5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

さよならだけが

1 :通りすがり :2000/09/29(金) 20:07
さよならだけが じんせいだ(井伏鱒二)

 これの元となった漢文、どなたかご存じでない?

2 :Schwan :2000/10/01(日) 11:00
孟浩然の「春曉」だよ。


3 :1 :2000/10/01(日) 14:40
>2
春曉って、春眠暁を覚えずで有名なやつではなかった?

4 :Schwan :2000/10/01(日) 18:55
そだよ。
あれを井伏鱒二が意訳したものの結句が、
「さよならだけが じんせいだ」。

5 :名無しさん@1周年 :2000/10/01(日) 20:48
于武陵の勸酒に
「人生別離たる」というのがありましたが…。
それが「さよならだけが人生だ」となっているのを見たことがあるので。
井伏鱒二のいの字もなかったんですけど。

6 :かなり手遅れ@猫右翼 :2000/10/02(月) 04:11
勧君金屈巵
満酌不須辞
花発多風雨
人生足別離

が、5さんの言ってる武陵の勸酒で、
それを井伏鱒二が日本語訳したのが下記です。

コノサカヅキヲ受ケテクレ
ドウゾナミナミツガシテオクレ
ハナニアラシノタトヘモアルゾ
「サヨナラ」ダケガ人生ダ

名訳っす。

7 :1 :2000/10/02(月) 21:33
みなさんどうもありがとう。

まさしく名訳と呼ぶに相応しくて好きだったので。
これの元となった漢文も是非知りたかったのです。

8 :名無氏物語:2001/08/09(木) 21:09
この詩、好きだなァ。
人間臭いところがまた。

9 :名無氏物語:2001/08/10(金) 07:32
井伏鱒二って他人の書いたもののリメイクうまいよな。
オリジナリティな能力は全くない作家だけど。

10 :名無氏物語:2001/08/10(金) 13:45
オリジナルにこだわるとはお前チョンだな>>9

11 :名無氏物語:2001/08/11(土) 02:29
卒業〜だけが〜、理由ぅ〜でしょうかぁ〜?
会えな〜くなるねと〜右手ぇ〜を出してぇ〜

12 :春なのに:2001/08/11(土) 10:55
さみしく〜なる〜よ〜
それだ〜けですかぁ〜♪

13 :名無氏物語:2001/08/11(土) 12:09
♪花梨 花梨 実らぬ恋

あ、違うか。

14 :名無氏物語:2001/08/12(日) 02:02
♪こーの 支配からのっ!! 卒業〜

これもちがうか?

15 :名無氏物語:2001/08/12(日) 03:05
制服の 胸の ボタンを〜

16 :名無氏物語:2001/08/13(月) 09:19
下級生に ねだられ〜

17 :訂正:2001/08/13(月) 11:08
下級生「たち」に ねだられ〜

・・・じゃなかったか?

18 :名無氏物語:2001/08/13(月) 11:10
卒業/斉藤 由貴
作詞:松本 隆
作曲:筒美 京平


制服の胸のボタンを
下級生たちにねだられ
頭かきながら逃げるのね
ほんとは嬉しいくせして woo・・・
人気ない午後の教室で
机にイニシャル彫るあなた
やめて想い出を刻むのは
心だけにしてとつぶやいた

離れても電話するよと
小指差し出して言うけど
守れそうにない約束は
しない方がいい ごめんね woo・・・

セーラーの薄いスカーフで
止まった時間を結びたい
だけど東京で変わってく
あなたの未来は縛れない

ああ 卒業式で泣かないと
冷たい人と言われそう
でも もっと哀しい瞬間に
涙はとっておきたいの

席順が変わり あなたの
隣の娘(こ)にさえ妬(や)いたわ
いたずらに髪をひっぱられ
怒ってる裏ではしゃいだ woo・・・

駅までの遠い道のりを
はじめて黙って歩いたね
反対のホームに 立つ二人
時の電車がいま引き裂いた

ああ 卒業しても友だちね
それは嘘では無いけれど
でも 過ぎる季節に流されて
逢えないことも知っている

ああ 卒業式で泣かないと
冷たい人と言われそう
でも もっと哀しい瞬間に
涙はとっておきたいの

19 ::2001/08/13(月) 22:18
腰が折れましたね

20 :名無氏物語:2001/08/13(月) 23:19
何のこと?

21 :名無氏物語:2001/08/14(火) 04:32
すまん

22 :名無氏物語:2001/08/14(火) 13:00
さよならだけが人生だ。

23 :名無氏物語:2001/08/14(火) 13:03
さよならなんて哀しいこと言うなよ。

24 :名無氏物語:2001/08/14(火) 15:02
人生だけがさよならだ。

25 :名無氏物語:2001/08/14(火) 15:03
人生なんて哀しいこと言うなよ。

26 :名無氏物語:2001/08/14(火) 15:36
川島雄三マンセー

27 :FROM名無しさan:2001/08/14(火) 23:28
いい歌だよな〜

28 :名無氏物語:2001/08/16(木) 12:22
結局、このスレの目的が何なのか判らなかった。

29 :名無氏物語:2001/08/16(木) 14:49
>>28
1の目的があっさり達成された。
以上
スレ立てだけが人生さ。

30 :名無氏物語:2001/08/16(木) 16:12
♪悲しいときには 街のはずれで
 電信柱の灯かり見てた
 ななつの僕には 不思議だった
 涙うかべて 見上げたら
 虹のかけらが キラキラ光る
 まばたきするたびに 形を変えて
 夕闇にひとり 夢見るようで
 しかられるまで たたずんでいた
 Ah…
 僕はどうして 大人になるんだろう
 ああ 僕はいつごろ 大人になるんだろう

31 :名無氏物語:2001/08/16(木) 21:11
グッバーイ、グッバーイ、あし〜たからひと〜り〜♪

32 :of course:2001/08/17(金) 00:01
もぉ、終わり〜だね
きみが〜小ぃさぁく見える〜

33 :名無氏物語:2001/08/17(金) 00:11
♪あーなたに サヨナラ と言えるのは
ジャンプだけ〜

34 :名無氏物語:2001/08/17(金) 00:27
今ー日の日はーさよーなーらー
まーたー会ーう日までー

35 :名無氏物語:2001/08/17(金) 03:43
♪さよならは別れの言葉じゃなくて
 ふたたび合うまでの遠い約束〜

36 :名無氏物語:2001/08/18(土) 15:24
グッバイ、ありがと〜〜さ〜〜よおなら〜〜

37 :名無氏物語:2001/08/18(土) 15:43
さようなら 涙くん

38 :名無氏物語:2001/08/18(土) 16:43
素晴らしく馬鹿スレだな。
(・∀・)イイ!!

39 :小田和正:2001/08/18(土) 20:02
さよなら さよなら さよなら
もうすぐ〜外は〜白い雪
愛したのは〜確かに〜君だけ〜
そのまま〜の君だけ〜

40 :名無氏物語:2001/08/21(火) 20:36
さらば、我が人生……。

41 :名無氏物語:2001/08/22(水) 01:16


42 :名無氏物語:2001/08/22(水) 01:59
さらば、我が人生……。

43 :名無氏物語:01/08/29 03:29 ID:1XP7SCrc
「秋日」
返照入閭巷/憂来誰共語/古道少人行/秋風動禾黍

これを「いりひ さす きびの うらはを ひるがへし かぜこそ わたれ ゆくひとも なし」と訳した会津八一もいいなあ。

44 :名無氏物語:01/09/24 15:07
さよならだけが
あなたの答えなら
どうして二人
出会ったのだろう?

45 :紙魚:02/04/09 01:57
井伏鱒二『厄除け詩集』筑摩書房刊。
一読の価値有。

46 :名無氏物語:02/04/09 02:03
>>45
キミィ!よく探してきたねえ!

47 :名無氏物語:02/04/09 06:59
良い詩とは思うんだけどちょっと悲しすぎるきらいがあるな。

48 :紙魚:02/04/09 16:08
>>46
だって、俺、もと筑摩書房の編集者だもの

49 :名無氏物語:02/04/09 16:11
>>48
そうじゃなくてこのスレをってことです。

50 : :02/04/09 16:19
50


51 :名無氏物語:02/10/20 16:42
>>45
タネ本があるんだよ


52 :名無氏物語:02/10/21 00:20
毎年、櫻の散る時期になると、この詩を暗誦します。

フリムクナフリムクナウシロニハユメガナイ

53 :名無氏物語:02/10/31 23:30
>>51
高島俊男のエッセイに出てきた例のやつか?

54 :名無氏物語:02/11/01 00:11
フリムケフリムケアスニモユメハナイ

55 :名無氏物語:02/11/03 10:01
>>53
まず何新聞だったかがとりあげた

56 :山崎渉:03/01/11 09:41
(^^)

57 :山崎渉:03/03/13 13:23
(^^)

58 :山崎渉:03/04/17 09:34
(^^)

59 :山崎渉:03/04/20 04:41
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

60 :山崎渉:03/05/21 22:20
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

61 :山崎渉:03/05/28 15:09
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

62 :m:03/05/28 15:10
◎ちょっと見て見て!!◎
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html

63 :山崎 渉:03/07/15 12:43

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

64 :名無氏物語:03/09/30 01:22
良スレage

65 :名無氏物語:03/09/30 04:22
>>43
立原正秋の「花のいのち」にもその詩が出てくるよ。
芭蕉の「この道や行く人なしに秋の暮れ」も、その詩に影響を受けた
とか。でも、43の書き込みも2年前だ。

「人生足別離」人生別離足る、って意味がさぱーりわからなかった。
別の訓読はしてないのかな。ほんとに、さよならだけが人生って意味
なのかしらん。

66 :名無氏物語:03/09/30 23:19
さよならだけが人生ならば また来る春はなんだろう

これってこの訳詩とセットで脳裏に出てくるんだけどなんだろ?

67 :名無氏物語:03/10/01 16:01
>>66
「 幸福が遠すぎたら 」寺山修司
ttp://milky7.hp.infoseek.co.jp/terapoem.htm

68 :名無氏物語:03/10/01 16:22
寺山は本歌取りのようなものか

69 :66:03/10/05 23:08
>>67
うお、これだ!こんな長い詩だったんだ。
「また来る春はなんだろう」までしかないと思ってました。
うわ〜ありがとうございます。すっきりした気分です〜

70 :名無氏物語:03/10/09 02:13
良スレ保守

71 :名無氏物語:04/02/14 23:20
>2
孟浩然「春暁」の井伏鱒二訳。

ハルノネザメノウツツデ聞ケバ
トリノナクネデ目ガサメマシタ
ヨルノアラシニ雨マジリ
散ッタ木ノ花イカホドバカリ

72 :名無氏物語:04/02/14 23:35
さらば地球よ、旅立つ船は、宇宙戦艦ヤマト〜

(今晩のニュースで自衛隊イラク派遣に向けての音楽
 として港で演奏されていました。)


73 :_:04/02/15 00:41
>65
「足」は「オオシ」と訓読されたりもしてるようだね。
「人生に別離おおし」 これなら、分かりやすい。

「さよならだけが人生だ」…そう考えると、正しい訳とは言えないが、
(強いて言えば「サヨナラなんてよくあることさ」か)まあいいんじゃないの。

74 :名無氏物語:04/02/15 10:29
桜玉吉という漫画家が作品の最終で引用しているので知ったよ。
いしかわじゅんがマンガで起承転結なんて古臭いって言ってたけれど
漢詩を読んで起承転結における展開の鮮やかさを知ったよ
いしかわは嫌いさ。


75 :名無氏物語:04/02/17 02:19
漏れは手塚治虫がライオンブックスの「マンションOBA」の最終で引用してたのを見て知りますた。

76 :名無氏物語:04/02/18 02:42
>>65
花発多風雨(A)と人生足別離(B)は対句だから、
Aの書き下し文の「花発(ひら)けば風雨多(おほ)し」から
Bの「足」を「おほし」と読む解釈が生まれたんじゃないかな。
そうすれば、Bを「人生別離に足る」っていう従来の訓読を、
同様に対句の観点から「人生(い)くれば別離足(おほ)し」って読むことも
可能じゃないかと思うんだけど。
私は「人生」と「人生くれば」なら意味が微妙に変わると思うんだけど、どう?
遅レス失敬。

77 :名無氏物語:04/02/22 14:06
レス付いてる〜!
こんにちは。

なるほど、対句だったのか、ありがとうございます。
人生の対といえば、杜詩の曲江くらいしか覚えていませんが・・・
あれの対は酒債でしたっけ?

勧君金屈巵
満酌不須辞
花易傷風雨
人常足別離

ストレート過ぎます??




78 :名無氏物語:04/05/12 21:18
300位のスレッドにカキコ!

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)