5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【たまに行くなら】伊庭八郎【こんな店】

1 :日本@名無史さん:04/02/17 03:08
「金串にて味悪し」


2 :龍馬:04/02/17 12:32
鳥新の水炊きが食いたい

3 :日本@名無史さん:04/02/17 15:53
都の玉子焼きはうまいでござる。

4 :日本@名無史さん:04/02/17 17:10
伊庭八郎 好きだなぁ〜。
近藤勇とちがって片腕なくしてからが本領発揮って感じで


5 :日本@名無史さん:04/02/18 16:07
>>4
結核も患ってなかったけ??
死に場所を探してたんだね。

6 :日本@名無史さん:04/02/19 03:59
幕末の食文化について語るスレなの?

7 :月と星より ◆jaxQ5494pE :04/02/19 04:31
>>1
二月四日ですね。

お邪魔します。
伊庭八郎・・・私も好きです〜♪
『待てよ君、冥土も共と思いしに、しばし遅るる身こそ哀しき』
こういうところ、いいですね。

8 :日本@名無史さん:04/02/19 04:46
>>7
この伊庭さんと言う人の人となりを
教えて頂けませんか??

9 :日本@名無史さん:04/03/02 10:02
「伊庭八郎」でぐぐってみそ
同人女どものサイトがじゃんじゃん釣れるかもわからんが

>>5
結核は池波の創作
池波本人が自作エッセーで語っている
そのかわり?伊庭の家は肺が弱かったとも書いてある



伊庭道場って世襲制じゃないのが特徴だから遺伝ってことはなかろうに・・・・

10 :日本@名無史さん:04/03/02 10:08
征西日記ネタがこんなとこに・・・。
今日は伊庭と同じで歯が痛いです。

伊庭の家は肺が弱いって初耳。


11 :日本@名無史さん:04/03/04 01:46
ソースが子母沢寛だったかな、なので信用は出来ない


うろ覚えなので、池波の「戦国と幕末」を読んでくれ
たしかあの本だったと記憶しているが

12 :日本@名無史さん:04/03/05 21:33
伊庭といえば、舘ひろC

13 :日本@名無史さん:04/03/11 13:43
舘の伊庭は…あれはあれでかっこよかったな。
ただ伊庭八郎という名の全くオリジナルキャラっぽかったが。


14 :日本@名無史さん:04/03/11 17:55
舘の伊庭ってなんだっけ??
何年か前の年末か年始の・・・
五稜核?

15 :日本@名無史さん:04/03/11 18:11
>>14
そう、日テレ系列で年末やってた『五稜郭』。
ちなみに榎本総裁は松平健だったような。
大鳥圭介や松平太郎は誰がやってたんだっけか・・?
伊庭は函館参戦時にはもう腕、なかったよね。
流派は心形刀流だっけか?
実際の写真もなかなか凛々しく江戸っ子風情が出てる。

16 :日本@名無史さん:04/03/11 18:19
実在する人物であることは間違いないの?

17 :日本@名無史さん:04/03/11 18:35
>>16
実在はしてる。
28歳位に函館戦争時に喉を撃ち抜かれて死んだ、と池波正太郎のエッセイに書いてあった。

18 :日本@名無史さん:04/03/11 19:15
>>15
榎本総裁は里見浩太朗。松平太郎は藤岡弘。

19 :日本@名無史さん:04/03/11 19:51
大鳥圭介は伊吹剛だったかな?あまり出番なかったよ。
実際の写真はないんじゃなかったっけ?
アップのやつは確か肖像画だった気が…。
全身写真も本人かどうかわからないって感じだったと思う。

死に方も、流れ弾に当たった説とモルヒネ飲んで死んだ説があるんだっけか?

20 :日本@名無史さん:04/03/20 01:28
全身写真は奥詰時代か?という写真で19サンの通り本人かどうか不明
有名な顔の長いやつは肖像画
写真は実際には今のところ発見されていないと思っていい


死に方も諸説あるが、田村銀之助が史談会で
「榎本がモルヒネを飲むように薦め、伊庭は莞爾としてそれを飲み干した」
というようなことが書いてあるハズ。
もうこのときには木古内の戦闘で受けた銃創が手の負えない状態になっており
それでも病院に入ることを拒んで五稜郭の一室に寝ていた。
同部屋に春日左衛門も重傷で、同じくモルヒネを飲んで死んだという。
ちなみにこの後、榎本は自害しようとして、部下の一人に止められた。


流れ弾云々は、隻腕になっても武士として戦った男に相応しい死に方、というような
創作的なこともあると思う。あとイケナミの脚色。

21 :日本@名無史さん:04/03/20 12:55
たまに聞く名だけど、何か話題になるような事した人だっけ?
てか、名前ダサい。


22 :日本@名無史さん:04/03/20 16:08
幕末に興味のある人間なら、ダレでも一度は耳にする名前だと思うが


ちなみに伊庭の本名は伊庭秀穎(ひでさと)ですぜ
ハチローは通称の方

23 :日本@名無史さん:04/03/21 01:01
箱根湯本の戦いで、左腕に重傷を負い、後に病院で切断し隻腕の剣士となった人。

江戸の四大道場心形刀流伊庭道場の嫡男で、剣術の腕前は「伊庭の小天狗」
と評されており、山岡鉄太郎との一戦なども語り残されている。
加えて、なかなかの美男子だったことと、小田原藩で
「十二万石中、一人の男児なきか」とかなんとかで江戸っ子には人気者。
当時伊庭八郎の姿絵が江戸府内でも売られたらしい。
また野津鎮雄をして「幕軍さすがに伊庭八郎あり」と讃えられた。

隻腕になりながら戦意衰えず、榎本の脱走艦隊に合流したが
途中、乗っていた船が沈没、追捕の手を逃れ横浜に匿われる。
イギリス船で函館に密航して五稜郭に入り、徹底抗戦した。

簡単にこんな感じ?
補填があったらヨロシク

24 :日本@名無史さん:04/03/21 12:07
また繁茂してきたな。
新撰組ヲタどものウンチクスレッドが。

だいたいさー、君たちがお好きなのはチャンバラだろ?
小説の中で新撰組だの伊庭八郎だのが繰り広げるチャンバラがお好き
なんだろ?

三国志演義を例にすれば、酒が冷える間もなく華雄をあっというまに討ち
取った関羽、にあこがれているのと同じ感覚。

好悪感情丸出しで歴史上の人物を語る愚かさよ。

物語として楽しむことが目的ならかまわないが、歴史を学ぶ姿勢がなっ
とらん。


25 :日本@名無史さん:04/03/21 21:14
>>24
確かに伊庭は新選組と共に箱館でたたかってたけど、遊撃隊だろ。

26 :日本@名無史さん:04/03/22 00:11
伊庭はアイドル扱いでいいんじゃないの?
錦絵が売れたってのも、別に伊庭自身の人となりや経歴じゃなくて
「顔がいいらしくて隻腕で戦い続けて散っていった」っていう
イメージ先行なんだろうしさ。

そういう点では現代の「萌え〜」ってのとあまり変わらん気がする。

27 :日本@名無史さん:04/03/22 01:05
「るろうに剣心」で伊庭八郎を話題にしている場面なかったっけ?

28 :日本@名無史さん:04/03/22 01:11
>27
6巻に伊庭の錦絵を買いにいく話がある。
1コマだけえらく美形に描かれた伊庭の絵がある。
切れた自分の手を口にくわえてる。

29 :日本@名無史さん:04/03/22 10:53
歴史を語る上では語る価値ナシってことで。

30 :日本@名無史さん:04/03/22 15:51
>>26の意見のように、「現代の「萌え〜」ってのとあまり変わらん気がする」と
考えたとき、自分のしていることに価値があるのか疑わずにいられなくなる。
この中にも、歴史についてより深い知識や見解を得るために書籍を購入する人
がいるだろう。
このとき消費される手間、お金、時間は何なんだ?
「萌え〜」とあまり大差ないなら、より低俗な芸能やアニメや漫画で「萌え〜」
する方が話が合う人間が多くて得かもしれない。歴史を話題にできる人間なんて
身近にいないことが多いから。

以前、部屋の壁の大半がモー娘のポスターで覆われかつその部屋の住人はモー
娘のバッジを付けたハッピを着ていて、さらにモー娘グッズが部屋中に置かれ
ている部屋がテレビで紹介されていて、このような部屋をミニチュアで再現す
る企画が放映されていた、しかも、部屋の住人はモー娘のビデオを見て感激の
あまり涙まで流している。






31 :日本@名無史さん:04/03/22 15:52
ひょっとして、こういう人間と実は大差ないのでは?むしろ、こういう人間のほう
がある意味賢明かもしれない。
部屋の本棚には歴史関連の書籍が陳列されており、歴史上の人物の生涯、経歴に
涙する。
例えば、諸葛亮は楽毅、管仲を慕い橋本左内は岳飛を慕った。
歴史に名を残したとはいえ、彼らは幸福だったのだろうか?
諸葛亮は田舎の農夫で一生終えたほうが幸福だったかもしれない、橋本左内も
政治にかかわらずにいれば処刑されることもなかっただろう。

大河ドラマで近藤勇一派が浪士組に参加する過程を放映しているが、近藤勇も
応募せずにいれば、新政府軍に処刑されることもなく妻子と共に過ごすことが
できたであろう。土方も井上も戦死することなかっただろう、山南も切腹せず
に済んだだろうし、藤堂も油小路で殺害されずにすんだ。
新撰組も歴史に名を残したが幸福な生涯だったであろうか?

歴史・政治に無関心無知でいられるほうが幸せな生き方かもしれない。


32 :日本@名無史さん:04/03/22 16:10
今日の朝日新聞には中学生15歳の意見「自分の知らない人のために命
を落とすのはまっぴらです。」という趣旨の投稿があった。

上のように考えなおかつ「歴史・政治に無関心無知でいられるほうが幸せ
」であると考える人間が世の中の大半を占めるようになったらどうなる
んだろう。
自分の生涯を政治に尽くそうという人間も減少し、政治の退廃を招くと
思われる。これは明らかに弊害であり、社会全体の不幸につながるので
はないだろうか。

33 :日本@名無史さん:04/03/22 17:39
>30
別に好きで書籍を買うとか史跡を訪れるだのしているんだろ?
なんで「存在意義」とかの話になるのか、お前は
誰かに強制されて金を使っているのか?


で、最後のモー娘ヲタの引用はどういう意図なのかもわからんのだが?




征西日記の最後って赤飯だっけ。

34 :日本@名無史さん:04/03/22 17:49
好きでやっているよ、だがときどき自分のやっていることに価値があるの
か疑わずにはいられないと言いたいのだ。
疑わずにいれるならそれにこしたことはないね。

モー娘の引用は、自分が興味を持つ対称が歴史、あるいは歴史上の人物
であれ芸能人であれ、あまり大差がないように思えたということだ。

あと、>>30>>31は続いた文章だ。

35 :日本@名無史さん:04/03/22 17:56
錦絵の話題が出たので補足。

今の所、公刊の浮世絵等の中で伊庭八郎がメインで描かれてるのは
「競勢水滸伝:伊庭七郎」(洋装で、斬られた左腕に包帯を巻き口で縛りつつ奮戦)
「名誉新聞:伊庭八郎」(草摺のない胴の上に陣羽織を着用して奮戦。両腕あり。)
共に明治七年(1874)に発行、絵師は月岡芳年 の2点ぐらいです。

後は、明治十年頃の版本「近世記聞」の中にも箱根湯本で銃火の中奮戦する姿が出てます。
こちらの方は、上が洋装で下が袴だったような記憶がありますが、うろ覚えです(;´Д`)

36 :日本@名無史さん:04/03/24 00:52
>34
何マジになってんのか判らん
そういうコトぐだぐだいう奴はアレか?伊藤哲也か?


「近世記聞」の伊庭八郎も月岡芳年?
どーでもいいが、伊場七郎ってだれだ、おい

37 :日本@名無史さん:04/03/24 00:59
>>36
貴様の文章(文章と呼べないレベル)こそ意味不明だわ。

38 :日本@名無史さん:04/03/24 01:14
伊藤哲也ってのは会津・新撰組研究家スレッドでたたかれまくってる人間

伊場七郎ってのは月岡芳年の誤字。

詳しいお方ならば知っていると思ってあえて書かなかったのだが。



そんなことまで突っ込んでくれるなよ

大体、何が言いたくてここのスレに住み着いてるんだ?
伊庭八郎関係の話がしたいようではないみたいだし
他の適当なスレッドに言ったほうが有意義な話しが出来ると思うのだが。

39 :日本@名無史さん:04/03/24 02:15
おまいら赤貝でも食ってマターリしる!
腹壊すなよ。

40 :35:04/03/24 02:21
>>36
「近世記聞」の挿絵は小林永濯です。

なお、「競勢水滸伝」の方は明治政府の圧力をはばかってか、他の人物の名前も
すべて変え名、当て字になっていたり、幕末以前の武家の名前にしてありますが
書かれている文章を読めば、それが誰であるかの推察がつく仕掛けになっています。
例:大鳥圭介→鵬貞之亮 林忠崇→天草四郎(被っている兜の前立が林家の家紋)

また、佐幕派諸藩の藩名も、それとなく分かる程度に変えられています。
例:会津藩→和歌松家(若松家。すなわち会津若松の「若松」)

41 :日本@名無史さん:04/03/24 20:26
何した奴だっけ・・

42 :日本@名無史さん:04/03/24 23:29
えーっと、左腕が切られても徹底抗戦した人


43 :日本@名無史さん:04/03/25 20:59
asso

44 :608:04/03/26 15:05
京都に住んでるが蒲焼が名物とはしらなんだ。

45 :日本@名無史さん:04/03/26 16:32
>>40
そうそう、錦絵の人物呼称はわざと名前変えてるの。
月岡芳年の「魁題百撰相」は、戊辰戦争の彰義隊の姿を描いたものを
戦国時代の人物に模していたりしてる。

江戸時代の赤穂事件をなぞった「忠臣蔵」の登場人物を、足利幕府の人物に
したのと同じ流れが残ってたんだろうね。

46 :日本@名無史さん:04/03/26 16:50
銃を持った全身写真は伊庭家から出てきたものですが、八郎だと
明確に立証される裏書も伝承もありません。
年頃、服装などから「これは八郎なのかな?」って程度らしい。
ただ遠目にみても男前なんで、あのアップ坂上忍よりイイじゃんという
感覚で流布されている。
でも小柄で美男子だったという伊庭はあんな感じだったんだろうな。

47 :日本@名無史さん:04/03/26 19:30
アップ坂上忍…ワラタw

48 :日本@名無史さん:04/03/27 08:02
あの情けない顔した肖像画はちょっと、隻腕の美剣士ってイメージじゃないもんなw

49 :日本@名無史さん:04/03/27 09:24
あの講武所髷の肖像画を見ると、大村益次郎のやかん頭を思い出す。

50 :日本@名無史さん:04/03/27 23:02
>>48
失礼なw
あの顔をかの故・池波先生は、憂いのある表情と評しておいでですぞ。
だが私もちょっと、いや、その・・・(ry

51 :日本@名無史さん:04/04/21 06:47
虫歯で稽古休み

52 :月と星より ◆jaxQ5494pE :04/04/27 20:43
お久しぶりです。

>>8
容姿は秀麗な美男子で性格は戦塵の中では烈士かなと思っています。
箱根戦争での行動やその後の関東潜伏生活が好きかな。(詳しくないけど。)

53 :日本@名無史さん:04/05/07 21:26
あげさせていただきますよ

54 :日本@名無史さん:04/05/13 20:16
命日ですね

55 :日本@名無史さん:04/05/13 20:20
土方と一日違いだったっけ?

56 :日本@名無史さん:04/05/13 20:42
5月12日か5月14日かと思ってたんだけど。
13日のソースは何?

57 :日本@名無史さん:04/05/17 23:52
14日と16日のいずれかじゃなかったか?

58 :日本@名無史さん:04/05/18 10:47
もう「八郎忌」も開催されないのね。

59 :日本@名無史さん:04/05/19 21:58
秀/頴/会が潰れたんだそうだ

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)