5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

歴史学博士らがあらゆる質問に即答するスレ12

515 :歴史学博士の俺様 ◆QOYuzJdqhs :04/02/14 17:21
>>514

の年には改元するのが恒例となった。
[改元の手続] それでは改元はどのような手続
によって行われるであろうか。平安時代中ごろの
場合についてみると,まず大臣は改元について天
皇の仰せを承り,式部大輔,文章博士らに年号の
勘申を命ずる。勘申者は中国の経史から佳字を
選び,出典を付して提出する。これを年号勘文(か
んもん)という。年号勘文は奏上された後まず公縁
たちの審議にかけられる。公縁たちは年号の案の
一つ一つについて審議し,先例や文字の吉凶な
どを論難し,陳弁してその優劣を論争する。これ
を難陳(なんちん)という。こうして審議を尽くしてそ
の結果を奏上し,勅裁を経て年号が決定され,詔
書によって改元が公布される。なお,年号は2字
が通例であるが,奈良時代には天平感宝,天平
勝宝,天平宝字,天平神護,神護景雲などの4字
年号が行われたことがある。
 公縁の審議の結果を天皇が勅裁して改元が行
われるという上記の手続の形式は後世まで引き
続き行われるが,中世以降武家政治の時代にな
ると,武家側の意向が改元の上にも及んでくるこ
とは避けられなかった。鎌倉時代に元仁の改元
(1224)の後まもなく幕府より異議が出されたため,
翌年嘉禄と改元したごときはその一例である。ま
た,室町時代には年号案の選定から改元の施行

267 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)