5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

落ちていく、知識の価値

1 :考える名無しさん:04/04/01 11:28
手に入れにくい貴重なもの程、価値のあるものとして
珍重されるのが世の常のようです。

まだ本が貴重品だった明治時代までは、知識人とは本を読む人のことでした。
しかし、現代のように誰もが易々と知識を手に入れることができる時代においては、
調べれば知る事ができる知識などは、ほとんど価値を持ちません。
この傾向は、今後ますます加速していくものと思われます。

2 :考える名無しさん:04/04/01 11:31
先人の考えを知識として学ぶことしかできない哲学屋には致命的だな。

3 :考える名無しさん:04/04/01 11:31
================== 終 了 ==================

4 :考える名無しさん:04/04/01 11:35
う〜ん。別に問題ないのでは? 知識人としての価値なんて状況の変化
に左右される相対的なものであったというだけの話で、誰でも知識を得る
ことが可能ならばそれに越したことはないでしょ。


5 :考える名無しさん:04/04/01 11:39
主治医と同じくらいに患者が自分の病気に詳しくて、
治療に口を出すとか、よく聞く話だね。

6 :菊千代 ◆X/npAQtXKw :04/04/01 11:42
それが流れなのら、
その流れに乗れない人は
流されていくのら

7 :考える名無しさん:04/04/01 11:43
医者なんて必要ないしね。


8 :考える名無しさん:04/04/01 11:43
「知識より知恵」ってスローガンが一時期流行ったな。
僕は「知識より技術」を唱えたいが。哲学の技術を持つのが哲学者だ。

9 :考える名無しさん:04/04/01 11:46
じゃあ哲学者ってこの板にいないじゃん

10 :考える名無しさん:04/04/01 11:46
哲学の技術・・・か、ちょっと新しいね。内実はまだ不明だが。


11 :考える名無しさん:04/04/01 11:51
知識では医者に並ぶ患者も、手術の技術では到底かなわないしな。
一般人とエキスパートを分かつのは、知識ではなく技術だと思う。

12 :考える名無しさん:04/04/01 11:53
Artとは技術であり学芸である。

レトリックじゃねえぞ。
言葉そのものがそういう意味だ。


13 :考える名無しさん:04/04/01 11:54
>>11
医者=外科医じゃねえぞ。

そもそも外科医は身分が低かったんだ。
元来、医者とは内科医。


14 :考える名無しさん:04/04/01 11:56
つまり、技術は脱構築されないで残る・・・と。


15 :考える名無しさん:04/04/01 11:58
でも、修練次第で誰でも修得できるっていうのが、技術の定義だと思う。
問題は時間かな。
誰でも修得はできるけど、時間をかけなければ修得できない。
不思議なものだよ、時間ってやつは。

16 :考える名無しさん:04/04/01 12:01
そういう訳にはいかないだろ?才能の適不適がたぶん大きいな.


17 :考える名無しさん:04/04/01 12:04
>>15
誰でもかねえ・・・

玄人にしか分からない微妙な差が決定的な差で、だからこそ、きちんとした
師匠に弟子入りしたりするんだよな。
でも駄目な奴は駄目なんだけどね。


18 :考える名無しさん:04/04/01 12:18
話を戻して、哲学の技術とは?


19 :考える名無しさん:04/04/01 12:21
詭弁術

20 :考える名無しさん:04/04/01 12:23
>>18
プラグマティズムかな

21 :二酉:04/04/01 12:23
>>13
確かルイ14世の痔の治療で外科の地位が向上したんでしたっけ。うろ覚え。

調べれば誰でも手に入れることができるっていうけど、
学校教育で問題視されてるのはまさにそこなんでつよ・・・。
今の子は調べるのがどっちかってーと下手。
興味のあることならやるけど、義務になっちゃうともうやらない。
知らない言葉があってたら、調べて、知ろうという気持ちが少ないんですね。
一緒に調べてくれるヒトもいないし。そういうこまかいところでちゃんと
見ててあげるのが家族の役割だと個人的に思うんですが、
今家に本棚がない家とか、あってもマンガしかない家とかあってちょっと衝撃的でつ。
本も大量消費される時代なんで、こっちもアレだと思うんですけど・・・。
自分の子供とか、孫の世代になったときに一体どうなってるか考えるとチョト怖い。

22 :考える名無しさん:04/04/01 12:26
>>18
厳密に的確に読み書きすること、かな。
流派はいろいろあるが。


23 :考える名無しさん:04/04/01 12:29
まず語学力ってことになるんでしょうね。文献をひろく漁る
ために・・・。


24 :考える名無しさん:04/04/01 12:33
哲学科なんかにいかずに語学やった方がいい

25 :考える名無しさん:04/04/01 12:34
数学は知識で済むんでしょうかねえ?

26 :考える名無しさん:04/04/01 12:38
数学こそ技術そのものと思うが?


27 :考える名無しさん:04/04/01 12:39
数学は知識じゃなくて、技術の塊だよ。


28 :考える名無しさん:04/04/01 12:40
>>23
きちんと意味を考えて的確に読むためには、外国語を読むのは
素晴らしい訓練になるね。



29 :考える名無しさん:04/04/01 12:44
早く読み飛ばしたりできないしね・・・


30 ::04/04/01 13:28
業務知識さえあれば、生きていける人間が多いからだ。

31 :考える名無しさん:04/04/01 15:52
知識の有用/無用で線引きするのは反対だな。
突き詰めれば「坑儒」とか「焚書」とか「文革」につながるんじゃない?
NHK「映像の世紀」でやってたよね。ナチスの焚書に寄せてある作家が言った。

「本を焼くような人間の居るところでは、必ず最後に人間が焼かれるだろう」

32 :考える名無しさん:04/04/01 16:21
>>1
自分が現状に満足してるからといって、他人の向上心を邪魔してはいけないよ。

33 :考える名無しさん:04/04/01 20:31
ほとんどの書物は、忘れ去られる運命にある。
知識の淘汰は自然に起こっており、必要なものだけが残される。
心配せずとも、昔からそうなっている。

34 :考える名無しさん:04/04/01 21:31
雑学に対するリアクションといえば「へーへーへー」だけど、
真理に対するリアクションもやはり「へーへーへー」なのだろう。

35 :考える名無しさん:04/04/01 21:36
>>33
忘れられるべきではないものが忘れ去られたり、切り捨てられたり、
必要なものが残るとは限らないみたいよ。

36 :考える名無しさん:04/04/04 18:24
まあ言い古されてることだけど、
データとインテリジェンスは別物だし。


37 :THE グル:04/04/04 21:50

いいですか、

チンチンシュッシュッ チンシュッシュッ

これが断言できます。

定説なんです。




38 :考える名無しさん:04/04/04 22:02
>>36
それを言うなら、インフォメーションとナレッジとインテリジェンスではないか?
データはすべてに共通だろ。

39 :考える名無しさん:04/04/07 01:49
>>36
>>38
何にしてもただの情報であることに変わりないね

40 :考える名無しさん:04/04/07 14:54
>>39
インフォメーションとインテリジェンスは、あきらかに違うよ。


7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)