5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

社会学の入門

1 :名無し:2001/05/26(土) 17:42
社会学の入門書でいいものありますか?また、独学で勉強するにはどうしたらいいの?ちなみに私の専攻は心理学科ですが社会学にも興味があります。

2 :非公開@個人情報保護のため:2001/05/26(土) 17:48
不平等社会日本 ■▲▼
1 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/04(火) 10:40

中公新書なんですが、けっこう売れてるようです。
分析は鋭く社会学の面白さを教えてくれる。
しかし、その結論は非常に悲しいものです。

日本流の学歴社会はかなり平等度が高いと信じていたのですが、
実態はそうでもなかったとは....
今後、教育などで自由化が進むことでこの不平等度はさらに進む
ことが予想されます。自分の能力以外のところで多くのことが決
まる社会というのはとても不幸な社会なのではないでしょうか。

>>1この本読め

3 :名無し:2001/05/26(土) 17:51
さんくす

4 :追加文献:2001/05/26(土) 19:23
入門書なら
『社会学のおしえ』(馬場靖雄著 ナカニシヤ出版)。
おもろいよ。システム論の入門的解説もあるし、馬場さんの解説
なので、安心(信用)して読めるし。

5 :宗尊:2001/05/28(月) 02:45
何でもええ,面白そうな基本書3冊読んでみなはれ。
まずはそこからや。

6 :名無し:2001/05/28(月) 17:16
橋爪大三郎の社会学講義1はどうよ?

7 :名無し:2001/05/28(月) 18:53
さんくす。まあ、とりあえず入門書は自分が面白いと思うものを読めばいいということですね。ほかに心理学に役に立ちそうな本でどんなほんがありますか?僕の専攻は臨床心理なので、社会心理学のことは詳しくないのですが、社会学は必ず後で役に立つと思います。

8 :名無し:2001/05/28(月) 18:56
人間と社会・環境との関わりを知ることは基礎系の心理学に大いに役に立つと思われ。

9 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

10 :名無しさん:2001/06/26(火) 16:14
プロ倫と自殺論を読め。変な参考書には手を出すな。

11 :>10:2001/07/19(木) 02:11
ええんちゃうか。

12 :関連書籍:2001/07/19(木) 02:14
>>11
ついでにエーストライヒとハッキング読め、ってのは?

13 :経験者は語る:2001/07/19(木) 11:56
宮島喬編『現代社会学』
『社会学の基礎知識』いずれも有斐閣
『バイブル社会学』早稲田セミナー

14 : :2001/07/30(月) 20:16
ageてみる

15 :初心者:01/09/17 11:52
ちょっとあげてみる

16 :ギボンズ:01/10/01 08:48
ギデンズ「社会学」はどうですか?

17 :宗尊:01/10/08 20:51
ええんとちゃう。
読みやすいし,適度に今風やし。

ほんでもちょくちょく改訂版出してるやろ。
古い版こうたもんにしたら,ごっつう腹立つでえ。

負け惜しみやないけど,古い版のほうが,ええこと書いてあったで。

18 :名無しさん:01/10/10 02:37
社会学への導入という意味ではアドルノ「社会学講義」がお薦め。
高いけど、向学心がわいてくること間違いなし。

19 :ショガク:01/10/10 12:03
ギデンズとかアドルノとか、名前聞いただけでびびっちゃうんですが。
私みたいな予備知識ない厨房初心者でも理解できるでしょうか?

20 :考える名無しさん:01/10/10 16:39
ギデンズは、かなり長かったけど、面白かったし、それほど難しくなかったよ。

「パラドックスの社会学」とかは?
入門書って取っときやすくてナンボな面があると思うんだけど、
でも学的な厳密性は薄いっすかね?

21 :名無し :01/10/18 20:28
ようやく上のほうで出てた馬場靖雄さんの「社会学のおしえ」を手に入れました。
さっそく読み進めてます。
分かりやすく書いてくれてるんで、結構サクサク読めますね。
ってもまだ途中ですけど。

22 ::01/10/18 23:07
社会学入門書としては
『命題コレクション 社会学』筑摩書房がおすすめです。

ところでしつも〜ん!
「法に反した行為は悪い。なぜならそれは法益の侵害だからである」
ということを明確に書いている法学or法社会学or法哲学の
入門書(じゃなくても、手に入りやすいもの)はありませんか?

23 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

24 :24:01/10/19 22:26
http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Ehole/

25 :名無しさん:01/10/24 22:27
教育学全般の通覧できるシリーズは?

26 :名無しさん:01/10/28 21:40
「教育学年報」

27 :1じゃないけど:02/01/07 02:28
なんか、日本社会論に関連したやつで

これだけは読んどけって本ありますかね。

僕も社会学に興味があります。

28 :名無し :02/01/25 17:47
age

29 :思うに:02/01/26 02:13
高島善哉著『社会科学入門』岩波新書
高島はマルクスとヴェーバーの研究者で
その融合を試みてました。

30 :思うに:02/01/26 02:14
↑は社会学の入門書という意味ね。

31 :名無し:02/01/27 12:10
今大学で現代社会って言う講義を取っていてなかなか面白いなと思うようになってきたのですが
その講義では哲学、歴史、心理学、社会学等をごっちゃにして勉強してるようです。
何か1冊本を読んでみようと思うのですが、自分がいったいどの分野を面白い
と思っているのかが解らないのでちょっと困っています。
興味深かったのがウェーバー、リースマン、キルケゴールです。
ウェーバーは社会学者、リースマンは文学者、キルケゴールは哲学者
らしいのですが・・・・

32 : :02/01/27 13:02
どうしろと?

33 :思うに:02/01/27 13:08
入門書選びの基準として、つぎの2点をあげてみるけど
いかが?前述、高島の『社会科学入門』は基準は満たしてる
けど、いかんせん古い。

入門書選びの基準
@社会構造を説明している。
 政治、行政、経済、法律、文化、etc…といった
 社会構造の諸要素とその関連について簡潔に
 説明している。
A社会変動も説明している。
 そのような社会構造がどのように変動・発展して
 来たのか簡単に説明している。

>31
とりあえずウェーバー、リースマン、キルケゴールを
かたっぱしから読んでみれば?
分からないなりに自分の中で蓄積ができて相互の関連性
や社会の全体像がイメージでとらえられるようになるよ。
という俺はリースマンやキルケゴールを読んだことない。


34 :思うに:02/01/27 13:11
いわゆる「古典」というものは上記の基準を満たしている
ものが多い(とミルズが書いてた)。
だから古典と格闘してみるのもいいかも。

35 :遠山左衛門大尉:02/01/27 19:08
チョット厚めの入門書読んでみな。

36 :けるん:02/01/27 19:52
>27
日本社会論はとりあえず、「菊と刀」、「甘えの構造」、「タテ社会の人間関係」、
「タテ社会の力学」とかは基本だと思われ。
最近だと宮台真司、橋爪大三郎、佐藤俊樹とかいろいろ出してるから、そのへん
が良いかなぁ。

>31
リースマンって「孤独な群集」の人なら、社会学者になるけど、ちがうのかな?
リースマンの「孤独な群集」は概念(伝統指向型とか)ごとの結びつきを整理しながら
読むといいかも。
オススメはウェーバーの「プロ倫」だね。

>1
入門書はセルズニック・ブルームの「社会学」でも良いかも。ちょっと古いけど、
わかりやすいし。あと、P.L.バーガーの「社会学への招待」も良いかな。

37 :名無し:02/01/28 12:56
色々ありがとうございました。
講師の人にも聞いてみたのですが、海外の古い名著と言われているもの
よりも比較的新しい日本の著者の本のほうがしっくり来るのでは・・・
との事でした。
とりあえず宮台真治を読んでみようと思います。

38 :,棚山 研:02/01/28 15:29
>>37

おいおい・・・・それは最悪の選択だ。

39 :にょ:02/01/28 19:31
>>38
なぜ?宮台はとっぴにみえてかなり社会学の正統的な分析をしてるぞ。
むしろ保守的といったほうがよい。入門にはよいと思われ。

40 :sage:02/01/29 02:14
>>39
分析が正統であれどうであれ、
「入門によい」とはとても思えない…。

41 :結局:02/03/26 04:19
どれが、予備知識なしの状態の入門書としていいんだろうか?

42 :通るすがり:02/03/26 04:24
「ルーマン 社会システム理論」は?
もはや定番と思うけども、僕は社会学はあんま詳しくないんですが
なんか批判とかでてるんですか?

43 :反論じゃないよ:02/03/26 04:31
>>41
予備知識いるものでも、読解の為に色々と知見を増やそうとするから結果的に
良き入門書の役割を果たすこともあるかもよ。その後の勉強に発展性を持た
せたいなら、そういうものもいいかもね。

44 :門前の小僧:02/03/26 04:44
>>10
>プロ倫と自殺論を読め。

のフルネームきぼんぬ。

45 ::02/03/26 13:44
マックス・ウェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」。
エミール・デュルケムの「自殺論」。
原題を知りたいのか?

46 : :02/03/26 14:22
基礎が築き終わるまで、宮台は読んではいけないの?
関連のレスを読んでいると、なんか洗脳されそうで恐いのだが・・

47 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

48 :天満:02/03/26 14:36
47はブラクラ(笑

つか、金払う前にソキウスでも読んだら?
http://www.socius.jp/

49 :♪〜緊急警報〜♪:02/03/26 15:41
>>46

基礎の有無以前に、宮台はかなり鬼畜な思想を撒き散らしてるから、
そこら辺の毒電波にやられたくなければ、やめときな。
君がどこか生きにくさを感じる若者なら、多分鬱病になる。
君がそれで自殺しようとどうしようと、宮台は笑って君から印税を取り上げるダケ。

宮台で社会学を知ろうなど、危険&無駄にも程がある。

社会学は、AERA MOOK『社会学がわかる』が一応勧められる事があるが、
AERA独特の淀んだ気だるい空気のせいで、私は途中で投げ捨てた。

むしろ私が社会学の本を欲しがっているくらい。
私としては社会学の基本を押さえた後でシュッツなどの「意味の社会学」の
方に行きたい。構造機能主義だの社会システム論だのは、受け付けられない。
ゲロが出る。





50 :名無しさん:02/03/26 17:51
 ミヤダイの本なんか読むのは、次の2つのタイプです。
 まず自分がどう生きればいいのか分からない若者です。
つまり社会のヘリにしがみついている若者がミヤダイにすがりつくわけです。
 次に「今どき珍しい、本を読む若者」(いわゆるM2より)です。
つまり生活能力のない頭でっかちのワカモノが、
大塚 英志 の集めるフィギュアみたいにミヤダイを玩んでいるのです。
「シンジたん、ハァハァ (;´Д`)」と(笑)。
 ミヤダイが昔むしゃぶりつき、今では手のひらを返したように
「軽蔑するだけ」と言い放つ女子高生本人は、ミヤダイの軽薄に何ら目くじらを
立てませんね。ミヤダイなど読んでいないのですから。
 問題なのは前者の若者たちで、彼らは実によく思想の火遊びで
ヤケドしてくれます。彼らにはミヤダイのロビー活動に応じるキャリア官僚
のようなしたたかさがないのです。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/sociology/973766400/90

51 :44:02/03/26 22:34
>>45
ありがとうございます。
原題ではないです。

52 :意味の社会学って?:02/03/26 23:21
意味の社会学って何ですか?面白印ですか?何か読み応えある
文献を教えてください。

53 :53:02/03/27 11:47
とりあえず、公務員試験用の社会学参考書でも買えば?
って、概論だから、何度も読み返しては感銘を受けるような
学者の血に塗れた本じゃないけど。そういう本で初心者向けの本は
あるの?


54 :名無しさん:02/03/27 13:55
宮台の本を読むのは自分を知るため。
社会学を学ぶために宮台の本を読む人は少ないと思う。

55 :46 :02/03/27 15:50
>>49
>>50

ありがとうございます。
しかし、著書を読まずしてレスを鵜呑みにするのは
それこそ生活能力の欠如だと思うので
一応読んでみます。
ワクワクするな・・・
(印税が宮台の懐に入らないように、
図書館で借りて・・・w)

56 :名無し:02/03/27 16:07
伊藤公雄・橋本満編「はじめて出会う社会学」有斐閣アルマ 
正村俊之・友枝敏雄他「社会学のエッセンス」有斐閣アルマ
那須寿編「クロニカル社会学」有斐閣

「入門」的な本というと、こんなところか。
勿論自殺論・プロ倫が必須なのは言うまでもない。
宮台は一回講演聞くだけにしといたほうが・・・

57 :↓確かに! 49(≠50):02/03/28 00:52
>(印税が宮台の懐に入らないように、
>図書館で借りて・・・w)

宮台をどうしても読むんなら『宮台真司をぶっ飛ばせ』(だっけ?)
も読んでみにな。
宮台に関しては、☆☆☆宮台真司総合統一スレッド☆☆☆
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1003016645/l50

の867に何冊か書いてある。私は本当にこれだけでいいのか分からんが。
あえて867に加えるなら、
・『サイファ 覚醒せよ』←訳が分からん。宮台の中では異色。
・『これが答えだ!』←一番読みやすい。
・『われらの時代に』←対談者の宮崎哲弥により、毒電波は微量に抑制。


58 :49:02/03/28 00:53
宮台の本をいろいろ読んでて俺は妥当な箇所も結構あるだろうが、
俺はやはり付いていけなかった。俺のような凡人とは生活も考え方も
何もかも全然別だから。変に浅く読むと、とんでもない誤読(?)を
するハメになる。

宮台はあらゆる事を知りすぎていて、人間を部品のように扱いすぎている
し、理論で割り切りすぎている。また宮台の人間性が悪い意味で全く
理解できない。

自分という人間の、下手をすると事故劇化に通じかねない特異性・
代替不可能性をけちょんけちょんにされるようで、読んでいてキレた。

54に倣えば宮台を読んで「ぶッ殺す!」か「宮台センセマンセー」か
「分からんでもないが付いてけん。」かで自分がどういう心性の主か分かる
という事か?

59 :ちょっとこの場をお借りして…:02/03/29 23:46
ここは宮台ネタを話す場じゃないだろう。あんなオッサンにここまで占領
 されてたまるか!
 ↓
●もっと社会学初心者や社会学入門前の人の情報交換の場として利用すれば?
 とりあえず手っ取り早く社会学入門の本が欲しければ
 『社会学・入門』(宝島社)でも借りて読めばいいかと思われ。

社会学者の奇人・山岸健がおっしゃていた事。
−Personal Data−
やまぎし たけし・大妻女子大学教授。一般教養科目「旅と人生」など担当。
「意味の社会学」と「社会学史」が専門。
『日常生活の社会学』・『社会学史の展開』(共著)等、著書多数。
ジンメルとシュッツとルソーと永井 荷風に傾倒する。大正教養主義の最後の生き残り。

■社会学は、専門書の中だけではない。
 社会学は、物語の中にも、絵画・写真の中にも、街の中にも、村の中にも
 あるのだ。ここに人間生活の様々な諸様相を実感できる。
■「社会学は、意味とトポス(居場所)と関係を求める人間達の生活を
  研究する、独自の方法である。」
 「社会学は、人間と社会を理解する様々なパースペクティブである。」
 「社会学は、定まらぬ思索の道である。」
■社会学をする上で必ず読まねばならない本・古典がある。
 社会学の本だけではなく、文学にも思想・哲学にも行く事。
 ⇒具体的に、どんなのがある?
  『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』M・ウェーバー
   ←最低二度読む事。
  『ゲマインシャフトとゲゼルシャフト』テンニエス
  『大衆の反逆』オルテガ・イ・ガセー
  『社会学の根本問題』ジンメル
  『精神のコスモロジー』(誰が書いたっけ?)
  『人間不平等起原論』ルソー(表記は岩波文庫に倣う。)
  『視覚的人間』バラジュ
  『風土』和辻哲郎
  『人生論ノート』三木清
   ゲーテ『イタリア紀行』『若きヴェルテルの悩み』『ファウスト』
   トーマス・マン『魔の山』
   シェークスピア『ロミオとジュリエット』『お気に召すまま』
   サルトル『嘔吐』・カミュ『異邦人』など不条理の文学、等。
■学生とは本を読む者の事。本も読まずに大学を出たと言うな。



60 :ちょっとこの場をお借りして…:02/03/29 23:47
ありゃ、省略されちゃった…。

なお、私なりのお勧め。
内容があって難しい本をじっくりと読みたい人にお薦め。
社会学に限定しない。人間とか社会とかじっくりと考える機会にどうぞ。
社会学の定義くらいなら、社会学事典の該当箇所をコピーして
読めば概念は分かる。が、学問はその程度で済むものではない。

サスペンスやソープオペラくらいのお涙頂戴で何でも済ます惰性は、
無視できない感情だが、厳格で深い思索は、こうした感情を超えている。
思想や学問の本の持つ唯一の実利は、思考力と洞察力を鍛える教科書になる
事である。ベストセラーや流行の言論人もいいが、それだけでは
頭を乗っ取られる事になる。

思想や学問の世界の著書については岩波文庫解説目録なり、中公新書の
思想等解説シリーズなりが簡単ながら手引きになる。

なお、こうした本が理解できないのは、読解力不足か知識不足か著者の暴走かの
何れか。後ろの2つの場合は仕方ないので、部分部分で気になった箇所を枠で囲って
後で読み返す位がよい。

61 :ちょっとこの場をお借りして… :02/03/29 23:48
□『社会学的想像力』(ミルズ)←難解。
□『変革期における人間と社会』(マンハイム)←難解。
■『自由からの逃亡』『人間における自由』(フロム)
■『社会的人間論』(清水幾多郎)
■『社会学の根本概念』『職業としての学問』
 『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(M・ウェーバー)
■『社会学の根本問題』(ジンメル)
■『バーガー社会学』『社会学への招待』(バーガー)
■『日本残酷物語』(宮本 常一など)
■『ハマータウンの野郎ども』(誰が書いたっけ?・ちくま学芸文庫)
■『自殺論』『社会学的方法の規準』(デュルケルム)
■『経済哲学草稿』『資本論(第一巻)』(K・マルクス)
■『影響力の武器−なぜ人は動かされるのか』(チャルディーニ)
■『現象学入門』(竹田 青嗣)
■『郵便的不安たち』(東 浩紀)
■『人間的世界の諸様相−人間/人間関係/生活/文化/東京/風景/
  絵画/旅/社会学』(山岸 健)
■『命題コレクション社会学』(作田 啓一など編)

62 :ちょっとこの場をお借りして…:02/03/29 23:49
◆自由と人間についてはリバタリアニズム(自由至上主義)が極論として
 面白いか。また自由についてフロム以外に徹底的に懐疑しつづけた
 西尾 幹ニの、例えば『自由の悲劇』は、お薦め。
◆社会学事典も用意して時々適当に読むとよいかと思われ。
◆(社会科学全般に通じる)社会調査については、省略した、というより
 初歩の初心者向けの本がなかなかない。
◆文学(物語)については別の板(漫画とか書籍とか)でやって頂戴。
◆狂気やカネの地獄や残酷や不条理の世界を扱った著書に、何かないかな?
◆何かお薦めの社会心理学の本はないかな?
◆新書の解説本が、浅羽 通明らの編集で洋泉社から出てる。
 『この新書がすごい!』。『学問の鉄人』を出した宝島社からも何か
 出てないかな?
◆山岸教授の話を学者にならないわたしなりに解釈すると、
 社会学については入門書を1〜2冊押さえて、後はいろいろ本を読んだり
 体験したりして、自分なりの社会学(というよりも実践としての教養だ)
 を構築していくべき、となろう。
◆一方で、公務員試験科目では社会学は<行政系科目>に分けられ、政策にも
 応用される厳密な科学という側面も持つ。そっちの方はどうやって勉強
 すればいいんだろう?
◆その他、広く浅く知識を付けたければ『知恵蔵』でも『現代用語の基礎知識』
 でもそこら辺のを一冊買えばいい。
◆それじゃ、お邪魔しました。バイバイ。

63 :あのねえ。:02/03/30 15:09
2ちゃんねるスレッドの特徴として、誰かが内容と意義のある文章を
ブワーーって書き連ねまくったら、誰も後から書こうとはしなくなるの。
こいつのニオイつけられたって。

逆に、潰したいスレッドがあれば、そうやっちゃえばOKってこと!

64 :うーん:02/03/30 16:05
社会学専攻でない人に「この古典読めよ、必須だ」と言うのもちょっとねぇ。
36さんや56さんが挙げてるのが一般的で良さそう。「甘えの構造」なんかは臨床心理にかなり通じているし。ただし、必ずしも読むと決めた本を通読する必要は無いと思う。
っていうかこのスレいつのスレ?古!1さんはもう結構読んでしまったかも。

65 :AGE:02/03/31 02:44
>>63
それは少し違うだろう。
59〜62は結構な長文だが、内容は安直な受け売りと思いつきの羅列だ。
「あれもこれも」で、的を絞って書かれておらず、全体として何を伝えたいのかが不明瞭になっている。
だいたい、「あんなオッサン(宮台)にここまで占領されてたまるか」という巻頭言は、
「ちょっとこの場をお借りして・・・」という投稿者名と矛盾している。
スレタイトル(&流れ)に即応した内容を書くのか書かないのか、どちらかにしてほしい。

あの投稿には、知的な凝縮力と状況判断力が欠如しており、
書いた本人に悪気はないものの、「荒らし」に近似する混乱した印象を受ける。
これがもう一歩進むと、2ちゃんねるでは「電波」と呼ばれることになるだろう。
知識を消化しきれずに「頭を乗っ取られ」かけているのはお前ちゃうんか、という感じである。

最後に「お邪魔しました」と書いているように、本人にもこの欠点の自覚はあるのだろう。
志は大いに買うので、再度投稿願いたいものだ。

66 :社会学士フリーター:02/03/31 08:12
 まず、社会学入門以前の段階であれば、
森下伸也『社会学がわかる辞典』をお勧め。
これを読んで、面白いと思ったなら、
森下・君塚・宮本『パラドックスの社会学』をどうぞ。
もっと、もっと!と思えたら、
谷岡一郎「社会調査のウソ」と佐藤俊樹「不平等社会日本」
馬場靖男「社会学のおしえ」、薬師院なにがし「禁断の思考」。
これらを夢中で読めるなら、さらに専門性を求めるなら
井上・作田「命題コレクション社会学」
宝島社の「社会学・入門」なんかをお勧めしよう。

67 :院氏までに100冊:02/03/31 09:23
「はじめて出会う社会学―社会学はカルチャースタディ―」
っつーの読んでる。わかりやすい。


68 :フェ理屈大嫌い:02/03/31 14:59
>>66

 なかなか良い本の選択と思われ。
ただ、社会学入門以前にひとつ付け加えるならば、
苅谷剛彦の知的複眼思考法だべ。
多面的な視点を養ってなきゃ、どうしょうもないかんね。

69 :名無し:02/03/31 17:24
公務員試験のために社会学を勉強するなら、今後は既出の定番教科書を読む以上に、
厚生労働・労働経済・国民生活の白書を熟読することがより必須。

70 :考える名無しさん:02/03/31 17:55
「ガイドブック社会調査」:他の本を読んでも理解できなかった人はこの本から
、という趣旨らしい。
社会調査のテキストとしてはかなり容易。でも、基本は全ておさえてある。


71 : :02/04/02 21:50
社会調査といえば、理論篇+実習篇+統計処理篇とがあるでしょう。

・理論→社会調査とは?社会調査の歴史。社会調査の種類(リッカートンの方法 等)
    など。
・実習→調査票の作成手順・調査の実行・調査票の回収・被調査者たちへのお礼。など。
・統計処理→これがいろいろある。調査目的に応じて。標準偏差とか。

社会調査って言っても、「理論」「実習」「統計処理」と「+」の部分
をちゃんと押さえた本が、なかなかないねぇ。
この分野、初心者には冷たい。

72 :よしちゃん:02/04/02 22:04
 社会調査のなかでも、質的調査の本が挙がってないよね。
佐藤郁哉の「フィールドワーク」(新曜社)。
これなんか良書。


73 :我こそは名無しなり。:02/04/03 10:48
公務員対策なら、「現代用語の基礎知識」とか、分厚いのが出てるから、
そちらのを テーマごとに 毎日少しづつ熟読しな。
でもサブカルチャーとか風俗(交尾じゃない方)だけ読んで終わり、じゃ
そこらの暇人どもと差がつかない。
市販の就職・公務員対策の本も、買ってやるべきでしょう。
>>69

社会調査っていっても
・量的調査(広く浅く→質問したり調査票を配ったりして分析する。)
・質的調査(狭く深く→質問したり体験したりして記述する。)

の2つがある。これらそれぞれで入門〜段階的に本や実習でやるべき。
これらの調査は、「実際にできる」までになりたかったら、
みっちり人について学習して実習するのも必要だよ。徒弟制みたいに。
>>70-72


74 :age:02/04/08 07:48
勉強になるので

75 :名無しさん:02/04/12 21:45
公務員試験の参考書だが、
長田攻一『社会学の要点整理』実務教育出版
さっと読める。

76 :名無しさん:02/04/12 22:57
公務員学校の講師が言うに、

最近の公務員志望者は、要領よく専門科目の対策をしようとしているが、
感心できない。
テキストを読んで、過去問に多く当たる以外に、しっかりと
各科目の基本的文献にも手を出すべき。
人事院が試験科目を作るのではなく、大学の教授たちが試験科目を作る
のである。

で、そういう観点から、どういう本がいいのだろうか?

77 :_:02/05/01 16:31
試験板にいきなさい。

78 :123:02/05/07 11:19
俺の友達が韓国でスリにあった、だけど運良く犯人を捕まえることが
できて、謝るだろうと思ったら大違いで逆に「おまえら日本人が
昔したことに比べればたいしたことはない」と逆ギレされた。
腹がたった友達は警察に引渡したのだが、どういうわけか警察は俺の
友達に許してやれといってきた、友達の立場にたつわけでもなく
逆に犯人のみかたをしてるとしか思えないような態度をとってきたのだ!
あげくのはてには警察でなんとかするといって金だけ返して友達を
追い出してしまった。犯人がどうなったのかは分からん。
スリの事件と昔の歴史を関連させるなんてどういう神経をしてるんだ!



79 :名無しの倫理と2chの精神:02/05/18 17:34
私は社会学科の学生です。社会学の知識は般キョーで一応知っています。

社会学の解説書として富永 健一『社会学講義−人と社会の学』を読んでいます。
この人の本って、パーソンズ−ルーマンのシステム論ばっかです。

宮台という男がやたらと「社会システム論的に言うと・・・」と言いますが、
自分を神様の視点に置いて生意気に全体を機械の部品のように語るスタイルには
違和感を感じます。

この本の後ろの方にニガニガしくちょこっと紹介されてる「現象学的社会学」
と「シンボリック的相互作用論」(解釈学的社会学というようですが)に
興味を持ちました。

どなたか、「解釈学的社会学」の入門書を紹介してください、何もお礼は
できませんが・・・。

80 : :02/05/18 19:23
>>79
宮台が使っているシステム論は、
あなたが興味をもった現象学的社会学を
とりいれたルーマンの理論ですが…。

81 :名無しの倫理と2chの精神:02/05/18 20:47
まぢで?それ、どういう事?説明を強く希望します。

やったら実存だの野外観察(フィールドワーク)だのウルセーから、
システム論かざす男として矛盾してんなーとか思ってたんです。


82 :__:02/05/20 17:31
>>79
> この人の本って、パーソンズ−ルーマンのシステム論ばっかです。

嘘いっちゃいかん。
トミケンにルーマン分かるわけないじゃないの。

83 :名無しの倫理と2chの精神:02/05/20 21:52
はぁ、そうですか?でも社会学を学ぶ者なら富永 健一は押さえとけ、って
言われたんですが・・・。

確かに、パーソンズの構造-機能主義と、これを批判したルーマン(行政官出身
でコテコテのシステム論者)の機能-構造主義の違いとか、よく分かりません
でしたが。 自分の読解力がなかったからだろう。ウツ。

84 :...:02/05/20 22:14
>>80
> はぁ、そうですか?でも社会学を学ぶ者なら富永 健一は押さえとけ、って
> 言われたんですが・・・。

誰に?

85 :名無しの倫理と2chの精神:02/05/21 00:04
匿名掲示板に私人の名前を出す訳にはいかないので…。
一応、社会学の講義の先生と言っておきます。社会学を講義で
教えるだけの専門性は持っていると思います。

86 :若干19歳:02/05/21 02:05
今日徹夜で『社会学概論』有斐閣、読みます。


87 :初心者:02/05/21 14:22
『社会学になにができるか』はどうですか?
 概論の推薦図書なんですけど。

88 :CSA:02/05/21 18:43
>87
あ、それオレも読んだ。
初学者の本としては、目的・効用がイメージしやすく
わかりやすいし、迷いが吹っ飛ぶ内容だった。


89 :  :02/06/03 09:17
法社会学について学びたいのですが、オススメ本あります??
川島武宜編の「法社会学講座」でも読んでみようと思ってるのですが。。。。

90 :名無しの倫理と2chの精神:02/06/13 14:16
公務員試験の本と大学院入試の本とでは、書いてある内容がちょっと違って
るね。

91 :ネタきぼんぬ:02/06/19 23:46
age

92 : :02/06/20 00:00
老子

93 :現実:02/06/20 01:07
みやだい好きな人には
今田隆俊・友枝敏雄編『社会学の基礎』(有斐閣)
に宮台が「行為と役割」というタイトルで割とまともな文章を書いているよ.
社会学が専門ではないので,いい本なのか評価できませんが.

>>89
法社会学プロパーじゃないけれど,講座モノだと,
このシリーズが,新しくて面白いと思うよ.解釈論あり,
基礎法からの問題提起あり,と.いろんなトピックがつまってるし.

岩波講座 現代の法 全十五巻
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000107755/qid=1024502608/sr=1-16/ref=sr_1_2_16/t/249-2514888-3728337

これは方法論の巻ね

94 : :02/06/20 13:00
age

95 :一世:02/06/20 23:47
山岸先生、結構良いこといってるじゃないか

96 : :02/06/21 07:40
>>93
それ、ちょい読んだ。
「例えば、私が女のオッパイを揉み揉みしたとしよう。」だって。
相変わらずヤってますな、宮台センセっ!

センセは結局エイズに罹ってなかったんだね。残念。2ちゃんねらーが
「終わりなき日常」でヒマつぶせるために、エイズ罹ったネタを提供
してくだせえ。もちろんセンセの善意(!?)で!!

97 ::02/07/17 12:40
このスレにまで宮台菌を植えるな!

98 : :02/07/17 20:03
西部邁『国民の道徳』

99 :一年:02/07/21 04:37
リチャード・ホガートの「読み書き能力の効用」読んでるんですけど、
内容はともかく日本語が不自然に過ぎてどうしても読み進められません。

かえって原書で読んだほうが早いような気がしてきた。ハァ…

100 : :02/07/25 11:28
みることときくこといいよ

101 :名無しさん@1周年:02/07/25 17:57
理論が分かりやすい本ってありますか?

102 : :02/07/29 18:40
>>101
調査のテキストには、必ずといっていいほど、理論とはどういうものかについての記述
があるよ。

103 ::02/09/23 23:15
         ∩       ∩       ∩       ∩
         //       | |        | |     //
        //        | |        | |     //
        | |      //        | |   //
        | | ∧ ∧ // / ̄ ̄\  |∧∧//
        | |( ゚Д゚)// <  あげ  > |('∀`)/
        \     |   \__/   ( : )
          |    |          ( : )
          |    /           ( : )
         /    /           ( : )
          |   /            ( : )
        ∫|  | |             | |~| |
         | || |             | |||
          | / | |               | | | |
         // | |               | | | |
        //  | |               | | | |
       //   | |               | | | |
       U    U              U U


104 :2チャンネルで超有名:02/09/23 23:18
http://tigers-fan.com/~pppnn

ヌキヌキ部屋に直行
  コギャルとヌキヌキ
  全国地域別出会い

105 :秋因子落ち学生:02/09/24 08:49
本間康平ら編の『社会学概論』一生懸命よんで見たが
読めば読むほどあさーくひろーーーーーーく扱いすぎて
なんか疲れた。500ページもあるし。社会学基礎をアサ―クなら
説明できるようにはなってきたが、これからヴェーバー、デュルケム
テンニース、ジンメル、パーソンズから古典をあさっていってルーマン、ハーバーマス
ギテンズまで辿りつこうと思うと億劫になる。こんな広大な世界にどっぷり
浸かってしまった院生皆さんはやはり有名どころは全部読んだのですか?

106 : :02/09/24 12:34
パーソンズを読んでる院生はもうほとんどいないんじゃないかな。
むしろ上がってる名前にマートンやゴッフマンがないのが気になる。

107 :ぴよ:02/09/24 17:54
どんなに本を読んでも性格がひねてなければ
社会学は無意味に思う。

108 :秋因子落ち学生:02/09/24 23:44
>>106
いや、ご不満やマートンでもシュッツでもガーフィンケルでもいいんですが
例えば社会システム論を専門にしていたとしてもまったくジンメルの知識が
ないなんて人はいないのではないでしょうか?好き嫌いが激しい僕にとっては
この社会学の広さに少し滅入ってしまったので


109 : :02/09/26 13:46
スレ全部読んだけどこれだって思う本がどれだかわかりません

110 :  :02/09/26 13:51
>>107
かもね

111 :  :02/09/26 20:13
>>108
大学院生についていってるのか、研究者(助手以上)についてなのかで
答えが変わってくると思いますが、古典の知識がろくにない院生なんて
たくさんいますよ。それも、T、Kなどの有名大で。
理論が専門ならそんなのはさすがに論外でしょうが、そうでないなら
理論の知識は概説書レベルでもわりと許容されているように感じます。
それがいい、悪いは別問題ですけどね。

112 : :02/09/26 23:44
理論やら学説史やるんでなければそこまで古典ドプリやる必要もネーンジャネーノ?
あと斜め読みするくらいならせいぜい数年あれば毎日やってりゃ古典も制覇できるだろう。
意味あるのかどうかわからんがね。

113 : :03/01/11 00:56
このスレの存在も忘れないでね。

114 :   :03/01/11 01:35
>>111
禿同。仏・独語を読めない人もいるし。教授でも。

115 :山崎渉:03/01/17 16:10
(^^)

116 :名無しさん:03/01/19 01:35
これもageとくか。

117 :しん:03/01/19 07:03
中公新書から出ている『60冊の書物による現代社会論』
奥井智之著がいいですよ。読みたい本がたくさん出てきますよ。

118 : :03/01/19 08:36
☆★▼▽▲△●○■□◆◇◇◆□■○●△▲▽▼★☆

今月もお小遣いすくなってきたよ・・・トホホ。
そんなあなたにこのサイト!!あなたのお小遣いを
1円でも多くして見せます!!
損はさせません!!早速アクセスをどうぞ!
↓   ↓   ↓
http://finito-web.com/kanemou/index.html

☆★▼▽▲△●○■□◆◇◇◆□■○●△▲▽▼★☆

119 : :03/02/21 23:10
閑散・・・。

120 :名無し:03/02/23 01:08
あげ            

121 : :03/03/04 17:48
^ ^;

122 :山崎渉:03/03/13 13:01
(^^)

123 :山崎渉:03/04/17 09:51
(^^)

124 :山崎渉:03/04/20 04:33
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

125 :(′`):03/05/20 03:54
   ∧_∧
  (  ′` )< だめぽ(′`)

126 : :03/05/20 22:49
で、マートンをおさえとくには何を読めばよいのでしょう。
↓の解説書だけでいいでつか?
クロザーズ『マートンの社会学 』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4790704653/

↓は600ページ8500円!ちょっと手が出ませんので。
マートン『社会理論と社会構造』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4622017059/

127 :dsHuoshVS YahooBB219001164003.bbtec.net:03/05/21 01:08
age
http://.jp/staff/in.cgi?id=10528 ←今なら1000円もらえる
http://e-yume.ktplan.jp/39792489/

128 :_:03/05/21 01:28
  ∧_∧    http://togoshi.ginza.st/mona/
 ( ・∀・)/< こんなの見つけたっち♪
http://togoshi.ginza.st/mona/mona10.html
http://www.togoshi.ginza.st/mona/mona08.html
http://togoshi.ginza.st/mona/mona05.html
http://www.togoshi.ginza.st/mona/mona07.html
http://togoshi.ginza.st/mona/mona06.html
http://www.togoshi.ginza.st/mona/mona02.html
http://togoshi.ginza.st/mona/mona04.html
http://www.togoshi.ginza.st/mona/mona03.html
http://togoshi.ginza.st/mona/mona01.html
http://www.togoshi.ginza.st/mona/mona09.html

129 :山崎渉:03/05/21 21:47
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

130 :t-akiyama:03/05/24 23:06
携帯ゲーム機"プレイステーションポータブル(PSP)

 このPSPは、新規格UMD(ユニバーサルメディアディスク)というディスクを利用しており、そのサイズは直径6cmととても小さい(CDの半分程度)。 容量は1.8GBとなっている。
画面は4.5インチのTFT液晶で、480px x 272px(16:9)。MPEG4の再生やポリゴンも表示可能。外部端子として、USB2.0とメモリースティックコネクタが用意されているという。

この際、スク・エニもGBAからPSPに乗り換えたらどうでしょう。スク・エニの場合、PSPの方が実力を出しやすいような気がするんですが。
任天堂が携帯ゲーム機で圧倒的なシェアをもってるなら、スク・エニがそれを崩してみるのもおもしろいですし。かつて、PS人気の引き金となったFF7のように。

131 :ニュース議論板住人:03/05/27 00:22

新たな学問を取り入れようと思っていて、いとこに相談した所社会学がいいだろうとの事。
私は、「日本史」「宗教学」を専攻し「社会学」をこれから取り入れていこうと思っているところです。
ちなみに「山本七平」「小室直樹」辺りは齧った事があるんですが。
是非、私にお勧めの「入門書」を教えて頂きたいのですが。


132 : :03/05/27 00:44
>>131
日本史と宗教学、ですか。どういった方向になるのかな。
社会学は今のところ一意的な理論が無いので、
さあ、社会学を学ぼう、といったように構えるのではなく、
まずは関心のある分野の文献をあたっていくほうが良いかと。

で、佐藤俊樹1993「近代・組織・資本主義」をお薦めします。
社会学的研究の基本的な方法論について、ウェーバー解釈についての議論、
近代社会についての考察、これらを踏まえながら
西洋的近代と日本的近代とを区別し
中世から近世の日本社会の変容を歴史的に問い直し、
その上でまた、今日の日本社会について、
そして日本社会について語ることについて考察している本です。


133 :山崎渉:03/05/28 14:52
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

134 :・・・:03/05/28 17:30
『社会学講義』はどうなんでしょう?中公新書だったっけ。
学部生で芸術学専攻ですが、社会学を知識に入れておきたかったんで・・・

135 : :03/05/28 18:19
>>134
今売ってないでしょ?


136 :動画直リン:03/05/28 18:21
http://homepage.mac.com/hitomi18/

137 :.....:03/05/28 18:26
え?

買ったの一週間前ですけど・・・・運が良かったのか?
(買ってから評判を聞くのもなあ)


138 :   :03/05/28 19:03
中公新書です。

139 :名無し:03/05/29 21:00
age

140 :名無し:03/05/29 21:41
宮台という男がやたらと「社会システム論的に言うと・・・」と言いますが、
自分を神様の視点に置いて生意気に全体を機械の部品のように語るスタイルには
違和感を感じます。

↑ワラタwww

141 : :03/05/29 22:19
>>140あほだな。

社会システム論的に言うのはいいのだ。

宮台が「社会学的に」といっているのに中身が
あまり社会学的じゃない時がおもしろいのだ。

142 :ニュース議論板住人:03/05/29 23:27
>>132
有難う御座いました。早速探してみます。
少し気が楽になりました。
所でこのスレに出入りしたいのですが、私のような
薄識の者も参加できる様な
スレがありましたら是非教えてください。

143 : :03/05/30 01:03
はあ?「面白い」???

そんなもん、お前の主観に過ぎないじゃんかw
バカ丸出しだなw

さっさと資ね、このハゲ!

144 :ちんちん見せたい:03/05/30 04:27
ちんちん見せたい

145 : :03/05/31 10:14
なんだー?

146 :132:03/06/04 20:44
亀レスですが。

>>142
とりあえず、日本史と社会学という点と、社会学の基本的な
方法論について簡便な解説があること、社会学の古典的な議論(ウェーバーですが)について
わりとしっかりと踏まえてあること、また今日の日本社会を考える際に
参考になると思われること、などから上の本を薦めましたがいかがだったでしょうか。

>私のような
>薄識の者も参加できる様な
>スレがありましたら是非教えてください。
いや、この板の現状を見ればおわかりいただけると思いますが、
まともに機能しているスレはほぼこの板にはありません(笑)。
いつでも好きなスレに好きなように参加してくださって一向に問題は無いと思います。
おそらく揚げ足取りや煽りが来るでしょうが、放っておいて構いません。
まあ、情けない事態ではありますが・・・


147 ::03/06/04 21:20
★クリックで救える○マ○コがあるらしい★
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html

148 : :03/06/06 09:40
佐藤先生もうやめて

149 : :03/06/10 00:44
有斐閣の教科書ってどうですか

150 : :03/06/10 14:21
『論理の方法
〜 社会科学のためのモデル 〜』
小室 直樹 著  
四六判  上製  408頁  本体1,700円 
奥付年月日 2003年05月08日
ISBN 4-492-22230-8  C3036

激変する世界情勢の中、欧米・アジアに伍していくためには、論理の理解が不可欠だ。これなくして、新時代は戦えない。
著者渾身の「新・学問のすすめ」。

序章 社会には法則がある−ソヴィエト帝国は何故崩壊したのか
第1章 近代国家の原理と古典派経済学モデル
第2章 ケインズ経済学モデル
第3章 マクス・ヴェーバーにみる宗教モデル
第4章 マクス・ヴェーバーにみる資本主義の精神
第5章 丸山真男の日本政治モデル
第6章 平泉澄の日本歴史モデル

151 :無料動画直リン:03/06/10 14:22
http://homepage.mac.com/norika27/

152 :  :03/06/10 19:36
マスコミの「盗聴、盗撮」は許されるのか?その8   
http://natto.2ch.net/mass/kako/1011/10115/1011522150.html 

583 名前: 文責:名無しさん 投稿日: 02/03/05 15:33 ID:A9o87Nml
フジテレビの10時からの番組は、この一つ前の
『どうなってるの』の時からして最悪。私の個人情報を使って、
丸一本「恐怖のサイテー女」とかいった特集を組みやがった。

素人投稿を騙っては、そのもの自体は必ずしも私とは
言いかねるようなものに、同じ名前、同じイニシャルを当てはめたり、
盗聴・盗撮をしているから分かるのであろう様子のほのめかしを
所どころに散りばめては、出演者総出で「サイテー、サイテー」を
連呼していた。

あざとさ極まったことをしながらも、司会者のY・Tと掛け合って、
私の個人情報をボロクソにこけ落としながら大笑いしていた
局アナのN・K(かな?)のけたたましい声が今でも耳から離れない。
仕事だから仕方がないのかも知れないけれど、
ここに出ている者はサイテー最悪の盗聴者。

でもここでの書き込みが筒抜けだからか、
最近は一頃の悪意に満ちたほのめかしが少なくなっている。
しかも明日の項目は「心の〜」だって。

この枠での私への盗聴ほのめかしは、とりあえずのところ
「許せない、とんだ賠償請求」みたいな感じの特集が最後となっている。            
賠償を意識せざるを得ないほどに、本当はヤバい盗聴・盗撮と、
そこから得られる個人情報の悪用ですものね。


153 :ケンジ:03/06/10 22:03
 ギデンズ『社会学』の第4版は、素晴らしい。
これまでの版とはずいぶん違っている。
例えば、グローバリゼーションが前面に出ているなど、
内容が新鮮。
 まだ翻訳が出ていないのが残念だが、
英語がきわめて読みやすいので、何時になるかわからない翻訳を待つよりも、
オリジナルに挑戦したらいいだろう。


154 :おすすめ:03/06/10 22:13
えっちなサンプルムービー多数有ります☆!
http://cg.iclub.to/link/ranran1/

155 :ニュース議論板住人:03/06/11 00:26
>>146ここの所、忙しくまだ読めておりません。
そうですか、寂しいですね。宮台、小室、丸山などの社会学者の叩き場という
事でしょうか?何か寂しいですね。此処に来ればお話も出来るようなのでちょく
ちょく寄らせて頂きます。

156 :やや:03/06/11 09:15
学術系の原書って、何処に行けば売ってるんでしょう…


157 :通りすがり:03/06/11 12:46
社会学の入門書なら、有斐閣の『ソシオロジー事始め』ってのがいいと思う。
漏れは大学でこの教科書で勉強したら、結構おもしろくてはまってしまった。

158 :名無し:03/06/13 23:58
日本経済再生のための金融機関の役割ってなんですかね?


159 :入門的にはここがおすすめ:03/06/14 02:24
スタンダード 反社会学講座
http://mazzan.tripod.co.jp/

すぐれて社会学的な反社会学講座です(w



160 :ポスト社会学者:03/06/14 02:30
>>159
>反-社会学講座

べつに「反」とつけなくてもいいじゃんか、と思うんだけど、
あえて「反」としているところが逆説的な意味で社会学的です。

161 : :03/06/14 09:27
「社会学的」って言葉、どういう意味?
定義を示して。

示せるもんならねw

162 : :03/06/14 11:20
>>161
デリダぐらい読めよ(w

163 :あんにゅい:03/06/14 12:03
>>156

本屋だと大手書店(紀伊国屋、三省堂)などで売ってますが、輸入価格なの
で高いですし、品揃えもあまりよくありません。
なのでAmazonで買ったほうが安いのでオススメです。

164 :ルール:03/06/14 12:34
>>161-162
ついでにルーマンやブルデューも読んだほうがいいかも。


165 :ルール:03/06/14 12:37
彼らを社会学者という枠に入れるのもあれだが

166 : :03/06/14 15:16
>>162
で利他??
何を好きこのんでそんなものを・・・
人文哲学じゃんかよ!w

自殺志願者でもないかぎり人文には近づかないよw
つーか、で利他とか言ってる辞典で大笑いだけどねww

167 : :03/06/14 15:21
「人文哲学」か・・・w

168 : :03/06/14 15:21
君が崩れ志願ではないのならアドバイスしてあげるけど、で利他なんてやる
くらいならサンプリングにおける有意性の確保の仕方でも覚えておいた方が
君の身を救うだろうよw
つーか、平気な面して人文をあげるの、止めた方がいいよw
俺だったら、恥ずかしくてオフィシャルな場でそんなこと言えないな。
人文だと見られたらどうしよう、と思うからね。

169 : :03/06/15 00:37
んー。
ぬるぽ。

170 :とも:03/06/15 00:38
みてね〜♪
http://www1.free-city.net/home/s-rf9/page003.html

171 :とも:03/06/15 08:09
みてね〜♪
http://www1.free-city.net/home/s-rf9/page003.html




172 :やや:03/06/15 09:50
>>163
激しく遅いですが、

ありがとうございます。

173 : :03/06/22 01:19
>>165
まあ、ブルデューはれっきとした社会学者なわけだが

174 : :03/06/22 01:19
あ・・・失礼。勘違いした。スマソ。

175 ::03/07/11 12:04
このスレでお勧めの自殺論ですが名著すぎて挫折しますた。

176 : :03/07/11 15:47
有斐閣新書の入門書から入っては?
『自殺論』って名前で宮島喬が書いてる

177 ::03/07/11 18:21
>>176おおサンクス。
でも別に社会学専攻してるわけでないんで、まぁ別にいいかと思ってみた。
社会学を概観できて基本用語が説明されている教科書っぽい入門書もキボンしてみる。


178 :山崎 渉:03/07/12 12:30

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

179 :山崎 渉:03/07/15 12:36

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

180 : :03/08/02 16:26
良スレなんであげとく

181 :_:03/08/02 19:01
『社会学』 ブルーム著 ハーベスト社も良いと思うんだが、いかがか?

182 : :03/08/02 19:47
社会学が専門じゃないときついと思うよ。

183 : :03/08/02 20:33
>>182
自分は高卒ですが、結構読みやすいと思いましたよ。>ブルーム「社会学」

184 : :03/08/02 23:11
【社会】「男女共同参画→フリーセックス推奨、性犯罪激増」 誹謗ポスター撤去…福岡
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1059644424/
サヨ系フェミニズムの思想押し付けは誤解されるだろ。

185 ::03/08/03 16:28
『パワーアップ版 パラドックスの社会学』森下伸也・君塚大学・宮本孝二 著 新曜社
初めて社会学に触れる人にはいいかも。興味を持てるかもしれないよ。


186 : :03/08/03 17:46
>>181

ところで、ブルームの「社会学」って新版出てます?手元にあるのは1987年のだけど。
学生版(3500円くらいだっけ?)がまだ買えるなら良い買い物だと思う。古典や基本文献の要約とか多いし。




187 :_:03/08/03 19:06
>>186
181です。新版は出てたかなぁ?ちょっとわかりません。
おっしゃる通り基本文献の要約が多く、あの厚さで3300円はお買い得です。
確か監訳者の今田高俊先生は、今でも東工大のパンキョーの社会学でこのテキストを使っておられるのでは。

188 :_:03/08/03 19:13
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku02.html

189 :_:03/08/03 19:14
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

190 : :03/08/04 02:10
ブルームって邦訳出てたの?

191 :モレッ:03/08/04 12:26
どうでもいいがハーベスト社は早くHPを完成させて欲しい。いい本出してるんだから。何年前から準備中なんだ?
マルジュ社も作って欲しい。せりか書房と木鐸社はやっと出来たね。

192 :?@?@:03/08/04 18:50

http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/3e78670a92e910102759?aid=&bibid=02351101&volno=0000

193 : :03/08/04 20:53
test

194 :山崎 渉:03/08/15 18:20
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

195 :熟考せよ:03/08/26 11:00
太田市石原町の須○歯科クリニックは技量に乏しい上に、治療費は
大変高額だ。近所の者は誰も行かない。行くのは期間工とブラジル人だけだ。


49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)