5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ソ連軍が満州やドイツで行なった強姦、輪姦【2】

1 :ソ連軍=ロシア人は鬼畜:03/07/30 03:57
■ソ連軍がベルリンに突入して制圧した際、スターリンは兵士に対し「ベルリンはおまえたち
のものだ」といい、3日間の祭りを許可した。ベルリンの女性のほとんどがソ連兵によりレイ
プされ、連合軍に届けられたものでも10万件を越えた。
ソ連軍がベルリンを制圧した時、スターリンの兵士への呼びかけ。
「ドイツ人の夫達が東部戦線にいる今、おまえたちは人種的優越性にひたる
ドイツ女に充分陵辱を加えよ。焼き、殺し、犯すのだ!」
ドイツ人女性の被害者は堕胎数から推定で数百万にも達しており、自殺者も大量。
■満州でもソ連軍は強姦しまくっていた。
日本の連合軍への降伏により、日本軍は38度線を境に、南鮮はアメリカ軍、北鮮は
ソ連軍へ降伏するように指令された。南鮮の日本人は終戦の年の暮れまでにほとんど
すべて引き揚げたが、北鮮では約31〜2万の日本人がそのまま残っていた。
もともと北鮮に住んでいた27〜8万と、満州から戦火をさけて逃げてきた4万人で
ある。北鮮にはいってきたソ連軍は、満州におけると同様、略奪、放火、殺人、暴行、
強姦をほしいままにし、在留日本人は一瞬にして奈落の底に投じられることになった。
白昼、妻は夫の前で犯され、泣き叫ぶセーラー服の女学生はソ連軍のトラックで集団的
にら致された。反抗したもの、暴行を阻止しようとしたものは容赦なく射殺された。
「韓国・朝鮮と日本人」若槻泰雄(原書房)
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/6199/rekisi1.htm#hikiage
■前スレ
ソ連軍が満州やドイツで行なった強姦、輪姦
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/whis/1014879858/
http://academy.2ch.net/whis/kako/1014/10148/1014879858.html

741 :自力翻訳のまとめ:03/08/22 01:43
>>713 >>716 >>717 >>722 (「露出される赤い軍隊のRapists」>>720 >>723分に対応)

赤軍兵士は収容所を解放する際、ロシア人女性もレイプした。赤軍兵士は200万のドイツ
人女性をレイプし、東ヨーロッパで何千人ものソビエト女性を強姦した。(1945年晩秋)
残酷な戦争状態の後、ロシア兵全ての男達はレイピスト(強姦者)になろうとした。著者(Mr
.ビーバー)は残虐行為はなかったとほざく、ロシアの軍事歴史家を非難する。200万人が
レイプされ、その内半分が輪姦だった。ある女性は23人の兵士に輪姦された。広範囲なレ
イプは男性の性の暗部である。戦争時、赤軍兵士に社会的、秩序的な痕跡は見られない。
この件に関してソビエトの歴史家は盲目(嘘つき)となり、レイプをドイツのバルバロッサ作戦
の報復に過ぎないと言いはなし、著者は強く非難している。ソ連軍のある地区司令官は保護
を求めるドイツ人女性の一団に言った。「そうだね。兵士にレイプされても、わがすべての
兵士は健康(性病がない)だ。」Mr.ビーバーは言う。赤軍兵士の例(レイプ)は、集団レイプ
は兵士のきずなを形成する実戦行為であることを示す。ロシア大使は嘘だと言い張る。ロシ
ア人は否定するが、これらの不愉快な行為は、ビーバーがロシアの公文書(記録保管庫)
から発見したものである。ドイツ人女性レイプは、ドイツの公文書から前より知られていたが、
ソビエト市民がレイプされた記録は西側で発刊された最初のものであるとBBCニュースで
ビーバーは述べた。ロシアで多くの人は戦争時、赤軍兵士がやった行為について結論を出
すことに躊躇している。赤軍兵士が女性収容者をレイプしたことを発見した時、核心を揺る
がせたとビーバー氏は言う。赤軍兵士のレイプがドイツ人に対する報復としてなされたという
概念は完璧に物事を傷つけるものである。女性は戦争時、肉欲の戦利品となっていた(赤
軍の場合)。第三帝国は多くのロシア人、ウクライナ人女性を誘拐し、軍の売春婦にした。
赤軍はある面、飲酒が誘うサディズムと陵辱の狂乱に従事した。ビーバーがBBCで言うに
は、人はソビエト国家と赤軍を非常に規律あるイメージを持つが、1945年の最初の4ヶ月、
これらの兵士たちは完全に制御不能であった。

742 :世界@名無史さん:03/08/22 01:47
モスクワにあるロシア科学アカデミーの軍事史の長であるオレグ・レシェフス
キー教授がBBCで言うには、これらは、文書証拠によらない重大な告発(非難)
である。
教授はビーバー氏の書物の抜粋を読んだにすぎなく、本のソースは見ていない
ことは言及している。
彼が言うには、レイプの数、女性を殺害した情報は、犠牲者や目撃者の数、
インタビューやその他そのようなソースの抜粋に基づいている。
彼はビーバー氏の言いまわし、「ベルリンの記憶」「レイプされたドイツ人女性
の体験」は、科学的研究というより三文雑誌のフィクションが適していると言う。
ドイツ軍がソ連でやったことを考えれば、復讐の殺到を予期できただろう。
しかし、それは起こらなかったし、ソビエト軍の多くの将兵、同盟軍は、
管理下の人々を人間的に扱った。4148人の赤軍将兵は残虐行為をやったこと
で罰せられた。
グラスゴーの歴史家・マドスレイ教授は、このこと(赤軍のレイプ)が、
女性が肉欲の戦利品になった最初ではないと言う。
ロンドンのキングスカレッジの歴史家。リチャード・オバリー教授は、ロシア人は
決して赤軍がやった残虐行為を直視しないであろうと言う。
一面ではロシア人がそれらの残虐行為の多くが、もっと悪いことをした敵に対する
正当化された復讐だと感じている。
もう一方の面では、彼らが「勝利の歴史」を書いているから(認めない)である。
アンソニー・ビーバーはBBCの「ベルリンのための戦い」というドキュメンタ
リー番組で大きく取り上げられた。


450 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)