5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

東京裁判の是非を問う

1 :世界@名無史さん:03/07/09 12:48
まあ議論してくれや。
もちろんウヨサヨ議論はなしで

極東国際軍事裁判に関する各党の見解
・自民党で唯一引っかかったので自民党代表の奥野誠亮
新しい世紀をよりよい時代として日本人が迎えるためには、日本という国のあるべき姿を明らかにしてゆくことが大切です。
特に極東国際軍事裁判によって一方的に断罪された自虐の精神から立ち直り、思い切った改革を進めなくてはなりません。そのためには、
(1) 日本人自らの手で新しい憲法を制定する
(2) 教育基本法を見直し、道義・道徳を大切にする教育を行う
(3) 遺跡の発掘等を通じて国の始まりを明らかにし、歴史を共有する民族としての一体感を培う
日本の国に誇りをもち、名誉を重んじる国民によって支えられる国づくりを進めるとともに、自由にものが言える明るい日本の建設に努力を続けます。

・共産党
www.jcp.or.jp/faq_box/01-09/2001-0915faq.html

関連フラッシュ
popup5.tok2.com/home2/usam/



2 :世界@名無史さん:03/07/09 12:50
無理だ。

3 :世界@名無史さん:03/07/09 12:51
日本軍の犯罪はすべてチョンの仕業です。


4 :世界@名無史さん:03/07/09 13:04
朝鮮人最悪


5 :_:03/07/09 13:07
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

6 :世界@名無史さん:03/07/09 13:08
・訴因判決
www.biwa.ne.jp/~k-murata/tokyo-saiban.html

戦勝国側

・蒋介石
www.history.gr.jp/nanking/gm6.html

・パル博士
wwwi.netwave.or.jp/~mot-take/jhistd/jhist4_1.htm

・マッカーサー
昭和二十五年十月十五日トルーマンとの会談で
「東京裁判は誤りであった。」
昭和二十六年五月三日
上院外交軍事委員会で
「日本が開戦を決断したのはその殆んどが安全保障(自衛)の為であった。」


7 :1 ◆pfm4qoo5qo :03/07/09 13:13
スレ定教科書

8 :1 ◆pfm4qoo5qo :03/07/09 13:16
上は誤爆
・スレ定教科書
「侵略の世界史」清水馨八郎著

三島由紀夫の本(任意)

そのほか東京裁判でヒットした本はなるべく

9 :世界@名無史さん:03/07/09 13:19
結論
チョンは悪


10 :1 ◆pfm4qoo5qo :03/07/09 13:23
>>3-4
>>9
ハングル板に言ってね

11 :左翼:03/07/09 13:40
訴求処罰禁止の原則につき無罪

12 :世界@名無史さん:03/07/09 13:53
>>10
仕切るなウゼェ


13 :山崎 渉:03/07/12 12:50

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

14 :世界@名無史さん:03/07/12 14:02
全員無罪としたパル判事がいる一方で
全員死刑としたフィリピンの判事もいますよね。

何故この人についてはあまり語られないのだろうか?
ウヨにとって都合が悪いから?

15 :世界@名無史さん:03/07/12 14:03
勝者が敗者を裁くの歴史の常識でしょう。

16 :世界@名無史さん:03/07/12 14:09
朝鮮戦争が勃発した後で、日本を弁護したって遅いんだよな(マック野郎)
不明を恥じるんなら、日本に戦争放棄の憲法押し付けたのを反省すべきだろが!

17 :世界@名無史さん:03/07/12 14:13
>>14

つか、パルは弁護人の立場から無罪って言ったんじゃない?
本当に全員無罪になったら、パル自身もびっくりしたりして。

18 :世界@名無史さん:03/07/12 14:15
この、マッカサの日本開戦擁護論、ウヨの論理には必ず出てくる。唯一無二の正当化論なの?
うちらの、新聞にも投書蘭に、これと同じ理屈載せてた旧軍人がいた(w

19 :世界@名無史さん:03/07/12 14:17
>>14
戦後の日本が極東軍事裁判の結果を受け入れて
対米協調を外交の基軸に据えている関係でパール判決書を受け入れられない。


20 :世界@名無史さん:03/07/12 14:18
冷静に判断すればA級戦犯が全員無罪なのは当然。

21 :「正義の枢軸」が答えよう!:03/07/12 14:26
                    ファシズムは今や、すべての学説に必要なるごとく、世界中にその普遍性を獲得した。
         | (       ∬\__ _______________
(    丿   ∫   ∨           └┴┴┘
 (  ノ        ∧_∧    ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ソ         (υ´ム`)  (・■・υ)<ファシズムは人類の思想史に新紀元を画するものである!
∬∬         U   U)   U   U)  \__________
∬∬       / ( .(  ) ̄ ̄( (  ) ̄ ̄ ̄ ̄
 ■●▲ ̄フ | ̄ ̄ し' し' ̄ ̄ し' し' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▲◆■◆// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄| ̄| ̄|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄| ̄| ̄|  |


22 :世界@名無史さん:03/07/12 14:28
>>20

しかし、それだとドイツの方が無罪っぽくないか?
ドイツは日本より侵略的な戦争はやってないし。

23 :世界@名無史さん:03/07/12 14:33
>>22
ヒトラーは有罪。
ユダヤ人の計画的な虐殺を知っていてなおかつそれに加担したものは有罪。
これは戦争法で禁じられている一般市民の故意の殺傷に当たる。

日本の指導者は国際法に違反する行為を行っていないから全員無罪。

侵略戦争であるかどうかを検討するのは無意味です。

24 :世界@名無史さん:03/07/12 14:39
>>23
>ヒトラーは有罪。
ユダヤ人の計画的な虐殺を知っていてなおかつ
それに加担したものは有罪。

それは、連合軍のプロパガンダだろうが。
実際は、そんな計画など無かった。
それを言ったら、南京やマニラ等における民間人の虐殺は
国際法に触れるし、例えばベトナムでは搾取で100万近く
餓死しているだろう。

25 :23:03/07/12 14:40
侵略戦争を国際法違反であるとした論拠はパリ不戦条約だろうけど
パリ不戦条約には侵略戦争の定義がされておらず、交戦国の判断に委ねられている。
少なくとも合衆国の国務長官がそのように留保しているわけで、不戦条約は実質的に骨抜き条約だった。

さらに不戦条約は国家責任を定めたもので、指導者個人の責任を問うものではない。
戦争責任を個人に対して問えるのかどうか、少なくとも太平洋戦争開戦時には統一認識ができていたとは言えない。

26 :ソ連対日宣戦布告文:03/07/12 14:43
ヒトラー・ドイツの敗北降伏後においては、日本のみが戦争を継続する唯一の大国たるに至れり。
三国、すなわちアメリカ合衆国、イギリスおよび中国の「日本軍隊の無条件降伏」に関する本年7月
26日の要求は日本により拒否せられたり。よって極東戦争に関する日本政府のソ連に対する調停
方の提案はまったくその基礎を失いたり。日本の降伏拒否に鑑み連合国はソ連政府に対し、同政府
が「日本の侵略」に対する戦争に参加し、もって戦争の終了を促進し、犠牲者の数を減少し、かつ
急速に一般的平和の回復に資すべく提案せり。ソ連政府は、その連合国に対する義務に遵い、連合
国の右提案を受諾し本年7月26日の連合国宣言に参加せり。
ソ連政府はかかる同国政府の政策が平和を促進し、各国民をこれ以上の犠牲と苦難より救い、日本人
をして、ドイツがその無条件降伏拒否後なめたる危険と破壊を回避せしめ得る唯一の手段なりと思考
す。以上の見地より、ソ連政府は明日、すなわち8月9日より、日本と戦争状態にあるべき旨宣言す。
1945年8月8日、午後5時モスクワにて(日本時間23時)すでに本国との電話線は切断されていた!!!

27 :23:03/07/12 14:44
>>24
日本の指導者は民間人の殺傷を指示していません。
またその事実を知りながら看過したことを証明できません。

ドイツについては見解の相違です。

28 :世界@名無史さん:03/07/12 14:49
>>27
この意見には同意だが。

>ユダヤ人虐殺計画

そんな計画は無かったのは君も良く知っているだろうと
思うがね。
それから、ヒトラーがそれを知っていた、或いは
命令したかという事も学者の間で結論が出ていない
という事を指摘しておこう。

29 :世界@名無史さん:03/07/12 14:54
>>28
>ヒトラーがそれを知っていた

それとは、収容所で収容者が大量に死んでいた事。

30 :世界@名無史さん:03/07/12 14:56
日本の政府なんて軍を統制できてないから、何を指示しようと、しまいと
軍の行動には何の関係もおまへんのや。

31 :1 ◆pfm4qoo5qo :03/07/12 17:40
>>14
ジャラニラフィリピン代表ですね。右翼と見られるといけないので
この人のことを調べてるのですが資料が見つかりません。
どのような理由で有罪にしたのかわかりませんか。


32 :1 ◆pfm4qoo5qo :03/07/12 17:43
パル博士の主張と比べたいのですが。
あとハルノートを突きつけられればどのような小国でも立ち上がる、といったのはパル博士でしたっけ


33 :世界@名無史さん:03/07/12 17:45
要するに連合国の戦争行為=東京裁判

戦争なんだから死人が出るし
裁判ごっこなんだから、道理が通るわけもなく
法的な正当性なんて意味もなく、事後法だろうと当たり前。

34 :世界@名無史さん:03/07/12 18:01
戦に負けたら、昔から敵将は処刑、婦女子は強姦お構いなしと決まっとる。
強姦や金品強奪がなかっただけでもあり難いと思え、腐れジャップどもが!

35 :世界@名無史さん:03/07/12 18:12
石田三成や小西行長みたいなもんだと思え。


36 :世界@名無史さん:03/07/12 18:13
女性も男性も見て!見て!見て!ぜ〜ったいいいよ!!
http://www3.free-city.net/home/espresso/adult/strange.html

37 :世界@名無史さん:03/07/12 19:04
>>34
そうなんだよね。
戊辰戦争の折も、会津の家老とか多くの敗者のものが処刑された。
乱世の習いなんだよ。

38 :世界@名無史さん:03/07/12 19:11
>>37
近代国家とかアメリカは色々と理論武装するけど
本質は変わらないね

39 :世界@名無史さん:03/07/12 19:29
保坂正康だか半藤一利だかが
「あんなのは一方的な復讐だって騒ぐ連中がいるけど、
 復讐で何が悪いんですかね。
 復讐を制度化して恣意的な復讐やリンチの横行を阻止するのって、
 凄いことだと思うんですけど」
みたいな発言をどっかでしていた気がする。

40 :世界@名無史さん:03/07/12 19:33
極東裁判否定してる右翼って
ニュンベルクや現今の国際戦法廷も否定してるの?

41 :23:03/07/12 19:36
>>40
俺は国際法に基づいて裁くのなら別に問題はないと思うが。
極東軍事裁判については当時の国際法から見て間違った
判決が下ったので否定してるわけだ。

42 :世界@名無史さん:03/07/12 19:42
>戦争法で禁じられている一般市民の故意の殺傷
詳細きぼんぬ。

43 :世界@名無史さん:03/07/12 20:10
けっきょく国際外交なんて力がものをいう世界だから。
日本は負けたんだからしょうがないよ。

などと分かってはいるもののやはりアメ公 チャイ豚のやり口には
腹が立つ。
感情の問題なんだよね。結局。
ナショナリズムなんてそんなもんよ。


44 :23:03/07/12 20:25
>>42
ハーグ陸戦法規で占領地における文民の扱いについて定めがあります。
大雑把に言ってしまうと占領地の文民の私権は最大限保護される。
一方文民は占領者に軍事的に敵対してはならないのは当然ですが。

ここに条文が載ってますね。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/kaisetsu/other/hague_rikusen.html

45 :23:03/07/12 20:26
あっ直リンしてしまった…
コピペで飛んでください。

46 :世界@名無史さん:03/07/12 20:28
WW2の主要参戦国で、民間人の殺傷について無実の国はない
つーか陸戦規定で、他国を裁ける根拠ってないだろ。

主権国家は主権国家を裁けない
しかし勝者の権利で、奪い、殺し、投獄することは可能。

47 :世界@名無史さん:03/07/12 20:50
東京裁判だけでなく国際法廷そのものに疑義を示す立場はないの?

48 :世界@名無史さん:03/07/12 20:58
時の体制内で権力側にあって、国家意思に忠実に従った以上、敵対者に破れた場合
処刑されても文句はいえない。フセインは何故抹殺されたのか、政権内の幹部は
何故、逮捕されたか?北朝鮮と開戦して金一派が無罪放免なら騒ぐ日本人だっているはず。

49 :世界@名無史さん:03/07/12 21:33
結局勝てば官軍負ければ賊軍に行き着くわけね、ツマラネー

50 :世界@名無史さん:03/07/12 21:37
>>49
当然でしょ
歴史にはその法則しかありませんが?

国家以上の超権力とか神様がいて、問答無用の暴力を背景に主権国家を裁けるのなら別だけど。
もちろんそんなのは無い。

51 :世界@名無史さん:03/07/12 21:45
東京裁判の違法性や不当性を声高に叫ぶのは負け犬の遠吠えってことでFA?

52 :世界@名無史さん:03/07/12 21:52

つか、全ての裁判は多少の違法性はあるんじゃないか?
例えば、取調官が被疑者を平手で打ったりとか、今でもやってるだろ。


53 :世界@名無史さん:03/07/12 22:16
じゃあ負けたらから絶対悪という事で。「負けたから悪い」という負け惜しみも許されません。

54 :世界@名無史さん:03/07/12 22:31
力こそ正義って少年漫画の悪役みたいだな。

55 :世界@名無史さん:03/07/12 22:34
>>53-54
善とか悪とか正義とか
少年漫画ですな
国際政治や歴史にはそんな物無い。
事象があるだけだ。

56 :世界@名無史さん:03/07/12 22:35
>>54
花京院「過程は問題じゃあない、負けた奴が悪なのだ」

丈太郎「なに?敗者が悪?それじゃあやっぱりィてめえのことじゃねえかァァ!」

57 :世界@名無史さん:03/07/12 22:37
>>55

その通り。ナチスドイツは政治的に適切な事をしただけだ!

58 :世界@名無史さん:03/07/12 22:47
>>55
実際、国際社会は少年漫画のようなものなのね。どの国家も「正義側に立ち、悪をやっつ
ける」というシチュエーションに酔っていたりする。その典型が、中国やアメリカ。

59 :世界@名無史さん:03/07/12 22:55
>>58
それは国民のレベルだろ?
アメリカは移民社会であり、文化も宗教も民族意識も違う人間の集まりだから
「正義」幻想で求心力を作っている部分はあるが
それがダイレクトに国家の意志決定に繋がるわけでもない。

こんな事をレスすると、小ブッシュがどうしたこうしたとかの
幼稚なレスが返ってくるかもね。

60 :世界@名無史さん:03/07/12 23:04
国際政治では力こそ正義なんだって…
たしかに現実はそうかもしれんが、
それを肯定しちゃったら進歩も何もありませんがな。
歴史板にはその手の皮肉屋(と書いてやくたたずと読む)が多いようですが。

61 :世界@名無史さん:03/07/12 23:28
進歩は必要でつか?
ってか進歩って有り?

62 :_:03/07/12 23:29
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

63 :世界@名無史さん:03/07/12 23:35
>>60
事象を”肯定”し”観察”して”分析”するのが歴史

進歩とかの次元は、政治の分野です。
歴史板の連中は、バードウオッチャーであって鳥じゃないのです。

64 :世界@名無史さん:03/07/12 23:41
歴史哲学は?

65 :世界@名無史さん:03/07/12 23:56
>>60
国際政治に限らずいたるところで力こそ正義

66 :_:03/07/13 00:01
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

67 :世界@名無史さん:03/07/13 00:07
力こそ肯定すべき正義だろ。これが進歩の最終形態だ。
道徳などという劣った概念は必要ない。

68 :世界@名無史さん:03/07/13 00:11
力は正義でもなんでもないよ

包丁は正義ですか? 悪ですか?
拳銃は正義ですか? 悪ですか?
軍事力は正義ですか? 悪ですか?

強制力と意志を混同したり
強制力に善悪の属性を付けるのは、非常におかしな話だ。


69 :世界@名無史さん:03/07/13 01:12
でもってジャニラ判事のことを調べようと思ってググっても
まったくヒットしないわけだが

70 :_:03/07/13 01:53
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

71 :世界@名無史さん:03/07/13 01:56
ジャニラ…怪獣みたいだなw
ジャラニラで引いても名前しか出てこなかったがね

72 :世界@名無史さん:03/07/13 02:16
>>23
つーか、日本はサンフランシスコ平和条約で東京裁判の結果を受諾してしまってるからね。
今さらあの裁判はおかしい、戦犯は無罪だ、と叫んでも、所詮は無駄な抵抗なんだが。

73 :世界@名無史さん:03/07/13 03:01
南京の被害者が30万人などというヨタは信じないが、
ジャラニラ判事の切れッぷりを見ると、日本軍は相当
現地人をムカつかせたのは確かではないか、とも思う。

74 :世界@名無史さん:03/07/13 03:45
特にフィリピンはねー。
フィリピン人自身が長いこと独立運動やってやっとのことで
「1946年7月4日の独立」を勝ち取り、
まだかなまだかなもうすぐもうすぐ、
とワクワクしてるところにいきなり日本軍がズカズカ入ってきて
「お前らを解放してやる、感謝しろ」
そりゃフィリピン人もブチ切れですよ。
フィリピンゲリラの活動とか見てると、
何やったらあそこまで憎まれるんだってくらい日本は憎まれてますからな。


75 :_:03/07/13 04:19
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

76 :世界@名無史さん:03/07/13 04:46
以前、NHKでやってた「ドキュメント太平洋戦争」で、現地老人がNHK記者に
“フネが沈んで泳ぎついた日本海軍の兵隊を我々は丸太や刃物などで全員殺した”
(レイテ沖海戦の西村艦隊か)と証言していた。悪びれたところもみえず、悪い
ヤツだから殺したと信じきっていたみたい、やはり日本兵は憎まれていたようだ。

77 :世界@名無史さん:03/07/13 04:53
同じくNHKがやってた「大岡昌平レイテ戦記」に出てきた
フィリピン人の婆さんはアメリカ軍の艦砲射撃で家を破壊されたそうだが
「アメリカ人を憎いとは思いません。日本人を追い出すためにやったことですから」
と答えてた。
ホントに、「何やったらあそこまで憎まれるんだ」って思うよ。

78 :世界@名無史さん:03/07/13 05:17
えーと、コンバトラーVが大流行した時も指導者層がブチ切れて
「これは日本の陰謀だ!」
とか言ってパージしたんだっけ?

79 :1 ◆pfm4qoo5qo :03/07/13 07:55
フィリピンの人たちっていろんな本で言ってることが違うから困るんですよ。

80 :世界@名無史さん:03/07/13 08:27
ま、ほとんどが金目当て。神風特攻隊の慰霊碑を建てマバラカット市で管理
している美談が日本でも紹介され、特攻隊員の自己犠牲は比島人にも感動を
与えている、という報道スタンスだったが、ある戦史作家の調査では、管理費は
日本の遺族会が負担(比側が多額を要求)している。他にも病院作ってくれ
などの要求もあり辟易してるらしい。だから、管理費の送金が途絶えたら
慰霊碑も放置されるだろうと心配している。

81 :世界@名無史さん:03/07/13 08:40
>>80
フィリピン人は拝金主義のクズということでよろしいか。

82 :_:03/07/13 08:41
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/2ch.html

83 :1 ◆pfm4qoo5qo :03/07/13 08:43
韓国では反日教育が浸透している若い世代が馬鹿なことを言って
老人は親日的だ、というのを良く聞きますがホントハどうなんでしょう

84 :世界@名無史さん:03/07/13 12:57
>>80

普通の人は金目当てだろう。
日本のウヨもサヨもそれで飯食ってるから
仕方が無くやってるだけ。
みんな基本的には金だろ。

85 :世界@名無史さん:03/07/13 13:29
なんだっけ。マッカーサーの像かなんかが破壊されたりしたんだろ。
フィリピン人って特にアメリカも嫌ってると思うよ。
ただアメリカのほうが怖くて日本は軍隊もなく謝罪外交やってんで
バカにしてるから弱い日本の悪口をいうだけだよ。
東南アジア人なんてそんなもん。

86 :あい:03/07/13 14:47
私のマンコ♪

http://akipon.free-city.net/page003.html

87 :世界@名無史さん:03/07/13 16:58
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/korea/1055312776/
●過去の検証!極悪日本兵、実は朝鮮人だった!●


88 :世界@名無史さん:03/07/13 20:55
>>68
68 :世界@名無史さん :03/07/13 00:11
力は正義でもなんでもないよ

包丁は料理に使う刃物
拳銃は片手で扱うことのできる小型の銃
軍事力は隊・兵器・軍事施設など戦争に必要なものの能力

辞書引きましょう。これら言葉に善悪の属性はありません。


89 :山崎 渉:03/07/15 12:34

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

90 :なまえをいれてください:03/07/17 19:27
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

91 :世界@名無史さん:03/07/26 08:56
( `ハ´)<丶`∀´><丶´Д`>( -@∀@)

92 :世界@名無史さん:03/07/26 09:13
>>83
データ等を見る限り逆みたいだね。
若い人のほうが親日度は高く、年配の人の方が反日感情は強いみたい。
歳月とともに反日感情も薄らいできてるということだと思うよ。
以下は韓国の新聞がソース。
------------------------------------------------------
■韓国世論調査
59.6%ソルトレイク冬季オリンピックでキム・ドンソン選手の金メダルを奪った
誤審以後に私達の国民の米国に対する好感度は大きく低くなったものと発表された.
韓国ギャラップがソルトレイク冬季オリンピックの閉幕直後である2月26日
全国成人1032人を対象に実施した電話調査で回答者の過半数である59.6%が
米国が'嫌いだ'と答えて'良い'という33.7%よりはるかに多かった.

米国に対する私達の国民の好感度がたくさん変わった事とは違って,
日本と中国に対する好感度は去る8年の間ほとんど変わらなかった.
'日本が良い'という回答者は33.7%で94年調査の33.8%と比較する時
事実上変わらなくて,韓国・日本ワールドカップ誘致が
対日感情の改善にほとんど影響を及ぼしていない事が明らかになった.

この調査で私達の国民の対日好感度は対米好感度と同じ数値を見せたが,
日本に対しては年齢が低い程,米国に対しては年齢が高い程好感度が高かった.
一方,中国に対する好感度は59.5%で94年調査の59.8%と似ていた.
(洪永林記者ylhong@chosun.com)
translated by 〈i・Seoul〉...韓日翻訳ソフト(\19,800)

http://www.kodensha.jp/knew/d10/a20305-5.htm
----------------------------------------------------------------
アメリカが好かれている程度に日本も好かれているっていうのも面白いでしょ。

93 :世界@名無史さん:03/07/26 09:30
■在日韓国人の世論調査と対日感情

Q.在日コリアンは日本が嫌いなのではありませんか。

A.日本が嫌いな日本人がいるように,日本が嫌いな在日コリアンもいます。
(同じく,大韓民国や朝鮮民主主義 人民共和国が嫌いな在日コリアンもいます)
しかしとくに二世以降は,自分の生まれ育った日本に対して強い愛着を持っています。

在日韓国人の青年を対象にしたある調査(1993年在日韓国人青年意識調査)によると,
「日本」に愛着を感じると答えた青年が73%、愛着を感じないと答えた青年はたった7%でした。
それに対して,「韓国」に愛着を感じると答えた青年が38%、愛着を感じないと答えた青年は24%。
三世を中心とする現在の在日コリアンの青年たちは,祖国よりも,
生まれ育った日本のほうに 圧倒的な愛着感をいだいているのです。

http://www.han.org/a/faq/faq021.html

------------------------------------------------------------
要するに在日韓国人が反日っていうのも、ハン板で流布してるだけのデマ。


94 :世界@名無史さん:03/07/26 12:25
国務省のジョージ・ケナンはマッカーサーのやり方を非難している。
「B級戦犯の裁判は国際法に基づいている。だが、公僕として個人が国家のためにする
仕事について国際的な犯罪はない。・・・勝者が敗戦国の指導者を個人的に制裁する
権利がないというのではない。しかし、そうした制裁は戦争行為の一部としてなされる
べきであり、正義とは関係ない。また、そうした制裁をイカサマな法手続きで装飾すべき
ではない」つまり、ケナンは東条をすぐ銃殺にすべきであった。裁判など茶番と言ってる。
この意見には英国にもあったという。

95 :世界@名無史さん:03/07/26 12:34
ケナンの論理を言い換えると、マッカサーが個人的な制裁を加えたいのなら、
東条などを銃殺すれば良いことであって裁判などで誤魔化すべきでない。

96 :世界@名無史さん:03/07/26 12:42
ケナンと陸軍次官ドレイバーはマッカーサーに日本再軍備の話を持ち出すと、
マは怒気を隠さず言い放った「再軍備は占領以来のGHQの基本的な原則に
反するものである。これを今になって放棄することは、我々の威信を傷つける」
つまり、自分のメンツにかかわる、というわけ。

97 :ブッシュ:03/07/26 20:51
ケナン君。
アメリカの戦争は、それ自体正義なのだよ。

98 :世界@名無史さん:03/07/27 06:08
ケナンは、米国は元々、満州の日本権益は認めていたと言ってるね。

http://www.history.gr.jp/showa/132.html

99 :ケナン:03/07/27 06:17
じゃかっましわいっ、おんどれごとき小童に言われとうないわい! (to Bush

100 :ブッシュ:03/07/27 10:39
ぶ・ぶ・無礼者!!
俺は、デートーリョウだぞ〜
ラムちゃんにいいつけるからな〜

101 ::03/07/27 10:42
腿   \_  |   _/
          彡彡彡
          ミミミミ クリトリスhttp://link.iclub.to/adalt/
         ミミミミ / ̄ ̄ ̄ ̄
         ノ σ ヽ 尿道 http://link.iclub.to/amazon/
       / / ゜ヽ ̄ ̄ ̄ ̄
大陰唇 / //\\ \ 
 ̄ ̄ ̄ ̄  ( ( 膣 ) ── 小陰唇 http://link.iclub.to/docomo/
      \ \\// /
         `   \/  '
\         *──肛門 http://www.yahoo2003.com/f-set.html
  \_____/\_____/


102 :世界@名無史さん:03/07/27 20:24
国際刑事裁判所への協力禁止法はどうかとおもわれ。

103 :世界@名無史さん:03/07/31 19:03
極東国際軍事裁判
ttp://popup5.tok2.com/home2/usam/

104 :世界@名無史さん:03/08/01 01:18
そういえば国際法には戦勝国が敗戦国にどう処すべきかという条項はないの?
ないのなら戦勝国は無条件降伏した敗戦国の指導者は皆殺しにしておkなんじゃないの。
なんたって、無条件降伏だし。

105 :世界@名無史さん:03/08/01 22:37
>>104
>そういえば国際法には戦勝国が敗戦国にどう処すべきかという条項はないの?
これは多分現代でもない。

>ないのなら戦勝国は無条件降伏した敗戦国の指導者は皆殺しにしておkなんじゃないの。
これは近代においては無理。
戦争は国家固有の権利であって、戦争を行うこと自体は犯罪ではない。
まして戦争責任を個人に負わせるという考え方自体が国際法には無かった。(第二次大戦までは)

弁護側は極東軍事裁判において、ドイツと日本の降伏の仕方の違いについて言及している。
ドイツは国家が無条件降伏したが、日本は国家としてはポツダム宣言を受け入れて連合国と講和し
宣言の趣旨に従って日本軍を無条件降伏させた。
従ってドイツにおける戦犯裁判は、どのような罪状も受け入れざるを得ないが、日本の戦犯裁判は
ポツダム宣言の条項に規定されるという趣旨だった。
そのことを考えると1945年頃は>>104が書いた「皆殺し」も法解釈としては受け入れうるものかもしれない。

106 :世界@名無史さん:03/08/01 22:40
>>105
だから責任の有無に関わらず、報復措置として。

107 :世界@名無史さん:03/08/01 22:41
つまり>>95が言うような裁判なきリンチも敗戦国に対しては可能?

108 :世界@名無史さん:03/08/01 22:54
だいたい考えても見てくださいよ。

亜細亜侵攻と大東亜戦争を「必要な事だった」と肯定し、
植民地政策を「だって朝鮮を文明化して豊かにしてやったじゃん」と言い切れる人間が、

どのツラ下げて「アメリカン・グローバリズムを押し付けるのは侵略だ!」
って言えるんですか。いやアメリカの力の理論を肯定する人は言って良いよ
アメリカが正しいようにうちも正しかったじゃんってことで。

でも反米主義者が言っちゃイカンだろ!二枚舌だろそれは。

109 :世界@名無史さん:03/08/01 22:54
つまり「無条件」降伏なんだから
敗戦国は指導者はおろか国民全部を皆殺しにされても
少なくとも国際法上は問題にならないんじゃないの?

110 :世界@名無史さん:03/08/01 23:05
いや、国家は降伏できないでしょ。
降伏の主体はあくまでも軍隊で。

111 :世界@名無史さん:03/08/01 23:13
>>108
ダブスタヽ(´ー`)ノマンセー

112 :ぼるじょあ ◆ySd1dMH5Gk :03/08/02 03:16
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

113 :世界@名無史さん:03/08/02 23:11
確かに力こそ正義かも知れないが
力を調達するためには正義(民衆がそう信じられるもの)が必要だろ。


114 :世界@名無史さん:03/08/02 23:39
写真集だよん☆☆☆☆☆☆
http://www.sexpixbox.com/pleasant/sexy/index.html

115 :世界@名無史さん:03/08/03 00:03
>>113
そうだそうだ、漫画の世界じゃあるまいし、1人で万人には勝てないからな。


116 :世界@名無史さん:03/08/03 00:04
ありとあらゆる方法を駆使しても、1人で勝てるのは、せいぜい50人くらいまでだろう。


117 :世界@名無史さん:03/08/03 00:06
遠距離から、数十人をいとも簡単に薙ぎ倒す弓の名手がいたとしよう。
中国の歴史にはいるだろう。
まず弓と矢を考案する人がいて、弓矢を生産する人がいて、そして初めて高性能な弓矢を使う弓術の名手がいるのだ。

118 :世界@名無史さん:03/08/03 00:09
>>115
スペイン人やイギリス人がアメリカ大陸の先住民を駆逐・掃討していくとき、
スペイン人やイギリス人は1人で100人ほどの先住民を相手にしていたらしいが、これもやっぱり、近代的な武器を考案する人と、それを生産する人(おそらくは奴隷だろう)と、戦略や戦術を考える人と、そして初めてそれを実行する兵士がいるのだ。


119 :世界@名無史さん:03/08/15 00:41
 A級戦犯とされた人たちを裁いた極東国際軍事裁判(東京裁判)は法原理的に不当なも
のであった、という観点からの様々な議論がある。
 東京裁判の性格を象徴するのは、判事席にも検事席にもソ連がいたことだ。ソ連は、
ヒトラーと共謀してポーランドを分割し、第二次世界大戦の引き金を引いた。またバルト
三国を併合、フィンランドをも侵略して、領土を奪取した。
 さらには、大戦末期、日ソ中立条約を踏みにじって参戦し、東京裁判中も、国際法を
公然と無視して日本人捕虜をシベリアで奴隷労働に使っていた。そのソ連が判事席、
検事席にいて日本を裁いたというのは、要するに、勝者による敗者への裁きだった、
ということである。
 原爆による一般市民大量虐殺という米国の「人道に対する罪」に言及した日本側弁護人
の発言の際は、直ちに同時通訳が停止された、ということもあった。

 他方で、“社会主義幻想”に囚(とら)われた左翼勢力が、「第二次大戦は、『ファシズム
に対する民主主義の勝利』というのが国際社会の常識」などと、歴史を捩(ね)じ曲げて
きた。ソ連が、民主主義とは縁もゆかりもない専制恐怖支配体制の国だったことこそ、
「国際社会の常識」だ。
 同じく裁く側だった中国も、過去、現在とも民主主義とは無縁の国である。

8月15日付・読売社説 「『A級戦犯』とはなんなのか」
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20030814ig90.htm

120 :世界@名無史さん:03/08/15 01:06
>>40
ニュルンベルグ裁判はドイツ政府は全面否定していますが何か?

121 :世界@名無史さん:03/08/15 01:33
日本の保守の中には
東京はだめだがニュンベルクは可という立場をとる者もいる。

122 :連合軍の犯罪:03/08/15 01:43
【東京大空襲】米軍による無差別都市爆撃
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/history/1060879092/
原爆投下を決めたトルーマンが真の戦争犯罪人
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1053436358/

ソ連軍が満州やドイツで行なった強姦、輪姦【2】
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1059505046/
【シベリア抑留】ソ連軍による拉致強制労働の実態
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/history/1060569789/

123 :山崎 渉:03/08/15 18:19
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

124 :世界@名無史さん:03/08/17 16:03
>>121
別の保守派でなくても当たり前の認識だろう。

ただ、東京裁判の犯罪性を問う作業は、占領憲法を破棄していく
時点で同時に成されなければ、ならない。
それは、セットで行わなければならないことを日本人は認識すべき。
一種の義務として。

125 :世界@名無史さん:03/08/17 16:22
イヤ、ニュルンベルクを否として
東京を可とするのは
滑稽なダブスタだろ?
更に言えば近年の戦犯法廷も否定しなければならない。

126 :世界@名無史さん:03/08/17 16:24
てゆうか犯罪性を問うってどうするの?
ドイツみたいに
東京裁判が無効であることを政府として宣言すること?
そのことにどれほどの意味があるの?
国際社会では(゚Д゚ )ハァ?( ´_ゝ`)フーンで終わりでは?

127 :世界@名無史さん:03/08/17 16:26
結局この世界ではアメリカが神なんだから
彼らがしたことに疑義を申し立てても無駄なんだよ。
彼らが何が正しくて何が間違ってるか
決定してるんだから。

128 :世界@名無史さん:03/08/17 16:30
アッラーアクバル!とイラク始め世界各地で自爆攻撃食らいまくりですが

129 :世界@名無史さん:03/08/17 18:01
>>125
裁判自体はいいんだよ。
しかし同じ罪名で日独の幹部を裁くことは出来ないわけ。
ドイツはいかなる留保も付けずに一方的に戦闘行為を停止した。
いわゆる無条件降伏だよ。
何ら留保がない以上、一方的な連合国の告発も受けいれざるをえない。

一方日本はポツダム宣言を受諾して降伏した。
当然連合国はポツダム宣言を遵守する必要があるわけ。
ポツダム宣言中には連合国による戦争犯罪人の処罰という明言がある以上
極東軍事裁判自体は否定できないわけだが、そこで裁かれるべき罪名は
ポツダム宣言受諾時において国際法上、大勢の同意がある罪名である必要がある。
「平和に対する罪」等のポツダム宣言受諾時には成立していない罪名で裁かれるのは
不遡及原則に反するわけだ。

130 :世界@名無史さん:03/08/17 19:25
勝者が敗者にする約束なんぞ
信じるほうがナーイブとおもうが

131 :世界@名無史さん:03/08/17 20:15
>>129
>ポツダム宣言受諾時において国際法上、大勢の同意がある罪名である必要がある。
連合国の同意があるから、大勢の同意はあるだろう。

>「平和に対する罪」等のポツダム宣言受諾時には成立していない罪名で裁かれるのは
不遡及原則に反するわけだ。
本来、人は平和に暮らす当然の権利を有している。
この権利を侵害したものは、当然裁かれねばならない。
国際法云々の問題ではない。
そして日本は負けたのだ。


132 :世界@名無史さん:03/08/17 22:51
>>131
>連合国の同意があるから、大勢の同意はあるだろう。
それならばポツダム宣言のときに戦争犯罪人に関する新たな解釈を
日本側に示すべきだった。新たな戦争犯罪の解釈を検討したうえで
ポツダム宣言を受諾すべきか否かを検討することができる。
何ら公示せずに新たな戦争犯罪の解釈を適用するのは不遡及原則を
破る以上に問題だと思うが?

>国際法云々の問題ではない。
>そして日本は負けたのだ。
まさにそのとおり。極東軍事裁判の判決が国際法を無視しており
勝者による一方的な復讐裁判であることを理解して頂ければ十分です。

133 :世界@名無史さん:03/08/17 23:00
>>132
日本の方は戦争犯罪人の解釈を問い合わせたのか?

134 :世界@名無史さん:03/08/17 23:05
>>133
問い合わせていないが、新たな解釈を一方的に追加するつもりなら
追加する側が公表しないかぎり、追加が検討がされていることすら分からないだろう?

135 :世界@名無史さん:03/08/17 23:08
本来ならポツダム宣言を出した段階で「平和に関する罪」等を追加したところで
不遡及原則から言えば1945年以前に犯された行為を裁くことは出来ないはずだけどな。

136 :世界@名無史さん:03/08/17 23:11
>>134
まあ、問い合わされても、解釈まで統一されてないだろう。
そもそも、ルーズベルトが、無併合・無賠償なんてとんでもないこと決めたのが出発点だろう。
勝ったアメリカは、何らかの形でその勝利を国民に向けてイメージ化しなければならなかった。
戦犯として敵国の首魁を成敗すれば、勝利を形作れる。
特に天皇を免責した以上はなおさら、だれか身代わりの首を上げねば、国民に示しが付かないからな。
もっとも、冷戦が勃発したから、ほとんど戦犯なんかに関心持たなかったのでは?
マッカーサーにまかせっきりのようだし。

137 :世界@名無史さん:03/08/17 23:15
>>135
平和に関する罪は、不遡及の原則は当てはまらないってことだろう。
つまり、平和を害するのは悪であり、国際法上で明文化されるまでもなく、平和を侵したものは罰するのは当然という考えだ。
自然権と同じ発想だろう。

138 :世界@名無史さん:03/08/17 23:18
>>137
付け加えると、自衛権と同じか。
国家はそもそも自衛する権利を当然に持っていて、憲法に規定されるまでもなく、当然、そのための軍事量を保有できる。
だから、日本は自衛のためなら自衛隊をもてる。憲法9条は国際紛争の解決手段として自衛隊の使用を禁止したに過ぎないという。

139 :世界@名無史さん:03/08/18 01:12
日本は東京裁判史観により拘束されない
――サンフランシスコ平和条約の正しい解釈
                       青山学院大学名誉教授 佐藤和男

 大東亜戦争の終結直後に連合国占領軍によって強行されたいわゆる東京裁判(極東
国際軍事裁判)が、国際法に違反する政治的茶番劇であったということは、近年におい
てすっかり日本国民の常識として定着した観があります。しかし、その反面、あくまでも
東京裁判を肯定して、その判決中に示された日本悪玉史観を奉持し続けたいと考えて
いる人々もいることは事実のようです。そのような人々は、えてして「日本は、サンフラン
シスコ平和条約十一条の中で東京裁判を受諾しているから、東京裁判史観を尊重する
義務がある」と主張する傾向があるように見受けられます。最近では、政府部内にも同
じような考え方で東京裁判史観に拘泥する人が若干いることが判明しています。しかし、
平和条約十一条を右のように解釈することは、国際法理上、間違っています。その理由
を以下に説明します。

・・・日本が平和条約十一条において受諾したのが「裁判」ではなく、「判決」である・・・
「裁判」と「判決」とでは、条文の意味が随分変わってきます。もともと英語正文の翻訳を
基礎に書かれた日本語正文で、なぜ「判決」ではなく「裁判」の語が使われたのか、その
理由と背景を探ることはある意味で重要ですが、ここではこれ以上深追いしないことに
します。

 連合国占領軍は、日本が戦争終結の条件として受諾した事柄(ポツダム宣言六項〜
十三項に列記されています)を、日本に履行させるために、およそ七年間駐留して軍事
占領行政を実施しますが、サンフランシスコ対連合国平和条約が発効する昭和二十七
年四月二十八日までは、国際法的には日本と連合国の間に「戦争状態」が継続しており、
いわゆるA級戦犯を裁いた東京裁判と、B・C級戦犯裁判とは、連合国が軍事行動(戦争
行為)として遂行したものであることを、よく理解する必要があります。


140 :139つづき:03/08/18 01:12
 日本国民の中には、大東亜戦争は昭和二十年八月十五日に終わったと思い込んで
いる人が多いのですが、国際法の観点からいえばこれは間違いで、戦闘期間が終わっ
ても軍事占領期間中は「戦争」は継続されていたと見るのが正しく、事実、連合国側は
平和条約発効の時まで、戦争行為として軍事占領を行うという意識を堅持して、連合国
の目的にかなった日本改造に力を注いだのです。

 さて、ここで、アムネスティ条項(amnesty clause)の説明に移ります。前述のごとく戦争
を終了させるものは講和ですが、第一次世界大戦以前の時代にあっては、交戦諸国は
講和に際して、平和条約の中に「交戦法規違反者の責任を免除する規定」を設けるのが
通例でした。これがアムネスティ条項と呼ばれるものですが、アムネスティとは「国際法上
の大赦」を意味します。

アムネスティ条項に関する以上の理解を前提とすれば、サンフランシスコ平和条約十一
条の機能ないし役割は、おのずから明らかにされましょう。すなわち、十一条が置かれた
目的は、この規定がない場合に、講和成立により独立権を回復した日本の政府が、国際
慣習法に従って、戦犯裁判判決の失効を確認した上で、連合国側が戦犯として拘禁して
いた人々を――刑死者の場合はいたし方ないが――すべて釈放するかまたは釈放する
ことを要求するだろうと予想して、そのような事態の生起を阻止することにあったのです。

 要するに、十一条の規定は、日本政府による「刑の執行の停止」を阻止することを狙った
ものに過ぎず、それ以上の何ものでもなかったのです。

http://www.nipponkaigi.org/reidai01/Opinion3(J)/history/sato.htm

141 :世界@名無史さん:03/08/18 01:14
天皇も一緒にぶっ殺しときゃ良かったのに

142 :世界@名無史さん:03/08/18 01:16
Q10 首相の靖国神社参拝は、東京裁判の判決を受け入れたサンフランシスコ講和条約
違反ではないのか?

 確かに、サンフランシスコ講和条約第十一条には、次のように書かれている。
「日本国は、極東国際軍事裁判所並びに日本国内及び国外の他の連合国戦争犯罪法廷
の裁判(judgements)を受諾し、且つ、日本国で拘禁されている日本国民にこれらの法廷
が課した刑を執行するものとする。これらの拘禁されている者を赦免し、減刑し、及び
仮出獄させる権限は、各事件について刑を課した一又は二以上の政府の決定及び日本国
の勧告に基くの外、行使することができない。極東国際軍事裁判所が刑を宣告した者に
ついては、この権限は、裁判所に代表者を出した政府の過半数の決定及び日本国の勧告
に基くの外、行使することができない。 」
 このなかでjudgementsを「判決」と訳さず、「裁判」と誤訳したことから、日本は、東京裁判
における事実認定(いわゆる東京裁判史観)を受け入れたとの誤解が生まれてしまったの
である。
 しかし、この条文全文を読めば、この目的が、いわゆる戦争犯罪人を裁いた連合国の
軍事法廷が日本人被告に言い渡した刑の執行を、日本政府に引き受けさせるとともに、
赦免・減刑等の手続きを定める点にあることが理解されるだろう。
 実際、世界の国際法学者の多くは、この第十一条に関して「日本政府は、東京裁判につ
いては、連合国の代わりに刑を執行する責任を負っただけで、講和成立後も、東京裁判の
判決理由によって拘束されるなどということはない」と解釈している。
 なお、A級被告となりながら、講和独立後、閣僚となった賀屋興宣元法相や、重光葵元
外相の政界復帰の事実と、それへの国際社会からの批判が皆無であったことは、独立後
の日本政府は、東京裁判の判決に拘束されなかったことを示している。

靖国神社Q&A http://www.nipponkaigi.org/reidai01/Opinion1(J)/yasukuni/QandA.htm

143 :世界@名無史さん:03/08/18 01:25
昭和61年8月19日の衆議院内閣委員会で、後藤田正晴内閣官房長官は、共産党の柴田
睦夫氏が東京裁判についての認識をただしたのに対して、「サンフランシスコ平和条約第11
条で国と国との関係において裁判を受諾している事実がある」と述べた上で、東京裁判の
正当性を認めることが政府の統一見解であるとの考えを表明したと報道されました。
この後藤田内閣官房長官のように、サンフランシスコ対平和条約11条をもって東京裁判の
正当性を肯定し、さらに、東京裁判の判決が今日においてもなお日本政府、延いては、
日本国家を強制すると考える風潮があります。はたしてそうでしょうか。

1.第11条条文の表記に関する問題

条文の表記の問題とは、日本語正文の問題です。条文は、条約調印地であるサンフラン
シスコ市で、ひとしく正文である英語、フランス語、スペイン語と日本語で書かれています
が、問題点は、日本語正文で「裁判を受諾し」となっている部分です。本条約の草案を起草
した国の言葉(英語)では、この部分は「 accepts the judgments 」となっています。日本語
正文で「裁判」と訳されている単語「 judgment 」は、英米の法律用語辞典に照らしてみて
も「判決」と訳すのが適当のようです。この条文の大切な部分を「裁判」を受諾すると解す
るのと、「判決」を受諾すると解するのとでは、条文の意味(内容)が随分変わってきます。
「 judgment 」を「判決」と訳さず、「裁判」と何故訳したのかという問題がありますが、ここで
は第11条の日本語正文の翻訳に問題があるということ、つまり、第11条で日本政府が受諾
したのは「裁判」ではなく「判決」であることを指摘したいと思います。

144 :143つづき:03/08/18 01:26
第11条を設けた連合国側の目的(意図)はどこにあったのでしょうか。
国際法では、関係交戦国間の平和状態の回復を基本目的とする平和条約が発効するの
が通例とされています。
第一次世界大戦以前までは、交戦諸国が平和条約の中に「交戦法規違反者の責任を免除
する規定」、即ち、「アムネスティ条項[ amnesty Clause ]」と呼ばれる「国際法の大赦」を
設けるのが通例でありましたが、交戦諸国間で慣行されている事実を踏まえ、かりにその
ような規定が設置されなくても、戦犯の放免は戦争終了後に伴うものとして国際法上当然
とされていました。
このアムネスティ条項について理解すれば、おのずと、第11条を設定した目的がはっきり
してきます。
第11条設定の目的は、講和成立によって独立権を回復した日本政府が、国際法の慣例に
従って、東京裁判をはじめあらゆる戦犯裁判の判決の失効を確認した上で、連合国が
戦犯として拘禁していた人々−刑死者の場合は致仕方ないが−をすべて釈放するに違い
ないと予想して、このような事態が起こるのを阻止することだったのです。つまり、一言で
言えば、日本政府による自主的な刑の執行停止を阻止することを目的とした規定であった
わけです。

145 :144つづき:03/08/18 01:26
なお、平和条約第11条解釈の問題の一つに、中華人民共和国との問題があります。この
点について少し触れておきましょう。

現在、中国からいわゆるA級戦犯合祀問題に対する批判を受けています。しかしながら、
中国がサンフランシスコ対日平和条約第11条に基づいて戦犯問題、延いては、東京裁判
について発言する法的資格がないということを述べておきましょう。
中国(もちろん当時は中華民国で、中華人民共和国ではありませんが)は、連合国側で
終戦をむかえましたが、サンフランシスコ条約調印には、中国は代表権問題で米英の
意見が一致せず会議には招集されませんでした。
サンフランシスコ対日平和条約第25条では、「この条約に署名し且つこれを批准した」
当該国を「連合国」と定義し、「この条約は、ここに定義された連合国の一国でないいずれ
かの国に対しても、いかなる権利、権利又は利益を与えるものではない」と明記しています。

このような理由で中国(中華民国、したがって中華人民共和国にも)には、平和条約第11条
に基づいて発言する法的資格はありません。

5 東京裁判と講和条約  http://www3.nsknet.or.jp/~g.risikawa/yasukuni-6.htm

146 :世界@名無史さん:03/08/18 01:31
靖国神社関係資料

所謂 “A級戦犯” とは何だ!
http://www.yasukuni.or.jp/siryou/siryou4.html

はじめに  この冊子は、昭和62年11月に神道政治連盟から発行された『A級戦犯とは
何だ=xを、同連盟の快諾を得て再版したものです。昭和60年8月15日、中曽根首相は、
8月15日としては戦後はじめて國神社公式参拝を表明して参拝されました。しかし、
中国からの「靖国神社にA級戦犯が合祀されている」などの内政干渉的抗議がなされるや、
翌年からは参拝を取り止め、現在に至るまで首相の参拝は途絶えたままとなっております。
本年4月に誕生した小泉首相は、来る8月15日の靖国神社参拝を表明しており、多くの国民
からその実現が期待されております。所謂A級戦犯≠ネどという忌まわしい呼称は、
日本の国内法に基づいて生れた呼称ではありません。「A級戦犯論」は、すなわち「東京
裁判論」といえます。「東京裁判」についての正しい理解こそが、靖国神社公式参拝問題
解決のカギであります。茲に改めて同冊子全文を記載し御熟読を願う次第です。 

 平成13年6月1日           靖国神社社務所

目次
 一、序にかえて
 二、ポツダム宣言と東京裁判
 三、東京裁判は国際法を無視した報復裁判
 四、A級戦犯論と東條英機論
 五、東京裁判と講和条約
 六、政府とA級戦犯
 七、昭和殉難者の靖国神社合祀

147 :世界@名無史さん:03/08/18 02:20
>>137
>>>135
> 平和に関する罪は、不遡及の原則は当てはまらないってことだろう。

いや、今の時点でも国際法上は「平和に対する罪」なんて存在していない。
当然、国際法上で存在しないからこそ、国連決議やその他の実効的多数国間協定に基づくのが一般的。
外交上行為として戦争は否定されていない。逆に正当な戦争を行うための規定(陸戦協定)や、相互条約
に基づく国家間での開戦の禁止などの条件を規定しているだけ。

> つまり、平和を害するのは悪であり、国際法上で明文化されるまでもなく、平和を侵したものは罰するのは当然という考えだ。
> 自然権と同じ発想だろう。

この考え方はかなり危険ですよね。
「平和」というのは概念でしかなく、明文化されない限り「力を持っている側の平和が、他方に強要される」と
いうのがまかり通ってしまいますよね。
今の世の中の「力」は国民意思を背景にしている部分もあるので、米軍なんかは情報統制を徹底して行い
支持意思を増やそうとしている。

明文化されない自然権や感情的にのみ理解できる規範を基にして国家間(異文化間)を裁くと、それは
強要になる可能性が非常に高く、また基軸を中心にして世界を2分化する可能性が高い。

冷戦後の世界情勢がまさにそれ。良い悪いは別として米国式正義が世界の規範となりつつある。(複数国家
間の善悪なんて定義できるとは思えないが)



148 :世界@名無史さん:03/08/18 23:02
>>147
>この考え方はかなり危険ですよね。

この考え方は確かに危険なんですよね。
革命思想の根幹をなすものと思いますからね。


149 :アジア戦争犠牲者はたったの200万人だった:03/08/20 03:39
日本軍によるアジアでの戦争犠牲者数(死者)を秦郁彦が計算しました。ちなみに日本の
歴史教科書では多い数字では2000万にもなっている。中国公式発表の日中戦争におけ
る死者数は1000万です。あふぉで有名な江沢民は死傷者3500万と言い張って失笑を
買っているそうです。先日出版されたトンデモ噴飯本『昭和天皇』(ハーバート・ビッグス)の
翻訳者でも知られている腐れサヨ学者・吉田裕(一橋大教授)関与の高校日本史教科書
では中国だけで死者2180万としており、死傷者推定は必然的に4360万となってしまい、
江発言の数字をも上回る間抜けぶりです。この構図は南京虐殺とうり二つである。
知的誠実さのかけらもない日本の馬鹿サヨが犠牲者数のインフレに手を貸して
外国勢力と共に「日本の過去」を断罪するという昔ながらの自傷・洗脳工作だ。

実教本『高校日本史B新訂版』(平成10年検定)ではアジア太平洋戦争での東アジアの
犠牲者数 死者2000万超(日本人310万)としている。ところが同(平成13年)では中国
だけで死者2180万に増加している。新執筆者は吉田裕(一橋大教授)だけなので彼の
影響による死者数インフレだと思われる。死者と負傷者数が同数だと想定すると、犠牲者
数は計4360万となり、世界で失笑を買った江沢民の3500万すら上回っている。

150 :149つづき:03/08/20 03:40
中国公式発表('89−'95)の死傷者   
軍民2168万(死者932万 負傷者947万 行方不明289万)
'95年江沢民が日中戦争での死傷者を3500万と発言。

秦の推定死者数
中国 軍132万 民間50万 計180万 (ちなみに日本兵は45万)
フィリピン13万 シンガポール1万 インドネシア・ビルマ・ニュージーランド各数千。
計200万(軍人は日本軍との戦闘による相互加害で除外すべきとの立場もある)

文京二中が発生源? 高校生を汚染する山川・実教の歴史教科書  秦郁彦 (現代史家)
世はデフレなのに、何故、歴史教科書では日本軍による戦争加害者数だけが
インフレなのか  『諸君!』 03・07号 http://bunshun.topica.ne.jp/shokun/shokun.htm

中国のデータは既に海外では相手にされてない。

1989年の米誌『USニュース&ワールドレポート』(太平洋戦争50周年記念号)では、
「中国側の死者総数は220万人、そのうち軍人が135万人、民衆は85万人」とされている。

終戦当時、中国政府が戦争当事者として公式発表した文書「対日戦争勝利の結果」では、
中国側の戦死者は131万9958人、戦傷者は176万1335人となっていた。

151 :世界@名無史さん:03/08/29 00:11
桜井よし子、田久保忠衛 「真珠湾の真実」をまだ信じない人たちへ  
「諸君」 平成十三年九月号 ロバート・ステイネット、妹尾作太男(日本語版の監訳者)
最近の雑誌から  会員  岡屋多津郎
平成14年1月 真珠湾、ルーズベルトの謀略 その2  《通信の傍受と解読》
http://www.jiyuu-shikan.org/store/book/zasshi/zasshi0201.html

対談記事全文

諸君!2001年9月号 終戦特集 破られた「歴史の封印」
「無線封止」の神話は完全崩壊、奇襲は読まれていた!
「『真珠湾の真実』をまだ信じない人たちへ」
「民衆の一部を一時期欺くことはできるかもしれないが、全ての民衆をいつまでも欺き通すことは不可能である」というリンカーンの言葉を捧げたい

ロバート・スティネット(ジャーナリスト)
妹尾作太男(戦史研究家)
田久保忠衛(杏林大学教授)
櫻井よしこ(ジャーナリスト)
http://www.yoshiko-sakurai.jp/works/works_syokun_0109_1.html

『真珠湾の真実 ― ルーズベルト欺瞞の日々』 
ロバート・B・スティネット (著), 妹尾 作太男 (翻訳) (文芸春秋)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163575308/249-6691064-8195500

パール判事の日本無罪論 小学館文庫 田中 正明 (著) (小学館)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094025065/ref=pd_bxgy_text_2/249-6691064-8195500

152 :世界@名無史さん:03/09/10 00:12
国際シンポジウム用レポート 2001・11・14
「<戦争責任とは何か> 清算されなかったドイツの過去」 (中公新書1597)から
ジャーナリスト・木佐芳男   

http://www.ajiazaidan.org/english_graphics/forums/11-13-2001/kisa.pdf

153 :世界@名無史さん:03/09/23 10:34
東京裁判というのは戦争の一環で、勝った国の指導者が負けた国の指導者や軍人を裁くということです。
しかし、講和条約を結べば戦争状態が終り、手打ちとなります。
その後は東京裁判に縛られる義務はなく、裁判すなわち東京裁判の判決に反して日本は戦犯を赦免することはできるのです。
これが原則なので、連合国は講和条約第11条(これ自体が国際法に反していて良くない条文なんだけど)という戦犯の赦免規定を作りました。
ましてや個人的な思想ならともかく、日本人は永久に東京裁判史観にしばられるなければならないとうような主張は、なんらかの邪悪な目的を持った嘘です。

154 :世界@名無史さん:03/09/23 10:35
東京裁判というのは戦争の一環で、勝った国の指導者が負けた国の指導者や軍人を裁くということです。
しかし、講和条約を結べば戦争状態が終り、手打ちとなります。
その後は東京裁判に縛られる義務はなく、裁判すなわち東京裁判の判決に反して日本は戦犯を赦免することはできるのです。
これが原則なので、連合国は講和条約第11条(これ自体が国際法に反していて良くない条文なんだけど)という戦犯の赦免規定を作りました。
ましてや個人的な思想ならともかく、日本人は永久に東京裁判史観にしばられるなければならないとうような主張は、なんらかの邪悪な目的を持った嘘です。

155 :世界@名無史さん:03/09/23 11:21
でも、東京裁判史観って、ウヨサヨ両方とらわれてない?
東京裁判なんて勝者の裁きで理不尽が当たり前なんだから

ウヨもなんで、東京裁判は連合国側のリンチ裁判だからあの結果は当然、とスルーした上で
A級戦犯を自分たちで再評価しようとしないのかなぁ

156 :世界@名無史さん:03/09/24 07:16
>>155
なるほど。再評価とはこんな感じか?(行為の再評価)

1・非道だが、時代的に普通。他国もやっていた。なのに有罪。
2・非道だが、選択の余地が無く有罪。
3・証拠不十分なのに有罪
4・捏造、擦り付けによる有罪。

対外的には、3、4に的を絞るべきのような。

【共同謀議という妄想】
【西にアウシュビッツ・東にナンキン】
【偽証罪のない裁判 】
http://www.marino.ne.jp/~rendaico/daitoasenso/tainitisenryaku_kyokutosaiban_ronri.htm

157 :世界@名無史さん:03/09/24 07:34
結局国民にとってはよかったんだしね
農奴なくなったし自由度増えたし、生活豊かになったし
もっかい戦争おこって今の支配者層いっそうしてもらって
アメリカから間接統治してもらったほうが国民にとっては良いと思うよ
窮屈な社会になってきたしねまた
戦争でもしないと、いなくならないからね、無能な官僚とか

158 :世界@名無史さん:03/09/24 18:17
>>155
とらわれてるのはウヨだろ
「南京事件」がでっち上げ、見たいな主張に無理があることがわかってきたから
新しく問題にし始めてるんだろ

159 :世界@名無史さん:03/09/28 02:06
大日本帝國万歳!!
http://members.tripod.co.jp/almond_choco11/kaiten.swf
http://noigel.hp.infoseek.co.jp/swf/kakutatakaeri.swf


160 :世界@名無史さん:03/10/04 17:39
東京裁判で立件された具体的な犯罪って何?南京事件とパールハーバー?

161 :世界@名無史さん:03/10/04 17:46
>158
南京事件は完全なでっち上げだと思うがな?
むしろウヨよりサヨの方が新しく問題を作り出してるんじゃないのか?

162 :世界@名無史さん:03/10/04 18:04
新しいも何も戦後50年間で何度同じ問題をループしてるんだか。

163 :世界@名無史さん:03/10/05 00:05
>162
いつまでも同じ自虐感で自己満足している連中が
いるからじゃない?んで教育現場である事無いこと
教えて、自虐・捏造の拡大再生産と・・・

164 :世界@名無史さん:03/10/11 17:48
東京裁判は、正しいと思う
南京大虐殺についてはあまり詳しくはないのだが
私の聞いた話を、総合して考えると中国のでっちあげの可能性が高いと思う

原爆を落とした者達が裁くのはおかしいという事だが
私はそうは思わない

165 :世界@名無史さん:03/10/11 18:25
ハルノートを突きつけられたのは
アメリカが日本を、うっとおしい障害物と認めたから
江戸時代の日本は、恐れるに足らない存在であった
その気になればいつだって植民地にできる
また、ロシアを始め共産主義圏の攻撃の拠点とできる
だが、知らぬ間に小賢しい明治維新とやらで、おかしな国が出来上がってしまった
ついこの間まで、黒船で騒いでた国が、清を倒し
あろうことかあのロシアまで倒してしまった

この事実をうけ、アメリカ及び帝国主義諸国は
日本を、やっかいな「敵」と認識した

166 :世界@名無史さん:03/10/11 23:25
>>165

また妄想人種史観かよ。いつ日本ごときの打倒のために誰と誰が徒党を組んだのかね

167 :世界@名無史さん:03/10/21 17:31
「平和に対する罪」の本音
俺達欧米人の植民地支配体制(白人の平和に対する罪)をぶっ壊しやがって。



168 :世界@名無史さん:03/10/21 17:57
ここは私達日本人の過去のあやまちを反省するスレです。


169 :世界@名無史さん:03/10/21 18:19
「南京事件」自体はあったと思うんだけど、そのままではソンミ村事件のような
どんな戦争にもある悲劇にすぎなかったところを、この裁判のお陰で
誇張され、政治カードとして利用された感じかな。


170 :世界@名無史さん:03/10/21 20:12
中国共産党が被害者の数字や爆弾の数を意図的にオーバーにいうのは(特に日本に対して)
悪のお家芸です。
米・パウエル(国務長官?)は、日本の戦後処理は1951年に終わっていると明言してます。


171 :世界@名無史さん:03/10/21 21:13
是非を問われれば「非」。
だって裁判が成立する根拠が存在しない。

172 :世界@名無史さん:03/10/22 10:43
初めて書き込みます、東京裁判についてですけどこの裁判を主催した側のアメリカ政府ですらこの裁判は、間違っていたと認めているのになぜ日本人は、この裁判は正当な裁判であると信じつづけるのでしょうか。私は、東京裁判は、非だと思います。

173 :世界@名無史さん:03/10/22 10:47
>>172
アメリカの誰が
 間違っていた
と、言っているの?

朝日新聞とかじゃ
 国際法廷の先駆
とか評価する白人の学者しか載せないが。

174 :世界@名無史さん:03/10/22 10:56
>>173
その国際法廷で「アメリカ人だけは訴追されない」という特権を
強要しているのが、今のアメリカという矛盾。笑うしかないな。

175 :世界@名無史さん:03/10/22 14:27
>>173
朝日自体が左向きな事を知らない罠


176 :世界@名無史さん :03/10/22 14:41
>>172
インドの国際法の権威、パール博士が少数意見で日本を強力に擁護してるので
この論理を勉強してみよう。アメリカ人の弁護人にも、原爆投下は国際法違反
だと法廷で訴えた人もいたし。(しかし検事に一蹴されてしまったが)

裁判は時間軸にそって決着が着けられたが敗者は対抗する言葉をもって
燻りつづければよい。そうすれば、既成事実を構築した側も無視できなくなって
くる。我々日本人は雄弁かつ果敢に言葉の弾丸を矢継ぎ早に繰り出すことさ。
まるで小松参事官みたいに。

177 :世界@名無史さん:03/10/22 14:53
戦勝国が敗戦国の指導者を血祭りにあげたっていう
だけの話でしょ。
正しいも間違ってるもないと思うが。

178 :世界@名無史さん:03/10/22 15:26
>>177
チミはこの板に向いてないみたいだね

179 :世界@名無史さん:03/10/22 17:33
>>177
裁判として法の正義があったかという事さ。
当時から真っ当に法を学んだ人達は、日本に同情したというより、裁判という法の正義を体現すべきものを、単なる報復行為に利用したとして激烈に批判してるの。
んで、その後そういった意見は増え続けて、裁いたほうの欧米知識人から東京裁判には法の正義がなく、不当だったとする声が多い。
日本では知られてないからスルーだけど。

180 :世界@名無史さん:03/10/22 17:46
裁判なしで射殺しとけば良かったんだよな。

181 :世界@名無史さん:03/10/22 18:31
>>180
それはアメリカ、中国から見て明らかに損なんだわ。
東京裁判という形を取ったからこそかくも永きにわたって日本とい
う国を呪縛できたんだから。

182 :世界@名無史さん:03/10/22 18:43
↑降伏前じゃないと無理

183 :世界@名無史さん:03/10/22 19:09
東京裁判当時からの手法だけど、他の国の国際法違反や戦争責任の追及には、
この裁判は日本を裁く為のもので、それらは関係ないという意見で一切取り合われなかったのね。
で、じゃあその後に別の裁判が行われたかというと・・・
ま、それが東京裁判の一面の事実。

184 :世界@名無史さん:03/10/22 19:18
民族浄化しとけばよかったのにね。


185 :世界@名無史さん:03/10/22 19:20
>>184
だよな。
大日本帝国臣民はすべてあぼ〜んで。

勿論、半島人も含まれてしまうがw

186 :世界@名無史さん:03/10/23 22:17
ウヨサヨのどちらもこの裁判については苦言を呈してますね.

187 :世界@名無史さん:03/10/24 09:49
当時のアメリカ国務省のジョージ・ケナン政策企画部部長で昭和二十三年にマッカーサーに対して「東京裁判はいかさまな法手続で装飾された制裁のための裁判」と批判している。マッカーサー自身も後年、聖書の前で東京裁判は間違っていたと告白している

188 :世界@名無史さん:03/10/24 17:43
>186そりゃそうだ。無条件降伏を受け入れた相手に条約破って侵攻した奴が裁判席にいるんだ。
正当性を問題にしたら非になるに決まってるよ。

189 : :03/11/25 17:37
>>168は在日朝鮮人。


190 :世界@名無史さん:03/12/08 23:18
>>152

国際シンポジウム用レポート 2001・11・14
「<戦争責任とは何か> 清算されなかったドイツの過去」 (中公新書1597)から
ジャーナリスト・木佐芳男   

http://www.ajiazaidan.org/english_graphics/forums/11-13-2001/kisa.pdf

htmlバージョン
直接のアドレスは長過ぎて貼れないので一旦ここから。
http://www.google.co.jp/search?q=%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%82%A6%E3%83%A0%E7%94%A8%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88+2001%E3%83%BB11%E3%83%BB14&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

"戦争責任"とは何か―清算されなかったドイツの過去 中公新書
木佐 芳男 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121015975/qid=1070892921/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/250-8748828-9490637

異なる悲劇日本とドイツ
西尾 幹二 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163493603/qid=1070893003/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/250-8748828-9490637

64 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)