5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

マジャール人=「東洋人」?

1 :縄文人革命家:2000/03/30(木) 19:51
どー見ても「白人」。少なくとも人種的な意味での
「東洋人」・「アジア人」ではないと思う。
元からコーカソイドかそれに近い「ウラル人種」だったん
じゃないかな?

2 :名無しさん:2000/03/31(金) 10:54
フィンランド人はどうよ?
実物見た事ある人外見的特徴アップきぼーん

3 :縄文人革命家:2000/03/31(金) 12:32
私は、神奈川県人なもんで、横浜で、
元フィンランド人のマルティン・ツルネン氏
を見た事がある。
じっくり観察した訳ではないが、「白人」
でなければ何人?って感じでしたよ。
フィンランド人やエストニア人は紀元前に
現在の居住地に移住してきており、
ゲルマン人(スカンディナビア人)や
バルト人・スラヴ人と長い時間をかけて混血を
重ねたらしいが、それより一千年以上後にパンノ二ア
へ移住してきたマジャール人と同様、元から
コーカソイドないしはそれに極めて近い「ウラル人種」
だったのでしょう。
バリバリのモンゴロイドからコーカソイドに変身して
しまうほど民族全体が混血をしたら、
人種特性のみならず言語など
「民族文化」も喪失するはずだ。
何れにせよ、カライム人などと共にハンガリー人
(マジャール人)やフィン人もDNA検査をすれば
判明するはず!

4 :名無しさん:2000/03/31(金) 14:04
ハンガリーの作曲家バルトークの祖父の写真を見たことがあるけど、切れ長の眼といいモンゴル風の髭といい、やっぱりアジア系なんだなーと実感させるものがあったよ。


5 :名無しさん:2000/04/20(木) 08:08
>バリバリのモンゴロイドからコーカソイドに変身して
>しまうほど民族全体が混血をしたら、
>人種特性のみならず言語など
>「民族文化」も喪失するはずだ
必ずしもそうはいえないのでは?
中央アジア諸言語と現代トルコ語ってよくにてるけど、
(ほとんど方言程度の差)
トルコ人の見かけはやっぱりアラブみたいになっちゃってるわけで・・・。

6 :>1:2000/05/07(日) 07:49
低い確率だけど、ハンガリー人にも「蒙古斑」がでるらしい。
また、ハンガリー人は歳をとるごとに東洋人ぽくなりますよ。

7 ::2000/05/07(日) 20:42
なるへそ。
ただ、元来がモンゴロイドだったからなのか、
それともアパール族やモンゴル人との混血
での結果なのか、どちらなのかな?

8 :文武:2000/05/09(火) 21:07
どっちか知りたいです、それ。>6

9 :名無しさん:2000/05/10(水) 19:14
スラヴ人もマジャール人(ハンガリア人)
も劣等人種。
ゲルマン帝国建設の為に、ユダヤや
ジプシーと共に殲滅。

10 ::2000/05/11(木) 19:22
>6
しかし・・・
年を取るごとに、東洋人風になるのは、
スラヴ人も同じだぞ。


11 :>10:2000/05/13(土) 15:25
同感。
それに、ハンガリー人やフィンランド人を
”アジア系”と半ば断定する事で同一性を
求める幻想屋さん(?)が日本人には多い
感じがする。

12 :名無しさん:2000/05/13(土) 16:01
「ウラル語族」のマジャール人やフィン人は
19世紀のロマン主義時代に政治的独立と表裏一体の民族主張の中で
アイデンティティをアジアの「ウラル・アルタイ語族」に求め、
多くの中央アジア研究者を輩出した。
マジャールやフィンをアジア系と見なすのはその名残ですな。

13 :名無しさん:2000/05/21(日) 07:31
フィン(フン)ランド、ハン(フン)ガリーということで両者とも
ヨーロッパ人からフン族と同一視されているんじゃないですか?

14 :紅茶:2000/05/21(日) 14:38
マジャール人に ごく稀に出る蒙古斑は
むしろアヴァールや他のプロト・テュルク人(フン族)
との混血の結果であり、原マジャールは「朱髪、高身、長頭型)
の中央アジア型北欧人種に帰属すべきと考えられている。
さて、漢代から唐代における古代中国の資料には
中央〜北方アジアにその時代コーカソイド的特徴をもった遊牧系民族の
ことが記されている(匈奴、古代キルギス、突厥、烏孫など)。
最近の(特にロシアの手による)モンゴルから中央アジアの多数の
クルガン(古代遊牧民族の墓)で発見された匈奴・突厥などの人骨
のDNA調査などから、これらの民族が北欧型コーカソイドに属していた
可能性が考古学・人種学の分野で補強されている。
さて、匈奴や突厥などはテュルク系に属していたと考えるのが一般的で
あるがそれはあくまで古代文献調査をベースとする言語学のみに拠った
結果であり、人種についてはほとんど考慮されていなかった。
しかし先述した考古学・人種学分野での
これらの民族の調査から、フン襲来以前からすでにヴォルガ地域に
散在していたフィン系(マジャールやモルドヴィン人、ジリアン人
チェレミス人などー総称してヴォルガフィン系という)にあてはめ
られる「ウラル人種」ときわめて酷似していることもわかってきている
のである。つまり古代中央・北方アジアにおける北欧型コーカソイドの
普遍性という史実と、「ウラル人種」とそれとの人種的類似という
点よりマジャールは元来白色人種、それも北欧型、またはそれに近い
コーカソイドではなかったか、とされている。
以上、最近の私の知っている限りの学会の流れの概略を書いてみたが
まだまだ、同じウラル語族に属するサ−メ人の人種帰属問題も解決されて
いない現状としては、断定もできない(らしい。)
ただお互い遥か遠く離れた2つの場所に同じ血を分けた民族がいるという
「ロマン」は日本人とハンガリー人の「親近感」という形での友好関係に結
びつきプラスに作用している部分もあるのではないだろうか。

15 :名無しさん:2000/05/22(月) 17:37
そういえば干支があるのってハンガリーだったっけ?
それも東洋文化の名残?

16 :>15:2000/05/22(月) 18:21
その話は知らないけど・・・
東洋というより遊牧騎馬文化の名残では?
だってモンゴルやトルコに干支があるんだよね、たしか。

17 :名無しさん:2000/05/30(火) 17:31
干支があるのはブルガリアです。ハンガリーもあるのかな?
ブルガリア人の先祖はアジア系遊牧民のブルガール人と言われています。

ところで干支はベトナムやタイにもあるようですが、
構成される動物はどうなんですかね?
ネコや象、またブタが入っている、なんて話も聞きますが・・・。

18 :ジーモン@ケー二ヒスベルク:2000/06/02(金) 21:00
>14
全く同感。
>17
ブルガール人は”アジア系”でもモンゴロイド
ではなく、コーカソイドのトルコ系民族。
しかも、多数派の先住民たるスラヴ人に王から
奴隷まで混血・同化しました。

19 :14:2000/06/02(金) 22:56
ジーモンさん
上の14は
「アシュケナージュはハザール」のスレで
匈奴のこと書いてた37です

さて、ブルガール人というのは、そもそも広義のブルガールの
ことです。
たしかにそのブルガールを率いた「王族」は黄色人種だった可能性もあります。
というのは王族系の「ブルガール」というのはフン族の子孫と考え
られているからです。(異説も多い)
アッティラ後のフンについてはあまり一般には知られていないでしょう。
彼等がヨーロッパから姿を消した後については、ビザンツ帝国やもう少し後年の
ロシア正教会の手による歴史書(シモカトゥスやルス年代記他多数あるが、
名前は忘れた)に記されております。
それらの史料によると「フンはアッティラの子ヘルナク、ムンツァークの代になり
急速に勢力と統治能力を失い、それまで従属していた殆どの民族はことごとく
独立、離散していった。さらに(王室系)フン族も部族内で分裂がおこり
クトリグールとウティグール、サログール等の部族が生まれ互いに争った。
結局ウティグール族だけが生き残り、ヴォルガ地域のフィン諸部族やスラブを
支配し、新しく「ブルガール族」を形成した云々」
だいたい以上のことが記されております。
この頃のフン族はもはや数も少なく氏族制の伝統も失い、かなりの混血は進ん
でいったと考えられていますが、スラヴはもちろんフィン人もコーカソイドです。
即ちブルガールとして登場した王族系部族もかなりのコーカソイド化は進んでいたと
考えられております。


20 :ジーモン@ケー二ヒスベルク:2000/06/03(土) 17:40
>19(14)
貴方が世界史版の「アシュケナジーはハザール」板で、
詳しく書かれていた方と同一人物とは感じておりました。
これほど詳しい方は少ないもので・・・
ところで、ブルガール族が黄色人種と
白色人種の混血だったという説の方が
有力なのですか。
また、ためになりました。

21 :名無しさん:2000/06/18(日) 20:18
簡潔にいうと匈奴とゲルマンの混血。それがマジャール人。
しかし、証拠はまだ見つかってない。

22 :名無しさん:2000/06/21(水) 22:48
最近有力な説によると匈奴はモンゴル系の民族です。フィン人等と同様
ウラル系であるマジャール人とは別の民族で、匈奴によって故地を追わ
れたマジャール人が玉突き状に移動してきたという説が有力です。
ウラル系民族は元々白色人種だった可能性もあります。ゲルマンと
の混血は初耳です。
チュルク語を話す黄色人種のブルガル族はごく少数で、先住民だった
白色人種のスラブ人との混血によってスラブ化してしまい、国名にのみ
その名残をとどめているのです。


23 :紅茶:2000/07/02(日) 21:35
>匈奴はモンゴル系の民族です
とありますが
後漢書-列伝-金日碑伝
魏書-石碌伝
晋書-石季龍載記
以上の中国史料を読まれたことはありますか?
単干氏族の人種については白色人種だった可能性は
今でも有力視されています。
もちろん広義の「匈奴」ということなら
中にはモンゴル系部族もいたでしょう。
民族帰属について触れるのなら
まず広義の「匈奴」と狭義のそれとは
はっきり区別しなければなりません。
それにたとえ単干氏族が「モンゴル系統の言語」
を使用していたとしても
直接 彼等を「モンゴル系民族」に帰属できるとは限りません。

24 :腐れ呑ん平ジーモン:2000/07/15(土) 03:25
マジャール人(ハンガリー人)は勿論、
プロト(原)・ブルガール人もコーカソイド系(白人系)!

25 :名無しさん@1周年:2000/07/15(土) 05:13
マジャール人の前に東欧を支配したアヴァール人はモンゴル(語)系、って
のには驚いた

26 :名無しさん:2000/07/15(土) 08:21
>マジャール人(ハンガリー人)は勿論、
>プロト(原)・ブルガール人もコーカソイド系(白人系)!
 その根拠は?ドキュン本読んで鵜呑みにしてんじゃねーよ!

27 :名無しさん@1周年:2000/07/15(土) 10:28
uzzzzzu

28 :名無しさん@1周年:2000/07/16(日) 18:28
>魏書-石碌伝
陳寿の三国志?
なら、その伝は無いでしょう・・・

29 :腐れ呑ん平ジーモン:2000/07/19(水) 21:26
>26
そう興奮するなって、24のレスはオフザケでカキコしたんだから(笑)。

30 :ドクトル.ジーモン@ケー二ヒスベルク大学教授:2000/07/21(金) 16:58
ただし、マジャール人がウラル地方に居住していた頃から、
モルドヴァ人(べッサラビアのじゃないよ)やパシキール人と
同様にコーカソイド系のウラル族であった事は確実。

31 :名無しさん@一周年:2000/08/22(火) 22:38
ロシア人を見るといかにもモンゴル人との混血という顔した人がいる。
ハンガリー人も最初はそんな風貌の人が多かったが、その後絶え間なく
モンゴロイドがやってきたわけではないので、次第にまわりのコーカソ
イドとあまり変わらなくなったのでは。



32 :ドゥナフ :2000/08/31(木) 08:23
関係ないですけど、僕はブルガリアと日本のハーフです。
僕みたいなロシア人は結構いますね。
正確には、父がポーランドとブルガリアの混血で
母は日本人なのですが。因みに瞳に色はヘイゼルグリーンです。
東欧関係のスレなので、思わず立ち寄ってしまいました。
よろしくです。

33 :ジーモン総統 :2000/09/02(土) 03:05
私は純粋なホワイト・アーリアンだ!

34 :名無しさん@1周年 :2000/09/10(日) 06:46
「東洋鬼」って言ったら「鬼畜な日本人」の事だよ。
所謂、中国人の罵蔑語。


35 :pero :2000/10/07(土) 21:33

 人種と民族をゴッチャにしてる人多くないか?

36 :酔生夢死ジーモン :2000/10/08(日) 13:18
パシキール人はモルドビン人と異なり、トルコ系だった!
>35
確かに、「人種」と「民族(主に言語・文化)」は異なる。
同じ”ラテン”の「イタリア人」でも、北イタリア人は
ディナール人種、南イタリア人は地中海人種だし、
挙げれば切りがない程ね。
ハンガリー人も、「民族」が”アジア系”に分類するとしても、
「人種」はディナール人種とアルプス人種の混合型。

37 :名無しさん@1周年 :2000/10/08(日) 17:32
アルプス人種って何ですか?


38 :酔生夢死ジーモン :2000/10/08(日) 22:04
>37
う〜む、正直言って、私も「人種」と「民族」を
混同していて詳しくは解からないのだが、
主にスイス人がほぼ”完全なアルプス人種”、
北イタリア人やハンガリー人やチェコ人がアルプス人種と
ディナール人種との混血型、オーストリア人・南ドイツ人・
ラインラント人・アルザス人がアルプス人種とノルディック人種と
ディナール人種との混血型、というとこらしい。
アルプス人種の身体特徴は、丸い頭型、丸い顔の輪郭、
身長は中背、瞳や頭髪の色はこげ茶色、らしい。
ただ、”完全”に近いアルプス人種のスイス人でも、
個人差が非常に大きいから、これもあくまで平均的な話。

39 :pak :2000/10/11(水) 22:09

 奇遇だね。
 地中海人種、アルプス人種とディナール人種の混血、アルプス人種と北方人種
の混血、これらはほとんど、ラテン民族外のカソリックだね。
 そしてこれらを除くと、いわゆるプロテスタントの居住地域の輪郭が浮かび上
がる。近代になってからプロテスタントの移り住んだハンガリーは別として。
 やはり民族もまた人種を反映しているのだね。

40 ::2000/10/18(水) 16:01
fdwfsd

41 :天之御名無主 :2000/10/23(月) 03:13
フン族の子孫は現在のルーマニアの山中に小集落として残っていると聞きました。
現在のハンガリーにはいわゆるモンゴルケ系の人はほとんどいないでしょう。
まあ、あのバルカン半島付近は本当に沢山の民族がいます。

ああ、あと、フィンランド人の友人が言っておりましたが、なんでも、一万人に一人
、フィンランドでは、完全に日本人みたいな子が生まれるらしいです。

ええ、「フィン」と「フン」が同系統の言葉みたいなことを言ってる人もいましたが、
(私も専門家では無いのでわかりませんが)比較言語学では、HとFは別系統の祖語だっ
たと思います。東あじあでは 
P  …  朝鮮語 おきなわ
F  …  古語日本語 (大島あたりに名残が残っていると聞いたが)
H  …  現代日本語

で、 P,F,H は関連がありますが、僕の知っている限りでは、ヨーロッパの言語
では、( V、W F、B,P − H)って言うのは無かったんじゃないかなあ。

いや、素人だから間違ったこと言っているかもしれませんが、勘弁してください。
誰か専門家の登場望む。  でもHとF間違えるのは日本人だけだよねえ。
韓国人はそういや Fとか V の発音はいっつもPになっちゃうね。

42 :天之御名無主:2000/10/24(火) 14:09
ハンガリーの教会の内部の装飾を見てみると
アジア系だなと思うよ。
奈良のお寺にいるのかと思った。

43 :給料泥棒・不逞勤人ジーモン:2000/10/31(火) 15:11
>41
 トランシルバニアのアバール系・フン系末裔集団=セーケイ人

44 :天之御名無主:2000/10/31(火) 19:05
え、セーケイってフンなの?

45 :憂国の士ジーモン:2000/10/31(火) 23:43
>44
アバール人ないしは(アバールをフンの後裔とする
説の人は)フン人の末裔という説もあるらしい。
ただ現在では、マジャール人で農耕化しなかった人達という
説が有力らしい。
何せ容姿が他のハンガリー人と同じく「白人」だからね。

46 :憂国の士ジーモン:2000/10/31(火) 23:45
>44
アバール人ないしは(アバールをフンの後裔とする
説の人は)フン人の末裔という説もある。
ただ現在では、マジャール人で農耕化しなかった人達という
説が有力らしい。
何せ容姿が他のハンガリー人と同じく「白人」だからね。
因みに、彼等の言語はマジャール語の一派。

47 :天之御名無主:2000/11/08(水) 02:35
フィンランド人サッカー選手ヤリ・リトマネンは
アジアっぽい顔をしている。中央アジアにいそうな顔かな。

48 :天之御名無主:2000/11/09(木) 16:38
http://www.fcbarcelona.com/imagestore/img01_000273.jpg

49 :天之御名無主:2000/11/09(木) 16:46
http://www.futbolweb.net/penyavirtual_fcb/litmanen_01.jpg

50 :天之御名無主:2000/11/10(金) 11:00
ブルガリアは東洋系だ(和良

51 :天之御名無主:2000/12/01(金) 01:25
マジックまじゃーる

52 :名無しさんの主張:2001/05/02(水) 20:20
今のトルコ共和国のトルコ人はコーカソイドです。

53 :天之御名無主:2001/05/03(木) 15:35
マジャール語、言語的には今は、フィン・ウゴル語派だったとされてる
みたいですね。
ウゴル系民族は、ウラル山脈とその南部が源郷と推定されてるようです。
黒海沿岸を経由したと推定される。

現在のハンガリーあたり、ドナウ川中流域には800年代の終わりには到着。
移動の途上、チュルク系民族、イラン系民族からと思われる遊牧騎馬文化の
影響が想定される。

現在の地に入ってから、先住のアヴァール人や、スラヴ系民族と混交した。

これは、「西欧人」からみれば、“東洋人”と言うでしょうね。

54 :天之御名無主:2001/05/03(木) 17:21
民族っていうからこんがらがるんだよ。人種の話と言語系の話がごちゃごちゃだな。

アヴァール人はフンの子孫じゃなくて柔然(モンゴル系)だよ。
それから23と28の魏書ってのは三国志のじゃなくて北魏の魏書。
匈奴は(支配階層=中核部族は)コーカソイド(の中のトルコ人種)。
匈奴の言語はトルコ系かモンゴル系か、両者に分離する前の原アルタイ語なのか未解明。(トルコ語説がやや有力)

このスレのテーマについては世界史板の方が断然詳しくて正確なレスが多い。こっちはレベル低すぎ。

55 :天之御名無主:2001/05/03(木) 18:42
>>54
というより、こっちは物知りと素人の落差が大きく、世界史板の場合は落差が小さいってこと。
こっちの板の住民が全体的にレベル低いってことではないと思う。

56 :天之御名無主:2001/05/03(木) 20:28
>>54
「民族っていうからこんがらがる」って、
そんなこと言ったってしょうがないじゃん(藁

「1.民俗学、文化人類学、神話学について話し合いましょう」
なんだからさ。
文化人類学(米)≒民族学(独・仏)な。


57 :天之御名無主:2001/07/23(月) 07:31
>>13
フィンランドのゲルマン系の言語からFinは歩く人とかそういったように解釈されていると思われ。

58 :天之御名無主:01/09/14 22:23
バルト三国のエストニアもアジア系です。言語にはっきりあらわれています。
住民の外形は完璧にコーカソイド。

59 :天之御名無主:02/04/09 00:45
age

60 :誤用会員pkiha58146:02/04/10 02:35
てすと

61 :天之御名無主:02/04/10 03:38
自分知識あんまりなくてROM厨してるが
確かにレスの中での『語族』と『人種』の区別がつかんでよくわからん。ちゃんと区別してほしいぞ。

62 :天之御名無主:02/05/21 09:07
完全に弥生にのっとられた日本とは逆だね


63 :縄文顔:02/05/21 10:47
わしは弥生顔の女房に毎晩のっとるよ

64 :名無しさん:03/01/03 01:20
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
Λ_Λ  | 君さぁ こんなスレッド立てるから          |
( ´∀`)< 厨房って言われちゃうんだよ             |
( ΛΛ つ >―――――――――――――――――――‐<
 ( ゚Д゚) < おまえのことを必要としてる奴なんて         |
 /つつ  | いないんだからさっさと回線切って首吊れ     |
       \____________________/

(-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ…
(∩∩) (∩∩) (∩∩)

(-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ…
(∩∩) (∩∩) (∩∩)

(-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ… (-_-) ハヤクシンデネ…
(∩∩) (∩∩) (∩∩)


65 :天之御名無主:03/01/03 03:55
>>2
フィンランド人?世界でも最高レベルな
白い肌・金髪・長身の人たちです。

>>3
> 人種特性のみならず言語など
> 「民族文化」も喪失するはずだ。
他の人がレスしているように根拠なし、事例なし。

66 :天之御名無主:03/01/03 04:00
>>13
finというのは、終わりを意味すること。
finlandは最果ての地という意味。
彼らは自分たちのことをsuomiと名乗ってます。

>>15
干支の起源は、占星術の十二星座と同じだったような。
中国に伝来したときに、一月一動物から一年一動物に
変化したと聞いたことがある。

67 :天之御名無主:03/01/03 04:06
>>35
人種=DNA、民族=言語という解説で
一応納得してもらえると思う。厳密に言えば
違うというツッコミがあるかもしれないが、
素人に説明するには、ばっさりこう言いきった
方が分かりやすいと思ってる。

>>41
言語学的に言えば、F→Hの変化はありうるが、
H→Fはないです。よってフン→フィンというのは
間違ってます。

68 :( ;‘e‘)チャーニィたん ◆rcccharnyg :03/01/04 03:54
( ;‘e‘)<いろいろDNA調べてみればいいね

69 :天之御名無主:03/01/04 12:04
これはかわいい。

70 :山崎渉:03/01/11 03:04
(^^)

71 :天之御名無主:03/01/17 20:23


72 :山崎渉:03/04/17 09:48
(^^)

73 :山崎渉:03/04/20 04:39
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

74 :山崎渉:03/05/21 22:24
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

75 :山崎渉:03/05/21 23:52
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

76 :山崎渉:03/05/28 15:02
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

77 :iwa:03/07/25 19:33
東洋学研究所に勤める、iwaです。東洋学も、なんですが、
とにかく、研究所とは、世間の中では、不可解なところです、
研究所の常識は世間の非常識、世間の常識なんて研究所の非常識ね。
東洋とか研究所を語って行きます。マジャー  ル

78 :弥生人革命家 ◆9ugr6FqI8. :03/07/27 12:12
>>1
スレタイがマジャール人=「東洋人」?

>どー見ても「白人」。少なくとも人種的な意味での
>「東洋人」・「アジア人」ではないと思う。

人種的な意味での「東洋人」と言うのも、何か、
インドは東洋であるが、モンゴロイドだけではなく、アーリア人の血を
引く、近年アーリア学説に疑問も無くはないが、色の黒さを、別にすると、
体型、顔立ちなどは、中国人、日本人、よりも、ヨーロッパ人に
近いと思う。唯、生物学的な人種などないとの見解が有力学説として、登場してきて
いるが。
 オリンピックの陸上競技やアメリカのプロバスケットを
見る限り、人種的相違はあると思われる。文科系的研究と並行して理科系的研究(DNAなど)
も成果を期待する。

(トルコなどを話題に加え 楽しくゆっくりレスして行きましょう)

79 :iwa:03/08/01 21:14
世間の常識では、スーツでネクタイ。
研究所の常識はジーパンに髭、皆では、無いですが。
実力は、少しでも専門が違うと、よく判らない。
偉くなるのは、学問的力量よりも押し(厚かましさ)かな?

80 :天之御名無主:03/08/08 22:07
あげとくか


81 :天之御名無主:03/08/08 22:37
ハンガリーに干支があるとは初耳だ、おまいら流石博識だの・・
現在のハンガリー人はコーカソイドと全く変わりないが、
かつては文化的にアジア系に支配されていたゲルマンかスラブの種族なんじゃないか?
少数の蒙古系部族が土着の白人系を政治的文化的に支配したんだろ?
その蒙古系もトルコ系に近いヨーロッパに近づくにつれ外見的にはヨーロッパ
人と変わらぬ外見をもった蒙古系だったんだ。
まったくの想像だがこんな感じだろ?
あの辺一体は史実が残ってないから謎ばかりだな。

82 :天之御名無主:03/08/08 22:42
>>42
それはノルウェーの教会でも感じた、北は木造家屋が多く
地中海沿岸のローマ様式と比べアジア的だよ。



83 :天之御名無主:03/08/08 22:48
ぬぅ。大学の留学生にハンガリー人がいたがモンゴロイドには見えなかったなぁ。
ただ、そいつは別の学部にいたモンゴル人とは仲が良かったが(w
ちなみにうちのゼミにはベルギー人がいたが、そいつは「なんちゃって日本人」だった。
よく構内を浴衣姿で歩いていて、声をかけられるたびに恥ずかしい思いをしたもんだ(懐

84 :天之御名無主:03/08/08 23:33
DNAを調べてみませんか?
Y染色体、ミトコンドリアの調査であなたの先祖の出身地域を特定します。
http://www.familytreedna.com/

東欧や北欧のアジア的DNAにも触れてますね。
http://www.familytreedna.com/faqdnaprint.html
Why do people from Europe have East-Asian ancestry and what does it mean?
なぜヨーロッパの人々には東アジアの祖先がいるんですか。また、それは何を意味しますか。
AncestrybyDNAテストをとるコーカサス地方の人のおよそ1/3人は、東のアジアの祖先のある
レベルを示します。人が東アジアの系統を示せば、その理由があります。この混和は、予期
された寸法の中に系図に沿って同じDNAサンプルおよび軌跡から反復可能に入手可能です。
この結果は、人が必ずX%中国人か日本人であることを意味しません、しかし、重要なこと
(Xの%)の中で最もありそうです(やや)。東アジアの祖先(それはすべて異なるものである)。
ラップ人(Sammi)との重要な混和(それは北アジアからスカンジナビアへ来て、彼らはアジア
のインド人、北の中国語、日本語、アイヌ語およびアメリカインディアンなどと共通の遺産
を共有した)があるので、何人かのノルウェー人は重要な東アジアの祖先であります。(一部)


85 :無料動画直リン:03/08/08 23:42
http://homepage.mac.com/miku24/

86 :天之御名無主:03/08/08 23:43
こちらのビジネスは新規パートナー獲得で5000円
そのパートナーが新しいパートナーを獲得すると3000円という2次収入が入ります。
つまりある程度のパートナーを確保すれば何もしなくても収入が入ります。

ほったらかしで次から次へと入金が入る喜びを是非味わってください。

http://www.mahou.tv/missgreenjp/partner.htm
ホームページから登録できます。

87 :天之御名無主:03/08/08 23:55
かなりの美少女が出演しています。制服を着たまま開脚して大サービス。
パンティの膨らみだけで妙に興奮します。
ビラビラはかなり大きめで可愛い顔とのギャップがすごい。
ローターをオマンコに入れられかなり感じまくっております。
スタイル抜群の女子高生でいっぱい楽しんで下さい。
http://www.j-girlmovie.com/


88 :GET! DVD:03/08/09 00:07
★☆ 夏休みは GETDVD で満喫・満喫!! ★☆★
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆★ 送料激安!  スピード発送!  商品豊富!   
★☆      http://www.get-dvd.com        
☆★ 激安DVDショップ 「GETDVDドットコム」 
★☆      http://www.get-dvd.com        
☆★ 今すぐアクセス Let’s Go・Go!!   
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


89 :ホゲェホゲェ:03/08/09 00:10
小・中学生のマンコがいっぱい!!
詳しくはこちら→http://e-rebirth.com/af/in.cgi?id=30


90 :天之御名無主:03/08/09 00:29
おまえ処刑するぞ、この変態最低野郎!

91 :天之御名無主:03/08/09 13:02
       フィンランド人なんて背の高い北欧系の外見なのに
      ウラルアルタイ語族だし
       

92 :天之御名無主:03/08/09 19:02
トルコ サッカーのイルハンに日本の古武士の
面影を見たのは私だけであろうか?

93 :弥生人革命家:03/08/09 19:27
スレが賑わってきました、招かざる客も多いようで。
枯れ木もなんとかで、どんな見張りで嗅ぎつけてくるのやら
2chは面白い所です。>>81->>84さん いらっしゃい。ヨロシクネ。


94 :山崎 渉:03/08/15 18:26
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

95 :天之御名無主:03/08/18 20:55
マジャール人,
ウィルス怖くない、コンピュータウィルス、罹ったと思った
なら、ケーブル抜いて、最悪、再インストール覚悟で、インターーネットと
縁切って、FDディスクから、修復して、可能な限り、UPDATEもCDから。
いったん死ぬきで、他に迷惑かけぬよう。情報は正常なコンピュータからも
マスコミからもある。とりあえずは死んだふり。

96 :天之御名無主:03/08/18 22:02
しおたらん

97 :天之御名無主:03/08/19 11:10
ハンガリー国立歌劇場が来たときに、ピットの連中を至近距離で
観察したが、誰一人アジア的な風貌のはいなかったね。

98 :天之御名無主:03/08/19 13:16
少なくともハンガリー人自身は、
自らがモンゴロイドの子孫だと意識してるね。
 欧米でもハンガリーだけでしょ、ファーストネームの前にファミリーネームが来るのって。
ま、少なくとも日本人と同じ民族だとは思ってないだろうけどね。

99 :>>1:03/08/19 13:22
正解。
マジャール人はウラル系民族でした。

ソース
http://orchestra.musicinfo.co.jp/~kcpo/info/Maj.html

100 :天之御名無主:03/08/19 13:22
100

101 :大樹:03/08/19 13:36
                            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            | 俺って微妙にカッコ良くない?
                           ∠ こう、ドーンって構えてるのがさ。
                    ∧_∧     \______
               ___(´Д`  )_____
           .__/___     _____, )__
         〃  .//    /    /     / /    〃⌒i
         |  ./ /     /    ./     / /    .i::::::::::i
   ____|  .しU /⌒\./    /     / | ____|;;;;;;;;;;;i
  [__]___|    / /-、 .\_.  /     Uし'[_]     .|
   | ||     |    / /i  i    /         | ||      |
   | ||____|____/ / .| .|\_ノ______..| ||      |
   |(_____ノ /_| |_________..| ||      |
   | LLLLLL./ __)L_| |LLLLLLLLLLLLLLLL. | ||_____」
   | ||    (_/   / i                .| ||    | ||
   |_||        / .ノ               |_||    |_||
            (_/


102 :天之御名無主:03/08/19 14:02
>>101
寄らば大樹の陰?

103 :天之御名無主:03/08/19 19:31
ヒトラーもスラヴ系やロシア人のことをアジア人っていってた

104 :abc:03/08/19 21:59
人気サイト
http://pocket.muvc.net/


105 :天之御名無主:03/08/20 15:54
ポーランド人はどうみても白人ばりばりだけど?

106 :天之御名無主:03/08/20 16:54
>>105
コーカソイドであってもヨーロピアンじゃないんだろ。

107 :天之御名無主:03/08/20 18:32
ナチの優生学だろ?単なる疑似科学。

108 :天之御名無主:03/08/21 03:26
マジャール人やフィン人は匈奴の子孫だろ。

109 :天之御名無主:03/08/21 07:45
どうでもいいが、マジャルと表記したほうが正確。字数も少なくてすむし。


110 :__:03/08/21 09:00
http://homepage.mac.com/yamazaki8

111 :天之御名無主:03/08/21 11:43
>>107
しかし、ロシアがヨーロッパと認められたのは、ごく最近だからね。

112 :天之御名無主:03/08/21 13:09
そもそもヨーロッパとかコーカソイドとかいう概念が、
自分たちがヨーロッパ人だと思い込んでいる人々と他者とを差別するために設けられた
恣意的なものなわけで。





113 :天之御名無主:03/08/21 14:16
辺境魔界説みたいなねぇ。
同じことはアジア、特に中国にも言えるが。

114 :天之御名無主:03/08/21 19:52
>>112
国という概念が元々そうゆうもんだろ。

115 :天之御名無主:03/08/21 20:38




毎年、約1万組の日韓結婚。
それに伴なう朝鮮化した混血児。
年間、日本の新生児約100万人のうち、
約1〜2万人の新生児に
容赦の無い朝鮮人の血が流し込まれている。

また、韓国朝鮮人の帰化が年間約1万人も!






116 :天之御名無主:03/08/21 20:44
トルコ。マンセー!!!!!!!!
ワールドカップで負けてよかった。
アッラー、アクバル!!!

117 :天之御名無主:03/08/24 07:57
オーストリア・ハンガリー二重帝国,オーストリアからハンガリーを見れば
ほのかに東洋が香る、微微香、ユーラシアて広すぎ。


118 :弥生人革命家:03/08/24 08:02
南九州人は日本人と別ってマジ? スレより

117 名前:天之御名無主 :03/08/23 11:58
下戸遺伝子からみりゃ、南九州も東北も酒豪の地。
http://www.athome.co.jp/academy/genetic/gen04.html

119 :天之御名無主:03/08/27 18:00
マジャール人=コーカソイドだが、歴史の中でアジア人と
大幅に混血。
フィン人=アジア人だったが、歴史の中でスウェーデン人など
コーカソイドと大幅に混血。
と聞いたことがありますが?

120 :天之御名無主:03/08/27 19:19
>>114
人種の場合は、それが科学的で客観的だと思い込まれていることが問題なんだよね。

121 :弥生人革命家:03/08/28 23:07
114.119さんほか
伝統有る、このスレに下記子、有難うございます、いがらし板を別にすれば
>>1の日付を見れば、、、驚きでんな。

122 :天之御名無主:03/08/28 23:29
いがらし板より古いスレがいくつかありますよ

123 :天之御名無主:03/08/31 03:19
84の紹介してるサイトは面白いな。
ノルウェー人にモンゴロイドの血がかなり入ってるとは
知らなんだ。でも、ラップランドの人間と混血するのは
当然の帰結だし、それが証明されただけってことか。
「イヴの7人の娘たち」て本は確かこのサイトの責任者が
書いた本だと思うけど、一読の価値あり。
NHKで関連番組もやってたよ。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4789717593/qid%3D1062267368/250-8030994-1896224



124 :弥生人革命家:03/08/31 07:02
>>123
漏れ英語弱いので、>>84を OCN翻訳サービスで読んだ、面白かったです。


125 :天之御名無主:03/12/18 23:21
まだ先進国になりきっていないのに既に人口減少が始まっていて、それでも経済成長をしているんだからすごい。

126 :天之御名無主:03/12/20 08:07
ハンガリーは白人

127 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

128 :天之御名無主:04/05/07 19:33
蒙古斑がでるらしい。

129 :通りすがり:04/05/08 09:14
かつてトランシルバニアはハンガリーの領土だった。
ルーマニアのマジャール人は早くハンガリーに入れてもらいたいらしい。
ってな話を船戸与一の小説読んで知った。

どこの国にもあるもんだ。民族の帰属問題ってのは。
領土を別にして考えれば、帰りたい香具師にゃあ母国に帰らせてやりゃいいって思うのだが…。

130 :天之御名無主:04/05/15 00:02
「ハンガリー」とは、「フン族の国」という意味どえ〜す。

131 :天之御名無主:04/05/22 00:41
ハンガリー人がモンゴロイドだったという可能性はほとんど在りません。また蒙古班は白人、黒人の新生児にも見られます。ですから蒙古班の有無は、モンゴロイドの決め手にはなりません。
またハンガリー人とフン族とは全く関係ありません。これは俗説です。

現在ではハンガリー人が属するウラル語族は、現在ではウラル=アルタイ語族といった表記はせず、ウラル語族、アルタイ族語族と別々に表記します。




34 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)