5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

古代の神と近代の神の役割の移行について

1 :インドラ:03/03/01 06:34
○古代の神
 文明が十分発達してない先住民に農耕技術や土木建築
技術、天文学を教える使者として神話に登場する。
○近代の神
 倫理観や道徳など人の生き方を教え導く存在として表現
されている(キリストなど)。
*一体、この神の役割の変化はどうして起こったのか?
 なにか知ってる人教えてください。

2 :天之御名無主:03/03/01 06:40
個々の事例を一般化しすぎ。

3 :天之御名無主:03/03/01 06:49
日本の神はちっとも当てはまってないようだが

4 :天之御名無主:03/03/01 08:30
>1のいう「古代の神」って何のことだ?
古代に於いても大抵の神が倫理とともにある。
まさか古代には治水神話しか存在しなかった
なんて思ってないだろうな?

5 :インドラ:03/03/02 04:11
初期の文明において神というのは非常に高度な知識と生産技術を
もった人のことを指していると思うんですが。確かに倫理観や道
徳的なことも未開人に教えるという役割もあったとは思いますが
それは人を殺したり、争いをしてはいけないというごく簡単なも
のような感じがするのです。
 キリスト教あたりが出現した時期の神の教えはさらに高度な倫理
観をもつことを人間に教えていると思います。例えば、「片方の頬
を叩かれればさらに片方の頬を差し出せ」とか・・。「隣人を愛せ」
とか・・。
 まあ、仏教や神道などはまた違っていますが大雑把に捉えてこうい
う神の教えの変化(古代の倫理観はシンプル、近代になればさらに高
度な倫理観を説く)について何か意見や知ってることがあれば教えて
欲しいんです。



6 :天之御名無主:03/03/02 05:23
キリスト教は他の宗教の神々を天使や悪魔や聖人として取り込んで
発展した宗教だから多神教とは神の位置付けが異なる。
ただそれだけのこと。

7 :天之御名無主:03/03/02 06:34
↓↓↓↓↓★ココだ★↓↓↓↓↓
http://www.pink-angel.jp/betu/linkvp/linkvp.html

8 :4:03/03/02 15:43
古代ギリシアにおいて神は運命を司る。当時の一般的な神話解釈では
神々同士の関わり、関係性などのうちに高度な倫理が存在する。これは
古代メソポタミアの神話の特性でもある。いわば神話を「寓話」として
解釈する。解釈自体は残されていない。古代ギリシアでは「神託」という
形で神本人が「高度」な倫理観を持つことを人間に要求することもある。
一神教でも同じく唯一神本人の「意思」に全てが帰せられる。仏教は仏陀
による「発見」としている。
>1さんの例示した「隣人を愛せ」「片方の頬を云々」は拘束力を持たな
い教えですし、特に「高度」な倫理とは思えませんが、キリスト教は
些細な論争に関するデータもよく残っているということでしょう。

9 :山崎渉:03/03/13 12:55
(^^)

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)