5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

くずし字習得法

1 :名無氏物語:01/10/31 22:41
なんか良い方法あったら出し合おう

2 :名無氏物語:01/10/31 23:27
ふむ、俺も知りたい

3 :名無氏物語:01/10/31 23:30
すらすら読める人がうらやましい。どう身につけたのだ

4 :>3:01/10/31 23:33
大学で習った

5 :名無氏物語:01/10/31 23:38
すらすら読めるか?

6 :とりあえず:01/10/31 23:53
うすっぺらい崩し字辞典を買って、
それを手元にもちつつ、翻刻の出ている和歌かなにかを1週間程読み続けると
少なくともその人の文字は読めるようになりました。
その後に、また別の人の書いた崩し字を読むことを続ける、とやっていると
だいたい読めるようになるはずです。
ただし、しばらく読まないと忘れます。。

7 :名無氏物語:01/10/31 23:56
なるほど。すると楽ということか?今は駄目か?

8 :名無氏物語:01/11/01 00:08
大学で古文書学演習の授業を取得したら、いきなり全員に実物を渡され、ひたすら「読め。」と言われた。
くずし字解読辞典は、「そんな物使えるようになったら、すでに一人前だ。」と言われた。
「二週間ぐらい集中して読めば、誰でも読めるようになる。」と言われたが、オレは挫折した。
いまだに満足に読めていない。

9 :名無氏物語:01/11/01 00:26
早く習得する方法を誰か伝授してください。

10 :名無氏物語:01/11/01 00:59
>>9 60代以上の方と知り合いになる。すると年賀状はじめ、手紙がすべて
古文書で書かれて送られてくるので、嫌でも読めなければならなくなる。
 というのは半分冗談ですが、結局ウマイ方法というのは無いように思います。
まあ何事もそうだとは思いますが。>>6の方が言われている方法でもよいし、
他に例えば西鶴などの影印本(勉誠社などから出ている)と訳注を買ってきて、
ひたすら読んでみるという手もあると思います。辞典類としては、私は日本史系
なので、一冊目は柏書房の『近世古文書解読字典』から入りました。辞典を
入手したら、少なくともまずかなの崩しには全部目を通す。かなの頁を拡大
コピーして目に付くところに貼る。こうして準備が整ったら、有無を言わず
ひたすら原文を読む。200字の原稿用紙を用意して、読めた文字を書き出す。
読めない文字は、空欄のまま残す。最初は、一日に数行も読めません。しかも
穴だらけ。しかし、慣れていくうちに、前後の文脈から空欄の文字が類推できる
ようになってくる。それで見当をつけて辞典を引いてみると、だんだん当たる
ようになってくる。その繰り返しです。要は、最初の一週間を耐えられるだけの
根気があるかどうかですね。ではガムバッテ下さい。おしまい。

11 :名無氏物語:01/11/01 09:14
手本を頼りに自分でも書きまくって覚えましょう
けっこう早くおぼえれますよ

12 :名無氏物語:01/11/01 10:22
最近「妖怪草紙 くずし字入門(柏書房)」を買った。
結構面白かった。

http://www.kashiwashobo.co.jp/cgi-bin/bookisbn.cgi?cmd=d&isbn=4-7601-2092-0&backurl=../pages/genre.htm&backlist=1

13 :名無氏物語:01/11/01 14:28
お茶を習うに限る。

14 :名無氏物語:01/11/01 19:15
「妖怪草紙 くずし字入門(柏書房)」は外人が書いた本だがなかなか
面白い崩し字入門書だな。だが漢字はあまりのってない。

15 :名無氏物語:01/11/05 17:09
>14

作者が妖怪について無知なのは笑った

16 :名無氏物語:01/11/05 19:08
というと?例えば?

17 :名無氏物語:01/11/05 20:37
>>11
「おぼえれる」なんていう奇怪なら抜き言葉を使う人には言われたくない。

それはさておき、
ひたすら読むしかないねえ。「候」とか「事」とか頻出するやつはすぐに
覚えられると思ふ。「致」と「被」などはちょっと慣れれば。変体仮名は
寺子屋の教本で。
あとは数読む。

18 :名無しの権兵衛:01/11/05 21:03
誰ですか

19 :名無氏物語:01/11/06 03:23
とにかく毎日最低一紙以上読む。
最低だよ。
大事なのは毎日。
上にもあったように続けないと忘れる。
とにかく死ぬまで毎日読み続けなさい。
こんなとこに書いてるヒマあったら。

20 :名無氏物語:01/11/06 20:35
毛筆で一字も違わずに書写する。
一冊書写す頃には或程度読めるようになっている筈。

21 :ある程度読める人:01/11/06 23:57
>19
そこまでしなくても読めます。

22 :名無的発言者:02/05/03 19:22
やはり読めなかった

23 :名無氏物語:02/08/29 22:56
 

24 :初心者:02/08/30 01:01
読みやすい作品はありますか?

25 :名無氏物語:02/09/29 02:10
 「初心者向け」としての書き込みです。〜暫定的に目標字数を決めた方が気が楽かも知
れません。だから仮名から始めた方がいい筈。漢字の場合は部首を覚えるのが厄介でしょ
うが、仮名で草略原理に慣れて置けば、当てずっぽうでも半分くらいは正解します(活字
や楷書の漢字を初めから知っている場合)。練習問題付きのテキストとしては、佐野光一
『草書の覚えかた』(雄山閣)あたりが使いやすかったと記憶。

【仮名字源】
 具体的には、変体仮名を含む平仮名の中から頻繁に使うものを百字少々。テキストには
楷書・行書・草書が載っているものを使用(筆順付きなら尚更よい)。
 それぞれの形を比較して、楷書の点画が草略体のどの線に相当しているか類推する。点
画の連続は筆順を明示します。学校で習った筆順に囚われない事。点画の省略はブロック
化して捉える。例えば「え(衣)」の筆文字では、縦画が左払い側に寄ります。その右側
の二画が「省略かつ連続」になる。このまま覚えても構いませんが、私なら四つの部分に
分けます。第一は上部。第二は左払い。第三は縦画から「跳ね」にかけての囲み部分。第
四は残りの二画。こうした見方により点画の相対的位置関係を優先すると、点画の痕跡そ
れ自体が読解のヒントすなわち「場所の記憶」となります。

【連綿分解】
 ただし、字と字の切れ目を間違っては何にもなりません。例えば「をかしき」が「遠可
之支」のくずしで連綿されてある場合、「を」から続く連綿線の最下部は「可」の領分と
なったりします。ここの切れ目を見誤ると初心者は「をの」と読んだりする。「可」のく
ずしが「一」形と「の」形の上下組み合わせになる理由を仮名字源学習で予め覚えて置く
と、誤読の余地が少なくなります。こうした事は「き(支)」「に(尓)」「ま(末)」など
の区別・抽出にも有効。
 切れ目の判別練習には和歌集を使うのが最適。字数が大体決まっていますから、二十首
ほど読めば大雑把な勘所は掴める様になるでしょう。テキストには『粘葉本和漢朗詠集』
や『高野切』など、規範となる形を先に覚えた方が書き癖との区別がしやすくなります。

26 :名無氏物語:02/09/29 03:27
まずは、五七調の和歌であれば、推測しながら読めるので、
古今集あたりから始めましょう(朝日新聞社・冷泉家時雨亭叢書)。
次に、源氏の柏木巻・定家本(複製=雄松堂)。

手元には、『仮名変体集』新典社(350円)を置いて。

27 :名無氏物語:02/09/29 04:52
 初心者用の最強の方法を教えてくれ。
 テキスト・方法を具体的に教えてくれ。
 まず何をしたらいい?

28 :名無氏物語:02/09/30 23:49
 最強の方法…があるなら、こちらも教えて欲しいくらいです。特に、大量入手可能なテ
キストはそう。ここでは取り敢えず、25で挙げたもの以外の「役立った本」を一冊紹介
して、「何が書かれていれば更によかったか」を書き込んでみます。

●齊藤渓石・鈴木不易『書道の学び方』(金園社)
 書店では「生活・実用書」扱い(私のは昭和五十年版)。この本のよい所は、先ず楷・
行・草・仮名を横断的に俯瞰できる点。ただし「なぜこの様なくずし方になるのか」には
全く答えていないし、この程度の事は他の本でも充分に学べる。真価はむしろ「手紙文編」
の方にある。毛筆本文の横に活字ルビが振られているため、読めない字はすぐに確認でき
る。「草書編」や「仮名編」に戻りながら読むと効果的。小学高学年以上向き。
 幕末から明治にかけての木版本が手に入るなら、ルビ付きの本を手当たり次第に見てみ
るとよいかも。古い習字手本では、巻菱湖『假名字源』あたりが初心者中の初心者向き(中
学一年生以上向き)。前掲の金園社本レベルの読解力があるなら、西脇呉石『實用商業文』
(雄山閣、昭和九年)などは候文で書いてあるし、仮名には濁点も振ってあるので読みや
すい(中学三年生以上向き)。古書店で大正・昭和初期の習字手本を適当に二、三冊買い
込めば、現在殆ど出版されていない(?)空白領域は簡単に埋まる筈。

 要するに〜戦前の教育を受けた者なら、十五歳程度にもなれば模範的な毛筆の候文はす
らすら読めた筈。ところが戦後教育では肝心の中間領域を中等教育から排除。初等教育と
大学の古文書学とのギャップがますます広がった。
 そこで、「まず何をしたらいい?」にはこう答えることになります。〜「以下の順番で
読めばよい。」
・大正・昭和初期の習字実用手本
・幕末・明治の習字手本と読本、平安時代の和歌集を五種以上
・個々の専門領域の指導に従った諸々のテクスト

 こんな具合でいかがでしょうか? なお、地方の古文書影印本では釈文に誤読箇所が結
構あったりしますので、このプロセスを踏まずに活字を鵜呑みにすると消化不良を起こす
場合が容易に予測できます。そうした意味で上記プロセスは、読解における免疫的感性の
獲得を一方の目的としています。

29 :2チャンネルで超有名:02/09/30 23:49
http://www.tigers-fan.com/~xxccxxc

女子中高生とHな出会い
  ロリロリ児童とHな?
  2チャンネルで超有名

30 :名無氏物語:02/09/30 23:55
 …続けます。以下は横溝正史『獄門島』(角川文庫)第九章「発句屏風」から。初心者中の初心
者が最初に身に付けるべき方法は、この中に明瞭に含まれている模様。三稿に分けて転載します。

(以下、引用)
 この二枚折りの屏風というのは、(中略)おひなさまの屏風みたいにかわいいやつで、地紙に
は、昔の俳諧書をばらしたらしい、木版刷りの紙が、いちめんにはりつめてある。刷ってあるの
は連句らしいが、妙にひねくれた書体だから、耕助には、「哉」だとか「や」だとかいう字のほ
かは、とんとちんぷんかんである。さて、この地紙のうえには、右に二枚、左に一枚と、つごう
三枚の色紙がはりつけてある。色紙のうえには、いずれも一筆書きで、坊主だか茶人だかわから
ないような人物がかいてある。(中略)さて、これらの肖像のうえには、それぞれ俳句らしいも
のが書いてあるが、これがまたすこぶる達筆ときているので、難解千万なこと地紙の俳諧書以上
である。(中略)
 まず、右上のやつだが、これは上五と下五が、ともに平仮名になっているらしい。――と、そ
こまではわかっても、その平仮名が問題なのである。耕助はしばらく、上五と下五を交互ににら
んでいたが、俳人特有のひねった文字は、さながら、五月雨の泥をのたくるみみずの跡のごとく、
尾頭定かならずで、いっこうちんぷんかんぷんである。耕助はあきらめて、こんどは作者の名前
へ目をやった。すると、妙なことには、その名前とおぼしいやつがふたつある。これは妙だと思
ってよくよく見ると、ひとつのほうの名前の下には、写すという字が書いてあった。これで、は
じめてわかった。その色紙は、作者みずからが書いたものではなくて、なにがし宗匠の句を、別
のなにがしが書いたものにちがいない。ところで、よく見ると、この別のなにがしなる人物の名
は、他の二枚の色紙にも見え、どれにも下に写すという字が見える。すなわち、この三枚の色紙
は、全部同じ人物によって書かれたものらしい。そこで耕助は、三枚の色紙のなかから、できる
だけわかりやすい書体のやつを探し出して、やっとそれを極門と判読した。

31 :名無氏物語:02/09/30 23:57
 「なあるほど」
 と、そこで耕助は満足らしく鼻を鳴らした。極門という雅号は、いうまでもなく獄門島をもじ
ったものにちがいない。してみると、この色紙を書いたやつは、獄門島の住人にちがいない。と、
そこまではわかったが、それだけではなんにもならない。そこで耕助は、いよいよほんとうの作
者の名前を判読にかかる。この名前は平仮名三字になっていて、よく見ると、右の色紙二枚に、
同じような字がある。してみると、宗匠頭巾に十徳という二つの肖像は、やっぱり同じ人間にち
がいない。ところでその男の名前だが……と、苦心惨憺のあげく、やっと耕助が判読したのは
「おきな」という三文字。
 「なあんだ、芭蕉か」
 地下の芭蕉翁にはお気の毒ながら、そのときの耕助の口調には、はなはだ不遜なるものがあっ
た。といって、耕助かならずしも、一部俳人たちが神とあがめる芭蕉のおきなを、軽蔑したわけ
ではなかったろう。苦心惨憺のあげく判読した名前が、あまりポピュラーな名前だったから、気
抜けしたのかもしれぬ。
 さて、それが芭蕉の句だとすると、また、判読のしようがある。耕助はあらためて上五と下五
の平仮名のなかから、「お」という字、「き」という字、「な」という字はあるまいかと、蚤取り
まなこで捜索したあげく、やっとその句を、つぎのごとく判読することができた。
  むざんやな冑の下のきりぎりす
 耕助はこれでやっと、肩の荷がおりたような気がした。こうして一枚のほうがわかると、あと
の一枚は案外すらすらと判読できた。
  一つ家に遊女も寝たり萩と月
 ともに「奥の細道」に出てくる句だから、耕助も中学校の読本で習ったことがある。

32 :名無氏物語:02/09/30 23:58
 こうして右の二枚は首尾よく判読できたが、さて、あとの一枚である。このほうは、肖像から
見ても、芭蕉でないらしいことがわかる。芭蕉はこんなに行儀が悪くない。作者の名前を見ても、
おきなでもなく、芭蕉でもなく、はせをでもないらしい。しかし、こうして右に芭蕉の句がはっ
てあるからには、左のその句も、芭蕉に匹敵するような、昔の大家にちがいない。まさかそんじ
ょそこらの月並宗匠の句を、もったいなくも流祖おきなと相照応するようなことはあるまい。そ
う思って、あれやこれやと、記憶にある昔の宗匠の名をあてはめているうちに、耕助はやっとそ
れを其角と判読した。
 「なあんだ。其角か。ばかにまた、むずかしい字を書いたものだな」
 耕助は不平らしく鼻を鳴らした。それに其角という人物は、師走の橋のうえで大高源吾と禅問
答みたいなことをやらかして、あとで大恥かいたというエピソードで知っているくらいのもので、
句そのものはあまりよく知らないから、それから判読してかかるのは、ちと自信のない仕事であ
った。
 「ええ――と、あのときの発句はなんてたっけな。そうそう、年の瀬や水の流れと人の身は―
―か、それとはちがうな」
 そこで耕助は、記憶のひきだしをさんざんひっかきまわしたあげく、やっと、其角の句とおぼ
しいやつを二、三ひっぱり出してみた。
 「名月や畳のうへに松の影。涼しさはまづむさし野の流れ星。――どれもちがうな。角文字や
伊勢の芒の――あれはどういう句だっけ、伊勢の芒の――ええと――いや、どっちにしてもこの
句じゃない。いったいこれはなんと読むんだろう」
 耕助がやっと読めるのは、「の」という字と「を」という字と、「に」という字だけ、それにさ
んざん頭をしぼったあげく、やっとおしまいの二字が「可那」であるらしいことに気がついた。
すなわちその句は、
  ○の○を○に○○可那
 となるらしいのだが、○のところの漢字らしいのが、どう考えても、わからない。「○」ので
行をかえてあるところをみると、これで上五になるらしく、すると「○」一字で四音になる
漢字――橘の――ちがうなこの字にはヘンがない。――

33 :名無氏物語:02/10/22 16:01
私は大学で日本史学んでるけど
未だに「候」しか読めネエ

34 :名無氏物語:02/10/22 16:08
>>33
候でも読めればたいしたもんだ!

35 :KOTE/419:02/12/16 16:06
あの、書道のスレの者なのですが、ひとつご教示願いたく参じました。
日本における書写体に時代的差異があるのは言うまでも無いことですが、民間の
通俗体において、各時代の<地域的差異>はあったのでしょうか?例えば幕末時、
長州の通俗体が江戸では読めなかったりするような・・ご教示は是非こちらで。
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1002529942/201-300


36 :名無氏物語:02/12/16 19:02
くずし字読解には最終的に高校の古文と漢文の知識が必要になるけれど,
くずし字自体の攻略の前提として,(1)明治以前は仮名と字母漢字の
対応が一対一ではなかったので,複数の字母漢字のくずしパターンを記憶
しなくてはいけない(「は」ー>者,盤,八,...)
(参考サイト:http://www.toride.com/~yuga/moji/kana.html)
(2) 公文書や日記・書簡の文体は漢文体の特定表現パターンを多用していることが多いので,
このパターンを早く覚える必要がある,
の2点が重要かな.

御家流が主流になった江戸時代以降のつづけ字等を趣味で読みたい
のであれば,吉田豊著「寺子式古文書手習い」柏書房1998年刊が
戦後生まれの素人にとっては一番取っ付き易いのでは.
明治維新以後の資料から始めて,江戸の資料に戻るというアプローチは
大学関係者が出してきた古文書解読本では見られなかったもので新鮮.
仮名中心の江戸の草双紙系を読みたいのであれば,同著者の「江戸かな
古文書入門」(柏書房)がお勧め.
前述の公文書・書簡の漢文体の表現パターンを手っ取り早く身につけるには,
林英夫監修「おさらい古文書の基礎 文例と語彙」(柏書房)がベストと思う.
解読全般のハンドブックとしては,この本のネタ本と思われる同監修者の
「新編古文書解読字典」(柏書房)がコンパクトで使いやすい.(つづく)


37 :名無氏物語:02/12/16 19:03
『ロリ』

13歳の若い躰。
幼さを残しながら妖艶な女の性に目覚め始めたばかりの肢体。
男心を魔道に誘う、蒼き血潮の躍動感。
まだ生え揃わぬ痴毛の煌き。
野暮ったさの残るラインとかすかな膨らみ。
男を侍らす、魔性の魅力。
電子の網を、駆け抜ける。
少女の裸体と男の欲望。
ピンポーン。
『インターポールの銭形ですがぁ!』
(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガクガクガクガク

38 :名無氏物語:02/12/16 19:12
>>36
(続き)
大学のくずし字読解実習では,証文系の地方文書のコピー・影印本を解読する
ところから始めるのがオーソドックスだけれど,趣味で気楽に読むのであれば,
江戸時代の寺子屋同様に,一冊を通してくずし方にバラツキが少ない版木物
(往来物,特に小倉百人一首系)あたりから始めた方が長続きすると思う.
特に小倉百人一首の大判の版木物は漢字のくずし方(筆使い)が良く分かり
仮名の読解には最適と思う.

最近の大学図書館では,江戸時代の版木物等の影印本をウェッブ・サイト
で公開しているから,好きなジャンルの資料を選んでダウンロードすればよいのでは.

東京学芸大 望月文庫(往来物コレクション):http://library.u-gakugei.ac.jp/lbhome/mochi/index.html

版木のコンディションの良い小倉百人一首解説本は
http://library.u-gakugei.ac.jp/orai/f014_055.html

東大 霞亭文庫:http://133.11.199.8/cgi-bin/KateiIndex

立命館大 林コレクション等検索:http://www.arc.ritsumei.ac.jp/db1/syoseki/search.htm

最後に,これまでのくずし字解読本は,くずし字を「眺めて」解読という
アプローチがほとんどだったけれど,柏書房の「覚えておきたい古文書 
くずし字 200選/500選」は,くずし字を「書いて」覚える視点(ペン字体
収録)が含まれているのが新味かな.また,駒井鵞静の「つづけ字の知識
と書き方」や「くずし字の知識と書き方」も「書く」側から学ぶアプローチ本として
使えると思う.
因みに,「つづけ字の知識と書き方」には,当該スレが立つことになった
原因の一つと思われる明治の楷書先習の書道教育についても触れている(25頁).


39 :日本@名無史さん:02/12/17 14:13
私が大学時代にやらされた方法
・伊勢物語をコピーする。
・一行づつ切り取る。
・細長くなったものをノートに貼りつけ、その横に現代かなをふっていく。

で、授業の時に持ち回りで発表した。私は物凄い悪筆なので担当教授に
罵倒されたこともありました。
試験では授業で扱わなかったところがでて、どのくらい現代かなで書けるかと
いうものでした。


40 :aa2002020261003.userreverse.dion.ne.jp:02/12/17 18:13






      http://freeweb2.kakiko.com/dengeki/indexs.htm






41 :KOTE/419:02/12/17 19:43
曩過敗鄙責誠不能免不啻妄入尊公掲示板又
sage忽之可謂<逝>矣!鄙伏請大方以一粲
恕之!         KOTE419奉

42 :山崎渉:03/01/11 09:32
(^^)

43 :山崎渉:03/03/13 13:16
(^^)

44 :山崎渉:03/04/17 09:52
(^^)

45 :山崎渉:03/04/20 04:33
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

46 :山崎渉:03/05/28 15:23
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

47 :山崎 渉:03/07/15 12:39

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

48 :山崎 渉:03/08/15 19:00
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

49 :名無氏物語:03/08/16 08:35
ここの質問者はくずし字を習得する前に
ひとさまに教えを請う際の言葉遣いを
習得すべき。現代文がまともに書けない
人間に古文書は読めません。

50 :名無氏物語:03/08/16 16:50
50

51 :名無氏物語:04/05/13 19:55
五月十三日木曜日
院試の為に英語をはじめる。

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)