5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆◆ ねこ(猫)についての神話 ◆◆

1 :天之御名無主:2001/08/13(月) 00:55
ネコに関する神話を探しています。

昔、どこどこの国ではネコが神とたたえられていたとか、
どこどこの宗教ではネコが神の使いだとか、etcetc

ちょっとしたことでもいいので、「ネコ」に関する神話じみた話を知ってる方、
教えてください。

169 :山崎渉:03/05/21 21:56
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

170 :山崎渉:03/05/28 15:19
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

171 :山崎 渉:03/07/15 12:41

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

172 :天之御名無主:03/10/01 22:41
http://www.m-bellhouse.com/yurai.htm


173 :天之御名無主:03/10/01 22:50
http://nora-c.cool.ne.jp/nora/neko4-5.shtml

174 :天之御名無主:03/10/01 23:27
( ゚Д゚)ニャーニャー

175 :求道心:03/10/04 17:50
>>93
南方熊楠「Sir Whitington And His Cat」に載ってんね

猫は恩知らずと良くいわれるが猫科のピューマに恩返しの実話がある。
ハズソンの著作「ラプラタの博物学者」に載ってるので読んでくれ。
かいつまんでいえば、
アルゼンチンの女(名前は忘れた)がたまたまお産に苦しむ
ピューマを見つけ、助産してやった。
後にその女が罪を得て、ピューマに食い殺される刑に処せられたが、
なんとその内の一頭が助産してもらったピューマで、あいさつもそこそこに
すまして、その女の前に立ちはだかり、他のピューマを寄せつけなかった。
結果その女は無罪放免になったとさ。


176 :天之御名無主:03/11/16 14:26
にゃ〜

177 :天之御名無主:03/12/26 21:50
『猫の盆踊り』って見た方いませんかね?
夜中、出歩くと空き地に猫が何十匹も集まっていて
円陣を描いてまるで盆踊りのように一晩中右に弧を描き
そしてくるっと今度は左に廻りつづけるという都市
伝説の類なんですが・・・・昔、新聞の投稿欄に見た方の
投稿が載っていて非常に見たいと思った記憶が
あります。ひげよさらば。

178 :天之御名無主:03/12/27 01:03
>>177
ソレ、水俣病か何かじゃないよね・・・

179 :天之御名無主:03/12/27 13:23
メチル水銀による現代の伝説だ…

180 :天之御名無主:03/12/27 20:24
>>178
水俣病だとそういったことがあるのでしょうか?
その新聞の投稿は岐阜県での出来事だったように記憶しています。


181 :天之御名無主:03/12/28 00:19
>>180
水俣病の原因が解明される前、奇病が流行して世間にも認知されだした頃、
「水俣の魚を喰った猫はグルグル回って死ぬ」って話があった。

182 :天之御名無主:03/12/28 07:57
なるほど。水俣病がその都市伝説の発祥となった可能性は高そうですね。
とはいえその投稿は5年くらい前の話ですので、あるいは猫にそういった習性が
やはりあるのかもしれません。またそんなもだえ死ぬという感じではなく
黙々と儀式のように踊り続けてたという印象です。
いずれにしよ僕はイマジネーションを膨らましてこの都市伝説を信じて見たい気がします。




   ∧ ∧   ∧∧     ∧ ∧      
   (・∀・)  ∩∀・)    (・∀・)∩:  ← 僕の想像図
   / ⊃⊃ ヽ  ⊃ノ   /⊃ / ::
 〜(  (    ヽ  )つ 〜( ヽノ  .
   (/(/'      (/     し^ J 
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""




183 :天之御名無主:03/12/28 09:25
   ∧ ∧   ∧∧     ∧ ∧
   (゚∀゚ )  ∩ ∀゚)    (゚∀゚ )∩
   / ⊃⊃ ヽ  ⊃ノ   /⊃ /       ←実際
 〜(  (    ヽ  )つ 〜( ヽノ   _∧ ∧
   (/(/'      (/     し^ J ∈ ( ゚∀゚)・* .*.:*・゜
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

184 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

185 :天之御名無主:04/01/10 21:19
>>182
水俣の猫がグルグル回るのは別に悶え苦しんでいるわけではなく,
有機水銀によって平衡感覚が狂い,真っ直ぐに歩けなくなるために
同じ箇所をグルグル回り続けるらしい.
(もちろん,いずれは悶え苦しんで死ぬのだろうが)

したがって,水俣病に限らず,平衡感覚がおかしくなるような病気に
罹患した猫の集団ということも考えられる.

186 :天之御名無主:04/01/11 05:37
>183
そのものずばりだな……。

187 :天之御名無主:04/01/18 14:42
>>185
いや、それが見た人の話では、まるで猫が儀式でも行っていたかのような
弧を描くということなので・・・・
平衡感覚に異常が見られた猫が、集団で乱れずそういった行動がとれるかどうか。
黒ミサで猫が集まってくるというのありましたっけ?

188 :天之御名無主:04/01/20 00:18
日本の伝統を守るためだったら猫も〆られて本望でしょう
          __
         /__|_
         ( ・∀・ ) 
        ⊂ y  )
         | |  |
         ( (  ̄ )
   ,,, ,,,          
  ミ vv ミ                 
 ;''''' ,, ,, ''''''';    (@..@)_,_ρ_,_,_,_,_,_ヾ,'~'~'~
 '''ミ, ,, ミ''''      ''''' || || ))))  || ||
 ;'''''   '''''';        || ||    || ||
  '''''''ミ ミ'''''''''       '''~ '''  '''~ '''
    ミ ミ

189 :天之御名無主:04/01/20 11:47
>>177
私が幼い頃、母が読んでくれる本はほぼ全てが怪談だったのですが
そのなかに猫の盆踊り(?)のお話がありました。
「ちん♪とん♪ちとつて♪夜も更け候、
 わたしゃなりたやほおかむり、てとしゃん♪」
と歌いながら踊る猫の話です。
その頃母が何の本を読んでくれていたのかは不明ですが
姉が数年前に同じ話を古い怪談を集めた文庫本でみつけたそうです。

猫が赤い布をくわえて深夜に出かけるのを不審に思った飼い主が
沢山の猫の中で赤い頬被りをして踊る飼い猫を発見。
飼い猫はバツが悪そうな顔をして、翌日自殺してしまう。
そんな話だったと思います。
母がふしを付けて読んでくれたので、歌のところは強烈に覚えてしまいました。
確か明治期の話だったと思いますので、水俣病は関係ないのではないかと。


190 :天之御名無主:04/01/20 21:59
>飼い猫はバツが悪そうな顔をして、翌日自殺してしまう。
もったいない。
私がプロデュースして日本猫軍団を作って、毎日猫缶食べられる身分にしてあげられるのに

191 :天之御名無主:04/01/22 23:22
>>189
その話、僕も聞いたことあるかもしれません。猫が自殺ってところが特に記憶に
残っているような、いないような。そこで、新聞の投書をみたので僕の脳みそ
フラッシュバック!ああ、みたい。猫の盆踊り・・・・。

192 :天之御名無主:04/01/22 23:23
ちなみにその民話ではなぜ猫はぬけだしていたんでしょう?

193 :天之御名無主:04/01/31 13:50

ねこ 観察 http://live5.2ch.net/test/read.cgi/endless/1075520715/

194 :天之御名無主:04/02/14 22:54
ねこの話は聖書には一言も出てこない
釈迦とイエネコには時代 地域とも接点が無い
ネコが庶民のもとに来るのは僅か1000年ほど前の話
信じられないような 本当の話

195 :天之御名無主:04/02/15 12:24
猫の前で三味線弾いたらどんな反応する?

196 :天之御名無主:04/03/07 22:13
>>195
ほっかりむ被って、しゃもじ持って踊り出すんじゃなかったっけ??

197 :天之御名無主:04/03/07 22:14
江戸時代の絵で猫又が三味線弾いてる意味深な絵があった

198 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/07 22:49
>>194
でも『日本霊異記』に出て来るんですよね。『更級日記』を見るとまだ貴重
な存在であったようですが。本当に身近になったのは中世後期からかも。

199 :194:04/03/08 20:45
ttp://homepage2.nifty.com/bet-aramaye/cat/cat.html
↑が今までで一番豊富に猫の神話、民話が載っています

200 :天之御名無主:04/03/20 00:00
>>194
ソロモン王のくだりで、猫でてこなかったけ?
ちと、記憶が曖昧ですが・・

201 :天之御名無主:04/03/20 00:06
招き猫の起源とか成立事項って分かるかたいます?

既出だったらスマン

202 :天之御名無主:04/03/30 19:17
豪徳寺だよね
昨日テレビでやってたような

203 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/31 19:02
>>201
あとはスレ内検索で
70 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/04 23:02
>>69
招き猫。江戸時代後期にはあったようですが、歴史的な起源は不明。
江戸時代初期に薄雲太夫を蛇から護った彼女の愛猫がモデルという説もあり
ますが、話の内容は世界的に分布する民話・伝説「忠義な犬・猫」の焼き直し
です。他に井伊直孝を雨から救ったとか、太田道灌を戦場で救ったという話も。
ただ与太といえども嘘では無いというか、水商売に起源をもつのは確からしい。
大体現在に至るまで水商売の世界は信心が厚いようです。


71 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/03/04 23:07
付け加え:どうも話が生じたのは江戸のようです。井伊直孝以降の話
は寺院に対する報恩ですが、招く以外に猫が死人の棺おけを念力で持
ち上げ、それを住職に降ろさせて寺を栄えさせたという話もあります。
こちらは京都などにも伝わっているものですが、元々経典をかじる鼠
を退治するために飼われたとか頼豪鼠が比叡山を襲ったとかいう伝説
があるように寺と猫は関わりが深い。
詳しい説明ははしょりますが、どうも「猫が棺おけを持ち上げた報恩」
譚というのも中世後期から近世にかけて成立していたようですから招き
猫の話がそこから生じる余地はあったといえそうです。

204 :天之御名無主:04/04/01 02:51
そもそも仏典の護衛で日本につれてこられたというからな

205 :天之御名無主:04/04/06 19:51
猫がBlogを書いて大人気 アメリカ
http://news9.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1081226795/l50
1 :jokerφ ★ :04/04/06 13:46
 ブログが急速に普及して、幅広い年齢層、さまざまな職種から
ブロガーが誕生しているが、「種の壁」を乗り越えるのは予想外の
出来事だった。飼い猫のRipleyさんは、自らキーボードを叩いて
記事を投稿しているらしい。プロフィールのページには、Ripleyさんが
記事を書く様子が載っているので間違いない。人気のあるブロガーで、
彼の書く記事にはそれぞれ、20前後のコメントが必ずついている。
猫になりたい。

2004/04/06付やじうまWatch
http://internet.watch.impress.co.jp/static/yajiuma/index.htm

RipleyさんのBlog
http://www.livejournal.com/users/ripley_the_cat/
Ripleyさんのプロフィール
http://www.livejournal.com/userinfo.bml?user=ripley_the_cat


206 :天之御名無主:04/04/06 21:08
eashrtseaaasdrthewr[- aagfggggggggggggggggggggggggggggeaaaaaaaaa

207 :天之御名無主:04/04/07 19:55
そのうちネコ語の教科書の執筆が始まりそうだな

208 :天之御名無主:04/04/10 20:33
【科学】ネコ 9500年前にペット? 人とともに埋葬…キプロス島の遺跡
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1081475636/l50
1 :擬古牛φ ★ :04/04/09 10:53 ID:???
★ネコ:9500年前にペット? 人とともに埋葬

 フランスの国立自然史博物館(パリ)などの発掘チームが、地中海のキプロス島の
約9500年前の遺跡から、人と一緒に埋葬された猫の骨を発掘した。発掘チームは
「猫の骨に、と殺された跡がなく、埋葬の状況から人との親密な関係が感じられる。
この猫が最初のペットの猫だったかもしれない」と分析している。8日付の米科学誌
「サイエンス」に発表した。
 これまでは古代エジプト時代(4000〜5000年前)の壁画に、首輪のある猫が
描かれていたことから、この時代には猫がペットになっていたと考えられてきた。
 同チームは、キプロス島の新石器時代の遺跡を発掘した結果、たくさんの宝石や石器、
貝殻が一緒に埋められた人の墓を見つけた。そして、人の骨から約40センチのところに、
猫の全身骨格があった。猫は、小さな穴の中に土をかぶせた形で埋葬されていた。頭は
人と同じ西側を向いていた。猫の骨は全長約30センチで、生後8カ月程度の幼い猫と
みられる。
 同チームは「ネズミを追い払うなど農業の役畜として飼われたのではなく、より精神
的なシンボルとしてかわいがられていたのではないか」としている。
 人と動物の関係に詳しいスイス・チューリヒ大のデニス・ターナー教授は「非常に
興味深い発見だ。人の近くに埋葬されていたことは、人との近い関係を示している。
猫と人間の歴史を大きくさかのぼる成果で、癒やしなど精神的なつながりがあったのでは
ないか」と話している。

毎日新聞 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/news/20040409k0000m040155000c.html
http://slashdot.jp/articles/04/04/09/022234.shtml?topic=1
http://www.asahi.com/science/update/0409/002.html
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20040409i501.htm

■画像 http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/3611453.stm

209 :天之御名無主:04/05/01 15:31
鹿児島に「ねこかんさー」(猫神様)がいます。
神社とかになってたかは忘れましたが。

秀吉の朝鮮の役に付き従った島津勢は各軍が猫を
つれていました。猫の目の大きさが変わることで
時間を計り、連携して作戦行動ができました。
おかげで、無事に日本に帰ってこれたので、つれていった
猫をまつったそうです。

真偽のほどは定かではありませんが、こんな話だったよ!

210 :天之御名無主:04/05/01 22:00
猫の目の大きさは目に当たる光によって変わるから
どうなんだろうね
ずっと日向にいる猫なら日照量で目の大きさが変わるのかな?

211 :天之御名無主:04/05/01 22:03
バステトかな。
疫病を媒介するネズミを猫が駆除したことに喜び、
エジプトの王族が猫養護の目的でつくり出した
猫頭の女神


212 :天之御名無主:04/05/02 02:04
>>211
もしかして、>>1に対するレスですか?

213 :天之御名無主:04/05/02 13:19
>>212
>1を入れ忘れてました
ついでにレスも既出かも

214 :北欧森猫:04/05/04 23:51
 既出だとは思うけど、北欧神話にはある意味『神獣』として
ちょっとだけ出てるよ。
 北欧の愛と美と豊穣と魔術の女神フレイヤの乗る騎馬戦車を
引くのは馬ではなく、オイラの記憶が正しければ2匹のでっかい
猫で、かの雷神トールの腕力でさえ一匹持ち上げる事すら出来な
かったとか。
 その猫の子孫がノルウェージアン・フォレストキャットだと
信じられているんだな、これが。

215 :天之御名無主:04/05/05 12:57
>その猫の子孫がノルウェージアン・フォレストキャットだと
>信じられているんだな、これが。
本気でそんなこと信じてるやつなんているのか?

216 :天之御名無主:04/05/05 19:24
>>214
ぐぐってみたところ、フレイアに関する神話に関しては
間違いはなさそうです。あとは猫の品種のルーツに詳しい
サイトがヒットすれば確認できそうですね
ちなみにこのノルウェージアン・フォレストキャットは
体格が大きく、また人なつっこく頭も良いそうです。

217 :丸裸三郎:04/05/06 01:14
>>214
>かの雷神トールの腕力でさえ一匹持ち上げる事すら出来なかったとか。

これは、巨人国でのヨルムンガルドの逸話と混同なさっているのでは?

218 :天之御名無主:04/05/06 03:07
>>217
せめてぐぐってから批判してほしいぽ…

きっとなんでも持ち上げてみないと気が済まない
神様なんですよ、多分(^ ^;)
でもダッコできない猫って(藁


53 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)