5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中岡慎太郎

1 :日本@名無史さん:04/02/08 23:49
について

2 :日本@名無史さん:04/02/09 00:57
2げt


3 :日本@名無史さん:04/02/09 15:40
3gt

4 : ◆8mouWHIbIc :04/02/15 04:08
4(σ・∀・)σGets!!

5 :日本@名無史さん:04/02/17 02:12
なんだこのスレ…
1よ、やる気あんのか?
ただでさえ可哀想なのに…好きなんだよこの人。
責任とって盛り上げろよ!

6 :日本@名無史さん:04/02/17 02:13
           _,. --- 、
          ,.- ':;.-'"´ ̄ ̄` 丶、
         /::::::/           ヽ
        ィ:::::::/            ',
       /└''"                l  はやいとこ削除依頼、頼むぜ…
        l        __ __ 、   , -、 l
       l        >>ー _,.-'7 ⌒i}.l
        } ヽ /__,/_,´-'フ´   / r' {. l
       トー_,,.-<´::::::/   ,  、_,ノノ l  __,,. -、
       <´_:/l   `"´     {  `_「 -‐'' ´二二 {
          !  |  ヽ、 _,. -‐'' ´二二二二二二ニl
         ヽ !,,. -‐''´三三二二二二二二二二二l
      _,. -‐'' ´三三三二二二二二二二二二二二. !
     ヽ三三三二二二二二二二二二二二二二二_ヘ
      l三三三ニr 、二二二二二二二_,. -――-- ..ヽ
      ハ三三二 ヽ.ヽ二二二ニ,. ‐'"´    ___     `ヽ
       {. j三三二二 `二二,. '´   , ‐ "´ ̄     ̄` ヽ.\
      , ヘ三二二二二ニ./     /      _,. -===== 、 \
    //{三二二二ニ/   /     , '´          `ヽ.ヽ、
   / / /三三三三/    , '     /                 `ヽ

7 :日本@名無史さん:04/02/17 02:33
坂本龍馬を切った真犯人

8 :日本@名無史さん:04/02/17 02:38
斬られても二日生きてた80万パワーのアイドル超人

9 :日本@名無史さん:04/02/17 02:40
竹島スレから漏れてきたか…てことはまたチョソが論破されたかw

10 :日本@名無史さん:04/02/17 03:40
柚子を植えまくった人でしょ?

11 :日本@名無史さん:04/02/17 03:50
重複もいいとこ

中岡慎太郎と板垣退助を語ろう!
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/history/1048676867/
中岡慎太郎を正しく評価するスレ
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/history/1074063195/

何度立ててても人気のない人物だ。

これからの小説のネタには最適。ネタ探しには苦労するだろうが。

12 :日本@名無史さん:04/02/17 06:16

落ちてないかい?
確かにこれからのネタだな。
人気ないちゅうか一般にはまったく存在すら知られてないねぇ。
好きなんだけどなぁ。

13 :日本@名無史さん:04/02/17 21:59
お〜い!竜馬の中岡は萌えキャラ

14 :日本@名無史さん:04/02/17 22:00
竜馬のホモ達

15 :日本@名無史さん:04/02/17 23:26
中岡が死の直前に食べた握り飯は毒入り。
間違いない。

16 :日本@名無史さん:04/02/17 23:38
海援隊といえば船だけど

陸援隊といえば大八車?

17 :日本@名無史さん:04/02/17 23:52
モビルスーツ。

18 :日本@名無史さん:04/02/17 23:56
            _       ___ ∧∧       _       
        /⌒\ \     〔〔 |Ξ (,,゜Д゜)つ /⌒^\\    愛國戦隊大日本〜
        //⌒\ |◎|   _/ ||Ξ/ つ¶¶  / /⌒\|◎|    http://www.gainax.co.jp/soft/daicon/dai.html#story
      /     )|日|\/__\|/ ̄ ̄ ̄ ̄\  _____.|日|\_   http://www3.alpha-net.ne.jp/users/unot/zakka/aikoku.htm
     /  ●   ___  \|/       ●  ●/\  ̄\__〉  
   /      Y     Y )ヽ Y  Y       \..\ _/^~           /^|/^|__
   | ▼       |     | /. )).|   |       ▼ |/\\              /^/.^/_⊃
   |_人__ノ⌒|     |/ノノノ\__人   、_人_|    \\______ __/^/^/^/⊃
          / ̄ \__|  ||  ̄/目>、 ___ノ\.   /| ̄    |  ̄  ̄ ||γ〜〜〜 |
         /   /  ./|___||_/ ̄/{三|三|三}|    \/|||‐‐‐‐‐‐\  ⊂二⌒) γ  /
        /__/_./ \_|ロ/ ̄{三|三|三}ロ|      ^^|____\_||{ ヽーー/
      /   /  |/     〉−−−−−〈_             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /======/   |   / ̄ ̄ ̄|^^ ● ^^ ●)\
    /~/⌒|\.||  /   | ̄ ̄__|_   ▼  |  ̄|
  ( ̄()|⌒| )|| /    /   / /ミ三\_人__/三{.|
  ( ̄()|_|/ ||/     /   / / /   ̄/|:::::|::::|   \
  ( ̄()/)/ ̄     /    / / /   ./ |:::::|::::|\   \
   ^( ̄)/        /__/_/ /    /  \__/  \   \

19 :日本@名無史さん:04/02/18 02:47
暗殺の時の「こなくそ」は中岡の聞き間違い。
本当はこれ。

ttp://undina.hp.infoseek.co.jp/flash/kamenblade_ondo.html

20 :日本@名無史さん:04/02/19 05:28
>19
ttp://undina.hp.infoseek.co.jp/flash/kamenblade_ondo3.html

21 :自治会:04/02/19 07:57
はいはい。荒らさないでね

22 :日本@名無史さん:04/02/19 22:31
石川誠之助マンセー

23 :日本@名無史さん:04/02/21 17:18
この人、由井正雪と同じ二重瞳孔だったそうだけど…
二重瞳孔ってどんなの?

24 :日本@名無史さん:04/02/23 12:52
調べてみたところ、ここで言う二重瞳孔とはいわゆる眼病の症状ではなく
「黒眼が二つずつある」という幼少時の中岡に対する話のようです。
残念ながら詳しいことは分かりませんでしたが俗説では二重瞳孔は
「天下を狙う」相といわれ歴史上でも正雪始め他にもいるみたいです。
とはいえ慎太郎のそれが彼らと同じ意味を指す「二重瞳孔」であったかは
わかりませんが…おもしろい言い伝えです。

25 :日本@名無史さん:04/02/25 09:49
女の噂をとにかく聞かない人だけど日記?にあったと言われる
「ト一(情人の意味)来る、泊まる」はいったいどういう女性だったのかね。
女がらみのエピソードってこれ以外は姉さんの自殺くらいしかないのだろうか…

26 :日本@名無史さん:04/02/25 14:12
中村半次郎と親交があったみたいなことを聞いたけど詳しいことを知りたい。
この人の情報って本当に調べずらいよな。

27 :日本@名無史さん:04/02/25 16:28
地元には記念館もあるんだね。
ttp://mx82.tiki.ne.jp/~shintarokan/

28 :日本@名無史さん:04/02/26 13:40
中岡は笑顔の写真が有名だよね
男前ではないが魅力がある顔

29 :日本@名無史さん:04/02/26 17:36
親交があったかは分からないけど会ってはいるね。>中村半次郎
そういえば暗殺の下手人、中村半次郎説もあるけど顔を知っていたら
中岡が言うはずだしシロってことになるなぁ。

30 :日本@名無史さん:04/02/26 19:31
>28
志士の写真は結構残っているけど、あんないい笑顔は他にないんじゃないかな。
中岡ってとにかくいい人そうなんだよね。
動乱の時代にああいう正直者っぽい人はやはり長生きできないのか…

31 :日本@名無史さん:04/02/26 21:31
>>27
そこのサイト中岡の功績がなにも書かれていない。

32 :日本@名無史さん:04/02/27 04:38
この人、坂本竜馬に消されてるけど竜馬と同じくらい動き回った人だと思う。
個人的には中岡の方が好き。
竜馬って要領がよさそうで好きじゃないんだよね。
中岡は武士道を突き通したって感じして好感が持てる。

33 :日本@名無史さん:04/02/27 09:58
他スレから

678 名前: 日本@名無史さん 投稿日: 04/02/23 23:22
坂本竜馬は愛されて中岡慎太郎はマイナーなのはなぜ?

682 名前: 日本@名無史さん [sage] 投稿日: 04/02/23 23:53
>678
両者の人気の違いの理由をまとめた文章を読んだことあります。
まず出生時に、竜馬→さっぱり駄目 中岡→神童
性格が、竜馬→自由奔放、開放的 中岡→真面目、地味、堅苦しい
仕事、竜馬→表舞台ではったりかます 中岡→裏方
そしてここが大きいのですが…
女関係、竜馬→千葉さな、おりょうなどエピソードにはことかかない
中岡→奥さんは地味、愛人はいたらしい?くらいしかわからない


なんとなく、彼は極端な仕事人間で面白いエピソードを残す暇さえなかったような印象があります。


34 :日本@名無史さん:04/02/27 20:00
たったそれだけの理由でこれほどまでにマイナーなわけないだろ

坂本龍馬が作った新政府役員名簿の中に中岡慎太郎の名前がないのはなぜ?
ていうか中岡慎太郎の笑った顔の写真はどうやって撮影したのでしょうか?当時の写真機は露光するのに何分かかかったと思いますが。

35 :善意の一般市民:04/02/27 20:08
>>28
坂口憲次に似てる

36 :日本@名無史さん:04/02/27 20:24
龍馬との仲はどうだったんだろう。
倒幕vs徳川家温存で対立したのでは。

37 :日本@名無史さん:04/02/27 22:24
竜馬は「意見が違うのは残念だけど中岡以外の奴とは組めん」
みたいなこと言ってるんだから信頼はしてたのでは。

>34
確かにそれだけが理由ではないと思うけど…
功績が竜馬の影に隠れた形になっているのも脚色しずらいのも
中岡のそういうキャラクターが理由になっているのでは?

あの写真の時代なら湿板写真だと思われます。
よって撮影時間は数秒程度だった筈。

38 :日本@名無史さん:04/02/27 23:19
竜馬とは純粋に愛し合う仲だったんじゃねえの。史実には無いけど、
そうとしか考えられない。

39 :日本@名無史さん:04/02/29 00:30
大河の配役は誰だろうね。
出ないってことはあるまい。

40 :日本@名無史さん:04/02/29 13:26
中岡は新撰組とあんまり関わりないような…

41 :日本@名無史さん:04/02/29 17:41
あれだけ竜馬が出張ってて暗殺シーンが無いってことはないのでは。
まあ中途半端に出るよりそこだけのほうがいい気もする。

確かに竜馬の新政府名簿に中岡の名前がないのはなんでかね。
俺は竜馬本人も入ってないし、彼らは仕事上パートナーみたいなもんだったから
「自分(達)は表に出なくていい」みたいな感じかなと思ってたけど、なんかなぁ…
釈然としない。
詳しい人教えてくれ。

42 :日本@名無史さん:04/02/29 18:34
>>37
ネ申!!!
>>41コピペです
・中岡も竜馬と同じく政府に入る気はなく、それを竜馬も知ってたからじゃないんでしょうか
・土佐の要人が多く入るのを薩長に遠慮したため、土佐は重臣の後藤だけになったのでは?
・中岡は新政府の役員に入れるほど功績は残していない(一説では薩長同盟は中岡の功績で龍馬の功績ではないとありますが。)
・竜馬自身それほど中岡を評価してなかったのではないでしょうか
・平和的倒幕を目指した竜馬に対して、中岡は徹底した武力討幕(ただ幕府を倒すのではなく、討ち滅ぼしたい)論者でした。
つまり竜馬は、危険な中岡を新政府に入れてしまったら、ちょっとヤバいと考えたんじゃないですか?
・↓それは桂も西郷も同じでは・・・・?
・実はその役員名簿を西郷達に見せたのは作り話のようです
・竜馬は新政府に入らないとは一言もいっていません。あれは作り話です。当然竜馬も中岡も新政府に入るはずだったのたでしょう

ていうか、名簿とかって本当に竜馬が作ったの…??
誰か真相教えてください(T_T)

43 :日本@名無史さん:04/02/29 22:20
そういえば新政府の名簿が本当に坂本の作ったものかなんて考えてなかった。
竜馬関係のネタは脚色とか実は違う人が…とかが多くて訳わかんなくなる。

中岡は武力討幕派だったけどその後の歴史をみればかえって正しいんじゃないかと思う。
心情としては大政奉還を否定してなかったらしいし。

44 :日本@名無史さん:04/02/29 23:54
この際はっきり言っておく。

薩長同盟は中岡の功績である。

薩土密約も中岡の功績である。

三条と岩倉を引き合わせ、朝廷勢力を一本化させたのは中岡である。

武市亡き後の在郷土佐勤皇党残党を取りまとめ、板垣ら上士をも巻き込み、
「時勢論」等で啓蒙し、土佐を倒幕勢力に仕立て上げたのは中岡である。

北川郷飢饉の際、藩の米倉を開かせるために国老の役宅前に一晩中鎮座・嘆願、
米倉を開かせ村民を救ったのは中岡である。

と、いうわけで中岡は偉い。いつまでも龍馬の陰に隠れているのは正直納得いかん。


45 :日本@名無史さん:04/03/01 01:15
かなりの極論だな。
俺も中岡好きだが竜馬に対する武田鉄也みたいでちょっと受付かねる。

でも時勢論がロシアやアメリカの脅威を予見していたり、彼の先見の明は確かに凄い。
岩倉は中岡の死に際してかなり感情的な嘆きの言葉を残してるね。
板垣も「生きていたら西郷に並ぶ人物になっていた」と評しているし、やはり大人物。

46 :日本@名無史さん:04/03/01 16:02
これ買った人いる?
第一弾から中岡が入っているなんてちょっと意外で嬉しいぞ。
ttp://www.toki-meki.com/shop/category/character/0968_baku/0968.asp

47 :日本@名無史さん:04/03/01 22:44
熱狂的なファンはいない。
そのせいで粘着アンチも発生しない。
おかげでスレはまったく伸びない。
あくまでも玄人好みの英雄。
それが中岡慎太郎。

48 :日本@名無史さん:04/03/01 22:52
長州関係のドラマとかでもまったく登場しないんだよねえ、この人。
高杉や久坂とはかなり交流があったはずなのに。


49 :日本@名無史さん:04/03/01 23:05
目立った活躍がないからでは。

50 :日本@名無史さん:04/03/02 00:13
創作ものには向いてないのかねぇ。
庄屋見習いの頃のエピソードなんかぐっとくるし、顔は広いし、いろんなイベントに参加してるんだけどなぁ。
中岡主役の小説って一つしかないよねー

51 :日本@名無史さん:04/03/02 14:15
>46
中岡フィギュアは笑顔バージョンらしい。
製作側にファンが居たのかも。

52 :日本@名無史さん:04/03/03 18:20
>>47がいい事言った!!

53 :日本@名無史さん:04/03/03 18:21
玄人とか素人とかあんのか?
新選組で土方・近藤・沖田が好きなのは素人。玄人は――
とか言う人いるけど

54 :日本@名無史さん:04/03/03 18:22
>>50
その小説名とか出版教えてくだされ!!後生じゃ!

55 :日本@名無史さん:04/03/03 21:23
>54
ぐぐればすぐ出てきますが…
中岡慎太郎
堀 和久 (著) 単行本(上下巻2冊) 文庫 共に講談社
私が読んだのはこれです、しかしもう一冊あったことがわかりました。
中岡慎太郎
嶋岡 晨 (著) 単行本 光風社出版  文庫 成美堂出版
こっちは知りませでした。
タイトルが同じだったので見逃していたのかも…
パッと見ではわからないタイトルで他にもあるかもしれません。

他に中岡ファンにお勧めの書籍があれば教えていただきたいです。
あと私も玄人好みって表現は鼻につきますね。
どうでもいいじゃねえかといつも思う。

56 :日本@名無史さん:04/03/04 00:42
中岡は伝記を読む文には非常に魅力的なのだが・・・
誰か「傑作」と呼ばれるほどの中岡小説を書いてほしいものだ。

57 :日本@名無史さん:04/03/04 17:03
司馬先生が書いてくれればよかったね

58 :日本@名無史さん:04/03/04 17:10
新人物往来社から出ている
「土佐と明治維新−中岡慎太郎をめぐって」【近藤勝著】
の中で興味深いことが書いてあった。
明治初年から昭和三十年ぐらいまでは龍馬、中岡の人気はどっこいどっこい、
実績についても互角と言う評価であったそうだ。
ところがある小説が発表されるや否や見る見るうちに両者に開きが・・・
ここから先はいうまでもないですね。


59 :日本@名無史さん:04/03/04 17:46
志士を相撲の格付けで表したものが明治?ごろにあってそれだと竜馬と慎太郎は
似たような位置だった、みたいなのをどっかの本で読んだ。
竜馬に罪はないけど司馬先生の洗脳力がいかに凄いかってことだね。
私は他に大久保や大村益次郎なんかが好きだけど、たまに彼等なんか竜馬に比べたら
たいしたことない、みたいに言ってくる竜馬好きがいて、オイオイと思う時がある。
私も竜馬好きだけど、こういうこと言う人がいるとなんか冷めてしまうんだね。

中岡関係の本読んでると、意外と堅物って程でもないんだな、とホッとする。
あの笑顔写真の隣の袂の主はどんな人だったのかな。

60 :日本@名無史さん:04/03/04 22:48
何かの本でどこぞの奥方が「中岡さんはいつも冗談ばかり言って私を
笑わせていた」と書いてあったのを覚えている。何の本だったかな。

思うに中岡は時と場合によって剛柔使い分けるタイプであったように思える。
でなければ田中光顕言うところの
「どんな相手でも先生が行けば一時間ほどで説き伏せて帰ってきた」
などという芸当が出来るわけがない。
正論や理屈ばかりを並べ立てる(いわゆる従来の慎太郎像)だけのタイプは
おおよそ交渉ごとには不向きだからね。

もっと弁舌巧みであっただろうと考えるのが自然なのではないだろうか。

61 :日本@名無史さん:04/03/04 23:10
>>22
清之助だよ

62 :日本@名無史さん:04/03/04 23:25
多分おりょうではないかな?
「面白い人でいつも私の顔になにかついてますかーとか何度も言ってきてからかうんですよー」
みたいなこと言っていたような。
あのおりょうが好意的なコメントしてるのって珍しいかも、他には三吉慎蔵くらい?

63 :日本@名無史さん:04/03/05 18:50
桂の方が真面目だったりするよね。
てかお〜い!竜馬の中岡像は本物?裁縫とか…

64 :日本@名無史さん:04/03/05 20:00
あれはきっと「無駄な時間の一切ない人で、用事から帰ってきたと思ったら鍬かついで出てきて
畑仕事を手伝いに来る」という(庄屋見習いの時の)彼を知る人の証言から常に働いているイメージと
キャラ立ちとして、他のキャラにない特徴(愛嬌)の附加と、すべて人任せにしないで自分でやるタイプ
という表現として、ああいった描かれ方をしたんじゃないかと思っています。
小山ゆうのああいったキャラクターの肉付けは本当にうまいなぁと感心します。
今のところ私は実際に裁縫したり料理の盛付に拘ったり(w という資料に出会ったことはないです。
もしあったら教えて欲しいなー

65 :日本@名無史さん:04/03/06 13:41
ありがとうございます!
てか前は、中岡と龍馬は実績についても互角と言う評価だったなら教科書に龍馬しか載らないのは何故?
やっぱり薩長同盟の裏書きのお陰?

66 :日本@名無史さん:04/03/06 13:55
変な質問してすいません。
友人で人生に行き詰まったみたいで、死にたいとか言ってる人がいるんです。
何とか励ましたいのですが、昔の人の書いた詩や句で人生の励みになるようなものは何かありますか?
辞世の句なんかでもよいです。
探し方も分からなくて…

誰か知ってる方教えてください。お願いします。

67 :日本@名無史さん:04/03/06 15:04
>65
ある書籍にあった話ですが、薩長同盟についての教科書での記載を調べたところ大抵が
「坂本竜馬らの仲立ちによって」や「坂本竜馬の〜によって」などと書かれており
筆者が理想は「坂本や中岡らの〜」であるがせめて後者は前者のようにすべきである
という手紙を出版社に送ったところ、中学段階の学習では中岡まで手が回らないということ
字数制限の問題などを理由とした返答が返ってきたようです。
「ら」の一文字くらい…とも思いますが他の人物を匂わせるのは混乱を招くという考えのようです。
余談ですが昔の教科書では大政奉還も後藤象二郎と山内容堂の功績と記載されていたらしい。

>66
釣りかなあと思いますがマジレス。
辞世の句は逆効果では…
志半ばにして逝かねばならなかった志士の伝記や小説でも読ませてみては?
人に「死にたい」などと言っていられるうちはまだ大丈夫だと思いますが。

68 :67:04/03/06 15:11
ちょっと言葉が足らなかったので補足。
大政奉還のことについては、竜馬ですら昔は冷遇されていたのに、後に再評価されたのだから
中岡の復権も将来的にないとは言えない、と言いたかったのです。

69 :日本@名無史さん:04/03/06 17:02
>>65
司馬遼太郎の「竜馬がゆく」がいかに社会に影響を与えたかを如実に示して
いるのです。

70 :日本@名無史さん:04/03/06 17:06
京都における薩長同盟締結時の立会も本来は中岡、坂本両名で
行うはずだったのが、中岡は三条実美に引き止められたため
(5卿護衛の任があった)やむなく坂本一人で立ち会うことになったそうだ。
中岡はいろんな意味で損をしている。

71 :日本@名無史さん:04/03/06 17:18
(ノ∀`)アチャー

72 :日本@名無史さん:04/03/06 17:27
中岡の知名度が高くないのは思想の問題。
中岡の思想は、単純攘夷・武力倒幕。
ココで坂本の差が出てる。

73 :日本@名無史さん:04/03/06 17:38
>>72
中岡の思想が単純攘夷であったか、武力倒幕をなぜ唱えていたのか。
中岡の書いた「時勢論」をよく読んでもう一度出直してきてね。
歴史知ってる人にそんな話すると嘲笑されるよ。

74 :日本@名無史さん:04/03/06 17:41
>>72
あと「窃ニ知己ニ示ス論」もね。

75 :日本@名無史さん:04/03/06 17:44
>>73 悪いが大した思想は無いよ。
中岡と同じ思想の志士は多分にいる

76 :日本@名無史さん:04/03/06 17:47
>>75
だからちゃんと読んだ?


77 :日本@名無史さん:04/03/06 17:49
>>76 それが反論w

78 :日本@名無史さん:04/03/06 17:52
>>72
アンチ中岡発見!龍馬厨か!?
いや、なんにしてもこれでこのスレッドも盛り上がる(w

79 :日本@名無史さん:04/03/06 17:54
>>77
それは釣り???もしかして。

80 :日本@名無史さん:04/03/06 17:59
>>74
「窃ニ知己ニ示ス論」の中だったっけ?
「助徳川論」と言う項目があってその中で大政奉還の
必要性なども説いている。まぁ結果的には「戦の一字」になっちゃう
わけだけどね。

81 :日本@名無史さん:04/03/06 18:03
坂本は あくまで戦無しの倒幕を目指したが、
中岡は 武力討幕でないと意味が無い、と考えた。

昔も今も、戦争を避ける方が評価されるのでは?


82 :日本@名無史さん:04/03/06 18:08
そういう事。中岡の思想は当時としては普通の事。
だから評価が低くなってしまってる

83 :日本@名無史さん:04/03/06 19:00
中岡は大政奉還が無意味なものになることを予見して、
武力倒幕に走ったんだけどねえ・・・
事実無意味なものになってしまうし・・・
大久保利通と徳川慶喜の水面下での戦いを知ってしまうと、
大政奉還がいかにただの理想論に過ぎなかったかがよくわかる。

84 :日本@名無史さん:04/03/06 19:00
>>81
今はともかく昔は違います(w

85 :日本@名無史さん:04/03/06 19:09
結局中岡も坂本も
西郷や大久保、慶喜の手のひらで踊っていたに過ぎないのでチュ。
んで用なしになったんで殺されたんでチュ。

86 :日本@名無史さん:04/03/06 20:14
>>85
違うよ。薩長同盟しても桂は西郷を信用していなかった。
明治になっても信用しきれなかった事でも有名。
だから同盟の裏書きを竜馬にしてもらっているんだ。
薩摩は長州に、長州は薩摩に裏切られない様にする為の生き証人だからね。
薩長に竜馬を殺せるわけがない。

87 :日本@名無史さん:04/03/06 23:50
>83でFA。
理想論の竜馬が共感を受けやすいのは平和だから。
どこまでも現実的だった中岡の思想は夢のないものに見えるんだろう。
現実にどうなったか考えれば中岡の考えが正しかったことは分かる筈だ。

ちゅうわけでこの話は終了。

88 :日本@名無史さん:04/03/07 07:58
>>87 中岡は占い師って言いたいのかw


89 :日本@名無史さん:04/03/07 12:28
北川村行ったことある人いる?
記念館行ってみたい。

90 :日本@名無史さん:04/03/07 14:11
土佐勤王党に入った頃ってまだ光次だったのか。
福太郎→光次(三歳〜)→慎太郎(二十五歳〜)土佐勤加入は二十四歳だね。
中岡光次ってのも案外悪くないな。

91 :日本@名無史さん:04/03/07 20:14
>>67
因みに社会のテストでも「薩長同盟の仲立ちをした土佐出身の――は誰ですか?」の答えは坂本龍馬。
因みに小・中学では資料集にすら載っていません。
中学では「15代将軍慶喜は、元土佐藩主山内豊信の薦めもあり1867年、大政奉還」と書いてあります。

娘と息子の教科書と資料集を見せてもらいましたw

92 :日本@名無史さん:04/03/07 21:05
記念館、去年の夏に行きました。
かなり遠いけど、良かったですよ。
記念館近くには、生家(復元)、記念碑、遺髪埋葬地や、
周辺には、清岡道之助邸、二十三士殉職地やお墓等があり、
かなり満喫できました。
記念館のHPもありますよ!!

93 :日本@名無史さん:04/03/07 22:07
>91
学校教育では仕方ないね…残念だけど。

>92
HPは.>27に出てるね。
行きたいなぁ…でも誰かと高知に旅行に行ったとしてもその日は別行動になりそう。
一人旅でもいいけど皿鉢料理を一人で食べるのは嫌だし…
ていうか、高知から車で一時間以上かかるんだね。
よく中岡は徒歩で行き来てしたもんだよ。

94 :日本@名無史さん:04/03/08 16:28
>>93
高知からどこ…?
関東に住んでたら高知はキツいよな _| ̄|○

95 :66:04/03/08 20:46
>>67
釣りじゃないです。マジレスありがとう。
そうか…スレには関係ないけど人生に望みを持てそうな本とかないかなぁ?
誰かオススメありませんか?

96 :日本@名無史さん:04/03/08 23:56
>66
ここでも参考にしてみたら?
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1013413401/l50
スレ違いなんでもう止めてね。

関東から高知はマジで遠い。
場所はHPにあるよ。
慎太郎気分を味わうために歩いてみようかな?とかちょっと思ったけど…
絶対挫折するだろうな〜

97 :日本@名無史さん:04/03/09 19:43
いやだからどこからどこを

98 :日本@名無史さん:04/03/10 00:22
>>66
真面目に回答。橋本左内の「啓発録」

99 :日本@名無史さん:04/03/10 10:14
>>66
「特攻へのレクイエム」工藤雪枝著

100 :日本@名無史さん:04/03/10 18:47
>>60みたいな人だったけどやっぱ竜馬の方が魅力的だったんだよねぇ。
やっぱ中岡の方が堅かったのかな?

101 :日本@名無史さん:04/03/10 20:11
魅力なんて人それぞれでしょ。俺は中岡のほうが好きだしねぇ。
ただ竜馬は派手。中岡は地味と言うのは確か。
前者は小説になりやすく大衆人気を得やすい
後者は・・・色々と中岡は損をしている。

102 :日本@名無史さん:04/03/10 20:44
竜馬の魅力も司馬に作られたようなもんだがな。

103 :日本@名無史さん:04/03/11 12:37
>>93
中岡は慶応元年(1865年)には下関〜京都を4往復もしています。
恐るべし健脚(まぁ船にも乗っただろうけど)

104 :日本@名無史さん:04/03/11 19:12
「竜馬がゆく」が著される以前の坂本龍馬の知名度はどの程度なの?
今では名前を知らない人はいないほど有名だけど。

105 :日本@名無史さん:04/03/11 19:32
>104
3へぇーくらい

106 :日本@名無史さん:04/03/11 20:55
中岡とどっこいどっこいだったんだろ
中岡サイコーなのにな。教科書にも載らんでマイナーな人物になってるし

107 :日本@名無史さん:04/03/11 21:26
>>104さん、
>>58
>>59
に詳細が書いてありますんでそちらを参照してください。

108 :日本@名無史さん:04/03/11 23:16
だからぁ〜、中岡の知名度が高くないのは思想の問題なんだって。
中岡と似たような思想の人は多分にいた。その為に話題になりにくい。
勿論、俺は中岡の事を高く評価してるがね。

109 :日本@名無史さん:04/03/12 00:28
>>104
龍馬に関する小説は明治16年に汗血千里駒と言う題で出ている。

110 :日本@名無史さん:04/03/12 01:46
幕末に維新後の国家構想を持っていたのは
竜馬くらいのものだった、とか
世界の海援隊云々の話とか、
竜馬にはある意味、西郷や大久保よりも上を行っているような
ところがあるが、慎太郎にはそういうところがない。
竜馬は天才。慎太郎は知性が高くて行動力がある凡人。

111 :日本@名無史さん:04/03/12 02:03
竜馬が煙幕になって知名度が低いののは確かだね。
その分好きになるとかえって愛着がわいたりする。
竜馬の「竜馬がゆく」みたいにこれ!っていうイメージが作られてないから
自分なりの中岡像を残された証言や出来事から作っていくのも楽しいしね。

112 :日本@名無史さん:04/03/12 12:02
>>73
「時勢論」はどこで読めるんですか?出版はされていませんよね。

113 :日本@名無史さん:04/03/12 21:29
>110
その竜馬認識には、創作等での脳内保管が多分に混入されていますね。
そんな窮屈なものの見方をせずに、自由な視点から幕末を見てみたらどうだろうか。
その方がいろんな発見があっておもしろいと思うんだけどなー
例えば君は佐幕側の人間は頭の固い馬鹿ばかり、とか思ってるんじゃないかな?

114 :日本@名無史さん:04/03/12 22:45
>>110
「竜馬がゆく」そのまんまですな…

115 :日本@名無史さん:04/03/13 11:05
>>112
さすがに出版はされてないでしょう。
霊山博物館で展示されているのは見たけどね。アレって本物?複製かな?

116 :日本@名無史さん:04/03/14 19:10
つまり竜馬と並んでしまったのは不幸だったという事でよろしいか?
というか
幕末に維新後の国家構想を持っていたのは竜馬くらいのものだった
↑事実?

117 :日本@名無史さん:04/03/14 21:32
中岡好きなら中岡慎太郎全集は持ってなきゃな。

118 :日本@名無史さん:04/03/14 21:33
>>117
吉田松陰全集を買いたいけど親がダメだって言うんだよ。
なんでダメなんだろうね?学術的なことなのに。

119 :日本@名無史さん:04/03/14 22:51
司馬遼太郎は「竜馬がゆく」の中で実はかなり中岡を評価している。
木戸、西郷、大久保以上なんてことが書いてあって中岡好きの俺も
「さすがにそこまでは・・・」と思った。
司馬ってやっぱり好みの人間を必要以上に大きく書きすぎる傾向にあるね。

120 :日本@名無史さん:04/03/14 22:54
>>119
つうか作品ごとに人物の評価がコロコロ変わってます

121 :日本@名無史さん:04/03/15 03:17
>>119
だって司馬は再評価を得意としrていた人だから。

122 :日本@名無史さん:04/03/15 16:42
中岡慎太郎全集とか吉田松陰全集とかって信用出来るんか?
絶対の事実?

123 :日本@名無史さん:04/03/16 13:00
ま、「おーい竜馬!」よりは事実に近いことは間違いない。

124 :日本@名無史さん:04/03/16 19:34
まさか創作とかないですよね?
それと幕末新聞(確か)ってやつ知ってる人いますか?
あれはいいですか?

125 :日本@名無史さん:04/03/16 19:47
>>124
書店で立ち読みしたことあるけど、ライトに幕末に触れたい人向けだと思うね。

126 :日本@名無史さん:04/03/18 00:58
全集高いよね、22000円だっけ?
生活費から少しずつ貯めてるところなんだけど。
購入はいつになることやら…

127 :日本@名無史さん:04/03/18 13:24
>119
確かにちょっと言いすぎでは?と思ったけど…>司馬の中岡評
地元では下級武士扱いの一介の脱藩浪人が、他藩の志士や三条卿なんかの支持をあれだけ得ていたのは
やっぱり只者ではなかったからだと思う。
招懸閣でもすぐに重要人物になってるしね。
まあ慎太郎が志士たらんとする原動力の一つは身分への不満や地元の農家の困窮だっらりすると思うし
違う立場に生まれていれば…てのは意味のない妄想でしかないんだろうけど。

128 :127:04/03/18 15:28
×招懸閣→○招賢閣
打ち間違えスマン。

129 :日本@名無史さん:04/03/18 22:44
じゃぁ中岡は竜馬が人気になったために今やあまり知られない人物となったという事か?
それだけでは無い?…

130 :日本@名無史さん:04/03/18 23:28
トンデモで恐縮なんですが
宿曜教という占星術によると
竜馬と慎太郎は同じ星生まれ

だからといってはなんですが
 
実は結構気質体質が似ているせいかかなり話が合う為に
二人の会話や人となりがどこから中岡でどこまで坂本なのか
当事者でないと判らない部分もあり

中岡慎太郎・坂本竜馬二人のエピソードが合わさって
評伝的には「竜馬」というキャラクターになってしまったのでは

131 :日本@名無史さん:04/03/19 14:49
さすがにエピソードが混ざることはないでしょうけれど、やり遂げた事業が重なっているため
それを語る時一方が省略されている、というのはありますからねぇ…
キャラクターについては対比のためかコチコチの堅物に書かれること多い慎太郎ですが
実際には良く笑う穏やかな人物だったそうですし、後世のイメージより竜馬と似たタイプ
だったのかもしれませんね。

私の勝手なイメージですが、彼がいまいちメジャーになり損ねた原因は、情に厚すぎたから
ではないかと思います。
乗りかかった船とはいえ、長州や七卿に対する献身ぶりは責任感の域を越えたものがあります。
彼に竜馬のような「自分探し」の余裕があれば、また違った活躍があったかもしれません。
とはいえ、そんな慎太郎だからこそ惹かれるんですが。

132 :日本@名無史さん:04/03/19 17:10
>>131
武市亡き後の在郷土佐勤皇党残党の面倒もよく見てますしね。
なにより「献身の人」というイメージが一番強い。

133 :日本@名無史さん:04/03/19 18:00
竜馬よりある意味すごいやつだと思う

134 :日本@名無史さん:04/03/19 19:35
何の後ろ盾もない(竜馬ですら一時的とはいえ幕府、
薩摩などの後ろ盾があった)一介の脱藩浪人が
(正確には武士ではないが)薩長を結びつけ、
三条、岩倉を和解に導き、土佐藩を洗脳、倒幕の舞台まで
引き釣り出したのだからとんでもなくすごい奴だと思う。

135 :日本@名無史さん:04/03/20 01:03
「献身の人」っぷりは庄屋時代のエピソードからも伺えますよね。
それにしても大地震やら飢饉やら、よりによって俺の時に来るなよ!って少しは思っただろうな.。
新人庄屋見習い大奮闘。

136 :日本@名無史さん:04/03/20 07:41
>>135
中岡といえば「過激な勤皇思想」のイメージが強いけど、
思想が先走りしたいかにもな「勤皇の志士」像からは少しずれるね。
常に地に足がついた現実家。庶民(というか農民)の心情の代弁者。
そもそもが武士じゃないから武市や久坂のように思想に殉じるような
事はなかった。
たまに暴発して島津久光暗殺しようとしたりもしてたけどね。

137 :日本@名無史さん:04/03/20 09:55
>>136 現実家なら禁門の変なんていう、明らかな長州の暴走には参加しないと思うがね

138 :日本@名無史さん:04/03/20 10:26
土佐勤王党は山内・徳川憎しの怨念で暴走した基地害集団。
その構成員だった中岡に現実的な思想なんてあるわけない。

139 :日本@名無史さん:04/03/20 14:38
>137-138
こちらは釣堀には向かないと思いますよ。
もう少し勉強されてから来ることをお勧めします。

まあしかし、禁門の変における中岡の立場は微妙なものがあったと思います。
立場上ケツを捲くるわけにもいかなかったでしょうし…
当時の心境を是非聞いてみたいところです。
それにしても禁門の変における長州の被害には目を覆いたくなりますね。
戦死者はもとより、その後の恭順に際する犠牲まで…中岡はさぞ断腸の思いだったでしょう。

140 :日本@名無史さん:04/03/20 20:52
>>139
結構きついことを高杉あたりから言われてるんだよね。
「長州の庇護を受ける以上は何かあったとき真っ先に
長州の為に死ななければならない」的なことを。
招賢閣の面々も苦労の多いことで・・・

141 :日本@名無史さん:04/03/21 00:15
あげくのはてに勝手にやさぐれて切腹とかするしな>招賢閣の面々
長州から三条卿から招賢閣同士から頼られてせっつかれて…よく身体が持つもんだ。
異常な健脚ぶりといい、中岡の体力、精神力は並大抵のもんじゃない。
時々見受けられる暗殺癖wは若さとストレスの表れだったんじゃないだろうか。
まあどれも実行に至ってないし、大抵は冷静になって冷めちゃったんだろう。

142 :日本@名無史さん:04/03/21 11:02
暗殺を企てたのは事実ですか?

143 :日本@名無史さん:04/03/21 12:54
全部がどうかはわからんけど殺そうとしてた相手(板垣退助)から
「以前俺を殺そうとしてただろ?」と聞かれて「はいそうですよ」と言ってるんだから
そういうことはあったんだろうね。
ていうかこの話フィクションじゃないよな。

144 :日本@名無史さん:04/03/21 18:00
中岡が高山彦九郎を、尊敬してたって本当?
小説・彦九郎山河や高山記念館かなんかに、そういう事書いてあったのを見た気がするんだけど。

145 :日本@名無史さん:04/03/22 00:29
中岡が久坂と彦九郎の墓参りしたのは事実っぽい

146 :日本@名無史さん:04/03/22 04:50
中岡と佐久間象山が口論になったのも事実っぽい

147 :日本@名無史さん:04/03/22 16:10
霊山歴史館で慎太郎のポスターゲト
お墓も行ってきますた

148 :日本@名無史さん:04/03/22 16:53
>>146
そういう風に書かれると嘘っぽく見えるな

149 :日本@名無史さん:04/03/22 19:40
>146
口論というか、議論したんでは。
久坂達と話を聞きに行ったんだっけ?
で、まだ若く青かった中岡はカルチャーショックを受けたと。
中岡はあの手の斜にかまえた文化人タイプは苦手っぽい気がする。
なんとなくだが…。

150 :日本@名無史さん:04/03/22 19:44
なにしろ、佐久間象山というのは人を小馬鹿にする傾向があるから・・・
吉田松陰は小馬鹿にされなかったのかね?

151 :日本@名無史さん:04/03/23 13:03
中岡が(竜馬も)明治政府とか見たら残念に思ったんじゃなかろうか。
ところで自分はあの暗殺の真実が闇に葬られたみたいになってるのは
間違って中岡まで殺しちまったからなんじゃないかと考えたことがある。
つまり暗殺を謀ったのは倒幕派の中に…
今井の判決文に中岡の話が出ないのがどうもわざとらしいんだよなぁ。

152 :日本@名無史さん:04/03/23 20:27
生き残った奴は悪く言われる。
早く死んだ奴はよく言われる。

そんなもんです。

153 :日本@名無史さん:04/03/23 20:43
岩倉具視が自分の用心棒でもある中岡慎太郎を葬ることで嫌疑を回避したという
説がある。

154 :日本@名無史さん:04/03/23 20:44
岩倉は中岡・坂本を偲ぶ会で
薩摩人を呼ばなかったって本当?

155 :日本@名無史さん:04/03/23 22:14
>154
マジで?
実際薩摩はあやしい点が多いからなぁ。
岩倉説は心情的に否定したいところだけど…
それが本当だとしたらさすがに三条卿が怒るのではないだろうか。
だから隠してるのか?

156 :日本@名無史さん:04/03/24 23:06
禁門の時の中岡の詳しい動向が知りたい。
全集とかには載ってるのか?

157 :日本@名無史さん:04/03/25 11:11
全集、図書館にあるかな……

158 :日本@名無史さん:04/03/25 19:42
>>156
嘘か本当か知らんが中岡は禁門の変直後に西郷と会ってるらしい。
そして西郷の人となりに感銘を受け、薩長同盟の実現化に向け動き出したとか。

159 :日本@名無史さん:04/03/25 22:59
>157
うちの区にはないよ。
ついでに陸援隊始末記もない…
自分で購入できそうにない、全集みたいな高い本ほど図書館に揃えてもらいたいんだが。

160 :156:04/03/26 00:28
禁門直後って怪我の静養中とか?
本当だとしたら一体どんな状況で…西郷が鳥居さんちにでもやってきたのだろうか?うーん。

気になっていたのは禁門の変の時、国司、来島に属して天竜寺にいたよね?
忠勇隊はどの程度来島の遊撃隊に属したのかな。
連れてきたのは真木和泉なのに戦闘布陣では離れてるからなんでかなと思って。
また、その際「こういう仕事をした」とか「こういうことがあった」という中岡のエピソードは残ってないのかな。
足撃たれて戦線離脱する前の行動がさっぱり分かんないんだよね。

161 :日本@名無史さん:04/03/27 00:08
>154
たしか薩摩も長州も呼ばなかったと思う。
どういう意図かは知らないが。

162 :日本@名無史さん:04/03/27 14:55
>159うちの区ってw今度図書館にリクエストしよ

163 :sage:04/03/27 15:05
中岡慎太郎って誰?

164 :日本@名無史さん:04/03/27 17:04
中岡慎太郎ですが何か?

165 :日本@名無史さん:04/03/27 18:24
やっぱ「慎太郎が行く」じゃパッとしないなあ

166 :日本@名無史さん:04/03/27 19:37
そりゃ竜馬は幕末きっての字面のいい名前なんだから当然だ。
慎太郎は「君子は必ずその独りを慎む」からとったそうだけども
どういう意味なんだ?

167 :日本@名無史さん:04/03/28 16:43
いつか中岡主役の話を描こう!と思ってはや十年…
私も歳をとったものよ。

168 :日本@名無史さん:04/03/28 17:40
作家なんスか?

169 :日本@名無史さん:04/03/28 22:41
>>167
早く書いてください。少なくとも「竜馬がゆく」に匹敵するすごい奴を。

170 :日本@名無史さん:04/03/28 22:45
タイトルは「中岡慎太郎って誰? 」でいいと思う

171 :日本@名無史さん:04/03/28 23:34
そんなこというなよ

_| ̄|○

172 :167:04/03/29 00:00
いや、あの…若かりし頃の夢というか……
そうだよな、まだ二十代なんだ…諦めちゃ駄目だよな…
漫画だけど。

でも別に自分がやらんでも、そろそろ中岡を題材にした作品が出てくるんじゃないかと思う。
幕末ブームが来そうだし。
竜馬は正直みんな食傷気味だと思うんだよね。

173 :日本@名無史さん:04/03/29 22:13
出そうで出ないまま何年…って感じだけど。

前レスで出てた中岡小説読んだよ、堀の方。
結構面白かった。
女ネタ以外はどの程度が脚色なんだろうね。

174 :日本@名無史さん:04/03/30 13:28
>>172おお、是非とも頑張ってください。
というか幕末ブームきてるな。新選組漫画、変なのいっぱい出てるし

175 :日本@名無史さん:04/03/30 14:33
なんか勘違い馬鹿が多いなw
坂本の存在があるから脇役になれたんだぞ。
坂本がいなければ脇役にもならない。
なぜか?思想が当時の志士として平凡だから。


176 :日本@名無史さん:04/03/30 16:52
>175
コテハンにしたら?

177 :日本@名無史さん:04/03/30 17:38
>>172
発掘する楽しみだよな。
漫画とか漫画原作というアプローチは結構面白い試みだと思う。
けど中岡ってメジャーではないけどマイナーとも言い難いポジションにいるね。
坂本や武市よりは知られていないが吉村虎太郎よりは有名だろうし。

178 :日本@名無史さん:04/03/30 20:42
その微妙さが盲点というかおいしいのではないか?
ネタは結構あるし。
吉村では長編は難しかろう。

179 :日本@名無史さん:04/03/30 20:59
陸援隊の幹部だった鯉沼伊織(のちの香川敬三)について調べているのですが、彼が陸援隊に入ったきっかけってご存知の方いらっしゃいますか?

180 :日本@名無史さん:04/03/31 13:44
>>175実行力・信頼

181 :日本@名無史さん:04/03/31 14:29
>>180 創作ですか?

182 ::04/04/01 00:55
中岡慎太郎て、子どもいるの?
誰か教えて下さい。

183 :日本@名無史さん:04/04/01 01:06
いないよ。

184 :日本@名無史さん:04/04/01 13:54
このスレを1から読みましょう

185 :日本@名無史さん:04/04/02 00:57
>179
調べ方が悪いのか、私もハッキリした記述を読んだことがない。
中岡に傾倒していた、と書かれていることが多いので、その辺りの事情には興味ある。
ただ、個人的にはあんまり印象良くない人なんだよねぇ…
近藤勇の一件はいわずもがな、戦下手とも聞くし。

186 :日本@名無史さん:04/04/02 23:43
独りよがりになったらいかんよ。
みたいな意味じゃなかったっけ?>「君子は必ずその独りを慎む」

187 :日本@名無史さん:04/04/03 14:35
山いもの汚名免れざる事と、慙愧之至に存じ奉り候。

188 :日本@名無史さん:04/04/04 22:52
>185
中岡に傾倒して陸援隊入りしたのって伊藤源助では?(本当かは知らんけど)
大村益次郎暗殺の人と同姓同名でややこしい。

189 :日本@名無史さん:04/04/05 16:36
このスレ、よくここまで持ったな。
1はまだいるのか?

190 :日本@名無史さん:04/04/05 20:04
もっと保たせよぜ

191 :日本@名無史さん:04/04/05 20:14
>>189
俺は>>1ではなく>>44だがはっきり言って中岡マンセーだ。
これからも機会を見てはドシドシageていくからな。

192 :日本@名無史さん:04/04/07 03:40
実際何人くらいでまわしてるんだろう…
まぁいいか。

中岡、坂本が暗殺されるまではバリバリ倒幕視点なんだけど
それ以降いっきに倒幕側に共感できなくなっていく。
「二人が京都の宿で同時に討たれたとき、日本の近代にとって
 貴重だったはずの何かが、飛び去り失われてしまったのである」
夢見てるかなぁと思いつつ、この言葉に深く共感してしまうなぁ。

193 :日本@名無史さん:04/04/07 04:45
中岡と月形洗蔵の関係を誰か教えてくれ

194 :日本@名無史さん:04/04/07 15:58
薩長和解に奔走した同志・・
早川養敬曰く、中岡は月形とは論議が合わなかったけど、
自分とはよく合った、らしいが。

195 :日本@名無史さん:04/04/07 22:07
>>192
かなり夢見てるね

196 :日本@名無史さん:04/04/07 23:36
>>98
いまさらだけど。啓発録イイ!

15歳で。。。。。。

197 :日本@名無史さん:04/04/07 23:55
中岡ヲタって中岡のことどれくらい知ってるんだ?
横山勘蔵って誰だか知ってる人いる?

198 :日本@名無史さん:04/04/08 00:48
中岡の変名では?

>195
いいじゃんかよう。

199 :日本@名無史さん:04/04/09 10:02
石川清之助・(寺石貫夫)・大山彦太郎・横山勘蔵。
変名考えるのって楽しいだろうな、
石川以外は何から名前とったんだろう。

200 :日本@名無史さん:04/04/09 20:08
漏れも変名ほしい

201 :日本@名無史さん:04/04/09 22:23
肉欲棒太郎で我慢しとけ。

202 :日本@名無史さん:04/04/09 23:31
>>200
才谷梅太郎とかどうだ?
ホラ吹きの梅毒持ちになってしまう可能性があるがな。

203 :日本@名無史さん:04/04/09 23:49
実は変名ではなく源氏名だった「石川清之介」

204 :日本@名無史さん:04/04/09 23:51
スナック「いごっそう」

205 :日本@名無史さん:04/04/09 23:57
竜馬って時々・・・
"清"之助を"精"之助って手紙に書くんだよな・・・

206 :日本@名無史さん:04/04/11 02:06
それは暗号です。>精之助
意味は…

207 :日本@名無史さん:04/04/11 02:34
精液

208 :日本@名無史さん:04/04/11 11:33
ひねりなさい ひねりなさい

209 :日本@名無史さん:04/04/11 17:25
中岡が松蔭に傾倒してたのは高杉と久坂の影響?

210 :209:04/04/11 17:35
あっ、字間違えた・・。

211 :日本@名無史さん:04/04/11 19:26
肉欲棒太郎はいいな(爆笑

212 :日本@名無史さん:04/04/13 22:48
天保9年4月13日といえば・・・なのに寂しいな・・

213 :日本@名無史さん:04/04/14 00:29
旧暦だからでは?正確には5月6日(1838年)でしょ。
でも一応誕生日おめでd中岡。
もう遅いけど…

214 :日本@名無史さん:04/04/14 01:41
そうなのか、
いっそ、5月5日のこどもの日がいいな。

215 :日本@名無史さん:04/04/14 21:53
原敬を暗殺した中岡艮一は慎太郎の子孫なんて話もあったね。

216 :日本@名無史さん:04/04/15 01:04
初めて聞いた。>215
どういうこと?

217 :日本@名無史さん:04/04/15 20:17
>>216
同日大塚駅の助役は、「中岡は高知県出身で早く父を失い
母と二人暮らしで今春ポイントマン(転轍手)になった。
性質は時によると変な事を言う男だが、頭脳は明晰で読書の
範囲は広かった。
勤勉家ではないが、相当仕事をしていた。三日は出番ではないが、
四日は休んでいた」と語った。
取調べの途中で中岡は坂本竜馬と共に王政復古に尽力した土佐の
英傑中岡慎太郎の孫にあたるということがわかった。

ttp://www.c20.jp/1921/11harax.html


2〜3年前、原敬暗殺スレで話題になり皆で調べた事がある。
あの時は結論として捏造説になったはず。

218 :日本@名無史さん:04/04/16 00:20
>2〜3年前、原敬暗殺スレで話題になり皆で調べた
そんなことがあったとは全然知らなかった。
個人的には…捏造であって欲しいな。
しかしなんで断定口調なんだろう、この文。

ところで最近CMに中岡が出てるねw

219 :日本@名無史さん:04/04/16 00:31
あの時代の日本史板は2ちゃんいちばんの過疎板といわれていたな。
真面目な人達も多かったよ。

中岡艮一の父親は高知ではなく福岡の炭鉱夫で母親系が武士かもしれないが探りきれなかったののかな?

ほとんどのソースは猪瀬のペルソナだったよ。

220 :日本@名無史さん:04/04/16 19:42
捏造だとして、なんでそんな話にしたのかが気になるな。
良一が中岡ファンだったとか?

221 :日本@名無史さん:04/04/16 20:36
>>220
原は賊軍南部藩出身で藩閥政治の破壊者でもあったから。

中岡艮一の後援者達が箔を付けようとして言い出したのでしょう。

222 :日本@名無史さん:04/04/16 23:58
だとしたら嫌な話だね。
薩長はどうも好かんので。
そんな時だけ中岡の名を利用するなんてなぁ…

223 :日本@名無史さん:04/04/17 02:07
>>222
まぁ兄さん
猪瀬直樹の「ペルソナ‐三島由紀夫伝」読んでみてくれや。

224 :日本@名無史さん:04/04/17 18:29
お、中岡のスレにしては結構もつなぁ。

225 :日本@名無史さん:04/04/18 14:29
完走します。

226 :日本@名無史さん:04/04/19 09:41
もっともたせよぜ

227 :日本@名無史さん:04/04/19 17:47
ま、英雄だあね。










地味だけど。

228 :日本@名無史さん:04/04/19 21:33
その地味さ、報われなさが慎ちゃんの魅力の肝なのです。

229 :日本@名無史さん:04/04/19 22:52
誰だっけ?

230 :日本@名無史さん:04/04/20 00:37
京都に西郷を連れて来られなかった時の
中岡は哀れゆえに中岡らしい。

231 :日本@名無史さん:04/04/20 00:40
坂本と中岡は盟友であったが、西郷は坂本に信頼をおいていたのか?

232 :日本@名無史さん:04/04/20 00:51
>230
あの一件故に西郷さんがいまいち好きになれない。
大久保は好きなんだけどな。

233 :230:04/04/20 01:12
京都じゃなくて下関だった・・失礼。

234 :日本@名無史さん:04/04/20 03:18
そんで、その代わり桂を京都に呼ぶとはな。
桂にとって京都は今のイラク以上に危険な場所だったのに


235 :日本@名無史さん:04/04/20 22:45
西郷も腹黒だからね…

236 :日本@名無史さん:04/04/20 23:46
中岡は西郷さん好きみたいだけどな

237 :日本@名無史さん:04/04/21 00:34
慎太郎とはそういう奴なのさ…

238 :日本@名無史さん:04/04/21 21:43
時代の流れか、、
故郷の二十三士斬首の事件あたりから、
中岡必死杉、のうのうと生きてる自分が許せんって感じだ。

239 :日本@名無史さん:04/04/22 01:07
土佐の面々はみんな苦労してるよね。
残った連中がなぁ…

240 :日本@名無史さん:04/04/22 03:49
殿様を始めとして能無し集団ですから土佐は。

241 :日本@名無史さん:04/04/23 23:00
武市先生がいればな。

242 :日本@名無史さん:04/04/23 23:05
無能とまでは言いたくないが、どうにも政治家としてはおそまつな印象だね。
薩長に軽視されていたとしても、もうちょっとなんとかならんかったんか?と。

最近、創作の中の中岡(脇役でも)を探す旅に出てるんだけど、いいのないかな?
「明日は維新だ」って本に中岡主役の短編があると聞いて期待して読んだんだけど
中岡ファンとしてはいまいちピンとこなかった。

243 :日本@名無史さん:04/04/24 10:55
室戸岬にある中岡の銅像、けっこうでかいんだけど
高知市内からバスで2時間、桂浜にくらべるとなにぶん不便。
ここでも損をしている感じ。

244 :日本@名無史さん:04/04/24 17:45
>>230
その一点からのイメージが、
中岡慎太郎の評価を坂本竜馬よりも1段下に見せるのかもな。
でも明治まで生きていたら、少なくとも伊藤博文や陸奥宗光よりは
大きな仕事をやってのけたと思う。
表舞台を避けていた竜馬よりも、もっと有名になっていたと思うんだけどな。


245 :日本@名無史さん:04/04/24 21:44
そりゃファンの欲目ってもんだろ、歴史にifはねえんだよ。プ








ごめん、俺もそう思ってるよ…

246 :日本@名無史さん:04/04/24 22:25
少なくとも薩長に冷遇されることはなかったんじゃないかな。
坂本は政治家になる気はなかったかもしれないし、田中、谷、土方に中岡が劣るとは思えない。
もちろん政治家としては板垣より有能だったろう。
しかし、いたらいたで木戸以上に議会で浮きそう。
三条さんみたいに心労で擦り切れる悪寒。
だからといって汚職に染まったヨゴレ政治家な中岡なんて見たくない。

247 :日本@名無史さん:04/04/25 00:12
早死にしたからって、好き勝手妄想してますね?

248 :日本@名無史さん:04/04/25 02:42
何当たり前のこと言ってんだよ。

249 :日本@名無史さん:04/04/25 15:04
>>242自分もまだ読んでないけど「さらば新撰組」はどう?中岡短編がある。
あと同作者で三好徹の「板垣退助」にも前半出てくる。

基本的に小説だと司馬のも然り、クールな感じに書かれてるような・・
人間味あるって意味では、堀和久か、嶋岡〜(名前忘れた)の
「中岡慎太郎」が普通におもろい。

250 :日本@名無史さん:04/04/26 13:30
>249
おお!「さらば新撰組」は知らなかったです。
ありがとう、早速探してみる。
「板垣退助」は図書館になかったんですよね…

「中岡慎太郎」は堀版が好き。
でもあれ、登場人物がみんな爽やか好人物で騙されてる気になる時があるw

251 :249:04/04/26 20:57
>>250 あっ、自分も確認してみが、中岡知らない人にはこういう人かってのが
分かっていいかもしれんが、中岡ファンには物足りないかも・・。<さらば新撰組

小説じゃないけど、「討幕の思想 草莽の維新」(寺尾五郎)
は松陰先生→高杉久坂→中岡と繋がる草莽の系譜について書いてあって興味深い。
「時世論」「竊かに知己に示す論」等等・・も載ってるし。

252 :日本@名無史さん:04/04/27 01:35
脱藩とかした志士達って着たきり雀なイメージあるんだけど身なりとかどうしてたんだろ。
中岡はとくに構わない人だったらしいけど、それならかなり臭かったのだろうか…
昔のことだから虫も湧いただろうし、移動中に洗濯はできないよなぁ。
そういう生活関係のことが気になってしょうがない。
調べるのに良い資料はないかなぁ。
いろいろ読んではみるんだけどいまいち手ごたえがない。

253 :日本@名無史さん:04/04/27 10:24
福岡藩士の早川曰く中岡(文中では石川)は、
「美服をまとい婦女をたずさえるなどその頃の流行ものだけれども、石川は木綿袴を
着けて他の浪士のまねをしない」 
人だったらしいが

移動中は、宿なんかには泊まってるから、風呂くらい入ったろうけど、
洗濯や繕いの暇はそんなになかったんじゃないかな

254 :日本@名無史さん:04/04/27 14:08
中岡の頭にはきっと、常に地元のお百姓さんの貧乏暮らしがあったのだよ。
と妄想してみる。

255 :日本@名無史さん:04/04/27 14:22
脱藩といっても実家の仕送りで生活しているわけで、
実家が裕福かどうかで違うんじゃないの。

256 :日本@名無史さん:04/04/27 17:01
中岡っ五十人組はともかく、脱藩後は長州に面倒みてもらってるって
感じがするなぁ、、お金とかも。
手紙なんかも故郷の心配をする手紙は残ってるけど、なにかを催促する手紙は
ないし、逆に故郷から中岡への手紙って残ってないからなんともいえんけど。

257 :日本@名無史さん:04/04/27 17:14
中岡の家は大庄屋で裕福だったから仕送りで金は持ってたという意見と
飢饉の時の借金やらで竜馬とかと比べると貧乏だったからそれほどではないという意見と
どっちも聞くけどどうなんだろう。
253で言われてるように、中岡は余計な金は極力使わないタイプだったようだし
仕送りは受けていたとしても(支援者の援助もあったろう)わりと切り詰めて生活していたのでは?
そういえば志士はよくツケで飲んでいたようだから、案外小額で暮らせたのかもしれん。

258 :日本@名無史さん:04/04/27 17:24
>手紙なんかも故郷の心配をする手紙は残ってるけど、なにかを催促する手紙は
>ないし、逆に故郷から中岡への手紙って残ってない
ないの?
自分も見たことないから捜してたんだが。
全集にはその辺の事情は詳しく載ってないのかね。
高くて手が出ないから読んだことないんだけど。

259 :日本@名無史さん:04/04/27 17:31
>脱藩とかした志士達って着たきり雀なイメージあるんだけど身なりとかどうしてたんだろ。
>中岡はとくに構わない人だったらしいけど、それならかなり臭かったのだろうか…
マジ?中岡って結構律儀なイメージあるから身なりとかもきちんとしてそうだけど…
別に几帳面ってわけではないのかな?
男っぽそうだしな

260 :日本@名無史さん:04/04/27 17:53
>>258ない。実際あったけど残ってないだけかもしれないけど、、
中岡からの「そちらの状況はどうですか?」みたいな手紙の一方通行に見える。
全集読み応えアリなのでいいじょ。ひとまず図書館で借りてみんさい。

>>259まぁお洒落さんではなさそうだな。だらしなくはないと思う。

261 :日本@名無史さん:04/04/28 22:36
ちなみに、なんかの本で
中岡の方から国もとに送った手紙(実家じゃなくて親戚?)は
危なくなって全部焼かれたと書いてあった。・・そういう時代なんだと思う。

262 :日本@名無史さん:04/04/29 20:41
まぁそうだろうね

263 :日本@名無史さん:04/05/03 00:18
ho!


264 :石川性之助:04/05/03 03:41
おいどんは薩摩藩士ぜ…でごわす!

265 :日本@名無史さん:04/05/03 15:07
ネタ切れか?

266 :日本@名無史さん:04/05/03 16:05
し・・・しかたないんだYo!3人くらいで回してるであろうから・・

267 :日本@名無史さん:04/05/03 18:55
バラすなよ!
…まぁいいじゃないか、マターリいこうぜ。

最近気になるのは久光暗殺計画の舞台裏。
メンツがアレなだけに中岡が本気でやる気だったのかが気になる。

268 :日本@名無史さん:04/05/03 20:01
高杉は藩に被害を及ぼさないため、藩に庇護を受けていた脱藩浪士
と事を起こした、また庇護を受ける立場の者は、もしもの時は
真っ先に命を捨てねばならない運命を負っている・・・
と、なんかの雑誌で高杉関連でおなじみの一坂太郎氏が語ってた。

実際この5ヶ月くらいあとには中岡は禁門の変なんかにも加わってるんだよね。
でも暗殺計画そのものは、いくら捨て身とはいえ、三人でどうこうしようってのは
あまりにも無謀というか、現実味がないような・・。

269 :日本@名無史さん:04/05/03 20:57
んじゃぁ今からこのスレ回してる人挙手ねー

まず漏れハーイ

270 :日本@名無史さん:04/05/03 22:12
ハーイ!        ・・・って寂しいからヤメレ・・・

271 :日本@名無史さん:04/05/03 22:41
ノシ


やめろよ…_| ̄|○

272 :日本@名無史さん:04/05/03 23:04



273 :270:04/05/03 23:40
・・・!!    少なくとも4人もいるよ兄さん!

274 :日本@名無史さん:04/05/04 18:51
中岡スレが伸びないのは、敵が少ないからでは??

275 :日本@名無史さん:04/05/04 19:35
>>274人気がないから敵も少ないとか・・  気のせいか?

話題を振ろう・・ 
中岡関連で好きなエピソードを挙げるならなに?
自分は、中沼塾に氏名・藩名偽って入ったヤツ(しかもバレたのにそのまま入塾)
それと、同じく変名使って、西郷さんにあったエピソード。

276 :日本@名無史さん:04/05/04 20:21
武市に心酔エピ

277 :日本@名無史さん:04/05/04 22:20
基本だけど庄屋見習い時代の一晩座り込みかな。
人柄と実行力がよく表れた後の英雄を予感させる名エピソード。

敵が少ないとつまらない煽りレスがなくっていいと思うけど。
でも敵が少ないというのはやはり存在が地味でちと気の毒な人だから?(竜馬の影に隠れる功績等)
そう思うとなんだか複雑だ…

278 :日本@名無史さん:04/05/06 00:15
4月13日は間に合わなかったから今日こそ!
慎ちゃん誕生日オメー!

ところで、こういう歴史上の人物の誕生日って、一般的に言われてる日付はやっぱり旧暦?


279 :日本@名無史さん:04/05/06 01:45
板垣退助は「中岡が生きていれば、木戸や大久保と並ぶ新政府の指導者になったであろう」と言ったそうだ。
中岡は新政府のトップになった三条・岩倉の両方から絶大な信頼を受けていたし、
薩長の間に立っての調整能力もあり、活躍したのは間違いないだろうな。

まあ、板垣は生粋の軍人で、全然政治向きじゃなかったのに土佐の代表にされて、
「中岡が生きていれば」と思うことが多かったのかもしれないけど。

280 :日本@名無史さん:04/05/06 21:24
>>279明治政府に組み込まれた中岡は見たいような見たくないような・・・

でも岩倉使節団で海外渡航はさせてあげたかった・・
中岡は思想は攘夷といえども海外にすごい感心を寄せて、
歴史から各国情勢からいろいろ勉強していたみたいだし、

>>278 普通は旧暦じゃないのかな?でもそれだと閏月が困ったことになるんだよな

281 :日本@名無史さん:04/05/06 23:23
舎弟の田中と
「海外に行きたいかーっ!」「おーっ!」
てやってたらしいしな。
本当に、行かせてあげたかった…

もし明治政府に入って活躍してたら、大久保みたいなオサレヒゲになってたりして。

282 :日本@名無史さん:04/05/06 23:37
ヒゲかぁ・・   に・・似合わなそう、なにげに童顔だし・・

283 :日本@名無史さん:04/05/06 23:38
チビだよね

284 :日本@名無史さん:04/05/06 23:39
ち・・ちびだyo!


バラすなよぉ・・

285 :日本@名無史さん:04/05/06 23:57
あれ、そんな小さかったっけ?
正確には何センチくらい?
当時の中背くらいだと勝手に思っていたが…

286 :日本@名無史さん:04/05/07 00:07
すまん、自分で調べてきた。
153cm!高杉より小さかったんか…
なんか急に可愛く思えてきたよ…
まあ、当時の平均から見れば、現在の160cm強くらいの位置かね?

287 :日本@名無史さん:04/05/07 00:09
土佐の誰だかの証言で「五尺ばかり」とある。
平均くらいっちゃ〜平均くらいかぁ・・

龍馬とか武市とか周りがでかいだけだな

288 :287:04/05/07 00:11
あっ、レスかぶった・・。
高杉より小さいとはしらなんだ・・。

289 :日本@名無史さん:04/05/07 22:43
龍馬と並ぶと…

290 :日本@名無史さん:04/05/07 22:44
萌え

291 :日本@名無史さん:04/05/07 23:26
うちのカミさん中岡の子孫でそれが自慢。

中岡なんて竜馬と一緒に斬られたぐらいの認識しかない
俺にとっては「で?」って感じでウザイ。

興味ないから前レスもめんどくさいので読んでませんので悪しからず。

292 :日本@名無史さん:04/05/07 23:27
子供の名は慎太郎にしなよ

293 :日本@名無史さん:04/05/07 23:46
で、何した人でしたっけ?

294 :日本@名無史さん:04/05/07 23:48
>>293そうなだ、分かりやすいあたりで、
飢饉に備えてゆずを育てた人。

295 :日本@名無史さん:04/05/07 23:50
俺、こんど飼うインコに中岡って名前つけるんだ。

296 :日本@名無史さん:04/05/07 23:51
>>295苗字かYo!

297 :日本@名無史さん:04/05/07 23:56
>>295
俺の友人の犬の名前はサカモトだよ(w

海援隊に比べると陸援隊は人材不足ですな〜。

298 :日本@名無史さん:04/05/08 00:13
くれよん慎ちゃん

299 :日本@名無史さん:04/05/08 00:19
>>297新撰組の密偵も入ってて、今ならお得です

な陸援隊・・・

300 :日本@名無史さん:04/05/08 00:24
陸援隊って何か実績はあるのですか?

301 :日本@名無史さん:04/05/08 00:29
>>300高野山挙兵くらいかな?
そういえば、中岡死後どうなったかあんま勉強してない

302 :日本@名無史さん:04/05/08 10:55
>>281どっちがどっち?
てか中岡には大男であってほしかった…何かみみっちいじゃん

303 :日本@名無史さん:04/05/08 14:51
別にいいじゃん、志が大きければ。
男は人格と実力だよ。
まぁ、大きい方がハッタリは効きそうだけど。

でも不思議なくらい小兵のイメージは無かったな。
よく誇張して描かれる竜馬と勝(1m58cm)の大小コンビより更に身長差があったのに。

304 :日本@名無史さん:04/05/08 20:12
あ、勝さんそんだけ身長あったのか・・

でも中岡、小さいといっても当時の平均身長より3・4cm低いくらいっしょ?

305 :日本@名無史さん:04/05/08 21:07
顔はでかいぞ

306 :日本@名無史さん:04/05/09 00:18
わりとイケメンだよな。
それにしても、百年二百年で日本人の体型も随分変わったもんだ。
幕末の女の裸の写真なんかみると、今のグラビアアイドルとかと同じ人種とは思えない。

307 :日本@名無史さん:04/05/09 00:25
食べ物の違いかの・・
幕末なんてまだ獣肉はそうそう食べない時代だろうし
軍鶏鍋なんて慶応になって流行ってきた食べ物なんじゃないかな?

308 :日本@名無史さん:04/05/09 02:15
薬食いは現代人が思ってるよりは一般的だったらしいが
それでも「たまのご馳走」レベルだったんだろうしなぁ。
特に女性は嫌がったみたいだね。

309 :日本@名無史さん:04/05/10 20:49
中岡の笑顔写真は魅力的であります

310 :日本@名無史さん:04/05/10 21:29
同感であります。
でも眼光鋭い正面写真も好きであります。

311 :日本@名無史さん:04/05/10 21:32
日本人の体格が飛躍的に大きくなったのは戦後だな。

312 :日本@名無史さん:04/05/10 21:49
中岡があのスマイル写真を撮る為に
笑顔を何秒間維持したのかと思うとなんか笑える。

313 :日本@名無史さん:04/05/10 22:34
中岡自らがポーズをとったのではないと思う。
写真家があっこんな顔いいなと思って撮った写真。

>>312照明のいい明るい日なら1秒だよ。

314 :日本@名無史さん:04/05/10 23:34
え、あの時代に1秒で写真撮れたの?

315 :日本@名無史さん:04/05/11 22:30
写真についての話題は上のほうでも出てたね。
あの頃に開発された湿板写真だと撮影は数秒単位ということだった。
明るさによって時間が変わるから、>313の言うように一秒くらいでもいけたのかな?
でも、あの写真は室内っぽいのでもうちょっとかかってたかもしれんと個人的には思う。

316 :日本@名無史さん:04/05/11 22:41
文久時代の上野彦馬写真館では一枚金二分の料金だったそうな。
現代に換算すると一枚何万円になるのでしょうか。

317 :日本@名無史さん:04/05/12 00:25
丁度亡くなる一年くらい前の撮影なんだよなぁ・・。

318 :日本@名無史さん:04/05/12 18:44
>>316
4〜5万円

319 :日本@名無史さん:04/05/12 21:12
>>306
>幕末の女の裸の写真なんかみると、今のグラビアアイドルとかと同じ人種とは思えない。
幕末の女の裸の写真なんかあるのかι

320 :日本@名無史さん:04/05/12 21:20
>>319
関西では幕末とまるきし変わってへんのやけど。

321 :日本@名無史さん:04/05/12 21:31
>>319
行水している写真とかあるよ。

322 :日本@名無史さん:04/05/12 21:40
ハァハァ

323 :日本@名無史さん:04/05/13 01:13
>>319
外人向けに半乳出した彩色写真とか結構あるよ。
男も実際の風俗とはかけ離れた変な装束の写真とか残ってるし。

324 :日本@名無史さん:04/05/13 11:03
体型が中学生か小学生みたいに未成熟な感じで驚く>行水してる女二人の写真
胸なんかAAカップ?でも顔は大人なんだよね。
背が低いので等身も低い。
昔の着物とか買いに行くと、156cmの自分でも丈の足りないやつが多いんだから
本当に昔の日本人は小さかったんだなぁと実感する。

325 :日本@名無史さん:04/05/15 10:52
昔は胸のデカさとかどうでもよかったんでしょ?

326 :日本@名無史さん:04/05/15 11:14
うおー庄屋は郷士なのか農民なのかどっちなんだ!
本ごとに言ってることが違って気が狂うー

327 :日本@名無史さん:04/05/15 11:21
庄屋はアジアのパピオン

328 :日本@名無史さん:04/05/15 21:52
>>326 苗字帯刀が許されたけど、農民のまとめ役。
中岡メインの本なら「郷士」と書かれてることはほとんどないんじゃないかな?

上士と下士の間に武市なんかの「白札」がいて
下士のトップから「郷士」「用人」「徒士」「組外」「足軽」「庄屋」
身分的には下士の最下級におかれたけど、権威はあったっぽい。

329 :日本@名無史さん:04/05/15 21:55
中岡の家は大庄屋ですが

330 :日本@名無史さん:04/05/15 22:49
なんともあいまいな位置だねえ>庄屋
武士じゃないけど刀持ってていい身分って他にもあったのかな?

331 :日本@名無史さん:04/05/19 23:18
久しぶりに「跳ぶが如く」の総集編を借りて見てみたら、見事なほどに
中岡の存在がスルーされていた。
放送当時は存在さえ知らなかったから気にもとめてなかったなあ。
こういう情報のつみ重ねで中岡の知名度が低くなっていったんだろう。
とはいえ好きな作品なんだけど。

332 :日本@名無史さん:04/05/19 23:52
「跳ぶが如く」って西郷さんのだっけ?
薩長問題で、中岡が西郷を連れて来れなかった時の、
その場面ですら中岡いないんだよね。

333 :日本@名無史さん:04/05/20 20:26
かわりになぜか村田新八(確か)がいる。
薩摩メインだから仕方ないかもしれんな。
暗殺の時はさすがにいるんだが…
当時はあれで大久保ファンになったもんだ。

334 :日本@名無史さん:04/05/20 21:58
「新撰組!」では中岡登場するんだろうか・・・
龍馬があれだけ出てるんだからちょっとくらい見てみたいが・・
一番出てくる可能性があるのは、伊東甲子太郎との
接触があるあたりかと思うんだが・・もう死ぬすぐ前だけど。

335 :日本@名無史さん:04/05/20 22:10
中岡→唐沢で、白い巨塔コンビなんて予想もあったな。

336 :日本@名無史さん:04/05/21 08:59
あっ、それいいなぁ・・・

337 :日本@名無史さん:04/05/22 02:35
   ∩___∩      
   | ノ      ヽ/⌒)  長州に庇護を受ける立場の者はあばばばば〜〜
  /⌒) (゚)   (゚) | .|  
 / /   ( _●_)  ミ/   ∩―−、
.(  ヽ  |∪|  /    / (゚) 、_ `ヽ
 \    ヽノ /      /  ( ●  (゚) |つ
  /      /      | /(入__ノ   ミ   もしもの時は真っ先に命を捨てねばあびゃばば〜〜
 |       /       、 (_/    ノ  
 |  /\ \       \___ ノ゙ ─ー
 | /    )  )       \       _     
 ∪    (  \        \     \
       \_)

338 :日本@名無史さん:04/05/22 02:37
原敬暗殺者、中岡子孫説はどうなったの?

339 :日本@名無史さん:04/05/22 13:06

                 うるせえ長州っぽが!!
         ∩___∩      r─、          ∩___∩ あばびゃばっぁ―――!
         | ノ      ヽ    /  /          三| ノ      ヽ ≡∩―−、
         /  ●    ● | /ヽ /  '・  = ...;;;/⌒)ヾ(゚)   (゚) |\ヾ(゚) 、_ `ヽ
         |     ( _●_) ミ/  /'"   ・  =   ≡/ / #)( _●_) ミ/ .#)(● (゚) |つ  
       /⌒    |∪| ./  /二)    ;"∵'・(  ヽ 彡 |∪|  /   /(入,ノ  ミ
      / /`    ヽノ r" __ノ         ・:∴ \      ヽノ /=\___ ノ゙─――、
    / / |  r-ー '" ノ/             二 ~`ヽ    ヽ=/\        _   ヽ
    (__ノ    !     ///          ≡/\     ノ     )⌒0/\       ヽ (_ノ
         \    // \           |  \ /     /`ヽノi⌒ヽl___,,   )O
           `-// \  )        ...;;::::!_r\    / /  ̄ ̄ \______/
           /   / /              `-"`- "
          /     / /                       >>337
       _ww、      ヽ、` ~` ) 

340 :日本@名無史さん:04/05/22 15:20
>338
デマってことで終わったんじゃなかったか?

341 :日本@名無史さん:04/05/22 23:32
中岡姓って、日本でどれくらいいるんだろう・・。

342 :日本@名無史さん:04/05/23 00:50
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/history/1057754060/245
言わなきゃ気づかないんだから、いっちゃだめだYo!

70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)