5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

孔子のどのあたりが危険思想なの?

1 :名無しさん@1周年:2001/06/05(火) 15:46
呉智英氏がこんな事いってたけど
どなたかわかりやすく教えて下さい

2 ::2001/06/05(火) 15:50
「だったら呉氏の本読むなりすれば?」という突っ込みは
あえてナシにします。
皆さんの意見はどうかなって?
教えて下さいというより聞かせてくださいって感じで

3 :名無しさん@1周年:2001/06/05(火) 16:11
『禮記』の礼運はある種『危険思想』かもね。
あと湯武放伐論とか。
孔子の思想が危険かな?
儒学の体系の中に危険思想があるってことじゃないの?
孔子本人がきっと一番危険かしら。
不勉強ですいません。

4 :名無しさん@1周年:2001/06/05(火) 21:44
酒見賢一氏の「陋巷に在り」って小説読めばなんとなく
わかるんじゃないの?

5 :名無しさん@1周年:2001/06/06(水) 19:30
具体的にどんな部分ですか?
できたらやりとり付で
不勉強でホントすみません

6 :名無しさん@1周年:2001/06/06(水) 21:06
5さん>誰に聞いてるの?

7 :名無しさん@1周年:2001/06/06(水) 23:28
>>1
やっぱり呉智英の本ちゃんと読もうね。
そしたらすぐわかるから!どこが危険か。
=================終了==============

8 :実習生さん:2001/06/07(木) 01:08
浅野裕一をよめ。
「ルサンチマンの宗教」ってので出してるよ。どっかの新書で。
呉智英なんて小物じゃない、えれぇ大モノ(?)だから。

9 :名無しさん@1周年:2001/06/07(木) 15:21
浅野裕一も孔子が危険だって言ってるの?

10 :名無しさん@1周年:2001/06/07(木) 15:24
5です。
聞いてるのはお答えレスをしてくださった人全員です。
ムチャかもしれませんが

11 :どきどき名無しさん:2001/06/07(木) 15:47
>>9
麻原と同一視

12 :名無しさん@1周年:2001/06/07(木) 19:01
そんなにヤバく扱われてたのか・・・

13 :名無氏物語:2001/06/08(金) 03:28
呉先生にとって儒教とはガラスの仮面によって、
あっけなく崩れさる程度のものだったのか…。
#BS漫画夜話より

14 :名無氏物語:2001/06/08(金) 03:31
いや、いま再放送やってるのよ。NHK総合で。そこで言ってた。
このまんがの前では、おれが今までまなんできたものが、
音をたてて、すべてくずれさったって。

15 :名無氏物語:2001/06/08(金) 03:35
おいおい月影先生おっぱいだしてるよ…。
つーか、まだ終わってなかったのか、このまんが。
パタリロが、まだ連載つづいてるのは知ってたけど…。

16 :名無しさん@1周年:2001/06/08(金) 09:08
つーか何で孔子がそんなに偉大な人扱いされてるんだろ?
仏陀とかキリストとかは本人の著作は残ってなくてもある程度わかるけど。
思想家としては後世の儒家に孔子より上の連中がいくらでもいそう。

17 :名無しさん@1周年:2001/06/08(金) 10:43
>13>>14 呉さんは『北斗の拳』でも同様の発言をなさっております。
漫画に対するオマージュだと思えばいいんです。
そうね、孔子・・・
学者では白川静の孔子、ハーバード・フィンガレットの孔子
漫画では『孔子暗黒伝』
>>11麻原と同一視は釈迦も基督も変わらんのです。孔子だけに限った事じゃない。

18 :名無しさん@1周年:2001/06/08(金) 13:28
そもそも儒教の教義って簡潔に言えば「身内を敬う」とかだよね
普通に高校等で勉強するものに関してはそれほどヤバくは感じないけどなあ

19 :世界@名無史さん:2001/06/09(土) 03:41
>>8
孔子聖人説の肩を持つ気はないが、あの本は牽強付会でしょーもないものだぞ。
できるだけ孔子に都合悪くこじつけて読もうようという意気込みが、しょーもな。




20 :名無しさん@1周年:2001/06/09(土) 16:35
孔子ってそもそも何者?経歴は?

21 :名無しさん@1周年:2001/06/09(土) 22:47
儒者。

22 :+21:2001/06/09(土) 22:47
あ、政治家も。

23 :名無しさん@1周年:2001/06/12(火) 12:14
世界で始めての思想家ってことかい。
にしてもホントにどの辺がおかしいんだろ。無知な自分にはわからんよ

24 :名無しさん@1周年:2001/06/13(水) 14:56
たしか羊を盗んだ親父を告発した息子を不義の者として批判してた
話があったよね。
さすがにアレはどうかと思った


25 :考える名無しさん:2001/06/14(木) 00:55
浅野裕一は俺もしょうもないと思うなり。読むに耐えない本。

>>24
なんで? 現代の刑法でも親族は特殊に取り扱われているケースはあるでしょう。
根本的な考え方として、公のルールと、家族内の思いやりが対立している場面において、後者をある程度配慮するのは当然だと思うのだが。

26 :名無しさん@1周年:2001/06/14(木) 07:19
>25
だったら、例え犯罪者でも自分の身内だったら見逃すのが家族の当然の
道徳だってこと?
ごめん、こっちのほうがわからない

27 :名無しさん@1周年:2001/06/14(木) 12:06
見逃すというか、匿うのが当然の「天理」「人情」なんだって。
「天理」だから、匿うことは正しいし、それが「直」なんだって。

朱子先生によると。

28 :名無しさん@1周年:2001/06/14(木) 17:18
呉氏が何て言ってるのかは知らないけど・・
『陋巷に在り』って小説にこんな一節がありましたよ。
→孔子がただ“民”という言葉を用いる時は、被治者としての
 女子小人的な対象をさす場合が多かったと考えられる。
 それ故、孔子には抜きがたく民衆蔑視があったとさえ言う
 研究者もいる。
ってさ。でも実際孔子自身がけっこー卑賎の身だし、同じく
貧乏人で低い身分出身の顔回(字は子淵or顔淵)や冉雍(字は
仲弓・十哲の一人)を『好学の者』として高く評価してるし、
別に民衆蔑視なんて事はないと思うが。
>まあコンプレックスはあったかもね。

29 :無名子:2001/06/15(金) 00:39
現代でも、犯罪者である肉親に不利な証言をしないことは許されているはず

30 :25:2001/06/15(金) 00:48
>>26
当然というか、自然な感情なのでしょうね。
刑法も、たとえば刑法105条は犯人隠匿罪および証拠隠滅罪についての親族特例を設けている。犯罪者をかばった親族については、その刑を免除できる。
「できる」だから裁判官としてはしなくてもいいわけだが、親族である犯人を匿うというのがえてして人間の自然な感情であることは認めているわけでしょう、今でも。

>>28
う〜ん、しかし、ソクラテスなんかは奴隷の上にふんぞり返っていたとも言いうるわけで、そういった時代における孔子の方向性はむしろ民のための政治にあったのではないかな。
ま、少なくとも孟子に至ればその方向性は顕著な気がします。

31 :名無:2001/06/15(金) 10:13
人生何事も程度問題。

32 :名無しさん@1周年:2001/06/15(金) 18:42
あと自分以外の思想についてはそれ程寛容じゃないイメージがある。
確か誰かの〜説をボロクソに言ってたような

33 :名無しさん@1周年:2001/06/21(木) 17:32
>3
具体的にどこ?

34 :名無しさん@1周年:2001/06/25(月) 01:48
そもそも危険思想って何に対して危険だというの?

35 :名無しさん@1周年:2001/06/25(月) 18:55
革命思想。

36 :>35:2001/06/26(火) 16:36
それは孟子

37 :名無氏物語:2001/06/26(火) 22:53
講師がよく言っている「自分の身の程を知れ」=「自分の階級を知れ」てことでしょ?
結局「奴隷は奴隷らしく」ていうようなことじゃん、ダメダメです。でもこっから、色々と面白い思想家が出たんで結局偉人でしょ。

38 :名無氏物語:2001/06/27(水) 00:03
>>37
孔子であろうとなかろうと、自己を知ることは大事だろう。
古代ギリシャだって同じでしょう。

それを「身の程を知れ」=出しゃばるな、という風に読むのは、あなたの単なるコンプレックスであって、孔子の論ではありません。

39 :名無氏物語:2001/06/27(水) 01:21
孟子と申します

40 :名無氏物語:2001/06/27(水) 16:29
>>39チョットダケワラタ

41 :名無氏物語:2001/06/27(水) 19:44
だからさ、呉の著書よんだらおわるじゃん!
=============終了===============

42 ::2001/06/28(木) 13:04
ソンナムチャナ。

43 :名無氏物語:2001/06/29(金) 01:14
>>41
だからさ、そんなドキュン相手にしてねぇっつの

44 :名無氏物語:2001/06/29(金) 01:33
>>41
駄スレで見解を述べるのがドキュソじゃ!

45 :名無氏物語:2001/07/05(木) 23:03
近代社会では民主主義・人権思想が人類の進歩の証として
至上の概念として信仰され、近代以前の封建社会を未開で
野蛮な社会であると考えられてきた。ごちえい氏はこの考え方に
異を唱え、封建社会が安定した社会システムを持っていたことを
強調し、同時に近代の民主主義・人権思想の限界を指摘して、
これを相対化することを目論んでいる。
>>34
よって封建主義は民主主義社会にとって「危険思想」だと言うわけです。

ごちえい氏の立場はこんな感じだと思う。

46 :名無氏物語:2001/07/06(金) 00:40
>>45
封建主義万歳!

47 :名無氏物語:2001/07/06(金) 17:59
>>45
なるほど。
ありがとうです そういやごちえいさんは封建主義思想者っぽかったね

48 :晃氏:2001/07/08(日) 00:45
その呉智英氏の論語講座が、2001年9月14日より始まります。
詳しくは http://ich.jp.vu/ まで

49 :名無氏物語:01/11/10 22:46
>>1よ。
そんなこと考えるやつの頭の中のあたりだ。

50 :名無氏物語:02/11/26 18:48
50  

51 :名無氏物語:02/12/22 23:17
顔回のどこがいいのかわからない
http://live2.2ch.net/test/read.cgi/news/1040564612/l50

52 :山崎渉:03/01/11 09:36
(^^)

53 :名無氏物語:03/01/25 07:16
ハングル板に逝けばわかります。
儒教が姦酷に与えた影響のすごさを知れば誰も嫌韓になります。
人身売買や強姦は儒教と密接な関係があります。


54 :名無氏物語:03/01/25 07:37
>>53
2chを鵜呑みにしとる君も危険だな

55 :名無氏物語:03/01/25 11:49
>>5
一応ソースのあるスレとかだけど。
後「親日派への弁明」のキムワンソプが書いた「女性論」でも
姦酷の娼婦への差別とか(それも梨花女子大のドキュンが差別している)
姦酷男性の強姦の多さとか強姦魔と被害女性が結婚するのが当たり前の社会とか。
梨花女子大と男子学生のコンパで女子大の方が全員処女だと言ったら
男子学生の方が「猫かぶってんだろう」と言い
それに切れて全員退席。
処女でなければ無価値だなんて女性は物体なんです。姦酷では。
しかもおばんやDQN梨花が差別する側。
>>2
李登輝もそういうことは言っていました。
「『文字に書かれた宗教』とは儒教だが、これは科挙制度とともに国家を支えるイデオロギーでしかなく
、空想の理想社会を語っただけで、人民に心の平安をもたらすものではない。
そんなものを信奉してきたからこそ、面子ばかりにこだわり、空虚なスローガンに
踊らされる国民性が培われたんだなあ。」(諸君12月号)


56 :山崎渉:03/03/13 13:08
(^^)

57 :名無氏物語:03/03/15 19:47
呉氏、酒井氏じゃなくて、研究者の意見はどうなんだろ。

58 :名無氏物語:03/04/16 23:02
研究者なら、アサノの裕ちゃんが本書いてるっての







59 :山崎渉:03/04/17 09:21
(^^)

60 :山崎渉:03/04/20 04:48
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

61 :山崎渉:03/05/21 22:34
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

62 :山崎渉:03/05/28 15:02
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

63 :ごるごるもあ ◆753Z/RLFiY :03/06/30 20:14
▲資本共産法▽
 職業安定所を国税庁に統合し、かつ公権力化する。企業面接を撤廃して雇用創出を図る。
備考:企業教育の必然性と人材派遣業の処分
▲琉球国際認定規格推進▽
 同一国内でありながら、国籍と民族の固有化を尊重し、続けて北方領土問題にも取り組む。
 【地域社会保護法案】
 住民投票を公権力化し、地域社会の破壊を阻止する。
▲教育改革法▽
 義務教育の数学・音楽・美術を廃止し、情報処理・脳神経学(精神学)・マインドコントロール手法(音楽・美術)を新たに加え、資本主義社会の虚弱性に抗する消費者層の暗黙的な社会主義化を目指す。
▲予約売買法▽
 卸売り業者すべてに予約販売制を導入・義務化し、物資の流通を共産主義化する。

64 :山崎 渉:03/07/15 12:31

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

65 :ごるごるもあ ◆753Z/RLFiY :03/07/20 07:42
日本の民主主義がサイレントマジョリティーによって支配されているのなら、大多数のサイレントマジョリティーは義務教育によって子供の頃から先入観を植え付けられた政治組織である。
大人になっても、真剣に新しい社会問題に取り組もうとする大人がいないのは当然である。
反面に、宗教問題に鈍感な日本人は、義務教育における平和憲法程度の社会倫理しか持ち合わせておらず、常に矛盾した倫理によって日本人独特のいやらしい未熟で異常な社会性を、世代間の教育的結果と感覚的相違さえも許容し、含有しているのだ。
一方のアメリカは、同じ理屈によって強力な右翼市民で埋め尽くされている。
今にも世界大戦が始まりそうなのである。
では一体、義務教育以外の方法で民主主義をコントロールする方法はあるだろうか?
現時点では、私は知らない。
不毛な妄信的・儒教的オカルト信仰宗教も、天皇制と数多く混在する。
http://darkelf.dip.jp/doubt/protest.html

66 :名無氏物語:03/07/20 15:31
画像集!
http://www.sexpixbox.com/pleasant/dx/index.html

67 :名無氏物語:03/07/23 00:00
>>53
んじゃキリスト教もイスラム教も危険じゃん。
つーか孔子だろうが釈迦だろうが麻原だろうが
絶対的な教祖様ってのが出来上がっちゃうと本人の思想に
関わらず危険だわな。

68 :_:03/07/23 00:16
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku05.html

69 :  :03/07/23 00:44
ユダヤ・キリスト・イスラムは元々同じ神様でした。
@神さんはユダヤの言葉で岩に十戒(レイプするな,etc)を刻んだ。
Aいや、私キリストが神から聞いた。
Bうんにゃ、私モハメッドはムツゴロウ的能力で、神の使いのハト
 さんから聞いた。

お互いの戦いが激しいので、キリストは生まれ変わった云々で神格化
した。だから、彼らは今後も永遠に争う。

その点、仏教は「自分の行き方を悟りなさい」としかいってないので、
他宗教を攻撃する性格のものではない。

ま、亜流は論外ですがね。

70 :名無氏物語:03/09/08 15:06
古希

71 :名無氏物語:03/09/08 15:06
200位のスレッドにカキコ!

72 :名無氏物語:04/04/11 21:39
よく「目上の者の言うことを聞け」ということが出てくるが、
ここで言う「目上の者」とは「年上の者、身分が上の者」だから。

身分制を肯定し、それに絶対服従を要求する反民主主義的な思想。

おまけに女性蔑視思想。女性は男性の「付属物」に過ぎないという思想。

単なる机上の、儒者自身に都合のいい理想論。
現実を見ていないから孔子自身も政治家としては見事に失敗している。

余談だが「韓非子」なんかのほうがよほど現代でも役に立つと思う。

73 :名無氏物語:04/05/01 14:51
NASA

74 :名無氏物語:04/05/01 16:56
反民主主義とか女性蔑視思想、って一口に言うけど、
聖書だろうが、お経だろうが、古代〜近世の書籍は
そういう前提で書いてあるもんでしょ。

たとえば、聖書は地動説を信じきってる人が書いたせいで、
ローマはガリレオを認めるのに200年掛かった。
でも、地動説を認める、ってことは、
聖人達は間違ってなくても、聖書の作成、翻訳に携わった人のなかには、
「うっかり」天動説を信じ込んでた不届き者がいる、ってことだから、
聖書には、部分的ながら不正確な箇所がある可能性を認めているわけだ。

カトリックが天動説を捨てたのは、聖書の正確さに疑問を持ったとしても、
信仰の本質には関係がないと判断したからじゃないかな?

儒教を全肯定するような人は現代にはまずいないだろうけど、
そんなことは、古代の思想、書物全般に言えることだから、
現代的な倫理に鑑みて都合の悪いところを抜きにすると、
それでも、孔子はオリジナリティがあると思うよ。

75 :名無氏物語:04/05/01 18:13
>>74
ローマ教会が地動説を認めたのは現教皇のヨハネパウロ2世の時代だぞw


76 : ◆cvpiffeLeY :04/05/01 18:17
何を熱くなっているですか。

孔子は「俺こそが次の天子」という妄想を実現しようとした危険人物。
孔子の同時代人にとって、孔子の思想は体制を転覆しようとする危険思想じゃん。

77 :名無氏物語:04/05/01 18:30
講師なんてどうでもいいから、教授か助教授を呼んでコイよ!

78 :洩れ車:04/05/02 05:01
孔子の革命思想に具体的な形を与えたのが例えば孟子だぞ。
孫文も魯迅も孔子や孟子から大きな影響を受けていると思ったが。

79 :名無氏物語:04/05/03 12:37
なんか、全世界中、孔子とか儒教について誤解してるなぁ

革命思想だの、封建思想だのは結果であって、
孔子の本当に言いたいことじゃないぞ

孔子が弟子に教えたのはただ2つのみ。
中庸(偏らない中立的な価値観)と仁(人間のあるべき精神)

今一般にいわれている孔子の革命思想とかは
先の2つに時節状況が加わって孔子が下した正しい(と本人が思う)判断であって、
時節も状況も違う現代に革命思想だのは適合しないし、本人が今生きていればそう思うはず。
とどのつまりは現代の孔子に対する考え方は
いまだ意味の無い神格化から抜け出ていないということだ。

80 :名無氏物語:04/05/03 16:20
80

81 :名無氏物語:04/05/03 22:59
漢文はサヨク!

82 :名無氏物語:04/05/04 11:37
395 名前: 元CIA長官 ◆ffZL3JG2 投稿日: 04/05/02 09:50 ID:PPlfksAs
語る者は知らず、知る者は語らず

By 孔子

396 名前: 国連な成しさん [sage] 投稿日: 04/05/02 10:12 ID:???
>>395
それ老子

397 名前: 元CIA長官 ◆ffZL3JG2 投稿日: 04/05/02 10:14 ID:PPlfksAs
語る者は知らず、知る者は語らず

By 老子

83 :洩れ車:04/05/04 14:41
>>82 「君子豹変」というか「過即勿憚改」の実践を前面に押し出してますね(笑)。

84 :名無氏物語:04/05/08 19:39
100位のスレッドにカキコ!

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)