5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

人生最大の発見★2

1 :1:03/10/06 02:54
人生最大の発見は「原則」である。

個人のみならず、人類にとっても最大の発見であるだろう。
あと何十年もすれば、一般的にも認知されているのではないかと思う。


前スレ
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1044789777/

webページ
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/9272/

401 :nCEFCc:03/10/30 06:26
自我とは?

402 :考える名無しさん:03/10/30 10:53
>401
辞書を調べろ
それ以外の意味は自分で作れ
言葉にした以上はそれが真実だ
他人の意味は参考にしかならない

403 :76:03/10/30 12:02
いつも中途半端な書き込みで失礼している。
多くの人に理解を得るよう試みているつもりではあるが、時間をいただきたい。

>>351
子どもたちの喜びが素直に表れた笑顔は、自動的にもしくは反射的に作られる素敵な笑顔だ。
見ている者の脳内麻薬をも喚起する。とても素晴らしいしテクニックとして使用している意識は
皆無だろう。
これは本物の笑顔だ。喜びが反射的に笑顔を作るような幸せいっぱいの状態といえる。

しかし、作り笑いも本物だ。
本物と偽物を判断する基準は個々の主観でしかない。
そして多分に洗脳されている。それが素晴らしいと思い込んでいるだけであって、現象は同じだ。
笑顔は笑顔でしかない。そこに技術の巧みさや稚拙さが関連してくる。映画等をみて多くの人が
よく知っていることだろう。

失礼を承知で例に挙げる。1はいまだに「ふふ」といった作り笑いを文章上で演出している。
なおかつ演出している事実に気づいていない(と以前のレスにあった)。
このように笑い(もしくは笑顔)は意図的に演出可能であり、日常、無意識(おれは自動的と呼んでいる)
に行なわれているのであまり自覚がないことが多い。

笑っていることに気づくと、本質的に嬉しくないのに笑ってしまった等と悔恨したりもする。
しかしそれは自分の気持ちを満たすには不適切だから、今笑った理由の本質を見つめることで
気持ちを満たすことも可能となる。
例えば相手を安心させたという理由なら、それを目標として修練する必要はあるだろうが、効果的に
笑顔で相手を安心させる演出が可能となり、うまくいけば達成感で自分も満足だろう。
これらはあくまで例である。おれがいいたいの笑顔の本質だけではない。

我々は多大な思い込み(固定観念)を絶対的ともいえる価値観として、自動的または反射的に
判断を下している。そのことに気づくことで自分を誤魔化す必要がなくなる。
といった可能性を提示している。

404 :76:03/10/30 13:41
>>367
>「きれいごといってても人間は誰だって自分が一番可愛いんだ」
的確な意訳だね。これと君のいう「愛」を関連づけたらどうだろう。

「愛」に対する君なりの認識が示されていないので、多くの抱いている「愛」に対する
認識を推測して提示するので考えて欲しい。
とりあえず、ひねくれて育った奴限定(おそらく一般にも当てはまるだろうが)で考えよう。

十代で極妻となるも、知人の支えを力に独学で司法試験に合格し弁護士をしている女性。
素行が悪く親に縁を切られるも、教師の支えで教育に目覚め母校で教鞭をとる男性。
この二つの例において、ひねくれ者の気持ちを変えたのは他人の支えだ。これは君のいう
「愛」に近くはないだろうか。とりあえずそういうこととして進める。

「結局みんな自分が中心じゃねーかよ!」と拗ねていたひねくれ者の気持ちを動かしたのは
他人の気持ちを感じ取った結果であろう。それはおそらく「おれ(あたし)のことを自分のこと
のように思ってくれている」といった感じではなかろうか。もしくは「おれ(あたし)のことを
こんなに思ってくれている」といった気持ちかもしれない。
自分が他人に思われ、必要とされていると実感したとき(要するに前提として、自分なんかこの
世に必要ない、存在自体意味がないと思い込んでいる)思い込みが薄れていったのではないか。

さて、ここで支えた人たちはさまざまなテクニックや作戦を駆使して立ち直らせる(?)ことに
成功(?)したが、話が逸れるので控える。

405 :考える名無しさん:03/10/30 13:53
糞スレw

406 :76:03/10/30 16:21
>>405
もっともだな。そして君のような書き込みが少ないのも事実だ。その点において、おれは
このスレを高く評価しているよ。

>>404を続ける
前述した例が感動的なのは、支えた人の気持ちがとても強く頼りがいがあったため、
ひねくれ者の心の支えとなりえたからだろう。
実際には支えた人々の気持ちは揺らいでいただろう。「この子はやはりだめかもしれない」
そのような思いを振り払って、ひたすらひねくれ者を信じようとしたのではないか。
その結果ひねくれ者にはその思いが強固なものとして伝わった。
この人は本気だ、と。

407 :考える名無しさん:03/10/30 16:26
>406
感動

408 :76:03/10/30 16:36
実はこれは思い込みだ。
すぐに崩れそうになる気持ちを奮い立たせ、懸命に「この子はよくなる」と思いこもうと
努めた結果だ(むろん推測)。
それほど強い気持ちだからひねくれ者のかたい気持ちを揺さぶったのだろう。

思い込みは決して「悪い」ことではない。使い方一つだ。自分の目標を達成するための
必須アイテムもしくは技術だ。
しかし、多くの人が自分を見つめていないため適切な使い方がなされていない。

話を戻す。
ことの本質を見ると、支えた人は「この子をよくしたい」といった「自分の強い気持ち」を
満たすために懸命に努力した、と考えられそうだ。
このような「愛」のとらえ方も可能ではないだろうか。

409 :76:03/10/30 17:22
我々は「自然に」という言葉を多用する。そこに含ませる意味合いとして「わざとらしくない」
「作為的でない」「ある種仕方ない」「道理にかなっている」「どうしようもない」
「わりといい感じ」などさまざまな事柄をあげられよう。

しかし実際をみると、本質的には「作為的」である場合がほとんどではないだろうか。
つまりそのことに気づいていないだけだ。
人の言動はほとんど「作為的」だ。言い方を変えると「自動的」。自ら組んだプログラムどおり
「反射的」に目の前の事象に対応している。

例をあげる。
歩き出してみるとわかるだろう。どれだけのことを瞬時に判断し反射的もしくは自動的に
行動しているかが。なぜ人や電信柱にぶつからない?その前に、どちらの足から動かす?
どこを見ればいい?大きい音が聞こえてきたらどうする?前の自転車は歩道のどちら
を通って自分と擦れ違いそう?
すべて今までの経験で培ってきた技術ではないか?
人はいちいち考えるのが面倒なので、全てを自動化しようとでもしているかのようだ。
原則に則って行動するなどという思考はその際たるものではないだろうか。

410 :考える名無しさん:03/10/30 18:20
>403以降で76が述べている
『無意識・意識的どちらにせよ、人間の行動は自身の感情によるもの』
って、普通に誰でも解ってる事だと思ってたんだけど違うの?

411 :考える名無しさん:03/10/30 18:32
うちの母ちゃんは判ってない。母の愛は山よりも高く海よりも深い無償のものだって
思ってるもん。そう思えるのは幸せだけどね〜 知らぬが花ってこともある。

412 :考える名無しさん:03/10/30 19:35
>411
そうなのか…そういう人もいるんだな、ありがd

確かに母親の愛情って並々ならないものがあるけど
それを持たない、『物理的に自分のお腹から子供を出した』
という事実に過ぎないとしか考えてない女もいる。
結局人それぞれだよね。てかスレ違いでごめん

原則が何なのかと言われると正直全然分からないんだけど
このスレで論議してる人達が言おうとしてる事は理解できる。
あと前スレで前スレ689が言っていた
>物事をみる視点を自由に変える発想
これは自分も当てはまる。とは言っても自分の場合は、自分以外の人間の
感情を考える時にしかこの見方を意識的にする事はないけど。

例えば、仕事してる時何かミスや問題を誰かが引き起こして自分にも
その火の粉が降ってきた場合、一度冷静になって相手の行為をできる限り
好意的に捉える方法を幾つも考える。そして「ソレダ(゚д゚)!」と勝手に決める。
そうする事で自分の憤りやショックなんかを諌めてる事、割とあるな。
もちろんこれで収まらない時は誰かに愚痴ってストレス解消させてもらう事もある。
ちなみに
・腹が立つ→人に言う→スッキリ ではなく、
・腹が立つ→(他人の行動によって自分に起きた災難を)人に言う→ (第三者の同意)スッキリ
 だという捉え方をしてる。
そのおかげで「あーダサい事しちゃったな」とあとから軽く自己嫌悪に陥る事で相手の非も
大概許す事ができる。

ここで自分が述べたものはただの感情論なんだろうか、それとも原則と何か関係あるのか?
そして視点の切り替えは原則とは別に関係ないの?原則理解してる人は教えてください

413 :考える名無しさん:03/10/30 20:05
そういう人もいると言うより年寄りほどそうなる傾向があるように思える
あと後半のことに関しては
そういう相手に対する友好的な考え方と言うものは無理して捜せばいつでも必ずあると言うことを自分で納得できるように証明してしまうことで
わざわざ捜さなくても
ああ何か理由があるんだな
と常に自然に思えるようになることは出来るだろうし
そのレベルに達したら人への寛容さと言う面においては原則ってのが理解できた人と同じような立場に立てたと言えるんじゃないかな
やっぱり状況の違いを問わない自動化がキーかな

414 :ウオッチャー1 ◆MdFl8G7VBo :03/10/31 01:21
「原則」は全然分かってないけど、

感情、欲望をコントロールできれば成功する。
感情、欲望をコントロールするためにはものの見方を変えるのも役に立つってこと?

感情,欲望をコントロールできればまずまちがいなく成功するだろうけど、
そうやって成功した自分は何者なのだろうって思わないでもない。
コントロールするってことはある理想が決まっていてそれにあわせようとすることであって、
その理想っていうのは過去のある時点の「感情、欲望」で決められた
ものでしょ。生きていればどんどん新しい感情、欲望なんかが生まれてくる
けど、ある時点で決めたこと以外は抑えこんでいく。

ややこしくて説明できないけど、結局人間は一貫性があれば成功しやすい
ってことなのかな。同じことを長くやりつづければいいと。退屈だけどね。

415 :考える名無しさん:03/10/31 04:01
原則かと思われる文章を発見したので一応。

 私は君の苦痛に何の興味もない。その悲しみも、私の耳には一切届かない。

 この困難な時代を楽しむ余裕を、いったい君はどれだけ持っているだろうか。

 いま私たちがこうしている間にも、私たちの知らないところで多くの人たちが
苦しみ、涙を流しながらさまよっている。かと思えば、苦しみや辛さを力にして、
その消え去りそうな人生を精一杯生きようとする奴もいる。

 この黄昏れた時代の真ん中で、私はやりたいことを見つけられず、ただ淡々と
暇つぶしをしている。この悠久の時の中の僅かな期間でしかない私の人生と言う
時間は、何の成果も残さず少しずつ使い果たされようとしている。

 生きると言う目的のために仕事をしている人たちは私に言わせれば幸せだ。
 なぜなら、生きたという実感を抱きしめて生をまっとうできる資格を持つからだ。

 己を高めるという希望を持ちながら、人生に取り組んでいる人たちは私に
言わせれば最高の時間を過ごしているに違いない。
 なぜなら、その希望を達成した暁には、生きた意味を感じて更なる高みへと
その人を誘うことになるからだ。

 そして何より幸せなのは、何かに向かって生きている時間は、私たちは、なぜ
生きているのかという深淵を見ずに暮らしていけるということなのかも知れない。

 懸命に生きている君にはこの私の苦しみは分かるまい。だが、知る必要もない。

 それでも、私は君たちに聞きたいことがある。私たちは、これからいったい
どこへ向かって生きていけばよいのだろう。

416 :76:03/10/31 09:29
>>415
知的な思考を巡らせていると多くの人がぶつかりそうな悩みだね。

>どこへ向かって生きていけばよいのだろう

こたえはひとりひとりの中にある。
何かに没頭している人は「幸せ」、それを見出せない人は「苦しい」。
事実でもあり、完全なる思い込みでもある。

他人の気持ちはわからない。

幸せそうに見えていても、心の中は他人にははかり知れない。
人はなかなかこのことに気づけない。

世の中のこと全ては我々の五感を通して認識している。
どれほどの思い違いや勘違いを積み重ねて生きてきているだろう。

417 :76:03/10/31 09:37
>>410
>人間の行動は自分の感情によるもの
その通りでもあるが、おれはそのような記載はいっさいしていないよ。
ちなみに、おれが書いていることは既出の通り当たり前のことしか書いていない。
だが気づいていない人も多いと思って書いている。

これも既出だが感情は一過性のものだ。それを経験として記憶し、もう一度体験したければ
再現する努力をし、避けたければ回避できるよう努力する。

人の行動は決して単純なものではないよ。
人に限らず他のさまざまな生物を観察するとわかるかもしれない。
生きているものは多かれ少なかれ「生きる」ために懸命に努めていることがわかるだろう。

418 :76:03/10/31 09:45
人は何のために生きているのだろう 

誰か教えてくれ

よくみかける文章だ。
この根底には、自分は何をすればよいかわからないので教えて欲しい、という甘えがある。
また、それを知って納得すればそれに向かって努力するのに、といういいわけも含まれている。

そして、残念ながら誰も教えてはくれない。

自分の生き方は自分で自分で決める

いってみればこれが生きる上での原則だろう。

419 :76:03/10/31 10:01
>>418下から2行目は以下に訂正

自分の生き方は自分で決める

これも当たり前だが、多くの人が、わかってはいるが決められずに悩んでいることだろう。

過去(歴史等)に学んだらどうだろう。
今(自分と自分以外)をよく見つめたらどうだろう。
その先に我々の生きる目標が見えてくるかもしれない。

思考しなければ何も生まれない。
そして、先入観を持たずに「他」を感じ取ることが必要だろう。


420 :考える名無しさん:03/10/31 11:51
>>414
かなり違うな
説明は1がする

>>415
違うな
説明は76がしたのと同じ

421 :76:03/10/31 12:08
おれの話には全て前提がある。
ここでは、人は皆幸せを求めている、という前提だ。
そうでない話は、提示されればその条件で語ろう。

人は自分がやりたいと思ったことをする必要がある。
そうでなければ脳内モルヒネは出ない。

全ての人が自分のやりたいことを見つけて、それを遂行したりそこへ向かって努める世の中は
充分に実現可能だ。
ただしそのためには自分をよく見つめる必要がある。自分の本質を見つめる必要がある。
そして、自分以外の「他」との折り合いをつけていく必要がある。
繰り返しになるが、そのためには思い込みに気づき、目標達成の道筋を検討し、他との折り合いを図り
ながらテクニックを磨き駆使し、試行錯誤を繰り返しながら喜びを見出すよう努める必要がある。

青臭い内容だがよく考えて欲しい。



422 :前スレ689:03/10/31 13:23
>>372追記
笑顔は行為であって思いや意味ではないから・・・
作り笑いの本質は相手(物事)と上手くいきたい、上手くいかなければならないという主観的願望。
上手くいきたいと思っていなかったら、作り笑いすることないですし。
>>372で、相手(物事)と上手くためには?と思って書き込んでるのに見えてないw
まぁ、それでも上手くいかせようとするならば>>372は役に立つかも。
にしても、もうちょっとしっかり考えてから書き込みせねば・・・_| ̄|○

最近、気になっていることは・・・考えない人がいるということ。
多くは感情的に考えることを止めたり、忘れようとしてしまったり。
すぐに答えを求めたり、はじめから考えることを放棄している人もいるし。
それも原則的な反応としてありなんですけど・・・。
相手に考えさせる布石を与えながら共に考えたい。とは思う。
ほんと、50年や100年で原則が広まるとは思えん!w

423 :考える名無しさん:03/10/31 13:48
何か最近みんな書き込みが点でバラバラ好き勝手で殆ど会話になってないね。

424 :考える名無しさん:03/10/31 14:52
まともな会話ができる奴は
哲学なんかやらねーんだ

425 :76:03/10/31 16:43
>>423
君自身の行動がまさにそれを実践しているようだ。
>>424
思い込みだね。そして投げやりだ。でもその通りかもしれない。
「まともな会話」のとらえ方はさまざまだろうが、会話はしたいね。

426 :考える名無しさん:03/10/31 20:34
>417
>>人間の行動は自分の感情によるもの
>その通りでもあるが、おれはそのような記載はいっさいしていないよ。

うん、簡潔に一言で表したかったから勝手に要約しちゃった
自分の中ではこれ当たり前に皆認識してる事だと思ってたから聞いてみたんだ
>411のレス貰って認識改めたけど

>417の下5行も分かってる
ただ「生きる」ために勤めているっていうのは人間に関しては同意しかねるな
色んな種類の感情を持っているから一括りにはできないと思う
76の「生きる」の中身が何を指しているのかにもよるけどな


>423
自分も論点ずらしちゃってるのかも、ごめんな
でも1が「原則」と言っているモノからかけ離れてはいないと思う
人夫々頭の中に世界持ってるんだから頭の中身吐き出さないと
ここで集まっている意味がない

427 :考える名無しさん:03/10/31 22:22
>>391
そう。

原則を積極的に利用すると自分の力以上の結果がでる。
なんというか大きな流れにうまく乗れた、みたいな。

このレベルになると理屈じゃなくて感覚だな。
もともと原則というのは大衆に受け入れられるような代物じゃないのかと思い始めて来た。

アダムスミスやパレートの著作、原則の参考図書を読めば一定のレベルにまでは引き上げられる。
その後は各人それぞれ。

ここで話されてるのを読んだが原則に関係ないようなことばかりだ。
参考図書を読むこともできないなら混乱するだけだろう。


428 :399:03/11/01 00:50
>400
>399は1なんだよね、念のため。

まあね。
すでに399を名乗るのはやめにしようかと思っているが。

>実施してくれるんだね。ありかとう。こちらもおそらく準備が要るので、
>早目に計画の概要を知らせてくれ。細かいところは後でも良いから。

その計画についてなんだが、ここではやめにしないか?

・・・ん?準備?

やるとしたら、別スレを立てることにしたい。
「原則」そのものがあるのかどうかを議論する場として。
そのようなスレ自体はあっても良いかと思う
(なくても反例が見つかれば、このスレに誰かが書き込めばいいので必要ないとも言えるが)。

すでにこのスレでは、「原則」がほとんどあることが前提な雰囲気が漂い始めているから、
すれ違いになりそうということで。

それに、ウオッチャー1さんも >414 の意見を見るに、
「原則」に関しては否定しているわけではないんでしょ?分からないだけで。

もし中立的な立場であれば、そのような計画も原則的には意味がないというわけで。
というか、それ自体が分からないのに議論のしようもないような。

あの計画というのはいろいろと考えていたところがあるわけですが、
反対者たちがいなければ、発動のしようもないのです(実のところ)。

ここはこのスレで「原則」とは何ぞや?を考えていくのが良いのではないかな?と。
どうだろう?

429 :1:03/11/01 00:51
>420
何者だ?
答える必要はないが、509(敬称は省略)と考えておく。

>>>414
>かなり違うな
>説明は1がする

まずは確認をしなければ、私は何も言えない訳だが、
420はどういう意味で「かなり違う」と言ったのか?

『414氏は414の内容を「原則」と思っている』
という内容について違うと言ったのか?
そうだとすれば、それについてはその通りである。
414の内容は「原則」そのものとはかけ離れている。

しかし、414氏の言うことは原則的でもある。

どういうことかと言えば、
例えだが、「太陽は丸い」と言えば正しい。
しかし、「太陽」は「太陽そのもの」として捉えなければその性質の全てを捉えてはいない。
「丸い」というのは太陽の性質の一部でしかない。
それと同じことである。

414氏の言う内容は原則的に沿っていることは確かなのであるのだが、
「原則」そのものでは全くないというわけである。

分かったかな?(分からんか?)


ひとまず書き込むことにする。

430 :考える名無しさん:03/11/01 01:05
そゆこと

431 :ウオッチャー1 ◆MdFl8G7VBo :03/11/01 02:41
>>414 は書き方が悪かった。
>>412 に対するコメントであって「原則」について述べたものじゃない。
自分としては
「『原則』のことは分からない立場だけど、412の書いている内容はこういうこと?」と
聞いたつもりだった。1のいう「原則」に反対する立場は変わらないよ。
だから「計画」はぜひ実施して欲しい。

>>428
>> その計画についてなんだが、ここではやめにしないか?
>> やるとしたら、別スレを立てることにしたい。
それでもいいけど「計画」の概要と大まかなスケジュールだけは教えておいてくれないかな。
簡単でいいので。一旦は
>>374
> 一応すんごい計画は用意してあったわけなのだが、
と書いてるんだし。それと「計画」を実施するための条件などがあるんだったら挙げ
ておいて欲しい。あとから条件を追加されると対処に困るから。

いくら「原則」ですべて上手くいくといったって、相手がある話なんだから
スケジュールとか運営方法とか出して欲しいところだよ。ましてこちらは「原則」
に反対する立場なんだから「原則」で押し通されてもうまくやれると思えないよ。

432 :考える名無しさん:03/11/01 06:52
とってつけたような♪ウォオー♪

433 :1:03/11/02 20:50
書き込みを続けます。

>83
>はっきり言って、この文を読むと誰でも>>62-69あたりに対しての言い訳に見える。
>前スレで存分に語る場所はあったはずだ。
>あれだけ語っておきながら今更「原則は言葉では説明できません」か?
>
>いつだってそうだ。
>「あなたも原則が分かればその素晴らしさが理解できるでしょう。」
>こんな風に、原則の外側を話すだけだ。
>だから原則の輪郭しか見えない。
>「原則を知ると素晴らしい世界が見える。物事がうまく進む。」
>こんな具合にしか知ることが出来ない。
>
>それを前スレの何人もが指摘しているのに今更これか。
>どうなんだ?>>1

返事が遅くなって申し訳ないのと、
すでに「原則」についての理解は得られているのかもしれませんが、一言だけ。

「原則」そのものは、全ての世界を動かしている元になるものです。
そういう概念であり、それ自体が姿形を持っているものではありません。

434 :1:03/11/02 20:51
>95
>1.イメージをイメージのまま伝えること。
>人に何かをつたえるときに使うのは言葉だけでなくてもいいので、
>イメージなら、イメージのまま伝えてしまえばいいのにと。
>僕は考え事をするとき、よく図形をかいて線で結んだりして
>イメージをイメージのまま考えを進めることをするので。
>ちなみに原則は・・・宙に浮くタンスというイメージですw

>112
>原則はあまりにも自由すぎるのでそのまま伝えるのは伝えにくいと思う。
>あえて自分なりの不自由を与えることで、理解しやすくなったというか。
>宙に浮くタンスってのは原則をわかりやすくとらえようと思って、
>タンス(原則)と引き出し(原則から生まれた考え方)と勝手に設定しただけです。
>だから、原則そのものではないと思う。

原則は宙に浮くタンスですか。

私が思うところの「玉っころ」ではどうでしょう?
この世のどこかに存在している(宙に浮いているとも言える)「玉っころ」が、
あらゆる因果の波を生み出し続けているのです。

結局「原則」自体は無形の存在なのです。

>>我々にわかるような説明ができる力をつけてからここに来てほしかった。
>世の中、というか僕の周りだけかもしれませんが、
>自分のできることや考え方をすべて言葉に出来るタイプの人は少ないです。
>車の運転でいうなら、動かして動いたらいいという感じですね。
>結果が出れば、すべて良しじゃ、言葉も原則もへったくれもありませんw

そうですね、すでに動き始めているようですし。
それに「原則」は人間が利用してなんぼのものであると思います。

435 :1:03/11/02 20:52
>99
>前スレ723
>>単純な話、自分が物事を為すときに用いている方法論(原則)を、
>>その組織自体に浸透させてしまえば良いだろうということです。
>なるほど、数学の授業のようですね。公式を教えるような。
>問題はそれをちゃんと実行してくれる意志と能力があるかですがw

実のところ、問題は一つもありません。
「原則」を利用するもしないも個人の自由なのです。

また、やろうと思えば、誰もがその人にふさわしい優れた能力を獲得することができるわけです。
つまり、「原則」を利用しようと思えば「能力」については不問なのです。

また、「原則」を利用しないことを選ぶ人がいたとしても、
原則的に観れば、それもまた自然なのです。
特に何かを強制させる必要は全くありません。

全ての人は全くの自由なのです。

>113
>1氏は人間がよりよくなるために,なんて書いていたけど,人間が滅亡したって
>宇宙から見ればどってこと無いんじゃないの?

それについては全くその通りですよ。
そのため、私は「原則」を利用できることを示したかっただけであり、
だからどうしなさいとは言っていないのです。

>114
>「原則」を会得できる人がすごく少ないんなら,それは単にラッキーで幸せなのと変わらないとおもうがな。

それは認識違いかと思われます。
おそらく未来の世界では、「原則」は当たり前に誰もが身につけているものであると思われます。

436 :1:03/11/02 20:53
>129
>端的にいうとベースにあるものなんでしょうなぁ。
>ただ、共通してベースにあるものには名前がない。
>よって、1さんが名前を付けてくれました。「原則」です。

ちなみに、私は当然とも言えますが「原則」という言葉自体は昔から持っていました。

前スレに書いていますが、
あることを解決するためにその答えを模索していたとき、ある発想を思い付いたのです。
もちろんそれは自然にやって来たものであり、自然的な発想です。

言葉にすると、「物事はあるべくして動いている」というものです。
「こちらが勝手に物事を為すのではなく、本来あるべきように意図するべきである」という発想です。
そこからその思考を広げて行くことによって「原則的思考・発想」に繋げていったということです。
ちなみに私は、その半年前くらいから世の中はなんと自然なんだろう!と思っていたのです。

結局のところ、その発想を思い付いた時に「言葉」と「その思考」が結び付いたのです。
つまり「世界はあるべくして動いている」、すなわち「原則」によって動いていると思ったのです。


そして、結局全ては根源でもある「原則」が生み出すものであるとすると、辻褄が合いそうで良いかと。
また、人間はその「原則的思考・発想」を手にすることができるものであり、自由意志を持つことができると。

つまりは、全てが「原則」があるという一言になるのです。
あとはそれを広めていけば、自ずと人類は原則的な動きになって行くのです。

そしてこのことも、「原則」がもたらす現象の一つと見なすことができるのではないかと。
「原則」はありとあらゆるものに影響を与えているのです。
「原則」を適用できない現象はないのです。

437 :1:03/11/02 20:54
>137
>でも1は老子から一歩も出ていない。

その通りですね。
「原則」を超えることは何者にもできないのです。

>139
>生々しい原則を知りたい

実のところ「原則」自体が生々しく、そして圧倒的なのです。
そしてそれは、各々の人が生み出す想像上の産物でもあるのです。

>168
>ちょっと気になったのが137でタオに従わないこと・・・云々。
>そんなことできるのか不思議だと感じました。

タオに従っていない例というのは日常茶飯事に見受けられます。
全くもって珍しいことではありません。


>180
>>>84 69さん
>読み直してみたら確かにその通りですね。いまごろ、納得できましたw
>原則がある、その分類についての説明がなされないままなので、
>原則の分類がごちゃごちゃなだけなのに原則そのものが怪しまれている。
>
>うまいこと分類してみたい・・・

「原則」を一点のものとして捉えられるようになると、分類の必要性は無くなります。
頭の中で自ずと情報が整理・分類されます。
情報が収納していることを普段は意識していません(必要なときに頭の中を検索し、思い出すのです)。

438 :1:03/11/02 20:55
>309
>1はいつのまにこんなに頭が固くなってしまったのか
>はじめの方が間違いは多かったが硬くはなかったように見えたのにな

もう必要ないのかもしれませんが、一応答えておきます。

どうやら「原則」をそれほど知っていたのではなかったようですね。
私の頭は初めの段階からほとんど変わっていません。

全ては無数にある言葉の選択肢の中から選び続けてきた発言です。


>310
>アニメだけかと思ったらマトリックスにも影響されとんのかい!!
>相手: 驚くんやないでー、実はな、今の君の見てる世界はバーチャルリアリティーなんや。
>   君のほんまの体はカプセルの中に浮かんどって夢見てるだけなんやでー。
>って説明されりゃ十分わかるんだが…

なるほど、「原則」は分かっているのですね。
その程度の説明で分かるとは、相当に柔軟な方なんですね。w

実際にあのマトリックスに住む人間達に、
「驚くんやないでー、実はな、今の君の見てる世界はバーチャルリアリティーなんや。
 君のほんまの体はカプセルの中に浮かんどって夢見てるだけなんやでー。」

って言ったらどうなると思います? 変人ですよ。w
まあ、彼だけにならそれでも良かったのかもしれませんけどね。

439 :1:03/11/02 20:55
>326
>学問の多くは原則を見つけようとしてきたと思うが。
>原則があるという前提にしてね。

しかし、人類はその根源にはたどり着けなかったという訳ですね。
このスレでは、「原則」が発見された。という報告が行われているのです。


>415
その内容は相当重いですね。

もしもそれを書いた人が本当にその境地にいるのであれば、
おそらく、>416 >420 は共に誤っている解釈をしているのではないかと思います。
もちろん、>415 それ自体は「原則」自体ではありません。


>422
>ほんと、50年や100年で原則が広まるとは思えん!w

いやいや、「原則」を広めようとすれば簡単ですよ。
全ての人に浸透させるのはそれでも時間はかかりますけどね。

人口の1%くらいでしたら、あっという間です。
また、そのくらいに伝われば、それこそ時間の問題だと思います。

何故にすぐ広めようとしないのかと言えば、ここで暖めておく必要があるからです。

440 :1:03/11/02 20:56
>423
>何か最近みんな書き込みが点でバラバラ好き勝手で殆ど会話になってないね。

そのようでしたね。
おそらくいろいろと書き込んでいる人達は、「本当の原則」を知らない人達だったのではないのかな。


ところで、76さんは「原則」を分かりましたか?
他に何かおっしゃりたいことはありますか?

お聞きした後、以前の話に関係のあることを書き込んでいこうかと思ったのですが。



>431
ひとまず聞いておきますが、「原則」について理解したということはありますか?

>1のいう「原則」に反対する立場は変わらないよ。
>だから「計画」はぜひ実施して欲しい。

それはどういうことなのでしょう。
「原則は存在していない」という主張をしたいのですか?

>414 >420 >429 >430 の一連の流れを見ると、
確かにウオッチャー1さんの言いたいことは違っていましたが、

私も509さんも、ウオッチャー1さんが原則に沿った発言をしていることは共に認めているのです。
すなわち、私も509さんもあなたが「原則」のある世界に住んでいることを感じているのです。
それでも「原則」に反対するのですか?

441 :1:03/11/02 20:57
>431
>それでもいいけど「計画」の概要と大まかなスケジュールだけは教えておいてくれないかな。
>簡単でいいので。
>それと「計画」を実施するための条件などがあるんだったら挙げておいて欲しい。
>あとから条件を追加されると対処に困るから。

計画というのは、反対者が多ければ一網打尽にするつもりでした。
大ごとになればそれなりの計画が必要だったのですが、
一人の場合であれば、実際のところはここで普通に語り合うことと大して変わりません。

まず、ウオッチャー1さんが何故原則に反対なのかを教えてもらえればと思います。
それについては、全く分かっていないからなんですか?

また、私は別に「原則」で押し通そうとはしていないですよ。
分からない人にまで「原則」を押しつけるつもりは全くありません。


それとですが、このスレ内での私の提案はそろそろ終わりにさせたいと考えています。

それでですね、他の板に進出できないかと考えて探っていたのですが、
検討した結果、「人生相談板」に「人生最大の発見」スレを出してみようかと考えています。
一般的な板では刺激が強すぎるので、そこら辺が適当だろうと。

それと、もしかしたらこのスレを見たのかもしれませんが、
その板には神が住んでいるスレが存在しているのです。その神に迷惑になってしまいそうですが。。
何故なら、その神の種明かしのスレになってしまうからです。ゴメンナサイw

そこで多くの人達がどんな反応をするかを見てからでも遅くはないのではないのでしょうか?
「原則」は大きなプラスの影響を与えるだろうと見ています。

また、そこにスレを立てる目的は、
議論をするのではなく、多くの人を救えるのか?を検討するためです。

442 :考える名無しさん:03/11/02 23:42
1を雑魚と証明することも
原則を完全に否定することも
根本的に不可能であるのに
沢山の反対者を募るなど無茶というものです

443 :1:03/11/03 00:18
>442
>別に構わんが、持論があるなら語ってくれ。

444 :考える名無しさん:03/11/03 00:29
人生相談板に行くときには
ここでの告知はありますか?

445 :ウオッチャー1 ◆MdFl8G7VBo :03/11/03 01:13
結局1は「教祖」になりたいんだな。
新興宗教は否定しない。なるんだったらうまくやっていい教祖になってくれ。
騙すんならうまく騙して騙されたやつを幸せな気分にしてやってくれ。

446 :考える名無しさん:03/11/03 01:40
なぜそんなに「ある計画」を実行してほしいのだろうか

447 :考える名無しさん:03/11/03 08:51
このスレに飽きてきた
やるならやるでチャッチャとやってくれ、1よ。

448 :考える名無しさん:03/11/04 00:24
>> 441
> その板には神が住んでいるスレが存在しているのです。その神に迷惑になってしまいそうですが。。

おれ、神だけどなにか聞きたいことある?3
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1055650274/l50

449 :考える名無しさん:03/11/04 01:14
そいつが何故自然に受け入れられているのかよく分からん
ぱっと見、雑談しかしていないようだが・・・

450 :1:03/11/04 02:45
>445
>結局1は「教祖」になりたいんだな。
>新興宗教は否定しない。なるんだったらうまくやっていい教祖になってくれ。
>騙すんならうまく騙して騙されたやつを幸せな気分にしてやってくれ。

>286
>宗教の教祖の典型的なやりかたではあるナ。追随してくるものは賞え、疑うものには
>分かっていないと言う。感情を隠して神秘性を醸し出す。すごい効用を宣伝する。
>思い込みによってそれが得られたと勘違いすることも出来る。上手く騙された人は
>幸せかもね。たとえば3億円もっていると思い込めれば使わなくてもとても幸せ。

>312
>>>286の指摘通りだ。
>陳腐な布教のやり方を踏襲していると取られても仕方ない。
>その自覚がないところが1の偉大なところだ。
>そして彼はこのスレ内では最強だ。彼はそう演出することでのらりくらりと語り
>真意を濁すことで神秘性を醸し出しているつもり(は本人にはないらしい)だが、
>見事に失敗している。
>でも、それはそれでなかなか面白い。

また宗教の話が持ち上がってきたようですね。
すでに前スレでも答えていることですが、私は宗教をするつもりは全くありません。

「原則」という手法を示したいだけなんですよ。
そのためには「原則」が分からなければ始まらないわけです。

もちろん「原則」が分からない人の中には宗教宗教と言う人が現れることは容易に想像はついています。
そしてそれは、これからも多くの人がそういうでしょうね。w

しかし「原則」は全くの別物なので、何も気にする必要はないのですよ。
そもそもだまされているようでは、「原則」を扱うことさえできないのです。
それに加えて「原則」が分かっていると思い込むと、痛い目に遭うのです。

451 :1:03/11/04 02:46
>312
>おれが興味を持っているのはここの住人たちだ。レスを読むと(1に言わせれば原則
>は理解していないが)なかなか鋭い理解力や思考を覗かせている。
>そしてこのようなレスにいるということは、何かしらここに蔓延している不可思議な
>雰囲気に興味がある人たちではなかろうかと想像する。

言ってみれば、それが「原則」によって作られた雰囲気ということです。

>339 にそれまでの状況を説明してくれているものがありますが、
結局のところ「原則」を用いなければ、
このスレの様子を正しく知ることさえできないのです。



>446
>なぜそんなに「ある計画」を実行してほしいのだろうか

おそらくそれについては、もう興味はなくなっているのではないかと。

452 :1:03/11/04 02:46
>444
>人生相談板に行くときには
>ここでの告知はありますか?

もちろん告知する予定です。
立てた後には、このスレにリンクを張ります。


>447
>このスレに飽きてきた
>やるならやるでチャッチャとやってくれ、1よ。

でしょうね。
しかしそう焦らずに。

一応「原則」が分かっていれば、このスレにいる必要はないので、
たまに暇つぶしで来るつもりでいてくれれば良いかと思います。

453 :1:03/11/04 02:48
それとここにいる人たちへのお願いですが、
そのスレを訪れた際には、できましたら新たな人達へご教授してやっては頂けませんでしょうか。
困った人たちには、お叱りして頂いても結構です。w

実のところ、私が手を出しても効果が薄いのです。

スレを立てれば、謙虚な人であればこちらのスレに来て「原則」を知ることができると思いますが、
向こう側のスレのカキコには、
表面的には困った人達(「原則」が分からなくて吠え続ける人)ばかりが多く現れるものと思います。
彼らはこちら側に来て「原則」を知ろうともしないと思います。

向こう側の板でやっていけるか、または撤退しなくてはならなくなるのかは、
今ここにいる人たち(または向こう側で「原則」を知った人)にかかっているのです。

哲学板にいる人たちはレベルが高いと思い、
私一人で乗り込み、なんとか「原則」が平和をもたらしてくれたようですが、
向こう側では、多人数でなければとても平定することはできないでしょう。
相手に理解させることで鎮まらせることは不可能に近いと思われます。

まずは一つのスレ内でいいのです。
なんとか原則的な環境を作れないかと思います。
しかし、その目的を阻もうとする者たちが多く現れてくることは容易に想像がつきます。

おそらく彼らには私が何を言っても無駄でしょう。

454 :1:03/11/04 02:48
ここでは「原則」で押し通すことによってうまく行きました。
何故「原則」で押し通したのかと言うと、
「原則」そのものの理解がなければ、この段階ではダメであったからです。

このスレでの進行によって、「原則」はほとんど不動のものになった。と言っても過言ではないと思います。
すでに「原則」を理解する人は多く存在していると思います。
やっと一番の基礎となるところが築かれたのです。

しかし向こう側では、それではダメなのです。
おそらくこのスレでいう、前スレ689さんや、
76さん的な発言によって環境を作って行かなければならないのです。
もちろん「原則」をほとんど分かっていない人の発言でも、
「原則」を押し通そうという発言でも構わないのです。
とにかく困った人たちに対しては、私の言葉の力はほとんど無に等しいと言えるということです。

そのためには多くの人の協力が必要なのです。
たった一言の、ストレス解消のための発言でもいいのです。

また、向こう側で「原則」スレが根付いた場合には、
それは「原則」が世の中に出回ることを保証されたようなものだと思います。

455 :1:03/11/04 02:49
よろしければ、全世界の人たちのために功労者になってはくれないだろうか?
「人類最大の発見」を共に生み出してはくれないだろうか?

日本から生み出してみたくはないか?
この2chから生み出してみたくはないか?w
それも哲学板から生み出そうではないか!


・・・しつこいようでしたが、
「原則」が本当なのであれば、
その時がくれば、功労者達はだれもが英雄になれることでしょう。本当に。
すでに前スレ689さんなんかはキャラクターが知られているし。w

遊びの気分でも構いません、力を貸してもらえればと思います。


とは言っても、その板に初めから必ず成功させなければならないわけではありません。
もちろん一発でうまく行くのが一番ですけどね。

それと、何かを力む必要は全くありません。
思ったことをそのまま書けば良いのです。
好き勝手に振る舞っていれば良いのです。


と、ひとまず大げさですが書き込みます。

何か思ったことがあれば、どなたでもお願いします。
是非、そのお知恵を頂ければと思います。

456 :1:03/11/04 03:09
しかしやりすぎか。
知らない人がみれば意味不明どころか怪しいですね。w

一応sage進行でお願いします。

457 :考える名無しさん:03/11/04 07:30
弟子募集中

458 :考える名無しさん:03/11/04 08:16
じゃぁ俺は弟募集中

459 :1:03/11/05 01:23
>457-458
ありがとうございます。
二つも書き込みがあれば十分ですね。

近いうちに立てようかと思います。


それとですが、「原則」に関する話の完結編を書いてみました。
ここに出すにはカッコが付かないので、後にwebに上げてからリンクすることにします。

また、遠くなりそうですが、それなりに全文をまとめてみようかとも思っているところです。

460 :元241:03/11/05 02:33
>>248
スレの感想ですか・・・難しいですね・・・
部分部分ではありますが統合すると良く分からないというかw
 前スレと比べ他の方の主張が色々あっても面白いし
議論してるとこを見て「あーそういう視点から見る事もできるのか」
っと思ったりしてますが・・・

まあ自分はまだまだだ と言う事ですね・・・

461 :元241:03/11/05 02:45
>>248
世の中を広く知る事ですか・・・
それはカルチャーショックを受け続けろと言う事でしょうか?
(パラダイムの変換?)
それともこのスレ見るなって言うことでしょうか?
(固定概念が生まれるから?)

まあ何にせよ遅かれ早かれ自分で取り組むと思うので
気長に待てやってくださいw

原則についてですが、やはりまだよく分かりません。
そこで確認なんですけど原則は概念でしたっけ?
まとまりというかグループと言うか・・・

462 :考える名無しさん:03/11/05 11:46
一言でまとめることをやめることだな

どんなことも一言で表そうとすれば嘘になる

463 :考える名無しさん:03/11/05 14:51
原則もいいが

正しいことをする。すると、正しい結果が得られる。

これに尽きるな。俺の信念だ。

464 :1:03/11/05 19:43
>460
>>>248
>スレの感想ですか・・・難しいですね・・・
>部分部分ではありますが統合すると良く分からないというかw
> 前スレと比べ他の方の主張が色々あっても面白いし
>議論してるとこを見て「あーそういう視点から見る事もできるのか」
>っと思ったりしてますが・・・

感想ありがとうございます。

そうそう、それが感想です。
なるほど客観的ですね。w

>461
>世の中を広く知る事ですか・・・
>それはカルチャーショックを受け続けろと言う事でしょうか?
>それともこのスレ見るなって言うことでしょうか?

前者の方ですね。
カルチャーショックが多いうちは、原則の会得にはまだ遠いのかもしれません。

>まあ何にせよ遅かれ早かれ自分で取り組むと思うので
>気長に待てやってくださいw

焦らず、じっくり自分のペースでやってみてください。

>原則についてですが、やはりまだよく分かりません。
>そこで確認なんですけど原則は概念でしたっけ?
>まとまりというかグループと言うか・・・

まあ、そんなところですね。
それにしても、向かっている方向はびっくりするほど正しいように思えます。

465 :1:03/11/05 19:43
完結編は、やはりネットではなくここに書き込むことにします。


結局のところ、原則的にはこの世の全ては「原則」によって起こる現象と言える。

そして「原則」とは万物の根源であり、それ以外の何物でもない。
しかしその実体は、想像上の産物に過ぎないとも言える。

もしも原則原則と騒いでいる人を見かけたのであれば、
おそらくその人はまだ「原則」を知らないのであろう。
ただ、自分の中で矛盾無く辻褄を合わせることができただけなのだ。

もう一度言うが、「原則」とは全ての源であり、一点のものである。
そして「原則」の持つ効力は、絶大であるということだ。

また、人間はその性質を学んでいけるということだ。

466 :1:03/11/05 19:44
つまり、「原則」を知っているだけでは、様々な間違いを犯してしまう。
「原則」を知っている者同士でも、同じ観点からものを見ている事は稀であるからなのだ。
本当の意味で知っているのかどうかを常に確認できれば、その間違いは減るだろう。

一つの例を挙げてみることにする。

例えば、同じ山を登るという状況があったとし、
別の方向からそれぞれの人は「原則」を利用して登るものとする。

この場合、登っているそれぞれの人が見ている風景は違うというわけである。
そして、お互いの風景を知ることは不可能だ(つまり、原則者同士でも観点が違う)。

物事というものは、山の頂上に到達できて、初めてマクロに全体を見渡すことができる。
もっとも、その時点ではミクロの状況までを知る由もないが、
順を追って下っていけば、必ず最下点にまでたどり着くことができる(ミクロの様子が分かる)。

また、異なる山(異なるジャンル)を登ろうとすると、当然のことであるがふもとから始めなければならない。
しかし「原則」の性質を知っていれば、その分だけ登りやすくなる。

467 :1:03/11/05 19:44
また、「原則」を知ることができた段階では、
まだ「原則山」という山があることを知っただけであり、それを登り切れているわけではない。

そして、どのような山であろうと登れない山はないだろう。
だが、登る人(組織)の特性や時間などの問題で、どこまで到達することができるかまでは分からない。

ちなみに「原則山」を登ることができれば、到達するべき境地には達するであろう。
「原則」の性質を知ることができて初めて、この世のルールを最大限に利用できるようになる。

物事を原則的に進めることもできるだろうし、
何かを生み出すときにでも、原則的な仕組みで一貫されている「もの」を作り出すことができるだろう。
それに加えて、思考の中に根源的なものを持つことができるようになる。
その状態になれば、無限の応用もたやすい。

人類は総力をかけて、生まれた時点から真実の探求を続けてはいるが、
未だに「真実の山」を登り切れてはいない。

「原則」を人類が知ることができたときに初めて、
原則的に言えば人類が「真実の山」を登り切ったということになるのだろう。
後はミクロの部分(つまり細分化されているそれぞれのジャンル)を研究、発展させていくことになる。

結局全ての物事は、入れ子構造のように原則的な仕組みで繰り返されていただけであるということだ。
『その「原則箱」の中に人類は生きていた。』と言っても過言ではないだろう。
そのような事実を人類は知らなかっただけなのだ。

「原則」を十分に知れば、本来「難しいこと」は存在していないことが分かる。
また、「原則的な思考」というものは、あらゆるものを包含できる資質を持っている。
原則的に捉えることのできない現象は、この世の中には存在していないのだろう
(それとは別に、観測できない事実は多いのだが)。

468 :1:03/11/05 19:44
>415
> この黄昏れた時代の真ん中で、私はやりたいことを見つけられず、ただ淡々と
>暇つぶしをしている。この悠久の時の中の僅かな期間でしかない私の人生と言う
>時間は、何の成果も残さず少しずつ使い果たされようとしている。
>
> 懸命に生きている君にはこの私の苦しみは分かるまい。だが、知る必要もない。
>
> それでも、私は君たちに聞きたいことがある。私たちは、これからいったい
>どこへ向かって生きていけばよいのだろう。

その質問に、原則的に答えておきたいと思う。

原則的に見れば個人にとっての目的などというものは存在しないのだ。
あるとすれば、原則自身の目的の達成のために尽くすだけだ。それはまた自分自身の為にでもある。

そしてまた人生は暇つぶしでもある。
それは真実を知っている人間が知ることのできる真理の一つでもある。

私たち人類はどこへ向かっていけばいいのか?
その答えは簡単だ。
「原則」を知っている人間であれば、誰もが「楽園」を目指すべきなのである。
「原則」が人類に当然のように知られている世界であれば、そこは必然的に「楽園」となる。

どのような手順でそこに向かえるのかと言えば、
一人一人の「楽園」に向かいたいという思いと、それに対する行動の集積がそこへ向かう原動力となる。

日本が本当の「楽園」になるためには、200年は必要だろう。
いや、それこそ「原則」による本当の力が発揮されるため、異常な早さで実現されるかも分からない。

実のところ、「原則」が全ての人に行き渡るものなのか、
または一部の人にしか行き渡らないものなのかは、今のところよく分かってはいない。
しかし「原則」の影響が世界全土に及ぶことは間違いないだろう。

469 :1:03/11/05 19:45
最後になるが、ここに書かれている内容の全てを原則的に理解することができれば、
すでに到達点に近いのかもしれない。

「1」という人物が、手の上で踊っていると思えるようになって初めて、
そこに現れている「1」を超えることの証となる。
もしも「原則」を会得しようと思うのであれば、最低限この内容を自分のものにする必要はあるだろう。

そして、ここまでに原則的に言う「人生の地図」と、
「人類の目指す場所」を示すことはできたのではないかと思う。

あとは実際にどう色が塗られていくのかは、それぞれの人の行動によってのみに決まる。
その人による意志によって自由に決められれば良いのである。
「原則」を知ろうとするのもしないのも、何をするのも自由である。

あとはこの「原則」を広めるだけで、
地球上に存在している謎の全ては、謎ではなくなるというわけです。

そして、長かった人類の歴史の第一幕は終わるということです。

これで話の全てが完結です。



本当のところ、「原則」とは「発見」ではなく「発明」的な要素が多いのかも分からない。

私は「原則」を利用して話を書いてみた。ということにしておきます。
その方が、「原則がある」と言うより良いかもしれないということで。

470 :考える名無しさん:03/11/05 20:20
出発点で終わってるw

471 :考える名無しさん:03/11/05 20:59
>もしも原則原則と騒いでいる人を見かけたのであれば、
>おそらくその人はまだ「原則」を知らないのであろう。
つまりこれは1のことだよね?

472 :考える名無しさん:03/11/05 23:21
>>464-469
おっ弟子が書いたので喜んでこんなに書いてる。そんなんじゃ見透かされるぞ。

473 :考える名無しさん:03/11/05 23:33
弟子ってだれでし?

474 :考える名無しさん:03/11/06 00:33
そうでしか

475 :1:03/11/06 00:34
>472
別に喜んでいるわけじゃないぞ。
それにそやつらは私の弟子ではないのだろう。w

476 :76:03/11/06 09:47
>1
ご苦労。
全部終わったということだが、相変わらず狼少年のような真似事に終始している感は否めない。
どれだけ「凄いぞー」と煽ったところで、実態が明記されていない以上お騒がせなだけだ。
まじめに真理の一つでも記してごらんよ。

477 :考える名無しさん:03/11/06 10:35
1はそれを必要ないことだと思い込んでるキャラなんだよ>真理を記すこと

478 :76:03/11/06 11:59
>>477
確かにそのようだね。
人類にとって何やらとても大事なことを自分は知っていて、それをなんとか多くの人に
伝えたいともがいている。
といったことしか伝わらないことに、いつになったら気づくんだろうか。
1のやり方は不適切だよ。もしくはとんでもくんかな。

479 :考える名無しさん:03/11/06 16:32
76は自分勝手すぎないか?
以前から見ていたが、言葉のキャッチボールが全くできてない。

480 :76:03/11/06 17:16
>>479
それはすまなかった。
事実おれは勝手すぎるのだろうが、言葉のキャッチボールが全くできていないとする
根拠はなんだろう。具体的に指摘して欲しいな。
また、そう指摘するからには君はおれと言葉のキャッチボールをしてくれるのかな?
まさかいい逃げはないよね。

481 :1:03/11/06 20:18
ご要望通り、人生相談板にスレを立てて来ました。

人生最大の発見
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1068117415/

482 :考える名無しさん:03/11/06 20:22
>>479
コテハンもつけない奴が言葉のキャッチボールなんていっても…

483 :考える名無しさん:03/11/06 20:24
人間の原則。
簡単に答えの出る物を、わざわざ複雑にして
出てきた下らない結論を「これこそ真理!」などとほざく事。

人間ほど、脳の無駄遣いをしている人間は居ない。

484 :考える名無しさん:03/11/06 22:06
結論は出てないし出ない

あと他人の言葉を自分の中で昇華も出来ていないのに
さも自分の言葉であるかのように使うな

485 :1:03/11/06 22:22
>484
それはどういう意味かな?
私なりにあなたの発言を借りてみたい。

>結論は出てないし出ない

「原則」についての結論は出ていないし、これからも出る予定はない。
あるとすれば、その信憑性が増すだけだ。
その通りですね。

>あと他人の言葉を自分の中で昇華も出来ていないのに
>さも自分の言葉であるかのように使うな

これは何を指しているのか何とも言えないが、、

>480
>>>479
>それはすまなかった。
>事実おれは勝手すぎるのだろうが、言葉のキャッチボールが全くできていないとする
>根拠はなんだろう。具体的に指摘して欲しいな。
>また、そう指摘するからには君はおれと言葉のキャッチボールをしてくれるのかな?

ここでいう「言葉のキャッチボール」とは、私の言う「本当のコミュニケーション」のことだね。

76さんはそれができていないと言われているのに、
最後の1行の発言は、その指摘されたことを受け入れていないことが現れている。
できないと言われているのに、なぜそれをしようと言えるのか?

そもそも「言葉のキャッチボール」という意味が飲み込めていないことがその原因である。
相手の言葉を昇華しようとしていない姿勢もまた、「言葉のキャッチボール」ができていないことに繋がっている。

しかし、「言葉の昇華」という意味や、「本当のコミュニケーション」の意味さえ分からないのではないか?

486 :1:03/11/06 22:24
向こう側のスレは、ひとまず様子を伺っておくことにしましょうか。

487 :考える名無しさん:03/11/06 22:26
>>あと他人の言葉を自分の中で昇華も出来ていないのに
>>さも自分の言葉であるかのように使うな

>これは何を指しているのか何とも言えないが、、

↓これ
>人間ほど、脳の無駄遣いをしている人間は居ない。



488 :考える名無しさん:03/11/06 23:38
人生相談板に立てたのか。良い判断だ。人間の悩みを解決するため
原則がいかに活用できるのか、私に限らず誰もが大変興味があるだろう。
これで、原則が皆に認められるチャンスが増えたな>>1よ。君が
ここまで成長してくれて、私もはなが高い。がんばれ>>1。期待しているぞ。

人生最大の発見
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1068117415/


489 :考える名無しさん:03/11/06 23:54
ピノキオだからですか?
嘘をついたから鼻が高いのですか?

490 :考える名無しさん:03/11/07 00:00
>>488
よ。我は汝を見守りし者なり。汝こそよくここまで1を指導して成長させた。
これからもたのむゾ。我は常に汝とともに在る。

491 :1:03/11/07 01:04
>488
>490
真相のところは私の胸の内にしまっておくとして、あなた方は神なのですな。w

何かあった時には、是非そのお力を貸して頂ければと願います。



ちなみにですが、
具体的なアクションが起こり始めるのは、もうしばらく後になるかなと。

また状況が進み次第、私の思惑を書き込んで行こうと思います。
最終的には、私の手に負えない状況が生まれれば私の役目は完全に終了します。

それと、私を超える神の存在が増えると、私としては助かります。w

492 :76:03/11/07 09:46
>1
随分とご立腹の様子だな。
おれは終始一貫、君のやり方は適切でない、と指摘している。
他の板に移るようだが、がんばってもらいたい。そこで君の願いが多くの人に伝わるといいな。

さて、コミュニケーションの意味についておれがわからないとの指摘だが、君の意図する
ところはわからないので教えて欲しい。
また、君自身もおれともう少し対話をしてみたらどうだろう。逃げているようにしか見えないよ。
おれを無視してこのスレから去ることが原則的なら仕方ないんだろうけどね。

493 :考える名無しさん:03/11/07 12:41
>>490 よ。我は常に汝とともに在るものである。汝の孫弟子たる1が>>491
如く真相をすべて知っている気になっておる。汝らの指導力不足である。
1の思い込みの激しさを用いるのは良いが野放しはいかん。改めよ。

494 :前スレ689:03/11/07 13:02
>>383
その通り。耳がいたいw

>>412
>>412さんが感情を知性(考え方)でコントロールしているように思いました。
どのくらい自由に物事をみる視点を変えているのかわかりませんが、
いろいろ原因の可能性を考えてみました。>>412さんの考え方と似てるかな・・・

1    2             3          4
仕事A→同僚が仕事Aをする→ミスとする判断→火の粉が降りかかる判断
1.仕事そのものが誰がやっても成功する仕事ではなかった。
2.同僚の技量が足りなかった。同僚に仕事Bではなく仕事Aを与えた上司の判断がまずかった。
3.実はミスとする判断が間違っていた。ミスではあるが同僚のミスではなかった。
4.実は火の粉とする判断が間違っていた。自分が防げるのに防がなかった。
このスレ自体が知性(考え方)について議論しているとも受け取れると思います。
原則という根本があって原則から考えると物事をすばやく知れるようになると。
哲学板はIDがないので他の>>412さんの書込みがわからないなぁ。

>>434 >>437 1さん
>この世のどこかに存在している(宙に浮いているとも言える)「玉っころ」が、
>あらゆる因果の波を生み出し続けているのです。
>結局「原則」自体は無形の存在なのです。
>「原則」を一点のものとして捉えられるようになると、分類の必要性は無くなります。
因果の波というイメージは面白いですね。一点として捉える感覚がなんとなく。
今までは、無形に有形を与えることで認識していたと思います。

495 :前スレ689:03/11/07 13:05
>>436 1さん
あらためて納得。このスレを見る前には「原則」という認識はもってなかったですね。
ただ、根本に「何か」があるのは感じてました。
ちなみにこのスレに来た理由は・・・(多分書いてないような)
他のどのスレ見ても主観と主観をぶつけ合っているだけで、正しさが認められたとしてもそれも主観の一つでしかない。
そんな我と我ばかりの議論に飽き飽きしていまして。では、いったい何について議論をしているのかと、謎が。
そこで議論を勝ち負けではなくお互いよりよくなるためにと。しかし、我や主観を除けば何に対してよりよくなるのだろうか?と謎が。
まぁ、そんな疑問を持ちながらこのスレにたどり着いたわけです。

>>441 >>453-456 1さん
人生相談板、進出ですか〜。って、僕もたまに人生相談板行きます・・・
原則がある!といっても、実際の相談がないと取り組みにくいところも。
類似スレも山ほどあるけど相談解決スレっぽくしたてていくのがよいかと思いました。
とりあえず、とんでもスレ認定されて沈んでいくに一票w

>>466-469 1さん
ん〜よく出来た前スレなんだなぁと思ったりw
あぁ、もっと山登りがしたい。


496 :1:03/11/07 21:07
>493
>>>490 よ。我は常に汝とともに在るものである。汝の孫弟子たる1が>>491
>如く真相をすべて知っている気になっておる。汝らの指導力不足である。
>1の思い込みの激しさを用いるのは良いが野放しはいかん。改めよ。

それほど分かっていないようだね。神ともあろうお方が。

私は何も知っちゃいないよ。
確信しているのは「原則」という一つの真実でしかない。

私のやろうとしていることは、
「原則」があるという事実を広めたいだけだ。

他にやっていることは、
「原則」の一般的な性質を書き込んできたくらいである。
参考にしてもらうためにね。
あとはその人が求めているものだけを切り取って持って行けばよい。

それらはあくまで一般的な性質に過ぎない。
しかしそれで十分なのだよ。
そこから派生している無限の事実を書きようもないのだから。
全てはケースバイケースなのだよ。


何か神なりの意見を持っているのであれば、
その教えをここにいる人たちへ与えてみてはどうかな?


497 :1:03/11/07 21:09
>495
>他のどのスレ見ても主観と主観をぶつけ合っているだけで、正しさが認められたとしてもそれも主観の一つでしかない。
>そんな我と我ばかりの議論に飽き飽きしていまして。では、いったい何について議論をしているのかと、謎が。
>そこで議論を勝ち負けではなくお互いよりよくなるためにと。
>しかし、我や主観を除けば何に対してよりよくなるのだろうか?と謎が。
>まぁ、そんな疑問を持ちながらこのスレにたどり着いたわけです。

なるほど、私もそのようなことは常々感じていた。
「原則」が分かったときに謎が解けたってわけだ。

>人生相談板、進出ですか〜。って、僕もたまに人生相談板行きます・・・
>原則がある!といっても、実際の相談がないと取り組みにくいところも。

いやいや。ひとまず、存在しているだけで意味がある。
存在さえしていれば、知りたい欲求のある人はこちらに来るはずである。

あのような書き方をして、人は逃げていくだろ?
と思う方もいるかもしれないわけだが、そういう人は、今は「原則」を知らない方が良い
(分からんが、どちらにしても「原則」は広まっていくものであるだろうから)。

まずは核になる人達が「原則」を知るべきであって、
そうでない人達には、周りの「原則」を知る人のアドバイスを受けていくべきであろう(とりあえず)。

>類似スレも山ほどあるけど相談解決スレっぽくしたてていくのがよいかと思いました。

相談があれば、それっぽくしていくのもありですが、
存在理由は「相談」ではありません。そのスレは、その存在自体がその目的なのです。

>とりあえず、とんでもスレ認定されて沈んでいくに一票w

ありえますね。w
でも今のところは、なかなか良さげな様子です。

498 :1:03/11/07 21:09
>492
>>1
>随分とご立腹の様子だな。

私はご立腹ではないぞ。
なんと言ってくれても構わないが。

>おれは終始一貫、君のやり方は適切でない、と指摘している。

なるほど。
ところで、すでに多くの人に「原則」が伝わっているという事実は知っているか?

ここに書き込みをしている人だけでも十数人は知っているように思える。
その他にも潜在的に知っている人は多くいるだろう。

これについてはどう思う?
一部の人には、私のやり方でも伝えることができることは認められるか?

まずはこの質問に答えてほしい。


>他の板に移るようだが、がんばってもらいたい。そこで君の願いが多くの人に伝わるといいな。

有り難いお言葉を感謝する。

499 :1:03/11/07 21:10
>492
>さて、コミュニケーションの意味についておれがわからないとの指摘だが、君の意図する
>ところはわからないので教えて欲しい。

そう、私の意図する「コミュニケーション」があなたには分からないという。
それは当たり前だろう。
人の思うところ(他人の行っているイメージ)というのは、直接覗くことは不可能だ。
その人が何を考えているかなど、我々には知る術もない。

我々には他人の考えている「イメージ」を知ることはできない。
それは、その人の頭の中でのみに上映されている映画のようなものだからである。
しかしながら、その人はその「イメージ」を我々に伝えようとしてくれている。

そしてその「イメージ」のやりとりが「コミュニケーション」であるということだ。
我々には直接知ることのできない「彼だけが見ている映像」を、
彼が言葉として我々に伝え、その言葉を通して「彼の見ていた映像」を知るという作業が「コミュニケーション」である。

分かるか?
それとも、分からないか?

「なんとなく分かった」では、分かっていないことになる。

500 :1:03/11/07 21:12
>492
>また、君自身もおれともう少し対話をしてみたらどうだろう。逃げているようにしか見えないよ。

逃げていたわけではない。
今まではゆっくりと落ち着いて話せるような雰囲気ではなかっただけだろう。

>おれを無視してこのスレから去ることが原則的なら仕方ないんだろうけどね。

最終的にどこまで伝えられるのかは分からない。
それにそれは、76氏自身にゆだねられている問題だ。

しかし今の状態では「原則」を知ることは難しいだろう。
その思考を変えない限り(または他のものを求めない限り)は、常に会話がすれ違ってしまう可能性もある。

私にできることは、76の前に「言葉という記号を並べる」ことだけである。
私には76の思考をいじることはできない。
己の脳みそを本来あるべきように動かさなければ、おそらく「原則」を知ることはできない。

76が「原則」を知るには、私の示す「記号」を頼りに「原則」の手がかりを掴もうとする他に道はない。
すでに私は多くの言葉を残してきたつもりだ。

他に道があるとすれば、それは私に頼らない方法であろう。

そもそも「原則」の存在を知るには、私に頼る必要は全くないのだよ。
あるとすれば私に頼るのではなく、あなたが「原則」を知ろうとするために私を利用できるだけだ。

そのための質問であれば、私は喜んでお答え申そう。
そうでなければ、いつまでたっても「原則」を知ることはできないであろう。

「原則」とはそういうものでもある。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)