5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【旅行】 旅先で感じた民俗・神話 【観光】

1 :天之御名無主:03/02/23 22:13

出先で神社仏閣城址民家博物館etcを見て、
「面白い・感動した・楽しかった」と思った事を書きこんで下さい。

フィールド・ワークって言葉程かたくならず、
観光気分で書いてもらえると(素人な私が)嬉しいです。


2 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

3 :天之御名無主:03/02/23 22:35
え〜。
じゃあ1である私から。
先月、アンコウ鍋食べに北茨城に行ったんですよ。
野口雨情の生家の近所で磯原って所なんですけどね。
北茨城の海岸線って言えば、ずーっと真っ直ぐ。
で、そんな真っ直ぐな海岸線から50mくらいポコンと
海に出っ張っている岬というか岡があります。
で、その海際の岡に神社が立っていまして「弟橘媛神社」。
「ここで昔、海難事故があったのかなぁ」などと夕暮れに思いをはせて見ました。
(立て札の縁起には「徳川公が元から祭られていた天妃神と合祀した」
 としか書いていなかったのですが)

こんなライトな感じじゃ板違いですか?

4 :天之御名無主:03/02/23 22:37
鹿児島から自転車で霧島神宮に向かうとき、
空の雲が裂けて天から光がさしてきて自分の辺りを照らした。
凄く綺麗だったので、思わず手をあわせてしまった。
気象条件かもしれないが、宮崎県から鹿児島にかけて、
昔の日向の国の辺りでは、よくそうした現象に遭遇した。
(とくに海沿いで)
神話の国だなあ、としみにじ思った。

5 :天之御名無主:03/02/24 14:03
宮崎県の高千穂にいったら、道沿いの小高い岡になにげなく
高天原という立て札がたっていた。
ここが高天原だったのか、と感動した。
朝にその岡に立って下を見下ろすと、一面の雲海が広がっているらしい。
昔の人たちが、「自分たちは雲の上に住んでいた」
といっていたのもまんざら嘘じゃなかったんだろうなあ、と思ったりした。

6 :天之御名無主:03/03/01 02:19
え〜また1です。一応責任を持って維持。
え〜、紀伊行った時の話です。
高野山に行って、有名人やらシロアリやらのお墓を見て、
そのくせ密教系の建築物ってあんまし見せてもらえないなぁ、と憤慨しつつ、
龍神スカイラインを南下。
龍神スカイラインて言うのは、高野山(紀伊半島のほぼド真ん中)から、
紀伊半島最南端の南紀まで抜ける有料道路です。
ここを単車でスイスイ走ったのですが、実に楽しい。
天気は花曇り。季節は5月下旬。
私の頭には山塊という単語は浮かんだ。
もう、どっちも山、山、山。標高はそれほど高くないので
広葉樹中心なのが風景を柔らかくしている。
展望台とかでマッタリしながら、
「あ〜三山闘争とかってこの辺だっけ? 神様の一人や二人いそうだなぁ。
いてもボケててなんか体よく騙されちゃいそうな神様だろうなぁ」
とスッカリ私がボケボケしました。
龍神スカイライン。走り屋も多いけど、ゆっくり走って堪能してしまいました。

7 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

8 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

9 :とてた:03/03/01 11:40
「降星伝説」のある交野。

実際に見て回ると、「伝説の地」も説明文が無くて放置状態なので「現実」がよくわかったり。

岩船神社の「岩船石」(不動明王が彫られてたり)は一見の価値はありましたが。

10 :nthrsm012060.hrsm.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp:03/03/01 19:52
ああ

11 :nthrsm012060.hrsm.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp:03/03/01 19:53
guest guest

12 :nthrsm012060.hrsm.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp:03/03/01 19:53
ARE? EROSITENIIKENAIZO?

13 :山崎渉:03/03/13 12:56
(^^)

14 :天之御名無主:03/03/23 01:53
熊野古道を歩いてたとき。ちょっとマジ怖かった。
他の山歩いてるときと違って。

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)