5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

学生運動って何だったのか

1 :日本@名無しさん:04/05/06 10:32
先日テレビみてたら、全学連副委員長だった藤本敏夫氏について
妻の加藤登紀子がしゃべってるのをみた。かわいそうに藤本。
五年は早死にだったな。

もう立て看板も何もない時代だけど、あの頃の問題は何か解決したか?
石投げてたきみたち、今はなにをしてるんだい?
わしは食えてねえフリーランサーだよ。ニ度目の離婚がちかい。

2 :日本@名無史さん:04/05/06 10:37
その熱気を白けた風に見ていた学生もいたのだろうか?

3 :学生運動/完敗!:04/05/06 10:49
     ||  ___
     ||. /γ\ \ヽ
     ||└/_@└‐》_]       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     || .`(´∀`)0)\   < や〜い、全共闘の生き残りめ!
      |.|  /|日V日|| ̄ ̄ ̄|   \
    (⊃))】.|  |: .|| ━━ |   
        [ニ回ニ.|| ゚  ゚|
        |__人_|| ゚  ゚|  
         |_|_|| ゚  ゚|  
        (__.(_||____.|
赤い思想に 想いをよせて 語り尽せぬ 青春の日々
時には闘い 時には傷つき 議論を交わした あの日・・・
あれからどれくらい 経ったのだろう
逃げる同士を いくつ数えただろう
マルクス主義は 今でも君の心の中にいますか?
完敗! 今、君は人生の 大きな大きな節目に立ち
はるか辛いリストラを 語りはじめた 君に反省あれ!

作詞:小田マコト 作曲:大江ケンちゃん 演奏:よど号グランドオーケストラ
元歌:長渕剛/乾杯!


4 :日本@名無史さん:04/05/06 14:31
大規模な戦争ゴッコ

5 :日本@名無史さん:04/05/06 14:58
>>4
革命ごっこだろ。

6 :日本@名無史さん:04/05/06 15:07
暴れてたのは一部の青二才どもだけだしな。
威勢のいい連中がおメメをキラキラさせながら人権だの民主主義だのとタワ言ばかり喚いていれば、
「お前は反日陣営にまんまと利用されてるだけだよ」と教え諭す事もままならない。

7 :日本@名無しさん:04/05/06 15:28
親戚のおじさんは学生運動やりたかったけどアルバイトで学費稼いでた
貧乏人だったので参加する暇なかったと言ってた。
運動にのめり込んでた人ってお金持ちのぼんぼんが多かったの?

8 :日本@名無史さん:04/05/06 15:41
>貧乏人だったので参加する暇なかった

そうだろうなあ。大学進学率って、
同世代の25%くらいじゃなかったっけ。

>3 ごくろうさん。大した情熱だね。

9 :日本@名無史さん:04/05/06 15:58
学生運動の話題になるといまだに目をキラキラさせるオヤジがいるけど
あれって一体・・・理解不能

10 :日本@名無史さん:04/05/07 16:11
>1
ただの流行だった

11 :日本@名無史さん:04/05/07 17:05
早稲田の集団強姦と同じ。
「ただバカが集団で暴れたいだけだった」

12 :日本@名無史さん:04/05/07 17:34
>>9
朝生で大谷が「男らしさ女らしさとかそういう概念は、我々が学生運動で潰した」とか
うれしそうに語ってたな。
何かしら自分たちが歴史に跡を残したみたいな気分になってるのかな。
宮崎に「潰れてねーよ」と2秒で否定されてたけど。

13 :日本@名無史さん:04/05/07 19:26
うちの大学、まだやってますよ。
もう勘弁してね、イメージ悪いから君たち。

14 :森川信:04/05/07 19:59
バッカだねえホントに

15 :日本@名無史さん:04/05/07 20:33
俺の数年上の世代だが大学のサークル文化会費を活動資金のためと称して持ち逃げした。
自分らの思想のためなら他人はどうだっていいと思ってるやつらばかり
どうせだから隔離されたところで全滅するまで内ゲバでもやっててほしいもんだ


16 :日本@名無史さん :04/05/07 20:37
>うちの大学、まだやってますよ

それは天然記念物ものだ...どこでしょうか。

17 :日本@名無史さん:04/05/08 02:38
法政とかじゃねーの?


18 :日本@名無史さん:04/05/08 02:45
東の法政、西の立命館

19 :日本@名無史さん:04/05/08 03:09
学生運動していた香具師って、だいたい終戦後の食糧難の時代に生まれた香具師でしょ。
だから、栄養失調、カルシウム不足なわけ。
で、角材持って暴れてたと。

あと、影響として大きいのが、日教組などの戦後転向教師。
戦前の軍国教師が、ショックのあまり、多くが戦後一転してアカ教師になった。
で、その影響も大きいのだな。

20 :日本@名無史さん:04/05/08 03:19
東京教育大学もひどかったんじゃないの。

21 :日本@名無史さん:04/05/08 17:17
坂本竜一なんかも学生運動やってたらしい。
音楽的な才能はともかく、今でも言ってることは馬鹿丸出しの糞サヨクだし、
学生運動なんかにのめり込む香具師のメンタリティや知能のほどが
いかに幼稚であるかを如実に証明してくれている。

22 :ツバキ:04/05/08 17:51
大学教育を受ける必要のない人が沢山はいってきて暇だった。当時女性が少なく、
沢山いたらそっちにかまって運動は起きなかった。

23 :日本@名無史さん:04/05/08 19:30
クソ久米モナー

24 :日本@名無史さん:04/05/09 00:06
>>15
早稲田or明治?

25 :日本@名無史さん:04/05/09 00:08
>>17
アカの野放しにしている今の法政はヤヴァいと思うよ。
早稲田や明治がアカを徹底的に取り締まったから、アカい連中が益々法政に集結しつつある。

26 :日本@名無史さん:04/05/09 02:18
法政には貧乏同好会とかなんとかいう輩が居る。
正式名は度忘れしたが、通称「貧乏」と呼ばれる。
そいつらは無断でキャンパス内でのキャンプ生活を敢行したりして、大学当局を悩ませていた。
会員の多くは受験勉強の反動でやんちゃしたいだけの世間知らずどもという感じなのだが、
仕切り役みたいな奴がもろに左翼系の奴で、色々へ理屈を捏ねては自分達の無軌道な行動を正当化している。
多分、オルグの対象を引き寄せる誘蛾灯みたいなサークルの一つと思われ。
大学当局みたいな「体制側」に対して反逆する開放感みたいなものを体験させて、次第に左翼思想に染めていこうという事だろう。


27 :日本@名無史さん:04/05/09 02:34
>>26
>会員の多くは受験勉強の反動でやんちゃしたいだけ

法政レベルに受かるのに受験勉強って必要か?

28 :日本@名無史さん:04/05/09 02:36
それなりに勉強して入った連中は居るだろう。
「貧乏」は、ストレス発散には格好の好餌なのかもそれないよ。


29 :日本@名無史さん:04/05/09 02:37
>>27
時代が違ったのだよ。

30 :日本@名無史さん:04/05/09 02:38
>好餌なのかもそれないよ。×
好餌なのかも知れないよ。
画面すら見てなかった完全ブラインドタッチだったので、うっかり書き込んじゃったよ。


31 :日本@名無史さん:04/05/09 02:38
今なら東大に受かる自信あるんだけどなあ。

32 :日本@名無史さん:04/05/09 02:56
自信があって入りたければ、思う存分受験するがよい


33 :日本@名無史さん:04/05/09 14:09
是非はともかく、あのエネルギーは凄いと思うんだけど…。

34 :日本@名無史さん:04/05/09 17:47
少なくとも、ネットでうじゃうじゃやってはおらんかったわな。

35 :日本@名無史さん:04/05/09 18:35
先輩が大学の先生にどうしてああゆうことをしたんですか?ときいたところ
「貧しかったから」という答だった。ときいた。
父親にその話をした。父は当時地方の夜間の短大の学生。当然昼間はフルタイムで
働いている。祖父は既に他界。祖母も死にかけていた。一人で生きていた父の答は、
「学校の先生は、どうして君たちは参加しないんだ、と煽った。貧しくてそんなこと
をする余裕はなかった。生きて学ぶことで精一杯だった。ただ、正直にいってうらや
ましかった。」


36 :日本@名無史さん:04/05/10 14:09
私大学生の親の平均年収900万円超ですと。
大学へいけること自体、中流以上の層の子弟ですよ。
むかしもいまもね。

37 :日本@名無史さん:04/05/10 16:06
奨学金制度の存在を知らない人が来なさった

38 :日本@名無史さん:04/05/10 17:57
まあ、大学の金持ち坊ちゃん嬢ちゃんの革命ゴッコを取り締まる
高卒機動隊の「金持ちが何いってやがるんだ!」はあったわけで。

39 :日本@名無史さん:04/05/10 18:05
>>33-34
↑必ずこういうこと言い出す馬鹿がいるんだよな、イラクの三馬鹿事件のときもそうだったが。
エネルギーなら暴走族だってある。チャンコロ強盗団だってな。
シナの文化大革命だって負のエネルギーのほとばしり。
要するに
 大 迷 惑
なんだよ。そんなもん正当化するんじゃねえチンカスが!!


40 :日本@名無史さん:04/05/10 20:18
お前ら高野悦子たんでハァハァしてんだろ?

41 :日本@名無史さん:04/05/10 20:20
学生運動ってもう歴史上の出来事?

42 :日本@名無史さん:04/05/10 20:35
昔なら大学に来なかったような頭の悪い層が、進学率の上昇で
大挙して大学に押しかけてきたから。


43 :日本@名無史さん:04/05/10 23:05
>>41
国政を大混乱させた暴動としては事件
民主主義にあるまじき暴挙ということで汚点になりました

44 :日本@名無史さん:04/05/10 23:44
学生運動にもいろいろな側面があったから、無理も無いけど、
よど号やら浅間山荘やらの、もはや学生運動とも呼べない、プロ活動家の運動と混同しては
いけないんだ。
というのも、もともとの学生運動って言うのは、大学の自治や民主化を求めた戦いだったわけだし、
その中には、学費値上げの反対とかも入ってたんだ。
だから、その意味では貧しかったからっていう理由もまったくそのまま反映しているんだ。

45 :日本@名無史さん:04/05/10 23:51
どんな反体制運動も、反日勢力が虎視眈々と乗っ取るチャンスを狙ってくる。
薬害エイズ問題の原告も、最初は被害者救済を訴えるだけの動きに過ぎなかったが、
運動を仕切る連中がどこからともなくまとわりついてきて、今では立派な反日勢力に成長した。


46 :日本@名無史さん:04/05/11 00:44
>>44
> というのも、もともとの学生運動って言うのは、大学の自治や民主化を求めた戦いだったわけだし、

ちょと違う。
×大学の自治や民主化を求めた
○大学の自治や民主化を名目にした
自治会の連中に強制的に署名その他に協力させられた経験からして、
あいつらに民主化をするつもりなんぞナッシングだったと断言できる(w


47 :日本@名無史さん:04/05/11 01:59
だいたい、なんで学生がストをしたのか、と思うね。
ストライキって労働者が資本家に対して行うものだよな。
賃金をもらう者が賃金を払う者に対して行う。
学生は、大学に授業料を払って勉強する立場なんだから、大学に対してストを行うというのは、ちゃんと授業を受けたいという他の学生に対する妨害行為でしかない。


48 :日本@名無史さん:04/05/11 02:28
その後のヤマトブームとかガンダムブームとかと同じ。
革命ごっこブーム。
なんとなく革命ごっこがカコイイ時代だった、としか思えん。

49 :日本@名無史さん:04/05/11 03:18
優香も衝撃なぜか流出!!!!
・カラー
http://uploader.org/adult/data/up1650.jpg
・モノクロ
http://uploader.org/normal/data/up7011.jpg




50 :日本@名無史さん:04/05/11 15:23
>>48
でも、ガンダムやヤマトヲタは他人に迷惑かけるでもなし、実害無いからいい。
学生運動やった連中に救い様ないのは、いまだにあの時代のあのエネルギーがなつかしい、
と目をうるませてほざくキモいオヤジが結構いること。
「あー、馬鹿だったなー。恥ずかしいよなー」とか思っているんならまだ救いはあるんだけどね。


51 :日本@名無史さん:04/05/11 15:33
シャア板的には
「一見かっこいいこと言ってるバカ=シャア」
という評価が固まりつつある。
学生運動にそのまま当てはまりそうだなw

52 :日本@名無史さん:04/05/11 19:04
三島由紀夫は当初こそ敵とはいえ、彼らにある種のシンパシーを抱いていたよう
だけど、全共闘との対話以後は彼らに対しては「彼らは自分達の信じている思想
や革命に命を賭ける程の情熱も無い」と切って捨ててるんだよね。

53 :日本@名無史さん:04/05/11 19:22
戦後の学生運動は、
戦争中は天皇主義、軍国主義の扇動者だったが
戦後たちまち民主主義と平和主義の伝道者に豹変した
教師連中をボコることからはじまった。

54 :ツバキ:04/05/11 19:50
>>42
当たってる。

55 :日本@名無史さん:04/05/11 19:54
>>42>>54
河上肇が大正時代のマルクス主義の隆盛の原因についても
同じこといってる。

56 :日本@名無史さん:04/05/11 20:19
これも日本史…なのか。

57 :日本@名無史さん:04/05/11 20:48
>>56 そうです。

58 :日本@名無史さん:04/05/11 21:09
もっとも、戦前の旧制高校も学生の「赤化」は酷かったようだよ。
特に、四高(金沢)、水戸高校、弘前高校などは有名だったようだ。

戦後の学生運動の前提として、こういう戦前からの流れも底にあるようにも思う。

59 :日本@名無史さん:04/05/11 22:05
マルクス主義は学習能力はあるけど思考能力がない奴がハマる

60 :日本@名無史さん:04/05/11 22:06
――ーr‐――r‐―ー-━━+ッ━━+z━━┬――┐
    .|    .|    :l    .|    │   :|    :|
    .|    .|     l    .|    │   :|    :|
''''''''''''''l''''''''''''''|''''''''''''''冖''''''''''l''''''''''''''l''''''''''''''ヤ''''''''''''| 
    .|    .|     l   .,,,,|,,,、 ..,,,,|,,,  ,,,l,,,   :|
    .|    .|     l  .,/′ `'V’  `'i,illllllllllii,  |
''''''''''''''l''''''''''''''l''''''''''''''广''ケ   ..,゙l、  .,lllllllllllllll广'''l
    :|    .|   _,vk, .゙,illwl、 ゙,,iiiii,,’ ゙゙!!!!!゙° .』
    :|    .|  .,″  .`ョ′  ゙'iillllllllllllii、 │   :l
゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙厂゙゙゙゙゙゙゙゙厂゙゙,   ,,l、   ,l!llllllllllll!゙゙゙゙゙゙厂゙゙゙゙゙゙゙}
    :|   ,,,λ, .゙,,,iiii,,′゙,,iiii,,,`.,,゙゙゙゙゙゙゙、.,,,iiiiii,,,   |
,,,,,,,,,,,,,,__,″  `',illlllllllllli,illlllllllllliil゙.    'lilllllllllllll__,|
: : : : : |: : .ヽ   ,,l!llllllllllll!゙!lllllllllll!゙!,,   ,,゙!llllllllll!″: ゙l
    .|  .,,,iiiiiil,, ゙゙゙゙l゙゙゙`..,,llllllll,,. ,,''─、 .゙゙゙!゙゙’   |  ;
,,,,,,,,,,,、|,,,,、,illllllllllllli_,,l,,,,,,,llllllllllllllll゙   .'L,,,,l,,,,,,,,,,,,,.|
    .|  .゙!llllllllll!゙゜ .|  .゙!lllllllllll!゙r、  ,,/  .|    .|
    .|   : ~厂 ,,,iiiiiii,,. .,,゙゙゙゙゙「、 `''|″  .|    .|
-----レ----rl--,llllllllllllllli"   ゚e-rレ----,il-----ミ
    .|    .|  .゙!llllllllll!゙゚'.,,: : ,,,i´  |    │   :|
    .|    .|   : ゙゚l’  `゚|°   |    .|    .|
-----レ----┼----'l-----'l-----'l-----'l-----イ
    :|    .|    .』    |:    :|    :|    .|
    :|    .|    .』    |:    :|    :|    .|
――‐l――ーセ――''l――ーl――ーl――ーセ――┤
    :|    .|    .』    |:    :|    :|    .|
    :|    .|    .』    ]    |    │   :|


61 :日本@名無史さん:04/05/11 22:28
マルクス主義者に善良且つ頭の良い人間はいない。
頭の良い人間なら間違いに気がつくはずだし、善良なら暴力革命などできない。

62 :日本@名無史さん :04/05/11 22:32
あの頃、学生運動は多くの欧米先進国でも活発だった。
日本の歴史だけほじくり返しても説明つかんだろう。

63 :日本@名無史さん:04/05/12 01:40
韓国では最近盛んだしな。

64 :日本@名無史さん:04/05/12 01:55
>>61
マルクス勉強して出直しな。

65 :日本@名無史さん:04/05/12 01:58
マルクス主義者必死だな

66 :日本@名無史さん:04/05/12 02:00
>>65
マルクス主義者という言葉を知っていても、マルクスを読んだ事もないだろう。


67 :日本@名無史さん:04/05/12 02:01
ありますが何か?

68 :日本@名無史さん:04/05/12 02:09
>>67
読んでいながら理解は出来ていないのだな。

69 :日本@名無史さん:04/05/12 02:13
日本共産党の人達もマルクスなんて読んだ事ないだろう。

70 :日本@名無史さん:04/05/12 02:22
マルクスの理論ではブルジョア革命の後はプロレタリア革命が勃発するらしいけど、そんな革命が世界のどこにも起こっていない。


71 :日本@名無史さん:04/05/12 02:26
ヒッピーVS全学連の血みどろの抗争がテーマの映画とかない?

72 :日本@名無史さん:04/05/12 11:28
>>69
読んでいようが読んでいまいが関係無い。
自分の意見は許されないから。

73 :日本@名無史さん:04/05/12 12:45
>>72

民主制ではなく、民主集中制だからねぇ。

74 :日本@名無史さん:04/05/12 13:42
学生運動に対して紋切り型の簡単な評価は不可能だと思う。
確かに私は共産主義思想は嫌いだ。
でも、その頃を懐かしむ人がいてもおかしくはないと思う。
あれって、「大東亜戦争の時になァ」のじいちゃんと一緒。
あの人達がそういう時を過ごしたのは事実なわけで、青春
のひとコマの思い出となっている。
学生運動史を研究対象とするなら、大島渚あたりの回顧録
を読んでみるのもよいかと思う。

75 :日本@名無史さん:04/05/12 13:53
ひとつは経済の問題が背景にある。
学生運動が起きた国には経済の問題を抱えていたケースが多い。
圧政化の国でも起きているけれど。
ま、だいたいどちらかか、両方だな。
終戦後からの日本の学生の状況は、今よりも、「苦学生」という言葉が
肌で感じられていた。
ベラボーな坊ちゃんや大きな仕送りのあった人は別として。
例えば東北地方の農家の三男坊が秀才だったとする。将来の夢が医者で
みんなの期待を集めたとする。ひとつの選択肢は、あきらめて実家を手
伝うわけだけれど、奨学金を得たりして勉強してやがて大学に入学し、
上京してくる人もいた。

76 :日本@名無史さん:04/05/12 13:58
しかし、実家その他の仕送りでは満足に生活できない。アルバイトを
する。中には雀荘や劇場でアルバイトをし、そちらの道に入ってしま
う者も出てくる。そんな状況下でも「医者になる!」と頑張っている
学生がいる。奨学金といっても学費をすべて充当できるわけではない
し、家賃を払うのもやっと。ごまかしたりしていた。
そんな中、「学生どうしで連帯して、大学当局と折衝しよう!」という
動きが当然、出てきた。

77 :日本@名無史さん:04/05/12 14:07

在日とエタ部落出身者の下心から来た洗脳にまんまと乗せられ、利用されただけ。
縄文以来最低レベルの頓馬世代だよ。

78 :日本@名無史さん:04/05/12 14:09
そうやって組織化が進む中、いろいろな人の思惑が絡んでくる。
純粋に「俺達のために」で運動をする人(>>35さんや>>44さんが
ここに書いているけど)もいれば、ただ何かに取り組みたくて運
動をする人もいた。
加えて、当時の最高学府のトレンドは哲学であり思想であり、中
でもマルクス主義がトレンドとなっている状況でもあった。
戦前にもインテリ層でコミュニストな人はいて、運動もしていた
が特に、戦後はGHQが日本共産党を合法とし、その後レッドパ
ージするなどの一連の動きがあったものだから。
これは学生にも限らず、労働者をまとめる団体にも言えるのだが。

79 :日本@名無史さん:04/05/12 14:17
ただし、勤労者の方は「オトナ」なので、その後は穏健な勢力が覇権す
るなどしていったのだが、大学生はむしろ過激な勢力が目立つようになっ
ていった。
話を本線に戻そう。
この学生の組織化のなかで、共産党員の学生(この辺は坊ちゃんも多い
だろうね)が「学生の権利!」と組織的に動き回っていた。
そうやって、やがて全学連が誕生したのだった。
彼らの幹部がブント(共産主義者同盟:第一次の方)の設立に関わって
いたのも事実である。
<まだ全共闘については話をしていないので注意>



80 :日本@名無史さん:04/05/12 14:27
やがて、団体によっては政治組織化していくようになった。また、
政治組織化することで他者の援助(社会党や中国共産党政府も含
む)を受ける団体も出てくる。あるいは抗争と分裂を繰返すよう
になった。こうやって組織は幾重にも分かれていったのだが、そ
の後70年代になると、安保闘争が再燃する(これより前、全学
連が分かれるまでにもあった)。ここで「全共闘」という形にな
る。しかし、時代は高度成長の真っ只中。主義主張のメインは経
済闘争ではなく、「世直し運動(注釈:彼らの主張によるところ
の)」という政治運動(あるいは資本主義国家に対する挑戦)と
なっていた。

81 :日本@名無史さん:04/05/12 14:35
やがて狂信的な団体、過激な団体の行動が物議をかもし始める。
(このスレに書かれる人の大半が新左翼団体に疑問や怒りを持
つのはこの辺が大きい。)
そして東大安田講堂の攻防に象徴されるように、学生運動は低
調になって行くのだった。
それが証左に2000年頃の大学自治会の大半は、独立系の団
体となっている。


82 :日本@名無史さん:04/05/12 14:40
ということで、できるだけ歴史的分析的にカキコしてみませんか?
思想的に叩きたくなる気持ちは分かるけど、それじゃ日本史板とは
言えないですし。ここの批判レスの大半は政治板か思想板にカキコ
するべきものだと思うんですが。

83 :日本@名無史さん :04/05/12 15:15
>82 うつくしいまとめをありがとう。
先日、ある中世史家の講演を聞いたのだが、質疑で
「現代の悪党行動はなんだと思うか?」と聞かれて、
「全共闘運動ですかねえ」と答えていたのはおもしろかった。
つぶて、という連想かね。

84 :日本@名無史さん:04/05/13 14:36
中世の悪党と比較するのは無理っぽいのでは。
悪党には地域経済での実権があったのだし。
学生はすねかじりだよ。

85 :日本@名無史さん:04/05/13 17:10
>84
まったくだね。
>83
「ある中世史家」って誰?
質問する方もする方だが、答える方もとてもプロとは思えない発言だと思うぞ。


86 :日本@名無史さん:04/05/13 17:36
欧米型国際社会化に反対する、従来からの伝統的なアジア型システム閉鎖社会への愛好だな。
幕末の攘夷運動と同じで、社会の変化を嫌ったんだ。
今のアラブみたいなもんだ。
文革の影響も相当あったろう。

その中世史家は全共闘世代で、肯定派なんだろう。
今の50〜60代に充満している。

87 :日本@名無史さん:04/05/13 18:06
>幕末の攘夷運動と同じで、社会の変化を嫌ったんだ。

金満ゲバ棒学生(皮肉ではなくて本当に中流以上の家庭の学生が多かった)
を志士と一緒にするなよ。
そんなのと一緒にされたらハマスのテロリストなんて「犬死」だぞ。

88 :日本@名無史さん:04/05/13 18:33
>伝統的なアジア型システム閉鎖社会

この手のアジア主義って明治から間歇的に現れるよね。


89 :日本@名無史さん:04/05/13 18:39
幕末の志士だって、封建社会で鬱屈した感情を溜め込んでいた部屋住みの下級武士という輩も多かったんじゃないのかね?


90 :日本@名無史さん:04/05/14 01:11
>>89
そういう人達も多かったでしょうね。有名どころは元農民とか元商人だったりしますが、
大半は武士出身だったともいえますね。
ただ、学生運動を全く同じには捉えにくいわけですね。
直接的には日本史には入らないが、中国の天安門事件も何らかの参考にはなるでしょうね。
イランやアフガニスタンのケースは・・・?

それはともかく、この頃、例えば早大雄弁部などはどういう状況だったんでしょうか。
過激な人達とはやはりハチあわせしないようにしていたんでしょうか。また、主張は?
ちょいと脱線気味だが、気になるので。

91 :日本@名無史さん:04/05/14 04:29
>>90
>中国の天安門事件も何らかの参考にはなるでしょうね。

あのとき、北野武(ノンポリ学生)が「昔の嫌なもん見せられたようだ」とTVで言ってたな。

92 :日本@名無史さん:04/05/14 04:35
天安門事件のリーダーも今や資本主義者だよ。
名前も忘れた、ウーアルカイチーだったかな。

93 :日本@名無史さん:04/05/14 04:38
早稲田の雄弁部で有名人はアレフ代表、元オウムの彼ですね。

94 :日本@名無史さん:04/05/14 08:24
今年55歳の親父曰く 金持ちと暇人の遊びだそうだ。



95 :日本@名無史さん:04/05/14 18:54
今年54歳の親父(早稲田卒)はノンポリだったので革マルvs民青がうざくてしょう
がなかったそうだ。ロックアウトされた時に「授業料分払え」って言ったら殴られた
らしい・・・(親父はアホだな)

96 :日本@名無史さん:04/05/15 01:49
>>92
というか彼の場合、当然、日本における共産主義待望論者とは違う要素もあるわけで。
あれこれと口出しをし制限の多い国家に対する挑戦をした、とは捉えられないか?
それにあの事件を解析する場合、「その時の彼」で考えなければ。
>>94
それは皮肉を語っているのでしょうね。特に70年代以降はいわゆる「世間」の動きか
ら浮いた存在になってしまった側面は十分にあるわけですから。
あの頃、日本の産業を支えたのは小(年配)・中・高卒の「働き者」ですから、その人
達から見れば、「あの人達はお金持ちの子だからあんな事ができるんだ」であるとか、
「こっちはまじめに働いているのになんてこった」となるわけですし。





97 :日本@名無史さん:04/05/15 01:54
かつて、大学教育を受けられるのはほんの一部の人に限られ、また、世間も
彼らをエリートとして捉えていた。
その頃の意識がまだまだ根強く残っていた、という面も学生運動を分析する
上で考える必要がある。
すなわち、彼ら自身もまた、エリートを自負し、その心理が一連の行動に影
響したのである。

98 :日本@名無史さん:04/05/15 01:57
>1

若気の至りでしょ。

99 :日本@名無史さん:04/05/15 02:12
この時代の人のおかげでうちの大学は、大学から要請が内限り警察が内部に立ち入れないらしい。
そのせいで、大学の周辺の治安が非常に悪い。
中核派だのカクマルだの、数年前までは伝統芸能のようにキャンパス内を闊歩してたなぁ。
あの立て看板の独特の字体と色使いも、ちゃんと受け継がれてるよ。
でも最近キャンパスの「再開発」がすすんで、すっかりこじゃれた雰囲気に変わってしまった。
とてもカクマルだのが歩けないような雰囲気。立て看板も立てれないね。
やがて彼らも絶滅するんだろう。

100 :日本@名無史さん:04/05/15 02:20
>>99
「大学の自治権」ってヤツですね。
「うちの大学」なんてものじゃありません。99.9%の大学がそうです。
学長判断で警察を呼んだ某国立大学もありますが、大抵は教授会の了承
がないと難しいでしょうね。

101 :日本@名無史さん:04/05/15 04:20
キャンパスの中に、スターバックスとかマクドナルドとかをいっぱい入れればいいじゃん。
そしたら、ますます角丸は歩けないよ。

102 :日本@名無史さん:04/05/15 04:37
吉牛とかは似合いそう

103 :日本@名無史さん:04/05/15 05:24
今でも過激派が大学に居座っているということは、
即ちサークルの部室を何十年間も占拠しているってことでしょ?
いい歳したおっさんが部室に出入りしているのは滑稽だ。

104 :日本@名無史さん:04/05/15 12:59
経済成長期に咲いたアダバナ

105 :日本@名無史さん:04/05/15 13:09
ついでに原理もいなくなってくれるといいんだけど

106 :日本@名無史さん :04/05/15 15:04
あそこまで戦争で大負けするとね、国民は政府が徹底的に信用できないし、
信用してはいけないといった感覚になるんだよ。
政府に楯突く学生は正しいことをしているように見えるし、そうでないと
政府はまたすぐに戦争への道を走り出しそうな悪寒が国民の心を支配してたんだよ。



107 :99:04/05/15 15:04
>>100
どこの大学もそうなんですね。
ほんとに大学の周りはDQNのスクツで困ってます。
キャンパス内の土地を不法占拠して、家までたてて住み着いてるやつもいます。
自治権とか、そんなのいらないし。
警察でも監視カメラでもいれて、犯罪をきっちり取り締まってほしい。

108 :日本@名無史さん:04/05/15 15:06
刑法犯に対して自治権を盾に警察を入れないのはおかしな話だ。
大学は治外法権ではない。

109 :日本@名無史さん:04/05/15 15:31
終末期の学生運動をテレビで見た人間から言うなら、
当時は大学に入ったら勉強は二の次三の次、何よりも学生運動をやるのが学生の務め、
みたいな空気だったようだ。
それが浅間山荘事件や三菱重工爆破事件で、世間の目が厳しくなった。
この頃から、学生運動をしていると大企業に入社できないという噂が
まことしやかに語られるようになった。事実、そうだったようだ。
これが学生運動を急激に下火にさせた最大の原因だろう。
企業面接で「学生時代何か運動はしていましたか?」と訊かれれば、
その意味するところは学生運動をやっていたかということ。うっかり「ハイ」
などと答えてはいけない、というのは語り継がれた有名な小噺。
しかし日本の学生は不真面目なので、下火になった学生運動に代わって、
今度はテニスやスキーなどの軟派系サークルが台頭することとなる。
スーフリの事件は、その果ての出来事というわけ。
ゆえに、レイプで逮捕されたアホどもは、生まれた時代が違ったら、
いっぱしの闘志になって、ハイジャック事件でも起こして別の形で人生を
棒にふっていただろうってこと。

110 :ひかる ◆bodgOoQOHA :04/05/15 16:50
共産主義者の馬鹿どもと武士を一緒にするな。

一方は立派な人間を演じる俳優だが、一方は真に高貴な者達だ。

111 :ひかる ◆bodgOoQOHA :04/05/15 16:54
共産主義思想は原典的に人間に欠けている。(立派な人達も確かにいたが) 少なくとも現代の全共闘の生き残り、共産党員はその殆どが変質者である。(変質という概念は例外者が一般人たる時、一般人が例外者たる時を言う。)
全共闘の生き残りのあの、妙に柔弱で繊細さを衒い、それでいて図々しく、図太い、いやらしさ。良き感性をねっとりと粘っこく壊す、市井の片隅で蜘蛛の巣を張っている、市井の片隅に隠れ住む間違えた人間達。教養の上塗りの似非教養人。
立派な人間を演じる根本的な俳優。似非貴族。
共産党は現代の政治においてあの人権感覚が唯一その存在を意味付けているが、全く真意のこもらない俳優的行為なので、彼らの存在意義を剥奪したい。


112 :日本@名無史さん:04/05/15 17:59
そういえば、高校のとき「僕らの時代には学生運動があった!今の君たちには、そんな風に熱く打ち込めるものがあるか!?」
とかエラそうにほざいてた狂師がいたなぁ。
あの狂師にとって「運動」したことは決して恥ずべき記憶ではなく
むしろ自慢に足るものだったらしいや。
聞いてる方はみんなポカーンとしていたけどねw

113 :日本@名無史さん:04/05/15 18:05
全共闘白書?とかいうアンケート集読んだら笑えるよ。
ホントにクズばっかりというのが良く分かる。

114 :日本@名無史さん:04/05/15 19:04
>>112 うちの文学の講師(30代半ば?)が言ってたな。
全共闘世代が教育の現場にはいってからいわゆる「管理教育」が強化
されたんだってさ。

115 :日本@名無史さん:04/05/15 19:56
運動の批判するとすぐ「日和見主義」って総括されるしな。
左翼も右翼も全体主義で反個人主義、反資本主義、反自由主義という点では変わらない。
小、中学校で集団の協調が第一の目標とされ、個人の主体性が抑圧されたという点では、
1930年代〜敗戦までのの右翼全体主義期と、戦後の左翼全体主義期はちっとも変わらない。
実際、右翼から左翼に転向した奴は山ほどいるしね。天皇制を認めるか認めないの違いにすぎん。

116 :日本@名無史さん:04/05/15 19:58
共産主義は、「革命的前衛による独裁」だからな。
マルキシズムを極めた「前衛(=全共闘教師)」による独裁=管理教育

アメリカ型自由主義、自己責任を重んじる個人主義は憎悪の対象だ。

117 :日本@名無史さん:04/05/15 20:02
左翼が戦前の軍国主義を非難するのは、キリスト教がイスラム教を排撃したのと同じで、
一神教的な「真理」をお互いに主張して争っているからであって、軍国主義の非寛容性、
全体主義性を批判している訳ではない。

118 :日本@名無史さん:04/05/15 20:05
どっちも日本村社会型の集団主義マインドに合致したから、はやったんだな。

119 :日本@名無史さん:04/05/15 20:08
2.26事件の青年将校と同じか

120 :日本@名無史さん:04/05/15 20:17
>>111

一度でも共産主義にかぶれると、共産主義者独自の習性がつくという
話はあるみたいだよ。

以前、朝生に出てた小田実あたりがその典型だと思うのだが、
大声で相手を罵倒して(恫喝して)、相手の言動を封じるようなことを
平気でするようになるらしい。



121 :日本@名無史さん:04/05/15 20:46
コピペと連カキコと自演で有利な状況を作り出そうとする2ちゃんねらーのようなものか。

122 :日本@名無史さん:04/05/15 21:56
>>120
あと、自分に批判的な言説はすべて反共宣伝に見えたり、
他の学問がブルジョワに奉仕するためのように見える。

典型的なカルト信者の症状だよね。

123 :120:04/05/15 22:27
>>121、122

結局、必要以上に攻撃的になって相手を潰そうとするのが
共産主義にかぶれたことのある人間の習性なんだそうだ。

日本の保守系文化人あたりでも共産主義から転向した人は
割といるようだが、そういう人たちを見ていると過激なことを
言ったり、相手を罵倒するような文章書いていることが多いように
見受けられる。

藤岡信勝、西部すすむ、栗本慎一郎、渡邊恒雄、谷沢永一あたりは
かつて共産主義を信奉していた人たちだが、結構過激な言動を
しているもんね。

124 :日本@名無史さん:04/05/15 23:06
共産主義者やその転向者は知的誠実さがないよね。

125 :日本@名無史さん:04/05/15 23:09
共産主義者は保守主義者に転向することはできるが、
自由主義者にはなれない。


126 :日本@名無史さん:04/05/15 23:50
>>99
京大かな?

127 :日本@名無史さん:04/05/16 00:45
戦前の軍部を含む官僚は共産主義の転向者が多かったからな

128 :日本@名無史さん:04/05/16 00:52
ほとんどの共産主義者はマルクスやレーニンをまともに読んでいない。
マルクスが自分はマルクス主義者ではないと言ったのは有名な話。

129 :日本@名無史さん:04/05/16 01:01
いくらなんでも軍部には転向者はいなかっただろ。

130 :日本@名無史さん:04/05/16 01:03
いただろ

131 :日本@名無史さん:04/05/16 01:08
>128
上段はともかく、下段はあたりまえだと思うが…

自分の名前を冠した思想体系に自分が束縛されちゃあ主従逆転だよ。
自分の名前を冠した思想体系を自分が(好き勝手に)規定する、これが発案者特権という奴で。

132 :日本@名無史さん:04/05/16 02:21
>>128
宗教の教祖はほとんどがそのようなことを言っています。
イエス・孔子・釈迦etc

133 :日本@名無史さん:04/05/16 02:30
>>120

それはハマコーも似たりよったりかと。
そういうところはあまり大差ない。

134 :120:04/05/16 07:14
>>133

ハマコーは知らんが野中広務はかつて共産党と関わりがあった
(国鉄勤務時代か?)という話があるらしい。

>>128

マルクス主義も元々は数ある経済理論の一つなわけだから、
それを絶対視するのはおかしいわな。

旧ソ連が崩壊していった理由には
マルクス主義のみを正統と見なして絶対視し、柔軟性を
失ったこともあったのかもしれん。

135 :日本@名無史さん:04/05/16 07:55
野中は被差別部落出身。
だから基本的に被差別部落や在日朝鮮人など、反日系、左翼系の支援者がついていた。
日本の不景気に音を上げたアメリカが、構造改革を阻む日本国内の朝鮮利権を駆除する際に、
辻元、土井などと共に相次いで失脚。


136 :日本@名無史さん:04/05/16 11:08
マルクスは教祖としてではなく、19世紀の社会科学者の1人と見るべし。

137 :日本@名無史さん:04/05/16 11:27
悪いのはマルクスではなく、レーニンと毛沢東だろ。
レーニンなんて策略、陰謀大好きのとんでもない奴だよ。

138 :日本@名無史さん:04/05/16 12:08
>134
おーい、旧ソ連の思想正統は「マルクス主義」じゃないぞ。
「マルクス主義」というモノはあまりにも広範に分化しすぎてて
「〜のみを正統とみなして」なんていう言い方に用いるには不適当。

「マルクス=レーニン主義」とか、もうちょっと限定した物言いをしないと
曖昧模糊としたアカ叩き厨と一緒にされかねんぞ。


139 :日本@名無史さん:04/05/16 13:03
いつから思想スレになっちゃったんだ?
歴史板に書かずに、思想板に逝ってよ。

140 :日本@名無史さん:04/05/16 13:13
>>109
>当時は大学に入ったら勉強は二の次三の次、何よりも学生運動をやるのが学生の務め、
みたいな空気だったようだ。
>>97にて指摘の「エリート意識」というものですね。
当時、大学というと、今では想像もつかないほど、「エリート」なものでした。
周りも本人達も「エリート」であると信じていました。
最近の「大衆大学」出身者には想像もつかないだろうけど。

141 :日本@名無史さん:04/05/16 14:36
つまり、戦前から戦後間もなくにかけては大学生は本当の「エリート」だった。
ところが、戦後の成長期に大学そのものが増加しあるいは定員が増加し(主として私立大学)、(平均的には)もうエリートではなくなりつつあったのに、大半の大学生が以前の時代のエリート的な思い上がりの気分を持っていた。
この「ズレ」がまさに学生運動の時代だったのではないか。


142 :日本@名無史さん:04/05/16 16:02
ん?70年代には既に進学率は30%でしょ。
十分大衆大学だと思うんだが。
大学生が本当にエリートだったのは戦前だけ。

143 :日本@名無史さん:04/05/16 16:23
>>136
マルクス本人は経済学者のつもりだったが、周りに集まってくるのは教祖と崇める奴ばっかり。

宗教の教祖様は大抵そんなものです。

144 :日本@名無史さん:04/05/16 17:31
>>134

いやいや、大声で相手を黙らせるというやり方は、
別に左翼特有ではない。
いわゆる声のでかいヤツというタイプ。
そこを取り出しても意味はない。



145 :日本@名無史さん:04/05/16 17:36
>>144
共産主義者=左翼ではない

右翼、左翼の意味を判っていないようだな

146 :日本@名無史さん:04/05/16 23:24
>>141
>>142
そうですね。その方が的確な説明ですね。申し訳ない。

147 :日本@名無史さん:04/05/17 08:58
一過性の祭りみたいなもんだろ。
半分以上「流行ってるから」でやってたんだろ。

148 :日本@名無史さん:04/05/17 19:59
>>122なんかは、

あと、自分に批判的な言説はすべて反日宣伝に見えたり、
他の学問が中国朝鮮に奉仕するためのように見える。

典型的なカルト信者の症状だよね。

と書き換えると2chの言説にも当てはまるから不思議だ。

149 :日本@名無史さん:04/05/17 22:14
2ちゃんも学生運動も、そのエネルギーの供給源は同じだから、さ。
視野が狭いことに自分で気づかぬ若者の、
視野の狭さゆえの親世代への反発。 根っこは一緒。

150 :日本@名無史さん:04/05/17 22:53
>>148
たぶん同じだと思うよ。
頭の悪い人が特定の思想に入れ込むとそうなる。
これは古今東西変わらない。

151 :日本@名無史さん:04/05/18 11:00
>141.142
大学進学率30%は、短大も含めであって。学生運動が活発だった
大学は、大都市の有名大学であったという現象は注意すべきかも。
つまり、東京・京都・大阪の国公立大学と一部有名私立大学での
できごとであったこと。
学生運動=前衛闘争論なんてのが出てきたのも、この、大都市の気分が
背景にないと考えにくい。

152 :日本@名無史さん:04/05/18 11:08
変な宗教・思想にハマるのは思考能力はないけど学習能力がある奴

153 :日本@名無史さん:04/05/18 18:00
「変な」思想宗教の定義は単に世の既成権力と利害が一致しなかったこと

154 :日本@名無史さん:04/05/18 18:00
ポパーの「開かれた社会とその敵」を読めば良い。

155 :日本@名無史さん:04/05/18 21:23
>>133
全然違うよ、ハマコーは面白いけど、小田は不快感しか与えない

156 :日本@名無史さん:04/05/18 21:42
テレビのハマコーが深いじゃないのは役どころの問題だろ。
政治家時代は時として不快感をあたえまくりだったぞ。

157 :日本@名無史さん:04/05/18 22:33
>156「ミヤザワケンジくんは人殺しだ」発言を国会中継でもろ見ました。
ずいぶん前のことですな。あんな純ヤクザがご意見番やってるなんて。

158 :日本@名無史さん:04/05/18 23:42
>>157
>ミヤザワケンジくんは人殺しだ
事実ジャン

159 :日本@名無史さん:04/05/19 09:56
>158 デムパか?これは当時の共産党議長ミヤモトケンジのつもりを、
あの「アメニモマケズ」の人とまちがえたんだぞ。
それで失笑を買ったんじゃないか。
それとも、アメニモのひとは、人殺ししたのだろうか。
法華経信者だからなあ。祈伏してるかもしれんわなあ。

160 :日本@名無史さん:04/05/19 10:53
我らの国に 我らは生きて
我らは作る 我らの自由
月日の流れを いつもみつめて
今日より明日へ 道を拓こう
1人の幸福(しあわせ)
皆の幸福(しあわせ)

161 :日本@名無史さん:04/05/19 12:06
この時代のブームだったからだよな。
こいつらだって今の時代に産まれれば
サッカー日本代表のユニフォームを着て
君が代歌ってたさ。

162 :日本@名無史さん:04/05/19 18:04
もちろん、サッカーの応援より、
機動隊との戦争ごっこの方が面白かったさ!

163 :日本@名無史さん:04/05/20 00:45
わしは今でも、米軍放出のアーミージャケットを着て
機動隊とゲバルトやってた神経が理解できない。
日米安保粉砕じゃなかったのか?
なんかファッションっぽかったよな。

164 :日本@名無史さん:04/05/20 01:02
機動隊って、当時はほとんどが高卒か中卒だったんだよな。
しかも、大半が田舎出身でな。
だから、大学生に対しては、ものすごい敵意があったそうだよ。
本当に、殺してやろうというくらいの気持ちだったそうだ。

165 :日本@名無史さん:04/05/20 01:13
ちなみに、韓国の機動隊が学生にやられっぱなしなのは、学生相手の機動隊も学生だから。
つまり、徴兵の学生を機動隊に仕立てて、学生同士で喧嘩させてるの。
これ、ホントの話。

166 :日本@名無史さん:04/05/20 01:13
>>163
実際、ファッション感覚だったといってた人がいましたよ。
学生運動が成功しなかったのは革命の恩恵に授かるのが普通は
その国の民衆なんだけど、彼らはその対象をどこの誰かわからない
『世界市民』にしたから、日本国民にそっぽ向かれた。
そして学生運動の残党が名を変え職業を変え、日本の『世論』
を作ってきたけど、今の日本国民に得体の知れない『世界市民』の為に
汗水流す余裕もないから、朝日や毎日、社民にそっぽ向くのも歴史の
教訓から言って当然の事だって事がわかれば学生運動ってのはそれなりに
価値のあることだったんじゃない?





167 :日本@名無史さん:04/05/20 01:16
>>166
まあ、先進国化の過程で一度はかかるハシカみたいなものか。

168 :日本@名無史さん:04/05/20 01:38
>>164
それは馬鹿左翼の電波にやられすぎ。
機動隊が敵愾心を沸かせてたのは、あからさまに機動隊の隊員を
殺そうとしている学生どものえげつなさに怒ってたんだし。
そう佐々さんも『安田講堂落城』で証言している。

169 :164:04/05/20 01:56
>>168
ごめん、言葉が足らなかった。
いくら機動隊員が高卒でも、真面目に生きている大学生に敵意を抱くはずがない。
「大学生のくせに」暴力をふるっている人間に敵意を感じていたということです。
あなたの言うとおりです。


170 :日本@名無史さん:04/05/20 01:57
60年安保は左翼系進歩的文化人が学生を巻き込んだ文化運動だが
70年安保はかなりチャンバラ運動になってきた。
70年は機動隊員が不足しまくって、質以前に量の確保が難しく
戦後最高の警察官採用枠が有ったのではないかと思う。
チャンバラ学生と低質機動隊の戦いだ。
80年安保は内ゲバ闘争ばかりが目に付いた。
しらけた学生と変人ゲバ学生が違和感とともに同居した。
こういう変人学生は、機動隊とともに公安警察の対象だと思う。

171 :日本@名無史さん:04/05/20 01:58
秋田明大でてこーい。

172 :164:04/05/20 01:59
ただね、最近でこそ薄れたものの、安保当時の機動隊というものはそれはそれは独特の軍隊的な世界だったのです。
漏れは、知り合いに警察関係者がいるので、よく聞かされるのですが、その印象からすれば、高卒以下でないとばからしくてやってられないような世界だったらしいです。

173 :日本@名無史さん:04/05/20 02:06
旧軍的な一種の男臭さがあってかっこいいと思うよ。
日本の警察の黄金期ってあのあたりじゃない?

174 :164:04/05/20 02:09
かもな。
警視庁では長年、マルキが花形だったからな。
特に、1機は誇りが高かった。
昔の近衛連隊か何かの跡地なんだよな、あの部隊は。

175 :日本@名無史さん:04/05/20 02:14
ワールドカップの時に見た、機動隊の旧軍風略帽に出動服は
痺れたね。あの日本的な男臭いデザインはこれからも残して欲しい。


176 :日本@名無史さん:04/05/20 02:18
今でも中東あたりに強い影響力をもってるらしいね。
日本赤軍は。

177 :日本@名無史さん:04/05/20 02:45
赤軍派と全共闘を一緒に語られてもな、困っちまう。

178 :日本@名無史さん:04/05/20 02:53
日本赤軍は世界有数のテロリスト集団
全共闘は革命ごっこ

179 :日本@名無史さん:04/05/20 09:02
>>170
80年安保とは何をさすのか?

180 :日本@名無史さん:04/05/20 11:15
>179
安保の自動更新に伴うゲバ学生のささやかな動き
→違法な公道のジグザグ行進、鉄道車両の占拠、
 さまざまな地下活動などを含めた、社会的に小規模な活動

181 :日本@名無史さん:04/05/20 11:20
>>177
うちらの世代じゃ区別がつかん。

182 :日本@名無史さん:04/05/20 11:41
>180 いやあ、80年安保が一応ことばとして成立してたなんて。
わし、みてたんよ。ジグザグデモ。30人ほどでやってるの。
「なんだこれは?」とすごく不可解に思いながら。
でもわしの大学では、80年に内ゲバでひとり重傷、襲ったやつは
収監されたよ。

183 :日本@名無史さん:04/05/20 11:50
うちの大学では立て看板あるし、入学式の時なんか
メットかぶってマスクした兄ちゃんが校門前に立ってるよ。こわ

184 :日本@名無史さん:04/05/20 19:22
>183 どこよ、上手におしえな。

185 :日本@名無史さん:04/05/20 22:03
法制、明示、立鳴館?

186 :日本@名無史さん:04/05/20 22:29
まあ、今どき左翼団体にオルグされるやつって、たとえ左翼を止めたと
しても次は新興宗教やネットワークビジネスに騙されるんだろうな。

187 :日本@名無史さん:04/05/20 23:24
イラクへ行ってスターになるというのもある。

188 :日本@名無史さん:04/05/21 08:49
今時の左翼団体か...。すごくイタイな。
ところで共産党って、「プロレタリア執権」まだ綱領にあるのか。
あ、日本史板のキミタチは知らないか。

189 :日本@名無史さん:04/05/22 01:16
>>181
もしかしたら>>177は赤軍派に疑問を持ち続けているところの全共闘の元闘士かもよ。
>>184-185
もしかして県名のついているところじゃないの?

190 :日本@名無史さん:04/05/22 09:43
>>178
中核派も有数のテロリスト集団の一つ

46 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)