5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【虚像】一休さんときっちょむどん【実像】

1 ::04/04/21 14:28
 日本の2大とんちの有名人一休さんと
きっちょむどん

 果たして、どちらの方の頭が良いの?

2 :日本@名無史さん:04/04/21 15:18
とんち番長が最高

3 :日本@名無史さん:04/04/21 17:58
天皇の御落胤と豪農

4 :日本@名無史さん:04/04/21 20:36
一休・・・ひねくれ者
吉四六・・・詐欺師

5 :日本@名無史さん:04/04/21 20:37
きっちょむどんって誰

6 :ニック大分:04/04/21 20:41
大分の江戸時代にいた頭が素晴らしくよい百姓だ
妻の名前はオヘマ
子供はナカサコ(4才で亡くなられた)

7 :日本@名無史さん:04/04/22 15:15
 屏風の虎・橋と端
 饅頭怖い・馬の小便


8 :日本@名無史さん:04/04/22 15:33
麦焼酎だろ??

9 :日本@名無史さん:04/04/22 18:12
一休和尚って好色坊主という噂があるが事実か?

10 :日本@名無史さん:04/04/22 18:17
77才にして、50近く年下の森女という愛人を作った。

11 :日本@名無史さん:04/04/22 18:40
とんち彦一はいずこに…。

12 :日本@名無史さん:04/04/22 19:30
しんえもんさん

13 :日本@名無史さん:04/04/22 21:58
>>11
おれも思った。
>>12
しんえもんさんの子孫なら、日本最強のK1戦士になって、ピーターアーツや
曙を倒してるよ。

14 :日本@名無史さん:04/04/22 22:45
一休の肖像画って立川談志に似てる

15 :日本@名無史さん:04/04/23 02:37
>>8
もともとアソコは吉四六さんちの酒倉だった。

16 :日本@名無史さん:04/04/23 04:06
>>15 信じていいの?

17 :日本@名無史さん:04/04/23 13:32
>>16
吉四六は只の百姓ではなく小庄屋で醸造権を持っていました。
明治維新を迎えた後、杜氏だった赤嶺氏に権利が売られ今の
合資会社赤嶺酒造に到っていたかと。

18 :日本@名無史さん:04/04/23 15:00
「 この道を行けば どうなるものか危ぶむなかれ 
 危ぶめば道はなし 踏み出せば その一足が道となり 
 その一足が道となる 迷わずにゆけよ ゆけばわかるさ 」

これって一休さんの言葉なんだぜ!
でも一休さんは、だぁーっ、とは言わなかったんだぜ!

19 :日本@名無史さん:04/04/23 15:04
しんえもんが、一休さんの喉に刀を突きたてようとしてたね?


20 :日本@名無史さん:04/04/23 15:08
吉四六さんて、あの朝寝朝酒がすきな庄助さんのことでしょう?

21 :日本@名無史さん:04/04/23 15:13
>>20
それは会津人でしょうが

22 :日本@名無史さん:04/04/23 15:37
朝寝〜朝酒〜朝メコが大好きで

23 :日本@名無史さん:04/04/23 19:28
文化人で晩年好色というと一休さんは小林一茶に似てるよね
とんちというと吉四六当たりは曾呂利新佐衛門に似てるよね

24 :日本@名無史さん:04/04/24 01:53
一茶の場合は、好色というか家族に恵まれなかったからでもある・・・

25 :日本@名無史さん:04/05/01 16:51
きっちょむというかユースケみたいな感じだと
思われ。

26 :日本@名無史さん:04/05/01 21:52
結局、一休宗純師は「魂の解放」をテーマにされていたんでしょうか?
だから酒も飲みゃー女も作ったと。

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)