5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

安倍晋三をバカと断言する宮台真司

1 :小泉:03/09/27 01:35
北朝鮮問題に関して。
いまの状況をどう見てるのか?

2 :  :03/09/27 01:51
2

3 : :03/09/27 01:52
3?

4 : :03/09/27 01:53
4

5 : :03/09/27 01:59
宮台真司の警告 http://www.miyadai.com/message/?msg_date=20030924 について

「北朝鮮の拉致問題と宮台真司」
■朝鮮総連関係者を含めて「拉致被害者の永住帰国、許すまじ」という具合に、北朝鮮の
国益を意識し、義憤に駆られた人たちも多いことでしょう。このとき宮台真司は、「永住
帰国させたら必ず核カードを切るぞ」と、ラジオや文章で繰り返し警告していました。
■同じ時期、北朝鮮も「永住帰国させたら強力な対応措置を取る」と日本政府に警告して
いました。ここで思い出してほしいのが「表現と表出は違う」ということです。北朝鮮の
警告は日本政府にも伝わりましたが、宮台真司の警告は日本政府に伝わりませんでした。
■宮台真司は警告した「つもり」ではいますが、TBSラジオを聴いている若者などに
「警告(?)」しただけで、日本政府を動機づけることはもちろん、日本政府に伝えるこ
とにすら失敗したのです。このようなことが「表現と表出は違う」ということです。
■北朝鮮は米国政府を相手に「核カード」を切るに至りました。米国の対応次第では核ミ
サイルを実戦配備すると脅してきたのです。宮台真司は北朝鮮が核カードを切るに至って
日本政府側が交渉の上で不利になったとして、外交を分かっていないと言いました。
■どうも宮台真司は、外交が駆け引きであることを分かっていないようです。北朝鮮がお
かれた立場を考えましょう。北朝鮮は核カードを切ってしまい、国際社会を敵に回し、国
際社会での立場を悪化させ、米朝直接協議の実現に失敗しました。
■その結果、6カ国協議に引きずり出され、そこでの交渉でもまた失敗を犯し中国やロシ
アとも関係を悪化させるに至ったのです。

6 ::03/09/27 02:03
実は一番馬鹿で無知な宮台

7 : :03/09/27 18:37
『絶望から出発しよう』では安倍の言動を「まさに売国的、国賊的行為」と断罪
してたな。「あれが右と呼ばれるのは絶対に肯首しがたい」ともね。


8 : :03/09/27 18:55
>>5
日本の国益を損なうことになるだろう、って話に
「北朝鮮は不利な立場に追い込まれてるぞ!」なんていって反論になると考える。
理解不能な思考回路の持ち主だな。人の不幸は蜜の味、ってか?(笑

こういう文脈を理解できないバカは救い難い。

9 : :03/09/27 19:28
>>8
北朝鮮を不利にしたほうが、
交渉上都合がよく、結果的に日本の国益になる可能性が高いが。

ミヤディーってその程度も考えてなかったの?

馬鹿という人が(ry

10 : :03/09/27 19:32
宮台真司の警告 http://www.miyadai.com/message/?msg_date=20030924 について

「北朝鮮の拉致問題と宮台真司」
■朝鮮総連関係者を含めて「拉致被害者の永住帰国、許すまじ」という具合に、北朝鮮の
国益を意識し、義憤に駆られた人たちも多いことでしょう。このとき宮台真司は、「永住
帰国させたら必ず核カードを切るぞ」と、ラジオや文章で繰り返し警告していました。
■同じ時期、北朝鮮も「永住帰国させたら強力な対応措置を取る」と日本政府に警告して
いました。ここで思い出してほしいのが「表現と表出は違う」ということです。北朝鮮の
警告は日本政府にも伝わりましたが、宮台真司の警告は日本政府に伝わりませんでした。
■宮台真司は警告した「つもり」ではいますが、TBSラジオを聴いている若者などに
「警告(?)」しただけで、日本政府を動機づけることはもちろん、日本政府に伝えるこ
とにすら失敗したのです。このようなことが「表現と表出は違う」ということです。
■北朝鮮は米国政府を相手に「核カード」を切るに至りました。米国の対応次第では核ミ
サイルを実戦配備すると脅してきたのです。宮台真司は北朝鮮が核カードを切るに至って
日本政府側が交渉の上で不利になったとして、外交を分かっていないと言いました。
■どうも宮台真司は、外交が駆け引きであることを分かっていないようです。北朝鮮がお
かれた立場を考えましょう。北朝鮮は核カードを切ってしまい、国際社会を敵に回し、国
際社会での立場を悪化させ、米朝直接協議の実現に失敗しました。
■その結果、6カ国協議に引きずり出され、そこでの交渉でもまた失敗を犯し中国やロシ
アとも関係を悪化させるに至ったのです。北朝鮮が不利な立場になったことにより、交渉
上日本側にとって都合が良い状態になり、結果的に日本の国益を高める可能性が増えまし
た。

(原作者さん、改変させてもらったよ。文句言わないでね。)

11 :  :03/09/27 20:59
自信満々に自説を語りまくっていた宮台が師匠である小室に結論を否定されたところ
何の反論も無く慌てふためいて自説を撤回(修正?)したのには失望した。
これがコバヤシだったら、なんらかんや理屈こねて、「無教養極まりない」とか断定して、屈することしないだろうに
(結局彼も真理の探求者なのではさらさらなく、ただの目立ちたがりやの権威主義者。トラの皮を借りていきがっている狐だとわかっってしまった一瞬)



12 : :03/09/27 21:25
>>9
>北朝鮮を不利にしたほうが、交渉上都合がよく
はい、こういう症状を「文脈が理解できない」といいます。
宮台的にいうと「忘却の箱庭の住人」でしょうか。

第一に、交渉ってのはカードを持っていて初めて成立する。
「不利な状況に追い込まれることを恐れて」交渉を持ちかけてきた北朝鮮の
意図を読めず、「仲介」というカードを切る能力も意図もないことを証明
してしまった日本に、北朝鮮に対して切るいったいどんなカードがあるの?

次に、確かに北朝鮮が追い込まれることは、現状ではともかく
長期的には日本に資する可能性がある。しかし問題はそれが「最善の選択」
であったかどうか、ってことなのであってね。単に「利得がある」ってのは
最善を意味しない。機会費用の話ね。

さらに、バカな>9は「北朝鮮を不利にしたほうが」なんて言っているが、
そもそも日本は「北朝鮮を不利する」ことを積極的に選択したわけじゃない。
なすがままに任せていたらそうなっただけ。
宮台は根本的には当事者能力のなさを問題にしているのであってね。

13 :短足同士、いいようにカモられて空しくはないのか?:03/09/27 22:34
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/jyunkin08.htm
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~ubukata/oriori/ori_files/1995/0815_1.html
【日本】           【北朝鮮】
・極端な短足        ・短足
・従軍慰安婦用に拉致強制連行・女子中学生を強制拉致
・タクアン自慢       ・キムチ自慢
・IQが低いと愛国右翼   ・IQが無くても愛国右翼
・家が狭く貧乏臭い生活   ・貧乏で家が無い生活
・国中が主体思想のような創価靖国カルト・国中が創価靖国カルトのような主体思想
・マツタケに異常に興奮     ・興奮してマツタケ狩り
・天皇「陛下」(Pu      ・将軍「様」(Pu
(しかしよくもまあ、只の寸足らずのオッサンを天皇陛下だとか将軍様などと
呼べるもんだなあ、恥ずかしくはないのか、オッサン只の雇われ公務員だろ)
・顔が朝鮮朝顔         ・顔が日本朝顔
・国民皆奴隷制         ・人民皆奴隷制
・愛子「様」がぐったり系デブ  ・金正男「様」がぐったり系デブ
・朝鮮人と実の兄弟       ・日本人と実の兄弟
・右翼が兄弟喧嘩で国民をカモる ・軍人が兄弟喧嘩で人民をカモる
http://www.lita.com/appealj/ningenno.html

http://www.asahi-net.or.jp/~tq8r-tnk/020316.htm
昨夜、金正男と安倍晋三が揃って皇居の石垣をよじ登る。


14 ::03/09/27 22:42
>>11
何ついて?
聞いたことないけど

15 :  :03/09/27 22:53
確か「天皇主義者氏ねオメー」とかいきまいてた頃で、コバヤシと舌戦を繰り広げていた頃、宮台が「小室先生は私の師匠で(小室師)・・」
と紹介して小室との対談となった。
そして話がアノミー化社会のことになると、小室はお決まりのカルヴァン・ルター予定説を語り始める。
話が水戸学に及ぶと、宮台は日本史に無知でたぢたぢ。その後「日本復活には天皇あるのみ」という結論になる。
かねてから「天皇マンせーはアホ、開かれた社会の敵!」と主張してきた宮台はこの結論に唖然。
その後、頭も禿げて精神的に荒廃状態になる宮台。
最近の著作では、従来の理論と小室天皇主義を折衷したような説を展開してる。
(田吾作だの真の尊王だの)





16 : :03/09/27 22:55
>>1
無闇にスレ立てんじゃねえよ厨房。

17 :前田:03/09/27 23:21
>>12
ここにも浅はかな人がいますねえ。困ったものです。
いいですか?
もし人質を北に一旦もどしたとしましょう。
その後もし、北との交渉がうまくいかなくなって
一旦もどした人質が帰ってこない状態になったら、
小泉政権は、非難されて政権基盤があやうくなる。
日本に帰ってきた拉致被害者を、そのまま日本にいさせる
ことができたにもかかわらず、あえて北に一旦返すという
選択をした小泉のせいで、拉致被害者とまたわかればかれに
されてしまった、小泉は拉致被害者を見捨てたとかいろいろ
非難されるでしょう。
そのような危険性をおそれて、小泉は、北との交渉がこじれないように
北との交渉に弱腰にならざるをえなくなるのではないでしょうか?

拉致被害者を北に一旦もどしてしまうことによって、
(もどさなければずうっと日本にいられるにもかかわらず)
小泉は、北とこじれると北に戻した拉致被害者が帰ってこれなくなるという
(そうなったら、自分に対する批判がつよまり政権を維持できなくなるかも
しれないなどの)懸念から
北との交渉に弱腰で望まざるをえなくなり、
交渉の選択肢を弱めてしまう危険性はないのでしょうか?

このへんのことをどうお考えなのでしょうか


18 : :03/09/27 23:22
宮台って結局パクリなんだな

19 :前田:03/09/27 23:26
それからこれは宮台さんにいいましょう。
なにが国益なのかはクリアではないのだから、
自分の国益解釈でもって相手に対して安易に「国賊」なんてレッテルをはるような
レトリックを
使うならば、宮台さんの方もどうようのレトリックで「国賊」なんて
レッテルを簡単に貼られる
ようになるんですよ。
そういうレッテルはり合戦は意味がないということはわかりますよね?
もっと賢くなってくださいな。

20 : :03/09/27 23:38
誰か>>17>>19の文章を宮台風の文章にして。

21 : :03/09/27 23:53
>>20
こういう文章?

■人質(拉致被害者)を北朝鮮に一旦もどしたとしましょう。その後、もし、北朝鮮との
交渉がうまくいかなくなって、一旦もどした人質が帰ってこない状態になったら、日本政
府は非難されて、政権の基盤があやうくなるわけです。
■日本に帰ってきた拉致被害者を、そのまま日本にいさせることができたにもかかわらず、
あえて北に一旦返すという選択をした日本政府のせいで、拉致被害者とまたわかればかれ
にされてしまった、日本政府は拉致被害者を見捨てたとかいろいろ非難されるでしょう。
■そのような危険性をおそれて、日本政府は、北朝鮮との交渉がこじれないように北朝鮮
との交渉に弱腰にならざるをえなくなるわけです。これは小学生でもわかる簡単なことな
んですね。
■拉致被害者を北朝鮮に一旦もどしてしまうことによって、(もどさなければずっと日本
にいられるにもかかわらず)日本政府は、北朝鮮との関係がこじれる。すると、北朝鮮に
戻した拉致被害者が帰ってこれなくなるという(そうなったら、自分に対する批判がつよ
まり政権を維持できなくなるかもしれないなどの)懸念から北朝鮮との交渉に弱腰で望ま
ざるをえなくなり、交渉の選択肢を弱めてしまう危険性があるわけです。
■「なにが国益なのか」はクリアではないのだから、自分の国益解釈でもって相手に対し
て安易に「国賊」なんてレッテルをはるようなレトリックを使うならば、宮台さんの方も
どうようのレトリックで「国賊」なんてレッテルを簡単に貼られるようになるわけです。
■そういうレッテルはり合戦は意味がないということはわかりますよね。民度が低い日本
の愚かな社会学者がもっと賢くならないといけません。僕はこんな日本の状況に絶望して
いるのです。

22 :    :03/09/28 00:07
晋三が阿呆晋三であることは、事実だし、真実だし、常識でしょ。
あの人のおかげで、あの5人はよりいっそう不幸になってしまったのは
事実だし。

23 : :03/09/28 00:12
122 名前:     :03/08/28 00:02
晋三はアホ

123 名前:     :03/08/28 00:08
晋三は天才

そんなことはどっちでもいい。

24 : :03/09/28 00:20
>>17
浅はかねえ。。頭悪いなあ。この人も「文脈」というものが
理解できないらしい。

>一旦もどした人質が帰ってこない状態になったら、
>小泉政権は、非難されて政権基盤があやうくなる。
「危うくなる」かどうかは文脈しだいだねえ。

で、国民の多くがこの前田って人が無自覚にも書いているような
「そのまま日本にいさせることができたはずだ」という期待を
抱いていることを前提とすれば、たしかに「危うくなる」わけで、
しかも事実は確かにそのようではあったわけだ。

だけど、そういう「文脈」を作った、少なくとも何の手当てもせず
放置しておいたのは誰?
あのねえ、そもそも北朝鮮と拉致被害者の「一時」帰国の約束をしたのであれば、
そのことの意味を、つまり「そのまま日本にいさせることはできない」
ということを説明し国民を説得する義務があるわけ。第一義的にも、日本国の
国益上も、あるいは政権自身の保身の意味からもね。

あるいは逆に、国民を納得させることが出来ないのなら、
そもそも北朝鮮とそのような「望まない」約束は最初からすべきでない。

要は、君は宮台を理解するには知恵が足りない、ということだ。
「状況」を作為あるいは不作為の結果ではなく、あたかも自然現象のごとく
みなしていることに無自覚過ぎる。作為の契機が欠如しまくり。

25 : :03/09/28 00:38
拉致被害者が北朝鮮にいるのは自然現象ですよ。

26 :前田:03/09/28 01:11
浅はかというより単なるバカでしたね。
相手をしただけ時間の無駄でした。

>で、国民の多くがこの前田って人が無自覚にも書いているような
>「そのまま日本にいさせることができたはずだ」という期待を
>抱いていることを前提とすれば、たしかに「危うくなる」わけで、
>しかも事実は確かにそのようではあったわけだ。

”そのまま日本にいさせることができたはずだ”というのは期待ではなくて
単なる事実です。

一旦北もどした拉致被害者が交渉がこじれて再び日本に
戻ってこれなくなった場合に、
”北に返さないこともできたにもかかわらず、返すという選択をした
小泉の征次責任”が問われることになるのも自明です。
”北に戻すか””北に戻さないか”という選択肢があってどちらかを
選択した以上その結果責任が問われるのは政治家として当然のことです。

もちろん、北に戻さないという選択肢がそもそもないのなら、責任が問われることが
ないのは言うまでもありません。

ここには自覚も無自覚もありません。
返すべきかどうかという価値論が問題になっているのではなくて
たんなる事実認識とそこからもたらされる推論を展開しているだけです。
駄目ですねえ。



27 :前田:03/09/28 01:15
>だけど、そういう「文脈」を作った、少なくとも何の手当てもせず
>放置しておいたのは誰?

だから、文脈もなにも”返さないこともできた”というのはたんなる事実
なんです。
そもそも、返すか返さないかという選択肢が存在したから、その選択を
めぐって議論がおこっているのでしょうに。
駄目ですねえ。



28 :前田:03/09/28 01:27
>あのねえ、そもそも北朝鮮と拉致被害者の「一時」帰国の約束をしたのであれば、
>そのことの意味を、つまり「そのまま日本にいさせることはできない」
>ということを説明し国民を説得する義務があるわけ。第一義的にも、日本国の
>国益上も、あるいは政権自身の保身の意味からもね。

もはや支離滅裂になってますね。
まあもともと理路整然とはなすことができない人なのでしょう。

まず、”「一時約束」をしたのであれば”という条件節について、

1:そもそも「一時約束」というのはあったのですか?
2:あったとすれば、どういうレベルの「約束」だったのですか?

ということをまずはっきりさせてくださいよ。
そういう約束がないのならば、「あれば」の前件が偽になるのだから、
あなたの、

”そもそも北朝鮮と拉致被害者の「一時」帰国の約束をしたのであれば、
そのことの意味を、つまり「そのまま日本にいさせることはできない」
ということを説明し国民を説得する義務があるわけ”

という言い分を仮にみとめたとしても
拉致被害者を北にもどす義務があるなんてことを国民に説明する必要はまったく
ないことになるわけです。


29 :前田:03/09/28 01:35
>あるいは逆に、国民を納得させることが出来ないのなら、
>そもそも北朝鮮とそのような「望まない」約束は最初からすべきでない。

すべきではないといってますけど、そもそもそういう約束はあったのですか?
ソースをおしえてくださいよ。脳内ソースじゃだめですよ。


>要は、君は宮台を理解するには知恵が足りない、ということだ。

なんでここで”宮台を理解する”なんて言葉がでてくるんですか?
わたしはあなたに反論しているんですけどね?


>「状況」を作為あるいは不作為の結果ではなく、あたかも自然現象のごとく
>みなしていることに無自覚過ぎる。作為の契機が欠如しまくり

独り言ですか?
だいたいそんなことをいいだしたら、
”そもそも拉致被害者が北にいたのは誰のせいか”
という作為をわすれてるなんて言い争いになるだけですよ。
不毛な論争を口火を切るのはやめたほうがいいとおもいますよ。
もっと賢くなってください。


30 :  :03/09/28 01:51
俺も晋三はあほだと思う。総書記もそうおっしゃってるわけだし

31 :24:03/09/28 02:47
>前田サン

>そもそも「一時約束」というのはあったのですか?
一時約束ではなく(一時約束って何?)、一時帰国の約束ね。これは私の
表記法が悪かったかも。ソース?幾らでも見つかると思うけど例えばこれね。
http://news.kyodo.co.jp/kyodonews/2002/niccho/news/20021010-141.html

あるいは、
http://www.nikkei.co.jp/sp2/nt25/20021015E3KI05I515025002.html
「ご滞在」という表現に注目してね

32 :24:03/09/28 03:04
>”そのまま日本にいさせることができたはずだ”というのは期待ではなくて
>単なる事実です。
またも「文脈」が理解できない頭の悪さ。拉致被害者の
永久帰国の「物理的可能性」に関する期待の話なんかしてないだろうに。
それが「物理的には」可能なことは幼稚園児にも自明な話だ。
そういう話をするのなら、物理的実力を行使して拉致被害者を
奪還することだって「物理的には」かなりの蓋然性で可能だよ。(笑)


いいですか、そういう物理的な可能性に関する期待の話ではなく、
法的、あるいは国益上の正当性に関する国民の期待の話をしています。

「小泉は拉致被害者を見捨てた」みたいな非難があり得るとすれば、
それは「一時帰国」した拉致被害者を永遠に日本に留めておくことが
合法であることはもちろん国益にもかなうことだ、少なくとも損なわない
という「期待」が国民に抱かれているばあいで、そのような「期待」が
たしかに存在していたことが事実であるのは既に述べたとおり。

それからそういう「間違った」期待が現に存在していたという事実そのものが、
政府の作為の欠如の現れであることも既に述べたとおり。

であるから、政権の保身に反する「状況」をもってして北朝鮮との約束を
反故にしたことを正当化することはできない。自分の不作為の帰結じゃないか。
というか、そもそも政権の保身への貢献をもって政策を正当化しよう、
という発想が私の理解を越えるが。


33 :24:03/09/28 03:06
永久帰国⇒永住帰国

34 :age:03/09/28 03:13
相手が拉致を行うという不当な状況下なので、
北朝鮮とどんな約束を交わしていようと、
その契約は「不当な」契約である。
不当な契約は履行する義務はない。

よって、拉致被害者を、北朝鮮との約束に反して
返さなかったからといって、非難を受ける言われはない。



35 :age:03/09/28 03:15
不当な契約は契約ではないというのは法律の常識。

36 : :03/09/28 08:53
>>31
日本は北朝鮮に対して、必ず拉致被害者を北朝鮮に送り返すと約束したの?
「日本が拉致被害者を北朝鮮に送り返すと約束した」というソースはあるんですか?
日本が送り返す義務をおう、という約束をした事実はあるんですか?

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)による
日本人拉致事件で生存が確認された被害者の
蓮池薫さん(45)ら五人が十五日に一時帰国することが
日本政府と北朝鮮との交渉で九日、決まった。
福田康夫官房長官が記者会見で発表した。
http://news.kyodo.co.jp/kyodonews/2002/niccho/news/20021010-141.html

37 : :03/09/28 08:55
拉致被害者が日本に永住帰国することを望んでいないという
北朝鮮の主張と、当初、拉致被害者自身も北朝鮮に戻ると言っていたから
「一時帰国」だと言い表していただけで、
「日本が拉致被害者を北朝鮮に送り返すと約束した」ことにはならないですよ。

38 : :03/09/28 08:59
よって、
>>24
>あのねえ、そもそも北朝鮮と拉致被害者の「一時」帰国の約束をしたのであれば、
>そのことの意味を、つまり「そのまま日本にいさせることはできない」
>ということを説明し国民を説得する義務があるわけ。
ということは一切ありません。

>>24という人の考えは破綻していますが。

39 :ぷぷぷぷ:03/09/28 09:12
拉致被害者が日本に居たいと言ったら
日本政府はどのような法律を根拠に北に
行けといえるか。そもそも日本政府は
特定の日本人に「貴方は北に行け」という
権限があるのか。もしもそのようなことを
言ったら居住移転職業選択の自由を侵害する
ことになる。だからもしも日本政府が拉致被害者
の意に反して北に行かせないのなら問題だが
そもそも被害者が積極的に戻る意向を示さない
以上北に行かせることは許されない。
また,在北被害者家族の安全対策上
拉致被害者の責任において北に行かないと
するよりも日本政府の責任で決定した
北に行かないとすることにするのがベター。
ミヤダイは援助交際のことを話せばよい。
憲法学について自信があるようだが
その憲法学知識は新聞記者レベル。
奥平を我妻・団藤と並べるなんて
法学部の人間には考えられない位
イタイ発言をしているよ。


40 : :03/09/28 09:18
ちなみに、あなたが考える我妻・団藤クラスの憲法学者は誰?

41 : :03/09/28 15:22
39ではないが憲法学者は芦辺。

奥平は比較にはならないが、参考にはする。
奥平が日本最高ということはありえない。

42 : :03/09/28 15:33
>>41
宮台の脳内「日本一」が奥平でしょ。

アシベ死んだけど、宮台の脳内は・・

43 :ウィンナーちんぽ:03/09/28 15:40
小室の脳内日本一が奥平。



44 : :03/09/28 16:03
日本政府が拉致被害者を永住帰国させますといったとしても、
その後すぐにでも拉致被害者が「北朝鮮に帰ります」と言えば、
日本政府は「北に返さない!」とは言えないしできない。

45 : :03/09/28 16:05
今、拉致被害者が「北朝鮮に帰ります」と言えば、
日本政府は「北に返さない!」とは言えないしできない。

46 : :03/09/28 16:20
脳内例ありがたう

47 :ぷぷぷぷ:03/09/28 20:39
宮台さんの憲法学の知識では奥平が団藤・我妻と並ぶんだよ。
法学の人間に聞いてみろよ。そんなこと
言う奴が居るかどうか。学者のランクなんてどうだって
いいなんて言うなよ。社会学のレベルでいえば
ニタガイがウエーバと並ぶという位の発言だぞ。
拉致被害者だけど日本に居たいって言ってるだろ。
宮台の発言は無意味じゃないか。それから
北の核開発は10年以上前からやってる。なんだかんだ時間と金を
かせいで核を持ったら北も強国の仲間入りだ。先軍政治なんだから
国民みんな餓死させたって金正日は核を持ちたいんだよ。
宮台は勉強して欲しい。憲法学の見取り図もね。




48 :24:03/09/28 21:54
↑こういう「ヤクでもやってんのか、こいつ?」と思わずにはいられない
分裂症的な文章(?)を書く、最低限の表現力すら持ち合わせない
ボクチャンが、リアルで「宮台は勉強して欲しい。」なんて大見得切る
ところを目撃できる!これぞ2chの醍醐味ですな。

49 :>47:03/09/28 22:15
団藤=刑法 我妻=民法 奥平=憲法 ということが言いたいのか
団藤=大物 我妻=大物 奥平=小者 ということが言いたいのか
団藤=ウヨ 我妻=ウヨ 奥平=サヨ ということが言いたいのか

わからなくて悩んだのだが、48の説明ですべては氷解した。

50 :              :03/09/28 22:20
>>49
>団藤=刑法 我妻=民法 奥平=憲法 ということが言いたいのか

いくらなんでもそれはないでしょう


51 :前田:03/09/28 22:32
もはや単なるバカから白痴級のバカになってますね。
バカはうつるといいますから人にうつさないように
してくださいよ。
頼みますよ。

>>そもそも「一時約束」というのはあったのですか?
>一時約束ではなく(一時約束って何?)、一時帰国の約束ね。これは私の
>表記法が悪かったかも。ソース?幾らでも見つかると思うけど例えばこれね。
http://news.kyodo.co.jp/kyodonews/2002/niccho/news/20021010-141.html

>あるいは、
http://www.nikkei.co.jp/sp2/nt25/20021015E3KI05I515025002.html
>「ご滞在」という表現に注目してね


どうやら頭のねじが5,6本緩んで取れかかっているようですね。
読んでいてかわいそうになってきましたよ。

52 :前田:03/09/28 22:32
あなたの出したソースのどこに、拉致被害者を一旦北に戻すという約束をしたということがかいてあるのですか?
”滞在は二週間程度の予定”というのは、たんに当初の予定としては2週間程度の
滞在になるということであって、べつに、日本政府は北と拉致被害者を一旦北に
戻す約束をしたということは含意されませんよ。

ニュース報道で「ご滞在」という表現がつかわれたという事実は、
日本政府が北と拉致被害者を一旦北に
戻す約束をしたことを確証するのですか?

それから、
わたしは>>28
>まず、”「一時約束」をしたのであれば”という条件節について、

>1:そもそも「一時約束」というのはあったのですか?
>2:あったとすれば、どういうレベルの「約束」だったのですか?

>ということをまずはっきりさせてくださいよ。

という二つのことを聞いたのですが、
2の方の回答はどうしたのですか?


53 :前田:03/09/28 22:33
仮にあなたが言うとおり”約束”があったとしても、

”約束”にはいろいろなレベルのものが存在します。
国家首脳どうしによる正式な書面を交わす約束から、役人や関係者どうしの
あうんの口約束まで。

あなたが日本が北と交わしたという”一時帰国の約束”というのは、
そのさまざまなレベルのうちどのようなものなんですか?
小泉総理大臣が、国民にたいしてその約束の履行を義務づけられるレベルの約束だったのでしょうか?

>>24

>あのねえ、そもそも北朝鮮と拉致被害者の「一時」帰国の約束をしたのであれば、
>そのことの意味を、つまり「そのまま日本にいさせることはできない」
>ということを説明し国民を説得する義務があるわけ。

なんて書いてますけど、
あなたがいう日本が北と交わしたという約束が、

総理大臣をして、拉致被害者について”「そのまま日本にいさせることはできない」
ということを説明し国民を説得する義務”

が発生するようなレベルの約束であったという根拠はなんなのですか?
きちんと根拠を添えて説明してくださいよ。
頼みましたよ。

54 :前田:03/09/28 22:36
>またも「文脈」が理解できない頭の悪さ。拉致被害者の
>永久帰国の「物理的可能性」に関する期待の話なんかしてないだろうに。
>それが「物理的には」可能なことは幼稚園児にも自明な話だ。
>そういう話をするのなら、物理的実力を行使して拉致被害者を
>奪還することだって「物理的には」かなりの蓋然性で可能だよ。(笑)

これだから、バカは困ります。
事実として、”拉致被害者を返さないという選択が可能である”ことを書いたわたしの
文章を、その文脈を理解できずに、”「そのまま日本にいさせることができたはずだ」という期待”
なんて読み替えたのは田吾作太郎君の方でしょう。
自分が文脈を理解する能力が欠落しているからといって、他人をののしってはいけませんよ。
しっかりと反省してください。


>いいですか、そういう物理的な可能性に関する期待の話ではなく、
>法的、あるいは国益上の正当性に関する国民の期待の話をしています。

ですからその法的な正当性の話しをするためにも、
>>22の2つの質問にきちんと答えてくださいよ。
再度お願いしますよ。
それからあなたは宮台信者のようだから、
一言付け加えておきますけど、
北と約束があったとしても拉致被害者を北に戻す義務がかならずしも
発生するわけではないことは丸激で宮台さんも見とめていますよ。
丸激の過去の回を聞いてみてください。

55 :前田:03/09/28 22:37
>「小泉は拉致被害者を見捨てた」みたいな非難があり得るとすれば、
>それは「一時帰国」した拉致被害者を永遠に日本に留めておくことが
>合法であることはもちろん国益にもかなうことだ、少なくとも損なわない
>という「期待」が国民に抱かれているばあいで、そのような「期待」が
>たしかに存在していたことが事実であるのは既に述べたとおり。
>それからそういう「間違った」期待が現に存在していたという事実そのものが、
>政府の作為の欠如の現れであることも既に述べたとおり。
>それからそういう「間違った」期待が現に存在していたという事実そのものが、
>政府の作為の欠如の現れであることも既に述べたとおり。
>であるから、政権の保身に反する「状況」をもってして北朝鮮との約束を
>反故にしたことを正当化することはできない。自分の不作為の帰結じゃないか。
>というか、そもそも政権の保身への貢献をもって政策を正当化しよう、
>という発想が私の理解を越えるが。

あいかわらずバカ丸出しですね。
まあ話しの筋道がまったく把握できていないのだから、問題の本質が理解できないのも
当然ではありますが、こういう人と話しをするのは本当に疲れますよ。
困ったものです。


56 :前田:03/09/28 22:38
なにより田吾作太郎さんの田吾作ぶりをものがたるのは


>であるから、政権の保身に反する「状況」をもってして北朝鮮との約束を
>反故にしたことを正当化することはできない。自分の不作為の帰結じゃないか。
>というか、そもそも政権の保身への貢献をもって政策を正当化しよう、
>という発想が私の理解を越えるが。

↑の文章でしょう。
事実認識を価値判断と混同するという恥ずかしいまでの
典型的な誤読ぶりですが、まさに田吾作太郎さんならではでしょうね。

わたしの文章のどこにも、
正当性の問題などふれてません。
わたしは、
拉致被害者を一旦北に戻すというシナリオをとったばあい、
どのようなリスクが発生するかについて想定を書いただけです。
政策決定において重要なのは、ありうる選択肢について、
それぞれどのような帰結をもたらすかについての分析です。
Aの選択をとった場合にこれこれこういう状況になる可能性があり
そうするとこれこれこういうリスクが発生しますが、そのリスクを
どれくらい見積もるのかということが重要なのですよ。

57 :   :03/09/28 22:39
>>24
ついに論理的に反論できなくなったか・・・・・

58 :前田:03/09/28 22:39
>>17
>拉致被害者を北に一旦もどしてしまうことによって、
>(もどさなければずうっと日本にいられるにもかかわらず)
>小泉は、北とこじれると北に戻した拉致被害者が帰ってこれなくなるという
>(そうなったら、自分に対する批判がつよまり政権を維持できなくなるかも
>しれないなどの)懸念から
>北との交渉に弱腰で望まざるをえなくなり、
>交渉の選択肢を弱めてしまう危険性はないのでしょうか?

>このへんのことをどうお考えなのでしょうか

という書きこみには、べつに、”政権の保身への貢献をもって政策を正当化しよう、
という発想”なんて含みはありません。
小泉の保身が正当であろうと不当であろうと、
保身から北との交渉で弱腰で臨むことになる可能性が発生するなら、
それは事実としてそのような可能性があるのであり、
問題は、本当にそういう可能性があるのか、
あるとすればその可能性をどう見積もるかという事実・解釈問題に集約されるのであって、
小泉の保身が正当か不当か、国民の反発が正当なものか不当なものか
などという価値論が出る余地はないのですよ。

田吾作太郎さんの反応は、まさに、
戦中に、こういう戦況でこういう戦術をとったらこんな被害がでる恐れがあります
という部下の助言に対して、「なに〜貴様ぁ〜我が軍が負けるというのかあ!」
と怒る田吾作上官とまったく同じなんですね。
こういう田吾作的発想は本当に困ったものです。

59 :   :03/09/28 22:40
>>24>>48
は論理的に反論できなくなったか・・・・・

60 :前田:03/09/28 22:43
>>54

>ですからその法的な正当性の話しをするためにも、
>>22の2つの質問にきちんと答えてくださいよ。


>>28の2つの質問

の間違い

61 :ウィンナーちんぽ:03/09/28 23:10
で、結論は

「安倍はバカな国賊」でいい?



62 : :03/09/28 23:11
>>61
宮台脳内「安倍=バカ国賊」OK!

63 :ぷぷぷぷ:03/09/28 23:42
24は相手に対して強い言葉を言うのは上手みたいね。感心します。
たぶん議論ではなかなか負けない人なんでしょ。で答えてよ。
1.どんな権限・根拠があって日本政府は拉致被害者に
北に行けと命令できるの?
2.どんな権限・法律上の根拠があって日本政府は拉致
被害者に北に行ってくれと慫慂又は行政指導できるの?
3.それは憲法上問題ないの?
4.そのような措置を執った場合に拉致被害者には裁判所に
不服申立できないの?政府は有無を言わさず連れて行けるの?
そうした前提問題を検討しないで北に返せと議論できるの?
今の段階の結論でいいです。だって以上の問題に一応の結論を得ている
からいろいろお話しされているのでしょ。

64 :ぷぷぷぷ:03/09/28 23:58
24さんよ。以上の問題についていままで
どう考えていたかを教えてよ。
正直に言えば宮台先生はどう考えてるかも
知りたいな。そもそも宮台先生はこの問題について
いろいろ述べているけど
抽象論として正しい部分は憲法学では常識中の常識(大学3年でも
知ってる)である場合が多いよ。これからは宮台先生は
憲法学の概念を輸入して社会学での理論展開をするの?
それはいいかも。

65 : :03/09/29 00:09
拉致被害者が日本に帰国した後で、
「日本政府は拉致被害者を北朝鮮に送り返せ」
と言っていたのは何が目的なの?

66 : :03/09/29 00:19
宮台さんは拉致問題などでも、
常識的に憲法を考慮すれば、
トンデモ発言しなくて済んだと思うが。

67 :ぷぷぷぷ:03/09/29 00:32
24さんへ。相手を評価することば
たとえば「浅はかねえ。」「頭悪いなあ。」
「ヤクでもやってんのか」「分裂症的」等々は
不要です。端的に質問に答えてください。
だって以上の問題について答えがあるから
いろいろ話していたんでしょ。


68 :24:03/09/29 01:10
>前田さん
あなたのような、「自分で自分が何をいっているか把握していない人」と
議論しても、なんか無益な鯰問答にしかならないように思えてきたので
私は降ります。

チキンとでも勝利宣言とでもお好きなように。

69 :ぷぷぷぷ:03/09/29 01:21
24さんよ。また相手を評価する言葉ですか。
端的に質問に答えなさい。余事記載は減点です。
法学部なら常識だよ。

70 : :03/09/29 02:19
設問

この文章の論理的におかしい部分を指摘せよ

24さんよ。また相手を評価する言葉ですか。
端的に質問に答えなさい。余事記載は減点です。


71 :憲法嫌い:03/09/29 03:28
今のところのスレの流れは、帰国した拉致被害者をまた北朝鮮に戻すか否かの話だよな。
ならば結論は出ているではないか。

例え北朝鮮とどのような約束をしていようと、被害者が望まぬ限り、北朝鮮に
戻すなど有り得ない。憲法以前に、自国の国民を拉致した国に「帰す」など、
国家の存在意義に反するようなことはあってはならない。

72 : :03/09/29 04:35
馬鹿サヨ学者に馬鹿と断言されてもねえ。馬鹿じゃないってことだな。
むしろ誇れることじゃないかな。

73 :_:03/09/29 04:57
>>71
だね。

憲法上でも無理だし。

74 ::03/09/29 10:15
まあ、民主党(宮台)は、自民党(安倍)以上にバカだからな。
高速道路を無料にするとか言ったり、政府の局長に議員や民間人を起用するとか言ったり。

75 : :03/09/29 17:46
北朝鮮の拉致問題のことなると、
宮台真司が都合よく憲法を無視するのはなぜ?

76 :リベラリスト:03/09/29 17:52
宮台と民主党が一体なわけじゃないよ。
ただ現実的には、自民党に代わって政権を取れそうなのが民主党ぐらいしかないから
民主党に注文するしかないわけ。


77 :小泉(1):03/09/29 17:52
このスレを立てた1だが。
たくさんのレスをありがとう。
私としては安倍が国賊であるかうんぬんよりも、安部が自民党幹事長になることで
支持率がドカーンと急上昇していることを、どう見るかに関心がある。
宮台はやっぱり絶望的な民度だと嘆いて椅子から転げ落ちているのだろうか。
と同時に小泉はかなりの策士であると思った。

78 : :03/09/29 18:12
>>77
支持率が上昇したらその原因は
「安部が自民党幹事長になったから」だと言える根拠は?

>>75
憲法を都合よく無視するような社会学者は絶望的。

79 :前田:03/09/29 19:42
誤解している人たちがいるようですからはっきりさせておきましょう。

宮台さんは別に憲法を無視するような発言をしているわけでは
ありませんから。

”そもそも北朝鮮と拉致被害者の「一時」帰国の約束をしたのであれば、
そのことの意味を、つまり「そのまま日本にいさせることはできない」
ということを説明し国民を説得する義務があるわけ。”

というトンデモ発言をしているのは田吾作太郎さんであって、
宮台さんではないので間違いないように。

宮台さんは、拉致被害者の意思を無視して北に戻すべきだという
ことはいっておりませんので。


80 :24:03/09/29 19:50
>例え北朝鮮とどのような約束をしていようと、被害者が望まぬ限り、北朝鮮に
>戻すなど有り得ない。憲法以前に、自国の国民を拉致した国に「帰す」など、
>国家の存在意義に反するようなことはあってはならない。
禁治産者的思考だな。あるいは一種の刹那主義か。
いや、というより知恵が足りないのだろう。
はい、「文脈」というものを捨象して、単に静的に状況だけを眺めると
こういう理解になります。三歩進むと全部忘れる、ってあなたトリですか。

>憲法以前に、自国の国民を拉致した国に「帰す」など、
>国家の存在意義に反するようなことはあってはならない
これだけ見ると明らかに正論だよね。「文脈」を捨象すれば、ね。

だけど返す(帰す)って約束したのは、その「国家」自身だよ。

 ―― 自国の国民を拉致した国に「帰す」など、 国家の存在意義に反する
かかる命題が真であれば、そもそも北朝鮮とそのような約束をすべきでなかった。

逆に北朝鮮との約束に非なし、とするなら、かかる命題は偽。
なぜなら二つは矛盾するからね。

だけど、後知恵で振り返って間違いだろうとなんだろうと、
既に約束しちまったのは事実だよ。

81 :24:03/09/29 19:50
ナニ?そんな約束どこのあるかって?『日米安保は軍事同盟などでなはい』と言い放った
鈴木善幸にも匹敵するのホームラン級の愚問だな。小泉は公式にこう発言してるんだよ。
http://www.nikkei.co.jp/sp2/nt25/20021015E3KI05I515025002.html

仮にそんな約束が本当はなかった(無いのにこんなこという小泉は大馬鹿だが)
としても、小泉ははっきり「ご滞在」、「一時帰国」と<言ってしまって>いる。
小泉はチャーザー村の村長じゃなくて日本国の首相だよ。
一国の首相がいかなる留保もなく、「一時帰国」と明言しているのに、
北朝鮮とそのような約束を交わした覚えはない、こんな話が通用するか。

ひょっとして、「まあまあ、これは言葉のあやというものでしてお互い
そう角立てずにひとつまあ……」なんていう共同体的作法に、あの北の将軍様が
「日本を慮って」乗ってきてくれる、なんて期待してるのかなー。

言質をとって将来のカードにするに決まってんじゃん。
きっと「どこまでも日本はアホなだ」ってほくそ笑んでるよ、将軍様は。
何かのときまた1つゴネる口実が出来たってね。最初からどっちに転ぼうが、
つまり日本が北朝鮮の意図を汲もうが汲むまいが得る物があるように
計算して「一時帰国」なんて奇妙な約束を取りつけているのがわからないか?
北朝鮮のほうが遥かに狡猾だなんて情けない。

82 : :03/09/29 19:51
>>79
>宮台さんは、拉致被害者の意思を無視して北に戻すべきだという
>ことはいっておりませんので。

それが本当ならなぜ、
宮台さんは拉致被害者を北朝鮮に送り返さなかった
日本政府をいまだに批判しているのですか?

83 : :03/09/29 19:55
>>81
>小泉ははっきり「ご滞在」、「一時帰国」と<言ってしまって>いる。
小泉がそのときそういっても何の問題も無いよ。
その時点では拉致被害者は日本に永住帰国しないと主張していたのだから。

>一国の首相がいかなる留保もなく、「一時帰国」と明言しているのに、
>北朝鮮とそのような約束を交わした覚えはない、こんな話が通用するか。
小泉は北朝鮮に拉致被害者を送り返す約束をしてませんが。

84 : :03/09/29 19:56
>>82-83
宮台も前田も24も間違ってるのか。

85 :前田:03/09/29 20:08
田吾作太郎さんは発狂しかかってるようですね。
かわいそうですが、もはや救いようがありません。
このままでは悲惨なのであとで成仏させてあげましょう。

まず宮台さんに対する誤解をといておきましょう。

>>宮台さんは、拉致被害者の意思を無視して北に戻すべきだという
>>ことはいっておりませんので。

>それが本当ならなぜ、
>宮台さんは拉致被害者を北朝鮮に送り返さなかった
>日本政府をいまだに批判しているのですか?

なんどもいいますが、宮台さんは拉致被害者の意思を無視して、
北に戻すべきだということはいってません。
また、日本側が北と拉致被害者を戻す約束をしていたとしても
返す義務が発生するわけではないこと、
つまり返さないという選択が法律上道義上反するものではないことも
言明しております。



86 : :03/09/29 20:12
>なんどもいいますが、宮台さんは拉致被害者の意思を無視して、
>北に戻すべきだということはいってません。
>また、日本側が北と拉致被害者を戻す約束をしていたとしても
>返す義務が発生するわけではないこと、
>つまり返さないという選択が法律上道義上反するものではないことも
>言明しております。

それが本当ならなぜ、
宮台さんは拉致被害者を北朝鮮に送り返さなかった
日本政府をいまだに批判しているのですか?

前田さん、ちゃんと答えてください。
85では答えになってませんよ。

87 :前田:03/09/29 20:15
宮台さんの言い分はこうです。

拉致被害者を北に戻さないという選択は筋論からいえば正しい。
感情論からいってもただしい。
しかし、拉致被害者を一旦北に戻すという選択が、他の選択よりも
国益にかなうなら、理不尽なであっても筋をまげてでも拉致被害者を一旦北に戻すという
選択をとるべきである。
というものです。
宮台さんの観点はあくまでも実利的・プラグマティックなものなのです。


しかし拉致被害者の意思を無視することはできないだろう
という疑問については宮台さんの考えはこうです。




88 : :03/09/29 20:20
 それが本当ならなぜ、
 宮台さんは拉致被害者を北朝鮮に送り返さなかった
 日本政府をいまだに批判しているのですか?
の答えを出してください。87は答えになってませんよ。

前田さん、
>宮台さんは拉致被害者の意思を無視して、
>北に戻すべきだということはいってません。



>宮台さんの言い分はこうです。
>拉致被害者を一旦北に戻すという選択が、他の選択よりも
>国益にかなうなら、理不尽なであっても筋をまげてでも拉致被害者を一旦北に戻すという
>選択をとるべきである。
>というものです。

この二つが矛盾していないのはなぜかを説明してみてください。

89 : :03/09/29 20:22
前田は質問に答えず、話をそらせているように見えるが。

90 :前田:03/09/29 20:26
拉致被害者の意思に反して北に戻すということはできないというのは正しい。
問題は拉致被害者の意思確認にある。
拉致被害者は日本に戻ってきてから拉致被害者は、一部の人たちに囲いこまれ
ある種の選択圧力をうけて自由な発言をできずにいたのではないか?
拉致被害者の意思確認ということが問題になるならば、
拉致被害者がきちんと自由に自分の意思を述べられる環境をととのえるべきなのだが、
実際には、一部の人たちに囲い込まれてしまったのが問題である。
実際問題として、
突然北朝鮮に拉致され、北で何年もくらし、突然日本に戻された
拉致被害者に1週間かそこらの間で、戻るか残るかの選択をしろというのは
無理であり、残るか戻るかの選択は政府が責任をもって行うべきであった。


とまあ言葉はたりませんが、こんな感じですよ。

91 : :03/09/29 20:33
宮台さんは拉致被害者を北朝鮮に送り返さなかった
日本政府を批判しています。
拉致被害者を北朝鮮に送り返さなかったことを批判しています。

 なぜ宮台さんは拉致被害者を北朝鮮に送り返さなかった
 日本政府をいまだに批判しているのですか?

の答えを出してください。
前田さんは90がその答えになってないことが理解できないのですか?
前田さんは何度は話をそらせば気が済むのですか?

92 : :03/09/29 20:36
前田さん、

宮台さんはどうして、
拉致被害者を北朝鮮に送り返さなかった
日本政府をいまだに批判しているのですか?

これに直接答えてください。

93 :前田:03/09/29 20:37
では、
これからは宮台さんではなくわたしの考えを述べましょう。

問題は拉致被害者の意思についてです。

北に拉致され、何年も北で情報を遮断されて過ごし、ある日突然日本に
戻された拉致被害者は、十分な状況把握などできもせず、ましてや
これからどういう展開になるのか予想できるはずもありません。
そんな状況におかれた拉致被害者の意思などというものは、いかようにも
操作可能です。
一旦北に戻らないと北にのこしてきた家族とは2度とわかればかれになる
ぞと脅せば、北に戻らねばとの意思をもつだろうし、
日本政府を信じてください。かならず日本政府が北に残してきた家族を
取り戻しますから。あなたは日本政府を信じないのですかと
せまれば、簡単に日本に残ると意思するようになるでしょう。
ようは、拉致被害者にあたえる情報によって拉致被害者の意思は
いかようにも操作可能であって、
そのような容易に操作可能な意思を根拠に、戻すだの戻さないなどを
決めるのはナンセンスでしかありません。
戻すという選択をとるにしても、戻さないという選択をとるにしても、
どちらの選択でも拉致被害者の意思と矛盾しないように、拉致被害者の
意思を操作することはきわめてたやすいことです。
北に拉致をされ、さきの見とおしもさだかではなく、北に家族をのこして
きた拉致被害者の心理がいかに不安定なものか想像すれば、
いかに拉致被害者の意思が操作可能かわかるというものです。



94 :前田:03/09/29 20:39
>前田さん、

>宮台さんはどうして、
>拉致被害者を北朝鮮に送り返さなかった
>日本政府をいまだに批判しているのですか?

一言でいえばその選択決定において戦略的思考がなされていないからですよ。


95 : :03/09/29 20:39
>>93
>では、
>これからは宮台さんではなくわたしの考えを述べましょう。

何度「話をそらせないでください」と言ったらわかるのですか?

前田さん、

宮台さんはどうして、
拉致被害者を北朝鮮に送り返さなかった
日本政府をいまだに批判しているのですか?

これに直接答えてください。

96 :前田:03/09/29 20:42
宮台さんの言葉では↓のような理由

http://www.miyadai.com/message/?msg_date=20030924
外交の基本は戦略的コミュニケーション。自国の利益になる反応を相手国から
引き出すことが目的です。感情的に噴き上がって目的達成を台無しにしては元も子もない。
■北朝鮮が拉致を認めて被害者を帰国させるという「融和カード」を切ったのは、反省し
たからではなく、米国に交渉のテーブルに着くよう、日本政府に口を利いてほしいという
意思表示。日本政府次第ではもっと「融和カード」を切りますよというシグナルでした。
■本来ならこのシグナルを受け止めて取引に持ち込み、日本国民にとって利益になる帰結
を引き出すこともできたはずでした。でも実際には「許さーん」という感情的な声に押さ
れ──感情そのものは完全に正しいのですが──、被害者家族の帰国は遠のきました。


97 : :03/09/29 20:43
>>94
>「戦略的思考がなされていない」
抽象的ですね。具体的に答えてください。

98 : :03/09/29 20:44
日本政府は「戦略的に思考していない」と根拠も無く言うのは簡単だが。

99 : :03/09/29 20:46
>>96

>被害者家族の帰国は遠のきました。

宮台は
「拉致被害者を北朝鮮に送り帰したら被害者家族の帰国に近づく」
とでも思っているのだろうか?

宮台、大丈夫?

100 :前田:03/09/29 20:47
宮台さんからすれば、
今回の日本政府は、拉致被害者の意思を尊重したというのは免罪符に
しているが、
実際は、
国民の感情的反発「許さ〜ん」という声に押されただけの
なんの戦略もない選択だったというのが批判の中心なのではないでしょうか。

101 : :03/09/29 20:48
つうか、拉致被害者を北朝鮮に送り返さなかった
日本政府をいまだに批判している宮台は
北朝鮮に送り返すべきとも言っているわけだが。

102 : :03/09/29 20:50
>>100
前田はどんどん論点をずらしてきてるが。

103 : :03/09/29 20:51
宮台の

妄想脳内「日本政府に戦略は無かった」

批判は宮台の妄想の域を出ないと思う。

104 :まこと:03/09/29 20:54
憲法を考慮すれば
日本政府が拉致被害者を北朝鮮に送り返すのは
不可能な状況だったのにもかかわらず、
拉致被害者を北朝鮮に送り返さなかった
日本政府をいまだに批判している宮台さんは
憲法を無視してまで何がしたいわけ?

105 :前田:03/09/29 21:00
いや拉致被害者が戻るといえば戻すことは法にふれないんじゃないですか?
そして拉致被害者の意思というのは操作可能なんですよ。
容易に。
日本政府が戻すという選択をしたのなら、
拉致被害者も戻るということに同意するように
拉致被害者の意思を操作することは簡単ですよ。



106 : :03/09/29 21:01
前田さん、
あなたの

脳内「拉致被害者も戻るということに同意するように
拉致被害者の意思を操作することは簡単」だったはず。

ワラタ。

107 ::03/09/29 21:07
>>105
「拉致被害者も戻るということに同意するように
拉致被害者の意思を操作することは簡単」
みたいな脳内妄想を根拠にいろいろ書かれてもな。

108 :前田:03/09/29 21:08
そんなの簡単でしょうに。
北に拉致されて何年も北で過ごして、ある日家族を北において
日本に戻された拉致被害者の心理状態がいかに不安定なものか
想像すれば、
彼等にどのような情報を与えるかによって
彼等の意思は容易に変わるのがわかるでしょうに。
彼等だって家族の元に返るべきか日本にとどまるべきか
日々悩みつづけただろうから。

日本政府が一旦北に戻ってください。そうすることが解決の早道です
と説得すれば家族のいる北に一旦戻るということに同意するだろうし、
日本政府がかならず家族を取り戻しますから、
日本に射つづけてください。日本政府を信用してくださいと説得すれば
日本にいると決断するだろうし、

それくらい想像してくださいよ。




109 : :03/09/29 21:11
>>108
>日本政府が一旦北に戻ってください。そうすることが解決の早道です
>と説得すれば家族のいる北に一旦戻るということに同意するだろうし、

そういう「同意するだろうし」みたいな、
前田さんの勝手な想像からできた
脳内期待を根拠にされてもしょうがないのです。

110 :前田:03/09/29 21:11
反論があるならちゃんと根拠を提示して反論してくださいよ。
お願いしますよ。

111 :前田:03/09/29 21:16
だから、
拉致被害者の意思が容易に操作可能であると考える根拠を提示してあるでしょう。

@北に拉致され、何年も北ですごして、家族を北にのこしたまま
ある日突然日本にもどされた拉致被害者の心理状態は不安定である

A日本にいつづけた方がよいのか、北に一旦戻ったほうがいいのか
拉致被害者には見とおしがたてにくい。

Bそのような状況では、彼等に与えられる情報によって、
戻るか残るかの意思決定に多大な影響が与えられる。

反論があるなら、具体的に@〜Bのどれかに反論してください。
お願いしますよ。

112 : :03/09/29 21:17
>>110
前田さん、

>日本政府が一旦北に戻ってください。そうすることが解決の早道です
>と説得すれば家族のいる北に一旦戻るということに同意するだろうし、

これに「前田脳内」以外の根拠があったの???
これに根拠があれば、
私も根拠を提示して反論することもできるだろうが。
前田さん。

113 : :03/09/29 21:19
>>110
@北に拉致され、何年も北ですごして、家族を北にのこしたまま
ある日突然日本にもどされた拉致被害者の心理状態は不安定である

A日本にいつづけた方がよいのか、北に一旦戻ったほうがいいのか
拉致被害者には見とおしがたてにくい。

Bそのような状況では、彼等に与えられる情報によって、
戻るか残るかの意思決定に多大な影響が与えられる。

これが拉致被害者が「北朝鮮に帰ります」という保障になるんですか?
前田さん。

114 :前田:03/09/29 21:21
拉致被害者の心理状態が不安定な証拠は、
拉致被害者を戻すか残すかが決まっていなかったときに、
北にのこしてきたジェンキンスさんや蓮池さんらの子供らの
インタビューが日本でながされたら、とりかえしのつかないことになる
という蓮池兄の発言をみても明らかだと思いますけど。



115 : :03/09/29 21:23
前田たんに質問

>日本政府が一旦北に戻ってください。そうすることが解決の早道です
>と説得すれば家族のいる北に一旦戻るということに同意するだろうし、

ここで言う解決とは、
「拉致被害者が日本に自由に帰国できること」ですか?
解決とって具体的に何ですか?

116 ::03/09/29 21:26
前田さんは誰も聞いていないことを答えているようだが。

>拉致被害者の心理状態が不安定な証拠

を誰が前田さんに質問したと言うのだろうか。
さっきあった、前田流「話をそらす」作戦?

117 :前田:03/09/29 21:26
北の家族のインタビューを目にしただけで
”とりかえしのつかないことになる”
不安定な拉致被害者の心理がいかに操作可能かは、
蓮池兄らが、拉致被害者に与える情報を管理しようとしていたことからも
あきらかです。
どのような情報があたえられるかによって拉致被害者の心理は揺れ動く。
だから、不適切な情報をあたえないように、蓮池兄らは気をつかっていた
んですけどね。








118 :前田:03/09/29 21:28
>ここで言う解決とは、
>「拉致被害者が日本に自由に帰国できること」ですか?
>解決とって具体的に何ですか?

そこでの解決とは、
北にのこした家族とともに日本に過ごせるようになることですよ。


119 ::03/09/29 21:28
>>117
前田さんは話をそらし続けるのかな。

120 ::03/09/29 21:30
>>118
日本政府が拉致被害者に
「一旦北に戻ってください。
 そうすることが北にのこした家族と
 ともに日本に過ごせるようになる早道です」
といえる根拠が日本政府にあるのか??

前田妄想は根拠無しだな。

121 : :03/09/29 21:31
私の質問に対して話をそらされたまま、
それっきりなのだが。前田さん。

122 :前田:03/09/29 21:33

まともな反論がないんですか?



123 ::03/09/29 21:34
>>122の前田は
24が前田にやられたときと同じようだが。

話をそらされたのにどうやって反論しろというのだろうか。

124 :前田:03/09/29 21:36
>日本政府が拉致被害者に
>「一旦北に戻ってください。
> そうすることが北にのこした家族と
> ともに日本に過ごせるようになる早道です」
>といえる根拠が日本政府にあるのか??

バカですねえ。
文脈が理解できないバカがここにもいるんですか。
困ったものです。

拉致被害者の意思が容易に操作可能であるということを主張している
だけです。
日本政府に北に戻ったほうが解決が早まる根拠があるということを
主張しているのではありません。




125 :前田:03/09/29 21:38
>話をそらされたのにどうやって反論しろというのだろうか

なにをどうそらされたのですか?
妄想でいわれても困りますよ。


126 : :03/09/29 21:39
>>124
具体的にどうすれば日本政府が
「拉致被害者が北朝鮮に帰ると言う」状況を作り出せるのですか?
前田さん。

それから前田さんがそらした話にも答えてください。

127 ::03/09/29 21:40
>>124

前田さんが
>日本政府が一旦北に戻ってください。そうすることが解決の早道です
>と説得すれば家族のいる北に一旦戻るということに同意するだろうし、
といったことと明らかに矛盾しているわけだが。

前田さん矛盾しすぎ。

128 :前田:03/09/29 21:42
ちなみに、言っておきますけど
蓮池兄が、”とりかえしのつかないことになる”というのは、
北の家族のもとに戻るという選択をしてしまうという意味ですよ。

拉致被害者の意思決定に決定的な影響を与えるから、蓮池兄は
情報は選別して拉致被害者に与えるように気をくばっていたのでは
ないでしょうか?
違いますか?



129 : :03/09/29 21:43
>>127が指摘しているように
前田さんには矛盾があるのでもう答えなくてもいいです。
前田さんが話をそらせて答えていないのは↓です。


@北に拉致され、何年も北ですごして、家族を北にのこしたまま
ある日突然日本にもどされた拉致被害者の心理状態は不安定である

A日本にいつづけた方がよいのか、北に一旦戻ったほうがいいのか
拉致被害者には見とおしがたてにくい。

Bそのような状況では、彼等に与えられる情報によって、
戻るか残るかの意思決定に多大な影響が与えられる。

これが拉致被害者が「北朝鮮に帰ります」という保障になるんですか?
前田さん。

130 : :03/09/29 21:47
124で前田さんが
>蓮池兄が、”とりかえしのつかないことになる”というのは、
>北の家族のもとに戻るという選択をしてしまうという意味ですよ。
といっているのは、北朝鮮でジェンキンスさんたちにインタビューがあって
それが日本で流れたときに、そういう危険があることを蓮池兄が指摘したものです。

日本政府が拉致被害者が「北朝鮮に帰ります」と言わせられる保障
はありますか?前田さん。

131 :前田:03/09/29 21:47
>具体的にどうすれば日本政府が
>「拉致被害者が北朝鮮に帰ると言う」状況を作り出せるのですか?

バカですねえ。
具体的にどう状況がつくれるかという問題と、
拉致被害者の意思決定が容易に操作可能という問題は別問題です。
問題の文脈を理解して質問してください。

132 :前田:03/09/29 21:48
>前田さんが
>>日本政府が一旦北に戻ってください。そうすることが解決の早道です
>>と説得すれば家族のいる北に一旦戻るということに同意するだろうし、
>といったことと明らかに矛盾しているわけだが。

はいまたバカの登場ですね。
それとも同一人物なのでしょうか。

まったく矛盾してません。
”日本政府が一旦北に戻ってください。そうすることが解決の早道です と
説得すれば家族のいる北に一旦戻るということに同意するだろうし”
という主張のどこにも、
日本政府が”一旦北に戻ってください。そうすることが解決の早道ですといえる”
根拠が日本政府にあるということを含意しません。

どう矛盾するのかちゃんと説明してみせてください。
お願いしますよ。

133 : :03/09/29 21:51
>>131

>>108で前田さんがした
>日本政府が一旦北に戻ってください。そうすることが解決の早道です
>と説得すれば家族のいる北に一旦戻るということに同意するだろうし、
という妄想が問題なのです。

134 :前田:03/09/29 21:55
>@北に拉致され、何年も北ですごして、家族を北にのこしたまま
>ある日突然日本にもどされた拉致被害者の心理状態は不安定である

>A日本にいつづけた方がよいのか、北に一旦戻ったほうがいいのか
>拉致被害者には見とおしがたてにくい。

>Bそのような状況では、彼等に与えられる情報によって、
>戻るか残るかの意思決定に多大な影響が与えられる。

>これが拉致被害者が「北朝鮮に帰ります」という保障になるんですか?
>前田さん。

保証になるとわたしはいってませんが。
それらの論拠は、拉致被害者の意思が容易に操作可能であるということを
主張する論拠です。
その主張に反論はないですか?



135 : :03/09/29 21:55
>>132

日本政府は根拠無く
「一旦北に戻ってください。そうすることが解決の早道です」
とは言えないので、

日本政府が拉致被害者を北朝鮮にもどすことはできないだろうに。

なんでこんな当たり前のことを議論してるんだ?

136 :前田:03/09/29 21:55
>>蓮池兄が、”とりかえしのつかないことになる”というのは、
>>北の家族のもとに戻るという選択をしてしまうという意味ですよ。
>といっているのは、北朝鮮でジェンキンスさんたちにインタビューがあって
>それが日本で流れたときに、そういう危険があることを蓮池兄が指摘したものです。

>日本政府が拉致被害者が「北朝鮮に帰ります」と言わせられる保障
>はありますか?前田さん。

日本政府が、戻すという選択をしたばあいには、
北からの情報を拉致被害者に積極的にながすという方法をとるというてもあります。
北も戻したがっているのだから、可能でしょう。


137 :     :03/09/29 21:56
お若い方々が、頭に血がのぼって、激論していっらしゃいますが、
昨年の9.17から「5人は北へ帰らない」と発表した日までの、関係者の発言を
たんねんに掘り起こして、時系列に並べてみなされ。見えてくることがありますよ。
テレビニュースで、「5人は北朝鮮に帰らないことになりました」という、ニュースを
聞いたとき、うちの子ども(高校生)は、「これって、逆拉致じゃん」って言って
おりました。あのとき、順を追ってニュースを聞いていたら、そうとれたわけですね。


138 : :03/09/29 21:58
>>136
>日本政府が、戻すという選択をしたばあいには、
>北からの情報を拉致被害者に積極的にながすという方法をとるというてもあります。
>北も戻したがっているのだから、可能でしょう。

これが日本政府が拉致被害者が「北朝鮮に帰ります」と言わせられる保障なの?

139 : :03/09/29 21:59
>>137

拉致被害者はいつでも
「北朝鮮に帰ります」と言えるわけだが。

140 :はげ:03/09/29 22:00
矛盾してもごり押し続けろ。

141 :はげ:03/09/29 22:01
>>138
そんなことで保障になると断定してる人と議論して何が楽しいわけ?

142 :はげ:03/09/29 22:02


日本政府が拉致被害者が「北朝鮮に帰ります」と言わせられる保障


そんなもの得られるのか??

143 :前田:03/09/29 22:04
>>136
>>日本政府が、戻すという選択をしたばあいには、
>>北からの情報を拉致被害者に積極的にながすという方法をとるというてもあります。
>>北も戻したがっているのだから、可能でしょう。

>これが日本政府が拉致被害者が「北朝鮮に帰ります」と言わせられる保障なの

だから、その保証という言葉はどこからでてきたのですか?

>蓮池兄が、”とりかえしのつかないことになる”というのは、
>北の家族のもとに戻るという選択をしてしまうという意味ですよ。
>といっているのは、北朝鮮でジェンキンスさんたちにインタビューがあって
>それが日本で流れたときに、そういう危険があることを蓮池兄が指摘したものです。

ということを根拠の一つとして、拉致被害者の意思決定は容易に操作可能である
ということを主張しているんですけど。
とりあえず、この主張自体には肯定なのか否定なのか
はっきりしてもらえませんか?



144 : :03/09/29 22:04
日本政府が、拉致被害者に「北朝鮮に帰ります」と言わせられる保障

だな。

145 :          :03/09/29 22:09
>>139
拉致被害者はいつでも
「北朝鮮に帰ります」と言えるわけだが

言えると思ってっらっしゃるところが、ナイーブですね。
言えるはずだけど、言えない、曽我さんの目はいつもそれを語っています。

146 : :03/09/29 22:09
>>143
私が、
日本政府が拉致被害者が「北朝鮮に帰ります」と言わせられる保障
はありますか?前田さん。

と質問して、前田さんが>>136でそれに答えたわけです。

保証があるのか無いのか。

147 :24:03/09/29 22:10
なんかバカは救い難いなー。
前田さんは、「いまこの話の流れでは」話をそらしたりしてないと思うよ。
リアルでそう思うんなら、それはその人の読解力のせいだよ。
電波も飛ばしてない。拉致被害者が心理的にも物理的にも「説得しだい」って
状況にあるのは、もちろん断定は出来ないが普通そのとおりでしょ。

宮台の書いてることもリテラルには、つまり「何をいってるか」は
概ね正しく理解しているよ。
ただ、ロゴス、つまり「何故そう言っているか」を追えてないから
反論があさってなだけで。

148 :   :03/09/29 22:11
>>145

>言えるはずだけど、言えない、曽我さんの目はいつもそれを語っています。

想像の域を出ないな。


149 : :03/09/29 22:11
109 : :03/09/29 21:11
>>108
>日本政府が一旦北に戻ってください。そうすることが解決の早道です
>と説得すれば家族のいる北に一旦戻るということに同意するだろうし、

そういう「同意するだろうし」みたいな、
前田さんの勝手な想像からできた
脳内期待を根拠にされてもしょうがないのです。

150 :前田:03/09/29 22:14
とりあえず文脈も理解できないバカがおおいので、
ちょっと説明しておきますけど。

>>108
の文章は、
>>105
>「拉致被害者も戻るということに同意するように
>拉致被害者の意思を操作することは簡単」
>みたいな脳内妄想を根拠にいろいろ書かれてもな。

という主張に対する反論です。


151 :前田:03/09/29 22:16
>>108
>日本政府が一旦北に戻ってください。そうすることが解決の早道です
>と説得すれば家族のいる北に一旦戻るということに同意するだろうし、
>日本政府がかならず家族を取り戻しますから、
>日本に射つづけてください。日本政府を信用してくださいと説得すれば
>日本にいると決断するだろうし、

(一応”だろう”という推量で書いてますので念のため)
は、
>>108
>北に拉致されて何年も北で過ごして、ある日家族を北において
>日本に戻された拉致被害者の心理状態がいかに不安定なものか
>想像すれば、
>彼等にどのような情報を与えるかによって
>彼等の意思は容易に変わるのがわかるでしょうに。
>彼等だって家族の元に返るべきか日本にとどまるべきか
>日々悩みつづけただろうから。

という主張の
”彼等にどのような情報を与えるかによって
>彼等の意思は容易に変わる”

という部分の例です。
仮にその例が不適切であったとしても、
拉致被害者の意思は容易に操作可能という主張が間違いになるわけでは
ありません。


152 :前田:03/09/29 22:21
田吾作太郎君もたまにはまともなことをいうこともあるんですねえ。
ただ
”、ロゴス、つまり「何故そう言っているか」を追えてないから
反論があさってなだけ”

なのは田吾作太郎君の方なんですけどね。



153 :  :03/09/29 22:21
前田の不適切な例が論争の原因なのかよ。

154 :  :03/09/29 22:23
前田の
「日本政府が戻すという選択をしたのなら、
 拉致被害者も戻るということに同意するように
 拉致被害者の意思を操作することは簡単ですよ。」
このスレ全部読んでも、そうとは思えないな。


155 : :03/09/29 22:30
このスレ読んでいる人、全員に質問。
宮台さんはどうして、
拉致被害者を北朝鮮に送り返さなかった
日本政府をいまだに批判しているのですか?

156 :ぷぷぷぷ:03/09/29 22:30
宮台さんは「どこの近代憲法にも国家の義務しか書かれていない。国
民の義務は法律に書かれるのです。」
って書いてあるね。イタリア憲法を見るよ。
52条「祖国の防衛は市民の崇高な義務である。
兵役は義務でありその制限と方法は法律で定める。」
どうなのかな?宮台憲法学はどう説明するの?
普通の学者なら慎重に検討することをかっこよく
断言するのが宮台憲法学に見えるけど。


157 : :03/09/29 22:32
宮台は近代憲法なんて限定せずに、

「憲法には国家の義務は書きません。」

と断言していたが。そっちのほうが問題だと思う。

158 : :03/09/29 22:36
>>157は間違い。正しくは↓

宮台は近代憲法なんて限定せずに、

「憲法には国民の義務は書きません。」

と断言していたが。そっちのほうが問題だと思う。

159 : :03/09/29 22:42
拉致被害者を北朝鮮に帰していたら、
拉致被害者家族も日本に戻れたと思っている宮台って。

160 :ぷぷぷぷ:03/09/29 22:43
兵役義務は憲法上の義務とした方が
明快でしょう。例えば日本国憲法だと
そのままでは徴兵制は苦役制限に反するという
有力説があるよ。だから憲法上兵役義務を
国民に課するように改正すれば
徴兵制の法律を施行しても憲法違反には
明確にならないね。憲法で国民の義務を書いたって
別にいいと思うね。
あと憲法尊重義務は結構いろんな国の憲法にあるよ。
それから憲法は国民の国家への命令だという考えには
抵抗感を覚えるね。そんな判断要素が少ない議論には
ついて行けないね。国民の要件自体が憲法・法律で決まる
訳だしね。

161 :ぷぷぷぷ:03/09/29 22:45
外交の問題は相手があるからあれこれ言えるし
また言ってもしょうがないと言うことにもなる。
それなのに単純な議論を展開して相手をバカに
するのが宮台説という印象ですね。
もしも日本政府が拉致被害者を帰していたら
今度は国家の本質に反すると言って宮台先生は
日本政府を大批判して居たんじゃないのかな?


162 :名無し:03/09/29 22:47
☆★☆★☆★☆★☆不倫したい人はココ☆★☆★☆★☆★☆★☆

http://lt.sakura.ne.jp/~daidai/furin/ranklink.cgi?id=fclip

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

163 :ぷぷぷぷ:03/09/29 23:23
憲法・国民・国家といえば相当に議論が
必要なわけでしょ。それを「国民の国家への
命令が憲法だ」とたった20字くらいで
本質?をついてしまうのが宮台憲法学だけど
なんだかな〜。

164 :care ◆X3osG98hCM :03/09/29 23:41
宮台には、安倍晋三のマネはできんわな

165 : :03/09/30 03:40
想像力豊かな香具師がいるな。

166 :aa:03/09/30 04:37
菅直人の頭には、国家主権や国防の概念など全くない!

○扶桑社の歴史教科書に対する中国共産党政府の内政干渉に同調した

○在日朝鮮人に対する地方参政権付与について、「与えるのが当然だ」と発言している

○北朝鮮工作船事件の際、「海上保安庁の威嚇射撃は、正当防衛とは言えない」と海上保安庁の対応を批判した

○北朝鮮からテポドンが飛んできた際には、「何発もミサイルが飛んで来たら、対応を考える」とテレビで発言した

○平成15年5月4日、中国・上海で開かれた上海国際問題研究所と民主党共催の日中関係に関するシンポジウムで、
  小泉首相の靖国神社参拝を批判し、「民主党が政権をとれば靖国神社参拝などで中国共産党政府を
  刺激するようなことはしない」と発言し、中国人から喝采をあびた


167 :_:03/09/30 11:13
宮台の憲法には、26条1項、27条1項、30条がないのかな?

168 : :03/09/30 12:42
↑粘着質で孤独なガキにマジレスしてやるか。

そういう疑問が浮かんでくるのは、それは君のメンタリティが
「社会」と「自然」を区別できない未開人のそれだからだ。

こいつ、憲法自身を規定し正当化するものは憲法自身、
とでも思っているのだろうか。頭悪いな。ネコが自分の首つかんで
持ち上げるような話だ。社会契約説から勉強し直しな。

169 :_:03/09/30 14:43
>>168
で、社会契約論からすると日本国憲法26条27条30条の位置付けはどうなるのだ?

宮台曰く「憲法には国民の義務は書きません。」ということらしいが・・・


170 :_:03/09/30 14:52
日本国憲法

第3章 国民の権利及び義務

第26条2項前段
すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。

第27条1項
すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

第30条 
国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。

171 : :03/09/30 17:25
>>170
法律で定める国民の義務を憲法で予告しています。

憲法に国民の義務を書くことは、
何もおかしなことではありません。

172 : :03/09/30 22:24
同じように「一時帰国」した日本人妻が発表した手紙。
--------------------------------------------------
私たちは、敬愛する将軍に対する限りない感謝の気持ちに全員が涙ぐみ、将軍に謹んでこの手紙を送ります。
私たちは約40年ぶりに初めて故郷を訪ねて肉親や知人と懐旧の情を分かち合い、肉親との誤解も解き、先祖の墓参りもしました。
肉親と知人たちは、私たちの明るい顔や健康な姿を見て驚き、私たちの興味深い話を聞いて本当に感激していました。
私たちは、身近な人たちに将軍の慈愛深い愛情の話やわれわれの社会主義の恩寵について話してあげました。私たち
の話は将軍の懐の中で享受した暖かい愛情に対する心底からの言葉であったし、真実の呼びかけ、激情の叫びでありました。
私たちの肉親や知人たちは驚き感服し、父なる将軍の国を限りなく憧れてやみませんでした。その様子を見て、私たち
の心の中で一層懐かしく思えたのは父なる将軍の懐でありました。心の中から込み上がるこの懐かしさは、共和国で
将軍の懐に抱かれて生活する時は思いもしなかった懐かしさでありました。祖国を離れて一週間、時間に数えて168
時問は、私たちにとって偉大な将軍の懐を離れて日本で過ごした余りにも長い時問でありました。

---------------------------------------------
さて、かくのごとき国にまた家族を帰したとしよう。
ほんとにその後、さまざまに外交環境に波風が立ったときも往来だけはぶじに
保護されると思う?また、あちらの国内にいったん帰れば、こんな手紙のように
「彼らは自発的に『北こそわが祖国、もう日本に行く必要はない』と言っている」
という一方的な情報で中止される・・・・

これ、かなり蓋然性の高い予想に思えるが

173 : :03/10/01 00:51
宮台氏は近代化のリベラルな側面を強調するからね。
近代化の反リベラルな側面を軽視している気がする。

174 : :03/10/01 00:57
228 :  :03/09/30 21:07
「専攻してます」とか「本当は宮台より詳しいんだぞ」だけじゃ今の世の中
なんの意味もないだろ。発言の場を確保することも能力のうち。

それに代ゼミの模試で全国一位になったこともある宮台は経済や国際政治の
分野に進んだとしても第一人者になっていたはずだ。だから宮台が語ること
はその分野のエキスパートが語ったことと理解して間違いはない。


175 : :03/10/01 01:31
233 :  :03/09/30 21:50
      冫─'  ~  ̄´^-、
    /     | | \  丶
   /    / |  |  \  ヽ、
  /   /ξ  |  |    \ ヽヽ
  |  / ___   ___   \ミ
  ゝ_//|-=・=-|⌒|-=・=-|  ヽゞ
  |tゝ  論_/_  \___|   | / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
  ヽノ     ノ(_ )ヽ     ノ| 僕は代ゼミ模試でも全国上位でした。 経済や国際政治を
   ゝ:::::::::::::ヽ─── :::::::::/ <  専攻していたら第一人者になっていたはずです。
    /|ヽ::::::::::ヽ──' :::::::/  | だから僕が経済や国際政治で語ったことは、
   / |  \:::::::::: ̄:::::::::/    | その分野のエキスパートが語ったことと同じなのです。
 / ヽ   \____/     \_____________________

176 : :03/10/01 07:05
>>169
社会学的にも日本における未開人の存在は常識だよね

177 :ミヤディー:03/10/01 07:37
新著「アメリカンディストピア」を見ると、宮台は近代化された世界を
絶対視しているというよりは、近代化されていない世界を標榜する者も
結果的にはその恩恵、影響からは免れ得ず、政治的影響力もほとんど行使できないので、
そんなことを言う輩は現実を冷徹に見通せない脆弱な空想主義者である、と言っている。
現在の現実の世界にコミットするためには、近代化が悪いとか、近代化以外の世界が
ある、なんて主張していくのは無意味な妄言、ヒキコモリに過ぎず、「近代」が
問題のあるものであればあるほど、逆に徹底的に近代化を推し進めることで
「近代」が孕む矛盾を解消する以外にない、ということだよ。

宮台を批判するおまいらは絶望が足りなくて現実に直面できていないだけなんだよ。
近代とか憲法とかの問題ではなく、現実を直視できる心の強さがあるかいなかの
問題なんだよ。

178 :_:03/10/01 11:07
闘わなきゃ、現実と(w

179 :_:03/10/01 11:23
>>177
後戻りできないんだから、先に進むしかないというのは
別に特別な考え方ではないね。

>「近代」が孕む矛盾を解消する以外にない、ということだよ。
問題はその方法。

180 :_:03/10/01 11:30
でも、どうなんだろうねぇ・・・
例えば、環境問題では、過去の開発一辺倒の姿勢ではどうしょもなくなって
現在では自然との共存を模索しているよな。

>逆に徹底的に近代化を推し進める
というのは、視点が一方的というか、問題を単純化しすぎるような気もする。

181 :_:03/10/01 11:36
極端な考え方をすれば、確かに明確な答えを出せるから、
何かそこに真理があるかのように錯覚してしまうけど、
それこそ現実の社会を直視すれば、そんな単純なものではないよな・・・

182 : :03/10/01 12:33
日本はまだ「近代」を経験してないからね。

183 : :03/10/01 17:41
宮台の近代の定義は?

184 :_:03/10/01 18:42
>>183
援助交際がOKな社会(w

185 : :03/10/01 19:11




http://www.j-n.co.jp/cgi-bin/product_detail.cgi?code=4-408-60232-9

186 : :03/10/01 19:12
宮台の近代の「定義」は?

187 : :03/10/01 19:25
もしかしてミヤディーは近代の定義もしないで、
近代化しなければならないとか言ってるの?

ミヤディーの近代の定義は何?

188 : :03/10/01 19:49
どうせ定義の運用できない、
ここの低能レス見てたらわかるでしょ。

189 : :03/10/01 19:57
ミヤディーの近代の定義は何?

190 : :03/10/01 20:02
宮台の近代の定義すらわからなくて、
「宮台が言うとおり日本は近代化してない」
とか書いてある低能レスみたら、
宮台読者がどうしようもないこともわかるでしょ。

191 : :03/10/01 21:24
ミヤディーの近代の定義は何?
俺も知りたい。

192 : :03/10/01 21:31
一般的な近代の定義って何?

193 : :03/10/01 21:44
>>192
辞書があったら近代の定義を教えてください。

ミヤディーは「独りよがり」の近代の定義をしているわけじゃないよね?

194 : :03/10/01 22:08
近代の定義=鉄の檻

195 : :03/10/01 22:10
鉄の檻の定義は?

鉄の檻が近代の定義なんて説明したら馬鹿にされるよ。

196 : :03/10/01 22:10
>>194
ミヤディーって抽象的にしてごまかしてるの?

197 : :03/10/01 22:11
ミヤディーの近代の定義は何?


198 : :03/10/01 22:16

>>195
すでに馬鹿にされてるでしょ。


199 :鉄の檻:03/10/01 22:20
マクスウェーバーにならえば、近代の定義は、あのベンジャミンフランクリンの
生き方の指針のように、これだ!とはっきり端的に定義できるものではなく、
近代的なるものの属性を何点か絞って形容できるというようなものではなかろうか。

200 : :03/10/01 22:21
マックスウェーバーはおいといて、
ミヤディーの近代の定義は何?

201 : :03/10/01 23:02
ミヤディーの近代の定義は何?

202 : :03/10/02 01:06
やっぱ、宮台は馬鹿しか騙せないんだな。

203 : :03/10/02 01:19
なに,ここってバカがバカをバカにしているバカをバカにするスレ?

204 : :03/10/02 02:13
>>39
>ミヤダイは援助交際のことを話せばよい。
>憲法学について自信があるようだが
>その憲法学知識は新聞記者レベル。
>奥平を我妻・団藤と並べるなんて
>法学部の人間には考えられない位
>イタイ発言をしているよ。

すみません。
宮台が「学者の格」として奥平を我妻・団藤と並べているというのは
どの文章に出てくる話ですか?
そもそも前者と後者は世代が違うので並べる意味がないと思いますが。

>>41
>39ではないが憲法学者は芦辺。
>
>奥平は比較にはならないが、参考にはする。
>奥平が日本最高ということはありえない。

芦部が日本の憲法学の本流で優秀な学者だというのは当然ですが、
宮台のやっている領域とあまり交わるところがないですよねぇ。
通説の依って立つ基盤を批判的に検討する、という奥平憲法学の方が
宮台にとって刺激的なんでしょう。
個人的には「どっちが最高か」という話には意味がないと思います。


205 : :03/10/02 02:48
>個人的には「どっちが最高か」という話には意味がないと思います。

宮台は意味が無いことを理解していないようですね。

206 : :03/10/02 02:55
誰が馬鹿とか言ってるような学者を信仰してるのか。

207 : :03/10/02 03:01
       __,,,,.. --_─_一_-_-、-、、,,,,__
    ,r'´-_-_‐_‐_‐_‐_-_-、`-、ミ`ヽ ヾ`ヽ、
   /,r',.-_‐_‐_‐_‐_-_-、ヾ ヽ ヽ丶、`ヾ 、ヽ
  /(.'´_-_‐_‐_‐_-_-、ヾヽヾ ))) ), )) ) )),)))ヘ
 l(i,i'´⌒ヾトヽ、ヾ ヾ ヾ ))_,ィ,'イ」〃川 jノjノjノ}
 !iゝ⌒))}!ヾヘヽ ),ィ_'イ」〃'″  フ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
 ヾ、ニ,,.ノノ〃ィ"::::::::::::::     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
    ̄`i7 ´   :::;:::、:::.    〈;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!   
     〈‐─一''''バ `'''ー─‐ ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l     
      }、_,.-。-、 :::: ,.-。‐-、_,  ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
      !` ̄ ̄´ノ  ` ̄ ̄´   丁j`l;;;;;;;;;;l
      l    (",、         ''´,/;;;;;;;;;;l
      .l    _...___       `<;;;;;;;;;;;;;ノ   
      l   'r二ニヽ      八;;;;;;;;;;;;;〈
       '、   ー- ‐′    / ゙!゙!゙!゙!゙!゙!゙!
「誰が馬鹿とか言ってる馬鹿学者を信仰している俺も馬鹿なのか。」

208 : :03/10/02 14:14
「近代」といえばギデンズ辺りを想起するが

209 : :03/10/02 21:20
宮台は対談する相手を紹介するとき変に持ち上げるからね


210 : :03/10/03 01:28
とりあえず宮台は馬鹿だが、信者はもっと馬鹿だな。

211 : :03/10/04 01:28
>宮台が「学者の格」として奥平を我妻・団藤と並べているというのは
>どの文章に出てくる話ですか?

『憲法対論』(平凡社新書)じゃないかな。奥平氏と宮台が対談している本の中で、
宮台が一昔前の「学者」の権威について述べた中で「憲法学の奥平、民法の我妻栄、
刑法の団藤重光といえば学生がその名を口にするのを憚られるほど重い存在だった」
みたいなことを書いてたね。


212 : :03/10/04 07:54
>>211
>『憲法対論』(平凡社新書)じゃないかな。奥平氏と宮台が対談している本の中で、
>宮台が一昔前の「学者」の権威について述べた中で「憲法学の奥平、民法の我妻栄、
>刑法の団藤重光といえば学生がその名を口にするのを憚られるほど重い存在だった」
>みたいなことを書いてたね。

これがウソかどうか知りたければ法学部の先生10人に聞きに行ってください。
奥平を我妻・団藤と並べて言って、笑われてきてみよう。

213 :ぷぷぷぷ:03/10/04 08:13
>>211
法学部の学生10人でもいいよ。
あと手軽には2ちゃん司法試験版がいいね。


214 :ぷぷぷぷ:03/10/04 08:17
それから宮台法律学だけど
「憲法は、国民が国家に命令しているものです。
これとは別に、法律は、国家が国民に命令しているものです。
頭に叩き込んでください。」
これを頭にたたき込むと相当に大変なことになるぞ。
民法は国家が国民に命令しているの?
国家公務員法は国家が国民に命令してるの?
裁判所法は国家が国民に命令してるの?

215 : :03/10/05 01:12
ともかく安倍さんは

 宮台助教授(都立大)から社会学と憲法学
 姜尚中教授(東大)から政治学
 藤原帰一教授(東大)から国際関係論

を学ぶべきだな。


216 : :03/10/05 06:37
安倍さんは

 宮台助教授(都立大)から社会学と憲法学
 姜尚中教授(東大)から政治学
 藤原帰一教授(東大)から国際関係論
 和田春樹(東大名誉)から安全保障論
 吉田康彦(大阪経済大)から核拡散問題
 坂本義和(東大名誉)から国際政治学

を学ぶべきだな。

217 : :03/10/05 16:56
<血液型O型のいかがわしい特徴> ( あまり気を許していると当たり前のようにつけこんでくるぞ!! ) 
■その道の達人をコケにして安心しようとする。多数派のときだけやたら強気。才能ある人間を歪んだ目でしか見れない。
■場所が変わると手のひらを返すように態度が豹変する ( あの連中の中じゃヘコヘコさせられてきたが、うちに来たら見ていろ! 礼儀を教えてやる。 )
■読みが浅い。粘着に睨まれる事を言っておいて関係ない人に振り向けてバックレようとする ( どうせ>>1さんはヒッキーでしょ? /  大阪人だってジサクジエンしてるぜ )
■早とちりが多く、誤爆と気付いても釈明できない。イイ人を装って忘れる ( そういう土地柄だったのさ ) 他人の勘違いは許せない。
■話題と関係ない個人攻撃で場の空気を険悪にする。次第に耐え切れなくなりあきれて話題をコロコロ変える。
■いつの間に恩を貸してるように振舞うが、自分のためであると見抜かれる。恥ずかしさをごまかすために大袈裟にキレるが相手がキレると今度はビビる。
■顔が見えない相手に対しては毒舌かつ強気。面と向かった相手にはやたら弱気で他人が言ったことに。 ( 俺が言ったんじゃないんだけど、Kさんがあなたをショボイと… ヒヒ )
■無理な人の真似をしてケチだけつけ、批判される所には現れない。観察される側になると極度に焦る( 直接対決が苦手。言い返されにくい状況を計算する )
■自分が企んでいるのに相手を悪人に仕立て上げて餌食にする。わざと攻撃を誘って自分の憎悪に酔いしれる。人の裏切りを許せないわりに自分の裏切りは覚えていない鈍感さ。
■世間に通用しないような事ばかりしつこく繰り返して自分に課した目標から逃げる。あげくに人のせいにして相手にわからない方法でキレる。
■半端な人生経験により集団的にばかり相手を気にする ( 君のような人はウチでは… / ○さんによく似てるから駄目だろうね / 背が高い奴はどいつも… )


218 :  :03/10/05 17:19
           宮台そっくり


           , ⌒⌒\  
          ((ll.l__ll)))
           ((l ロ-ロl)
          ノノヽ ∀ノ  


気に入ったら使って使って


219 :「恥ずかしい」:03/10/05 18:43
靖国防衛利権にしゃぶり尽くされるアホ拉致家族
安倍ごとき低脳にいいようにカモられて、空しくはないのか拉致家族諸君。
昔、恩給と引き換えに、日の丸を振って子供を差し出した恥知らずな「九段の母」と同じじゃないか。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/jyunkin08.htm
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~ubukata/oriori/ori_files/1995/0815_1.html
【日本】           【北朝鮮】
・極端な短足        ・短足
・従軍慰安婦用に拉致強制連行・女子中学生を強制拉致
・タクアン自慢       ・キムチ自慢
・IQが低いと愛国右翼   ・IQが無くても愛国右翼
・家が狭く貧乏臭い生活   ・貧乏で家が無い生活
・国中が主体思想のような創価靖国カルト・国中が創価靖国カルトのような主体思想
・マツタケに異常に興奮     ・興奮してマツタケ狩り
・天皇「陛下」(Pu      ・将軍「様」(Pu
(しかしよくもまあ、只の寸足らずのオッサンを天皇陛下だとか将軍様などと
呼べるもんだなあ、恥ずかしくはないのか、オッサン只の雇われ公務員だろ)
・顔が朝鮮朝顔         ・顔が日本朝顔
・国民皆奴隷制         ・人民皆奴隷制
・愛子「様」がぐったり系デブ  ・金正男「様」がぐったり系デブ
・朝鮮人と実の兄弟       ・日本人と実の兄弟
・右翼が兄弟喧嘩で国民をカモる ・軍人が兄弟喧嘩で人民をカモる
http://www.lita.com/appealj/ningenno.html
(日朝ボンクラ国民諸君、主権者は自分なのだという自覚くらい持てよ)


220 :追撃メルマガ:03/10/05 20:01
  ☆彡■■■ 田中康夫はインチキの改革ゴロ ■■■☆彡
マスコミにない情報満載 田中康夫が恐れをなし、リンク拒否する「田中県政追撃コラム」
http://members.goo.ne.jp/home/tuigeki
世間では、田中康夫を改革派だの市民派だのって言ってるけど、あんなのぜんぜんインチキ、まるでダメ。「改革」をネタに売名してるだけの新タイプのゴロつき。
一ツ橋大学時代は学内誌の部費数百万円を横領して停学喰らい就職もフイ。プ〜タローしているときに書いた
小説がたまたま、文藝賞の「なんとなくクリスタル」。ところが、受賞騒ぎで横領事件が世間にバレルのでは?
と受賞辞退までしていた、なんて知ってた?
私は昔ロッキード事件なんてのを取材したこともある元記者で、こんな質問を会見で訊いたけどバックレ
られちゃって田中康夫の正体モロ見え。
この有様、長野県HP http://www.pref.nagano.jp/hisyo/press/20011228n.htm で確認できます。
今やってるのはメルマガだけど取材のほうはバッチリでマスコ゛ミの上を行く情報沢山出してます。長野県庁では大評判。
マスコミって言ったって、長野県辺りにいる連中はオイラから見れば出来の悪い大学生ぐらいにしか見え
ないんだけど、やってることは目茶苦茶でこんなんでよく・・・と今更ながら思う今日この頃。
うわべだけの田中康夫と、程度の低い新聞印刷会社の文案係が織り成す、ドタバタ長野県政物語を読
みたい方は読者登録の上お読みください、なんてね。

221 : :03/10/05 21:14
>>217
宮台に当てはまるような。

222 : :03/10/06 03:43
宮台信者は真っ赤っかばかりだな。

223 :_:03/10/06 19:56
マジで山崎渉って誰なの?
教えて!!


224 :_:03/10/06 23:45
宮台スレをageまくってる奴は何なんだ?
対抗age


225 :204:03/10/07 00:01
>>211
>『憲法対論』(平凡社新書)じゃないかな。奥平氏と宮台が対談している
>本の中で、宮台が一昔前の「学者」の権威について述べた中で「憲法学の
>奥平、民法の我妻栄、刑法の団藤重光といえば学生がその名を口にするのを
>憚られるほど重い存在だった」みたいなことを書いてたね。

ありがとうございます。
憲法対論は手放してしまったので本屋で立ち読みしてきました。
まえがきに書いてありますね。

まえがきを再読したのですが、宮台の文意は明瞭で、このスレで批判される
ようなことは言っていないと思えました。
宮台が言っているのは、80年前後に社会科学を横断的に学ぼうと私的に
集った宮台や宮台の周辺の若い研究者の卵たちにとって、法律学において
我妻・団藤・奥平らの仕事が畏怖すべきものとして目の前にあったということ
であり、そのことは別に変なこととも思われません。
それに奥平憲法学は、同書のまえがきで宮台が書いている憲法をめぐる
彼の問題意識にかなうものですので、宮台が奥平教授を尊敬することは
自然なことでしょう。



226 :204:03/10/07 00:02
>>214
>それから宮台法律学だけど
>「憲法は、国民が国家に命令しているものです。
>これとは別に、法律は、国家が国民に命令しているものです。
>頭に叩き込んでください。」
>これを頭にたたき込むと相当に大変なことになるぞ。
>民法は国家が国民に命令しているの?
>国家公務員法は国家が国民に命令してるの?
>裁判所法は国家が国民に命令してるの?

ここで言われている「命令」とは「法規範」のことでしょう。別に変な
使い方だとは思いませんが。
そして、日本国憲法41条の「立法」の解釈で伝統的な法規説をとった
ならば、法律=法規の本質を国民に対する命令と考えることは当然のこと
であると思われます。


227 :_:03/10/07 00:20
>>226
「伝統的な法規説をとったら」間違いではないけどね。
奥平の話もそうだけど、まさか宮台って芦部を知らんとか・・・

228 :_:03/10/07 00:22
伝統的な法規説だと、それこそ
>民法は国家が国民に命令しているの?
>国家公務員法は国家が国民に命令してるの?
>裁判所法は国家が国民に命令してるの?
ってことになるんだよね・・・

229 : :03/10/07 19:12
「憲法は、国民が国家に命令しているものです。
 これとは別に、法律は、国家が国民に命令しているものです。
 頭に叩き込んでください。」
伝統的な法規説だと、宮台の発言はものすごくおかしくなるのだが。
裁判所法は国民に対する命令なのか?

230 :204:03/10/08 00:09
>>229
>伝統的な法規説だと、宮台の発言はものすごくおかしくなるのだが。
>裁判所法は国民に対する命令なのか?

なぜですか?
伝統的な法規説に依拠している人でも、「裁判所法は法律でない」などと
主張している人はいませんよ。
一般に法規説は、法律の中核的機能は国家と国民との関係を規律すること
である、と主張しているに留まりますから、法規説でも、裁判所法等を
許容する説明は用意されています。



231 :204:03/10/08 00:10
>>227
>「伝統的な法規説をとったら」間違いではないけどね。
>奥平の話もそうだけど、まさか宮台って芦部を知らんとか・・・

宮台が法規説の発想でモノを言うことは変ではないでしょう。
現在の日本政府の運用が伝統的な法規説に近いですし、多くの憲法学者も
広義の法規説ですから。
なお、芦部はこの問題についてあまり厳密には考えてはいないと思えます。
厳密に考える必要がない、という立場ですから当然ですが。


232 :_:03/10/08 02:14
一般の法規説で説明
→法律の中核的機能は国家と国民との関係を規律することである

宮台の説明
→法律は、国家が国民に命令しているもの

法規説にしても、宮台はおかしいじゃん・・・

233 :_:03/10/08 02:20
法律
権利・義務を定める一般的・抽象的規範。
(有斐閣「法律学小辞典」)

234 :_:03/10/08 07:59
宮台は・・・
憲法は本質的に国家を縛るもので、国民を縛るのことは主に法律によってなされる
・・・ってことを言いたかったのかな?

まぁ、だとしても、宮台の説明はおかしいけどな。

235 :_:03/10/08 08:01
国民を縛ることは

236 :204:03/10/09 03:36
>>232
>一般の法規説で説明
>→法律の中核的機能は国家と国民との関係を規律することである
>
>宮台の説明
>→法律は、国家が国民に命令しているもの
>
>法規説にしても、宮台はおかしいじゃん・・・

いえ、たぶん、宮台は「命令」という言葉を、国家と国民との関係を
規律する法規範というくらいの意味で使っていると思います。
(主に国民が受範者になる場合を想定した表現)
そして、それは法規説の意図するところにかない、法律学的に言っても
別に変な用語法ではありません。

>>233
>法律
>権利・義務を定める一般的・抽象的規範。
>(有斐閣「法律学小辞典」)

実質的な法律概念をどう表現するかは論者によってまちまちです。
(一人一説の趣があります。)
法律学は唯一の正解を求めるものではないので、辞典を示されても
困りますが・・・

237 :_:03/10/09 14:44
>実質的な法律概念をどう表現するかは論者によってまちまちです。
あのね、通説的な「定義」というのはあるんだよ(w
法律学は唯一の正解を求めるものではないが、「学問」なんでね。


238 :_:03/10/09 14:58
>憲法は、国民が国家に命令しているものです。
>これとは別に、法律は、国家が国民に命令しているものです。

だが、実際はそんな単純な話では済まない。
しかし、宮台は単純化して「断言」してしまっている。
「これが答えだ」ってなもんでさ(w

宮台は、「答え」を導くために問題を単純化、矮小化しているだけ。
法律学は唯一の正解を求めるものではない。
社会学もそうだろう。
でも、宮台は唯一の正解を求めているんだろうね。

239 :<>:03/10/09 18:49
「日本国憲法には国民の権利ばかりで
義務が書かれていないとほざく馬鹿が
溢れているわけです。■馬鹿の理由はお分かりですね。
どこの近代憲法にも国家の義務しか書かれていない。」
以上の宮台見解には明らかに誤りがある。
法律学は唯一の正解を求めるものではない。それは正しいが
しかし「どこの近代憲法にも国家の義務しか書かれていない。」
と書けばこれは誤り・不正解そのものである。
この見解を正解の一つと考えることはできない。
そしてそのような誤りは発言の信憑性を失わせる。
法律学は説得力の学問でもある。

240 :<>:03/10/09 18:58
法学(専門課程ではないレベル)の学期末試験問題で
<日本国憲法改正により国民の義務規定を更に増やすべきだとする
見解があるがこれについて述べよ。>という問題があったとする。
宮台説に従って
「憲法は、国民が国家に命令しているものです。
これとは別に、法律は、国家が国民に命令しているものです。
頭に叩き込んでください。」
「どこの近代憲法にも国家の義務しか書かれていない。」
それ故そのような見解は「馬鹿」の見解である。
と解答したらどうだろうか。
採点者は1.近代憲法について誤認がある。
2.日本国憲法自体に義務規定があることについて言及がない。
3.憲法を国民の命令とするのはそのままでは受け取れない。
4.憲法の人権保障としての特質をどう考えるかについて
言及がない。
5.論理があまりにも直線的・単純。
6.自分と異なる見解を「馬鹿」とののしる点では
リーガルマインドが全くない。
以上の理由で相当の悪い点がつきそうだ。

241 : :03/10/09 19:37
だからそろそろ中学生クンは放置の方向で

242 :204:03/10/10 00:13
>>237
>>実質的な法律概念をどう表現するかは論者によってまちまちです。
>あのね、通説的な「定義」というのはあるんだよ(w
>法律学は唯一の正解を求めるものではないが、「学問」なんでね。

たしかにそうです。
しかし実質的な法律概念について現在の「通説」は、法規説の外延を
できるだけ拡げて、輪郭を曖昧にしていく過程を経て形成されたものです。
つまり、「通説」は法律の本質を議論せずにすむような折衷的な定義と
なっています(あえてそうしているわけです)。
法律の“本質”を語るときに、一つの折衷案にすぎない「通説」の定義を
持ち出すことに意味はないと考えたのです。

・・・まぁ、あくまで宮台が間違っていると主張したい人を説得する義理は
私にはないし、そろそろ読者も飽きてきたでしょうから、これで引いて、
以後の論難は甘受します。
しかし今回、「法律の本質は命令」という意見がピンとこない人が高等教育
を受けたらしい人にもいることを知って、勉強になりました(別にバカにして
言っているわけではありません。お互いに隔たりがあるということです)。

243 :_:03/10/10 01:29
俺は「法律の本質は命令」という意見に疑問を持たない人が高等教育
を受けたらしい人にもいることを知って、勉強になったよ(別にバカにして
言っているわけではないよ。お互いに隔たりがあるということだ)。


244 :_:03/10/10 01:39
つーかさ、単純に宮台の表現能力に問題があるだけでは?
専門知識うんぬんじゃなくて、国語の問題だね(w

245 :_:03/10/10 01:50
>>243
あ、すまん・・・「法律の本質は命令」ではなくて
「法律の本質は国民に対する命令」な。
宮台が言っているのは、
>法律は、国家が国民に命令しているものです。
だからね。

246 :_:03/10/10 01:54
大雑把に言えば「法律の本質は命令」はOKだよ。
でも、命令の対象は国民だけじゃない。

247 :_:03/10/10 01:58
>法律は、国家が国民に命令しているものです。
小室直樹の弟子の言葉とは思えん(w

248 : :03/10/10 02:20
法学専攻の者です。
204の人が、「宮台の「命令」とは「法規範」のことだ」といってたのに驚きました。
なんでこんな無理な解釈ができるのですか?理由が知りたいです。

「宮台さんが間違っていないと言うための無理な解釈」
になってますよ。

宮台さんが「法律は、国家が国民に命令しているものです。」
と書いた文章を全部読みましたが、
やはりおかしな言い方でした。
宮台さんが珍説とわかった上で言っているならしかたないですが。

249 :204:03/10/11 13:10
>>248
>204の人が、「宮台の「命令」とは「法規範」のことだ」といってたのに驚きました。
>なんでこんな無理な解釈ができるのですか?理由が知りたいです。

「無理」ですか?
法規説の核心は「法律とは、国民に対し、義務を課し又は権利を制限する
法規範」ということですよね。
これを「命令」と表現するのが昔からの習わしではなかったのですか?

スマン。レスはやめたつもりですが、法学専攻というあなたが「珍説」と
書かれるのに驚いてレスしてしまった。

250 : :03/10/11 14:31
>>249
その伝統的な法規説の「国民に対し」というのが、
現代ではおかしいってことがわからないかなー

251 : :03/10/11 14:35
>>249
ところで、あなたの専攻は?

252 : :03/10/11 15:00
法規とは、国民の権利・義務を定める規範を重要な構成要素とするが、
国家と機関との関係に関する法規範をも包摂する概念と解される。
(佐藤幸治)

「法規」は、十九世紀の立憲君主制の時代には、「国民の権利を直接に
制限し、義務を課する法規範」だと考えられたが、民主主義の憲法体制
の下では、「実質的意味の法律」をより広く捉え、およそ一般的・抽象的
な法規範をすべて含むと考えるのが妥当である。
(芦部信喜)

253 : :03/10/11 15:10
(小室直樹「痛快!憲法学」より引用)

 法律の定義は、詳しく述べていったらきりがないけれど、
ここで最低限理解すべきは「法とは誰かに対して書かれた
強制的な命令である」ということ。
 「守ってもいいし、守らなくてもいい」なんて法律はない。
(略)
 さて、そこで問題なのは「誰が誰に命令するか」ということ
です。
 「誰が」というのは、比較的分かりやすい。法律の場合は
国家権力です。(略)
 では、「誰に」命令するのか。
 これは法律によって違う。(略)

254 : :03/10/11 15:20
さて、かように、現在では法律については
「法律とは、国民に対し、義務を課し又は権利を制限する法規範」
というような話では済まなくなっているワケです。

しかし、宮台は「法律は、国家が国民に命令しているものです。」
と言い切っている。
しかも、それを「頭に叩き込んでください。」と・・・
宮台は、いったい何を言いたかったのでしょうかね。

255 :・・・・・・:03/10/12 22:10
宮台発言は法律・憲法については相当に問題あり
ということはこれで皆さんに理解して頂けたでしょ。
社会学者なのだから憲法・法律について間違いの多い
議論を展開するよりも自らの領域で議論を深め世界に通用
するような社会学理論を作ればいい。


256 : :03/10/12 22:38
あんたも同じこと繰り返して飽きないねえ。。
ま、君の頭がいかに悪いか立証して差し上げようか。

>法律は、国家が国民に命令しているものです。
はい、こんなこといってません。国家の国民に対する命令は法律だ、
といっているんです。

君高校はでてるか?必要条件と十分条件の違いはわかるかな?
ベン図を書いて悪い頭でよく考えてくれよ。

「法律」ならば「国家から国民の命令」である

じゃなくて、

「国家から国民の命令」ならば「法律」である

と言っているのだよ。

257 :256:03/10/12 22:46
>「国家から国民の命令」ならば「法律」である
これはちょっと語弊があるな。これも正確じゃない。

258 ::03/10/12 22:50
>>11

一応言っとくと「虎の威を借る」だからな。
皮を借りてどうすんだよ、グロいな。

259 :・・・・・・:03/10/12 23:24
>>257
「どこの近代憲法にも国家の義務しか書かれていない。」
についてはどうですか。どのように肯定されますか?


260 :・・・・・・:03/10/12 23:31
>>257
宮台憲法学・法律学を支持している方ですね。
でも256で言っていることを257ですぐ修正
するとは残念です。自分の意見をまとめてから述べて
ください。

261 : :03/10/13 09:52
>>256
>>法律は、国家が国民に命令しているものです。
>はい、こんなこといってません。

http://www.miyadai.com/message/?msg_date=20030924

262 :256:03/10/13 10:37
ウホ、イイタイミング。
なんだかなあ。相手して欲しい寂しい奴で「あえて」バカなこと書いているのか、
それともやっぱり本物のバカなのかなあ。どちらにしろかわいそうなお方ですな。
-------------------------------
■馬鹿の理由はお分かりですね。どこの近代憲法にも国家の義務しか書かれていない。≪国
民の義務は法律に書かれるのです。≫国家がどんな国民の義務を命令していいのかを、憲法
が決める。その意味で、憲法改正とは、国民から国家への命令を変えるということです。
--------------------------------
だから論理的な包含関係が頭の中で把握できないlow-brainなら
手間を惜しまずベン図を書けって。知ってるだろ、ベン図?
「法律は、国家が国民に命令しているものです。」こんなこと言ってないじゃん。
「国民の義務は法律に書かれるのです」こう言ってんだろ?

263 :256:03/10/13 10:49
ていうか、もし仮に文面上「法律は、国家が国民に命令しているものです。」
と書いてあったとしても、それは字句通り逐語的な意味を意図して
書いた物ではありえないことは自明だけどなあ。普通の読解力があれば。
なんで話の文脈というものがわからないのだろうかね。

264 :256:03/10/13 10:52
死ぬほど笑った、って書いてあったら
ああ、笑い過ぎで本当に死にそうになったんだ、なんて思うのかな(w

265 : :03/10/13 11:17
文脈を宮台先生にとって都合が良いように読むべきだ。
宮台先生は常に正しい。間違うわけが無い。東大なんだぞ。

266 :    :03/10/13 11:24
>宮台先生は常に正しい。間違うわけが無い。

そうなの?

267 : :03/10/13 14:02
そうだろ
東大は正しい
正しいことは東大である

268 : :03/10/13 14:43
>>266
お前も宮台信者になれ。
そうすれば宮台先生が常に正しくて間違わないことがわかる。
経済政策も一流の経済学者を超えてるのがわかる。

269 : :03/10/13 15:02
宮台を信じる自由は守られるべき

宮台は正しい

正しくないことは宮台は言わない

270 : :03/10/13 15:38
>>263
文脈から考えても宮台が、間違ったあるいは不適切な「表現」を
しているということにはかわりがないのだけどね。

271 : :03/10/13 15:57
つかさ、これ「憲法に国民の義務を明記しろ」という主張の問題点の指摘だろ?
で、宮台の話のおかしなところは・・・

憲法の名宛人は基本的に国家だが、国民に対して義務を課すという要素が皆無と
いうことではないので、憲法に国民の義務規定を置くことができないとはない。
せいぜい、国民の義務規定を置くのは慎重に考えるべきである、ぐらいしか言えない。
(「どこの近代憲法にも国家の義務しか書かれていない。」は明らかな間違い)

したがって、「国民の義務は法律に書かれるのです」と言っても、意味がないし、
「法律は、国家が国民に命令しているものです。」という表現も不適切。

272 : :03/10/13 16:12
憲法に国民の義務規定を置くことができないとは言えない。

273 : :03/10/13 16:20
204=256に3000ミヤダイ

274 : :03/10/13 18:30
宮台は俺たちに「無垢な主体」であることを許さないんだよ。
義務を憲法に書いてもらって命令してもらうなんて、無垢な主体そのもの。
宮台はそういう受け身な姿勢を許してくれないんだよ。

275 : :03/10/13 19:10
>>274
だからって憲法や法律についておかしな説明してもOKということにはならんよ。

276 :・・・・・・:03/10/13 19:44
256は法律を学んだことがあるのですか?
必要条件・十分条件なんて法律に書くことはまずありません。
というのも「条件」と聞けば法律を学んだ者はほぼ反射的に
民法127条以下を想起するからです(見たことなければ
手近の六法を見てね。)。だから解除条件・停止条件
という言葉は使います。条件・期限の違いでは出世払いの約束が有名ですよ。知ってるかな?

277 : :03/10/13 19:46
表現が不適切なだけと思ってる人もいるみたいだけど、
宮台さんは法学の知識が本当に足りないんだと思うよ。

278 :         :03/10/13 19:51
>>277
そうだとは思うが。

279 :・・・・・・:03/10/13 20:59
>256
自分の書いたことでも多少の修正は必要のようですので付け加えます。
判例検索ソフトで調べてみました。1.法令について
必要条件という語を使っているのが昭和27年 4月19日人事院規則第10-2号2条の見出し
だけ(よって本文にはなし)。十分条件という語を使っている法令はなし。
です。私は法律と書いたのでぎりぎりセーフでしょうかね。
2.判例について
十分条件という言葉を用いている最判(平成3年4月11日)
が一つだけありました。ただしそれは上告理由です。よって
戦後の公刊最高裁判決の主文・理由等で十分条件ということばを使っている
ことはないというのが結論です。
これに比べて必要条件という言葉を用いている最判は13件あるようです。
例えば平成3年4月11日です。少数意見が「しかし、衆議院の解散が内閣の助言と承認により行われることは
有効な解散の必要条件であつて、その要件を具備した内閣の助言と承認がない
場合の解散は憲法上無効であるから、衆議院の解散の有効無効を決するためには、
この点の判断は不可決なものである。」と述べています。ですから
必要条件という言葉は使うようですね。多少修正します。
次に法令について
必要条件という語を使っているのが昭和27年 4月19日人事院規則第10-2号2条の見出し
(よって本文にはなし)。十分条件という語を使っている法令はなし。
です。私は法律と書いたのでぎりぎりセーフでしょうかね。

280 :256:03/10/13 22:01
>・・・・・・
>必要条件・十分条件なんて法律に書くことはまずありません。
釣り?あるいはリアルでアホなの?(後者の予感。。。)

「法律学の用語法」の話なんかしてませんが。
法律家が、必要条件・十分条件という数学の用語を使おうが使うまいが、

『AならばB』

という命題があれば、AはBの十分条件であり、BはAの必要条件。あたりまえじゃん。
法律がどうこう、なんて高等な学問の話をするまえに、もういっぺん初等教育から
やりなおしあそばれたら?

281 : :03/10/13 22:12
でもさ、法律の条文はともかく、解釈はいいかげんだよね。
本来、元命題が真ならその対偶のみが真になるはずなのに、反対解釈と称して
逆命題や裏命題も真とみなしてる解釈はウヨウヨあるよな。
ああいう解釈を見ると必要条件、十分条件なんて厳密なことを
ケンケンガクガクと議論するのもバカらしくなるよ。

282 :・・・・・・:03/10/13 22:15
256さんへ。
1.条件について民法を見ましたか?
2.「どこの近代憲法にも国家の義務しか書かれていない。」
という一節はどう評価しますか?



283 : :03/10/13 22:20
うーむ、本来、複雑曖昧で簡単に答えが出せないような話を、
都合のいいように単純化して一刀両断にハッキリした答えを出す・・・
これが宮台の真骨頂なのか?

一見、真理を述べているように見えるが、実は単なる誤魔化し。
このテの手法は、新興宗教の勧誘なんかでよくあるんだよな(w

284 :256:03/10/13 22:22
>>270
>文脈から考えても宮台が、間違ったあるいは不適切な「表現」を
>しているということにはかわりがないのだけどね。
釣りっぽいけどあえてマジレス。
君の表現こそ「不適切」だな。それをいうならこうだろ。

『文脈を無視して、片言隻句をとらえれば、宮台の発言には不適切なものがある。』

こんなの当り前じゃん。こんな批判なら幾らでもできるよ。たとえば椅子から転げ落ちたなんて
言ってやがるがそりゃ嘘だろ、とかさ(笑

だけどそんな批判して何の意味があるのかね?
「宮台」を批判したいんじゃなくて「宮台の主張」を批判したいんじゃないの?
だとたら宮台の著作の「字面」じゃなくて、宮台の「言わんとしたこと」を
批判しないと意味ないんじゃないの?

いや別にそれに意味があると思うなら好きにすればいいけどさ。
人称性にだけ異常な関心を示す田吾作な俺、なんて自己イメージには
俺ならダサくて絶えられんけどなー。

285 :・・・・・・:03/10/13 23:01
256さんへ
1.「どこの近代憲法にも国家の義務しか書かれていない。」
という一節はどう評価しますか? 全然応えてくれませんね。
2.法律学では言いたいこと=結論だけでなく
言い方=理由付けがとても重要です。そこで宮台方式の間違いある
また誤解されやすい理由付けは評価が低くなります。
3.出世払いの話はどうですか?これを機会に法律学に興味を持ってください。
まず意見を言うよりもまず知識の習得からね。

286 :・・・・・・:03/10/13 23:19
256さんへ。
「日本国憲法に義務規定を増やすべきか否か」
なんて問題は既に語り尽くされるほど語られています。
宮台の結論=設けるべきではないには新規性はない。
その理由付けについては間違いが多く・そのまま受け取れない。
法律・法律学について発言するなら地道に民法から(憲法からでなく)
勉強してください。その上で憲法も刑法も勉強してください。時間があれば民訴も。
なお281の発言には私は同意します。おっしゃるとおりです。

287 : :03/10/13 23:20
>>283
論理によって行動しているのか、行動を後付論理で行動しているのか。
このひと児ポ法の話とかじゃ明らかに後者にしか見えないんだけど。
しかもエロゲとかコミケとか引き合いに出して反対派の傷を大きくしてるようなw

288 : :03/10/13 23:22
>>284
やはり宮台信者は読解力と理解力に問題があるようだね。

あんた自分で引用してるけど、>>270には「文脈から考えても」とあるだろ。
それがなんで「文脈を無視して、片言隻句をとらえれば」になるかな(w

289 : :03/10/13 23:28
>>284
>「宮台」を批判したいんじゃなくて「宮台の主張」を批判したいんじゃないの?
>だとたら宮台の著作の「字面」じゃなくて、宮台の「言わんとしたこと」を
>批判しないと意味ないんじゃないの?

不適切な表現どころか、間違った説明までしいるから、
そもそも、宮台の「言わんとしたこと」が何かわからんのだよ。
つかさ、学者サンが言っていることを、
聴く側が勝手に補正したら、失礼じゃん(w

290 :maeda ◆K8EfEbyWG6 :03/10/13 23:29
がんばって現実をでっち上げろよ前田君。

291 : :03/10/13 23:33
宮台ほどの学者なんだから、ひょっとしたら何か意図があって
「どこの近代憲法にも国家の義務しか書かれていない。」
などと、わざわざ間違ったことを言ったのかもしらんな(w


292 : :03/10/13 23:35
256=釣りキチ三平

293 : :03/10/13 23:35
>>287
暴力メディアに影響されて暴力的になる事は無いとか言う論は最近じゃもう通用しないんだけどな。
しかもぺド系ってそっちの属性に「目覚めさせる」効果もあるんじゃないのって思うよ。
エロゲユーザーは18歳未満っていう条項を気にしてるんだと思うし。

294 : :03/10/14 01:57
>>204
もしそうだったらその意味でも「団藤、我妻、奥平」を並べるのはナンセンス
だと思う。あの時代社会科学を横断的に学ぶ上で刺激になる法学者なら
ば平野龍一や小林直樹だったはず。

もちろん我妻は「社会」については下手な社会学者よりも遥かに知識が
豊富だから我妻の本を読めば、土地売買や手形小切手、銀行取引に
遺産相続と社会学の本を読むよりり多くのものを学ぶことが出来たと
思うが、「社会科学を横断的に学」ぶのにはあまり関係ないはず。我妻や
団藤は社会科学者ではなくなにもよりも法律学者だから。

要するに宮台は団藤や我妻の世間的名声のことをいっているだけで
彼らの業績なんて理解できていないのではないかと小一時間(ry




295 : :03/10/14 02:02
対談した相手を持ち上げただけだろ。
たとえそれが事実だとしても、対談してる相手のことを
「奥平先生は団藤、我妻より格下ですが」なんて書く奴はいない。

296 :294:03/10/14 02:08
すまそ>>294のあて先は>>225だった。

>>295
それが真相だろうけどさあ(w。それは当人の目の前で口頭でいうだけに
してほしいなあ。宮台が自分の本のターゲットとして法学の専門知識も
社会科学の専門知識もない人々を想定しているのならばなおさらだよ。

297 : :03/10/16 01:31
宮台怒る!

どこまでも無垢で無邪気で無知で無責任で無神経を貫き通す日本人。
ナイーブで、自立をしない、できない、民度が低い日本人。
あげくに憲法に国民の義務を規定せよという始末。
宮台様はお怒りだ。

298 : :03/10/16 01:35
>どこまでも無垢で無邪気で無知で無責任で無神経を貫き通す日本人。

宮台そのものじゃないかw

299 :・・・・・・:03/10/16 21:15
>あげくに憲法に国民の義務を規定せよという始末。
もう義務規定は日本国憲法に存在するよ。
憲法についてあれこれ話す前に憲法の条文を読みなさいよ。

300 :-==- -==-:03/10/16 22:44
先生がお怒りなのも無理はない

301 : :03/10/17 12:33
複雑な状況を過剰に単純化して、安部はバカ、売国奴と言う。
このほうがわかりやすいだけでなく、情動に訴えやすくて、
部数を稼ぐのに好都合なんですね。

「村田こうじとかいう国際政治学者が複雑なことを言っている。
そんなことは国際政治学者じゃないし社会学者だからわからない。
理解できないから村田はバカだと言っておこう。」となるわけです。
しかし、ここで公共財の考え方が出て来るべきなのです。

302 ::03/10/17 12:45
安部晋三って経済制裁してないよね?

303 : :03/10/17 16:49
安部晋三ってぜんぜん強硬じゃないでしょ。

304 : :03/10/17 18:29
憲法のシケタイ読んだら、宮台のと同じような事が書いてあったんだが、
(国民が制定する憲法は国家権力を拘束する。法律はその範囲で国民の
権利を制限する等)、大雑把にいえば、宮台の認識であってるんじゃない?

305 : :03/10/17 18:50
>>304
憲法のシケタイまとめた人が大雑把にまとめていて、
正確に理解してないでしょ。
憲法の教科書読んでみるとわかる。

306 : :03/10/17 18:54
>>304
・・・・・・氏の>>286の通りなんだけど、宮台の話ってのは、
憲法に国民の義務を明記しろという馬鹿がいる・・・なんで馬鹿かというと・・・
という流れでしょ。

でさ、大雑把に言って、
>国民が制定する憲法は国家権力を拘束する。
ってのは、確かにその通りなんだけど、
じゃ、憲法に国民の義務という要素が皆無かというと、そうではないんだよね。
加えて「どこの近代憲法にも国家の義務しか書かれていない。」は間違い。

つまり、宮台の説明は、なんで馬鹿か、という理由にはなってないのよ。

307 :305:03/10/17 18:55
でも、
>国民が制定する憲法は国家権力を拘束する。
>法律はその範囲で国民の権利を制限する。
と言うところはだいたい正しいよ。
でも宮台さんは↑みたいに言ってないからね。

宮台さんが言ってたのと同じようにまとめた
シケタイ、本当にがあったの?

本当は似てないのに、
あなたがシケタイと宮台さんがいってることが似ていると
勘違いしてるだけでしょ。

だったらまとめた人は何も間違ってないよ。

308 :星野さん感動をありがとう。さんまvsたけし!踊る大総選挙!:03/10/17 18:57
阪神タイガース優勝バンザーイ!
星野さん感動をありがとう。そして、おつかれさまでした。
落ちこぼれ阪神の優勝は多くの人たちに勇気を与えたと思います。
あらためて、阪神優勝バンザーイ! よーし、次はダイエー相手に日本一や!
でも喜んでる場合やないで〜
大阪の景気は超ドン底最悪状態真っ最中!
大阪の選挙の投票率はなんと全国で最下位!(55.69%)
なさけないわ、ほんま。。。
投票率が低いのは社会、経済に対して自発的な努力が無い証拠やで!
(....43京都 44沖縄 45埼玉 46千葉 47大阪)
こんなことで大阪の景気が良くなるわけないやろが!
大阪を変えたいんや!
11月9日の総選挙、投票率を上げようや。 全国一位をねらおうや!
それが無理でも、せめて、 阪神の勝率(62,7%)を超えるぐらいの投票率をめざそうやー!
大阪人よ立ち上がれー!!!
そして、政権交代で日本を変えたいんや!
イメージとパフォーマンスばっかりで
弱者の痛みを無視するような政策ばっかりの小泉政治はもうアカン!
自民党の利益を失うような構造改革を
自民党自身ができるわけないのは誰でもわかる。
もうだまされへんぞー!
大多数の無知な国民をあざむくのもいいかげんにしろー!
自民の自民による自民のための政治はもう終わりにしろー!
11月9日、踊る大総選挙。
政界の明石家さんまこと小泉純一郎と
政界のビートたけしこと菅直人。
さあ、勝つのはどっち!!!?
http://www2u.biglobe.ne.jp/~over80/shugiin_watching-2000.htm
若者の投票率はめっちゃ低いねん。
若もんの力で日本を変えようや!!
........................................................

309 : :03/10/17 18:58
つか、宮台がシケタイレベルの認識で憲法を語っているとしたら
それはそれで笑えるが・・・

310 : :03/10/17 19:01
バカは何回話をループさせれば気が済むんだ(笑

>憲法に国民の義務という要素が皆無かというと、そうではないんだよね。
皆無だよ。(笑)

311 : :03/10/17 19:03
国民の義務が書いてある憲法も憲法なんだって。
憲法の先生に聞いた。

312 : :03/10/17 19:04
宮台のように「バカ」って言ってみたかった。

313 : :03/10/17 19:09
同じ事で繰り返しループする宮台さんって滑稽で恥ずかしいですね。

314 : :03/10/17 19:15
まぁ、宮台も他人をバカ呼ばわりしなければ、
ここまでバカにされることもないだろうに・・・

315 : :03/10/17 19:17
>>310
君は、日本国憲法を読んだことないね(w

316 :はげ:03/10/17 19:27
↓いろんな人からバカにされてるな、ミヤディー。
http://media.excite.co.jp/daily/thursday/031009/p01.html
http://media.excite.co.jp/book/news/topics/019/p02.html

317 : :03/10/19 01:21
>>314
それでこそミヤディー

318 : :03/10/19 09:22
ミヤディーはバカ発言をするからこそかっこいい。

319 : :03/10/31 21:14
http://product.esbooks.yahoo.co.jp/product/product/detail/author?accd=31195847

320 : :03/11/01 13:20
>>315
>憲法に国民の義務が皆無かというと、そうではないんだよね。

ハングルではこうよむの?

321 : :03/11/02 16:18
>>293
亀レスだがそのネタは文春か?


322 :りそな:03/11/06 19:32
拉致被害者日本人が居たのは招待所という名の
強制収容所だ。北へ行けば拉致被害者はふたたび強制収容所
に送られる?宮台は日本人を強制収容所に送れという
議論を展開している。人間性のかけらもない議論だ。

323 : :03/11/06 20:25
>>320
日本国憲法を読んだことないのか?

324 : :03/11/06 20:29
納税の義務  勤労の義務  教育の義務

韓国なら兵役の義務

325 : :03/11/06 20:30
つーか、>>170で引用されているじゃん>日本国憲法

326 :_:03/11/09 16:44
漏れは長いこと宮台派だったけど、なんつーか賞味期限きちゃったって感じだね。
なんか北朝鮮問題のあたりからズレ方がひどくなってきた。

327 :校長が強盗:03/11/09 17:29
この事件は報道されていません。教育委員会も校長を処分しません。
 皆様の力でこの事件を広めてください。
被害者先生のサイト
 http://www.geocities.co.jp/NeverLand/8595/
 事件究明を求める署名サイト
 http://chiba_273.at.infoseek.co.jp/
   ∧_∧
  (  ^^ )< ひろめよう


328 : :03/11/09 17:46
>>326
でも、一年前に宮台が言ったとおりになった。
拉致被害者を利用しているのは安倍の方だよ。

329 ::03/11/11 17:04
安倍晋三と斎藤環のキャラがどうもかぶるのだが

330 :_:03/11/11 20:54
>>328
宮台の予想は、局外者としての予想だからそれはそれでいいよ。

問題は政府当局が、仮に宮台の指図のままにやったとしても現状よりうまくいったかどうかだ。
これは客観的に議論の対象にできない。

・・・・ただ、あくまで印象論だが、宮台が総指揮をとったとして現状よりましな
状態になったなんて正気で信じてる奴はいないと思うが・・・・宮台本人ふくめて。

331 :バカ:03/12/27 08:37
宮台は反省して腰をすえてホスィ。
そしたらきっとまともになれる。
つっても今のまま表層評論家の方が食えるんだろな。終りか・・


332 :すきやきっち@似非学者 ◆a2T922RdeA :03/12/31 12:17
宮台大先生を論駁してみるテスト。
http://theendou.adam.ne.jp/lib/nenryou.htm

333 :世界@名無史さん:04/01/18 02:01
麻布高から東大の宮台から見れば
アホ私大成蹊の安倍なんか慢性脳膜炎患者だろw

334 ::04/02/06 18:50

こいつは本当の基地外。
今日もラジオで「イラクには民間会社を派遣すべき」


335 : :04/02/06 21:08
ここ10日くらいの安倍晋三事務所の動きで宮台の正しさが証明されたなw

336 :宮台が言ったとおりになった:04/02/06 21:34
http://uno.law.seikei.ac.jp/~tomita/whatsnew.html
http://zenkyoto68.tripod.com/zenkyoto01a.htm
1968年6月20日
医学部の今井澄は、続々と集まる学生たちを見て驚いた。
「私にとっても全く新しい経験だったんですけれども、学科ごとクラスごとにそれぞれ旗を押し立てて
安田講堂に抗議に押しかけてきたんです。
その光景を見て、私はもうたいへんびっくりしました。
それまでの学生運動というのは選挙で選ばれた指導部があって、
その指導部が方針を出すことによって運動が始まるものだったんです。
労働運動もそうでした。 
ところが、全くそうじやない。
自主的に、下から、個々に、分散的に起きた。
そういう人たちがほとんど安田講堂前を埋めつくしたんです。
私はそこへ行って呆然として見ていました。
これはいったいなんだろう、全く新しい運動の始まりだというふうに思いました」


337 :中央:04/02/08 23:15
麻布高から東大の宮台から見れば
アホ私大成蹊の安倍なんか慢性脳膜炎患者だろw

→そんなこと隆平君の前でいわなくても・・・・

338 : ◆K8EfEbyWG6 :04/02/08 23:20
それを言った時点で(思っていた時点で)カス決定だろう.

339 : ◆K8EfEbyWG6 :04/02/08 23:21
文型を馬鹿にする2流理系と同じ.カス,以上.

340 ::04/02/09 00:33
だけど
あの我妻栄と並んで東大法学部で一番だった岸のまごで
顔も似てるのに脳みそだけは見事に遺伝しなかった安部ちゃんだけどさ
俺は手っきり東大法学部出たもんだと思っていた。
で成蹊のやつが官僚にはなれっこないしたとえどこかの官庁行っても
書類の処理からしてまるっきり使えないわけでしょ。
だから官僚は思いっきり馬鹿にしてるよ、間違いなく。

341 : :04/02/09 01:01
>>336
秀美ちゃんの本読んでたらそいつら金貰ってたって書かれてたが。
しかも左翼からじゃなく右翼の大物から。

342 ::04/02/09 01:21
最近立花隆のすべてとか言う本を読んだのだが
それにかろうじけん太郎の今とかいう
ルポがあってもと全岳廉委員長の過労時が
場末の酒場で酒を飲みながら田中制限に金もらったけど、何か?
とか書いてあった。で御大副島の日本の秘密という本をざっと
立ち読みしたことがある。である国の器官がか根を出して
黒幕を通して蓑欲の学生を買収してサヨク学生幹部は銀座で豪遊していたんだってさ。

343 :田中康夫:04/02/10 18:26

安倍にまったく相手にされないアフォの宮台(ゲラゲラ

344 :チンパン爺の福田くん:04/02/13 02:16
あべしんぞうが馬鹿なのはたしかだな

345 :あべし!:04/02/14 21:38
      ____
     /∵∴∵∴\
    /∵∴/∴∵\\
   /∵∴< ・>.<・ >.| んぞう君の学歴も怪しいぞ、珍パン爺福田君!
   |∵∵ |\_|_/| | 
    \∵ | \__ノ .|/ 
   / \|___/\
  │ ∴∵━━○━∴│


346 ::04/02/18 12:41
安倍は酷賊


347 : :04/02/18 18:10
昔、熱く宮台を語ってた人達はどこにいってしまったの?

348 : :04/02/18 20:55
学歴問題、目糞鼻糞3兄弟の次男坊。
弟はイケメン、スポーツマンで爽やかだね。

349 :   :04/02/18 21:12
昔、熱く宮台を語ってたミヤディー信者の友達は、
恥ずかしくなったのか、宮台を語らなくなりました。

350 : :04/02/18 22:26
ミヤディーがラジオで「なーんだ、なーんだ」みたいな
発言をした為、部隊は撤収したのさ。

351 :宮台準教授:04/02/19 00:38
名誉毀損:安倍幹事長に謝罪 「噂の真相」最終号
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/shakai/20040218k0000m040114001c.html

 「記事で名誉を傷つけられた」として、自民党の安倍晋三幹事長が
「噂の真相」(東京都新宿区)に1000万円の損害賠償と謝罪広告
の掲載を求めた訴訟は17日、東京地裁(藤下健裁判長)で和解が
成立した。同誌が記事の一部に不正確な記述があったことを認め、
最終号となる4月号に「おわび」と題した謝罪広告を掲載する内容。

 問題になったのは同誌03年2月号。「(幹事長の)地元事務所は
韓国系パチンコ業者が貸与」「最終目的は武力による北朝鮮殲滅(せ
んめつ)」などの見出しで「(幹事長は)拉致問題解決を目指してい
るわけではない」「最終目標は正常化交渉を阻止して北を爆発させ、
武力攻撃への道を開くことではないか」などと記載した。

 噂の真相は創刊25周年となる4月号で休刊する。

 安倍幹事長側の小林英明弁護士の話 「おわび」の掲載と雑誌の
休刊によって訴訟の目的を達成したと判断した。事実上の勝訴と
受け止めている。


352 : :04/02/19 01:51
ふふふ

353 :安倍晋三の疑惑:04/02/19 09:38
> 下関市長選はなぜ無投票か 安倍派軸の専制構造       2003年3月8日付
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/simonosekisityousennhanazemutouhyouka.htm
>  99年の2期目の市長選では、〔略〕【安倍事務所絡みの人物が】「〔江島市長の対立候補の〕古賀は
> 自殺した新井代議士と親せきで、北朝鮮から送りこまれた人物で、市長になると税金を祖国に送金する」と
> 【選挙妨害の謀略ビラもばらまいた】。〔略〕
>  再選された江島市長は、対抗馬をおした建設業者らへ徹底的な報復攻撃をおこなった。〔略〕
>  さらに多くの人のあいだで語られているのは、【下関署が】選挙違反をとりしまるどころか、【選挙つぶしに
> いっしょになってかかわっている】ことである。対抗馬のある後援者は、選挙事務所から自宅まで下関署の
> パトカーから尾行された経験がある。〔略〕選挙事務所前にはパトカーがはりつき、出てくる人人に逐一
> いやがらせの「飲酒検査」をおこない、人が気持ち悪がって寄りつかないように仕むけたりした。
>  「下関の市長選をたたかっているのに、安倍事務所から警察、革新政党まで全部を敵に回したような
> 選挙戦で、とほうもない闇世界を相手にしているようだった」と、ある選挙参謀はふり返る。〔略〕
>  談合情報がいくら出ても調べようともしない下関署に疑問が強まっている。【安倍事務所は清和会の
> 警察官僚と関係】して山口県警の人事にまで影響力をもつといわれており、それに逆らえば警察が動くと
> いうのが常識と語られている。商業マスコミも江島、安倍絡みとなると、黙して語らずで買われていると
> 評価されている。
>  江島市長が大型公共事業でもっとも手厚くしたのが、【安倍晋三代議士の出身の神戸製鋼所】である。
> 奥山工場ゴミ焼却炉、リサイクルプラザ建設と約170億円を一括発注している。さらに毎年50億円を
> つぎこんでいる下関沖合人工島事業である。これらの【利権にありつけるのは安倍事務所絡みの建設業】
> だけでしめられている。

354 :安倍晋三関連:04/02/19 09:38
「安倍晋三事務所」が関係している【清和会(森派)の警察官僚】は、森喜朗の秘書官だった
三谷秀史のようだ。
三谷秀史は、大阪府警警備部長、岡山県警本部長を歴任。「えひめ丸」に関与。
http://n-gendai.cplaza.ne.jp/biz_web/business/news/current/20010424/
http://www.asahi.com/politics/mori/speak/010421a.html
三谷秀史は、警察庁から国政選挙の期間、1年6ヶ月、千葉県警本部長をしていた。
http://www.chunichi.co.jp/03seikyoku/tknews/cba/cba03101502.html
http://www.sankei.co.jp/edit/kenban/chiba/040122/kiji05.html
三谷秀史は、731部隊の千葉で、厚生財団法人会長をしている。
http://www.police.pref.chiba.jp/koekihojin/
三谷秀史は、共同通信・朝日新聞と、【佐賀県警記者クラブ】で、ラグビーを通じ、かなり深い関係を持つ。
http://www.geocities.jp/jjrc_rugby/history.htm
三谷秀史が千葉県警本部長をしていた1年6ヶ月の間に、千葉県警では、不思議に未成年への
警察官不祥事が多かった。
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/starsin/topics4-2.htm
http://www.mainichi.co.jp/news/article/200307/18m/102.html
http://www.mainichi.co.jp/news/article/200305/29m/083.html

355 :淋しい:04/02/19 21:37
96 名前:神経症 :04/02/19 10:25
>>95
前例をあげると、
1.ブラックマンデーでアメリカが大恐慌に陥った当時、8歳の少女子役シャーリー・テンプルが
   大ブームとなった(ハリウッドでもっとも出演料の高い女優になった)
2.平成大不況のはじまりとともに安達裕実が大ブレイクした。
3.97年の橋本経済失政の際にチャイドルブームが起きた。
4.韓国は現在大不況真只中だが、ハウンちゃんという美少女子役が大人気である。
5.第一次世界大戦直後、失意と大不況に苦しむオーストリア・ドイツで、「ペピの
   体験」という児童ポルノ小説が空前の大ブームになった。

景気が悪いと、必ずロリコンブームが訪れる。
それに、こういった例をあげるまでもなく、元気がないと、成人女性よりも
あどけないロリのほうに魅力を感じるのは経験上理解できるはずだ。




356 :名無しさん@社会人:04/04/24 21:47


事実「バカ」だしな安倍は。




357 :名無しさん@社会人:04/05/05 12:51
ミヤディーと安倍の違いは勉強の出来るバカと出来ないバカの違い程度だがな。

358 :名無しさん@社会人:04/05/05 18:09
次はここに来るのかなとマチブセw

359 :名無しさん@社会人:04/05/06 01:59
そういう宮台の安全保障の考えも安部と大して変わらないと思うが

360 :名無しさん@社会人:04/05/06 02:22
結論

宮台先生もネオコンと大差なし



361 :名無しさん@社会人:04/05/06 05:21


 事実「バカ」だしなミヤディーは。




362 :名無しさん@社会人:04/05/11 22:32
ネオコンってのは元々は宮台のようなこと言ってたのが転向して
「ネオコン」になったんだろ。



363 : :04/05/11 23:09
まあようやく安部タンのばかっぷりも衆目の知るところとなってきて、
やはりミヤディーの先見の明はすばらしかったということで
みんなの意見は一致したということでいいですね>ALL

364 :名無しさん@社会人:04/05/12 02:04

宮台はとうに終わってるけどなw

365 :名無しさん@社会人:04/05/12 04:21
NHK  テレ朝  TBS  テレビ東京  朝日新聞
など

日本のマスコミは情報操作をすることによって
政治家を騙して  政治や経済  株式市場を  混乱させている

なぜこういうことができるかというと
政治家  経済人  投資家にとって  業務を行う上で
情報が必要なため  マスコミが情報を提供するというと
つい受け取らざる終えなく
しかもマスコミが 情報のソースを明かさないので
鵜呑みにして 嘘情報を信じざる終えない
  それでマスコミが  情報を操作して
伝えて 政治  経済  市場を混乱させることができるからである

このような情報の独占と  情報支配  それによる  情報操作
という  左翼マスコミの陰謀に対抗する必要がある



366 :名無しさん@社会人:04/05/12 05:16
安倍ちゃんは成蹊大卒だけどたんに勉強しなかったので
東大入れなかっただけでしょう。
結構かれは頭いいし、弁も立ちます(詭弁家ともいえるが)。

367 :名無しさん@社会人:04/05/12 05:24
詭弁家宮台VS安倍

368 :名無しさん@社会人:04/05/12 05:33
NHK  テレ朝  TBS  テレビ東京  朝日新聞
など

日本のマスコミは情報操作をすることによって
政治家を騙して  政治や経済  株式市場を  混乱させている

なぜこういうことができるかというと
政治家  経済人  投資家にとって  業務を行う上で
情報が必要なため  マスコミが情報を提供するというと
つい受け取らざる終えなく
しかもマスコミが 情報のソースを明かさないので
鵜呑みにして 嘘情報を信じざる終えない
  それでマスコミが  情報を操作して
伝えて 政治  経済  市場を混乱させることができるからである

このような情報の独占と  情報支配  それによる  情報操作
という  左翼マスコミの陰謀に対抗する必要がある



369 :名無しさん@社会人:04/05/12 13:45
バカがバカにバカと言っただけの事だろ。

370 : :04/05/13 08:28
安倍晋三幹事長は7日夜、大阪市内で開かれた会合であいさつし、
福田康夫官房長官の辞任に関連して「年金の未納は脱税と違い、保険料を
払わないと年金を受け取れず、自分に跳ね返るものだ。国民の中に大きな
誤解がある」と述べた。

371 :名無しさん@社会人:04/05/13 08:41
NHK  TBS  テレ朝が報道番組で活動を絶賛している
チェチェンテロリストの
首切りシーンです

日本の左翼ってこんなのとつるんでるんだーー

こわーーーーーー

http://dolby.dyndns.org/foo/



372 :名無しさん@社会人:04/05/13 09:34
NHK  TBS  テレ朝が報道番組で活動を絶賛している
チェチェンテロリストの
首切りシーンです

日本の左翼ってこんなのとつるんでるんだーー

こわーーーーーー

http://dolby.dyndns.org/foo/



373 :名無しさん@社会人:04/05/14 08:10
>>370
>「年金の未納は脱税と違い、保険料を払わないと年金を受け取れず、
>自分に跳ね返るものだ。国民の中に大きな誤解がある」と述べた。

本当にそんなことを言ったの?
だとしたら、国民を強制加入させなくてもいいことになるね。

374 :名無しさん@社会人:04/05/14 10:58
北朝鮮に対し「外交上手(目的合理的)」との客観的評価
を与えるポーズをとりながら、実は単に北にシンパサイズ。
それが宮台先生。

375 :名無しさん@社会人:04/05/15 00:31
まあ、日本の政府も首相の保身のために国を売ったりするところは
目的合理性にかなっているのかもしれない。

376 :名無しさん@社会人:04/05/17 00:03
なんだかなあ。

377 : :04/05/17 02:57
まだこのスレには貼られてないので貼っておこう。

「つくる会」の歴史ねつ造教科書
なぜ「物語」を作るのか
http://210.145.168.243/sinboj/sinboj2001/3/0316/61.htm

昔「親ソ派」っていう学者や文化人が沢山いたらしいけど…。

378 :名無しさん@社会人:04/05/17 14:19
事実バカだし。

136 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)