5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

戦後の「三国人暴動」での在日台湾人の姿

1 :美麗島の名無桑:02/04/01 21:18
在日でも台湾人と朝鮮人、
目立った違いはあったのでしょうか?
かなり荒れそうですが、
できればソース付きのレスをきぼんぬ。

191 :うんこ:03/11/12 17:39
なんだかよくわかんないけど、
ののたんここに置いていきますね

   ∋oノハヽo∈
    (´D` ) <アーイ、ののれす
   O^ソ⌒とヽ
   (_(_ノ、_ソ


192 :美麗島の名無桑:03/11/16 17:43
>191
カワユイ(w

193 :美麗島の名無桑:03/12/14 15:31
勉強になるな。

194 :美麗島の名無桑:03/12/14 17:03
台湾板はめんどくせえな

195 :美麗島の名無桑:03/12/15 12:37
嫌韓厨は、とある掲示板↓
ttp://www.jomon.net/taiwancha/HTML/01111521.html
>>>>投稿者:日本式ローマ字推進者。
氏のレス読んでみたら、
台湾の無条件マンセーする気には
ならなくなると思われ。
ついでに上出のHPにも紹介された
林歳徳『私の抗日天命』(社会評論社)だと、
人生経験の浅いコヴァやウヨクは
ショックを受けすぎるかもしれないから
読まない方がよいかも。  


196 :美麗島の名無桑:03/12/15 19:45

おまいら、三国志NETやろーぜ
http://hpcgi3.nifty.com/geinn/sangoku/index.cgi


197 :美麗島の名無桑:03/12/16 01:52
>>195
日本茶台湾茶の連中は幸せだよ。
台湾人は無条件に日本を崇拝してくれていると本気で思いこんでいるんだから。
そんな自分たちに異論を唱える人間は、勝手に「反日」のレッテル張りをして、
自分たちは愛国心に満ち溢れた良民だと本気で信じ込んでいる。

そして、彼らの脳内にある台湾を守るためなら、米軍基地に苦しむ沖縄県民や
日本軍、日本の官憲によって踏みにじられた台湾人を「中共の手先」と罵倒する。
これらの人々の苦痛、苦悩を見る事も出来ない奴らが、何が「愛国」だ。何が「日台友好」だ。

198 :美麗島の名無桑:03/12/16 08:41
自分で自分にレスするのって虚しくなりませんか?

199 :美麗島の名無桑:03/12/16 09:45
ジサクジエンは赤い陰謀

200 :美麗島の名無桑:03/12/18 02:39
キムチ臭い犬食い民族(韓)と人食い民族(中)と左翼が必死なスレはここですか?

201 :美麗島の名無桑:03/12/19 17:39
新橋事件と渋谷事件とについて
在日朝鮮人を罵っている大学のクラスメートがいた。
やっぱし洗脳されたコヴァだった。

せめてその手のネタは
専門書読まないにしろ
ネットサーフで確かめてからにしろよ、ヴォケ。

202 :_:03/12/20 07:22
三国人とは、中国人、朝鮮人、台湾人を昔は指していたが
今では、中国人、北朝鮮人、韓国人のことを言う。

などと言ってみる。

203 :美麗島の名無桑:03/12/20 07:32
台湾人が残らず日本人を礼賛していると言うような気持ち悪い事は考えた事も無い、
むしろ台湾人は日本を恨んで当然だと思っている。
もし国府の戒厳令が今でも続いていたならば、
そして台湾人の総べてが唯々諾々としてそれに従い、
ただ鬱屈した感情だけを日本に向けているだけならば、
そして日本が諸政策に於いて最大限に台湾を優遇し、
それが砂に水を撒くように無意味であったならば、
つまり台湾が韓国と全く同じような国家であったならば、
台湾への感情も違うものになっていたろう。
しかし台湾人は何事かを為している。
もし日本国内で非道を働いた台湾人が、
今のような素晴らしい台湾という祖国のために何がしかの貢献をしていたというのなら、
幾らかの違法行為があり日本人が犠牲になったとしても、その犠牲も無駄ではない。

204 :美麗島の名無桑:03/12/20 07:48
台湾人一世の中に戦後アメリカの命令により、
止むを得ず日本に対して非道を働いた人が居たとしても、
それを逆に日本に対する自分たちの優越性に転換した痕跡は見られない。
むしろ逆に二世以降は積極的に日本を尊重しておられる。
これを見ても台湾人一世の本当の気持ちは理解できる。
台湾はアメリカに生死を握られている状態にある。
もし戦後混乱期の事情を関係のある一世達が正直に語れば、
アメリカは自分たちが命令したことを悪事として反省するどころか、
悪事を告白された逆恨みの矛先を現在の台湾に向けかねない。
アメリカというのはそういう卑劣で嫌らしい国である。
台湾の今ある姿と置かれている困難な状況と、
日本国内の台湾出身者の方達の従来の言動を総合して考えれば、
仮に同じようにアメリカの命令を受けて、
同じような事をしていたとしても、
台湾とコリアを同一線上に置く事は全く無茶な話だといわざるをえない。

205 :  :03/12/20 09:14
>>173
>馬鹿ウヨとか嫌韓厨は
君の妄想の中にしかいませんよ。

206 :美麗島の名無桑:03/12/25 18:05
>台湾人一世の中に戦後アメリカの命令により、
 止むを得ず日本に対して非道を働いた人が居たとしても
嫌韓厨って馬鹿?

207 :美麗島の名無桑:03/12/26 00:53
>>202
三国人の三国って3ヶ国の事でつか?

208 :美麗島の名無桑:03/12/26 00:59
一国 神国日本の事である。
二国 敵国アメリカやロシヤの事である。
三国 日本に属したり、大東亜会議に参加したのに
戦後はしっかり敵国人のふりを決め込んだ者である。

209 :美麗島の名無桑:03/12/29 18:07
元極道で映画スターとなった
安藤さんが台湾出身アウトローと戦ってたみたいね。
東京は神戸や大阪と違い、
朝鮮人よりも台湾人の方が目立っていた。

210 :美麗島の名無桑:03/12/30 11:26
aあ

211 :美麗島の名無桑:03/12/30 11:30
>日本茶台湾茶の連中は幸せだよ。
>台湾人は無条件に日本を崇拝してくれていると本気で思いこんでいるんだから。
そんな自分たちに異論を唱える人間は、勝手に「反日」のレッテル張りをして、
自分たちは愛国心に満ち溢れた良民だと本気で信じ込んでいる。

台湾茶の人たちは小林よしのりの「台湾論」やその指南役を務めた台湾独立
建国連盟には批判的だったぞ。

>そして、彼らの脳内にある台湾を守るためなら、米軍基地に苦しむ沖縄県民や
日本軍、日本の官憲によって踏みにじられた台湾人を「中共の手先」と罵倒する。
これらの人々の苦痛、苦悩を見る事も出来ない奴らが、何が「愛国」だ。何が「日台友好」だ。

戦後の三国人暴動で暴れまわったのはチョーセン。おまいの母方のじいさん
もその一人だったんだろうよ。だから、父方の実家から「チョウセン人の嫁
などいらない」といわれたんだ

212 :美麗島の名無桑:03/12/30 12:33
おまいが、いくら北鮮に肩入れしようとしても向こうの政府はもとより
朝鮮総連だっておもいなんか相手にしないよ。朝鮮は帰化人には冷たいし
父系社会だから母のみが朝鮮系帰化人のおまいを決して同胞とは思って
くれないよ。

森原=日本式ローマ字論者=反帝 君よ

213 :美麗島の名無桑:03/12/30 12:35
横浜国立大学卒でも無職じゃどうしようもないな(W

214 :美麗島の名無桑:04/04/06 10:22
>>208
台湾人も三国人だった、って事かね?

215 :美麗島の名無桑:04/04/06 17:40
なんか  フーン.( ´_ゝ`)  としか思えないトピなんだけど。
俺は碌に信じてないが、どうせあったとしても小規模なものだと思うよ。
どこの国にもクズはいるから、台湾人にいてもおかしくないしな。

つーか今現在は何もやってないからどうでもいいし。
日本は半世紀前の戦時前後の些事についてあれこれ
謝罪だの賠償だのを要求するほどしみったれてません。
あの国やかの国と違って。

216 :美麗島の名無桑:04/04/07 13:46
>俺は碌に信じてないが、どうせあったとしても小規模なものだと思うよ。
朝鮮人ほど「強制連行」による虐待はされてないけど、
彼らなみに暴れていたし、特に東京では朝鮮人より目立った。
もちろん台湾人自身、大陸の連中と一緒にチャンコロ呼ばわりされていたし(もちろん独立は許さないけど)。
慰安婦のように朝鮮人同様の境遇に置かれた人々もあったけど。
台湾人独立派も日本のウヨも、互いに都合が悪い史実について、目をつぶってるのが現状。

>日本は半世紀前の戦時前後の些事についてあれこれ
 謝罪だの賠償だのを要求するほどしみったれてません。
本当は少なくとも謝罪を要求すべき事が、積もっているのだけど、
戦時中のように「傀儡政権」に謝罪させる(通州事件)ような立場には無い。
本当は日本人も調べて告発しなきゃ、、歴史の闇に埋もれちゃう前に。

217 :美麗島の名無桑:04/04/07 13:52
>>216
なんも知らないんだね。
当時、日本の検察にはアメリカ人が居たんだよ。
それにアメリカ人の目の前で、アメリカ人の許可無しに好き放題出来ると思うか?
アメリカの占領当局が、日本人を襲撃させたというのが真相だろ。

218 :美麗島の名無桑:04/04/07 14:04
今現在のイラクでは、イラク人は武器をなかなか手放さなかったそうだが、
仮に戦後の日本人のように、アメリカを信頼して完全に武装解除していれば、
アメリカ軍占領地域のイラク人も、当時の日本と全く同様の目に遭ったかもな。
つまり無抵抗の地元民に対するアメリカ公認の略奪が頻発し、
しかもアメリカが意図的に徹底して隠蔽するという事態が罷り通ったろう。
まだ今現在のようにアメリカ軍占領地域で抵抗が継続しているから、
日本のように、戦争で夫が戦死した未亡人の家まで略奪されるような事態が防がれているのかもしれない。
現にイラクのプレスは検閲されたりしてるんだろ。
ちなみにアメリカ占領中の日本では、「某民族」に関する事は検閲コードに引っ掛かったらしい。
今になって告発も出来ないだろ。今に至るまでアメリカが、その種の人達と関係を持ってるからな。

219 :美麗島の名無桑:04/04/07 14:07
本来は戦後の被害者である日本人を徹底的に加害者だと洗脳したのも、
こういったアメリカに協力しなければ自分たちの身が危うい人達だ。
なんてことはない。アメリカは約束どおり抵抗を止めた人達を、
滅茶苦茶にする対象としか見ない国なんだよ。

220 :美麗島の名無桑:04/04/16 11:41
ウヨが悲惨なスレ

221 :美麗島の名無桑:04/04/17 11:20
陳舜臣の「道半ば」という本によると、(一部で美談扱いされている)神奈川県の軍需工場
で働いていた台湾人少年工たちが戦後暴れはじめて日本政府(GHQ?)が手を焼いて
一刻も早く送還しようとしていた とあったぞ。

222 :美麗島の名無桑:04/04/17 12:13
もしオーストラリアやニュージーランドが、戦後の日本と同じような目に遭ったら、
また日本におけるのと同様に、オーストラリア人やニュージーランド人の「校舎を借用」なさるのですか?

223 :美麗島の名無桑:04/04/17 12:15
陳舜臣のような人でさえ、と言うべきか。
アジア人種が警戒されるのも、むべなるかな。

224 :美麗島の名無桑:04/04/18 11:20
陳舜臣は中国国民党に批判的な立場ではあるが228事件の際に本省人による外省
人への暴動があったことは認めている。彼自身は戦後現台北県の父祖の地に滞在
していたのだが、事件後神戸に戻る事にしたとか

225 :美麗島の名無桑:04/04/21 00:12
要は簡単な話だ。
戦前、戦時中は日本人の中のドキュソが朝鮮人や台湾人を相手に圧迫した。
特に海外脱出組には、日本人の評判を下げる不良分子の割合が高かった。
戦後の混乱期には一部の人格者を除いて(陳舜臣など)、
今度は朝鮮人や台湾人が「生活防衛」と自己正当化しつつ、
日本人相手に越権行為を行った。

226 :美麗島の名無桑:04/04/21 19:53
(100年後)
要は簡単な話だ。
戦前、戦時中は白人の中のドキュソが朝鮮人や台湾人を相手に圧迫した。
特にオセアニアには、白人の評判を下げる不良分子の割合が高かった。
戦後の混乱期には一部の人格者を除いて、
今度は朝鮮人や台湾人が「生活防衛」と自己正当化しつつ、
白人相手に越権行為を行った。

227 :美麗島の名無桑:04/04/25 14:42
今の日本では〇〇総連や××解放同盟に対抗するには建国義勇軍みたいゲリラ的
なレジスタンスしかないのかもしれないな。ヤシらの結束力に一般人は正面か
らではとても太刀打ちできない

228 :美麗島の名無桑:04/04/26 11:06
>>214
台湾人は一国人のつもりの人が大半でしたよ。

229 :美麗島の名無桑:04/04/26 11:21
「台湾人と日本精神」 蔡焜燦 2000年 日本教文社
(台湾出身の著者は岐阜陸軍航空整備学校奈良教育隊に所属していた)

昭和20年8月15日、終戦の詔勅下る。 山奥での作業中に年輩の応召兵が『敗けた!』と隊からの伝令を口にしたまま、呆然と立ちすくんでいた。
我々は何が起こったのかさっぱりつかめない。無理もない、玉音放送があることすら知らされていなかったのである。
ただ中隊長の青ざめた表情は自体の深刻さを物語っていた。しばらくして、敗戦の事実が我々台湾出身生徒 にも正式に伝達されたとき、
悔しさと無念の気持でいっぱいになり、とめどなく込み上げる涙で頬を濡らしたことはいまでも鮮明に覚えている。無性に悔しかった。
それは他の台湾出身生徒も同じ心境だった。 他方、朝鮮出身の生徒達は、その日から食糧倉庫、被服倉庫を集団で強奪するなど、
したい放題のありさまで、我々は複雑な心境でただそれを眺めていた。日本人を殴って、『戦勝国になったんだ』と威張りちらす者もいれば、
『独立だ!』と気勢を上げる輩もいる。敗戦の報は、それまで一つだった”国民”を三つの国民に分けてしまったのである。

「敗戦の詔勅」が発せられた翌日の8月16日、水平射撃用に改修を終えた対空機関砲で上陸してくる米兵を迎え撃つべく和歌山に移動するとの伝達があり、
四門あった砲の射手の一人を私が務めることになった。だが、このときは正直いって心が揺れた。『また行くのか… 』、祖国のために殉ずる気持ちで出征したのだが、
いまとなっては”生”への執着が顔を覗かせる。 この日の夜も朝鮮人生徒達が独立を叫ぶ傍らで、40名の台湾人生徒も小さな単位でひそひそと今後を話し合う
光景が見られた。『俺達はいったいどうなるのか… 』 『我々は“中国”へ帰るみたいだ』 『それなら俺達も一等国の国民じゃないか… 』がっくりと肩を落とした
日本人を気遣いながら、そんな会話が小声で交わされるのだった。

そして8月17日の夕方、連合軍の命令で我が隊の武装解除がはじまり、日本人は復員することが決定した。もちろんこれで例の”本土決戦”の計画も自動的についえた。
しかし残務整理は日本人事務官でこなせるものの、兵隊がいなくなってしまっては武器庫や飛行機などの警備ができない。そこで進駐軍がやって来るまでのおよそ
二ヶ月間、学校、練兵場、格納庫、武器庫など、あらゆる軍の施設を我々40名の台湾人生徒が守ることになったのである。『朝鮮人は信用できない。だから君たち
台湾人が守ってほしい』そう言い残して去っていった上官の言葉を、これまで経験してきたもろもろに照らし合わせて了解した。

230 :美麗島の名無桑:04/04/26 11:22
昭和20年10月、奈良教育隊に米軍が進駐してくると、我々もようやく施設警備の任を解かれることになった。
(中略)
昭和20年12月、連合軍の命令で台湾への帰還を命ぜられる。
苦しいこともあったが、離れて久しい故郷台湾の地を踏める。そんな喜びに胸を膨らませ、私は引き揚げ列車に揺られた。新聞は、近衛文麿元首相の自決を報じ、
列車の中では戦勝国民となった朝鮮の連中が威張り散らしている。ああ、日本は本当に負けたんだ……目にするそんな光景が私に日本の敗戦を教えていた。
私は終戦の日をもって"戦勝国民"になったはずだが、やはり心の底でまだ自分は日本国民だという意識があり、複雑な心境で"敗戦"を思った。少なくとも、
私は戦勝国民になったことを手放しで喜ぶことなどできなかったのだ。

心の切り替えができない私は、誰から見ても敗戦で肩を落とした日本人に見えたのだろう。また日本兵の軍服で汽車に乗り込んでいた私は、8月15日をもって
急に威張りはじめた連中の嫌がらせを受けた。 座席の中に置いた新品の飯盒を朝鮮人に盗まれ、それを奪い返そうとすると、『なんだお前、朝鮮人をバカにするな!
降りて来い!』と、たちまち数人に取り囲まれてしまった。多勢に無勢、勝ち目はない。こうなっては『すみません、私の記憶違いでした』と謝り、難を逃れるしか
術はなかった。

それから佐世保に到着するまでの30時間、連中は執拗に私を含め多くの日本人乗客をいびり続けた。 若い女性がトイレに行こうとすると通路を塞ぎ、次の駅で
窓から降りるよう指示するなど、この連中のあまりにも情けない行状を、私ははらわたが煮え繰り返る思いで眺めていた。ただ黙って見ているしかなかったのである。
(中略)
佐世保キャンプで私は面白い場面にも遭遇した。 あの引き揚げ列車の中で、私を含め敗戦で意気消沈する日本人をいびり続け、肩をいからせていた朝鮮人たちが、
「中華民国台湾青年隊」の腕章をつけた我々におべっかを使って擦り寄ってきたのである。それは中華民国が連合軍の一員であったからに他ならない。弱い者には
威張りちらし、強い者には媚びへつらう、そんな彼らの極端な習性を目の当たりにした思いがした。なんとなくいい気がしない。とはいうものの、大国の狭間で生活して
ゆかねばならなかった地政学的な環境が、そうした一個の民族性を育んだのだから、いまさらそれを責めても仕方なかろう。

231 :美麗島の名無桑:04/05/01 16:01
>>230
>佐世保キャンプで私は面白い場面にも遭遇した。 あの引き揚げ列車の中で、私を含め敗戦で意気消沈する日本人をいびり続け、肩をいからせていた朝鮮人たちが、
 「中華民国台湾青年隊」の腕章をつけた我々におべっかを使って擦り寄ってきたのである。
蔡焜燦氏は、そして周囲の台湾青年隊員たちは
この時「中華民国人」として
日本人に対し、どう振舞っていたのだろうか?

232 :美麗島の名無桑:04/05/01 21:36
229-230を鵜呑みにするわけでもなし、ただ、事実など当時を生きた人の残した言葉などから推し量るしかないのである。
混乱に乗じて朝鮮人のフリをする日本人もいた「かも」知れないし、中華民国人として威張り散らした台湾人も居た「かも」知れない。

過去に遡るほどその曖昧さは加速度を増す。
ならば、自分達にとって都合のいい過去を掘り返すのはあまりにも格好がつかない行為ではないか。

日本は隣国に歴史認識を押し付ける国が多い。それに対し抵抗するのは当然だし構わない。
だが、我々から隣国に対して過去を持ちだし貶める行為はやめないか。
まして、台湾は日本の過去を責めていないのだから。

233 :美麗島の名無桑:04/05/01 21:39
×日本は隣国に
○日本の隣国は

234 :美麗島の名無桑:04/05/03 14:46
>>232
>だが、我々から隣国に対して過去を持ちだし貶める行為はやめないか。
馬鹿ウヨが、よくやってる事については然り。
ただし日本のそれや、台湾のそれ(日本や諸外国に対する)を棚に上げたダブルスタンダードでね。
まともなウヨは事実関係を明らかにするまで。
相手を貶めるのではなく、お互いの貸し借りについて、はっきりさせるまで。

>まして、台湾は日本の過去を責めていないのだから。
って責めたりもしている。
吉見義明『従軍慰安婦』において暴露された、台湾人慰安婦の調査記録では、
未成年者過半数、騙された者半数。
汚れ無き処女が大半であった彼女たちの多くに、過酷な後半生は訪れた。
日本人慰安婦募集との差別待遇が生んだ数々の悲劇である。

台湾人慰安婦訴訟 原告側の賠償請求認めず
東京高裁、控訴棄却
http://www.mainichi.co.jp/women/news/200402/10-06.html
>旧日本軍の慰安婦をさせられたとして、台湾人女性7人が日本政府に1人1000万円の国家賠償と公式謝罪を求めた訴訟で、
 東京高裁は9日、請求を退けた1審・東京地裁判決(02年10月)を支持し、
 原告側の控訴を棄却した。石川善則裁判長は「旧憲法の下での日本軍の行為に対しては、国に賠償責任はない」と指摘した。
 判決後、会見した原告の女性らは、「日本政府に一生を台無しにされたのに被害の認定もしてくれず、私たちをばかにしている」と
 涙ながらに批判。「一生かけてもあきらめない」と話し、上告する方針を明らかにした。
 【木戸哲】
(毎日新聞2004年2月10日朝刊から)

以下関連サイト、関連記事
→台湾の元「慰安婦」裁判を支援する会
 http://www.jca.apc.org/taiwan-ianfu-support/index.html

 【台湾】元慰安婦、日本に謝罪を求め抗議デモ 
 http://fpj.peopledaily.com.cn/2002/04/30/jp20020430_16784.html


235 :美麗島の名無桑:04/05/03 15:24
JOG(106) 「従軍慰安婦」問題(上)
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_2/jog106.html
JOG(107) 「従軍慰安婦」問題(下)
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_2/jog107.html
「台湾人と日本精神」より P.124
…そんな引き揚げ者の中には、海南島から日本兵と共に引き揚げてきた二十名ほどの台湾人
慰安婦の姿もあった。彼女達は我々と同じキャンプに収容されて台湾への帰国を待ってい
た。
 彼女らは口々に、「海南島は儲かるし、それよりも兵隊さんが喜んでくれたんです」と
語っていた。そうした生の声には、現代の日本で騒がれるような強制連行の"悲劇"などは
存在しなかったことを、私のこの耳がしっかりと聞いている。

236 :美麗島の名無桑:04/05/05 09:56
>>234
事実をはっきりさせ記録として残す事は大切。あなたの姿勢は理性的な研究者だと思う。
ただし2ちゃんねるではウイルスとワクチンのいたちごっこになる事は否めない。

こういったスレでは事実はデータとしてではなく、材料(燃料)として利用される。馬鹿につける薬はないのだろう。

237 :美麗島の名無桑:04/05/14 23:56
日本茶台湾茶の連中は幸せだよ。
台湾人は無条件に日本を崇拝してくれていると本気で思いこんでいるんだから。
そんな自分たちに異論を唱える人間は、勝手に「反日」のレッテル張りをして、
自分たちは愛国心に満ち溢れた良民だと本気で信じ込んでいる。

そして、彼らの脳内にある台湾を守るためなら、米軍基地に苦しむ沖縄県民や
日本軍、日本の官憲によって踏みにじられた台湾人を「中共の手先」と罵倒する。
これらの人々の苦痛、苦悩を見る事も出来ない奴らが、何が「愛国」だ。何が「日台友好」だ。

238 :美麗島の名無桑:04/05/19 09:03
台湾人って昔日本人が整形丸出しのおばさんとか買いに行き過ぎ
それにたいする反日もあるのでは?エロ爺が良く買いにいったり、接待
ツアーにしたりとか・・・

239 :229ではないが:04/05/19 20:51
>日本人に対し、どう振舞っていたのだろうか?
同じく「台湾人と日本精神」より
… もっとも、台湾人のなかにも、終戦を契機に感心できない振る舞いをする者がいたこと
も悲しいかなまた事実である。
 小隊長などは、「我々は五十年間しぼりとられたんだ。ここで帰国を待つ間に取り返せ
!」と命令し、これまで腹一杯食べられなかった飯をどんどん捨てろと部下を煽っていた。
私にはそんなもったいないことはとてもできなかったが、大勢のなかには小隊長のいう通
り、ほんとうに食べ残している者もいた。

240 :229ではないが:04/05/19 20:52
 佐世保の復員事務局では、「第○小隊第○班、五十名!」といえば、その通り五十名分
の食事が用意されたので、別のいい方をすれば、”戦勝国民”は食べ放題だったというこ
とになる。
 そこで、我々はこうしたシステムの盲点を利用して、余分に配給を受けたご飯でおむす
びをつくり、これに味噌をつけて焼き、”味噌焼きおむすび”を工夫した。そして、この
特製おむすびを佐世保など日本各地のお腹をすかした子供達に分け与え、また最も遠いと
ころでは、懐かしの京都まで出かけていって子供達に食べさせてやった。我々が、おむす
びを京都まで運んだ理由は、京都は戦災を受けていなかったため、戦災孤児達が京都駅に
集まっていたからである。
 いくらでも貰えるのだから、せめて子供達だけでも助けてやりたいという我々の思いは、
海軍に在籍していた他の台湾人復員兵も同じだったようだ。
 京都駅で我々がおむすびを配っていると、海軍の防寒用チョッキを子供達に一枚ずつ分
け与えている連中がいた。当時の我々台湾人の合言葉「いもっこ」(台湾島がイモの形に
似ていることから、台湾人のことを自ら愛嬌を込めて「いもっこ」と呼んだ)と声を掛け
てみると、「おお、いもだ」と返してきた。
 私は嬉しかった。
 他がどうであれ、かつての祖国・日本をいたわる多くの台湾人に出会えたことに、私は
胸が熱くなった。

75 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)