5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

♂♀  生 贄  ♂♀

1 :天之御名無主:01/11/21 13:35
日本にも「生贄」って風習あったの?
いつごろまであったの?

146 :天之御名無主:03/01/29 10:44
金枝篇も母権論も古典だよ。読んでないと話にならん。
端からくさす奴に限って読んでないんだな、これが。

147 :天之御名無主:03/01/30 01:31
御柱祭りは?


148 :天之御名無主:03/01/30 13:14
インカの生け贄は、マリファナを吸わせて
幸せ一杯のところをさくっとやったという記述を何かで読みました。
幸せ一杯というより、麻酔として使ったのでは?
と愚考したものです。

さて、日本では神社にしめ縄というのがあります。
しめ縄は麻で出来ており、麻はもちろん大麻の麻です。
茎はしめ縄に使われましたが、葉っぱはどうしたのでしょう?
吸ったのでしょうか。

日本だけではないですが、
護摩をたくことに表されるように火を神聖視するのは
たき火の中に麻の葉を入れて祭祀を行った記憶からでは?とさらに愚考。
日本の神社では神さまに捧げる縄が麻で出来ているわけですから。

縄文の祭祀遺跡からは生け贄は
今のところ見つかっていませんね。



149 :山崎渉:03/03/13 13:10
(^^)

150 :辰子姫:03/03/19 08:10
しゃーむにずむにおける生贄には自発的な要素が多いと思います。
……………私の場合も……

151 :天之御名無主:03/04/02 11:49

島嶼部の秘祭など、
まだ生贄の風習が残ってる気がする。

152 :山崎渉:03/04/17 09:25
(^^)

153 :山崎渉:03/04/20 04:52
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

154 :天之御名無主:03/04/20 23:40
しめ縄って本来は生贄の首を絞め殺すためのものでしょ?

155 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/04/20 23:45
>154
神霊を迎える道や潔斎中に家や部屋の前に張るものとしてしか出て来
ませんが・・・ソースはおありで?

156 :天之御名無主:03/04/24 16:05
雲仙・普賢岳みたいな火山が噴火したら、火口に生け贄を突き落とすとか
聞いたことはあるけど、実際噴火している最中の火口まで行けるものなの
だろうか?

157 :天之御名無主:03/04/25 12:28
関東大震災時、皇居の下からから人柱として埋められたとおぼしき
人骨が出てきたという話を聞いたのですが

158 :天之御名無主:03/04/25 12:45
ああああああああああああああああああああ

159 :天之御名無主:03/04/25 22:03
処女が生贄にされやすいなら、生贄にされたくない女性はさっさと所帯を持つのが正解?
そういう考えで娘をさっさと嫁にやったりとか、本人が必死で結婚相手をみつけたりとかあったのかなあ?

160 :天之御名無主:03/04/26 18:07
>>157
いや、あれは改修工事のときじゃなかったっけ?
ソースどこにあるか忘れたけど、ぐぐればあるはず。
「皇居 人骨」とかで。


161 :天之御名無主:03/05/03 07:46
 オニギリデシ
        /■\ オムスビデシ
   /■\  (,,・∇・)
  (,,・Д・) 〜|っ●o
〜(,,u▲)   uu




162 :天之御名無主:03/05/22 20:50
どの建築工事でも建築中の事故があったと思うが、
その事故件数と、完成後のその建築物での事故状況の相関データってないかな?

163 :天之御名無主:03/06/30 16:25
あげ

164 :天之御名無主:03/06/30 21:27
>建築物での事故状況の相関データ
人柱と生き埋め事故とは、発掘状況が違うそうな。
古いデーターは無いが明治時代、某所の河川の改修で贄が捧げられた一例のみを読みました。
儀式を行った宮司によると、人柱は薬物などで酩酊(急性中毒)状態にした後、厳重に囲われた穴に、立った状態で捧げられる
これは神に仕える家臣、または婚姻者を捧げる儀式であり、贄の苦痛を排除しないと祟られると考えていた。
儀式は現場責任者も除いた、宮司と儀官のみで行われる神事。記録者は後日、権力者の協力の元に簡単なインタビューをしただけ。
綺麗な衣装を着、禊を行った健康な未婚の男女(男神には女、女神には男)が捧げられる。
詳しい場所や、宮司の氏名、権力者の氏名と日時、それに儀式の内容は書かれていなかった。

都内の東洋研究の資料室にあった、ごく短い文献。偽物だったのかも。

165 :天之御名無主:03/07/02 03:07
<人身御供>
 古代の諏訪社では、神のために人の命を捧げる人身供犠が行われていた可能性があるといわれる。
 一年神主としての大祝の殺害が主に有名なようだが、他にもいくつかの伝承があるため実際にどのような形で行われていたのかは、はっきりとはわからない。
 旅行家で多くの随筆、旅日記を残した菅江真澄は1784年に諏訪を訪れ御頭祭などを見て『すわのうみ』を残したが、その中に御贄柱という概念と縛り付けられる大祝の少年が書かれている。
 しかしそれも、すでにかなり近代化した祭事だったようで元がどのような形式だったのかはわからない。
 ただし、それらに共通するのが、人身御供や人柱と呼ばれる者に選ばれるのが、未成年の男子だったということだ。
 日本各地の昔話や伝説を見る限り、人身御供に選ばれるのは未成年の女子である例が圧倒的に多いため、諏訪社は珍しい例だといえるかもしれない。
 また日本のシャーマン(霊媒者、寄坐)といえば、巫女やイタコなどに見られるように、女性であることが一般的だが、
 諏訪社で一年神主としてシャーマン役を果たしていたといわれるのが男子という点も、同じく珍しいと言えるだろう。
 逆にいえば、男子は生神としての崇拝対象にされるだけの者だった可能性もある。この場合は、アジア各地に見られる神輿(みこし)や山車(だし)に乗せて運ぶための生神役に似たものだろう。
 また大祝(おおはふり)という呼び名だが、もともとハフリとは神職のことを指し、特別シャーマン的な要素を持たない言葉だ。そしてハフリには別に”葬り”という意味もある。
神の移し身として”即位”した生神を殺し葬り、祝いの祭事で奉り神へ昇華させる意味を大祝という言葉は含んでいるのかもしれない。
 それが人工の神を作り出す祭事だったゆえに、祭事を司るミシャグジ(御社宮司)の呼び名が神の名として定着していったのだろうか

166 :天之御名無主:03/07/02 03:22
>>137
>「金枝篇」の斯界での評価はDQNだそうです。
>最近ではまともに参照する人もいないのでは?
誰だったか忘れたけれど、否定している学者は居ますね。でも、その人の否定の根拠は
昔の学説だからいい加減だ というDQNなものだよw

フレイザーや折口、柳田、南方など、昔の文献に頼らなければいけないのは、民俗学が廃れているせいでもあるかも。
新説の発表も、事に民俗学はそのまま信仰に関係する場合も多く、いろいろ面倒な場合も多いと聞きます。

帝謚考なども無視されているけれど、同等の研究の末に否定を述べた研究者が皆無なのが情け無い。
否定者の殆どが、旧説を否定する事で売名するだけの、手段として使っているだけなのが現状。

167 :天之御名無主:03/08/25 22:09
ho

168 :天之御名無主:03/09/05 05:01
sh

169 :天之御名無主:03/09/05 05:52
http://www.shitamachi.net/ranking/cgi05/ranklink/ranklink.cgi?id=05mercur

170 :天之御名無主:03/09/21 02:35
>>165
え、じゃあ今も伝わる諏訪大社の「御柱祭り」の御柱って、
大昔は人柱だった可能性があるってことかな。
いつの頃からか人柱の代わりに木の柱を立てるようになった、と。

171 :ex:03/09/24 13:04
東大寺のお水取り・修二会も、昔は五体投があったらしいですね。
さだまさしが歌ってますよ。

172 :天之御名無主:03/09/24 16:43
大正時代に日照りが続いた農村で貧乏人の娘を人身御供にしようとした事があって、
その貧乏人は僅かな金で娘を生贄とすることを承諾するのだが、
人身御供の儀式を行う直前に雨が降って儀式は取りやめとなり村人はその貧乏人に金を返すように求めたが貧乏人はそれを断り裁判にまでなったそうだ。

むかしモノの本で読んだ話なんで信憑性は分からんが裁判記録とかも残ってるらしい。

173 :天之御名無主:03/09/24 19:27
生贄に選ばれた人は、片目を潰されたり片足を切られたりして不具者にされて、生贄になるまでの期間は神聖な物として崇められていた

174 :天之御名無主:03/11/02 19:50
処女しか認められない。

175 :天之御名無主:03/11/08 01:06
a

176 :天之御名無主:03/11/08 02:35
板違いだけど、電撃文庫のMissingに通じるね。

177 :天之御名無主:03/11/08 03:03
チョト違うで>>170さん、
>165さんの言ってる"柱"は御頭祭で使用される「御贄柱」のことでしょう。
御柱は聖域を囲むものだよ。
あのあたりって小さな祠にも、キッチリ柱4本立ててあるのが印象的でした。

178 :天之御名無主:03/11/09 17:37
>>177
結界みたいなもんか。

179 :天之御名無主:03/11/10 06:58
>>176
Missingを知る人がこの板にいたとは!

180 :天之御名無主:03/11/19 19:50
a

181 :天之御名無主:03/11/22 05:16
>121
東北もあるよ、多分。

特に古いダム湖なんか。

182 :天之御名無主:03/11/23 19:44
悪いことをしてはいけにぇ

183 :天之御名無主:03/11/29 23:59
>>182
座布団没収。

184 :天之御名無主:04/01/24 00:46
昔マルコ・ポーロの伝記で読んだんだが、元の奥地での話
旅行者を丁寧にもてなす→それを殺す→その家の守り神になってもらえる。
という迷信が信じられてる村があって、本人も危うく犠牲になりかけたとの事。

185 :天之御名無主:04/02/17 23:58
>>121
>>181
戦前には当たり前のことだったようです
10年程前、東B鉄道のOBの方が
鉄橋やらトンネルやらに衰弱したり病気になった半島人を
埋め込んだことを聞かせてくれました
コンクリが硬くシマって丈夫になるのだと真顔でいっておりました

今なら当時の生き証人がまだまだ存命かと思いますが
興味のある方は関係者をあたってみたらいかがでしょうか







186 :天之御名無主:04/02/19 23:12
角度オチのためだけに4行もカキコしてくれた>>128に敬礼

187 :天之御名無主:04/03/22 11:33
a

188 :天之御名無主:04/04/01 18:51
>>99さんのところで紹介された……、

○諏訪神社では、三年に一度諏訪の大神に村の娘を犠牲
 として供えていたと言われている。
○奈良の倭文神社の言い伝え。大蛇のいけにえとして毎
 年幼児を神前に捧げる風習があった。
○尾張大国霊神社では「儺負人(なおいにん)」として
 往還の村人を無差別的に捕え殴る蹴るの暴力を行いな
 がら神社へ連行する祭りが近世まであった。
○七尾の山王神社へ毎年「白羽の矢が立った」美しい娘
 さん一人を人身御供に差出すのがならわしであった。

といった類の話が、詳しく載っている本ってないでしょうか?
特に、生贄や人身御供等が関わる祭などに興味があります。

どうぞ宜しくお願いします。


189 :天之御名無主:04/04/04 01:47
え〜と、『生贄と人柱の民俗学』礫川全次 編 とか?
新しいトコで『神、人を喰う』六車由美 とか。
>99さんの話にマッチするならこのへんかな、
私もそゆの好きでコレは持ってますが…あとは何だろ。
他にいいのがあれば教えて欲しいです。

190 :188:04/04/04 02:12
>189
レス、有難うございます。

>新しいトコで『神、人を喰う』六車由美
私もこの本に大変興味を持っているのですが、如何せん地元の本屋に在庫がありません。
(出来れば、立ち読み等をして内容を知ってから購入したいので…)
紹介文を読むと、民俗学的な視点から「人身御供」を分析している印象を受けたのですが、
祭そのものの詳細は載っていますでしょうか?
(人身御供や生贄と関わるのある、そういったお祭りの全体的な流れや、
儀式のおこなわれ方等を詳しく知りたいのです)

質問ばかりで恐縮ですが、またレス頂けますと嬉しいです。

191 :189です。:04/04/04 13:21
尾張の”難追祭”は次第というか概要が『尾張名所図会』などから引用されていますが、そうですね、考察が主体ですよね(ルポライターの方じゃないので)。
六車由美さんはご本人のサイトに目次が載ってます、値段も手頃なので、興味がある分野なら「うわ、やられたw」感はないと思うんですが。
礫川氏のはスクラップブックみたいな中身でし〜(笑 個人的には面白かった)
古典(?)の柳田翁の『一つ目小僧の話』とかは既にお読みでしょうか?

纏めてあるのが189に挙げた本であって、
式次第を詳しくというのは、個別に探すか、論文とか古文書を当たらないと中々無いのでは。でなきゃフィールドワーク?
私は専門に勉強したわけでは無いので判りませんが…

私的には、読んだ本に記載されている参考書籍を探して読む、といった方法で興味あるテーマを掘り下げていってます。
あとは諏訪が特に好きなので、現地に行った時、地元書店で郷土史の本を探したり博物館でパンフ購入したり、ですね。

192 :188:04/04/05 21:48
>191
ご丁寧なレス、本当に有難うございます。

>考察が主体です……値段も手頃なので、興味がある分野なら「うわ、やられたw」感はないと思う
そうですね。まだ私は、こういった民俗学の分野に興味を持ち始めたばかりなのですが、
質的にハズレではないのなら、買う価値は大ですよね。

アマゾンに在庫があるようなので、早速買ってみることにします。
どうもお世話様でした。

193 :189です。:04/04/06 17:35
こちらこそです、同じ好みの方が居るって心強いです。
よい文献を見つけたら是非教えてくださいませ。

194 :天之御名無主:04/05/04 04:48
>>185
あなた研究者ですか?
フィールドワークでそこまで語ってくれる方おられますかねえ。

千葉県北西部で関東大震災の時にあった事件の話を調査していた方は
聞き及んだあっち系の方々に吊るし上げられて、追い返されちゃったそうですよ。
事前に自治体やしかるべき人を通して「お願い」してもこのザマです。
関係者が存命しているほど、逆にこの手の話を聞くことは難しいんじゃないですかね。
ムラとは違って都市化して久しい地域らしいんですが。

195 :天之御名無主:04/05/21 18:51
フレイザーの金枝篇の完訳が出るんでしょ?

42 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)