5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

社会学=有名人のウワサ

1 :名前いれてちょ:04/01/09 02:23
このスレの上位常連スレを見ると個人名ばかり。
宮台をはじめとして、村田、小室、阿久津、北田、といった面々の
ウワサ以外に話すことはないのか?
この人達を絡めないと学問の話も出来ないのか?

なぜ、こういう状況に陥っているか、語ろうぜ。


2 :(ナツ) ◆K8EfEbyWG6 :04/01/09 02:36

2chが飽きられた.

連続登校で書き込めねぇそちらで書き込んでくれ.

3 : :04/01/09 14:14
>>1
それが面白いから。

4 :っj:04/01/09 18:49
>>3
全然おもしろくねぇぞ。
こんな事だから、社会学は不要な学問って言われるんだよ。

5 : :04/01/10 03:14
>>1
それが楽しいから。

6 ::04/01/10 19:34
せめて話をするなら、倉木スレか香山スレにしろ。
キモイ男連の話はするな

7 : :04/01/10 21:32
>>1
それが気に入っているから。

8 : :04/01/11 09:54
>>4
それらのスレが盛況なのは、面白いからでは?

9 : :04/01/12 01:55
>>6
激しく同位だ。麻衣ちゃんは可愛い。

10 : :04/01/13 04:00
村田や阿久津は人気者なんだから当然。

11 :中年白太り男のエロケツを舐めてこそラストサムライ:04/01/13 21:46
私が抱きついてゆくと三島さんは急に体の向きを変えて抱き返してきて
小さな声でささやいた。
「しばらくぶりだったね、会いたかったよ。」
、、、、懸命に三島さんの首から、胸、腹に、強いキスを浴びせかけていった。
、、、三島さんはこちらが驚くほどの、甘えた子供のような声をほとばしらせた。
1966年、昭和41年8月27日、熊本、ホテル・キャッスル。
三島由紀夫42歳、福島次郎36歳、熱い再会だった。
http://cgi.din.or.jp/~yossiy/cgi-bin/umeboard10.cgi?task=view&mnum=93
「林さんはもう駄目です。」
「え?」
「もうだめです。あの人、右と左の両方から金をもらっちゃった。」
林とは勿論、右翼の論客・林房雄である。
1970年・昭和45年の9月のある日、場所は銀座「浜作」
呼ばれて駆け付けた毎日新聞徳岡孝夫は『五衰の人』のなかで書いている。
「、、それまで私が見たことのない、世間の人が三島に想像したこともない、
投げ遣りな姿と言葉遣いだった。、、(林房雄に対する怒りは)執拗であった。
普段そんなに飲まない人が、少し自暴自棄に酔っていた。」
同席していたのは三島の実弟・平岡千之氏だ。
徳岡孝夫も千之氏も林房雄の背信行為を呪う三島の言葉を黙って聞いていた。
三島事件のおよそ2ヶ月前である。
「・・・・私の方から三島さんの体を強く抱きしめ、その首筋に、激しいキスを
しゃぶりつくようにしたのだった。三島さんは、身悶えし、小さな声で、わたしの
耳元にささやいた。
「ぼく、、、幸せ、、」
歓びに濡れそぼった、甘え切った優しい声だった。・・・」
「、、私は、頭に灰かぐらをかぶったまま、キスを続けた。私の体よりもずっと小さく細い、
三島さんの体は腰が抜けそうに、私の両腕の中で、柔らかくぐにゃぐにゃになっていた。、」
http://www2u.biglobe.ne.jp/~horizon/misima.htm


4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)