5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

吉本隆明の評価

1 :名無しさん@1周年:2000/12/13(水) 00:01
めぼしい吉本の著作を全て読んだけど、吉本のどこが凄いんだか理解できん。
要するに吉本が強く見えるのは、アホな左翼やおっちょこちょいの進歩的知識人
が妄言を吐いたときに論破するときだけ。
吉本自身の思想といえば、古今東西のものと比べて特別際立つものなしというよりか
陳腐。
他の人はどう思っているんだろうか。

2 :名無しさん@1周年:2000/12/13(水) 00:24
>1
全著作読まれたのですか?だとすれば凄いですね。

3 :名無しさん@1周年:2000/12/13(水) 01:55
日本の知識人は外国の著名人の紹介者的な役割が多いけど、戦後の知識人としては、彼はそれなりに「思想した」人物ではあったと思う。
つーか、戦後、吉本ぐらいしかそーゆーのはおらんかった。たぶん。

4 :考える名無しさん:2000/12/13(水) 03:36
おいおい、そんな紋切り型をいうなよ。
吉本は紹介すらできなかったんだぜ。翻訳業者とかいってマジメな学者を罵倒していやがったんだぜ。

5 :名無しさん@1周年:2000/12/13(水) 04:54
共同幻想論読んだ。書いてあること当たり前。あの本出版された当時の
知識人は何故あれくらいのことが書けなかったのか、そっちのほうが不思議。

6 :>5:2000/12/13(水) 05:28
どんな当たり前の事が書いてあった?


7 :名無しさん@1周年:2000/12/13(水) 12:13
>共同幻想論
上野あたりの全共闘世代のフェミニストにも影響を与えたらしいけど(後に上野は批判に転じますが)、こんなもんの影響を受けるな!っつーの。

8 :考える名無しさん:2000/12/13(水) 13:38
ハイイメージ論のなかのいくつかの論考など
なんか笑ってしまうほど、支離滅裂な部分があったぞ。
80年代の『相対幻論』あたりから、おかしくなったのか、
『世界認識の方法』あたりからか、
でも、正直言って、今どき『共同幻想論』や『言語にとって...』なんか、
読むに耐えられるのか?文章悪いよ。論もどうだか。
「対幻想」の概念は、今でもフェミの一部で流通してるみたいだね。


9 :名無しさん@1周年:2000/12/13(水) 13:41
主著は総じて駄目だよ、吉本のは。
講談社文芸文庫の『マチウ書』を読みたまえ。
ボケてない頃はすごかったよ。


10 :名無しさん@1周年:2000/12/14(木) 12:00
もはや吉本では盛り上がらんか。
埴谷が死んで、ますます存在感がなくなってきたな。

11 :考える名無しさん:2000/12/25(月) 14:22
とあるサイトが『心的現象論』を押しまくりなんですが。

12 :正義の裏を抉る:2001/02/15(木) 05:37
毛沢東に比べれば麻原なんて小粒です!

13 :名無しさん:2001/02/15(木) 08:44
で、少しは評価してくれる人は居ないんですか。

14 :テレクラ:2001/02/15(木) 15:43
共同幻想が逆立するってアイディアは、
マルクス主義的なイデオロギー論をある意味補強するし、
退屈なフロム流社会心理学よりも
面白いとおもうなあ。
のちにはあまり言わなくなったし、流行らないけど、
「土着」ブームってのはこの人と色川大吉らの功績、
丸山ら「輸入業者」インテリ連中への嫉妬が初発の動機だとしても、
グローバリズムへの批判の視点としていまも有効。

15 :正義の裏を抉る:2001/02/16(金) 06:46
浅田彰は馬鹿だ!

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2001/02/19(月) 23:41
論壇アルツハイマー

17 :正義の裏を抉る:2001/02/21(水) 14:47
イエスの箱舟は偉い!

18 :考える名無しさん:2001/02/23(金) 00:54
なんか、最近話している途中で、怒ってキレちゃってボケの兆候か・・・というのが噂の真相に載っていた。

19 :吾輩は名無しである:2001/02/25(日) 16:01
昔っから、そうだろう....

20 :名も亡き:2001/02/25(日) 22:22
吉本氏の凄さは、どのような問題にも答えようとする誠実な態度。
思想家として、逃げずに誰とでも闘おうという姿勢。

尊敬できるのは、そこだけ、それしかない。
しかし、逃げない思想家は稀有の存在で凄い。
浅田なんか、ひとことふたこと臭いスカシッ屁をして
すぐ逃げちゃうが、吉本氏は、ヘンチクリンな糞を残す
だけマシなのだ。


21 :名無しさん@1周年:2001/02/25(日) 22:28
だって、逃走(=闘争?)なんだから・・・

22 :名無しさん@1周年:2001/02/25(日) 22:57
>吉本が強く見えるのは、アホな左翼やおっちょこちょい
>の進歩的知識人が妄言を吐いたときに論破するときだけ。

サブカル系の呉智英や「と学会」なんかも同じ手法だが、
もっとヒドイ。

その世界の、どうしようもない人のどうしようもない低レベル
な主張だけをピックアップして、徹底的に叩いておいて、
他の注目すべきデータは、自分の力量を越えているので、
意図的に無視し、さらに、無視していることを意識的
なのか無意識的なのか知らないが、隠しているという。

もう飽きたね、このセコイやりかた。

23 :名無しさん@1周年:2001/02/28(水) 23:23
>>22
同感。
最近だと浅羽通明とかの議論もヒドイね。
ズルイんだよな、やりかたが。
こういう中途半端な知識人って一番有害。

24 :代打名無し:2001/04/23(月) 22:25
教育テレビに吉本隆明が出てますね!

25 :鍼原神無〔はりはら・かんな〕:2001/04/24(火) 11:57
やはり文学者なので『言語にとって美とは何か』
『転向論』だと思います。
『マチウ書試論』や『親鸞』はさすがに読ませます。

「〜美とは何か」にしても『共同幻想論』にしても
思想輸入ではなく自前で考えてるとこが偉い(だから
今からみると用語系が変なのですが:笑)。

煎じ詰めると、昔は偉かったって感じになっちゃいますけど(困)
アタシは嫌いではないです。
あのボケっぷりもなかなか頑固親父風で貴重。

26 :名無し:01/09/07 16:32
ばななのお父さん。

27 :珍走団:01/09/08 19:59
今月、ちくま学芸文庫に「丸山真男論」が入るYO。

28 :hai:01/10/19 17:00
彼はファッションについてよく言及しているけれども、
コムデギャルソンをここまで「難しい」ものにして
マニアが増えたのは彼の功績によるところが少しはあったと思う。
あの論争がなければ現在ここまでギャルソンが持ち上げられては
いなかったかもしれない…

ところで、質問。
埴谷との論争についてなのだが、隆明の言い分は彼の著作に
沢山でてきているのだが、埴谷の言い分は彼のどの著作に
出て来ているのか、ぜひ知りたい。文学板で聞いても誰も
答えてくれなかった。もしかして収録されてないとか?
そうすると当時の雑誌をみるしかないな。

29 :名無しさん@1周年:01/12/26 14:18
age

30 :考えるななしさん:01/12/26 20:59
板違いですな。哲学板へGO!

31 : :01/12/27 20:00
やや板違い。まともな答えが欲しかったら哲学版だよな。

>めぼしい吉本の著作を全て読んだけど

きっと1は「共同幻想論」「心的現象論序説」「言語にとって美とは何か」と、その他の代表作数編を読んでそういう感想をもったのだろう。
はっきり、現在の思想水準からすると、この3つは確かにアナクロ。
ロックンロールがクラブでかかってどっちらけ、みたいな感じに映ると思う。

柄谷行人は、「建築への意思」または「掘立小屋での思考」というコトバを使って、吉本を評価(???)したが、島国日本の論理を独力であみだそうとした根性はすごいと思う。
吉本も「ほらほら、そこんとこを評価しろよ!ヴォケ!」とそこら中で言い散らかしているし。

だからといって、吉本を孤独なチャレンジをした日本の孤高みたいな態度で、その思想を棚上げしてしまうのも早いのではとも思う。

誰か上のほうで、「マチウ」を取り上げていたけど、漏れも可能性はそのあたりの初期の思考形跡にあると思っている。

32 :おおよそ:02/04/09 00:01
吉本の取柄は、詩人であった頃の甘ったるいリリシズムのみ。
麻原の反吐の出る似非宗教を本気で持ち上げていた。論理性まるでなし。

33 :考える名無しさん:02/04/09 16:05
大塚英志との対談「だいたいでいいじゃない」(文藝春秋)はどうよ?

34 :名無し:02/04/09 16:39
>>32
それだけで評価するのはまずいだろう。

35 :おおよそ:02/04/10 02:06
>>34
それだけで評価してるんじゃない。たとえば「マチュウ書試論」にしても、
キルケゴールの「死に至る病」の生半可な読書ノートに過ぎない。
彼の著書にはすべて種本があるが、どれもその本質を捉えきれていない。
書生っぽの読書ノートをいくらでも出版する本屋の責任も大きい。

36 : :02/04/10 02:36
謝罪と賠償を要求するニダ< `Д´>!

37 :おいおい:02/04/10 04:09
あれが「甘ったるいリリシズム」かねぇ。ま、いいけど(笑)

38 : :02/06/10 04:43
 

39 :ななしさん:02/06/26 01:06
200 名前:ななし 投稿日:02/06/24 05:09 ID:FNelcF//
マジレスすまそだが。
漏れは在日の友人にWCの件ははっきりいうよ。それで怒って絶交されるならその方がよい。
しかし予想される反応は名状しがたいような悲しい目をして上目遣いに
漏れを見て「やっぱり、そう思うか。」と意気消沈する姿だ。それを見ると漏れは言葉を
濁して韓国に甘いことをついつい口走ってしまうだろう。そうすると在日は
子犬のように嬉しそうにぴょんぴょんはね回るだろう。そして彼は漏れのことを
自分の友人だと吹聴し続けるに違いない。


漏れの個人的な体験を一般化するのはおかしいかもしれないが、半島との
「対等なつきあい」は不可能だ。それは韓国人や在日の内面に「自分たちは
劣等民族だ」という確信が巌のごとく居座っているからだ。半島人に接する日
本人は意識的にせよ無意識的にせよ「自分は優越的な立場にある」という
ことを感じとり恩情的=侮辱的な態度を半島人に対してとってしまう。
自民党の政治家だろうが左翼知識人だろうがその罠から逃れられる日本人
は一人もいないと思う。


40 :ななしさん:02/06/26 01:07
205 名前:  投稿日:02/06/24 05:29 ID:/bSeiiuP
>>200,>>201
発言にムリがある。
半島は常に列強(日本・中国・ロシア)の板ばさみだ。
悪いが1億3千万は事実を知っている。


206 名前:200 投稿日:02/06/24 05:33 ID:FNelcF//
>>205
ん? 漏れのいうこととあんたということとは矛盾してないと思うが。
「半島の宿命、半島人のキャラクター、半島人との関係の持ち方」
は永遠に変わることはないであろうという諦念を漏れは語っている。


207 名前:200 投稿日:02/06/24 05:35 ID:FNelcF//
ま、昔流行った左翼用語で言えば「関係の絶対性(by 吉本隆明)」
って奴だな。

主観的な善意や努力ではどうしても乗り越えられない関係の絶対性が
あるのだ。

208 名前:  投稿日:02/06/24 05:37 ID:/bSeiiuP
>>206,>>207
半島人か? 優越感に似た選民意識すら見えるぞ。


209 名前:200 投稿日:02/06/24 05:38 ID:FNelcF//
漏れが在日と向き合う時、「差別」か「同情」以外の関係を作れない。
人と人として喧嘩したいのに。



41 : :02/06/26 01:46
共同幻想論はおもろい仮説なんじゃネーノ

42 :a:02/07/12 08:51
吉本ばななの父

43 :ディーポロポロ:02/08/19 04:50
人の目を気にして生きるなんてくだらないことさ

44 :  :02/08/25 19:52
┌───┐
│鶴見川│
├───┤         
┴───┴──────   
____________
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜⌒〜⌒〜⌒〜/⌒\〜⌒〜
⌒〜⌒〜⌒〜/  ´・ω・)ミ⌒〜⌒〜
〜⌒〜⌒〜⌒〜 U彡〜⌒〜⌒〜⌒
〜⌒〜⌒〜⌒〜⌒〜⌒〜⌒〜⌒〜⌒〜

45 : :02/08/26 17:59
>>44
たまちゃんだ〜。
ナイス44

46 :  :02/08/27 18:41
┌───┐
│鶴見川│
├───┤         
┴───┴──────   
____________
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜⌒〜⌒〜⌒〜⌒〜⌒〜⌒〜⌒
⌒〜⌒〜⌒〜/⌒\⌒ブクブク〜⌒〜
〜⌒〜⌒〜⌒〜 ⌒〜〜⌒〜⌒〜⌒⌒
〜⌒〜⌒〜⌒〜⌒〜⌒〜⌒〜⌒〜⌒〜

47 : :02/11/04 15:45
固定ファンがついているので出版されると1万部は確実に売れる

逆に言えばそれだけ

48 :明らかに:02/11/04 22:44
板違い。
社会学板にこのスレ立てた>>1は、あきらかに社会学のセンスないね。

49 :山崎渉:03/01/17 17:12
(^^)

50 :考える名無しさん:03/01/22 17:11
論争で谷沢永一に敗れたってマジ?

51 :考える名無しさん:03/01/22 23:04
埴谷・吉本論争当時、川久保玲が、埴谷さんのほうが正しいんじゃないですか
と言っていた記憶があるのだが・・

52 :f:03/01/22 23:05
★あなたのお悩み解決致します!!
●浮気素行調査
彼氏、彼女、妻、夫の浮気を調査致します!!
●盗聴器盗撮機発見
あなたの部屋に誰かが仕掛けているかも!!
●行方調査
行方不明になっている家族の消息を調査致します!!
●電話番号から住所割り出し
一般電話、携帯から住所を割り出し致します!!
●ストーカー対策
社会問題ともなっているストーカーを撃退致します!!
その他人生相談からどんなお悩みでも解決いたします!!
 24時間受付  090−8505−3086
URL  http://www.h5.dion.ne.jp/~grobal/
メール  hentaimtt@k9.dion.ne.jp
   グローバル探偵事務局 



53 :  :03/02/19 23:20
はぁ・・・。

54 : :03/03/04 13:18
ふぅ・・・。

55 :山崎渉:03/03/13 13:13
(^^)

56 :山崎渉:03/04/17 09:59
(^^)

57 :山崎渉:03/04/20 04:30
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

58 :山崎渉:03/05/21 22:18
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

59 :山崎渉:03/05/28 15:18
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

60 :t-akiyama:03/06/12 18:06
携帯ゲーム機"プレイステーションポータブル(PSP)

 このPSPは、新規格UMD(ユニバーサルメディアディスク)というディスクを利用しており、そのサイズは直径6cmととても小さい(CDの半分程度)。 容量は1.8GBとなっている。
画面は4.5インチのTFT液晶で、480px x 272px(16:9)。MPEG4の再生やポリゴンも表示可能。外部端子として、USB2.0とメモリースティックコネクタが用意されているという。

この際、スク・エニもGBAからPSPに乗り換えたらどうでしょう。スク・エニの場合、PSPの方が実力を出しやすいような気がするんですが。
任天堂が携帯ゲーム機で圧倒的なシェアをもってるなら、スク・エニがそれを崩してみるのもおもしろいですし。かつて、PS人気の引き金となったFF7のように。

61 :山崎 渉:03/07/15 12:44

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

62 ::03/12/21 20:06
べねでぃくとage


63 :^^:03/12/22 13:07
オウムという偽者宗教を持ち上げたというが、
オウムこそ唯一の本物の宗教だろう。
オウムのどこが偽者なのか?
オウムがインチキだというのなら、
他の宗教と比べてどこがインチキなのか
提示せよ!
と言うと誰も提示できない。
だって宗教とは、どこもオウムのような
インチキを持っているからね。
キリストはどうなった?
キリストは、病人の額に手をかざし直した
真昼間に太陽を消えさせた等数々の奇跡を
興し、インチキ野郎として捉えられ
処刑された。
オウムとの違いはあるか?

64 : :03/12/22 13:16
友常勉という若手が面白い吉本論を展開している

65 : :03/12/22 22:52
>>42
ハルノ宵子の父でもある。

66 :MMMM:03/12/22 23:48
>>63
ああ、こぴぺかも知んないけど、唯一とかすごく言いすぎだけど、
あるていど、おれもそう思うなあ。でも、
オウムを偽者宗教とかいうやつはバカだから、ほっといたらいいよ。

67 : :03/12/23 12:59
吉本興業よりオウムの方が面白かったよ。

68 : :03/12/23 13:41
超20世紀論ってツッコミどころ満載なんだが

69 : :03/12/25 14:51
>>5
>共同幻想論読んだ。書いてあること当たり前。あの本出版された当時の
>知識人は何故あれくらいのことが書けなかったのか、そっちのほうが不思議。

どこがどう当たり前だったのか書かないと無意味な文ですよ。


70 : :03/12/26 21:47
>>64
誰かこの人の論文読んだ香具師いる?

71 :(ナツ):04/01/07 14:19
小熊英二の『〈民主〉と〈愛国〉』(新曜社)に出てくる吉本論は、ほとんど引導渡しちゃったようなものだと思います。

72 :(ナツ) :04/01/07 15:49
>>71

僕の名前をかたるな.

73 :(ナツ) ◆MGAtAkoPoA :04/01/07 17:17
>>72
騙りうぜえ

74 : :04/01/07 18:25
『私の「戦争論」』には感動した。

75 :没個性化されたコネコ↓:04/01/07 19:03
95年頃、ちょうど俺が暴れ始めた頃、海で溺死しかけたんよね。
ちょっと祟られたような感じでw まぁ、喧嘩の出来る左の知識
人ってのは貴重なんじゃないかな? 嫌いな人では決してない。

76 :(ナツ):04/01/08 00:16

>>73

ガキのケンカかよ.自分に自信が無いのかねこういう輩は(はぁと).

77 :(ナツ):04/01/08 00:18

>>71

大体において,僕はこのような文体を使わない.騙りを止めろ.

78 :没個性化されたコネコ↓:04/01/08 00:24
「義憤」ってことを知らないと駄目かな?w

79 :(ナツ):04/01/08 01:27

似非(ナツ)さん,なぜ僕が「僕」と言っているかわかる?吉本隆明に影響されているからだよ.いい加減に上っ面だけ真似るのをやめなさい.

80 :(ナツ):04/01/08 01:46

>>78

倫理観など考えたことが無いだろ.変な煽りと騙りを止めろ.「大人が恐喝する」と大人をいくつになっても馬鹿にしてればいいだろう.どうでもいいよ.

81 :(ナツ):04/01/08 03:10

以下のような書き込みをして恥ずかしくないのかね.お前は男か(はあと).

46 名前:アナログ回線 :04/01/08 02:48
倫理?
「我上なる星空と我内なる道徳律」とやらにでも習えば?


82 :没個性化されたコネコ↓:04/01/08 18:56
詩心のないヤツは駄目だね(笑

83 :ううむ:04/01/09 10:18
>>82
ロートレアモンのマルドロールの歌について
固くなった心をぶつけてるだけじゃねぇか、
と書いていた吉本に「詩心」はあったのだろうか?
国木田独歩とか、智恵子抄の人(あー、名前がでてこない)
の感性の人だから、ねへ。


84 : :04/01/09 15:37
>智恵子抄の人
高村光太郎

85 :(ナツ):04/01/09 16:44

>>82

詩心ががって犯罪する奴よりはいい.

86 : :04/01/10 04:34
もともと理系の人でしたっけ?

87 :ううむ:04/01/10 14:40
>>86
> もともと理系の人でしたっけ?

化学じゃなかったかな。
東京工大だったはず。
「血も肉もある抽象」というフレーズは好きだけど。


88 :没個性化されたコネコ↓:04/01/10 18:33
>>83
俺もマルドロールの歌は、余り興味ないな。ランボーについて、
『地獄の季節』より『飾画』の方が好きなのと一緒で。境界芸
術ってヤツ。

89 :ううむ:04/01/11 00:23
>>84
> >智恵子抄の人
> 高村光太郎

そう、この人。TNX.

「死ねば死にきり。自然は水際立っている」
というのも光太郎なのかな?

ほとんど読んでいないもので、見当がつかない。

90 : :04/01/11 11:31
>>87
そうですね、東京工大です。

91 :考える名無しさん:04/01/27 09:34
ペンキ会社の労組委員長だとか

92 : :04/02/17 09:53
吉本氏のダメだったところはむしろ左翼論者の危機感を見限って批判していた
ところにあった。
吉本氏は、戦後の日本は(必然的に戦中に向かった)戦前に逆戻りすることは
ありえない。そういう心配は左翼論者の神経症であるかのごとく言って
軽くあしらってきたようなところがあった。
しかし時代状況を考えればそうも軽く言っていられなくなったのではないか。
むしろ柄谷行人氏の時代予測眼のほうが当たっていたかもしれないと思う。

93 :強迫性人格障害:04/04/01 10:53
吉本先生みたいになりたい。

94 : :04/04/01 20:03
>>93
がんばってなるのだ。

95 : :04/04/02 12:47
>>92
そうだね。戦後の日本は再右傾化することなんかありえない。
あの大戦を正当化する時代なんて来ない。
憲法9条がなくなることなんてありえない。
だからそういう不安を基に語る左翼の連中は時代錯誤だみたいな
言い振りだった。でも最近はそういう見方を甘かったと反省しかけ
ているみたいだけど。

96 : :04/04/02 18:05
>>95
一稼ぎした後だからなあ
どうよ?

97 : :04/04/02 18:11
ばなながいるから老後も安泰

98 : :04/04/04 22:20
吉本家は著述業一家だね。

99 :考える名無しさん:04/04/07 16:34
消費者は消費するだけにすぎない受動的な存在。
でもGDPの過半数を消費財でカバーするようになった先進国では
消費者こそが決定権を握っている....というのが吉本の認識でしょ。
ルーツはアンリ・ルフェーブル(仏共産党の歴史学者?)。
吉本がルフェーブルの影響を受けていることは誰も指摘しないんだよな。
吉本全集には出てくるが....。だから左翼とか政治とかにあまりウエイトを
置かないんだよ、吉本は。反核異論も小火器の大量生産と流布が大変だというのが
吉本にとっての本論だし。

100 : :04/04/07 16:47
100

101 : :04/04/14 15:29
吉本の言ってる事が理解できないオレがバカなのか
それとも
吉本は簡単な事を遠回りに小難しく言ってるだけなのか
どっちか教えれ、ぽまいら


102 :考える名無しさん:04/04/14 18:06
ルフェーブルは哲学者だよ。
シュールレアリズムや構造主義など共産党外部の思想家と
渡り合った知識人だね。彼の辨証法の本は面白かった記憶がある。


103 : :04/04/14 19:21
>>102
「弁」の字のこだわりキモイ
「綜合」なら理解できるが、それは単なるフェチ

104 : :04/04/18 20:28
>>101
凡人が問わずに済ますことをそれだけ考えているということなんだよ。
だから凡人の頭のままでは永久に理解できやしない。
それは吉本にかぎったことじゃない。学問というものがまさにそうだ。


105 : :04/04/19 10:00
>>104
吉本は基本的な「てにをは」がぐちゃぐちゃだろ?
ベースが詩人だし。

学問一般の特徴とは違う。

106 :親は共産党員:04/04/19 15:43
橋爪大三郎「永遠の吉本隆明」というのがあるけど
彼の偉大さがわからんのは時代的制約のせい?
っていうか、我々の世代はマルクス主義が前提でないのだから魅力を感じないのは当然

107 : :04/04/19 20:48
吉本はむしろへーゲル主義じゃないのか。

108 :考える名無しさん:04/04/19 22:53
>>105
浅田のマネにするなよ!

109 :考える名無しさん :04/04/20 01:41
>>108
あんたもぐちゃぐちゃでちゅyo

110 :考える名無しさん:04/04/20 19:44
from amazon.co.jp

吉本理論へのいちばん辛辣な評価は浅田彰による『近代日本の批評』で
の「テニヲハが合っていない」「用語が我流」で「論理的につながって
いない」「最悪の意味で「詩的」」というものだが、橋爪は「吉本術語
は」「最小限の用法」で「読者の多くが知っている概念になるべく即し
て、自説を展開しようとする」と評価し、「フランス現代思想」を「あ
るところでは先んじている」と「高く評価できる」としている。本書は
吉本理論の読解だけではなく、また、橋爪の思想や能力にとどまらず、
思想へ対う者へ根本的な何かを問う書にもなっているようだ。


111 : :04/04/20 23:40
>「テニヲハが合っていない」

これについては、吉本自身が自称「高機能自閉症」だから仕方がない。

112 : :04/04/21 00:26
でも例えば「自然な現象」ってすごいタームだろ?
どう解したものか、マジ困る。

113 : :04/04/21 04:13
工大卒なのに、言っていることが現代思想に近いね。

114 : :04/04/21 08:00
理系出身の現代思想家ってそんな珍しくもないよ

115 :ボクは高機能自閉症でちゅけど:04/04/21 18:13
「高機能自閉症」だとテニヲハがあわないという理由は?
「自然な現象」という表現がすごいという理由は?

116 :名無しさん@社会人:04/04/22 07:51
自閉症という言葉の使い方がまた間違ってる いや「詩的」ですね。(笑)

117 :名無しさん@社会人:04/04/22 08:40
自閉症でなく、詩的でもない僕らには、
吉本以上のことができるんだよね!!!

118 :名無しさん@社会人:04/04/22 15:58
吉本っちゃんは何だかんだ言ってもかつての日本のトップオピニオンリーダー
だったのだよ。お前らはその基盤の上でモノ言ってることにちゃんと気づけよ。
吉本っちゃんの言論を捕まえて「当たり前」とかホザイテルばか。お前のいう
その「当たり前」が、吉本っちゃんの思想だってこと知らんのか。

吉本っちゃんを批判するのは、お前が時代の価値観を変える思想を発表してから
堂々とやってけろ

119 :>>118:04/04/22 17:56
感動すた!

120 : :04/04/22 19:19
痛みに耐えてよくがんばった!

121 : :04/04/22 21:08
>>95
誠実な人ではあるし、今こそ本格的に自己批判してくれるでしょう。

122 :名無しさん@社会人:04/04/23 21:30
なんだかんだいっても、吉本の著作(理論関係)をちゃんと読んだ人は少ないかも。
もったいないよねえ。

123 :名無しさん@社会人:04/04/23 21:32
不誠実だよ。
キリスト教理解の誤りを還付なきまでに指摘されても反論するどころが逆ギレしてたし。

124 : :04/04/23 21:35
しかし、オウムの時には自己批判してたからね。

125 :名無しさん@社会人:04/05/07 12:29
>>115
>「高機能自閉症」だとテニヲハがあわないという理由は?


ご参考までに

http://www.autism.jp/l-03.htm

言葉の間違った使い方
>助詞がところどころ抜けたり不正確な使い方だったり

126 :名無しさん@社会人:04/05/07 14:06
このスレ最初から読んでみて、適当に言ってる人が吉本の著作を読んでない
ことだけは良く分かるような内容だった・・・


127 :名無しさん@社会人:04/05/07 15:05
吉本は自称自閉症であって本物の自閉症に失礼

次分の文章のてにおはがだめだとか論理性がないとか一知半解の学術用語の乱発っていうのは彼自身が著述家として駄目なだけ

128 :名無しさん@社会人:04/05/08 01:01
>>125
「小説に興味を持つことは稀」と書いてありますね。
よくはわからんが、言語能力に問題がある人が多いということですね。
多くの文学青年を熱狂させる吉本隆明はちがうような気がするが。。。。。

129 :名無しさん@社会人:04/05/08 10:58
アスペや高閉の定義は、まだはっきり画定されるような学術的認識水準にない、
といえる面があるからね。


130 :名無しさん@社会人:04/05/08 20:49
質問!

自己幻想 : 現実界
対幻想  : 想像界
共同幻想 : 象徴界

こういう対応にあると理解してよいんでしょうか?


131 :名無しさん@社会人:04/05/08 23:51
>>127-128
ろくに読みもしないで言いたい放題よく言うね。

132 :名無しさん@社会人:04/05/09 04:37
社会学者からの評価は橋爪は肯定的だが桜井をはじめとした社会学者の間では理論を知らない、でたらめと悪評(特に協働幻想論)

宗教学者からはまったくとだめとの評価 キリスト教を白なすぎる

文芸批評家としては浅田の批評が辛らつ

私は経済学専攻の一介の学生ですが、この人のアダムスミスやマルクス理解は基本的知識がないから出鱈目です。

133 :名無しさん@社会人:04/05/09 13:43
>>132
具体的にどの著作のどの部分がどのように誤りであるか
書かないと意味無いよ。

134 :フーン:04/05/11 01:47
>>132
団塊世代の人は吉本へのコンプレックスが強いから冷静な判断はできてないよ。
逆にシンパはべったりでキモイ。吉本教だね。
浅田らの吉本否定は大澤が指摘したとおりでポスモダへの「踏絵」でしょ。
それより若い世代には文体がウケないね。
粘着質な言い回しと表現はちょっとウザイが内容はあるね。
カバーしてる領域も広く思索の深さもそのオリジナルな根拠づけも一読の価値はあるね。

135 :フーン:04/05/11 02:28
吉本への理解は大澤と宮台がいちばんかも。
共同幻想は「public-illusion」の訳で吉本のオリジナルではないよ。マルクスの用語で、
このことは吉本がどこかで明記している。
キリスト教研究では高尾(「ソシュールで読む聖書」)や小川国夫が吉本をよく理解していて
影響を受けたといってるね。彼らは教会や牧師が一目置く研究者でもあるしね。

昔のインテリは特別高等警察からの弾圧を避けるために、アダム・スミスだけを読んで
マルクスを想像するというトレーニングをやっている。丸山真男や小林秀雄らだな。
ヘーゲルだけを読んでマルクスを類推するとかもね。

そこで、132くんには何ができるの?
吉本以上のことができるのかな?
伝聞でコケにすること以外に何かできる?
たとえば浅田が吉本を読解できない本当の理由を知ってるとか?
何か示してごらんよ。


136 :名無しさん@社会人:04/05/11 12:31
>共同幻想は「public-illusion」の訳で吉本のオリジナルではないよ。マルクスの用語で、
>このことは吉本がどこかで明記している。

それはむかしっからよく指摘されることだね。
吉本思想の要は、共同幻想と自己幻想の間(?)に対幻想を
もってきたことにあるって。


137 :名無しさん@社会人:04/05/11 22:36
>136

対幻想が意識をボヨ〜ンと伸ばしたりする。
遠隔対称性で決りっ!

138 :名無しさん@社会人:04/05/14 09:06
ヘーゲル-マルクスとフロイトとの吉本流の接合だろ?

139 :名無しさん@社会人:04/05/14 11:56
>吉本以上のことができるのかな?

信者キモッ


140 :名無しさん@社会人:04/05/16 01:45
おい、
信者かどうかじゃなくて、
吉本以上かどうかだけ、だろ。
あの>>132の発言に
>>133>>135の掲げる疑問への応答可能性なんぞないぞ。

141 :名無しさん@社会人:04/05/16 02:02
>昔のインテリは特別高等警察からの弾圧を避けるために、アダム・スミスだけを読んで
>マルクスを想像するというトレーニングをやっている。丸山真男や小林秀雄らだな。
>ヘーゲルだけを読んでマルクスを類推するとかもね。

適当なこと言ってるな・・・

142 :名無しさん@社会人:04/05/16 12:16
>>141
具体的に指摘しないと!
スミスやヘーゲルからマルクスを類推するというのは比喩としても真当でしょ。
それだけの努力も想像力もないわけだから、最近はさ。


143 :名無しさん@社会人:04/05/16 17:49
>>142
史実としておかしいということだ。
個人名を出すくらいなら最低限のチェックぐらいしろ。

http://www.kojinkaratani.com/criticalspace/old/special/karatani/shincho9502.html

144 :>>143:04/05/16 18:13
アンタ若造でしょ。
史実? 引用したurlに表記されていることだけが史実だと考えてません?
それじゃ全然戦前統制下の日本の雰囲気とか判ってないよね。
せいぜい桜井が拾い集めたデータだけが史実とか言ってると、相手にされないよ。
「スミスやヘーゲルからマルクスを類推する」のは当時のインテリの常套手段かもよ。
今反共反マルクスの人でも戦前はそうやって学んでいた人は多いんだぜ。


145 :名無しさん@社会人:04/05/16 21:24
>>144
とにかくお前さんの「かもよ」を何の検証もなしに「個人名」と結びつける
のはやめろ。名前をあげられた人が迷惑だ。「弾圧をさけるため」「マルク
スを類推」する人間が「唯物論研究会」に名前を連ねるか?「様々なる意匠」
にすでにマルクスに対する言及があるのも知らんのか?

146 :名無しさん@社会人:04/05/16 22:58
弾圧以前、当時のインテリが自由にマルクスを読んでいたのは当たり前だ。
最初からマルクスが禁書な訳ではない。やがて、弾圧なり同調圧力が増し、
彼らはスミスやヘーゲルを読むことでマルクスへの孝察を試みていくわけだからな。
社会情況の変化を考えれば当たり前だ。

前後するが、つまりは
「スミスやヘーゲルからマルクスを類推する」ことができる当時のインテリを、
このスレで吉本を正当に評価(是非の別なく)できないバカに比して高く評価している
だけだろ? それがここのコンテキストだ。

誰にも分るように説明すると次のようになるな。
よく読んでおけよ。

「名前をあげられた人」は「迷惑」なのではなく、逆だ。
「スミスやヘーゲルからマルクスを類推する」ことができる能力があったことを
指摘されたのだからな。

本人に替わって「迷惑」と思い込むなど、薄気味の悪い心性だぜ。
頭だけではなく、自分の心の「心的現象」にでも気をつけた方がいいだろな。
>>145の矮小な認識データのなかでは「弾圧をさけるため」という回避行動が潔くないと
判断されてしまうといった類の恐れや不安感があるのだろうな。哀れなものだ。


147 :名無しさん@社会人:04/05/16 23:07
>「弾圧をさけるため」「マルクスを類推」する人間が
>「唯物論研究会」に名前を連ねるか?

弾圧の開始や同調圧力の増加という時系列の情況変化もわからないのか。。。。
インテリの姿勢が時代の趨勢に関わりなく一定で固定化されてたものだとも思っているのか。。。。

とにかくお前さんの何の検証能力もない「思い込み」と結びつける
のはやめろ。


148 :名無しさん@社会人:04/05/16 23:27
>>146
だからその「トレーニング」をやったという証拠を出せよ。
お前の「心的現象」のほうがはるかに精神病理学的対象として興味深いよw

>弾圧の開始や同調圧力の増加という時系列の情況変化もわからないのか。。。。
>インテリの姿勢が時代の趨勢に関わりなく一定で固定化されてたものだとも思っているのか。。。。
俺のあげた例は「固定化」されていない例なんだがそれも理解できないのかw

149 :名無しさん@社会人:04/05/17 01:52
>>148
今度はガキのような「証拠を出せ」論議か?
それより小林、丸山をはじめとする当時のインテリの、
スミスやヘーゲルからマルクスを類推する能力を認めるかどうかが先だな。

つまりここで吉本をおちょくってるガキより当時のインテリが優れていたことを
認めるかどうかだ。それが小林にとっても名誉というものだ。
webのテキストを示すこと程度しかできないガキには無理だろうけどな。

小林や吉本の全集でも読んでみろ。当時のインテリがどうやってマルクスを読んだか
ぐらいは書いてあるぞ。柄谷でも読むのがやっとか?


150 :名無しさん@社会人:04/05/17 15:55
マルクス経済学を知るために古典派を読んだ戦前の知識階級の話しならば
柄谷行人vs岩井克人の対談や浅田彰を加えた鼎談で触れられていたと思います。
終わりなき世界≠ゥな、記憶が瞹眛で申し訳ないですけど、一度ではないと
思います。

151 :名無しさん@社会人:04/05/17 19:23
原因は132の馬鹿さ加減で、チョン!

152 :名無しさん@社会人:04/05/19 09:37
吉本は日本のポストモダンですね。・・・・・・・・つまり知の欺瞞の代表。

ちょっとつつくだけで信者が大騒ぎ。

153 :名無しさん@社会人:04/05/19 22:34
騒ぐのは信者だけじゃないけどねw

154 :名無しさん@社会人:04/05/19 23:25
>吉本は日本のポストモダン
現代詩手帖で大澤真幸が指摘してたね。
しかも超えたやつがいないというお笑い。

155 :名無しさん@社会人:04/05/20 13:15
吉本信者でも誰でもいいから、
>>130のトンデモくんに応えたら?
欺瞞でも許すからw

156 :名無しさん@社会人:04/05/20 14:30
>>130
あえて対応させるなら寧ろ

自己幻想 : 想像界
対幻想  : 現実界
共同幻想 : 象徴界

というふうになるんでは?


157 :名無しさん@社会人:04/05/21 02:58
>154

ポストモダンというのは皮肉だよ。あんなうさんくさいものという意味。

158 :名無しさん@社会人:04/05/21 03:19
>>157
その軽薄短小なアイロニー表現(軽いノリの知)がポストモダン的だな。
その意味では反対に吉本はポストモダンから最も遠い思想家だと思う。

159 :名無しさん@社会人:04/05/21 05:32
>>157

馬鹿かお前はw

160 :名無しさん@社会人:04/05/21 21:04
大澤もスペンサーブラウンという詐欺師にまんまとひっかかったポストモダンなバカだな

詐欺師紛い物にだまされた第一世代 共産党にだまされたオールドインテリ
第二世代 吉本にだまされた団塊世代
第三世代 ポストモダンニューアカにだまされた「知の欺瞞」世代



161 :名無しさん@社会人:04/05/21 21:50
>>160

スペンサーブラウンの詐欺ってどういう詐欺なんですか?

37 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)