5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★南方熊楠★

1 :天之御名無主:2001/03/15(木) 00:29
故郷の和歌山では彼の扱いはどのようなものなのでしょうか?
歩いてまわりたいんですよ。神島も見たいし。
詳細キボンヌ。

2 :天之御名無主:2001/03/15(木) 02:28
結構男前だと思うのは私だけだろうか。

3 :天之御名無主:2001/03/15(木) 09:01
いえいえ、かなりの男前ですよ。
しっかし本当は美少年愛好家なんですよね。
たまんない。

4 :常民さん:2001/03/16(金) 23:59
子供の頃はキノコのおっさんと認識していました。

5 :天之御名無主:2001/04/21(土) 20:57
>>4

キノコ

粘菌ね(w

6 :天之御名無主:2001/06/05(火) 22:42
和歌山では博物館などができてるそうですが
地元の反応はどうなんですか?


7 :天之御名無主:2001/06/06(水) 00:29
熊楠は生まれた和歌山は嫌いだったようです。
紀南の田辺が事実上の地元みたいなものだったと思います。
和歌山を旅したことがありましたが、
北と南では極端に人間性が違う印象を受けました。
勿論、南の方が親切でした。

8 :天之御名無主:2001/06/08(金) 23:32
嫌いだったんですか?
合祀反対運動なんてみると、むしろ好きだったような
気がしてしてしまうんですが。何か本などありましたら
教えてください。

9 :天之御名無主:2001/06/09(土) 00:45
熊野とか南紀は好きだったのではないですか。
和歌山でも北と南では風土も人間性も結構違うようなことを、
県民性の本かなにかで読んだ記憶があります。

10 :天之御名無主:2001/06/09(土) 20:34
そうなんですね。ありがとうございます。
民俗学での熊楠の位置なんですが、結局は柳田との仲違いが
影響しているのか、あんまり大きくは語られないですよね。
結局、彼は粘菌類などの研究の方面では認められているんですかねぇ?
現在はどんな感じなんでしょうか。詳しい方、いらっしゃいません?

11 :天之御名無主:2001/06/09(土) 23:07
わかりやすい本だと、 縛られた巨人というタイトルの伝記がいいですよ!10年位前の本で、今手元に無いので筆者と出版社が不明で、ごめんなさい。でもおもしろい!私も田辺まで行きました。ご実家の前も通りました。記念館もありますよ。 館長さんが親切な方でした。

12 :天之御名無主:2001/06/09(土) 23:10
私も田辺行きました!ご実家の前まで行き、記念館も見ました。本は、縛られた巨人 という伝記がおもしろいです。

13 :初カキコ:2001/06/10(日) 01:22
お勧めは南方熊楠コレクション 河出文庫 全五巻 かな。
解説の中沢新一には異論もあるでしょうが、世界特にイギリスでの生活、南方曼荼羅や同性愛、粘菌やキノコ、柳田との交流と別れ、山人論などかなり多くの情報が手に入ると思います。

和歌山でも最後に落ち着いた田辺では、近所や一部の政治家と折り合いが悪く、実力行使で入獄したこともあります。また長男の病気などもあり必ずしも幸福な晩年ではなかったようですね。

14 :天之御名無主:2001/06/10(日) 01:30
>>10
>民俗学での熊楠の位置なんですが、結局は柳田との仲違いが
>影響しているのか、あんまり大きくは語られないですよね。
ただ、単に熊楠のものが使いづらいだけだと思うけど…。

15 :天之御名無主:2001/06/10(日) 02:24
鶴見和子の全集に南方熊楠の事書いた巻があるから、読めばきっと参考になるよ。

16 :天之御名無主:2001/06/10(日) 14:40
11>>
  新潮文庫  「縛られた巨人」南方熊楠の生涯
  著者名  神坂次郎  
  ISBN4-10-120912-X  667円
  平成11年 第五刷
 
 
  

17 :1=8=10:2001/06/10(日) 23:13
レスありがとうございます。
縛られた巨人は私も以前、読みました。
とてもおもしろかったです。

>11.12
田辺に行かれたんですね?いいなぁ。
記念館ってどんな雰囲気なんですか?現代的ですか?
>14
そうなんですか?確かに彼の文章は膨大な情報量の上に
話が脱線するというか、枝別れすることが多いですが
使いにくいということになるんでしょうか?



18 :名無し1:2001/06/11(月) 00:09
てんぎゃん?

19 :子熊:2001/06/11(月) 14:26
こんなところでその地名を見るとは…俺の出身地なんですよ

うちの親父が熊楠大好きでしたね
「熊楠は記憶力がよくて近所の人が持ってる百科事典を昼読んで
 夜思い出しながら書き下ろし、とうとう全部書き写した」
という話を子供の頃から何度と無く聞かされました

ただ一般の人が知っているレベルかというと
そこまで有名ではなかったですね
一応田辺駅前には田辺三大偉人、武蔵坊弁慶・合気道の植芝盛平とならんで
描かれている看板がありますが

>>18
懐かしいですね
郷土出身者ということで俺の周りでは何故かあの漫画人気がありましたよ(ワラ

20 :天之御名無主:2001/06/11(月) 23:02
記念館には様々な標本や手紙、原稿など沢山展示していました。ヒッチハイクして連れて行ってもらったので場所的にはよく覚えてません。神島は行けないそうですが記念館から少し見えたかな。

21 :天之御名無主:2001/06/11(月) 23:20
そういえば、熊楠の生涯をお芝居にした舞台、チラシ配布までいってたのに資金面か何かで中止になったような・・・ あれ、どうなったのかな??楽しみだったのにー

22 :天之御名無主:2001/06/11(月) 23:26
大学の時、八幡信仰についてのレポートの中に熊楠の説を入れたら、教授が面白がってくれました。ハナシのわかる人でした。

23 :天之御名無主:2001/06/12(火) 00:04
数年前 週刊少年ジャンプで熊楠の伝記漫画を連載してました
たぶん うけてはいなかったけど・・

24 :田辺人:2001/06/12(火) 00:34
水木しげるの「猫楠」が独特で面白かった。
飼い猫を狂言回しにした伝記もの。(角川文庫)

25 :子熊:2001/06/12(火) 02:46
>>23
てんぎゃんでしょ?
田辺ッ子にはめちゃくちゃうけてたよ(ワラ

26 :天之御名無主 :2001/06/12(火) 13:10
おいらは「縛られた巨人」と鶴見和子の「南方熊楠」
あとは「南方随筆」くらいしか読んだことないから、
あんまりエラそうなことは言えないが・・・

敢えて言うなら、なんつーか、確かに博覧強記ではあるが、
知識の体系化っつー点でイマイチ評価できない感じだなー。
膨大な文献からの情報は持ってても、それが有機的に結合してなくて、
新たな生成物も生まれない、って感じがする。
単なるスーパー物知りみたいな・・・粘菌研究は評価するけど。

和歌山での評判じゃないからさげとく。

27 :1:2001/06/12(火) 21:29
和歌山での評判でなくても是非、カキこんでください。

>21
それって山本政志監督の映画のことですか?
町田康主演で、資金面でやっぱり足りなくて、中止になっていると
聞きましたが。

>19
やはり地元のかたでしたら名前は当然知ってるという感じなんですね。
>20
神島には行けないのですか?交通手段という意味ではなくて
規制されているってことですよね?
>23
てんぎゃん。私も覚えています。ジャンプの伝説的マンガとして
語り継がれていると聞きましたが。
>24
猫楠おもしろいですよね。水木しげるも民俗学は好きなんですかねぇ。


28 :提供:名無しさん:2001/06/12(火) 21:56
別冊太陽の南方熊楠特集にのってた、
熊野の森でおどる白虎社の白い裸体が・・・
僕の頭からハナレナイ。あれから熊楠のファンに。


29 :天之御名無主:2001/06/12(火) 22:56
潮の『トム』にも熊楠漫画があったね。
『猫楠』はよかった。天皇が重巡に乗って
大層にやってくるあたりが特に。

30 :初カキコ2:2001/06/12(火) 23:21
皆さん 熊楠をただの博覧強記のように評価されてますが、
彼の中では首尾一貫したものがあったようですよ。テーマがあっちへ
飛び、こっちへ流れてジェットコースターのような浮遊感のある文章
で、起承転結が見つけにくいですけど。例えば長くなりますが
土宜法竜への書簡で
「今の学者(科学および欧州の哲学者の一大部分)、ただ個個のこの
心この物について論及するばかりなり。小生は何とぞ心と物が交わり
て生ずる「事」(人界の現象と見て可なり)によりて究め、心界と
物界はいかにして相異に、いかにして相同じきところあるかを知りた
きなり・・・科学のみで今日まで知れたところでは、輪廻ということ
はたしかにあるごとくも、科学のさわること能わざる心界に輪廻行わ
るるや否やという問いには、実に答えに苦しむ。何となれば、小生
今日悪念を生じたりとて明日別にこれがために懊悩せず。多くは忘れ
去るものなり。されば物界に生ずる、これこれの水をこれこれの温度
にたけば、これこれの蒸気を生じてこれこれの大いさのものを動かす
というとはかわり、心界に生ずる現象はあるいはつねに報あらぬもの
にやともおもわる。」
と説き、「心」と「物」が交わるとき「事」が生まれるが、この「事」
についての洞察が今の学問には欠けている、と喝破します。このあと
南方曼荼羅が展開されて行くわけですが、長くなりましたので反響が
ありましたら後日。


31 :初カキコ3:2001/06/12(火) 23:54
すんません、和歌山の評判じゃないですね。でも孫文との交流や
ネイチャーへの多数の論文掲載など、国際的な活躍を広い分野で
行った、何回でも再評価されるべき異能であったことは間違いない
と思います。

32 :天之御名無主:2001/06/13(水) 00:05
へえ!映画の企画もあったのかー。
舞台の配役は、ベテランの年配の役者さんのようでした。 神島は熊楠が訴えていた通り、貴重な植物の保護の為一般の人は入れないみたいです。たしか・・

33 :天之御名無主:2001/06/13(水) 01:10
初カキコさんおもしろい。
もっと語ってください。
みんな楽ばかりするので読む楽しみがないのですよ。

34 :天之御名無主:2001/06/13(水) 02:05
そういえば熊楠が孫文に三民主義のヒントを与えたのかも
しれないという話はどれくらい信憑性あるのかな?

35 :1:2001/06/13(水) 23:02
>30
初カキコさん、もっと語ってください。
確かに土宜法竜との書簡には宗教的要素が多いですよね。
でも曼陀羅をあまり深く理解することができなかったです。
よければ曼陀羅について語っていただけないですか??

>32
そうなんですか。神島いけないんですね。情報ありがとうございます。
>31
そうですよね!!彼の才能は絶対にもっと評価されるべきだと私も
思います!
>34
それは初耳です。確かに孫文とは英留学中に知り合い、確か日本でも
再会してますよね。そんなに影響を与えていたとは驚きです。


36 :初カキコ4:2001/06/14(木) 00:00
結構反響があってうれしいです。ただ、きょうはへとへとで。週末あたりに
頑張って書き込ませていただきます。
1さん33さん34さんありがとう。 おいらも曼荼羅の理解なんて殆どしていないので
我流になると思いますけど。 それにしても子育ての楽しさとしんどさよ。

37 :初カキコ5:2001/06/14(木) 20:50
少し元気が出たのでとりあえず語ってみます。

自分が理解している範囲内で南方曼荼羅を説明しようとしても無理があります。
絵もないし。それを承知で南方曼荼羅の構造について。
彼が言うところの大日如来(宇宙発生の根源的な力)から「心」と「物」が発生し、
二者が交わるところに「事」が生じる。「事」はその交わりが解けたとき「事」
自体が内在している力が「名(名前にあらず)」として何らかの痕跡を阿頼耶識
(深層意識)内に留める。「名」がもう一度意識上に顕在化するときそれは「印」
という具体的な象徴として立ち現れる。

具体的には多分こういう事だと思います。(違ってたら誰か赤ペン入れて)
「誰かが(心)富士山(物)を見て心を動かし、歌を作る(事)。歌が作者を離れ
人間に膾炙し(名)この歌を思い出して誰かが歌う、あるいは演奏する(印)。」
名=抽象的、印=具象的。
熊楠が「名」として挙げているものは宗旨、言語、習慣、遺伝、伝説などですが。

中沢氏はこういう例をあげています。
「建築家は自分の頭の中に生まれた、非物質的なプランを、土や木やセメントや鉄
を使って、現実化しようとするだろう。建築物そのものは「物」だけれども、それ
は「心界」で起こる想像や夢を実現すべくつくりだされた。つまり、それはひとつ
の「事」として、「心」と「物」があいまじわる境界面のようなところに現れてく
る現象に他ならないことになる。」
哲学の素養が全くない理系人間なので、多分間違いだらけの、しかも中沢氏の受け
売りばっかりです。
くわうるにあと、曼荼羅には「不思議」と「縁」というテーマがあるんです。ふう。


38 :初カキコ6:2001/06/16(土) 23:00
何だか民俗学に関係ないことばかり書いて結果的に「あらし」になってしまったよう
ですみません。最後にこの板でもしばしば話題になる山男についての南方の見解。
当初南方は柳田国男に対し山男に関する情報提供を約束しますが、徐々に関係が悪化
していき(特に「猥雑」に関する見解の相違があったようです)、「山男についての
結論」という書簡で、諸君らの(柳田一派の)いわゆる山男とは
「特殊の事情より止むを得ず山に住み、至って時勢遅れのくらしをなし、世間に遠ざ
かりおる男(または女)というほどのことなり。」と断じ、「そんなものが山男山女
なら、当国の日高郡山路村から熊野十津川には、山男が数百人もあるなり。」と揶揄
します。そして「小生らが従来山男(紀州にてヤマオヤジという、ニタともいう)と
して聞き伝うるは、(中略)丸裸に松脂を塗り、鬚毛一面に生じ、言語も通ぜず、生
食を事とする、いわば猴類にて二手二足ある(中略)学術的に申さば、原始人類とも
言うべきものなり。(中略)諸国に(日本以外にも)その存在説多きも、大なる猴類
を訛伝したらしく、(中略)「本草綱目」の怪類にあるべきものに限る。貴下や佐々
木氏の(中略)山男の何々といわるるは、(中略)やはり尋常の人間で、山民とか山
中の無籍者とかいうべきものなり。」と結論し、完全に柳田と袂を分かちます。しか
しこの文章を読むと、どことなく南方が寂しげに感じてしまうのは僕だけでしょうか。

39 :若葉マーク:2001/06/17(日) 13:27
初カキコ1〜6さん、大変勉強になりました。
ありがとうございます。難しいので、しっかりと本を読みたいと思います。
わたくしは熊楠初心者ですが、「曼荼羅には不思議と縁というテーマがある」と
いうのは、なんとなくわかります(わかります、なんて生意気ですが)。

40 :初カキコ7:2001/06/18(月) 00:03
若葉マークさま>
有難うございます。僕は原著が読みたい人なので、といっても全集は高
いし、できるだけ断片的でも熊楠の生の文章が書いてあるものというこ
とで前述の本を推薦しました。
南方曼荼羅、難しいですよね。てゆーか、彼は解りそうで解らないとこ
ろが惹きつけられるのかも知れないですねえ。

41 :初カキコ8:2001/06/18(月) 00:07
すみません、変な日本語で。惹きつけられる所以なのかもしれないで
すねえ。
それと、青空文庫にも熊楠の著作がありますよ。十二支考の虎、とか。

42 :天之御名無主:2001/06/18(月) 05:05
初カキコさん、たいへんありがとうございました。
興奮しました。ソクラテス以前の自然哲学、とくに
エンペドクレスやアナクシメネスなんかを思いだします。
おもしろい。

43 :1:2001/06/19(火) 16:41
初カキコさん、ありがとうございます!!
おもしろかったです。
できれば、不思議と縁についても語ってほしいです!
中沢さんというのは中沢新一さんのことですよね?
森のバロック、まだ読んでないですが、どうなんでしょう?
鶴見和子の『南方曼陀羅』だったかは、どうなんですか?
私は笠井清の(だったかな?)の『南方熊楠』とか
『十二支考』などしか読んだことがありません。
できれば、初カキコさんのお勧めもう少し教えてください。

44 :初カキコ9:2001/06/19(火) 17:53
博識な皆さんに少しでも喜んで頂けて感激です。実は前述の5巻以外には、
昔教養文庫(だったと思う)の鶴見和子さんの本(しかも今手元になし)、
現代教養の南方熊楠特集、雑誌その他の寄せ集め、漫画くらいが僕のソー
スなんです。お恥ずかしい限りですが。全集はいつか手に入れたいし、
神坂さんの本、「森のバロック」も未読なのです。 偉そうな奴ですよね
、俺って。   ぼろが出ましたね。

42さん>
そ そうなのですか?有り難うございます。名前だけは高校の時に幽
かに記憶が。

43さん>
有り難うございます。と言うわけで実に浅学な野郎なんです、私。こん
な私でよろしければ、2つのテーマ、週末にでもカキコさせて頂きます。

で、皆さんに教えて頂きたいことが。中沢(新一さんのことです、1さん)
の文章に難解なタームが多いのです。ご親切な方、教えて頂けませんで
しょうか。

セリー論理、エクリチュール、パロール、ファルコマン。
多分基礎的な言葉なんでしょうが。 宜しく御願いします。

45 :初カキコ10:2001/06/20(水) 22:14
間違い間違い
現代教養じゃなくって現代思想です。鶴見さんと谷川健一さんと宮田登さんという
豪華メンバーが南方を語っています。
1992 vol. 20-7です。 すみませんでした。

46 :1:2001/06/20(水) 22:35
他にもお勧めありましたら、どなたでも
結構なので教えてください。
>初カキコさん
現代思想って雑誌ですか?
その本は今でも手にはいりますか?

47 :初カキコ11:2001/06/20(水) 22:42
1さん>
バックナンバー問い合わせてだめなら書き込んでください。
よろしければコピーして送ります。 連絡手段をどうするかですが。(^o^)丿

48 :初カキコ11:2001/06/20(水) 22:53
ついでに言うと、松井龍五、四方田犬彦など14人が南方について語り、
巻末に「珍事評論2号」と「ロンドン抜書目録」が載っています。

ついでのついで
「ネイチャー」に並ぶ南方の投稿さき「ノーツ・アンド・クィアリース」
って、今でもあるのですか? あるなら読んで見たい。(^^ゞ

49 :1:2001/06/20(水) 23:02
一度、メールいただけますか?
何か南方熊楠情報ありまたら
どなたでも結構なのでメールください。

50 :天之御名無主:2001/07/04(水) 17:33
>>23
いや,あれ面白かったです
南方熊楠にずいぶん影響されたものです
10年位前?

51 :天之御名無主:2001/07/04(水) 19:38
>>44
エクリチュール、パロールは、gooの辞書ででるよ。
他二つは出ないけど。

52 :天之御名無主:2001/07/04(水) 19:57
>>50
確か「てんぎゃん」ってタイトルだったっけ。
最終話のとき「第一部・完」て書いていたけど全く音沙汰なし。
コミックバンチで復活も無いでしょう(藁

53 :天之御名無主:2001/07/04(水) 20:03
>>52
面白かったんだけどねぇ

54 :関連話題スレ:2001/07/06(金) 00:35
「南方熊楠」≫
http://mentai.2ch.net/min/kako/957/957187092.html

55 :初カキコ12:2001/07/07(土) 23:34
51さん>
有難うございます。早速しらべてみます。

こないだ伊勢の図書館に行ったら、南方関係の本が5冊あって、3冊借りました。
面白いです。

56 :天之御名無主:2001/07/14(土) 02:28
山本政志監督・町田康主演の「KUMAGUSU」、撮影再開!

57 :1:2001/07/26(木) 17:12
56さん>
まじですか?????2億足りないとか、町田康が雑誌で話していたのが
4.5年前だったと思うんですが。。。。やりましたね。

58 :天之御名無主:01/08/29 20:15 ID:nbxRQjl2
伝記をもう一冊
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/glance/-/books/4167314258/qid=999083557/ref=sr_sp_re_1_29/249-7474293-0113902
は、熊楠さんと同郷著者が結構思い入れがあって書いた本で結構好きです。

59 :天之御名無主:01/11/12 22:27
粘菌の天才?

60 :天之御名無主:01/11/21 20:16
日本人でNature掲載数が一番多い人でもあるね。
いまだに彼の記録を超える者は出ていない。

61 :天之御名無主:01/11/22 03:08
何件あるの?

62 :天之御名無主:01/11/24 19:54
今の若者こそ熊楠を読むべきでは。

63 :天之御名無主:01/11/24 20:38
いつでもゲロ吐ける

64 :天之御名無主:01/11/24 21:03
あの珍文は笑える。読んどいて損はない。抜き書き人生だな。

65 :天之御名無主:01/11/25 00:31
Natureにいっぱいあるから読んでみな

66 :天之御名無主:01/12/03 05:57
>>60
当時と今のNatureはかなり違う雑誌だから、
その数字で評価すんのは無理があるような・・・

熊楠を学者として評価すんのってかなり難しいですね。
鶴見和子の本も中沢新一の本も、結局筆者の思いを
熊楠に託して書いたような、とりとめの無い本だし。

面白い逸話だけは腐るほどあるんで、それで結局話は終わっちゃう。
まともに評価される日はくるのかなっつーか、
まともに評価できるところって本当にあるのかな、という気がしてきます。

67 :天之御名無主:01/12/03 21:33
あの曼陀羅の意味がわからん。
だれか解説して。

68 :天之御名無主:01/12/04 00:11
>>67
あれは熊楠本人にもよく分かってない。

69 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

70 :天之御名無主:02/01/19 21:57
 

71 :天之御名無主:02/01/20 20:56
>>56 確か竹中直人が熊楠役でしたっけ?

72 :天之御名無主:02/02/08 21:49
なにそれ

73 :天之御名無主:02/02/09 20:29
南方熊楠は開成高校出身。
お勉強だけじゃない本当の天才って感じ。

74 :天之御名無主:02/02/16 20:09
www.asahi-net.or.jp/~BH3H-SMJY/zuiso/banana.htm
何じゃこの強引な結論は…。

でも熊楠と宮武外骨のコンビは面白い。

75 :天之御名無主:02/02/16 22:45
>73
天才はそうだけど、彼がどれだけ精励刻苦したか知ってて言ってますか。

76 :天之御名無主:02/02/17 01:01
どれくらい?

77 :天之御名無主:02/02/18 21:50
てか100年前の開成高校ってどうなの?とりあえず今の開成とはかなり事情が違うと思うけど・・・
むしろ一高中退、留学先のランシング大学も中退ってのを見ると、
「お勉強」は苦手だったんじゃないだろらうか・・・

78 :天之御名無主:02/02/19 01:47
>>77
一高では三島由紀夫の祖父と同級だったようだね。

79 :天之御名無主:02/02/21 23:28
数学で落第したんじゃなかったけ?

80 :天之御名無主:02/02/21 23:37
この人って一度見たことは忘れないんじゃなかったっけ?
IQが高い人によくあるヤツ。

81 :天之御名無主:02/02/27 22:08
南方熊楠賞について、民俗学者スレで書いたけど、こっちで書くべきだったかな。

82 :天之御名無主:02/04/13 04:35
よくある

83 :天之御名無主:02/04/20 11:15
>>75
どれだけ?

84 :え?:02/04/25 12:25
熊楠ってホモだったの?

85 :くだん:02/04/25 19:40

「南方の牛」についての話題のスレってここですか?

86 :天之御名無主:02/08/25 23:20
>>52
「てんぎゃん」面白かったのに・・・
帝大の受講中熊楠が本をパラパラめくるだけで、内容を完璧に記憶したシーンが印象に残ってます
単行本も出てなかったような・・・

「ロンドンに居たとき孫文を助けた」とかいう類のほら話は、本人が自らを神話化させる意図をもって話したのか、
それとも、単にほら話が好きな本人の性向によるものか、どちらでしょうか

水木さんの「猫楠」ではドラマチックに話を盛り上げるため、その類のエピソードを入れてましたが

彼のうねうねした文章を読むと、18世紀的な博覧強記の人ではなく、知識同士が有機的に結び合って新たなものを生み出していく
まさにインターネット的な人だという印象を受けました
今の時代ならば田辺にこもって、2ちゃんにカキコんでるかもしれませんね

87 :天之御名無主:02/09/03 15:12
>>86
「てんぎゃん」は単行本出てるよ。一巻しか出なかった様だけど。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/408858421X/qid%3D1031033440/250-0839154-5392249
実は持ってたりする。

88 :天之御名無主:02/09/04 19:10
和文よりも欧文の論文を多く出したから日本では評価されなかったんだよね

89 :えとですね:02/10/29 21:00
>>86
確か実際に孫文は日本に来た時わざわざ熊楠に会いに田辺まで行ってます。
孫文に「東洋から西洋人を追い出せ」っていって 孫文が蒼くなった話は本当だと思います。
まあ 大げさに語る部分も多い人ですけど

90 :天之御名無主 :02/12/17 10:03
熊楠の遺品蔵書標本等現在調査中。
http://www.aikis.or.jp/~kumagusu/
ついでに記念館。
http://museum-dir.jst.go.jp/30-103/30-103.htm


91 :天之御名無主:02/12/31 10:26
熊楠が話すことが出来た19ヶ国語って具体的に何語ですか?

92 :紅白羽化脱線:02/12/31 21:06
てんぎゃんの二巻でてないの?一巻は持ってて探してたんだが。無駄足か

93 :世界一統:03/01/02 16:19
「丸」という短文論考について、
日本語に訳されている雑誌・書籍等あれば教えてほしい。
平凡社版全集にもみあたらなかった。

94 :天之御名無主:03/01/07 21:31
写真によってはヤクザのおっさんに見える。

95 :山崎渉:03/01/11 04:22
(^^)

96 :珪素鳥:03/01/13 00:43
熊楠は生物学が基礎かと。
http://www.aikis.or.jp/~keisotyo/center/kumagusu.htm


97 :天之御名無主:03/01/15 01:01
実は、昭和天皇のダチです。


98 :天之御名無主:03/01/21 08:49
熊楠に負けないくらい勉強しよう!!

99 :bloom:03/01/21 09:01


http://www.agemasukudasai.com/bloom/

100 :天之御名無主:03/01/21 09:53
100get

101 :天之御名無主:03/01/22 04:29
まんがのクマグスは2巻以上出ているのでしょうか。
続きが読みたい。

102 :天之御名無主:03/01/23 11:02
>>101
打ち切りになったみたいです。一巻までしか出ていません(涙

103 :天之御名無主:03/01/27 01:41
>>102
2巻は出てると思います。
その後打ち切りなのかな。
どちらにせよ、続き読みたかったなぁ。


104 :天之御名無主:03/02/11 13:49
粘菌age

105 :天之御名無主:03/02/22 12:46
「こわっぱ、現場を見にいかんか。」って・・・・。

106 :天之御名無主:03/02/23 10:17
南方熊弥は実は血がつながっていません。

南方常楠の親族も相続の対象外です。

107 :天之御名無主:03/02/23 10:32
「じゃあ、南方熊弥は誰の子だったの?」って?

関東の皇室(北朝方)が取り替えた昭和天皇の子。

妻の松枝はイギリスからの帰国後、関東(徳川家)におしつけられただけ。
娘の南方文枝も野中権造の娘だ。

南方家より隣の野中家にいるほうが多かった「困った女」。

本当の息子は関東(北朝方)で育てられ、唯一の本土決戦が行われた
沖縄に行ってる。



108 :天之御名無主:03/02/23 10:48
和歌山の変人学者・南方熊楠の残した知的所有権が相続争いの
種になったところで「意味なし」。

「個人では何も持っていない。」

日本の特許庁は無視、すべて海外に国際特許として申請している。

日本の本土決戦と原爆投下をちらつかせる連合軍のとの停戦交渉で
全部、英米と中国の宗家にばらまいてる。

109 :天之御名無主:03/02/23 10:53
(分家)南方常楠の家は何の話も聞かされていない。

110 :天之御名無主:03/02/23 11:06
何の裏事情も知らない(気づかない)アホどもがありもしない
独占利権をめぐって争いを続けてる。

ここで新たなトリック。

関東を一切信用していない南方熊楠は、国際郵便をすべて
田辺から中国の旧国民党(宗財閥)経由で送ってる。

勝手に中身を盗み見ていた人間が別系統で特許申請している。
蒋介石と対馬宗家。

「夢のまた夢」。
くだらん狂言と詐欺を組んでる連中、恥ずかしくない?

111 :天之御名無主:03/02/23 11:42
こちらも電波度が高い・・・

112 :天之御名無主:03/02/23 15:12
「じゃあ、南方熊楠の本当の息子は誰だったの?」

「大逆事件」で処刑された(はずの)幸徳秋水と
関東大震災時に死亡した(はずの)大杉栄。
南方熊楠とはまったくの赤の他人として育てられている。

戸籍上の息子、南方熊弥は日本帝國陸軍の諜報要員として、
「国賊」南方熊楠の身辺を(狂人のふりをして)探っていた。

113 :天之御名無主:03/02/23 15:32
南方熊楠と交流のあった国民党、宗家、孔財閥。

宗家に有名な宗家三姉妹がいれば、対馬の分家・対馬宗家にも三姉妹がいる。

仲は悪いが芸風と行動パターンはほぼ同じ。
郵送する途中で勝手に開封して盗み見て、別系統で特許申請。


114 :天之御名無主:03/02/23 15:42
>>113
>>南方熊楠と交流のあった国民党、宗家、孔財閥。
>>宗家に有名な宗家三姉妹がいれば、対馬の分家・対馬宗家にも三姉妹がいる。

中国の宗家三姉妹が田辺町界隈を徘徊すれば対馬宗家もスパイを送る。
「くん、くん、くん、金儲けのにおい。」

出入りするのは和歌山県田辺市の色町だ。芸者、花魁のふりして徘徊。

拠点にするのは和歌山の新宮辺り。蒋介石の親戚の蒋経国が亡命して住んでいる。

115 :天之御名無主:03/02/23 15:52
南方熊楠がさ、アメリカに留学すればロックフェラーやロスチャイルドも
スパイを送る。コールガールのふり。

イギリスに留学すれば英国王室やローマ法王がスパイを送る。

若き日のエリザベス皇太后がケーキ屋で店員のふりをしている。
別の店ではハプスブルク家の娘が店員をしている。
「甘いものに弱いようです。」

116 :山崎渉:03/03/13 13:00
(^^)

117 :天之御名無主:03/03/20 19:01
悲しいくらい誰もいない…

118 :天之御名無主:03/04/08 00:39
熊楠研究第5号よろしく

119 :天之御名無主:03/04/09 17:12
あげてみます。

120 :かおりん祭り:03/04/09 17:19
http://www.saitama.gasuki.com/kaorin/

  〜oノノハヽo〜
     ( ^▽^)/⌒\                       , −-
     ((ニ[二=(  こんなのがございま−−==≡≡す♪  ))
   /∧=:||  \_/                       `ー‐‐'
     じ/___/

121 :天之御名無主:03/04/11 23:48
今年度の熊楠邸の特別公開予定日です
4月26日土曜日 9時から12時
8月23日土曜日 10時から16時
11月22日土曜日 10時から16時
8月11月の特別公開では11時30分からと14時からの2回
顕彰会スタッフによる一斉説明会が開催されるようです。
通常公開は土日・祝日・年末年始を除く日の9時から16時です。
ただし邸内の整備などのため見学できない場合もあります。
遅ればせながら後藤氏のご冥福をお祈りします。
本郷先生、2ちゃんみてるわけないけど今回の受賞おめでとうございます。

122 :山崎渉:03/04/17 09:17
(^^)

123 :山崎渉:03/04/20 04:58
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

124 :天之御名無主:03/05/12 08:15
熊楠研究5号が送られてこない。また督促するか

125 :豆知識:03/05/12 09:51
<アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)←脳の機能的疾患(遺伝が要因)>
http://www3.ocv.ne.jp/~cochome/kaisetsu.htm#chigai
http://www.autism.jp/l-02-03-aspe3.htm
http://www.geocities.co.jp/Beautycare/5917/as/
●接し方のルールがわからず無邪気に周囲の人に対して迷惑なことをしてしまうこと
がある。人を傷つけるということには鈍感です。年配の先生に向かって「おばあさん
先生おはようございます」と明るい大声で挨拶する生徒もいる。こういった言動をす
る場合にも彼らには悪意はない。
●小さな声でひとり言を言ったり、考えていることを声に出して言うことがある。
●融通が利かないことも学校生活で問題になる。時間割の変更や突然の教師の欠勤と
いう事態で不安を感じたりかんしゃくをおこしたりする。あまりに規則に厳格なため
に、遅刻した同級生に延々と注意をしたり、修学旅行などで消灯時間をかたくなに守
り、他の生徒の顰蹙をかったりすることがある。
●行動・興味・活動のパターンが貧困で反復常同的なことも自閉症の特徴である。すな
わち、日常の活動の様々な面にわたって柔軟性のないルーティン(決まった手順や日課)
を押しつける傾向、これを慣れ親しんでいる習慣や遊びのパターンだけでなく、たいてい
は新しい活動にも押しつける。そしてルーティンや個人的な環境の細部の変化(家の中の
置物や家具の移動によるなど)に対する抵抗がみられることがある。
●揺れる木の葉を見続ける子どもは興味のレパートリーが狭いとも言え、視覚的な敏感さ
があるといっても良い。
●精神遅滞を伴うものと伴わないもので大きく分かれる。100%果汁のオレンジジュー
スを思い浮かべてください。それにだんだん水を加えて薄めて行くと終いには水にごく近
くなる。一口飲んで「オレンジジュースだ!」とわかるものは自閉症、水に近いけれどな
にかオレンジの味が混じっているのがアスペや高機能・・。その濃度はさまざま。濃いオ
レンジジュースであったとしても早期の療育や周りの対応によって水に近づいていくこと
は可能。しかし間違えてはいけないのはオレンジジュースが一滴でも落ちている場合は
「純粋な水」にはなれないのです。


126 :天之御名無主:03/05/20 13:55
南方マンダラ あれは凄いね。

127 :天之御名無主:03/05/20 14:05
☆★☆★♪大人の玩具激安販売店♪ ☆★☆★
ピンクローター190円から〜
オリジナル商品や新商品をどこの店よりも早く発売いたします!!
イスラエル軍も使用している本物ガスマスク!!
バイブ、ローター何でも大安売り!! 下着やコスプレなども大安売り!!
個人データも秘密厳守!!偽名で購入OK!
郵便局止め、営業所止めOK!
http://www.king-one.com/


128 :天之御名無主:03/05/20 18:59
とき法竜との往復書簡集 八坂書房の方 これをみていたら 復刻してくらはい

129 :山崎渉:03/05/21 21:50
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

130 :山崎渉:03/05/28 15:20
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

131 :土宜だろ:03/06/09 21:50
>とき法竜との往復書簡集 八坂書房の方 これをみていたら 復刻してくらはい

ていうか平凡社ライブラリーあたりに入らないかな、
こんどは客寄せ解説は抜きで。

132 :天之御名無主:03/06/27 19:35
熊楠先生の『十二支考』とフレイザーの『金枝篇』はわが読書人生において双壁をなす大傑作。どちらが上かときかれれば悩むが笑えるところがある十二支考の勝ち。

133 :天之御名無主:03/06/27 19:43
(σ・∀・)σゲッツ!!ならココ!
http://www3.kcn.ne.jp/~barozza/
いまどき荒らしも流行らない?
荒らしAGE!!

134 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/06/28 01:11
>132
そういえばどちらも1941年に亡くなっていたような。

135 :天之御名無主:03/06/28 08:31
↑ その通り。フレイザ―は5月に空爆死です。熊楠先生は12月に大往生。東西の碩学がともになくなるとは…熊楠の命日を学問の日又は読書の日として祭日にしよう!

136 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/06/28 08:37
柳田國男はフレイザーと会っていますね。南方先生は知りませんが。

137 :天之御名無主:03/06/28 09:38
会ったという話は聞かないが、金枝篇は読んでおり、よく引用していた。

138 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/06/28 09:43
>>137
まあ読んでないほうがよっぽど不自然な人でしたからね。

139 :”ヘ( ̄- ̄ ):03/06/28 10:14
http://www.k-514.com/sample/sample.html
拾ったサンプルムービー集めたよ

140 :天之御名無主:03/06/28 22:26
「牛」の草稿はみつからないのかな?

141 :天之御名無主:03/06/29 00:48
かんしゃく持ちって、どういうことだったんだろう?。
予備校時代のフラフラ病って何だったんでしょうか?。

142 :山崎 渉:03/07/15 12:32

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

143 :天之御名無主:03/07/19 05:14
行屎の流れは臭くして、しかも尋常の水にあらず。

144 :天之御名無主:03/07/20 17:51
>143
意味分からんが?
木村博士とのイギリス時代のエピソード?
弥勒世界では、糞尿は自然に地割れしてそこに入り、地割れが繋がった後に花が咲くらしいが。



145 :恐怖の人種劣等化工作:03/08/04 06:39




毎年、約1万組の日韓結婚。
それに伴なう朝鮮化した混血児。
年間、美しく清らかな日本の新生児約100万人のうち、
毎年、約1〜2万人の新生児に
容赦無く劣等人種の血が流し込まれている。

目的は日本人の朝鮮化(不細工・低脳・犯罪者化)だ。







146 :天之御名無主:03/09/21 16:09
age

147 :天之御名無主:03/10/18 15:26
オウチの花が咲いている

148 :やよい:03/10/18 15:47
http://life.fam.cx/a014/

149 :研究所コンペ結果:03/10/21 11:41
ttp://www.agara.co.jp/DAILY/20031021/20031021_001.html

150 :天之御名無主:03/10/22 21:06
南方熊楠邸保存顕彰会
http://www.city.tanabe.wakayama.jp/bunshin/kumagusu/

南方熊楠資料研究会
http://www.aikis.or.jp/~kumagusu/index.html

南方熊楠翻字の会・東京
http://www.tamy.net/kumagusu/honji/

151 :求道心:03/12/04 22:00
なぜか今日原田健一氏から本の広告が封筒で来た。
熊楠研究購入者には、全員に配布してんかな〜

152 :天之御名無主:03/12/06 00:04
大英博物館の閲覧室で外人をぶん殴ったらしいですね。

153 :天之御名無主:03/12/09 03:28
最近興味を持ったので熊楠関連本を探してたら、店員さんから
「昔はやったんだけどね〜」
って言われたぞ。
昔流行ったの?
というか、こういう言われ方って悲しいなオイ。
懲りずに探してますが。

154 :天之御名無主:03/12/09 14:13
ええ、昔流行りました。
すぐに冷めました。

155 :求道心:04/01/19 22:38
>>153
「十二支考」がかつて岩波文庫年間売上NO.1に輝いたことがあったと記憶。
何年度か忘れたが・・・

156 :天之御名無主:04/02/04 18:50
コミックの「てんぎゃん」の頃?

157 :天之御名無主:04/02/19 23:16
てんぎゃん面白かったよな

158 :天之御名無主:04/04/28 14:21
あげてみるか。

159 :天之御名無主:04/05/08 08:51
minakatella longifilaって粘菌があるそうだね。

160 :天之御名無主:04/05/21 18:51
フレイザーの完訳が出るそうで。

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)