5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

一向宗と比叡山と基督教(天草四郎)はカルト集団

1 :日本@名無史さん:04/03/06 02:25
ほれ、戦国時代〜江戸初期に信長や秀吉、徳川幕府が宗教集団を
弾圧したっていうけど歴史を調べてみたらあの頃の宗教ってまるっきり
オウムか創価じゃん。それどころか武装していたりして確かオウムも
武装していたし。キリスト教はキリスト教で明らかに日本征服のためだし、
かの国がオウム操って日本転覆しようとしていたのと変わりないじゃん。
改めて信長と秀吉と幕府に感謝だな。今は本当は政府が創価を滅ぼして欲しいが
、政府中枢にいるからな・・。

5 :日本@名無史さん:04/03/06 04:41
オウム事件以前は「日本人は宗教心、信仰心が無さ過ぎる」と
内外から批判を受けていた。エリートほど基督教あたりに帰依して
周囲との差別化を図ろうとした。オウムだってサティアンに居なかったとしても
エリート層の一部が支持していた。私は事件以前麻原とビートたけしが対談してる
のを雑誌で見たことがある。たけしは褒めちぎっていた。さらにとんねるずの番組に
もゲスト出演していた。こういう連中の罪はどうなるのか?
オウム以後、信仰心なんたらは言われなくなった。宗教を信じることが基地外の
することという風潮になっていった。そして島原の乱や一向宗の評価も変わった。
それまで日本人にとっても宗教弾圧はいけないことと考えられていたがオウム以後
天草四郎も顕如も麻原に見えた。信長は単なる残忍な人間だと思っていたが、こういう
基地外に毅然とした態度をとってくれた優れた政治家になった。そして日本征服を狙う
イエスズ会から日本を救ってくれた秀吉も同様である。
が、しかしこういう信者になるのは可哀相な人たちだった。戦国は無秩序社会であったから、
人々は救いを求めただろうし、例えば細川ガラシャは謀反人明智光秀の娘ということで
追い込まれ基督教に走ったし、島原の乱の農民も圧制と宗教弾圧で追い込まれていた。
同情はしたくは無いがオウムの下っ端連中も同様であろう。高山右近は純粋な人であったが
純粋な人ほど残虐な正義に駆られるものだ。まあ右近はそうではないが秀吉や家康のような
泥水すすったことのある現実主義者からみれば「何時かなんかやる」と思われていたこと
であろう。


3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)