5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

古文・漢文の宿題、うけたまわります・巻三

1 :名無氏物語:03/09/12 22:38
古文・漢文に関する質問をどうぞ。


■注意事項
・「○○を全訳して」などの、レスで返答するに困難な質問は、遠慮ください。
・質問に関する例文の、出典及び前後の文章は、出来る限り記述ください。
・過疎板なので、即レスは期待できません。むやみな催促はしないでね。
・回答者は宿題代行業者ではありません。宿題をそのまま貼り付ける(丸投げ)の
 ではなく、やってみてわからなかった箇所に的を絞って質問しましょう。
・誘導された場合を除き、マルチポスト厳禁。ばれるとマジレスはまず付きません。
・「全訳の載ったサイト」はNGワード。自分で探そう→http://www.google.co.jp/

■過去スレ
古文・漢文の宿題、うけたまります
http://academy.2ch.net/kobun/kako/975/975255225.html
古文・漢文の宿題、うけたまわります・巻二
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1036760834/

■関連スレ
■古文or漢文→現代語訳■
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1023774379/
◆スレッドを立てるまでもない質問はここへ.3◆
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1060849210/
■■古典文法に関する質問はこちら・その2■■
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1063298494/
漢字専用スレ
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/982517549/
【漢文】いい参考書を教えて下さい・弐巻【古文】
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1061278549/

2 :名無氏物語:03/09/12 22:40
        ■■■■■
      ■■■     ■■
     ■■         ■■
   ■■■         ■■■
   ■■■          ■■
   ■■■■         ■■
    ■■■         ■■
                 ■■
                ■■
               ■■
             ■■
            ■■
           ■
         ■■
       ■■
      ■    ∧ ∧      ■  ■■■    ■■■■  ■■■■■
    ■■    (*゚ー゚)     ■  ■       ■       ■  ■  ■  
   ■■     (∩∩)    ■■ ■  ■■■ ■■■       ■
   ■■■■■■■■■■■■ ■    ■   ■          ■
   ■■■■■■■■■■■■  ■■■■   ■■■■     ■


3 :雛を探して3千板:03/09/13 00:53
雛さんどこですか?

4 :名無氏物語:03/09/14 14:09
上中下点が?
_..                ,,.-'ヽ  インターネット巡回ついでにお小遣いを稼ぎませんか。 
ヽ "゙ー-、、         / :  :!  『現金収入ホームページ』を無料でプレゼントします。 
 i 、 :. ヽヽ_,,.....、,,,....._;/ ,;'   ;,.!  
  i.,  ..;;;ヽ       ヾ ,,;_ , /   http://www.southernclub.net/members/ukikyosaru.html
  ヾ_:::,:'           -,ノ    
  ヾ;.   ,         , 、;,     @上記URLをクリックしてIDを取得して下さい。無料です。 
    ;;    ● , ... 、,●  ;:    Aメールであなた専用HPのURLが送られてくるのでPRしましょう。
    `;.       C)   ,; '     Bあとは待つだけでクリック数/紹介料/売上に応じたお金が貰えます。 
    ,;'     '.、 -‐-ノ ,;'、      
   ;'            ;: 高金利なサラ金に手を出す位なら・・・・・
    ;:            ';; 私はこれでここ数ヶ月毎月5〜10万稼いでいます。

5 : :03/09/14 14:20
参照
http://book-i.net/ad07

6 :名無氏物語:03/09/15 14:45
但其体大而網疎、不必機初而響応耳。

これの読み方お願いします。あと大まかな意味も教えてください

7 :名無氏物語:03/09/15 15:34
>>6
オマエ、
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1060849210/255
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1060849210/257
だろ。自己中もいい加減にしろ

8 :季咸 ◆SDL//zxd5k :03/09/15 18:19
>>6
・・況天地爲物之至大者。於理当有精神。有神則宜賞善而罰悪。
”但其体大而網疎。不必機発而響応耳。”(汝発字譌作初字)
然覧諸道戒。無不云欲求長生者。必欲積善立功。慈心於物。
恕己及人。仁逮昆虫。楽人之吉。愍人之苦。・・(孫星衍校正『抱朴子』より)

取り敢えず前後の文を挙げました。後はご自分で。

問題を小出しにして地曳網で回答を得ようなどとお考えにならぬよう。

9 :名無氏物語:03/09/20 05:11
何となく分かるような気はするけど微妙に分からんです。
現代語訳おながいします。

(冷泉家古文書 山科言総誓状)
今日従り、歌道の御門弟と為て、疎略の存ずべからず候、
若し此の旨違背に於いて者、住吉・玉津島明神の御罰を蒙るべく候也、仍て件の如し、



10 :名無氏物語:03/09/20 08:46
10

11 :季咸 ◆SDL//zxd5k :03/09/20 11:49
>>9
そのままお読みになればいいのでは?

「今日から歌道の門弟になったからには、いい加減なことがあってはいけません。
もし、この旨に背いた場合は、住吉・玉津島明神の御神罰が下りますよ。以上。」

12 :季咸 ◆SDL//zxd5k :03/09/20 11:53
「今日から歌道の門弟になって、いい加減なことは慎むようにしなさい」
かも知れません。

13 :名無氏物語:03/09/20 14:49
>>9 
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1023774379/237
とマルチ

14 :名無氏物語:03/09/20 16:05
「鬼となりぬる」
の訳、教えて下さい

15 :名無氏物語:03/09/20 16:10
「傷寒論」の全文口語訳のあるサイト
を教えて下さい。おねがいします。

16 :15:03/09/20 16:13
>>1 の注意よく読んでいませんでした。申し訳ありません。

17 :名無氏物語:03/09/20 23:04
>11
ありがとうございます。
大体意味はわかったんですが自分で上手く文章に出来ませんでした。
>13
すみません。
最初そっちに書いたんですが人いなさそうだったんで...

18 :名無氏物語:03/09/21 16:58
>>14
鬼になった

19 :名無氏物語:03/09/21 17:14
不肯認錯者多ムの書き下しと意味お願いします
      矢

20 :名無氏物語:03/09/21 18:25
可除棄之

これで、「これを除き棄つべし」って読むには
どうやって点をうてばよいですか?
よろしくお願い致します。

21 :名無氏物語:03/09/21 20:57
>>20
可3除2-棄之1

22 :名無氏物語:03/09/21 21:19
>>19
最近の漢文なら
肯て認錯せざる者多し(矣)
認錯を肯ぜざる者多し

万が一これが大昔の漢文なら
錯を認むるを肯ぜざる者多し
肯て錯を認めざる者多し

意味は辞書を引けば前後の文脈でわかるでしょう。


23 :名無氏物語:03/09/22 22:32
>>22
お教えいただいてありがとうございます。
最近か大昔かはわかりませんが、
肯へて錯を認めざる者多し
が正解だったようです。
漢文は様々な読み方が時代によって違ったりするのでしょうか?
上の例では意味が変わるような気がするので文脈によってなのでしょうか?
なにはともあれ、ありがとうございました。

24 :名無氏物語:03/09/22 23:49
認錯を肯ぜざる者多し

の方がクールな答え方だけどな。
『がえんぜず』って読みがとってもクールだ。
ちなみにどっちも意味は全く同じ。
書き下し文なんて日本人が無理やり読みやすいようにしたものだから
ある程度読み方には幅があるんだよ。

25 :名無氏物語:03/09/23 00:01
>>24
認錯って熟語は比較的近世になってからの
文言用語じゃないかしらん?だとしたら、
肯は副詞的に読んだ方がすっきりするよな気が
しないでもない。


26 :名無氏物語:03/09/27 12:29
age                                               

27 :名無氏物語:03/09/29 23:50
ここは「スレ立てるまでもない質問」スレとやや重複気味だったかな?

いかにも宿題っていうのはこっちにしてくれた方がいいんだけど、
わざわざ誘導するほど差異もないしなあ。

28 :名無氏物語:03/10/03 00:37
質問です。
白文に返り点を打つ問題なんですが、試行錯誤してみたものの
これでいいのかわかりません。。

1 養心莫善於寡欲(こころをやしなふはかよくよりよきはなし)

    養 レ 心莫 レ 善 2 於寡欲 1

2 未足与議也(いまだともにはかるにたらざるなり)

   未 レ 足 2 与議 1 也

3 井蛙不可以語於海(せいあもってうみをかたるべからず)


1・2はこれで合ってますでしょうか。
3はすっかり詰まってしまいました。
教えていただければ幸いです。



29 :名無氏物語:03/10/03 00:55
>>28
1、2あってる。
井蛙不レ可3以語2於海1

30 :28:03/10/03 01:06
>29さん
どうもありがとうございました!

31 :名無氏物語:03/10/03 01:13
唐突だが、スレタイの頭に【歯磨けよ】と付けたくなってしまった・・・

32 :名無氏物語:03/10/03 15:43
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
キャッシングサービス展開中


★全国即日銀行振り込み対応。

☆借入件数の多い方もご相談ください。

★秋だから・・キャンペーン
 ネットからのお申し込みだと低金利!!
 
P C http://www.ho-rai.com

携帯   http://www.ho-rai.com/index_i.html

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

33 :::03/10/03 18:12
1、うつくしき 2、いみじう 3、けざやかに 4、あやふく
5、まめやかに
この終止形教えてもらえませんか

34 :名無氏物語:03/10/03 18:17
>>33
辞書の引き方を練習させる問題なので教える意味がありません。
がんがって古語辞典を引こう。
(「古語辞典持ってない」と言っても「買え」としか言われません。念のため)

具体的には、最初の数文字が一致してる語を見ていけばok

35 :::03/10/03 18:31
>34
即レスありがとうございます
古語辞典ひいてみます
例えば「うつくしき」だったら、「うつくし」でいいんですか?

36 :名無氏物語:03/10/03 19:00
>>35
そうそう、そんな感じ。
「うつくし」だと(形シク)とか書いてあるから、
活用表を見れば「うつくし」の連体形が「うつくしき」となるとわかる。

「あやふく」とかだと、少し文法の知識が必要になって来るけどね。
「あやふ」まで一致してる語で、活用して「あやふく」になる語を探すわけだ。

37 :::03/10/03 20:34
>36
ありがとうございました

38 :チョロ:03/10/04 20:57
孟子曰不仁者何与言哉
ていうので始まる漢文なのですが作品名がわからないのでもしよろしければ御教え下さい^^

39 :名無氏物語:03/10/04 21:03
>>38
検索したらすぐにわかるよ。

40 :チョロ:03/10/04 21:11
一様したんですけど^^;孟子曰でも引っかからなくて(汗

41 :季咸 ◆SDL//zxd5k :03/10/04 22:54
>>40チョロタソ
「不仁者何与言哉」でもヒットするけど、何は可の間違いですねー。
ここでは検索をかければ得られる底の回答はしないことになっているから
モーシ孟子曰でかからなければ不仁者可与言哉でやってごらんよ。



42 :チョロ:03/10/04 22:58
ありがとうございます(^^
ネット検索術もうすこし身につけたいと思いますありがとうございました

43 :名無氏物語:03/10/05 23:11
小野の篁の広才〔宇治拾遺物語〕の「さがなくてよからんと申してさぶらふぞ」の訳を教えてください!お願いします。

44 :名無氏物語:03/10/06 00:03
>>43
   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´∀`)<「嵯峨天皇逝ってよし!」って書いてあるモナー
  (    )  \___________________
  | | |
  (__)_)

これ以上の解説が知りたければ>>1をよく読むモナー

45 :名無氏物語:03/10/06 00:18
官応老病休(旅夜書懐 杜甫 より)とはどういうふうに訳せばいいのですか?

どなたか教えてください。お願いします。

46 :43:03/10/06 15:49
>>44
ありがとうございました!

47 :名無氏物語:03/10/07 02:28
>>45
官能は老いて病むと終わる
という意味です・・・でも、さすがにもう自分で調べたでしょ?

48 :名無氏物語:03/10/11 12:07
質問スレ あげ

49 :名無氏物語:03/10/16 02:45
ほととぎす鳴くや五月のあやめぐさあやめも知らぬ恋もするかな


この和歌を題材にした物語を作らないといけないんです
なにかいいネタありませんかね?

50 :名無氏物語:03/10/16 03:08
あやめも知らぬ恋と来ればここしかないでしょー。
http://pink.bbspink.com/sm/

51 :329:03/10/25 22:09
どこで見たのか思い出せないため、皆さんのお力をお借りしたい。
出典を教えてください。

内容:そもそも役人と言うものは皆で金を出し合って公平を護らせているのだ。

売る覚えな本文:十一(十分の一の意味の)・使役形を使っていた気がする。

気になって仕方ないのでお願いします


52 :キバヤシ ◆MMR/50S.Lw :03/10/25 22:33
ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'       ヽ:::::::/         ゝ‐;----// ヾ.、
       [          }二          |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l         リ ̄ヽ         |l:::::::::::!ニ! !⌒ //
.         i        ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ':::::::::::::::::ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄  :::::::::::::::::i/‐'/
          i:::::::::::::      .:::ト、  ̄ ´     ::::::::∪::::::l、_/::|
          !::::::::::::                :::::::::::::::::::::|:::::::::::|
             ヽ:::::::::::   --───--   :::::::::::::::::: !::::::::::::ト、
>>49
歌物語をつくるなら伊勢物語を参考にするといいんじゃないか?短くて手本にしやすいと思う。

>>51
雑談スレにマルチポストするんじゃない……

53 :名無氏物語:03/10/28 00:54
今雖嚴冬風勁,兵苦皸墮,又不可久留費邊糧,使賊得堅黨附、 賒死期也
わかります?

54 :名無氏物語:03/10/28 01:50
唐書卷二百一十五上
列傳第一百四十下 突厥下
(新唐書も同文)

駱弘義獻計曰:「安中國以信,馭夷狄以權,理有變通也。賀魯保一城,方寒積雪,
謂唐兵必不來,宜乘此一舉滅之。遷延及春,且生變,縱不率連諸國,必遠跡遁去。
且兵本誅賀魯,而處蜜、處木昆等亦各欲自免,若留不進,彼與賀魯復合矣。
今雖嚴冬風勁,兵苦皸墮,又不可久留費邊糧,使賊得堅黨附、賖死期也。請ェ處月、
處蜜等罪,專誅賀魯,除禍務本,不可先治枝葉也。願發射脾、處月、處蜜、契苾等兵,
□一月食,急趨之,大軍住憑洛水上為之景助,此驅戎狄攻豺狼也。且戎人藉唐兵為
羽翼,今胡騎出前,唐兵躡後,賀魯窮矣。」

55 :名無氏物語:03/10/28 01:55
>>54
□一月食→齎一月食

56 :お願いです):03/10/31 20:36
明け暮れ「父のおはすらんところ知らさせ給へ」と、
神仏にも祈り給ふしるしにや、横川におはしますといふこと聞き給ひて、
おしあてにおはしまして、「都人の籠もり給へるところは」と、
ここかしこたづね歩き給へば、ある庵室にたづねより給へば、
法華経をいと高うどくじゅして後、念仏十遍ばかり申す声のしける、
あやしく覚えて、「しかしかの人」とたづねより給へば、中納言入道聞き給ひて、
「いづくより、誰」と問い給へば、「大殿の御孫、中将殿の、
御山籠もりの人をたづね給へる」と申しければ、年頃、
人づてにはことゆゑなくておはすと聞き給へども、
御覧ぜぬことは心もとなく思しわたりつるに、
「かつは恋ひしく思ふ人のことなれば、忍ぶべきにもあらず」と思して、
「こなたへ」とのたまへば入り給ふ。

57 :お願いです):03/10/31 20:37
折にあひたる御直衣の紅葉色々織りうかし、あざやかなるを着給ひて、
指貫のそば高く取りて、にほひ入り給へる様を見給ふに、夢の心地ぞする。
中将は、まづ父の御顔のゆかしさに、いそぎ入りて見給へば、
二、三ばかりおはするを御覧じまはす。

大人しきほどにて別れ給はんだに変はり給へる御様は、
ふとしも見分け給ふまじきに、ましてほのかには覚え給へども、
さだかにはいかでか知り給ふべき。そのなか、にまみなどのけ高く、
色も余の僧より白くおはするを、まづ御目とどめて見給へば、
「これへこれへ」とのたまへるに、うちかしこまり給ひてさぶらひ給ふ。

58 :お願いです):03/10/31 20:38
「年頃ゆかしう恋ひしくも思ふゆゑに、念仏もさはりがちになりつるを、
うれしくもたづね給へるかな。別れ奉りにし折は、子ほど持つまじきものなし、
入山道のほだしと思ひしに、いまかく見奉れば、
子ならざらん人は誰か草深き山里へたづね入り給ふべき」
とて、墨染の御袖おしあてて泣き給ふ。

中将も、直衣の袖ひきもはなたせ給はず、ややためらひて、
「むげに幼くて離れ奉りしかば、さだかならねども、
ほのかに覚ゆる御面影の、明け暮れは恋ひしく、いかで変はれる御姿をも見奉らんと、
神仏に念じ奉りしに、夢のやうに人の申し侍りしを、
もしやとたづねまゐりしなり。ここにおはしましけるを、
凡夫の身のかなしさは、いままで知り奉らで十年あまりが間、
ものを思ひ侍りつることのかなしさよ」とて、せきもあへ給はず。

59 :お願いです):03/10/31 20:49
>>56->>58の文章についてお願いします。ちなみに出典は「しのびね」です。

Q1 (1)>>56の三行目の「給へ」の敬語の種類は?
   (2)>>57の一番下の行の「さぶらひ」の敬語の種類は?
   (3)>>58の下から四行目の「侍り」の敬語の種類は?

Q2 >>57の四行目の「二、三人ばかりおはするを御覧じまはす。 」について
   中将がこのような行動をとらなければならなかったのはなぜか?
   60字程度で説明せよ。

Q3 >>58の八行目の「いかで変はれる御姿をも見奉らん」の現代語訳は?

60 :お願いです):03/10/31 20:49
お願いいたします。

61 :名無氏物語:03/10/31 21:25
>>60
高校生か?常総だろ?オレも同じ宿題もってる。

62 :名無氏物語:03/10/31 23:52
こういうの丸投げっていうんだよね。
辞書引きゃすぐ分かるのもあるし。

63 :名無氏物語:03/11/01 00:50
質問文くらい変えろよ。
〜せよ。
お前は何様だ。

1、1尊敬(「給へ」じゃなくて「給へる」だ阿呆)2謙譲3丁寧

2、中将は幼い頃に親父と別れて記憶が曖昧である上、
親父の顔はあまりにも変わり果ててしまっており、直ぐに判別できるはずもなかったから。

3現代語訳
「なんとかしてお変わりになったお姿なりとも、見申し上げよう」

さて、宿題は2ちゃんに丸なげしますたって先生にいえよ。
つーか、誰か先生にチクレ。

64 :カシオス:03/11/02 02:13
古文漢文10日くらいで文法全ぶ終わるかな?
それとみんなの古文と漢文の勉強法教えて

65 :名無氏物語:03/11/02 12:20
模試かよ!

66 :名無氏物語:03/11/05 21:47
すいません教えて下さい。おねがいします。
ここだけ良くわからないんです。

此によりて内親王天下
たまの玉 すがた躰つつがなく、千秋万才をたもたしぬ。給はむこと又もて疑ひ候
まじき事なり。心経大既如此阿弥陀経は極楽の衣正二法の功徳を
説く。又諸仏護念経となづく此経に小善根の福徳の因縁をもて
彼の国にむまる事をう得べからずと説けり。又、ほどもなく若は一日若は
二日乃至七日かほどに阿弥陁の極楽にむまるべしと説けり。これを
慈恩大師ののたまへるは信心の浅深にとるべきなり。又、ただ阿弥陀
仏と申す許に諸仏の護念し給べきご期かはとぞおぼえ候と阿弥陀と
申す内に一切の法文のしかしなから具し給により一たひ申に四重五
逆の罪ののぞかり候べき他。又、此経を先考聖朝先妣僧侶の御
ために廻向し させ給こそ尤も可然事とおぼえ候へ教養報恩をも
て仏も旨とほめ悦び給ふ事なり。


太子のししをうけて七日身命をやしなひ
給に太子のししつき命をはらむとする時諸天帝震動す。天帝尺此
教養の実を見給て、たちまちに其の所に来て太子をなて給に
しし本のごとくに備はりぬ。父母おのおの化楽にあずかりかの国たひらき
てながくたもつ事をなむえける。まして大乗経を百今日供養したて
まつらせ給て、おのおのの後世菩提をとうらひ到来たてまつらせ給をいかばかり
諸仏世尊も大梵天王もかぎりなき。御考養なりとほめ悦給ん
其中に先帝(これより彼か本やふれて不見仍不事也。さるては私語也。


67 :名無氏物語:03/11/06 00:46
書き下し&現代語訳をおねがいしたいのですが、よろしいでしょうか?
()の中は返り点です。

遣(二)武勇者於閑院左大将三條家(一)。
令(レ)追(−二−)捕保輔朝臣(一)。
當時中納言顯光卿所(レ)住也。
上下嗟嘆。

よろしくおねがいします。

68 :名無氏物語:03/11/06 03:08
>>67
氏ね

ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1060849210/731
ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1023774379/299
ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/985914477/288

69 :名無氏物語:03/11/06 03:22
つうかね。答えても反応が無かったりするとやる気がしなくなるんだよね。

70 :名無氏物語:03/11/06 08:46
古希

71 :名無氏物語:03/11/06 15:52
67です。
マルチポストの意味を知らずに、勝手なことをしてしまいました。
ごめんなさい。

72 :名無氏物語:03/11/06 22:24
   ☆彡■■■ 田中康夫はインチキの改革ゴロ ■■■☆彡
マスコミにない情報満載 田中康夫が恐れをなし、リンク拒否する「田中県政追撃コラム」
http://members.goo.ne.jp/home/tuigeki
菅直人は、田中康夫を大臣にだなんて言ってるけどオオ痛い!改革派だの市民派だのって言ってるけど、
あんなのぜんぜんインチキ、まるでダメ。「改革」をネタに売名してるだけの新タイプのゴロつきだね。
それに気付かない菅直人は大馬鹿。こんな具合だからいつまでたっても野党なんだ。
田中康夫は一ツ橋大学時代に学内誌の部費数百万円を横領して停学喰らい就職もフイ。プ〜タローして
いるときに書いた小説がたまたま、文藝賞の「なんとなくクリスタル」。ところが、受賞騒ぎで横領事件
が世間にバレルのでは?と受賞辞退までしていた、なんて知ってた?こんなのが大臣?
私は昔ロッキード事件なんてのを取材したこともある元記者で、こんな質問を会見で訊いたけどバックレ
られちゃって田中康夫の正体モロ見え。
この有様、長野県HP http://www.pref.nagano.jp/hisyo/press/20011228n.htm で確認できます。
今やってるのはメルマガだけど取材のほうはバッチリでマスコ゛ミの上を行く情報沢山出してます。長野県庁では大評判。
マスコミって言ったって、長野県辺りにいる連中はオイラから見れば出来の悪い大学生ぐらいにしか見え
ないんだけど、やってることは目茶苦茶でこんなんでよく・・・と今更ながら思う今日この頃。
うわべだけの田中康夫と、程度の低い新聞印刷会社の文案係が織り成す、ドタバタ長野県政物語を読
みたい方は読者登録の上お読みください、なんてね。みたい方は読者登録の上お読みください、なんてね。

73 :66:03/11/06 22:39
>>66です。
すいません現代文に直してください。
他はできたのですがそこだけできなかったです。


74 :名無氏物語:03/11/09 17:04
age

75 :名無氏物語:03/11/20 19:59
age

76 :名無氏物語:03/11/20 22:40
漢文なのですが…
漢字の右真横にある棒線と、そのすぐ下にある片仮名のメ
の意味が分からないので先にすすめません。
どなたかご存知の方教えてくださいませんか?

77 :名無氏物語:03/11/21 00:37
して

78 :名無氏物語:03/11/21 00:41
して

79 :名無氏物語:03/11/21 04:16
おまえらこれってどうよ。。。。。
http://www.geocities.co.jp/MusicHall-Horn/9802/geobook.html
http://www.geocities.co.jp/MusicHall-Horn/9802/geobook.html
これはチュウトだけどw
http://www.geocities.co.jp/MusicHall-Horn/9806/geobook.html
http://www.geocities.co.jp/MusicHall-Horn/9806/geobook.html

80 :名無氏物語:03/11/21 22:06
>76

質問の意味が分からん。
具体的にどういう文章のなんの漢字の横なのか。。。

81 :名無氏物語:03/11/21 22:37
>80
もう答えでてるよ

82 :名無氏物語:03/11/22 04:45
すいません、お尋ねします。中学生の国語の古文の参考書に、現代仮名遣いになおす基礎知識として、「あう→おう」、「AU→O〜」などということが書いてありますが、「失ふ」や「あやふし」もこの原則にのっとってよろしいのでしょうか?
「うしのう」、「あようし」。後者はかなり抵抗があるのですが。

83 :名無氏物語:03/11/23 00:43
「ふ」と「う」は違うんじゃない?

84 :名無氏物語:03/11/23 03:21
82
>>83すいません。変な時間に。では、「うしなう」、「あやうし」のままでよろしいのでしょうか?

85 :名無氏物語:03/11/23 11:40
旧仮名→現代仮名
はふる(放る)→ほうる
はふる(屠る)→はふる、ほふる

原則は原則という事で

86 :名無氏物語:03/11/23 16:02
82>>85
旧かなで同じ表記でも、現代仮名遣いにすると、違うのですか。では、中学生の参考書のようにすべてが機械的には無理なのですね。
「AU→O〜」のような原則が載っているページの2,3、ページあとに「失ふ」や「あやふし」が載っていたので、音読するとき
にどうすればよいのかと思って相談しました。ありがとうございました。

87 :名無氏物語:03/11/24 04:11
鶏口牛後何ですがお願いします
できればすべてひらがなのもお願いしたいのですが・・
お願いします

秦人恐(二)−喝シテ諸侯ヲ(一)、求ム(レ)割カンコトヲ(レ)地ヲ。
有リ(二)洛陽ノ人蘇秦トイウモノ(一)遊(二)−税シテ蘇ノ恵王ニ(一)、不(レ)用ヒラレ。
乃チ往キテ説キテ(二)燕ノ文侯ニ(一)与(レ)趙従親セシメントス。燕資シテ(レ)之ニ以テ至ラシム(レ)趙ニ。
説キテ(二)粛侯ニ(一)曰ハク、「諸侯之卒、十(二)−倍ス於秦ニ(一)。
あはセテ(レ)力ヲ西ニ向カハバ、秦必ズ破レン。
為ニ(ニ)大王ノ(一)計ルニ、なシト(レ)若クハ(二)六国従親シテ以テ(二)濱クルニ(一レ)秦ヲ。」
粛侯乃チ資シテ(レ)之ニ、以テ約セシム(二)諸侯ニ(一)。蘇秦以テ(二)ひ諺ヲ(一)説キテ(二)諸侯ニ(一)曰ハク、「寧ロ為ルトモ(二)鶏口ト(一)、無カレト(レ)為ルコト(ニ)牛後ト(一)。」於テ(レ)こと二、六国従合ス。


88 :名無氏物語:03/11/24 14:42
>>87
書き下しかい?一応チミの書式に従って書き下したよ。

秦人(しんひと)諸侯(諸侯)を恐喝(きょうかつ)して、地(ち)を割(さ)かんことを求(もと)む。
洛陽(らくよう)の人(ひと)蘇秦(そしん)というもの有(あ)り蘇(そ)の恵王(けいおう)に遊説(ゆうぜい)して
用(もち)ひられず。乃(すなは)ち往(ゆ)きて燕(えん)の文侯(ぶんこう)に説(と)きて趙(ちょう)と
従親(じゅうしん)せしめんとす。燕(えん)之(これ)に資(し)して以(もっ)て趙(ちょう)に至らしむ。
粛侯(しゅうこう)に説(と)きて曰(い)はく、「諸侯の卒(しょこうのそつ)、秦(しん)に十倍(じゅうばい)す。
力(ちから)を(漢字書き忘れとるよチミ)西(にし)に向(むか)はば、秦(しん)必(かなら)ず破(やぶ)れん。
大王(だいおう)の為(ため)に計(はか)るに……
(以下、書き写し間違いをしとるよチミ。宿題を丸投げするんだからもう少し丁寧にやりたまえ)
粛侯(しゅくこう)乃(すなは)ち之(これ)に資(し)して、以(もっ)て諸侯(しょこう)に約(やく)せしむ。
蘇秦(そしん)(以下、書き写し間違いはとばす)諸侯(しょこう)に説(と)きて曰(い)はく
「寧(むしろ)鶏口(けいこう)と為(な)るとも、牛後(ぎゅうご)と為(な)ること無(な)かれと」
(写し間違い)に於(おい)て、六国(りっこく)従合(じゅうごう)す。

しかし、こんなに写し間違いが多いんじゃ、チミ自身書き下しもらっても意味わからんのと違うかな。
それと、これからはわからないところをしぼって質問してね。

89 :名無氏物語:03/11/24 20:12
すみませんすべてひらがなに直してください

晏子斉の相為りしとき、出ず共の御の妻門間従り其の夫を?う其の夫相の御と為りて、
大蓋を擁し駟馬に策うち意気揚揚として甚だ自得するなり既にして帰る其の妻さらんことを請ふ
夫その其の故を問ふ妻曰く晏子は長け六尺に満たざるに身は斉国に相たりて、名は諸侯に顕る。
今者妾其の出ずるを観るに志念探し常に以って自ら下る者有り今子は長け八尺なるに、乃ち人の僕御為り
然るに子の意自ら以って足れりと為す妾是を以って去らんことを求むるなり。」
と其の後夫自ら抑損す晏子怪しみてこれを問ふ御実を以って対ふ晏子薦めて以て大夫と為す

90 :名無氏物語:03/11/24 21:02
少しは自分で努力して本当に分からないところだけ訊こうよ…

91 :名無氏物語:03/11/24 21:12
すみません・・・はっきり言って自信がほとんどないので・・・
お願いします

92 :名無氏物語:03/11/24 22:31
自信なくても、ボロボロでもいいから自分で「ひらがなに直して」ごらん。
添削してあげるよ。

93 :名無氏源氏物語:03/11/25 00:18
逆にカタカナに全部直したら意味が余計わからなくなるよ。

94 :名無氏物語:03/11/26 17:05
すみません・・亀レスなんですが・・・ひらがなになおしてみました。
添削お願いします

あんしさいのそうなりしとき、いずとものごのつまもんかんよりそのおっとを
うかがうそのおっとそうのごとなりて、たいがいをさっししばにさくうちいきようよう
としてかんだじとくするなりがいにしてかえるそのつまさらんことをとふ
おっとそのこをとふつまいわくあんしはたけろくしゃくにみたざるにみはさいこくにそうたりて
なはしょこうにとうる
いんじゃそのいずるをみるにしねんふかしつねにもってみずからくだるものありいましはたけ
はっしゃくなるに、すなわちひとのぼくぎょなりはかるにしのいみずからもってたれりとなす
をもってさらんことをもとむるなり。」
とそのごおっとみずからよくそんすあんしあやしみてこれをとふごじつをもってたいふ
あんしすすめてもってたいふとなす

お願いします

95 :名無氏物語:03/11/26 17:55
おー、逃げるかと思ったら感心感心。

あんし{さい->せい;国名}のそうなりしとき、いず。
ともの{ご->ぎょ;御者}のつまもんかんよりそのおっとをうかがう。
そのおっとそうの{ご->ぎょ}となりて、たいがいを{さっ->よう}ししばに
{さく->むち;読みは「さく」でもいいのかな?}うちいきようようとして
{かんだ->はなはだ}じとくするなり。
{がい->すで}にしてかえる。そのつまさらんことをとふ。
おっとその{こ->ゆえ;理由}をとふ。
つまいわくあんしはたけろくしゃくにみたざるにみは{さいこく->せいこく}にそうた
りてなはしょこうに{とうる->あらわる; あらわす?}。
{いんじゃ->いま;「者」は読まなくてok}そのいずるをみるにしねんふかし。
つねにもってみずからくだるものあり。
いましはたけはっしゃくなるに、すなわちひとのぼくぎょなり。
{はかるに->しかるに}しのいみずからもってたれりとなす。
{->しょうこれ}をもってさらんことをもとむるなり。」と。
そのごおっとみずからよくそんす。あんしあやしみてこれをとふ。
{ご->ぎょ}じつをもって{たいふ->こたふ}。あんしすすめてもってたいふとなす。

# {A->B;C} は 「AはBに直す、理由はC」って意味ね

96 :名無氏物語:03/11/26 18:06
あ、もう一つ。{そう->しょう;大臣}

97 :名無氏物語:03/11/27 17:40
枕草子の「すさまじきもの」がとっている特長的な構成法は
漢字仮名まじり四文字でなんと呼ばれているのか教えてください。

98 :名無氏物語:03/11/28 04:50
2年後期中間試験のカンニングか
まあいい、教えてやろう。
もの尽し、物尽くし、尽くし物、尽しもの
なんてな。本気にするなよ

99 :名無氏物語:03/11/28 07:36
99

100 :名無氏物語:03/11/28 07:37
100ゲット!

101 :名無氏物語:03/11/30 04:14
漢詩(なのか文の一節なのかもわからないのですが)を探しています。
「通り過ぎても山は山でした、川は川でした、顧みて何事もなし」
みたいな、悟った人はあっさりしたものだ、ふうな意味だったと思うのですが。
皆様の学恩にあずかりたく、よろしくお願いします。

102 :名無氏物語:03/11/30 16:55
不忍人之心で

『所以謂人皆有不忍人之心者:今人作見孺子將入於井,皆有惻隱之心;非所以内交於孺子之父母也,非所以要譽於郷黨朋友也,非惡其聲而然也。』

のところの訳がよく解らないのですが、教えていただけないでしょうか?




103 :名無氏物語:03/12/01 23:47
発心集 第三−五からです。
或る禅師、補陀落山に詣づる事賀東上人の事

この言葉の意味の解説をよろしくお願いします。


104 :名無氏物語:03/12/02 05:18
申し訳ありませんが、『三冊子の不易流行』と『無名草子の紫式部論』
の全訳をお願い致します。

105 :名無氏物語:03/12/02 09:41
>>104
何それ?
全訳を依頼するなら、文章全部書けよ!

106 :名無氏物語:03/12/02 11:47
全部書いたところで全訳する物好きがいるとも思えんがな

107 :名無氏物語:03/12/02 14:32
山月記でテストにでたところなど教えてください!!

108 :名無氏物語:03/12/02 15:08
>>107
李徴への応酬詩を作れ。(配点50点・減点方式)

109 :名無氏物語:03/12/02 15:11
でそうなのはありませんか?

110 :名無氏物語:03/12/02 17:50
>>107
マルチはやみれ。
ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1060849210/899

111 :名無氏物語:03/12/02 23:28
111ゲット!

112 :名無氏物語:03/12/03 01:26
東下りの旅の一行が通った国すべてわかりますか?
教えてください。


113 :名無氏物語:03/12/03 02:24
>>112
なんの東下りかわからんちんどもとっちめちん。
それに原典見たほうが早いよ多分。注釈とかにかいてあるっしょ。

114 :名無氏物語:03/12/05 19:31
質問スレッドage

115 :名無氏物語:03/12/05 19:37
教育出版の古典一の教科書に載っている
関羽と張飛「三国志」、諸葛亮「十八史略」の全訳が知りたいです。
どこかいいサイトはありませんか?

116 :名無氏物語:03/12/05 19:41
>>115
全訳って・・・
お前馬鹿?


117 :名無氏物語:03/12/05 19:44
時報

118 :名無氏物語:03/12/08 19:11
韓非子で

 昔‐者韓昭候酔而寝。典冠者見君之寒也、故加衣於君之上。覚寝而説、問左右曰、
誰加衣者。左右対曰、典冠。君因兼罪典衣与典冠。其罪典衣以為失其事也。
其罪典冠、以為越其職也。非不悪寒也。以為侵官之害甚於寒。
 故明主之蓄臣、臣不得越官而有功、不得陳言而不当。越官則死、不当則罪。
守業其官、所言者貞也、則群臣不得朋党相為。


という文なんですが、典冠はどうすれば王に風邪を引かせず、また誰も処分されなかったのでしょうか
またなぜ不当なことを述べることよりでしゃばるほうが罪が大きいのでしょうか。
教えていただけますでしょうか

119 :名無氏物語:03/12/08 20:00
先日ウィルスに感染したみたいで(W32.HLLW.Purolと思われます)
勝手に再起動されてしまいます。その後ファイルを削除してしまって、
ウィルスチェックにもひっかかりません。システムの復元もエラーが
でてできません。リカバリをしたいのですが、CD−Rが読み取れず
できないです。後手動で直そうと思っても該当するレジストリがなく
他に方法がないか困っています。使っているOSはMEです。他に方法が
あれば教えてください。




120 :名無氏物語:03/12/08 20:53
MEは最悪のOSです。98SEに戻すか、2000/XPにしましょう。

121 :名無氏物語:03/12/08 20:56
http://japan.pinkserver.com/mariko/2.html

122 :季咸 ◆SDL//zxd5k :03/12/08 20:57
>>118
典冠は自ら王に着物を書けることをせずに、しかるべき人(王に着物を
かけることが出来る立場の人)に報告してその方にやらせれば良かった、
では駄目かしら?

また、「不当なことを述べることより」ではなくて言うべきことを言わない
が不当(宜しくない、職務不履行)である、という意味ではないでしょうか?

(ここでは王が雑魚寝?していて風邪を引きそうなことを言わなかった罪
なのではないでしょうか?)

ざっと見ですので鵜呑みにせずにご参考まで。

123 :季咸 ◆SDL//zxd5k :03/12/08 21:00
>>118
雑魚寝は不適切。スマソ。

124 :名無氏物語:03/12/08 21:17
「官を越えて功有るを得ず、言を陳べて当たらざるを得ず」じゃないですか?

125 :名無氏物語:03/12/09 05:08
漢文で白文に返り点を付けるという問題が出るんですが何か確実に出来るコツ
みたいなのありますか?今まじで困ってますお願いします

126 :名無氏物語:03/12/09 07:04
>>125
高校の漢文では決った返り字しか出ないから、
返り字を一通り覚えてしまえば楽勝だよ。

覚えてしまえば、これほどボロい得点源も珍しいくらい。

127 :名無氏物語:03/12/10 04:37
>>126
まじサンクスです!

128 :名無氏物語:03/12/10 20:05
大和物語の訳がのってるサイトを教えてください


129 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :03/12/10 20:30
>>128
まず図書館へ行かれたほうが。

130 :名無氏物語:03/12/10 21:52


131 :名無氏物語:03/12/10 22:44
助けてください。
私こと事で申し訳ありませんが「書経」と
「古事記」の天地初発の部分を書き下しで捜しています。
卒論で使うので誰か教えてください。




132 :名無氏物語:03/12/11 13:42
>>131
本屋か図書館ですぐに見つかるよ。いまごろそんなこと言ってるようでは
先が思いやられるね。

133 :名無氏物語:03/12/12 21:57
漢詩創ってみた、どおよ?
反米愛国詩

穢多布什死
勿使白夷恣
救國要兵甲
屠豚裂者四

134 :名無氏物語:03/12/13 23:04
早覚え速答法の「考試之道」を音読したいのですが、勉強不足なので
読めない字が多く、できません。
誰か親切な方がいらっしゃいましたら、書き下し文を全文ひらがなで
掲載してくれませんでしょうか。お願いします。


135 :名無氏物語:03/12/13 23:11
>>133
それ宿題?

136 :名無氏物語:03/12/14 00:56
>>128・131
頼むから>>1以下いくつか呼んでくれ。
出来れば最低限のマナー身につけてからここに来てくれ。

137 :名無氏物語:03/12/14 21:19
>>135
然り
しくだい

138 :133:03/12/16 09:04
誰ぞ添削しる!

139 :名無氏物語:03/12/26 21:41
母北の方、同じ煙にのぼりなむと、泣きこがれたまひて…

この文の、泣きこがれ のところが分かりません。
泣き+焦がれ なんでしょうか?

140 :名無氏物語:03/12/27 03:11
現代語でも恋い焦れるとか思い焦れるとか言わない?

まあ、辞書で「こがる」を引けば間違いなくわかると思うよ。
大抵は例文に>>139そのものを採ってるし。
ttp://search.goo.ne.jp/

141 :名無氏物語:03/12/27 22:39
伊勢物語の、
「古里にいと『端なく』てありければ、」の『端なく』の意味を答えよ。
@中途半端だ A端だけだ B体裁が悪い Cそっけない

すみません、教えてください!!

142 :名無氏物語:03/12/27 22:55
選択肢はそれだけしかないの?試験勉強って不毛だねえ。


まあ、辞書で「はしたなし」か「はしたない」を引けば間違いなくわかると思うよ。
大抵は例文に>>141そのものを採ってるし。
ttp://dictionary.goo.ne.jp/

143 :名無氏物語:03/12/30 10:00
>>134
普通に「こうしのみち」じゃないの?中語で「考試」は「試験」を指すし。普通の名詞だと思う。

144 :名無氏物語:04/01/03 11:58
資冶通鑑の安禄山の反乱についての文章なのですが
書き下しと訳をお願いします。

「〜草野之臣必知有今日久矣。
但九重厳邃、区区之心無路上達。
事不至此、臣何由得睹陛下之面而訴之乎?」

一応、自分でも書き下しをやってみました。
「〜草野の臣必ずや今日有るを久しく知るかな。
但だ九重厳しく邃くし、区区の心上達する路無し。
事此に至らずば、臣何に由りて陛下の面を睹るを
得て之を訴えんや?」

どなたかわかる方お願いします。

145 :名無氏物語:04/01/03 17:48
枕草子の殿などのおはしまさでのちってどういう話ですか??


146 :名無氏物語:04/01/04 13:41
>>145
殿などがいらっしゃらない後の話。

147 :名無氏物語:04/01/04 20:53
>>144
「〜草野の臣必ず今日有るを知ること久し。
但だ九重厳邃にして、区区の心上達するに路無し
(路として上達すべき無し/路の上達するもの無し)。
事此に至らずんば、臣何に由りてか陛下の面を睹て
(面に睹えて)之を訴ふる(へまふすを)得んや?」

と試読してみました。

148 :名無氏物語:04/01/04 23:52
「あやまたず」ってどういういみなんですか?

149 :嵯峨 ◆1k2eXPJt9E :04/01/05 00:47
あやを待たないんです。あややだぜ!

150 :148:04/01/05 00:50
>>149
ありがとうございます。たすかりました。

151 :名無氏物語:04/01/05 07:34
>>149
嘘教えてるんじゃねぇよ!

152 :144:04/01/05 10:28
>>147
ありがとうございました。
147さんのほうが、ずっとすっきりしてますね。


153 :名無氏物語:04/01/05 11:10
如月って季節は何ですか?

154 :名無氏物語:04/01/05 11:22
>>153
ttp://dictionary.goo.ne.jp/

155 :名無氏物語:04/01/05 12:37
     (~ヽ            γ~)
     |ヽJ       .あ     し' |
     |  (~ヽ     .け  γ~)  |
   (~ヽー|ヽJ     ま   し' |ーγ~)
   |ヽJ  |  |   お .し   .|  |  し' |
   |  |  |―|   め .て   |―|  |  |
  ミリ(,,゚Д゚)彡  で    ミ(´∀`,)彡
  ミUミソ彡ミつ   と    (/ミソ彡⊂彡
   》======《   う      》======《
   |_|_|_|_|_|_|_|         |_|_|_|_|_|_|_|
     U~U           (__(__)
門松としき      と    俺がトラブル 

156 :名無氏物語:04/01/05 14:40
景物幽奇。納言尊閣。命(二)一儒生(一)。
吾有(二)法門師友(一)。已以(レ)道通(二)交情(一)。
汝為(二)翰林主人(一)。宜(三)以(レ)詩作(二)佛事(一)。
匡衡避(レ)席垂(レ)涙曰。
多年不(レ)遇(二)知己(一)。徒老(二)尼山之雪(一)。
今日被(レ)引(二)善縁(一)。幸攀(二)台獄之雲(一)。
不(二)敢辞(一レ)死。況於(レ)詩乎。
若不(二)記録(一)。謂(二)洛無(一レ)人云(レ)爾。

詩序の一部です。
一文ごとの意味はなんとなくわかるものが多いのですが、
流れが全くわかりません…
特に、納言尊閣の尊閣と命一儒生の命がどのような意味なのかと
最後の二文が理解できないのでどなたかアドバイスお願いします。


157 :名無氏物語:04/01/05 14:41
           /       , ,     、    、 \
          ./ ./  ,  / i" ./i 'ヽ \ \-, ,  ヽ  ヽ
          | ./  /  / /| ./ |  lヽ | ヽ \ヽ \ |\ ヽ
          |/  ,///' =, |/  |. \ヽ|,,,ヽ|,|,- |  ヽ. ヽゝ
          / /l/ i/ /,,-^~'''=-ヽヽ  |.-='''~^ヽ,\ヽ i  |
          |/ ,i  | .ii  i,ノii    \|  il,ノ;i ii> '' i-,|  | あんたバカぁ?
          ヽ.|| ,/ヽ ' ヽ-'    /     '''''''   /i.)|ヽ/
          '|| | |'^ヽ       ’        | |,/ノ
            ヽ'-/ヽ    ./~^'''^~"ヽ    / .|'/
            '  | ヽ    i /~~~~~'''|    / | |
              | |'ヽ,,  .ヽ    ./    /  | l
              i | i,,~=,,, . ̄ ̄ ̄  ,,,=',/i ヽi |
           _ヽ,,-.., ̄ i~=,   ,,,,-" |   .| |  i
        ,-^~~ /'~   ヽ,,-|  ~ ̄~~  .|,,  ヽ| /
       /'    |     | -,,      | ~ヽ. |/,,,,-----,,
       .i     ヽ    |l  ~^--,,,,,    ,,,, ~~'~     ~^^-,,,
       .|      ヽ    .|i      i /"^            ~^=-,,,
       ヽ   ,--=='ヽ   ヽ-,,                      ~=
       /  ./   'ヽ,,     ''';;,       _
       l ,,-''     i '      ^-,,  ,,,--~ ~~ヽ.
        ヽ'  ヽ,   i|   /    ~=~      /   ,/
        ,-|   il    |l /           ,,-~  ,-~~^^=-,,,,
       / i|   .l|    |i'     ,,,,,--_,,,,,,--~──-i /     ~^^=--,

158 :youko:04/01/05 14:45
はじめまして
今私は学校で、中国美術史を勉強しています

龍門石窟の奉先寺を知るために「河洛上都龍門之陽 大盧舎那仏龕碑」
を何とか2/3訳しましたが、もうお手上げです
はじめのほうも合ってるかわかりませんが

ここから出来ていません・・恐年大綿遙
芳紀莫伝之頌銘、庶貽永劫云爾、仏非有上、法界為身、垂形化物 俯迹同人
有感即現、無罪乃親、遇迷永隔、唯憑憎因、寔頼我 皇、図滋麗質、相好希有、
鴻顔無匹、大慈大悲、如月如日 瞻容垢尽、析誠願畢.正教東流、七百余歳
囗龕功徳、唯此為最。
縦広兮十有二丈矣
上下兮百卅尺耳・・・訳していただければ
ありがたいです 出来れば出来たところまで添削してくださる方が
いらっしゃったら、本当にうれしいです
よろしくお願いいたします


159 :名無氏物語:04/01/05 15:24
>>158
マルチ。

ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1063373881/158
ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1023774379/396

160 :名無氏物語:04/01/05 15:41
       ,-┐
 ,ィ─、ri´^-─- 、 .┌f^f^f^f^f^f^f^f^f^┐
く  / , ,'   ヽ ヽ| ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~│
 `<' / ,'レイ+tVvヽ!ヽト この板では  │
  !/ ,' i |' {] , [}|ヽリ  マルチポストに |
  `!_{ iハト、__iフ,ノリ,n   回答しません |
   // (^~ ̄ ̄∃_ア____n_____|
 _r''‐〈  `´ア/トr──!,.--'
<_>─}、  `」レ
'ヽ、   ,.ヘーァtイ
   Y、.,___/  |.|
  |  i `ー'i´


161 :名無氏物語:04/01/05 19:53
>>156

台獄→台嶽?
尊閣は尊称ではないでしょうか、
としたら儒生は謙称?

序文はよく結びの部分に言い訳みたいな事を
書くのが通例です。義として受けざるを得ない
とか、厚情に報いるためとか、書かなかったら、
どうして今日の盛事が伝わろうか?
などなど。

162 :youko:04/01/05 22:06
>161さんありがとうございました
皆さん、マルチの意味を知らなくてごめんなさい
教えていただいたので、これからは気をつけます
よろしくお願いします


163 :名無氏物語:04/01/05 22:23
>>162
頑張ってください。武后はやっぱりあの大仏さんのように
きれいなお顔してたんですかねえ。文字は男っぽいけど。

164 :156:04/01/06 08:25
>161さんありがとうございます!
ご指摘の通り台嶽の間違いです。すいません。
尊閣は誉めているんだなというのはわかるのですが、
「尊閣」という単語が見つからずうまく訳せません…
儒生は単に儒者という意味でとっていましたが謙称とも考えられるんですね。
その文の命という動詞がどう訳しても意味がしっくりきません。
よければまたアドバイスお願いします。

165 :161:04/01/06 08:56
本朝文粋あたりに載ってるんでしょうか?
景物幽奇。って唐突なので、前に対の片割れがありませんか?
今ひとつ流れがわかんないや。

想像すると、詩会?法会?を執り行った。
招かれて参集した人々や、ぼんさん?や邸宅やお庭はすばらしいです。
さてそこで、納言閣下、この未熟者(ごめんなさい、儒か孺か確認
して!)に文でこの盛事をあらわすようにとお言いつけになる。

っていったところではないでしょうか?
命じた内容は、その次の二句の後ろではないですか?

166 :名無氏物語:04/01/06 09:25
『古本説話集』
の中の、大斎院より春の方はどう訳すんですか?
あとこの文は何時代にできたんですか?

167 :名無氏物語:04/01/06 10:02
>>166
丸投げはいけないね。

168 :名無氏物語:04/01/06 14:47
リア厨なんですけど漢詩がテストの範囲なので
どんな事がでそうか教えてもらえませんか?


169 :名無氏物語:04/01/06 14:59
>>168
テスト範囲を全部書き込んでみな・・・


170 :名無氏物語:04/01/06 15:02
除け

171 :168:04/01/06 15:13
テスト範囲表には「漢詩」とだけ書かれているのですが…
重要な事とか無いでしょうか?



172 :名無氏物語:04/01/06 15:20
>>171
何を習ったか分からなければ、答えようがありませんが・・・


173 :168:04/01/06 15:23
春望とか簡単なものばかりです

174 :名無氏物語:04/01/06 15:25
>>173
取り敢えず、丸暗記だなw

175 :名無氏物語:04/01/06 15:25
>>173
とか
じゃわからん!


176 :168:04/01/06 15:30
すいません
春望、推敲、矛盾だったと思います
でも、それは一年前なので
今回上記のものと同じレベルのもので
全く新しいものが出ると思います

177 :名無氏物語:04/01/06 15:36
>>176
中学の試験で習っていないことを出すのかい?
教育委員会に相談した方がいいよ・・・

私立なら別ですが・・・


178 :名無氏物語:04/01/06 15:41
>>176
はあ?
一年前?
同レベル???

わけわからん!


179 :168:04/01/06 15:57
一応私立の学校です 
今僕は3年生でそれらは2年生のときに習いました


180 :名無氏物語:04/01/06 16:00
三度目の還暦!

181 :名無氏物語:04/01/06 16:01
>>179
お前の学校は習ってないものを出題するのか?

182 :168:04/01/06 16:07
>>181
はい。ときどき出題されます

183 :名無氏物語:04/01/06 16:09
>>182
それじゃあ、予想できないな・・・
その先生、または学校の過去問を検討してみないことには・・・


184 :168:04/01/06 16:15
でも、今まで習ったことに応用を利かせれば
解けるような問題が出題されると思います

185 :名無氏物語:04/01/06 16:23
>>184
だから、何を習ったんだよ!
作品のことじゃないぞ!


186 :168:04/01/06 16:29
レ点と一二点ぐらいです

187 :名無氏物語:04/01/06 16:38
>>186
傾向がわからないと対策はできませんね

188 :名無氏物語:04/01/06 16:40
>>184
では、簡単に出来るのでは?

189 :168:04/01/06 16:43
レ点、一二点の応用といったらどのようなものなのでしょうか?


190 :名無氏物語:04/01/06 16:48
一レ点とか三点のことか?

191 :168:04/01/06 16:55
一レ点と三点というのはどういうものなのですか?


192 :名無氏物語:04/01/06 17:07
一レ点は一点にレ点がついたもの

三点は二の次に読むもの


193 :168:04/01/06 17:09
レ点と一二点が混合すると言う事はないのでしょうか?


194 :名無氏物語:04/01/06 17:13
>>193
ごく普通にありますが・・・

195 :168:04/01/06 17:16
その場合どうなるのでしょうか?


196 :名無氏物語:04/01/06 17:22
>>195
一二点の間にレ点があっても規則どおりに読めばいい・・・

197 :168:04/01/06 17:31
勉強しておくと良いような作品はありますか?

198 :名無氏物語:04/01/06 17:38
>>197
副教材などに載っている作品などはどうでしょうか?

199 :168:04/01/06 17:52
勉強する上で大切なことは何ですか?

200 :名無氏物語:04/01/06 17:54
今だ!セクースしながら200ゲットォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ∧∧
       (゚Д゚ )           (´´
アアン !  ∧∧⊂  ヽ/       (´⌒(´
   ⊂(>o<*⌒ `つ つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
      し' ̄ ̄   (´⌒(´⌒;;
            ズザーーーーーッ

  ドッコイショ・・・・・・・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄     (´´;;
     ∧∧∧∧        (´;;
  〃 (>_<*)Д-)
 〃 ⊂(。(。 つと| グィッ
   〃  > y ) /〜))
      .し'し' U


何見てんだゴルァ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
  パ  ∧∧ ∧∧  パ
  ン (n。n*)゚Д゚)  ン
     (.ノ(し⊂ニノ ))
ミナイデェ > y ) /≡〜
     .し'し' U


201 :名無氏物語:04/01/06 17:55
>>199
弛まぬ努力!


202 :168:04/01/06 18:21
丁寧に答えて頂きありがとうございました。
今から勉強してみます。

203 :156:04/01/06 21:19
>165
大江匡衡の江吏部集の一部です。

時也中月餘閏。景物幽奇。となってます。
前文があまりに長いので…わかりづらくてすいません。
儒生の字はこれで間違いありません。

だんだんわかりやすくなってきました!ありがとうございます!

204 :名無氏物語:04/01/06 22:31
すみません、方丈記の「あるいは花しぼみて露『なほ』消えず」の、
『なほ』はどっちの意味が正確ですか?
@やはり A依然として

僕は「あるいは〜」と似たような事を別の例で示しているので、
@かな、とは思うのですがどうでしょうか?

205 :名無氏物語:04/01/06 22:41
いはば朝顔の露に異ならず。或は露落ちて花殘れり。殘るといへども朝日に枯れぬ。
或は花は萎みて露なほ消えず。消えずといへどもゆふべを待つことなし

「或は露落ちて花殘れり」の逆のケースを「或は花は萎みて露なほ消えず」と
言っているので、「花は萎んだのに露はそれでもまだ消えない」と解すべき
でしょう。

206 :名無氏物語:04/01/06 22:44
>>205
おおーすごく納得しました!
アリガトウゴザイマス!!

207 :名無氏物語:04/01/11 09:51
質問スレッドage

208 :名無氏物語:04/01/11 10:19
>>204-206
205ではないけど捕捉。
古語の「ある(い)は」は、現代語の「もしくは」の意味ではないよ。
多くは「ある(い)は〜、ある(い)は〜。」というふうに2度使って、
「あるものは〜、またあるものは〜。」という意味。微妙に違う。
似た例というよりむしろ別ケースの紹介の時に使う。
そんなことからも 1.やはり よりは 2.依然 のほうが意味が通ると思う。


209 :名無氏物語:04/01/11 15:50
↓こういうのって、台湾とかの論壇に貼り付けたら、
馬鹿受けだよね。わらたよ。
(大陸だと犯罪かも知れ無い野で張りつけ不可)

http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1023774379/324
「嗚呼、射精寸前」男悶絶。「口内発射可?」
「不可」女曰。「貴殿射精場所即我膣内」
 女舌技停止。萎縮物即硬直、聳立。先端、先走汁有。
「騎乗可?」女訊。男頷了解。
 女、硬直物添手、潤滑繁茂地帯誘導。
「嗚呼」女悶。「我膣内、巨大硬直物挿入完了」
 女下半身躍動開始。一、二、三・・・
「嗚呼」男短声。「謝罪」
 女呆然、運動停止。「貴殿既射精!?」
「汝舌技巧妙故。御免」
「最低!! 三擦半男!!」女絶叫。「亀頭鍛錬不足!!
 貴殿包茎手術経験者!?」
「何故汝知其事実??」
 男墓穴。
 以後、男、性交時避妊具二重着用

210 :名無氏物語:04/01/11 15:57
除け

211 :名無氏物語:04/01/12 02:57
【海南】跪いて謝罪する「東条英機像」を製作(写真)
ttp://www.people.ne.jp/2004/01/10/jp20040110_35732.html

海南省のあるホテルに8日午前、日本のA級戦犯である東条英機が中国の人々に
跪いて謝罪する彫刻が登場し、市民の注目を集めている。

彫刻は、ホテル側が「現代の若者が歴史を忘れず、中華民族の再興という使命を
担っていくように」との願いを込めて特注したものという。(編集UM) 

「人民網日本語版」2004年1月10日


212 :名無氏物語:04/01/13 22:01
質問です。
更級日記の「この宮を『かき負ひ奉りて』、」という部分の
『かき負ひ奉りて』の口語訳を教えてください。
敬語の問題なのですが、かき負うの意味が分からない、、。

213 :名無氏物語:04/01/13 22:17
>>212
古語辞典は持ってるよね?
「かきおふ」でなく、「かき」で調べてごらん。きっと答えが見付かるよ。

214 :名無氏物語:04/01/14 23:05
>>212
マルチ。

http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1023774379/496

215 :名無氏物語:04/01/15 16:12
>>214
マルチ、マルチってうるさいなぁ。
きっとちゃんと教えてもらわなかったから違うスレにも張ったんでしょ?
しっかり教えてやらないと。


216 :名無氏物語:04/01/16 02:40
>>215
レスに反応せずに別のスレにマルチするなんてのは最悪。
甘やかすにも程がある。

217 :名無氏物語:04/01/17 21:34
えと、質問があります。
 中国の皇帝とか王様とかの前に出るとき、腰を低くしてかがむようにして小走りに
走ることを、なんというんでしょうか。むかしどこかで王様の前での礼儀作法を読んだ
記憶があるのですが、すっかり忘れてしまいました……

218 :名無氏物語:04/01/17 22:47
雨月物語の吉備津の釜の考察誰かしてください

219 :名無氏物語:04/01/18 01:49
>>218
何を考察するんだ?


220 :名無氏物語:04/01/18 02:13
今だ!セクースしながら220ゲットォ!!    
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        
        ∧∧
       (゚Д゚ )           (´´
アアン !  ∧∧⊂  ヽ/       (´⌒(´
   ⊂(>o<*⌒ `つ つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
      し' ̄ ̄   (´⌒(´⌒;;
            ズザーーーーーッ

  ドッコイショ・・・・・・・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄     (´´;;
     ∧∧∧∧        (´;;
  〃 (>_<*)Д-)
 〃 ⊂(。(。 つと| グィッ
   〃  > y ) /〜))
      .し'し' U


何見てんだゴルァ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
  パ  ∧∧ ∧∧  パ
  ン (n。n*)゚Д゚)  ン
     (.ノ(し⊂ニノ ))
ミナイデェ > y ) /≡〜
     .し'し' U


221 :名無氏物語:04/01/18 02:45
正太郎が気がついてから物忌みが終わるまでが僕の担当範囲。
発表なので、自由にやれます。ほうしんすらたたない‥

222 :名無氏物語:04/01/18 02:51
>>215

とりあえずおまえみたいなやつは詩ね

223 :名無氏物語:04/01/18 04:09
>>217
「趨」だっけ

224 :ななし:04/01/18 07:04
申し訳ないんですが、(石清水八幡宮)の内容を簡単に教えていただけないでしょうか?

225 :名無氏物語:04/01/18 10:39
> (石清水八幡宮)の内容
誉田別尊・息長帯姫尊・比売神の三柱です。

226 :名無氏物語:04/01/18 12:03
>>224
2ちゃんで質問してレスを待ってるよりもネットで検索したほうが速いよ。
http://www.iwashimizu.or.jp/

227 :名無氏物語:04/01/18 12:14
>>221
どんな発表でも言えることだけど、
とりあえず出ている注釈書全部にあたって読み込む。発表のネタは本文にしか無い。
担当範囲で判らないところは無い、くらいにしてみよう。(語釈等ね)
そんで先行論文にあたる。芋づる式に論文を読む。
今は学校の図書館の検索も優れてるから適当にキーワード検索できるし、
わからなかったら先生に聞けばいい。
それで何にも浮かばなかったらしょうがない。才能がない、向いてなかったとあきらめよう。
でもそれだけ調べれば発表する事はできるし、学部のゼミ、レポートレベルでは十分。
判らないところを調べるのが目的なんだから。
新しい発見をしようとか欲を言えば切りが無いけど、先ずは目の前の出来る事からやってみましょう。

228 :名無氏物語:04/01/18 12:38
>>227
> とりあえず出ている注釈書全部にあたって読み込む。発表のネタは本文にしか無い。
まあ、質問から考えて教養レベルだと思うから、全部でなくとも
2・3冊当たれば十分じゃないかな。

まずは学校のOPAC等に「雨月物語」と打ち込んでみよう。全てはそこから。

229 :名無氏物語:04/01/18 13:36
>>227 >>228
ありがとうございます。やってみます。
しかし、なんで俺国文学専攻したんだろ?

230 :名無氏物語:04/01/18 13:44
専攻かい!

がんがって好きになるか、専攻意外のセールスポイントを身に付けるか
しませうね。

231 :名無氏物語:04/01/18 13:44
うっ、この板でtypoすると泣けるな。以外

232 :名無氏物語:04/01/18 15:13
>>223

 あああ! それですそうです! 「趨」です……
 おかげさまですっかり記憶が戻りました(^_^;)。
「論語」でした。論語の郷党第十でした……

「君、召して擯(ひん)たらしむれば、色勃如(ぼつじょ)たり。足カク如たり。
与に立つ所を揖すれば、其の手を左右にす。衣の前後セン如たり。趨(はし)り
進むには翼(よく)如たり。賓(ひん)退けば必らず復命して曰わく、賓顧みずと」

 もうひとつ直後の段にも、
「門に入るに、鞠躬如たり。容れられざるが如くす。立つに門に中せず。行くに
閾を履まず。位を過ぐれば、色勃如たり、足カク如たり。其の言うこと、足らざる者
に似たり。斉を摂げて堂に升るに、鞠躬如たり。気を屏めて息をせざる者に似たり。
出でて一等を降れば、顔色を逞って怡怡如たり。階を沒せば、趨(はし)り進む
こと翼如たり。其の位に復ればシュクセキ如たり。」
 とありました。

 しかも、皇帝の前に進み出るときの礼儀とは書いておらず、身分の高い人たち
の前で小走りになるという程度の礼儀のようです。
 ありがとうございました。助かりました。


233 :永平道元:04/01/18 16:23
>>225の文章は変な所あったので直しました

(石清水八幡宮)のご祭神は
誉田別尊・息長帯姫尊・比売神の三柱です。

234 :名無氏物語:04/01/18 16:37
>>233の文章は変な所あったので直しました

(石清水八幡宮)の中の人は
誉田別尊・息長帯姫尊・比売神の三柱です。

235 :永平道元:04/01/18 16:46
人物神でも神社に祭られている以上神です。
ご祭神とゆう表記方法が正しいと思います。


236 :221=229:04/01/18 17:21
今回はたまたま四人で発表することになったんで、語釈等は分担して
やっちゃったんですけど、担当範囲が(僕にとっては)やりにくいと
こなんで、、こまったなあ。って感じなんです。古文を扱う発表は初
めてやし。まあ前後の部分絡めて適当にやります。

好きになれるかなあ。国文学、、、 

237 :工房:04/01/18 20:43
日本漢詩の問題点について原稿用紙10枚に記述するという課題が出たのですが、
具体的にどんなものを調べてどんな問題点があるのか、全然分かりません。
ちなみに今大江匡衡の漢詩を取り上げるつもりでいます。
参考になりそうなサイトなんかも教えていただけたら嬉しいです。
本当に困ってます。。。どなたかアドバイスを・・・!

238 :名無氏物語:04/01/18 21:40
>>236
なるほど、一章段ぶった切って分担したのか。
分断された箇所だけで何かしら言うのは不可能だと思う。
前後というか、その章段全体について調べるといいよ。
作品全体を通読しておくのが理想だけどね。

国文学専攻、とくに古典は「どうして俺来ちゃったんだろう」組が少なくないから安心していい。本当は駄目だけどw
優秀な論文や講義に出会えれば好きになるかもしれない。
思い切り勉強して、他の人の発表をボコボコにすると良い。あくまで紳士的にね。
知的かつ紳士的態度をアピールすれば嫌われない、むしろ人気者になるぞ。

239 :ななし:04/01/18 22:02
224です、教えてくださってありがとうございました。ネットで検索してもどうしてもひっかからなかったんで・・・本当に感謝してます☆

240 :名無氏物語:04/01/18 22:04
質問ですがお願いします。

松尾芭蕉より
『旅に病みて ゆめは枯野を かけまはる』
はどういう内容を言っているのか教えてください

あと、古文とは関係ないですが、もう一問お願いします。

単語 という言葉と同じ組み合わせになっている熟語はどれか

@帰路 A獲得 B復旧 C身体 D質問

241 :名無氏物語:04/01/18 22:20
 クイズ出してんのか?

242 :名無氏物語:04/01/18 22:34
中学校の宿題なんじゃないの。

243 :名無氏物語:04/01/18 22:42
だけで放置しちゃ可哀想か。クイズにはヒントを。

> 『旅に病みて ゆめは枯野を かけまはる』
芭蕉は旅を愛し、一生旅を続けた俳人だった。
その芭蕉が旅の途中で病気になって動けなくなり、いよいよあぼーんと
いう時に詠んだ句だね。とすると、これはどういうことを言っているんだろう?

> 単語 という言葉と同じ組み合わせになっている熟語はどれか
「単語」は「単独の語」と、「単」が「語」を修飾している組み合わせだね。
これと同じ方法で出来ている語はどれかな?

244 :名無氏物語:04/01/18 22:47
>>237
工房さんで、こんな難しい課題が出るんですね。
一般に日本人の漢詩には和習あるいは和臭といわれる
特有の日本人臭さが問題点とされることが多いです。

この和習・和臭の二語でぐぐってみてはいかがでしょう。
語法的な面、語彙の面、表現の面、発想の面
これらが、本来は中国語、中国文学である漢詩の
表現法からはずれている場合に和習と呼ばれ
排斥されることが多いと聞いています。

また、敢えて和風といって、日本人独自の性情の表れ
として大切にする立場もあるようですから、これも
参考にされてはいかがでしょうか?

参考書が必要なら、またあとで調べてみますが、あんまり
一般的な本にはのっていないかも。

おおきな本屋さんで漢詩の作り方の本をちらと見てみると
目次にはすぐ見つかりますよ。


245 :名無氏物語:04/01/18 22:48
不提行。
どう訳したらよいかわかりません。
お願いします。

246 :名無氏物語:04/01/18 22:51
>>237
参考スレッド
日本人の漢詩
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1050846432/l50
平仄は必要か
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/983950432/l50

247 :名無氏物語:04/01/24 23:37
 江戸時代の本からの抜粋に、
「子分に仕り候様にと相究(き)め候由仰せ聞けられ」
 とあり、その訳として、
「子どもとして扱うことに決定したと知らされ、」
 と載っていたのですが、
「仰せ聞けられ」
 という単語に違和感があって、これは文法的にはどういったもので、どういう意味
なのか知りたいと思いましたが、手元の辞書には見出しがありませんでした。
 また少し後には、
「女どもへも委細申し聞け候」
 とあり、この
「申し聞く」
 というのもしっくりきません。
 恐らく江戸時代から使われるようになった言葉なのでしょうが、どなたかご教授
いただけないでしょうか。

 また、こうした江戸時代特有の文章、特に武士の手紙文(候文)について、
詳しく説明した本はありませんでしょうか。初歩から勉強してみたいと思うのですが、
古文といえばほとんど中世に焦点をあてていて、江戸時代以降のものが
見つかりません……

 以上よろしくお願いします。

248 :名無氏物語:04/01/25 00:54
ツッコミどころ満載だが、まずは出典をわざわざ伏せるのは
何か宗教上の理由でもあるのかというところから訊いてみるとしようかな。

249 :名無氏物語:04/01/25 03:05
>>248
 247ですが、私に向けての発言でしょうか?

250 :名無氏物語:04/01/25 08:37
今だ!セクースしながら250ゲットォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      
        ∧∧
       (゚Д゚ )           (´´
アアン !  ∧∧⊂  ヽ/       (´⌒(´
   ⊂(>o<*⌒ `つ つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
      し' ̄ ̄   (´⌒(´⌒;;
            ズザーーーーーッ

  ドッコイショ・・・・・・・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄     (´´;;
     ∧∧∧∧        (´;;
  〃 (>_<*)Д-)
 〃 ⊂(。(。 つと| グィッ
   〃  > y ) /〜))
      .し'し' U


何見てんだゴルァ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
  パ  ∧∧ ∧∧  パ
  ン (n。n*)゚Д゚)  ン
     (.ノ(し⊂ニノ ))
ミナイデェ > y ) /≡〜
     .し'し' U


251 :名無氏物語:04/01/26 02:56
韓愈の雑説の論の展開と主題を教えてください。お願いします。

252 :247:04/01/26 14:29
>>247です。

 248の書き込みがないので、私に向けての発言かどうか確認できないのですが、
もしそうだと仮定して、なにゆえに宗教上の理由ということになってしまうのか
わからんちんです。

 出典をわざわざ伏せたわけではなく、これは手紙文集から抽出したものであり、
しかも単語や文法についての質問だったので、不要かと思い、掲載しなかった
だけのことです。
 その手紙は、元禄6年に、伊勢桑名藩主・松平定重が、幕府に対し、島津
吉貴に嫁いだ自分の娘に子供ができないので、側室にできた子供をぜひとも
跡取りにしていただきたいと、島津家に申し込んだのだが、それでよろしいでしょうか
と問い合わせをした手紙だそうです。
 別に極秘のバテレン文書でも創価学会の内部告発文書でもございません(^_^;)。
 私も無宗教でございます……チェックが厳しいんですね……。

253 :名無氏物語:04/01/26 16:02
>>247
「聞け」は「聞かせ】の意味で、近世文書にはよく使われる。

254 :名無氏物語:04/01/26 18:20
>>252
私は248じゃないが…
>>1にある通り、このスレへの質問は出典明記が基本なんすよ。
ここは中高生の宿題に答える事が殆どなんで。
なるべく宿題の丸投げはさせないために。
宗教上の理由ってのはジョークだと思われます。

255 :名無氏物語:04/01/26 18:32
>>254さま了解しました。エチケット違反だったかも知れません。すみませんでした>all

>>253さまありがとうございます。
 すると「聞く」=「聞かせ」と直結して考えていいんでしょうか?
 つまり「仰せ聞かせられ」が江戸時代には」仰せ聞けられ」のように使われ、
    「申し聞かせ候」が「申し聞け候」と使われるようになったと(きっと手紙文
 などの文書だけなのだと思いますが)納得してしまえばいいのでしょうか。
   これは、いまどきの人たちが「食べられる」を「食べれる」というみたいに、
 (ちと例は悪いですが)時代の流れとともに慣用句として変化してきたので
しょうか……。

256 :名無氏物語:04/01/26 18:43
出典があると答えやすいだけでなく、「へー人はこんなの読んでるんだー」
みたいな楽しみもあったりするので、わかっている時は億劫がらずに
書いてほすぃなあと思いますです。(そうでないと答えるのも億劫になっちゃう)

で、「聞く」でなく「聞ける」という下一段動詞だと思った方がいいよコレ。
普通の国語辞典にも載ってまつ。
ttp://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%AD%A4%B1%A4%EB&kind=jn&mode=0&base=1&row=1

257 :名無氏物語:04/01/27 20:32
>>256さんへ。了解しました。ありがとうございます。
 なるほど、中世の古文法しか頭になかったもので、どうして、という思いと違和感が
先に立ち、自分で調べ尽くしていませんでした。
 どこかで江戸時代の手紙文やお上に提出した書類などの古文書を優しく
解説した本でも買って、基礎を勉強した方がよさそうです。その後いろいろ他の
ケースなどを当たってみたのですが、これだけ中古文と江戸の文法とが違っている
とは想像していませんでした。
 ありがとうございました。

258 :名無氏物語:04/01/31 20:18
佐藤春夫「海辺の恋

こぼれ松葉をかきあつめ
をとめのごとき君なりき、
こぼれ松葉に火をはなち
わらべのごときわれなりき。

わらべとをとめよりそひぬ
ただたまゆらの火をかこみ、
うれしくふたり手をとりぬ
かひなきことをただ夢み。

入日のなかにに立つけぶり
ありやなしやとただのほか、
海べの恋のはかなさは
こぼれ松葉の火なりけむ。


Q1、この詩の形態を答えなさい
Q2、第一連、第ニ連において構成の特徴としてあげられる脚韻以外の表現技巧を答えなさい
Q3、この詩の大意を書きなさい

お願いしますです…

259 :名無氏物語:04/01/31 21:45
>>258
古文漢文の宿題と違う気がするけど面白そうだからやってみよう。
素人の勝手な判断だからあんまり当てにしないよーに。

1、七五調?なんか名前あるのかな。
2、対句
3、少年少女が松葉の焚き火を囲んでいた時の恋は
無邪気で他愛無く、ただ仄かに漂う煙をたてている
その海辺の松葉の焚き火のようにはかないものであったのだなあ。

260 :名無氏物語:04/01/31 22:15
お願いします
万葉集と新古今からです
東歌についてです
(@東国)で読まれた歌で、素朴で(A)風のものが多く、言葉の面では(@東国)
地方の(B)も多く伝えてる。
A〜Bに適切な言葉を入れてください((@)は東国だと思うのですが・・・あってますか?)

ひさかたの光のどけき春の日に静心なく花の散るらむ
の枕詞はどれですか?またどのことばにかかっていますか?
お願いします

261 :名無氏物語:04/01/31 22:22
宿題の丸投げはいけない。それはともかくとして
近・現代詩に関する質問なら詩・ポエム板のほうが適してるんじゃないか。
あっちで答えてくれるかどうかは知らないけど、文語なら古・漢板という考え方は
改めたほうがいい。

262 :261:04/01/31 22:24
261は258へのレスです

263 :名無氏物語:04/02/01 18:11
>>259
おくらばせながらありがとうございます!
しかも間違った板にのせていましたね;


264 :名無氏物語:04/02/01 20:53
文語定型詩

265 :名無氏物語:04/02/01 21:19
>>264
定型詩じゃないよ。

266 :名無氏物語:04/02/03 15:39
王安豊婦、常卿安豊。
安豊日、「夫人卿婿、於礼為不敬。後勿復爾。」
婦曰、「親卿愛卿、是以卿卿。我不卿卿、誰当卿卿。」遂恒聴之。

全訳サイトを探そうと思ったのですが、作品名が分からないので探すことも出来ませ
ん。どなたか教えてください。
訓読、現代語訳書いて下さっても嬉しいです(笑)

267 :名無氏物語:04/02/03 15:41
                   λ
                  丿|      δ
                  / 从
                 /   ヾ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 ( ゚ ∀ ゚ )< うらめしやあ〜あらされたあ〜
                 \_/   \_________
             δ
                  ⊂⊃.  ∧ ∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   ∧ ∧  ( ゚∀゚) < くうやあしい〜〜〜
怨怨怨怨・・・・・・・・・・ > ( ゚∀゚ ) ノ  ̄) ̄) \__________
________/  . ∪∪ノ (  )ノ~)ノ
                  V  ) ノ      δ
                    V
   .ji ||    |;;::.
‐‐、.  !:::::;!    ____      _,----、   _ , |::..::;:::|.|   j::.::.|
 ___.      |::;:;:;:;:|..|  |.:.:.:|    |::;;;:|   _.  | |:::;:;::;;|.|  || || |.:.;::.:.:|:|  ┌‐‐┐
r‐v'i     |:::::;:;:;|.:|  「 ̄ ,. -‐‐‐‐‐‐-,._ ! i'i'i.| |:;:::;:;:;|:|  || || |.:.:.:::::|.| [ ̄ ̄ ̄]
|:::::|.l iヽiヽ r; |::::;:::;;|:.|    l,. -‐‐‐‐‐‐-v´i !| |.l| |::;:::::;;|.|   ┌-----┐       
|:.:.:| | ! ll !.| !|:.:.:;::::|..|    |::::::;::;:;:;:;:;;;;;;;;|::..! ll |:!l |:.:;:::;:;|:|  ┌┴‐‐‐─┴┐       ∧_∧
|....:| | ! i! !.| l|;;;;;;;;;;|..|_   |::::::::;::;:;:;:;:;;;;;;|:...! .!l|:lr';;;;;;;;;;;;ト1 └‐─‐‐‐─‐┘ デタ━━(;・∀・)━━━ッ!!
. ̄.´l ! |  i.| ̄ ̄ ̄! l_   |:::::::::;::;:;:;:;:;:;;;|:.:.! ,!,| | ̄ ̄ ̄´!_               (つ   )つ
 ̄ ̄   ____|___! ̄i   |::::;:;::::::::::::;:::::|:...!  [ ̄ ̄ ̄ ̄]             《 / ゝ 〉′》 ガクガク
     |:;:::::::::::::::;:;::::|./   |:::;:::;::::::;:;:;::;;::|:::.!    ̄ ̄ ̄ ̄             《 (_.(__) 》   ブルブル 

268 :名無氏物語:04/02/03 15:48
>>259
1.文語定型詩では? あ、答え教えちゃったらだめか

269 :266:04/02/03 15:58
「夫人卿婿→婦人の間違いです ごめんなさい。
そして、よろしくお願いします。

270 :名無氏物語:04/02/03 16:01
今だ!セクースしながら270ゲットォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      
        ∧∧
       (゚Д゚ )           (´´
アアン !  ∧∧⊂  ヽ/       (´⌒(´
   ⊂(>o<*⌒ `つ つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
      し' ̄ ̄   (´⌒(´⌒;;
            ズザーーーーーッ

  ドッコイショ・・・・・・・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄     (´´;;
     ∧∧∧∧        (´;;
  〃 (>_<*)Д-)
 〃 ⊂(。(。 つと| グィッ
   〃  > y ) /〜))
      .し'し' U


何見てんだゴルァ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
  パ  ∧∧ ∧∧  パ
  ン (n。n*)゚Д゚)  ン
     (.ノ(し⊂ニノ ))
ミナイデェ > y ) /≡〜
     .し'し' U


271 :名無氏物語:04/02/03 16:24
> 作品名が分からないので探すことも出来ません。どなたか教えてください。
作品名を教えればいいのね。『世説新語』だよん。
good luck!

272 :名無氏物語:04/02/03 16:25
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1023774379/552

くそっ、マルチにレスしちまった

273 :266:04/02/03 16:29
271>>ありがとうございます★がんばります!
272>>マルチぢゃなぃですょ笑;


274 :名無氏物語:04/02/03 16:31
>>273
マルチじゃねぇか!!!


275 :名無氏物語:04/02/03 16:31
>>268
定型詩じゃないよ。正解が「文語定型詩」だったら出題者を殴ってやる。

276 :名無氏物語:04/02/03 16:41
>>258は完全な七五調の文語定型詩じゃね?

277 :名無氏物語:04/02/06 21:13
紫式部の源氏物語の若紫について。
前の文は忘れましたが「〜涙ぞ落つる」の文は源氏のことなのになぜ敬語が使われていないか説明せよ。
字数制限あった気もしますが適当で…



278 :名無氏物語:04/02/06 21:21
>>277
定家が(゚听)イラネって判断したから。

279 :永平道元:04/02/06 21:33
HP見てね!
ttp://www.geocities.jp/kenhudomyoo/

280 :名無氏物語:04/02/07 07:17
今だ!セクースしながら280ゲットォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      
        ∧∧
       (゚Д゚ )           (´´
アアン !  ∧∧⊂  ヽ/       (´⌒(´
   ⊂(>o<*⌒ `つ つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
      し' ̄ ̄   (´⌒(´⌒;;
            ズザーーーーーッ

  ドッコイショ・・・・・・・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄     (´´;;
     ∧∧∧∧        (´;;
  〃 (>_<*)Д-)
 〃 ⊂(。(。 つと| グィッ
   〃  > y ) /〜))
      .し'し' U


何見てんだゴルァ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
  パ  ∧∧ ∧∧  パ
  ン (n。n*)゚Д゚)  ン
     (.ノ(し⊂ニノ ))
ミナイデェ > y ) /≡〜
     .し'し' U


281 :名無氏物語:04/02/07 14:14
>>279
中村道広先生を尊敬してるって‥‥‥

282 :名無氏物語:04/02/09 13:24
漢文宿題スレで何やらマルチ扱いされてしまったよう(被害妄想??)なので
こちらであらためて質問させて下さい。

以下の文章の出典をご存じの方いらっしゃいますか?
訳を知りたいのですが出典が分からないため調べようがなくって困っています。

王安豊婦、常卿安豊。安豊曰、「婦人卿婿、於礼為不敬。後勿復爾。」
婦曰、「親卿愛卿、是以卿卿。我不卿卿、誰当卿卿。」遂恒聴之。

宜しく御願いします。


283 :季咸 ◆SDL//zxd5k :04/02/09 14:21
>>282
世説新語(惑溺第三十五)

284 :282:04/02/09 14:43
>>283
即レス有り難うございます。
これで図書館で訳を調べる事が出来ます(泣)
有り難うございました!

285 :季咸 ◆SDL//zxd5k :04/02/09 15:24
>>284
がんばってください!

286 :名無氏物語:04/02/09 15:40
>>270-272は何なんだ。

287 :名無氏物語:04/02/09 15:42
ここにもマルチしてるし。
こんなヤシに答えないで下さいよ >>283
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/985914477/312

288 :季咸 ◆SDL//zxd5k :04/02/09 18:46
>>287
はい。気を付けます。

289 :名無氏物語:04/02/11 17:51
age

290 :名無氏物語:04/02/11 17:51
除け

291 :名無氏物語:04/02/12 00:39
訳し方がよく分からないのですが、教えていただけませんか。

思ひきこえさせたまひける

謙譲語と尊敬語がくっついている場合、どのように訳せば良いのでしょうか。
一応「お思い申し上げていらっしゃった」と訳してみたのですが、何か変な気がして…
添削等お願いします。

また、切り方は 思ひ/きこえ/させ/たまひ/ける でよろしいのでしょうか。
それとも きこえさせ はひとくくりですか?
きこえ/させ で切る場合は、「させ」と「たまひ」で二重尊敬…?

こんがらがってきてよく分かりません。よろしくお願いします。

292 :名無氏物語:04/02/12 01:04
「きこえさす」は「きこゆ+さす」と取るか一語で取るかで意味が変わるので
文脈がないとどちらとも断言できないっす。

動作主の方が偉ければ
> きこえ/させ で切る場合は、「させ」と「たまひ」で二重尊敬…?
と取って謙譲+強い尊敬、
被動作主の方が偉ければ「きこえさせ/たまひ」と取って強い謙譲+尊敬。

293 :名無氏物語:04/02/12 04:50
敬語は雰囲気を残す程度でそのまま訳そうとしなくてよい。
重要な事は敬語で示されている誰から誰への動作であるのかを
きちんと補って訳す事だ。というのは古典で敬語で
表されている人の関係が、現代語では口調や人称で表されるからだ。

294 :291:04/02/12 18:28
きれいに訳そうとするより、敬意の対象をしっかり見極めた方が良いのですね。
また頑張ってみます。どうもありがとうございました。

295 :_:04/02/14 01:08
発話者C「AがBに『思ひ聞こえさせたまふ』」


CはAに対し「させ給ふ(尊敬×2)」 で二重尊敬
CはBに対し「聞こえ(謙譲)」で 尊敬

よって、Aが皇族、Bが貴族、と判断。

>291
そんだけわかってりゃ十分なんではないか、と。


296 :名無氏物語:04/02/14 01:13
>>295
> 発話者C「AがBに『思ひ聞こえさせたまふ』」
> ↓

> CはAに対し「させ給ふ(尊敬×2)」 で二重尊敬
> CはBに対し「聞こえ(謙譲)」で 尊敬

> よって、Aが皇族、Bが貴族、と判断。
ん、292にも書いてあるけどそれは文脈がないと判断できないでしょ。

297 :名無氏物語:04/02/15 03:03
宿題age

298 :_:04/02/16 01:29
>296
理屈では、そう。けど、「強い謙譲」つーのは、そんなに例が多くない。

実際、用例見ると、とりあえず源氏で、桐壺帝が源氏を見て、

「いみじくうつくしと思ひ聞こえさせ給へり。」

とか、

「この若宮を坊〔ばう〕にと思ひ聞こえさせ給ふに」

みたいに、「思い申し上げる」という動作を、天皇がするから
そこに二重尊敬をつけた、つー例が多い。
別に292が間違いとか言いたいわけではないよ。

299 :名無氏物語:04/02/17 16:10
100位のスレッドにカキコ!

300 :名無氏物語:04/02/17 16:12
今だ!セクースしながら300ゲットォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      
        ∧∧
       (゚Д゚ )           (´´
アアン !  ∧∧⊂  ヽ/       (´⌒(´
   ⊂(>o<*⌒ `つ つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
      し' ̄ ̄   (´⌒(´⌒;;
            ズザーーーーーッ

  ドッコイショ・・・・・・・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄     (´´;;
     ∧∧∧∧        (´;;
  〃 (>_<*)Д-)
 〃 ⊂(。(。 つと| グィッ
   〃  > y ) /〜))
      .し'し' U


何見てんだゴルァ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
  パ  ∧∧ ∧∧  パ
  ン (n。n*)゚Д゚)  ン
     (.ノ(し⊂ニノ ))
ミナイデェ > y ) /≡〜
     .し'し' U


301 :名無氏物語:04/02/17 16:24
質問スレッド、下がりすぎage!

302 :名無氏物語:04/02/22 13:15
質問あげ

303 :高2:04/02/28 21:58
こんばんは。高校2年の者です。

来週から学年末考査が始まります。
で、国語なんですが、範囲は「鴻門の会」
だけ出ます。四面楚歌は出ません。

漢文が苦手な上、授業を受けてもさっぱりわからないまま、今日が来てしまいました。
訳と書き下し文だけは分かるんですが、それ以外は全然分かりません。

鴻門の会ってどういうストーリーなのか?がまず知りたいです。
それとポイントがあれば教えてください。

304 :名無氏物語:04/02/29 08:59
>>303
その文章、どっかで見たなぁ・・・

305 :名無氏物語:04/03/03 14:37
100位のスレッドにカキコ!

306 :名無氏物語:04/03/03 14:40
質問スレッドage

307 :名無氏物語:04/03/03 21:53
>>303
横山光輝「項羽と劉邦」を読め。マンガだから簡単でよくわかる。
史記は模擬テストでも頻出だけど、
横山光輝マンガに勝る参考書はないと思うよ。

というか、もうテスト終わった?

308 :名無氏物語:04/03/04 01:05
> 横山光輝マンガに勝る参考書はないと思うよ。
司馬遼太郎はダメでつか。そうでつか (´・ω・`)

309 :名無氏物語:04/03/04 12:21
                                                    

310 :名無氏物語:04/03/04 12:22
佐藤(310)

311 :あぃ:04/03/12 16:22
「しはすの、二十日あまり一日の日の、戌の時」って何月何日何時ごろですか?教えてください

312 :あぃ:04/03/12 16:34
あと、「洛湯は遠しと思ふ」の「洛湯」は自立語か付属語か、ぁと、それぞれの品詞、「は」は自立語か付属語、品詞はなにか、「遠し」・「と」・「思ふ」も同じように教えてください

313 :名無氏物語:04/03/12 16:45
>>311
西暦に直せ っていうのか?
何年だかわからないと無理だな・・・

314 :あぃ:04/03/12 17:17
「土佐日記」のやつなんですけど・・・やっぱダメですか?

315 :あぃ:04/03/12 17:22
何月何日何時頃だけでいいんですけど・・

316 :名無氏物語:04/03/12 17:40
>>311
教えるも何も・・・書いてあるじゃん!


317 :あぃ:04/03/12 17:56
現在のいつ頃かってことです!

318 :名無氏物語:04/03/12 18:03
>>317
だから、西暦何年かわからないと正確にはわからないでしょ!
旧暦は一年354日だから、毎年ずれるし!

319 :名無氏物語:04/03/12 18:06
旧暦は新暦と最大で3ヶ月近くずれるから・・・
今の1月から3月初めくらいの間ですね・・・

320 :名無氏物語:04/03/12 18:06
今だ!セクースしながら320ゲットォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      
        ∧∧
       (゚Д゚ )           (´´
アアン !  ∧∧⊂  ヽ/       (´⌒(´
   ⊂(>o<*⌒ `つ つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
      し' ̄ ̄   (´⌒(´⌒;;
            ズザーーーーーッ

  ドッコイショ・・・・・・・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄     (´´;;
     ∧∧∧∧        (´;;
  〃 (>_<*)Д-)
 〃 ⊂(。(。 つと| グィッ
   〃  > y ) /〜))
      .し'し' U


何見てんだゴルァ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
  パ  ∧∧ ∧∧  パ
  ン (n。n*)゚Д゚)  ン
     (.ノ(し⊂ニノ ))
ミナイデェ > y ) /≡〜
     .し'し' U


321 :名無氏物語:04/03/12 23:32
『閑居未嘗一日無客。』 未の下に二点と無の下にレ点と一点のくっ付いたヤツがあります。
書き下すと『閑居未だ嘗て一日として客無くんばあらず。』

『・・・一日として・・・』の『として』がどうしても出てきません。なんで『として』なんですか?
『・・・一日も・・・』ではいけませんか?

どこで聞いても答えが出ません。ココだけが頼りです。漢文の神様お願い!

322 :名無氏物語:04/03/13 21:58
doradoradorararara!

323 :_:04/03/14 01:31
>311,312 は、312の質問見る限り超初心者なので、

12/21 PM8:00

↑コレが知りたかっただけではないか、と。
312の質問は、全てあんたの持ってる文法書に書いてあるから読め、と。
読んで分からないなら、ここで質問に答えても、わからんよ。多分。

324 :名無氏物語:04/03/15 03:22
>>321
マルチ(※のスレで回答済み)

http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1070305805/373
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1063373881/321
※ http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1023774379/622

325 :名無氏物語:04/03/17 12:37
『閑居未嘗一日無客。』 未の下に二点と無の下にレ点と一点のくっ付いたヤツがあります。
書き下すと『閑居未だ嘗て一日として客無くんばあらず。』

『・・・一日として・・・』の『として』がどうしても出てきません。なんで『として』なんですか?
『・・・一日も・・・』ではいけませんか?    

326 :名無氏物語:04/03/18 12:09
マルチの指摘の次にもう一度貼るとは、見上げた根性だw

327 :名無氏物語:04/03/19 23:19
>325 本人は終了レスしてたから、今貼ってるのは別の低能でしょう。

328 :名無氏物語:04/03/22 09:29
>>325は低能

329 :名無氏物語:04/03/22 09:36
>>324
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1023774379/622
「academy3」鯖で、回答ですか?

330 :名無氏物語:04/03/22 09:36
今だ!セクースしながら330ゲットォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      
        ∧∧
       (゚Д゚ )           (´´
アアン !  ∧∧⊂  ヽ/       (´⌒(´
   ⊂(>o<*⌒ `つ つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
      し' ̄ ̄   (´⌒(´⌒;;
            ズザーーーーーッ

  ドッコイショ・・・・・・・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄     (´´;;
     ∧∧∧∧        (´;;
  〃 (>_<*)Д-)
 〃 ⊂(。(。 つと| グィッ
   〃  > y ) /〜))
      .し'し' U


何見てんだゴルァ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
  パ  ∧∧ ∧∧  パ
  ン (n。n*)゚Д゚)  ン
     (.ノ(し⊂ニノ ))
ミナイデェ > y ) /≡〜
     .し'し' U


331 :名無氏物語:04/04/11 01:29
100位のスレッドにカキコ!

332 :名無氏物語:04/04/11 01:29
age

333 :名無氏物語:04/04/11 01:31
333

334 :名無氏物語:04/04/11 23:54
花といえば桜、山といえば比叡山。
寺といえば何でしたっけ?祭といえばなんでしたっけ?

335 :m(_ _)m:04/04/15 01:16
当方全くの不勉強者でして、以下の文章(古典からの引用ではございません)
が理解できません。
教養溢れる御親切な方、教えていただけませんか?


女人数多在
安不可信得
先々如心可
来而不能認

336 :名無氏物語:04/04/15 14:43
>>335

女人はあまた在り→女は沢山いる。
いずくんぞ得るを信ずべからざる。→どうして得られることを信じれないのか。
「先々如心可」この一句、うまく読み下せません。
来たりても認むるあたわざる。→(女が)来てもそうだと認められないだろ。

337 :336:04/04/15 14:50
>>335
これは日本人の詩ですね。平仄押韻がなされていません。

338 :名無氏物語:04/04/15 22:31
詩ですらない。

単なるjokeだろう。

339 :335:04/04/15 23:30
>>336-338
誠に誠にありがとうございました。<(_ _)>
仰るとおり、日本人の恐らく中年男性が女性の多いスレに
出没した名無しをからかったか、馬鹿にした詩です。
本当にありがとうございました。

340 :340:04/04/15 23:44
古文の寝るの読みはなんと読むのでしょうか?
あと、それが何行何活用か教えてください。。

341 :おるがん:04/04/16 00:22
古典一のワークに出てきたのですが、「難る」という形容動詞は、
どう読む(発音する)のでしょうか??
色々調べてみたのですがわかりません。
どうか、ご存知の方いらっしゃったら教えてください。

342 :_:04/04/16 17:05
>340
初級編 ナ行に活用する。終止形はウの段だよな?

つまり終止形は「ぬ」が正解。あとは辞書引いてみれ。

>341
中級編 「難、畏憚也」と字彙にあるので「はばかる」が正解。


343 :おるがん:04/04/16 23:25
>342
ありがとうございます!!
そんな風に読めるのですね。
もうひとつお聞きしたいのですが、「はばかる」って動詞ですよね?
ワークの音便についての項で、『形容動詞の連体形に推量の助動詞めり等が付くとき、
撥音便になり最終的に「ん」が落ちる。』という説明があり、その例で、
難るめり→難んめり→難めり
とあったのですが、形容動詞の「難る」なんて存在するんでしょうか?
不思議です。知っていたら教えてくださいm(_ _)m


344 :_:04/04/24 00:40
>343

それは、形容動詞でなく形容詞「かたし」じゃないですかね?

  かたかるめり → かたかンめり → かたかめり

なら普通に見かける気がしますが……
形容動詞……
はて?(。ヘ°)

345 :名無氏物語:04/04/26 00:18
源氏物語の出だし「いづれの御時にか」なんですが
何故紫式部はこの表現を選んだのかという説明お願いします

346 :名無氏物語:04/04/26 00:40
形容動詞の連用形「〜〜に」と名詞+格助詞「に」の違いが分かりません・・・
何卒、ご教授ください。

347 :名無氏物語:04/04/26 01:41
>>345
恐れ多くも天皇の御子を主人公にした物語の書き出しなんだから、実在
の人物(それも存命中の)をモデルにしている、などと言われたらまずい。
だから「この物語はフィクションであり(ry 」と言うために、あえて御世を
ぼかしてこの表現を用いたんじゃないかな。

348 :名無氏物語:04/04/26 02:22
>>345
具体的な時代設定を朧化させつつも
事情を知る語り手が物語るという表現をとることによって
これから始まる物語に一定のリアリティを持たせるため。
「何時、(どこに)、誰々がいました」という書き出しは物語の基本。
その上で
長恨歌「後宮佳麗三千人、三千寵愛在一身」などの表現を踏まえているか。
天皇で時代を設定するのは宮中を中心とした物語を考えているから。
今思いつくのはこれ位。

図書館に行って古典体系とかの解説を読めば書いてありそうだよ。

349 :_:04/04/26 18:47
>346
便宜的に見分けるには、上に修飾語をつければよろしい。
かたや用言、かたや体言。

よって、
 A(形容動詞の場合)  副 詞/形容詞(連用形)+形容動詞
 B(名詞+「に」の場合)形容詞(連体形)    +名詞+「に」

となることが予想される。つまり、こんな感じ。
     副詞 +形容動詞「綺麗だ」
 Aの例「とても 綺麗に」 
 (とても学校だ、とは言わない)

     形容詞(連体形)名詞+「に」
 Bの例「美しい     学校に」
 (美しい綺麗に、とは言わない)

古文なら、「いとたいらかに」はA、「清けき月に」はB。
okkwwwwwww?

350 :名無氏物語:04/04/26 19:23
今だ!セクースしながら350ゲットォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    
        ∧∧
       (゚Д゚ )           (´´
アアン !  ∧∧⊂  ヽ/       (´⌒(´
   ⊂(>o<*⌒ `つ つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
      し' ̄ ̄   (´⌒(´⌒;;
            ズザーーーーーッ

  ドッコイショ・・・・・・・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄     (´´;;
     ∧∧∧∧        (´;;
  〃 (>_<*)Д-)
 〃 ⊂(。(。 つと| グィッ
   〃  > y ) /〜))
      .し'し' U


何見てんだゴルァ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
  パ  ∧∧ ∧∧  パ
  ン (n。n*)゚Д゚)  ン
     (.ノ(し⊂ニノ ))
ミナイデェ > y ) /≡〜
     .し'し' U


351 :名無氏物語:04/04/27 20:20
十訓抄・行成、実方のために冠を打ち落とさるる事の『実方をば中将を召して「歌枕見てまいれ」とて、陸奥守になしてぞつかはされる。やがてかしこにて失せにけり。』はどう訳すんですか?

352 :_:04/04/28 01:11
冠を打ち落とした実方
平然と拾った行成

それを見ていた天皇の台詞ですな。
「実方をば         (実方について)
 中将を召して      (中将の役職を解いて)
 『歌枕見て参れ』とて (「歌枕を見てくるように」という名目で)
 陸奥守になしてぞ  (陸奥守の役職につけ)
 つかはされる     (なさった)
 やがて         (その後すぐに)
 かしこにて       (かしこ(彼処)=陸奥で、(ここで、この文の主語は実方とわかる))
 失せにけり       ((実方は)死んだのだった)」

要するに、宮中なのに、しかも風流を旨とする歌人なのにブチ切れした実方が、
風流を愛する天皇によって、罰同然の人事で左遷され、そのまま任地で死ぬと
いう当時としては哀れな死に方をした……という話。 
 


353 :受験生:04/05/01 02:09
傷仲永の訳、分かる人いませんか??
ほとんど訳せませ。訳したところも、はっきり言って全然自信がないです。
分かる人いたら、お願いします。

354 :_:04/05/01 11:10
>353 何度も言ってることだけど

   原  文  を  出  し て く れ 

無用なトラブルを避ける意味でもな。
「面倒だ」というなら、訳を書く方が面倒だよ。

『宋代の詩人王安石の詩で、底本が何(かはわからないにせよ)こういう本
 文で……』という風に、きちんと引用して質問すれば、回答は早いと思う。
上のような頼み方だとスルーされるのがオチだと思う。老婆心ながら忠告。

355 :受験生:04/05/01 18:24
すいません。。ε=(。・д・。)えっと〜〜。
王安石が書いて、金けいの民方仲永、世よ隷耕す。っていう本文で最後は衆人偽るを得るの巳ならん
やと。ッて言う文です。

356 :名無氏物語:04/05/01 19:08
>>355
原文を出すと言うなら、これぐらい貼ってから質問してくれませんか?
ネットで検索すれば案外出てくるものですよ?

傷仲永 宋 王安石

金谿民方仲永,世隸耕。仲永生五年,未嘗識書具,忽啼求之。父母異,借旁近與之。即書詩四句,
并自為其名。其詩以養父母、收族為意,傳一秀材觀之。自是指物作詩立就,其文理皆有可觀者。
邑人奇之,稍稍賓客其父,或以錢幣乞之。父利其然也,日?仲永環謁於邑人,不使學。

予聞之也久。明道中,從先人還家,於舅家見之,十二三矣。令作詩,不能稱前時之聞。又七年,
還自揚州,復到舅家,問焉。曰:「泯然?人矣。」

王子曰:「仲永之通悟受之天也。其受之天也,賢於人材遠矣;卒之為?人,則其受於人者不至也。
彼其受之天也,如此其賢也,不受之人,且為?人。今夫不受之天,固?人;又不受之人,得為?人而已邪?」


357 :名無氏物語:04/05/01 19:17
>>356
「?」が多くてよくわからん!


358 :名無氏物語:04/05/01 19:26
…とか偉そうなこと言っときながら、文字が化けてますな。すいません。

三行目 日?仲永環謁於邑人 【手へんに反】
五行目 曰:「泯然?人矣。」 【よんがしらのシュウ】→衆
六行目 卒之為?人 【よんがしらのシュウ】→衆
七行目 且為?人 & 固?人 【よんがしらのシュウ】→衆

359 :名無氏物語:04/05/01 19:28
七行目 得為?人而已邪? 【よんがしらのシュウ】→衆

以上です。

360 :名無氏物語:04/05/01 19:31
今だ!セクースしながら360ゲットォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    
        ∧∧
       (゚Д゚ )           (´´
アアン !  ∧∧⊂  ヽ/       (´⌒(´
   ⊂(>o<*⌒ `つ つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
      し' ̄ ̄   (´⌒(´⌒;;
            ズザーーーーーッ

  ドッコイショ・・・・・・・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄     (´´;;
     ∧∧∧∧        (´;;
  〃 (>_<*)Д-)
 〃 ⊂(。(。 つと| グィッ
   〃  > y ) /〜))
      .し'し' U


何見てんだゴルァ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
  パ  ∧∧ ∧∧  パ
  ン (n。n*)゚Д゚)  ン
     (.ノ(し⊂ニノ ))
ミナイデェ > y ) /≡〜
     .し'し' U


361 :356:04/05/01 20:22
責任取りがてら、勉強がてら、未熟ながらも書き下し。

仲永を傷む

金谿の民、方仲永,世に隸耕す。仲永の生まれし五年,未だ嘗て書具を識らず,忽に之を啼求す。
父母、異とし,旁近を借し之に與う。即ち書詩四句,并せて自ら其名を為す。
其の詩、以て父母を養い、族を收め意を為し,一秀材を傳え之を觀す。
是れ自り、物を指して詩を作りて立ちどころに就き,其の文理皆觀る可き者有り。
邑人、之を奇とし,稍稍と其の父を賓客とし,或いは錢幣を以て之を乞う。
父の利は其れ然る也,日に仲永を【手へんに反】きて邑人に環謁し,學ばしめず。

予め之を聞くや久し。明道中,先人に從いて家に還し,舅家に之を見す,十二、三たり。
詩を作らしめ,前時の聞稱するあたわず。又七年,揚州自り還し,復た舅家に到りて,焉を問う。
曰く:「泯然として衆人たり。」

王子曰く:「仲永の通悟するや、これ天に受く也。其れこれ天に受くも,賢や人材に遠し;
これ卒して衆人たる,則ち其れ人に受くるは至らざる也。
彼、其れこれ天に受くも,此くの如く其の賢や,これ人に受けざりて,且つ衆人たる。
今夫れこれ天に受けざる,固より衆人たり;又これ人に受けざる,衆人たるを得て已まん邪?」

諸賢のツッコミを乞う。

362 :受験生:04/05/01 22:14
おお。ありがとうございました。こんな漢文の、hpがあるんですか??
書き下し文や、現代語訳ものってますか??

363 :名無氏物語:04/05/01 22:56
「傷仲永 金谿民」を、Google検索すれば、原文は見つかります。
残念ながら、書き下しや現代語訳は見つけられませんでした。

364 :名無氏物語:04/05/02 05:51
>>361
忽に之を啼求す→忽ち啼きて之を求める
即書詩四句→即ち詩四句を書し
以て父母を養い、族を收め意を為し→父母を養い族を収めるを以て意となし
物を指して詩を作りて立ちどころに就き→物を指して詩を作らば立ちどころに就(な)り
予め之を聞くや久し→予、之を聞くや久し(釣りでつか?)
之を見す→之に見(まみ)ゆ
詩を作らしめ→詩を作らしむるも
「令作詩,不能稱前時之聞」は逆接。
「還自揚州」の「揚州自り還し」の読みは疑問
仲永の通悟するや、これ天に受く也。→仲永の通悟は之を天に受ける(もの)也
賢や人材に遠し→人材より賢なるは遠し
衆人たる,→衆人となれば
人に受くるは→人に受くる者には
此くの如く其の賢や→此くの如く其れ賢なり。
これ人に受けざりて,且つ衆人たる。 →これを人に受けずして且(まさ)に衆人とならんとす。
衆人たるを得て已まん邪?→衆人となるを得るのみならんや?

365 :名無氏物語:04/05/02 09:00
一年365日

366 :名無氏物語:04/05/02 09:01
今年は366日

367 :名無氏物語:04/05/02 10:52
>>364
ありがとうございました。目から鱗がまた一枚…

368 :受験生:04/05/02 11:11
ありがとございました。これで、授業の予習もばっちしです。


369 :_:04/05/02 22:57
かすかーな、記憶で、少しフォロー…

>356
1)一行目の「世隷耕」は、「世々隷耕」、ではなかったか?「代々の農家の家で…」だった気が…。

2)「仲永の生まれし五年」→「仲永生まれて五年」、だと思う。「五歳の時」つーこったな。

3)要するに「才能だけに頼って、人から学ばないヤツは結局駄目」つー話だったと思う。多分。


370 :受験生:04/05/03 00:22
みなさん、ありがとうございます。てか、なんで、こんなに覚えてるんですか??
みなさんは、先生なんですか??

371 :名無氏物語:04/05/03 01:38
>>369
そうそう、「世隷耕」は「世々耕に隷す」。まあ代々お百姓モトイ、農家だったわけだな。
で、こんな家系から天才が生まれた、という前フリ。
<之を見す→之に見(まみ)ゆ>は「之を見る」でいいのかも。自己レスすまん。

で、手元の資料では「傳一秀材觀之」は「傳一郷秀才觀之」になってた。
(唐宋八家文の最終部分だね)
一郷の秀才(材)に伝えて之を観しむ、の方がいいね。
つまり、村の学問のある者にこれを見せた、ってことかな。

「才能だけに頼って、人から学ばないヤツは結局駄目」
で、才能があってもこうなのだから、才能もないのに人から学ばないのヤシは
フツーの人にならざるを得んだろ、ってなわけ。

受験生さん、いい加減なレスでごめんね。がんばって。

372 :受験生:04/05/03 09:53
みなさん、たくさんありがとうございました。
ベテランになると、レ点とか、返り点なしで、書き下し文にできるんですか??

373 :名無氏物語:04/05/03 19:30
>>372
>ベテランになると、レ点とか、返り点なしで・・
まあ、商売だからね。書き下してあとで(人のために)返り点附けることはあるよ。
返り点はみんな最初に誰かが白文をそのまま読んで、あとで附けているんだよ。

ここは具体的な質問スレだから、勉強の合間の雑談は
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1078967335/l50
ここを使ってね。じゃあ、がんばってねー。


374 :名無氏物語:04/05/03 23:37
杜甫の「絶句 二首其の一」の押韻がよくわからなくて…
お願いします。


375 :受験生:04/05/04 00:09
分かりました。ありがとうございました。

376 :_:04/05/04 01:18
>374 そのタイトルだと山のようにあると思われ…

とりあえず、初句、二句、四句目の最後の文字を書いて海松。

377 :名無氏物語:04/05/04 02:03
>>374

遲 日 江 山 麗 ,
○ ● ○ ○ ●
支 質 江 刪 霽

春 風 花 草 香 。
○ ○ ○ ● ○
真 東 麻 皓 陽

泥 融 飛 燕 子 ,
○ ○ ○ ● ●
斉 東 微 霰 紙

沙 暖 睡 鴛 鴦 。
○ ● ● ○ ○
麻 旱 ゥ 元 陽

五言絶句、正格(仄起式)、韻は平声陽韻。これで宜しいでしょうか?

378 :374:04/05/04 22:17
有難う御座いました!!

379 :名無氏物語:04/05/05 20:10
えっと。sage推奨かどうか分かりませんので失礼ながら謹んでageさせて頂きます

出展は伊勢物語第40段「すける物思ひ」からです。
ひとまず本文を書かせて頂くと

 むかし、若きをとこ、けしうはあらぬ女を思ひけり。さかしらする親ありて、
思ひもぞつくとて、この女をほかへ逐ひやらむとす。さこそいへまだ逐ひやらず。
人の子なれは、まだ心いきほひなかりけれは、とどむるいきほひなし。
女も卑しけれはすまふ力なし。さる間に思ひはいやまさりにまさる。
俄に親この女を逐ひうつ。をとこ、血の涙をながせどもとどむるよしなし。
率ていでていぬ。をとこ泣く泣くよめる。

  いでていなば誰か別れのかたからむありしにまさる今日はかなしも

とよみて絶え入りにけり。親あわてにけり。●なほ思ひてこそいひしか、
いとかくしもあらじと思ふに、真実に絶え入りにければ、惑ひて願たてけり。
今日の入相ばかりに絶えいりて、またの日の戌の時ばかりになむからうじて生きいでたりける。
昔の若人は、さるすける物思ひをなむしける。いまの翁、まさにしなむや。


この文中●「なほ思ひてこそいひしか」とは
「誰が」・「何を思って」・「どう言った」ことを指すのでしょうか?
「誰が」の部分は親ではないかと思ったのですが「言った」といわれても発言は見当たりませんし・・・
「言った」の部分を探すなら男の読んだ句?すると前後の繋がりが混乱してきて・・・

どなたかよろしくお願いします_| ̄|○

380 :名無氏物語:04/05/05 20:12
ageと言いながらsageてる馬鹿ですいません_| ̄|○

381 :_:04/05/06 01:03
>379 全文乙

「なほ思ひてこそひてこそいひしか、いとかくしもあらじと思ふに、」
は一続きですから、親が主語で良いと思います。

「(親は)そうは言っても(息子のためを)思ったからこそ(女を他所にやると)
 言ったので、まさかこんなことにはなるまいと思っていたが、」

ではないでしょうか。何も見ずに書いてるので、自信は余りなしw

382 :名無氏物語:04/05/06 03:02
>>381
有難う御座いました。確かにそう訳せば前後の繋がりもはっきりしますね。
現在は漢文訳の真っ最中です。今日はもはや寝れない・・・
明日テストな高二生の憂鬱でした_| ̄|○ノシではさようなら・・・

383 :つまってます:04/05/06 10:54


「黄師塔前江水東 春光懶困倚東風
 桃花一簇開無主 可愛深紅愛浅紅」
 杜甫の詩で「江畔独歩尋花」

(一束 野生の桃の花、かわいい濃い赤 愛する淡い赤)
って訳そうとしてるのですが
なんか変です。後半がなんか意味が自分でも分からないのですが
どう訳したらいいのか、誰かご指導お願いします。
 
黄色い師ってのも よくわからないのです。
なんか漢詩用の辞書って
漢和辞典以外にあるのでしょうか??
むつかしいです。

384 :名無氏物語:04/05/06 13:10
愛すべし初学者の暗中模索。
白くても黒田さん、赤くても青山さん。

辞書うんぬんよりは、訳つきのやさしい漢詩の本とかを読んで
漢詩を読むカンみたいなものを養った方が近道だと思うヨ

385 :_:04/05/07 23:21
>384さん、なかなか教育的。習おう。
でも、も少しだけヒントを。


「かわいい」→漢字で変換すると「可愛い」 ですな。これはつまり…
「開無主」=「開いて、主無し(咲いたのに、主人は無い)」 →これがつまり…

というわけで、

  「桃花 一簇開イテ主無ク 深紅ヲ愛シ 浅紅ヲ愛スベシ」

難しい所は音読みで良いから、上を読んだ上でこの書き下しを20回朗読すれば
大体意味はわかるんではないか、と。

386 :つまってます:04/05/09 19:13
アドバイスありがとうございます
なんとなく わかってきてるような気がします


387 :名無氏物語:04/05/16 14:37
列異伝の談生をやっていて、訳はなんとかなったんですが書き下し文がさっぱりわかりません。
助けてください。

 談生者、年四十、無婦。常感激、読詩経。夜半、有女子可年十五六、姿顔服飾、天下無双、
来就生為夫婦、言『我興人不同、勿以火照我也。三年之後、方可照。』
為夫婦、生一児、已二歳、不能忍、夜伺其寝後、盗照覗之。其腰以上生肉如人、腰下但有枯骨。
婦覚、遂言曰『君負我。我垂生矣、何不能忍一歳而竟相也?』生辭謝。
涕泣不可復止、云『興君雖大義永離、然顧念我児。若貧不能自存活者、暫随我去、方遺君物。』
生随之去、入華堂、室宇器物不凡。以一珠袍興之、曰『可以自給。』裂取生衣裾、留之而去。
 後、生持袍詣○陽王家、買之、得銭千萬。王識之、曰『是我女袍、此必發墓。』
乃取者之。生具以實對。王猶不信、乃覗女冢、冢完如故。發覗之、果棺蓋下得衣裾。
呼其児、正類王女。王乃信之。即召談生、復賜遺衣、以為主壻。表其児以為侍中。

○のところは目に隹とかいてキ、スイと読む字ですが出せませんでした。
アドバイスお願いします。


388 :名無氏物語:04/05/16 18:48
>>387
「興」字がいくつかありますが、もういちどよく見直した方がよいかも。

389 :名無氏物語:04/05/16 21:28
338さんの蛇足。
「興」を「與」に校字してみてね。

390 :_:04/05/16 23:50
>387
「さっぱり」と言っても、訳ができるなら、

「談生は、年四十、婦(つま)無し。…」
位はわかるわけだろう?

できるとこまでやって、校訂を乞う方が良いと思う。



391 :名無氏物語:04/05/17 00:17
伊勢物語の主人公は何という人ですか?
在原業平なのでしょうか?どなたか教えて下さい。

392 :sage:04/05/17 00:58
>388ー390
ありがとうございます。
訳はなんとかなったと言っても、できる限り意味を取って訳本で答え合わせした程度で
しかも書き下しは最も苦手なので本当にさっぱりと言っていいくらいわかってませんが…
自分でも一通りやってからまた来させてもらいます。

興の指摘も今のところちんぷんかんぷんなので調べてみます!

393 :名無氏物語:04/05/17 03:51
>興の指摘も今のところちんぷんかんぷんなので調べてみます!

あらら。じゃあ、これだけ。與は「〜と」(with)の意味です。
「與A」で「Aと」。「A與B」でAとBと(ともに)。上の文章で言うと、
「我興人不同」は、「われ、人と同じからず」で、オケ。

自助努力でがんばれば、みんな応援してくれますよ。

394 :名無氏物語:04/05/17 03:53
訂正。
上記、「我興人不同」を「我與人不同」に。

395 :名無氏物語:04/05/17 17:19
與=与
と言った方がわかりやすいかも……

>391
在原業平らしき男。

396 :名無氏物語:04/05/17 17:42
>>391
業平の話が多いが、他の人の話題もある・・・
業平に仮託した話も多い・・・

397 :387:04/05/17 19:12
與字について色々と有難うございます。
勘違いでますます書き下しが出来なくなるところでした。
とりあえず>>387の原文を書き下しのようなものにしてみました。

談生は、年四十、婦無し。常に感激し、詩経を読む。夜半、年十五六ばかりの女子あり、
姿顔服飾、天下に二つと無し、来就生為夫婦(1)、言う、『我人と同じからず、
火を以って我を照らすことなかれ。三年の後、はじめて照らすべし。』夫妻と為り、
一児を生む、すでに二歳、忍ぶことあたわず、夜其の寝るを伺いし後、盗み照らしこれを見る。
其の腰より上は人の如き生肉なれど、腰より下はただ枯骨有るのみ。婦覚め、遂に言いて曰く
『君我にそむく。我垂生す、何ぞ一歳忍ぶことあたわずついに照らして見るや?』
生辞謝す。涕泣するも復た止めるべからず、云う『君と大義(?)長く離れると雖も、
しかし我児を顧念す。若し貧しく自存し活きることあたわざれば、暫く我に随いて去き、
まさに君に物を遺す。』生これに随いて去き、華堂に入る、室宇器物つね(orなみ?)ならず。
これと一珠袍以って、曰く『以って自給すべし。』生衣の裾を裂き取りて、これを留めて去る。
後、生袍を持ちてスイ陽王家を詣で、これを買われ、銭千萬を得る。王これを識りて、曰く
『これは我が女の袍、此れ必ず墓をあばく。』すなわちこれを取りて考す(?)。
生實を以って具に対える。王猶お信ぜず。すなわち女の冢を見る、冢完如故。(2)
これをおこして見ると、果たして棺の蓋の下より衣の裾を得たり。其の児を呼ぶと、
正に王女ににる。王すなわちこれを信ず。即ち談生召され、復た遺衣を賜い、
以って主壻と為る。表(?)其の児以って侍中と為る。

1、2はまるごと文章にできず、?の漢字もうまく入れられませんでした。
他にもおかしいところが書ききれないほどありますが、ご指導お願いします。

398 :_:04/05/18 00:11
乙。以下、気の付いたところをつらつらとレス。


1)来就生為夫婦
 漢文では、既出の人名はその一字をとって表される。つまり「生」=「談生」。
 よって「来たりて生に就き夫婦と為る。」と思われ。

・方に=○「まさに」 ×「はじめて」
・生 =○「生まれる」 ×「生む」
・以一珠袍興之 =○「一珠袍を以て之に与ふ」
・生具以實對  =○「生 実を以て具え 対す」

2)冢完如故
 「冢(つか)の完(まった)きこと故(もと)の如し」かな。

・發は「あばく」と読んだ方が良いかと。

・即召談生、復賜遺衣、以為主壻
 =(これは主語を王様に読んで)
   「即ち談生を『召し』、復た遺衣を賜ひ、以て主壻と『為す』」

・表其児以為侍中。
 =(「表」は誤字でなければ、「表す(上申する)」ではないか、と)
   「其の児を表して以て侍中と為す。」

399 :名無氏物語:04/05/18 10:33
>398
本当に助かりました!!
わからないまま漫然とやるよりずっと勉強になりました。

400 :名無氏物語:04/05/18 10:40
では次の方、質問をどうぞ!

401 :名無氏物語:04/05/20 03:40
漢文で

乃チ先ズ納レテ質ヲ於斉ニ〜

乃の意味がわかりません(辞書を学校に忘れてしまいました)
どなたかお助けください。

402 :名無氏物語:04/05/20 04:12
カタカナをひらがなに直した上で↓のどれかへGO!

goo辞書 http://dictionary.goo.ne.jp/ 
infoseek(大辞林+漢字) http://jiten.www.infoseek.co.jp/ 
yahoo(大辞泉) http://dic.yahoo.co.jp/ 

403 :名無氏物語:04/05/20 14:44
>>401
あん、原文が解りませんが、見える限りの意味を忖度すれば
「そこで」というニュアンスでしょうね。
「乃」という接続詞はある種のストレスや屈折を表すと覚えておけば良いです。
「そこで」「やっと」「思いがけなく」「これぞ」などなど。

404 :_:04/05/20 19:02
>401 「乃先納質於斉」か?「乃ち先ず質を斉に納れ」だな?多分。

「スナハチ」には二種類有るのね。

ソクの「スナハチ」(即、則) は、直結@
ダイの「スナハチ」(乃)   は、間接A

と考えると大体良い(必ずとは言わんが)。

@「即」は「即座に」の連想で覚えやすいし、「則」は右側だけ見て「=」マークだとおもっと気。
  例:「君則天也。臣則地也。」(君は則ち天なり。臣は則ち地なり。)
     (君=天、臣=地 つーこと)

  例:「夫子即孔子也、」(夫子は即ち孔子なり、)
     (夫子『というのはつまり』孔子のことである、)

A「乃」は、ガクガク折れ曲がってるから「色々紆余曲折があって」と考える。

  だから、
「乃ち先ず質を斉に納れ」は
「(色々考えて、協議して)そうして人質(?)を斉に差し出すことになった」
とかそんな感じじゃないか?

405 :401:04/05/20 19:20
ありがとうございました!
(学校の宿題で)
十八史略・孟嘗君とかがでてくる文です。
狐の毛皮がどうのこうのと・・・



406 :鏡児:04/05/20 20:30
それだったら「そこで」という和訳が当たったと思います。
少々不安な記憶でありますが。

118 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)