5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ここはどこ?わたしはだれ?〜二日目〜

1 :例の170 ◆vBOFA0jTOg :03/12/02 22:33
まず誰か一人が歴史上の人物になっています。そしていきなり記憶喪失になっています。
皆さんはその人にいろいろ質問をして、得られた回答を元にその人が誰かを推理して下さい。
そうすればその人の記憶喪失は直ります。
正解者はすぐに歴史上の人物になって記憶喪失になって下さい。そして数字コテになって
答えられる質問に答えて、誰かに自分が何者か当てられたらばすぐ記憶を戻して下さい。


現在の記憶喪失者は前スレ964=あやめ(コテハン)さんです。

2 :例の170 ◆vBOFA0jTOg :03/12/02 22:34
前スレでの記憶喪失の人のことば

>まあどうしたことでしょう。私は自分が何者であったかが判らなくなってしまいました。
>あまりに複雑な人生を送って来たためアイデンティティを失ってしまったのかしら。

>それにしても先程レスしようとしたら「あなたは騙されています」ですって!
>騙したことはあっても騙されたことのない私にですわよ、失礼な」

3 :例の170 ◆vBOFA0jTOg :03/12/02 22:35
前スレでの質疑応答

Q.
現在住んでいらっしゃるのはお生まれになった土地・国ですか?
と言うか女性…ですよね?
A.
今の住所は生まれ育った土地ではありません。帰国のため旅券まで入手したこともあったんですけれど。
Q.
過去に人を騙したのは誰かに命じられてですか?
A.
はい、命令に従ってです、でもいやいやではありません、騙すことって愉しいわ。
Q.
以前、ジャワのスマランに住んでいたことがありますか?
A.いいえ、東洋に行ったことはありません。
Q.
革命でひどい目に遭いませんでしたか?
A.
革命当時は故国を離れておりまして、その事態からの被害は受けておりません。
Q.
剣術はお得意ですか?
(A.?)以下中の人の発言
>マタハリことマルガレータ-ヘルトロイダ-ツェレに見当を付けられたんですね。
>彼女はスマラン近郊のアンバラワに居たことがありますからね。
>いい嗅覚なさってますよ。
Q.(未回答)
では、スパイとしていったロシアの皇帝エリザベータの印象はどうでした?


4 :前スレ既出キャラ:03/12/02 23:21
禽滑釐(40)、ウィリアム・トラビス(59)、ジェラール・ド・リドフォール(75)
ベルトラン・ド・ボルン (92)、蘇武(103)、朱(123)、フレデグンデ(167)
唐継堯(201)、柴五郎(226)、アーネスト・J・キング(263)、アグリコラ(283)

ヘルマン・ゲーリング(312)、栗林忠道(332)、ウィリアム1世(354)、紀ホ(397)
デュ・ゲクラン(421)、南方熊楠(440)、ハリエット・タブマン(488)、李舜臣(539)
コメニウス(554)、ルーパート(591)、クイトラワク(606)、張文成(642)

屈原(654)、セネカ(721)、カリオストロ(731)、白楽天(795)
フェレイラ(830)、パラケルスス(877)、ノストラダムス(896)

5 :世界@名無史さん:03/12/02 23:39
答えは永遠に出ない
スレが終わってしまうから
バカみてー

6 :世界@名無史さん:03/12/03 04:50
文字に関する質問はつまらなくなるので控えよう、
というのも言っておいたほうがいいかと

7 :フェレイラの中の人:03/12/03 14:17
あとは出題者のあやめさんが来ていることが確認できればスレとして機能するかな・・・・・・

あやめさーん いらっしゃいますかー?age

8 :あやめ:03/12/03 15:01
ごめんなさいm(__)m例によってうっかりしてましたわ。
ロシア女帝エリザヴェータについての御質問でしたね。
その前に革命によって被害は受けていないと回答しましたが、やや正確を欠く
嫌いがありますので補足します。
当時は故国に生活していませんでしたので、革命に伴う治安の混乱から被害は
ありませんでしたが、政体の変革によって王室から支給されていた年金1万
2000ルーブルが永遠に期待できなくなてしまったのは痛手でした。それ以上に
マリー-アントワネット様から時折プレゼントされていた素的なお帽子や豪華な
ドレスも、もう頂けなくなってしまったのは悲しいことでした。
女帝陛下への回想については少し待ってください。


9 :あやめ:03/12/03 15:37
エリザヴェータ女帝陛下には大変に可愛がって頂きました。侍女同然に待遇して
くださり、深夜でも御私室への出入りを自由にお許し下しました。
ただ陛下のご性格はとても気まぐれで、廷臣への御寵愛も外国への対応も気分に
任せて屡しば変動し、戸惑うことも少なくありませんでした。しかしそのような
御気性を呑みこんでしまえば、却って外交工作に都合よく利用できることを悟り、
ロシアをフランスとの同盟に導くことに成功したわけなのです。
もっとも当時ロシアの宮廷はフランスへの好意とドイツへの反感が支配的で、特に
陛下はフランスかぶれっぽい方で、わたくしもそうした話題の格好のお相手として
歓迎されたものかと思います。持参し捧呈した「法の精神」についても喜んで頂け、
啓蒙思潮についても御下問に預かることがよくありました。しかし陛下の場合には
果して啓蒙思想への理解や共感については、エカテリーナ陛下に比べて些か疑問に
感ぜられるところがありました。エカテリーナ様は当時は御不遇に暮らしておられ、
なぜかわたくしを嫌悪しておられたようでした。

10 :世界@名無史さん:03/12/03 21:12
皆さん次に記憶喪失になる準備中かなw

世界史板にも即死ってある? とりあえず回避カキコ

11 :例の170 ◆vBOFA0jTOg :03/12/03 21:43
前スレ貼り忘れてた。

ここはどこ?わたしはだれ?@世界史
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1055771404/

12 :フェレイラの中の人:03/12/03 23:01
忘れてました スレ立て乙です

13 :世界@名無史さん:03/12/07 18:04
age

14 :フェレイラ:03/12/07 21:37
>>12
中の人などいないっ!!

15 :フェレイラの外の人:03/12/09 19:43
なんだと!
では、私は今までナニを悩んでいてと言うんだ?

16 : ◆JEVIFjmXDI :03/12/11 22:24
あなたは、シュヴァリエ・デオンことマドモワゼル・リア・ド・ボーモンこと
シャルル=ジュヌヴィエーヴ=ルイ・オギエスト=アンドレ=ティモテ・デオン・ド・ボーモン
さんではありませんか?

17 :フェレイラの中の人:03/12/13 01:48
おお 正解っぽい

このスレは「質問待ち」、「解答待ち」、「次の出題者待ち」という特性があるからレスが止まりがちだけど、基本的には良スレと思う(今回だって、正解が分かってれば自分が記憶喪失になったデスヨw)

あとは引継ぎ……再び あやめさーん いらっしゃいますかー?age


18 :世界@名無史さん:03/12/14 18:07
    ∧∧
   (=゚ω゚)ノ ageるぃょぅ

19 :あやめ:03/12/14 19:19
しばらくうたた寝してたらどなたか呼ぶ声が......、そうです想い出しました。
それはわたくしのフルネームですの、わたくしとしてはマドモアゼル-リアと
呼んでくださる方が嬉しいわ。
スパイ、外交官、龍騎兵連隊長、財政外交評論家、戯詩文作者、剣士...etc
巷ではわたくしの性別について賭けが行われているとか。
どちらにせよ既に八十歳を過ぎ病床に臥す身、いずれ検屍があるでしょう。
真実は遠からず明らかにされ、アヴァンチュリエとしての噂だけが残ることでしょう。

20 :あやめ:03/12/14 19:22
衰弱した意識の薄明の向うに人影が...
あなたはどなた?

21 :あやめ:03/12/14 20:01
エオンの先輩としてはルイ十四世の宮廷にはフランソワ-ティモレオン-ド-ショワジーが
作家・聖職者・賭博師・アカデミー-フランセーズ会員・サン-セーヌ修道院の院長の身分で
女装者として活躍していました。
更に遡ると「三アンリ戦争」で知られているアンリ三世は、シュノンソー城で盛大な
クロスドレッシング-パーティを開催し、自らも女王の扮装で出御されたとか。
こうした風潮の背景としては当時の西欧では、貴族男性の化粧が一般的だった状況が
指摘できるでしょう。おしろいや付け黒子など流行していたようです。
日本の平安貴族や支那の南朝貴族、そして西洋ではロココ貴族の女性的風俗は興味ある
習性のように思います。
T-レックスとかデヴィット-ボウイ、もうちょっと後のボーイ・ジョージとか
想い出されます。

22 :あやめ:03/12/14 20:16
"EON"という女装界の先駆的BBSがありますが、シスオペの神名龍子さんは
元警察官で古武道の修練者でありフッサール現象学の研鑚者として、剣客兼論客を自称する
女装者として活躍しておられます。
この"EON"もエオン-ド-ボーモンを意識したネーミングなのでしょう。

23 :◆JEVIFjmXDI :03/12/14 22:38
ん?。僕?。僕は……僕の名は…………
名前をど忘れしてしまったようだ。
だれか僕の名を知っている方、僕におしえてくれないだろうか?

24 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :03/12/14 22:40
>>23
何かに追われてらっしゃいますか?敵とか編集者とか主君の命令とか。

25 :世界@名無史さん:03/12/14 23:10
>>23
あたりの様子を教えてください。

26 :世界@名無史さん:03/12/15 22:55
自分の性別はわかりますね?
身長とか、体型はわかります?

27 :? ◆JEVIFjmXDI :03/12/16 23:06
>>24 いや、幸い追われてはいないよ。
>>25 自動車が見えるな。
>>26 僕は男だよ。

28 :世界@名無史さん:03/12/16 23:58
>>27
自動車の動力は何でしょうか?
蒸気(意外に多かったそうな)? 電気(これも結構あったらしい)? ガソリン?


29 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :03/12/17 00:42
>>27
なんで昼間からぶらぶら歩いてらっしゃるんですか?大恐慌の最中ですか?

30 :世界@名無史さん:03/12/17 01:01
>>27
ぶっちゃけ、キリスト教についてどのようなスタンスですか?

31 :? ◆JEVIFjmXDI :03/12/17 23:22
>>28 主にガソリンだね。もちろん軽油で動く車もある。化石燃料といえばいいのかな
>>29 世界大恐慌…そんなこともあったね。僕はいろいろなことをやってきたけど、もう余命幾ばくもないんだ。内緒だよ。
>>30 僕はキリスト教徒ではないけど、べつにどうこうしようとは思ってないよ。

32 :世界@名無史さん:03/12/17 23:41
ご職業は?

33 :世界@名無史さん:03/12/19 21:59
今いる国は? ヒントでも

34 :世界@名無史さん:03/12/19 22:01
いろいろなこと……印象深いものについて思い出を

35 :世界@名無史さん:03/12/19 22:14
第二次大戦のあとまで生きた方ですか?もしそうなら、戦争になんらかの形で関わりましたか?

36 :世界@名無史さん:03/12/19 22:45
そろそろおいでになる頃ですかw
白人黒人黄色人種、あなたはどこに入りますか?

37 :? ◆JEVIFjmXDI :03/12/20 15:54
>>32 僕の職業は学者だよ。
>>33 (「ヒント」って難しい。よいヒントが思いついた時点で回答します)
>>34 僕は多くの「印象深い思いで」をもっているからなあ。おいおい話すよ。
>>35 両方「はい」だな。
>>36 僕は白人だよ。

38 :? ◆JEVIFjmXDI :03/12/20 16:21
>>29 >>34 僕は政府に関わるあるレポートに関して喧嘩をしたことがあるんだ。

39 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :03/12/20 17:38
ノイマン氏とはお知り合いですか?

40 :世界@名無史さん:03/12/20 20:56
車のメーカーと喧嘩した人ですか?

 (GMだったか...)

41 :? ◆JEVIFjmXDI :03/12/20 23:30
>>39 はい
>>40 いいえ

42 :? ◆JEVIFjmXDI :03/12/20 23:34
>>40 僕の「レポートに関する喧嘩」は車に関するものじゃないよ。

43 :世界@名無史さん:03/12/21 11:08
ノーベル賞は取りましたか?

44 :世界@名無史さん:03/12/21 21:21
「ノイマン式コンピュータ」はという呼び名は
断じて認められるものではないですか?

45 :? ◆JEVIFjmXDI :03/12/23 01:11
>>43 取ったよ。

46 :? ◆JEVIFjmXDI :03/12/23 17:29
>>30(修正)僕はキリスト教の家に生まれていないけれど、別にどうこうしようとは思ってはいないよ。
>>33 いまいるところは、ノーベル賞を一番多く受賞した人の国で、そうそう、僕は日本に行ったことがあるんだ。

47 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :03/12/23 18:25
アインシュタインさん?

48 :? ◆JEVIFjmXDI :03/12/23 21:18
おお!アインシュタイン教授と間違われるなんて光栄だね。
でも、僕は違うんだ。僕の名前を知っている方、僕に名前を教えてくれないだろうか。

49 :世界@名無史さん :03/12/24 10:03
パーカッションはお得意ですか?

50 :あやめ:03/12/25 16:53
受賞されたノーベル賞の分野は理系でしょうか?

51 :世界@名無史さん:03/12/25 17:17
フォン・ノイマンとあった時、あなたは20代でしたか?

52 :? ◆JEVIFjmXDI :03/12/25 17:22
>>49 おお!よくぞ聞いてくれました。大得意だよ。

53 :世界@名無史さん :03/12/25 17:25
お名前をわすれるなんて、ご冗談でしょう、ファインマンさん。

54 :リチャード・P・ファインマン ◆JEVIFjmXDI :03/12/27 20:46
>>53
そうだった。僕はリチャード・ファインマン。人は僕のことをいろいろと呼ぶ。
金庫破り、ボンゴドラマー、ノーベル賞物理学者、狂気の天才、、、。
でも、僕の生涯でやり遂げたことでもっとも素晴らしいことは純粋にアーリーンを愛せたことだよ。
ところで君は誰かな?

55 :  ◆D0JWypR3Hw :03/12/28 02:20
私の名前は... 事故のせいか思い出すことができない...
誰か私の名前をおしえてくれないか。

56 :世界@名無史さん:03/12/28 08:09
近くにあるものを教えてください。

57 :世界@名無史さん:03/12/28 08:29
どのような事故だったのか、お教えいただけますか。

58 : ◆D0JWypR3Hw :03/12/28 14:12
>>56
ピアノがあるね。あと浮世絵も飾っている。
>>57
数年前にタクシーに乗っていたときに事故に遭ったんだよ。
外傷はたいした事はなかったのだが、頭をうってしまったらしい。

59 :Krt:03/12/28 14:26
ヴィットゲンシュタインという名前にご記憶はありますか?

60 : ◆D0JWypR3Hw :03/12/28 15:42
>>59
もちろん知っているよ。

61 :世界@名無史さん:03/12/28 23:32
戦車を率いて戦争をした経験はありますか?

62 : ◆D0JWypR3Hw :03/12/29 00:08
>>61
ご冗談を。
私は身長が低くて徴兵検査に不合格だったので
志願兵としてトラック運転手をしていたのだよ。

63 :世界@名無史さん:03/12/29 20:01
僕は身長が170ない警官を目撃して驚いた。

64 :世界@名無史さん:04/01/06 01:49
>>54
物理板の名無しの元ネタだったのか・・・

65 : ◆D0JWypR3Hw :04/01/10 23:54
みなさん、新年おめでとうございます。
私の名前をおしえていただけるともっとうれしいのですが。

66 :Krt:04/01/11 00:03
ヴァイオリンとチェロの組み合わせについてどう思います?

67 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/01/14 00:01
あげます。

68 : ◆D0JWypR3Hw :04/01/14 01:32
>>66
私の作った曲を聴いてくれたのですか。
私の友人は「二つの弦楽器のモノディのような効果がきわめて
鮮烈な印象を残した」と評してくれました。

69 :世界@名無史さん:04/01/20 01:06
あげ!

ここまで下がっているとは!

70 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/01/31 23:39
最早回答者がどこかへ行ってしまわれたのでは・・・。

71 :世界@名無史さん:04/02/01 01:05
ならば、誰ぞ、記憶喪失者を探して参れ。

72 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/01 01:06
>>71
お願いいたします。

73 :世界@名無史さん:04/02/01 19:08
>72
掛け持ちするのも一興じゃない?

74 :71 ◆8jVpfMnU/M :04/02/05 16:04
では、お言葉に甘えて。

ところで、我が名はなんであったか…先刻以来、思い出せん。
だれぞ、思い出させてくれぬか?

75 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/05 17:21
>>74
今はどんな格好をしてらっしゃいますか(下のものは例という事で適当に)。
贅沢品ですか、ぼろきれですか。絹ですか、木綿ですか。旅姿ですか、普段着ですか。

76 :71 ◆8jVpfMnU/M :04/02/05 21:17
>>75
普段着じゃ。偉く手のこんだ仕立ての贅沢品ではあるが。

77 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/05 23:33
>>76
宗教についてどう思われますか?

78 :世界@名無史さん:04/02/05 23:57
>76
周りには、何か特徴的なものは見えますか?

79 :世界@名無史さん:04/02/06 00:30
贅沢な仕立ての普段着...
色は、赤とか黄色とか、はっきりしていますか?

「ドラゴン」が何匹か舞っていますか?

80 :71 ◆8jVpfMnU/M :04/02/06 22:41
>>77
道徳で飯が食えるか!と常々言っておるのだが、
どうも理解出来て居ない者がおるようでなぁ。
>>78
大屋根が、見えるぞ。見渡す限り、屋根屋根やね。
>>79
うむ。

81 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/06 23:22
>>80
「法」というものについてどうお考えですか?

82 :世界@名無史さん:04/02/07 23:07
「竜」の刺繍ですか?

何匹います? 9匹?

83 :71 ◆8jVpfMnU/M :04/02/08 02:59
>>81
法を儒の上におくのが、我が治世じゃ。
民は、現在に生きており、古に生きている訳ではないからの。
>>82
龍の刺繍じゃ。何匹いるかのう。
一番多くの龍の刺繍を施した衣を身につける事ができるのは儂だけというのは、
確かじゃ。

84 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/08 10:36
>>83
韓非子をご存知ですか?

85 :世界@名無史さん:04/02/08 17:49
もしかして貴方様は始皇帝陛下に御座いましょうか?

86 :71 ◆8jVpfMnU/M :04/02/08 23:03
>>84
うむ。だが歴史上の人物としかしらぬ。
>>85
朕は、始皇帝ではないぞ。始皇帝の治世は、残虐にして苛烈。
またその行いは、暴虐の覇道のみ。
朕は、覇道と王道を鬩ぎあわせてこそ、社稷を安んずることが出来ると考えておる。

87 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/08 23:05
>>86
ずいぶんと自信がおありのようですが、どんな実績がおありですか?

88 :71 ◆8jVpfMnU/M :04/02/08 23:50
>>87
朕は幼き頃、長安の裏町で育ち、また周辺の街を旅した事があってな。
下級官吏が、朝廷の権威を笠に着て民を威張り散らすのも、
朝廷の政策の一つ一つが、民にどれだけ影響があるのかも肌でわかるのじゃ。

冤罪により、収監されておるものがおらぬか調べさせ、
汚職があれば、これを取り締まり、宮廷に甘露が降ったと言って、
専売の塩を値下げしたこともあったな。
北方で変異があって兵役を緩める事が出来たのは、幸運であったがな。

89 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/09 00:03
>>88
初代ですか。二代目ですか。

90 :世界@名無史さん:04/02/09 00:11
もしかして、初めの奥さんは役人の娘でしたか?

91 :世界@名無史さん:04/02/09 00:19
>>88
皇太子についての評価をおしえてください。

92 :71 ◆8jVpfMnU/M :04/02/09 00:45
>>90
うむ。看守の娘でな。筋を通して皇后に立てたのだが、殺されてしもうた…
>>91
あれは、儒教かぶれでいかん。どれほど朕が諭しても、儒を政の礎に考えおる。
廃太子して、次子を皇太子に立てた方が、良いかもしれん。
だが、皇太子は妻が生んだ子…亡き妻を事を考えるとなぁ…

93 :71 ◆8jVpfMnU/M :04/02/09 00:46
>>89
朕は10代目じゃ。

94 :世界@名無史さん:04/02/09 00:52
>92
それはお気の毒でしたね、宣帝陛下
貴方様は前漢では最高の名君かと存じます

95 :71 ◆8jVpfMnU/M :04/02/10 00:28
>>94
おぉ!それは朕の諡。そうであった、朕は大漢帝国皇帝劉次卿。
ところで、我が名を知るあなたは、だれかな?

96 :94 ◆asHRtOTOD2 :04/02/10 11:52
>95
ええ、私はですね。・・・あれ?何故でしょうか?思い出せません。
皆さん、私は誰だったでしょうか?

97 :世界@名無史さん:04/02/10 22:53
>96
ええっと、性別は…

98 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/10 23:50
>>96
どんなお仕事をなさっておいでですか?

99 :世界@名無史さん:04/02/10 23:55
文字は、鵞ペンで書きますか? それとも、鉛筆? 筆?

100 :94 ◆asHRtOTOD2 :04/02/11 01:36
>97
私は男性です。

>98
仕事、ですか。
何かの研究をしていた覚えがございます
書物の翻訳していた記憶もございますね。

>99
筆を主に使用しました。

101 :世界@名無史さん:04/02/11 15:10
>>100
どこかの王朝に仕えたことはありますか?

102 :世界@名無史さん:04/02/11 15:19
>>100
翻訳ですか。 原典の言葉が話される国を訪ねたことはおありですか?

103 :94 ◆asHRtOTOD2 :04/02/11 17:36
>101
支配階級のかたの命令で協力したことはあります。

>102
はい、ございます。

104 :世界@名無史さん:04/02/12 01:36
>>103
あなたはその国の主流民族の生まれですか?
いわゆる平民の生まれでしょうか。

105 :94 ◆asHRtOTOD2 :04/02/12 01:54
>101(訂正)
失礼しました。私の記憶違いがありましたようで。
幼少の頃、仕官するための試験を受けたことを失念しておりました。

>104
はい。私は一般的な民族の生まれです。
父は役人をしておりました

106 :世界@名無史さん:04/02/12 02:26
仕官の試験に合格したのは13歳の時ですか?

107 :94 ◆asHRtOTOD2 :04/02/12 23:38
>106
ああ!そのとおりです!
私はその試験に合格したときは13歳でした。


108 :106:04/02/12 23:56
玄奘三蔵様はやはり優秀だったのですね。

109 :94 ◆asHRtOTOD2 :04/02/13 00:26
>108
ああ、そうでした!
私の名は玄奘。御仏の教えを学ぶために西域に旅し、
生涯を持ち帰った仏典の翻訳に費やした者でございます。

さて、私の記憶を呼び覚まして下さった貴方様のお名前をお聞かせ願えませんか?

110 :106 ◆A.brt1BnHw :04/02/13 01:02
はい、わたしは......
名前が思い出せません、
わたしの周りに急激な変化がありすぎたせいでしょうか。

111 :世界@名無史さん:04/02/13 10:17
急激な変化とは、革命に巻き込まれたのですか?

112 :106 ◆A.brt1BnHw :04/02/13 12:47
>111
革命ではありません。
権力闘争、陰謀の類です。

113 :世界@名無史さん:04/02/13 18:37
あなたは陰謀を図る側に巻き込まれたのですか?
それともはめられる側だったのですか?

114 :世界@名無史さん:04/02/13 19:46
あなたはネクタイを巻いたことがありますか?

115 :106 ◆A.brt1BnHw :04/02/13 21:05
>113 陰謀を図った側に利用されました。
   伏線はありましたが、直前まで何も知りませんでした。
   ただ、わたしが承諾しなければ成り立たない計画ではありますが。
>114 クラヴァットはわたしの時代にはありませんでした。

116 :世界@名無史さん:04/02/13 21:51
独裁的権力を握っている、或いは握ろうとしている権力者への
対抗馬としてかつぎだされたのですか?

117 :世界@名無史さん:04/02/13 21:54
ということは今はクラヴァットが流行っているということなのでしょうか?

118 :106 ◆A.brt1BnHw :04/02/13 22:43
>116 前王のもとで権力を握っている人が次の継承者では都合が悪かった
   為に計画したことです。
>117 クラヴァットはネクタイの語源です
   ルイ14世がクロアチア軍がしていた首巻について尋ねたところ、
   聞かれた人が「あれは誰だ?」と聞き違えて、
   「クロアチア軍(cravate)です。」と答えたために
   クラヴァットになったそうです。
   わたしの国ではcravatと綴ります。 

119 :世界@名無史さん:04/02/14 01:52
その、権力闘争にはキリスト教が深く関わってましたか?

120 :117:04/02/14 08:36
質問の仕方が悪かったです。あなたが若い頃、あるいは陰謀に巻き込まれた
頃はまたネクタイが無かったが、今のあなたの周囲にはネクタイがある、
という質問なのです。(単刀直入にいいますと、あなたはルイ14世と同時代の人
なのですか?というつもりの質問だったのです)

121 :106 ◆A.brt1BnHw :04/02/14 10:41
>119 キリスト教は関係あります。
   首謀者自身は後の行動を見るとカソリック、プロテスタントの
   対立を自己の保身、権力の拡大に利用しただけに思えます。
>120 失礼しました。
   わたしはルイ14世が生まれるずっと前に死んでおります。

122 :106 ◆A.brt1BnHw :04/02/14 10:53
>121
誤 首謀者自身は後の行動を見ると
正 首謀者自身の行動を見ると

123 :117:04/02/14 14:30
その陰謀は成功したのですか?ひょっとして失敗したのではないですか?

124 :106 ◆A.brt1BnHw :04/02/14 17:10
はい、失敗に終わりました。
行動を起こした最初の日から計画通りに運ばなかったのです。
その時点では、わたしには何も知らされていませんでした。

125 :117:04/02/14 18:24
ひょっとして非常に短期間ですが、王位についたことはありますか?

126 :106 ◆A.brt1BnHw :04/02/14 20:15
はい、その通りです。
わが国では歴代最短の在位期間です。

127 :117:04/02/14 21:38
あなたは女性ですよね?

128 :106 ◆A.brt1BnHw :04/02/14 21:53
はい、そうです。

129 :世界@名無史さん:04/02/14 21:55
    ,,.. -─‐;へ=-‐-、__    ,, -‐ 、
    /;.-;..へ;/.:..:..`:..:..:..:..:..''.:.、/'    ヽ
   /:,.:'゙:..:..:..:.rv‐、:..:ヽ,:..:..:!..:..:i/      i
  ./:.l:..:i..:..l:..:/  ̄ ヽ:..:iヽ:..:.!..:/    ...........i
  i.:..:|.:.|:..:.|;.i─‐- `、:.l'"',~|./   ..:::::::::::::::|
 ,':..:.」:.!i:.:i'.リ:-─‐、_,,..r'" ̄/  ..::::::::::::::::::l
. i:..:..| リ i;,!~|     |  l  /  ..::::::::::::::::::::!
.,'..:..i:ヾ'う  `ー一'''  `'''/  .::::::::::::::::::::/
':..:..i:.|:.i`''ヽ       ' /   .:::::::::::::::::::/ 
:..:..i:..l:.l.:.l.:..\    ワ/  .:::::::::::::::::::/   >>1を通報しますた 
.:..:i..:i,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/     http://www.media-k.co.jp/jiten/imgbbs/img-box/img20031225190315.jpg 
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''""

130 :117:04/02/15 08:04
ジェーン・グレイ陛下、お気の毒です。ここは日本で、あなたが
生涯を終えられたのは、このスレに登場された2/12日(イングランド時間では2/12日)
の丁度450年前のことです。既に御存知かと思いますが、あなたはライバル
だとお考えだったかどうか興味があるところですが、エリザベス殿が
やがて王位につき、イングランド史上のみならず、世界史上でも有名な
君主となりました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

131 :106 ◆A.brt1BnHw :04/02/15 10:01
思い出しました、わたしの名前は、
後にNine days' QueenといわれるJane Greyですね。
ところで、わたしの名前を呼び起こしていただいたあなたはどなたですか?

132 :◇Cms(8fjpwL:04/02/15 10:36
・・・・妙な夢を見ていたな。。 イングランド? ジェーン・グレイ?
聞き覚えのな言葉だ。。 何故そんなことを私は知っていたのだ?
私の名前を聞かれたっけ。。。私は。。。私の名前は。。。 私は誰だ。。。?
 これも夢の続きなのか? 私も自分の名前がわからなくなってしまった。。。
 それに一体ここはどこだ? 私は何をしているのだ。。

133 :世界@名無史さん:04/02/15 20:11
>132
あなたの周りは平和でしたか?戦争がおきてましたか?
もし戦争が起きていたなら貴方自身は戦争に関わりましたか?

134 :◇Cms(8fjpwL:04/02/15 21:20
うむ。まだ頭がすっきりしないが、戦争には参加していた。だがまだ若い頃の
ことだと思う。私は戦争は嫌いだし、極力起こさないようにつとめてきたが、
若い頃はそうもいかなかった。
。。う。。む そろそろ夜明けの様だ。。。寝台の横にあるランプの火が消えいるが
部屋の中は明るくなりつつある。。。

135 :世界@名無史さん:04/02/15 21:29
>134
戦争を起こさないようにしてきた。
ということは、貴方は『戦争を起こすことができる立場』
いわゆる王や皇帝などの立場にいた方ですか?

あと、寝台の横にあるランプの中では、何が燃えていますか?
油なら、どんな油ですか?

136 :◇Cms(8fjpwL:04/02/15 21:42
油の成分は分からぬが、私は、そうか、戦争を起こすことが
できる立場にいたと思う。司令官として戦場にいたことははっきり
思い出してきた。皇帝という言葉はなじみが無いが、王ではないと思う。
しかし、王のような権力者なのだろうか。。。

137 :世界@名無史さん:04/02/15 22:48
戦いに銃は使われていますか?

138 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/15 23:04
>>136
戦争を起こすというと、他国を侵略なさるのですか?

139 :世界@名無史さん:04/02/15 23:50
戦争ではどのような武器が目立ちましたか?
槍?弩? マスケット銃?グラディウス?シャムシール?青龍円月刀(笑)?

140 :世界@名無史さん:04/02/16 02:03
軍に必要物資を運ぶ、運搬手段は主にどのようなもので・・・?

141 :◇Cms(8fjpwL:04/02/16 07:11
>>137
銃。銃とはどのようなものなのか。。聞いたことがない。。。それは
戦闘で使うものなのか。。。どこの民族で使われているものなのか?。。。

>>138
 侵略するだけではない、内乱や反乱も戦争の一つだ。侵略戦争は無意味な
 ことだが、戦争をしかけられた場合、話し合いで解決するよう努める
 ことが最善策であり、そもそも戦闘にならないよう、常日ごろから
 防衛施策を講じておくことが肝要だと考える。
 戦闘は最後の手段だ。内乱や反乱は常にその可能性を秘めているが、
 勃発するまでは敵の姿が見えないところがやっかいだ。。。

>>139
 槍や弩は馴染みの武器だが、グラディウス、シャムシール、青龍円月刀と
 いうものは聞いたことは無い。。武器の主流は剣や槍、騎馬隊などだった。

>>140
 物資の運搬は馬に牽かせた荷車だが、遠方への運搬は船で運ぶことも
 珍しくなかった。私が参戦した最後の大戦争では、後方支援を行い、
 大量の物資を各地から徴発したが、船も利用した。

142 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/16 10:05
>>141
墨子をどう思われますか?

143 :◇Cms(8fjpwL:04/02/16 10:28
>>142
 墨子というのは何を意味している言葉なのか?寡聞にして聞いた
 ことが無い。。。それは兵器の名前なのか?

144 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/16 10:34
鉄砲は知らず、弩はあるがグラディウスは知らない?
・・・周囲の自然環境に何か特徴は見られますか?

145 :◇Cms(8fjpwL:04/02/16 10:57
>>144
 ここは寝室のようだ。。私は寝台の上にいる。体全体がむくんでいて
 痛む。先ほど召使(のような者)がやってきた。彼は片目に包帯を
 していて、その包帯には血が滲んでいた。。。 私が起きているのを
 見ると、怯えながら出て行ってしまった。
   。。体が痛くて寝台から降りられないので、まわりの状況はよく
 わからないが、波の音が聞こえている。。。
 寝台までは届かないが、窓からは陽の光が差し込み、さわやかな風が
 差し込んでいる。。
  。。。今気が付いたのだが、部屋のすみに等身大の彫像が置かれて
 いる。。。 美少年の裸像だ。。。彼は私に微笑みかけているようだ。。
 何故だろう。。。私はこの少年を知っているような気がする。。

146 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/16 11:00
>>144
ローマをご存知ですか?もしそうならどんな感情を御持ちですか?

147 :◇Cms(8fjpwL:04/02/16 11:07
>>144
 グラディウスが何か思い出した。。。ただあまりグラディウスという言葉は
 使わず、スパタという言葉の方が染みが
 あった気がする。。。

148 :◇Cms(8fjpwL:04/02/16 11:17
>>146
 ローマ。。。あの喧騒と悪臭に満ちた町。富貴と極貧、正義と虚偽、栄光と
悲惨。偽善と悪徳。もっとも極端な相反するものを持つ町。世界の中心であり、
もっとも幸運に恵まれた町でありながら、世界を知らず、不幸に関しても
もっとも恵まれた町。私はローマを知っている。

149 :世界@名無史さん:04/02/16 11:26
>>148
ハンニバルさんですか?

150 :◇Cms(8fjpwL:04/02/16 11:45
>>149
 ハンニバル。。。誰だろう。聞いたことのある名だ。。そうか、
 カルタゴの将軍だったハンニバルのことか。そういえば私はカルタゴを
 一度訪ねたことがあった。。。 水道橋や貯水池の建設を命じ、水源地に
 神殿を築かせたのだった。。。もう完成したのだろうか。
 いづれにせよ、今後数百年間、カルタゴを潤し続けるだろう。
 カルタゴはいづれはローマをも凌駕する日が来るかも知れない。。。
 あのハンニバルが軍事力で出来なかった、ローマをカルタゴが制覇する
日もくるかも知れない。。。皮肉なことだ。。。
 

151 :世界@名無史さん:04/02/16 13:22
貴方の側にある像はアンティノオスのものですよ。
お忘れですか?プブリウス・アエリウス・ハドリアヌス?

152 :◇Cms(8fjpwL:04/02/16 13:43
おお、そうであったか。私の名前はプブリウス・アエリウス・ハドリアヌス。。
ここはバイアの別荘で、私は最愛のアンティノオスとともに
最後の日々を送っているのだった。。
。。。ところで、私の名前を教えてくれたあなたはどなたなのか?
お礼を言いたい。

153 :151 ◆C1.qFoQXNw :04/02/16 14:38
ええと、儂は・・・
(ガンッ!)
ええい!もう敵がここまで来たか!
我が兵士ども!ひるむなよっ!

・・・おお、すまないな。ええと、私は・・・おや?
どうやら今の衝撃で記憶が飛んでしまったようだ?
はて、私は誰だったであろうか?

154 :世界@名無史さん:04/02/16 14:49
>>153
敵とはいったいどんな奴らですか?

155 :151 ◆C1.qFoQXNw :04/02/16 15:57
>153
不逞にも我等が地に侵略せんと企む連中だ!

よいか!我が強者どもよ!ここで負ければ後はないものと思え!
みな命と誇りを賭して最後の一兵果てるまで戦えぃ!

156 :世界@名無史さん:04/02/16 16:06
>>155
あなたは王様ですか?それともあなたがいる地域の政治指導者ですか?
また、敵が侵略してくる理由は何でしょうか?領土の取り合い、
資源争奪戦、飢饉、王位継承問題いろいろありますが。

157 :151 ◆C1.qFoQXNw :04/02/16 16:51
>155
儂は王として君臨しているぞ。

戦争は、元々は奴らの領内の都市の独立を我々の側の都市が支援したことが発端だったのだがな・・・
既に当時の王は亡く、今戦を仕掛けてきているのは当時の王の子じゃ。
おそらくは父親のやり残したことを果たそうとしているのかもしれんなぁ。

・・・ちぃっ、得物が折れた、これでは使い物にならぬか。

158 :世界@名無史さん:04/02/16 17:38
>>157
あなたの国と敵の国は地続きですか?
あなたの国に海軍はありますか?

159 :世界@名無史さん:04/02/16 20:47
戦闘に火薬は使われていますか?

160 :世界@名無史さん:04/02/16 22:28
海戦はほかの都市におまかせですか?

161 :151 ◆C1.qFoQXNw :04/02/16 22:39
>158
うむ、海軍は存在する。
敵国とは地続きではあったが、海を挟んで対峙していたので海戦も多かったぞ

>159
ふむ……火薬とな。で、それはいかなるものだ?
残念ながら儂は寡聞にして知らぬな。

くっ、見ると周りの兵どものなかにも武器を失った者が出始めている。
……いかんな。

162 :151 ◆C1.qFoQXNw :04/02/16 22:45
>160
うむ、我等の側には陸での戦いよりも海戦を得意とする都市もあったからな。今このときにも海では奴等が奮起しているはずだ!

我が勇敢なる兵士達よ!海の仲間に負けるで無いぞ!!
剣あるものは剣で、剣折れたものは素手と歯で
存分にその力を振るうが良い!

163 :世界@名無史さん:04/02/16 23:47
パリスという名に心当たりはおありですか?

164 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/16 23:50
>>151
レオニダス様ですか?

165 :151 ◆C1.qFoQXNw :04/02/17 00:00
>163
パリス……トロイアの王子のパリスか?
はるかいにしえのトロイアの戦いの原因になったという?

我等にもオリンポスの神々の守護が得られないものであろうか?
いや、ここで弱気になってはならぬな

166 :151 ◆C1.qFoQXNw :04/02/17 00:04
>164
ああ、その名には覚えがあるぞ!
いかにも我が名はレオニダス。ラケダイモンの王、レオニダスであるぞ
ここ、テルモピュライの野が我が終焉の地になるのであろうか?

ならば、それまでに一人でも多くのペルシア兵を血祭りに挙げてくれるわ!

……最後に話が出来て良かった。宜しければ貴殿の名を聞いておきたいのだが?

167 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/17 00:07
>>166
・・・申し訳ないのだが、大事を前にして己の名を忘れてしまったようだ。
くさりかけた飯のせいか、一瞬苦労を重ねていた少年時代の自分が見えたぞ。
だがいつまでもこうしている訳にはいかない。私は一体誰なのだ?

168 :世界@名無史さん:04/02/17 00:13
>167
大事、ですか。
何か軍事行動をおこされるおつもりですか?

169 :世界@名無史さん:04/02/17 00:14
>くさりかけた飯
飯ってお米ですか?

170 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/17 00:21
>>168
起こすというか、起こさざるを得ないというか。
ところが陛下はこの期に及んでまだ及び腰でな。それで苦労しておる。
攻撃は最大の防御ぞ!

171 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/17 00:22
>>169
食料全般じゃ。

172 :世界@名無史さん:04/02/17 00:27
>169
攻撃は最大の防御。
その攻撃対象はどんな連中ですか?

173 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/17 00:29
>>172
実に恐るべき敵であるが、戦闘に対する考え方と戦闘法が旧式じゃ。

174 :世界@名無史さん:04/02/17 00:36
>172
貴方の軍の主な武装は何でできてますか?
木?革?青銅?鉄?鋼?セラミック?チタン?

175 :世界@名無史さん:04/02/17 00:44
>172
なぜ、食料はくさりかけていたのですか?

176 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/17 01:00
>>174
鉄じゃ。
>>175
陛下がここ一番になると案外優柔不断でなあ。私が敵に先制攻撃をし
かけるのではないかと警戒され、ぎりぎりの兵糧しか用意して下さら
なんだのよ。お陰でこちらは戦う前に餓死しそうじゃ。

177 :世界@名無史さん:04/02/17 14:33
>176
たくわえられた食料はどのようなものですか?
乾飯?干物?干し肉?ビスケット?缶詰?瓶詰?
また、食料になにか防腐処置は施されていたのでしょうか?

178 :世界@名無史さん:04/02/17 15:31
>176
貴方は陛下の下でどのような役職についてますか?
また、陛下と血縁はありますか?

179 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/17 16:25
>>177
ビスケットや塩漬け肉やリンゴなどだ。
>>178
今は総司令官付参謀本部長だ。総司令官になれなかったのも無理はない。
なにしろ中産農民の子だったからな。総司令官は陛下のいとこにあたられる方だ。

180 :世界@名無史さん:04/02/17 20:40
貴殿の国王陛下には、王位を争う従姉妹の方がおられますか?

181 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/17 22:37
>>180
そういえば、そんな者がいたな。

182 :世界@名無史さん:04/02/18 22:07
フランスは、敵国ですか?

183 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/18 22:37
>>182
どちらかというと、敵の敵だな。

184 :世界@名無史さん:04/02/18 22:42
                     _,.. --  .,_
                  _,.r'´   _    `ヽ、
                / i       `ヽ、    ヽ、
                /   !  __       ヽ、   ヽ
              /    | /,`ヽ、   r,.' ヽ   i
              i   -‐,ニ-' "´ `ヽ/'  ri ヽ  ', どっちかと言うと心の問題ですね。
               |   / /        ``'r,'/|  i  |
                | / r'/             |  |  ト  |
               ! r、彡 ,. - .,_      __,..| リ  |/,i |
                ヽ|ヾ、| ,_二ミヽ、  =_二| |  レ' |/
               !、',ト ``'___`__⊥ __ `'´ 」 /! ,'ソノ
               rヾ!`i!´__ノ'´`ヽ__/|/」 /.゚イ
                  Oo    ̄       ̄  レ/o'ヽ
                / |  i、      、.,.       /  i |
                  /  !  ! ヽ    _    イ |   | i
              i  |  レ' ',ヽ、 ´ ゙  / !`| |   |
               |   ; | レ'i  `  _,. " ,ハ |! i   i!
                |  i i |',            || |  ‖_
         _,. -‐'´ |  | | ! i          ,' ヽ|  | `ー- 、
      ,. ‐'´     !  ! ヽ| ヽ        /   /  |  /!
     /       _,. |  ヽ  !_,.、i_ ヽ    /-、  | i/! |`ー- 、
     ヘ    _,. -‐'´  iヽi  i  i,ァ‐ヽ、`   '/ 卞 ヽi !」│
   /   ヽ /      ー|i  ヽ i /´ ヽ    /`i ! `/ / /

185 :世界@名無史さん:04/02/18 23:08
>183
敵は、貴方の国から見てどちらの方角から攻めて来ますか?
敵の住むところと貴方の国は陸続きですか?海を隔ててますか?

186 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/18 23:09
>>185
南から。敵国とは海を隔てている。

187 :世界@名無史さん:04/02/18 23:34
サー・フランシス・ドレークさんですか?

188 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/18 23:37
>>187
おお、そうであった!私の名はフランシス・ドレイクである!
スペインと雌雄を決しようというのに、まともに食料を与えてもらう
事が出来ずに頭を抱えていたところだ。今襲われたら負けるぞ・・・。
それはさておき、教えてくださった貴殿は何処のどなたかな?

189 :世界@名無史さん:04/02/18 23:48
このスレなんかキモいな
よく見ると例のやしが>>1やってるではないか(w
>>1がキモいから当然スレもキモ...(以下略)

190 :187:04/02/18 23:51
あいたたたたたたたたたたたああああああ
痛い痛い痛い痛い痛い
なんかめっちゃ血出てるよーーー

あれ?あまりの痛さに名前忘れちゃったよ・・・俺って誰?

191 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/18 23:54
>>190
何しに出て来て流血の事態に陥ったのですか?

192 :世界@名無史さん:04/02/18 23:58
大砲の弾にでも当たりました?

193 :世界@名無史さん:04/02/19 00:05
ああ、大変だ。
貴方はいまどんな装束を纏われてますか?

194 :世界@名無史さん:04/02/19 00:07
医学に関係はありますか?
手術とか、麻酔とか。

195 :187:04/02/19 00:20
>>191
戦争だよ。
>>192
大砲じゃないな、銃で撃たれたんだ。
>>193
甲冑つけてる。
>>194
俺は医者じゃないけど親父は一応医者だったな。

196 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/19 00:22
>>195
あなたはどのような業績により歴史に名を刻まれるのでしょうか?

197 :187:04/02/19 00:45
>>196
う〜ん、それはわからないな。
俺まだ業績ってほどのことは何もしてないからな〜

198 :世界@名無史さん:04/02/19 00:59
貴方が今居る場所は何処ですか?

199 :世界@名無史さん:04/02/19 01:02
敵もあなたの軍勢と同じような軍装ですか?

200 :187:04/02/19 01:55
>>198
なんか船に乗ってるみたい。
>>199
全然違うよ。奴らは身軽そうな格好してる。

201 :世界@名無史さん:04/02/19 08:28
あなたは上司や官僚などに疎まれたことはありませんか?
今回の出兵も、手遅れになってあなたに命が下ったのではありませんか?
しかしあなたは、画期的な戦法を駆使して形勢を逆転させたのではありませんか?

202 :世界@名無史さん:04/02/19 11:57
銃撃で負傷されたのは右目ですか?

203 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/19 11:57
>>187
はぐらかしちゃ嫌ですよ、セルバンテスさん。

204 :187:04/02/19 15:09
そうだ。おれの名はミゲル・デ・セルバンテス。
今俺はレパントの戦いに一兵卒として参加し、胸と左腕を負傷したんだ。
え?ドン・キホーテ?何それ?

ところで203さん、あなたは誰?

205 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/19 22:48
ううん。い、いかん!これから王に謁見するというのに記憶を失ってしまった!
一体私は誰だっけ?

206 :世界@名無史さん:04/02/19 23:03
謁見、ですか。
一体何のための謁見ですか?
なにか功績を認められましたか?
何かを陳情するためですか?
それとも元々王の家臣だからですか?

207 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/19 23:07
>>206
特に何かを成し遂げた訳では無い。単なる挨拶だな。
・・・ただ以前王の弟が事故に遭われた際、治療を行ってご褒美を頂いた事
がある(ような気がする)。

208 :世界@名無史さん:04/02/19 23:43
医者ですか?

だとすると、内科医ですか? 外科医ですか?

209 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/19 23:44
>>208
いや、医者では無い。たまたま心得があったのだ。深く突っ込まないでくれ。

210 :世界@名無史さん:04/02/20 14:04
国王は名君と言えそうですか? それとも、残念ながら昏君ですか?

211 :世界@名無史さん:04/02/20 19:03
王宮はどのようなところですか?
木製ですか?石製ですか?
目立った装飾や色彩はありますか?

212 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/20 22:40
>>210
私の知り合いは面倒を見てもらったせいか「理想的な君主」とか言っている
が、今はともかく行く先は間違いなく暗君だと思うぞ。
>>211
主に木製だな。特にゴテゴテとした装飾は無いようだ。

213 :世界@名無史さん:04/02/21 02:18
木製……つかぬことをお尋ねしますが、あなたがたの肌の色は何色でございますか?


214 :世界@名無史さん:04/02/21 16:52
季節に四季はありますか?

あと、あなたは詩を書いたことはおありでしょうか。

215 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/21 17:36
>>213
あなたの考えているような人種の観念はまだないが、白と言っておこう。
>>214
四季はある。詩を書いたことはないな。

216 :世界@名無史さん:04/02/22 19:26
あなたの体格はどんな感じですか?

もしかして、とても太っておられるのではないでしょうか。

217 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/22 22:52
>>216
現段階だとどうかな・・・。誰だと思っとるんだね?

218 :世界@名無史さん:04/02/23 09:13
てっきり安禄山かと。
仕えてるのが「王」なのがヒントにあいませんが……

あなたが仕える君主の称号は「王」でよろしいのでしょうか?
(あるいはあなたが仕える「王」の上位者の称号はなんでしょうか)

219 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/23 14:22
>>218
とりあえず我々はそう呼んでいる。「上位者」は「皇帝」と呼ぶべき存在だな。

220 :世界@名無史さん:04/02/24 22:11
「王」と「皇帝」は、上下関係にあるのですか?
それとも、名目は上下関係があっても、実際は並立しているのですか?

それと、海の近くにお住まいですか?

221 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/24 22:59
>>220
上下関係がある。もっとも「皇帝」の力は無いに等しいが。
海に近くに住んでいるというか、ここも海の近くにあるな。

222 :世界@名無史さん:04/02/24 23:05
あなたが今いる場所と、生まれた場所は陸路で行くことが可能ですか?

223 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/24 23:07
>>222
無理。

224 :世界@名無史さん:04/02/24 23:27
イグナティウス・デ・ロヨラをご存知ですか?
知っている場合、どのような人物だと評価されますか?

225 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/24 23:36
>>224
知っている。そうだな、イエズス会には援助をして行きたいと思っているぞ。

226 :世界@名無史さん:04/02/24 23:37
あ……こっちか。

コージャ・アセン氏とはどのような関係ですか?

227 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/24 23:47
>>226
聞くのも忌々しい名前だな。そういう関係だ。

228 :世界@名無史さん:04/02/25 00:48
アジアの片隅でドンパチやってる島国に来たことがおありですね?

229 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/25 01:03
>>228
ドンパチのもとを持ち込んだのは私だがな。エヘン!

230 :世界@名無史さん:04/02/25 08:02
あなた、周りの人に嘘つきだと思われてるでしょ。

231 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/25 15:22
>>230
クレタ人か私は・・・。まあそうだが(王の弟を治したとかいうのも嘘)。

232 :226:04/02/25 22:21
(あかん……出題が思いつかん……他の人回答をおながいします)

233 :世界@名無史さん:04/02/25 23:14
(しかしそれはなんかおいしいとこだけとっちゃうみたいで気が引けるのですが……
出題は、始まっちゃえばどうにかなるもんですよ?)

234 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/25 23:42
(しんどくなってきたから早くお願いします)

235 :世界@名無史さん:04/02/26 00:42
(ショボーン)

236 :世界@名無史さん:04/02/26 01:24
>>235
さっさと吐いて楽になりましょう。

早くカツ丼食べたいでしょう?(w

237 :世界@名無史さん:04/02/26 07:54
フェ・・・・・ら千代夢日記。ググッて答えが出てしまうので、226氏すでに正解
ですな

238 :世界@名無史さん:04/02/26 11:27
フェルナン・メンデス・ピントさん?

239 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/26 14:22
>>238
おお、そうであった!私の名はフェルナン・メンデス・ピント。
今は豊後にいる。「謁見」相手は切支丹大名の大友宗麟だ。
ちなみに彼の弟が銃の暴発で怪我をした時に手当てをしたのも、この国に
鉄砲を持ち込んだのも私だ(と、書いているが嘘らしい)。
ところであなたはどこのどなた様なのかな。

240 :238:04/02/26 15:21
…わたくし、ですか…
………だめですわ、思い出せません………
頭でも打ったのかしら、そういえば体もあちこち痛みますわ……

241 :世界@名無史さん:04/02/26 15:50
あなたが今いるのはどんなところですか?
部屋?野外?町中?牢獄?

242 :238:04/02/26 16:07
それが、暗くてよく分からないのです
ただ、あまり快適な場所ではないようです

243 :世界@名無史さん:04/02/26 19:56
体の痛みはどのような種類のものでしょうか?
誰かに傷つけられましたか?それとも過酷な労働による疲労でしょうか?
あるいは両方がないまぜになった感じですか?

244 :238:04/02/26 20:13
>>243
全身を強く打って動けません、血も流れているようです
わたしはどこかから転落したのかもしれません

245 :世界@名無史さん:04/02/26 21:45
落ち着いてください。
今、どんな服装をしていますか?


 (腰布一枚でジャングルの中、ってこたぁ、世界史板だからありえないだろうなw)

246 :世界@名無史さん:04/02/26 22:25
>>245
服装…特別な格好はしていません、普段着です。あまり厚着をしていないので、いまは夏だと思います。

247 :世界@名無史さん:04/02/26 22:54
転落した理由は敵にでも追われていたのですか?

248 :世界@名無史さん:04/02/26 23:06
服にボタンはついていますか?

あなたの髪は長いですか? 結い上げているのでしょうか。

249 :238:04/02/26 23:19
>>247
どうやら、穴の底かどこかに、投げ落とされたようです
>>248
ボタンは当たり前のように使われていますから、いま着ている服にも付いていると思います
髪は…どうでしょう、結い上げることもありましたけれど、いまはそう凝った髪型にはしていないはずですわ
(あいまいな答えでごめんなさい、自分の姿を確認するのも大変な状態なんですの)

250 :世界@名無史さん:04/02/26 23:21
その穴には他に何人か一緒に投げ込まれましたか?

251 :238:04/02/26 23:27
>>250
……ああ、なんてこと、その通りですわ
わずかに息のあるもの、すでに冷たくなってしまったもの、……主よ、わたしたちに憐れみを

252 :世界@名無史さん:04/02/26 23:30
妹さんが同じ国に嫁いでますよね?

253 :238:04/02/26 23:39
>>252
ええ、そうですわね
妹があやしげな男をそばに置いたことで、わたくしたち、たびたび口論になりましたわ(口論ですって…! でも、いまさら言葉を飾っても仕方ありませんものね)

254 :世界@名無史さん:04/02/27 00:53
ヘッセン ダルムシュタット家、ルートヴィヒ4世の次女、
ロシア大公セルゲイ妃、ニコライ2世妃アレクサンドラ・フョードロヴナの姉、
そしてビクトリア女王の孫
エリーザベト・アレクサンドラ様ですか。

255 :世界@名無史さん:04/02/27 01:06
>>254
…!! 思い出しましたわ、あなたの仰るとおり、わたくしはエリーザベト・アレクサンドラ…… 主の御許に旅立つ前に自分が何者か思い出せてホッとしました

ところで、親切な方、あなたはどなたですか?


256 :254 ◆eIwB0kPNBE :04/02/27 11:55
思い出されてよかったですね、私、人助けは得意ですから。
私は...、歳をとったせいでしょか自分の名前がすぐ出てこないなんて。

257 :254 ◆eIwB0kPNBE :04/02/27 11:57
(誤ってsageで書いてしまいました。)

258 :世界@名無史さん:04/02/27 13:08
人助けが得意なのですか。
人助け、はあなたのご職業と関係がありますか?

259 :世界@名無史さん:04/02/27 13:09
あなたは今どこにいますか?

260 :254 ◆eIwB0kPNBE :04/02/27 13:22
>258 得意といっても1度きりで、若いころの話です。
>259 生まれたところに戻ってきました。

261 :254 ◆eIwB0kPNBE :04/02/27 13:32
>258 職業とは関係ありません。

262 :世界@名無史さん:04/02/27 17:21
あなたは何故、生地を離れていたのですか?
また、何故、生地に戻ってきたのですか?

263 :254 ◆eIwB0kPNBE :04/02/27 20:54
財産が減ってしまったので、あちらに行けば展望が開けるかなと考えました。
実際うまく行っていたのですが、戦争で全てを失い引き上げてきました。

264 :世界@名無史さん:04/02/28 09:14
その人助けというのは、偶然誰かを助けたのですか?
それおも、自分の意思で窮地にある人に手を差し伸べた?

265 :254 ◆eIwB0kPNBE :04/02/28 10:29
人助けは義父から頼まれて行ったことです。

266 :世界@名無史さん:04/02/29 00:01
助けたのは生命ですか? それとも社会的立場とか、そんなものでしょうか。

267 :254 ◆eIwB0kPNBE :04/02/29 00:20
>266
助けたのは生命です。
私一人ではその人の地位や領土を守ったり、回復する力はありません。

268 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/02/29 00:22
>>267
救出に必要だったのは財力・知力・体力のうちどれでしょうか。
またあなたはどれが得意な分野なのでしょうか。

269 :254 ◆eIwB0kPNBE :04/02/29 00:37
>268
この三つの内では知力です。
勇気も必要でした。
運が良かったこともありますが、
一族の協力が無かったら成就しなかったでしょう。

270 :世界@名無史さん:04/02/29 08:52
人を助けたことで、あなたに何かいいことがありましたか?

271 :254 ◆eIwB0kPNBE :04/02/29 11:50
この件で大変有名にはなりましたが、
恩賞を貰ったり、身分が上がったりはしていません。
逆に、この件で収監され、死刑判決まで受けました。

272 :世界@名無史さん:04/03/02 22:47
助けた人は高貴な人物でしょうか。

王位(あるいは王以外の国の統治者)継承権があるとか。

273 :254 ◆eIwB0kPNBE :04/03/02 23:16
助けた方は王位継承権を持っていますが、
当時の状態では法的に否定されていました。


274 :世界@名無史さん:04/03/03 00:14
年を取ったので、と上でおっしゃっていますね。
ということは、御老人になるまで生きながらえたと考えてよろしいですね。

主に、何を食べていました?
パン? 米? それ以外?

275 :254 ◆eIwB0kPNBE :04/03/03 00:45
この時代としては長生きしてます。

パン、麦と言ったところです。

276 :第20軍団兵:04/03/03 03:15
逃亡計画は成功しましたか?
逃亡時、余計な人間がいっぱいついてきて苦労したとか?

277 :254 ◆eIwB0kPNBE :04/03/03 10:41
はい、その方を無事脱出させることができました。
元々少人数でしたので、そのような苦労はありませんでした。

278 :世界@名無史さん:04/03/03 18:48
クロムウェルという名前はご存じですか?

279 :世界@名無史さん:04/03/03 19:51
あなたには、隣人に産ませた私生児がいませんか?

280 :世界@名無史さん:04/03/03 19:55
よくわからんスレだな

281 :254 ◆eIwB0kPNBE :04/03/03 20:49
>278 知ってます、昔の人ですよね。
>279 えっ、いるわけないです。

282 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

283 :254 ◆eIwB0kPNBE :04/03/03 20:56
↑誤爆ですか?


284 :世界@名無史さん:04/03/03 21:55
>>280
このスレは、過疎の歴史オタの巣窟である「世界史板」の中でも屈指のオタクスレです。
理解できない人、知識のない人は参加できません。 (≧∇≦)

285 :世界@名無史さん:04/03/04 23:18
船に乗ったことはおありですか?

その船はどういったものでしたでしょうか。

286 :世界@名無史さん:04/03/05 00:05
王位継承権を持ちながら、その時点では否定されていた人物がいた...

義父から頼まれて、その人を助けた...

医学の心得らしきものはあるが、医者ではない...(むろん、石屋でもないだろうw)

西欧人、らしい...

少なくとも、17c以後に活躍し、中年以上まで生きた...




         うにゃあ、まだわからん

287 :Krt:04/03/05 00:20
もしかしてヘブリデス列島のご出身ですか?
それと助けた方からなにか記念品をいただきませんでしたか、
金のロケットとか?


288 :254 ◆eIwB0kPNBE :04/03/05 08:36
>285 手漕ぎボートから大型帆船などいろいろ乗ったことがあります。
>286 医者の話は出ていませんが。
>287 そうです、生まれはSouth Uistです、今は隣のSkye島で暮らしています。
   助けた方から別れ際に一房の髪の毛をいただきました。
   (現在でもこの髪の毛は見学できます)
   いただいたもので一番大事ものは「必ずここに戻ってくる」の言葉です。

289 :Krt:04/03/05 12:20
じゃあ、もちろんジョンソン博士はご存じなわけだ(笑)。
スコットランド人で博士に誉められた数少ない方の一人ですね貴女は。

(すまない、ちょうど良いなりきり対象が思いつかないんで、
私もこれで逃亡させてもらいます。少しヒントになったかな)

290 :254 ◆eIwB0kPNBE :04/03/05 19:55
サミュエル・ジョンソン博士からはこう書かれています。
a name that will be mentioned in history,
(略)
She is a woman of middle stature, soft features,
gentle manners, and elegant presence.

291 :世界@名無史さん:04/03/05 21:31
では失礼して
「フローラ・マクドナルドさんですね。」

292 :254 ◆eIwB0kPNBE :04/03/05 22:09
あっ、そうです私の名前はフローラ・マクドナルドです。
Floraってイングランドの人々から呼ばれる名前です。
私たちの言葉ゲール語ではFionnaghalとなります。

ご親切にお教えいただいたあなたはどなたですか?

(Bonnie Prince Charlieの脱出を助けた理由として
 1 チャールズの案内役オニールに頼まれた
 2 一族の長の婦人Lady Clanranaldに依頼された
 3 ハノーバ側についていた義父(養父)の計画
の説の内3番をとらさせていただきました)

293 :291 ◆XbocSF/A/I :04/03/05 22:48
ごほっ・・・ごほっ・・・
ええと、私はですね・・・けほっ・・・

おや?どうしたことだ?私が誰なのか思い出せないぞ?
体調が芳しくないせいか?

すまないが、どなたか私の名前を存じないだろうか?

294 :世界@名無史さん:04/03/05 23:06
咳をしておられるようですが、どういったご病気で?

295 :世界@名無史さん:04/03/06 00:22
そのご病気は無念やら失意の結果でしょうか?それともただの老衰/病でしょうか

296 :254 ◆XbocSF/A/I :04/03/06 02:05
>294
うむ……ケホッ………只の風邪だと思うのだがな、
咳をするとひどく咽が痛むのは何故だろう?

>295
確かに年はとったが、まだ老衰で死にたくはないな。
さっきも言ったが、私は只の風邪だと思っている。
ゴホッ……ゴホッ……ああ、咽が痛い。

297 :第20軍団兵:04/03/06 08:54
あなたの主治医は、診断するときに尿をガラスのフラスコに取ったあげく、
「とりあえず瀉血しときましょうか」
とか言いませんでしたか?

298 :291 ◆XbocSF/A/I :04/03/06 15:45
>297
検尿も瀉血も医療行為としては存在する。
ただ、なんでも瀉血で解決する時代は既に終了している・・・はずだ。

299 :世界@名無史さん:04/03/06 17:20
あなたが風邪だと思っている病気に罹った原因は何ですか?
例えば、雨の降る寒い戦場にいたとか、
環境劣悪な牢に入っているとかですか?

300 :世界@名無史さん:04/03/06 17:41
糞スレおめ

301 :291 ◆XbocSF/A/I :04/03/06 21:43
>299
さて、何が原因かな?
強いて言えば年齢のせいかもしれないな。もう60を越えているからね。

302 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/07 00:04
>>301
どんな場所がお好きですか?

303 :291 ◆XbocSF/A/I :04/03/07 02:13
>302
好きな場所、ですか。……ケホッ
そうですね、教会や学校などが私にとって好ましい場所ですな

304 :世界@名無史さん:04/03/07 08:37
宗派はカソリック、プロテスタントどちらですか?

305 :291 ◆XbocSF/A/I :04/03/07 20:38
>304
そのふたつで分類をするのなら我が宗派はプロテスタントのカテゴリーにはいりますな
……ゴホッゴホッ

306 :世界@名無史さん:04/03/07 20:58
学校はカレル大学ですか?

307 :291 ◆XbocSF/A/I :04/03/07 22:05
>306
いえ、残念ながら違いますね。

308 :世界@名無史さん:04/03/07 23:04
結婚したことはありますか?

309 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/07 23:05
>>291
お国は今どんな状態にありますか?

310 :291 ◆XbocSF/A/I :04/03/08 11:58
>308
私は未だ持って独り身です。もうこの年ですから、おそらくは生涯独身でしょうな。
・・・結婚したい相手がいなかったわけではないのだが

>309
本国はそんなに荒れてはいないのだがな
数年前に世界規模の経済危機が発生して、その余波で失業率なども上昇しているようだ
現在は、植民地への自国通貨による制限を強いて独自に収入を得ている

311 :世界@名無史さん:04/03/08 17:59
シャンパンと葉巻はお好きですか?

312 :311:04/03/08 18:03
・・って、独身なんだからあの人ではないですな。失礼。

313 :291 ◆XbocSF/A/I :04/03/08 19:28
失礼、先ほどは風邪のせいか妄言を呟いていたようだ。
申し訳ない。
謹んで訂正させていただく。
(ごめんなさい、関係した別の人物とごっちゃになってしまいました、
309の問いは、以下が正解です)

>309
女王の威光か、かつてないほどに栄えている。
心配なのは当の女王陛下が老齢であらせられることか

314 :世界@名無史さん:04/03/09 19:45
学校が好き、とのことですが。
あなたのご職業は教師ですか?

315 :世界@名無史さん:04/03/09 22:58
あのう、ちょっと年の離れた、政府の謎の仕事をしている兄上がおられませんでしたか?
それと、小説家気取りの医者の友人がおられませんでしたか?

むろん、私は「あの方」が実在であると信じている「幸いなる少数」の一人ですが。

316 :世界@名無史さん:04/03/10 14:12
>314
そうですな。正確には教授としたほうが妥当でしょうが。

>315
こほっ・・・。残念ながら私はべーカー街には住んでおりませんな

317 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/10 16:36
文学史上における業績がおありですか?

318 :世界@名無史さん:04/03/10 17:26
写真撮影は得意ですか?

319 :291 ◆XbocSF/A/I :04/03/10 18:07
>317
業績といえるかわかりませんが、いくつかの著作が有名ですね。(最も、それらは別名で書かれたものですが)

>318
ええ、得意ですよ。

320 :世界@名無史さん:04/03/10 18:34
「ぬらやかなるトーヴ」って、ご存じですか?

321 :291 ◆XbocSF/A/I :04/03/10 18:58
>320
もちろん知っているとも。

'Twas brillig, and the slithy tobes
Did gyre and gimble in the wabe;
All mimsy were the borogoves,
And the mome raths outgrabe.

322 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/10 20:39
とりあえず有名な方で。ルイス・キャロルさん?

323 :318:04/03/10 20:49
では本名で
チャールズ・ラトウィジ・ドジスンですか?
(もちろん先着順で山野さんですが)

324 :291 ◆XbocSF/A/I :04/03/10 21:18
>322
ああ、想い出したよ。
私はルイス・キャロル、本名はチャールズ・ラトウィジ・ドジスン
・・・最も、公式には認めさせてはいないのだがな。・・・ごほっ。

世間にはあらぬ噂も広がっているようだが、私自身は一介の国教徒で数学者のつもりだよ。

ところで、貴方は誰でしょうか?

325 : ◆YvhzP0YPe. :04/03/10 22:18
わたしですか?
はて・・・

(ペンを持ったまま固まっている)

326 :320:04/03/11 06:41
(いい題材を思いつけないから、搦め手から突っついただけでした。悪しからず。(はぁと))

327 :世界@名無史さん:04/03/11 07:18
>325
? 失礼ですが、山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM さんですか? トリップ違うし、山野氏でないなら出題権はないはずなので今回はスルーさせていただいていいですか?

328 :世界@名無史さん:04/03/11 09:48
そうですか
ではもう参加しないので安心してください

329 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/11 12:02
わー、どないしょどないしょ。ええとここは・・・ああどこでもええわい!
私が誰か聞いている暇があったら早くなんとかしてくれ!

330 :世界@名無史さん:04/03/11 12:44
大変お取り込み中のようですが、
お城が敵方に火でも放たれましたか?

331 :Who am I?:04/03/11 14:10
あれ、記憶をなくしてしまった・・。
よく路上で露出して若い女性に見られるのが人生の楽しみだったっけな。
でも、理想の社会を目指してなんかを書いた記憶が・・・。

332 :291 ◆XbocSF/A/I :04/03/11 14:18
>329
なにかお困りのご様子ですね。
その危険は物理的な(たとえば災害とか)ものですか?社会的な(たとえば警察にかこまれてるとか)ものですか?

333 :世界@名無史さん:04/03/11 14:34
>331
ジャン=ジャック・ルソーさん、1をよくお読み下さい。
記憶喪失者は原則、前の人物の正体を当てたひとの役割ですよ。
あなたが出題をしたいのなら今の記憶喪失者=山野野衾 ◆UJr4Al4ZYMさんの
正体を当ててみてくださいな。

>329
貴方の目の前には、なにが見えますか?

334 :331:04/03/11 14:40
>>333
そうなのか。スマソ・・・・

335 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/11 19:20
>>330
いやそうではない。いっその事火でも放って欲しいくらいだが。
>>332
後者だな。
>>333
屋内だな。内装には金がかかっている。

336 :世界@名無史さん:04/03/11 20:27
あなたは世間的に見てお金持ちですか?
もしお金持ちなら、あなたは何故お金持ちですか?

337 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/11 20:42
>>336
生まれのお陰で金持ちだぞ。昔は苦労したがな。しかし上には上がいるものだ。

338 :世界@名無史さん:04/03/11 21:10
先祖は薬屋さんですか?

339 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/11 23:42
>>338
メディチ家のことか?いや違うぞ。

340 :世界@名無史さん:04/03/12 00:35
生まれ……
貴方はいわゆる貴族階級ですか?

341 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/12 11:27
>>340
まあそんなところだな。成り上がりと一緒にされては困る。

342 :世界@名無史さん:04/03/13 00:15
あなたの国の王様はどんな方ですか?

343 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/13 19:05
>>342
権謀術数を得意としているが、時々策士策に溺れるきらいがある。

344 :世界@名無史さん:04/03/15 12:23
あなたが現在の危機を脱するために何かほしいものはありますか?


345 :世界@名無史さん:04/03/15 23:54
リウィウスをご存知ですか?

346 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/16 00:20
>>344
ものでどうにかなる状況ではないな。
>>345
知っていてもおかしくは無いが。

347 :世界@名無史さん:04/03/16 13:00
あなたの国において王とはどのような立場ですか?
民衆のなかで一番偉い人?地上における神の代理人?それともたんなる象徴で実権はなし?

348 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/16 16:56
>>347
実権があるし、神性もないではない。だがここ数代の王たちの地位が安定し
ていたかといえばそうでも無い。

349 :世界@名無史さん:04/03/18 00:18
アンヌ=ドートリシュをご存じでしょうか?

350 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/18 01:11
>>349
いいや。ただアンヌという名前には聞き覚えがあるな。

351 :世界@名無史さん:04/03/18 20:19
すると、ウルトラセ・・・ ゲホゲホ!

イタリアにお住まいですか?

352 :世界@名無史さん:04/03/18 20:24
 ∧ ∧
<=@ш@>オヤー

353 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/18 22:51
>>351
いや、イタリアではないな。

354 :世界@名無史さん:04/03/19 00:42
アンヌというのは母上のお名前ではないですか?

355 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/19 00:48
>>354
いいや。娘とか未来の嫁(何故今分かる)とかいったところかな。

356 :世界@名無史さん:04/03/19 09:49
もしかして、いまあなたの身の回りに起きているトラブルは宗教が原因ですか?

357 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/19 17:34
>>356
いや違う。反乱が起きたのが原因だ。

358 :世界@名無史さん:04/03/19 18:59
白い手について一言お願いします。

359 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/19 19:20
>>358
・・・サヴォイア公国とは戦った事があるし、あちらとの親類関係もある。

360 :世界@名無史さん:04/03/20 19:29
マキャベリだと思ったんだけど違うのかなあ?

361 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/20 22:21
>>360
(まだ生れていないぞ。第一もっと高貴な生まれなのだ。)

362 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/22 18:27
とりあえず上げます。

363 :世界@名無史さん:04/03/22 21:45
アンヌと言うと"クレーヴの奥方"の
アンヌ・デステぐらいしか思いつかない、
ギーズ公フランソワとの間の子供にアンヌはいないし、
ヌムール公ジャンはサヴォワ家つながりで否定されてるし、
ウーーーーン。

苦し紛れに、上に挙げた3人とつながりあります?

364 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/22 22:49
「嫁」というのは息子の嫁の事だよ。有名人だからそう難しく考えなくてよろしい。

365 :世界@名無史さん:04/03/23 02:03
ひょっとしてスペインの生まれでは?

366 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/23 22:56
>>365
う〜ん、そんな事は無いと思うが。・・・誰だっけ?

367 :世界@名無史さん:04/03/24 00:56
♪ヒントをください
  ヒントをください
  脳味噌が焼ける〜


松屋は牛メシを復活したのに、吉野家はまだだなぁ。

368 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/24 00:59
「貴族みたいなもの」とは言ったが、貴族と断言した訳では無かったな。

369 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/24 01:02
それとどうせなら、今の状況についてもっと突っ込んだ質問を願いたい。

370 :世界@名無史さん:04/03/24 01:07
ガスコーニュあたりに血縁はありますか?

371 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/24 01:19
そりゃ遡ればきりが無いが・・・親類というと北の方が思い浮かぶ。
今の状況にも関わっているのでは。

372 :世界@名無史さん:04/03/24 23:07
>>366
うあ・・・激勘違い

忘れてください・・・・・

373 :世界@名無史さん:04/03/24 23:28
教皇とは何かしら御関係がお有りですか?

374 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/25 13:13
>>373
特に無いと思う。教会大分裂は記憶に新しいが、終結時にはまだ子供だったし。
(混乱するかと思ってはぐらかしましたが、『クレーヴの奥方』に子孫が出て
来ます。)

375 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/03/25 23:52
今の神聖ローマ帝国皇帝は誰ですか?

376 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/26 00:21
今の皇帝・・・5文字で何か言っている奴だ。アイウエオがどうとか。

377 :Krt:04/03/26 00:26
今いる場所はフランスでしょうか?
それともイギリス?

378 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/26 00:30
>>377
フランスだよ。同行者は50人ほどだな。相手は「十分な供回りを引き
連れて」いるのでどうにもならん。
「狐が自ら狼の口に」飛び込んだようなものだ。誰だ、以前「6人もい
れば倒せる」とか言ってた奴は?(あんただよ)

379 :Krt:04/03/26 00:59
(あれれ、これは思っていた人物と年代が合わないかも、困った)

貴女のご子息の名は、あなたのお父様の名をとって付けられたのでしょうか?

380 :Krt:04/03/26 00:59
×貴女
○貴方

381 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/26 01:23
>>379
間違ってないと思うが・・・その通りだよ。
(こっちが間違えてるんじゃ。焦る。)

382 :Krt:04/03/26 01:48
(これが間違ってたら、私の完全な勘違い)

お父様は政敵に暗殺されたのでしょうか?

383 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/03/26 11:57
フランスの国王陛下は離婚騒ぎ起こしてたりしません?


384 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/26 16:33
>>382
毒殺を恐れて餓死だったと思う。しかし死んでくれて助かったぞ。金無かったし。
>>383
最初の妻とは死別していたと思う。

385 :Krt:04/03/26 18:40
(うーん、やはり、勘違いかな。じゃ、もう一人の方。)

今いらっしゃる場所はペロンヌと呼ばれる所でしょうか?

386 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/26 18:41
>>385
大当たり!来るんじゃなかった・・・。

387 :Krt:04/03/26 19:26
そうでしたか。最初はもう一人の候補、
シャルル・ドルレアン公の方が年格好があっているかなと思っていましたが、
(おまけに「中の人」が好みそうな?文人だし)あなた様の方でしたか。
ご無礼のほど、平にご容赦を。


(ええと、実は私、現在コンタクトレンズの事故でちと角膜を痛めておりまして
古い眼鏡をして居るんですが、これがまるきり度があっていなくて、
コンタクトが装着可能になるまでのあと三四日、まともに本が読めないため
「中の人」が出来ません。どうかわかった方、「中の人」をよろしく。)

388 :Krt:04/03/27 12:52
このまま放置では無責任(?)なので状況をまとめてみる。

(1)主人公は「今」、フランスのペロンヌというところで難儀にあっている。
 どうやら敵に囲まれた、とか捕らえられたとかしたらしい。
(2)主人公と父親は仲がよくなかったようだ。父親の死因は毒殺を恐れての餓死かも。
(3)「今」は、教会大分裂が終了してかなり経った後だが、マキャベリ(1469-1527)
  はこの「今」の時点ではまだ生まれていない。
(4)主人公は高貴の生まれでサヴォア家とも親戚関係がある。
(5)「現在のフランス王」は最初の妻とは死別している。
(6)主人公の息子の「未来の妻」の名は「アンヌ」である。
(7)主人公の父と主人公の息子の名は同じである。
(8)実は(1),(2)を除外すると(実質的には(4)(6)(7))シャルル・ドルレアンなどは
 かなり条件を満たすが、彼ではない。主人公は彼と少し年齢が離れているようだ。

ヒントを出すと、やはり「女(アンヌ)を捜せ」ということになると思う。

389 :世界@名無史さん:04/03/27 20:47
仕事が忙しくて、中の人になれないのでパス...

フツーのサラリーマンなのに、今日も会社。
日本海軍じゃないが、月月火水木金金が続いています。

がんばってください、だれか!

390 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/03/27 21:45
何でペロンヌなどにいるのか存じませんが、
ルイ十一世陛下ご本人でしょうか?

391 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/27 22:33
>>390
おお、いかにもその通り!シャルルの奴・・・いやいや「従兄弟殿」と話し合い
に来たのだが、間の悪い事に前から煽っていたリモージュで会見中に反乱が
起きてしまってな。短気な彼を激怒させてしまったという訳だ。
このままじゃ不味い。しかし失敗する度に立ち直るのが「蜘蛛」と呼ばれる所以。
必ず窮地を(華麗とは言いがたいが)脱してみせる。ところで貴殿は?

392 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/03/27 23:08
何で儂がこんな上空に・・・うお! 足がない!
・・・どうやら死んでしまったらしい。
それ自体問題だが、とにかく生前のことがさっぱり思い出せん。
何故死んだかも含めてだ。
もう少しで思い出せそうではあるんだが、このままでは・・・
困ったな。

393 :世界@名無史さん:04/03/27 23:11
上空...?

飛行機か飛行船の中にいるのですか?

394 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/03/27 23:49
>>393
飛行機? 飛行船?
・・・そう言えば、若い頃に「空を飛ぶ機械のスケッチ」
を見たことがあるような気はするが。
実際のものは見たことがないな。

儂は単に、魂が肉体を離れて宙に浮いているのだ。
だから足がない。

395 :世界@名無史さん:04/03/28 00:09
ご自身の死体の状態はわかります?

396 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/03/28 00:23
>>395
ちょっと下りていってみるか。
・・・ふむ、心臓を突かれて殺されたらしい。
今はベッドの上で横になっているが、
殺されてから少し時間が経っているようだ。
・・・どうやら暗殺されたようだな。記憶がないのはその時の
ショックのせいか。


397 :世界@名無史さん:04/03/28 11:09
そのスケッチを書いた人はレオナルドとかいいませんか?

398 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/03/28 23:45
>>
ああ、そう言えばそうだったな。レオナルド・ダ・ヴィンチ。
と言っても儂が見たのは奴の死後だが。
確か若い頃に見た記憶がある。


399 :世界@名無史さん:04/03/29 00:38
暗殺者は修道士でしたか?

400 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/03/29 01:19
>>399
いや、普通の刺客というか・・・
そうだ、儂は自分の配下に殺されたんだ。
あいつめ・・・。

少しずつ思い出してきたぞ。

401 :世界@名無史さん:04/03/29 08:35
お父上は、伯父さんと言うことになっていますか?

402 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/03/29 18:32
>>401
そういう複雑な関係ではないと思う。
というかそもそも、両親ともほとんど無名の人物だ。
儂自身は知られているはずだがな。


403 :世界@名無史さん:04/03/29 18:48
王家や皇族の方ですか?

404 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/03/29 19:00
>>403
いや、貧乏貴族と言っていい下級貴族の出だ。
最終的にはかなり高い地位まで行ったが。

405 :世界@名無史さん:04/03/29 19:48
職業は宗教関係ですか?

406 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/03/29 20:43
>>405
職業は軍人だ。正確には傭兵、傭兵隊長だな。
そちらの方でも一時は総司令官までいったんだが。


407 :世界@名無史さん:04/03/29 20:55
お亡くなりになった時の肩書きは?

408 :世界@名無史さん:04/03/29 22:09
小伯爵という肩書をお持ちですか?

 (佐藤賢一さん以外にこの肩書を使っている人は知らないがw)


409 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/03/29 23:01
>>407
その肩書きというのがどういうのを指すかにもよるが、
軍人としての地位は「ない」。直前まで総司令官だったが、辞めて・・・
そうだ、思い出した。ここは逃亡先だ。

>>408
そういうちまちました肩書きは持っていない。
公爵にはなったがな。

410 :世界@名無史さん:04/03/29 23:50
ボヘミア生まれですか?

411 :世界@名無史さん:04/03/30 09:01
ぶっちゃけた話、あなたはアルプレヒトさんじゃありませんか?

412 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/03/30 18:02
>>410
まあそうだな。

>>411
そういう名前だったような気はするが、普通は家族くらいだからな、
個人名で呼ぶのは。
・・・姓の方が思い出せん。

413 :世界@名無史さん:04/03/30 18:39
ではアルプレヒト・フォン・ヴァレンシュタイン卿、グスタフ・アドルフと戦った感想をいただけると嬉しいのですが。

414 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/03/30 20:39
>>413
ああ、ヴァレンシュタイン。確かにそれが儂の名前だ。

グスタフ・アドルフか・・・。確かに皇帝軍総司令官としての
儂の目から見ても、あの男は天才的な戦術家だった。
実はあの男とやり合うのは面白かった。上級者同士のチェスのようでな。
ただ、血気にはやりすぎたな。殺しておいて言うのも何だが、
もう少し慎重ならリュッツェンで死ぬことはなかったろう。
奴が生きていれば、儂もああいう形で死ぬことはなかったかも知れんな。

殺された理由? 皇帝が儂の酒の席の冗談を本気にした
としか思えんのだが、それが本音だったかどうかは・・・。
いずれにせよ、この暗殺は皇帝にとっても高くつくだろう。
今に思い知るさ。
時に卿の名は?

415 :413:04/03/30 21:10
あー、わだすの名前がぁ。…だめだずな、思い出さんね。
前のひどと同じぐあんの世さいっだみでだぁ。
わだす誰だっけべ?

416 :世界@名無史さん:04/03/30 21:23
船に乗ったことはありますか?

417 :世界@名無史さん:04/03/30 21:28
>417
もともとそっちゃ本業だぁ。
今いっどこは穴ん中だけんども。

418 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/03/30 21:34
出身は北国ですか?

419 :世界@名無史さん:04/03/30 21:45
生まれた大陸とお亡くなりになった大陸は違うところですか?

420 :世界@名無史さん:04/03/30 22:36
>418
んだな。雪は多いよ。なげるほど降る。

>419
生まっだのも死んだのも島だなぁ。大陸さはすばらぐいだごどもある。

421 :413 ◆83Ira.UQF. :04/03/30 22:38
417と420はわだすだっけ。名前入れ忘れだ。

422 :世界@名無史さん:04/03/30 22:42
死因はなんですか?

423 :413 ◆83Ira.UQF. :04/03/30 23:20
>422
腹切ったったな。周りさほがにも腹切ったなばいだ。

424 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/03/30 23:41
宗教は何でしょうか?

425 :413 ◆83Ira.UQF. :04/03/31 05:19
>424
仏教だぁ。

426 :世界@名無史さん:04/03/31 16:19
享年はおいくつぐらいで?

427 :世界@名無史さん:04/03/31 17:13
>426
んだねぇ…じき還暦さなるが?少なぐとも若くはね。

428 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/03/31 17:29
何で腹を切るようなことになったんですか?

429 :世界@名無史さん:04/03/31 20:02
霍去病さんとはお知り合いですか?

430 :413 ◆83Ira.UQF. :04/03/31 20:07
>428
敵さ攻めらって後ないがらなぇ。
艦さ乗ってだらまんだなじょすんべかあっども、さすがにこっから逃げるのぁ無理だぁ。
としょりやおぼごまで巻き込んだのはもごさいごどだ。

431 :413 ◆83Ira.UQF. :04/03/31 20:09
>429
しゃねなぁ。
支那の人だが?

432 :世界@名無史さん:04/03/31 23:54
安徳天皇は、ご存じでしょうか?

433 :世界@名無史さん:04/04/01 00:02
>432
歴代天皇陛下の暗誦は尋常でやったさー。

434 :世界@名無史さん:04/04/01 00:07
穴の中と言われましたが、掘った穴でしょうか、それとも洞窟でしょうか?

遠くで大筒(おおづつ)か大砲の音がしていませんか?

435 :413 ◆83Ira.UQF. :04/04/01 00:17
>434
洞窟だなぇ。
爆発ぁ艦砲野砲なんでもあっけど味方なろぐすっぽね。みな敵だぁ。

436 :世界@名無史さん:04/04/01 01:39
海軍兵学校、36期卒ですか?

437 :世界@名無史さん:04/04/01 01:50
>436
んだよ?同郷さほがにも海軍大将いださ。

438 :413 ◆83Ira.UQF. :04/04/01 01:52
ああ、思い出すた。わだしは生きっだ時海軍中将だなぇ。死んでっから特進か?

439 :世界@名無史さん:04/04/01 12:00
南雲忠一中将、いや大将でしたか。

(海軍軍人、一生直ら(さ)なかった米沢弁でミリオタの人は気づくのかな。
自決説(割腹、拳銃)、突撃戦死説といろいろあるようですね。)

440 :南雲忠一 ◆83Ira.UQF. :04/04/01 12:29
んだんだ!わだすが南雲忠一だ!おしょうしなっし。
腹切ったがいでがらって名前さ忘っださまたあんべだぁ。
わだすがなじょしても進さがうっちゃ継いでっからええげども、あれも駆逐艦さ乗ってっからなぇ。
無事だどええげど。

んでよ、あんちゃ誰だ?

441 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/01 12:53
ふーっ、暑い、暑い
私は、ふーっ、暑い、エー
あまり暑くて名前が出てこない。

442 :南雲忠一の中の人 ◆83Ira.UQF. :04/04/01 14:27
なじょしてそったら暑がってるんだぃ?
周りさ暑いが寒いとっがらきたか…

443 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/01 14:28
今いるのは砂漠ですか?
それとも熱帯のジャングル?

444 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/01 17:50
>442,443
生まれも今いるところも温帯です。
熱帯のジャングルには行ったことはないですが、
砂漠へは行った経験はあります。
度外れた厚着をしているせいで砂漠並に暑いです。




445 :世界@名無史さん:04/04/01 18:43
ふむ・・・宗教は?

446 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/01 19:37
度外れた厚着というと、具体的には何を?
鎧とか着てませんか?

447 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/01 22:03
>445
普通のカソリックですよ。
>446
私は鎧を着たことはありません。
今着ているのは綿です、もちろん絹も羊毛も着ています。

448 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/02 00:01
今いるのはどこの国ですか?

449 :世界@名無史さん:04/04/02 01:22
度外れた厚着………
なんでそんなもん着てるんですか?
どこかの民族衣装? それとも宗教儀式の一環? それとも単に寒いから?

450 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/02 12:45
>448
生まれ育った国にいます。
>449
私の奇癖というのか、信念というか
クリエーティブな考えをする時にはそうすることにしています。
夏の暑い時でも窓を締め切って、猛暑の中で考え事をしたりします。

451 :世界@名無史さん:04/04/02 16:34
文筆業なのですか?

452 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/02 17:56
そこの君主はどんな人ですか?

453 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/02 18:54
>451
文筆業ではないが、本や多くの論文を著しています。
>452
今の王は先代の弟ですが、評判はよくないので
政策を改めないと、また亡命生活を送るのではないかな。

454 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/02 20:16
先代の王は何で王でなくなったんですか?
処刑、それとも病死?


455 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/02 21:13
先代の王は病死です。
先々代は処刑されてます。
先々代と先代の間には別の体制が入ってますけど。

456 :世界@名無史さん:04/04/04 02:13
ビクトル・ユーゴーさんをご存知で?

457 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/04 10:43
最近活躍してるようですね。
父親のジョゼフ・ユーゴ将軍とは
以前どこかで会っていたかな?

458 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/04 10:51
歴史家という肩書き持ってませんか?

459 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/04 11:09
歴史に役立つことはしたが、歴史家と呼ばれたことは無いな。

460 :世界@名無史さん:04/04/04 17:20
公職に就いた経験はおありですか?

461 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/04 18:17
ありますよ、地方の知事などに就いたことがあります。
行政官としても優秀と評価されています。
今も行政ではありませんが国家機関に属しています。

462 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/04 21:16
タレーランやナポレオンとご面識はありますか?

463 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/04 23:03
当然どちらも存じ上げています。
まあ、皇帝陛下のおかげで、いろいろ浮き沈みしました。
百日天下の時は本当に焦りました。

464 :世界@名無史さん:04/04/06 00:43
貴方は革命のときどうしていらっしゃいましたか。
お国にいらっしゃいましたか?それとも亡命などなさっていらっしゃったのでしょうか。

465 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/06 01:01
国内にいました、ちょうど用事でパリに出向いていました。

466 :世界@名無史さん:04/04/07 00:19
「椿姫」という本はご存じですか?

467 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/07 00:42
知りませんね。

(椿姫の初演より20数年まえに死んでます)

468 :世界@名無史さん:04/04/07 01:49
貴方はアカデミー・フランセーズの会員でいらっしゃいますよね?

469 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/07 01:56
そうです。

470 :世界@名無史さん:04/04/11 01:10
あげます

471 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/12 23:38
私に名前を教えてくれる人はいないのか?

472 :第20軍団兵:04/04/13 18:41
これからはメートル法の時代ですよね?

473 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/13 23:57
メートル法がアカデミーで制定された時分には
まだアカデミーの会員ではなかったけど。

474 :第20軍団兵:04/04/14 00:27
メートル法を推進するのに1枚かみませんでしたか?
それと、論文は軍事関係の物では?

475 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/14 00:56
1890年にはアジテータと言うか革命運動家をしていた。
若いころに陸軍学校に入ろうと思っていたが、
家柄の関係で入れず、軍人経験はないから
軍事の論文は書いてませんね。

476 :音楽家:04/04/14 06:13
人妻好きです。

477 :音楽家:04/04/14 06:13
ついでに言うなら未亡人も好きです。

478 :世界@名無史さん:04/04/14 09:05
>>476
>>1を嫁。

ここで「私はだれ?」ができるのは、今謎となっている「私はだれ?」氏の名前を
あてた人に限る。
ルールは守ろうね。

479 :世界@名無史さん:04/04/14 11:36
>475
>1890年にはアジテータと言うか革命運動家をしていた。
失礼ですが、暑さにやられて少し記憶が混乱しているのでは。

エジプト好きですか?

480 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/14 12:46
エジプトは大好きですよ。
だから暑さは優れた考えをもたらすと思い至ったのです。

481 :世界@名無史さん:04/04/14 13:46
>まあ、皇帝陛下のおかげで、いろいろ浮き沈みしました。
>百日天下の時は本当に焦りました。

>1890年にはアジテータと言うか革命運動家をしていた。

失礼ながら指摘させていただく。この2つの事件には75年の間隔があることになります。
「皇帝陛下のおかげで浮き沈みした」と言われるのですから、どんなに少なく見積もっても、
あなたは1815年の時点で15歳以上でしょう。にもかかわらず、「1890年にはアジテータと
言うか革命運動家をしていた。」ということは、あなたは90歳以上という大変な長寿であられ
るうえに、未だ革命運動をされているという非常にバイタリティあふれる人物ということに
なります。いささか疑問に感じずにはいられません。どこか間違いがあるのではと思われます。
間違いがあるのならば、それを認め、訂正してください。もし、間違いでないのならば、失礼な
ことを申し上げたことを謝罪します。なお、その場合、私はあなたを存じ上げない可能性が
高いと思われます。


>若いころに陸軍学校に入ろうと思っていたが、
>家柄の関係で入れず、
もしかしてあなたはユダヤ人ですか?

482 :479:04/04/14 14:08
というか467で”(椿姫の初演より20数年まえに死んでます) ”っていってるから
1790年の打ち間違いだったと思ってるんですが…違うの?


483 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/14 15:24
中の人です、失礼しました。
1890年って打ってしまったのですね。
メートル法の制定は1790年ですから。

ユダヤ人ではありません。
生まれが貧しかったうえ、8歳の時に孤児になったこともあり
入れませんでした。

484 :第20軍団兵:04/04/15 00:00
それで工兵学校に入校したのですか?

485 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/15 00:34
工兵学校にもいきませんでした。
軍人にはなってません。
やりたい学問は陸軍学校でしかできないので
結局、独学で勉強しました。

486 :世界@名無史さん:04/04/15 01:12
歴史の本書いたり数学の本を買いたり多才な方ですね。
革命の頃はどういった派閥に属してられたのですか?

(多分わかったけど中の人にはなれない)

487 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/15 16:00
>486
早く教えてください。
(中の人は始めてしまえば何とかなるかと)

488 :第20軍団兵:04/04/16 00:44
>486
スゴイなー、ラザール・カルノー"ではない"って事しかわからん。
当てずっぽうでジェミニさん?

489 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/16 12:10
ジェミニ男爵ではありませんよ。
上にも述べているように、
後世私の名前を聞いて歴史家と言う人はいないと思います。
そういえば、私も皇帝陛下から男爵に叙爵されてますね。

490 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/17 00:47
人が居ないのかなあー、
中の人も心配になってきた。
若い時のシャンポリオン君の話でもしてみますかね....

491 :世界@名無史さん:04/04/17 01:06


                 (ダッテ、ワカンナインダモン) _| ̄|○




492 :486 :04/04/17 01:13
ご自分の研究についてちょろっと話してみてください、そうすればわかる人も…

えーとまとめると
・アカデミーフランセーズに入ってた学者。
・たまたまパリに来た時革命勃発、そのまま革命家として活動。
・エジプトに行った事がある、そのことで歴史学に大いなる貢献をするが現在有名なのは
他の功績によってである。
…みたいなかんじですか。

493 :世界@名無史さん:04/04/17 09:31
グルノーブルへ行ったことがありますか?

494 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/17 10:33
>493
イゼール県の知事をしておりました。
>492
上のような方が現れたので、私の1822年の代表的な論文
「任意の関数は云々...」は詳述しなくともよさそうですね。

495 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/17 11:14
小さい頃に孤児になったりしてませんか?

496 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/17 11:29
>495
8歳で孤児になったと>>483に書いておりますが。

497 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/17 11:42
これは失礼。
で、あなたは多分フーリエさんだと思われますが如何ですか?

498 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/17 13:08
おお、そうでした私の名前は
ジャン・バチスト・ジョセフ・フーリエ
ですね。

お教えいただきありがとうございます、
お礼申し上げたいので、お名前をお聞かせください。

あれ、ガロワ君の論文どこ置いたかな。
難しくて、まだちゃんと読んでないんだよね(ガソゴソ...)。
仕舞い無くしたかな、出てこないとガロワ君怒るだろうな...。

499 :439 ◆9JjVFD8JJg :04/04/17 13:34

× ガロワ
○ ガロア

500 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/17 16:35
というわけで俺は・・・
困ったな、名前を忘れてしまった。
この年でもう耄碌したか。

501 :世界@名無史さん:04/04/18 01:01
いまどこにいるんですか、周りに何がありますか?

502 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/18 09:05
生まれた国の中だが、故郷からは遠く離れている。
一応部屋の中で、物を書いていたんだが・・・熱中しすぎてしまったらしい。

503 :世界@名無史さん:04/04/18 13:34
フィレンツェの近郊にお住まいですか?
ヴェランティーノ公爵はご存じですか?

  (あてずっぽーだから、どちらかというとはずれてほスィ)w

504 :第20軍団兵:04/04/18 14:43
>502
部屋の明かりには何をお使いで?

505 :世界@名無史さん:04/04/18 14:53
何にものを書かれてましたか?
羊皮紙?粘土板?半紙?画用紙?カンバス?パピルス?

506 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/18 16:48
>>503
どっちも多分知らん。
が、同行している奴に訊いたら知ってるかもしれん。

>>504
今は油に火を入れたものを使っている。日によっては蝋燭も使う。

>>505
半紙に墨だが。

507 :世界@名無史さん:04/04/18 17:22
あなたの髪は辮髪ですか?

508 :第20軍団兵:04/04/18 22:13
>506
同行している奴は絵描きですよね?

509 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/18 23:37
>>507
違う。髪は切ってる。

>>508
絵描きは、同行してきて一緒にいる奴らの中には
確かいなかったと思うが。


510 :世界@名無史さん:04/04/19 08:05
生まれはヴェネツィアではありませんか?

511 :世界@名無史さん:04/04/19 19:01
今の元号は「貞観」ではないですか?

512 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/19 21:17
>>510
行ったこともないな。

>>511
それよりずーっと後だ。

513 :世界@名無史さん :04/04/19 22:19
あなたはイスラム教徒ですか?

514 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/19 23:34
>>513
仏教徒だよ。


515 :世界@名無史さん:04/04/19 23:37
いわゆる小乗仏教ですか? 大乗仏教ですか?

516 :世界@名無史さん:04/04/20 00:01
パスパ文字はご存知ですか?

517 :世界@名無史さん:04/04/20 00:18
パーリ語はご存じですか?

518 :世界@名無史さん:04/04/20 12:16
age

519 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/20 12:37
>>515
大乗仏教だよ。

>>516
実物を見たことはないが、昔異国にそんな文字があったと
物知りの奴から聞いたことがあるような気がする。

>>517
何だそれは? 俺にそんな異国の知識を求めるな。

520 :世界@名無史さん:04/04/20 12:42
岳飛さんをご存じですか?

521 :世界@名無史さん:04/04/20 22:10
ご職業は?
軍事関係ですか?

522 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/20 23:37
>>520
そいつなら知ってる。宋の将軍だろう。「尽忠報国」という
入れ墨を彫ってたらしいな。

>>521
今はそうだな。


523 :世界@名無史さん:04/04/21 00:28
仕事で船に乗ることはよくある事ですか?

524 :世界@名無史さん:04/04/21 01:03
「正気の歌」をご存じでしょうか?

525 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/21 18:46
>>523
よくあるというわけではないが、ここへは船で来たな。

>>524
一応知ってはいる。内容を説明しろと言われても困るが・・・。

526 :世界@名無史さん:04/04/21 19:12
滅亡した王朝の再興を企てていませんか?

527 :世界@名無史さん:04/04/21 19:26
今の皇帝はどなたですか?

  ・・・いやむろん、今の主上の諡号(しごう)はおわかりにならないはずですが。w

528 :世界@名無史さん :04/04/21 19:56
結婚されていますか?
結婚されているとして、初夜に嫁を放っておいて、ずっと誰かと
お話をされたりしていませんでしたか?

529 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/21 20:38
>>526
王朝というか、それに近いものだろうな。出来ればその一族の誰かを
呼んできたいとは考えている。

>>527
皇帝というか天子は、数年前に位についたばかりだ。
敵が天子の傍にいる。

>>528
結婚はしていない。

530 :世界@名無史さん:04/04/21 23:34
食事の時、箸は使いますか?

531 :世界@名無史さん:04/04/21 23:34
お母さんはどちら出身のどんな方ですか?


532 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/22 00:03
>>530
使う。

>>531
母親は俺が幼い頃に死んだんで、ほとんど覚えていない。
出身は、俺の生まれ故郷の近くの農民だ。

533 :世界@名無史さん:04/04/22 23:41
敵よりも憎い仲間はいますか?

534 :世界@名無史さん:04/04/22 23:48
食器は、主に漆器ですか? それとも陶器ですか?

535 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/23 00:06
>>553
昔はいた。仲間というか、分裂して出て行った奴だがな。

>>554
両方使うが、皿の割合で行けば陶器が多い。

536 :世界@名無史さん:04/04/23 17:00
女の人にもてますか?

537 :世界@名無史さん:04/04/23 17:15
不逞の輩をばったばったと斬り捨てたことはありますか?

538 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/23 22:00
>>536
昔はまあ、それなりにもててたな。最近はそんな暇もないが。

>>537
斬り捨てたことがあるどころか、今もその一味と戦っている。
変わったのは互いの立場だけだ。

539 :世界@名無史さん :04/04/23 22:19
あなたの父上はどのような方ですか?
また、あなたは父上のことをどうお思いですか?

540 :世界@名無史さん:04/04/24 00:23
「誠」という字に見覚えはありませんか?

541 :世界@名無史さん:04/04/24 01:18
今の根城は五角形ですか?

542 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/24 12:12
>>539
父親は富農だったな。俺自身は人並みに尊敬してる程度だが。

>>540
覚えてるさ。昔はそれを旗印にしていたほどだ。

>>541
そうだ。

543 :世界@名無史さん:04/04/25 00:29
誰か答えてやれよ・・・

544 :世界@名無史さん:04/04/25 01:10
OK、ユーアーミスタードカタ。

545 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/25 17:20
>>544
違う。

546 :あやめ:04/04/25 18:16
お兄さんの名前が鍋太郎という方でしょうか

547 :あやめ:04/04/25 19:35
これはまちがえた。
五稜郭の新撰組隊士と言えば相馬主計か島田魁かしら。でも父が富農という点が
違うし…???

548 :世界@名無史さん :04/04/25 20:49
>>545
違うというのは読み方が違うという意味?

549 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/25 21:09
>>546-547
そういう名前の部下はいるな。正確には元部下だが。

>>548
名前忘れたのに読み方と言われてもな。
・・・というか昔、「ドカタ」とからかわれたような記憶があるので、
ついカッとなってしまった。似た名前のはずだが、さて。

550 :世界@名無史さん:04/04/25 22:51
(ところでこれ、世界史なんですか?)

551 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/25 23:31
(日本史だけどたまーにはありかと。一応「ここ」にはナポレオン三世絡みで
フランス人の軍事教官いるし。というか早く終わりたい)

552 :あやめ:04/04/26 01:06
じゃやっぱり石田散薬を行商してた人ですか?

553 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/26 10:23
>>552
確かに故郷でやってた。

554 :あやめ:04/04/26 12:12
幕末にはあなたと同姓で土佐出身の人物(明治政府で宮内大臣・伯爵、身内には
社会主義系演劇運動をやって「赤い伯爵」と言われた)もいますが、出世の点では
劣っても知名度はあなたの方が遥かに上ですね。

555 :あやめ:04/04/26 12:15
「赤い伯爵」と言われた)→「赤い伯爵」と言われた方もいました)
に訂正

556 :waza_fire:04/04/26 12:31
555ゲトできなくてショーク(つД`)

557 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/26 14:26
>>554-555
明治政府というのは薩長の政府のことか? ここではまだ「慶応」だが。
俺と同姓の奴の話は聞いたことがある。
知名度? 俺の方が確かに悪名は高いだろうな。
で、あんた俺の名前分かってるんだろ?

>>556
残念だったな。

558 :あやめ:04/04/26 15:23
土方歳三様もえ〜

559 :あやめ:04/04/26 15:31
「土方」をドカタと読まれちゃったんじゃ御不満も尤もですわ。
貫之の「袖ひじて結びし水の凍れるを春立つけふの風やとくらん」という
歌の「ひじて」は土が付着するという意味ですもんね。

560 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/26 17:25
>>558-559
ああ、そうだ、土方歳三。やっと思い出した。俺も相当耄碌したな。
で、様付けするのは大いに結構だが、「もえ」とは何だ、「もえ」とは。
名前の件については全くその通り。俺の祖先は「東鏡」という歴史書にも
名前が載っているくらいの古い家柄だ。

そう言えば俺は何を書いてたんだ? ・・・俳諧か。
『シノビリカ いづこで見ても 蝦夷の月』・・・。
悪かったな、下手の横好きで。

ところであんたの名前は?

561 :あやめ:04/04/26 20:59
私もこの年で耄碌したんでしょうね、名前が思い出せないんですよ。
もっとも小さい時からいろんな名前で呼ばれてきて、どれが本名か
判らなくなったって事情もありますけど。

562 :世界@名無史さん:04/04/26 22:34
>>561
ご老人。
これまで様々なご活躍をなさってこられたようですが、
人生に成功する秘訣があるとしたら、それは何でしょうか?
教えて頂けた暁には、この若輩者の一生の教訓としますゆえ。

563 :あやめ:04/04/26 23:00
折角のお尋ねですけど私は人生に成功なんかしていません、勿論いい時期もありましたよ。
でも今はうらぶれて思い出に生きてるだけです。


564 :世界@名無史さん:04/04/26 23:02
>>561
色々な名で呼ばれてきたというのは名前を色々と変えてきたということなのでしょうか?
それともあだ名で呼ばれる事が多かったということなのでしょうか?

565 :世界@名無史さん:04/04/26 23:45
>>563
失礼な事をお尋ねした事をお許し下さい。
しかし、重ねて失礼をお尋ね申し上げますが、
ご老人が人生に失敗されたとお考えなら、
それは何ゆえの事でしょうか?
ご老人が立派に人生を立派に生き抜いた事が、
この若輩者にはきっと教訓になると思うがゆえ、
どうか教えては頂けないでしょうか?

566 :あやめ:04/04/27 00:21
その時々の境遇で色々に呼ばれてきたのです、それに順応することにさしたる
抵抗は感じませんでした

567 :あやめ:04/04/27 00:24
人生に成功したわけではありませんが、かといって失敗したとも思っていません。
色々のことを経験して楽しい思いでも残ったのですから。

568 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/27 00:40
今いるのはどこですか?

569 :あやめ:04/04/27 10:25
北京の借家です。

570 :世界@名無史さん:04/04/27 12:28
ひょっとして、昔、傀儡の皇帝にされたりしてませんでした?

571 :あやめ:04/04/27 13:34
いいえ、もしかして遜帝さまと取り違えていませんか、恐れ多いことです。

572 :世界@名無史さん:04/04/27 13:36
世界を広く旅した経験はありませんか?

573 :あやめ:04/04/27 13:50
広くと言うほどでもありませんが、ヨーロッパの幾つかの都市を旅したことが
あります。滞在の一番長かったのがベルリンです。

574 :世界@名無史さん:04/04/27 14:00
失礼なことをお尋ねします。
囚人となった経験はおありですか?

575 :あやめ:04/04/27 14:37
抱えていた子が服毒自殺した事件でお調べを受けまして入牢しました。
事件は罰銀で済みましたが、心配した母がやたら賄賂に大金を使い過ぎ、
使用人が目ぼしい物を持ち逃げするし、その上に原籍に送還されるしで、
大変な目に遭いました。

576 :世界@名無史さん:04/04/27 15:25
「原籍」とは、どこですか?

577 :あやめ:04/04/27 17:18
本当の原籍は徽州なんですが帰ったのは生まれ育った蘇州の実家です。

578 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/27 17:52
軍人ですか、それとも文官ですか?

579 :あやめ:04/04/27 18:17
どちらでもありません。

580 :世界@名無史さん:04/04/27 21:02
共産党についてどう思われますか?

581 :世界@名無史さん:04/04/27 21:39
あなたの住んでいる町が「北京」になったのは、どのくらい昔ですか?

582 :あやめ:04/04/27 22:16
共産党というのは昔のオロスの虚無党のようなものでございましょう。
セントペテルスブルグに寄りました折に、皇族方に爆弾を投げつけたとか
噂を聞いて恐ろしゅうございました。そして革命であの国を取ってしまい
皇帝様を殺してしまったんですってね。中国は革命でも遜帝様の命までは
とってしまいません。でも宮殿から追い出されたのはお気の毒です。
欽差大人は何でも党を作って争うのは君子の道ではないと反対の御意見でした。
国民党の偉い方とは親しくしていただいたこともあります。

583 :あやめ:04/04/27 22:20
今住んでおります居仁里は昔から北京だったんじゃございませんか。

584 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/04/27 23:54
「新青年」という雑誌をご存知ですか?

585 :あやめ:04/04/28 17:05
若い方の読んでいるものは覗いたことはもとより題名を聞いたこともありません。
読んでも解かりませんし、解かっても共感も関心も持てませんので。

586 :世界@名無史さん:04/04/28 21:07
歴史上の人物にちなんだあだ名をお持ちではないですか?
例えば皇帝の愛妃とかにちなんだ。

587 :あやめ:04/04/28 23:31
いいえ

588 :世界@名無史さん:04/04/29 05:02
北京大学教授の劉復氏をご存知ですか?

589 :あやめ:04/04/29 10:56
半農先生のことでしたら最近になって存じあげました。

590 :世界@名無史さん:04/05/01 22:48
 

591 :世界@名無史さん:04/05/03 21:42
ageときますね。

592 :あやめ:04/05/03 21:57
折角お出でくだすったんですから何かお尋ねくださいまし。半農先生も
その後に見えた新聞記者の方たちからも、随分と根掘り葉掘り身の上話を
しゃべらされました。皆さんは庚子の時のことをお聞きになりたがって、
救国の烈女だなんて持ち上げられました。あの時の新聞の書いた私の噂は
ほんとに酷いものだったのに、変われば変わるものですね。

593 :世界@名無史さん:04/05/03 23:15
魯迅さんとお付き合いはありましたか?

594 :あやめ:04/05/04 11:23
そういう方は存じ上げません。

595 :世界@名無史さん:04/05/06 11:06
中国民俗学に関して、何か論文をお書きになりました?

596 :あやめ:04/05/06 11:42
そのような学識は全くございません。最初の主人であった欽差先生は大学者で
いらっしゃいましたけど。

597 :世界@名無史さん:04/05/07 22:30
全然解らないので整理すると、清末から民国期の再婚した
女性で、義和団事件で活躍して西洋体験があるでよいのか?
女性が西洋に行くイメージがわかないですね。劉半農という人が
検索ではでるが、新青年を知らないので文学は関係ないらしい。

598 :あやめ:04/05/07 23:56
>>588
でお判りになったのかと思いましたが、そうでもないんですね。
(あやめの陰の声:この女性にとって劉半農は第3のキーパースンです、
第1の男は西洋体験の、第2の男は庚子國変のキーに関わっていますが
まだ質問がありませんね。欽差先生と呼んでいる人物が第1の男です。
第1の男とのロマンスが生前に小説化され彼女は伝説のヒロインとなり、
晩年に劉半農によって彼女の生涯の大半が明らかにされ、竹内好により
劉の著作が邦訳され日本人にも彼女のことが知られるようになったのです)

599 :597:04/05/08 16:26
ヒントをもらった劉半農、竹内好で検索すると「賽金花」とでます。
検索だけで知らない人なので気がひけますがどうでしやう?

600 :世界@名無史さん:04/05/08 16:35
600!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

601 :あやめ:04/05/08 18:15
「賽金花」、ああそうでした。思い出しました、それがわたしの水商売での
名前です。できればわたしの最初の夫の名も思い出させていただけるととても
嬉しいのですが。そしてわたしが浮名儲けをした外国の軍人さんの名も。

602 :597:04/05/08 21:35
義和団事件、欽差大臣で検索すると「劉坤一」とでます。
義和団事件、外国人将校といえば、実は私は「ピエール・ロチ」著
「北京最後の日」という本を持っていて読んでいません。

603 :賽金花:04/05/09 12:44
(あやめの陰の声:最近になってあちこちのスレにあやめ名義で半可な情報や意見を
書き込んでいるレスが出現しだしましたので、昨深夜以降のレスを撤退しました。
しかしこのレスだけは放棄できませんので、当分は「賽金花」名で決着までsageで書く
ことにします)
劉制軍が欽差大臣でいらしたのは日本との甲午の役の折に、わが軍が負け続けたので
監督に関外に出られた折と思いますが、直ぐに和議になってしまいお帰りになられて
しまいました。わたしの主人のお役目の正式な名は「出使俄(ロシア)コ(ドイツ)奧
(オーストリアハンガリー)和(オランダ)四國大臣」です。今で言ったら大使ですね。
「天子様の御命令で派遣されるのだから欽差大人とお呼びしなさい」と正太太が
おっしゃるので、そのように申し上げていたんです。ロチという方もあの時に北京で
御苦労なさった軍人さんだったんですか。どこかでお会いしてたかもしれませんね。
わたくしがお世話になったのはドイツの将軍様でした。

604 :世界@名無史さん:04/05/09 19:20
欽差大人という方は学者ということですが、どういう方面の学問をなさっていられたのでしょうか?
経学?史学?両方でしょうか?

605 :597:04/05/09 22:05
これは竹内訳の「賽金花」を読まないと解決しませんね。
私は5,6日図書館に行けません。
大学では岡大 附属図, 京産大,四天大,滋県大,天津図 日本文庫,東大総
東大東文 図書 ,東大文 中国思想,奈大,法大 多図,梨大,和光大にありますね。
大学以外にもありそう。

606 :賽金花:04/05/10 00:01
欽差大人はなにしろ同治戊辰科第一甲第一名の状元ですから、旧学は何でもお出来に
なりました。しかし御本人がおっしゃるには自分の本領は史学に在るということでした。
それも普通の学者の方々とはだいぶ毛色の変わったことをなすっていられたようです。
御存知かもしれませんが中国が蒙古に全土を攻め取られていたことがございます。
蒙古は更に西洋までも攻めて行って広い領地を治めていたんだそうでございます。
その当時のことは中国の書物にもだいぶ出てはいるんですが、西洋に攻めていった
詳しいことは西洋の本を見ないと本当のところが判らない、せっかく西洋に暮らして
いるのだから、調べてみたいとおっしゃってそういう西洋の書物をお集めになりました。
でも御自身は西洋の文字はお読みになれませんでしたので、ベルギー人の学生を雇って
図書館から本を借り出したりして、使館で翻訳させた上で中国の歴史の書物と突合せて、
細かく研究をなさり著述をお出しになりました。その御著書はそれまでに類のないもので
中国の学者の方たちの間で大変な評判になり、日本でも翻刻されたという話です。

607 :世界@名無史さん :04/05/11 18:57
話が進まないっ!
という訳でいささか横槍。
賽金花さん。あなたの最初のご主人の名前は洪鈞字は陶士、号は文卿。
『元史訳文証補』、『西域地志補注』などが主な著書ですね。
八国連合軍総司令はドイツの将軍アルフレート・グラーフ・フォン・ヴァルダーゼーだと
思いますがいかがでしょう?
なお、賽金花に関しては井上由美子さんが「非花(はなにあらず)」をものしておられますね。
中の人の感想をお聞きしてみたいのですがいかがでしょう?
では597さん。よろしくどうぞ。


608 :次の人、よろピク願います:04/05/12 22:10


   わくわく



609 :賽金花:04/05/12 23:42
(あやめの陰の声:賽金花は同治十一年に姑蘇城内で、趙姓の典舗(質屋)の娘として
生まれ、幼名は彩雲といいました。一説では曹姓の某高官の子孫とも言われています。
十五歳のころから妓女として酒席に出るようになり、翌年に三十四歳年長の洪鈞と
識りあい請われて彼のもとに嫁しました。洪家は正夫人と第二夫人がおり長男夫婦も
同居という家族構成でした。これが光緒十三年のことですが同年に洪鈞は出使四國
大臣として彩雲だけを伴い、欧洲に赴任し主としてベルリンで暮らしていました。
この間の洪鈞の外交官としての重要使命はパミール辺界問題が起こらんとしている
時機であったので、同地方の地理情報とロシアの動向を探索することに在ったようで、
彼が文献に基づいて作成し提出した地図の正確性が後に問題となり、これに対する
弁明は光緒帝の嘉納を得ています。光緒十四年にはドイツ皇帝ヴィルヘルム一世が
崩御し洪鈞も大使として弔問しています。またオーストリア皇帝に國書を呈出して
います。こうした儀典には彩雲も恐らく名目上は正夫人として同行したようです。
そのため彼女は西洋礼式に嫺習したようです。また家庭教師についてドイツ語も
学んでいます。大使夫人としての賓客の接待などかなり気を使っていたようです。
当時の生活ぶりについて光緒末年に作られた曾樸の小説「孽海花」では、彼女が
ヨーロッパ社交界の花形として浮名を流したように書かれていますが、本人の
反論にあるように彼女は纏足していましたし、夫の洪鈞は西洋流大嫌いの人だし
まだ少女気分の年齢でもあり、そんなことは全くなかったようです)

610 :賽金花:04/05/12 23:44
(あやめの陰の声:光緒十六年に任満ちて彩雲を携え北京に帰った洪鈞は兵部
左侍郎に昇進しました。しかし十九年に五十五歳で病没します。臨終に際して
彼は彩雲に再婚の自由と五萬元の遺贈を約しました。しかし金を託された彼の
弟は言を左右にして遂に彼女に交付しませんでした。結局のところ彼女は夫の
柩を奉じて蘇州に帰り、洪家にドイツで生んだ四歳の幼女を遺したまま実家に
戻ります。翌年には上海に出て二馬路に書寓(高級妓院)を開き、自らも土日は
趙夢蘭と名乗って接客し李鴻章や盛宣懐など顕官がひいき筋となり繁盛します。
更に光緒二十四年には天津に金花班という妓院を開き、ここでも戸部尚書の
楊立山や江西巡撫の徳暁峰など顕官が顧客となります。一時は北京に住んで
男装して賽二爺と男名を称していましたが、天津で商売しているうちに光緒
拳匪の乱で通州に逃避していましたが、天津の陥落を聞いて非常な艱難辛苦の
末に北京に辿りつき知人方に仮寓していました。やがて皇帝と皇太后の両宮は
八國聯軍の進攻を前に蒙塵し北京市内は混乱を極め、入城した聯軍兵士も狼藉を
働くようになります。仮寓に闖入しようとしたドイツ兵士をなだめたことから
聯軍総帥のワルデルゼー(瓦徳西)にドイツ語を会する婦人として知遇を得ます。
彼のために軍需の調達に助力するとともに市民の救抜にも奔走します)

611 :賽金花:04/05/12 23:44
(拳匪に殺害されたドイツ公使ケットレル(克林徳)の夫人は皇帝や太后の謝罪を
要求して強硬で、和議の成立の障害となっていたので賽二爺は夫人に面会して
宥めるとともに、公使の殉難を顕彰する牌坊を清國が建てるという提案をして
諒承を得ます。このような活躍ぶりで彼女の存在は全国にまで知られるように
なりますが、一方ではワルデルゼーとの情交といった醜聞も新聞に喧伝される
ことになりました。「孽海花」では彼女はセントペテルスブルグ(聖彼得堡)で
情事の相手として知り合ったことにされ、彼女は作者に抗議しています。
賽金花はそのまま北京に居つくことになりましたが、抱えていた妓女が服毒
自殺をしたことから虐待の嫌疑を受け取調べ中は入獄していました。この件は
罰銀三銭七分で結着しましたが、北京居住は許されず原籍に送還の処分となり
蘇州の実家に戻りました。この処分について本人は洪鈞の子息の舅で都察院の
左都御史であった陸潤庠が婿の体面を考えた差し金であろうと推量しています)

612 :賽金花:04/05/12 23:46
(賽金花は再び上海で妓女生活に戻り、民國二年には参議院議員の魏斯Qと
結婚します。彼にも正夫人と第二夫人がいました。魏とは北京で生活し
正式に入籍して彼女は魏趙霊飛と称していました。魏は彼女を非常に愛して
幸せな時期だったようです。しかし民國十一年には実母も魏も相次いで没し、
かねてから快く思っていなかった家人に追出されるようにして居仁里に移り、
貧しく寂しく生活していました。そんな折にフランスで言語学を修めて北京
大学教授となっていた劉復(半農)の訪問を受け、半生の聞書きが「賽金花
本事」として出版され、俄かに身辺に脚光を浴びるようになり、果ては救国
女英雄と祭り上げられるようになりますが、この残光を最期に民國二十五年
六十五歳で永眠しました。)

613 :賽金花:04/05/12 23:48
忘れてはならない人のお名前を思い出せなくなるなんて、もう長いことありませんね。
そうです、洪侍郎・瓦元帥・劉教授このお三方こそわたしのようなつまらない女にも
人様に少しは知られる生涯の光を添えてくださった恩人といえましょうか。
自分の名ばかりでなく、恩人の名も思い出させてくださっ質屋たあなたのお名前も
お聞きしたいものです。

614 :賽金花:04/05/12 23:50
訂正
出させてくださっ質屋た>出させてくださった

615 :607:04/05/14 00:21
スレの趣旨にのっとるなら、名前を正解させた597氏が次の出題者です。
よろしくお願いします。
ところで、あやめさんトリップをお付けになってはいかがでしょうか?

616 :賽金花:04/05/14 09:24
一応これを最後に当分は充電します、今度出現の際はトリップつけることにします。
では皆様またそのうち、お元気でー/~~
あやめq(^ー^)p

617 :597:04/05/14 15:03
遅くなり失礼しました。
早速ですが私は誰なんだろう?記憶喪失か?ぼけたかな?
(進行が遅れたのでやさしいですがすいません)

618 :世界@名無史さん :04/05/14 16:04
自動車は走ってますか?

619 :世界@名無史さん:04/05/14 16:22
文章は縦書きですか?

620 :597:04/05/14 17:46
>618
自動車ってなんですか?見たことないです。
>619
横書きです。

621 :世界@名無史さん:04/05/14 17:51
プロテスタントを知ってますか?

622 :597:04/05/14 19:19
>621
よく知っています。

623 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/05/14 19:28
あなた自身がプロテスタントですか?

624 :597:04/05/14 21:55
多分そうでしょう。

625 :世界@名無史さん:04/05/14 22:14
今の職業は何をなさってますか?

626 :世界@名無史さん:04/05/14 22:19
無店舗の弁当屋です。

627 :597:04/05/14 22:31
>625
いまはもう死んでます。

628 :597:04/05/14 23:08
職業は軍人ではありません。

629 :世界@名無史さん:04/05/14 23:18
>626、627は信ずるに足る回答なのですか?
597さん、トリップを付けていただけませんか。

630 :597 ◆oLe4DJ63lI :04/05/15 00:01
トリップ付けたことないのでうまくいきますか?
626は違います。職業がわかれば答えが解りますので失礼。

631 :第20軍団兵:04/05/15 00:08
俗語はドイツ語を話されますか?

632 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/05/15 00:12
何かしらの著作を遺されましたか?数や分野はどのようなものでしたか?

633 :597 ◆oLe4DJ63lI :04/05/15 00:26
>631
話ます。
>632
著作は多いです。分野が問題なのです。

634 :第20軍団兵:04/05/15 00:35
拉致被害(笑 に遭われたことはありませんか?

635 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/05/15 00:37
>>633
どんな場所で最後を迎えられますか?

636 : :04/05/15 01:06
仕事の進みは結構(というかかなり)遅いほうだと思いますか?

637 :597 ◆oLe4DJ63lI :04/05/15 09:26
>634
>拉致被害(笑 に遭われたことはありませんか?
危険なめにはあっていません。
>635
>どんな場所で最後を迎えられますか?
ベッドの上で天寿をまっとうしました。
>636
>仕事の進みは結構(というかかなり)遅いほうだと思いますか?
専門領域の中では多方面に業績があるので仕事は速いと思います。
>618
>自動車は走ってますか?
蒸気自動車というものはあったようです。
ヒント:芸術家ではありません。
    







638 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :04/05/15 17:44
学者ですか?

639 :597 ◆oLe4DJ63lI :04/05/15 22:22
>はい。
フランクフルト・アン・デア・オーダーにいたこともあります。
マクシミリアンに会ったこともあります。

640 :597 ◆oLe4DJ63lI :04/05/16 19:06
(ヒント)
ベルリン大学に赴任したらヘーゲル先生がいらっしゃいました。
私は資料分析を研究の方法としましたので、彼とは方法が
異なりました。
フリードリッヒ・ヴィルヘルム4世には度々助言を求められました。
岩波文庫に2冊の私の著作がありますがともに厚さは薄いです。
神学からこの世界に入りました。

641 :Krt:04/05/17 02:36
私は岩波文庫で3冊持ってるんだが...
今現在の話?

642 :597 ◆oLe4DJ63lI :04/05/17 09:42
>641
すいません。ウェルズみたいな本がもう1冊ありました。
古本屋に注文したので厚さは不明です。

643 :597 ◆oLe4DJ63lI :04/05/21 22:10
もう一冊、「強国論」1940年、岩波文庫というのがあるらしいです。
戦前に出版が盛んです。
国家と国民のそれに対する義務を強調しているので時代にあったようです。

644 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/05/22 22:43
誰か答えてあげて下さい。上げます。

126 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)