5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●○● Aquirax: 浅田彰 part11●○●

1 :考える名無しさん:03/07/29 15:47
part11です

952 :考える名無しさん:03/09/27 11:45
医者の息子→看護婦とやりまくり
ってのも短絡的な発想だと思うけどなあ。
知合いの医者の息子にはそんな奴いないよ。

>>948
ホモ同士では「挿しつ挿されつ」なんでしょう?
セックスをお互いの性感帯を刺激する行為と考えれば、
それも納得できる。

953 :考える名無しさん:03/09/27 11:45
彰は挿入しないよ

954 :考える名無しさん:03/09/27 11:49
印歩?

955 :考える名無しさん:03/09/27 11:50
それよりも問題なのは、高いAFコースを選んでも、
風俗嬢が先っぽまでしか入れさせてくれないことです。
「あなたのが大きすぎるから無理」と言われて、
その場はニヤけて許してしまいましたが、
どうやら、すべての客にそう言ってるらしいのです!

956 :948:03/09/27 11:52
>>952
女(男でも可)に挿しながら、男に挿されることも、やろうと思えばできるんだな…という意味。

957 :考える名無しさん:03/09/27 11:53
>>955
ワロタ
どっかの筋肉をほぐせばすんなり入るはず。

958 :考える名無しさん:03/09/27 11:59
>>957
息を吐くと珍棒を受け入れやすくなるのです。
それは自分で試したので知っています。
また、自衛隊の入隊試験の尻穴検査でも同じように言われるそうです。

彼女たちも当然そんなことは承知してるはずです。
なのに、拒否しやがるのです。もっと真面目に仕事に励んでもらいたい。

959 :考える名無しさん:03/09/27 12:05
AFはしたことないんだけど、生で挿したら性病にならないのか?

960 :考える名無しさん:03/09/27 12:06
次スレまで引っ張らないでね

961 :考える名無しさん:03/09/27 12:08
そろそろ、次スレ

962 :考える名無しさん:03/09/27 12:49
挿れときますか。

963 :考える名無しさん:03/09/27 14:29
>>701
今、2533です。

964 :考える名無しさん:03/09/27 18:15
てゆーか
今日行ってきた人詳細キボンヌ。
なんで会員じゃないといけないんだろう?オカシクナイ?閉鎖的だなぁ。

965 :考える名無しさん:03/09/27 18:16

近畿大の講演ね。

966 :考える名無しさん:03/09/27 18:20
答え:入会促進キャンペーンだから

967 :考える名無しさん:03/09/27 18:41
ジュネは反ユダヤ主義者か  2003*04-06

イラク戦争に先立つ時期、フランスはアメリカのイラク攻撃に反対する急先鋒として
世界に名を馳せることになった。
だが、フランス国内には複雑な事情がある。
反アメリカ・反イスラエルを標榜し、あえて新パレスチナの立場に立ってみせる態度
は、根強い反ユダヤ主義の表れに他ならないという批判に、その一端を見てとることができよう。
むろん、フランスを初めとする諸国に今も反ユダヤ主義が存在することは否定できない。
だが、何かあるごとにそれを「反ユダヤ主義の陰謀」と見る態度は、いたるところに
「ユダヤ人の陰謀」を見たナチスの態度と、危険なまでに似ていないだろうか。
このような論調は一般的な論壇に限った話ではない。
たとえば、エリック・マルティがベニー・レヴィ(サルトル晩年の秘書で、イスラエ
ルに移住した)に招かれて書いた『イェルサレム短期滞在』(ガリマール)は、主に
ジュネに的を絞り、サブラ&シャティラの虐殺(1982年のイスラエルによるレバノン
に侵攻の際、キリスト教民兵がサブラ&シャティラの難民キャンプのパレスチナ人を
虐殺した事件)を告発したことでも知られるこの作家は実は『葬儀』(フランスを占
領していたドイツ軍の兵士と対独協力義勇兵との同性愛を描く)の頃から一貫した反
ユダヤ主義者である、そこには同性愛的な裏切りの美学を見るべきなので、ジュネを
反体制のヒーローとして持ち上げるのはやめなければならない、と主張する。
ジッドやバルトの校訂や研究で知られるこのゲイの知識人は、翻訳のある『ルイ・ア
ルチュセール 訴訟なき主体』(現代思潮社)に見られるように、「主体なき過程=
訴訟」の概念を提起した哲学者さえ精神分析的――というより心理学的に解釈しよう
とするくらいなので、今回のジュネ解釈も例外ではない。
もとより、同性愛的な裏切りの美学がジュネの文学の重要な出発点のひとつであるこ
とは誰もが認めるところだが、後期の政治的テクストまで含めた仕事のすべてをそこ
に還元するというのはいかにも乱暴だ。
少なくとも、ジュネに反ユダヤ主義的な契機があったにせよ、それはフランスへの(
そして支配体制一般への)抵抗からの派生物であって原因ではないということは、確
認しておくべきだろう。

968 :考える名無しさん:03/09/27 18:41
むろん、マルティのような観点からジュネの反ユダヤ主義を指摘する議論は、これまでにもあった。
だが、それを真っ向から主張する書物が、第一章はフィリップ・ソレルスの編集する
『アンフィニ』、第二章はクロード・ランズマン(この『ショアー』の監督は今では
戦うイスラエルの守護者となってしまった)の編集する『レ・タン・モデルヌ』に発
表されたあと、ジュネ全集の版元でもあるガリマール社から単行本にまとめられて刊
行されるというのは、フランスの文脈ではそれなりに重大な事件と言わねばならない。
しかも、ジュネのバイアスを正すと称して、サブラ&シャルティラの虐殺にイスラエル
は責任がないといった主張を滑り込ませるのは、さらに大きな問題だ。
実際、マルティは「確かにシャロン(当時の国防相で辞任に追い込まれた;現在の首相
)は有罪ではない」と述べ(マルティによれば、シャロンは、ルネ・ジラールの分析す
るようなメカニズムによって「兄弟殺し」の責任の一切を背負わされたスケープゴート
に過ぎない)、ジュネがベキン(当時の首相)の言葉を「非ユダヤ人が非ユダヤ人を虐
殺した、それがどうしてわれわれに関係するのか」と記しているのは不当な歪曲だとし
て「非ユダヤ人が非ユダヤを殺し、しかもわれわれが糾弾される」という「正確な引用
」を暗に肯定する。
ジャック・デリダが『マガジン・リテレール』4月号のレヴィナス特集で、このユダヤ思
想家は決してイスラエル国家の暴力を免責しなかったと述べたついでに、マルティの名を
あげることなく(名をあげる価値さえないという態度で)このくだりに言及し、「事実の
否認」に基づくその「歴史修正主義」に鋭い批判を突きつけているのも、無理からぬところだ。


969 :考える名無しさん:03/09/27 18:42
それにしても、ジャン=リュック・ゴダールが『JLG/自画像』で「ステレオの伝説」と
して図式化してみせたように、ナチス・ドイツがユダヤ人を暴力的に排除した後、イスラ
エルのユダヤ人がパレスチナ人を暴力的に排除するとは――そして、ある種のドイツ人が
ホロコーストを否認するように、ユダヤ人がパレスチナ人虐殺を否認するとは――何とい
う悪循環だろうか(ちなみに、『映画の世紀末』[新潮社]でも注目しておいたように、ナ
チスの収容所でもはやじっと蹲ることしかできなくなったユダヤ人が「回教徒」と呼ばれ
ていたことに注目したのも、最近久しぶりに日本で再公開された『ヒア&ゼア』[1975年]
におけるゴダールであって、時ならぬセンセーションを巻き起こした『アウシュヴィッツ
の残りのもの』[1998年:邦訳月曜社]のジョルジョ・アガンベンはそれをずっと後からな
ぞっているに過ぎない)。
いま必要なのは、その延長上で反ユダヤ主義と反アラブ主義の対称的なゲーム(「パレス
チナの側に立ってみせるのは反ユダヤ主義だ」「そういうおまえこそ反アラブ主義だ」と
ういような、あるいは「ナチス・ドイツの悪を忘れたのか」「いや、現代のイスラエルこ
そがナチス・ドイツの、パレスチナ人こそがユダヤ人の位置を占めるのではないか」とい
うような、どうしようもなく不毛な応酬)を続けることではなく、エティエンヌ・バリバ
ールも『環』vol.13(2003年春号)のインタヴューで示唆するように、反ユダヤ主義と反
アラブ主義を両立可能な要素として生み出し包含する複雑な歴史的状況をもっと精密に分
析し、両者を同時に解体していくこと、それによってあのおぞましい悪循環から逃れるこ
とではなかったろうか。
だが、エヴィアン・サミットをへて中東和平交渉に臨む予定のブッシュ米大統領がこの
外遊をポーランドのアウシュヴィッツへの訪問から始めた(「新しいヨーロッパ」であ
る東欧への、そして何よりユダヤ人へのサーヴィスだ)のを見ても、
どうやら世界は当分あの悪循環から抜け出すことができそうにない。




970 :考える名無しさん:03/09/27 18:43
ムハー

971 :考える名無しさん:03/09/27 19:09
お、偶然。
いま「ホロコースト」つうビデオ見てる。

972 :考える名無しさん:03/09/27 19:13
既出

973 :考える名無しさん:03/09/27 19:48
カトリックの国は
ユダヤ人は嫌って当たり前ってところがあるからなー

フランスにポーランド、南米、

974 :考える名無しさん:03/09/27 19:56
>>921
米本土のディズニーランドは、
・白人低所得者層、かつデブが多い
・、というかディズニーはナチスのシンパである

975 :考える名無しさん:03/09/27 21:23
>944さん
>むしろ、子供の頃からやりまくりでしょ。東大での講演などを参考にすると。
その講演というのは活字化されていますか。
内容を知りたいんですけど。


976 :考える名無しさん:03/09/27 22:20
>>975
若い頃の五月祭の同性愛についての講演。
そこで、自分とテニス部の先輩(もちろん男)との「初恋」について語ったとき。
自分はエピキュリアンとして、いろんな女の子とやりまくってて、先輩も
それを認めてくれると思ったら、認めてくれなかった。
「自分はこんなに君のことを好きなのに、何故君は僕だけを見てくれないんだ」
みたいにいわれて、振られたんだと。
そんな先輩に失望すると同時に、こんな単純馬鹿だからこそエピキュリアンの自分は
惹かれたという悲喜劇だったのだ、みたいな話。

977 :考える名無しさん:03/09/27 22:21
あと、病院の院長の息子として、看護婦にいろいろと教えてもらったというのも、
確か本人がしてたと思う。田中康夫相手だったかな。

978 :考える名無しさん:03/09/27 22:22
五月祭の講演についてはコピペがあったから、誰かが張ってくれると思う。

979 :考える名無しさん:03/09/27 22:25
そういや駒場祭でも、シンポジウムの前に
「恋人を募集します。性別は問いません。委細面談」って
呼びかけてたことあったっけ?
誰か応募したのかな?
結果的には、誰もお眼鏡にかなっていないようだけど。

980 :944=976-978:03/09/27 22:41
浅田の過去スレになく、ぐぐってもみつからなかったけど、
「浅田彰逝ってよし」のスレにあったw
--* インパクション71 1991年 ゲイ・リベレーション所収
浅田彰「ゲイ・ムーブメントのために」より:

4 あるエピキュリアンの思い出
以上、いくつかのポイントをヒントとして提示してきました。先に登壇されたア
カーの皆さんの大変真摯な話に比べると、われながらいかがわしい話だと思いま
すけれども、それは意図したことでもありますからね。
さっきいくつか、「それホント!?」といいたくなるくらい素朴な、しかしその
素朴さが抗いがたい力になっているアカーの皆さんの自分史が話されました。ぼ
くは自分の性的アイデンティティについて語る欲望も必要もかんじませんので、
とりあえず「彼」と呼んでおきたいある人物の性の歴史を語って締めくくりにし
たいと思います。「彼」の初恋は中学二年のときのことで、その相手は高校一年
の同性の「先輩」でした。「先輩」はテニスの選手で、背が高くて、しなやかで、
小麦色で、しかも優等生で、ちょっと単純だけれど、とても優しくて、本当に素
敵でした。二人は熱烈なプラトニック・ラヴに落ちた。プラトニックといっても、
その年頃の男の子のことですから、いろいろ性的なじゃれあいはあったみたいで
すけれど、それを含めてプラトニックといっておきます。しかしその関係は、一
種悲喜劇的な破局を迎える。というのは「彼」はホントに仕方のない奴で、「先
輩」とプラトニック・ラヴを演じながら、同時に何人かガール・フレンドがいて、
軽い遊びのつもりでガール・フレンドとも性的な関係があったんですね。あろう
ことかそれが「先輩」にばれちゃったんです。もちろん、「彼」は「先輩」だけ


981 :考える名無しさん:03/09/27 22:42
を熱烈に愛してたんですよ。でも「先輩」は、おまえは汚い、といった。俺はお
まえのことだけを思ってこんなに純愛を貫いているのに、おまえは俺以外に女の
子とも付き合っている。おまえの顔なんか二度と見たくない。それが「彼」と
「先輩」の最後の別れだったわけです。ドラマチックでしょう?もちろん、「先
輩」はその後ちゃんと会社に入って、結婚して、子供も二人います。ホントに笑っ
ちゃいますよね。とにかく、ずいぶん楽天的なエピキュリアンだった「彼」も、
そのときばかりは泣き笑いを浮かべるほかなかった。女の子とのことを後悔する
以上に、「先輩」の単純さに腹が立ったけれど、実はそういう単純さこそが「彼」
を魅了してしていたわけだから。そういう何重にも悲喜劇的な状況の中で、「彼」
は、性的アイデンティティの神話がいかに人を呪縛するか、その驚くべき現実に
突き当たったわけです。ゲイ解放運動の文脈の中ではそんな「彼」のいささか軽
佻浮簿なエピソードなんかはどうでもいいことのような気もする。にもかかわら
ず、こういう話をするときに、僕はどこかで途方にくれて立ち尽くす「彼」の姿
のことも忘れないようにしたいと思っている。それが先ほどからの僕の話のひと
つの基調低音になっていると考えていただければいいのではないかと思います。
こんな話に熱心につき合っていただいて、どうもありがとうございました。
(5月26日、東大五月祭講演)
------------------------------------


982 :考える名無しさん:03/09/28 00:04
あ、975です。
色々と親切にこたえてくださってありがとうございました。



983 :考える名無しさん:03/09/28 00:08
知のアイドル浅田彰みたいな本で
林真梨子(?名前忘れた。デカイ女の作家の人)が
「浅田君は彼女いるの?」と浅田に聞くと、
「当然いますよ」と答えたと書いてたよ。

984 :考える名無しさん:03/09/28 01:49
浅田は知性なんかより美しい肉体の方が欲しかったに違いない。

985 :考える名無しさん:03/09/28 02:39
>>972
いい加減うぜーよ。おめーが以前にあっぷしたのかもしれんが、
何回出でてきてもいいだろうがよ。

986 :考える名無しさん:03/09/28 03:14
>>985
じゃあ、100回コピペしとけ。あふぉ。

987 :考える名無しさん:03/09/28 04:51
なんだ、その「先輩」が、ベケットを企画した人だと思ってた。
中学の時に、高校の先輩なら別人だね

988 :柄谷行人 ◆WcOabcjNAM :03/09/28 06:01
見るも無残な自演スレですね。すべて騙りとは(笑い

989 :考える名無しさん:03/09/28 08:05
浅田の色恋話はうそ臭い。どうして「チビのメガネザル」が
そんなにモテるんだ?異性関係を強調するあたり、コンプレックスの
裏返しを漏れは感じるんだが。

990 :考える名無しさん:03/09/28 08:53
別にルックスだけでもてるかどうかが決まるわけじゃないし、
何人かの女性と関係があったからといって、もてるとはいわないだろう

991 :考える名無しさん:03/09/28 09:03
>>989
今とはモテる基準が違ったんじゃない?

992 :考える名無しさん:03/09/28 09:08
宮台もホモっ気あるらしいけど、彰手出さないかな?

993 :考える名無しさん:03/09/28 09:14
たてられなかったので、誰か新スレを

994 :考える名無しさん:03/09/28 09:16
モテた訳じゃなく、看護婦の好奇心の犠牲になったという感じでしょ。
「童貞坊やに教えてあげたい」みたいな。「先輩」の方は謎だけど。

995 :s.miyadai:03/09/28 09:17
まぁ相手しても、意味は有りませんが どうぞ
30分程なら、お相手できます。>>992

996 :考える名無しさん:03/09/28 09:17
彰はよゐこの濱口にたまに似てる。

997 :がなり:03/09/28 09:19
>>995
それ、AVにしてみません?

998 :s.miyadai:03/09/28 09:21
>>997
はぁ?

999 :s.miyadai:03/09/28 09:23
999

1000 :s.miyadai:03/09/28 09:24
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

217 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★