5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アメリカは何故原爆を作ったのか。

1 :世界@名無史さん:02/08/15 13:56
教えて下さい。

2 :世界@名無史さん:02/08/15 14:11
ヒトラーに迫害されて英米に亡命したユダヤ系の科学者たちが
ドイツに仕返しするつもりで史上最強の爆弾を作ったが、実際
に完成したころにはドイツは降伏してしまっていた。残る日本
も風前の灯で降伏は時間の問題だったが、せっかく作った爆弾
をお蔵入りにしてしまうのももったいないから実用に供してみ
た。

3 :世界@名無史さん:02/08/15 14:14
そうなのですか?!
アメリカはただ原爆を試してみたかっただけ
ということですか?

4 :世界@名無史さん:02/08/15 14:22
>>1
本当に知りたいと思うなら軍事板に行きな。

5 :世界@名無史さん:02/08/15 14:25
白根

6 :世界@名無史さん:02/08/15 14:39
>>4
はい、行ってみます。


7 :世界@名無史さん:02/08/15 15:10
軍事板いったらみんなアホだった

8 :科学者:02/08/15 16:12
最初に科学者くんだか学生くんだかが
ウランをハケーンしちゃったんだよ。たまたまな。
ウラン235だか239だかに中性子ぶつけると
爆発的エネルギーがハセーイするってな。
科学者は喜んだわけだ。そんでイギリスで会議やってたら
アメリカに見付かって、軍事利用してみようとなったわけだ。

それと同時にプルトニウムもハケーンしてな。科学者は喜んだ。
さてさて・・・んじゃ爆弾つくってみようって考えた軍部は
科学者に何Kgか純正のウラン頂戴といってみた。
科学者はあせった。なんせその頃なんて何マイクロgのウラン
で大喜びしてたんだからな。いや、我々にできないことはないと
もえる科学者。利用されとるとも知らず・・・。全く・・・。

んで何ヶ月かして軍部の思惑どうりあぼーんな訳だ。

頭の悪そうな文章は気にするな。承知しとる。それじゃ

9 : :02/08/15 21:48
>>2
始めから日本だけが投下目標だったそうだ。

10 :世界@名無史さん:02/08/15 21:54
>9
ソースは?

11 :世界@名無史さん:02/08/15 21:57
べつにアメリカ以外でも作ろうとは考えていたんだよ。
すでに技術的に可能な時代に入ってたから各国開発を目指した。
ドイツはもちろん日本にすら製造計画はあったよ。
たまたま間に合ったのがアメリカだったというだけ。

12 :世界@名無史さん:02/08/15 21:59
あ、これだったのか……
参考にすべきurlはあっちに書いてあるからな。
見たかい?

ま、

「大統領!がんばって作らなきゃナチスが先に造っちゃう! そしたら大変だ〜!」

とある科学者が叫んだことが発端。

詳しくはあっちに貼ったurlにある情報でも見てくれ。

13 :世界@名無史さん:02/08/15 22:01
米国……ダントツ。
独逸……途絶、施設は陳腐、製造は無理。
日本……独逸以下。

ソ連……ま、先の長い話。

14 :ちっち:02/08/15 22:08
アインシュタイン先生がナチスによるユダヤ人虐殺から逃げるためにアメリカにいったんだ。
でも、それは口実でナチスにはもうそのとき原爆を作る力はなかったんだ。
日本が助けてあげたユダヤ人に日本はやられたってわけ。
(ちなみにアインシュタインはユダヤ人)

15 :世界@名無史さん:02/08/15 22:13
塊でユダヤ人とか日本人とか言うなよ。
オッペンハイマーが戦後苦しみつづけたのは、何故か考えてみ。

16 :世界@名無史さん:02/08/15 22:22
>>14
大嘘こくなよな〜、でもナチスドイツの研究では原爆は出来なかったであろうことは
その研究施設を見た合衆国の調査班の意見。

オッピーは激しく後悔し、引き続きの核の開発(水爆)を止めようとしたことによって、罷免。

17 :世界@名無史さん:02/08/15 22:45
>>14
あと、アインシュタインが居たから原爆造れたようなニュアンスだけど、
アインシュタインは、物質には膨大なエネルギーが封じ込められている、
と発表したに過ぎないよ。1905年

アインシュタイン書簡を送った以外はマンハッタン計画にも参加していない。

18 :世界@名無史さん:02/08/15 23:37
科学者の性

19 : :02/08/16 02:09
>>10
「昭和史の論点」  P202 原爆はなぜ日本に投下されたか
http://www1.odn.ne.jp/koyama/comment.htm
半藤 ・・・アメリカが原爆を日本に投下しようと決めたのはいつなのか、・・・中略・・・、
はじめから日本しか考えていなかったという説もある。・・・中略・・・原爆開発計画である
「マンハッタン計画」の総指揮官だったグローブス少将の昭和20年4月24日付の手紙には、
目標は一貫して日本だったと書いてあります。・・・
  ↑
これ、「諸君!」での対談を文春新書で単行本化したものだけど、
アメリカはもう言い訳できんわな。
それから、マンハッタン計画はユダヤ人科学者達に指導されていたが、小林よしのり
の「戦争論」に、「ドイツから亡命したユダヤ人科学者達は、原爆投下目標について
日本だけを論じており、ドイツが投下目標として言及されたことは最後まで一言も
なかった」「始めから目標は日本だったのである」と書かれてある。
ソースは不明だが、小林は「新しい歴史教科書をつくる会」参加の学者らから情報を
入手しているようだ。たぶん、米国の研究者が発掘しているのだろう。
まあ、こういう点では米国の良心的学者の方が日本人学者より信頼できる。
「アメリカがポツダム宣言で天皇制の処遇をあいまいにしておいたのは、原爆投下前に
日本に降伏されては困るからだった」とも小林は書いている。

20 :世界@名無史さん:02/08/16 03:04
>>16
しかしオッペンハイマーを迫害した原子力委員会のルイス・ストラウス
はユダヤ人だし、水爆の父と言われるエドワード・テラーもハンガリー
生まれのユダヤ人だ。

21 :世界@名無史さん:02/08/16 07:54
当事、ドイツ・イタリアには綺羅星の如く物理学、科学の天才科学者が集まっていた。
そしてその中に多くのユダヤ人が居たというだけのこと。

そしてその多くが合衆国に亡命していった。

22 :世界@名無史さん:02/08/16 08:28
>>1
日本にサヨクを生み出すため。

23 :世界@名無史さん:02/08/16 10:16
>>19
あおり?、コヴァをソース無しで引用するなよ。

24 :世界@名無史さん:02/08/16 14:57
アメリカ軍としては原爆を使った戦略を、いろいろ考察していただろうな。

理想の戦略は、

原爆を投下し半径10Km以内の建物と人間を爆風と放射能で殲滅させる。
数時間、放射能レベルが下がり、10Km以上離れていた地上部隊が楽々と
占領。

このようなシナリオを考えていただろう。実際、広島に落としてみると、
死の灰が降り、放射能が強すぎたから核爆発直後の地上部隊の投入は無
理だと判った。

ウラン型とプルトニウム型、どちらが理想的かも比較実験する必要があっ
たのであろう。だから立続けに投下した。実際はどちらも、同じような結
果であった。

もし、45年8月に、中性子爆弾、水素爆弾も一度に開発できていたら、
全部試したのであろうか?

25 :世界@名無史さん:02/08/16 15:09
>>24
私は東京に全部落としたほうが効果大だと思ったんだけども、どうでしょうかねぇ。

26 :世界@名無史さん:02/08/16 16:42
>>25
それをやると、天皇は死に、文字通り「一億総玉砕」になるから、マイナス面が大きすぎる。
と、判断したんじゃないだろうか。特に、硫黄島や沖縄の状況を見て。

27 :世界@名無史さん:02/08/16 19:43
>>25
開国以来、施政者は困難な状況はすべて天皇にまかせてきたという
この国の情けない歴史を知らないのか?

この国の主要人物は本当の国難にあうと責任を放棄するんだよ。

織田信長が本能寺で死ななければなぁ……。

28 :世界@名無史さん:02/08/16 22:26
>>24
>もし、45年8月に、中性子爆弾、水素爆弾も一度に開発できていたら、
全部試したのであろうか?

その通りだと思いますな。
開発できていたなら使わない理由は無かったでしょう。
堂々と新兵器の効果を実戦で検証できる機会なのですから。
ソ連に対する牽制にもなることだしね。

>>25
東京は戦略的にも既に落とす理由は無かったし、実験という目的にも不適当でした。
従って、東京に全部落としても戦況の混乱を招くだけで、アメリカにとってのメリットは無かったでしょうね。


29 :世界@名無史さん:02/08/16 23:05
>>26
天皇を原爆で殺せば、戦争は早く終わったかもしれないけど、逆上した軍が
なりふり構わない反撃で、余計に長引いたかもしれない。

30 :世界@名無史さん:02/08/16 23:44
昭和天皇が崩御した時に殉死した人とかっているの?
聞いたことないけど明治天皇の時はあったけどそう考えると
天皇の威光も低下したんだな・・・

31 :世界@名無史さん:02/08/16 23:48
いたよ
有名人ではなかったけどね

32 :世界@名無史さん:02/08/17 00:20
>>1
アメリカが何故原爆を作ったか、より
日本が何故、風船爆弾を作ったのか?の方がネタとして面白いよ。きっと。

33 :世界@名無史さん:02/08/18 01:46
「アメリカは人種差別して日本だけを標的に原爆を落とした」って
ホンカツとコバが同じ主張をしていて可笑しいが、真珠湾攻撃を事前に
知っていたか? と同じで傍証しか無い。疑うのは結構だが、盲信は愚か。

原爆が完成したのはドイツ降伏後だったのだから、堂々巡りにしかならない。
ドイツ人は白人だから落とさなかったって説は、冷戦中に莫大な予算を
かけて配備した核兵器をアメリカはロシア人に使うつもりはなかったと
いうようなもの。


34 :日本@名無史さん :02/08/25 12:11
真珠湾攻撃を事前に知っていたことは、戦後何年か後に公表された
資料からわかっています。
ルーズベルトは真珠湾の前からオレンジ計画を立てて日本を標的にして
戦争を吹っかけるつもりでいたから、原爆投下も日本を標的にしていたと
しても不自然ではありません。

35 :世界@名無史さん:02/08/25 12:31
原子爆弾対風船爆弾かー
そりゃ勝てないよな。

36 :世界@名無史さん:02/08/25 12:35
原爆はソ連の対日参戦を「抑制」ではなく「促進」する要因だったし、
トルーマンもそのように計算して行い、その思惑通りの結果となった。
http://cgi2.nhk.or.jp/sonotoki/syoukai/s008.html

37 :世界@名無史さん:02/08/25 12:50
>34
オレンジ計画ってのはたんなる外交/国防のための指針であり
戦争にいたるための計画ではない。
べつに日本以外にも仮想敵国には全て同様のの計画が用意されていた。

38 :世界@名無史さん:02/08/25 13:10
少し前の文藝春秋に載っていた話だが

アメリカは原爆をドイツとの対抗上作っていただけで単なる新型爆弾としての認識しかなかった。
ただし議会には極秘で当時の1億ドル以上資金を投入してたので、実績がない場合は議会からの
追求が予想された。しかし、原爆製造のめどがたった1945年にはドイツ、日本とも新型兵器を使用するまで
の攻撃目標がなくなってしまったが、グローブス少将の保身のためにも
絶対に原爆攻撃を行う必要があった。

なんてことが書いてあった。事実、時間の不足と材料の不足から原爆投下ははぶっつけ本番の実戦テストの
意味合いが強く、それは広島型と長崎型が違うことにも現れている。よって、実際の原爆の威力がよくわかって
おらず、また放射能汚染による健康被害など最初は全く考慮されていなかった。


追求

39 :世界@名無史さん:02/08/25 13:13
>38
それにしてはアメリカがマンハッタン計画に投入した
人材・資源・金はべらぼうだったと思うが。


40 :世界@名無史さん:02/08/25 13:15

 風 船 原 子 爆 弾 だ !

41 :世界@名無史さん:02/08/25 13:51
>>39
戦後の冷戦の話はさておいて、原爆開発の資金で通常兵器を開発・生産
しておれば、WWUはもっと早く終わったという話もある。特にヨーロッパ戦線
において戦略爆撃機の更なる増産と高度化は、もっと早くドイツを降伏させた
可能性が高い。

42 :世界@名無史さん:02/08/25 15:30
>>37
アメリカの「カラープラン」だが、ドイツを仮想敵国としたブラック計画は、
第一次世界大戦で実行されたと言える。
グリーン計画も、1916年におけるパーシング将軍のメキシコ侵攻という形で
実現した。ついでに言うと、レッド計画の方も第二次大戦後の英植民地解体という
形で実行されたと言える。
米国のウッドロー・ウィルソンが急先鋒となって、日英同盟を「旧時代の秘密外交
の残滓」と攻撃。
ウィルソンは、「同盟を残すなら米国は日英の海軍力に匹敵するまで建艦を続ける」
と脅している。
そして、ワシントン軍縮会議で日英同盟は廃棄された。
ちなみにウィルソンは、国際連盟規約作りの際、11対5で可決された日本提案の
人種平等案を握り潰している。

43 :世界@名無史さん:02/08/25 16:42
原爆投下とソ連参戦との
双方が相まって「天佑」となり、
おかげで日本をポツダム宣言受諾による
本土決戦回避に導いたことを
当事者の米内海軍大臣が証言しているのに、
それの引用なしに米ソ両国の決断を批判するのは嘆かわしい。
日本軍国主義者に中国人は感謝しなくてはならないと
説く台湾独立運動家、黄文雄氏の論法を借りるなら
日本人はトルーマンとスターリンとに感謝せねばなるまい。

44 :世界@名無史さん:02/08/25 16:52
>>34
そういう資料ってどこで見ることができるの?

45 :世界@名無史さん :02/08/26 00:12
age

46 :世界@名無史さん :02/08/26 00:13
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/whis/1020008983/

47 :世界@名無史さん:02/09/01 15:01
age

48 :世界@名無史さん:02/09/12 08:58
夏休みの自由研究。
思ったより早く出来たんで、投下後は被爆者の研究レポートも出しました。


49 :みなしごハッチ:02/09/12 09:23
スズメバチ駆除 ビ−バスタ−ズ
 http://ww41.tiki.ne.jp./~mikihiro9649/

50 :世界@名無史さん:02/10/02 01:17
原爆って何の略語?


51 :世界@名無史さん:02/10/02 01:59
トルーマンが馬鹿だったから。

52 :世界@名無史さん:02/10/02 10:34
Civilizationやりなさい。最新兵器の開発競争がなぜ起きるのかが上手にシミュレートされるぞ。

53 :世界@名無史さん:02/10/02 10:48
>>1
ここにいるような基地外を作るためさ

54 :世界@名無史さん:02/10/03 06:04
___________________

厨房の時 同級生の男子が、原爆写真なら女性器が見えるって
興奮していたが・・・。
どんな大人になったのだろうか。
___________________
//   //           ||
    ビシッ  彡川川川川三ミ [lllllll]
    / ̄\川|川\  /| ̄
  , ┤    |川‖U ◎--◎|
 |  \_/  ヽ    3  ヽ 
 |   __( ̄ |u∴)〆(∴)
 |    __)_ノ ヽ     ノ | ̄|
 ヽ___) ノ    ))   ヽ.|∩| //




55 :世界@名無史さん:02/10/19 14:06
>50
子供の時原始的な爆弾だと思っていた

56 ::02/10/19 14:27
もし日本の方がアメリカよりも先に原爆を完成させてそれを投下できる爆撃機も保有していたら
間違いなく使っただろうな

それがドイツでもイギリスでもソ連でも同じことだと思う

57 :世界@名無史さん:02/10/19 16:23
>>56

当然です。

58 :世界@名無史さん:02/10/27 22:49
広島、長崎の悲劇を二度と繰り返さない為に

日本は核武装するべきです


59 :世界@名無史さん:02/11/02 12:23
age

60 :世界@名無し君:02/11/02 17:07
age

61 :世界@名無史さん:02/11/02 18:03
>>55
わかります。私も似たような思い違いをしてた。

4歳の頃、祖父が死んだ。
葬式に出て出官の時に「これからどこにいくの?」と訊ねた私に
「おじいちゃんを焼きに行くんだよ」と父。
何の事だかさっぱりわからず寝てしまい。気が付くと家に。
しばらくして「ご飯よ〜」と母。で、その時のメニューが豚の生姜焼き。
急に感極まった父が泣きながら食っているので、その肉を間違いなくおじいちゃんだと
思って食べはじめた私。祖父が大好きだったので、私も泣きながら
「おじいちゃんおいしいね」と言うと父はさらに激しく泣き始めて、母が「おじいちゃん
みえるの?」と私に聞くので、目の前にある肉が祖父だと確信している私は「おじい
ちゃん目の前にあるよ」と答えると両親は二人で泣き出し、私も泣き出し、どうしようも
ないお馬鹿家族状態に。(豚の生姜焼きは祖父の大好物だったのをしるのは10何年後)
それから肉が我が家の食卓に上がると私は決まって「だれ?これだ〜れ?」と聞いた
そうだ。そのたび母は「だれじゃないでしょう・・・な〜にと聞きなさい」と小言。
本当に恥ずかしい話だが、小学4年位まで肉は全て人肉だと思っていた。なぜか
給食の肉?(南蛮鯨)はベトナム戦争の犠牲者だと思っていた。だから手を合わせて
いただきますと言うのだと思っていた。

62 :世界@名無史さん:02/11/02 20:24
>61
それはかなり違うようなw

63 :世界@名無史さん:02/11/03 00:27
>>61
微妙に良い話のような、そうじゃないような・・・
コメントに困る話だな。

64 :世界@名無史さん:02/11/16 07:54
age

65 :世界@名無史さん:02/11/16 08:21
>>61
ツボにはまったアルヨ。5フンカン、ワライコロゲタヨ (゚Д゚) 

66 :世界@名無史さん:02/11/16 08:25
>>61
ていうか、なんで人肉なのだ。あなたのお母さんは家族に人肉を食わせるような
変人に見えたのだろうか。謎が謎を呼ぶけど、おじいさんの好物が豚肉の生姜焼き
だったことと、おじいさんが見える、というあなたの言葉とがリンケージして、
いあわせた家族に神霊的な思いを起こさせたのは一つの空間を形作っていて興味深い。


67 :(-_☆):02/11/16 10:41
>>33

 君にとって残念な話だけど、米国はドイツが抵抗していた最中でも原爆を
ドイツではなく日本に使用する予定だったよ。

68 :世界@名無史さん:02/11/16 12:21
>67
ドイツに落として不発・回収されたらヤバイ、と思ったから、実戦テストは日本でやろうという話だろ。
そりゃ日本蔑視にはかわらんが、人種差別じゃなくて、技術上の理由。

69 :世界@名無史さん:02/11/16 14:42
日本の原爆開発の進捗度はどの程度だったの?

70 :世界@名無史さん:02/11/16 23:54
「人種差別じゃなくて、技術上の理由」なんてどうして言いきれるんだろ。
アングロサクソンは人種差別しない善良な人たちだとでもいうのかね。


71 :世界@名無史さん:02/12/01 09:00
age

72 :世界@名無史さん:02/12/01 10:44
>>70
そりゃ、2ちゃんねる(の日本人)みてたら、人種差別・民族差別なんて
アングロサクソンに限ったもんじゃないってわかるよ(w

73 :(-_☆):02/12/09 16:50
>>72

 諫言、耳が痛いな(苦笑)

74 :世界@名無史さん:02/12/09 16:59
人種差別・民族差別のない国や集団ってあるの?って聞きたい
人間が集団として生きていくのに必要な本能みたいなものでしょ?

75 :世界@名無史さん:02/12/09 20:42
>>74

本能かもしれませんが、それを民族差別や人種差別を全肯定する理由には
しない方がいいでしょうね。

理性を疑われますから。

仕事柄いろんな国から来た人と付き合いありますけど、能力以外で差別する
気にはなれないですねえ。

76 :世界@名無史さん:02/12/10 02:12
>>75
もちろん本能を理性でコントロールできなくなったらまともに生きていけない
宗教がらみの自爆テロなんて理性を破壊することばかり奨励している
まさに悪魔のささやきだよね

77 :世界@名無史さん:02/12/24 07:27
age

78 :世界@名無史さん:02/12/26 17:52
>>67
アメリカは当初、原爆をドイツに落として欧州戦線をとっとと終わらせるつもりだった。
予定を変更して日本に落とされたのは、単にドイツ降伏までに開発が間に合わなかった為。
「最初から日本に落とすつもりで〜」と言う話は、当時の責任者が議会の追及を逃れる為にデッチ上げた話に過ぎない。

79 :世界@名無史さん:03/01/07 07:57
age

80 :山崎渉:03/01/11 13:02
(^^)

81 :世界@名無史さん:03/01/20 07:49
age

82 :世界@名無史さん:03/01/26 11:51
>>70
劣等民族アングロサクソン(イギリス)から爵位を貰って安穏としている
ワールドメイト深見東州先生のシンパが多いからw

83 :世界@名無史さん:03/02/09 09:52
age

84 :世界@名無史さん:03/02/09 10:18
日本が白人国家だったとしても原爆は間違いなくおとされただろう。


85 :世界@名無史さん:03/02/09 12:06
>>70
アメリカは同じ白人種の国のドイツにもたいがいな事してますが何か?
冷戦時にアメリカが開発してた核の照準は同じ白人種の国のソ連に向いてましたが何か?

86 :世界@名無史さん:03/02/26 06:03
age

87 :世界@名無史さん:03/02/26 07:00
アメリカ国立公文書館の資料によれば、
米国政府は原爆完成の二年前の昭和十八年(1943年)五月には、日本に対する原爆使用
を決めていました。しかしドイツに対する使用方針を示す記録は存在しません。
http://village.infoweb.ne.jp/~fwhy1010/genbaku.htm

88 :世界@名無史さん:03/02/26 07:01
「原爆投下容認論への反駁」
(下記の順にクリック)

日本会議
http://www.nipponkaigi.org/
  ↓
主張{3} 歴史・教育・家庭問題
  ↓
原爆投下容認論への反駁 

89 :世界@名無史さん:03/02/26 07:02
>>78
本当にドイツ降伏前に開発が間に合わなかったのかどうか疑問だね。
広島にウラン型、長崎にプルトニウム型を投下したけど、ニューメキシコ州アラモード
で史上初の原爆実験をしたときはプルトニウム型だけ。
つまり、ウラン型は実験すらやらずにいきなり広島に投下している。
ところが、もともと米国内ではウラン型も実験をやらないと使えるかどうかわからないという
立場だったが、プルトニウム型開発に目処がつくと、「ウラン型は実験の必要はなし」となった。
始めから「ウラン型は実験の必要なし」だったら少なくともウラン型はドイツ降伏前に間に合う
から、不必要にも関わらず「実験の必要あり」としておき、実験をやらないことによって、
「まだ原爆は完成していない」ということにし、プルトニウム型の完成・実験をもって、
「やっと原爆開発に成功した。しかし既にドイツは降伏している。だから日本だけに落とさざる
をえなくなった」ということにしたんじゃないの?
http://www.google.co.jp/search?q=cache:cgiInEq9pq0C:www-j.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/kwn0012-1.PDF+%E5%8E%9F%E7%88%86%E3%80%80%E5%AE%9F%E9%A8%93%E3%80%80%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%B3&hl=ja&ie=UTF-8

90 :世界@名無史さん:03/02/26 07:14
>>89
ただの被害妄想。
ウラン型の実験が行われなかったのは、理論上必ず爆発するのが判っていた為。
オッペンハイマーはプルトニウム型の開発に固執しており、ウラン型の原爆に対しては否定的だった。
ウラン型が広島で使用されたのは、単にプルトニウム型原爆との比較の為に過ぎない。
現に、ウラン型の原爆は”リトルボーイ”以外には作られていない。

どうでも良いが、実験場はアラモードではなくアラモゴード。

91 :世界@名無史さん:03/02/26 07:30
>>90
高山正之が週刊新潮「変見自在」で書いてたけど、米国ではもともと
「ウラン型も実験しないと爆発すると断定できない」という立場だったんだ。
ソースは書いてなかったけど。
ところがプルトニウム型が完成すると、突如として「ウラン型が爆発すること
は疑いの余地なし」という感じになったそうだ。
その背景に何があったのかということだ。
問題は、じゃあ、ウラン型の開発に目処がついたのはいつの時点なのかということ。
もしドイツ降伏前だったのなら、なぜドイツにウラン型を落とさなかったのか?

92 :世界@名無史さん:03/02/26 07:50
>>87
また馬鹿ウヨのHPを引っ張り出してきて(w


93 :世界@名無史さん:03/02/26 07:52
>>87
>アメリカ国立公文書館の資料によれば、

しかしアメリカも偉いね。こんな資料を提供するんだから。


94 :世界@名無史さん:03/02/26 08:21
俺が当時のアメリカ大統領だったとしても、原爆投下はやったかもしれん。

部下の命、戦後処理の問題、ソ連との冷戦の始まりを踏まえた場合。


95 :世界@名無史さん:03/02/26 22:07
>>91
単なる資料の誤読だと思われ。
当時、マンハッタン計画に集まった核物理学者の統一見解が「ウラン型は必ず爆発するものを作れるが、プルトニウム型は難しい」だった。
オッペンハイマーがウラニウム型原爆を嫌い、プルトニウム型の開発に集中した理由は簡単で、ウラニウム型はプルトニウム型に比べて効率が悪いからである。
ウラニウム型は、作るのが非常に用意であるのに対し、同じ威力のプルトニウム型に比べて重量が遥かに重くなってしまう。
航空機に搭載して輸送するのが前提である以上、より小型化に優れたプルトニウム型の開発が優先されたのである。

>>87
1943年の時点では、既に44年の「オーバーロード作戦」の決行が決定していたから。

96 :世界@名無史さん:03/02/26 22:20
>>95
マンハッタン計画はウラン型とプルトニウム型の二本立てで開発が進められ
ていたんだろ。
「プルトニウム型を優先した」ってほんとかね?

97 :世界@名無史さん:03/02/26 23:05
>>96
ウラン型は、>>95に挙げた理由の他、電磁分離法による高濃縮ウランの生産量が少なかった為、初期の時点から採用が疑問視されていた(実験が行われなかった理由の一つでもある)。
これに対してプルトニウムの方は、生産ラインが軌道に乗れば、続々と生産することができ、価格もウランより安かった。
また、プルトニウム型が開発を優先された理由だが、当初は砲撃型(大砲で打ち出す訳ではない、起爆法による分類である)プルトニウム爆弾が本命視されていた。
しかし、中性子バックグラウンドの問題が判明した為、プルトニウムは砲撃型に使えないと判断された(プルトニウム240を除去すれば使えたが、スケジュール的に無理だった)。
爆縮型原爆のアイデアは、ネッダーマイヤーが1943年3月以降にロスアラモス研究所で思いついたものである。
この爆縮レンズを使った方式は不確定の要素が多かったが、プルトニウム型の構造としては申し分無く、その為に研究・実験が優先された。
トリニティ実験の目的も、プルトニウム爆弾のテストというよりは、爆縮装置による核爆発のテストに比重がかかっていたようだ。
砲撃型装置の開発は、ロスアラモス研究所の開設(1943年3月)直後から進められ、44年前半には技術的にほぼ完成していたようだ。
これは全長5メートル程の砲撃型プルトニウム爆弾「スィンマン」のものだったが、ウラン爆弾である「リトルボーイ」のはそれを短くして作られている。

98 :世界@名無史さん:03/02/26 23:11
要するにウラン型は量産はできないけど、プロトニウム型が成功するな
ら、構造がより単純なウラン型は当然成功するだろうと思われていたわ
けね。
プロトニウム型は量産できるけど、構造が複雑で、多くの天才たちがよ
ってたかって研究しなければ成功は望めなかった。ま、スパイが情報を
外国に持ち出すんだけどね。

99 :世界@名無史さん:03/02/27 01:17
>>97-98
言い訳するな。
見苦しいぞ。


100 :世界@名無史さん:03/02/27 01:18
>>99
何が?と言いつつ100

101 :世界@名無史さん:03/02/27 07:17
芝田進午・広島大学名誉教授の毎日新聞(1994年9月6日)への寄稿文の一部

 「広島・長崎への原爆攻撃の目的は何だったのか。一つには戦後世界でのアメリカの覇権
確立であり、二つには『原爆の効果』を知るための無数の人間への『人体実験』だった。
 だからこそ、占領後に米軍が行ったことは、第一に、原爆の惨状についての報道を禁止し、
『人体実験』についての情報を独占することだった。
 第二に、史上前例のない火傷、放射能障害の治療方法を必死に工夫していた広島・長崎の
医者たちに治療方法の発表と交流を禁止するとともに、死没被爆者のケロイドの皮膚や臓器
や生存被爆者の血液やカルテを没収することだった。
 第三に、日本政府をして国際赤十字からの医薬品の支援申し出を拒否させることだった。
 たしかに、『実験動物』を治療するのでは『実験』にならない。そこで米軍は全力を尽く
して被爆治療を妨害したのである。
 第4に、被爆者を『治療』せず『実験動物』のように観察するABCC(原爆障害調査
委員会と訳された米軍施設)を広島・長崎に設置することであった。加害者が被害者を観察
するというその目的自体が被爆者への人権蹂躙ではなかったか」

102 :世界@名無史さん:03/03/05 22:02
>>99
言い訳に見えるんなら病院逝って来い。

103 :世界@名無史さん:03/03/05 22:37
>>95
ん?プロトニウム型の方が大型になるよ。写真を見ると明らかに大きさが違う。
http://www.csi.ad.jp/ABOMB/index-j.html

やはり、プロトニウム型(長崎型)は量産できるって点が違うのでは?構造
はノーベル賞を何個も取れるほどの天才達が(原爆研究で取れなくなるんだ
けどね)よってたかって作った複雑な構造なんだよね。

104 :世界@名無史さん:03/03/05 22:45
>>103
ファットマンの方が大きいのは、単に威力が大きいから。
リトルボーイの12.5キロトンに比べてファットマンは18.6キロトン(共にTNT火薬換算)と1/3近く大きい。
大きさに比較して威力が近いのは、当時の濃縮技術の問題に過ぎない。

105 :世界@名無史さん:03/03/05 23:11
どうでもいいが
×プロトニウム
○プルトニウム

106 :世界@名無史さん:03/03/06 07:48
たしか80数箇所の投下候補地の中からしぼり出されたのが
広島・京都・新潟・小倉・長崎なんだよね。
これら5つもそうだが、投下候補地は西日本、日本海沿岸に集中している。
要するに、ソ連に見せるため。
だから天候の悪くなった小倉はキャンセルした。

107 :世界@名無史さん:03/03/06 11:03
>>106
変更先の長崎も天気が悪かったのだけど、燃料の関係でやむなく投下した。
だから、長崎投下の記録映画では雲に向かって投下され、
爆発後に雲が円形に吹き飛ばされてオレンジ色の玉が広がっていく。

108 :潤ぴんのお友達:03/03/11 05:25

●樋口昭彦(44)日本興業銀行行員(東京都世田谷区砧3)猫を洋弓銃で殺害


●北田哲生(33)さくら銀行行員(川口市栄町二)猫の頭部切断して玄関先に放置 


●大久保雄路(21)中卒無職(宇都宮市清住1)飼い犬をゴルフクラブで撲殺


●森山博人(37)無職(神戸市須磨区東落合1丁目)自宅のベランダから猫6匹を投げ落とし殺す


●長谷川正宏(33)那覇市立神原中学校教諭(那覇市樋川のマンション8階)猫をマンション8階から投げ捨て 


●上原宏之(38)川崎市建設局土木管理部主査(東京都大田区西六郷2丁目)猫を粘着テープ巻きにして車に放置 


●松原潤(27)九州大学工学部卒無職(広島県呉市焼山西3丁目)ネットに猫虐殺写真公開

109 :有罪被告=広島県呉市焼山西三丁目:03/03/11 05:28
福岡ネコ虐殺男(平成十四年五月六日)

松原 潤ちゃん  昭和50年生まれ 

最終学歴  九州大学工学部卒

犯行当時の住所
福岡市東区松島2−11−57
博石コーポ 408号

逮捕後引っ越す

*潤タンに心当たりがある方は ご用心下さい
命を守ってね!

110 :情報公開大丈夫! みんなで潤たんを語ろう:03/03/11 05:31
*お父様は呉市内で小学校の教頭をしております

平成八年4月までには 城南区東山6丁目付近にせいそく

*あれからもうすぐで 一周忌です!
弔うためにも 潤たんの情報を書き込もう!

111 :世界@名無史さん:03/03/11 08:15
>>106
本当かどうか怪しいね。
何しろカトリック信者の居住区に落としてるからね。
日本人カトリックは同じくカトリックのフィリピン人を懐柔する工作をして
いたそうだから、報復の意味もあったんじゃないの?お前らをキリスト教徒
とは認めんとか。
それに、東京大空襲で全滅した領域もB地区だったという噂もある。
長崎では「外国の宗教を信仰していた報い」みたいに言われたりしたらしい。
被差別民を対象にすれば、多数派の日本人の憎悪を抑制する効果がある。
戦後、米国とローマ法王庁との関係が悪化したそうだし、非難をかわすために
「天候で変更した」と偶然を装ったんじゃないの?
ハルノートとかポツダム宣言とか、米国は周到に悪事正当化の根拠を作ってから
やったからな。今でもそういうことばかりやってる悪の帝国なんだよ。

112 :世界@名無史さん:03/03/11 09:12
>>111
悪事の正当化も出来ず挙句めちゃくちゃに叩きのめされた
日本人が言っても負け惜しみにしか聞こえないw

113 :世直し一揆:03/03/11 09:43
<血液型A型の一般的な特徴>(見せかけのもっともらしさ(偽善)に騙されるな!!)
●とにかく気が小さい(神経質、臆病、二言目には「世間」(「世間」と言っても、同じA型を中心とした一部の人間の動向に過ぎないのだが・・・)、了見が狭い)
●他人に異常に干渉し、しかも好戦的でファイト満々(キモイ、自己中心、硬直的でデリカシーがない)
●妙に気位が高く、自分が馬鹿にされると怒るくせに平気で他人を馬鹿にしようとする
(ただし、相手を表面的・形式的にしか判断できず(早合点・誤解の名人)、実際にはた
いてい、内面的・実質的に負けている)
●本音は、ものすごく幼稚で倫理意識が異常に低い(人にばれさえしなければOK!)
●権力、強者(警察、暴走族…etc)に弱く、弱者には威張り散らす(強い者にはへつらい、弱い者に対してはいじめる)
●あら探しだけは名人級でウザイ(例え10の長所があってもほめることをせず、たった1つの短所を見つけてはけなす)
●基本的に悲観主義でマイナス思考に支配されているため性格がうっとうしい(根暗)
●単独では何もできない(群れでしか行動できないヘタレ)
●少数派の異質、異文化を排斥する(差別主義者、狭量)
●集団によるいじめのパイオニア&天才(陰湿&陰険)
●悪口、陰口が大好き(A型が3人寄れば他人の悪口、裏表が激しい)
●他人からどう見られているか、人の目を異常に気にする(「〜みたい」とよく言う、
世間体命)
●自分の感情をうまく表現できず、コミュニケーション能力に乏しい(同じことを何度
も言ってキモイ)
●表面上協調・意気投合しているようでも、腹は各自バラバラで融通が利かず、頑固(本当は個性・アク強い)
●人を信じられず、疑い深い(自分自身裏表が激しいため、他人に対してもそう思う)
●自ら好んでストイックな生活をしストレスを溜めておきながら、他人に猛烈に嫉妬
する(不合理な馬鹿)  
●後で自分の誤りに気づいても、強引に筋を通し素直に謝れない(切腹するしかない!)●自分に甘く他人に厳しい(自分のことは棚に上げてまず他人を責める。包容力がなく冷酷)
●男は、女々しいあるいは女の腐ったみたいな考えのやつが多い(例:「俺のほうが男
前やのに、なんでや!(あの野郎の足を引っ張ってやる!!)」)

114 :Watcher:03/03/11 13:17
調べたから見てくれ
マンハッタン計画に参加したノーベル賞学者(のちに得た者も含む)

カーレ、J
フィッチ、V.L
フランク、J
ボーア
オッペンハイマー
ローレンス
ベーテ
ファインマン
テラー
アインシュタイン
チェンバレン、O
ブッシュ、V
アルバレス、L.W
レインウォーター、L.J
ブロッホ、F
セグレ
モッテルソン
ボーア,A.N
リビー
ユーリー
ボーア,N.H.D
シーボーグ
ゲパート・メイヤー
カール・アンダーソン

こんなにいたぞ
どう思う?

115 :世界@名無史さん:03/03/11 13:39
>>114
それに比べて日本は・・・・。
原爆なんて作れたはずもないな。

116 :世界@名無史さん:03/03/11 13:45
>>114
そもそもノーベルだってダイナマイトを発明したわけだし。

世の中には善と悪の二つがあるのではなく、
ひとつの中に善と悪が並存してる、といえるかもしれない。
問題はそのどちらが強く、表に出てしまうかだ。
そのような人間が起こす戦争も然り。
本当の悪があるとするなら、
自分を善と盲信し他のすべてを断じようとする>>108-110のような行いをさすのか?

117 :世界@名無史さん:03/03/11 17:51
>>116
人類なんかどーでもいいから、原水爆の研究したーい!って研究者がアメリカ
に本当にいるよw まるで、漫画の悪役なんだけど、現実に生きている人間だ
から始末にわるい。

118 :世界@名無史さん:03/03/11 18:18
>>117
マッドサイエンティスト、実は善も悪も超越してるのか・・・


119 :世界@名無史さん:03/03/11 20:56
>>114
みんな天国へ行きました。

120 :世界@名無史さん:03/03/11 21:05
ソ連が原爆実験に成功したのは1949年だから、
たったの4年でアメリカの核兵器独占は破られた。

ナチスや旧ソ連の方が先に核兵器を実戦使用していたら、
アメリカも核兵器の功罪を猛烈に非難して、もっと核廃絶に努力しただろう。

広島・長崎を正当化したいがために、核兵器の存在そのものが正当化されてしまっている。



121 :世界@名無史さん:03/03/11 21:17
>>120
人類最高の大天才”火星人”ノイマンが半年考えに考え抜いて作った
プルトニウム起爆装置の機密もスパイのせいでソ連や中国にいとも簡
単に漏れてしまいましたとさ。

122 :世界@名無史さん:03/03/11 21:18
>>120
さらに抑止核理論によって敵国の核武装までも正当化し続け・・・

123 :世界@名無史さん:03/03/11 22:01
旧ソ連圏にまだ数千発の原水爆がある
これって今脅威ではないのか
チョト無視してるんでねえの
高をくくっていると

124 : :03/03/11 22:27
007でロシアの核ミサイル(?普通のミサイルかも)を密売してるのが衝撃的だった。
実際にあんな事が行われていると思うとゾッとする。


125 :山崎渉:03/03/13 12:59
(^^)

126 :世界@名無史さん:03/03/19 22:36
ageとくか

127 :世界@名無史さん:03/03/20 07:54
原爆投下、市民殺りくが目的
米学者、極秘文書で確認
http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/atomic_bomb.html



128 :世界@名無史さん:03/03/23 19:00
http://www.asahi.com/international/update/0323/015.html
>2発の原子爆弾で日本人は自殺的抵抗からみじめな降伏へと一変した。驚きじゃないか
個人的にはソ連参戦のほうが日本にはきつかったと思うけど・・・
原爆のほうが威力あったのかな?

129 :世界@名無史さん:03/03/23 19:03
>>128
ソ連参戦によって和平の道は完全に閉ざされたわけだし、俺も同意。

130 :世界@名無史さん:03/03/23 23:17
そりゃそうだ
原爆がなくても海上封鎖くらって風前の灯だったんだから
唯一の希望だったソ連による和平工作が消えてしまえば絶望的
まぁ最初から絶望的といえば絶望的だけど
原爆は日本に対するものと言うよりソ連に対する示威行動であり
実戦での効果を計るための実験だった

131 :世界@名無史さん:03/03/23 23:20
>>128-130
しかし玉音放送には「敵は残虐なる爆弾を」という言葉がある。
政権中枢はかなり恐れていたのでは?

132 :世界@名無史さん:03/03/23 23:29
ソ連の満洲侵攻の方がでかかったらしい。
アメさまが原爆投下を過大評価するのはいたし方がないやね。


133 :マンコキャパク:03/03/24 03:01
>115

まったく同感だ

134 :世界@名無史さん:03/03/24 06:31
>>131
みづからの間抜けさが原因とはいえないからだろ


135 :世界@名無史さん:03/03/24 12:46
>>134
昭和天皇が戦局にそんな関係したか?

136 :世界@名無史さん:03/03/24 13:01
原稿は大本営が書いたのかも。

137 :世界@名無史さん:03/03/24 16:35
441 :名無し三等兵 :02/08/19 03:51 ID:3yMSaBtl
玉砕なんてものは実際には多くの地域で軍民問わず全滅戦を行った
アメちゃんのデマゴーグだよ。

443 :名無し三等兵 :02/08/19 04:02 ID:wyGi8rju
>441
沖縄では投降してきた一般市民を
ニヤニヤ笑いながら火炎放射器で焼いたり、
女子中学生を輪姦したあと射撃の的にしたりしてたらしいね。

旧軍の軍人は「投降しても殺されるだけだから最後まで戦え」って説得したのに
投降してハチの巣にされるアホな民間人が後を絶たなかったらしい。

479 :名無し三等兵 :02/09/09 19:13 ID:???
沖縄戦での米軍による民間人に対する残虐行為については、海兵隊員E・B・スレッジ著
「泥と炎の沖縄戦」で、その一端が伺えます。
(昔、地元新聞で連載されていた。異常な環境の中でキチGUY・・・否、そんな環境に
適応できる「正常」な状態になっていく兵隊達を、素面に戻った者の心で描いた回想録)

ついでに胸のすくようなお話を。
捕虜収容所にレイプ目的で侵入したアメリカ兵は、捕虜達に捕まりリンチされて殺されて
も、米軍当局は不問に帰したようです。
実際、殺られた一人は、骨になってもほったらかしだったそうだ(ちーん)。

138 :世界@名無史さん:03/03/24 17:10
>>137
E・B・スレッジって人はまともなのか?

139 :世界@名無史さん:03/03/24 17:12
>>137
マジですか・・・!?

140 :世界@名無史さん:03/03/24 18:25
ま、アメリカ兵も誰が便衣兵で誰が一般人だか区別がつかなかったので、
とりあえず目に付く奴は皆殺しにしたんだろ。
日本が南京に入ったとき便衣兵と一般人の区別がつかなくてやったことと同じ。
文民を戦闘地域から隔離しておかなかった方が悪い。
南京の場合には中国が悪いし、沖縄の場合には日本が悪い。

少なくとも南京事件スレででた結論がこれ。
一応俺の意見は別な。


141 :世界@名無史さん:03/03/24 22:16
>>135
ちょっと語弊があったな
「みづから」は政府でも国民全体でもいい
要するにかっこよい停戦要因というわけ

142 :世界@名無史さん:03/03/24 22:20
信じねえな、>>137
出所のわからん伝聞を垂れ流してるだけだろ、このスレ見る限り
歴史やってる人間は相手にすると恥ずいぞ(w

デマゴーグの用法が間違ってるのを誰もつっこまないあたり、
スレ全体の低脳さ加減がうかがえる

143 :世界@名無史さん:03/03/24 23:12
>>138-139 >>142
ここにも一部紹介されてるぞ。

http://village.infoweb.ne.jp/~fwhy1010/genbaku.htm

太平洋の激戦地ペリリュー島および沖縄で、日本兵の死体から手を切り取って戦果の
トロフィーとする、金歯をあさる、死体の空いた口を目がけて小便をする、恐れおののく
沖縄の老女を撃ち殺し、「みじめな生活から、解放してやっただけだ」と気にも留めない
海兵隊員の様子を目撃した。(E・スレッジ、生物学者、1981年に出版の回想録)

144 :世界@名無史さん:03/03/24 23:24
>>143
どこかのサイトに紹介されているからといって真実かどうかはわからないよ。

145 :世界@名無史さん:03/03/24 23:34
>>144
俺が住んでる場所のの市立図書館にアクセスしてすべての図書館の蔵書を検索すると、
ある図書館に置いてあることがわかったから、今度確認しに行こう!
ま、内容が真実とは限らないと言われるとそれまでだが、>>143のサイトの内容を
読めば、まあ間違いないだろう。
沖縄では米軍占領後、父親がいない混血児が続々と産まれていて、小学校に入学して
きた生徒のかなりが混血だった年代もあったそうだ。
本土でもかなりやられただが、さすがに堕胎が容認されたから、早期に占領された
沖縄ほど混血児の割合は多くなかった。

146 :アマノウヅメ ◆4cna7XPsQo :03/03/25 00:21
>>137
「女子中学生」というのが、限りなく怪しい。
戦後の学制改革(23年)まで、女子中学生は存在しなかったので。
>>145
私の年代でも、クラスに1〜2人の混血児はいましたね。基地の近くは皆同じ。
父親ははっきりしてましたよ。言わないだけで。

147 :世界@名無史さん:03/03/25 00:30
>>146
アマノウヅメさんは確か九州の方でしたよね?
どっかのスレで「当時の九州大学医学部では、大陸から帰ってきた女性の堕胎手術を
非常に多くやっていた。地元では常識」というようなのを見たことがあります。
米兵ってそんな野蛮だったんでしょうか?

148 :アマノウヅメ ◆4cna7XPsQo :03/03/25 00:43
>>147
米兵は別に野蛮ではなく、野蛮だったのはロシア兵だったと聞いています。
アメリカについては、占領軍だったから不祥事は揉み消されていたでしょうが
混血児の母親は、ほぼ例外なく恋愛か金目当てでした。母親が父親以外の米兵と
結婚してアメリカに行ってしまい、子供は親戚や施設に置き去りと言うケースも
かなりあったようです。

149 :世界@名無史さん:03/03/25 00:54
>>148
やはり米兵は野蛮ではなかったのですか。私が今まで戦前派の方々の話と一緒なので少し安心しました。
しかしそれだとやはり>>137に書いてあるような米兵の行為の真偽はわかりませんね・・・。
レスどうもありがとうございました。

150 :世界@名無史さん:03/03/25 01:19
http://village.infoweb.ne.jp/~fwhy1010/genbaku.htm
これを見てからだと何も信じられなくなるよ。

151 :世界@名無史さん:03/03/25 02:04
「戦艦武蔵の最後」の著者って確か武蔵が沈んだ後、米艦艇に救助されて
米兵に命は大事にしろみたいなことを言われたと書いていた記憶があるんだけど。
(読んだのが小学校の頃なので、記憶あいまい)

で、米兵が残虐だったり残虐じゃなかったりする例をこのレベルでいくら並べても
その事例が全体の傾向をきちんと反映する例だと証明しない限り意味ないと思いますが。
体験談ってのは確かに貴重だが、他の資料とつきあわせない限り何の証拠にもならんよ。

こういうのは歴史に関する議論とはちょっと呼べないと思う


152 :世界@名無史さん:03/03/25 02:09
>>143
俺の婆さんは沖縄戦に巻き込まれて米軍に捕まって収容所見たいな所にいれらたそうだけど(当時13歳)米兵は親切な人が多かったそうだ。

153 :世界@名無史さん :03/03/25 02:13
そんなホームページを曝しちゃ駄目だよ。
聖書を信じる人達は平気で作者に危害を加えかねないから。
彼らにとっては闇から闇に葬り去れる事、
自分達の犯罪を他に転化して善人顔出来る事が、
優秀さの証明なんだから。

154 :世界@名無史さん:03/03/25 02:16
シンジゲートの親玉が何も言わなくても、
子分が親分の意を汲んで相手を陥れるもんだろ。
この善良な作者と御家族の安全のためにも、
あまりホームページという形で出さない方が良い。
彼らはそれだけのことを平気でやる人達だから。

155 :世界@名無史さん:03/03/25 02:19
>>153
その手の意味のない主張はよそ逝ってやれ
ウザイ

156 :世界@名無史さん:03/03/25 02:20
長崎の教会だって、
厳密な聖書解釈から見れば「異端」だったから、
平気で攻撃されただけだとも取れる。
厳密な聖書解釈によれば、
相手の洗脳や陥れをも御主人のために辞さない、
そういう者こそが神に祝福されたものと言う事なのかもしれない。

157 :世界@名無史さん:03/03/25 02:40
>>147
それは、露助やシナ人、鮮人にやられたんだろ。

ソ連軍が満州やドイツで行なった強姦、輪姦
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1014879858/l50

158 :世界@名無史さん:03/03/25 02:41
545 :世界@名無史さん :02/07/16 00:24
ソ連にたいする記述はその通りだと思います。しかし、アメリカ兵は終戦
直後、日本女性にたいするレイプが頻発してた時機が会ったことは事実
です。ソ連とは比較になりませんが。中にはレイプ中のGIを日本の
警察官が制止しようとしましたが、警棒以外非武装でGIに射殺された
例もあります。
中でも集団的だったのは福岡で朝鮮戦争時、出動を命じられた黒人部隊が
一般民家を集団で襲い100名以上がレイプされました。
それ故今でも福岡では「くろんぼ」拒否の人々います。
最近、沖縄のレイプ事件を調査するために来日したドイツの女性記者が
このようなおぞましいことはドイツでは聞いたことがない。
やはり人種的な優越感があるのではないかとレポートしてます。
地位協定の問題が日本とドイツでは異なりますが・・・。

552 :世界@名無史さん :02/07/16 22:46
>550
米軍が殺した日本人の数は、ソ連軍より多い。
案外、強姦も、総数では上回ってるんじゃないか?
それに、米軍のせいで親が死に、大量餓死の危機のなかで、身体を売った少女は
多かった。こんなの強姦されたに等しい。
東京のどこかの地区では、米軍が包囲して、域内の女性全員に処女検査をし、
性病でない処女だけを選んで強制連行で多数を米軍慰安婦にしたという話もあるし、
朝鮮半島から引き揚げを要請していた日本人に関して、慰安婦を提供しなければ
帰国させないと米側が迫り、泣く泣く多数の日本女性が米軍慰安婦となったという
話もある。
それから、フィリピンには日本人民間人が多数居住していたが、戦争が始まると
米軍は、それら日本人を全員強制収容所に入れ、男は全員強制労働、女は全員
米兵に強姦されたという話もある。

159 :世界@名無史さん:03/03/25 03:11
もっかい同じこと言いますよ。

米兵が残虐だったり残虐じゃなかったりする例をこのレベルでいくら並べても
その事例が全体の傾向をきちんと反映する例だと証明しない限り意味ないと思いますが。
体験談ってのは確かに貴重だが、他の資料とつきあわせない限り何の証拠にもならんよ。
こういうのは歴史に関する議論とはちょっと呼べないと思う

160 :世界@名無史さん:03/03/25 03:13
ああ、
しまった。よく見りゃただのコピペじゃねえか>>159
マジに反応しちまったよ。ハズカシイ

161 :世界@名無史さん:03/03/25 03:16
アメリカ兵の日本兵”大”虐殺

リンドバーグ著・第二次大戦日記、より(絶版・新潮社刊)

「翼よ、あれがパリの灯だ」で有名な初の大西洋横断飛行の
チャールズ・A・リンドバーグ氏が大東亜戦争(太平洋)
に従軍した時の日記(記録)です。
http://www27.tok2.com/home/hirom/creatures.html

162 :世界@名無史さん:03/03/25 03:17
性病検診は米軍用に非常に徹底しておこなわれていくようになります。例えば街頭からさえ
も女性たちがたくさん連行されて行きます。日本の女性たちは敗戦後の混乱の中で飢餓や
失業のたいへん生活の苦しい一時代に、米兵相手に売春することによって生計を立てる
女性というのは少なからずいました。いわゆる街娼です、「パンパン」とか呼び方もされました
がそう言う米兵相手の売春婦が居たことは事実です。米軍側は何をしたか米兵に女性と
遊ぶあるいは女性の性を札びらでほっぺたをたたいて買うあるいは強姦する、こういう米軍の
側の男性の性的欲望についてこれは思う様満たしなさいこれが基調です。

その上でしかし性病にかからせていけない、そこで日本女性を取り締まったわけです。街頭
をただ歩いていただけの女性、街角に立っていただけの女性さえもMPが軍用トラックで乗り
付けて、街行く女性たちを片っ端からつかんで連行していく、そういった出来事が何万件と
占領期に繰り広げられます。この根拠はただ一つもしかしたらこの女は売春婦かもしれない、
そのようにMPが疑ったかどうかこれが基準です。

ですから女子学生でも主婦でも勤め人の女性でもお構いなしに売春婦だと疑えばつれて
いく、そもそも売春婦だったとしてそれがなぜ強制連行されなければいけないのか、これ
自体非常に大きな人権侵害だと思いますが更に売春とは無縁に生活してきた少女たちや
関係のない人々も含めて彼らは、手当たり次第ひっつかまえてつれていって強制検診を
受けさせるという暴挙をやっています。検診というとどんなことか簡単には想像つかないかも
しれませんが、つまりはこのような施設が用意されていてテーブルが並べられていて20人
30人と連行されてきた女性たちが連れてこられるわけです。
    (つづく)

163 :世界@名無史さん:03/03/25 03:18
    (つづき)
無理矢理に服を脱がされ下半身を裸にするわけです。足を聞かせた状態で並べるわけです。
米軍医と称する医者が股間をのぞき込んでチェックするわけです。ただれていないか性病に
感染していないかそれを検診するというわけです。医者だけでなくてそこにはMPの一般の
軍人たちも興味深く見守っているわけです。

日本の警察官も挑しろ半分にそれを眺めている。非常にこれ自体が性暴力の場であった
わけです。ハッキリいってそう言うところに連れて行かれたが故に衝撃を受けて、どうして
いいかわからなくなってショックの挙げ句にそのときに知り合った優しいお姉さんと一緒に
街に立つようになった、そういうケースというのは決して少なくないわけです。

その場で帰されるわけではなくて性病にかかっていると発覚すれば強制入院されるわけです。
長い期間そこに閉じこめられて治療を強制されるわけです治療代は本人持ちです。その場合
もしそれが夫によって紙ばっかりしている夫がどこからか性病をもらってきて彼女に移った、
そういう主婦だとしても性病にかかっているおまえは売春婦だろう米兵に移すかもしれない
からとんでもないことだと監禁されて治療を強制されるわけです。それと同じように女子学生
であれなんであれレイプされたことがあって性病を移された人であれ、どんな理由で感染した
としてもおまえは売春婦だろうとこういう扱いで女性たちはみんな監禁されているわけです。
http://www.korea-htr.com/kokusai/1fuzimekouenn.htm

164 :世界@名無史さん:03/03/25 08:17
>>161-163
最近は嫌米厨もよく出没するのか。ウザ。

165 :世界@名無史さん:03/03/25 09:35
あ、そういう呼び名があるんだ >>164
括る概念があるって何か安心する〔笑

166 :世界@名無史さん:03/03/25 12:29
>>165
そういうレッテル貼りは単なる思考停止になりますよ。
ウザ度が嫌韓厨クラスになるまでは、そういうことはやめときましょう。

167 :世界@名無史さん:03/03/25 17:40
アメリカ軍の強姦の実態が紹介されている。

「日本の貞操」−外国兵たちに犯された女性たちの手記− 永野浩編 蒼樹社刊
http://www3.ocn.ne.jp/~ariyoshi/sawako/Deta/shiryo/maria.htm

http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1014879858/960-963

168 :世界@名無史さん:03/03/25 21:22
まぁ・・・どんなにがんばってもベルリン陥落のときよりはましだろ

169 :世界@名無史さん:03/03/26 00:40
>>168
俺も参加したかったよ・・・

170 :世界@名無史さん:03/03/26 06:36
ソ連は対ドイツ戦で消耗したから、極東戦線は囚人部隊だったとか。
実態はならずもので北方4島に上陸した様は格好もみすぼらしく、盗賊と変わらなかったと。
もちろんやることもね。

171 ::【怨】東京大空爆、広島、長崎の見方を変えよう!【米】:03/03/30 00:35
だ れ が や っ た の か?
1945年3月10日の、東京大空爆
8月6日の、広島原爆投下
8月9日の、長崎原爆投下
-----------------------------------------------------------------

これまで日本では、「誰がこれを実行したのか」を問わないで、戦争が悲惨だ、
日本軍が中国やアジアに侵略した報いだ、といった形で「戦争体験」が語られ
てきた。「平和宣言」も、主語なしだった。

日本は、敗戦国で、戦前と戦後で根本的な体制の変化、憲法の変化を経験して
いるので、世界中同じだと思ってしまいがちだが、戦勝国の米英は、実は連続性
の方が強い。第2次大戦中の米軍の軍事行動の発想と、現代のそれとは、同じ流れ
にあるということだ。つまり、相手を負かすという戦闘目的のためには、民間人
の虐殺等どうでもいい2次的な問題だ、という発想なのだ。

だから、米英の攻撃で虐殺されているいまのイラクの民間人の悲惨は、直ちに、
東京大空爆、広島・長崎の原爆で虐殺された日本の民間人の悲惨ということなのだ。
これはどちらも、米国がいかに非人道的かつ残虐な国であるかということの証明だ。

今回のイラク戦争を機会に、われわれは、見方を根本から変える必要がある。
そして、次の「怨」を日本人すべての心の中に刻み込む必要がある。

アメリカが、東京、広島、長崎で、罪のない日本市民を大量虐殺した!!!
~~~~~~~~~~~~


172 :鳥肌閣下マンセー:03/03/30 02:10
>171
なんか電信柱によく張ってある右翼団体のビラみたいだな。

173 :世界@名無史さん:03/04/04 23:14
>>167
>>76
ここにも内容が少し紹介されてるぞ。
PDFだけど。

「日本のためのとりなしニュースレター2001年5月号」
http://www.sagamiono-ch.or.jp/intercessors/2001/2001.05/2001.05.pdf

174 :173:03/04/04 23:15
訂正。

>76 の部分は削除。

175 :世界@名無史さん:03/04/05 13:41
>>172
つーか占領の際に強姦事件を起こさない軍隊なんていない。
日本の南京占領のときは、憲兵隊で把握しただけで143件だったっけ?
強姦罪は申告罪であり、被害者が訴えでなければ罪にならなかった点を考えると、
その数倍〜10倍程度の被害者がいたのではないかと考えられる。

しかし別に日本軍が特別悪かったと言うつもりは毛頭なく、
戦争においては、一定数の強姦事件の発生は避けられぬものであるということだ。
米兵の強姦事件の場合もソ連兵の強姦事件の場合も全く同じ。
殊更米兵のケースだけを強調するのは無意味。

176 :175:03/04/05 13:45
×>>172
>>173


177 :山崎渉:03/04/17 09:47
(^^)

178 :山崎渉:03/04/20 04:52
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

179 :世界@名無史さん:03/05/05 15:08
朝まで名無しさん :02/05/30 21:38 ID:04m6D8cM
米国の白人は、インディアンを効率的に殺すため、戦闘部隊を二つに分け、
第一部隊が陽動作戦でインディアンの戦闘部隊を誘い出し、女・子供・老人だけに
なったインディアンの集落を第二部隊が襲い、若い女だけを狙って殺していったそうだ。
そうすれば、子供が生まれなくなり、やがてインディアンは絶滅すると。

他の恐るべき殺戮の手口
http://www.eiken.city.yokohama.jp/infection_inf/smallpox1.htm


オーストラリアは1901年に白豪主義の国として独立し、週末ごとに
リクリエーションとしてアボリジニ狩りを行った。
当時約300万のアボリジニがいたが、現在では約30万。これは、強姦されて
白人と混血している人も含めた数字。
タスマニア島には約50万人いたが、一人残らず皆殺し。
ニューサウスウェールズ州立図書館に、1928年の日付で「今日はアボリジニを
27匹殺した」という記述がある日記が保管されている。
「諸君!」最新号(6月号)の「『文明の闘い』から『人種の闘い』へ」(高山正之)より。

180 :【^▽^】酔鯨ジョーカー土佐守:03/05/05 15:24
しかし『ダンス・ウィズ・ウルブス』には
興ざめしたなぁ。60年代前半までの
カスター賛美・騎兵隊賛美も歴史の歪曲だが、
こういう映画やインディアン=平和を愛す素晴らしい人々、
なる教育も歴史の歪曲だ。

181 :【^▽^】酔鯨ジョーカー土佐守:03/05/05 15:34
大東亜戦争での大空襲や原爆投下のことで、
今でもアメリカをとやかくいう輩の精神構造は朝鮮人と
同じだ。私の親戚だって広島で二人も被爆死している。


182 :世界@名無史さん:03/05/05 16:19
東京大空襲で有名なサイパン島アメリカ空軍第21爆撃隊司令官の
カーチス・ルメイだけど、もともとハンブルク無差別爆撃で名声を挙げたんでしょ?。
それで、それまでのハンセル司令官が生ぬるいっつーことで罷免された後に
腕を買われて就任した、と。


つまり、日本人(つーか有色人種)だから無差別爆撃をした、原爆を落とした
ってわけじゃなくて、アメリカの敵国に対してアメリカが現在の視点から見たときに
非人道的な事をした、っつーことでいいんじゃないのか?
その当時、先進各国が想定し、現実に起こった総力戦ってのは、
まさに国力全部を賭けての戦争なんだから、
敵の兵だけではなく敵の産業・敵の国民を叩き潰すのは当然なわけだし。

183 :世界@名無史さん:03/05/05 17:04
>>175 同意
ソ連は敵の女性を強姦すると褒美が出たそうですが、どうなんでしょ?

184 :世界@名無史さん:03/05/06 22:20
ソ連の場合は強姦自体がすでに生き残った兵士への褒美なような気もするが・・・


185 :世界@名無史さん:03/05/17 08:36
>>184
前に進んでも殺される
後ろに引いてもソ連兵から殺されるってな
究極に殺伐な世界に身を置いていたわけだからな


186 :世界@名無史さん:03/05/18 16:23
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1053215738/l50

736 名前:名無しより愛をこめて :03/05/18 16:06 ID:PPXbAp8q
アンチスレにこんなカキコがあったんだが。

オルフェノクを人と思うなら、「闘う」以外に「説得」してみるとかの選択肢だっ
てあったのに、結局一人で勝手にウジウジ悩むだけで何ひとつ問題の解決のために動
く事なく、最も安易な「臭いものには蓋をする」って行為を美化して「闘う事が罪な
らば・・・」って言われてもなぁ・・・

だが森下兄は次々と大学生を殺していた。誰かがその凶行に歯止めを掛けなきゃいけない。
アメリカが原爆を使ったのは歯止めの為という考えがある。日本は原爆を落とされて
眼が覚めなきゃ日本国民総玉砕するまで闘いを止めなかった。自分としては巧の行いは
正しいと想うのですよ。罪を背負うってのも巧なりの覚悟完了だったんだろう。

187 :元赤軍兵士懲罰隊所属:03/05/18 16:33
政治将校が強姦を督励していました。若い女だけでなく、
老婆から幼女まで好き嫌いを言う権利は赤軍兵士には無く、
「やらなくては」シベリア送りにされるという状況でした。


188 :世界@名無史さん:03/05/20 22:29
 米軍は広島への原爆投下地点と時間の選定について、「一般市民を大量に殺戮する。
原爆は広島の中心繁華街に落とす。時間は八時十五分。通勤通学のピークだから、
市民が戸外に出ており、被害は最大になる」と決定した。

 八月六日朝、原爆搭載のエノラ・ゲイ号が飛来して七時九分に警戒警報。しかし、
同機は広島上空をやりすごして通過。警報は七時三一分に解除された。

 市民がやれやれと安心して防空壕から出てきたところに反転して来た。防空壕から
人々を地上に誘いだしておいて、八時十五分に原爆を落とし、十万人以上が瞬時に
惨殺された。
http://www.jiyuu-shikan.org/store/book/zasshi/zasshi0205.htm

189 :山崎渉:03/05/28 15:50
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

190 :世界@名無史さん:03/06/16 21:54

          \ 貴 様 ハ カ ッ タ な ? ! /
 ____________________________
| |llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll|llll| |
| 0.   1   2    3   4. _5_,  .6    7   8   .9   10..|
|                    ( ゚Д゚)                    |
|                 U   つ                 |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      U"U

191 :ごるごるもあ ◆753Z/RLFiY :03/06/25 19:26
            、 
           ) | 
         ( ノノ 
       , --" - 、 
スチャ    / 〃.,、   ヽ 
  ∧、   l ノ ノハヽ、  i 
/⌒ヽ\ i | l'┃ ┃〈リ  我々の要求は、沖縄県に対する皇民政策の処分だ
|( ● )| i\从|l、 _ヮ/从  明日米軍基地を爆破する。
\_ノ ^i |ハ  ∀ \ 
 |_|,-''iつl/  †/ ̄ ̄ ̄ ̄/
  [__|_|/〉 .__/ 魔 法 /__
   [ニニ〉\/____/ http://darkelf.dip.jp/doubt/okinawa.html

我々はこれ以上の共産主義化をすることはできない。
よって、我々の民主主義奪還を行うために政府に対し次の通り要求する。
1.沖縄県に対する皇民政策の処分
2.思いやり予算の撤廃
3.軍事基地の撤去交渉を米国と進める。
4.復興予算案の盛り込み
5.沖縄の議席数を現在の4倍以上に増やす。

192 :世界@名無史さん:03/06/25 19:28
>>191
       、)).       ┌──┐
     , --"- 、      .│に.こ│
    / 〃.,、  ヾ     │付の│
    l ノ ノハヽ、 ヽ     │き.者│
  _i | l'− −〈リ_..   │処魔│
 / 从|l、 _ヮ/从 \.  │刑女│
/            \ └┬┬┘
| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|   ││
 ̄ ″″″″″″″ ̄ ″″″″″″

193 :山崎 渉:03/07/15 12:52

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

194 :なまえをいれてください:03/07/17 18:23
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

195 :世界@名無史さん:03/08/26 19:17
上げておこう。

196 :ごるごるもあ ◆753Z/RLFiY :03/10/08 07:17
■民主連立の7つの政権公約■
1.自衛隊は公安に統合し、軍事力を核技術へ移行します。
 海外の拉致被害者も、金正日に逮捕状を出して強制上陸します。
 (逮捕に失敗したときは、迷わず核兵器を使用します。)
2.治安重視型の国連を再建し、日米安保の一極集中的なリスクを分散します。かつ、自衛隊を統合
 した公安が国連とPKO活動に従事します。
3.国債赤字の解消のために、赤字国債を発行限度額にまで達している米国への依存型国家を脱却し、
 沖縄政府に非天皇制の共産経済特区を認定し、沖縄の国会議席数を4倍に増やします。
4.思想の自由競走を保護し、計画的な国民性を育てるために民放規制法案を成立し、
 有害なメディアの情報を法的に分類化し、放送時の情報危険度の明示を義務化します。
 A:国民の生命、および財産に直接的に関する、最低必要な事実だけを伝えるもの
 B:多彩な出来事を元に、編集されているもの
 C:様々な観点から、解説を織り込むもの
5.闇金・パチンコ等有害資本規制法案を成立し、過剰な広告や刺激から、精神的
 道徳を尊重します。
6.自国民の死刑制度を廃止し、新たな犯罪者の創出を予防する手段として、
 超法規的処置を審議する社会環境評議委員会を設置します。
7.義務教育における英語に、韓国語と中国語を加えて自由選択とし、海外で活躍する
 将来の人材の活動範囲を広げます。

旧自由党党首だった小沢一郎氏は「日米安保にいつまでもしがみついているような自民党のやり方では、いつまでたっても日本は世界に認められない。
我々は本当に、独立国家なんだということを、沖縄と一緒に考えていきたいと思う。」と述べた。
写真:http://darkelf.dip.jp/img/yuta2.jpg

197 :世界@名無史さん:03/10/15 14:21
http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/special/030806_2.html

「より重要な理由はお金です。原爆開発計画には多額のお金が使われたので、成
果を見せないと税金泥棒と非難され、開発予算も削られてしまいます。」

核問題を研究しているマキジャニ博士によれば、<戦争の早期終結>は大義名分で
あり、もっと重要な隠された目的があったという。さらに、原爆という当時の最新
兵器の破壊力や殺傷能力の実験という要素もあった。

「軍産複合体にとって、実験の成果が新兵器のセールスにつながっていきますから
ね。新車の販売と同じです。」

<途中省略>

国立公文書館に保存された「TOP SECRET」と書かれた当時の極秘文書も、原爆実
験説を示唆している。

「原爆投下の条件は、損壊しやすい家屋等が密集する場所。」 (6月6日付会議メモ)
「(原爆投下候補となった)京都・広島・小倉・新潟を爆撃してはならない」(6月30日付参謀本部命令書)

198 :世界@名無史さん:03/10/15 23:37
↑破壊力を測るために、壊すなということ?

199 :世界@名無史さん:03/10/17 17:33
結局、金か

200 :軍産複合:03/10/17 19:46
広島に使われた型 砲弾型
長崎に使われた型 爆しく形

201 :世界@名無史さん:03/10/18 02:02
・・・アメリカ人は、1世紀前に、わたしたちの”解放”に抵抗した20万人のフィリピン人
をわたしたちが趣味で殺したことを、都合よく忘れている。フィリピンのサマル島の軍
司令官だったジェイコブ・スミス将軍--閻魔のジェイク--は、自分の軍隊にサマル島
全部を「無人の荒野」にするよう命令し、10歳以上のすべての男は殺さねばならない
と言明した。「殺し、燃やしてくれ。殺せば殺すだけ、燃やせば燃やすだけ、私はうれ
しい。」彼の部下はその願いを聞き入れ、そしてすさまじい大虐殺が行なわれた。
フィリピンの本土であるルソン島を訪れたあるアメリカ連邦議会議員は、次のように
述べている。--「ルソンの北部では抵抗はない。なぜなら、抵抗する人間がそこには
いないからだ。軍隊はこの国の隅々にまで進軍し、徹底的に掃討した。何人のフィリ
ピン人が殺されたか、天の神様だけが知っている。われわれの兵士は捕虜はとらず、
なんの記録もつけなかった。ひたすら国を掃討し、いつであれどこであれ、フィリピン
人を捕まえ次第殺した」 
            (N・クリストフ シェリル・ウーダン著 『アジアの雷鳴』 p372)

202 :世界@名無史さん:03/10/18 02:11
まぁ犬も反抗的な個体はどんどん殺してなつく奴だけを残したからな。
おかけで今ではフィリピンは白人の公衆便所になったわけだが。


203 :三代目 大川襲名:03/10/18 09:39
東亜発展は日本にとりて死活存亡の問題であります。
さればこそ国運を賭してロシアと戦ったのであります。
しかるにアメリカの東洋進出は、持てるが上にも持たん
とする贅沢のさたであります。 (「米英東亜侵略史」第二日より)

204 :世界@名無史さん:03/10/18 09:47
>>202
フィリピンではなく、日本のまちがいだろう?

205 :世界@名無史さん:03/10/18 09:54
反抗するやつ を
ころすでもなかっ国日本

206 :世界@名無史さん:03/10/18 10:17
アメはイラクで死ね

207 :世界@名無史さん:03/10/18 10:22
>>205
拉致した国に、おべっかつかう国日本。

70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)