5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

1 :考える名無しさん:04/04/29 14:33
体の機能が停止し、思考や感情が失われ、完全に消滅する
そう思うと怖くて仕方がない。

良く言われる死後の世界などがあれば救いになるが、無いとしか思えないし、
生まれ変わるというのも、前世の記憶が失われる事に恐怖感を覚える。

今はこうやって存在し、自分というものを持ってるが、死ぬ事によって何もかもが完全消滅する。
完全消滅とはどういう事なのだろう。認識すら出来ず、存在すらしないとはどういう事なのだろう。

怖い。怖すぎる。どうしても死にたく無い。
今のままでいたい。今のまま生きていたい。自分そのものすら消える事が怖い。

2 :考える名無しさん:04/04/29 14:44
どんなに怖くても避けたくても、死はいつか来る。
生きている今のことを考えよう。

3 : ◆ww/WWWwwws :04/04/29 14:44
#K0JewC.]

4 :考える名無しさん:04/04/29 15:08
必死になれない奴はダメな奴。

5 :考える名無しさん:04/04/29 15:09
というか生きてる今もそういう状態と変わらないよ。

6 :考える名無しさん:04/04/29 15:10
そういう状態って、
>体の機能が停止し、思考や感情が失われ、完全に消滅する
のこと?

7 :考える名無しさん:04/04/29 15:12
              i /  / /  / / /    ||  ||  |│ |ノス
               |//  / /___, -一ァ|  /! |ト、|│ | | く」
                |,-‐¬  ̄---┘'7 |!  ハ! |,、-┼十|! | | |  
          , -‐ ''"  し' '´_ /,ィ二l |ト、/!ヽト、\_ヽ!|!l | ハ | 
       ,r/      __   ,イ|リ ヾハ! ヽ!∵∴∵ミリノ!/リ  |   a…           
      / ||ヽ  -'     / ̄ ) ∵∵∴∵∴.∵∴∴∵ ,イ/ |  |  
    ,r '   ヾ、  ,-、____ , イ ̄,∵∴∵∵∴∵∵∴∵ レ' /|  |        a…
  / ヽ    `ーソ  ' | |ト、,ヘ ∵∵∵∵∴∵∴∵∴∵/ / || |               a…
. /    \_  /  | ハ ヽ`゙'ヘ ∵∵∵∴∵∴∵∵/ / | |  |  
           /   / / |  ヽ 川\∵∵∴∵∴∵//! |  | |  |

8 :考える名無しさん:04/04/29 15:50
              i /  / /  / / /    ||  ||  |│ |ノス
               |//  / /___, -一ァ|  /! |ト、|│ | | く」
                |,-‐¬  ̄---┘'7 |!  ハ! |,、-┼十|! | | |
          , -‐ ''"  し' '´_ /,ィ二l |ト、/!ヽト、\_ヽ!|!l | ハ |
       ,r/      __   ,イ|リ ヾハ! ヽ!  ,ィ⌒ヾミリノ!/リ  |
      / ||ヽ  -'     / ̄ )` __      |ヒノ:} '` ,イ/ |  |  生 き る の 楽 し い よ
    ,r '   ヾ、  ,-、____ , イ ̄,r==-      ==-'  レ' /|  |
  / ヽ    `ーソ  ' | |ト、,ヘ ′""          "" / / || | 
. /    \_  /  | ハ ヽ`゙'ヘ       ' '__. ィ  / / | |  |  
           /   / / |  ヽ 川\    ヾ三ニ‐'′//! |  | |  |

9 :凡夫:04/04/29 19:00
自分という存在が消えるとしたら恐ろしい。
永久に消えてなくなる。
生まれた以上はいつかは起こる。
カウントダウンは生まれた瞬間から始まっている。

死の恐怖というのは、自分の存在が消えること、これが最も怖い。
死というのは、実は、物質的には何も無くなっていない。
分解され、土になるか、燃やされ、空気中に舞い、灰になる。その灰は土になり、栄養分になり、植物の実になり。。。
では、何がなくなるのか?
自分というものがなくなる。自分と思っていたものがなくなる。
それだけだ。
生きているうちに、死を恐れないならば、存在という祝福の水を味わうことになる。

10 :三浦 ◆Dshu0PxSp6 :04/04/29 19:07
なぜ死を恐れる?
俺は死に対して恐怖はない。
俺にとって死とは救いなのだ。
考えても見ろ。
生き物に死がないとはどんなに辛いことか。

11 :考える名無しさん:04/04/29 21:18
>>10
死んだ後の事考えたらちょっと怖くない?


12 :凡夫:04/04/29 23:15
>なぜ死を恐れる?
>俺は死に対して恐怖はない。
どっか脳損傷してるのか
その特技を生かして、危険シーンのスタントもできるし、高層ビルの窓磨きもできる。
高層ビルのとび職などいいだろうな。

>俺にとって死とは救いなのだ。
じゃ、救われたら。

13 :三浦 ◆Dshu0PxSp6 :04/04/29 23:22
>>11
なぜ?
死後の世界でも信じているのか?

14 :考える名無しさん:04/04/30 04:37
不老不死は苦痛なんてとてもじゃないが思えない。
なれるものならかならずなりたい。何をしてでも。

15 :考える名無しさん:04/05/01 06:46
そうか

16 :考える名無しさん:04/05/01 06:52
「覚悟した者」は「幸福」であるッ!
明日「死ぬ」とわかっていても「覚悟」があれば幸福なんだ!
「覚悟」は「絶望」を吹き飛ばすからだッ!

17 :考える名無しさん:04/05/01 07:54
寧ろ、死後の世界があるって方が怖くないですか?
もし死んだらほんとにすべてなくなるなら、
何もないんだからしょうがないけど、
なんか、体は死んでも天国とか地獄とか、
あるいは輪廻転生とかで、永遠に意識があり続ける
ことの方が怖いと思いませんか?
もし、永遠に苦しい時間が続くとしたら?
どうか死後はさっぱり無になる仕組みであってくれ。。。

18 :考える名無しさん:04/05/01 08:29
漏れにとって”絶対無”なんてのが直感的に大矛盾さ。
何らかの「私」は永遠に存在する。
眠ってる時とか意識が無いときはただ”無意識”という状態を経験してるだけさ。

19 :考える名無しさん:04/05/01 08:34
>>17
苦と楽は表裏であり、対消滅すれば消えてしまう観念さ。
それを超えた完全至福な領域があり、それを「解脱した」という。

20 :考える名無しさん:04/05/01 09:31
>>19
>苦と楽は表裏であり、対消滅すれば消えてしまう観念さ。
>それを超えた完全至福な領域があり、それを「解脱した」という。 

なるほど。でも全ての魂が解脱できはしないでしょう?
解脱できてその至福の領域に到達できる魂はそれで
救われるでしょうが、解脱できないでやはり苦しみは苦しみでしかない
状態の魂がたくさんあるでしょう?
解脱できる人はいいでしょう。
解脱できない私は、やはり完全無に希望を託すしかないのです。



21 :梨音:04/05/01 13:33
死んだ後のコトなんか誰にもゎかんないんだし(?ω?)
皆さんがこうやって死について悩むのも今生きてる時間のムダ使いだし
限りある人生なんだから暗いコト考えずに楽しもうや(−∀−)

22 :美佳:04/05/01 14:26
>>21
はげどう
死なんて考えるのなんて馬鹿馬鹿しいよね♪
楽しく生きようよ〜

23 :さんじ:04/05/02 00:56
生と死こそが表裏一体。死を考える時により良い生を考えられると思います。
人は死に向かって生きている。

24 :考える名無しさん:04/05/02 01:07
俺は女にチンコしゃぶられながら死にたいなぁ

25 :考える名無しさん:04/05/02 01:12
チンコ食いちぎられて死ぬのはどうだ?

26 :考える名無しさん:04/05/02 01:13
全身麻酔で手術を受けたことはあるか?
麻酔で意識を失っている状態というのは睡眠とはかなり様子が
違う。眠っている時は声をかけられたり身体を揺り動かされたら
目を覚ますものだが、全身麻酔では身体を切り刻まれても目を
覚まさないのだ。
したがって、全身麻酔は睡眠よりはるかに死に近い状態と考えられる。
そしてそれが心臓などの手術のための麻酔で、結局手術に失敗して
術中死しても本人は気がつかない。本人は麻酔にかかる寸前まで
意識があり、麻酔にかけられている状態であることを知って安心して
いても、それ以降意識の途切れた状態が永遠に続くだけなのだ。

27 :考える名無しさん:04/05/02 01:15
痛い

超Mの友達がそのときつきあってた超Sの彼女にチンコの皮をそがれかけたって言ってた

28 :考える名無しさん:04/05/02 01:16
重要な事実を忘れてる。
「普通に」死んでもおんなじことなんだよ、それ。
死ぬ直前にどんな状況でも、死んだら同じこと。

29 :考える名無しさん:04/05/02 01:17
28は26について。

30 :考える名無しさん:04/05/02 01:18
同じじゃないだろ
童貞が死ぬ前にセックスできたらどんなに気分よく死ねるかわからないのか!

31 :考える名無しさん:04/05/02 01:20
死ぬことは本能の欲求でもある。フロイトは
タナトスと呼んだ。セックスもスポーツもす
べて断片的な死への希求だ。自分には生は苦
しいものでしかない。

32 :考える名無しさん:04/05/02 01:20
だからさー、キモチ良く死ねるのはたしかだが、死んだ「後」は同じなの!

33 :考える名無しさん:04/05/02 01:22
フロイロトなんて迷信とさして変わらないよ。
よくて神話。
タナトスなんて、もっともらしく響くだけで、だれも実証できないものは「学問」ではない。

34 :考える名無しさん:04/05/02 01:23
>>28
重要な事実を忘れている。
死ぬ時は通常、直前に大変な苦痛を伴うと思われる。
交通事故死を想像してみろ。
しかし、麻酔ではそのような苦痛はいっさいないのだ。

35 :考える名無しさん:04/05/02 01:25
>>33
へー。じゃあお前はなんで生きたいと思うの?
生は苦しいことを馬鹿みたいに延々くり返すだけの
ものじゃねーか。仏陀も一切のものは苦だと言ってる。
生は孤独じゃん。誰とも1つになれないし、何とも1つ
になれないし。それで不老不死を望むの?

36 :考える名無しさん:04/05/02 01:25
だからああ、どんな死に方をしても死んだ「後」には同じように意識がないんだよ。
死んだ「後」のことを考えれば、どんな死に方をしても同じなんだな。本人が存在しなくなるんだから。

37 :考える名無しさん:04/05/02 01:27
フロイトがいなかった精神医学はねーよ。
精神医学は学問じゃねーのかよ。

38 :考える名無しさん:04/05/02 01:27
>>35
生きてることが愉しいからさ。

仏陀は仏陀、おれはおれ。


39 :考える名無しさん:04/05/02 01:27
>>36
いいじゃん。消えれるんならそれで。

40 :考える名無しさん:04/05/02 01:28
死が怖ろしいのはなぜか。私は死ぬ直前の苦しみだと思う。
全身麻酔ではその怖ろしさからは解放されるのだ。

41 :考える名無しさん:04/05/02 01:28
>>38
生きてることの何が楽しいんだよ?こんな
退屈な時代に。具体的に何が楽しいんだ?

42 :考える名無しさん:04/05/02 01:29
フロイトと精神医学は直接繋がってない。
アカデミックな心理学もフロイトとは繋がってない。

つながりようがない。
ただの与太話だから。

43 :考える名無しさん:04/05/02 01:31
私の友達に性欲のせいで死んだ人いますよ

44 :考える名無しさん:04/05/02 01:31
患者は麻酔にかけられた後、生体解剖されて死ぬことが決まっていても
患者にその事実を教えなければ患者は安心して全身麻酔にかかるだろう。

本当に死ぬことが分かっている死の直前はそんなわけにはいかない。

45 :考える名無しさん:04/05/02 01:32
>>41
ここでおれの趣味を披露してもしかたないが、、、、
愉しいこと、美しいことはたくさんある。
美味いものだって、すべすべしたあれだってある。
おれにはじゅうぶんだよ。
じゅうぶん以上、一生かかってもこの人生は汲み尽くせないと感じている。

46 :考える名無しさん:04/05/02 01:32
>>42
馬鹿かお前。フロイトがいなかったら今の精神医学はない。
ジャック=ラカンも「フロイトに帰れ」を文句に精神医学
を発展させてる。もっと言えばドゥルーズ=ガタリもフロイト
へのアンチテーゼで成り立ってるようなもの。

47 :考える名無しさん:04/05/02 01:33
オナニーを覚えてから毎日いつでもどこにいってもクリトリスをいじくるようになって気づいたときにはクリトリスが癌になってて全身に転移
医者がいうには慢性的な刺激が原因で癌が発病したんだって

48 :考える名無しさん:04/05/02 01:33
>>45
飽きないの?

49 :考える名無しさん:04/05/02 01:34
なんか眠いから寝る。
つーことで、死にたい奴は死んで、生きたい人だけ愉しく生きよう。

50 :考える名無しさん:04/05/02 01:36
>>48
飽きる?
まあ、一生が2千年くらいあったらもしかしたら飽きるかもしれないな。

51 :考える名無しさん:04/05/02 01:36
ギロチンの前に立ち、ひざまずかされて木の枠に首を通し、
ギラリと光る刃を止めていたロープが放された瞬間を想像しろ。

52 :考える名無しさん:04/05/02 01:37
死とは、モーツァルトが聴けなくなることである.

そういった意味では死にたくないな(´・д・`)

53 :考える名無しさん:04/05/02 01:39
無意味感とか虚しさとかで自殺してる若者が多い
中、充実した生が送れるなんて羨ましいな。

54 :考える名無しさん:04/05/02 01:47
ttp://fx.sakura.ne.jp/~sympow/doku/01uziga/story/kappo.html
ttp://fx.sakura.ne.jp/~sympow/poison/gallerymai/index.cgi?mode=&genre=game&dno=9

決してブラクラではない。精神的ブラクラかも知れないが・・・

55 :考える名無しさん:04/05/02 08:52
美少女の使い方を間違ってるな。
7けたの金の使い方も間違ってる。

56 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :04/05/02 16:47
>>1
誰かに死を予言されたのか?
ノストラダムスの予言は当たらなかったぜ。
自分が死ぬなんて考えるな。

多分みんなが死んでて、自分も死ぬんだと思い込んでるだけなんだろうしな。
マイノリティーになれよ。

つーか死後の世界って来世ですよ。
生まれ変われるから安心しる。
俺の予想では、また自分が始まるんだと思うんだけど。

>>52
好きです。


57 :考える名無しさん:04/05/02 20:05
死自体は恐ろしくない。
直前に痛みがあるとしても、死ねば痛みが消えるなら越えられなくはない。
越えられず、ずっと痛みが続くなら恐い。
死んでも痛みを感じ続けるなら死は恐ろしい。
不死によって痛みから逃れられなくなるなら不死はいらない。
だが、死んで肉体が機能しなければ、現実的にかんがえれば、痛みは感じないだろう。
不死もありえない。
死自体よりも、生きて目標を果たせないほうがよっぽど恐ろしい。
無理矢理目標を放棄させるという意味では、死は恐ろしい。
それでも>>1 のようには感じない。

58 :考える名無しさん:04/05/02 23:06
俺は絶対死にたくない。俺が死ぬときは、世界が滅んでくれなきゃやだ

59 :考える名無しさん:04/05/03 00:13
漏れは死に恐れはない。
死ぬときの痛みが一番恐ろしい。
それさえなければ今死んでもいい。

60 :考える名無しさん:04/05/03 01:02
生命にとって、死にたくないと思うのが本質かと。


61 :飛べないカラス ◆hslonKolMc :04/05/03 01:08
決定論者

何でも環境のせいにする
何があっても当然で仕方が無いと楽観する
冷酷でロボットみたい


自由意志論者

やればできると思っている
本当に頼れるのは自分だけと思っている
死ぬのが怖い

62 :考える名無しさん:04/05/03 01:47
死は完結であって目的ではない

63 :考える名無しさん:04/05/03 02:08
死の瞬間は誰もわからない。じゃあどんなものか楽しみに待ってみよう。

64 :考える名無しさん:04/05/03 02:49
全身麻酔は抵抗できるんだよ。
吸入麻酔薬が流され始め、四肢が動かなくなり、舌が石のように
固まっても、ある程度は抵抗できるんだ。しかし、そのうちに呼吸が
できなくなり苦しくなってくる。「わ、呼吸できない」と言おうとしても
言葉にならず、「あがが・・・」という音声しか発することができない。
いまわの際に、死にゆく人が最期の遺言をつぶやくように感じた。
そして、抵抗をやめると直ちに眠りに落ちてしまった。おそらく
それから気管に挿管されて肺に酸素が送られ始め、手術が始まった
のだろう。もちろん眠りに落ちた後で何が行われたか知るよしもないが。
この、眠りに落ちた時が死の瞬間だと感じた。

65 :考える名無しさん:04/05/03 02:53
苦しくても笑顔で死にたいな。

66 :考える名無しさん:04/05/03 06:22
>>61
勝手に決め付けんなとか思って見てたけど俺に対しては的を得てるな。
上の全てに当てはまらず、下の全てに当てはまってる。

67 :考える名無しさん:04/05/03 07:01
でも、実際死んだ人間はこの世にいないわけだし
自分という存在が消えてしまうとは決まってないんじゃないの?
もしかしたら、死ぬことが次へのステップかもしれないよ

68 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :04/05/03 07:18
>>67
>死んだ人間がこの世にいない
死んだら人間じゃなくなるだけ。
死んだ人間がこの世にいないなら、死んだ人間なんて言葉はない。

>自分と言う存在が消えてしまうとは決まってないんじゃないの?
死んだとしたら、ばらばらになるので自分ではなくなる。
ただ、ばらばらになったものそれぞれは質量保存の法則によってなくならない。

この場合、自分という存在は消えるだろうな。
人間ってやたらと名前をつけたがるだろ?
だから山田太郎さんがしんだら、そのばらばらになったものは水とかアミノ酸とかそういう名前で呼ばれるようになる。
誰も山田太郎さんには気が付かないだろうしな。もう存在してないだろ。そうなったら。

>もしかしたら、死ぬことが次ぎへのステップかもしれないよ
もしかしたら?
次ってなに? なにかあるの?
曖昧すぎてない?

69 :考える名無しさん:04/05/03 14:05
魂ってものがあって、死んだら何らかの形で魂だけは生き続けるかもね

70 :考える名無しさん:04/05/03 15:40
魂ってなんだろう?

71 :考える名無しさん:04/05/03 22:55
魂なんて存在しないよ

72 :考える名無しさん:04/05/03 22:57
魂なんて無いなんて言うヤツに限って
唯一神様だけを信じていたりするもんだ

73 :考える名無しさん:04/05/03 22:58
神も存在しない
人間が造り上げたものだろ?

74 :考える名無しさん:04/05/03 22:59
>>73
お前は死を考えた事ないだろ

75 :考える名無しさん:04/05/03 23:03
自殺くらぃ考えたことある

76 :考える名無しさん:04/05/03 23:04
>>75
あわわ、ごめんよ……

77 :考える名無しさん:04/05/03 23:07
実行されなかったのゎ勇気がないから

78 :考える名無しさん:04/05/03 23:14
>>77
死なないことは、勇気があることジャン♪

79 :考える名無しさん:04/05/03 23:26
望み捨てた場所で生きているんだね。。。

80 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :04/05/04 00:01
>>73
ちょ ちょっとまって。
君、神って言ってない?
何を神だと言って、神は存在しないの!?!?!?!
分かりやすいように教えて!!

まじお前シッタカm9(・A・)クセーンだよ!

>>77
いいこと言うねー・・・。

81 :考える名無しさん:04/05/04 07:33
俺的には肉体を失ってもいいから意識はもっておきたい。
地球というか宇宙というかこの世がどうなっていくか見てみたいから。

でも肉体を失うと意識もなくなっちゃうよな・・・多分。
肉体を失ったその先を知るには「死」しかない。
けど死ぬともう「この世」には戻ってはこれない。
ジレンマ。

なので今を一生懸命生きるしかないのだ。


82 :考える名無しさん:04/05/04 09:02
>>57
 
 激しく同感したよ。まじで。全く同感

83 :考える名無しさん:04/05/04 15:36
速報ニュース【国際】  5月4日 提供:読売新聞社
==============================================================
■増えすぎたコアラに“退治”計画
 オーストラリアの南部カンガルー島でコアラが大繁殖、駆除論が高まっていま
す。8年前に5千匹だったのが、すでに2―3万匹に増えたためです。
 専門家は「生態系を守るには、銃で2万匹駆除を」としていますが、動物愛護
団体からは反対の声も上がっています。
==============================================================

素晴らしい。日本の人口は1億2千万。少子高齢化でその将来が危ぶまれている。
人類の人口は現在、62億。環境汚染と食糧危機でいずれ大飢饉が到来することは
目に見えている。
地球を守るため、悲惨な飢饉を予防するため、増えすぎた人類も退治しよう。
日本人口は2千万まで、世界人口は2億まで。地球史上かつてない人類大削減計画が
ここに始動した。

84 :考える名無しさん:04/05/04 16:06
>>83
>ここに始動した。

プッ

85 :考える名無しさん:04/05/04 16:28
コアラをたべればよろしい

86 :考える名無しさん:04/05/04 17:08
>>84
期待通りのレスをありがとよ。
一応読んでるんだね。

87 :考える名無しさん:04/05/04 17:45
でも永遠に死なないのは、死なないのじゃなくて死ねない
んだと思う。どんなに苦痛があっても死ねない。人類が滅びても
だよ?怖すぎ。。「火の鳥」でそんなのがあったような気がする

88 :考える名無しさん:04/05/04 17:47
>>87
あり得ないことなど考える必要はない。

89 :考える名無しさん:04/05/05 02:39
大切なのは前向きに生きること
天国があるかもしれないし地獄かも、何も無いかもしれない
でも、もし天国に行きたいのなら「天国に行きたい」という「意志」を持っていれば
いつかは辿りつくはずだ 向かっているわけだからな

90 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :04/05/05 02:43
人生に成功したと思った時。
天国にいるだろうな。

91 :考える名無しさん:04/05/05 09:14
不老不死ヤバすぎ。
何でかって不老不死だよ不老不死。
老けないし、しなないんだぞ。
もう漫画に例えると魔人ブウって感じ。
漫画だと消滅するけど、現実では一つの素粒子からすべて細胞が一瞬で蘇るのが不老不死。
怖すぎると、不老不死だよ不老不死。
土砂崩れに埋まって、誰も助けてくれなかったら
永遠に土の中で生活ですよ、怖いと、想像したくないと、
100年も1000年も永遠に土の中で生活ですよ、ヤバいと。蛆虫沸くと。
もっと怖いのが人間関係。
人類は滅びそうなんですよ、環境汚染、水不足、隕石がぶつかるかも知れないし
太陽の寿命がくるかも知れない、酸素が無くなるかも知れない。
そんな中一人で生き残って、どうするのかと。永遠に宇宙遊泳ですか?
永遠ですよ永遠、終りが無いんですよ。 永遠に一人ぼっちですよ。
もういるかいないかわからない、宇宙人探さなければいけないサスペンスドラマですよ。
死んだ方がマシなんて軽く言うけど、死んだ時も無いのに何でマシだとわかるのかと、馬鹿かと。
死ぬなんうわなにをするやめ(ry

92 :考える名無しさん:04/05/05 10:44
>>91
>>88

93 :考える名無しさん:04/05/05 10:52
>死ぬなんうわなにをするやめ(ry

これを止めたのは>>88らしい

94 :ゆかり:04/05/05 10:54
ガムスレ何板に移転したの?

95 :クロムウエル:04/05/05 11:15
kinodokudagashikataganai

96 :考える名無しさん:04/05/08 13:41
......

97 :考える名無しさん:04/05/10 12:14
怖い お前らはどう考えて生きてるんだ?

98 :考える名無しさん:04/05/10 12:20
自分が本当に自分かどうか直感できなくて
ここで手を動かしてキー叩いてるのが他人に思えて仕方なくて
それでもこれは自分である「らしい」から何でか考えてる

99 ::04/05/11 01:22
死後に良い世界に行けるとか、
悪い世界に行くとか、
消滅して無になるとか、
勝手に決めないほうがいいですよ。

何よりも恐ろしいのは、死の後どうなるのか知らないことなんですから。

どう?哲学っぽくない??o( ^ー^)o

100 :考える名無しさん:04/05/11 05:34
言葉で遊んだり悦に浸ったりではなく、この恐怖をどうやって取り除いてるのかが知りたい。
マジで毎日が怖い。生きててうれしいはずなのに怖い。

101 :考える名無しさん:04/05/11 13:44
他人が死ぬのは、怖いだろうか。
自分の死ぬのが怖いのは、その後考えることも知ることも出来なくなるから…?

違う気がする。もっと根源的なもので

102 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :04/05/12 08:16
いや、単純に未知が怖いだけじゃないかなー?
自分の知らないことって怖いじゃん。
死ぬことがどういう事なのか創造することも出来ない人には、それはもう恐ろしいことだろうね。

創造することを拒否するのが怖さなのかも・・・・。
僕は高いところが苦手だけど、それは落ちた後を考えない為なのかしら。

まぁ死なない僕は、全然死に恐怖しないけどね。
怪我するほうがよっぽど怖い、赤信号だってきちんと止まる次第だよ。
3歩手前からね。

103 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :04/05/12 13:01
冗談じゃないよ。
なんで一発変換のソウゾウが作る方なんだ。
パソコンを信じた僕が馬鹿だった!

104 :考える名無しさん:04/05/13 07:47
なんだかなぁ

105 :おはようございました:04/05/13 10:54
「死ぬ」のが怖いってのはわかるけど、
「死」はそんなに怖いものじゃないと思うけどなぁ。

もう二度と生まれてきませんように!っていう考え方してるから
死後の世界にしろ、輪廻転生にしろ、あったら嫌だなぁ。

>>102
未知の恐怖ってのはその通りだろうけど、
環境の変化っていたほうが身近な感じでいいんじゃないかな。
多大なストレスに耐えられません、みたいに。

106 :考える名無しさん:04/05/13 16:43
人間誰しも死ぬってこと、誰か証明できる?
死ななかった人間がいるかっていったのはゴータマだけど、それって演繹だよね?

107 :考える名無しさん:04/05/13 16:46
この世界は複雑系だから考えたって無駄だよ。もっと人間らしく感性で捉えな。

108 :考える名無しさん:04/05/13 16:58
あ、あとねー、1の気持ちはよく分かるんだ。オレも散々「死」について悩んだ派だからさ。
それでアドバイスなんだが、人に優しくするとなぜか死の恐怖って消えるよ。
は?って思うかもしれないけど、オレも何故なのかはわからんけど・・・。

109 :おはようございました:04/05/13 17:00
死後の世界が云々に関係してるのか分からないが、
いわゆる幽霊って、幽霊という存在として生きている、って言えないかな。
だったら嫌だなぁ。とりあえず、天国だろうが地獄だろうがいやだなぁ。
もう二度と生まれてきませんように。

>>105
>環境の変化っていたほうが
環境の変化って捉えた方が

110 :おはようございました:04/05/13 17:03
>>108
確かにそれはあると思う。


111 :考える名無しさん:04/05/13 17:13
なぜだろう? 理由が知りたいな

112 :おはようございました:04/05/13 17:21
確かに理由が知りたい。
誰でも思いつくことを言えば、
意識が死に向いていないから、とか、
人に優しくできるだけの余裕がすでにあるし、その行為の結果余裕が生まれる、とか
こんなところじゃないかなぁ。ってこれ哲学でいいの?

113 :考える名無しさん:04/05/13 17:23
単なる思考停止だと思う。哲学って、思考停止ができないビョーキだから解決にならないよ。

114 :考える名無しさん:04/05/13 17:31
マイ哲学基準で哲学を語るのはやめてもらいたい。
ある考えを思考停止呼ばわりして思考停止していることに気づけ。

115 :考える名無しさん:04/05/13 17:33
>>112
いや意識が死に向いていてもなぜか怖くないんだな。
死を暖かく受けとめれるというか。
オレの勝手な考えで悪いんだけど、実は、この世界に自分と関係の無いものは
全く無くて、全てがつながっていて関係してる。人に優しくするとそのつながりが認識
できて・・・そのーつまりスマソ、やっぱり説明できん!!

116 :おはようございました:04/05/13 17:36
>>115
まあ、漠然とだけど納得できる。
はっきりと言葉で表せたらその人は天才じゃないかなぁ。

117 :眠い:04/05/13 17:56
死に恐怖する感情は、>>1の述べるているような
>> 死ぬ事によって何もかもが完全消滅する
という発想からくるもの。

自分の体の機能や思考、感情だけが"何もかも"の中に分類される
価値観の中であれば、死は恐怖だ。
"何もかも"失う。
繊細で敏感な心を持つ人であれば、怖くて仕方ないだろう。

しかし、人に優しくするという経験を通すと、意識するかしないか別にせよ
その人の中で価値観の変容が起こる。だから恐怖は消える。
自分の生だけが"何もかも"ではなくなる。
自分が死んでも"何もかも"失うわけではない。

例えば、母が子を愛し、みずからの命の価値よりも子供の命の価値のほうが
大事になったとき、それは死による完全消滅から超越する(その人の心理においては)
それこそが愛。人間の妙であり、甘みのあるところのひとつだ。


118 :考える名無しさん:04/05/13 18:03
>>117
あんたすごいね!!
そうかもしんない!!

119 :考える名無しさん:04/05/14 16:27
死んだら全て消えてなくなるなんて
どうして生きてるあんたに分かるんだ?

120 :考える名無しさん:04/05/14 17:04
>>117
普通は時と場合によって優しくなったり冷たくなったりするもんでしょ。
相手によっても変わる。もう少し一貫性がないと価値観と言わないんじゃないか?
そんなにころころ恐怖を感じたり感じなかったり感情が変化するかな。

121 :考える名無しさん:04/05/14 22:24
>>1
> 今はこうやって存在し、自分というものを持ってるが、死ぬ事によって何もかもが完全消滅する。
> 完全消滅とはどういう事なのだろう。認識すら出来ず、存在すらしないとはどういう事なのだろう。

上でも誰か書いてたような気がするけど、そもそもこの認識が間違ってンだよ。
「完全消滅」なんかしないよ、様態が変わるだけ。

生きている我々は、本来の我々からすると随分と不自由で不恰好な様態に囚われているわけよ。
食わなきゃ続かない、眠らなきゃ活動できない、こんな不完全なイレモノは俺にとっちゃむしろウザいくらい。
そういう意味じゃオルフェウス教やグノーシスの「魂の牢獄」って言い方にはピンと来るモンあるよ。

それでも直接的な死を選ばず、生きることを選択するのは、きっとトレーニングなんだよね。
本来あるべき様態へ帰った後でそっちにすんなりと馴染めるように、
あえて本来的な様態とは正反対の様態にいて、そこから本来的な様態をシミュレーションするために生があるわけ。
酩酊とかエクスタシーとかシャーマニックな脱我とか、まあトランスと言われる意識状態は全て、
「向こう側」の様態を仮に/一時的に体験してみてるってことさ。オルガズムもそうね。小さな死とは良く言った。

122 :考える名無しさん:04/05/15 02:05
宗教は所詮宗教でしかない
死んであの世から帰ってきた奴なんていないんだから
死後をどう考えるかは自由だ 誰にも分からないわけだからな

123 :考える名無しさん:04/05/15 02:34
じゃ、お花畑にしとこ

124 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :04/05/15 02:45
>>122
また同じ人間に生まれ変わります。

125 :考える名無しさん:04/05/16 01:01
全身麻酔は脳をマヒさせるから脳が休んでるだけの眠りとはちがう。
夢なんて当然見ないし目覚めも激しく悪い。
手術室で一回起こされるけどそれはまったく記憶にない。
目覚めの瞬間は自分がどうやってなにをされてるかとかすぐには思い出せない。
死んだらコンナ世界なのかな?って思うね。
つまりなーんにもなくなっちまうんだ。思考を分泌するのは脳だからね。
脳の機能がなくなった時点で自己なんてなくなる。それは脳障害持った人を見ればわかると思うけど。
臨死体験で花畑に行ったとか川に漬かってたとかは目覚める前の脳が回復した状態で見た夢の一種だろう。

126 :考える名無しさん:04/05/16 01:46
>>125
麻酔に関しては>>26>>64でも書いているが、君は全身麻酔を何回経験した?
私は約半年の間に5回の全身麻酔を受ける機会があった。
その間、いろいろ実験してみた。かかる前に話しかけてみたり、麻酔に抵抗して
みたり。これほどの頻度で全身麻酔を受けた人間もそうそういないので、
かなり貴重な体験ができたと私は思っている。


127 :125:04/05/16 02:59
>>126
全麻受けた回数なら数えてらんないくらいある。
最近では4月かな?

128 :考える名無しさん:04/05/16 03:12
>>127
なんの病気? 差し支えなければ。

129 :考える名無しさん:04/05/16 03:13
>>127
あ、こちらは眼の病気で、それ以外は健康体なんですよ。

130 :考える名無しさん:04/05/16 03:16
>>127
4月だとまだ入院中ですか?
病室からのアクセスですか?

131 :考える名無しさん:04/05/16 21:49
とりあえず即死か、昏睡状態に入った状態で眠るように死ねるなら、
別に死は怖くない。痛みや苦しみを感じる死に方は嫌だけどね。
全てを終える事への恐怖は生きている間だけで、死んだ後は全て無。
恐怖も時間の感覚もなにもないし、気がついたら(?)また今みたいに
同じこと考えてるさ。そう願いたい。

132 :考える名無しさん:04/05/16 22:10
>>84-86にワラタ
>>86、惨めすぎw

133 :姥捨て習慣見直し論者:04/05/16 22:28
>>131
大量の爆弾を抱いて、人が大勢いる病院の待合室で自爆しないか?
即死できるから怖くはないぞ。

134 :考える名無しさん:04/05/17 01:03
>>130
いや、無事じゃないけど退院した。
病気は先天の消化器疾患で身障手帳もいただいてます。


135 :考える名無しさん:04/05/17 09:16
死んだことあるがやめたほうがいい

136 :考える名無しさん:04/05/17 09:40
>>135
地獄の釜ゆでか、血の池地獄から蜘蛛の糸につかまって
脱出に成功しそうなところで転落した臨死体験夢を見たのだろう。

137 :考える名無しさん:04/05/18 00:52
>>135
たしかに、死んだことは何度もあるが、やめたほうがいい


138 :考える名無しさん:04/05/18 00:55
あと1000年ぐらい生きたら飽きるぞ

139 :考える名無しさん:04/05/18 01:36
>>138
確かに飽きるかもね。
でも、生への執着がよけい強まる人もいるかも

140 :考える名無しさん:04/05/18 04:03
10-30歳代くらいまでの肉体のままで1000年生きられたらね〜

141 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :04/05/19 02:27
>>139
飽きる人は、より面白いものを作れるだろう。
飽きない人は、今あるもので満足し続けるだろうね。

142 :考える名無しさん:04/05/20 09:16
飽きが怖いなどという慢心染みた事は決して言わない。
ただ、失う事が怖い。失いたい物ですら、失いたくないと思うほど怖い。

143 :箜間桐孤 ◆TIGERSM8e. :04/05/20 23:17
1よ 一瞬を感じるんだ!!君が今此処で思った感情は この「場所」では永遠なんだ
喩え 皆が僕らの事を忘れ去ったとしてもこの「時間」、この「場所」で起こった事
それはアカシックレコードとして記録されているんだよ。


144 :  :04/05/20 23:26
っていうか生まれてくる前のことを考えろ

全てが空に戻るだけ

終了

145 :考える名無しさん:04/05/20 23:42
>>1

キルケゴールを読むと気が楽になるだろうね。

絶望は生からしか生まれない。
だから。死にきれればむしろ幸せってこと。

ほんとだよ。

146 :  :04/05/20 23:53
俺は死が怖い

何故なら死んだら先ず散ずの川を渡った後に、自分の一生を要約したビデオを
先に帰った友人や親族と見るらしいからだ。
もしそうなったら、今まで人にばれないでやってきた隠しておきたかった恥ずかしいことが
全て人様の目の前で晒されてしまうではないか!

だから死が怖いのではなくて、死んだ後の行き先が怖いのだ

147 :考える名無しさん:04/05/20 23:56
>>146
これからは人として恥ずかしくない生き方をすればよいではないか。
まず2chはやめることじゃ。

148 :考える名無しさん:04/05/21 00:44
>>146
生まれて死ぬまでに犯してきた罪(少なくとも、動植物を殺し食した(※)
のだから、すべての人に当てはまる)を償うために、地獄へ落ちる。
動植物を食した罪は、動植物に食される罪をその数だけ受ける。

(※殺さなくとも食せば、随喜同業という罪になり、「美味い」と思えば
  それだけで罪になる)


149 :考える名無しさん:04/05/21 00:46
怖がるな 死は無だよ

150 :考える名無しさん:04/05/21 00:50
何で死は無なんだろう。
死が近くなれば、生の大きさが大きくなるのに

151 :考える名無しさん:04/05/21 00:50
思考や感情が失われず、永久に持続する。
そう思うと怖くて仕方がない。
今のままで永遠に永遠に永遠に存在し続けると思うと気が狂いそうになる。
誰か助けてください。

152 :考える名無しさん:04/05/21 00:51
生きてるうちはそうだが死んだらその直前まで何考えててもそんなん関係なくなるじゃん

153 :考える名無しさん:04/05/21 01:45
>>151
狂えば?

37 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)