5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

文化人類学

1 :名無しさん:2000/02/12(土) 17:14
文化人類学ってどうよ?

2 :ウザいんだよ、童貞野郎:2000/03/16(木) 15:19
ゴミのくせに誰かに相手してもらおうなんていう根性が気にいらねえんだよ。とっとと消え失せろ。

3 :名無しさん@1周年 :2000/10/04(水) 03:48
age

4 :名無しさん@1周年 :2000/10/04(水) 08:08
そこまで言わなくてもいいじゃん。度量狭すぎ。

5 :博士(社会学) :2000/10/04(水) 10:42
>4 うーん、でも文化人類学専攻の人って、長いこと調査したんだとか
現地の言語知ってるとかっていう、変なエリート意識持ってない?
(別に、2の人の表現に賛同するわけじゃないけど)
さいきんでは、どの人の論文にはも、「ライティング・カルチャー・
ショック」とかポストコロニアルとか書いてあるけど、あれは結局植民地
主義・文化帝国主義を非難するという昔風な(冷戦前的な?)正義を
かざしてるだけでしょ? ああいう草木のなびき方みると、不毛な学問
なのかという気もするけど……

6 :博士(社会学) :2000/10/04(水) 10:45
>5 すいません、急いで書き込んだらミスがありました。
×どの人の論文にはも→○どの人の論文にも
×(冷戦前的な?)→○(冷戦終了前的な?)

7 :名無しさん@1周年 :2000/10/04(水) 12:00
>6
何を急いでたのか、いまいち理解できませんが。
それはともかく、山口昌男(で、字いいんでしたっけ。忘れてもた)や
中村雄二郎などが持ち上げたことによるバブルが崩壊したってだけでしょう。
ジャンル自体に別にもともと大した起爆力があるわけでもないし。

8 :学部1号 :2000/10/05(木) 03:27
>5
もしかして、結構論文とか読まれてます?
正義感は否めないですね。でも、それはどの学問にもありません?
ポスト構造主義的な世代はそんなことないはず。
もっと文化とかの根幹に関わる議論(コミュニケ論、儀礼論など)だと
思うんですけどねえ。

9 :博士(社会学) :2000/10/05(木) 10:08
>8 はあ、いちおう日本民族学会にも入ってます(幽霊会員化状態)。
5で「エリート意識」と書いたけど、むしろ虚勢というか? つまり、
ちょっとした調査報告でもスワヒリ語とかビルマ語とかに自分がいか
に精通してるか、という自己顕示(あるいはエクスキューズ?)が
しっかり付加されてるでしょ? でも、その執筆者の所属大学内でも
学会全体でも、その人のスワヒリ語とかビルマ語能力なんて、誰も判断
できないですよね。スリランカの何とか村の何クランで何ヶ月調査した
とか書いてても、ホントにその村でその人が何したかも分からないですし。
(ある有名なアフリカ学者は、自分は病気でテントで寝てたと言ってま
したが……) まあ、社会学界では、事例を扱う場合日本社会という誰で
も知ってるものであることが多いんで、あんまりこんな言説ってないん
ではということです。

なのかも?

10 :名無しさん@1周年 :2000/10/05(木) 20:11
ちきい

11 :名無しさん@1周年 :2000/10/06(金) 08:45
>9
青木保が著書のなかで、日本民族学会をいろいろ批判しているのを読
んだが、こういう背景も一因としてありそうですね。

12 :名無しさん@1周年 :2001/07/29(日) 00:28
http://www.globetown.net/~okaruto001/oide_s.mpg

13 :12:2001/07/29(日) 00:29
すまん間違った↑

14 :グロ:2001/07/29(日) 00:33
http://pub.idisk-just.com/fview/AMWNQoZiZYiWUJOfuuYdcvHM9CjpkjeEAOqYX1x2rJQyjguqh_UkRFM-kM4IPWTkTXdOOZG4ftg.mpg

15 : :01/11/18 09:03
そこまで言わなくてもいいじゃん。度量狭すぎ。

16 :記念巡り ◆KinenUYU :02/02/12 17:14
スレ誕生2周年記念カキコ。
2年で書き込みが16とは、少ない。

17 : :02/05/05 17:48
本家スレでもこんな閑散としてるから
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/min/996249255/l50
やっぱ文化人類学って昔のブームにすぎなかったんじゃない?

18 :kasutoriadisu:02/05/06 04:24
上野千鶴子なんかは文化人類学から入っているし、
恐れ多い山口昌男なんかの両義性・逸脱なんてのは全部社会学に通じる。
今村仁司だってそう。結局学問内部の区分けなんてくだらないと
私は思いますが。

19 :kasutaneda:02/05/06 09:23
上野んってべつに人類学ってわけじゃなく構造主義の枠使っただけとちゃうん?
社会学の場合、連字符社会学同士は交流ないしねぇ・・
そのくせ参考文献でけちつけられること多いが

20 :人類:02/05/07 11:13
http://ton.2ch.net/geo/
地理・人類学スレもよろしく。

21 : :02/05/16 09:55
流行はもう終わった

22 : :02/05/31 12:24
まだ残ってるんじゃない?
薄火くらいは

23 :○○人:02/07/01 23:46
文化人類学者ってけっきょくのところ大半の人が自己顕示欲過多だとおもう。
もしくは異文化万歳の人。

そうでなかったらできんわなぁ・・・。

けどこれをやっていて感じたことは学問のセクショナリズムはあまり意味ないなってことです。

24 :○○人:02/07/14 20:21
age

25 :vanisihing_point:02/07/14 20:36
今デジカメ
買ったから写真もあつめているかなー
オトハの写真集欲しいなー


26 :やってる人:02/07/15 12:48
>>23

禿堂。
無気味なぐらいアホが多いね。

入ってみて初めて分かったこの事実。

27 ::02/09/17 19:49
日本文化人類学会マンセー

28 : :02/09/30 17:32
社会学と文化人類学の違いってなんですか?

29 :スラッガー:02/09/30 18:17
文化人類学の基底にあるのは、異民族・異文化への興味
社会学にあるのは、自民族、共同体への興味
根本が違う

30 : :02/09/30 18:34
ありがとう

31 : :02/09/30 23:43
安くていい本おしえてよ。

32 : :02/10/01 01:41
ヒューマン・ユニヴァーサルズ―文化相対主義から普遍性の認識へ
ドナルド・E. ブラウン (著), Donald E. Brown (原著), 鈴木 光太郎 (翻訳), 中村 潔 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4788508125/qid=1028552983/sr=1-3/ref=sr_1_0_3/250-8923379-6482601



33 ::02/10/01 02:11
ていうか極めて別の意味でいいほんだな。安くは無いけど。
原著いつでたの?

34 : :02/10/01 02:38
1991年

Human Universals
by Donald E. Brown
http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/0877228418/qid=1033407401/sr=1-2/ref=sr_1_2/002-7118520-2512039?v=glance


35 :  :02/10/21 00:22
>>29
学部生? それとも馬鹿?

36 :さげ:02/11/28 10:11
だすれだね


37 :山崎渉:03/01/17 16:26
(^^)

38 : :03/01/24 17:21
http://www.isis.ne.jp/

http://www.maromaro.com/

http://www.tomita.net/

本を読もう


39 :記念巡り ◆GOKinenUYU :03/02/12 17:14
スレ誕生3周年記念カキコ。

40 : :03/02/17 07:16
文化人類学のトレンドってどうなってるんだろう

41 : :03/02/19 08:53
法人類学は新しい(皮肉

42 : :03/03/04 17:28
^ ^;

43 :山崎渉:03/03/13 13:03
(^^)

44 :山崎渉:03/04/17 10:04
(^^)

45 :  :03/04/18 03:24
社会人類学はどう?

46 :山崎渉:03/04/20 04:27
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

47 : :03/05/04 15:11
中根がほろぼしたようなもん

48 : :03/05/04 16:02
経済人類学は?人類史学は?

49 :ちんちん見せたい:03/05/07 12:31
ちんちん見せたい

50 : :03/05/07 19:22
経済

51 :bloom:03/05/07 20:21
http://homepage.mac.com/ayaya16/

52 :__:03/05/07 20:59
 ( ・∀・)/< こんなのみつけたっち♪ 
http://www.muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku07.html
http://muryou.gasuki.com/zenkaku/index.html
http://www.muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku08.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku10.html
http://www.muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku01.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku03.html
http://www.muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku02.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku09.html
http://www.muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku06.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku04.html
http://muryou.gasuki.com/zenkaku/index.html
http://www.muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku05.html

53 :山崎渉:03/05/21 22:12
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

54 :山崎渉:03/05/28 15:20
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

55 : :03/06/12 23:18
悲しき亜熱帯

56 : :03/06/13 04:26
バカな日本の文化人類学者たち

“パプアニューギニアの近接する部族を調査したM.ミードは、それらの社会で
男女の性差や行動様式が異なることを指摘した。男女の役割は、生物学的身体構造に
よって規定されるのではなく、個々の社会・文化で独自につくりあげられるものであるという
見方が、ミードの研究以降人類学の常識になっている。”
須藤健一http://www.cla.kobe-u.ac.jp/Asia/seminer/images/photo_sudou.gif
『文化人類学キーワード』(1997) 有斐閣双書 62頁

“ミード(M.Mead)は、生物学的原因によると考えられていた「思春期症」や「性」特有の
属性とされていた気質は、文化社会的産物であることをサモア、ニューギニアなどのフィールドワークで証明し、
普遍的でも不変的でもない文化社会的構造物である「ジェンダー」という見解を初めて示した。”
和智綏子http://www.jiu.ac.jp/guide/hk/wachi.jpg
『文化人類学最新述語100』(2002) 弘文堂 76頁



57 : :03/06/13 17:52
中川敏氏が漏れのお気に入り


58 :人間の商品化、全体主義への一歩:03/06/14 20:46
●●●マスコミの 「盗聴/盗撮」 は許されるの?その2●●●http://natto.2ch.net/mass/kako/988/988402795.html
864 名前: 文責:名無しさん 投稿日: 2001/05/25(金) 02:10
>>860
856じゃないけど、盗聴/盗撮は、トイレの音や、自分の過去、
今日その日思いついた事、買ったもの、自分の体までネタですよ、気持ち悪いですよ、
本当に大変だから、気軽にそう書かない方がいいですよ。(マジレス)
(笑)って冗談のように書く時あるけど、別に気楽な気持ちで書いているんじゃ
なくて、悲しい事を楽しく表現する事で、重い気持ちを無くしたいんです。じゃないと、体にくるから・・・

710 名前: 文責:名無しさん 投稿日: 2001/05/21(月) 19:44
>>709
だから、気が付かなきゃ良かったのに。
気が付いたから、メディア総出でお前らを精神病者か自殺に追い込もうとしてたんだ。
ゴミとか野良犬とか言ってやったろ。それでも生きてるお前らはよほど神経が図太いんだな。
演技もいい加減疲れたらしな?。仕方ないよ自分達が悪いんだから。

だとよ。


59 : :03/06/14 21:01
http://members.tripod.co.jp/poponss/casino.html


60 :a:03/06/16 00:17
>>56
禿堂

61 :山崎 渉:03/07/15 12:38

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

62 :@@ ◆uTfUeGw9mE :04/01/06 01:25
保守

63 :テスト:04/01/08 19:36
ラブレーは『パンタグリュエル』で 
偽善的な坊主について次のように書 
く。「すなわち、ぎくぎく、ぴくぴ 
く、ちょろちょろ、きゅうきゅう、 
くらくら、ばたばたやるばかり、す 
なわち愁訴密告を行うだけで…」。 
ここで使われている言葉culletant, 
couilletantには尻(cul)または生殖 
器(couilles)を語源に持つのである 
が、その翻訳可能性/不可能性がわ 
たしの扱うテーマとなるだろう。 

64 :テスト:04/01/08 19:40
ラブレーは『パンタグリュエル』で   
偽善的な坊主について次のよう   
に書く。「すなわち、ぎくぎく、ぴ   
くぴく、ちょろちょろ、きゅうきゅう、   
くらくら、ばたばたやるばかり、す   
なわち愁訴密告を行うだけで…」。   
ここで使われている言葉culletant,   
couilletantには尻(cul)または生殖   
器(couilles)を語源に持つのである   
が、その翻訳可能性/不可能性が   
わたしの扱うテーマとなるだろう。   

65 : :04/01/09 18:23
沼崎一郎先生マンセー

66 : :04/01/09 18:25
おや、まあ。

67 :  :04/01/09 18:44
祖父江孝男

68 : :04/01/09 19:21
祖父江が昔書いた中公新書を最近ブクオフで読んだが、今読むと酷い内容だね。

69 : :04/01/10 01:13
文化人類学者著のお勧めの本はないですか?

70 ::04/01/10 02:06
>>65
沼崎先生の情報ください。HPが古いので・・・

71 : :04/01/10 05:52
>>68
>祖父江が昔書いた中公新書

「文化人類学入門」だね。

72 : :04/01/20 06:22
>>69
『ヒューマン・ユニヴァーサルズ』がいい。

>>70

やつはフェミだよ。

メンズ・サークル・みやぎ
http://my-debut.or.jp/data/file00100.htm

73 :遊び猫:04/01/20 17:25
もともとは、植民地を統治するための調査。

ヨーロッパの研究者が日本を研究すると人類学、
日本人が日本を研究すると、歴史学、民俗学、その他その他、であって、
中身は同じでも「文化人類学」にはならない、という奇妙な(つまり、
学問というにはどうも躊躇がある)非対称性がある。

ルース・ベネディクト『菊と刀』が日本で受容された経緯を参照されたい。


74 ::04/01/20 20:11
文化人類学⊂社会学  でしょ?

文化の側面を重視して、
比較的近代化色の薄い地域を接近法で調査するのが文化人類学

75 : :04/01/20 20:12
本一冊読んでレポート書かなきゃいけないんだけどどういう形が望ましいのかな
ふつーにまとめ、考察とかになるの?

76 :遊び猫:04/01/20 20:33
>>74
自信を持って「⊂」をつけられるほどには両方について知らんが、
少なくともいまの日本の大学の「アンケート調査社会学」と
文化人類学は一線を画していると思われ。

方法論が違うでしょ?

文化人類学の対象はもともとは「無文字社会」だもの。
それが、レヴィ・シュトラウスの「無文字社会にも文化がある」という、
西ヨーロッパ文明の他者の発見に繋がるわけだが。


77 :遊び猫:04/01/20 20:40
>>75
んなもん、先生にお尋ねなさい。
って、最近の文化人類学がどうなってるのか知らにゃいにゃ。
昔もあまり知らにゃいにゃんが。
なんでも書けばたいていは…。

78 : :04/01/21 11:11
近代化した文明と未開地域との接触で起こる摩擦について
どういう考え方が一般的?

79 : :04/01/21 11:17
基本的に
自分たちと全く関わりのない小さな社会を調べることにどれほどの意義があるの?
社会のサンプルとして何かに還元すんの?

80 :(ナツ) ◆aFRIG6KgHQ :04/01/21 14:00

ややさん,自作自演が好きなんですね.人に忠告するの辞めたらいいのでは?

81 :遊び猫。:04/01/21 21:18
>>78
んだから、にゃ、もともとはその「未開地域」を‘文明化’して
支配しようとするための学問だったんだにゃん。
植民地主義の終焉とともに‘摩擦’もなくなるはずだったにゃんが。
いまなら‘クレオール’とか‘融合’とか‘受容’の問題になって
いるんだろうか?
ほいから人類学をやるからには「未開地域」という発想は捨てたほうがいいと
思う序。
すでに、僕の知っている限りでも「無文字社会にも文化がある」というのが、
定説らすぃ。

82 :遊び猫。:04/01/21 21:32
>>79
にゃいっ!!!って、にゃあ、悩ましいところなんよ。
つまり「社会に役立つ学問」という近代合理主義が、
近代諸学の危機を招き、あらためて学問の価値を定立しなければならない。
ところが、文化人類学、たぶん、社会人類学も(最後まで、この違いが
実感的には分からなかった)もともと「統治、支配の道具」として
始まり発達した学問だもんで、有用性という世俗の価値から独立した
「文化人類学の価値」というものを、まだ、確立していにゃい、と思われ。

っつうわけで、文化人類学の未来をかけて、みなしゃん、がんばりませう、
と励ましカキコでありまいた。

ま、面白いから、ってことでいいのではありますまいか。
<他者>の発見、文化の多様性の保持、その他その他、考えることは出来ますが。

すかす、容易でないねえ。
空間軸の<他者>の発見でなく、時間軸の<他者>の発見は
民俗学になっちゃうし。にゃどと、昔悩んだこともありましたにゃ。

83 : :04/01/22 00:29
>遊び猫。さん
ありがとうございます!勉強になります。

84 : :04/01/22 05:01
まあ単純に言えば、自分の社会では当たり前だと思っていたことが
他の社会ではそうでもなかったり、逆に全く異質な社会だと思っていたところに
共通するものがあったりするのがわかるっていうのが文化人類学だと思う。
そこから「近代合理主義ってどうなん?」みたいな疑問にもつながっていくわけで。

85 :遊び猫:04/01/22 19:42
>>84>>56との関連でいえば、「他の社会」、「他の文化」、つまりは<他者>を
どう捕らえるか、というのが、日本では難しい、とも言える。

近代合理主義云々は言い出しっぺで申し訳ないが、いまは、ちょと、パス。
ヨーロッパ諸語、っていうほど知らんが、まあ、英語とフランス語で、
「人間(man)」というのは成人男子のことで、他は数のうちにはいらない。
ところがサモアでは、日本でも、男も女も子供も老人もみんな「人」で、
そこで、男性の<他者>としての「女性」を発見できた、という文脈もあるかと。

日本なら「女の文化」と「男の文化」が相補的に成立しているから、
‘男と女の文化の違い’というのもあり、かな?だからにゃんだ、と言われても
困るにゃんが。ほんと、対象を絞りにくいのよ。一時なんでも人類学をつけるのが
はやったっけが。

応援上げ。

86 :@@ ◆uTfUeGw9mE :04/02/22 17:34
このスレが埋め立てのターゲットになるのはいつ頃だろうか・・・

87 : ◆9/rcZwCf.Q :04/02/23 22:54
避難・・・

88 : ◆9/rcZwCf.Q :04/03/23 11:34
ちょうど1ヶ月
書き込みなし・・・保守

89 :@@ ◆uTfUeGw9mE :04/04/16 01:34
ご苦労さんです。
このスレはしばらくは心配いらないと思いますが・・・

90 :名無しさん@社会人:04/04/29 16:42
記念にしこり

91 :名無しさん@社会人:04/04/29 23:25
記念カキコ

92 :名無しさん:04/05/08 01:26
総じて、下ネタが多い気がします。<文化人類学

93 :名無しさん@社会人:04/05/15 13:48
このスレも古いねえ

94 : ◆9/rcZwCf.Q :04/05/21 23:26
約2ヶ月たった
書き込み数・・・5
保守

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)