5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ドイツ民族はスラブ人の末裔

1 :世界@名無史さん:04/01/02 22:39
ドイツ人の血はスラブ80%、ゲルマン15%、ラテン5%
某アドルフヒトラーのいうドイツ民族は世界一優秀な民族
とかいうのは笑止千万。
日本民族こそ世界一優秀な民族なのです。

2 :世界@名無史さん:04/01/02 22:40
プロイセンは……

3 :例の170 ◆vBOFA0jTOg :04/01/02 22:41
重複でGO!

欧州の民族史@世界史
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1045631245/
民族、言語、人種、文化、区別スレ@世界史
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1040532842/

4 :世界@名無史さん:04/01/02 23:01
世界史板は政治思想板と違ってdat落ちしにくいんだから、糞スレ立てんな。

5 :世界@名無史さん:04/01/03 00:10
リトバルスキー

6 :世界@名無史さん:04/01/03 02:04


ナチスのSSでも先祖は200年までしか遡ってなかったしな。
ドイツ人の先祖がスラブ人だというのは、父系母系両方辿れば本当のことだろう。



7 :世界@名無史さん:04/01/03 03:04
スラブ・ラテン・ゲルマンというのは言語上の分け方であって人種区分じゃないジェリア
バルト人種やアルバニア人種がいるでなしw

8 :世界@名無史さん:04/01/03 03:19
そんなこと言ったら、我々全人類がアフリカから来たのだから先祖はみな同じということになるだろ。

9 :世界@名無史さん:04/01/03 04:05
>>7
最近のDNAの分子時計説によると、言語のグループと同じ
DNAの系統図が浮かび上がってきたらしいよ。だとしたら、
偶然の一致と考える方が不自然でしょうね。

インド=ヨーロッパ系がやはりDNAからみてもある種の
グループを形成してるらしい。

10 :世界@名無史さん:04/01/03 07:28
分子時計説自体が一種のト(ry

11 :世界@名無史さん:04/01/03 09:15
スラブ人は優秀だよ。地球生命35億年の歴史で、最初に宇宙へ飛び出した生物だよ。


12 :世界@名無史さん:04/01/03 09:17
ガガーリンは民族的にはなんなんだろう。本当にスラブか?
彼を送り出した科学者達は?

13 :世界@名無史さん:04/01/03 09:25
ロシア人は、ライト兄弟初飛行の22年前に飛行機の特許を取っています。

最初の飛行機はロシア製
 ↓
ttp://www.try-net.or.jp/~deco/zatugaku/zatugaku12.htm

14 :世界@名無史さん:04/01/03 09:45
ちなみに最初のモノレールを造ったのもロシア人
ヘリコプターを実用化したのもロシア人
テレビを開発したのもレーザーを開発したのもウイルスを発見したのも
溶接法を実用化したのもビックバン理論もノーベルの家庭教師もロシア人。

15 :世界@名無史さん:04/01/03 10:04
>14
それだけやっても貧乏な露助は劣等といわれても仕方ないなw

16 :世界@名無史さん:04/01/03 10:06
>>14-15
檄藁

17 :世界@名無史さん:04/01/03 10:21
>>14
まだあるぞ。蒸気機関車の開発者はロシアの技術者チェレパーノフ
兄弟!遺伝学の基礎を築いたのはメンデルではなくロシアの
植物育成化ミチューリン!「質量保存の法則」の発見者は
ラボアジェではなくロシアの科学者ロモノーソフだ!!
すばらしき優性民族(プロパガンダにおいて)スラブ人!!!!


18 :世界@名無史さん:04/01/03 10:43
>>8
君は人種と民族の区別がついていないみたいだね。
ちなみにだいたいスイス人=南ドイツ人=チェコ人=アルプス人種

19 :世界@名無史さん:04/01/03 12:09
>>17
でも貧乏でマフィアに国家が乗っ取られてる訳だね

20 :世界@名無史さん:04/01/03 17:26
ロシアは100年前のアメリカに酷似しているあと30年もすれば金持ち国になるだろう

21 :世界@名無史さん:04/01/03 20:51
【モスクワ28日共同】ロシア経済発展・貿易省は28日、今年の国内総生産(GDP)実質成長率が
前年比6・8%(速報値)に達したと発表した。
5年連続でプラス成長を達成、昨年の4・3%を大幅に上回った。

22 :世界@名無史さん:04/01/03 21:27
>>1=ユダヤ

23 :世界@名無史さん:04/01/03 23:10
30代以下の億万長者数は世界一。
ロシア人の約90%が中間層だと自認。平均所得は3倍に。
モスクワは世界で最も物が消費される都市に。

あと数十年すれば経済超大国になっているだろう。

24 :世界@名無史さん:04/01/03 23:24
最近ユコス会長が豚箱にいれられ拍手喝采を浴びたように、
目だつと凹られるロシアの風土ではアメリカのような金持ちは成立しにくい。


25 :世界@名無史さん:04/01/07 01:55
アメリカでも主な億万長者はフォード家をのぞいてみんな引っ込んで目立たないようにしてるよ。

26 :世界@名無史さん:04/01/07 02:14
古来ロシア人は芸術においても科学においても上と下の差が激しい。

あらゆる分野で超天才級がゴロゴロしているが、下もまた限りなく低い。
しかも限りなく多い。

27 :世界@名無史さん:04/01/07 02:16
ユコス会長は手段を選ばずあらゆる汚い手を使ってのし上がったので
豚箱に叩き込まれてもある意味仕方がないとは言える

28 :世界@名無史さん:04/01/07 02:21
ロシアの科学者って、ユダヤ系が多いんじゃないの?

29 :世界@名無史さん:04/01/07 02:38
ロシアの科学者や技術者はユダヤ系・アルメニア系・グルジア系・オセチア系などいろいろ。
しかし一番多いのはやはりロシア人。

30 :世界@名無史さん:04/01/07 02:40
>>26
アメリカと同じ。

>>27
そんなことはない。
リベラルな政治活動や政党を支援したからプーチンに目をつけられた。

31 :世界@名無史さん:04/01/07 03:38
スラブといってもロシアのような東スラブはドイツ人の基層としては希薄だろう。
ソルブ人などに代表される異教の西スラブ人が吸収され、ポーランドやボヘミアのキリスト教西スラブ人と婚姻関係が進んで
スラブ人がドイツの基層となっていったのであろう。

32 :世界@名無史さん:04/01/07 19:48
ポーランド人はスキタイ系サルマートの直系を自称していた。


33 :世界@名無史さん:04/01/08 23:55
日本はドイツに日本人は想像性のカケラもないマネッコ劣等民族といったことに
対して償いと謝罪を要求するニダ!!!

34 :ty270410:04/01/09 00:13
>>31
プロイセンやメクレンブルグあたりまでスラブ人が住んでいたと
聞いたことがありますが・・・・?

35 :世界@名無史さん:04/01/09 03:08
>>34
ドイツ騎士団以前はね。
スラブ系でも、チェコ(ボヘミア)とポーランドは中世以来関係が深いし、
特に近代以降はポーランド分割でポーランド系の住民が大勢居たから、
東部ドイツの住民には大抵混ざってるんじゃないの。

36 :世界@名無史さん:04/01/09 15:16

小泉政権の「改革」の成果が徐々に明らかになり始めている。

道路、郵政、特殊法人・公益法人、税制、財政、年金、不良債権、天下り、地方分権、
規制撤廃などのテーマについての検討の結果が示され始めている。

その状況は、ほぼすべての分野において、ほとんど進展が見られない、というものである。

(中略)

小泉政権はこうした本当の改革の検討をまるで行なっていない。
小泉政権の下では「改革」は進みようもないことを、国民はそろそろ気づく必要がある。

                   早稲田大学教授 植草一秀     (週間 東洋経済)


37 :世界@名無史さん:04/01/10 17:30
今年でオシマイ

38 :スラブ民族のスラブとはSLAVE(奴隷)の意味:04/01/11 00:03
ソ連軍が満州やドイツで行なった強姦、輪姦【3】
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1061825798/
今のロシア人にモンゴルの血が流れてる?
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1025879631/

39 :世界@名無史さん:04/01/11 13:55
>>38
バカ

40 :世界@名無史さん:04/01/11 18:28
そもそもスラブとゲルマンは同じ民族。

41 :世界@名無史さん:04/01/11 19:17
そもそもスラブとユダヤは同じ民族。 (w

42 :世界@名無史さん:04/01/12 00:07
以前アメリカで知り合いになったユダヤ人の人の姓が
もろにアシュケナジーさんだったでつ。

43 :世界@名無史さん:04/01/12 01:54
ドイツ民族とスラブ民族は人種的に近いと思うけど?
どうでしょ?歴史的な事実はありますか?

44 :世界@名無史さん:04/01/12 08:27
民族と人種は違う。
南ドイツ人とチェコ人は、民族は違うが人種が同じ。
セルビア人とポーランド人は、民族は同じだが人種が違う。

45 :世界@名無史さん:04/01/12 14:05
そういう意味じゃないよ。
つまり古代においてゲルマンとスラブが
同じ民族であった可能性を聞いてるの。

46 :世界@名無史さん:04/01/12 14:13
バルトは無視?

47 :世界@名無史さん:04/01/12 14:19
「民族」って近代以後の概念だろ。

48 :世界@名無史さん:04/01/12 14:21

人種的な距離

49 :世界@名無史さん:04/01/12 19:05
>>26
個人主義の国はみんなそうだよ。


50 :世界@名無史さん:04/01/12 19:56
ゲルマン民族といえばイングランドや北欧の国々の人たちもゲルマンだからねぇ。
それ以前に「ドイツ民族」なんて言葉は存在するのか?

51 :世界@名無史さん:04/01/13 15:58
案外知られていないことだが、今日ではアングロ・サクソン系よりもドイツ系のアメリカ人の方が数が多い。
人口比率だけからいえば今ごろ英語ではなくドイツ語がアメリカの第一公用語になっていたとしても不思議が
ないほどである。現に、アメリカが第一次世界大戦に参戦するまでは、村ぐるみドイツ語を話す集落があちこ
ちにあったそうである。だがドイツ系のアメリカ人がアングロ・サクソン系から差別を受けているという話もきかない。
第一、アングロ・サクソン系とドイツ系では容貌からも見分けがつかない。皮肉なことに、第二次世界大戦で
アメリカを率いてドイツと戦ったルーズベルト大統領や対独戦の総指揮官アイゼンハワー(後に大統領)は
ドイツ系移民の後裔である。

52 :世界@名無史さん:04/01/13 16:04
ローズフェルトはネーデルラント系ではないかと

53 :世界@名無史さん:04/01/13 16:08
「アーミッシュ」の人たちってドイツ系?

54 :世界@名無史さん:04/01/13 21:46
遺伝子学の研究の結果でた説によると
ヨーロッパ人の祖先は中東から中央アジアに渡り、
そこからに西に移動しスラブ人ゲルマン人になったようだ。




55 :世界@名無史さん:04/01/14 00:41
>案外知られていないことだが

大抵知られていると思うが。

56 :世界@名無史さん:04/01/14 08:25
>>34
現オーストリアにも「アルプスのスラブ人」というスラブ人が沢山居たよ。

57 :世界@名無史さん:04/01/17 01:58
「スラブ」は奴隷(スレイブ)の語源ともなっているが


もともとは「沼の人」という意味らしい

58 :世界@名無史さん:04/01/17 02:55
славянский
slavyancki

>もともとは「沼の人」という意味らしい
ほんまかいな

59 :世界@名無史さん:04/01/17 08:35
アングロサクソン系ってどんな顔だろうと疑問にもつ方は多いと思う。
イギリス系の中でも、先住のケルト系を押しやり大陸からゲルマン民族移動の
際移りすんだ、アングル族とサクソン族の末裔である。
アングル族はユトランド半島南部(北ドイツ〜デンマーク)からサクソン族は
ドイツ・サクソニア(サクセン州)からやってきた。
金髪、長身、碧眼が特徴だったが、現在では色素の濃い人もいる。
アメリカの元国務長官でイラク債務問題特使となったベーカー氏の容姿が
いかにもアングロサクソンという顔である。
民主党大統領候補になろうとしているディーン氏も背はやや低いが典型的な
アングロサクソンである。

60 :沼じゃねえんだってさ:04/01/17 22:19

 スラブ人は、いわゆるウラル−アルタイック語族の多数の遊牧民(スキタイ、サルマティア、フン、ブルガリア、アヴァール、
マジャール、蒙古(モンゴル)、韃靼(タタール)、トルコ)とゲルマン人の中間、ちょうど今日の中央ロシアの平原に住んでいた。
この地理的な位置からして、彼らは南東と北西の両方からたえず攻撃されるように運命づけられていて、
ながく忍従の歴史を経験しなければならなかった。ある場合には何千もの人間が殺され、また他の場合には、
何千もの人々が捕虜となり奴隷に売られた。

そのため、元来は「言葉」または「川」という、とりたてていうほどの意味もなかった明色(ブロンド)の髪と碧眼のこの民族の名は、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いつしか、奴隷を意味する言葉となったのである。

──『世界の歴史 3 中世ヨーロッパ』 責任編集 堀米庸三 (中央公論社)

61 :世界@名無史さん:04/01/18 18:31
「スラヴ」というのはスラヴ語で「栄光」を意味する。
ゲルマン語ではスラヴ民族を奴隷としていたから「奴隷」。

62 :世界@名無史さん:04/01/19 21:40
こんなスレが出てくるようでは、世も末だね。


63 :世界@名無史さん:04/01/19 21:41
>1
バカかお前!

64 :世界@名無史さん:04/01/19 22:10
ゲルマン人の騎乗技術はスキタイから伝わったらしいが。
スキタイ系が古代においては中東欧地域に大きなポジションを占めていたことは確か。


65 :世界@名無史さん:04/01/19 22:37
>43
あるわけないだろ〜。


66 :世界@名無史さん:04/01/22 06:33
ありまくりだよ!!

67 :世界@名無史さん:04/01/22 06:40
スラブとゲルマンは
ユダヤとアラブの人種的距離と同様近いですよ。

68 :世界@名無史さん:04/01/22 08:01
世界史板って頭が堅い奴が多すぎる。
年号丸暗記してるバカしかいねーw

69 :世界@名無史さん:04/02/08 12:07
<ドイツの国土は最近、非常に汚れてきている。>

              ,.-、          DQNスラブ・トルコ移民反対!
           /.n l  /⌒ヽ    (ゴミ箱民族のスラブ・トルコ系が)
             | l l | ,' /7 ,'   ♪イッパイ入って来て〜♪
        , '' ` ー ' '-' /    (ドイツの各都市のイメージ、ゲルマン民族の血が)
       /  \  /    `ヽ     ♪イッパイ汚される〜♪
         l   , .-. 、      l (ドイツの各都市と市民の迷惑)
         ヽ  ヽ ̄フ     /      東急田園都市線!
        丶、. ̄____,/
         /  ,. - 、  )
      (( ( n ([卍],ハ_う   ゲルマンVIP民族
         ゝ)ノ  ̄   ヽ
            /      l ))  スラブ・トルコDQN民族
            〈__ノ´   `(_ノ  スラブ・トルコのゴミ箱民族・ゴミ箱でモンゴルパクリの文化の
                   スラブ・トルコ文化をドイツの大地に持ち込むな!ゲルマン民族の血汚れる!!

70 :世界@名無史さん:04/02/08 12:11
だいたいフランスだって、ケルト人とゲルマン人の国だからな。

71 :世界@名無史さん:04/02/08 12:11
同じアーリア人
喧嘩するな。

72 :世界@名無史さん:04/02/08 12:16
>1
現代ドイツ人はソ連兵のレイープが起源という意味か?

73 :世界@名無史さん:04/02/08 18:38
ナチス公認の人種学者によるとドイツ人と日本人は同祖らしい。
ドイツ人の先祖は日本列島から大陸へ移り、西へ移動したとのこと。
これは正式のナチスの人種理論における日本の位置づけ。

74 :世界@名無史さん:04/02/08 19:35
んなあほな

75 :世界@名無史さん:04/02/12 07:10
有名人チョト見ても
マンシュタイン…ポーランド貴族の出自
クラウゼヴィッツ…零落したリトアニア軍人の倅?
カント…フィン系?
リトバルスキー…名前からしてあっち系

純粋なゲルマン人って何やねんと思うたYO

76 :世界@名無史さん:04/02/12 10:18
どうせムスリムの地 になる

77 :ごるごるもあ〔セクト琉球真赤軍〕 ◆753Z/RLFiY :04/02/13 02:02
  ∧、            ∩_∩      ∧_ スチャ
/⌒ヽ\  ∩_∩  (・(ェ)・ ) //~⌒ヽ
|( ● )| i\( ・(ェ)・)  / † ハ/i |( ● )|
\_ノ ^i |ハ  †  \     ヽ | i^ ゝ_ノ  
 |_|,-''iつl/  / ̄ ̄ ̄ ̄/   l⊂i''-,|_| 我々の要求は沖縄県における天皇制の処分だ  
  [__|_|/〉 ._/ 魔 法  /__〈\|_|__] 明日、靖国神社を処分する。
   [ニニ〉\/____/    〈二二] ttp://darkelf.dip.jp/doubt/okinawa.html
   └―'               '─┘
我々は必要以上の文明を継承することはできない。
よって、我々の高尚で自由なる精神への回帰と達成のために政府に対し次の通り要求する。
1.沖縄県における天皇制の処分
2.不必要な民族的アイデンテティーの継承拒否権
3.沖縄米軍基地の処分    
4.義務教育英語に加え中国語を選択可能とする
5.1国2制度の国家体制、および首相を2名とすること.

78 :世界@名無史さん:04/02/13 02:08
逮捕されたのにまだ懲りてないのか。
今度は起訴だなw

79 :世界@名無史さん:04/03/05 08:15
age

80 :世界@名無史さん:04/03/05 16:46
>>75
純粋なゲルマン人といったらノルウェーとかスウェーデンだろ。
戦後はヨーロッパ以外からの移民も来ているが。

デンマークはスラブ人が古代に島嶼部に住んでいたからきっとスラブと混じっている。

ドイツはゲルマン・スラブ・ケルトだろうな。
フランスはケルト・ゲルマン・ラテン。
ポーランドはスラブ・ゲルマン。
チェコもスラブ・ゲルマン。
ハンガリーはマジャール・スラブ・ゲルマン。
イギリスはゲルマン・ケルト。
イタリアはラテン・ゲルマン。

主な国々はそんなとこだろ。

81 :世界@名無史さん:04/03/05 16:47
ロシアはスラブとコーカサス諸民族の混交か。

82 :世界@名無史さん:04/03/05 17:45
ドイツはケルトはほとんどないだろ

83 :世界@名無史さん:04/03/07 11:57
>>80
それは何の話?

84 :世界@名無史さん:04/03/07 22:34
多かれ少なかれ、ヨーロッパ人はみんな混ぜもの。
ラテン、ゲルマン、ケルト、スラブ の混血に、ところどころ
東方系の人種が混ざってる。

85 :世界@名無史さん:04/03/21 20:47
>83
バカですか?

86 :世界@名無史さん:04/03/30 20:15
人種と民族の違いってなんでしょうか?

87 :世界@名無史さん:04/03/30 22:37
なんでしょうねぇ
人種は外見的なもの
民族は言語によるもの
と考えるといいのだろうけど
定義はないよね?

88 :世界@名無史さん:04/03/31 18:58
オーストリアのドイツ人の中にはスラブ風の姓を持つ
者も結構いるね。ハプスブルク朝の頃のオーストリアが
他民族国家であり、ハプスブルク領内のスラブ人がオー
ストリア本土に移って、現地のドイツ人と同化したから
かもしれんけど。

89 :世界@名無史さん:04/03/31 21:08
おれの友人にポーランド系でウクライナ国籍を持つものが数人居るが
その中で両親は既にポーランド語が出来ないがお祖母さんからポーランド語を習って
ポーランド人として生きる決心をした香具師(ちなみに兄貴が連邦崩壊前に士官学校
に入って 今はロシア軍人だそう)
ポーランド人として育てられたが 自分はウクライナ人としてウクライナの為に生きると
逝ってた香具師
そんなのを見ていると結局 民族ってなんなのかなって思う

90 :世界@名無史さん:04/03/31 23:27
ポーランドのミレル首相なぞ、まんまドイツ系の苗字ではないか。
ドイツ財界のドン、ドイツ産業連盟会長ロゴフスキ氏の場合、完全にポーランド系の苗字。

91 :世界@名無史さん:04/04/01 20:34
スラブ風の姓を持つドイツ人とかオーストリア人って、
スラブ人を劣等民族と見なしてたナチ体制のもとでは
大変苦労したんだろうな。彼らの中で苗字をドイツ風
に変えて差別をかわそうとした人っていたんだろうか。

92 :世界@名無史さん:04/04/05 18:50
 ドイツ南部はアルプス人種の血も濃いし、ケルトも混じってる。
 ヒトラーの名字もチェコ系と聞いたことがある。

93 :世界@名無史さん:04/04/06 00:42
>>91
ナチ体制の下では、ナチの政治に賛同するかしないか、だけで判断していたそうです。
自由主義者と無政府主義者が特に危険な分子とされた。
スラブ系の姓を持つこと、つまり先祖がスラブ系かどうかはまず問題にならなかったそうです。

94 :世界@名無史さん:04/04/06 00:53
父方の先祖ね。母方まで含めたら、ドイツ人の先祖はみなどこかでスラブ系に繋がるだろう。
西スラブ系だろうけど。

95 :世界@名無史さん:04/04/06 01:55
ヨーロッパってごたごたに混ざってるからな。
純粋な○○系なんか存在するはずがない。
強いて言うと
ケルト+ゲルマン→イギリス
ケルト+ゲルマン+ラテン→フランス
ラテン+ゲルマン→イタリア
ゲルマン+スラブ→ドイツ、ポーランド
スラブ+モンゴル→ロシア
って感じかな。

96 :世界@名無史さん:04/04/06 02:03
フランスは黒人の血が入ってないか?

97 :世界@名無史さん:04/04/06 07:06
南フランスには入ってるでしょ。
デュマもそう

98 :世界@名無史さん:04/04/06 10:06
>>95
でもそれはあくまで祖先であって人種的には関係ないわけだが
あと、ロシア白人のモンゴルの血は非常に微々たる物だぞ。
むしろアジア系コ−カソイドとの混血のほうが

99 :世界@名無史さん :04/04/06 11:28
>95は解りやすい。

100 :世界@名無史さん:04/04/06 16:03
チョン+アイヌ→イルボン

101 :世界@名無史さん:04/04/26 16:46
>>95
ラテン+ゲルマン+アラブ→ポルトガル、スペイン(バスク、カタルーニャ除く)
                           も追加しといて

102 :世界@名無史さん:04/04/26 17:49
バルカン半島はトルコ系が多めに入ってる、これ最強。

103 :世界@名無史さん:04/04/26 18:25
>>102
うそをつくな。多くない。仲が悪いというのもあるが。
ブルガリアやギリシャでさえ混血は2、3割だぞ。

104 :世界@名無史さん:04/04/26 20:21
>>97
なぜ、南仏なの?

105 :世界@名無史さん:04/04/26 20:53
>>97
移民系が多いのはパリじゃないの?

106 :世界@名無史さん:04/04/27 00:27
先祖に黒人の血を引いた白人て意味じゃないの?

107 :世界@名無史さん:04/04/27 18:54
どういう経路で入ったの?

108 :世界@名無史さん:04/04/28 09:54
フランスとアフリカはそんなに離れていないから、百代も遡れば黒人の一人もいるらしい。

109 :世界@名無史さん:04/04/28 13:43
……ホワイトアフリカに黒人いたのか……

110 :世界@名無史さん:04/04/28 18:08
>>109
…誰もホワイトアフリカなんていってないと思うが。
というか、そのホワイトアフリカの祖先に黒人がいれば、黒人が祖先にいるわけだし。

黒人に見られる遺伝子を持ってる人が、残ってるところを見ると。
百代も遡る必要はないと思われ。セイゼイ三十代ってところだろう。

111 :世界@名無史さん:04/04/28 21:05
ローマ時代に連れてこられた奴隷とか?

112 :世界@名無史さん:04/04/28 23:12
>フランスとアフリカはそんなに離れていないから、百代も遡れば黒人の一人もいるらしい。
おいおいおい、そんなこと逝ったら南欧のほとんどがそういう事になるよ?
大体、どんな根拠で言ってんだよ、ソース出してくれよ。

113 :世界@名無史さん:04/04/28 23:22
>>111
それもあるだろうけど。
父母両系で辿ってくと幾何級数的に祖先が増えていくから
ある程度遡ると、祖先集団のほとんどの人間が先祖ってことになる。


114 :世界@名無史さん:04/04/28 23:24
ただ、百代前に一人だけ混じったとか言ったら遺伝子が現代に伝わってる可能性がないので
もっと最近でなけりゃいけないが。

115 :世界@名無史さん:04/04/29 07:32
モノ凄いデンパだな・・w

116 :世界@名無史さん:04/04/29 12:57
電波じゃなくて事実。
俺と>>115の共通の祖先も千年以内にいる。

117 :世界@名無史さん:04/04/30 17:01
あ、それと>>116は、リチャード・ドーキンスが書いてたことの受け売りなんで
俺の思い付きとかそういうんじゃない。

118 :世界@名無史さん:04/05/02 07:48
スラブ人はエルベ川よりも西にまで一時は進出していたの?

119 :世界@名無史さん:04/05/02 21:33
最近、アルザスで反ユダヤ主義が盛んだそうな。
ユダヤ人墓地にヒトラー礼賛の落書き

120 :世界@名無史さん:04/05/04 20:15
質問です

ドイツでは、ポスト不足と薄給から、研究者の国外流出が深刻な問題になっている
というのは、本当ですか?

フランスでも、同様な原因で、抗議の研究所責任者の集団辞任があったばかりですが。

121 :イギ厨:04/05/06 00:57
>>118
デンマーク島嶼部や、イギリスのテムズ川河口域まで移住したスラヴ系部族があったそうだ。

>>120
アメリカとイギリスに流出している。

122 :世界@名無史さん:04/05/06 08:35
>>121

南イングランドって、いろんな諸民族が先祖になっていそうだね。
ロンドンには、金融市場を開いた、北イタリアのミラノ商人も移住したし。


英米は、学術の面で覇権を確立しているな(~_~;)

123 :世界@名無史さん:04/05/07 04:44
>イギリスのテムズ川河口域まで移住したスラヴ系部族

それって、アングロサクソンがブリテン島を侵略・移住した時期のこと?
つまり、アングロサクソンとされる部族にはスラブ系も混ざっていたということですか?

124 :世界@名無史さん:04/05/07 08:06
なるほど、この分だと、ゲルマンの諸部族には中央アジアの血も混じっていそうですね。

125 :世界@名無史さん:04/05/08 00:12
いつからドイツ人はスラブを馬鹿にするようになったの?
神聖ローマ帝国なる大仰な名乗りをしたから
ドイツ人は第3帝国だという世界征服の妄想を持つようになったのでは?

126 :世界@名無史さん:04/05/08 01:17
汎ゲルマン主義によって民族意識が一般のドイツ人に芽生えた19世紀後半からだろう。
19世紀末のヴィルヘルム2世の治世にそれが国家システムに組み込まれた。
一方、その頃民族意識が覚醒したチェコやロシアでそれぞれ別個に汎スラブ主義が生まれている。
というか、汎ゲルマン主義は汎スラブ主義に対抗して生まれた。汎スラブ主義が先。
そういったヨーロッパの民族主義はスラブ系の民族の民族運動によって刺激された。

127 :世界@名無史さん:04/05/08 02:29
汎スラブ主義を扇動したロシア帝国の支配層がドイツ系だったというオチw

128 :世界@名無史さん:04/05/08 02:31
ドイツ系としてのアイデンティティは持ってなかったんだろうからいいんじゃない。


129 :世界@名無史さん:04/05/08 02:32
ポーランド王国が分割されて滅亡してから、ドイツ人が増長したのかも?
ダンチヒはポーランド王国の元で繁栄していた。
ダンチヒ生まれのショーペンハウエル家はプロイセン支配を嫌って出て行ったのでは?

130 :世界@名無史さん:04/05/08 02:59
ロシアでの汎スラブ主義は貴族が中心で、スラヴォフィルという国粋主義者のグループが先導し、
本音では究極的には皇帝一家がドイツ系を先祖に持つことにも不満を抱いていた。
チェコの汎スラブ主義は、文化を武器としてハブスブルク家の支配に対抗しようという動き。
これはポーランドのクラクフの文化人にも影響を与えた。いわゆる文化的運動。プラハの国民劇場や、
クラクフのスウォヴァツキ劇場などはその市民的文化運動の象徴。後に建てられたワルシャワの国立劇場も同様の趣旨のもので、
当時は世界最大の劇場だった。
したがって、汎スラブ主義はロシアなどの東欧とチェコ・ポーランドなどの中欧とで色彩が非常に異なる。
汎ゲルマン主義は、激烈なロシアの汎スラブ主義に恐怖を覚えたドイツ人が、
ドイツの統一と強化、中東欧やバルカンへの進出を求めて起こした思想。

131 :世界@名無史さん:04/05/08 03:26
ドイツの経済学者リストはハンガリーへの東方植民を妄想している
ハンガリー人に対しては対等の立場で考えているが
スラブ人は見下している。

132 :世界@名無史さん:04/05/08 03:35
ドイツ系諸国とハンガリーは直接大きな戦いをしたことがない。
グルンヴァルド(タンネンベルク)の戦いやフス戦争やポーランド分割といったドイツとの軋轢の歴史が
ヨーロッパの民族覚醒前の伏線としてあるのだろう。
グルンヴァルドはドイツに対するポーランドの栄光の歴史の一こまだし、
フス戦争やコシューシコの蜂起は失敗に終わった。
これらの事件は民族覚醒期以前の出来事だが、
チェコ人やポーランド人の名誉を守り、
彼らの独立運動における精神的な支えとなったと考えてもいい。
スラブ系諸民族を見下すドイツ人がいるということは、
かれらドイツ人がスラブ系諸民族を恐れていることの裏返しだろう。

133 :世界@名無史さん:04/05/08 03:41
まだある。東フランク王国−神聖ローマ帝国が多神教徒のヴェンド人を征服し、
かれらを改宗させ、ドイツ語圏に同化させ、あるいは奴隷として
イベリア半島のイスラム帝国に売った歴史もある。
征服されたヴェンド人は西スラブ系の諸部族であった。
これに対抗し、多神教からキリスト教に改宗して自らの国を打ち立てたのは
チェコ人とポーランド人だったので、ドイツ系と西スラブ系との軋轢は1000年も前に遡る。
しかし、この時代はまだ、双方の住民に民族意識など微塵もなく、
ドイツ系が西スラブ系を見下すということはなかっただろう。

134 :世界@名無史さん:04/05/08 03:43
結局ドイツ系がスラブ系を「民族的に」見下すようになったのは19世紀後半からだと思う。

135 :世界@名無史さん:04/05/08 03:53
スラブ系の民族覚醒によってドイツ系が一種の恐怖を感じたからだね。

136 :   :04/05/08 03:59
なにがスラブだ。なにがゲルマンだ。
人類は大きく分けて二つの民族にしかならないのだ。
それは

137 :世界@名無史さん:04/05/08 04:07
プロイセンが東方植民に由来する国家だったこともいけなかったようね。



138 :世界@名無史さん:04/05/08 04:10
でもザクセン王がポーランド国王・ワルシャワ大公になっていたよ

139 :世界@名無史さん:04/05/08 04:16
あれはハンガリーから追い出されたドイツ騎士団が、
ポーランドのマゾフシェ侯が北部のバルト系住民の平定に手を焼いていたので、
それを手伝ったのが最初。
その後、騎士団は教皇への文書を捏造して居座ってしまった。
それからたびたびポーランドとの間で問題を起こすようになって、戦争となる。
グルンヴァルド(タンネンベルグ)でポーランド軍(リトアニア軍は戦闘前に帰ってしまった)により
騎士団長は殺され、騎士団領はポーランド王に従属する存在となる。
後の汎ゲルマン主義者たちはこの事件を、ドイツの屈辱と考えた。
この騎士団領は後のプロイセンに繋がるので、反ゲルマン主義はポーランドに対する恐怖と憎悪の感情と結びついた。

140 :世界@名無史さん:04/05/08 04:17
>>138
ナポレオン時代は19世紀初めで、まだ民族としてドイツもスラブも覚醒していない。

141 :世界@名無史さん:04/05/08 04:19
ポーランドが勝ったのは、ドイツ系だったダンチヒ都市民が
騎士団よりもポーランドのほうを支持したからだと思うが

142 :世界@名無史さん:04/05/08 04:19
>>133
>東フランク王国−神聖ローマ帝国が多神教徒のヴェンド人を征服し、
>かれらを改宗させ、ドイツ語圏に同化させ

これが、ドイツ人がスラブ人とゲルマン人の混合である理由の一つ。

143 :世界@名無史さん:04/05/08 04:21
1848年の革命では、ドイツを含めた欧州各地で亡命したポーランド人が革命軍に参加していたらしい

144 :世界@名無史さん:04/05/08 04:23
ダンツィヒ生まれのギュンター・グラスはカシューブ人の血を引くのだそうで

145 :世界@名無史さん:04/05/08 04:24
>>141
ダンチヒはまだ都市として成熟しておらず、ドイツ騎士団の支配する領地に過ぎなかった。
ダンチヒの近郊のマルボルクに騎士団は城を構えている。
ダンチヒが港湾都市として大きく発展したのは15世紀初めにトルンの和約でポーランド領になってから。
現在見られるような旧市街地はこのポーランド時代に建設された。

146 :世界@名無史さん:04/05/08 04:26
ケーニヒスベルクのカントはバルト系ドイツ人

147 :世界@名無史さん:04/05/08 04:31
どうしてポーランドはドイツ騎士団破ったとき、
ドイツ人追放とはいかなくとも、
騎士団解体してプロイセンにポーランド人入植・ポーランド化しなかったのだろうか?

148 :世界@名無史さん:04/05/08 13:42
>>147
一番の理由は、当時はポーランドもドイツも民族主義など全然なかったから。
中世においては、国家の紐帯となるのはまだ「民族」ではなく「封建的主従関係」だった。
ポーランドとドイツ騎士団との戦争は民族戦争ではない。
現代の感覚ではちょっと想像しにくいが。

中世最初の民族戦争は、チェコのフス戦争。

149 :世界@名無史さん:04/05/08 19:49
ドイツとポーランドは同祖の民

150 :世界@名無史さん:04/05/08 20:17
(・∀・)マンコ・カパック


151 :世界@名無史さん:04/05/08 20:32
>>139
>(リトアニア軍は戦闘に帰ってしまった)

何 寝ボケた事言ってとるねん
そんな事実はないぞ 大公国軍は会戦に参加しとるわい
王国軍だけで騎士団主力に勝てるわけない
大公国軍が騎士団と講和を結んで勝手に本国に帰ったのは
グルンヴァルド戦の後 マルボルク攻城戦だべ

余談だが19世紀のポーランドの画家マテイコの
「グルンヴァルドの戦い」でド真中に描いたのはリトアニア大公
ヴィトルドだ

152 :世界@名無史さん:04/05/09 12:12
ポーランド軍にはタタールも参加していたようね
異教徒を引き込んでいいのか?

153 :世界@名無史さん:04/05/09 13:24
遊牧民の傭兵って中欧の戦争には結構参加してるらしいけど。クマン人とか。

154 :世界@名無史さん:04/05/09 15:52
>>152
んなもの王国と大公国の存亡のおりに拘ってられるかい
元々王国は異教徒に寛容な国だったし 大公国もキリスト教に
改宗してから日が浅い
タタールは貴重な決戦兵力

155 :世界@名無史さん:04/05/10 01:26
ヤギエウォ朝もその前のピャスト朝もユダヤ教徒などには寛容だったようで、
西欧から沢山のユダヤ人がポーランドに移住したそうな。
外国人にも寛容だったために、ドイツ人やアルメニア人も多く移住し、タタール人とも自由に交易をしていた。
中世ヨーロッパではポーランドほど異教徒や外国人に寛容な国は他になかっただろう。

156 :世界@名無史さん:04/05/10 01:36

でもポーランド貴族(シュラフタ)と認められるためにはカトリックであることが必要だったの?
コサックは正教徒であることに執着したので貴族扱いされずに反乱おこしたの?

157 :世界@名無史さん:04/05/10 01:44
>>156
ポーランドの歴史上新規にシュラフタになったのは300家族ぐらいで、
全て詳細な記録が残っているそうだ。それ以外は全て古代からの世襲。
中世ポーランドは全てカトリックだったので(当然プロテスタント運動などより遥か前だから)、
カトリックでなくてはならないという規則は敢えて設ける必要のない、「常識」だったのでは?
チャルトリスキ家、ラジヴィウ家などの有名な大貴族は異教徒であったリトアニア出身だが、
シュラフタになったときには既にカトリックに改宗していた。
ロシア正教徒がシュラフタになった記録はなさそう。
コサックはもともと荘園領地から逃げた農民やタタール人が混じってできた集合体だから、
ポーランドではフリンジ的な存在で、シュラフタになれるはずはなかった、ということだそうだ。
反乱起こしたのは、貴族扱いされなかったからというわけではなかったらしい。

158 :世界@名無史さん:04/05/10 12:51
ユニエイトはシュラフタになれなかったの?
カトリックに改宗したサバタイ派ユダヤは?

159 :世界@名無史さん:04/05/10 12:57
ザクセン王などの招かれ王についてきたものがシュラフタとして定着しなかったの?
もっとも国王が新貴族を作ることも制限されていたようだが

160 :世界@名無史さん:04/05/10 13:00
ついてきたというか、ザクセン王は名目だけの王で、ワルシャワにおらず、ドレスデンに住んでいたのでは?

161 :世界@名無史さん:04/05/10 13:53
>>158
ポーランドではある家族をシュラフタに列するためには、
数世代遡って父方の家系を厳密に調べたそうだ。
そのため歴史上、新しくシュラフタになれたのはたった360家族ほどだったらしい。
日本の武士階級(名字帯刀)のような簡単に売り買いできるようなものではなかったようだ。
したがってカトリック以外の家系がシュラフタになったとは考えにくいが、
母方がそれ以外の集団出身であるかどうかはあまり気にしなかったらしい。
シュラフタ制度は厳密な父系制度だったということがわかる。

162 :世界@名無史さん:04/05/10 14:08
西欧風の爵位ができたのは何時頃?(。・_・。)ノ 

163 :世界@名無史さん:04/05/10 15:22
シュラフタはスラブでなくサルマート人末裔らしいが、いつ来たのか?

164 :世界@名無史さん:04/05/10 21:20
実は16世紀後半 セイム議員の8割がカルバン派に属していた時代が有る
理由は王権と教会に盾突くため
もっともその後イエズス会の対抗改革でほとんどすべてがカトリックに再改宗
したけど

>>163
16〜17世紀に流行った迷信 宗教等異なるシラフタ間をまとめる
ために流布された

165 :世界@名無史さん:04/05/10 23:04
ドイツ人みたいな姓のシュラフタも居たみたいです

166 :世界@名無史さん:04/05/10 23:10
欧州は先祖は異民族の人だらけですな!

167 :世界@名無史さん:04/05/11 01:11
>>162
ポーランドには西欧風の爵位はない。シュラフタは財産の多寡による違いがあるだけで、全て同権が建前。
ロレーヌ大公などの爵位はフランスなど他国の政府によって授与されたもの。

168 :世界@名無史さん:04/05/11 01:15
>>166
ヨーロッパで「民族」というのができたのは19世紀だよ。

169 :世界@名無史さん:04/05/11 01:23
けどローマ時代の書籍には民族って言葉出てくるじゃん

170 :世界@名無史さん:04/05/11 01:32
↑だけど全ての人が各民族に包含されたのは19世紀だよ

171 :世界@名無史さん:04/05/11 01:43
>>169
ローマ人の意識は「民族」でなく、「部族」(テウトニー族とかハエドゥイー族とか)と大まかな地方区分(ガリア人とかゲルマニア人とか)だけ。
近代の「民族」概念とは全く違うもの。

172 :世界@名無史さん:04/05/12 07:13
ザクセンなどに移住してドイツ貴族になったシュラフタは居ないの?ニーチェはその子孫と自称

173 :世界@名無史さん:04/05/13 00:00
>>172
ザクセンとポーランドは選挙王政時代やワルシャワ大公国時代に国王を共有するなど深い関係があったから、
ザクセン地方に入植・移住したシュラフタ階級はきっといたと思う。

174 :世界@名無史さん:04/05/13 09:12
>>88
西洋人の人名に関する書籍(名前失念)で見た記憶があるが、
チェコ人の姓には-ek、-ka、-nyの付くものが多いという。オ
ーストリアにはスラブ姓の人も多いそうだが、作曲家兼ピアニ
ストのカール・チェルニー(Carl Czerny)や第二次大戦時の
特殊部隊隊長オットー・スコルツェニー(Otto Skorzeny)など
は姓からしておそらくチェコ系なんだろうな。

175 :世界@名無史さん:04/05/13 12:21
>>174
CzernyとSkorzenyスペルからするとポーランド系かもしれない。
ポーランド語での読み方をカタカナで表すとそれぞれチェルニ、スコジェニ。

176 :世界@名無史さん:04/05/13 12:42
>>172
Nietzscheは、明らかにスラブ系の苗字の綴りをドイツ風に変えたもの。

177 :世界@名無史さん:04/05/13 18:21

でもNietzscheの祖先は市民であって貴族ではないらしい。

178 :世界@名無史さん:04/05/14 01:51
ザクセン人はそもそも殆どがヴェンド人とかソルブ人と呼ばれた西スラブの諸部族だろ。
各部族国家は小さく分散していて国力が弱かったので神聖ローマに滅ぼされた。
他の西スラブの部族国家は比較的大きく国力があったので、
キリスト教に改宗してドイツ人が責めてくる口実を封じ、独立国家となる。
モラビア族のチェコと、レフ族のポーランドがそうだ。

179 :世界@名無史さん:04/05/14 05:51
ザクセン人というのは元々、ニーダーザクセンの人間を指していたはず?

地理的に隔絶したドレスデンを中心とした地域が何故「ザクセン」と呼ばれるようになったのか?

180 :世界@名無史さん:04/05/15 01:32
>>178
ソルブ人 スラブ語を喋るドイツ人
http://www.okada.de/unchiku/sorben/text.htm

181 :世界@名無史さん:04/05/15 01:34
ソルブ人は美形の民族として有名。

182 :世界@名無史さん:04/05/15 01:49
スロヴェニアを無視するとは・・・愚かな

2005年 EUの首都にリュブリャナ当選成功。リュブリャナ一気にウィーンを超える。
2006年 EU統一国家制施行。リュブリャナ、大欧州首都へ。
2007年 リュブリャナ−バグダード間ノンストップリニアが建設される。
2008年 リニアの影響でロンドン、パリ、ウィーンがストローされる。リュブリャナ事実上の経済首都へ。
2009年 リュブリャナのあまりの都会さに失禁死する人間が続出。大欧州の社会問題へ。
2010年 世界一の高さ及び容積を誇る人類最強の建造物「リュブリャナ立方体」建設される。
2011年 大欧州をリュブリャナに改名。
2012年 国連をリュブリャナに移転。
2013年 地球をリュブリャナ星へ改称。
2014年 リュブリャナで原子配列操作技術が完成される。
2015年 距離単位の「1海里」を「1スラヴォイ」に改名。
2016年 「ノーベル賞」を「ジジェク賞」に改名。
2017年 スロベニア人(およびゲルマン化の道から悔い改めたアルプス=スラヴ人)が国連スラヴ理事会議席率100%を獲得。
2018年 人類の発祥がリュブリャナであることが判明。
2019年 火星の人面石が古代アルプス=スラヴ人による建築物であることが証明される。
2020年 月面の宮殿で古代アルプス=スラヴと思われる化石発見される。
2021年 地球はアルプス=スラヴ人により作られた人工惑星であることが証明される。
2022年 人類をスラヴォイ類と改名。
2023年 地球上の全生物をスラヴォイ物と改名。



183 :世界@名無史さん:04/05/15 13:35
他にもアジア系が絶対に入っている。

184 :世界@名無史さん:04/05/15 14:41
ドイツはトルコ系とアラブ系の住民が多いから、当然混血も進んでいる。
とくに旧西ドイツ。

185 :世界@名無史さん:04/05/15 14:41
「日本海」「東海」併記の地図販売…独の出版社(読売新聞:5/14)

【ベルリン=宮明敬】韓国が「日本海」の名称を「東海」と変えるよう国際的に
働きかけている問題で、ドイツの地図専門出版社がこれに応じる形で、
「日本海」と「東海」を併記した地図の原版ソフトを制作、販売していたことが
明らかになった。

 この会社は、コーバー・キュメリー・フライ(本社デュッセルドルフ)。
デュッセルドルフで6日開幕した印刷機器見本市で、印刷機メーカーが同社製の
地図を印刷見本として14日に配る予定になっていた。外交専門誌の記事から
これに気付いた在独日本大使館は、「極めて政治的な問題が経済交流の場に
持ち込まれるのはおかしい」と見本市事務局等に抗議、見本市での配布は
とりあえず中止された。

 しかし、同社のティム・コーバー社長は「併記するのが最も中立的と判断した。
一方の当事者の抗議だけで地図を修正するつもりはない」と話している。問題の
原版ソフトはすでに一部の企業に販売されており、1―2年後には、広く出回る
ことになるという。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20040514id26.htm

186 :世界@名無史さん:04/05/15 15:02
併記するのが最も中立的
併記するのが最も中立的
併記するのが最も中立的

187 :世界@名無史さん:04/05/15 15:37
>>183
いや、絶対入ってない。

>>184
つーか、そんなの旧共産園とか以外の先進諸国ならどこにだって少なからずある事じゃねーかよw

188 :世界@名無史さん:04/05/16 01:17
>>187
いや、絶対入っている。

西ドイツは西アジア系だけでなく、ヴェトナム難民も大量に受け入れた。
彼らがドイツに同化して、もといたドイツ人と混血が進んでいる。
もっともアジア系との混血が進んでいるヨーロッパの地域は、旧西ドイツ。

189 :世界@名無史さん:04/05/16 01:40
終戦から数えてもせいぜい60年しかたってないのに、
そんなに簡単に移民って同化されてしまうもんなの?

190 :世界@名無史さん:04/05/16 01:41
大量ってほどか?
東アジア系より西アジア系だろ、ヨーロッパは。
フランスなんかはインドシナ系フランス人多いらしいが

191 :世界@名無史さん:04/05/16 01:43
>そんなに簡単に移民って同化されてしまうもんなの?

ドイツの場合社会制度上そうなる。

192 :世界@名無史さん:04/05/16 01:46
>フランスなんかはインドシナ系フランス人多いらしいが

インドシナ系ドイツ人多いよ。ヴェトナムやカンボジアの難民。
同化政策が取られたので、顔かたち以外は完全にドイツ人。

西アジアからは、パレスチナ難民も多く受け入れた。
ラインラント地方はアラブとドイツの混血が多い。現在20代くらいの世代。

193 :世界@名無史さん:04/05/16 01:46
ドイツは13%がイスラム教徒。

194 :世界@名無史さん:04/05/16 01:59
そういう人たちもドイツ「国民」には違いないが、ドイツ「民族」なのか?

195 :世界@名無史さん:04/05/16 02:01
ドイツ人が戦後、民族意識捨ててコスモポリタンになってしまったから、黒人も含めてドイツ国籍を持つ全ての人が皆平等にドイツ「人」だ。

196 :世界@名無史さん:04/05/16 02:01
彼らがそう思えばそうなんじゃないの?
エスニシティなんざ自己規定に拠る部分が大きいんだからさ。

197 :世界@名無史さん:04/05/16 02:02
>>195
右翼系ドイツ「人」が聞いたら激怒するだろうなあ・・・

198 :世界@名無史さん:04/05/16 02:05
>>197
その右翼がそもそもスラブとゲルマンの混血なんだから。
彼らがスラブ+ゲルマン=純粋なドイツ民族と規定しているなら話は別だが。

199 :世界@名無史さん:04/05/16 02:06
サッカー代表でもバラックやクローゼなどのスター選手がスラブ系。
バラックはソルブ人で、クローゼは完全にポーランド化していた在外ドイツ人家庭出身。

200 :世界@名無史さん:04/05/16 02:08
>>197
いまやドイツ社会では、極右は「ドイツ人」とは認められていない。
あいつらはドイツ人なんかじゃない、というのがほとんどのドイツ人の意見。
思想を基準に規定するなぞ、フランスのように成長した証拠。

201 :世界@名無史さん:04/05/16 02:24
>>179
ttp://www.asahi-net.or.jp/~eh6k-ymgs/etc/deutschland/sachsen.htm

202 :世界@名無史さん:04/05/16 02:27
>>200
それはそれでさびしいな

203 :世界@名無史さん:04/05/16 02:31
>>189
されないね、戦後ただ単に外国人が移民しただけであって、別に大量に混血した訳じゃない。
>>194でも言ってる通りドイツ「国民」ではあるがドイツ「民族」ではない。

つーか、これ自作自演だろ?

204 :世界@名無史さん:04/05/16 06:25
>>91
 差別云々ではないが、スラブ姓のドイツ人にはこういう人もいたということで
 カキコ。ソース先は軍事板の某スレです
 >49 :名無し三等兵 :04/03/29 22:21 ID:BhYPQ3KV
  >ワルシャワ蜂起の鎮圧司令官だったエーリヒ・フォン・デム・バッハ=ツェレウ
  >スキSS大将の血筋って完璧なポーランド貴族だったらしい。
  >この2重姓も名門ユンカー同士の姻戚関係から来るものではなく、スラブっぽさを
  >薄めるために自分で付け加えた名前だとのこと。で、スペル綴りもzelewskiから
  >zelewskyに変え、ポーランドっぽさを消すようにしていた。そんな奴をポーランド
  >人弾圧に使うってのがヒムラーの性格を良く表してる。


205 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/05/16 09:55
>>203
えーっと、英語だと民族も国民も「nation」なわけだが。
そう区別したがるからにはここでの民族は「ethnic」的なものを
指していると考えていいわけね?


206 :世界@名無史さん:04/05/16 18:21
そもそもドイツ人にしろドイツ国民にしろドイツ民族にしろ
一体感が意識されているのかなあ?
ドイツ統一の時に、バイエルンあたりで「あれはプロイセンの問題だ」
と冷ややかな反応があったという話もあるけど。

207 :世界@名無史さん:04/05/16 19:38
バイエルン議会は西ドイツ建国時に加盟を拒否してます。

208 :世界@名無史さん:04/05/16 20:21

うそ?

209 :世界@名無史さん:04/05/16 20:50
バイエルンは基本法の批准を否決しただけだろ

210 :世界@名無史さん:04/05/16 21:03
それでも西ドイツの1州。
うっとCSUの万年与党。

211 :世界@名無史さん:04/05/16 21:15
西ドイツの人とアルザス人とオランダ人って外見で見分けつく?
彼らとフランス人、ベルギーのヴァロワ人との区別は、写真でも一目で
わかるけど。

212 :世界@名無史さん:04/05/17 00:19
バイエルンをドイツ国(と呼んでおく)から切り離して、オーストリアと
(再?)統合するというプランは、両大戦後にそれぞれ出されたようだが、
あながち無理やりな話でもなかったらしいな。

213 :世界@名無史さん:04/05/17 00:23
カトリックドイツとプロテスタントドイツに分けるの?

214 :世界@名無史さん:04/05/17 04:50
>>209

当時は連合軍占領下だったはず。
占領軍の強権措置で、ドイツ連邦共和国に加盟させられたってことですか?

215 :世界@名無史さん:04/05/18 20:21
>>214
基本法についての対立は、連邦と州との間で権限や財政の配分をめぐるもの
連合国が主張する連邦主義を支持したのがCDU/CSUで、より中央集権的なのを支持したのがSPD
結局、連合国とCDU,SPDは歩み寄ったが、独自の歴史を持ち宗教の違いもあるバイエルンのCSU
は連邦主義にこだわり反対した
その後のバイエルンの州議会では、基本法を拒否したわけではなく、
批准はしないが承認はするという形で受け入れた

216 :世界@名無史さん:04/05/18 21:13
今でも独立派は結構居るって言うが。

217 :世界@名無史さん:04/05/18 21:24
バイエルン方言は標準語よりウィーン方言に近いの?

218 :世界@名無史さん:04/05/18 21:27
    三     , -.―――--.、
    |┃三    ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ
    |┃    .i;}'       "ミ;;;;:}
    |┃    |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|
    |┃ ≡  |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|
    |┃    |  ー' | ` -     ト'{
    |┃   .「|   イ_i _ >、     }〉}     _________
    |┃三  `{| _;;iill|||;|||llii;;,>、 .!-'   /
    |┃     |    ='"     |    <  一部始終見させてもらった!!
    |┃      i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {     \ 貴様はゴー宣板送りだ!!
    |┃    丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ     \
    |┃ ≡'"〜ヽ  \、_;;,..-" _ ,i`ー-     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃     ヽ、oヽ/ \  /o/  |    ガラッ


219 :世界@名無史さん:04/05/18 22:19
>>217
手元の方言地図を見たら、Bayerisch-Österreichischで1つになっている。
もともとバイエルンは今のオーストリア北部も含んでいたのを、
フリードリヒ1世バルバロッサが切り離して公爵領にしたのが、国としての
オーストリアのおこりだというから、今日まで分断され続けてきたのは
どちらかというと政治的理由が大きいと思われる。
>>212でいう「(再?)統合」というのはそういう含みだろう。

220 :世界@名無史さん:04/05/19 00:05
こういう企てもあったらしい。

589 :世界@名無史さん :04/05/07 23:32
>>586
ヨーゼフ2世は隣邦バイエルン選帝侯領を併合しようと、選帝侯に
ハプスブルク領ネーデルラント(ルクセンブルク含む)への
国替えを迫ったが、結局実現しなかった。
飛び領だったから平気で?取引材料にできたのだろう。
実現していたらヨーロッパの地図は今とは少し違っていたはずだ。

221 :世界@名無史さん:04/05/19 01:50
ドイツでは歴史的にもカトリックとプロテスタントは同権だが、
カトリックのドイツとプロテスタントのドイツとどっちが好き?
漏れは単純にBMWのオーナーでファンだから、カトリックのドイツが好き。
あの車のデザインは宗教美術で美的感覚を磨いたカトリック教徒でないと不可能だろう。
あとは、ロマンチック街道も好きだし。ドイツ南部の自然や村が好きだから。

222 :世界@名無史さん:04/05/19 14:21
南部ドイツと西北ドイツで外見違うの?
オランダ人やアルザス人は西部ドイツ人と同じ外見のようだけど。


223 :世界@名無史さん:04/05/19 14:23
>>219
ヒトラーがミュンヘンで活躍した道理ですな。
オーストリアから逃げてミュンヘンに移り住んだわけだが。

224 :世界@名無史さん:04/05/19 14:29
>>222
宗ワルツネッガーは金髪じゃないね。
オランダ人とかけ離れている。

225 :世界@名無史さん:04/05/19 14:50
>>222
同じドイツ人でも北ドイツの人は北方人種で、オーストリア
・南ドイツ・スイスの人はアルプス人種に属するってのを
どっかのスレで見た覚えがある。確かノルディックがブロ
ンド・ブルーアイなのに対しアルプス人種は黒髪・グレー
アイが多いとか。

226 :世界@名無史さん:04/05/19 14:54
ヒトラーは、本人だけでなく、姪もスラブ風なら、身長も176留まり
だったね。



227 :世界@名無史さん:04/05/19 19:20
>>225
ドイツは北方人種、東ヨーロッパ人種、アルプス人種の混合。

228 :世界@名無史さん:04/05/19 19:58
ドイツ系なら180cmとかって珍しくないもんな。
ちょっと違うがオランダは平均身長が180cm以上あってびっくりしたよ。

229 :世界@名無史さん:04/05/19 20:00
>>228
オランダ人は戦後身長が伸びたんだよ。
乳牛に成長ホルモン与えるようになってから。
一種の環境汚染の結果。

230 :世界@名無史さん:04/05/19 20:03
>>229
ありゃ、そうなんだ。
てっきり昔からでかくて、「そりゃ植民地の人間もびびるわ」とか思ってしまったよ。

231 :世界@名無史さん:04/05/20 02:17
ちなみにオランダ語は低地ドイツ語の方言の1つ。

232 :世界@名無史さん:04/05/20 12:17
日本ではオランダで使ってた成長ホルモン禁止なのかな。
日本人の背を伸ばすために必要かも。

233 :世界@名無史さん :04/05/20 18:08
>>232
あのホルモンでオランダ女にゃ髭が生えてくるそうだがそれでも?

234 :世界@名無史さん:04/05/20 18:15
なんでそんなホルモン与えるんだ

235 :世界@名無史さん:04/05/21 00:21
酪農の効率を高めるため。

236 :世界@名無史さん:04/05/22 09:41
ドイツも好きじゃないけど、ドイツよりオランダの方が嫌いだが・・
確かに人種差別好きだよな・・ドイツ・・水泳世界大会んとき岩崎恭子が
はしゃいでたの 見てすげぇ不快な顔してたしな・・岩崎恭子に問題あったけど・・
金メダリストもドイツ人にかかれば糞ジャップか・・
フェラーとライカールトの喧嘩もそうだし・・。
誰かドイツの人がもう黄色い奴が勝つ姿は我慢できんとか言うくらいだし・・

黄禍論
http://www.tabiken.com/history/doc/G/G029C100.HTM


237 :世界@名無史さん:04/05/22 09:42
「新しい教科書をつくる会」の西尾幹二さんって
ドイツの哲学書を翻訳するなど、元々ドイツ専門家なのね。
彼によると、ドイツの新聞って日本叩き、日本侮蔑の記事が凄いんだと。
元々、見下してた黄色人種が世界で一番優秀なはずの
自分達を追い抜いてしまったのが悔しくて
日本憎しが一般的なドイツ世論。
あんまり酷いんで、だんだん西尾はドイツ(欧米)に愛想を尽かした・・
それでナショナリストになったのは有名な話


238 :世界@名無史さん:04/05/22 11:59
>>237
>「新しい教科書をつくる会」の西尾幹二さんって人いるよね

あの恥知らずの嘘つき人種差別主義者か。

>元々、見下してた黄色人種が世界で一番優秀なはずの
>自分達を追い抜いてしまったのが悔しくて

なにで追い抜いたんだよ。国際競争力でいつもドイツより下位のくせに。
統一EUのリーダーであるドイツと、アメリカの腰巾着日本とじゃ、国際的地位も月とスッポンだよ。

>あんまり酷いんで、だんだん西尾はドイツ(欧米)に愛想を尽かした・・
>それでナショナリストになったのは有名な話。

元々優劣でしかものを考えない国粋主義者だから、海外の批判をすべて人種差別と受け取るんだろうね。


239 :世界@名無史さん:04/05/22 12:16
>>236-237はドイツ関係スレに貼られまくってるコピペ。反応すべからず。

240 :世界@名無史さん:04/05/23 00:04
一口にドイツ人と言っても内実は様々ということか。
漢民族ほど多様ではないにしろ。

55 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)