5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本における魔王とは?

1 :青心:01/09/26 19:05
日本の妖怪の総元締めというか、西洋におけるサタンのような
存在は何が考えられますか?
私的には、無明王か両面すくなでしょうか。

2 :天之御名無主:01/09/26 19:37
えんま大王はちがうかな?

3 :天之御名無主:01/09/26 19:38
ぬらりひょん byゲゲゲの鬼太郎

上記の説はさておき、私的には祟道天皇。
でも妖怪じゃなくて怨霊だからだめかなぁ〜。

4 :2:01/09/26 19:43
>1
無明王ってなにですか?また両面すくなが初めて出てくる史料って
なにですか?
前に少し調べたのですが両面すくなって国史大事典にも
載ってなかったような・・・・

5 ::01/09/26 19:44
名前のことろに「2」と入ってますがこれは間違って入ったもので、
>>2さんとは別人物です。すいません。

6 :青心:01/09/26 19:59
>>4
今は手元に資料がないから、うろおぼえで済みませんが、
無明王は観音さまや不動明王たちと戦った魔王(?)です。
確か、息子が二人、娘が一人いたような・・・。
両面すくなは朝廷に反逆した豪族を妖怪化したものだと思います。
出展は忘れましたけど、古事記かなんかだったと・・・。

ぬらりひょん・・・。やっぱり出ましたね(笑)

7 ::01/09/26 20:57
青心さんありがとうございます。
魔王ですか〜??日本の場合は一神教(キリスト・イスラムなど)の神と悪魔って
いう感じの対立関係がはっきりしてないような気がするので難しいですね〜。

8 :天之御名無主:01/09/26 21:59
>1
いません。

9 :天之御名無主:01/09/26 22:16
鞍馬に魔王尊祀られてますがな。
それだけかな。

10 :1:01/09/26 22:50
http://www.f2.dion.ne.jp/~impact14/

11 :天之御名無主:01/09/26 23:00
>>8
居るだろ。
稲生物怪録に確かに“魔王”の記述があったはずだぞ。
名前忘れたが。

12 :天之御名無主:01/09/26 23:09
>>11
サタンみたいに、日本全域の共通認識としての
魔王は存在しないってこと。

13 :天之御名無主:01/09/26 23:26
>>12
日本は全体に国家としての統一が遅く、
風土記などに見られるように土俗信仰が長く息づいてたため、
(宗教的統一って今までなんだかんだ殆どなかったというか皆無だよね?
キリスト教が迫害されたり、明治に色々あった程度で、一つに統一しようって言う動きはなかったはず)
共通認識っていうのが無かったのでは。

14 :天之御名無主:01/09/26 23:31
日の本に災いをなす王としては、やっぱり祟道天皇では?

15 :青心:01/09/26 23:48
祟道天皇について教えてもらえないでしょうか?
聞いたことないよー。

16 :天之御名無主:01/09/26 23:52
禍津日神とかもいるしなー

17 :天之御名無主:01/09/27 01:04
西洋の魔界神界の組織図と日本のそれって
ほとんど役割的に同じキャラが存在してるんじゃないんですか?
閻魔大王は西洋ではナニナニとか。

18 ::01/09/27 01:30
>>15
長岡京造営時、藤原種継暗殺の首謀者として、当時敵対していた桓武天皇に
よって淡路島に流された桓武帝の異母兄弟の「早良親王」のことです。
流刑にした後、たたりみたいな事が続出したので、早良親王に「崇道天皇」と
追贈し、たたりを納めようとしたのです。
でも天皇関係の魔王という意味では崇徳上皇が一番じゃないですかね?
保元物語に「その力をもって日本国の大魔縁となり、天皇を取り捕まえ民とし
民を取り捕まえ天皇にしてくれん!」っていう有名な恨みの言葉があり、
生きながら天狗になったとか言う話もあるくらい、崇徳院と言えば大怨念の
代名詞ですもんね。

19 :天之御名無主:01/09/27 01:36
確かに崇徳上皇の方が格は上かも。
しかし、神々に対抗しうる存在でもないと思うなぁ・・・
個人的には>>16のマガツカミ
あるいはイザナミ、ヨモツ大神、アメノカガセオ(金星神)あたりかな。

20 :天之御名無主:01/09/27 04:23
>>11
山ン本四郎衛門

21 :天之御名無主:01/09/27 05:08
妖怪王?

22 :天之御名無主:01/09/27 07:37
マガツヒはなにもやってないだろ

23 :青心:01/09/27 10:48
>>18
4さん、ありがとうございます。
日本は八百万の神の国だから、
同じようにそれに対抗するひとつの
「魔」という存在はないのかも知れませんね。

神に退治される巨大な化け物といえば、
ヤマタノオロチ。
西洋で言えば、リヴァイアサンかベヘモスにあたるのかな。
ただ、「魔王」という感じはしませんね。

24 :天之御名無主:01/09/27 13:53
ハクション大魔王

25 :天之御名無主:01/09/27 14:01
織田信長なんてあちこちで
魔王呼ばわりですが・・・

26 :通りすがり:01/09/27 14:07
難しい話はわからないけど、
子どもが怖がるものとしては、閻魔様、雷様あたり・・・。
厨でスマソ

27 :天之御名無主:01/09/27 14:42
ドイツのエルルケーニヒ(Erlko:nig:魔王)みたいなのはいないのかな?

28 :天之御名無主:01/09/27 15:29
それこそ大物主

29 :天之御名無主:01/09/27 18:40
マガツカミってなんだっけ?

30 :天之御名無主:01/09/27 21:56
>>25
自称してたって話聞いたす

31 :天之御名無主 :01/09/27 22:47
大碓命は弟に殺されてから黄泉の王か何かにならなかったっけ?

あとイザナミも黄泉を支配してどうたらとか・・・

32 :天之御名無主:01/09/27 23:02
黄泉の国はあくまで死霊だけだからな・・・
妖怪の元締めとは違う。どうでもいいけど

33 :天之御名無主:01/09/30 10:56
魔王とまではいかなくとも
天邪鬼はあっちこっちに顔をだしては
悪事を働いてる気がする

34 :青心:01/10/03 19:21
セーラームーンに負けるなんて・・・。
あんまりだ。

35 :天之御名無主:01/10/08 22:40
織田上総介信長

36 :天之御名無主:01/10/08 23:32
こちらの事を少し詳しくなりたいのですが手始めに何から始めればよろしいのでしょうか?

37 :BLESS:01/10/09 01:46
信長は第六天魔王がどうとか。
第六天魔王って言うのはヒンドゥのシヴァ(マハーカーラ)だとか
解釈がややこしい事になってるらしいですが。

日本の「魔王」という格の物はいないような気が。
エジプトと似たような物で
万物を感謝と畏怖を以って見ている事が原因のような気が。
日本で古くから知られる名前に「魔王」と付いている物は
おおよそ仏教がらみ、それも密教にある物が殆どでしょう。
なので純粋に日本生まれの魔王はいない、
という風に言った方が良いような気が。
日本の妖怪の基本は恐るべき者であるに関わらず
何処かに親しみを持ちうるもの
というのが基本のような気がします。

38 :天之御名無主:01/10/09 01:48
日本神話で言えば、やはり天津甕星だろう。
別名アメノカガセオ。唯一の悪神。
しかし…魔王…じゃないか…

39 :童貞神:01/10/09 02:54
アメノカガセオ、アマツミカボシ、アマツカガボシ=金星=魔王

だめ?

40 :天之御名無主:01/10/09 04:21
>37
いいたいこと分かる。

41 :天之御名無主:01/10/11 17:28
鈴鹿山の立烏帽子は…ちゃうの?

42 :111:01/10/11 17:34
http://210.236.188.140:8080/

43 :天之御名無主:01/10/13 09:32
    |
                     Λ||Λ
                    ( / ⌒ヽ
                     | |  |
                     ∪ / ノ
                      | ||
                      ∪∪
       ┌─────────
  ∧_∧ < 我日本国の大魔王とならん、だって
 (   ,, └─────────
 ( ○   )  ∧ ∧  ┌─────────
  | |   |_  (  ,,) <くわばらくわばら
 (__(__)  /  |  └─────────
        (___ノ
        /   

44 :天之御名無主:01/10/14 18:02
 辯辯辯辯辯轣@         
 ├о─о──h  ┌──────────
(  ⌒   イ < そういうのが無い国なんだよ、日本は 
   ー      └─────────── 
/ 痴ひらく   \

45 : :01/11/19 08:24
『日本における魔王』の定義がヨクワカラン。
妖怪の総元締めと“されている”のは、ぬらりひょんか、見越。
西洋におけるサタンのような、といわれても
地獄の王は閻魔だし、黄泉の国ならイザナミかスサノオだし、
宗教的な敵対者なら、阿修羅・羅刹や魔羅なのかもしれないし。
でもそれは妖怪の総元締めとは、違いますよね。
崇徳院がアリなら、菅公もアリですね。怨霊の総元締めです。

46 :天之御名無主:01/11/19 13:37
山ン本五郎左右衛門は?

47 :天之御名無主:01/11/19 14:43
山ン本五郎左右衛門ってだれ?

48 :天之御名無主:01/11/19 14:57
>47さん
山ン本…は
『稲生物怪録』という書に登場する
東国の物の怪の総元締めだと
水木しげる先生のインタビューで見たことがあります。

あと、正確には山ン本五郎左衛門 でした

49 :天之御名無主:01/11/19 15:04
ようするに、サタンの日本版はなにかね?ってコト?
多神教世界では絶対的な敵対者ってのは生まれにくいね。
神そのものが、幸も与えれば同時に災いももたらす畏怖すべき存在だからね。
そういう意味じゃアマテラスだってへそ曲げれば立派な魔王。
ゼウスやオーディンがどういう存在だったか考えればわかるよね。

でも、あえて出すならやっぱ「崇徳院」ですかね。
日本に仇なす大怨霊のあつまりみたいな絵図があって、そのトップにいたような記憶が。
他には後鳥羽院とか早良親王とかもいたな。(大天狗の集まりだったか?)

50 :天之御名無主:01/11/19 15:08
牛頭天王はどうよ?

51 :大魔王シャザーン:01/11/19 15:37
黄泉津大神イザナミに一票

52 :天之御名無主:01/11/19 15:38
>48
舞台は広島県の三次なのに東国?

53 :天之御名無主:01/11/19 15:43
現代日本の魔王→石原慎太郎都知事

54 :天之御名無主:01/11/19 17:45
天津神と国津神を西洋の二元的世界と同じようなものとして扱うなら、
国津神の統領、大国主命になるなあ。一応天の主宰神天照大神に対して、
冥界の主宰神ともなっているし。神仏習合してなった大黒様は、
仏の方ではシヴァの化身である暗黒の神マハーカーラーだし。
もっとも大黒様は暗黒のイメージじゃないけどね。
でも、同じ冥界の主宰神ならスサノオやイザナミの方がそれっぽいね。
タケミカヅチ・フツヌシでも倒せなかった、カガセオ=アマツミカボシを倒した
タケハヅチを祀る茨城の大甕神社(カガセオを封じたという岩もある)の、
タケハヅチがカガセオを倒す場面を描いた彫刻には、
しっかりと「魔王」の文字が刻まれており、少なくともその彫刻家や
この神社の関係者らの認識では「魔王」であったことが分かる。

55 :天之御名無主:01/11/19 18:03
道真とか将門とか、名前あがりませんね。スケール小さいかな?

56 :45:01/11/19 18:50
菅公は挙げましたけど。将門は魔王じゃないと思う。そりゃ帝都物語だ。

57 :天之御名無主:01/11/19 19:47
>>54
の考察はおもしろいね。たしかに無理矢理二元的世界にあてはめるなら
大国主がたいかに敵対勢力のボス=魔王かな。

ただ、その対処のしかたが西洋世界とは違ったってことかな。
西洋 殲滅・常に敵対
日本 封印(ほめ殺し?)・味方に

う〜んうまくまとめられなかった。それに正しくは西洋じゃなくて
キリスト教的世界だろうな。

>>56
ここでの魔王の定義がどういうものかわからんけど、
怨霊=魔王でくくるなら十分魔王でしょ、将門も。

58 :天之御名無主:01/11/19 20:59
ルシフェルって暁の明星、つまり金星だったよね。
すると金星神ミカボシはやっぱり魔王?
金星ってやっぱり太陽(=神)に反逆するイメージがあるのかな。

59 :天之御名無主:01/11/19 22:23
信長以来、現れてないよ。
表舞台には・・・・・・・・・・・ね。

60 :天之御名無主:01/11/19 22:24
いないな。そもそもキリスト教的な二元論ではないのだと思う。

61 :天之御名無主 :01/11/19 23:13
スサノオノミコトでは? 暴虐の限りを尽くし、牛の死体を天照大神の館の
天井から投げこみ、その振る舞いに怒り、天照大神は岩戸の奥に引きこもり、世が荒んだ。
後、アメノウズメらの宴により天の岩戸から出た天照大神は、スサノオの爪と歯と
身体じゅうの毛(皮?)を抜き,天から追放した。
その子孫、大国主命は夜の国でスサノオの難題を乗り越え,スサノオの娘スセリヒメと
スサノオの剣、弓矢、宝物の琴を持ち出し,夜の国を出たそうな。

62 :朱鷺:01/11/19 23:29
僕の見解では大本教が主神としている丑虎の金神なのですが
同じレベルの悪神ばかりだから統括者と言うのはいないのかも。
どれもこれもキリスト教世界と違って、それぞれの悪神が別次元に存在しているが
我々が「あらぶるもの」という名前を使って
勝手に一括りしているだけと言う考え方もあります。
素戔嗚尊かシヴァかゼウスかヤーヴェ どれが一番強いのか決められないのと同じですね

63 :天之御名無主:01/11/19 23:42
スサノオに「悪」のイメージはないと思う。あとから無理やりいろんな話を
まとめちゃったときにその入れ物になっただけ、という説もあるにはあるけど、
どっちにしても、高天原を追い出されたその後にさまようスサノオの姿には、
誰もが切なさを感じるんではないだろうか。「サタン」とかに切なさは感じな
いでしょう?

64 :『皇后陛下のお四国遍路』製作委員会:01/11/20 02:55
 自獄のサタも加根至大・・・璽国のサんタもみのり明く。

65 :天之御名無主:01/11/20 13:38
>>63
ゲーヲタとかには結構サタン、ルシファーに思い入れある人いるみたいよ。
ヤハウェが悪いんだ!とか。

66 :天之御名無主:01/11/20 14:13
>>65
そういう相対観念がもちだせるところが日本らしいね。
キリスト教的二元論は絶対観念だから、本来そうはならない。

日本人にとってはサタンもヤハウェもたくさんある神の一つにすぎないのよね。

67 :天之御名無主:01/11/20 16:52
日本には「絶対悪」ってないからなあ。
精強な部族(例 近畿天皇家)が他族を吸収するとき、その部族の宗教を全面否定せず
「おまはんとこの神さんは、うつとこの神さんの弟や」とか「別の名前やってん」
と言って、宗教をみとめちまったわけですから。

一神教は違うよね。前集団の神はたちまち悪魔。それを信じる連中は悪魔の信徒だから
皆殺しにしてもいいのだ。

大正頃作られた超異端「九鬼神道」なんてもうケッサク。
ゼウスのミコトとかモーゼのみこととか。

68 :天之御名無主:01/11/20 17:22
↑と、俺もついこの間まで思ってたんだけど、必ずしもそうなのかなぁ?

一神教徒でも、他の宗教に融和的な場合も多々あるんじゃない?
実際、一部のイスラム教徒は、多神教や偶像崇拝の徒のブッダやゾロアスターまで預言者の一人に
数えちゃってる連中もいるようだし(もっとも、最大にして最後の預言者はムハンマドってことになるんだけどさ)

逆に、多神教の日本での宗教弾圧も結構酷いものがあったしねぇ
(キリシタンは言うに及ばず、不受不施派禁教、薩摩での一向宗弾圧、いずれも邪教扱いです)

我々は知らず知らずのうちに、某ゲーム的世界観の洗礼を受けてるんじゃないかな?

69 :68:01/11/20 17:45
あとキリスト教でも、悪魔にならずに、聖人に取り込まれた異教神って結構いるしね。
有名どころでは、アイルランドの聖ブリジットとか。
敵対民族の神は当然叩かれるけど、改宗した民族の古い神々は守護聖人としてなるべく
取り込んでいくという方針もあったんじゃないかなぁ。

70 :天之御名無主:01/11/20 19:54
菅原道真も入れといてな。
江戸期にはエンマ様に変身してたりするし(笑)

71 :猫電波:01/11/20 20:00
あと、ケツアルコルトルを聖者(一説によるとキリスト本人)にしたりね。
ウォーデンは悪魔になったけど、トールはキリスト者になったと言う伝承もありますね。
それにルキフェル可哀想ってのは日本的感性と言うよりも西洋からきたロマン主義の流れでしょ。

72 :天之御名無主:01/11/20 23:27
しかし、チョトいいね。
このスレ。

73 :『皇后陛下のお四国遍路』製作委員会:01/11/20 23:50
 仁本にお気る「合馬」さんとは・・・

74 :天之御名無主:01/11/21 00:46
ツクヨミはどうなんだ?
あとイザナミは悪神というよりは地母神的な感じが強い。

サタンについても人間に知恵を与えたという点では神の仲間だと思う。
プロメテウスみたいに神に反抗して人間を助けた神ってのは宗教によって扱いが全然違うよね。

75 :天之御名無主:01/11/21 01:13
プロメテウスやサタンは「文化英雄」じゃないの?

76 :天之御名無主:01/11/21 01:20
サタンにアンチヒーロー的ロマンが加えられたのはミルトンの「失楽園」以降ですね。
彼自身はそんなつもりはなかったのかもしれないけど、
どうしても文学とかでは神や天使よりも悪魔のほうが豊かに描写されてしまうせいか、
後の読者はそこにアンチヒロイイズムを感じてしまった。
近代以降はキリスト教の絶対的二元観もゆらぎ、西欧の中から自発的に、
「悪の悲哀」という観念が生み出されてます。
ギリシアやゲルマン・ケルトの神話もルネサンス以降描写が盛んになってますが、
悪魔に対するアンチヒロイズムもその延長線上にあります。

77 :天之御名無主:01/11/21 01:25
アラハバキはまだ出てないみたいだけど。

もっともかの神が本当に縄文人あるいは蝦夷の崇める最高神で、
後に徹底的に弾圧されたという前提あればこそだけど。
(アラハバキ神が関東・東北で信仰されたのは真実だけど、
学術的に証明されてるのは足の神としてだから)

78 :天之御名無主:01/11/21 03:02
麻原

79 :天之御名無主:01/11/21 03:15
「悪神」「たたりなす神」「あらぶる神」いろいろなまえはあるけれど。
「触らぬ神にたたりなし」と古いことわざでみんな知ってる。
神は、「たたるもの」道を指し示したりはしない。
「たたりがみ」が悪神というふうなわけでもない。
ただ、「祭れ」という。
ただそこにある、というそれだけのこと。
西洋人には説明しがたい。

80 :『皇后陛下のお四国遍路』製作委員会:01/11/21 03:19
 」71・75「等がザマさ、うぬがうしろ背に鏡を負んぶしとりまっか。星明けがかなしはりをんとせな開かん背よーッ。きょうよりはなさるたはずのつみとか気枯れとかを地下にこそみのたけいじょう2欲不覚うすめてしまふること戸の言。是非ども蔵しなされやーッ・・・

81 :天之御名無主:01/11/21 09:44
アラハバキは「熊の神」じゃなかったっけ?

82 :天之御名無主:01/11/21 11:37
「キリスト教的絶対的二元観」とはいえ、しょせんは人間がつくりだす思想。
本当に絶対的二元観のままではないのがオモシロイね。
確かに、ロマン主義によってピカレスクロマン、ノワールヒーローとしての
サタン像は西洋にはあるね。
なにしろ、キリスト教が本格的に発達したのはあのローマですから、
理屈はどうあれ、気質的には物語を好むのでしょうね。

83 :天之御名無主:01/11/21 11:42
>「キリスト教的絶対的二元観」とはいえ、しょせんは人間がつくりだす思想。
アホか。ソンな思想ね−−って、キリスト教は一元論
排他的キリスト教vs寛容多神教っつうウヨ坊の世界観だろ

84 : :01/11/21 13:57
魔王織田信長

85 :>83:01/11/21 14:05
いやー、ゾロアスター教の影響で、キリスト教にも二元論的要素は濃厚じゃないか?
ただ、排他的キリスト教というのが一面的な見方であるというのには賛成だが。

86 :天之御名無主:01/11/21 15:40
>>85
いや、いわゆる、ゾロアスター教的二元論と西欧キリスト教の内に
みられる二元論のトレンドは別でさ。

根本的にはゾロアスターではなくてマニ教的な影響。霊肉二元論ね。
これと、よくゾロアスター的といわれる善悪二元論はカナリずれるのよ。
(ゾロアスター的二元論は個人的にかなり疑問なんだけど、それはそれで
大きなイシューだからここでは置いとく)

アウグスティヌスなんかが苦労したのも、そこでさ。
だから根本的と思われる。

無理矢理イコールにすると、幻魔大戦的二元論にしかなんないしね。

87 :天之御名無主:01/11/21 16:08
「狭蠅(さばえ)なす神」という悪神の表現が気になっています。
もしかして古代の日本にもベルセブブのような神格が存在したのでしょうか?

88 :天之御名無主:01/11/21 17:57
あのさ、ツクヨミってどんな神なのか分かる人教えてくれない?

89 :77:01/11/21 20:43
>>81
え?熊の神てのははじめて聞いたけど。
足の神、てのは、実際そのように信仰されてるところがあるもので。

90 :猫電波:01/11/22 14:21
酒呑童子はまだ出てないの?

>>
中世の説話でも結構人間的な悪魔が出てくるしね。
イブリースなんかはスーフィーの大聖者だったりするし

91 :天之御名無主:01/12/04 00:05
>>88
遅レス。
イザナギノミコトが読みから帰り、筑紫の日向の橘の小門の阿波岐原で禊をした際
右目を洗った時に出現した神。に左目からは天照、鼻を洗った時にスサノオ。他7神。
この三神にイザナギは大いに喜び、天照に天を、月読に夜の世界を、スサノオに海上
を治めるように命じた。(スサノオだけ治めるのを嫌がってずっと泣いていたが。)
古事記の上つ巻。(参考:角川ソフィア 新訂古事記)

92 :88:01/12/04 00:23
>>91
その先が聞きたいんだよ、ボケがぁ

93 :天之御名無主:01/12/10 22:42
>>88へ。
えーと、たしか、ウケモチって神さまを殺します。そんで、その神さまの
死体から穀物などの食料が生まれたっていうんで、農業神として祀ら
れることもあるって聞いたことがあります(うろおぼえ)。

なお、古事記じゃ夜の世界ですが、日本書紀では海を治めるようにいわ
れたってなってたように思うなぁ(やっぱりうろおぼえ)。

94 :天之御名無主:01/12/11 18:40
アラハバキとアキハバラって似てるね
どうでもいいのでsage

95 :天之御名無主:02/05/04 05:37
第六天魔王age

96 :天之御名無主:02/05/15 12:07
【5/25】2ch全板トーナメント本戦【5/25】

電波お花畑板
http://natto.2ch.net/denpa/

電波お花畑板が本選に出場する事になりました。
来る5/25(土)です!!
ぜひ投票をお願いします。

応援FLASHでお楽しみ下さい。
http://www.goodbreeze.com/~maro/denpa.html
http://freehome.kakiko.com/flashup/denpa.swf

97 :天之御名無主:02/05/25 02:59
http://home.att.ne.jp/orange/sobos/fl/g-fight.swf
http://home.att.ne.jp/orange/sobos/fl/g-fight2.swf

98 : :02/05/31 10:34
北一輝を語るスレかと思ったが・

99 : :02/05/31 12:56
三島由紀夫を名は出んのか

100 :天之御名無主:02/05/31 16:45
ピッコロ大魔王が100

101 :天之御名無主:02/06/01 03:29
昔、予備校の現代史の先生が、「日本史上の四大魔王」として
祟徳上皇
早良親王
織田信長
北一輝
を上げてた(講義中に)。
当時は感心(つーか呆れて)して聞いてたけど、「四大魔王」って
どこかに出展でもあるんかな?

102 :天之御名無主:02/06/01 17:05
山本五郎左衛門は自分で「我は魔王の類である」と
名乗ったぞ。それと彼の名は「日本に居る時」用の
名前の様だ。

103 :天之御名無主:02/06/01 20:26
>>101
ワラタ

104 :天之御名無主:02/06/01 23:35
阿久留王阿弖流為は?
土蜘蛛の頭目で阿久留王は悪路王とも書いたらしいし

105 :天之御名無主:02/06/12 00:03
>>81&89
熊の神じゃなくてクマノの神じゃないか?

106 :天之御名無主:02/08/26 21:55
やっぱり、私にとっては鞍馬寺の魔王尊サナート・クマラだな。
サナート・クマラ(金星から来たらしい)=天狗=毘沙門天らしい。
サナート・クマラ、っていう名前からしてサタンのイメージ。

ところで、この魔王尊、世界に4つある地下帝国の入り口にあるわけですが、
鞍馬山、ヒマラヤ、マヤ、そして北欧・・・・・、
北欧、ってどこのことを指しているのでしょうか?
もしかして、ストーンヘンジ?と思ったのですが、北欧ではないし・・・・。


107 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

108 :天之御名無主:02/08/26 23:47
第六天魔王というのは、仏教系の第六天の王という意味です。
インド神話を取り込んだ世界観の仏教では、六道世界観になっていますが、このうち、最上位にある天界は、更に層
構造をなしています。
層の上に行くほど、浄化され強力な存在がいる世界となっています。
で、地上から数えて6番目の天界までが、まだ欲望の存在する六欲天で、これより上の世界では、欲望を捨て去った
悟りの世界となっています。
よって、第六天である他化自在天は、欲望が存在する中で最上位に位置することになります。
ここの王の仕事は、悟りを開いて上に行こうとする者の心に、欲望を吹き込みその悟りを邪魔することにあります。
この第六天の王のことを、第六天魔王とか他化自在天とか悪魔(*)と呼んでいます。
(*) 西洋文明流入時にdemonに「悪魔」という訳をつけたが、これは新約聖書でのSatanがイエスに対して行ったことと、
  第六天魔王が釈迦に対して行ったことの類似性から、同一視されたものと見られる。

109 :熱田の狼:02/08/27 11:30
天の香香背男を忘れちゃいませんか? 天孫降臨の前に血祭りに上げられた悪神。

110 :天之御名無主:02/10/27 15:14
宮地水位の説。

魔王の第1を造物大女王。身長1丈(約3メートル)。この女王は天地開闢のときに積陰の悪気凝結してなりたるものといふ。
第2を無底海大陰女王。身長7尺(約2メートル20)。
第3を積陰月霊大王といひ、男である。
第4を神野長雲。
第5を野間閉息童。
第6を神野悪五郎日影。
第7を山本五郎左衛門百合。
第8を焔野天左衛門。
第9を羽山道龍。
第10を北海悪左衛門。
第11を三本団左衛門。
第12を川部敵冥。

以上、勅使河原大鳳著、『沙庭とサニハ的思考』(山雅房)より。

111 : :02/10/27 15:56
乃木 希典 である。

112 :天之御名無主:02/10/27 18:34
デーモン小暮は違うのか。

113 :天之御名無主:02/10/27 18:39
>>112

氏ね

114 :天之御名無主:02/10/27 19:34
北一輝をおいて他に無し。

115 :不動明王 ◆xRIkDDise2 :02/10/27 21:30
私も魔王と言われているが!

116 :天之御名無主:02/10/27 22:52
>115
そりゃアンタ、不動明王が(正確に言うとサンスクリット名アチャラナータが)
シヴァの別名だとか分身だとか言われてるからでしょうに。
散々既出で、異論もあるだろうが
アチャラナータ(不動明王)=シヴァ=第六天魔王=マハーカーラ(大黒天)。
まあ、別の神格がシヴァと同一視から統合された可能性も十分あるわけだが、
(例えば梵天の首が5本から4本になった神話では、梵天に侮辱されたシヴァ
が自身の別名とされるパイラヴァに命じて首を落とさせている。
神様だからできるのかもしれないが、同じ空間に同一とされる神格が同時に
出現するのは多少不自然。すなわちここでシヴァがパイラヴァという神格を
吸収合併したかも知れないという推測が成り立つ。アチャラナータにしても同様。
他の証拠としては、多少違うのだがヴィシュヌ神の化身としての顕現。
ナラシンハ(ヌリシンハ)と言う獅子面神は通常ヴィシュヌの化身である
とされているが、インドの一部地方ではヴィシュヌを崇めず、ナラシンハ
のみを崇める部族がいるらしい。もしナラシンハが「本当に」ヴィシュヌの
化身なら、そんな事にはならないはず。そこでナラシンハ信仰をヴィシュヌ
陣営が取り込んだ可能性を示唆できる。で、その部族は純ナラシンハ信仰を
貫いている、と。)
まあ、そんなわけで俺は必ずしも不動明王=シヴァ説を信じてはいないのだが、
魔王と呼ばれる所以はそこではないかと。
(始めと終わりで発言内容が様変わりしてるな・・・)

117 :天之御名無主:02/10/28 21:58
不動明王=シヴァとなると、「日本の魔王」と言えるのか?

118 :天之御名無主:02/10/29 03:35
シヴァは不動明王じゃないでしょ。
シヴァは大黒様でしょ。
子供のガネーシャは歓喜天。

119 :天之御名無主:02/10/29 09:01
短絡的だな。不動明王もシヴァだ。天ではあと大自在天とか。

120 :天之御名無主:02/10/29 11:24
魔王はスサノオだと、
古事記に書かれていたと思うけど。
どうなんでしょうね?。


121 :天之御名無主:02/10/29 23:27
>>119
伊舎那天や不空羂索観音モナー

122 :天之御名無主:02/11/06 18:45
大獄丸って?

123 :天之御名無主:02/11/06 19:15
>>122
大嶽丸?
あれは鬼。

124 :天之御名無主:02/11/06 20:34
魔王はオオクニヌシノミコトだよ

125 ::02/11/06 23:56
奥の院魔王殿って?
鞍馬の・・・

126 :天之御名無主:02/11/07 00:23
>>123
スマソ

127 :天之御名無主:02/11/22 19:37
 仏教世界の魔王…天魔波洵(仏教滅亡を願う欲の王)
 日本神話の魔王…スサノオもしくは大国主
稲生物怪録の魔王…山本五郎左衛門
 怨霊世界の魔王…祟徳院
(怨霊たちが集まって世の中をどう混乱させるか話し合っている絵で、盟主として書かれている)
妖怪世界の総大将…ぬらりひょん(水木しげる氏の説。江戸時代は見越し入道だったらしい)

だいたいこんなもん?

128 :ガンガゼ ◆CxWBqy7wZQ :02/11/22 23:23
>>127
ぬらりひょんを総大将にしたのは藤沢衛彦氏です。
それを水木氏が参考にしたのだと思います。

129 :127:02/11/23 00:58
>>128
そうだったのか!?知らんかった…
こうして考えてみると、水木しげる翁がどれだけ妖怪文化に貢献したかがわかるなぁ…

130 :天之御名無主:02/11/23 16:28
ヘルズウォリアー田中魔王

131 :天之御名無主:02/11/25 18:51
一昔前の欧米で、日本神話における地祗は悪魔とされていた模様。
旧約聖書の光の子らと闇の子らの戦いになぞらえていたらしく
勧善懲悪のあちらにしてみれば、光の子ら−天神に最後まで刃向かっていた暁の明星の
天香香背男はルシファーのようなものなのかも。
香香背男って背中が輝くって意味らしいし。なんか蛭子と通じる説もあるし
堕天使っぽいって思ったよ。でも後から取ってつけた意味かも。


132 :   :03/01/04 15:34
白峰魔王大権現(崇徳院)にて決まりなり。


133 :天之御名無主:03/01/04 22:06
不動明王って大日如来の化身って言われてるんじゃなかったっけ?
それでシヴァは大自在天じゃなかった?

134 :天之御名無主:03/01/05 00:03
不動尊のサンスクリット名が
シヴァ神の別名アチャラ・ナータなんだろ?

ところで
大国主やスサノオは現代の洗練されたシヴァ神よりはもっと魔神的・アスラ神族的なルドラやマハーカーラに近いんじゃないかな。
おお!古代の恐るべき荒振る神がみよ!今こそ蘇るがいい!



135 :スサノヲだけど:03/01/05 00:13
呼んだ?

136 :天之御名無主:03/01/05 02:06
マハーカーラもシヴァの別名なんじゃなかった?

137 :天之御名無主:03/01/05 02:34
ヒンドゥーは多神教だから
一応、神名が違えば
神格も違うことがお約束らしいから問題ないんじゃ?
日本ではシヴァは大自在天
マハーカーラは大黒天(大国主に習合)
で別神格になってる。


138 :天之御名無し子猫:03/01/05 13:17
 ギーターじゃ、クリシュナ=ヴィシュヌが自分のことを
大いなる時間(マハー・カーラ)って言ってるよね・・・。


139 :天之御名無主:03/01/05 15:57
クリシュナのクリは
カーラと語源が同じ。
カーラは「黒」と「時」を意味する。
クリシュナは黒い人って意味がある。キリストに音が似てるのは偶然なのかもしれないが面白い。

マハーカーラはシヴァの化身もしくはケン属だから、
クリシュナ=ビシュヌもシヴァの化身ということか?




140 :天之御名無し仔猫:03/01/05 22:32
 そうそう、あれキリスト教の影響じゃないかって
ちょっと思うよね。成立年代も諸説あって、一説に
は、そうであってもおかしくない時期で。
 ヒンドゥー教徒には嫌な顔されるとは思うがw

141 :天之御名無主:03/01/06 00:24
逆だろ?

キリスト教原理主義者の方が怒るだろうな。

ヒンドゥーは
昔の日本以上に
他宗教に対して度量がデカい。

サイババだろうが釈迦だろうが
全てのカリスマはことごとく神の化身と化す土地柄だ。

インド恐るべし・・


142 :天之御名無主:03/01/06 00:56
大作センセイ

143 :天之御名無主:03/01/06 06:08
>142
創価かよ!!

144 :天之御名無し仔猫:03/01/06 12:05
>>141
 いや、原理主義は(´_ゝ`)ふーん・・・、て風。
やっぱ日本国も「基督大明神」で(略



145 :天之御名無主:03/01/06 13:08
>>142
創価

146 :天之御名無主:03/01/06 13:42
学研の「第六天魔王信長」とゆー本を買いましたが、つまんなかった・・・。
なんか内容が初版よりかなりカットされているらしく、また文章が面白くない。
筆者が結局何が言いたいんだかわからんかった。期待はずれ。

147 :天之御名無主:03/01/06 15:38
>>144

むしろマリア観音

148 :天之御名無主:03/01/06 20:03
>>147
むしろカヤカベ教かくれ念仏

149 : :03/01/06 20:25
http://kenji03.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/kage/votec.cgi
荒井元FMWプロレス団体社長を自殺に追い込んだ
大仁田議員に清き一票おながいします!

150 :天之御名無主:03/01/06 20:49
ハクション大魔王

151 :おそいそら:03/01/06 21:19
誰も幸せにしないって事なら
三輪山の蛇神もそうなのかな。
世界滅ぼしたりしないから
スケールは小さいけど。
かなり傍迷惑なクニツカミ。

152 :天之御名無主:03/01/06 21:34
マオーといえば大地真央


153 :天之御名無主:03/01/07 00:55
ぬらりひょんに決まってるじゃん

154 :天之御名無主:03/01/07 02:29
天に対する地の系譜は大国主、スサノヲ、イザナミと逆に辿って行って
最終的に神産巣日に到ると考えて、
陰の究極神たる神産巣日が魔王である。

と言ってみるテスト。

155 :天之御名無し仔猫:03/01/07 03:30
あ、地震。アース・クウェイク・バードとか言われたなぁ・・・。

156 :天之御名無主:03/01/07 11:17
大本教の
ウシトラの金神こと

国常立乃大神はどうよ?

悪の天津神たちによって地球のウシトラつまり東北にある日本に押し込められて魔神と化した悲劇の最高神。


157 :山崎渉:03/01/11 03:02
(^^)

158 :天之御名無主:03/01/18 20:35
     

159 :山崎渉:03/03/13 13:17
(^^)

160 :例の170:03/03/17 01:58
保守ageついでに

日本で魔王って言うと、妖怪王のことだと聞いたけど。
>>11>>21で言われているとおり。
「魔王」っていう単語を色んな変なのの訳語にしちゃったからなんかおかしくなってる気がする。
このあたり「悪魔」やキリスト教の「愛」と似てる。

161 :天之御名無主:03/03/17 02:31
女性だけど
玉藻前こと金毛玉面九尾の狐

162 :天之御名無主:03/03/17 03:24
後白河大天狗とか崇徳さんとか妖怪安徳さんとか、
朕はたらふく食っていた昭和さんとか、
即位以後日本大沈没のインケツ大魔王の前立腺ガンおやじとか、
やっぱりあの一族でしょう。

163 :山崎渉:03/04/17 09:34
(^^)

164 :天之御名無主:03/04/18 14:02
ヒロヒト

165 :天之御名無主:03/04/18 15:12
このスレ良いなぁ。

166 :山崎渉:03/04/20 04:33
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

167 :山崎渉:03/05/21 22:13
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

168 :山崎渉:03/05/28 15:17
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

169 :天之御名無主:03/07/05 16:19
ハクション大魔王について誰も触れていない所に感動した。

彼は中東のランプの精だから、日本には関係ないのだが…

170 :天津甕星大神:03/07/06 21:55
やっぱ、俺だろ?
天津神のバカな軍神二人(タケミカヅチ&フツヌシ)倒してるしな。
あ、ついでに言っとくが、鞍馬の魔王殿は
日本中の天狗を治める大元がおすみの所だ。
まぁ、一説には毘沙門天の夜の姿とも言われてるがな。
お、そろそろ帰らねば…

171 :天之御名無主:03/07/07 00:44
天津甕星=金星=サナート・クマラ=魔王尊?
大国主、須佐之男との繋がりは?

172 :天之御名無主:03/07/07 10:54
日本仏教における魔王的存在として、日本八大天狗を挙げておきたい。
仏法に割合敵対的だし、国家転覆も企てるし。

173 :天之御名無主:03/07/08 05:25
天之佐具売=アーリマン
天若日子=ルシファー

174 :天之御名無主:03/07/08 05:58
大地魔王って、キシュツ?

175 :天之御名無主:03/07/08 08:34
ルシファーは金星だべ。ってことは天津甕星のことか。

176 :天之御名無主:03/07/08 22:51
信長は第六天魔王ってあるが、

あれって第六天魔・王で区切るはず。
つまり、魔王ではなく、天魔の王。ってことだな。

でもって、第六天魔王ってのは、マーラじゃなかった?

177 :天之御名無主:03/07/09 15:54
マーラ族が住んでるのが欲界最頂上の他化自在天。
他化自在天が6番目にあるので、マーラ族の王を第六天魔王と呼ぶ訳。
なので、「第六天」+「魔王(波旬)」が正しいですよ。

178 :天之御名無主:03/07/09 21:41
ここは変な知識をばら撒くインターネットですね

179 :天之御名無主:03/07/09 22:54
>>177
何天まであるんですか?
それと、各々の第一天にどの魔王が位置するとか教えて頂けると
ありがたし

180 :天之御名無主:03/07/10 01:34
>>179
他の階層の存在は魔王と言いません。
デジャビュがしたのでスレをさかのぼってみたら、>>108
ある程度説明していました。ご参考にしてください。

天界は、下から6つまでが欲界(六欲天)。
ここには、帝釈天(=インドラ)の統べる第二天の三十三天や、
弥勒菩薩が修行中の第四天の都率天などがあります。

第七天の梵衆天から、第二十三天の色究竟天(有頂天)までが、色界。
第二十四天の空無辺処から第二十七天の非想非非想処までが、無色界。
この二十七天を三界とよびます。

欲天はまだ欲望にとらわれた世界、色界は欲望からは解脱したが
物質的束縛からは脱していない世界、無色界は物質的束縛からも
解き放たれた精神世界だそうです。


181 :山崎 渉:03/07/12 12:38

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

182 :天之御名無主:03/07/13 01:50
>>180
thx!

183 :山崎 渉:03/07/15 12:28

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

184 :天之御名無主:03/07/28 02:56
>>170>>171
これとオールドワンを同一視してるラノべを読んでちょっと苦笑。

185 :天之御名無主:03/08/04 00:15
無色界
  四無色天
      非想非非想処天、無所有処天、識無辺処天、空無辺処天
色界
  空居天
    四禅天
      色究竟天、善見天、善現天、無熱天、無煩天、無想天、
      広果天、福生天、無雲天
    三禅天
      遍浄天、無量浄天、少浄天
    二禅天
      極光浄天、無量光天、小光天
    初禅天
      大梵天、梵輔天、梵衆天
欲界
    六欲天
      他化自在天(第六天)、化楽天、都史多天(兜率天)
      夜摩天(閻摩天)、三十三天、四王天(四天王天)


186 :天之御名無主:03/08/31 20:38
>>170
>天津神のバカな軍神二人(タケミカヅチ&フツヌシ)倒してるしな。

倒してない、倒してない。

187 :天之御名無主:03/09/07 01:36
>>184
悪魔のミカタ?うえお久光の。
あれはビビッタな。まあ本気で同一視じゃなくて
単なるお遊びっぽかったけど。


188 :太国玉:03/09/27 23:44
七つの顔の男 十三の魔王

189 :天之御名無主:03/09/28 14:38
魔王だの絶対神だのがいないのが、日本神話だろ?
よその国の神話に感化されすぎだよ。
RPGのネタ話になりそうなエピソードは、スサノオVSヤマタノオロチぐらいでいいだろ。

190 :天之御名無主:03/10/06 04:16
第六天魔王

191 :天之御名無主:03/10/06 09:22
まあ、室町時代から戦国末までは魔王尊信仰ってのは現実にあったぽいね。
徳川家康が神道をガンガン弾圧して自分が一等偉い神様になっちゃった上、歴代将軍が仏教庇護まくったおかげで根絶されちゃったけど。

192 :天之御名無主:03/10/08 08:25
ヤプー

193 :天之御名無主:03/10/08 17:14
第六天魔王

エロ漫画家を思い出すのは漏れだけ?

194 :天之御名無主:03/10/10 18:34
>>156
日本の頂点に立っていた国常立尊は善悪を厳しく立て分けるあまりにも
厳しい神様だったのでそれに反発する天若彦の尊(あまのじゃく)率いる
軍勢に追いやられてしまい殺されてしまいました。日本人はその天若の
末裔です。だから非常に素直でない人が多いです。そして霊界に戻った
国常立尊は閻魔大王になって生前の罪に応じて死者を裁いているのです。

195 :天之御名無主:03/10/10 23:37
>>156
>>194
ライトノベル丸出しな創作神話じゃのう。

196 :天之御名無主:03/10/10 23:42
魔王ね。ヤマタノオロチとかじゃないの?

197 :ふじわらふひと:03/10/11 00:02
>>195
 創作にはほぼ 元ネタがある。

 創作者は、お互いにこの元ネタをパクリあいながら
 やってきてるんだ。
 創作者は、次のネタが枯渇すると、機嫌が悪くなる。
 機嫌を損ねないように..苦労する人は苦労する。

198 :天之御名無主:03/10/11 00:09
うちのネコちゃんはマオーマオーと鳴きます。

199 :天之御名無主:03/10/11 07:29
>>197
電波はお花畑かオカルトに逝け。

200 :天之御名無主:03/10/11 08:48
>>195

艮の金神の物語とかがライトノベルにパクられまくりってことを言いたいの?

201 :天之御名無主:03/10/11 15:05
うちの近所に「大六天」と名づけられてる交差点があるんだが、何故こんな名前をつけたのやら・・・

202 :天之御名無主:03/10/11 16:02
>>201
第六天は神仏習合後に長寿・結婚の守護神とされたからでは?

203 :天之御名無主:03/10/11 16:16
>>202 勉強になりました。ありがと〜

204 :めぐみ:03/10/11 19:36
http://elife.fam.cx/a013/

205 :ふじわらふひと:03/10/11 23:20
>>199
 まだ、そんな間抜けな主張を..
 なさけない

206 :太国玉:03/10/11 23:21
恐怖王 江戸川乱歩

207 :ふじわらふひと:03/10/11 23:23
>>206
 怪傑20面相
 明智小五郎
 なつかしいですね

208 :天之御名無主:03/10/12 00:34
>>200
ライトノベル並みにチャチな話だと言ってるんだよ?
おめでたいね。

209 :天之御名無主:03/10/12 01:25
幕末から戦前にかけての新興宗教の神話はそう簡単に創作と割り切ることはできないんだが・・・
んなの、古事記の神話だって要約して書けばラノベと大差ない罠

210 :天之御名無主:03/10/12 22:00
>>193
マッチョな女が好きなのか?( ´∀`)σ)∀`)

211 :天之御名無主:03/10/13 11:10
参照部分と改変とか捏造した部分の違いなんか一目瞭然じゃんか。

212 :天之御名無主:03/10/13 18:54
他からの参照も改変も捏造もない神話というのを見てみたいものですな(w

213 :天之御名無主:03/10/13 19:13
スレ違いっぽいんで神道系の新興宗教の話題についてはこっちで。

日月神示・ひふみ神示
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/min/1063216381/

214 :天之御名無主:03/10/13 22:13
>>213
そのスレは板違いじゃないのかなあ?

215 :天之御名無主:03/11/23 23:31
サナートクマラは、鞍馬天狗?
確かに神話の事を全然知らない人は、そのように考えても不思議じゃない。

216 :天之御名無主:03/11/23 23:33
>>215
鞍馬寺の公式見解でそうなっちゃってんだからしょうがない。

217 :天之御名無主:03/11/24 03:57
全体的に歴史上の実在人物と
既に神話の中でしか見れない神格は分けた方がいいべ。

人物で言うなら俺は将門が一番かな。
でも悪魔的なモンはあんま感じないけどね。

まぁ皇族や皇族に敵対した人物を大きく取り上げるってのは
ともすると戦中までの皇族史観からの影響も考えられると思う訳だが。
それこそ唯一神としての天皇→アンチ皇族が魔王とゆう史観になる。

神話ならスサノオに一票。

218 :天之御名無主:03/11/24 13:05
さんざん既出ではあるけど崇徳かな。
京都に住んでるからかもしれんが、将門はあんまりインパクトない
感じ。伝説はあるけど単発というか。

逆に、東京周辺だと将門のほうが圧倒的にメジャーかもしれんね。

219 :元老院:03/11/24 22:07
魔王=白玉酒造


220 :太国玉:03/11/24 23:05
魔雲洞 三調芭蕉扇!

221 :天之御名無主:03/11/28 21:02
天誅

222 :天之御名無主:03/11/30 13:28
信長に決まってんだろうが。
天魔王だぞ。

223 :天之御名無主:03/11/30 21:15
そのわりには祟ったとかいう話をちーとも聞かんわけだが。

224 :天之御名無主:03/12/02 01:41
うちのかーちゃん

225 :天之御名無主:03/12/09 00:51
>>224
うむ、かなわんな

226 :天之御名無主:03/12/09 01:24
由比賀独尊

ああ石を投げないで

227 :天之御名無主:04/03/21 01:06
既出だけど天香香背男命(天津甕星)
香香背男神話はマイナーだから知らない人が多いけど

あとは悪路王か鞍馬天狗(魔王大僧正)

228 :天之御名無主:04/03/21 01:26
妖怪の総元締めというか百鬼夜行絵巻では白澤が最後をしめるのがお約束

229 :227:04/03/21 01:56
鞍馬の僧正坊より愛宕山の太郎坊の方が天狗としては格上だし
どちらにしろ八天狗は崇徳上皇の部下なんですね

230 :天之御名無主:04/03/21 02:20
山本五郎左衛門は既出だけど、友人の神野(しんの)悪五郎は?
まあ、名前しか出てこないキャラなんだが。奴の加勢があれば
主人公を崇り殺す事もできたらしい。
創作ネタには使えそうではある。

231 :天之御名無主:04/03/21 02:42
白澤と言えば、瑞獣の一種でしょ?
何か、生き物についての知識が豊富な生き物だったと。

232 :天之御名無主:04/03/21 13:13
>>228
そりゃむしろ魔除けではないかと。

233 :天之御名無主:04/03/21 16:31
>>222
自称の魔王だがな。

>>201
うちの近所でもないが、車で五分くらいの所にも大六天交差点がある。
もしかして、埼玉県南部の人か?

234 :天之御名無主:04/03/22 19:43
早良親王・菅原道真・崇徳院

235 :天之御名無主:04/03/23 05:11
ネプチューンキング

236 :天之御名無主:04/03/23 05:44
清泉女子大の熊沢嘉子さん、かわいい。

237 :天之御名無主:04/03/25 02:20
>>227
 それはサブ。
 大星太神(おおほしのおほんかみ)にきまってるだろ。



238 :天之御名無主:04/03/26 08:01
いつのまにこんな気持ち悪いスレになったの?
この気違いは何者よ。

239 :天之御名無主:04/03/27 20:24
まったくだ

240 :天之御名無主:04/03/28 03:42
あらすのやめろ、せめて文脈のつながる日本語書け。

241 :天之御名無主:04/03/28 10:10
削除依頼出さねば。

242 :天之御名無主:04/03/29 20:28
本格的なデムパキヤガッタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
と思ったが、ただのジャンプオタにも見える。

243 :天之御名無主:04/03/30 17:53
なんでこんなキチ外が住み着いてるの?
しかも漫画で仕入れた半端な知識ばかりだし・・・

244 :天之御名無主:04/03/31 15:28
半端な知識というか、事実とフィクションの区別がついてないというか。

245 :天之御名無主:04/04/03 02:32
区別が付いていないというか、
現実ではなく妄想の世界に住んでいる奴なんだろ。

246 :天之御名無主:04/04/03 12:15
きれいさっぱりになりましたなあ。

247 :天之御名無主:04/04/03 14:22
キティ厨が丸々消えたのはいいんだけど
レスだけ残ってると妙だな

248 :天之御名無主:04/04/03 14:24
おれたちはいったい誰と会話していたのだろう

249 :天之御名無主:04/04/05 01:02
確かに間が抜けてるような気もしますが、気にしない。気にしない。
スレッドの趣旨と異なる連続投稿は、無視した上で削除依頼しましょう。

250 :天之御名無主:04/04/05 22:56
( ´・∀・`

251 :天之御名無主:04/04/06 22:35
 ´・∀・`

252 :天之御名無主:04/04/07 00:43
既出の既出の既出の既出に既出で今更書くのは気が引けるが祟徳上皇以外考えられない。
予め呪われていたとしか思えぬ誕生、天皇でありながら日本国の大魔縁となったと言う壮絶さ。
彼を知ったのは幼少期だがあまりの衝撃に天皇と言えば十年近く経ったいまですら未だに真っ先に思い浮かぶのは祟徳院。
「せにはやみ いわにせかるるたきがわの…」

253 :天之御名無主:04/04/07 01:09
>>180
補足しといてやる。
大六天の支配者は大自在天。
つまりシヴァ。

254 :天之御名無主:04/04/07 10:49
一口に西洋と言ってもギリシア神話の妖怪(メデューサとかミノタウロスとか)
なんかはサタンとは何の関係も無いよね。キリスト教成立以前の誕生だし。

英語ではそういうキリスト教における悪魔と関係の無い妖怪をデーモンと言い
デビルと区別している(実際には守られていないこともあるが)。

255 :天之御名無主:04/04/07 11:25
>>252
[ 瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢わむとぞ思ふ ]

256 :天之御名無主:04/04/15 07:29
小倉百人一首の中の一首ですな。

257 :天之御名無主:04/05/22 00:50
>>130
今更だが懐かしいなオイ

258 :明日香:04/05/22 22:32
八頭大蛇でしょう!正体は洪水だけど・・・

49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)