5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「あさきゆめみし」と原作の違い

1 :大弐の三位:2001/02/08(木) 00:46
「あさきゆめみし」のおかげで源氏物語がよくわかりますよね。
でも、原作と違った解釈が多いんですよ。
「あさき」ファンのみなさま、怒らないで!!
「あさき」は、「源氏物語の説明漫画」ではなく、
あくまでも「源氏物語を原作とした一般大衆の娯楽作品」
なのですからね。もちろん、作者が好きに描いていいんです。
「あさき」は私も大好きです。絵もキレイだし。
でも、好きだからこそ、ツッこんでみたい時も・・・

2 :名無しさん@:2001/03/03(土) 03:41
全然違う。別物。

「三国演義」と史実ぐらい違う。
その違いに注目した研究ならありだと思う。
現在の「価値観」から見た源氏解釈のひとつ。

3 :名無しさん@HOME:2001/03/08(木) 18:56
「あさき」のベースは田辺源氏じゃないですか?

4 :ななさしん:2001/03/08(木) 20:42
三国史演義と吉川英治三国志ぐらい違う。

5 :名無しさん@1周年:2001/03/09(金) 08:47
江川達也はどうだろね(藁

6 :名無しさん@1周年:2001/03/25(日) 17:40
「あのウェーブはちょっとすごいよねぇー」と
ゼミの先生が漏らしておった。

7 :名無し:2001/04/20(金) 11:20
100人いれば100通りの源氏物語があっていいと思われます。
なので違いがあって当然でいいと思うし、作者の大和さんも原作との違いを
楽しんで下さい、と語っているし。
解釈の違いでいえば、
円地文子さんなんかは「紫の上は源氏物語のヒロインではない」と
言い切っていたのは新鮮な解釈で、その研究書を読んでなるほどと
思いました。


8 :名無しさん@1周年:2001/04/22(日) 18:55
高校時代、「あさき〜」にはまっていた友人が多かったが、いきなり桐壺の更衣が木登りして帝のお目にとまるなんて非常識な場面があって、許せなかった。
何十年も経ってから読み直して、それなりの良さもわかったが。
瀬戸内源氏の勝手な解釈も、まあ、許容範囲か。

9 :名無しさん@1周年:2001/04/22(日) 21:02
確かに、十人十色の解釈しますよね。
私としては、与謝野源氏がいちばん忠実なんじゃないかなぁ
っておもっちゃいますけどね。
いかがでしょ?

10 :名無し:2001/04/26(木) 23:36
私W大で国文やってますが、名だたる先生方は
瀬戸内読むくらいなら、あさきよんでくれ!!
ってよくいってます。
私もあさきは好き。

11 :名無し@:2001/04/27(金) 10:29
>10。
わたしもあさきは大好きです。
実は瀬戸内源氏はどうも好きではありませんので、先生方のご忠告、
なるほどと思いました。
あの方の源氏物語についての対談を読んでも、解釈の仕方が??って
感じで。それも瀬戸内さんなりの解釈なんでしょうけど。
でも瀬戸内源氏がお好きな方もいますし、いろいろなんでしょうけど、、。

最初に読むなら与謝野源氏はいいと言われますね。
でも活字に圧倒されて入れないようであれば、田辺源氏やあさきでも
楽しいと思いますよね。

中村りんさんでしたっけ。(うる覚えですが)あの方の源氏物語も
わかりやすくて良かったですよ。

漫画で言えば、牧也美子さんという方でしたか。あの方の源氏物語
が文庫本でおととしか去年あたりにでましたね。
話は源氏が栄華を極めたあたりで終わっていますが(続きがあるのかな?)
それを読んでみるのもまた一興かも。

すみません、全然違いを語ってませんね。
えっと、原作をいきなり読むのは大変なので、そういう方の為に大和さんも
あさきを書かれたみたいだし、オリジナルな場面があっても
それはそれで素敵じゃないでしょうか、ということです。


12 :名無し:2001/05/09(水) 02:05
原作にはないけど、花散里と源氏の出会いの場面がすごく好きです。


13 :名無しの上:2001/06/01(金) 01:16
>>12 激しく同意!
...と2ch語を使ってみましたが、ここのスレにはそぐわないようですね。
源氏物語を語るスレを探して、初めてこの板にやってきました。
検索しても見つからないのですが、どこかにありますか?
スレを立てても、源氏をミーハーに語るのは無理かしら。
>>8
そんなシーンあったっけ? と夜中にあさき1巻を探して確認しました。
ありましたね〜。更衣、かわいい。
あさきゆめみしの中で私が好きな場面は、朧月夜との密会を右大臣に見つかって、
源氏がわざとらしく扇で顔を隠すシーン。
あの源氏の色っぽさは、全巻No.1だと思うのですが、いかがでしょう?


14 :海老茶式部:2001/06/01(金) 01:55
入門書としては、最適だと思います。

一般的な学者の解釈からかけ離れたところもそうないし、
フィクションも最低限に抑えてあるし。

瀬戸内源氏は、与謝野源氏読んで、谷崎源氏読んで、
原書読んで、それから読むことをお勧めします。

最初に妙な色の付いたものを読むとその影響が抜けないので。

原書が無理なら、瀬戸内源氏は読まないほうがいいと思います。


15 :名無氏物語:2001/08/23(木) 14:36
あさきゆめみし…源氏物語と言わないところがいいね
全巻持ってるけれど、楽しみに少しずつ読みたい

翻訳で、古典を読みたくない。絶対に。頼まれても。
原文を何度も何度も繰り返し読むのが、最高の古文の楽しみ方。
そして、音読することですね。

16 :名無氏物語:2001/08/23(木) 17:11
原典至上主義もどうかと思うけどねえ。

17 :名無氏物語:2001/08/23(木) 18:12
あさき読んで源氏はいい男!(浮気者だけど)って思ってたので
家にあった翻訳本読んだらなんかいやらしい感じでショックでした。
たしか谷崎潤一郎だったと思います。

18 :名無氏物語:2001/08/23(木) 23:03
北国の某先生は、瀬戸内源氏はこれまである訳と
自分の作品に差をつけようとするあまり、
素直に訳せば選ばれるべき言葉をわざとハズしてしまって、
変だっていっていた。

私は読んでないんでわからないが、
そう思えるところあったら教えて欲しいです。

19 :名無氏物語:2001/08/23(木) 23:33
あさきゆめみしって何故か学校の図書館にあったりしない?

20 :名無氏物語:2001/08/24(金) 08:21
円地訳が一番好きだけど、付けたし部分はやっぱり浮いてる。
原作と読み比べなくても「ああここは付けたしだな」ってわかる。

21 :そらみ:2001/08/24(金) 14:08
橋本治の窯変源氏物語を読んでみよう。ぶっ飛ぶこと疑い無。

22 : :2001/08/24(金) 14:29
原作しか読んでない花散里ファンの者です。
このスレを最初から読んでいるのですが、
あさきゆめみしでは源氏と花散里の出会いってどうかかれているのですか?
本当に原作では一言も触れられてないし・・・
個人的には二人は麗景殿女御を通じての幼馴染だったのではないかと考えているのですが・・・
どうでしょうか・

23 :名無氏物語:2001/08/24(金) 23:49
>>22
藤壺に相手にされなくていらいらしていた源氏に花散里が声をかけた。

原作では明石が身分低ーく扱われているのに、
『あさき〜』ではやたら誉めてる。
あれが一番ひっかかる。
あと、源氏が自分勝手で茶目っけたっぷりな発想をしたりしてるのに
『あさき〜』では省かれてて、源氏は若い頃からできた人になってるような。

24 :名無しにゃーん:2001/08/25(土) 01:56
明石の上は身分も低いから、紫式部は控えめに扱ったのかな?
でも琵琶の名手だったり、高貴な香や色目がふさわしい人だし
埋もれさせておくのはもったいない器量だから
大和和紀さんは目立たせたのかも。

25 :名無氏物語:01/08/31 01:11 ID:4Wz9mX3s
うーん、一番原作に近いのは与謝野晶子訳かな?
・・・スレ違いな事言って申し訳ないですが。

26 :名無氏物語:01/08/31 09:52 ID:DT0SD3yg
一番近いのは谷崎訳じゃないか?

27 :名無氏物語:01/09/01 03:44 ID:RlUWMSig
谷崎源氏が良いです。言葉使いも現代に近すぎず雅で情緒溢れる印象を受けます。

28 :0 ◆EMrmvKLI :01/09/02 14:38 ID:b.hVuBk.
ここに書きこんでるブァカは原作に何種類かあるの知ってるのか

29 :名無氏物語:01/09/03 09:54 ID:mY7nY/dg
青表紙本しか読んだことないがそれじゃ駄目かい?

30 : :01/09/03 11:16 ID:CzhzE7dU
大島本しか読んでないけど、駄目かね?

31 :1:01/09/03 23:39 ID:gl8A.wWg
河内本にしても、青表紙本にしても、ストーリーは同じ
表現形態が微妙に違うだけ、そんなことここでエラソー
に言うのも虚しい限り。

32 :てんびん座:01/09/04 18:36 ID:pJBYdrc.
六条の御産所、あさきのイメージだと
恋に敗れた年上のプライド高い恋人
な感じだけど、高校の国語の先生が
もっと自立した女性だといってたように
思う。そういえばサロンの女主人みたいな
趣味人だったよなーとか思って。
あさきだとちょろっとしかでてこなかった気がする。

33 :名無氏物語:01/09/05 17:46 ID:yuj82TVU
私は高校の時、谷崎読んで
それから与謝野−円地ときて原文に挫折
その後、田辺−橋本−あさき
で40になった今、瀬戸内の2巻目

けど、その前に原文に挑戦しようかしら?
小学館の対訳付のでも

34 ::01/09/05 20:20 ID:O6vHySzg
実相寺昭雄の「あさきゆめみし」ってのもあるのだが
マイナーすぎるかしらん?

題材的に関係ないし

35 :名無氏物語:01/09/05 22:17 ID:Zn3luero
わたし、中学生の頃、
はじめてあさきゆめみしを読んで
その夜、どなたか素敵な方が
しのんでこられてもいいように、
部屋の窓を開けて寝ました。


36 : :01/09/06 07:56 ID:JFHKLI2g
>11
古文漢文板にきてまで「うる覚え」を
見るなんて、なんか涙が…つうか
4ヶ月以上まえのカキコに茶々入れる
自分も、なんだかなー。
スレの趣旨に関係ないのでsage

37 :名無氏物語 :01/09/06 16:02 ID:mCj/FT62
>>35
激ワラタ。泥棒・強姦魔・下着泥棒などが侵入しなくて良かったね。
「魔女の宅急便」を観た後にホウキにまたがった私といい勝負だよ。

38 :名無氏物語:01/09/06 22:51
あさき夢みししかよんでいない僕は逝ってよしですか?
浪人時代訳読もうと思ったんですけど、
図書館にはありませんでした。
買おうかな。

39 :名無氏物語:01/09/11 04:01
36さん、私も今、上から順番に読んできて、
それを突っ込むかどうか迷ってました・・・。
なんでこの板でこんな言葉見るんだろうか・・・。

40 :名無氏物語:01/09/12 00:22
38さん、私もあさきゆめみしで源氏を研究しようと思いました。今からでも充分楽しめますよ。

41 :名無氏物語:01/11/02 05:24
あさきゆめみしと牧の源氏(両方ともマンガだな)
どっちも近江の君は故郷に帰っちゃうけど、
故郷での呼ばれ名が全く違うよね。
原作には故郷に帰る結末あるの?教えてください。

42 :名無氏物語:01/11/02 10:44
>>41
ないです。明確にあるとも言い切れないけど・・・・
ちなみに寂聴さんの女人源氏でも帰ってました。

43 :名無氏物語:01/11/03 00:01
>>42
ありがとう。ってことは
田辺小説でも帰るのでしょうか…。

44 :名無氏物語:01/11/07 15:15
でも、「あさき」ってそれなりにやばいシーンも
あるよね。紫の上を強引にやってしまうところや、
女三宮と柏木の密通とか。学校で読んでいて
、やばい…と本を閉じてしまった。
なのに、学校で先生が薦めたり図書館に置いていたりするの?

原作との違い。紫の上との出会い、二人で花畑で遊ぶシーンは原作には無いよね。
でもあれはあっていいと思う。北山の場面の明るさや、幼い少女の天真爛漫さが
際だって。若菜以後の彼女の述懐には泣けますね。

45 :名無氏物語:01/11/07 20:37
>>44
そうだね、紫の上は源氏にゴウカーンされたんだ。
なんだか健全な感想でちょっと感動したよ。

ま、そういう記述からこの時代の女の地位だの性に関する
常識だの、恋愛観、結婚観を知ることが出来るってものです。
現代の常識に照らし合わせると間違っているから、生徒に薦め
ちゃいかんなんて事になったら、文学も教育も無くなっちゃうが。

46 :名無氏物語:01/11/20 21:03
>現代の常識に照らし合わせると間違っているから
そういう点で言うと、女三宮と柏木の関係で、女三宮が源氏にいじめられるのが
納得がいかなかった。彼女は柏木を好きでも誘ったわけでもなく、無理やり
襲われた被害者でしょう。かわいそうと同情されるどころか、なぜ責任も無い
彼女が責められるんだろう。
ミもフタもなく言うと、強姦の被害にあった妻を夫が責めている感覚。
普通なら同情したりいたわったりしてあげるよね。

47 :名無氏物語:01/11/22 00:35
それでよいという意味でゴウカーンが描かれているわけではないでしょ?

48 :名無氏物語:01/11/28 10:48
女三宮が余り好意的に書かれていないのは、持つべき配慮、持つべきつつしみを持たずに
結果として柏木を誘惑することになってしまったからでしょう。
イスラムの世界で女性達がブルカをかぶり、人前には顔を見せることを禁じられていること
とも共通するのでは・・・はっ!そういえば、あの社会も一夫多妻であったことよ。

それとはかんけいないけど、「文字を押しのけてしまう絵の力」。これはすごいですよね。
個人的に「あさき・・」それほど好きではないのです。でも、ビジュアルとしての刷り込みを
されてしまったようで、ほかのを読んでいてもあの顔になってしまう・・・ルパンの声は山田
康夫と自分の中で決まってしまったことと似てるのかな?ちがうか。
ゆるせん栗貫。

49 :名無氏物語:01/12/01 04:25
訳文読むなら
村上リウにしろと
学生時代の担当講師は言ったが、
私は何故か家に全巻あった谷崎を読んだ。
「あさき…」との違いって、やっぱり
ストーリーや解釈うんぬんじゃなくて、
絵ですね。
自分が頭の中でおぼろげに考えていた
情景描写、たとえば青海波を舞うシーン
とか、ああいうのが、もう、あぁ、なるほど
大和さんのビジュアルだと、こういうイメージ
なのか、私とは違う。
っていうところでしょうか。

50 :名無氏物語:02/02/02 22:17
明石の扱いが断然違うよね。『あさき』で明石の人間性に脅威を抱いた
けど、瀬戸内女人なんかでは通常の嫉妬深い女性に描かれてるし。
でも、あの時代に紫級の女性に一目おかせる存在だった明石は原作であ
えて描かれていないが、『あさき』にあるくらいの存在だったであろう
ことは予想できる。
清少納言にほめられるくらいの下級層を想定すればよいと思われ。

51 :名無氏物語:02/02/03 02:22
>>46
同意。まあ1000年前の人間の行為を
今の価値観に当てはめて断罪するのは確かに問題あるのだろうが、
あれはちょっと理不尽すぎる。あれで源氏が大嫌いになった。

ていうか、そもそも源氏って性格悪くないか? 根本的に傲慢というか。

52 :名無氏物語:02/02/03 10:33
>>51
私は源氏が女三宮を責めるのは(当時としては)当然だと思うけど。
>>48の言うように、思慮が足りないから。

まず、柏木から逃げることができた。空蝉も宇治の大君も
逃げてるし。それに、襲われちゃったとしても、恋文の始末をして
源氏に知られないくらいの配慮が欲しかったんでしょう、源氏としては。

「あさきゆめみし」蜻蛉の巻がほとんどない。
女一宮(匂ノ宮の姉)がどんな女人なのか描いてほしかった・・・。

53 :名無氏物語:02/02/03 22:54
>>52
まあ責めること自体は仕方ないんだけど、
その責め方が陰険で、すごい嫌。
柏木に対してもそうだし。
自分が二人より思慮深くて利口だと思ってるなら、
もっと鷹揚に構えていれば良いものを。
結局嫉妬でしょ?

そもそも、源氏に三の宮の思慮の浅さを責める権利があるのか?
出家まで思いつめた挙げ句死にかけた、
紫の上の苦悩の本当の意味をまるでわかってないし。
大体断れる縁談だったのに、藤壺と縁つづきだって理由で
三の宮を迎えたのは自分でしょう?
柏木の一件があるまで、あの状態で表面上でも無事にすんでたのは
三の宮が幼く、鈍かったおかげ。
普通の神経を持った姫だったらとっくに傷付いてボロボロになってたと思うよ。
それこそ密通したくなるくらいに。



54 :だけど:02/02/04 16:52
あれを書いたのは女だ。
当時の「女性の理想」を描くつもりで書き始めたのだけれど、書き進めるうちに
いろんな彼女も気づいていなかった男と女の矛盾がぼろぼろとあふれ出したような
彼女の中で苦しみが始まったそんなような気もする。

「かくありたい」と望む「理想の男性像」は終盤では崩れ果てている。
ならば女はいかにあるべき?と問うた結果の「出家」はなんだか救いのような救いでないような。
あれを書き終えた紫式部の残りの人生。
どんな生き方ですごされたのか。
あれを受け止めた女達男達は物語からどのような影響を受けたのか。
それがちょいと気になるのです。

55 :名無氏物語:02/02/07 02:13
>53
だね〜。
一昨年卒業論文で女三宮と柏木のことを書きました。
そのとき、昔読んでたあさきも引っぱり出しましたが。
性描写が露骨だけど、美しかった。女三宮の黒目も、
よく彼女を現しててすごいと思いました。柏木のくせっ毛は、
あの時代からしてそれはないんじゃと思ったけど、それだって
納得させられたよ。
女三宮は確かに柏木のことなんかこれっぽっちも愛してなかった
と思います。拒むだけの才覚もなかったしね・・・。ただ、責める
源氏の側に、「老いのひがみ」みたいのもあったと思います。
柏木を宴席で暗に非難するときのことばなんかまさにそう。
柏木はいびり殺されたようなもん。女三宮を遠くで想うばかりの
時は、「畏れ多くて手出しできない」と思っていたけど、実際
近くで見たら、ただのかわいい女の人だった。それで理性が吹っ飛んで
しまったんだね。半ばレイプみたいな形で犯してしまった。
宮もある意味被害者。大切に育てられ、男女の機微もだ〜れも
教えなかったんでしょね。まさに超のつくお嬢だった宮を私は
責められません。すみません。

56 :名無氏物語:02/03/06 23:56
あさきゆめみしでは
源氏は紫上が大人になる儀式
(男で言う元服、女はなんていうのか知らん)
をする前に肉体関係っていうか、まぁ契りを交わしてますが、
その辺は原典だとどうなってるんですか?
ずっときになってたんですが。

57 :名無氏物語:02/03/07 00:54
>>56
原典は手元にないからわからないけど、谷崎源氏(あれ、いい加減誤訳してる
ところ誰か注釈でも入れてやれよ。藁)を読んだ限りだと若紫と肉体関係を結んだ
後に、若紫の父親(兵部卿宮)に裳着の式の段取りに関して連絡を取ったと
いうくだりがあるから、おそらくそのままで合ってると思う。

一時期源氏物語マニアになったんで原典含めて色々読み漁ったんだけど、
「あさきゆめみし」は最初の数巻を除けばそこそこ原典に忠実な方じゃないかな。

58 :名無氏物語:02/03/07 00:58
>>57
サンクスです。
喉につっかえた骨が取れました。

59 :名無氏物語:02/03/07 01:32
>>58
図書館にでも行って原典見てくるといいよ。
谷崎は原典を直訳してゴツゴツなのを適当にやすりかけただけ、という印象が
拭いきれないね。まぁ、それでも創作だらけにするよりは「現代語訳」という
意味ではまだマシかもしれないが。

60 :定期券:02/03/07 20:47
卒論で「あさきゆめみし」が問題になるっていうのが、
漏れにはよくわからない……。

「あさき」を問題にすることは、「学問」といえるのだろうか。


61 :名無氏物語:02/03/23 17:27
「まろ・ん 大掴源氏物語」が出ました。
これも一つの源氏物語。是非一読を。

62 :名無氏物語:02/03/24 09:14
>60
ホントにね。もうびっくりするよ。
「なんでそうなるの」って主張の根拠を問うと
「この小説に書いてありました」「このマンガではそうなってました」
とくるからね。マンガをレジメに張り付けてくる奴まで居るからね。
もう怒る気にもならん

63 :定期券:02/03/24 11:47
>>62
激しく同意。
原文を読んでないのに、
マンガ・小説で源氏を理解しようとしているのがDQN。
シェイクスピアを日本語で読んで得意げになってる輩と同じですね。

64 :名無氏物語:02/03/24 17:49
とっかかりとしてマンガやらを読むのは良いことです。
しかしながら、必ずやらないといけないことは(学問としての場合は)
『原文』に目を通して、自分の力で確認していくことですからねぇ。
しかしまぁ、レジュメにマンガを張りつけてくるやつなんているのか?

65 :名無氏物語 :02/03/24 18:06
>>61
 「まろ、ん」読みました。かいつまんであるので大変読みやすかった。
血統とかも源氏が栗、頭中将が豆で顔をデフォルメしてあるのでわかり
やすかったし。どの帖がどの話とか大雑把にしらべるには丁度いい。
手元に1冊おいてもいいかも。

66 :定期券:02/03/24 18:10
>>64
それがいるんだな…。
漏れ、更級の演習やってたんだけど、
マンガを抜いてきて、
「出典なんとかかんとか…」
って普通の文献と同じに扱ってたのがホント藁た。
そんなもんだよ。

67 :名無氏物語:02/03/25 19:53
>>52
亀レスだけど、私も女ノ宮見たかった。(私の中では紫の上に似たイメージなんだけど)
でも、そうしたら薫の変態さが際立つんだよね。

それから「竹河」?(うろ覚え)もなくなってたよね。
その後の玉鬘の話。好きな巻だっただけに残念だ。
これはこのスレとは関係ないんだけど、源氏が遺産を残すのに、
中宮の次に玉鬘を書いたというようなところがあるけど、
中宮ってどっちの中宮?ずっと疑問だった。

68 :名無氏物語:02/05/11 02:53
大和和紀があさきゆめみしよりずっと前に描いたラブ・パックという平安物の
漫画を見たことある人いるかな?源氏物語とは関係のないラブコメディなんだけど。
小学生の私はこれで平安時代にはまり、与謝野源氏を買って一生懸命
読んだだよ。いきなり説明なしに新しい人名が出てくるので何度も前のページを
見直したりしたんで、時間かかってしょうがなかったけど。

69 :名無氏物語:02/05/20 23:03
いいとおもうよー。私は宇治十帖以外もってます。
大学で平安文学専攻してるけど。
物語の流れや、出来事はけっこう原作に忠実だから、そういう意味で間違えなくていい。
解釈も研究史の妥当なところを取ってるので「大和和紀って研究所読んだ?」とか思ってしまう。

訳は瀬戸内にしろ与謝野晶子にしろ、現代人の感覚で書いてあるから、人物評価はあてにならない。
例えば明石の君のあつかいが問題になってますが、
紫の上が死んだ後、源氏が
「彼女(明石の君)は、紫の上が自分のプライドが傷付かない程度に自分と付き合っていた事は、自分しか知らないだろう」
と述懐するところがあるんですが。
そういうところで「明石の君のあつかいが低い」とかは言えないと思うな。
明石の君は私もっとも好きです。最近の研究史では彼女の株上がってる気配もあって、嬉しい(笑)。

70 :名無氏物語:02/05/20 23:10
69です。源氏の心内言葉で「自分、自分」ってうるさくてスマソ。
要するに、明石の君と紫の上の間に真の友情なんてなかった(だろう)事が、
物語の最後の最後に暴露されるわけです。

>>67 財産を受けた中宮は、明石の中宮です。

夕霧は、おそらく頭中将(左大臣)筋の財産を妻関係からもらってたでしょうから、
玉鬘とか、明石の中宮が多くなったんでしょうな。
もちろん、皇室にいるっていうのもあったんでしょうけど。

71 :69?:02/06/17 01:31
「」内、述懐しているのは源氏としても、主語がよくわからない。
紫の上が主語?それとも明石の君?相手のプライドが傷つかない程度につきあってたのはどっち?
多分、前後からすると紫の上かな、と思いますが。

あさき〜、は、1巻を書き直した方が良いかも。あまりにも「マンガ」。いくらなんでもヒドイ。その他の巻の緻密さとあわなさすぎる。
後半はマンガにしては力いれてよくがんばっていると思うが。

72 :名無氏源氏:02/06/17 14:02
あさき〜の1巻にでてくる桐壺の更衣のお役目って、
更衣よりも尚侍(ないしのかみ)に近くない?
というのが私の長年の疑問なんですが・・・


73 :名無氏物語:02/06/19 01:04
悪いが、漫画での藤壺は好きじゃない。
なんであんなに源氏にぞっこんなのかと。
原作では藤壺って源氏を愛してたのかどうかよく
わからないよね?
逢瀬のシーンだって、強姦に近いものがある。

女三の宮のキャラは良かったと思う。
「おさない」「あどけない」がキーワードの人で
具体的にキャラ像がつかめなかっただけに、
あの焦点の合わない目が印象的だった。
どーでも良いが漫画では朱雀院の子って皆焦点の合わない目
してるね。(女三の宮・落葉の宮・宇治十帖での今上帝)


74 :名無し源氏:02/06/24 17:32
顔の描き分けにいよいよ困ったんじゃないですか。
マンガの表現力の限界で。
あと、超おぼっちゃん・おじょうちゃんのおっとりさを出したかったんだろうし。

あれじゃ三宮はまるで知的障害だけど、実際は(周囲の教育ミス・人材不足で)思慮は浅いにしろ、もっと純朴な、姫宮らしいキャラじゃなかったのかな。
姫宮は、多かれ少なかれ人形になってしまうでしょ。
自我を持つチャンスなんて、教育の課程でありえないもん。
ある程度、叩かれたり試練を受けたりして形成されるものだから。

作品を書いている内に作家が成長するのは当たり前だけど、
あさきの1・2巻はほんと、ひどいと思う。。(あとのとリンクしてない)
ま、所詮マンガだからしょうがないか。

75 :名無氏物語:02/06/26 22:52
あさき〜は顔の区別に疲れました あとはよいと思いますよ 感覚で読む文学ではなく 一語一語しっかり読んでいく国語学の分野からみると 谷崎は何度み訳し直すうちに古語に込められた紫式部の思いは現代語では訳せないと 次第に原典に近づいていったらしいですよ

76 :名無氏物語:02/06/27 22:56
>顔の描き分けにいよいよ困ったんじゃないですか。
>マンガの表現力の限界で。
作者、美人の顔パターンは頑張っても3種類が限界だったそうな。
まぁ、現代モノなら髪型で逃げられるんだけど



77 :名無氏物語:02/06/29 02:23
ふーん、瀬戸内役では明石の君に点からいの?(読んでない)
瀬戸内さんのエッセー「私が好きな古典の女」読むと
明石の君は尼僧の一番のご贔屓キャラのようなんだが・・・。
「六条御息所にもひけをとらぬ、高貴さと教養を持ちながら、明石の君には
御息所にはない「慎み深さ」という美点を持っていました。」
「身分が低いというだけで、こんなにも控えめに暮す明石が不憫で
その分、良くも幼い姫まで奪ったもんだと、紫の上が好きではありませんでした」
とかなんとか。
六条大邸での年末の衣装選び、元旦の夜のあのエピソード好きです。

大和源氏は、明石の髪のワンレン風の横分け線が気になって、気になって・・・
(みな同じ顔だからああやって特徴付けるしかないのかもしれませんが)

78 :名無氏物語:02/07/15 16:13
>77
確か、瀬戸内さんは花散里がお嫌いなんですよね。

「あさき」は原典には書かれてない部分を結構描き加えてあるけど、
空蝉のエピソードは、原典より「あさき」の方が好きです。

79 :名無氏物語:02/07/22 12:56
宇治十帖の大君の描かれかた。全然ちがうー。
体弱いとかなんとかって、絶食自殺の全面に押し出す理由じゃない!
御法の紫の上の描かれかたもそう。
彼女らは、もっともっと愛そのものに絶望してたんだー!

大和さんは結局恋愛史上主義ですね。まぁ少女漫画のお約束だから、
そーいう風に描けって編集から言われてたかしれないけど。

宇治十帖は、そもそも大和さんの描く予定には入ってなかったという。
浮舟の描かれかたがストレートだったのが、救いです。
「もう二度と取り返しがつかない」って。

80 :獅子:02/07/23 18:39
あさきゆめみしの出版会社を教えて下さい。

81 :名無氏物語:02/07/23 20:53
×いばらぎ ○いばらき
×ゆめみし ○ゆめみじ

82 :名無氏物語:02/07/23 22:40
>>80
講談社だと思います。
>>81
「ゆめみじ」か「ゆめみし」かっていうのは…。
まあいろは歌は多分「ゆめみじ」が正しいんでしょうが、
この作品には「ゆめみし」の方が合ってんじゃないすか?
「酔ってもないのに淡い夢を見たなあ」ってな方がいいんじゃないのかな。
まあ、もしかしたらタイトルだけ清濁の別が分からない状態ということかもしれませんが、
私は作者が敢えて「ゆめみじ」を捨て、「ゆめみし」を取ったと思っております。
ま、この辺りの解釈は自由にした方が楽しいですよね。

83 :名無氏物語:02/07/24 10:10
>>82 文法的な無理をおしているかもね

84 :名無氏物語:02/09/28 02:27
ずいぶん放置されてる…けどここおもしろいですね。


続編は原作の方がいろいろ破綻してるから
宇治十帖を恋愛マンガとして描くにはあれが限界ではないの?
匂宮三帖が落ちてるのもその辺が理由だと思って読んでました。

>>71
主語は紫の上ですよね。
ここまで亀レスだと、もう見てないか(藁。

>>81
平安の頃、濁音の「゛」は表記されなかった、なんて理由にならない?
「茨城=いばらき」は(気持的に)よくわかります(^。^;)

85 :名無氏物語:02/10/18 05:28
大学受験のときに古文がどうしても好きになれず、ふと「あさき」を読み始めたところ
はまってしまい、源氏の原文とか与謝野源氏とか読みふけりました。
#「あさき」は最も役にたった受験参考書です(w

宇治十帖は源氏編とは違うとはいえ、人物背景を引きずっているので、もともと十帖
に収めるにあたって破綻は避け得なかったかもしれません。「あさき」の宇治編は
よく書けているのではないかと思います。もちろん明石中宮の女一ノ宮をめぐるシーンなど
は割愛されていて(結局薫の位置付けも歪んでいるのは)残念なんですが.....

原作の方も、冷泉院邸には薫付きの女房が置かれており、年頃の姫がいて匂宮が狙っている
という設定まで書いておきながら、その後全く展開されないなど個人的に残念な展開があります(w

>>55
朱雀院女三ノ宮に関しては、源氏&藤壺中宮とは対照的に、行為が行われた事実が克明に
記されているのが特徴かもしれませんね。これは柏木と三宮の関係が「身体だけの関係」
であることを暗示しているような気もします。

>>79
宇治の大君に関しては、「死ぬ間際には薫を拒まなかった」と原作でもありますが、これは
「拒む気力すらなくなった」、「死ぬ間際に薫を受け入れた」などなどの解釈がありますが、
あさきでは後者の解釈を取っているようです。
私の印象でも...後者かな....っていう感じです。

86 :c:02/10/18 05:36
http://yahooo.s2.x-beat.com/

87 :_:02/10/18 08:12
 |  さいたまさいたまさいたま!をやっていいですか?
 \____  ________________/
    /||ミ  V          
   / ::::||
 /:::::::::::||____ 
 |:::::::::::::::||       ||
 |:::::::::::::::||│ /  ||
 |:::::::::::::::|| ̄\   ガチャッ
 |:::::::::::::::||゚ ∀゚)   ||
 |:::::::::::::::||_/    ||
 |:::::::::::::::||│ \   ||
 |:::::::::::::::||∧ ∧∩ ..||
 |:::::::::::::::|| ゚∀゚)/  .||
 |:::::::::::::::||∧ ∧∩ ..||
 |:::::::::::::::|| ゚∀゚)/ .||
 |:::::::::::::::||    〈 .||
 |:::::::::::::::||,,/\」 .||         
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄                       
   \ ::::||                      
    \||                       
                             


88 :名無氏物語:02/10/18 13:28
あさき、女の人の区別がつかないんだもん

89 : :02/10/28 17:25
>53さん
超遅レスだけど
>結局嫉妬でしょ?

そりゃあそうでしょう。愛しているかどうかは置いといて表面上は正妻を寝取られたんだから
さすがの源氏も腹が立つわな。

>そもそも、源氏に三の宮の思慮の浅さを責める権利があるのか?
これはあると思う。女三宮幼すぎるし。

>大体断れる縁談だったのに、藤壺と縁つづきだって理由で
>三の宮を迎えたのは自分でしょう?

でもやっぱ、院からの頼みだというのも引き受けた大きな理由だと思う。
藤壺とのつながりは、最後の引き金を引っ張ったって感じで。

まあ、結局は「男」と「女」ということですな。



90 :89:02/10/28 17:28
ところで、大塚ひかりっての人の「源氏の男はみんなサイテー」とか
言うエッセイよんだんだけど、この人、あまりに源氏に対して否定的過ぎて、
深く考えるのを忘れているような気がする。
源氏が花散里のところへいったのは「ブス妻とでもいいからヤリタイ」なんて
考えじゃないと思うんだが。

91 :名無氏物語:02/10/28 17:49
大塚ひかりの本はツマンネ〜

92 :名無氏物語:02/10/28 22:53
大塚ひかりは確かに糞。
フェミニストが書いた男批判本みたいなもんじゃん

93 :名無氏物語:02/11/01 18:07
江川達也の源氏はどこまで信頼できますか?
ホントに12歳でセックスしてたの?
天皇が日本一セックスが上手ってもホントですか?

94 :名無氏物語:02/11/01 18:34
>93
天皇がセクース下手なんて書けないじゃろ

95 :名無氏物語:02/11/01 19:19
高校の国語の先生は、源氏物語を簡単に知ることが出来る漫画で、
なかなかほんものに基づいてるとかいっていたけどいいのかなぁ?

96 :名無氏物語:02/11/01 19:48
江川の奴は兎に角、漫画だけども読みにくいですよね。
一応、新編全集かなんかを底本にして、原文を一コマ一コマに書き入れて
ますからねぇ。けど、漫画の部分だけを読もうと思っても、ついつい原文
の方も見ちゃうので、結局、普通に注釈書で読んでるのと余り変わらない
気がしなくもないのですが…

97 :だよね〜:02/11/01 23:48
fdファkjdfヵJふぉ得jふぉいえ終え言う終え言うふぉdjflkjdlf所kf所ふぃ所ふぃじぇおF所亜ふぃ所亜JフォアwfじぇおFじぇおWふぇおwjふぉ入Fじぇオア所Aじゃふぉ得jふぃ
だlkfヵJぁjlkじゃlkjfkldjファlkfkldファ

98 :名無氏物語:02/11/02 11:16
12歳って根拠はあるの?
いくらなんでも12歳でセックスってのは早すぎると思うんですが。
昔だから、まだ初潮も来てないのでは?
ところで、江川のについては別スレ立てたほうがいいですかね。

99 :名無氏物語:02/11/02 11:43
>98
江川の源氏スレ独立きぼんぬ
でもな明石中宮はどうよ?13歳ぐらいで東宮出産。


100 :名無氏物語:02/11/02 14:21
あの頃は性交の可能な最低年齢を探ってたような状態だからね。
根拠って、元服して、添い臥しとその晩って事でしょ?
源氏は12で元服だからそうなる罠。
普通そういうもんだったんでしょ?
まあ実際にみんながみんな事を行ったかどうかは知らないけど。
雲井の狩と夕霧も早かったはず。

101 :名無氏物語:02/11/04 23:51
天皇の最初の相手ってやっぱ乳母?

102 :名無氏物語:02/11/10 01:37
今、柏木が死ぬところまで読み終わったが、おもしろくてやめられない。
しかし、漫画としては致命的なことに、女性キャラの書き分けができてない。
紫の上も明石の上も雲居の雁も全部同じ顔にしか見えない。
大和和紀ってこんなに下手な漫画家だったか?
いまさら言っても詮無いことだが、「この人に描いてほしかった」という漫画家を上げてみよう。
俺としては、とりあえず「ポーの一族」のころの萩尾望都だな。
あと、平安物は何と言っても花輪和一。

103 :名無氏物語:02/11/10 02:00
>>101
一応初体験の相手は「添い臥し」でしょ。元服早いし。
元服前に女房相手にやってたのもいるだろうけど(明石の中宮の旦那なんかは
かなり早熟なエッチ好きだという設定だしね)、乳母はねえ…。
赤ん坊の時にお乳吸ってた女性とやるか?

104 :名無しさん:02/11/10 03:09
>>102
そんなに同じ顔かな?一応紫の上は別格として明石の上は
大人びて気品がある(六条の御息所も)、雲居の雁は普通の顔だけど
可愛い感じ、玉鬘や朧月夜は華やかな美人・・・として
描きわけてると思うけど。もっともみんな髪型がほとんど同じじゃなきゃ
いけないから描きわけるの大変じゃないかな。
せいぜい秋好中宮の天パーや剃髪のおかっぱぐらいしか
許されないのでは・・・。

105 :名無氏物語:02/11/10 08:57
>>102
友達に貸した時にそう言われたことがあるけど、
私は描き分けできてると思うな。
服装とか髪型で変化を付けられないのと、
桐壺、藤壺、紫の上の顔が同じだからそういう印象を受けやすいのかも。
ジャパネスクと違って髪をトーンにしたり前髪付けたりしてないし。

つっこみ恐縮だが、萩尾望都が描いたらもっと見分けつかんと思う。

106 :名無氏物語:02/11/10 19:03
私もあさき〜の女性キャラ、区別つきましぇ〜ん。

萩尾望都は昔はきれいな絵だったけどどかな。
あの絵は平安ものは合わないような気がする。
秋乃茉莉なんかどうですかね。異常に眼をでっかく
描かないで真面目に作ればかなりイイ線いくと思う。


107 :名無氏物語:02/11/10 20:40
う〜ん、山岸涼子はどうですか?

108 :名無氏物語:02/11/11 00:44
山岸凉子が描く源氏物語は想像するだけでも怖そうです。
紫の上の最期の心理状態とかすごいことになりそう。
里中満智子が浮かんだんだけど「愛とは何なのかしら」という台詞が
始終出てきそうでちょっとイヤかもしれない。

そう考えると大和和紀で正解だったのかも、と思う。
源氏に程よく味が付いてるって感じで。

109 :名無氏物語:02/11/11 09:58
>>108
源氏は心理小説であるからして、山岸の心理描写ってのはおもしろいと思うが。
しかし山岸涼子は、最初力が入ってた絵が後になってドンドン荒れてくるのが気になって、
本筋に没頭できないという罠があるw。
あたしゃ全盛期?ぶーけ系の人に、どっか切り取って書いてもらったら面白いかもと。
吉野朔実・松苗明美・清原なつの辺り。鈴木志保のラインも欲しかったりして。
全部は描いて欲しくない。一番描きたいトコ一人10〜60ページ。
とびとびで一人一回のリレー連載。突然ふっと終わる。

110 :名無氏物語:02/11/11 12:43
よく中国ものを書いている「皇」の字がつく漫画家いますよね?
あの人がいいなー。

111 :名無氏物語:02/11/11 21:40
102ですが、漫画板に逝けといわれそうで怖かったんですけど、レスどうも。
みなさん、キャラ区別できます?
源氏の死の直前、今までやった女を回想する見開きのページがありましたが、
末摘花と花散里と六条の御息所と女三宮以外、区別に苦しみます。

萩尾望都は、若紫=メリーベルという連想が浮かんだんで。
山岸涼子は確かに怖い。
皇(スメラギ)なつきは上手だと思うのですけど、あの人もキャラの書き分けは・・どうなんだろ。

112 :名無氏物語:02/11/11 23:50
山岸涼子の六条御息所とか怨霊はめちゃ怖そう・・・


113 :名無氏物語:02/11/12 10:56
>>100
江川版では、葵との初体験シーンで源氏が初めての精通ってあったけど、
栄養状態のよい現代の俺でも精通があったのは14歳だった。
いくら貴族とはいえ、平安時代だから動物性蛋白とか少なかったのでは?
肉食の禁忌もあっただろうし、京都だから魚も頻繁に食べれなかったろう。
ちゃんとできるかどうかはともかく、予行演習だというなら解るが。
>>102
登場人物が多い大河マンガなら、やはり白土三平か、みなもと太郎だろう。
池田理代子もいいかも。池上遼一のも見てみたいな。

114 :108:02/11/12 11:36
>>109
面白そうだとは思うんですが、救いがなさそうで怖いんですよね。
容赦の無い描写をする人なので。
>>111
全員見分けがつきますが。

115 :名無氏物語:02/11/12 14:35
面白いスレですね。
谷崎源氏は読んでいて疲れると思ったんですけど、そういう意見は少数派?

116 :名無氏物語:02/11/12 15:22
>115
作家による現代語訳のなかで唯一途中で挫折してしまった>谷崎源氏
原文の方がまだ読みやすいとまで思いました。

117 :名無氏物語:02/11/12 16:03
>>116
谷崎源氏は原文の方が読みやすいよ。
でも、あの訳は日本語というものに思いをはせるのにいいと思う。
>>113
個人差があるよ。今と同じで早熟なのもいれば晩生もいる。
冷泉帝はかなり晩生だったしね。
99にあったように、明石の中宮は数えの13だかで出産だぁ。
源氏はどうだったかは想像するしかないけど、別に元服の夜に初体験でもおかしくはなかろ。
しかし、なんだ、元服前に乳母とやってたんじゃねーかという話じゃないワケね。
平安貴族の栄養状態は最悪という事に異論はないが(平均寿命二十代とか言うしな)、
実際どれくらい食ってたかはともかく、出家してない人間に肉食の禁忌なんざあったのかぁ?
ありゃ江戸期に入ってからじゃないの?
魚も鮎とか食ってたと思うが。
あ、自分100っす。

118 :漫画板くさくてスマソ:02/11/12 16:17
谷崎結構好きな漏れ・・・
確かに疲れるけど、原文もこれくらいタルい敬語なのか?って
思いながら読んでたけど、だんだん文章に雅さを感じて好きになった。
ちなみに、大和和紀は「美女の描き分けは3種類が限界」らしい。
>>113
男の漫画家で源氏描いたのって、エイトマンの作者と江川ぐらい?
白土三平とか池上遼一は、平安という時代を考慮するとどうも・・・
山田章博はどうかな?
江川は家畜人ヤプーよりは源氏の方が良いな。


119 :名無氏物語:02/11/12 17:05
元服前に乳母とっていうパターンも少なくはない。

日野富子で有名だけど、今参り(=新参者)の局はそれだった。
ちなみに息子も同じように乳母に夢中だった・・・・・・。

120 :110:02/11/12 18:15
>>119
あー、そうですね。
うーーーん、時代が下ってからの乳母との話はよく聞くけど。
院政期〜鎌倉期に乳母の意味がちと変わったんじゃないのかなあ。
と、ちょっと思うのですがね。
その頃から急に、乳母一族がごっつい権力者になるでしょ?
平安貴族も同じような感覚だったのかなあ。

121 :名無氏物語:02/11/12 18:34
(スレ板共に違うけど)
紫式部の娘の大弐三位は親王(のちの後冷泉天皇)の乳母だったよね?


122 :名無氏物語:02/11/12 19:02
高倉天皇の筆おろしって乳母じゃなかったっけ。


123 :名無氏物語:02/11/12 22:40
>>113 >>117
『小右記』に道長が豆乳や蘇蜜(濃縮牛乳と蜂蜜を練り合わせたもの)を
好んで食していたという記述があるとか。
源氏のような最高の貴族であれば、動物性蛋白はそのように乳製品から
摂るということもできたはず。
もっとも、道長はそんな食生活を続けていたために
糖尿病になってしまったそうだが。

124 :名無しさん:02/11/12 23:06
蘇ってとてつもなくカロリーがあって栄養満点らしいね。


125 :名無氏物語:02/11/13 00:34
>>114
>全員見分けがつきますが。

111ですが、本当ですか?
左下が紫の上でしょうが、じゃあ源の典侍の上に描かれているのは?藤壺?
その右の人は?んで、藤壺の左となりで紫の上の斜め右の人は?
一番右に書かれてるのが槿の君?そうすると一番左の人は?
宇治十帖に入ったら、宇治の大君も紫の上と同じ顔じゃないか!うがー。

126 :名無氏物語:02/11/13 09:37
宇治の大君=前髪無し。鬢の部分にウエーブ
紫の上=前髪有。


127 :名無氏物語:02/11/13 10:10
髪型でしか描き分けてないじゃん。
区別つくわけない。

128 :名無氏物語:02/11/13 13:10
(´-`).oO「漫画で語る源氏」ってスレ立てるとしたら
      この板でいいのかな?

129 :名無氏物語:02/11/13 13:15
>>128
ってか、このスレでいいんじゃないんすか?
>>126,127
いやあ、顔も違うし、そもそも身体のラインが全然違うけど。
大君はごっつい華奢っつうか、骨が細い感じじゃん。
紫の上は病気でやつれても、骨格はしっかりしてるかんじ。
肩の所が全然違う。

130 :114:02/11/13 22:04
>>125
源の典侍の上は藤壷で、右隣はどの人を言ってるのかわからないので全部言うと、
右上が葵の上、離れた右隣が明石の上、右下(源の典侍の隣)が朧月夜。
藤壺の左隣で紫の上の斜め右は、夕顔。一番右は槿の君で、
一番左=紫の上の上方の人のことなら、空蝉。
大君と紫の上は、顔かなり違うと思うけど。大君の方が丸顔で、眉毛が細い。
一緒には出てこないから、比べるの大変だけども。

131 :名無氏物語:02/11/13 22:28
違いがわかる人にはわかるけど、わからん人にはわからん。ということなんでしょうな。
私は後者。もっと読み込めばわかるようになるかもしれんがそんな気もなかったり。

132 :名無氏物語:02/11/14 02:19
>>130
125ですが、ありがとうございます。すいません、まだ解らないのがあるのですが、
>源の典侍の上は藤壷で、
>右上が葵の上、
え、明石の君の左上が葵ですか。そうすると、槿の君の左下の人は誰でしょう。
私は、この人が葵の上だと思ってたんですが。
ちょっとスレ違いな話になりますが、今夜の教育テレビの古典講座で源氏の講義をしていた
フェリスの先生、三田村先生でしたっけ、どういう方法論の人ですか。専門の方、ご教示ください。
以前、やはり古典講座の枕草子の時、運動がどう表現されているかを問題にしていて、
なんか、蓮実重彦の映画批評の視点と似てるなと思ったことがありました。
それにしてもこの先生、表情がオーバーアクションで、まるで手話通訳の人みたいですけど、
授業もこんな感じなんでしょうか。怖。


133 :114:02/11/14 23:25
>132
槿の君の左下は玉鬘だと思います。
絵の大きさ=重要性だと、葵の上が小さすぎて納得いかないんですが。

134 :脱線スマソ:02/11/20 13:07
江川版の軒端の荻、髪の毛短すぎると思う。
肩の辺りで切りそろえるって、髪の毛全部か?
アレじゃ尼そぎだよ・・・。
冠から前髪出すコトはありえないって言ってたくせに・・・。


135 :名無氏物語:02/12/13 12:54
どなたか、中央公論から出てる長谷川法世が書いた源氏物語って読みました?
「博多っ子純情」を書いたあの人が源氏を・・・
読んでみたいような怖いような・・・

136 :名無し:02/12/14 08:57
>133
一番右が槿、槿の左上が六条、左下が玉鬘。
六条の左上が末摘花、玉鬘の左が花散里。
六条の左が明石の上。
明石の上の左上が朧月夜、左下が葵。
朧月夜の左が明石の中宮、葵の左が源典侍、源典侍の下が女三宮。
明石の中宮の左上が秋好中宮、左下が夕顔。
夕顔の左上が空蝉で一番左が紫。という解釈はいかがでしょうか。
でもこれだと藤壷がいない、、、。

137 :名無氏物語:02/12/14 09:46
>135
やめといた方が・・・。号泣シーンなんか、水木しげる並にシュールだった。
自分的には「エイトマン」の桑田次郎の教材マンガが好き。「あさき」以上に
女君の見分けがつかんけど(笑)

138 :133:02/12/14 22:08
>136
136さんが明石の中宮としてるのが藤壷だと思われます。
明石の中宮はもっと丸顔で、前髪がなく髪の下がり端が長い。
いかに色情狂の源氏でも、自分の娘は「愛した女人」に入れないでしょう。
別の意味で愛してたのは事実でしょうけど。

それから、葵と朧月夜が逆だと私は思ってるのですが。
下の方の女の人は顔がきつめだし、唐衣と思われるものを付けてますので、
宮中に仕えてた朧月夜ではないか、というのがその理由です。
どうでしょうか。

139 :名無氏物語:02/12/16 22:39
いまコミック持ってないから確認できないけど、私も顔の区別できたよ。
age

140 :日本@名無史さん:02/12/16 23:07
思いっきりスレ違いだけど、木原敏江の「源氏物語」を
読んでみたい…。
六条の御息所の生霊シーンなんか物凄そう。

141 :名無し:02/12/17 06:50
136の名無しです。
明石と藤壷に関しては素晴しいです。
仰る通りだと思います(主体性無し)。

しかし、葵と朧月夜に関しては、
下の女性の方が顔がきつめという理由で葵にしたんです。
眼も、葵は丸め、朧月夜は切れ長(葵が登場するのは
連載の初めのみで絵が未だ安定していないのでイマイチ比べられませんが。)
源氏が朧月夜を思い出すときにきつい表情をしてるでしょうか。
きつい表情は仲良くなれない内に他界した葵では無いでしょうか。
ただ、唐衣を指摘されるとやっぱり下が朧月夜でしょうか。
うーん、悩みます。

142 :名無氏物語:02/12/17 14:45
>>140
木原さんは、なえた装束とか描くの上手ですよね。なかなかできない事かと。
しかし、アレだな、光源氏はやっぱフィリップ顔になるのかなあ。
「大江山…」の茨木とかと同じような(ありゃ女装だからまた違うか)。

143 :133:02/12/17 23:10
>141
でも、私の考えが正解というわけでもないと思います。
141さんが比べてみて下さい。

ちなみに、葵は全員集合ページの数ページ前に回想で登場してますよ。

144 :名無氏物語:02/12/19 23:44
こんなにもめるということは、やっぱり伽羅の書き分けが出来てなかったということじゃないの。
大和和紀逝ってよし!
ここは意表をついて一条ゆかりとかどうだろう?あの人なら掻き分けられるんじゃ?

145 :141です。:02/12/20 00:28
葵と朧月夜に関してもやっぱり138さんが正しいと思います。
第十部其三13ページ目、葵を源氏が葵を回想する場面の葵の顔は
まぎれも無く明石の上の左上の女性と同じ顔です。

146 :名無氏物語:02/12/25 12:22
帰省してようやく原本を確認できたー。
私は以下の通りだと思います。

秋好中宮、藤壺中宮、葵の上、明石の御方、末摘花、
                      六条
空蝉、夕顔、源典侍、朧月夜、花散里、玉鬘、朝顔の宮
  紫の上、女三の宮

どうでしょうか?
葵の上を見分ける決め手は瞳だと思います。
ちょっとけぶったような感じがするのが葵。

147 :山崎渉:03/01/11 09:31
(^^)

148 :名無氏物語:03/01/11 22:16
美女より美男の見分けの方がつかないよー。
薫は源氏の実の子にしか見えん。

149 :名無氏物語:03/01/13 12:35
>148
激しく尿意。
ラスト付近で浮舟に説教たれてた源氏が
誰なのか一瞬解らなかったりしてね。
薫、源氏実子系の顔してるもんな〜


150 :名無氏物語:03/01/25 02:28
>>48
亀レス須磨そ。
女三宮は立場こそ正妻なのに愛されず
紫の上が最高だと周囲にも分かるような露骨な差別扱い。
愛とか男とかすべてに絶望するのは当然と思う。
源氏も柏木も彼女にとっては同じ屑男だったのだろう。
柏木を拒まなかったのは女の意地とか当てつけだったのでしょう。

151 :名無氏物語:03/01/25 02:34
>>101
紫式部の娘大弐の三位は天皇の乳母だったけどまさか?
>>149
縮れ毛じゃないもんね。


152 :名無氏物語:03/01/25 02:49
>>48
当時の貴族社会が一夫多妻制というのは一方的な見方でしかありません。
天皇の妃以外の貴族の妻というのはインスタントに離婚できるため
(自分の家に入れなければ離婚成立)
一妻多夫的な側面もあったのです。
今のイスラムよりも開放的でした。
当時はまだ儒教汚染もひどくなかった。
(日本が儒教的思想に汚染されたのは姦酷の影響)
ただ女三宮は母親もいなく自分の家がなかったために
自分の家に男を入れないという離婚法ができなかったのです。
(だから出家)
紫の上も親から冷遇されているために離婚ができない。
紫の上の腹違いの姉は親からかわいがられていたために実家に帰れたし
雲井の雁も一時は夕霧の浮気のため頭の中将のお家に帰っています。
(のちに復縁した)

153 :コピペ:03/01/25 07:03
73 名前:名無氏物語 :03/01/25 07:02
出家なんて死なずに自殺並みのインパクトが与えられるのでコストパフォーマンスは高いです。
六条の御息所に取り憑かれてもそういうことを考える余裕があるのは並の生命力ではないでしょう。
重い細長を着た状態でぼうっと立っていられるというのも相当な力の持ち主です。
(十二単は本当に重い)
確信犯的に復讐の機会を作り出す女三宮マンセー。
出家の前の段階から意思を持っていたのかも。
出家をさせろというタイミングが御父院の病気見舞いだし。
平常時の出家よりインパクトのある方法を選んでいる。
大和和紀はそういういっぱんてきな感情を彼女の中から見ることができなかった、
というのは失望的です。
その意味では瀬戸内寂聴さんの解釈の方がまとも。
もしかしてあさきゆめみしスレで瀬戸内寂聴が嫌われているのはそれが原因?


154 :名無氏物語:03/01/25 07:34
漏れも、瀬戸内寂聴の解釈のほうが、すきだな。
夕顔の遊女説は寂聴は否定しているけど、漏れ的には、夕顔が
遊女であった方がおもしろいとは思うけど、その点皆様はどう
でしょうか??

155 :名無氏物語:03/01/25 11:01
>>154
夕顔が遊女(本物の)だったら高慢ちきな光源氏は相手にしなかっただろう。
光源氏は遊女のことをこき下ろしていたからね。

156 :名無氏物語:03/01/25 11:29
http://homepage3.nifty.com/digikei/ten.html
(*~ー゜)ノ ・・・・・心温まるの〜

157 :g:03/01/25 11:42
★あなたのお悩み解決致します!!
●浮気素行調査
彼氏、彼女、妻、夫の浮気を調査致します!!
●盗聴器盗撮機発見
あなたの部屋に誰かが仕掛けているかも!!
●行方調査
行方不明になっている家族の消息を調査致します!!
●電話番号から住所割り出し
一般電話、携帯から住所を割り出し致します!!
●ストーカー対策
社会問題ともなっているストーカーを撃退致します!!
その他人生相談からどんなお悩みでも解決いたします!!
 24時間受付  090−8505−3086
URL  http://www.h5.dion.ne.jp/~grobal/
メール  hentaimtt@k9.dion.ne.jp
   グローバル探偵事務局 



158 :名無氏物語:03/01/26 06:47
>>155
じゃあ、夕顔の遊女説は完全否定って事??
何か身分が少し低い意外に理由がないと、あ
んなに儚くなんてなれないよ!

159 :名無氏物語:03/01/26 21:12
>>158
プロの遊女じゃないが遊女のような生き方をしていたのだと思われ。

160 :名無氏物語:03/01/26 23:39
そんな女の娘が物語り中で一番の美女だなんて・・・
何か複雑な気持ち。

161 :名無氏物語:03/01/27 03:19
>>160
渡辺淳一(医者作家)は夕顔のことをセックスがうまい女と解釈していた。
六条の御息所はセックスが下手だって。

162 :名無し:03/01/27 03:37
【HN】ネオパソ
【年齢】21
【性別】♂
【大学】東北大学
【住所】宮城の田舎
【趣味】2ちゃん  
【身長・体重】173ー72
【他にいく板】最悪 のほほん
【コテハン暦・2ちゃん暦】2年5ヶ月
【メールアドレス】asopasomaso777@hotmail.com
【一言】しねよおめーら

大学生活版の敵ネオパソを皆で2chから追い出しましょう
コピペしてみんなで貼りまくりましょう!!

163 :名無氏物語:03/01/27 11:18
>>161
六条の御息所は激しい年上のSEXを源氏に教えたんじゃないの??
夕顔が上手いって事は知っていたよ。

164 :名無氏物語:03/01/28 09:10
>>163
渡辺淳一はセックスが下手だから源氏の足が遠のいたという珍説を書いていたよ。

165 :名無氏物語:03/01/29 01:09
ていうんかナベジュソは
六条=身体の相性&あそこダメ
夕顔=身体&あそこウマー
でしょ?
>>160
玉鬘が一番の美女ではないと思われ・・・。

166 :名無氏物語:03/01/29 07:08
このスレ面白いですね。
>>1からずっと読んできて、何となく山田玲司に描いて欲しいと思いました。

167 :名無氏物語:03/01/29 07:17
>>165
物語中で顔立ちがどういう風に美しいかはっきりと
書かれているのは玉鬘だよ。


168 :名無氏物語:03/01/30 03:36
>>167
原文ではどういう風だったのかな?
でも当時の美女っておかめ顔でお歯黒だったとか‥‥
あんまり想像したくないな。

169 :名無氏物語:03/01/30 04:49
(。・_・。)ノhttp://homepage3.nifty.com/digikei/ten.html

170 :名無氏物語:03/01/30 16:17
>>168原文でそう書いてあるんだよ。

171 :名無氏物語:03/01/31 18:32
>>164
それを書いた後に、
寂聴尼との対談で彼女に思いっきり否定されたらしい。
二人の逢瀬の後、
源氏が服着て出て行くのを、
六条は起き上がれなくて臥したまま見送ったという描写を持ち出して、
こんなに激しい愛の疲れがあるのにセックスがよくなかったとは
考えにくいって。

172 :名無氏物語:03/02/01 00:23
>>68
えらい亀レスですが、子供の頃「ラブ・パック」の単行本持っていて何度も何度も
読みました。
だからそれの印象が強くてほんとの源氏物語も桐壺=怨霊、源氏=実は義賊
なのかと思っていました。

173 :名無氏物語:03/02/01 11:50
>>170
いや、末摘花のような詳しい描写という意味で。
>>171
疲れさせるようなセクースだからよくないとかあるかな?
>>172
出版社はどこですか?


174 :172:03/02/01 19:40
>>173
講談社でした。
ttp://www.nifty.ne.jp/forum/fbook/manga/kodansha/kcf601/601.html
 
すごく懐かしい。実家帰ってももう無いだろうな…。

175 :名無氏物語:03/02/03 23:35
>>174
ラブパックなら文庫化されてるよ。
本屋で見た・・・。


176 :名無氏物語:03/02/03 23:54
>>142
源氏がおひさま顔(ニコラとかの)で、頭中将がフィリップ顔じゃないかと。
紫の上はいつものまん丸目のヒロインで六条御息所はカルメンシータ。

177 :福岡市猫虐殺男 松原 潤タン:03/03/08 20:49
お父様は広島県呉市内で教頭をヤっておられるそうよ

潤タンは、昭和50年生まれ

最終学歴 九州大学工学部卒

猫虐殺現場となった潤タンの以前のすみか

福岡市東区松島2ー11−57
博石コーポ 408号

逮捕後引っ越す

平成8年4月までには 城南区東山6丁目
にいたそうネ

*心当たりの方 命を守ってね!

178 :山崎渉:03/03/13 12:47
(^^)

179 :山崎渉:03/04/17 09:30
(^^)

180 :山崎渉:03/04/20 04:44
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

181 :山崎渉:03/05/21 22:26
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

182 :t-akiyama:03/05/26 22:29
携帯ゲーム機"プレイステーションポータブル(PSP)

 このPSPは、新規格UMD(ユニバーサルメディアディスク)というディスクを利用しており、そのサイズは直径6cmととても小さい(CDの半分程度)。 容量は1.8GBとなっている。
画面は4.5インチのTFT液晶で、480px x 272px(16:9)。MPEG4の再生やポリゴンも表示可能。外部端子として、USB2.0とメモリースティックコネクタが用意されているという。

この際、スク・エニもGBAからPSPに乗り換えたらどうでしょう。スク・エニの場合、PSPの方が実力を出しやすいような気がするんですが。
任天堂が携帯ゲーム機で圧倒的なシェアをもってるなら、スク・エニがそれを崩してみるのもおもしろいですし。かつて、PS人気の引き金となったFF7のように。

183 :山崎渉:03/05/28 15:06
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

184 :山崎 渉:03/07/15 12:44

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

185 :名無氏物語:03/07/18 19:29
あさきって、
「竹河」巻に相当するところないよね?

186 :@@@@@:03/07/19 15:43
こんなに見えちゃってヤバクない???
抜いても抜いても また勃起しまくり・・・
 ↓ ↓ ↓

◆◇◆◇ 海外サイトだから安心無修正 ◇◆◇◆
http://upbbs.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html
http://upbbs.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html
◆◇◆◇ 本気汁丸出しのお○○こが! ◇◆◇◆

187 :名無氏物語:03/07/19 20:54
◆◇◆◇ 本気汁丸出しのおしるこが! ◇◆◇◆

188 :名無氏物語:03/07/19 21:22

http://www.sexpixbox.com/pleasant/nude/index.html

189 :名無氏物語:03/08/23 00:57
大和和紀は「はいからさんが通る」の方が面白い。

190 :名無氏物語:03/08/23 01:56
兄「おい、もっと開けよ。よく見えないだろ」
妹「これ以上はダメ。恥ずかしいもん」
兄「小学生のころはよく見せ合いっこしたろ」
妹「あのころはまだ子供だったから・・・。私もう中学生なんだよ」
兄「親父には見せたんだろ、オレにはダメだっていうのかよ!」
妹「だってパパは・・・」
兄「じれったいな。オレが開いてやるよ!」
妹「ダメ、お兄ちゃん、ああ・・・」
兄「すげぇ、小学生のときとは全然ちがう」
妹「やめて、そんなに開いたら全部見えちゃうよ・・・」
兄「なんか、いやらしく滑ってるぞ」
妹「あたりまえでしょ、女の子はHな気分になるとそうなっちゃうんだから」
兄「・・・それじゃ、そろそろ挿れるぞ」
妹「うん、初めてだからゆっくりしてね」
兄「くっ、キツいな」
妹「ああっ、痛い!!」





妹の処女膜を破った兄

191 :名無氏物語:03/08/23 13:41
人気サイト
http://pocket.muvc.net/


192 :名無氏物語:03/08/31 06:04
あさきゆめみしのマンガで
源氏物語のミオツクシという章の部分にあたるところがマンガの何巻にあるか
すみませんが教えてください。
できれば何話目〜何話目がみおつくしだと 教えてくださるとありがたいです






193 :名無氏物語:03/08/31 12:09
>>192
いいかげんにしろ

194 :名無氏物語:03/10/16 13:21
>>145
ウケタ

195 :名無氏物語:04/01/10 20:14
興味深いスレ、ハケーン!!でもヒトいないみたいでシンパーイ。

196 :名無氏物語:04/01/10 22:23
源氏スレは乱立が祟って一部を除いて軒並ヒトイナーイ状態。

197 :名無氏物語:04/01/11 01:48
うーん、じゃあ懐漫板逝ってきます;

198 :名無氏物語:04/02/06 02:09
確かにスレ乱立では在るが…。

あさきゆめみし、番外編で宇治編の最初のほうのドロドロ描いてくんないかなー。



199 :名無氏物語:04/02/06 02:54
>>197
古典かじってる人が多いこの板のほうが信用できると思うよ

200 :昔、名無しありき ◆fbAluYVmCw :04/02/06 03:03
今だ!200ゲットォォォォ!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄       (´´
     ∧∧   )      (´⌒(´
  ⊂(´Д`⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
      ズザーーーーーッ

201 :名無氏物語:04/02/29 18:51
200位のスレッドにカキコ!

202 :名無氏物語:04/04/27 11:39
院の演習で、「あさきゆめみし」で発表しやがった奴
頼むから消えてくれっっ!これだから内部進学者は...云々

203 :名無氏物語:04/04/27 19:28
age

204 :名無氏物語:04/04/30 09:22
>>202
二松か?

205 :名無氏物語:04/05/03 17:49
源氏入門の頃に初めて読んだあさきゆめみしの印象が強すぎて、原典を読んでも関連書物を読んでも
どうしてもあのキャラクターの顔がw

206 :名無氏物語:04/05/03 18:12
100位のスレッドにカキコ!

207 :名無氏物語:04/05/07 19:06
100位のスレッドにカキコ!

208 :名無氏物語:04/05/08 00:11
源氏物語を知らない人は最初に読まないでほしい。

209 :名無氏物語:04/05/17 01:34
>>167 超亀レスですが物語り中一番の美女とされてるのは藤壺と紫の上でしょうね
玉髪もすごい美人だけど玉髪の昔の女房の右近は玉髪のことを本当に美しい娘だとは
思ったけど紫の上にはかなわないだろうと思っているし
夕霧も紫の上の顔を見た後に玉髪の顔を見てますが玉髪のことを美しいとは
思いつつも彼の脳裏にあるのは紫の上の顔だったのです
紫の上が夕霧より14歳年上ということを考えたら紫の上は物凄い若さと美貌を兼ね備えた
女性だったんじゃないでしょうか

210 :名無氏物語:04/05/17 09:14
今だ!セクースしながら210ゲットォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      
        ∧∧
       (゚Д゚ )           (´´
アアン !  ∧∧⊂  ヽ/       (´⌒(´
   ⊂(>o<*⌒ `つ つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
      し' ̄ ̄   (´⌒(´⌒;;
            ズザーーーーーッ

  ドッコイショ・・・・・・・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄     (´´;;
     ∧∧∧∧        (´;;
  〃 (>_<*)Д-)
 〃 ⊂(。(。 つと| グィッ
   〃  > y ) /〜))
      .し'し' U


何見てんだゴルァ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
  パ  ∧∧ ∧∧  パ
  ン (n。n*)゚Д゚)  ン
     (.ノ(し⊂ニノ ))
ミナイデェ > y ) /≡〜
     .し'し' U


211 :名無氏物語:04/05/18 17:30
100位のスレッドにカキコ!

63 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)