5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なぜ日本人は発明に向かないのか

1 :日本@名無史さん:04/04/29 18:13
新技術伝来
 ↓
職人が腕を磨き精度を高める
 ↓
新技術伝来
 ↓
旧技術が廃れる
 ↓
(´・ω・`)

2 :日本@名無史さん:04/04/29 18:14
クソスレ発明すんな!

3 :日本@名無史さん:04/04/29 18:23
基本的に、食べ物が豊富だったり病気や災害が稀で生活が楽な土地では、
発明を促す淘汰圧が小さい。
別に必死に発明する必要も無く、楽に暮らせるからだ。

ところが楽に生活できる場所では、人間は退屈してしまう。
だから工芸、文学、芸術、哲学思想などが発達する。

4 :日本@名無史さん:04/04/29 18:34
日本人が発明できないというのが数十年前の偏見臭い。
どこの国でも発明なんて99%の既存の技術と1%の新発想。
日本は島国だから既存技術がある程度まとまった形でやって来る。





5 :日本@名無史さん:04/04/29 18:40
まあ古代文明発祥地や欧米諸国にくらべればショボいが
それ以外の地では日本はかなりすごくないか。
「上みてくらすな、下みてくらせ。」
と言われてるみたいでヤかもしれないが。
でもそんな日本がやたら国力あるから結局1行目みたいな国と比較されてしまう。
不法入国者や不法滞在者の類も呼び寄せてしまうし
そんな大国ぶって世界に影響力など持とうとせず
列島だけでのんびりやった方が良いと思う。
難民や亡命者などは受け入れないで。

6 :日本@名無史さん:04/04/29 18:48
だらやし。

7 :日本@名無史さん:04/04/29 18:48
欧米に比べても劣ってないよ。
日本は技術立国だよ。大体こんな狭い島国で資源もないし農業生産力
も劣ってて、しかも人口も少ない国が、なんで今GNPが世界で2位なんだよ。
発明なしでここまでこれないだろ。

1は、発明を「無から有を生み出す」ことだって勘違いしてないか?

8 :日本@名無史さん:04/04/29 19:06
だが、例えば欧州では17世紀に引退した種子島銃が19世紀半ばまで現役だったという史実は、
日本が発明において欧米に後れをとってる一例だ。
火器の進歩に関しては日本でもさまざまなアイデアを盛り込もうという動きがあったが、あくまで個人的な活動にとどまり、
場合によっては守旧派から命を狙われかねない反発を買っていた村田経芳のような例もある。
村田が明治13年に日本陸軍の制式軍用小銃として世に出した村田銃は、当時の列強諸国軍隊の制式銃を上回る性能を叩き出して関係者の度肝を抜いたが、
そういった優れた才能をスポイルする方向に圧力が働く日本の社会性という問題は存在するだろう。

村田の例で言えば、村田が薩摩藩内で説いた火器とノウハウの改革についての主張は、
藩内の多数派を占める戦国以来の和流砲術家と門下生の反発を買っていた。
日本社会には、儒教の影響を受けた徒弟制度が師匠と伝統に対する批判を理不尽に封じてしまうという問題があると思われる。


9 :日本@名無史さん:04/04/29 21:12
丁度1870年前後は、列強各国にとって軍用小銃の性能向上が非常に大きなテーマだった。
現代で言えば戦闘機の開発競争のように、最先端技術の開発を競っては性能向上に鎬を削っていた。
戊辰戦争の頃に日本に輸入された銃器はアメリカ南北戦争で大量生産された在庫の払い下げ品が主だったが、
それでさえ既に西洋では時代遅れの骨董品扱いだったものが日本では高性能とされて高く売れた。
軍用小銃の性能が団栗の背比べになり、戦局を左右する程重大なファクターではなくなった現代戦とは比較にならない程、
当時の軍用小銃開発競争は激烈な日進月歩をとげていた。
明治の新体制発足後わずか13年で世界の頂点に立った村田銃もたちまち時代遅れになってしまったが、
名だたる列強諸国が技術の粋を競っていた分野で頂点に立つ事ができる程のポテンシャルを江戸時代の間に育んでいた事実を、
日本人はたちまち証明して見せた訳だ。

10 :日本@名無史さん:04/04/29 22:07
日本にも発明家はいた。が、足の引っ張り合いが激しかったり
新規性を重んじる風潮が無かったので潰れることが多かった。

11 :日本@名無史さん:04/04/29 22:22
>>8
銃の発展度合いで、発明・徒弟制度・儒教の是非まで論じるのは少々、
いやかなり乱暴。
戦乱が無いから銃の需要はない。需要のないところに開発熱意もない。
これに勝る説明はないです。

もっと別のもので論じたほうが良いかと。


12 :日本@名無史さん:04/04/29 22:43
一事が万事という言葉もある。書き込みの内容には普遍性があるよう
にも思えるなぁ。

北里柴三郎やここでは多くの批判者がいるが野口英世、ビタミンBの
高木兼寛なども、足の引っ張り合いの犠牲者だったともいえる。
他にも八木アンテナとかあるねー。

これ書いてて思ったけど、もしかしたら俺EM農法とかも「うさんく
さい」と思っているけど、実は凄い発明なのかもね(w 
確かに効果を宣伝している内容は、本当にうさんくさいんだけど…。

13 :日本@名無史さん:04/04/29 22:46
そもそも征夷大将軍とは、夷狄を撃滅する役職の謂である。
260年以上に渡って武士が生産活動に従事する事もなく、平民の生産活動の成果を搾取する事が許されるのは、
有事において平民を防衛する為に命がけで戦う事を義務付けられているからだ。
たとえ戦乱が遠ざかっていても、武士には常在戦場の覚悟が義務付けられている。
一度夷狄の兵器が自己の兵器よりも優秀である事実に接したら、即座に後れを取り戻す為に全力を上げるのが武士の義務だ。
村田経芳以外にも、江川太郎左衛門、高島秋帆など、和流砲術の後れを指摘する識者は数多出現した。
彼等の説く技術革新の為の進言をマトモに取り上げなかった日本社会の病理は、明らかに儒教的な倫理観によって醸成されていたと言える。


14 :日本@名無史さん:04/04/29 23:34
日本人が発明に向くか向かないか、他の国の例を見ないと分からんだろ?

>>13
んなこと言ったって、鉄砲使う相手がいないんだから仕方ねえだろ。
『こうあるべき』論で論じても始まらないよ。
その分、江戸期には刀槍の術が体系付けられて隆盛したのだから我慢しろ。



15 :日本@名無史さん:04/04/29 23:57
>>14
鉄砲が必要になっても、容易に体制を変革できなかったのも事実。
江戸期には刀の流派がやたらと増えた。しかし、関ヶ原以前でも既に刀は
主流を外れ、合戦では槍がもっぱらつかわれた。(鉄砲を除いて考えても)
刀を重視したのは、合戦を出来なくしようとした、江戸幕府の陰謀?

16 :日本@名無史さん:04/04/30 00:13
夷狄が散々新型火器の優秀さを見せ付けているのに、武士階級がのほほんとしている訳がない。
武士たちは本気で攘夷を唱えながら、その一方では和流砲術に固執する愚を犯していたんだよ。
高島秋帆は投獄され、江川太郎左衛門は失脚を恐れて独力で砲術の改善をひそかに進め、
村田経芳は銃床の形状に関する意見の為に命まで狙われていた。
本来は開国派だった佐久間象山にいたっては、開国に必要な改革が一向に進展しない事に絶望し、
一旦西洋の軍隊に煮え湯を飲まされないと幕府の目が覚めないと考えてペリー艦隊との交戦を煽動したくらいだ。

軍事というのは観念が物理力に打ち砕かれる分野だ。
刀槍や火縄銃の技量をいくら極めても、シャスポー銃やスナイドル銃の射撃速度や命中精度には勝てない。
それ故に当時は列強諸国が開発競争に鎬を削っていた軍用小銃こそが、日本の武士や職人にとっても開発に全力を上げなくてはならない分野だった筈なのだ。

村田経芳が命がけで主張していた銃床の形状というのは、現代の小銃でも採用されているような4箇所で銃を支える形状の事だった。
現代の小銃は左手、右手、顔の頬、肩の計4箇所で銃がブレないように支えて射撃する。
ところが種子島以来の火縄銃の銃床は、肩で支える様な形状ではないので、3ヶ所で保持する。
実際に射撃すれば分かる事だが、銃の最後部を肩に押し付けて支えるタイプの方が格段に銃が安定して命中しやすくなる。
薩摩藩内ではこの程度の改善策さえ戦国以来の伝統を否定する邪道と罵倒され、村田は命まで狙われる程反発を受けていた。
薩摩藩が村田の進言を容れて新型銃床を採用する事になったのは、薩英戦争以降の事だ。

17 :日本@名無史さん:04/04/30 04:12
日本はパイオニアに優しい国ではないかもしれんが、それでも尚、パイオニアの出てくる国だと思う。

18 :日本@名無史さん:04/04/30 05:30
平賀源内を語るスレは此処ですか

19 :日本@名無史さん:04/04/30 08:08
>>16
前に刀槍の術を挙げたのは、平和な江戸期には個人の武技を練るので丁度いい
だろうということで挙げた。

あなたの村田銃へのこだわりはよく分かった。
でも、危機感を持ってから当時の最新軍事技術を導入するまでのスピードを
外国のそれと比較しないと、日本の特徴が分からん。
一方のマイナス面を挙げるだけでは比較ができんのであります!


20 :日本@名無史さん:04/04/30 08:16
個人技を高めたところでテロリスト養成にしかならんのでは

21 :日本@名無史さん:04/04/30 08:27
>>20 そういう問題じゃなくて・・・・戦道具そのものが需要がない。 農学などで論じるべきかと

22 :日本@名無史さん:04/04/30 08:42
これは日本史的な見解じゃなく、心理学的な見解じゃないの?はやいはなし!柔軟な思考がない!だけ!

23 :日本@名無史さん:04/04/30 09:13
厳格な徒弟制度ならヨーロッパにもあるよ。

24 :日本@名無史さん:04/04/30 09:14
柔軟な思考がでることはあったが、閉鎖的な村意識の上に儒教思想の蔓延で
そうした芽はことごとく潰されていった。

25 :日本@名無史さん:04/04/30 09:20
欧州の徒弟制度は、日本に比べると合理性に逆行する愚に陥る場合が少ないのではないか。
日本も含め儒教圏では師匠と弟子の上下関係にこだわり過ぎて、高性能な新型銃に眉をひそめて数百年来の火縄銃にしがみつくような非合理に陥る。

26 :日本@名無史さん:04/04/30 09:30
日本人の発想自体がパターン化されてると考えた方が良い。
2chを見れば解かるが、いくつかのパターン化された発想はあっても
独創的な意見というのは出てこない。
頭の中まである意味機械化されている。

27 :日本@名無史さん:04/04/30 10:01
パターン化されていない者も沢山居るだろ。
儒教的な固定観念に捕われた大多数に命まで狙われる危険を冒しながらも合理的な新方式の導入に努めた数多の先人たちの貢献により、
明治13年という時期に日本は早々と最先端分野で世界の頂点に立った。
日本以上に儒教の弊害が顕著だった清国や朝鮮では絶対に不可能な偉業だ。

28 :日本@名無史さん:04/04/30 10:16
そもそも日本は儒教国歌か? 発明が生まれるには、既存知識や技術の伝承、進取の気風や機会、発明にたいする需要が必要。 ヨーロッパで銃の性能が著しく向上したのにはそれなりの背景がある。 銃に詳しい人がいるようなので質問。 鉄砲は誰が発明したの?

29 :日本@名無史さん:04/04/30 10:30
どこの国の職人も頑固だし自分の業にこだわるよ。弟子にも厳しい。 当たり前でしょう。 上下関係に甘くて柔軟な思考を尊重する、日本サヨク教師みたいな職人なんていないよ。いつまで夢見てんだ? 自分で創意工夫するかどうかが大事。

30 :日本@名無史さん:04/04/30 10:51
火薬を燃焼させる際の化学エネルギーを運動エネルギーに転換する兵器としての鉄砲は、支那人が最初に実用化した。
しかしこれは筒に火薬と弾丸を詰め込んだだけみたいな単純な構造なので、発射には火種の確保と点火の手順が必要だった。
引き金等の発射機構を考案して弾丸発射のタイミングに自由度を与えたのは、ヨーロッパ人あたりの発明。種子島に伝来したのは、最も初歩的な発射機構であり、発射のタイミングにはある程度の自由度があったが、火種の確保という課題は解決していないタイプだった。
西洋では18世紀には既にこの問題を解決していた。
銃自体がライターのような火打ち石を回転させるホイールロックという点火機構を実用化したり、
火打ち石をバネの力で叩く事でホイールロックよりもシンプルな構造を実現したフリントロック、
そして最後にはカンシャク玉のように衝撃に敏感な火薬を叩いて点火する方式が19世紀には確立した。
現代の銃も原理はこのタイプに含まれる。
江戸時代にも、火縄銃をこの方式に改良する試みに取り組んだ職人は何人か存在し、村田経芳も殆ど独力で秘かに試行錯誤していた一人。

31 :日本@名無史さん:04/04/30 11:00
西洋の職人は、明らかに非合理な伝統には執着しない。
師匠と弟子の上下関係はあくまで高度な技術を継承する為の手段に過ぎないという認識が確立しているのだ。
一方儒教圏では、合理性よりも師匠と弟子の上下関係が目的化する病理が生まれる。

32 :日本@名無史さん:04/04/30 11:22
>>30
横レスです。
軍用銃における紙カートリッジ(パトローネ)の採用もかなり重要化かと。
定量化の問題ですね。球弾と発射薬を製造段階で紙で包むことにより、銃手による
発射薬量のバラツキを抑え、ある程度の性能を揃えようとした。

33 :日本@名無史さん:04/04/30 11:26
西洋の職人最強伝説! んな訳ねえだろ。 西洋の近代化は職人世界を工場生産が否定するところから始まった。 遠方の職人への妙な誤解や幻想は捨てるべし。

34 :32:04/04/30 11:45
>>33
そうそう。
職人世界を否定する中で、色々な計測技術が発達し、再現性が重視されるようになった。
やはり定量化の問題ですね。
個人的な発明がすぐに普遍化され、普及・改良されていった。

35 :日本@名無史さん:04/04/30 11:52
西洋の徒弟制度においては、ノウハウのマニュアル化を重視する傾向がある。
産業革命以後の大量生産においても、その伝統が品質の安定に寄与した。
日本ではノウハウの継承は弟子の個人的な技量に依存するので、マニュアル化もレシピも極めて原始的な水準に留まってしまった。

38式歩兵銃は現代に到るまでボルトアクション方式の軍用小銃としては世界最高クラスの性能を誇るが、
個々の部品には微妙なサイズの違いが有り、
同じ部品でも別の銃に使われていた部品を他の銃の為に使い回す事が出来なかったという。
日本の軍用小銃の高性能は職人の個人技によって支えられていた一面があるが、
本来なら壊れた部品を、別な銃と容易に交換出来る程に部品を均質化する方向に努めるのが本道だ。

日本の徒弟制度が、技術の継承と普遍化において合理性を欠いていた事に疑問の余地は無い。

36 :日本@名無史さん:04/04/30 12:26
どうしても日本の職人制度に合理性を持ち込みたくない人がいるようだ。 日本の職人技術が現代でも貢献していることを知らないのか?

37 :32:04/04/30 12:42
>>36
いえいえ、そういうわけではありません。
職人というか「匠」としての技は、おっしゃるとおりだと思います。

スレタイとずれてますが、なぜ日本の職人技術が、西洋的な現代化の方向で発展
しなかったのかを議論しているわけで。。。

38 :日本@名無史さん:04/04/30 12:49
技術の高さと非合理性は関係ない。
現代でもTanegashimaと言えば、最高級の火縄銃として前装銃射撃競技の世界ではよく知られている。

39 :日本@名無史さん:04/04/30 12:50
日本人が発明した物を横取りしてゆく奴がいるのです。

40 :日本@名無史さん:04/04/30 12:56
日本の徒弟制度は職人の技量を高めるが、発明の芽を摘む非合理性をも備えている。
最高の火縄銃を作る事は出来るが、新型銃の開発は出来ない。

41 :日本@名無史さん:04/04/30 13:14
西洋とひとくくりに言うけど、一つの国ではない。 新型銃の発明の芽を摘まない、そんなに凄い職人制度を持った国ってどこ?

42 :日本@名無史さん:04/04/30 13:21
つーか、むしろ近代科学→発明のコンボが発展した西欧のほうが異常なんだよ。
ただの発明&職人技なら中国にもイスラムにもあった。

43 :日本@名無史さん:04/04/30 13:22
日本は300の国が寄り集まっていた地域なのだが、その地理的な条件は発明に寄与しなかったようだ。

44 :日本@名無史さん:04/04/30 13:45
それだけ国があったって、別に西欧みたいな大戦争はなっかたけどな。

45 :日本@名無史さん:04/04/30 13:47
国って言っても今の県・郡レベルだろ?

46 :日本@名無史さん:04/04/30 13:50
朱子学は別名性理学とも称し、森羅万象の性質とその関係というものを理詰めで解説しようと試みる学説だった。
コンセプトとしてはレヴィ・ストロースが唱えた構造主義を思わせる。
その理論はかなり論理的に構築されているが、それ故に信奉者の思考が観念的に偏る傾向がある。
その症状の具体例なら、ハングル板でもおなじみだ。
「ウリナラは早くから中華文明によって啓蒙されていた兄の国であり、中華から遠く離れた野蛮なイルボンは弟の国ニダ。だからイルボンはウリナラより劣っているニダ」的な与太話がそれだ。
朱子学的な宇宙観では全ての存在同士に厳格な優劣の差を想定し、序列化している。
序列の尺度で最も重要とされるのは、長幼の序である
弟子が師匠の技術や学説を否定する事は大変な秩序破壊であり、重いペナルティが科せられる。
このような弊害が東洋の儒教圏に蔓延したのとは対照的に、西洋に蔓延したキリスト教は極めて非合理的な価値観を構築した。
その為に長らくヨーロッパでは暗黒時代が続いたが、それが逆に合理的な思考を育む淘汰圧として機能したのではなかろうか。

47 :日本@名無史さん:04/04/30 14:38
西洋の発明はそんなに凄まじく独創的なの? でも新発明の99%は既存の知識や周辺国の技術の流用なんでしょ? 日本の隣があの国じゃなかったらもっといろんなインスピレーションを受けられただろうな・・・・。

48 :日本@名無史さん:04/04/30 14:59
西洋の発明はすさまじく独創的だと言えるだろう。
西洋人が様々な改良を積み重ねた銃や内燃機関は、古代から戦場の主要なユニットであった弓兵、槍兵、騎兵を引退に追い込んで歴史の変革に絶大な影響を与えた。
他にも社会に大きな影響を及ぼした電気技術、コンピュータや無線通信、航空技術なども、実用化に成功したのはことごとく西洋人だ。
日本の職人は、これほどの歴史的影響を社会に与えるような発明を殆ど実現していない。

49 :日本@名無史さん:04/04/30 15:38
西洋まんせーまんせーまんせー

50 :日本@名無史さん:04/04/30 15:41
そんなに悔しがってないで、お前も何か発明しる

51 :日本@名無史さん:04/04/30 17:19
日本刀
にぎりスシ
伊万里焼
肉弾三勇士
航空機奇襲(ビジネスモデル)
八木アンテナ
トラジスタラジオ(ソニーが普通名詞になった)
50CCバイク(ホンダが普通名詞になった)
カンバン方式
ウオークマン
空オケ
... 枚挙にいとまがない。

特許とかで世界一でないのが、悔しいというなら、悔しいが、卑下することは
ない。青色LEDの例に見るように、他人の業績を矮小化しようという国民性は
否めない。1300年来、舶来崇拝思想も根強い。

伊藤家の食卓とか、主婦の発明とか、子供の発明とか、盛ん。
中小企業のオヤジさんの発明も多いらしいが、登録しないから
埋もれてしまう。
オレをあっといわせる発明がないというなら、主観の問題。

これだけ世界にモノを売って、そこそこ国民が食えているのは
独自のノウハウ、知的所有権があるから。
海賊版ばかりではこんなには行かない。

52 :日本@名無史さん:04/04/30 17:43
火縄銃でも最高級なら、買う客は居るんだよ。
日本刀だって、意味においては最高級の刀に過ぎない。
そんな商品では発明とは言えない。
日本人が発明したと言えるアイテムで最も社会に貢献したのは、醤油チュルチュルくらいじゃないかね?

53 :日本@名無史さん:04/04/30 17:45
2000年の古来より大韓の人が分け与えた文化にすがりついてどうにか
生きてきたから
文化の無い倭人は恥も知らず今韓国をバカにしている 恥しい奴等だ

54 :日本@名無史さん:04/04/30 17:51
もしかしてこのスレってチョ○がたてたのか?

55 :日本@名無史さん:04/04/30 17:54
>>51
トランジスタラジオは日本人の発明じゃないけどね。

56 :日本@名無史さん:04/04/30 17:55
平賀源内の悲劇を語るれ

57 :日本@名無史さん:04/04/30 18:00
歴史を歪曲する事以外では何一つ創造性を示さないチョンが何を書き込もうと、
気にせずに放置しる。

58 :日本@名無史さん:04/04/30 18:08
韓国をバカにするっていっても、心の底では韓国依存から脱却しきれてないね<倭奴
アジアを席巻する韓流に倭も流されている ヨン様にキャーキャー言う倭雌の多いこと

59 :日本@名無史さん:04/04/30 18:11
キムチには、隠し味に人糞を加えるそうだ。

60 :日本@名無史さん:04/04/30 18:13
平賀源内はオモチャみたいな仕事ばかりだからなあ…

61 :日本@名無史さん:04/04/30 18:40
良スレになるかと思ったが、とんだクソスレになっちまったな。



62 :日本@名無史さん:04/04/30 18:52
チョンが来るスレは、例外なく糞スレになる。

63 :日本@名無史さん:04/04/30 18:53
前スレ落ちたのか?

64 :日本@名無史さん:04/04/30 19:06
>>1
もともと文化がないからですね
オリジナルがないから人のものを剽窃しあたかも自分で作ったかのように自慢する
アニメとか単にディズニーからアイデアを盗み大韓の美術文化から技術を盗んで
でっちあげただけなのにジャパニメーションとか自称している だまされている国々がかわいそう

65 :日本@名無史さん:04/04/30 19:09
人糞を食材として利用するなんて、チョンもなかなか独創的な事を思いつくもんだな。

もう一生キムチは食べないが、感心したよ。

66 :日本@名無史さん:04/04/30 19:16
なあ、この板初めて来たんだが
腐女子、リア房に浸食されすぎて実質幕末板だな

67 :日本@名無史さん:04/04/30 19:19
幕末ならまだ維新に到る希望が残っている。
むしろ夢も希望もない李朝板だ。

68 :日本@名無史さん:04/04/30 19:41
わざと韓国朝鮮人のふりをして書き込む輩がいるんだろ。
日本人の苦手な分野を直視したくないから、わざわざ日韓対決に
持ち込みうやむやにしようとする目論見だな。

69 :日本@名無史さん:04/04/30 19:46
日本人は、キムチに人糞を混ぜて食べる事が苦手だ。

70 :日本@名無史さん:04/04/30 21:39
嫌韓ウヨクは卑劣だなぁw

71 :日本@名無史さん:04/04/30 22:11
詳しくは知らないけど
特許の数って日本が世界二位じゃなかった?

72 :日本@名無史さん:04/04/30 22:19
そうだよ。
日本人が独創性に欠けるという事はない。
ただ、日本の徒弟制度は儒教の悪影響によって独創的な試行錯誤にブレーキをかける性質を持つというのも、
一面の事実だ。


73 :日本@名無史さん:04/04/30 22:38
社会を停滞させる儒教の弊害というのは、よく指摘されるね。
日本は儒教の影響下にありながら、ギリギリの所で停滞を免れた。
禅と武士道のおかげかな。

74 :日本@名無史さん:04/04/30 22:40
てか徳川は儒教を軸に国造りをしたんだがな

75 :日本@名無史さん:04/04/30 23:21
日本の儒学は学問の一種と考えたほうが分かりやすい。 中身も変質しているし。庶民のなかに見える儒学も本来のものとは離れすぎ。 良くも悪くも日本人は実学が好み。 シュシ学よりはヨウメイ学が好み。

76 :日本@名無史さん:04/04/30 23:48
前に誰かも言っていたが、日本の特許件数は世界でもトップレベル。
それなのになぜ発明下手というイメージがつきまとうかといえば、
日本においての技術開発や発明はその大半が複数人の手によってなる
集団作業であり、個人の功績というものがなかなか表に出てこないからだ。
アメリカのように個人発明家が莫大な資産を得るというような社会構造には
幸か不幸か日本はあてはまらない。
日本において「発明家」という言葉には若干の揶揄すらこめられている。
結論:日本人は発明べたに見えるが、日本社会は技術物産面で無数の発明発見を
なしている。
そもそも、技術分野で日本が独創性のない国だなどという国は日本と
中国、韓国くらいなものだ。

77 :51:04/05/01 00:17
>>55
そうかもしれない。
しかし、一時期、ソニーといえば誰でもあのラジオのことと思った。
日本ではそうでもなかったが。特許でなければ発明といわないというなら
それでもよいが、特許をたくさん持っていても、誰も買わないものなら
ナンの意味があるというのだ。特許料かかるだけ。使うから文明になる。
(盛田さんが売りに行って、あのへんから安かろう悪かろうの日本製品が
 そうでもないイメージになった。海外で商売やる人は恩恵を思うべき。
 今はどうか知らないが、ちょっと前まで、海外では関係のない会社でも
 助け合ったものだ。帰国して自分一人で業績上げたような顔する人もい
 ないわけではないが。)
尚、私はソニーにはなんの縁もなく、ま、高いことが多いので買うことも
ほとんどない。マ○シタさんも買わないが。しかしリッパと思う。
また、慢心していいとも言わないよ。

78 :日本@名無史さん:04/05/01 01:15
50ccバイクってそれ発明なのか?

あと肉弾三勇士ってとりあえず無理やり美談にしてしまうという発明?

79 :日本@名無史さん:04/05/01 01:28
韓中は倭にとって兄と親であるゆえ できそこないの末弟及び愚息には厳しいのだ

80 :日本@名無史さん:04/05/01 02:06
厨が必死に韓国人のフリしてスレを潰すの図w

81 :日本@名無史さん:04/05/01 02:17
何故そんな事をする奴が居るだなんて思うんだ?
別にここでそんな真似をする動機は無いだろ。

チョンが日本を中傷するのは、ただの日常風景だが。



82 :日本@名無史さん:04/05/01 02:24
( ´,_ゝ`)プッ

83 :日本@名無史さん:04/05/01 02:42
どうやら説明できないようだな。
案の定でまかせかね。

84 :日本@名無史さん:04/05/01 03:04
>>80
マッチポンプってやつですか。

85 :日本@名無史さん:04/05/01 03:09
何でも○○道とか○○術って感じにして一子相伝だの皆伝だの
と言って居るから頭がガチガチになる。

生きるのに大した工夫がいらない土地柄だから。

敵が居ない。(中世ヨーロッパでは自然そのものが敵だった)

86 :日本@名無史さん:04/05/01 03:16
古いものを保存したり、それを改良したりなんかは
得手だが、新しいものを生み出すのは苦手。
ほっといても大陸から新奇なものが入ってくるから
わざわざゼロから作る必要性が少なかったのかな。

87 :日本@名無史さん:04/05/01 04:04
嫌韓ウヨはまじ恥しいやつらだ、日本の恥じ

88 :日本@名無史さん:04/05/01 05:25
煽りも荒らしと同じ

89 :日本@名無史さん:04/05/01 06:13
○○人の定義とは何ぞや?
古代ギリシャ・ローマ人って、今の何人?
モーツァルトはドイツ人?オーストリア人?
ヨーロッパ人とアラビア人の境界線って何だろう?

90 :日本@名無史さん:04/05/01 06:51
>>85-86 ふりだしに戻ったような意見だな。 人のレスを読んでいないのかな?

91 :日本@名無史さん:04/05/01 06:57
お茶汲み人形はだめですか。

92 :日本@名無史さん:04/05/01 06:59
ヨーロッパ人とアラビア人の境界は宗教。

93 :日本@名無史さん:04/05/01 07:01
>>88
2ちゃん素人さんが訳知りな事を言わないでね。

94 :日本@名無史さん:04/05/01 07:09
>>76
日本人は独創性はなくはないんだろうけど、やはり足のひっぱりあいが
凄いからなー。八木アンテナが敵国のシンガポールで使われていて、こ
れは何だと質問する日本人をあきれて見ている英国人捕虜…。
発明って外国でも多くは大人数で行われるものなんじゃ?エジソンだっ
て多数の助手を雇っていたしね。

まぁあれだ。この日本史板の現状を見たらわかる。過去の偉人の悪い点
をぶちあげて、あたかもその偉人の全人格を否定するような発言を繰り
返す奴が異様に多い。日本人ってこういうの好きなんだよね。
エジソンだって調べて見れば結構…な部分が多数あるんだけど、それで
も成果は成果として評価する…この違いなんじゃないのか?

95 :日本@名無史さん:04/05/01 07:13
発明にもイロイロあるよん。
人種もかんけいないだろ。

96 :日本@名無史さん:04/05/01 07:16
スレ立てた>>1は朝鮮人なんだろう。
日本の模倣をする国の方達の発明品を教えてくれよ。

97 :51:04/05/01 08:16
>>78
東南アジアで、ホンダといえばあのバイク。ハーレイで BMW でもない。
悔しかったら、バイクに限らないが、あれに相当するもの作って売ってよ。
なお、私はホンダとは関係ない。どちらかというと競合相手。宗一郎さんは
感心。

肉弾三勇士は、美談にする気は無い。イラクの自爆テロの原型。
慙愧に堪えないが、サリンも日本人が海外に(改めて)気づかせた。
真珠湾も航空機の効果を教えた。そのわりに日本では、相変わらず
大鑑巨砲にこだわった。あのあと、米国は航空母艦と飛行機の増産
に専念した。
他人は学ぶのに日本では気づかない。もったいない。

98 :日本@名無史さん:04/05/01 08:20
>>92
アラブにいるキリスト教徒は何人?
彼らはアラビア数字を発明したと言えるのだろうか?
自分の祖先が発明したという「神話」を作れば自慢できる
ってことなのか?

99 :日本@名無史さん:04/05/01 09:18
50ccバイクだって発明だろう。
もっと言えば51ccバイクを作ればそれも発明だ。

100 :日本@名無史さん:04/05/01 09:35
>>99
内燃機関を発明するのと、技術を発展させるのとは全然違います。

101 :日本@名無史さん:04/05/01 13:45
独創性で思い出した逸話がある。

エジプトで長年食べられていたモロヘイヤが日本でも健康食品として持ち上げられてブームになった。
その時エジプト人は「我々は5000年に渡ってモロヘイヤを食べ続けてきたが、調理法は2種類だけだった。
だが日本人は、あっという間に数え切れないモロヘイヤの利用法を考え出している」
と驚愕したそうな。

102 :ang:04/05/01 17:15
つかアインシュタインは何人?

103 :日本@名無史さん:04/05/01 18:29
ノーベル賞受賞者も、海外で高く評価されてから初めて日本で大騒ぎになったという人が居るからな。


104 :日本@名無史さん:04/05/01 19:26
>>103
冗談抜きで何人もいるよね。候補にあがってやっと、こんな人いるん
だってのもある。結局足のひっぱりあい。

105 :日本@名無史さん:04/05/01 20:18
足の引っ張り合いが好きにな奴がいるな。

106 :日本@名無史さん:04/05/01 20:57
木手奇天烈斎は?ガイシュツ?

107 :日本@名無史さん:04/05/02 00:56
>>103
発明ではないが、クイーンやチープ・トリックは日本で人気が出て
本国に逆輸入された。

108 :日本@名無史さん:04/05/17 19:20
>8
いやちがうだろ
人間を殺す平気は
必要に迫られなければ開発されないよ。
欧州はその間ずっと戦争してただろ。

109 :日本@名無史さん:04/05/17 19:30
>八木アンテナが敵国のシンガポールで使われていて、こ
>れは何だと質問する日本人をあきれて見ている英国人捕虜…。

日本は何でもそう、
戦国時代に銃をヨーロッパ人より使ってたくせに
江戸時代にはなぜか刀世界にもどる。

自ら証明した、空母と戦闘機の有用性を敵に知らしめて
自らは大艦巨砲主義だろ

いくら優秀な奴がいても馬鹿が足を引っ張る社会
それが日本。

たぶん今現在も知らない間にそういう目に会ってるもの
が多数あるはず。


どうしようもないね。



110 :日本@名無史さん:04/05/17 19:36
>97
鉄砲、空母機動部隊、自動車産業、浮世絵、アニメに漫画だってそうだろ。

実は日本で大量に使われていたものなのに
本国ではすべて馬鹿にされてものだ。

日本人ていうのは自ら自分の足腰を縛ってみずからの
行動範囲を縛ることをよしとしている不思議な人種だな。



111 :日本@名無史さん:04/05/17 20:23
>実は日本で大量に使われていたものなのに
「大量に使われていた」で充分だと思う。
特に浮世絵や漫画なんて高尚なものではないわな。
芸術だなんだと言っていると逆に質が落ちる。

112 :日本@名無史さん:04/05/19 20:58
>>97
真珠湾攻撃は、実際には英軍のタラント港攻撃をスケールアップしたもの。
日本のオリジナルではない。

30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)