5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

間違い・勘違い・誤解・錯覚の歴史

1 :世界@名無史さん:03/11/30 16:17
「誤るは人の常 許すは神」
笑えないものから、お茶目なものまで。

ネクタイ ルイ14世が「あれは何だ?」
家臣は、人間の方と勘違いし「クラヴァット(クロアチア人)でございます」
と答えたことに始まる。

類似スレ
「贋作の歴史」
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1067165725/l50

2 :世界@名無史さん:03/11/30 16:37
とりあえず、1がこんなスレを立てたことが間違い。

3 :世界@名無史さん:03/11/30 17:03
誤解(?)から一家を惨殺した曹操についていけず陳宮は去ってしまう。

4 :世界@名無史さん:03/11/30 20:35
椎名悦三郎副総裁から「田中角栄君の次の総裁選びをやってくれないか」
といわれたのを三木武夫は「次の総裁をやってくれないか」と聞き違え、
就任を承知し、結果、自民党異端内閣が誕生した。

5 :世界@名無史さん:03/11/30 21:01
>3
不思議なことに同じモティーフの「両方とも殺そうか?」という話がフラン
スにもあることをファーブルが伝えている。

上記はある書籍からの抜粋であり、曹操の一家惨殺について言及したも
のだけど、俺は意味がわからないです。
これの意味がわかる人いたら教えてください。

6 :世界@名無史さん:03/11/30 22:08
電報は、当初、濁点がなかったためおおくの誤解を生んだ。
電報誤解ネタを展開したら面白いかも。ネタスレになるけど。

7 :世界@名無史さん:03/12/01 04:22
数年前だが
ジブラルタル(イギリス領)に上陸したイギリス軍、よく見ると見知らぬ
風景。「やば、スペインだ」で、すごすご退却。

8 :世界@名無史さん:03/12/02 01:21
じゃあついこの間のトリビアネタですけど


ベルリンの壁の崩壊は東ドイツ報道官の勘違いで起きた。
(まだ発表しちゃいけない法律を発表してしまった)

9 :世界@名無史さん:03/12/02 07:03
>>6
明治時代の法律も濁点無し。

「取得ス」 「しゅとくす」か「とりえす゛」か、しばしば問題になった。

10 :世界@名無史さん:03/12/02 07:25
メコン川

11 :世界@名無史さん:03/12/02 23:43
豊田がトヨタに聴こえたのね

12 :世界@名無史さん:03/12/05 00:46
リヴィウス
ダンテは「誤りなき歴史家」としている。

13 :世界@名無史さん:03/12/05 21:50
>>6
「イモクワンミコトニケツカウナリトシヤス」

回答例1:「芋、甘味。殊に結構なりと謝す」
回答例2:「芋食わん。見事にケツが唸り出しやす」

14 :ハリネズミ ◆qBLXpo7Q9Y :03/12/06 02:44
至言を一つ
「常に正しいことほど大きな誤りはない(サミュエル・バトラー)」。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)