのアメリカ・シカゴ学派の大経済学者たちもこの欧州中心の貴族的な団体のメンバーである。
彼らは、「満州一旗組の成り上がり者」のようなアメリカ人からあごで使われるのが我慢が
ならない。だからヨーロッパ人は団結するのである。特にフランス人の鼻息が荒い。
フランス人は、たとえ庶民層でもアメリカの風下に立つことを潔しとしない。

彼らは、パリの郊外のユーロ・ディズニーランドに行って、わざと、カリフォルニア産の
ワインを口に含んでから地面に吐き捨てて「こんなもの飲めるか。これはワインではない」
と、やるのである。ユーロ・ディズニーランドは経営に失敗した。
マクドナルド・ショップは、繰り返しフランス農民のこやし撒き攻撃に合う。ヨーロッパ人の
アメリカ人に対する反感は強まっている。
「やっぱり、あの国は好きになれない」と公言し出した。日本でもこの動きは再び興るだろう。


482 :世界@名無史さん:04/05/01 13:57
(中略)ヨーロッパの団結(ユナイテッド・ヨーロッパ!)を推進しているのは、前述した
旧ハプスブルグ系貴族たちと、イギリスのロスチャイルド卿、即ち、ジェイコブ・ロス
チャイルド伯爵を総帥とするヨーロッパ各国のの金融経済界である。この両者が手を組んで
アメリカの力と対決しようとしているのである。かれら欧州貴族たちは、実は腹の底の、
最終戦略としては、ユーロ通貨がどんなに下落しようともビクともしない、と考えている。
ユーロ通貨が更に下がれば、欧州各国の輸出大企業が儲かる。そして統一通貨だから、
欧州域内は為替の変動リスクは無い。だから域内での取引きは増大する。まるで欧州に
自然な貿易障壁のお城の壁を築いたようなものなのだ。ヨーロッパは何が起ころうと、
世界中に刷りまくって垂れ流した米ドルが「サステイナビリティ(信用保持力)」を失って
一気に大崩落しようと構わない。域内平和を守れるのである。だからヨーロッパ各国から
主権(ソブランティ)の一部を奪い取り差し出し合って欧州中央銀行(ECB)を作った。
ここに全ての金融政策(ファイナンシアル・ポリシー。金利と為替と通貨供給量)の機能を
握らせた。ヨーロッパ各国政府に残された手段は、財政政策(フィスカル・ポリシー。
財政出動による景気対策)だけである。例えばEU域内の劣等生である「黒いアヒル」と
呼ばれるイタリアの景気が悪化すれば、イタリアの物価が下落するから、そうしたら
他の周りの国々から買い物客が殺到する。そうやって再びイタリアは持ち直す。
このような経済の自律安定機能(スタビライザー)がうまく機能すると考えている。
本当にこれで大丈夫なのかは分からない。神のみぞ知るである。
しかし長い近代階級社会の伝統を持つ老獪な欧州貴族たちが、自分たち自身の片腕を縛るに等しい、金融政策を使えなくして敢えて
「政府の市場経済に対する干渉を以後、絶対にやめる」と決めたのだ。

このことはやがて襲い来る世界的な超インフレの脅威に対する最大の防御策となるだろう。だから、
アメリカがどんなに不愉快でも、ヨーロッパ諸国の指導者たちは、もう金融政策をいじくり回すことを
止めたのだ。

引用終


483 :世界@名無史さん:04/05/01 22:02
29 :朝まで名無しさん :04/04/25 15:11 ID:6LJeLoPo
>>18
日本じゃEUはバラ色報道しかされないが、
ニース条約以後独vs仏vs南欧の多重対立構造になりつつある。
QMVが批准され、人口比に沿った欧州議会議員選出が可能になり、
人口の多い独から多くの議員が出ることを仏が嫌気するものの、
予算拠出国として議会を抑えたい独は知らぬ顔。
オマケに東欧諸国の加入で歴史的にマルク経済圏である地域が統合され、
独仏国境がEUの中心である現状から重心が東方に移動することを仏は恐れている。

また、仏は欧州予算の過半占めるCAP(農業補助)を圧倒的有利に独占しており、
その点も英独からの批判が強い。

さらに南欧やベネルクス諸国を中心とした小国は以上の大国同士の覇権争いに加え、
「一国一票」の原則を崩すQMVの導入に激しく反対しており、
いまやEUを支える唯一の動機は「拡大」という抽象的な一語に尽きている。

通貨統合の次に予定されているCFSPは英以外にも反対論が激しく、完全に座礁に乗り上げている。
もっとも洗練された外交制度を持つEUですらこのありさま。
日本の欧州コンプ丸出しの学者の本ばっかり読まないでMoravcsikとか読めよ


484 :世界@名無史さん:04/05/01 22:04
227 :名無しさん@4周年 :04/05/01 13:14 ID:eopj9iNe
>>226
そう!それなんだな、問題は。
結局カトリックとプロテスタントしか加盟できないのがEU。
なにが押収統合なんだか。正教圏ではギリシャ系はなんとか認められた
ものの、ルーマニア、ブルガリアなんかは嫌がられているんじゃないか。
経済や法律以前に、宗教が大きな障壁になっている悪寒。
だかトルコ、セルビアモンテネグロ、ベラルーシウクライナなんかは
絶対無理だな。
もし加盟が許されたら奇跡。


485 :世界@名無史さん:04/05/01 22:05
262 :名無しさん@4周年 :04/05/01 19:53 ID:JF3QRC9w
>>227
同意。
EU=キリスト教西方教会圏の「再統合」(もちろん新大陸などは除く)。
ギリシアだけがなぜか例外だが(地政学的なものだろう。でもNATOで十分なんだよな)。
もっとコアな部分を言えば、とても大陸的でラテン・カトリック的。
(ドイツも半分カトリック圏であることに注意)
ノルウェー(非加盟)がそれを良く表しているが、
イギリスと残りの北欧(除くフィンランド)も本当はしっくり逝っていないw
反対に、中東欧のカトリック圏は、少なくとも気持ちだけはEUマンセー。

486 :世界@名無史さん:04/05/02 03:19
シラクは例のブレアの「国民投票」発言に対して、「加盟国は一定期間内に
批准するか、EUから脱退するかの選択肢しかない」と挑発したそうな。

487 :世界@名無史さん:04/05/02 08:01
>>485
カトリックとは普遍的って意味だろ。
ECももともとフランスの普遍主義から生まれたと言われているだろ。
例えば、万博、ワールドカップ、近代オリンピック、F1、等々全て言いだしっぺ
がフランス人と言うのは偶然ではないよ。
イギリス起源の流行やファッションを世界に広めるのもパリコレだったりするだろ。

フランスはかくもカトリック丸だしの国だよ。で、産めや増やせやの典型的な
農業国だ。つまり百姓と宗教の国と言うことだな。東方にも開墾と布教したいわけだろ。
進歩しない国だな、フランスも。1000年以上も前からこんなこつずーっとやっているわけだ。
なるほどプーチンが正教の総主教たてる気もわかるな。
いずれEUもバチカンの法王の権威に求心力を求めることになろうかな。
で、それに最も警戒するのが英国議会の国教徒。英国国王はバチカンにすりすり。
ブレアと議会の関係そのものだろ。
でドイツはバチカンの牛状態の資金源か。
イスラムの圧力が求心力と危機感を高めて、トルコの動きが鍵を握ると。
正教ギリシャはイスラムトルコの防波堤と。
その布石としてのキプロス問題と。
EUが懸念しているクルド人の扱いにしても、クルド労働党と言う独立過激派を
もともと支援や保護していたのもギリシャやロシアの正教国。

進歩のない地域だなー、欧州も、昔と同じこと繰り返してら。ばかみたい。
で、またいつかは分裂、と。あーあ同じことの繰り返しで退屈な歴史だこと。
先が見えてら。

てーと、バルカン地域の安定がEUの未来の全てだろうな。
カトリックとイスラムと正教の勢力が均衡している地域だよ。
伝統的に欧州の中東への窓口だな。
北欧や中欧みててもEUの未来は読めまへんで。

488 :世界@名無史さん:04/05/02 08:26
EU大統領が実現したら、王なんて存在は過去の遺物になるな。

489 :世界@名無史さん:04/05/02 10:22
>>481
その副島隆彦ってのは、FOXテレビのアポロでっち上げのネタを盲信して赤っ恥かいた大嘘つきです。
自分の掲示板でも嘘を指摘されて必死になって削除していました。
私も掲示板で親切に嘘を指摘してやったら、CIAのジャパンハンドラー扱いされてしまいました。
http://www2.2ch.net/2ch.html


490 :世界@名無史さん:04/05/02 10:26
副島隆彦について
http://hpcgi1.nifty.com/~naotosi/zatubun.pl?s=9&b=73
http://www.geocities.jp/liniack245/1053096077.html

大嘘つきの腐れ外道だ。


491 :世界@名無史さん:04/05/02 10:27
ポーランドが飛躍する予感

492 :世界@名無史さん:04/05/02 11:48
>>488
EU皇帝は?


493 :世界@名無史さん:04/05/02 18:38
昨日のドキュメンタリー番組見て思ったけど、トルコって何であんなにEUに入りたがってるんだ!?
どう考えても、どう歴史的に見てもヨーロッパじゃないだろ。
EU側も強く言えないのか(米や英がトルコを後押しするせいもあって)ハッキリ逝って交渉の余地なんかないだろ?

大体、地理的にヨーロッパとか言ってる土地もギリシャ人をブチ殺して奪った土地だしなw
宗教の問題でも溝はドンドン深まるばかりなのに、渋ってるEU側が解からない・・・
まだロシアが加盟するなら、理解できるがなw

494 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/05/02 18:58
連中がやりたいのは、ローマ帝国の復活なんだよ。
ギリシャ・ローマ時代の統一されたヨーロッパが理想なんだ。
でもって東ローマ帝国の首都たるコンスタンティノープルがトルコにある以上、
人種や宗教の違いがあれど、トルコもヨーロッパとせざるを得ない。
同様に、いくらカトリックやプロテスタントが運営の中心であっても、
自分たちの文明の祖であるギリシャを放置するわけにもいかない。
それだけのことだと思う。


495 :世界@名無史さん:04/05/02 19:52
ドイツは東欧の発展とともに繁栄してきた国だ。東欧諸国がEUに加盟して経済成長すると、ドイツの
ヨーロッパにおけるプレゼンスが高まり、大ドイツ経済圏が形成されるはずだ。


496 :世界@名無史さん:04/05/02 20:54
シラクがローマ皇帝になるのか?
なんかいやだな。


497 :世界@名無史さん:04/05/02 21:19
トルコとイラン・インドと
周辺諸国から浮いている国と
日本は同盟を組もうよ

498 :世界@名無史さん:04/05/02 21:30
>>497
名前は?
通貨とか作るか?


499 :世界@名無史さん:04/05/02 23:26
カール大帝の末裔を探して出してヨーロッパ皇帝の座に据えよう。

500 :ご入会ありがとうございます:04/05/03 00:20
ご入会ありがとうございます
-+-+-+-+-+-
お客様電話番号
080
お客様ID番号

-+-+-+-+-+-
入会手続きを完了しました。
5日以内に入会金\60,000を下記の口座までお振込み下さい。
3日以内までにお振込みされた方に限り、ご利用料金が半額の\30,000となる早期振込み割引サービスが受けられます。
※振込み人欄には上記のお客様ID番号かまたは、発信登録お客様電話番号を入力して下さい。
なお、お客様のお名前でお振込みをされた場合入金確認が取れない為、再度請求がいく場合がございますので、ご注意下さい。
【振込み先】
UFJ銀行 上野支店 普通 5271865 岡田 二宣(オカダ ツグノリ)
-+-+-+-+-+-
★画像入口★
-+-+-+-+-+-
$Fnmoroman


501 :ご入会ありがとうございます:04/05/03 00:21
ご入会ありがとうございます
-+-+-+-+-+-
お客様電話番号
080
お客様ID番号

-+-+-+-+-+-
入会手続きを完了しました。
5日以内に入会金\60,000を下記の口座までお振込み下さい。
3日以内までにお振込みされた方に限り、ご利用料金が半額の\30,000となる早期振込み割引サービスが受けられます。
※振込み人欄には上記のお客様ID番号かまたは、発信登録お客様電話番号を入力して下さい。
なお、お客様のお名前でお振込みをされた場合入金確認が取れない為、再度請求がいく場合がございますので、ご注意下さい。
【振込み先】
UFJ銀行 上野支店 普通 5271865 岡田 二宣(オカダ ツグノリ)
-+-+-+-+-+-
★画像入口★
-+-+-+-+-+-
$Fnmoroman


502 :世界@名無史さん:04/05/03 07:17
>>497
イランと組んでなんになる。


503 :世界@名無史さん:04/05/03 10:55
キプロスって地理的にはどうみても中東だけど

なんでEUに入れたんだろ

504 :世界@名無史さん:04/05/03 14:27
>>503
中東といってもギリシャ人の国でしょう。
外務省のサイトでもいつのまにかにヨーロッパになってる。

505 :世界@名無史さん:04/05/03 14:31
キプロスが入ったのなら、すぐそばのイスラエルもEU入り可能ってことかな。


506 :世界@名無史さん:04/05/03 17:55
トルコ人はインドヨーロッパ語族だぞ
イルハンの顔みてみろ

507 :世界@名無史さん:04/05/03 19:30
>>506
だったら、何だって言うんだ?


508 :世界@名無史さん:04/05/03 19:56
>>506
嘘言うな

509 :世界@名無史さん:04/05/03 19:59
元々EUは、非ヨーロッパに対抗して結束したものだから、
今後どこまで統一が進むかは、中国、インドの発展がカギだろう。

25カ国でやっとこ4億5千万だから、未だに中国人の1/3ですよ。


510 :世界@名無史さん:04/05/03 20:10
今のトルコ人ってビザンティン人と(オスマントルコの)トルコ人の混血じゃん

511 :世界@名無史さん:04/05/03 20:16
>>509 中国と人口競うのは酷かと・・・ アメリカとロシアに対抗するために結束したんじゃなかったっけ

512 :世界@名無史さん:04/05/03 20:31
>>506
>トルコ人はインドヨーロッパ語族だぞ
プ

513 :世界@名無史さん:04/05/03 20:32
>>510
混血ならチュルク語族がヨーロッパ語族に変わるとでも言うのか?

514 :世界@名無史さん:04/05/04 03:11
いっそのこと、環地中海世界を全部仲間に入れて、
「ローマ帝国の復活」でいいじゃん。

515 :世界@名無史さん:04/05/04 09:00
邪教徒を弾圧できない、劣等民族を奴隷にできないでは、お荷物はイラン


516 :世界@名無史さん:04/05/04 16:33
EU大統領が出来たなら、オットー(ハプスブルク)さんがいいなあ〜。
息子はダメ。出来が悪いから。

517 :世界@名無史さん:04/05/04 22:52
ローマ帝国というより
EUは神聖ローマ帝国だろ

518 :世界@名無史さん:04/05/04 22:59
イスラム諸国はどう頑張っても加盟させてもらえなさそうだね・・・

519 :世界@名無史さん:04/05/04 22:59
>>514
アラブ人に乗っ取られる(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
ユーロアラビア

人口では、黒人とアラブの増加がフランスなどでただでさえ著しい

520 :世界@名無史さん:04/05/04 23:07
>>518
イスラム諸国は自分たちでイスラム連合を作るべきだ。
ブラックアフリカも同レベルだが、そんな政治力は期待できんか。


521 :世界@名無史さん:04/05/05 00:12
████

522 :世界@名無史さん:04/05/05 00:17
>>518
当たり前だろ、馬鹿w

523 :世界@名無史さん:04/05/05 00:53
汎アラブ構想はどこ逝ったまったやら・・・

524 :世界@名無史さん:04/05/05 09:37
ま、ヨーロッパのほうがアジアより100年は大人だということだ。

525 :世界@名無史さん:04/05/05 09:49
いまだに半世紀以上も前のことで揉めてるアジア。

欧州はもうとっくに解決済み。そんなことで争っても
両国の発展を妨げるだけってのが分かってるからね

526 :世界@名無史さん:04/05/05 10:10
うーん、さんざ争ったからの反省でEUが出来ていると思うんだが

527 :世界@名無史さん:04/05/05 10:27
>>520
>イスラム諸国は自分たちでイスラム連合を作るべきだ。

イスラム世界が一つにならないのは、イスラム世界の盟主サウジの国王の権威が落ちるから。
石油の利権を独り占めにできないから。

528 :世界@名無史さん:04/05/05 11:33
>>518
宗教の問題以前に、トルコは死刑存置国だし国内に紛争がある。
1人当たりのGDPが3,533ドルで、これはアイルランドの10分の1以下です。
加盟すればお荷物になることは必死だろう。

コソボ紛争は記憶に新しいが、富山のコーラン破棄騒動みたいな騒ぎがヨーロッパ中に頻発するし、
治安は悪化するし、文化水準は下がるし、ラマダンで休まれるから経済は鈍化するし
仲間には加えたくないでしょう。共同体に入れれば空中分裂のきっかけになる可能性が否定できません。
コソボ紛争の時だって、空爆支持派と反対派でヨーロッパが二つに割れたのは記憶に新しい。

529 :世界@名無史さん:04/05/05 12:31
アジアでEUみたいなのができないのは冷戦構造がまだ残ってるからだろ。
南北、中台・・・この問題がなけりゃ、ヨーロッパより
はるかにスムーズに統合されるだろうに。
そういや今回のEU東方拡大でも、冷戦時代にいがみ合ってた過去を
よく克服できたね。
やっぱヨーロッパ冷戦の最前線にいた東ドイツが先に統一されてたのが
大きいのだろうか?

530 :世界@名無史さん:04/05/05 14:09
ノルウェーはEUに加盟していないの?

EUでユーロに加盟していない国は?

531 :世界@名無史さん:04/05/05 15:29
>>530
・・・・・イギリス

532 :世界@名無史さん:04/05/05 15:34
地域としては、加盟国デンマークの中でグリーンランドが未加盟だったりするよ

533 :世界@名無史さん:04/05/05 15:35
義務教育レベルのことが分かってない香具師が増えたよなw

534 :世界@名無史さん:04/05/05 17:11
EUは東方正教圏の諸国はあまり入れたくないのかな。
ギリシャを除けばカトリック・プロテスタント諸国ばっか。

535 :世界@名無史さん:04/05/05 17:53
>>534
経済格差だよ。貧乏な国を入れたらお荷物になるでしょ。

536 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/05/05 22:12
今の休みまくりなヨーロッパ人と比べたら大して変わらないような気が。>ラマダン
それと、もともと第二次大戦までの仏独の歴史的対立を克服するために
作ったのがEUなわけで。
それに比べたら、善悪や黒幕のはっきりしている冷戦の過去なんて
大したことはない。「黒幕自体」=ロシアの加盟には一悶着あるだろうがね。
今はロシアも無理なことは承知済みだし、プーチン後の課題だろう。

537 :世界@名無史さん:04/05/05 23:43
>528
シエスタしているスペインなどのことを考えると到底お荷物になるとは思えない。
そういえばボスニアやアルバニアが加盟申請したらどうなるのだろう?

538 :世界@名無史さん:04/05/06 00:38
>>530
新規加盟国と、そのほかに、デンマーク・イギリス・スウェーデン。

>>535
ブルガリア・ルーマニアといった東方正教国で、また非常に貧乏な国が次期加盟候補国。

539 :世界@名無史さん:04/05/06 00:45
>>517
いやローマ帝国だ。神聖ローマ帝国は実はドイツに過ぎない。
イベリア半島の国々やイタリア・ポーランド・(ノルウェーを除く)スカンジナビア諸国・イギリス・アイルランドといった非ドイツ圏の国々が入って、
キリスト教が国教となった後のローマ帝国(特に西ローマ帝国)が大ヨーロッパ的に拡大したものと解釈するのが正しい。

540 :世界@名無史さん:04/05/06 00:46
スイスは国内金融業の資産をガラス張りにしない限り、
周囲のEUから高関税をかけられて没落する。

541 :世界@名無史さん:04/05/06 01:14
>>540
あのさ、EECって知ってる?スイスとは自由貿易協定結んでるの。
つうか、こういうのは義務教育レベルだし。世界史板って
最近レベルが落ちてるのか?

それにスイスが金融大国って何年前話だ?
とっくにスイス金融は落ちてるよ。


542 :世界@名無史さん:04/05/06 01:49
ノルウェーは石油利権を手放せないのと、
海運業による脱税やマネーロンダリングによる
「邪悪な利益」を守りたい産業界から突き押しがあるのだろう。
この2つの産業は人口450万人の小国ノルウェーの産業の大半を占め、
彼らの収入が高い原因でもある。

543 :世界@名無史さん:04/05/06 01:54
ノルウェーがそんなに邪悪な国だとは知らなかった。
海運国で邪悪といえば、むしろギリシアの方だと思っていたけど。

544 :世界@名無史さん:04/05/06 11:09
NATOを解体して、EU軍の創設の動きはないの?
いまのままでは、米軍に睨みを利かせられないし

545 :世界@名無史さん:04/05/06 11:15
ノルウェーは科学技術でも世界一だよ。

546 :世界@名無史さん:04/05/06 18:28
ギリシアはEUの枠内にあるから、規制が厳しくて国として何にも悪いことはできない。
だから、ギリシア系船舶オーナーの船はほとんどがリベリアに船籍があり、中継地としてマルタを利用していたが、
マルタがEUに入ってしまったので、別の場所を使うのだろう。彼らギリシア系オーナー達は苦労している。
そんな苦労を尻目に、ガツガツと儲けているのがノルウェー系オーナー達。自国がEUに加盟していないから、
はっきり言ってやりたい放題。

547 :世界@名無史さん:04/05/06 19:19
EFTAはまだあるの__?

548 :世界@名無史さん:04/05/06 20:03
「やりたい放題」って具体的にどんな悪行をしてるの?

549 :世界@名無史さん:04/05/06 22:53
>>548
捕鯨だ。

550 :世界@名無史さん:04/05/06 22:55
>>549はミス。無視して。

551 :世界@名無史さん:04/05/07 02:06
ノルウェーじゃ女性閣僚がEU加盟を推進していたって理由で
公衆の面前で殺られちまったくらいだからな。
利権は相当なもんなんだろ。
道路利権を探っていた日本の某代議士が、闇の勢力の鉄砲玉に
白昼堂々殺られちまったのとよく似てる。

552 :世界@名無史さん:04/05/07 03:02
え!!
スウェーデンで閣僚がやられちゃった事件は話題になったけど、
そっちの方は知らなかったぞ。

553 :世界@名無史さん:04/05/07 13:35
NHK総合
5月8日(土)
 NHKスペシャル シリーズ 大欧州誕生 (全2回)
  第1回 国境なき巨大市場
   〜ヒト・モノ・カネの激流〜
5月9日(日)
 NHKスペシャル シリーズ 大欧州誕生 (全2回)
  第2回 動き出した強いヨーロッパ
   〜新・安全保障戦略〜


554 :世界@名無史さん:04/05/07 14:10
なぁんで海運業者が悪者なの?

555 :世界@名無史さん:04/05/07 23:26
>554
海賊上がりとか多いし、荒くれ者使って仕事してるからだろ。
山口組も元は港の労働者連合だよ。

556 :世界@名無史さん:04/05/08 01:23
>>554
船舶オーナーの多くは、昔からタックスへイヴンなどを利用し脱税をして暴利を貪っているからだよ。
そういったものはギリシャ系、ノルウェー系、インド系、中国系が多い。
しかしエヒメ系は定期船の業者に所有する船舶を貸与しているので、種類が異なる。
ステベドール(港湾労働者で、日本では「ステベ」と略される)とこのことは直接関係ない。

557 :世界@名無史さん:04/05/08 01:30
EU拡大で純粋に得するのはフランスだろう。
ドイツは政治的には発言権が強まり得をするが、
隣接する労働市場との競争とEU分担金の高負担で経済的には損をするだろう。
逆に政治的に弱体化するが経済的に得をする大国はイギリスだろう。

558 :世界@名無史さん:04/05/08 02:19
EUを主導しているのはフランスであって、決してドイツではない。
実はEUとはフランスが周囲の国と結託してドイツを制御し、ドイツのカネを搾取し利用するシステム。
実際にドイツはEUへの持ち出しがもっとも多い国。東方拡大でドイツの負担は激増する。


559 : :04/05/08 11:58
郵便切手の図柄でキプロスの位置に間違い?
http://tokyo.txt-nifty.com/fukublog/2004/05/post_4.html

これはひどいよ。


560 :世界@名無史さん:04/05/08 12:48
ttp://www.worldtimes.co.jp/

五月一日、十カ国が新たに欧州連合(EU)に加わった。このほど、ギリシャ
とチェコという新旧EU加盟国を訪問する機会があった。
新規加盟国であるチェコの首都プラハは、二年前の夏に経験した大洪水から
見事に立ち直った。世界から観光客も多く、「国際都市」としての風格を
持っている。訪問客に親切で、ホテルのサービスも良い。どこに行っても英語
が十分通じるし、サービスも良い。今年はアイスホッケー世界選手権の開催国
となり、サービスにますます磨きが掛かった印象だ。
一方、一九八一年に十番目のEU加盟国となったギリシャでは今年、アテネ
五輪が行われる。どれだけダイナミックな発展を遂げているのかを見るのが
楽しみだった。



561 :世界@名無史さん:04/05/08 12:49
アテネは、アクロポリスの遺跡を中心に古代遺跡の宝庫。世界からの
観光客が多く、プラハ同様「国際都市」であると想像していた。しかし、
その期待は裏切られた。
アテネ西部の主要な港町パトラで宿泊した際、インターネットが可能な
通常の電話回線が使用可能なホテルは高級ホテルだけ。携帯電話のレンタルも
できなかった。
それ以上に苦労したのは食事だ。米国系ファストフードは少し見掛けたが、
外国レストランが実に少ない。ギリシャでは、パンに肉や野菜などを
挟むサンドイッチを提供するファストフード店が主流で、その他のもの
を探すのは困難だ。五日間も滞在すればさすがにご飯が恋しくなる。
ギリシャにはイスラム教徒の人口はわずか。五輪にはイスラム教国家から
数多くの選手が参加する。そのため、急きょイスラム礼拝堂(モスク)
に準じる施設を建設する準備が進められているという。五輪開催期間は、
世界から数百万の人々がやってくる。正直なところ、もう少し世界に
目を向けてほしいと思う。


562 :\(^o^)(^_^)(^O^)(^_^)(^_^)(^o^)(^_^)/VEーDAY:04/05/08 17:53
欧州連合諸国が今日を「戦勝記念日」として祝っているのに、余のせいでわがドイツは…(T■T ラ

563 :世界@名無史さん:04/05/09 21:15
NHKスペシャルage
やっぱイラク戦争はEUにとって大きなターニングポイントだったんだね。

564 :世界@名無史さん:04/05/10 01:00
>>563
昨日の第1回今日の第2回とも、まるでポーランド特集みたいだった。
NHKはポーランドを「大国」と呼んでいた。

565 :世界@名無史さん:04/05/10 01:19
>>564
まあいまだ経済大国ではないが、ヨーロッパの中では大国ではあるだろう。
だからこそEUが拡大市場として成功するかどうかは、人口もGDPも新規加盟国全体の半分を占めるポーランドが成功するかどうかにかかっているわけで。

566 :世界@名無史さん:04/05/10 01:42
ウクライナも大国だ

567 :世界@名無史さん:04/05/10 01:47
当然ウクライナも大国。だが、あまりにも経済が小さすぎる。
GDPはポーランドの5分の1ぐらいだろう。
それにウクライナはロシアの統一経済圏に入ってしまうだろう。
隣国ポーランドやハンガリーとの経済格差は拡大する一方となるだろう。
本来は望ましくないことだが。

568 :世界@名無史さん:04/05/10 04:27
>>564
東欧のなかの大国と言っていたはずだよ。
4000万弱しか人口がいなくて欧州全体の大国とは言わんだろ。

失業率20%ではどうにもならんけどな。
大戦同様アングロサクソンに利用されるだけだと思うよ。

569 :世界@名無史さん:04/05/10 13:08
>>568
ヨーロッパで人口4000万クラスの国は充分に大国だろ?
スペインも同クラスだが、小国か?

それに関税が撤廃されたのにどうなるとアングロサクソンに利用されるのよ?
EU分担金の多いイギリスやドイツが低賃金の東欧諸国にいいように利用されるというなら理解できるが。

570 :世界@名無史さん:04/05/10 14:10
>>568
失業率20%は70年代のイギリスもそのくらいじゃなかったっけ?

571 :世界@名無史さん:04/05/11 00:54
人口一億超えなきゃ大国じゃないね。

572 :世界@名無史さん:04/05/11 01:51
ナイジェリアやパキスタンモナー

573 :世界@名無史さん:04/05/11 01:53
>>568
いま再放送観たが、東欧の中の大国なんて表現は一切してなかったぞ。
ヨーロッパの中で大国だというニュアンスだった。

574 :世界@名無史さん:04/05/11 02:39
>>573
第2回目の放送には「東欧の中の大国」という表現があったので、
おそらくそちらの方を指してるのだと思います。

ところで、第1回目の放送で出てきた「双子化」という概念について
説明してるところを聞き逃してしまったので、どなたか教えてください。

575 :世界@名無史さん:04/05/11 08:11
ドイツとオーストリアはもう統合する気はないの?

576 :世界@名無史さん:04/05/11 08:27
EU加盟国同士だし、そういう話はもうない。
それにドイツだとオーストリアよりナチズムや人種差別に厳しいから。
敗戦国の負担も引きずってるし。

577 :世界@名無史さん:04/05/11 08:34
ドイツは100億ユーロの減収だっけ。
緊縮財政を迫られているな(´・д・`)

578 :世界@名無史さん:04/05/11 08:35
むしろ加盟国なら小国の方が有利かも。

579 :世界@名無史さん:04/05/11 13:26
>>577
ドイツは財政赤字でユーロの基準を満たしていない。
>>578
バルト三国は全てユーロの基準を完璧に満たしている。

ドイツは責任を果たすべきだ。

580 :世界@名無史さん:04/05/11 14:38
>>575
あんな問題だらけのドイツと統合するのはオーストリアが嫌がるだろ。

581 :世界@名無史さん:04/05/11 23:51
個人的にはオーストリアとスロヴェニアの統合ギボーンなのだが。
栄光あるオーストリアには海が必要だ。

582 :世界@名無史さん:04/05/12 00:25
首都はルブリャナ。偉大なるスロベニア人が国家を支配する。

583 :世界@名無史さん:04/05/13 02:25
リュブリャナは、ウィーンからトリエステへ行く途中の宿駅以上の価値はない。

584 :世界@名無史さん:04/05/13 19:06
ロシアはでかすぎるのでEU加盟は無理?

585 :世界@名無史さん:04/05/13 23:54
ふと思ったんだが
EUって五族協和みたいなもんだろ
斜陽の帝国

586 :世界@名無史さん:04/05/13 23:59
英国人の10人に1人が、今週末に“ルヴァニア”がEUに加盟するものと思っている。そう、ルヴァニアだ。

ワンテル社が行った市場調査によるもので、5月1日にEUに新加盟する10ヶ国を特定することを回答者に求めていた。
回答者を惑わせてやろうと考えた同社は、新加盟国のリストに大胆にも架空の国ルヴァニアを入れておいた。

回答者2500人のうち8%が、この架空の国を選んだ。スコットランド人ては9%、50歳以上では11%に達した。

「気づいていない人が多い」とワンテルの広報担当。「EUの現状がどうといった問題より、日々の暮らしのほうが大事なのだ」

今回のオンライン調査によると、15%の人がオーストリアをEU新加盟国だと思っていることも明らかになった。
実際は1995年に加盟済みなのだが。

http://bateman.txt-nifty.com/newsblog/2004/04/post_48.html


587 :世界@名無史さん:04/05/14 00:53
EU大統領は国連総長みたく多数決で三流国から選ばれるのだろうか?
それとも老獪な独仏両大国はすでに手を打っているのか??
その場合ジスカール・デスタンEU大統領、フィッシャーEU外相も夢じゃない??

588 :世界@名無史さん:04/05/14 03:07
ド=ゴールEU大統領、ブラントEU外相

589 :世界@名無史さん:04/05/14 03:35
ロシアはともかくトルコを受け入れられるかどうかが
歴史の一大分岐点。


590 :世界@名無史さん:04/05/14 05:54
田中宇サイトイスラエル、パレスチナを同時加盟させようという構想もあるらしい。
http://tanakanews.com/e0210mideast.htm
イスラエル・パレスチナのEU加盟

地中海沿岸は皆入れてやれよ!!

591 :世界@名無史さん:04/05/14 08:13
>>589

国内のイスラム教徒がもっと増えたら変わるだろう。
それまで10年はかかる。

592 :世界@名無史さん:04/05/14 19:46
トルコ加盟ねえ
キプロス問題ではトルコが大分貸しを作ったから一歩前進ではあると思う。
独仏でも容認論が出てきてるみたいだし・・・
あとエルドアン政権が軍部をどうなだめるかだ
ただ軍部の影響を薄めるとイスラム色が強まるという欧州にとっては諸刃の剣だけどね
今回の宗教系私学卒業者に大学入試資格を与える法案なんかがそれを如実に物語っているね


593 :世界@名無史さん:04/05/15 01:30
>>584
無理じゃないだろ
プーチン政権がその気になってないだけ
ただEUの予算の殆どは広大なロシアの道路整備に使われるようになるだろう

594 :世界@名無史さん:04/05/15 14:43
>>593
スラヴォフィル対ザパドニキの抗争は今でも続いているということか。
現在はスラヴォフィルのプーチン政権。
ザパドニキ政権になれば、ロシアはEU加盟を目指すよ。

595 :世界@名無史さん:04/05/15 17:41
>>594
しばらく無さそうだけどね
プーチンがじゃんじゃん弾圧しちゃったし

596 :これぞ大ヨーロッパの輝けるシンボルか?@ ◆6hgEmzypp2 :04/05/15 19:14
おまいら 今夜は一年に一度のぶったまげ
Eurovision Song Contest ですよ!
http://www.eurovision.tv/english/index.htm
参加曲のビデオはこちら
http://www.bbc.co.uk/radio2/eurovision/2004/contestants/

日本では知らない人も多いと思うが、ヨーロッパ国対抗音楽祭
EU 諸国はもちろん セルビア ボスニア トルコ イスラエル ロシア ウクライナも参加
ただしイタリアはサンレモ音楽祭の権威がけがされるとかなんとか言う理由で不参加
あのABBAもこの大会から、その他様々なヒットを送り出し
毎年前年の優勝者の国で開催される 今年はイスタンブール
去年はロシアのあのお騒がせ「タブー」も出てなんとか物議をかもそうと必死であった
Bookmaker の予想では
今年の本命はウクライナのダンス軍団か、ギリシャのイケメン兄ちゃんか


597 :世界@名無史さん:04/05/15 19:47
ロシアがEU加盟するためには、ウラル以東の分離独立が必要とよく言われる。

ゴルバチョフの「欧州共同の家」提案の頃は、「ウラルからジブラルタルまで」
という表現をあちこちで見かけたものだ。

598 : :04/05/15 21:50
ユーロヴィジョンかー、昔テレックスが出て散々な目に遭ったんだよな。

599 :世界@名無史さん:04/05/16 01:15
>>594-595
ホドルコフスキーは紛れもなくザパドニキだな。

600 :世界@名無史さん:04/05/16 01:59
600げっとしとく。

601 :世界@名無史さん:04/05/16 02:22
ドイツはこれからどうなるんだろう

602 : ◆6hgEmzypp2 :04/05/16 04:04
Euro Vision はじまるよ
ラジオ生中継中(Real)
http://www.bbc.co.uk/radio/aod/radio2.shtml



603 : ◆6hgEmzypp2 :04/05/16 07:08
下馬評どおりウクライナのダンスねーさんが強かった。

予想に反してキプロスが今ひとつだった(歌ってる高校生がイギリス人とのハーフだからか?)
開票が進むにつれて毎年と同様、友好国や隣の国に投票する各国
今年はバルカン半島からの参加が多くてお互いに票の入れあい
さらにスイスはドイツに満点、モナコはフランスに満点、キプロスはギリシャに満点等々。
反対にイギリスはヨーロッパに友好国は一つもないから
参加曲が弱いとほとんど票がはいらない(アイルランド人も当てにはならんw)
去年はついに零点(これは自業自得だったがー音程がはずれ)

Euro Vision にも見えるUKのヨーロッパでの孤立
EU 脱退だな、これは
ノルウェー・アイスランドとともに域外にいた方がいいかも

>>598
どこの国のエントリー?


604 : :04/05/16 13:43
>>603
ベルギー。1980年に事務所から無理矢理出場させられてワースト4位の屈辱。

605 :世界@名無史さん:04/05/16 19:41
ttp://www2.asahi.com/special/iraqrecovery/TKY200405160073.html
仏人弁護士が英国を戦争犯罪で告発へ、イラク人虐待で

フランス人弁護士が13日、イラク人虐待問題で英国政府を戦争犯罪でオランダ・
ハーグの国際刑事裁判所(ICC)に告発すると表明した。仏メディアが報じた。
告発するのはジャック・ベルジェス弁護士。AFP通信に「拷問、人間の尊厳
への組織的な虐待がなされ、時には拘束者が殺害されたのは疑いがない」と
語った。米国はICC設立条約への署名を撤回しており、告発は英国について
だけ行うという。ただ、ICCは戦争犯罪などを犯した個人を裁くため、虐待
に関与した人物を告発しなければ受理されないとの見方が出ている。



606 : ◆6hgEmzypp2 :04/05/17 01:04
Eurovision について、読売が報道していてビクーリしますた。
カナダは同時中継されてるらしいが
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20040516i313.htm

>>604
日本人?それは知らなかった お気の毒だったね
外国から借用する国もあるから。
セリーヌ・ディオンはスイスだったか(歯の矯正前)

607 :世界@名無史さん:04/05/17 12:26
http://www.cafeglobe.com/news/dailynews/dn20030606-01.html
ヨーロッパ大陸から総スカン!
お友だちがいないイギリス


608 :世界@名無史さん:04/05/17 17:14
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20040517AT2M1500716052004.html
「強い欧州」へ企業保護、仏独足並み
 
【パリ=安藤淳、フランクフルト=池上輝彦】
仏独政府が企業活動への介入や支援に積極的に乗り出している。
欧州連合(EU)拡大を契機とした国内企業の移転や、株価低迷に伴う
海外企業による買収などを防ぎ、主要産業の空洞化を回避する狙い。
両国政府は今月中にも関係閣僚による合同会議を開催。「強い欧州企業」
を目指して産業政策を作成するが、リストラや民営化の遅れにつながる
との指摘も出ている。
仏政府は経営危機にある重電・輸送機器大手アルストムを、仏原子力
最大手アレバとの統合や独シーメンスによる一部事業の買収で救済する
案を検討中。仏新幹線TGVのメーカーでもあるアルストムの破たんは
大量の失業者を生み、輸送機器産業全体に打撃を与えるとの判断に基づく。
すでにサルコジ経済財務産業相が各社の首脳や欧州委のモンティ委員
(競争政策担当)と協議を続けており、今週前半にも具体策が固まる
見通しだ。



609 :世界@名無史さん:04/05/17 17:29
中国も五代十国みたいな状態のまま近代化して
この時期に統一?されるんなら日本も安心だったろうな。

610 :世界@名無史さん:04/05/17 18:17
Eurovisionってつまり歌手の祭典?

611 :世界@名無史さん:04/05/18 00:04
各国の点数の順位表ある?

612 :世界@名無史さん:04/05/18 01:26
それよりも、ラブパレードが今年は中止っていうのがニュースじゃねえ?
ドイツ、よっぽど追いつめられてるな。

613 : ◆6hgEmzypp2 :04/05/18 01:38
>>610
国別対抗歌合戦と思うとよろし。主催はヨーロッパ放送連盟。
審査は電話投票という事になっているが、
票の不正はないのかなあ、といつも疑う。
ことしはとくに Political Voting がひどかったと思う(毎年ひどいが)
それでも優勝するには各国から点とらなければならないから
勝者に異論はあまりないような

>>611
ほい
http://www.eurovision.tv/english/scoreboard/scoreframe_final.html
分析してみそ、けっこうおもろいよ
たとえばフランスはモナコとベルギー(フランス語圏だな)のほかには
ボスニアから10点もらっている。なぜだろー?w と
陰謀論をひねくり出すのは簡単だがなー


614 :世界@名無史さん:04/05/18 02:40
投票の際の1ヶ国当たりの持ち点って最高12点?

615 :世界@名無史さん:04/05/18 19:26
>>613
レスありがとう。
しかし欧州はおもしろいのやってるね。見てみたい。

616 :世界@名無史さん:04/05/19 20:20
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040519-00000403-yom-int
独首相、党員集会で52歳失業者から「平手打ち」

【ベルリン=宮明敬】ドイツのシュレーダー首相が18日夜、マンハイムで
行われた社会民主党(SPD)主催の集会で、平手打ちを食らった。
“犯人”は背広を着た52歳の失業者で、新入党員を前にサイン会をしていた
首相に近づき、平手で首相のほおをたたいた。男はその場で取り押さえられ、
警察の取り調べを受けたが、動機などについては黙秘。警察は結局、拘束し
続ける理由はないとして、釈放した。
長引く景気低迷と高失業率を背景に、シュレーダー首相は支持率低迷に悩んで
いる。ドイツではコール前首相も、首相時代の1991年に、統一後の現実に
失望した聴衆からタマゴをぶつけられたことがある

617 :臨時ニュース@:04/05/19 20:37
ドイツでは平手打ちですか
イギリスは今日国会の審議中にブレアめがけて「紫色の粉」が投げつけられて
国会が一時中断しております


618 :臨時ニュース@ ◆6hgEmzypp2 :04/05/19 20:41
途中で送信した
風船のようなものに粉がつまっていてそれがブレアの背中に当たったとか
そーす
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk_politics/3728617.stm

彼の副首相のように卵ぶつけられたら殴り返すぐらいの気概を持たんかい


619 :世界@名無史さん:04/05/20 12:30
EU新規加盟国民に対してすぐ既加盟国民と等しい労働市場開放をするのは
英国・アイルランドだけ。
ドイツとオーストリアにいたっては、がんじがらめの規制を設け、2011年まで
労働移動の自由を認めない。
他の11カ国は労働市場自由化に2006年までの猶予を願い出た。
いずれも低賃金労働力がどっと流入することを恐れている。

620 :世界@名無史さん:04/05/20 12:32
2011年?
たった7年かよ。7年なんてあっという間じゃん。

621 :世界@名無史さん:04/05/20 14:53
イギリスとアイルランドはどうして恐れなかったの?

622 :世界@名無史さん:04/05/20 16:45
>>621
恐れてないというより、市場経済に対する考え方の違いかと。
例えば、イギリスはアメリカと同じで、企業の敵対的買収は日常茶飯事。
これに対し、フランス・ドイツなどヨーロッパ大陸の諸国は、政府がそれを
阻止する権限を与えられていて、まず実現しない。
さらに>>608でも紹介されているように、自国の企業を政府が保護する傾向が
強い。

623 :世界@名無史さん:04/05/20 17:09
>>622
なるほど。
そういえばイギリスはけっこうアメリカに経済支配をされてるという話も聞くしね。
日本なんかはどうなんだろ。

624 :世界@名無史さん:04/05/21 00:15
>>623
英米の関係は相互依存で、アメリカに一方的に支配されているわけではない

625 :世界@名無史さん:04/05/21 08:56
アイルランドの政治家が、EU絡みの賞受けたね。


626 :世界@名無史さん:04/05/21 08:58
>>622
アイルランドにしてみれば、中国人より東欧の労働者を入れたいだろうな。

627 :世界@名無史さん:04/05/21 16:26
>>626
イギリスの話だが、BBCのニュースでは、イギリスに働きに来るEU新規加盟国の労働者は大歓迎だと言っていた。
しかし、働かず、社会保障だけを受けに来る人はイギリスに来ないで欲しいとも。

628 : ◆6hgEmzypp2 :04/05/21 17:10
>>627
東欧の新加盟国からの労働者は「難民申請」出来なくなった=居つけなくなった
中国人その他の不法移民よりはずっと扱いやすくなったといえる
イギリスではやってきて仕事せずに社会保障だけ受けようとするのも目をつぶろうとさえしたが
官僚から保守党にチクられてマスコミに発覚、政務次官級が辞任に追い込まれた
イギリスやアイルランドでは工事現場の人手がむちゃくちゃ足りない
アテネ五輪が終わってそこで働いてる労働者をはやく連れてきたいらしい


629 :世界@名無史さん:04/05/21 20:38
中国人は潮干狩りで、死んでいくのみw

630 :世界@名無史さん:04/05/22 00:20
>>623
イギリスとアメリカが共同で世界支配をしているんだよ。

世界を支配する銀行の株式時価総額多い順に
米シティーグループ2339億ドル
英HSBC1332
米バンク・オブ・アメリカ1196
米ウェルズ・ファーゴ867
英RBS864
米JPモルガン・チェース730
スイスUBS727
米ワコビア580
英バークレイズ515
英HBOS

まあ、世の中というのは、こんなもん。

631 :630:04/05/22 00:21
最後抜けてたので追加
英HBOS 510

186 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)