5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

秘められた祭

1 :天之御名無主:02/07/19 01:40
マンガ「花園メリーゴーランド」のように、
地元だけに伝わる門外不出のムラの恥部的祭りや、
有名なんだけど知られざる裏事情のある祭りとかキボンヌ

63 :天之御名無主:03/12/02 21:41
ボシタ祭り、迷惑極まりないな。
祭りの数ヶ月前から祭りの練習が始まってうるさい。
この祭りのために会社辞めるアホも後を絶たない。
暴走した馬で市内を練り歩く祭りのどこが秘められた祭りなんか。

迷惑かけてやってるなら在日団体に負けず
「ぼしたー、ぼしたー、滅ぼしたー」の掛け声を続けてほしかった。

64 :天之御名無主:03/12/02 22:05
>>63
確かにこのスレみたく「秘められた」とはいえないよな、ボシタ(w
ちなみに掛け声は今でもごく一部の団体は「ボシタ」で通してるよ。
怒られるがな。

65 :天之御名無主:03/12/02 22:10
>>10
最悪な祭りだな。

66 :天之御名無主:03/12/02 22:16
>>48
ああ、あの時の人か、みんな笑ってたぞ。。。

67 :天之御名無主:03/12/02 23:04
ボシタ祭りは某高校が参加しないようになったので
これからは少しは大人しくなるんじゃないかなぁ。

ボシタは本来、放生会として行われてるもの。
御輿に移った神に御旅所で奉納の能を捧げ、その御輿の行列のお供が随兵。
ほとんどの連中は知らないけど、加藤清正以前から400年近くやってる祭。



68 :天之御名無主:03/12/02 23:16
>>67
うあ、なんかちょっと誤解招きそうだから補足。
加藤清正が活躍したのは1600年辺りだから一応400年前だが
ボシタの始まりは加藤清正が切欠じゃないってことで。

ちゃんと調べたわけじゃないので間違ってたらスマソ。

69 :天之御名無主:03/12/03 01:05
>>68
ボシタ祭りの起源として、>>10も書いているように
「ボボした祭り」説が有力だ。関西風にいえば「オ●コした祭り」(w

70 :天之御名無主:03/12/07 00:44
>>55
ぷりぷり県民ハケーン

71 :天之御名無主:03/12/07 22:58
変な祭りだなあと思いながら敢えてなにも突っ込まなかったんですが、
「ぷりぷり県」のお祭りだったのですか?やっぱり頬かむりするんですか?

72 :天之御名無主:03/12/07 23:07
>>71
ぷりぷり県のサイトです
ttp://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Bay/4104/yosida/purihome.htm
目の痛くなるサイトですが・・・

73 :天之御名無主:03/12/18 13:23
遷幸の儀:
静寂ぶち壊す、携帯電話と私語 春日大社

http://www.mainichi.co.jp/news/flash/shakai/20031217k0000e040074000c.html

74 :天之御名無主:04/01/02 21:38
ageとこうかな。
門外不出という感じでもないけど、全国的にみれば珍しい祭り?があるな。ちょうど1〜3月に行われる
梵天って言うんだけどね、この祭りをやってるのは全国でも秋田位しかやらないらしい。
3mくらいの棒に籠を逆さにつけて、着物の布をかぶせる。そして各家々をめぐる。
みようによっちゃコンドームをかぶせたティムポ

75 :天之御名無主:04/01/03 01:46
「梵天」ですか。仏教的な名称ですが、由来はなんでしょうね?
棒に布をかぶせるというと、遠野のオシラサマを思い出しますね。
オシラサマは東北の養蚕信仰、もしくは馬への信仰だったと思いますが、
「梵天」はどのような主旨のお祭りなのでしょうか?

76 :天之御名無主:04/01/03 09:39
74です
>>75
奉納するのは神社です。地域によって違いはあると思いますが、山の神、馬頭観音等の神道系祭典
だと思います。
そのオシラサマに類似してるんで類似祭典だと思いますけどね。
1回練り歩く方に参加したのですが、梵天と恵比寿俵、奉納する木の札(といっても1Mくらいあるもの)をもって
練り歩く。各家々に訪問したらお神酒を振舞われる。そのお礼にお札を玄関にぶつけたり、子供の頭にこつんとやったりする。
ちなみにぼんてんとは言わずぼんでんとにごります。
ググれば参考になる文献があると思います。

77 :天之御名無主:04/01/04 03:54
ぼんてん 【梵天】                      三省堂提供「大辞林 第二版」より
〔「ぼんでん」とも〕
(3)〔「ほて(3)」の転か〕御幣(ごへい)。幣帛(へいはく)。頭屋(とうや)の標識にしたり、
  神幸や山伏の峰入り行列の先頭に立てたりする。梵天祭として二月一六、一七日に
  秋田県横手市で行われるものなどが有名。[季]春。


また、栃木県の観光情報サイトでは、羽黒山神社梵天祭 〔上河内町〕の紹介として、次のようにある。
ttp://www.an.wakwak.com/~tochikan/maturiibento/nenkan/11/bontensai.htm

 梵天とは、もともと修験や祈祷の幣束を竿の先に結びつけたものが原形で、
 後に孟宗竹2本を藁縄で継いだ竿に麻やかんぴょう、繭、檜のかんな引き、
 和紙などの特産品で作った房を付けるようになったものです。現在では、孟宗竹と
 真竹を継いだ長さ約17mの竿に和紙やカラフルなビニールで房が作られています。

78 :天之御名無主:04/01/04 04:10
折りしも昨日(1/3)に岩角山大梵天祭(福島県安達郡白沢村)が行われている。
この祭りでは梵天の争奪戦が行われる。梵天の一片を身に着けていれば一年間の家内安全、
無病息災の願いが叶うと言われているため。

御幣に似たものとして、飾り花などと呼ばれる、木の棒の先をささくれに裂いて開いたものがある。
地方によってはスズキ(稲穂の意と思われる)などとも呼び、神社の御幣の原型は稲の穂を
模したものであった可能性がある。

ただし梵天の場合、後に御幣と同一化するが、もともとは東北地方に伝わる呪具・法具の一種で
あったかもしれず祭りの起源をたどってみるのも面白いかもしれない、と書いてみるテスト。

79 :天之御名無主:04/01/04 04:20
>>68
>ボシタの始まりは加藤清正が切欠じゃないってことで。

切欠
ってどういう意味ですか?
調べても文脈での切欠の意味がわからなかったよ

80 :天之御名無主:04/01/05 00:15
切欠 = きっかけ と読ませたのでは?

81 :天之御名無主:04/01/12 12:07
博多ジオン山笠は、特殊な趣味の方々の秘められた情熱が爆発する祭りだ。ハァハァ…

82 :天之御名無主:04/01/15 18:30
くだ質スレでこちらのスレを紹介していただいたので質問させてください。
以下はくだ質スレに書き込んだもののコピペとなります。

数年前にテレビで見た奇祭の名前や開催地を教えてください。
その祭りの内容で覚えていることは

・男が赤い褌をレオタードのような感じに無理やり着用する
・豆絞りでほっかむりをする
・長い棒を片手に持をもっている
・数人で輪になってリズミカルにおのれの尻を力一杯叩きながらグルグル回る

以上です。祭りの名前に「鳥」の字が入っていたような気もします。
また九州地方のお祭りだったような気もしますが、祭りの様子があまりにも
衝撃的だったのでよく覚えていません。
奇祭、尻、叩くなどのキーワードで検索しても該当するものを見つけられませんでした。
よろしくお願いします。


83 :天之御名無主:04/01/15 19:42
>>82
それ、鳥刺し踊りじゃない?

84 :天之御名無主:04/01/15 21:31
鳥刺し踊り

長崎県国見町神代楠高地区で伝承。
延享4年(1747年)、神代鍋島家第8代当主・鍋島茂興公が、鍋島家佐賀本藩の
名代として第116代桃園天皇即位の礼に参列のために京都に上った際、同行して
いた家臣がそこで習い覚えたのが始まりといわれています。
その後、神代楠高地区の保存会が、保存継承に努め現在に至っています。
活動は、各種イベントへの出演依頼により年間を通して行われています。
裸に9尺の赤ふんどし姿で長竿を持ち鳥を刺す様子を詩に合わせユーモラスに表現します。
ttp://www.town.kunimi.nagasaki.jp/kyoudo.htm

85 :天之御名無主:04/01/15 23:19
略奪結婚の腹いせ!? 新潟・松之山で奇祭「婿投げ」
ttp://www.asahi.com/national/update/0115/033.html
--------------------------------------------------------------------------------
新潟県松之山町で15日、約300年前から続く奇祭「婿投げ」が行われた。
前年に結婚した婿を松之山温泉の薬師堂で男たちが、約5メートル下の雪の中へ放り投げる。
略奪結婚の名残からきた小正月の伝統行事で、よその男に集落の娘をとられた男たちの腹いせが、
形を変えたものといわれている。
昨年9月に結婚した同町の高橋伸幸さん(34)は「気分良く雪の中に投げられて、気持ちよかった」と話していた。
(01/15 18:52)




86 :82:04/01/17 00:24
お礼のカキコが遅くなりまして申し訳ありませんでした。

>>83>>84
これです!!私にビッグな衝撃を与えてくれたお祭りはこれです!
本当にありがとうございました。ああ、死ぬまでにいっぺん生で見てみたいなぁ。

87 :天之御名無主:04/01/26 23:24
NHK教育『ふるさとの伝承』において、夜具を用いて大嘗祭の時に、天皇陛下が『真床追衾』の儀式を行うとの事だが、関東地方のある一神社の神職が、神社の大祭時に、天皇陛下と同様な儀式を収録したモノが、このNHK教育『ふるさとの伝承』番組です。
いつ放映されたのか詳しい日時等の情報を持っているひといましたら書き込みお願いしますm(_ _)m

88 :天之御名無主:04/01/26 23:54
>>87
日本語がやや不明瞭ですな。
NHK「ふるさとの伝承」自体は15年ほど前(90年頃〜98年頃?)の
毎週日曜17:30頃から放送されていたと記憶していますが。
オープニングの映像と姫神の曲がなんとも美しい番組でした。

この番組は終盤のころはほとんどが再放送でしたし、
終盤でなくてもときどき再放送を交えていたので、
おそらく初回放映日を探りあてないといけませんね。

DVD化とかされているんですかね?


89 :天之御名無主:04/01/27 16:04
http://www5e.biglobe.ne.jp/~yb_net/clip/img/8335.jpg

90 :天之御名無主:04/01/29 02:10
ふるさとの伝承はいい番組だったね。放送は、1995/04/09〜1999/03/14。
VHSは過去にNHKソフトウェアから全30巻が販売されてたけど、今はもう売ってないみたい。
かわりに、埼玉県川口市にある「NHKアーカイブス」に行けばただで閲覧可能です。
下記に番組内容の簡単な紹介がある。

NHKアーカイブス 公開ライブラリー検索 [紀行]
ttp://archives.nhk.or.jp/archives-i/nhk_index.do

91 :天之御名無主:04/02/03 22:39
ジャランボギオンっていう祭りがあるらしいですね。
カタカナで書かれると日本語とは思えない

92 :天之御名無主:04/02/07 01:29
うちの周りは明治以降の集落のようだが、
神社等はけっこう古くからあったようだ。
でも、地元には祭りといったものはなく、
子供会でガキんちょどもが「元気を出してワッショイ!」
などと掛け声をあげながら、獅子舞のおシシを皆でもって
周辺を練り歩くだけの儀式しか残っていない。

祭りといってもクリスマスと同程度の子供向けイベントでしかない。
なぜ?

93 :天之御名無主:04/02/14 15:19
ヘアケア祭り

94 :天之御名無主:04/02/21 23:24
>>92

うちの近所の祭りもそんなんだよ。東海地方です。

95 :天之御名無主:04/02/22 17:29
>74
こないだ梵天見に行ったよ。
ついでだから地元のじいちゃんに話聞いてみたけど、あのブツが
ティムポに見えるって言うのも、あながちはずれてはいないらしいっす。
ブツを奉納しに行くのは男性に限られており、神社を女体に見立てた
いわば公開セクース祭りなのだとか。
ついでに言えば、生理中の女性や妊婦、1年以内に子供が生まれた家の人間は
見学すらもできないんだって。理由聞いたら「女の神様だからやきもちを焼いて
災いをもたらすんだ」だってさ。
もちろん死人が出た家も参加できないんだけど、それよりも↑の人間のほうが
この祭りでは忌み嫌われてるらしい。
神事だから、赤不浄とか黒不浄とかいうのに関係しているんだとは思うんだけど、
不浄にも順位ってあるんすかね?
既出だったらスマソ



96 :天之御名無主:04/02/22 21:22
>>92 浜松祭りもそんな感じ。
もう祭りというよりはイベントに近い。

97 :ナムジ:04/02/23 19:31
3月2日は、日本の奇祭『お水送り』の日ですね。
昨年は休みだったので、若狭の根来寺まで見学に行きました。
神事を実際見ていましたが、何処から見ても拝火教(ゾロアスター)の儀式ですね。
実際、太陽信仰は南方系(平家族・赤褌)の伝承と考えていましたが、半島系(源氏族・白褌)の本場である若狭において拝火教と言うのも変ですね。
また、儀式があるのが根来寺。紀州の根来が呉人が居住地区と考えると更に不可解。しかも寺院(確か密教寺だったような‥)にて行なわれている。
謎がいっぱいの祭りですね。

98 :天之御名無主:04/02/24 05:14
>>97
> 南方系(平家族・赤褌)
> 半島系(源氏族・白褌)
ってのはなにかに書かれていますか?

99 :天之御名無主:04/02/24 12:54
火をつかってりゃ何でもゾロアスターかよ。

100 :天之御名無主:04/02/25 02:48
この日本において、
「何処から見てもゾロアスター教の儀式」 などと一目で見抜いてしまうのがスゴい。

漏れなんぞは教科書の小さな写真と、書籍からのわずかばかりの記述しか知らんので、
あんな風に断定するなんて芸当はとてもじゃないができない。

97氏は相当熱心な信者か、中近東あたりでの生活が長い人にちがいないne!すごいすごい。

101 :天之御名無主:04/02/25 11:31
ま、日本の火を使う祭りが、ペルシャに伝わってゾロアスター教に
なったと言い出さないだけましじゃん。 
どっかの人なら起源はウr(ry

102 :ナムジ:04/02/26 22:39
> 南方系(平家族・赤褌)
> 半島系(源氏族・白褌)
ってのはなにかに書かれていますか?

>八切ネタから‥。スンマソン。


103 :天之御名無主:04/03/20 12:27
とある県では初冬の深夜に町の青壮年の男たちがふんどしも着けない全裸で
諏訪神社でお払いをし、近くの小川に入ります。
外部にはほとんど知られること無く、地元では昔からひっそりと行われています。

同じ県の某港町では、1月某日に町内の老若男女が海岸に集まって全裸になり、
海中に入って禊をし、豊漁を祈ります。男も女もというのがすごい。

104 :天之御名無主:04/03/21 03:00
>>103
下のスレにコピペさせてもらいました。
はだか祭について語る
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/min/1075639345/l50

105 :天之御名無主:04/03/22 10:46
石原慎太郎の「秘祭」読みました。

あれって何かモデルになった祭りとか島、あるんですか。
あと韓国じゃあ故人を泥饅頭にして二年ばかし置いた後、掘って骨を二百八本取り出すそうですが日本でも泥饅頭つくった地方はあるんでしょうか。

106 :天之御名無主:04/03/26 13:39
>>97

お水取りと拝火教を結びつけるのは、きわめて自然だとオモタ。
むろん教義は異なるだろうけど、根底のところは火に対する
畏敬の気持ちで、おんなじだろう?

107 :天之御名無主:04/04/14 10:57
>>106
それは「火を祭るようになるのが自然」という話であって、
「お水とりとゾロアスターとを結びつけるのが自然」というのとは
別の話だと思われるがどうよ。

108 :天之御名無主:04/04/18 03:06
>>107

禿同!!

109 :天之御名無主:04/04/26 15:18
トン祭りあげ

110 :天之御名無主:04/05/04 18:10
お前ら頑張って秘められた日本の奇祭リストを作りませんか?

111 :天之御名無主:04/05/06 15:13
そういうことは自分である程度だしてから言うもんだ。

112 :天之御名無主:04/05/09 02:16
>>109
みうらじゅんスレでも立てれ

でも、よく考えてみたら、みうらじゅんのフィールドワークも民俗学っぽいな

30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)