5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★☆東京裁判☆★

1 :日本@名無史さん:04/01/25 01:35
いろんな角度から自由に語れい!

2 :日本@名無史さん:04/01/25 01:39
国際法違反

暗黒裁判

茶番劇



3 :日本@名無史さん:04/01/25 01:39
>>1
その口調はキシリア・ザビですか?

4 :日本@名無史さん:04/01/25 01:49
裁判管轄権問題をめぐるやり取りを見ただけで
この裁判の不当性がわかる。

5 :日本@名無史さん:04/01/25 02:07
パール判事が正しい。
後年マッカーサーも日本の自衛戦争であったことを認めているし
キーナン主席検事も重光葵を被告にしたことを悔いている。
この裁判に、ソ連代表が参加してること自体がおかしい。

6 :日本@名無史さん:04/01/25 02:28
>>5
それに対してパルを激しく非難したハラニーヨ判事
(フィリピン)の判決反対理由は

「他の判事は被告に対して甘すぎて、これでは見せ
しめの意味がない」

だからな。

こいつ本当に判事だったのか?

7 :日本@名無史さん:04/01/25 02:38
被告の言い分に、痛い所を突かれた国も多い筈。

8 :日本@名無史さん:04/01/25 02:38
戦勝国の戦争行為の正当化が目的

9 :日本@名無史さん:04/01/25 02:41
源平時代と変わらんな

10 :日本@名無史さん:04/01/25 02:51
多くの日本人はこの裁判に無関心だった。
日本の正当性と欧米国の非道ぶりを力説した東條も浮かばれんな。


11 :日本@名無史さん:04/01/25 04:06
勝てば官軍

12 :日本@名無史さん:04/01/25 04:41
満州は防共の砦

13 :日本@名無史さん:04/01/25 09:24
戦争の精算という国内問題を、代わりにやってもらっただけじゃん。
日本国内であれやったらエラいことになる。
おかげで責任を連合軍に押しつけて得意になってりゃよかったんだから。

14 :でらえもん調査局ヽ(`Д´)ノ ◆CJMS06S/xs :04/01/25 10:46
なんにしろペーリー連れて来いってこった

15 :日本@名無史さん:04/01/25 12:20
>>13
本当にあったかさえも疑わしい南京事件で
松井石根は絞首刑を言い渡されていますが?

満州事変の件では板垣征四郎は絞首刑で、彼の
知恵袋であり計画立案を行った石原莞爾は起訴さえ
されてませんが? 同様に東条英機の知恵袋であった
武藤章は激しく口撃された挙句に絞首刑ですが?

どこが戦争の清算なんだ?

16 :日本@名無史さん:04/01/25 12:56
戦争の相手国の非が一切認められずに戦争の清算ができるわけない。


17 :日本@名無史さん:04/01/25 12:59
戦後教育の最大のミスは、戦争否定を感情論で教育した事。
国民の国防意識が希薄になり、論ずる事さえタブーとなった。
国防から目をそらすものに平和は語れない。


18 :日本@名無史さん:04/01/25 13:50
重箱の隅といったら松井氏らには申し訳ないが、
東京裁判なしで、敗戦責任に対する国民感情はどうであったか。
おそらく指導層がそのまま残り(軍関係はパージだろうが)、
だいたい実際とおなじような感じになったのだろうが、
国内における新政府の正当性という錯覚において混乱しただろうと思う。
御墨付きにはとても弱い性格だったからね。
あえていえば結果として、皇室の保全も東京裁判によって決定したという気もするんだが。

19 :日本@名無史さん:04/01/25 17:40
>>18
確かに東京裁判はGHQにとって見れば「新生日本」を内外にアピール
するための「儀式」であっただろうね。あとマッカーサーに苦杯を舐め
させた東条内閣に対する復讐か。

確かに裁かれた者達には罪はあったと思うが、それはあくまでも「日本
をミスリードした」 罪だろう。しかし罪状はどうだ?
「平和に対する罪」、「殺人および殺人協同謀議」、「人道に対する罪」。

こんなんで殺されたんじゃ浮かばれねーよな。

20 :日本@名無史さん:04/01/25 21:51
戦後復興の最大の理由は、防衛費圧力からの開放にあった。


ようするに裏表なわけだ。

たまに一国防衛論をみるけど、あれほど悲痛な攘夷主義はあんまない。

21 :日本@名無史さん:04/01/25 22:27
石原や満州国皇帝も参考尋問されたんだっけ?

22 :日本@名無史さん:04/01/25 23:29
>>21

されたよ。

石原は、板垣征四郎が起訴されたのになぜ自分は
起訴されないのかと問い、溥儀は満州国皇帝は軍
の操り人形であったと証言したが、後の回想録にて
この時の証言が戦犯を逃れるための「偽証」であった
と自ら認めている。

23 :日本@名無史さん:04/01/25 23:36
板垣ふぜいが大陸かたるなゴルァ!
といいつつ「おめ死刑プ」と思ったんだろうね。

24 :日本@名無史さん:04/01/25 23:45
どっちにせよ、石原もその後すぐ亡くなってるし・・・

25 :日本@名無史さん:04/01/26 05:56
ニュールンベルグと東京でいくつか相違点があるけど、
それって何に由来するんだろう。
例えば弁護人の国籍とか無罪判決の有無とか。
なんか連合国側の占領政策の影響とかあるのかな。
もとから別の戦争裁判だっていわれたらそれまでだけど。

26 :日本@名無史さん:04/01/26 08:25
>>25
いんや、ニュルンベルクと東京裁判は同じ性格のものだよ。
GHQ自身がそう述べているし法廷のレイアウトもニュルンベ
ルクのそれを似せて作ったくらいだから。

ニュルンベルクに関する弁護士の国籍に関してはよくわからない
が、東京裁判において弁護側に多くの外国人弁護士がついている
のは、欧米法に精通した人間が弁護団側にはいなかったため、
マッカーサーに依頼した結果だったと思う。

27 :日本@名無史さん:04/01/26 22:44
アメリカ人の本性丸出し裁判。

28 :東条英機 ◆/mR6zOub6o :04/01/26 22:50
靖国神社に行ったら、ワシの事を祭ってくれ。

29 :1:04/01/26 23:21
>28
お願いですから来ないでください。
あなたのスレみたいに、ここも荒らすつもりですか?

30 :日本@名無史さん:04/01/26 23:31
東京裁判がなかったら日本はどうなっていたのでしょうね?
よくなっていた?悪くなっていた?

31 :日本@名無史さん:04/01/27 17:49
共同謀議と言うのがいまいちわからん。
バーネイズはこの理論で、開戦前の犯罪や自国民に対する犯罪や
国内法では合法な行為もすべて有罪にできるというのだが。


32 :日本@名無史さん:04/01/27 18:29
>>31
刑法だと
犯罪行為を行った集団がある場合その内部の役割に関わらず共同正犯として同じ罰を与えるとしている
そこから戦犯裁判用に拡大したのが共同謀議という概念

被告たちは
日本政府や軍部という組織の中で一貫して侵略戦争を計画して実行したという筋書きにしたかった
共同謀議が立証されると例え他の部門では無関係でも日本の行った全ての行為に責任が生じるという理屈

もちろんA級戦犯の共同謀議なんてのは茶番だけどな


33 :日本@名無史さん:04/01/27 22:17
日本が開戦せざるを得ない原因を作ったアメリカ。
もしアメリカが、日本と同じ状況に陥ってたら当然戦争始めるでしょう。

34 :日本@名無史さん:04/01/27 23:48
そりゃそうだ
でもそこまでの道程は日本の責任

35 :日本@名無史さん:04/01/28 00:15
石原莞爾が首相やってたら、戦争は回避できただろうか・・・?
それとも数年遅れでやっぱり戦争?

36 :日本@名無史さん:04/01/28 01:58
>>35
開戦するか決める前に総辞職
政治力ゼロだもん

37 :日本@名無史さん:04/01/28 21:53
裁判の期間、天皇は何してたんだろ?

38 :日本@名無史さん:04/01/28 22:06
独白録つくってた?

39 :日本@名無史さん:04/01/29 23:55
東京裁判以外でも、多くの将兵らが「戦犯」として
アジアの各地域で簡単な裁判で処刑されていった。
捕虜を小突いただけで処刑された兵や、冤罪・濡れ衣で
処刑された者も多かったと言う。

40 :日本@名無史さん:04/01/30 00:47
>20
ちょっと板違いだが冷戦後に平和の配当とか言って
軍事予算が色々と削減された結果軍事産業のみならず
経済全体が不況になったという話を読んだことがある
経済は複雑だな


41 :日本@名無史さん:04/01/30 07:34
戦後の日本はインフラの整備が最大の課題だったから、
経済発展のために軍事費からの開放は大きかったんね。
そう考えると、裁判なんかにかかわる暇なんかなかったかも。

42 :日本@名無史さん:04/01/30 21:56
ここで有罪にされた東條元首相ってどんな人?
ヒトラーやスターリンよかマシに思えるけど・・

43 :日本@名無史さん:04/01/30 22:07
>東條元首相ってどんな人?

まあ、ヒトラー、スターリンのような絵に描いたような独裁者ではなかったな。



44 :日本@名無史さん:04/01/31 01:29
東條は別に思想上の発明をしたわけでもないしナチスとか共産党とかの
政治組織のトップとして指導者になったわけではない。東條崇拝なんぞ
当然ながら無い

戦争中まで統帥と政治を分裂させる訳にはいかないので色々な職務を
兼任した軍人総理と言うだけ。
それに宣戦時の総理とはいえ彼が総理になった時点で開戦は事実上
既定路線の上にあって、彼が独裁権限をもって開戦を決定したわけではない。

しかしその開戦路線の有力主張者の一人であったことは間違いない。

人間的には特に尖ってもいない普通の軍人。


45 :日本@名無史さん:04/01/31 06:02
戦争遂行にあたり天皇が一番信頼してたひとでもあるらしい。
しかし日米諒解案はどこいっちまったんだろね。

46 :日本@名無史さん:04/01/31 19:07
東京裁判のおかげか、戦後アメリカは日本に対し
戦時中にあった出来事をネタにグチグチ批判したり
反日的なデモや集会なんか殆ど聞かないな。

47 :日本@名無史さん:04/01/31 19:09
アメリカ行った時、「イエローモンキー」とか
「リメンバーパールハーバー」とか指差して言われたよ…

48 :日本@名無史さん:04/01/31 19:15
しかし中韓みたいな反日抗議デモみたいのはないでしょ?
日の丸焼いたり人形作ってボコったりって。

49 :日本@名無史さん:04/01/31 21:27
ま、あれでアメリカ人としてはカタがついたのかもね。
イエモンなのは本当だから気にしない。
真珠湾も本当だから気にしない。

50 :日本@名無史さん:04/01/31 21:33
>>42
敢えて言えば
「師団長クラスでとどまっていれば自他共に幸せな人間だったのに
何の因果か国家の指導者になってしまったのが不幸の素」
だった人物。

51 :日本@名無史さん:04/01/31 22:02
現代の北朝鮮の裁判と同じ次元でせうか?・・・東京裁判。

52 :日本@名無史さん:04/02/01 00:03
>>46
ただ、たまにとんでもない賠償額かかげて保障しろって裁判起こそうとする奴はいた
政府レベルでは無視してたけどな

53 :日本@名無史さん:04/02/01 02:15
パール判事マンセー


54 :日本@名無史さん:04/02/01 02:44
黙れこの朝鮮人が!

55 :日本@名無史さん:04/02/01 13:21
>★☆東京裁判☆★

まともな裁判とは言えんな。
しかし、当時のサヨは、エセ裁判による被告に対する人権侵害を糾弾しなかったのかね?

正当な裁判で糞ガキの過剰弁護はするくせに。


56 :夜( ゚ー゚) ◆1suARs6s5o :04/02/01 15:54
戦争関係っていまいち苦手だけど、ここは良スレだね。

ちくま文庫の「東京裁判」とか読みたくなったんだけど、他になんか
素人でもわかりそうな関係本ってあるかな?
石原莞爾、著書以外でいい本とかないすか?

57 :日本@名無史さん:04/02/01 21:49
>>56
本じゃないけど、レンタル屋に「東京裁判」のビデオがあった。
全て実写(たぶん)で二本組み。
しかしレンタル中で借りられなかったス・・・・

58 :日本@名無史さん:04/02/01 21:57
ソ連軍が満州、樺太でやらかした事について
日本は訴訟する権利はないのかな?

59 :日本@名無史さん:04/02/01 22:06
講和条約結んでいないからありかも。
まあ信義もとるといわれるわな。

60 :日本@名無史さん:04/02/01 22:30
露助はさっさと北方領土かえせっつーの!

61 :日本@名無史さん:04/02/01 22:36
日本共産党は、千島列島全域の返還を要求してる。
歴史的経緯からして当然だ。
しかしオイラは共産党大嫌い。

62 :日本@名無史さん:04/02/02 03:36
>60
まぁプーチン体制のままじゃ無理だね
ゴルバチョフ級のDQNじゃないと返還は望み薄

でも漏れプーチン好きなんだ・・・
物の考え方とか。
ロシア人だったら喜んで部下になるよ・・まぁ漏れなんか
使ってくれないだろうけどな(;´Д`)


63 :日本@名無史さん:04/02/02 03:48
>>55
天賦人権というか「普遍的な人権」の概念て当時どのくらい一般的だったの?
戦前の米国とかの干渉は門戸開放とか機会均等とか言う話で
人権抑圧とかいう話は今みたいには言われなかった様な気がするのだが。


64 :日本@名無史さん:04/02/02 11:02
>>55
当時のサヨは東京裁判とは別に政府要人(天皇も含めて)の責任追及裁判をやってます
もちろん全て欠席裁判ですが

65 :日本@名無史さん:04/02/02 22:51
東京裁判って勝者の裁き、復讐裁判みたいだが
日本が四分割されなくて良かった。

66 :日本@名無史さん:04/02/02 23:11
武力で勝る国が国際法を犯しても誰も裁けない。
世界に警察は存在しない。
ゆえに、自警団が必要。


67 :日本@名無史さん:04/02/03 00:02
なに自警団って?

68 :日本@名無史さん:04/02/03 03:09
2年6ヶ月もの長い期間の間に、数百人もの人間が検察側、弁護側に
たって証言を行ったが、被告人に許された証言の回数は1回、たった
1回だぞ? これは通常と比べてどうなんだろう? 普通の刑事裁判も、
被告に許される証言の機会はそんなもんなんだろうか?

69 :日本@名無史さん:04/02/03 21:45
最初から被告は死刑と決まっていたので
被告に同情が集まると都合が良くない。
だから証言は一度しか与えられない。

70 :日本@名無史さん:04/02/03 23:31
>>67
有名なのは、関東大震災直後に東京市民が結成したもの。
朝鮮人と東北人を大虐殺した。

71 :日本@名無史さん:04/02/03 23:50
>朝鮮人と東北人を大虐殺した

東北人も?

72 :日本@名無史さん:04/02/04 00:31
「裁判をした」ということが文明っぽいと思った人はうちの親父だけではないだろう。


73 :夜( ゚ー゚) ◆1suARs6s5o :04/02/04 04:33
>>70>>71
東北人って中国のですか……?
(満州と日本人が読んでた辺りが、東北三省と呼ばれてました。)

流れ的にそうかなと思っただけで特に根拠とかはないんですが。

74 :日本@名無史さん:04/02/05 22:12
街頭で自警団に「二円五十銭?」だかを言わされ、発音がおかしいと
鮮人として虐殺されたってどっかで聞いた。
東北人は「訛り」が災いして間違われたとか?ってこと??
軍は朝鮮人保護のために軍艦を用意、半島などへ避難させた。

75 :日本@名無史さん:04/02/05 23:21
東京パイパン

76 :日本@名無史さん:04/02/07 18:23
日本を侵略国、野蛮な国というイメージを作るための裁判。

77 :日本@名無史さん:04/02/13 01:35
「例えば、東京裁判を例にした場合」・・・っていうセリフ全然聞いたことない。
いかにこの裁判が茶番であったかってことですな。

78 :日本@名無史さん:04/02/13 01:42
フセインタンがどうなるか注目だな

79 :日本@名無史さん:04/02/13 01:50
>>78
実は、もうこの世にいません。

80 :日本@名無史さん:04/02/13 02:49
平成になってから鈴木貞一の死亡記事が新聞にでているのを見て
歴史上の人物と思っていたので、当時びっくりした記憶がある。
張学良が死んだときもそう思ったけど。

81 :日本@名無史さん:04/02/13 05:22
  //  /'/:/ /::::: .: .. ::: ..::: .: .. :: .::::;::/:::: ::::: ::::l::::::::::::::::::::::::::::::i
..//_,. -_'"l l:::/ /::::.. ..::: ..: ./: .::: :: :/:/:/:::::: ::: .:: !::::::::::::::::::::::::::',::l
',/‐",. ',"'::::l l::;ノ:::::: .::/ ..::: :/ .:.::::/.:::/:/::/:::i::: .. : .: .l .l::. ::::. :: ::',: :',:',丶
、,. :''"/::::,. -''´,.:/:::..::/:.:::::::/:.:::::::/.::/::/i;;/-l|:::::: .:l:/!::|::. ::i::: . :::i: i:ヽ::ヽ
´ ,/:::::::::`フ7´::/:::::::::!::::::::/_,,.:-/'''///´l:| !:i l::::: .:::i/゙|、;、:: :l::::::: ::!:: :!::i `''ー
''´:::::::::::::// /::i::::::::::l:::::::/!:::::://:/-i/;;;;ヾ !| !::::::::/,_ ソ、!:::ノ::::::::/:::ノ::::! 悲しいけど、これって戦争なのよね…
"::::::::::/:::/ /::::!::::::/,!::::/:l:::::/,;;::''テ''::::Oi゙ ゙' !::::://'ー、、l::/::::/::イ:::/、!:l  http://popup5.tok2.com/home2/usam/KGS.swf
::::::::/:::::/ ./::::::!:::/!∧::i:::|:/!'''、 l :::゚: /   /// ::(/l、/:::ノ:/,'/ 、 !'
::::/:::::::/ ./:::;;::ヾi::ツ:::ヾ:::゙'::|   、>::=''-  /'  ,,゚_,,/ "/ '-!'´、"  l `'、
///:::/ /::::l!::i::::::l::::::::::::::::ヾ            `゙' 7::::::ヾ:::::ヽ   !  ',
/i/i'!:::'ー-':::::l:!::l::::::ヽ::::::::_,!,,.!ヾ-- 、      '    /::::::::::i_、::::iヽ  l   ',
  '´`ー--':、_;;::ゝ‐'''">"   `ヽ、 \   --  ,. : ''゙゙゙゙ヽl、!i `i::! i  ー-'
   ,-=ニニ゙''ー.、  /       \ `''ー-、,. : '´       | ヾ! !
.  /    `ヽ、`ソ         `ヽ / !, /       !  ヽ .|
. /        /            ヾ_,,'/ /  /-、_  /   ゙;、
/         /==ニニ''ー、       >゙'ー ゝ ,. '" `>'       !l`、

82 :日本@名無史さん:04/02/14 17:36
1週間前「プライド」っちゅう映画を見た。
最初、物凄いバカにした気持ちで手にとったんだよ。(ツタヤの半額DAYで。)
「パールハーバー」を観るような気持ちで、軽く観てやろうとね。

見終わったあと興味が出て色々調べてみた。
なんというか・・このブラックボックスを、学校はもっと教えるべきじゃないのか。
戦争への経緯とか、私は全く知らなかった。
テストではそれでもいい点が取れるし大学も受かる。

すごい間違ってる気がする。

83 :日本@名無史さん:04/02/14 17:39
私は怒りを感じた。

1つの戦いに負けたからといって、
理を曲げなきゃいけないこと

全てに
腹が立ったぞなもしー

84 :日本@名無史さん:04/02/14 20:06
生き残る為には、アメリカ様に逆らうことは許されなかった。
そのアメリカ様も、天皇制を存続させた。
日本人は益々逆らえなくなった=昭和20年代。

85 :日本@名無史さん:04/02/14 20:16
判事が露骨に偏向していたのは事実だけど、日本人弁護人の能力にも相当疑問を感じてる。
冒頭陳述は立派なんだけど演説してるだけでは被告の無罪証明にはならないよ。
一方で米人弁護人はよくやった。
裁判所への異議申立てはほとんど米人弁護人がやってたんじゃないかな?

86 :日本@名無史さん:04/02/14 20:21
欧米は当事者主義。弁護士の腕次第で、白も黒になるし、その逆も然り。
したがって、欧米弁護士は日々腕を磨く
日本の場合は、大岡裁き以来、正しければ必ず勝つと誤解する。
裁判官の良識を信じ、それに頼るから、どうしても勝つという技術が磨かれない。

87 :日本@名無史さん:04/02/14 22:17
b

88 :日本@名無史さん:04/02/14 23:35
日本人弁護士がどんだけ優秀だったとしても
こんな裁判で戦犯達の命を救うことは不可能だろな・・

89 :日本@名無史さん:04/02/15 00:07
>>88
当然だろう。判決は決まっていた。
アメリカの戦争目的は日本の国体の破壊だから、そのための象徴として戦犯は殺さねばならなかった。

90 :日本@名無史さん:04/02/15 01:22
でも、死刑がある程度でなければ、当然諸外国は「天皇を裁判にかけろ」と
圧力してきただろう…。ウヨクの方はこのへんはどうなのよ。

91 :日本@名無史さん:04/02/15 01:26
だから東條としては、満足してるだろう。陛下の身代わりに死んだんだから。

92 :日本@名無史さん:04/02/15 07:11
昭和帝ご自身も、戦後東條を悪しざまに言った侍従に対し
「東條はそのような男ではない」と叱責なされたとか。

平和を望まれて東條に組閣の大命を下された昭和帝。その統治の後半が豐かで平和に過ぎたことを知れば、
そして敬愛していた昭和帝に自分の意志を理解してもらっていたことを知れば、
きっと東條もあの世で満足してるだろう。

93 :日本@名無史さん:04/02/15 11:26
>>86
欧米人の弁護士も頑張ったと思うぞ。

94 :日本@名無史さん:04/02/15 13:21
>>93
>>86は欧米人弁護士が頑張ってないとは言ってないと思うよ。
ただ日本人弁護士の活動が鈍かった理由を説明してるだけだと思う。

95 :日本@名無史さん:04/02/17 22:22
ヘタレ欧米弁護士でも楽勝な裁判だな

96 :日本@名無史さん:04/02/18 00:08
>>90
上の人のため下が斬られるのは、承久の変以来わが国の伝統です。



97 :日本@名無史さん:04/02/18 00:09
>>92
陛下の仰るとおりです。
東條は、単に宰相の器でなかっただけです。


98 :日本@名無史さん:04/02/18 18:43
弁護団はもちろん判事も検察も選択してない解釈だけど、極東軍事裁判の判決を
正当なものと認められる方法が一つあるね。

極東軍事裁判所は連合国軍最高司令官の指令による「裁判所設置条例」に基づいて
設置されたもの。当時日本の主権者であり、憲法に優越する権限を有していたマッカーサーが
戦争犯罪を国際法に関わりなく決定し、その条例の精神に基づいて裁判が行われたと
解釈すれば、国際法に依拠しない判決が出ても何ら問題なし。
この解釈を採った場合、敗戦国に対する復讐裁判であることが明白になるけど。

まあ戦犯とされた人達は日本国を救うための人柱として死んだわけで、そろそろ名誉回復されて当然だと思う。

99 :夜( ゚ー゚) ◆1suARs6s5o :04/02/19 15:56
うーん、いつ見ても良スレ。
ただ、裁かれた人たちが人柱になったというのは賛成なんだけど……、
じゃあ実際に裁かれなきゃいけなかったのは誰なんだろう?
全然詳しくないから、見当違いな言い方なのかもしれんくてごめそ。

100 :日本@名無史さん:04/02/19 22:18
>じゃあ実際に裁かれなきゃいけなかったのは誰なんだろう?

良い質問ですね。

101 :日本@名無史さん:04/02/19 22:22
>じゃあ実際に裁かれなきゃいけなかったのは誰なんだろう?
松岡だな。

102 :日本@名無史さん:04/02/19 22:24
>99
東京裁判で何を裁こうとしたのか、という問いが
そのまま君の問いへの答えになるわけで。

「東京裁判で裁かれたのは非民主的な君主制だ」と主張したい人にとっては
昭和帝こそが裁かれるべきヒトとなるわけだし、
「ルールをねじ曲げて無謀な戦争を引き起こした」人間を裁く裁判だったと考えるなら
石原完爾こそ裁かれるべき人間の筆頭になる(自分でも言ってたが)。

まぁ、実際のところは「日本の超国家主義体制が終わった」ことを確認するためのセレモニーとして
責任を問うても誰からも文句が来なさそうな人間をイケニエにした、一種のお祭りだったわけだが。

103 :日本@名無史さん:04/02/19 22:28

東京裁判は
連合国にとっては戦争の後始末のために
戦犯以外の日本人にとっては連合国とのつきあいに問題を引きずらないためにって

とこだな

104 :日本@名無史さん:04/02/19 22:33
戦犯に問われた者に同情はなかったのかな?

105 :日本@名無史さん:04/02/19 22:38
>>99
実際に1930年代の日本の軍事行動に関して責任ある連中のなかには死に逃げした奴も多い。
逆に徳富蘇峰みたいに長生きしすぎて戦犯容疑をかけられた奴もいるし。

>>101
岸信介。
学問弾圧と議会政治を壊した事では鳩山一郎。
日本の大陸進出に積極的だったことでは吉田茂も。

106 :日本@名無史さん:04/02/19 22:47
>>104
当時の日本には言論の自由なんて全く存在しませんでしたから。
連合国の指定した戦争犯罪人に対する同情的な意見、弁護するような記事は
発行禁止なわけで、ここらは戦中と変わらないですねw
当然のように大部分の国民も報道管制された情報を信じてたようです。

東京裁判においても弁護人が連合国の責任問題に触れると朗読禁止や
本審理に関係なしということで発言を封殺されました。
パル判事の少数意見書は朗読さえ許されず、一般の日本人が内容に触れられたのは
独立後しばらく経ってからです。

107 :日本@名無史さん:04/02/19 22:50
>>102
しかし広田弘毅の死刑は若干重過ぎるような気がしないでも
ないような気がするという感じ、ではある。

108 :日本@名無史さん:04/02/20 11:08
http://mapbrowse.gsi.go.jp/airphoto/indexmap200k/indexmap200k_5339_USA10kKT.html
この爆撃で非戦闘員10万が死亡した。この犯罪はとわれないのか?
 (白色は焼失区域 黒色は残存区域)

109 :まるハゲどん:04/02/20 13:16
結局、東京裁判の判決ってマッカーサーの指示なんでしょ。

110 :日本@名無史さん:04/02/20 18:28
http://www2h.biglobe.ne.jp/~TOWN/town/walking/wa002-s.htm及び
三島由紀夫が市谷自衛隊駐屯地で演説をした跡地が士官学校があり
そこで極東裁判がおこなわれた。>>108のB29からの航空写真(昭和22年撮影)
からもみられます。

111 :日本@名無史さん:04/02/20 18:32
>>109
判決はマッカーサーの指示じゃないですね。
東京裁判の法的根拠はマッカーサーの出した条例で
誰を訴追するのかという所まではマッカーサーの意思が
及んでいた可能性はあります。(かなり低い可能性ですが)
天皇を訴追しないことについては米国政府がマッカーサーに指示してます。

112 :日本@名無史さん:04/02/20 18:43
あといちいち書くの大変なので「ウェッブ裁判長」でgoogleしてみてください。
彼はオーストラリア(罪人の流刑地ですよね。)出身でした。
元来そゆえにかこの国は優秀?な法律家が多く、為に連合国側から
裁判長として選ばれた経緯があります。キーナンは検事、一番オ粗末
な証人はラスト・エンペラー愛新覚羅(2ちゃんに現存かな?)でした。

113 :日本@名無史さん:04/02/20 18:46
>>108
日本本土爆撃等、連合国が犯した戦争犯罪と考えうるものは
パル判事の意見書で痛烈に批判されてます。
特に原爆についてはナチスの指導者が出した指令(ユダヤ人虐殺のことだと思います)
と並んで民間人殺戮の最たるものとして非難してます。
また交戦国全てを裁きうる国際機関の設置も意見書の中で提唱されていますね。

114 :日本@名無史さん:04/02/20 18:49
無差別爆撃に関しては、岡田資中将(B級で絞首刑)も、強く訴えてる。

115 :日本@名無史さん:04/02/20 19:02
>>112
ウェッブはしゃべりすぎで優秀な裁判長とは言えないんじゃw
何発か大失言やってるし。
溥儀はしょぼいというか、、、人間としてあそこまで堕ちたくはないというか。
あとは田中隆吉>私怨で嘘つくなよ。

116 :日本@名無史さん:04/02/20 19:15
溥儀は、奉天ではなく平壌に飛んでいれば、ソ連につかまらず日本に逃げれたのに。

117 :日本@名無史さん:04/02/20 21:47
>>107
広田は南京事件当時の外相なうえ、首相時代に軍部大臣現役武官制復活が悪印象。

118 :日本@名無史さん:04/02/20 21:53
>>115
田中がついた嘘とは?田中は天皇を守ろうとしたんでしょ。だから、他の
被告を売ったわけだ。

119 :日本@名無史さん:04/02/20 22:31
>>117
実態的にはあんまり関係ないようですが妻静子も含め玄洋社の関係で
ただ単にイメージが悪かったのが先入観を植え付けていてよくなかった
のが一番のような気がする。

120 :日本@名無史さん:04/02/20 22:36
黒龍会はブラック・ドラゴンという英訳のおかげで、
実態以上に凶悪な組織と思われてたらしい。

隆吉の嘘で有名なのは、武藤との会話をまるっきり逆にしたやつ。

121 :日本@名無史さん:04/02/21 15:13
俺的には真崎甚三郎は絞首刑だな。
2.26事件では青年将校を裏で操っておいて
失敗に終わると 「俺知らね」。
結局現役武官制のきっかけも作ってしまった
わけで。

しかしこいつも東京裁判で起訴されるはずだ
ったのに、ようよう到着したソ連が重光と梅津
の追加起訴を強く要求。結局2人が起訴され
「もう椅子がないから」という理由で命拾い。
ふざけんなっ!!

122 :日本@名無史さん:04/02/21 16:14
>>121
>真崎甚三郎は絞首刑だな
これには同意するけど後半は有名な誤説らしい。
真崎と阿部は被告選定の委員会で議題に出たものの、両者とも
ソ連検察団が到着する前にキーナン首席検察官がマッカーサー元帥に
提出した被告リストには入ってない。
重光と梅津がソ連検察団のごり押しで被告になったのは事実。

123 :日本@名無史さん:04/02/21 18:14
重光葵(←なぜか変換できた)は気の毒としかいいようがないなあ。
完全に冤罪だろう。他の者は少なくとも戦争に関係してるけど重光は
戦争そのものに縁がないからなあ。

124 :日本@名無史さん:04/02/21 20:12
>>121
226後の裁判で罪は認定されながら政治的に
無罪になったようなもので、このときに終えて
おくべきだった。

125 :日本@名無史さん:04/02/21 20:30
明治維新後に較べると怨恨によって旧政権の人物が暴徒に殺されるような事件が少ない。
あまり憎悪されていなかったのか、それとも復讐者が臆病だったのか。

126 :日本@名無史さん:04/02/21 20:56
★☆東京裁判☆★

大阪でやれば違った展開に?

127 :日本@名無史さん:04/02/21 21:07
>125
だって、明治維新後では明らかに「既得権益を失った」層が居たでしょ。
でもWW2の対日戦後処理は、そうした環境の激変を避けるのが主眼だったわけで。

GHQ内のラジカルな勢力がずっと戦後処理を担当していたら、
明治維新後と同様にしばらくテロが相次ぐ状況になってたかもしれんね。 そして社会不安に乗じて共産革命。


128 :日本@名無史さん:04/02/21 21:51
この裁判って・・・
裁いた当事者も後味悪かったんじゃね?

129 :日本@名無史さん:04/02/21 22:17
>>128
どうでしょう?
キーナンが主張したように日本の政治指導者達を処刑しないわけにはいかなかったのは当然ですから。
そうしなければ復讐心を満足させられなかったでしょう。
その場合第一次大戦のドイツに対するように国家が崩壊するほどの賠償金を課して復讐心を満足させねば
ならないわけで・・・

ただ共同謀議については資料や証言を聞いてるうちに「こりゃ成立せんなあ」と内心思ってたでしょうねw
大体共同謀議なんて高尚なことをやってれば日本ももう少し上手く立ち回っただろうし。
個人的には「共同謀議くらいやってくれ、無計画に軍を進めるなよ・・・」と思ってしまうw

130 :日本@名無史さん:04/02/21 23:07
陸海軍が別行動で、戦闘機も互換性がないという大馬鹿やってたしな。


131 :日本@名無史さん:04/02/22 11:00
東京裁判についてのおすすめ本って何かある?

132 :日本@名無史さん:04/02/22 21:22
>>131
個人的には概説としてなら「秘録 東京裁判」が面白かった。
東條被告の弁護人だった清瀬一郎の著書で、軽めのエピソードも含めて
連合国による一方的な裁判であったことを主張してます。

もう少し興味があるなら「私が見た東京裁判」もお勧めです。
これは海軍少佐だった冨士信夫の著書で著者は東京裁判を最初から最後まで
傍聴した人で、よく要点が整理されていて面白かったです。

資料としては「東京裁判 日本の弁明」、「パル判決書」は興味深いですが
「パル判決書」は通読しても難解で・・・

正直言ってかなり偏っておりますのでサヨってる人の戦争責任論も何冊か読んで
対立点を自分で考えて咀嚼したほうがいいかもしれません。
それと貧乏人のリーマソなんで、挙げた本は全部文庫。財布に優しいですw

133 :日本@名無史さん:04/02/22 23:08
>>132
ありがとう。
俺も金ないので、全部文庫ってのはありがたい。
さっそくアマゾンで注文しようと思う。

134 :日本@名無史さん:04/02/23 21:59
ビデオの「東京裁判」ってどうかな?
休みの日にでも、二本組通しで見てみようと思うが・・
変な修正とか編集とか無さそうだし。

135 :日本@名無史さん:04/02/25 20:46
>>134
雰囲気を掴むにはいいのかもしれない。
ただ数年にわたって膨大な証言のある裁判だから細かいとこまでビデオで
突っ込むには無理があると思う。俺は見たことないのでなんとも言えんけど。

136 :日本@名無史さん:04/02/25 21:09
>>132
にしても学術文庫は高いね。
清瀬の中公文庫も新装復刊して倍以上の価格になったし。

>>134
繰り返し再生される、大川周明による東条の頭ペチンを堪能すべき。

137 :日本@名無史さん:04/02/25 21:19
極東軍事裁判のありかたが戦後の日本人に与えた影響は極めて大きいように思う。
これが日本人に関係ないところで行われ、一方的に判決後終了したことで
日本人は戦争責任や戦争犯罪について全く考えることなくA級戦犯を完全な悪、訴追を
免れた者は無罪と決め付けることで、自らの戦争責任すら免除した。
その結果として日本人には重大な損害を与えたものの連合国の「侵略者」定義に
当てはまらない者にも免罪が与えられ戦後枢要な公職を占めたものが大勢いる。
その一方で南京大虐殺等を何の検証もなしに無批判に受け入れ、ただ漠然と
日本が悪かったので謝罪するという行為が延々と続くことになった。

戦争責任を個人に対し追及することは本来日本人が行うべき行為であって
それも厳正な検証の末、全ての情報を日本人に公開した上で責任者を処罰すべきだった。
その裁判によって日本人はどのような虐殺が行われ、または行われなかったかを
知ることが出来る。

138 :日本@名無史さん:04/02/25 23:53
日本叩きに託けて、列強のアジア支配を誤魔化したね。
本当なら同時に裁かれるべき事なのに。


139 :日本@名無史さん:04/02/26 00:26
俺は天皇が裁かれればよかったと思うけどね
中途半端な奴を裁判にかけたから責任の所在が明確でなく
いつまでも自虐が抜けんのだ

140 :日本@名無史さん:04/02/27 07:00
それは政治的に無理…
天皇を裁いてしまったらそのあとの権威を誰が構築するんだ。

下手こいたら共産主義がそのあとの「権威」に座りかねなかったのが当時の情勢で、
ギリギリでそこのところをアメリカは読み切っていた。

141 :日本@名無史さん:04/02/27 07:59
日本国内での保守再編を、東京裁判を利用し行ったんだからしかたないべ。
連合国と日本首脳の意思が一致した側面が強く感じられるわりには、
彼らはあんまり感謝していないようだが。

142 :日本@名無史さん:04/02/27 14:41
戦勝国の裁判にしては意外と良心的だったと思うのは漏れだけ?
ソ連単独の戦犯裁判と比べると月とすっぽんだよ。
全体主義者や>>6のような土人と比べると、西欧文明は
やはり偉大だったとと思う。

143 :日本@名無史さん:04/02/27 15:11
すごく、良スレ。大抵このようなテーマだと荒れてしょうがない
だが、みなさんよく勉強してらしゃるので好感が持てます。
「東京裁判」のビデオはオススメ、特定の思想は入らずただ淡々と
裁判の模様を伝えているので(ナレーションは確か俳優さんで、名前
失念確か映画「宣戦布告」で官房長官役の人だったと思う)裁判の
様子が伺える。勿論大川周明の頭パッチンもしっかり見れます

144 :日本@名無史さん:04/02/27 15:31
浪人のころ、女友達と一回だけ見た映画だた。
「あの俳優さんたちはそっくりだった。」と誰かがいったとか、
というのが当時唯一の話題だった。

145 :♪教祖の弁明♪:04/02/27 17:02
アサハラくんが「弟子たちが暴走してやったことだ」といふのと
ヒロヒトくんが「軍部の暴走で・・・」といふのとどれほどの
違ひがあらうか?

146 :日本@名無史さん:04/02/27 18:07
違いは
日本という国家に犯罪はあったか?
あったとしてその指導者個人を裁けるか?
それをクリアしても、温存するだけの利用価値のあるなしは決定的差だな。

147 :日本@名無史さん:04/02/27 19:33
別に昭和帝は自分が裁かれることに反対はしてなかったけどね。


148 :日本@名無史さん:04/02/27 19:53
>>147
それはソースを出してくれ。
俺が知る限りでは新説だ。

149 :日本@名無史さん:04/02/27 20:00
天皇個人は裁かれてもいいかも。
皇租皇宗に顔向けできんから罪人にはなりたくない。
両方ともある程度本音ぢゃない?
あんまり国を破滅させてすまそ
という感想はみたことないけどね。

150 :日本@名無史さん:04/02/27 20:39
>ヒロヒトくんが「軍部の暴走で・・・」

そんなことは言ってない。


151 :日本@名無史さん:04/02/27 20:47
牛村圭の「文明の裁き」を越えてを読んだ人いる?
あれって従来の東京裁判の理解とどう違うの?

152 :日本@名無史さん:04/02/27 20:58
独白6と越前侯のまとめはそういう論調にしかみえんが

153 :日本@名無史さん:04/02/27 21:01
反日左翼過激派が多いのは,このスレですか?

154 :パール:04/02/27 21:03
当時の国際法に基づくと,起訴された人は,全員無罪です。

155 :↑の補足:04/02/27 21:05
「無実」ではなく,「無罪」ですからね。


156 :日本@名無史さん:04/02/27 21:09
東條さんに対する陛下の意外ともいえるシンパシーは
近衛後の首相に戦争不可避(少なくとも反対ではない)とみたお上が、
親戚を立てることはマズイとみて反対したことに対するヒケめがあったのでは?
それまではそんなに親密ではなかったし。
ユダ隆吉使って免責図るのはイクない!と思います。


でもそれを理由にキ44 閣下が「偉すぎて失神」という飛躍が一番困るが。

157 :日本@名無史さん:04/02/27 21:13
しかしこのスレで
半日歌劇歯といわれるレスって・・・
陛下は人間宣言をされて瑕疵のない存在ではないと仰せのはずでは。

158 :日本@名無史さん:04/02/27 21:22
天文学的な賠償請求されなくて良かった

159 :日本@名無史さん:04/02/27 22:35
にんなそれどころではなかった
っていうか・・・
欧米も対変だたらすぃ。
極東なんざチャッチャとすまそうとして、半島で火吹いたんだすね。

160 :日本@名無史さん:04/02/28 11:20
戦争を煽りまくった当時の朝日新聞は戦犯候補にエントリーされなかったの?

161 :日本@名無史さん:04/02/28 13:22
緒方竹虎は追放された

162 :日本@名無史さん:04/02/28 15:44
>>160
その後即座に 「GHQ マンセーッ!」 だからな。
ほんと変わり身だけは早いわ。

163 :日本@名無史さん:04/02/28 22:06
燃料として牛糞程度にもならん。
それをいったら一億総戦犯だわな。
朝日を攻撃して得意になるアナクロは変わらんな。


164 :日本@名無史さん:04/02/29 01:30
意味不明

165 :日本@名無史さん:04/02/29 01:48
昔の文春を思い出しただけ
あげんなぼけ

166 :日本@名無史さん:04/02/29 08:23
あげんなぼけ プッ あげたるわ。

167 :日本@名無史さん:04/02/29 08:30
朝日新聞だけが十五年戦争を煽ったというのなら話は別だが、
実際にはほとんどすべての新聞が戦争を煽ったわけだから、
朝日だけを責めるのは筋違い。
そんなに朝日がキライなら赤旗か聖教新聞でも読めやw

168 :日本@名無史さん:04/02/29 11:19
>>160>>162
ここに行ってみるとよい。
http://society.2ch.net/test/read.cgi/mass/1043153050/-100


169 :日本@名無史さん:04/02/29 14:10
>>167
議会だって読売・朝日以下の新聞だって煽ったことでは同罪だからその代表者も裁判にかけるべきだった。
軍人や官僚に責任押し付けていい気になっているんじゃない!

170 :日本@名無史さん:04/02/29 14:46
ドイツの新聞社は戦後、皆解散の憂き目あったそうだが、
現在のドイツでは戦前から続く新聞社は存在しないの?
もしそうなら朝日新聞もドイツを見習って。。。

171 :日本@名無史さん:04/02/29 18:00
軍人に責任押しつけた主体が誰であったか。

172 :日本@名無史さん:04/02/29 21:25
>>167
悔しさ隠しの→w は流行ってんのか?

173 :日本@名無史さん:04/02/29 21:42
>>169
ワラタ
連合国はそれが怖かったんだろう。
戦争責任を極限まで突き詰めると日本の指導層は全滅しかねないからなあ。
戦犯を一方的に決めて(軍部を中心にごくわずかに限定して)他を免責したわけだ。
知的エリートだった日本人士官層も大部分は免責されたわけで。
こういう人らが戦後の経済成長に果たした役割は大きいと思う。

174 :日本@名無史さん:04/02/29 21:53
東京裁判における起訴不起訴は、
その罪(ほんとにあったかは抜き)の重さとは別に、
役に立つ(日本人のためとも、西側陣営ともいえる)か立たないか。
が基準でいいんでしょ。

175 :日本@名無史さん:04/02/29 22:01
>173-174
共産主義の伸張という外的要因がなければ、別のありかたもあったんだろうけどね。

176 :日本@名無史さん:04/02/29 22:15
結局、日本人の美意識と陛下は違う次元にあったのだな。
しかたないことでアリマス。

177 :日本@名無史さん:04/03/10 16:35
東京裁判の文庫本みつけたので上・下二冊買ってきますた。
今日と明日は代休だけど急な休みで予定ないのでじっくり読んでみまつ。

178 :日本@名無史さん:04/03/10 16:48
こういう茶番劇を平気でやれる
白人どもの厚顔無恥さには恐れ入る

179 :日本@名無史さん:04/03/10 17:01
白人どもから身を守る為に、日本人は白人を利用して伸張した。
台頭する有色人種国家に、心良く思っていなかっただろうね。


180 :日本@名無史さん:04/03/10 21:30
この程度の茶番に耐えられないような陳腐な自意識が、
大日本帝国を滅亡に追いやったワケで……

「開発」と銘打った収奪、「文明化」と銘打った文化抹殺、
それらの茶番を大々的に行った国ほど栄えてるのが近代以降の歴史の真実じゃん?

181 : :04/03/11 03:33


182 :日本@名無史さん:04/03/12 01:31
藻前らが連合国の判事だったとしたら、
東京裁判で誰を何の罪で有罪とする?

183 :日本@名無史さん:04/03/12 12:19
大元帥 絞首刑

184 :日本@名無史さん:04/03/12 13:03
パール博士は、2年8ヶ月の東京裁判中、宿舎である帝国ホテルと市ヶ谷法廷を往復したのみで、
ほとんど一歩も外出していない。
パール博士はインドを出発する時、この裁判は6ヶ月で終わると聞いてきた。
しかし来てみて6ヶ月はおろか6年かかっても終わらないであろう事が分かった。
しかも東京へ着いて2ヶ月目で自分の主張と他の連合国判事の主張とは全く一致しないと
云う事を予知した。
そこでパール博士は、来日2ヶ月以後は他の判事達との交際を絶ち、帝国ホテルの一室を
事務所にして、厖大な資料の整理に取りかかった。
博士によれば判決の時期が迫るにつれて、ひしひしと無言の圧力が加わり、身の危険さえも感じたという。
裁判は一週五日間ずつ続けられ二日は休廷した。その二日間に一週間分の資料の整理をした。
読破した資料は四万五千冊、参考書籍三千冊に及んだと云う。
かくして生まれたのが英文にして1275ページ、日本語にして100万語に及ぶ
「全員無罪の判決文」であった。
(中略)




185 :日本@名無史さん:04/03/12 13:14
博士によれば「今や英・米・独など世界の法律学者の間で東京とニュールンベルグの軍事裁判は、
果たして正当かどうかと云う厳しい反省と論争が展開されている。
ロンドン・タイムズ紙には三ヶ月に亘り、この論争が連載され、多くの著書も出ている
然るに直接の被害国であり、現に戦犯が牢獄に苦悶している日本において、
この重大問題にそっぽを向いているのは如何した事か。何故すすんでこの論争に加わらないのか
何故、堂々と国際正義を立てようとしないのか」と言うのである。

「日本の外務省はわざわざご丁寧に英文パンフレットを出して、日本の罪悪を謝罪し、
軍事裁判のお礼を言っているのだから、東洋的謙譲の美徳もここまで来ると情けなくなる。
正しい事をどうして正しいと言えないのか、間違っている事をどうして間違っていると
指摘できないのか」と博士は嘆くのである。
ある弁護士が【パール先生のご同情ある判決】に対して感謝に絶えぬという意味の謝辞を
述べたところ、博士はその後を受け、やや色をなして
「私が日本に同情ある判決を下したというのは大きな誤解である。私は日本の同情者として
判決したのでもなく、また日本の反対者として裁判したのでもない。真実を真実として認めて、
正しき法を適用したまでである。それ以上のものでもなければそれ以下のものでもない」と答えた。

186 :日本@名無史さん:04/03/12 15:50
っつーか、途中から連合国が仲間割れしてるしな。
アメもあの頃に共産主義の脅威に気づいた節があるよ。

187 :半島情勢:04/03/12 16:02
大統領就任 汚職発覚  支持率低下 反日発言    弾劾     逮捕   対日宣戦布告 半島軍壊滅 半島更地   日本国領
┝━━━━━┿━━━━━┿━━━━━┿━━━━━┿━━━━━┿━━━━━┿━━━━━┿━━━━┿━━━━┥
                          ∩___∩   /)
                          | ノ      ヽ  ( i )))
                         /  ●   ● | / /
                         |    ( _●_)  |ノ /   今ここ――!!
                        彡、   |∪|    ,/
                        /__  ヽノ   /´
                       (___)     /
                          ヽ      /
                           /  /\ \
                          /  /    )  )
                         / /   (  \
                        (_/     \_)

188 :日本@名無史さん:04/03/12 21:38
非戦闘員である一般市民を原爆により、広島で14万人、長崎で7万人虐殺した命令を下したトルーマンは、何故裁かれないのか。
一般市民を10万人焼死させた東京大空襲の命令を下したカーチス・ルメイは、何故戦犯にならなかったのか。

答えは戦勝国だからである。

では、勝った方は正義で、負けた方は悪なのか。
否。

もう、あれから50年経ったんだから、そろそろ公平な視点で歴史を見ようよ。
例えば、口喧嘩から先に拳を振るった人(日本)がいたとして、殴られた人(米国)がナイフで刺した。
拳を振るった理由も聞かず、ナイフで刺した罪も問わず、一方的に先に殴った方が悪いと思いますか。


189 :日本@名無史さん:04/03/12 22:14
口喧嘩の理由があまりにも独善的すぎるし、
拳を振るった理由もあまりにも短絡的に過ぎるんでね…

しかもこの世界の喧嘩は
一度始まったら勝敗が定まるまでは反則が取られず、
負けた側にしか反則減点がつかないっていうルールで行われてるんだから。

自分たちに都合の悪い現実も、ちゃんと受け止めなきゃね。
当時の日本はあまりにも「パワーゲーム」の厳しさを舐めていた、という現実を。

190 :日本@名無史さん:04/03/13 21:04
被告達に同情的な意見と、連合軍に都合の悪い意見は全て却下ね(はぁと

191 :日本@名無史さん:04/03/13 21:16
「負けたら何されても文句言えない」っていうのが大原則だろうに。戦争なんだから。

その大原則を無視して何が公平か、何が善悪か。
日本は負けたときのことを何一つ考えず、
じり貧状態に追い込まれるという強迫観念に駆られて戦争に突入した。
そんなんじゃ、ダメなんだよ。

192 :寺嶋眞一:04/03/13 21:37
日本人気質

日本語には、時制 (現在・過去・未来の区別)というものがない。
かくして,日本人にとって真剣に考えられる事柄は,現在のことのみになる.目先・手先のことのみに考えが集中する.
そして、日本人は過去と未来の事柄については,思考停止をする傾向にある.
過去については,「過去のことは,もう済んだ事だ」.だから,「過去のことに拘っても仕方がない」という.
未来のことは,「それは,必要の生じたときに考えればよい」.「その時になれば,どうにかなる」という.
しかし,現実には、「その時になれば,どうにかなる」は「その時になっても,どうにもならない」と同義の場合が多い.
古池に蛙が跳び込む時にたてる音は、時制を超越した日本人の感覚を呼び起こす。
日本人は、刹那の感覚から永久の感覚を得て陶酔する。
335文字
You can read more at http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/







193 :日本@名無史さん:04/03/13 22:44
戦中戦後の死者の中から戦犯格の人を紹介してください。


194 :日本@名無史さん:04/03/13 22:52
「極東軍事裁判を否定するというのは
 サンフランシスコ講和条約を否定するということ。
 だから戦後の日本外交全てを、戦後の歴史全てを否定することになる」

工房時代の世界史教師の言葉です・・・

195 :日本@名無史さん:04/03/13 23:02
>>194思考停止を他人にも押しつける教師とは・・・

196 : :04/03/13 23:38
近代版宗教裁判だろ…

197 :日本@名無史さん:04/03/13 23:44
裁判をはじめたのが連合国の都合なら、途中で止めたのも連合国の都合。
冷戦開始が遅ければ岸信介なんかも第二次東京裁判で処刑されていただろうな。

198 :日本@名無史さん:04/03/14 07:56
>>191
じゃあ、どこの時点でどうすれば、日米戦を回避出来たんだよ。
もしくはどうすれば勝てたんだ。

199 :日本@名無史さん:04/03/14 09:26
戦わずに屈服していたら韓国みたいな亡国になっとらんか?

200 :日本@名無史さん:04/03/14 11:09
>>198
 満州を残してあとは中国からは撤退すりゃいいじゃん
 石油が入らないって言うけどなら石炭使っとけばぁ?









って厨房時代担任が言ってた

201 :日本@名無史さん:04/03/14 11:17
具体的に陸軍をどう納めるんだ

202 :日本@名無史さん:04/03/14 12:23
三国同盟破棄。 つーかそもそも結んだ時点で間違いなんだが、
三国同盟自体がごね得狙いの無謀な行為だったわけで…。

屈服したら亡国? 日本が戦後国家としての体を為せていたのは東西冷戦の偶然だってことを忘れるな。
もし冷戦なかりせば、日本は3S政策によって国民意識自体を消滅させられていた。
それを求める勢力は連合国の中のほとんどを占め、アメリカですら半々だったのだから。

陸軍をどう納める? なんのために昭和帝が居るんだい。
先帝陛下は日米開戦に何ら帝国の生きる道が無いことをお察しになって居られた。
その陛下に陸軍を押さえる役回りを担ってもらえれば、陸軍全体の組織的クーデターという事態だけは避けられる。
そして一部の跳ねっ返りが叛乱起こす程度なら、確実に鎮圧できる。

203 :日本@名無史さん:04/03/14 13:11
クーデターを抑えるクーデターか・・・

204 :ツバキ:04/03/14 13:19
東条英機って8月15日からマッカーサーが厚木につくまで何やっていたの?
教えてください。

205 :ツバキ:04/03/14 13:21
東条英機って8月15日からマッカーサーが厚木につくまで何やっていたの?
教えてください。

206 :日本@名無史さん:04/03/14 13:30
194の教師のいっていることは真っ当だと思うが。
否定するなら、その場合の日本の進んだであろう可能性を提示しないとね。
まさか同じ戦後を歩んだなんて思ってはいないだろうけど。

207 : :04/03/14 17:19
>>194
それでは、戦前までの日本外交と歴史を否定してもよいのかと問ういてみたいぞ。

>>198
日本だけの努力で戦争を回避できたとは、おこがましくてとても思えんね


208 :日本@名無史さん:04/03/14 19:20
戦傷病者戦没者遺族等援護法で名誉回復されてます。
国内法的には戦犯は存在しません。
でもなぜか知らん人が多すぎる。

209 :日本@名無史さん:04/03/14 21:51
時の総理大臣が東条でなくとも開戦しただろな?
アメリカのやり口はえげつない。
あらゆる方法や圧力等で、遠大な計画を以ってして日本を挑発してくる。
日本でなくとも開戦せざるを得なかった。

210 :日本@名無史さん:04/03/14 21:52
バカウヨの決まり文句は聞き飽きた。

211 :日本@名無史さん:04/03/14 21:53
単なる戦争好きのオタク=バカウヨ

212 :日本@名無史さん:04/03/14 21:54
バカサヨの決まり文句は聞き飽きた。プッ

213 :日本@名無史さん:04/03/16 00:48
>>209
Tルーズベルトを殺してやりたいよな。
もう死んでるけど。

>>210−211は朝鮮人

214 :日本@名無史さん:04/03/17 22:35
犯罪者リスト作成も、結構適当好い加減だったようだが・・・

215 :日本@名無史さん:04/03/17 22:36
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●不合格●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
これを見た人は確実に【不合格】です。これをコピペでどこかに1回貼れば回避できます。
これは本当です。やらないと一年無駄になります.

私も最初は嘘だと思ったんですが、一応コピペしました。それでセンター私大に合格出来ました。
けどコピペしなかった友達がA判定とっていたのに、おちたんです。(慶応合格h.sさん)

俺はもうE判定で記念受験だったんだけど、コピペを10回くらいした途端に過去問が
スラスラ解けるようになって、なんと念願の早稲田に受かりました。(早稲田3学部合格r.kくん)

これを今年のセンター前に見てシカトしたら、センターミスって最悪です。(n.aさん)

信じられますか?この威力。

216 :日本@名無史さん:04/03/17 22:59
イラクでは是非アメリカの戦犯も裁いて欲しいものだ。

217 :日本@名無史さん:04/03/17 23:48
「天下茶屋裁判」

東京裁判と同時期に行なわれた極秘の裁判。
この裁判において、連合国側と日本側の大きな取引が行なわれた。
詳細は江田島日記に書かれているという。

民明書房刊

218 :日本@名無史さん:04/03/18 00:13
石原莞爾は東京裁判でどんな証言をしたの?
石原莞爾ってどんな人?

219 :日本@名無史さん:04/03/18 00:35
>石原莞爾は東京裁判でどんな証言をしたの?

家康と肉人の会見

220 :日本@名無史さん:04/03/18 02:19
↑わかりにくい、もとい、わからないです。

221 :日本@名無史さん:04/03/18 10:34
>>218
ネットで証言が読めたはず。
最終戦争論も読める。
自分でぐぐれ。

222 :日本@名無史さん:04/03/18 21:02
溥儀の証言は関係者各位が失望したヘタレぶり。

223 :日本@名無史さん:04/03/19 14:20
パル判事バンザイの奴が多いみたいだから釘を刺しとくが、
彼は日本軍の残虐さについて怒りをあらわにしてるよ。
ただ、欧米の戦争裁判ショーについて問題提起をしているだけ。
「平和に対する罪」というのが後付けの理論なんで、それで戦
争犯罪人を裁く事はできないって事。


224 :日本@名無史さん:04/03/19 19:09
パール判事=日本の味方は右翼の決まり文句。
>>223はある意味、左翼・知識人の決まり文句だな。



225 :日本@名無史さん:04/03/19 20:47
え〜、左翼でござい。
どうしてか、右翼の方々はパルの日本批判を避けますな。
知らないのか、知ってて無視しているのか。ハテ、どちらか。



226 :日本@名無史さん:04/03/19 21:21
当時の植民地住民にしてみれば、犯罪者による犯罪者の裁きにしか思えんだろね

227 :日本@名無史さん:04/03/19 22:17
>>223意見書をよく読め。講談社学術文庫から出てる。
ちなみにパル判事が述べてるのはそれだけじゃないぞ。
日本軍の行った残虐行為についても「残虐行為が行われたことは事実だろうが
連合国が収集した膨大な証言の信憑性についても疑義がある」としてるし
他にも色々書いてある。(要約しても長いから挙げないけど)

別に俺は右翼じゃないがパル判事のように真摯に真実を追究した公正さは
他の判事には見られん。
ちなみに本判決文のかなりの部分が検察の最終論告の引用だし・・・
通常の裁判でこんな横着したら裁判官全員クビだぞ。

228 :223:04/03/19 23:26
「本件において提出された証拠に対し、言いうることの全てを
 念頭に置いて、宣伝と誇張をできるかぎり斟酌しても、なお
 残虐行為は日本軍がその占領した地域の民衆、はたまた、捕
 虜に対し犯したものであるという証拠は圧倒的である」

227氏の読んだ意見書にもこれと同じやつが載ってるはずだがね。



229 :日本@名無史さん:04/03/19 23:34
>>228
当然その部分も読んでるし、>>223の発言のその部分も否定してないぞ。

俺が反論してるのは以下の部分
>ただ、欧米の戦争裁判ショーについて問題提起をしているだけ。
>「平和に対する罪」というのが後付けの理論なんで、それで戦
>争犯罪人を裁く事はできないって事。

意見書を読んだんならこの点だけがパル判事の言いたいことじゃないことは分かるはずだが?

230 :日本@名無史さん:04/03/20 08:22
しかし、『無罪判決』の論拠はその部分だよ。
「泥棒が泥棒を裁くなんて、チャンチャラおかしいぜ。ケッ!」ってのが
パル意見書の骨格だから。「裁判自体が成立していない。だから
有罪に出来ない」ってのが、いわゆる『無罪判決』なんだよな。
連合国も日本も、植民地人パルにとって両方泥棒にしか思えなかった。

ただ、いかにもパルが『大東亜共栄圏』の理念に賛同したから、無罪を
言い渡したと思い込んでる輩が、結構多いんだな。
小林よしのりもSAPIO連載のゴー宣最新話で、1コマだけだがそのような
ことをほざいてたな。もっとも今や反米に狂い、アルカイダやフセインを賛美
している今の小林は、それをも反米の主張の材料に使ってたな。


231 :日本@名無史さん:04/03/20 11:18
杉山元帥あたりも、自決してなきゃ死刑だったろうね。後、本庄繁
林セン十郎(字がでない・・・)、寺内寿一あたりも起訴されてただろう・・・

232 :日本@名無史さん:04/03/20 22:20
火事場泥棒の超大物・ソ連も参加してるし。
しかも裁く側でよ。
戦争に負けるとホント惨めだよな。

233 :日本@名無史さん:04/03/21 02:30
銑十郎?違う?

234 :231:04/03/21 11:15
>>233正解!銑、あ、出た^^;;;;;

235 :日本@名無史さん:04/03/21 21:40
一国家の指導者も、ここでは強盗強殺凶悪犯扱い

236 :日本@名無史さん:04/03/22 11:58
石原完爾
「証人は英語は語せますか?」「英語は語せませんが、日本語ならちょっぴり話せる」山形弁まるだしで話す石原莞爾に、法廷は爆笑に包まれたという。
昭和二二年(一九四七)五月一日、酒田市で開かれた極東軍事裁判でのことだ。
この日法廷は、証人として出延した石原のぺ-スに完全に呑まれてしまった。
判事の「尋間に先立って何か言うことはないか」との間いに石原は、「満州事変の中心は自分である。
なぜ私を戦犯として逮捕しないのか、不思議である」と応え、判事や検事を大慌てさせている。
この酒田法廷の前年、石原はすでに連合国側の検事の尋間を受けていた。その際、検事が「戦犯の中で誰が第一級か」と間うと石原は「トルーマン」と応え、大統領就任時にまいたビラを見せた。
そこには「もし日本国民諸君が軍人と共に戦争に協力するならば、老人、子供、帰女子を間わず全部爆殺する」と書かれている。「国際法では非戦闘員は爆撃するなと規定している。
これは国際法の蹂躙ではないか」「あれは喬しだ」「そうではない。このビラ通りに実行したではないか。B29が軍需工場ではない所、戦闘員以外の民衆すべてを爆撃したではないか。広島や長崎は一体どうしたことか。
トルーマン大統領の行為は、戦犯第一級のそのまた第一級に値するものである」。また、逆に石原が日本の戦争責任をどこまで湖るのかと質問し、検事は「日清、日露戦争まで」と応えた。すると石原は「それではペリーを坪びなさい。
当時日本は鎖国主義で満足していた。それをペリーが黒船の大砲で脅し、無理矢理開国させて、貴国らの侵略主義を覚えさせたのではないか。もし日清、日露戦争を悪いというのならば、まず平和日本を脅したペリーを証人として連れて来なさい」。
酒田法廷のあと、朝日新聞の記者が「法廷での将軍の言葉を聴いて、私は日本人として初めて胸の晴れる思いがしました」と、涙を浮かべて話したという。
酒田法廷や前年の尋問の逸話は、単に石原が連合国に一矢報いたというのではなく、連合国側の歴史観の誤りと民主主義に反する面を指摘した機会でもあった。


237 :わかった:04/03/25 06:34
日本を訴訟国家にして白人の日本社会の支配は
完全となる

238 :日本@名無史さん:04/03/26 11:00
いいとこ突いてる

239 :日本@名無史さん:04/03/26 11:47
そうそこ、いいとこ突いてる。突いてる突いてる。
もっともっと突き上げて。くぅ〜って言っちゃうよ〜

240 :日本@名無史さん:04/03/26 18:33
>>237
今、米は訴訟で経済が停滞するような事態になってるな。
日本は真似しちゃ駄目。絶対。

>>239
うるせ


241 :日本@名無史さん:04/03/26 20:55
この裁判に集まった裁判官って、本国では2〜3流の人でしょ?
なんか、アメリカの意図が見えるようだ。
さらにマッカーサーは早々、天皇を戦犯から外し占領政策に利用
する考えだった。
これでは法廷で、何も知らず天皇を命賭けで擁護した東条もピエロだな。

242 :日本@名無史さん:04/03/26 23:45
>>241
>さらにマッカーサーは早々、天皇を戦犯から外し占領政策に利用
>する考えだった。
これは米本国政府の考え。

天皇制を残すことについてはそれほど簡単な問題でもなかったよ。
戦争犯罪容疑についてもウェッブ裁判長は天皇訴追に執着してた。
さらに米国以外の連合国では天皇に何らかの責任を負わせるという考えが主流だったし。
日本統治については実質的には米国主導だったとはいえ、名目上は連合国共同統治。

もしも東京裁判で天皇の戦争責任が明確に示唆された場合には豪、蘭あたりから
天皇訴追を求められた可能性も強いわけで、その場合は米政府の政治的な妥協で
天皇訴追もありえたかもしれない。

まあ推測の域は出ないけどね。

243 :日本@名無史さん:04/03/26 23:50
自殺者の中でA級で告訴されそうな人は誰?


244 :日本@名無史さん:04/03/27 00:04
近衛、杉山は確定だろう。梅津が引っ張られたことを思うと阿南も可能性はある。
本庄は満州事変があるがどうかなあ。他はまあ大丈夫だろう。

245 :日本@名無史さん:04/03/27 13:27
m9( ^,_J^)ノ <軍隊の所持は他国を挑発して戦争の原因になります。
kouei34
m9( ^,_J^)ノ <だから、中国は日本に侵略されたのです。
kouei34

m9( ^,_J^)ノ <軍隊をなくせば戦争はなくなります。
kouei34
m9( ^,_J^)ノ <人類をなくせば自然破壊はなくなります。
kouei34

m9( ^,_J^)ノ <部外者書き込み不可の掲示板でヒキコモリしてます。
kouei34


246 :日本@名無史さん:04/03/27 17:03
近衛も、案外起訴まではいかなかったかも・・・

247 :日本@名無史さん:04/03/27 17:16
どうかな。
木戸、平沼あたりが終身刑なんだから、最低でもそれくらいいくだろ。

248 :日本@名無史さん:04/03/27 17:41
連合国の戦犯選びを見てると、責任ある立場にいた人はとりあえず引っ張られる。
逆に、実質的に戦争を推進した幕僚連中は大体スルー。
例外は、武藤、佐藤、岡の3人。これは田中隆吉の私怨から引括られた。


249 :日本@名無史さん:04/03/27 18:04
海軍が少なすぎやしないか?

250 :日本@名無史さん:04/03/27 20:18
アメリカから見た場合、戦争そのものでの敵は海軍がメインでも
日本を戦争に導いた(=米との利害対立がもっとも激しかった)のが陸軍だったということなんだろ。

251 :日本@名無史さん:04/03/27 20:52
私の質問にはスルーですか? 繰り返し質問します。
チベット大虐殺はなかったと主張する学者は実在しますか? もし実在するなら
名前を挙げてください。
m9( ^,_J^)ノ <挙げてください
www.ismusic.ne.jp/kouei34/xg0016471.mp3


252 :日本@名無史さん:04/03/27 21:07
一番責任がある米内が引っ張られない以上、他の奴何て引っ張られる訳がない>ネイビー

253 :246:04/03/28 14:22
>>247 普通で考えればそうでしょうね。ただ、アメリカから見て、
有益な人物と見なされれば、岸みたいに「おめこぼし」があったかも、
という気がしたんで・・・

254 :日本@名無史さん:04/03/28 19:44
多分近衛は死刑か終身禁固でしょう。
「国民政府を相手にせず」→和平機会を葬ることで侵略戦争を推進。
大政翼賛会→議会制民主主義を崩壊させ軍部の政治関与を支援。
日独伊三国同盟→侵略戦争遂行のための枢軸ブロック成立。

これだけでも死刑になった広田よりも責任が大きいと判断されるんじゃないかな?
さらに9月6日の御前会議での対米開戦方針の決定を追及されたら死刑確定かと。
まあこれは天皇に関わってくるので証拠として採用されんかもしれんけど。

255 :日本@名無史さん:04/03/28 19:57
この中から戦犯は出そう?
 
 阿南惟維 (陸相)
 大西瀧治郎(軍令部次長)
 杉山元  (元参謀総長)
 小泉親彦 (元厚生大臣陸軍軍医中将)、
 近衛文麿 (元首相)
 橋田邦彦 (元文部大臣)
 吉本貞一 (陸軍大将、前東北軍管区司令官)
 阿部起吉 (陸軍少将、濠北7592部隊長)
 安達二十三(陸軍中将、第18軍司令官)
 安藤利吉 (陸軍大将、台湾軍司令官)
 本庄繁  (陸軍大将)
 篠塚義男 (陸軍中将)

自決した将軍・提督陸軍24名海軍5名という資料があったけど上記も含めてリストアップ希望。。

256 :日本@名無史さん:04/03/28 20:22
杉山元
近衛文麿
本庄繁
この3人は多分A級戦犯の被告にされると思う。
起訴されれば確実に有罪にされるでしょう。

あとはA級戦犯にはならんでしょう。
B級については何とも言えん。

257 :日本@名無史さん:04/03/28 20:33
>>255
田中静壹(陸軍大将) 
城倉義衛(陸軍中将)
寺本熊市(同上)
草場辰巳(同上)
山田清一(同上)
人見秀三(同上)
中村次喜蔵(同上)
秋山義~(同上)
岡本清福(同上)
小泉恭次(同上)
浜田 平(同上)
納見敏郎(同上)
上村幹男(同上)
島田朋三郎(陸軍法務中将)
岡田痴一(同上)
隈部正美(陸軍少将)




258 :日本@名無史さん:04/03/28 20:38
>>256
阿南と大西は?

259 :日本@名無史さん:04/03/28 20:51
>>258
阿南については陸相時代の行動が検討されるだろうけど
A級戦犯については戦争を開始した責任が問われることが多いので
終戦間際の陸相なら責任を問われることはないと思う。
あとは現地軍司令官が多いからA級指定される可能性は低い。

大西については一貫して現場職ばっかり。
検討される可能性もないです。
ちなみに特攻作戦云々は東京裁判の訴因にはなりません。
東京裁判は連合国に対する責任を裁くものですから。

小泉親彦・・・こいつは戦犯になることはないと思うけど
731部隊絡みっぽいですねw

260 :日本@名無史さん:04/03/28 21:29
杉山 元  (元帥陸軍大将)まあ起訴確定だろう
本庄 繁  (陸軍大将)  同じく
阿南惟維  (同上)    可能性はある
安藤利吉  (同上)    戦犯として拘留中に獄中で自決
田中静壹  (同上)    A級はないだろうがフィリピンで軍司令官やってたからそれが引っかかるかも。
吉本貞一  (同上)    おそらくスルーされるはず
篠塚義男  (陸軍中将)  軍事参議官会議で開戦に賛成したことの責任を取って自決。戦犯とは無縁。
小泉恭次  (同上)    戦争自体と殆ど無縁
草場辰巳  (同上)    ソ連につかまり、東京裁判の証人として出廷直前に自殺
城倉義衛  (同上)    憲兵司令官だったが
秋山義~  (同上)    召集されて満洲で師団長に
安達二十三 (同上)    無期の判決を受けた後に自決
寺本熊市  (同上)    航空本部長。航空は戦犯とは縁が薄い。
人見秀三  (同上)    台南の師団長。戦犯とは無縁。
上村幹男  (同上)    第四軍司令官。ハバロフスク収容所で自決。
中村次喜蔵 (同上)    満洲で自決。教育畑の人。
山田清一  (同上)    セラム島で自決。整備局長などを務めた。B級に引っかかった可能性大。
岡本清福  (同上)    スイスで自決。戦犯に問われることはなかっただろう。
納見敏郎  (同上)    一度逮捕され容疑が晴れて釈放後、宮古島で自決。
浜田 平  (同上)    俘虜情報局長官として俘虜の扱いに苦慮した。タイで自決。
隈部正美  (陸軍少将)  冨永の参謀長だった。特攻の責任を取って家族もろとも自決。

261 :日本@名無史さん:04/03/29 02:11
石原完爾カコイイ!>>236

262 :日本@名無史さん:04/03/29 09:04
中島知久平や豊田貞次郎は?

263 :日本@名無史さん:04/03/29 09:12
ニュルンベルグの被告と候補自殺者のカウンター的な位置付けは?
ローゼンベルグのカウンターで大川周明とか頭山満あたり

264 :日本@名無史さん:04/03/29 18:35
大川先生は東條被告のハゲ頭に攻撃を敢行され、
行動で軍部独裁に対する鉄槌を下しました。
よって起訴猶予w

265 :日本@名無史さん:04/03/29 22:23
司会者「もし、日本が侵略されたらどうするのですか?」

馬鹿サヨ「戦争はしたくないので、全員無抵抗で殺されるべきです」

司会者「あなたが死ぬのは勝手ですが、罪もない一般国民にも『死ね』と言うのですか?」

馬鹿サヨ「はい。我々が政権をとれば、無抵抗を義務化します」


266 :日本@名無史さん:04/03/29 22:24
東條はヅラ。

267 :246:04/03/30 09:42
松岡が死刑だったら、広田は無期で済んだかもしれないし、杉山が死刑だったら
木村兵太郎は助かったかも(ただし、B級にまわされて・・・)
後、自殺組ではないが、寺内も無期にはなってただろうなあ・・・

268 :日本@名無史さん:04/03/30 17:58
松岡と広田はリッベントロープのカウンターパートだろうね?

269 :日本@名無史さん:04/03/30 19:47
大東亜省は外務省扱い?

270 :日本@名無史さん:04/03/30 19:47
あれ、興亜院だったか?

271 :日本@名無史さん:04/03/30 20:59
どっちだよ

272 :日本@名無史さん:04/03/30 23:04
木村兵太郎ってなんで死刑になったの?

273 :日本@名無史さん:04/03/30 23:21
各方面から一人は死刑を出す方針だったんじゃないの。
木村はビルマ方面の生贄となったと。
俺は河辺のほうがふさわしかったと思うけどね。

274 :日本@名無史さん:04/03/31 07:08
杉山死刑には何か違法残虐行為に結びつける必要があると思う。
出来なきゃ終身の可能性大。

275 :日本@名無史さん:04/03/31 07:18
木村は辻の犯罪を背負わされて身代わりに殺された

276 :日本@名無史さん:04/03/31 12:16
ケツ裂少年兵!
上官は巨根だった。

277 :日本@名無史さん:04/03/31 12:28
木村太郎はキャスターやってるよ。
死んでなんかいないよ。

278 :日本@名無史さん:04/03/31 17:45
>中国に人権上の問題があるとしてもそのことで過去の日本の行為が正当化
>される訳じゃない。やっぱりこれからも日本は歴史に則って反省し続けて行かないと。

過去の日本の行為に問題があるとしても、そのことで中国のチベット大虐殺が正当化
される訳じゃない。やっぱりこれからも中国は歴史に則って反省し続けて行かないと。


279 :日本@名無史さん:04/03/31 17:55
國民新聞より

永田町ウォッチャー、冨士谷紹憲氏によると、創価学会の池田大作名誉会長(写真右)は「帰化した在日朝鮮人」と暴露
した。
学会をバックにする公明党が外国人の地方参政権付与に躍起になっているのも、このためだという。
冨士谷氏によると、父方の本名は成田作(ソンジョンチャク)で母方は池(チ)姓という。
 また、池田は昔から

「日本に先祖の墓がない」
「大田区大森海岸の朝鮮部落の海苔の漁師出身」
「日本語がうまく喋れず、寡黙な男」

 と言われているが、学会機関紙「大白蓮華」(2000年3月号)に掲載された池田の人生記録の中で

 「父が韓国語を教えてくれた思い出がある」
 「私の少年・青年時代には多くの在日韓国朝鮮人の方々との
  出会いがあった」
 「韓日文化交流」と「韓」を「日」の前に記述するなど、

 父母が戦前に帰化した朝鮮人であれば納得できる記述が散りばめられている。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H13/1306/130626ikeda-naturalized.html
   
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/

280 :日本@名無史さん:04/04/01 06:58
財界から裁かれた奴はいた?

281 :日本@名無史さん:04/04/02 10:57
>>280 いなかったと思う。

282 :日本@名無史さん:04/04/02 11:51
創価の不思議

やたらと、賞や名誉を自慢するのは何故?


283 :日本@名無史さん:04/04/02 21:21
中島じゃないのか?

284 :日本@名無史さん:04/04/03 08:55
素平は裁かれなかった。

285 :日本@名無史さん:04/04/03 20:04
判例引用されない権威の落ちた裁判

286 :日本@名無史さん:04/04/03 22:55
台本通りに行われた裁判。

287 :日本@名無史さん:04/04/04 01:23
ハゲに暴力を振るう裁判

288 :日本@名無史さん:04/04/07 16:23
過剰な日本叩きは戦勝国側の戦争犯罪を隠蔽するため。
「黄色人種は白人の奴隷ではない」という真実を隠蔽するために、
白人に逆らった日本だけを悪党にした。

289 :日本@名無史さん:04/04/07 20:57
ニュールンベルグは?

290 :日本@名無史さん:04/04/08 01:05
マッサーカの作った事後法による市ヶ谷暗黒なんちゃって裁判はニュルーンベル
グ裁判の真似っ子メグちゃん。
ところがどっこいナチスのユダヤ人虐殺のように日本には民間人を虐殺したなん
て証拠は無かったので、そこで捏造されたのが南京豆大トサツ。元々証拠が無い
から年々被害者数が増加してってるぞ。証言者は中国国内で捕虜になって脅され
た日本兵か中狂党員だからね。
復習戦争を回避したいアメリカの日本人骨抜き化洗脳計画(ウォーギルトインフ
ォメーションプログラム)に便乗するのが、国内の失政をひた隠し、日本から金
を巻き上げる大陸と半島だ。両国が内政干渉を起こすときは、だいたい国民の目
を失政から遠ざけるためか、お金に困ったときだと思っていいよ。
日本は1989年に北朝鮮以外は国家民間ともに戦後賠償は終わっているからね。
北朝鮮以外はこれ以上は賠償しなくていいんだよ。中国の民間賠償はグレーゾー
ンだが。ま〜北朝鮮は南朝鮮に併合されるからいっか。

291 :日本@名無史さん:04/04/08 10:34
ユダヤの嘘を暴いてドイツの無罪を勝ち取れ!

「ナチスがジェノサイドを実行した、または故意に600万人のユダヤ人を殺したという
、いかなる証拠が存在するのか?」

ttp://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/sohiasenseinogyakutensaiban2_mokuji.html

292 :日本@名無史さん:04/04/08 19:55
韓国の方からよく「日本は戦後賠償をまだしていない」と誤解があるようなので資料を提示します。ご参考くださるとありがたいです。
戦後補償B
--------------------------------------------------------------------------------

賠償金は一兆三百億円超
Q:日本がとってきた戦後補償の中身を教えてください。

(単位は億円) 賠 償 準賠償 各種請求権
ビルマ(ミャンマー) 720.000 612.000 スイス 12.0000 平和条約16条 45.0000 タ イ   96.000 54.0000 デンマーク 7.2300 オランダ 36.0000 フィリピン 1980.000 スペイン 19.8000
フランス 16.7280 スウェーデン 5.0500 インドネシア 803.088 636.876 ラオス 10.000  
カンボジア   15.000 南ベトナム 140.400   イタリア     8.3305 英 国     5.0000
カナダ 0.0630 インド 0.0900 韓 国 1080.000 ギリシャ  0.5823 オーストリア 0.0601 マレーシア 29.400 シンガポール 29.400 ミクロネシア 18.000 北ベトナム 85.000 ベトナム 50.000 アルゼンチン 0.8316 モンゴル 50.000  

補償総額 6565億9295万円    
在外資産の喪失 3794億9900万円    
中間賠償 1億6516万円    
合 計 1兆362億5711万円
(国立国会図書館外交防衛課作成の資料)
(借款は除外)

293 :日本@名無史さん:04/04/08 22:43
東京裁判な批判的な意見が多いね。
アメリカの立場になってみて考えてみてくれ。
アメリカの対日戦後政策はほぼ無謬だよ。
アメリカ一国の利益を図るうえにおいては。


294 :日本@名無史さん:04/04/08 23:23

学問は『真理の探求』である。

295 :日本@名無史さん:04/04/08 23:45
まて、東京裁判が勝者による一方的な裁判で、不当な
面が多々あったのは事実だが、アメリカだからあそこまで
公平な裁判になったんだぞ。ソ連単独のハバロフスク裁判を
見てみろよ。ジョークとしか思えないぞ。

296 :日本@名無史さん:04/04/09 00:31
>293
じゃあ、東京裁判批判者の立場になって考えてみてくれ。

東京裁判批判の人間は「アメリカが間違ったことをした」と怒ってるんじゃなくて、
連合国が「正義」の名をもって東京裁判を行った、その中にある「正義」の矛盾を見ずに
東京裁判を正しいと思ってる人間に対して怒ってる、わけで。

つまり要するに、東京裁判批判者のほとんどは
批判する相手を自分でも間違えている、んだよ。
彼らが真に批判したい相手はアメリカではなく同じ日本人なんだ。



297 :日本@名無史さん:04/04/09 07:26
矛盾が内在しない正義なんてないよ。

298 :日本@名無史さん:04/04/09 07:56
そうだよ。 あらゆる方面に対して通用する単独の正義なんてのは存在しない。

…が、それを有り得るかのように語ってきたのが
「戦後の人間」だ、というのが
東京裁判批判者の考え方。

ただ、そういう東京裁判批判者は「我こそは日本の戦後を終わらせる者」といきり立っているが、
実のところそれはよくある「親世代への反発」にすぎなかったりする。
さらにもう一つ上の世代である戦中派の思考は、その子である「団塊の世代」の思考と大きく異なる。
「団塊の世代」は全共闘やらフォークソングやらで左翼思想を武器に親世代を叩き、
その子供たちは小林よしのりやらネットコミュニティやらで右翼思考を武器に親世代を叩く。

こういう不毛な世代間のたたき合いの中で、真に「戦後」は終わっていくのだろう。

299 :日本@名無史さん:04/04/09 10:31
参考資料 : 米国の著名な月刊雑誌、フォーチュンの当時の記事(昭和二十四年四月号)より
「法廷に証人として出廷せず、従って宣誓無しに作成された検事側書類を証拠として受理し、
検事と弁護人に異なる(大差ある)審理手続きで弁護側に不利を与えた東京裁判は、判決に批
判の余地を残した。

参考資料 : アメリカ合衆国ダグラス=マッカーサー元帥
昭和25年(1950年)10月にウェーク島でトルーマンン大統領と会談中の会話
「東京裁判は誤りだった。」

参考資料 : 日本糾弾の急先鋒であった首席検事キーナン。東京裁判から数年後の発言
「東京裁判はいくつかの重大な誤判を含むのみならず、全体として、復讐の感情に駆られた、
公正ならざる裁判だった」

参考資料 : オーストラリア 東京裁判ウェッブ裁判長
「東京裁判は誤りであった」

300 :日本@名無史さん:04/04/09 11:15
*アヘン戦争を忘れた中国 日本叩きを隠れ蓑に白人のアジア蔑視をごまかし謝罪も賠償もしないイギリス

当時、中国から輸入される茶は、英国人の生活の必需品であった。ところが英国から輸出できるものは何もない。
ここで英国が目をつけたのがインド産のアヘンであった。
インドからアヘンを中国に輸出し、そのインドにはイギリスの工業製品を売り、そこで得た代金で英国が中国茶を買う、
という三角貿易を成立させた。
しかし中国ではアヘン中毒患者が激増し、1838年当時の輸入金額は1400万両以上に達していた。
清朝の年間歳入4千万両の実に1/3以上である。輸入超過は支払いのための銀の流出を招き、
銀貨の高騰が税金を実質的に高めて、農民を苦しめた。

*被害者の中国に謝罪と賠償を求めるイギリス
兵員4千、軍艦16隻、大砲540門、輸送船および武装船等32隻からなる派遣軍が1840年6月に清国の近海に姿を現した。
イギリス軍はいったんは広州湾を封鎖したが、林則徐によって固められた防備に乗ずる隙がないと見ると、北上して上海の近くの定海を襲い、
さらに北京を指呼の間に臨む天津沖に姿を現して、英外相の書信を北京政府に手渡した。
それには没収したアヘン代金の賠償、謝罪、沿海の島の割譲などを要求していた。



301 :日本@名無史さん:04/04/09 17:24
板垣の子息が「日本人は東京裁判史観を乗り越えなけらばならない」と
インタビューに答えていたが、果たしてその日は来るのだろうか・・・

302 :日本@名無史さん:04/04/09 17:29
東京裁判史観を乗り越えた先にあるのは、結局
「統帥権逸脱し国策を誤らせた板垣は殺されて当然」という史観だと思うが。

東京裁判史観は「左翼・アメリカの戦犯」であって、
右翼の側からの戦犯裁判はまだ終わっていない。
維新以降八十年の労苦を水の泡に変えた馬鹿たれ共をいかに裁くか、という
国民による国民のための裁きがこれから始まる。
それに比べれば「東京裁判史観」のぬるま湯にひたっていたほうが、
その人にとっては明らかに住みやすいと思うぞ。

303 :日本@名無史さん:04/04/09 20:06
そうそう、仮に東京裁判史観を脱しても、
板垣、土肥原らの犯罪が消えるわけじゃない。


304 :日本@名無史さん:04/04/09 22:47

在日右翼=暴力団がキム・ジョンイルの核兵器開発の資金を提供 米国務次官が証言

http://www.asyura.com/0306/war35/msg/461.html

305 :日本@名無史さん:04/04/10 23:41
この裁判を、全て日本人にやらせたらどんな結果になったかな?

306 :日本@名無史さん:04/04/11 00:02
判例が活用されたことってあるのか?


307 :日本@名無史さん:04/04/11 13:03
>305
レッドパージの利用例から鑑みるに、
たぶん政敵訴追に乱用されてお話にならない展開になったと思われ。
他人を裁くには何らかの価値判断が必要で、
この東京裁判にはなんだかんだいって背後にひとつの価値観があったことは、事実だもの。
その「価値観」がレッテルとぜんぜん違う中身を持ってたことは、忘れちゃいかんが。

308 :ツバキ:04/04/11 15:38
東京裁判の最後に東条に「死刑」という。東条は深々と頭を下げている映像を見て、
このおっさんバッカじゃないかと思った。

309 :日本@名無史さん:04/04/11 17:52
白人どもの残虐行為、アジア蔑視を取り上げると「その事で日本の罪が消えるわけではない,
ごまかすな」と言う馬鹿が居るようだ。

今まで、日本は何千回と叩かれてきたが、白人どもの罪は裁かれた事も無いではないか!
現実は、日本を盾にして、白人どもはアジアに謝罪も賠償もしていない。


310 :日本@名無史さん:04/04/11 17:56
>>309
マルチポストすんなよ、ウヨク。

311 :日本@名無史さん:04/04/11 18:18
>310
やめてくださいな。 こいつみたいなコヴァは真の愛国者にとってはただの癌だ。

312 :日本@名無史さん:04/04/11 22:29
参考資料: インド ラダ・ビノード・パル極東国際軍事裁判判事
欧米諸国は日本が侵略戦争を行ったということを歴史にとどめることによって、自分らのアジア侵略の正当性を誇示する目的であったにちがいない。
日本の子弟がゆがめられた罪悪感を背負って、卑屈、退廃に流れていくのを、私は平然と見過ごす訳にはゆかない。誤られた彼らの宣伝を払拭せよ。
誤られた歴史は書き換えられなければならない。

313 :日本@名無史さん:04/04/15 16:08
敗戦の後、国民にとってもなんらかの区切りが必要だったのも事実
罪はあっても、それだけで当時の日本を全否定するのは短絡すぎる。

314 :日本@名無史さん:04/04/15 16:37
>310

中道ですが、何か?


315 :日本@名無史さん:04/04/15 16:42
戦後、東洋人同士にシコリを残させ、アジアが一体となって白人に挑まぬようにするとは・・・。

さすがは戦争慣れした欧米だな。


316 :日本@名無史さん:04/04/15 20:31
「侵略されても無抵抗でいれば争いは起こらない」と言って、反戦・非武装と喚き散らしているサヨがテロ擁護ですか?

317 :日本@名無史さん:04/04/15 20:41
東京ポン太

318 :日本@名無史さん:04/04/15 21:58
まず自らを省みず、他国を引き合いに出すものは断じて中道を騙るな。
我が国の品位が下る。

319 :日本@名無史さん:04/04/15 23:14
道義問題じゃなく、日本の政治的利益として いわゆるA級戦犯が死刑に処されたことを支持ないし評価したっていいだろ。 道義論を振りかざしてると言う点では日本の罪派もアンチT裁判も次元が同じ。 せめて国益で考えるステージまで引き上げてくれたら議論のしようもある。

320 :日本@名無史さん:04/04/16 19:13
>>308
煽りにマジレス。
それこそが東條の誇り高さだろう。
いかに茶番とは思っていても長い期間に渡って付き合ってきた裁判所に礼をつくしたんだろう。
ルーズベルトが死んだときにも丁重な弔文を送った日本の美徳が顕れているように思う。

それに東條は思惑通り裁判が進行して自分が死刑判決を受けたことに対して感謝したんだろうな。

321 :日本@名無史さん:04/04/16 19:21
ナチスの戦犯みたくギャーギャー喚くよりはいいよね。

322 :日本@名無史さん:04/04/16 22:59
ナチスの戦犯って諦め悪かったの?

>>320ルーズベルト死去に、ナチスは品性のカケラもない
メチャクチャな声明をアメリカに送ったんだっけ?

323 :日本@名無史さん:04/04/17 00:04
ここにいる連中は、ゴーマニズム宣言を読んだことあるのか?
日本人は何も悪くなかったんだよ。すべてはアメリカと中国のせい。
それを俺達はずっと洗脳されていたわけだ。
どうせ、おまえら、自虐教科書程度の知識しかないんだろ。
漫画だと馬鹿にしてないで読め。読んでから反論しろ。できるならな。

324 :日本@名無史さん:04/04/17 00:39
ゴー宣だって・・・。プッ
日本人が悪いとほざいてるのは、アホサヨだけだよ。

325 :日本@名無史さん:04/04/17 01:24
小林や藤岡、渡部や谷沢の自慰史観は自虐史観より有害。
景気が悪くてフラストレーションがたまっている国民のはけ口を提供しているだけ。
建設的なものは何ももたらさない愚論。

326 :日本@名無史さん:04/04/17 03:15
筑紫は、戦後生まれの日本人に対して偉そうに「日本人は中韓に謝罪しろ」て言ってるけど、
戦時中の世代に近い筑紫こそが土下座すべきだろう。


327 :日本@名無史さん:04/04/17 03:47
「チベット大虐殺」
1959年の3月チベットの首都のラサで「改革解放」の名のもと「民族浄化」が開始、殺戮・
破壊・強奪・強姦が行われた。15万人の僧侶と尼僧は公開虐殺によって1400人に減らされ
た。僧侶に対しては、滑車を使い仏像の重みによる絞首刑や、尼僧に対し警棒の形をした
5万ボルトのスタンガンを性器に入れて感電死させ彼女の死体は裸のまま路上に捨てられた。
一般民衆の犠牲者は120万人におよぶ。中国は「強制断種(チベット男性の生殖機能を手術
によって奪う事)」や「強制交種(チベット女性を中国男性と交わらせ民族の血統を絶つ
事)」等の民族浄化に力を入れた。生き残った証言者によると、親の死体の上で子供に泣
きながらダンスをさせ、人民解放軍はそれを笑いながら銃殺した。「ジュネーブ法律家国
際委員会」が受理した供述書によると「何万というわが国民が殺された。軍事行動におい
てばかりでなく、個人的に、また故意に殺されたのである。(略)彼らは銃殺されたばか
りでなく、死ぬまでむち打たれたり、磔にされたり、生きながら焼かれた。溺死させられ
たり、生きたままで解剖されたり、餓死させられた者もあった。絞め殺されたり、首を吊
って殺されたり、熱湯による火傷で殺された。又、ある者は生き埋めにされたり、はらわ
たを取り除かれたり、首を切られたりして殺された。こうした殺人行為はいずれも公衆の
面前でなされた。犠牲者の同じ村人、友人たち、隣人たちは、それを見物するよう強いら
れた。」とある。
ちなみに侵略や粛清、失政による飢餓など、歴史上その数において世界最大の虐殺者は、
まぎれも無く中国で、犠牲者は自国民、他国民含め四〜六千万人といわれる。





328 :日本@名無史さん:04/04/17 12:54
 この裁判の判決におかしい点があるので、質問します。真珠湾攻撃が宣戦布告
前におこなわれたのにも拘わらず、当時の海軍軍政の責任者,嶋田海軍大臣が
死刑にならず無期で宣告されていることです。広田の弁護士がオ疎末で嶋田のが
優秀だったせいなのかな?何かこのあたりも策謀がミエミエです。
東条の副官とまで言われた人なのに?判決後この人高らかに笑ったとか。

329 :日本@名無史さん:04/04/17 13:18
韓国の方からよく「日本は戦後賠償をまだしていない」と誤解があるようなので資料を提示します。ご参考くださるとありがたいです。
戦後補償B
--------------------------------------------------------------------------------

賠償金は一兆三百億円超
Q:日本がとってきた戦後補償の中身を教えてください。

(単位は億円) 賠 償 準賠償 各種請求権
ビルマ(ミャンマー) 720.000 612.000 スイス 12.0000 平和条約16条 45.0000 タ イ   96.000 54.0000 デンマーク 7.2300 オランダ 36.0000 フィリピン 1980.000 スペイン 19.8000
フランス 16.7280 スウェーデン 5.0500 インドネシア 803.088 636.876 ラオス 10.000  
カンボジア   15.000 南ベトナム 140.400   イタリア     8.3305 英 国     5.0000
カナダ 0.0630 インド 0.0900 韓 国 1080.000 ギリシャ  0.5823 オーストリア 0.0601 マレーシア 29.400 シンガポール 29.400 ミクロネシア 18.000 北ベトナム 85.000 ベトナム 50.000 アルゼンチン 0.8316 モンゴル 50.000  

補償総額 6565億9295万円    
在外資産の喪失 3794億9900万円    
中間賠償 1億6516万円    
合 計 1兆362億5711万円
(国立国会図書館外交防衛課作成の資料)
(借款は除外)



330 :日本@名無史さん:04/04/17 13:57
>>328
東京裁判自体の是非は無視するとして、他の被告と比較して嶋田の量刑は妥当だと思う。
嶋田が海軍大臣に就任したのは昭和16年10月18日、開戦まで50日あまりしかなかったわけで
責任を問える期間が短い。
それ以前は横鎮長官や艦隊司令官が長く、昭和12年の軍令部次長以来の中央勤務だった。
次長時代についても伏見宮総長の責任を被る形で追及されてるけどね。

それと宣戦布告通告が遅延した点については判決でも事務処理の遅れが原因であるとされて
責任は問われていない。

あと、無期と終身は区別してくれw

331 :日本@名無史さん:04/04/17 13:59
>>322
あきらめ悪かったというかドイツ政府はニュルンベルグ裁判を全面的に
否定しているので「戦犯」は皆被害者面してます。

332 :日本@名無史さん:04/04/17 14:18
手続きミスをしたのは外務省。

333 :日本@名無史さん:04/04/17 14:50
>>328
裁判中に東郷たちと嶋田、永野の間で泥仕合をやってます。
宣戦布告を遅らせる意図があったかどうかでね。
で、客観的にも外務省の所管の問題ですから
不問に付されています

また広田は極刑だったのは
彼が首相時代にその後の基本国策が決められたと認定されたことと
外相時代の日中戦争とのその中の南京事件の責任を問われたためです
まあ、広田の米人弁護士が裁判長と喧嘩して途中でやめるアクシデントは確かにありましたが

334 :323:04/04/18 17:24
哀れな自虐教科書世代の愚民ども
ゴーマニズム宣言読んで思考の軌道修正しろ!
まあ、オマエラには読んでも到底理解出来んだろがなw

335 :日本@名無史さん:04/04/18 17:53
確かにゴーマニズム宣言に書かれていたように
「東京裁判」だけを点で捉えれば賛否両論あると思う。
しかし、敗戦したという事実は代えられない。
結局、「敗戦国」の処置として妥当かどうかについての議論になる。
そのとき当然、敗戦国の意向は考慮されない。
むしろ、第一次世界大戦敗戦時のドイツのような扱いにならなかっただけでも
良しとすべきだろう。

336 :日本@名無史さん:04/04/18 18:01
漫画に洗脳されるとは、日本人のレベルも下がったものよ!あの漫画家の
もの、サピオでたまにみるが、自分の都合のいい論理(他人の)だけ
いいとこ取りして、都合の悪いとこは一切無視。無知蒙昧な人民をたぶらかす
には漫画が手っ取り早いし、うまいこと考え付いたものだ。誰の入れ知恵か?


337 :日本@名無史さん:04/04/18 18:08
従軍慰安婦と南京虐殺の嘘が白日の下に晒されたのは歴史を大きく動かす功績となった。
それまでは教科書程度の知識しか持たない大多数の人間にとって、理解に苦しむだけの情報操作が横行していた。

小林よしのりは、あの漫画で十分な仕事を成し遂げたんだよ。
あの漫画を読める程度の連中なら、今更従軍慰安婦や南京虐殺を鵜呑みにするような逆戻りの可能性は無くなったからな。


338 :日本@名無史さん:04/04/18 18:58
従軍慰安婦や南京大虐殺は東京裁判で何らかの懲罰の加減の原因
になったのか?
個人的にはどちらも、あったとも、なかったとも判断できない。
しかし、どっちでも戦勝国側の敗戦処理の前ではたいした意味はない。
(日本の「謝罪」は道義的な問題に過ぎず、それに金がからんでるだけ)

ゴーマニズムを書いている人は
戦争責任という言葉をあまりにも多義的に捉えている。
九州弁でいうと、なんでんかんでん、いっしょくたくにして考えとるけん
混乱しとる。

結論・戦争に負けたのに東京裁判程度で済んでよかった。

339 :日本@名無史さん:04/04/18 19:11
>>338
>従軍慰安婦や南京大虐殺は東京裁判で何らかの懲罰の加減の原因
>になったのか?
南京事件のほうはほとんどその責任のみで松井石根が死刑になっとる

340 :日本@名無史さん:04/04/18 19:12
従軍慰安婦や南京虐殺などで我が国を責める現代国民が減ったのはいいことだな

341 :日本@名無史さん:04/04/18 19:14
騒いでいるのは戦後生まれの大陸や半島人だろ?

342 :日本@名無史さん:04/04/18 19:34
東京裁判は国際法違反だと、世界の学者の共通の解釈だろ。
一番の問題は、法治国家の鉄則である「法の不遡及」を犯していること。

東京裁判の起訴状の内容は「東條英機元首相以下28人の戦犯は侵略による世界支配」
ってんだから結構笑える。裁判では日本は世界征服を企んだ事になったんだね。

連合国が持ち出してきた「人道に対する罪」「平和に対する罪」でA級戦犯の被告達は
裁かれたわけだが、これは勿論戦後に出来た「事後法」
事後法で裁かれることは文明社会では許されないんだよな>法の不遡及

343 :日本@名無史さん:04/04/18 19:48
日本人同士で内輪モメしても何の解決にもならん。国際法に違反してるなら
国際司法裁判所に再審請求でも訴え出なはれ。

344 :打通さん:04/04/18 19:53
ま、幕末明治の時代にも不平等条約押し付けられて大変だったんだがな。
理不尽は理不尽でも、それはそれでもはや「過去のこと」。

それにしてもこんな時期に中国が内戦に突入して本当に良かった。
ここで中国が国際的発言権を有していたら、靖国神社も焼き討ちにされ、
日本民主化なんてノンキ事を言っていられる場合じゃなかった。

それもこれも大陸打通で帝国陸軍が中国国民党エセ抗日チンピラゴロツキ団
を徹底的に痛めつけておいたおかげなんだ。

345 :日本@名無史さん:04/04/18 19:57
国際法では、占領軍は占領地の国内法尊重しなければならないとなってるね。
>>343
真の独立を勝ち取っていない日本にそんなこと出来る訳ないよ。未だにアメリカあっての日本だからね。
「アメリカがくしゃみをすれば、日本が風邪をひく」はいつまで続くことやら…。

346 :日本@名無史さん:04/04/18 20:04
大陸打通太郎w

347 :日本@名無史さん:04/04/18 20:31
法律は弱者のために存在するっていうの?。
原則論は、非常時ではあまり意味がないよ。条文はあっても
解釈は幾通りもつくられる。
それとも、国際法学者の解釈に正確に沿う形で敗戦国が裁かれた例があるの?


348 :日本@名無史さん:04/04/18 20:42
m9( ^,_J^)ノ <戦争の原因は軍隊です。
kouei34

m9( ^,_J^)ノ <自衛隊があるのに、約50年間も日本で戦争が無かったのは何故?
kouei34

m9( ^,_J^)ノ <自衛隊は軍隊ではありません。OK
kouei34


349 :日本@名無史さん:04/04/18 22:16
m9( ^,_J^)ノ <戦争の原因は軍隊です。
kouei34

m9( ^,_J^)ノ <自衛隊があるのに、約50年間も日本で戦争が無かったのは何故?
kouei34

m9( ^,_J^)ノ <自衛隊は軍隊ではありません。OK
kouei34



350 :日本@名無史さん:04/04/18 22:53
>>342
国際法には違反してない可能性が高いなw
何しろ国際法に則って裁判を行うと明言されてないからな。

351 :日本@名無史さん:04/04/18 23:04
連合国はポツダム宣言には従う責任があったのだが…

踏みにじられてしまったよな?

352 :日本@名無史さん:04/04/18 23:38
「裁判」と名前が付いていて、形式的には裁判官、検事、弁護人と揃えていても、あんな罪刑法定主義のかけらも無く、一方的な東京裁判は、とても近代的な「裁判」とは言えない。

あれは結局、戦争の延長でしかないと思う。

353 :日本@名無史さん:04/04/19 06:08
日本国との平和条約(桑港講和条約)、第11条で、日本国は、極東国際軍事裁判
(東京裁判)での判決を受諾する、が条件になっている。もし、日本がこれを無効
として破棄すれば、連合国(国連)とは再び交戦状態になるのだが。

354 :日本@名無史さん:04/04/19 07:08
「判決を受諾」なんだから、裁判を不服に思うとどうしようと自由ってことだ。

355 :日本@名無史さん:04/04/19 08:13
畑俊六の手記
「海軍は戦後、戦犯となると総てを陸軍におしつけて、涼しい顔をしているとは
誠にもって怪しからぬ次第である。東京裁判で陸軍のものが六名も極刑となった
のに、海軍は一人もいないとは誠に妙なことといわねばならない」
かの「黙れっ!」の佐藤賢了氏も、海軍はずるかった、といってるしな〜。

356 :日本@名無史さん:04/04/19 10:12
なんで日本が戦争避けられなかったかがぜんぜん分かってないひとたちだね・・・

357 :日本@名無史さん:04/04/19 18:31
>>353
短気なお人だなw
現実問題として政府が極東軍事裁判への見解を変えたとして
旧連合国と交戦状態になると考えてるのか?
あるいはそれが開戦の口実になるのか?
せいぜい極東の某国が大騒ぎするだけだと思うが。
合衆国あたりは冷静に受け止めるだろう。

358 :日本@名無史さん:04/04/19 18:38
>>353
2chなんてそんな影響力ありゃしないんだから、
変な心配しないで正直に思ったことを言えば良い。

極東国際軍事裁判は集団リンチだったってな

359 :日本@名無史さん:04/04/19 19:05
連合国側が負けてたら、アメリカは悪の枢軸って、言われてたんだろうな。


360 :日本@名無史さん:04/04/19 19:23
>>356
また、日米戦争不可避論者かw
確かに現実に戦争がおこってしまったのは事実だが、この手の連中の主張は、
アメリカの陰謀で開戦は不可避→自存自衛のための戦い→アジア解放の聖戦
とエスカレートしていって、日本善玉、アメリカ悪玉論になっていくんだよな。


361 :日本@名無史さん:04/04/19 19:33
>360
その通り。
結局、「避けられない(開戦を強いられた)戦争だった」=「日本は悪くない」
って言いたいだけ。
根本的には「アメリカがそんなことしなければ・・・」って
歴史を思いっきりIFで語ってる。

362 :日本@名無史さん:04/04/19 20:02
蒋介石と和平ができず、英米と戦争になってしまった理由:


政府・マスコミの半身が共産主義者(転向者、隠れ含む)に乗っ取られていたから・・・

363 :日本@名無史さん:04/04/19 22:01
戦争になった理由?それは昭和天皇も
「日米戦争の遠因はアメリカの対日移民政策であり、近因は石油禁輸である」
と、言ってるね。

この対日移民政策って知ってるかね?
大正十三年(一九二四)にアメリカが排日移民法を成立したんよ。
ここから考えないと卓上の空論を繰り広げていくだけになるよ。

364 :日本@名無史さん:04/04/19 22:12
そもそも日本人がアメリカくんだりに移民する方がおかしいわけで。
ま、移民して悪いとは言わないが、普通に日本で生活できたら移民なんかしないよな。

日韓併合で朝鮮を植民地にしてるんだから、わざわざ差別されるアメリカなんぞに行って
低賃金で労働するなんてアホらしいよな。

などと言ってみるw

365 :日本@名無史さん:04/04/19 22:39
>>364
認識がタリンようだ。

>低賃金で労働するなんてアホらしいよな。
アメリカは既に農場経営で成功して一財産作っていた移民に対し、土地を相続させない、
財産を没収するという愚行まで行ったんよ。

366 :日本@名無史さん:04/04/19 22:45
排日土地法当時、カリフォルニアの日本人所有農地二万六千七百六エーカー



367 :日本@名無史さん:04/04/19 22:46
何が自由の国アメリカだっての。おまえら逝け>ヤンキー

368 :日本@名無史さん:04/04/19 22:50
イエローモンキーも逝っていいよ。

369 :日本@名無史さん:04/04/19 23:00
ほんと上辺だけで歴史を知らないやつの、言い返しだな>368
少しは勉強してから参加しろ。

370 :日本@名無史さん:04/04/20 10:46
>>361
お前は「日本ががそんなことしなければ・・・」って歴史を思いっきりIFで語るんだろ?(w
日本が悪いって言いたいだけ。


371 :日本@名無史さん:04/04/20 13:06
>370
違うよ。
「日本とアメリカは戦争をして、日本は負けた」っていう厳然たる事実があるって
言ってるだけだよ。
そこでアメリカの挑発やら経済制裁のせいで戦争が起こったって言って
なんの意味があるの?

ちなみに俺は日本人だし、ばあちゃんは長崎で原爆で死んだよ。

372 :日本@名無史さん:04/04/20 13:14
アメリカが恐れていることは

アジアが統一されて白人社会にガチンコ勝負を挑むこと。


373 :日本@名無史さん:04/04/20 13:51
>>371
戦後60年経っても、アメリカや中国から植え付けられた贖罪意識から抜け出せない日本人の洗脳を解くためさ。

日本は前科者国家じゃない。
日本には日本のやむを得ない事情があったんだと主張しているんだろ。
こんな当たり前の話がわからないの?

374 :日本@名無史さん:04/04/20 14:24
>373
その「やむを得ない事情」とやらがあまりに説得力が無いから叩かれるんだよ。

排日移民法がどうであろうが、それを解除するため(と君が主張する)に日本が取った手段は
あまりに目的とかけ離れた無策の末のただの暴走じゃないか。
WWUにおける日本の犯罪性は侵略云々にあるんじゃなく、
国際秩序というモノの恐ろしさをナメていたというその点にあるんでね。

それが判らんのならもう帰れ。 都合の悪い周辺状況を無視して歴史を語ることは出来んのだからな。

375 :日本@名無史さん:04/04/20 14:45
>>374
お前が言ってるのは単なる大東亜戦争否定論じゃないか。

こっちが言ってるのは大東亜戦争肯定論。

それだけの話だろ?

何をそんなに熱くなってるのやら・・・・w

まあ、「国際秩序をナメると犯罪となる」か・・・・、

これは初めて聞いたわ。



376 :日本@名無史さん:04/04/20 16:08
「チベット大虐殺」
1959年の3月チベットの首都のラサで「改革解放」の名のもと「民族浄化」が開始、殺戮・
破壊・強奪・強姦が行われた。15万人の僧侶と尼僧は公開虐殺によって1400人に減らされ
た。僧侶に対しては、滑車を使い仏像の重みによる絞首刑や、尼僧に対し警棒の形をした
5万ボルトのスタンガンを性器に入れて感電死させ彼女の死体は裸のまま路上に捨てられた。
一般民衆の犠牲者は120万人におよぶ。中国は「強制断種(チベット男性の生殖機能を手術
によって奪う事)」や「強制交種(チベット女性を中国男性と交わらせ民族の血統を絶つ
事)」等の民族浄化に力を入れた。生き残った証言者によると、親の死体の上で子供に泣
きながらダンスをさせ、人民解放軍はそれを笑いながら銃殺した。「ジュネーブ法律家国
際委員会」が受理した供述書によると「何万というわが国民が殺された。軍事行動におい
てばかりでなく、個人的に、また故意に殺されたのである。(略)彼らは銃殺されたばか
りでなく、死ぬまでむち打たれたり、磔にされたり、生きながら焼かれた。溺死させられ
たり、生きたままで解剖されたり、餓死させられた者もあった。絞め殺されたり、首を吊
って殺されたり、熱湯による火傷で殺された。又、ある者は生き埋めにされたり、はらわ
たを取り除かれたり、首を切られたりして殺された。こうした殺人行為はいずれも公衆の
面前でなされた。犠牲者の同じ村人、友人たち、隣人たちは、それを見物するよう強いら
れた。」とある。
ちなみに侵略や粛清、失政による飢餓など、歴史上その数において世界最大の虐殺者は、
まぎれも無く中国で、犠牲者は自国民、他国民含め四〜六千万人といわれる。


377 :日本@名無史さん:04/04/20 17:41
>375
俺の言ってることが否定論にしか聞こえないのでは、話にならんな。

排日移民法打破、アジア興隆おおいにけっこう。
だがそのための手段があの戦争だったというのでは、
あまりにも無策にすぎあまりにも無謀にすぎる。

はっきり言えば、あの戦争の目的はお前さんの言うようなきれい事じゃない。
後世の人間が、当時の人間がろくに考えもしなかったような別の事柄を
自分たちの政治的主張に正当性を与えるために無理矢理結びつけた暴論に過ぎないんだよ。
そうでないのなら当時の人間はモノの道理がぜんぜん判らないアホしか居なかったという結論になる。

378 :日本@名無史さん:04/04/20 17:56
しょうがないだろ?

近くの内戦より遠くの外征を選ぶのは妥当な判断だ。

379 :日本@名無史さん:04/04/20 18:22
>378
なるかどうかが不透明な内戦と、戦えば絶対に勝てないと判っている外征。

言っておくが「対米戦をやれば単独では絶対に勝てない」は、
当時の陸海軍上層部のほぼすべての人間の共通認識だったんだぞ?

380 :日本@名無史さん:04/04/20 19:02
>>379
半年は存分に暴れてみせる
日米戦に成算が無いとは言えない
というのが日米開戦にどちらかというと反対していたと思える海軍の認識では?

381 :日本@名無史さん:04/04/20 19:41
>380
「半年や一年は存分に暴れてみせるが、その後の事は何も言えない」
これが山本発言の全文だけど、何故後段を無視するの?

382 :日本@名無史さん:04/04/20 20:27
>>377
そ、きれいごとじゃない

ワシントン体制が崩壊して
戦争後の新秩序を決めたのは政治スローガンではなく
戦争を通じた物理力
国際世論も世界孤立も関係なし
単に国力が及ばないアメリカに喧嘩をうったことが敗戦国になった主因

383 :日本@名無史さん:04/04/20 22:35
マッタリ逝こうぜ皆の衆。

384 :日本@名無史さん:04/04/21 06:50
内戦のほうが悲惨だよ

385 :日本@名無史さん:04/04/21 09:45
日清も日露も大した見込みも無く必要に駆られて開戦した。
WW2も同じ。

日露戦争も否定するの?

386 :日本@名無史さん:04/04/21 10:24
必要にかられて戦争おこしたのかが疑問なのよ
それに対する解答はみたことないのだが。


石油の禁輸とか資産凍結とか頼むからいわんでね。

387 :日本@名無史さん:04/04/21 11:38
日清戦争チキンラーメンの巻

388 :日本@名無史さん:04/04/21 11:40
戦争というのは莫大な元手がかかる。
ゆえに、目的や理由もなしに起こす筈がない。

ただ、庶民には知るすべがないだけだ。
必ず理由がある。

389 :日本@名無史さん:04/04/21 12:16
日露戦争は悪くても引き分けに持ち込むために
ありとあらゆる下準備をしてた。

陸軍海軍の組織利益を国際社会にただ丸呑みさせようとしてただけの
ただの暴走行為とはぜんぜん似てない。

390 :日本@名無史さん:04/04/21 13:00
そういやこの前、ブッシュ大統領が
「イラクの戦死者を無駄死ににできないのでイラクからの撤退はありえない」
と演説していたね。

391 :日本@名無史さん:04/04/21 13:30
今だって貿易止められたら戦争を起こすだろう?

392 :日本@名無史さん:04/04/21 15:12
>>391
そこにいたるまでの経過をすべて他人のせいにするのはいかがかと・・・
欧米がご立派ではないにしても、当時の日本の姿勢は容認できるものとは思えない。

今、他国であんな国あったらいやだろうなとマジで思うのだが。


393 :日本@名無史さん:04/04/21 16:07
むかし、東条も言ってた。「支那事変では20万人の血と
10億の国帑(コクド=国の金)を失っている、英米の圧力で
撤兵したら英霊に申し訳が立たぬ」と。米は今回の戦争で
12兆円を失ったという試算もある。戦死は700人ぐらい?

394 :日本@名無史さん:04/04/21 16:16
>>377
戦争しなきゃ植民地だ。

戦わずして負ける事を選択せず、
わずかの可能性に賭けただけ。

今の日本が(かろうじて)独立を保っているのは
あの戦争を戦ってくれた先人たちのおかげです。

395 :日本@名無史さん:04/04/21 16:45
30年代に日本を植民地にする気のある国ってヲイ
結果として破滅して6年間植民地になったわけだが。

396 :日本@名無史さん:04/04/21 17:16
>>395
あの時代は日本とタイ以外は全部植民地。
それでアメリカにあそこまで苛められて
植民地化されないと思うほうがおかしい。

戦後から今現在だって日本の国土が分捕られてるんだぜ?


397 :日本@名無史さん:04/04/21 17:20
日本の戦争は100%安全保障の為だったと
あのマッカーサーでさえも言っているそうだな

398 :日本@名無史さん:04/04/21 17:26
>394
いいえ、日本が独立を回復できたのは
あなたみたいな短絡思考のナショナリズムに踊らされず、
実益を重視して「売国奴」の汚名を着せられながら
たった一人でサンフランシスコ講和条約と安保条約に調印した吉田のおかげです。

言っておくけど、GHQ内部には日本の伝統文化を根こそぎ破壊して
「ニューディール政策」の実験所にしてしまおうという勢力(GS)があったんだよ。
占領初期はそうした勢力がGHQの中心勢力だった。
彼らのラジカルすぎる政策を押しとどめたのは、
東西冷戦の中で日本の伝統勢力に西側陣営との紐帯の役割を見出した勢力(G2)。
そして吉田はG2と緊密に連絡を取り合い、
西側諸国が日本と講和を結べ、かつ日本の負担を極力少なくするラインを見出した。
そのぎりぎりの妥協点がサンフランシスコ講和条約と日米安保。

ついでに言えば「わずかな可能性」どころか、可能性ははじめからゼロだった。
ゼロだったのは当時の軍上層部はみな判っていて、それでも言い出せなかったのが実際のところ。
我が身可愛さで真実を口に出来なかった、と弁護することも出来ようが…。

399 :日本@名無史さん:04/04/21 17:35
>>396
アホか。国際連盟常任理事国で、三大国の一つの日本が植民地になるわけないだろ(藁
それにあの時代はもう新規の植民地獲得が許される時代じゃない。
満州国建国も50年前なら何の問題にもならなかっただろうね。

400 :日本@名無史さん:04/04/21 17:39
>>398
なんで「やり方が最高ではなかった」という理由でそこまで日本を責めるの?
そこがわからねぇんだよな。

勝てなくたって、命がけで獲得した領土を取られて丸裸にされて、
石油ストップされて、日本中が失業者だらけ。
とてもやっていけねぇって思うだろう。

舐めやがってアメ公め。
一泡ふかせたれ!
って日本国民が皆そう思ってたんだよ。

一番悪いのがアメリカ。そしてロシアフランスイギリス。
この事実は揺らぎ様が無いだろ。
あいつらアフリカ喰い尽くしてアジアに来なけりゃ、アジアはアジアで平和にやってたんだ。


401 :日本@名無史さん:04/04/21 17:41
>>399
今は、アメリカの植民地じゃねぇのかw
それに中国の財布だし。


402 :日本@名無史さん:04/04/21 17:42
>>399
ロシアは北方領土を奪いましたが?
韓国は竹島を奪いましたが?
台湾は尖閣諸島を自分の領土だと主張し始めましたが?

403 :日本@名無史さん:04/04/21 17:49
>400
最高じゃないやり方を選んでしまった理由があまりにアホすぎ、
そしてそのやり方が「最高」からあまりにもかけ離れているから、ですよ。

もし中国共産党の中国統一があと10年遅れていたら、
それこそ日本の伝統文化はみなGSに消滅させられていた可能性も大きいんですよ?
対外戦争に敗れる、ということの冷酷な現実をまったく見ようともせず、安易に「いちかばちか」の道を選んだ、
いや、選んだというよりも「無作為の結果その道に進んでしまった」ことは
それこそ2600年以上の歴史を無に帰しかねなかった極めて危険な過ちです。

三国干渉のときに出来た自制、すなわち臥薪嘗胆を合い言葉に堪え忍んだ真の愛国心。
そのようなものがWW2前の日本からはすっかり失われ、
ぱっと見「追いつめられた」ように見えただけで自爆戦争を安易に選んでしまった当時の日本には
後世の国民にだって怒りを覚える権利はありますよ。

404 :日本@名無史さん:04/04/21 17:53
>>402
あまりに馬鹿すぎてついていけない。
連合国って言っても西側民主主義国とソ連・じゃ違うんだよ。
西側諸国は第二次大戦では「無賠償・無併合の原則」で戦い、現に公約を守った。
アメリカは日本固有の領土を1cmも奪ってない。在日米軍基地があるとか言うなよ。
日本が安保条約を破棄すれば米軍はいつでも撤退するんだから、領土が奪われた訳じゃない。

ソ連はバロバロッサ作戦というヒトラーの自殺点で連合国に加わっただけで、
それまではドイツとは準同盟国だった。
西側諸国もソ連の全体主義体制を快く思ってなく、トルーマンのように
ソ連とドイツを共倒れにさせればいいって思ってる人はたくさんいた。
1940年にフランスはソ連に宣戦布告しようとしてチャーチルに止められてる。
単にナチスという目の前の強敵がいたから便宜的に手を結んだだけ。

韓国、台湾、中国は馬鹿だからほっとくしかないだろ。
西側先進国と比べて80年は歴史が遅れてる。
竹島なんてどうでもいいし、重要な尖閣は日本が実効支配してるんだから、
このまま防備を固めて、彼らが成熟するまで待つしかないね。


405 :日本@名無史さん:04/04/21 17:56
>>404
>韓国、台湾、中国は馬鹿だからほっとくしかないだろ。

はぁ?ほっとくんですか。面白い政策ですな。

んでアメリカは馬鹿ではないとでも?

イラクもどうせ勝てないんだから抵抗せずに侵略されてれば良かったのね?


馬鹿っていうほうが馬鹿なんだよって、
フォレストガンプの母ちゃんも言ってたぜw

406 :日本@名無史さん:04/04/21 18:05
>>404はアメリカにカマ掘られた糞サヨの典型だな。


407 :日本@名無史さん:04/04/21 18:12
現状、アメリカの準保護国になっているのは、
あんたらが擁護する自滅的で我が儘な当時の指導者のおかげでしょう。
実際、大戦に参加しなくても日本の選択としてはそんなに悪くないとは思うが
他国に負い目ができたのはイタ杉だやな。

408 :ダグラス・マッカーサー:04/04/21 18:18
その通りです。太平洋において我々は彼らを迂回しました。我々は包囲したのです。
日本は八千万に近い膨大な人口を抱へ、それが四つの島にひしめいてゐるのだといふことを理解していただかなくてはなりません。
その半分近くが農業人口で、あとの半分が工業生産に従事してゐました。
潜在的に、日本の擁する労働力は量的にも質的にも、私がこれまで接したいづれにも劣らぬ優秀なものです。
歴史上のどの時点においてか、日本の労働者は、人間は怠けてゐる時よりも、働き、生産してゐる時の方がより幸福なのだといふこと、
つまり労働の尊厳と呼んでもよいやうなものを発見してゐたのです。
これほど巨大な労働力を持ってゐるといふことは、彼らには何か働くための材料が必要だといふことを意味します。
彼らは工場を建設し、労働力を有してゐました。しかし彼らは手を加へるべき原料を得ることができませんでした。
日本は絹産業以外には、固有の産物はほとんど何も無いのです。彼らは綿が無い、羊毛が無い、石油の産出が無い、錫が無い、ゴムが無い。
その他実に多くの原料が欠如してゐる。そしてそれら一切のものがアジアの海域には存在してゐたのです。
もしこれらの原料の供給を断ち切られたら、一千万から一千二百万の失業者が発生するであらうことを彼ら(日本政府・軍部)は恐れてゐました。
したがつて彼らが戦争に飛び込んでいつた動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのことだつたのです』


409 :日本@名無史さん:04/04/21 18:26
>>406
親米のサヨとはいったい?
勉強せい!

410 :日本@名無史さん:04/04/21 18:30
>>409
左翼とサヨは違うだろが
サヨは日本を悪者にする為に躍起になってるやつ。
マルクス云々は関係なし。

ポチ保守ってのは大東亜戦争は肯定してるから、>>404とは違うだろ。

411 :日本@名無史さん:04/04/21 18:39
悪者にしかみえないのだが・・・
でなけりゃ完璧な馬鹿になってしまう。

412 :日本@名無史さん:04/04/21 22:00
戦争しなきゃ人口の半分が餓死して産業革命前の飽和人口まで逆戻り

蒋介石の地位が固まって腐敗が先延ばされて崩壊が延び延び

日本は立ち直れないよ

413 :日本@名無史さん:04/04/21 22:19
日本中爆撃されるわ、原爆落とされるわ、あげくに占領されるわ、
いまだに米軍が駐留してるわ、何もいいことないなw

大日本帝国を正当化したところで、現実には帝国日本は崩壊して、
アメリカの属国に落ちぶれたんだよなあ。

はじめから分をわきまえて英米の舎弟になってればよかったんだよ。
金も資源もない貧乏国が背伸びして列強に肩をならべようとしたり、
アジアの覇者になろうなんて高望みするから、こんなことに・・・

414 :日本@名無史さん:04/04/21 23:07
そんなこと、今の時代だから言ってられんだよ。
藻前も戦前に生まれていたら、そんな日本を誇りに思ってたはず。
今の日本だって、50年後の連中にボロクソ言われてるかも知れんよ。

415 :日本@名無史さん:04/04/21 23:15
ぼろくそ結構
としかコメントできんのだが
封殺されるとかいわんでね。

416 :日本@名無史さん:04/04/21 23:19
>>413
戦前の国際情勢では英米の舎弟に離れません
英米の方に日本を弟分のように擁護する理由が無い

417 :日本@名無史さん:04/04/21 23:32
>>413
結果がわかってる今となっては何とでも言えるよ。

418 :日本@名無史さん:04/04/21 23:56
んで
20世紀以降の結果を必然だったというのは、もはや・・・
ウンコチシンと先人もいうとる

んこチンチンのもとがこれだたのを今気付いた。

419 :日本@名無史さん:04/04/22 00:02
(引用)
アメリカにとっては、日本はずっと目の上のたんこぶだったのです。

 アメリカは、建国以来人種差別に基づいて国がつくられてきたんです。
だから、黒人だとかヒスパニックは市民に入れなかったわけです。

ところが、日露戦争に勝った日本が出たとたんに、
アメリカのよって立つところの基盤が崩れると感じたことが、
この前の戦争の一番のもとなのです。

この前の日本の戦争のおかげで植民地は世界からなくなった。
それを見て、アメリカの中でも黒人の解放運動、市民権運動が起こった。

今ではうまく適合して人種差別もなくなったような顔をしていますが、
日本と戦争したときには日本がある限りアメリカは危ないと思っていたのです。
白人と同レベルの有色人種が出たこと自体がアメリカという国の根本から
揺するものだと思ったのです。


420 :日本@名無史さん:04/04/22 00:12
そういうギャグはもちっと冷静にやれ
そういう面もややあったかもしれんが、国内問題を見失う。

421 :日本@名無史さん:04/04/22 00:16
つーかおまえら、もう少し勉強せいや。

422 :日本@名無史さん:04/04/22 06:57
「歴史認識」というのは、義務教育においては、歴史的事実を教えることと間違われています。
「歴史的事実」というのは無数にあるのです。だから、どれを選ぶかなんです。

http://www.tokyo-jc.or.jp/2003/memb/watanabe.html

423 :日本@名無史さん:04/04/22 07:12
何故中国がこんな国になってしまったのかと言うと、蒋介石が毛沢東に負けてしまったから。
それは何故か。これは蒋介石の責任ではなく、ソ連のスターリンとアメリカの
トルーマン大統領の差。

日本の敗戦後、スターリンは毛沢東の共産軍に軍事援助を惜しまなかった。
しかしアメリカは蒋介石に対する軍事援助をやめてしまったんだな。

シナの状況をよく知るウェデマイラー大将の勧告は無視されたからなんだな。
リーダーとしてはスターリンの方がトルーマンより格上だったということ。

424 :日本@名無史さん:04/04/22 07:23
何だかんだ言っても戦争不可避論者は、戦争が好きなだけだろ。
戦前の右翼や軍人と言ってることが変わらないw

425 :日本@名無史さん:04/04/22 07:26
要するに、悪いことはなんでもアメリカや中国のせいにしている。
露骨なアメリカ悪玉論(日本善玉論)は、日本中心の独善的な主張にすぎない。

426 :日本@名無史さん:04/04/22 07:27
>>423
ん?
スターリンも実は蒋介石を支援してたって知らないの?
ソ連は中共を亜流と見なしており、国共内戦時に支援
したことはないはず。
あくまでも国府が台北に逃れてからの話でしょ。

427 :日本@名無史さん:04/04/22 07:41
当時は白人絶対優越の「世界的アパルトヘイト」だったことを忘れてはならない。
だから黒人・ヒスパニック・アジア人種は「人」として見なされていなかった。

裁判でこうだったから、歴史はこうだったなんてのは論外だな。事実としては
そういうこともあったかもしれんが、認識がたりん。「歴史認識」をしっかり
しなければならない。

アメリカは日本が急速に力をつけてきた事を苦々しく思っていた。
アメリカから見れば成り上がり者にみえた。早い時期にツブしておきたかったのも事実だろう。
欧米に(軍事力で)対抗できる国が、アジアに出現するなんて思ってもいなかっただろうからな。


428 :日本@名無史さん:04/04/22 08:03
急速に力つけてきた国が既存の大国からみたら苦々しい存在なのはアタリマエだよ。
その程度のことが判らない馬鹿は政治を語る資格がない。

そして、明治期の日本は「苦々しく思われないため」の手を二重三重にも打っていた。
石原たちは政治・外交にかんしてはど素人だったから、
そうした一見「軟弱」に見える地道な努力の価値が判らなかっただけのこと。
結果、世界中を敵に回して国を滅ぼした。

429 :日本@名無史さん:04/04/22 08:09
人種論は公式文書でもないかぎり
「とんでもさん」と同じだね。
日本がどんなに国際協調をとっても必ず潰しただろう
というのは、説得力なさ杉〜。


430 :日本@名無史さん:04/04/22 08:17
日本が行ってきた外交・戦争は当時の情勢からみてもけして間違っていなかった。
ただ、急速に力をつけた軍部の暴走とも言える行いがあった。

例えば、ノモンハン事変である。
この事変は日本からしかけた。しかも日本国家の国家的意思によってやったものではなく、
関東軍参謀の独走によっておこなわれたもので、参謀の元締めである東京の参謀本部でさえ
事後に知らされた。

何故こんな暴走・独走が許されたというか、可能だったのだろうか。
その理由は、異常膨張した昭和初期にみられる「統帥権」の拡大解釈である。
ここまでの日本の行動は決して間違っていなかったが、リーダー不在の結果
一部で暴走が繰り返され、後の悲劇につながっていった。

431 :日本@名無史さん:04/04/22 08:23
>>429
当時アジア各国が植民地化され、奴隷として扱われていた事実だけで十分説明できる。

432 :日本@名無史さん:04/04/22 10:49
アメリカとはどんな国?「ヨーロッパ大陸を食い詰めた奴が大陸にやってきて、
インディアンをウイスキーでたぶらかして土地を奪い、さらに抵抗すればこれを殺し、
そしてテキサスで争えばいきなりメキシコシティを占領して、アラバマ、ニューメキシコ、
カリフォルニアなどを安く手に入れて、太平洋に至った。

しかるに、日本が日清戦争に勝つとハワイをとりに来るんじゃないかと心配して、
ハワイをとってしまった。フィリピンもとってしまった。
そして、国力のもととして、労働階級を南部の産業においては黒人を奴隷とし、
ヒスパニックも一般市民とせず、19世紀、20世紀における人種差別の最もはなはだしい国となった」

こんなとこか。しかし、これもまた事実、歴史認識というものだ。

433 :日本@名無史さん:04/04/22 10:58
ただ、本国の教育ではこれらのことを、

「ヨーロッパの旧体制に飽き足らぬ人たちが宗教と政治の自由、
生命と財産の保障を求めてやってきて、すべての人間は平等に
つくられている理念のもとに独立宣言を発表し…」

なんて感じになるんだな。これも>432も、どちらも事実。どちらを選ぶかは人其々。

434 :日本@名無史さん:04/04/22 11:32
じゃこれを東京裁判で言うと、

「20世紀における人種差別のもっともはなはだしい国であるアメリカが、
アジアで台頭してきた日本を自国の国益追求のためだけに西洋侵略国と連携し、…」

面倒くさいから以下略。ただ、歴史を本に書いてあるからこうなんだ!
みたいな持論にもならん歴史認識はウザイからやめてね。

435 :日本@名無史さん:04/04/22 20:28
黄色人種なら核攻撃もへっちゃらさ・・・

436 :日本@名無史さん:04/04/22 23:49
「チベット大虐殺」
1959年の3月チベットの首都のラサで「改革解放」の名のもと「民族浄化」が開始、殺戮・
破壊・強奪・強姦が行われた。15万人の僧侶と尼僧は公開虐殺によって1400人に減らされ
た。僧侶に対しては、滑車を使い仏像の重みによる絞首刑や、尼僧に対し警棒の形をした
5万ボルトのスタンガンを性器に入れて感電死させ彼女の死体は裸のまま路上に捨てられた。
一般民衆の犠牲者は120万人におよぶ。中国は「強制断種(チベット男性の生殖機能を手術
によって奪う事)」や「強制交種(チベット女性を中国男性と交わらせ民族の血統を絶つ
事)」等の民族浄化に力を入れた。生き残った証言者によると、親の死体の上で子供に泣
きながらダンスをさせ、人民解放軍はそれを笑いながら銃殺した。「ジュネーブ法律家国
際委員会」が受理した供述書によると「何万というわが国民が殺された。軍事行動におい
てばかりでなく、個人的に、また故意に殺されたのである。(略)彼らは銃殺されたばか
りでなく、死ぬまでむち打たれたり、磔にされたり、生きながら焼かれた。溺死させられ
たり、生きたままで解剖されたり、餓死させられた者もあった。絞め殺されたり、首を吊
って殺されたり、熱湯による火傷で殺された。又、ある者は生き埋めにされたり、はらわ
たを取り除かれたり、首を切られたりして殺された。こうした殺人行為はいずれも公衆の
面前でなされた。犠牲者の同じ村人、友人たち、隣人たちは、それを見物するよう強いら
れた。」とある。
ちなみに侵略や粛清、失政による飢餓など、歴史上その数において世界最大の虐殺者は、
まぎれも無く中国で、犠牲者は自国民、他国民含め四〜六千万人といわれる。


437 :日本@名無史さん:04/04/23 00:34
さあ、東京裁判について語ろうぜ

438 :日本@名無史さん:04/04/24 08:26
主権者が全く異なる場合でも戦後賠償ってのは有効なんですか?

439 :日本@名無史さん:04/04/24 10:42
>>438
外国に同じ民族や国土の統治者として認めてもらいたいならね

440 :拘禁された人々 其の1:04/04/27 20:43
青木一男=大東亜相  天羽英二=外交官、情報局総裁 
鮎川義介=日産コンツェルン総帥   荒木貞夫=陸軍大将、陸相、文相
有馬頼寧=農相、翼賛会事務総長  安藤紀三郎=陸軍中将、内相 
池崎忠孝=池崎商店社長、著述家  池田成彬=蔵相、三井合名常務理事
石田乙五郎=陸軍中将、憲兵司令部本部長  石原広一郎=石原産業社長
板垣征四郎=陸軍大将、陸相、朝鮮軍司令官、第七方面軍司令官
井田盤楠=翼賛会総務  井野碩哉=農相  岩村通世=法相 
上田良武=海軍中将  後宮淳=陸軍大将、高級参謀次長、第三方面軍司令官
梅津美治郎=陸軍大将、陸軍次官、第一軍司令官、関東軍総司令官、参謀総長
大川周明=思想家  大倉邦彦=大倉精神文化研究所長
大河内正敏=理化学研究所所長  大島浩=陸軍中将、駐ドイツ大使
大田正孝=翼賛会総務  太田耕造=文相  太田清一=陸軍中佐 
大達茂雄=内相  大野広一=陸軍中将、中支派遣憲兵隊司令官 
岡敬純=海軍中将、軍務局長 岡部長景=文相
緒方竹虎=朝日新聞副社長、情報局総裁

441 :拘禁された人々 其の2:04/04/27 21:02
鹿子木員信=言論報国会理事長  上砂政七=陸軍少将、台湾憲兵隊司令官 
賀屋興宣=蔵相  河辺正三=陸軍大将、ビルマ方面軍司令官、航空総軍司令官
菊池武夫=陸軍中将、貴族院議員  岸信介=商工相
木戸幸一=内大臣  木下栄市=陸軍中将、中支派遣憲兵隊長 
木村兵太郎=陸軍大将、ビルマ方面軍司令官  葛生能久=黒竜会主幹
久原房之助=政友会総裁  黒田重徳=陸軍中将、第十四方面軍司令官
小泉親彦=陸軍軍医中将、厚相  小磯国昭=陸軍大将、首相、朝鮮総督
郷古潔=三菱重工会長  児玉誉士夫=児玉機関長 
後藤文夫=内相  伍堂卓雄=鉄相、商工相、日本商工会議所会頭
近衛文麿=首相  小林順一郎=陸軍砲兵大佐、翼賛会総務 
小林躋造=海軍大将、台湾総督

442 :拘禁された人々 其の3:04/04/27 21:13
酒井忠正=貴族院副議長  桜井兵五郎=国務大臣
笹川良一=国粋大衆党総裁  佐藤賢了=陸軍中将、軍務局長
四王天延孝=陸軍中将、回教協会会長  塩野季彦=法相、逓相
重光葵=外相  嶋田繁太郎=海軍大将、海相 
下村宏=朝日新聞副社長、情報局総裁  正力松太郎=読売新聞社長
白鳥敏夫=駐イタリア大使  進藤一馬=東方会総務部長 
杉山元=元帥陸軍大将、陸相、参謀総長、教育総監
鈴木貞一=陸軍中将、企画院総裁  須磨弥吉郎=駐スペイン公使

443 :拘禁された人々 其の4:04/04/27 21:26
高地茂都=陸軍少将、朝鮮憲兵隊司令官  高橋三吉=海軍大将、連合艦隊司令長官 
多田駿=陸軍大将、参謀次長、北支那方面軍司令官  谷正之=外相
津田信吾=カネボウ社長  寺島健=海軍中将、逓相
土肥原賢二=陸軍大将、教育総監、航空総監、東部軍司令官、第七方面軍司令官
東郷重徳=外相  東條英機=陸軍大将、首相、陸相、参謀総長
徳富猪一郎=大日本言論報国会会長 
豊田副武=海軍大将、連合艦隊司令長官、海軍軍令部総長

444 :拘禁された人々 其の5:04/04/27 21:30
中島知久平=中島飛行機社長、鉄相  中村明人=陸軍中将、第十八方面軍司令官
長友次男=陸軍少将、中部憲兵隊司令官
永野修身=元帥海軍大将、海軍軍令部総長、連合艦隊司令長官、海相
長沼彰=陸軍憲兵大佐、フィリピン憲兵司令官  梨本宮守正王=元帥陸軍大将
西尾寿造=陸軍大将、支那派遣軍総司令官、教育総監
納見敏郎=陸軍中将、台湾憲兵隊司令官、第二十八師団長
橋田邦彦=文相  橋本欣五郎=陸軍砲兵大佐、桜会
畑俊六=元帥陸軍大将、陸相、教育総監、支那派遣軍総司令官、第二総軍司令官
平沼騏一郎=首相、枢密院議長  広田弘毅=首相、外相
藤原銀次郎=王子製紙社長、商工相  古野伊之助=同盟通信社長
星野直樹=企画院総裁、東條内閣書記官長
本庄繁=陸軍大将、関東軍司令官、侍従武官長  本多熊太郎=外交官
本間雅晴=陸軍中将、台湾軍司令官、第十四軍司令官   

445 :拘禁された人々 其の6:04/04/27 21:44
真崎甚三郎=陸軍大将、教育総監、台湾軍司令官、参謀次長
松井石根=陸軍大将、台湾軍司令官、上海派遣軍司令官、中支方面軍司令官
松岡洋右=外相、満鉄総裁  松阪広政=検事総長、法相
水野錬太郎=内相、翼賛会興亜総本部統理  南次郎=関東軍司令官、朝鮮総督
武藤章=陸軍中将、軍務局長、近衛師団長、第十四方面軍参謀長
横山雄偉=玄洋社  テイ・モン=駐日ビルマ大使
ラウレル=フィリピン大統領  バルガス=駐日フィリピン大使
アキノ=フィリピン国民会議議長  ウイチット=駐日タイ大使
スターマー=駐日ドイツ大使  クレッチマー=大使館付武官

446 :日本@名無史さん:04/04/27 22:03
他にもまだまだいると思うが、図書館で当時の新聞でも見なきゃわからん。

後宮や秦はソ連につかまって、東京には連れてこられず。

とにかく戦争内閣の閣僚と憲兵が目立つね。
逆に統帥部は見逃された。

447 :日本@名無史さん:04/04/27 22:37
梨本宮は伊勢神宮の神主だから選ばれたんでしたっけ?

448 :日本@名無史さん:04/04/27 22:46
神宮祭主官ね。ご本人はそう言っておられる。
連合国がどういう意図で守正王を選んだのかは知らない。
皇族の元帥ということで適当に引っ張ったんじゃないの?

449 :日本@名無史さん:04/04/27 22:53
ドイツのローゼンベルグみたいなイメージで差し押さえたのでは?

450 :日本@名無史さん:04/04/28 08:31
国家神道の総元締め
日本ファシズムの精神的支柱
イデオローグ

連合軍がこんな解釈をしていたら笑っちゃうね

451 :日本@名無史さん:04/04/28 10:35
その可能性があるから拘禁した、のならそうおかしいことでもないさ。
実際、戦犯指定はされてないんならむしろ
GHQもそれなりに真面目にやってたってことなんじゃねぇかなあ。

452 :戦犯 其の7:04/04/28 18:10
山下奉文=陸軍大将、第二十五軍司令官、第一方面軍司令官、第十四方面軍司令官
牟田口廉也=陸軍中将、陸軍予科士官学校長、第十八師団長、第十五軍司令官
原田熊吉=陸軍中将、第十六軍司令官、第五十五軍司令官
横山勇=陸軍中将、第十一軍司令官、西部軍司令官、第十六方面軍司令官
内山英太郎=陸軍中将、第十五方面軍司令官兼中部軍管区司令官
岡田資=陸軍中将、第十三方面軍司令官兼東海軍管区司令官
河村参郎=陸軍中将、歩兵第九旅団長、第二二四師団長、第五十九軍参謀長
稲田正純=陸軍中将、第十六方面軍参謀長  長野祐一郎=陸軍中将、第十六軍司令官
立花芳夫=陸軍中将、混成第一旅団長、第一〇九師団長  渡左近=陸軍中将

453 :戦犯 其の8:04/04/28 18:22
中島鉄蔵=陸軍中将、参謀次長、陸軍司政長官
今村均=陸軍大将、第十六軍司令官、第八方面軍司令官
安達二十三=陸軍中将、第十八軍司令官  馬場正郎=陸軍中将、第三十七軍司令官
神田正種=陸軍中将、第六師団長、第十七軍司令官
田辺盛武=陸軍中将、参謀次長、第二十五軍司令官
西村琢磨=陸軍中将、近衛師団長、陸軍司政長官、シャン州政庁長官
丸山政男=陸軍中将、第二師団長  加藤鋳平=陸軍中将、第八方面軍参謀長
岡崎清三郎=第十六軍参謀長、第二師団長、第二総軍参謀長

454 :日本@名無史さん:04/05/02 23:05
東京裁判を否定した海外のマスコミってないの?

455 :日本@名無史さん:04/05/02 23:58
パール判事はエライひとでつ。
(・∀・)イイネ!!

456 :日本@名無史さん:04/05/04 20:32
有罪になった人だけをA級戦犯と呼ぶのか?

457 :日本@名無史さん:04/05/04 20:35
>東京裁判を否定した海外のマスコミってないの?

圧力がかかる。


458 :日本@名無史さん:04/05/04 20:49
重光は有罪になるようなことをしたのか?

459 :日本@名無史さん:04/05/04 20:52
事後立法は法学的にはマズイが、倫理的にはアリだ。
東京裁判は全否定できはしない。

460 :日本@名無史さん:04/05/04 21:01
っていうか、立法と司法の分離が存在しない「裁判」に法学の論理をもちこむこと自体が…

461 :日本@名無史さん:04/05/05 06:27
そんな抗議も裁判長に却下されるような裁判だもんな

462 :日本@名無史さん:04/05/05 07:04
東京裁判は「裁判」の名を借りた復讐劇でつ。

463 :日本@名無史さん:04/05/05 10:43
つーわけでバール判事の反論は全部無意味だったりするワケです。


464 :日本@名無史さん:04/05/05 10:50
反論じゃなくて、判決。

裁判では少数意見として多数派の判決の他に複数の判決が出た。
裁判長も独自の判決を出している。
変な裁判。

465 :日本@名無史さん:04/05/05 13:13
一般人「もし、日本が侵略されたらどうするの?」

m9( ^,_J^)ノ <警察力で対処します。

一般人「では、自衛隊の装備を警察へ譲り渡すか、自衛隊の呼称を警察予備隊に戻せば問題ないですね?」

m9( ^,_J^)ノ <そうです。パトカーや短銃などという貧弱な装備で侵略軍を追い返せるわけがないですからね。


466 :日本@名無史さん:04/05/05 13:16
日本が、裁判官全員一致で有罪になったら、有色人種が白人に逆らう事ができなくなると危惧を抱いた人物は居たのかな?


467 :日本@名無史さん:04/05/05 13:18
「戦争を仕掛けられたらどうするか。すぐに(北○鮮に)降伏すればいいんです。
持てるだけ持って行って下さいといえるだけの生産力を持っていれば済むことでしょう。」

「向こう(北○鮮)が占領して住み着いたら、これに同化しちゃえばいい。それくらいの柔軟な社会を
作ることが我々の社会の目的じゃないですか。」

司馬遼太郎『日本人を考える』

468 :日本@名無史さん:04/05/05 13:29
>467

庶民から全財産を巻き上げるつもりか?


469 :日本@名無史さん:04/05/05 13:30
>467

奴隷にされたらどうするの?


470 :日本@名無史さん:04/05/05 13:31
>467

軍人から暴行を受けても泣き寝入りしろと?


471 :日本@名無史さん:04/05/05 13:33
>>467
森嶋先生の先制降伏論のママですね。

472 :日本@名無史さん:04/05/05 13:33
>467

反日教育で洗脳された軍隊が白旗揚げた日本人に銃を乱射するのは目に見えてますが。


473 :日本@名無史さん:04/05/05 13:35
>467

泥棒に追い銭だな。

474 :日本@名無史さん:04/05/05 13:37
戦後的実利主義の見地では容易に見えて意外と反論し難い>降伏論


475 :日本@名無史さん:04/05/05 13:50
>474

実利主義なら尚の事反発が出るだろ。
一生懸命築き上げた財産を何の関係もない連中に奪われるのだから。


476 :日本@名無史さん:04/05/05 13:56
>「戦争を仕掛けられたらどうするか。すぐに(北○鮮に)降伏すればいいんです。
>持てるだけ持って行って下さいといえるだけの生産力を持っていれば済むことでしょう。」

自分が真面目に働いて苦労して築いた全財産を、遊ぶ金欲しさに強盗に入った奴に差し出せということですね?

>「向こう(北○鮮)が占領して住み着いたら、これに同化しちゃえばいい。それくらいの柔軟な社会を
>作ることが我々の社会の目的じゃないですか。」


強盗に占領されたら、嫁や母がレイプされ、同化するという事ですね?



477 :日本@名無史さん:04/05/05 14:26
その立派な社会を破壊するのが侵略だろうに。

478 :日本@名無史さん:04/05/05 15:07
>「戦争を仕掛けられたらどうするか。すぐに(北○鮮に)降伏すればいいんです。
>持てるだけ持って行って下さいといえるだけの生産力を持っていれば済むことでしょう。」
>「向こう(北○鮮)が占領して住み着いたら、これに同化しちゃえばいい。それくらいの柔軟な社会を
>作ることが我々の社会の目的じゃないですか。」

真面目に働いて苦労して築いた全財産を、遊ぶ金欲しさに強盗に入った奴に差し出せということですね?
強盗に占領されたら、嫁や母がレイプされ、同化するという事ですね?
庶民から全財産を巻き上げるつもりか?
奴隷にされたらどうするの?
軍人から暴行を受けても泣き寝入りしろと?
反日教育で洗脳された軍隊が白旗揚げた日本人に銃を乱射するのは目に見えてますが。

479 :日本@名無史さん:04/05/05 15:10
>474
戦後的実利主義ってのは、
大前提にアメリカの世界占領史上もっとも穏健な統治政策があってのことだからなぁ。

日本がソ連に占領されてたらとてもとてもそんな議論は生まれようがなく…。


480 :日本@名無史さん:04/05/05 15:11
>>475
当時の連中の感覚では
「10数年前に
数世代にわたる一生懸命築き上げた財産を懸命の抵抗の末、何の関係もない
連中に奪われ破壊された。
250万人の同胞の命と一緒に。」ということになっている
国民の多くが戦争に負けるということにトラウマになってた時代

481 :日本@名無史さん:04/05/05 15:16
>>464
違う。
判決は一つ。
他のは意見書です。

まあ裁判長は起訴されなかった人物を裁きたかったわけだし
検察官にすら無罪と言われた重光葵を有罪にするのは
多少なりとも残ってた良心に痛みを感じる判事もいたってことだw

>>459
そういう考え方もある。
ただしほとんどの被告の起訴事実は国際犯罪に値しない。
だからこそ「共同謀議」なんて妙な概念を持ち出したわけです。
顔も合わせたことがない被告同士が共同で謀議を行う、こんな愉快なことが可能ですか?
同じ考えを持って勝手に行動した結果を「常識的に」謀議と呼びますか?
さらに共同謀議に参加した人は全員、日本を侵略戦争に導きたいと考えていたらしいですが
これってありえますか?

482 :日本@名無史さん:04/05/05 15:19
>>481
まあ、現実に共同謀議してくれた方がまだマシな国家運営になっていたかもしれん


483 :日本@名無史さん:04/05/05 15:22
まったくだ。 共同謀議の結果で始まった戦争ならどれだけ救われるか…


484 :日本@名無史さん:04/05/05 15:23
>>482
全くそのとおり。
陸軍、海軍、外務省、内閣、重臣が所信に基づいて勝手に行動してたんだからw

485 :日本@名無史さん:04/05/05 16:44
俺は侵略軍に殺されたくないから、自衛隊には戦ってもらいたい。
俺は侵略軍に全財産を盗られたくないから、自衛隊には戦ってもらいたい。

koueiに何を答えても揚げ足をとられるだけ。
そして、こちらの質問には一切答えない。

486 :日本@名無史さん:04/05/05 17:09
>>478
司馬に文句家

487 :日本@名無史さん:04/05/05 21:37
>軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。

防衛庁に訊け、バカw


488 :日本@名無史さん:04/05/05 22:23
梨本宮殿下、普段は属官が背中を流していたため、
一人では体も洗えず、巣鴨の風呂では、前も隠さず、
ドブンと入っては出るだけだったそうだ。

489 :日本@名無史さん:04/05/05 22:25
ついでに、アヘン戦争も裁くように言えばよかったのに。
中国は何やってんだか。


490 :日本@名無史さん:04/05/05 23:21
罪状に、「タイ国に対する戦争準備」なる項目があったが
タイって日本の同盟国で枢軸陣営じゃなかったけ?

491 :日本@名無史さん:04/05/05 23:31
>>490
タイはギリギリ枢軸側ですけどね。
日本軍の進駐がかなり強引でした。
タイ首脳部への事前通告すらまともにしてないので
全面戦争の一歩手前でタイの首相に連絡してタイ軍を止めてもらいました。
一部では散発的な戦闘もあったはずです。

492 :日本@名無史さん:04/05/05 23:49
泰どころか、ボースの部下に対する暴行で死刑になった人もいるだろう。


493 :日本@名無史さん:04/05/06 00:00
言うことを聞かずに反抗する捕虜を殴っただけで銃殺に処された兵もいる。

494 :日本@名無史さん:04/05/06 02:34
東京裁判は真実を暴く裁判じゃなかったからね。
裁判をしたという既成事実と、日本に全ての罪をかぶせる為の口実つくり。

うっかり真実を暴いたら、欧米の植民地支配も裁かれてしまうからね。


495 :日本@名無史さん:04/05/06 08:13
東京裁判を開いた側の言い方で言えば、
植民地支配は文明の導きなので、罪では無いから裁かれる理由もないのです。

…それくらいの二枚舌を生暖かく許せないようでは、
今後の日本、つらいぞ。

496 :日本@名無史さん:04/05/06 11:13
>>488
微妙に伝説がはいるな、その手の話。


497 :日本@名無史さん:04/05/06 18:11
東京裁判・・・文庫本で半分読んだが興味が沸いてきたので
ビデオをば借りて参ります。

498 :日本@名無史さん:04/05/06 21:40
>>484
陸軍は、阿南、梅津、東条。
海軍は、永野、豊田、山本
外務は、松岡、東郷
内閣は、近衛、宇垣
重臣は、木戸

この面子で開戦とは・・・。意味がわからん。

499 :日本@名無史さん:04/05/06 22:09
イラク人に拷問・暴行・男女問わず裸にして写真撮ってる犯罪米兵を
イラクの法廷で裁けないものか・・?

500 :日本@名無史さん:04/05/06 22:20
日本軍の捕虜もひどい目にあわされたけど、
虐待をした連合国の兵士が処罰されたなんて話は聞いた事がないな

501 :日本@名無史さん:04/05/06 22:57
>>498
陸軍としては満州国の万全を期すためにも中国北部を制圧する必要があった。
海軍としては海外基地と石油が欲しくて、準備に時間がかかるので交渉期限を定めて欲しかった。
外務はとりあえず戦争は嫌だったけど米国への意地や面子にこだわってた。
内閣はカッコイイことをやりたかったけど、実行力が伴わなかった。
重臣はテロが怖くて保身に走ってた。

各々が勝手に行動して相互の連携どころか下手すると連絡すら無かった。
これで国の維持が出来るわけ無いわな。

502 :日本@名無史さん:04/05/06 23:08
498
どういう人選?

503 :日本@名無史さん:04/05/07 10:45
>>498
> 内閣は、近衛、宇垣
宇垣は外務じゃねぇの?

504 :日本@名無史さん:04/05/07 17:10
>>502
有名所

505 :日本@名無史さん:04/05/07 19:07
宇垣は流産したよ。
陸軍上がりだから外務とは関係ないな。
内閣・外務なら広田だな。

506 :日本@名無史さん:04/05/07 19:24
宇垣はちょっとだけだけど外務大臣したよ
第一次近衛内閣の内閣改造で広田の跡

507 :日本@名無史さん:04/05/07 23:04
ついでに、欧米の植民地支配も裁くように言えばよかったのに。
中国は何やってんだか。


508 :日本@名無史さん:04/05/07 23:26
中国という家に欧米の強盗が押し入って、後から来た日本のコソ泥が追い出したら、
警官に変装して仕返しに来た欧米の強盗に中国が加勢した。

これが、日中・太平洋戦争の正体。

509 :日本@名無史さん:04/05/07 23:57
あれ?
今日の朝に漏れが投稿したはずの、力作レスはどこですか・・・。


510 :日本@名無史さん:04/05/08 00:03
時間たちすぎ

511 :日本@名無史さん:04/05/08 00:08
日本以外の国も虐殺のようなことをしていたんですよね?
でしたら他の国々も裁かれるべきです・・・・だと思います。

512 :日本@名無史さん:04/05/08 01:55
勝者になれば何でも不問。
満州で狼藉三昧を演じたソ連は、どちらかといえば
被害者の日本を裁いてるし。

513 :日本@名無史さん:04/05/08 10:21
>>501
>陸軍としては満州国の万全を期すためにも中国北部を制圧する必要があった。
なんで米国と戦う必要が?
やっぱ英語できない奴が多いのと、挑発に耐えれんかったか?

>内閣はカッコイイことをやりたかったけど、実行力が伴わなかった。
内閣もテロが怖かっただけでは?


514 :日本@名無史さん:04/05/08 10:44
>>513
欧米はみんな国民政府に債権を持っていたから(ドイツ含めて)

515 :日本@名無史さん:04/05/08 11:10
>なんで米国と戦う必要が?
ヘイの「門戸開放宣言」、要するに「俺も中国利権に加わらせてくれ」宣言をお忘れか?

中国利権を軍事的に独占しようという振る舞いが欧米列強に対する挑戦と受け取られても
それはそれで仕方のないことでしょうよ……

516 :日本@名無史さん:04/05/08 12:48
中国は外国に援助を求める前に、莫大な軍事費を削るべきだ。


517 :日本@名無史さん:04/05/08 21:21
>>515
理解に苦しむなぁ。
>陸軍としては満州国の万全を期すためにも中国北部を制圧する必要があった。
その結果、米国と敵対した。
って、米国と全面戦争するような理由には、ならないな。

やはり、独軍と共に、世界制覇を目指したんだろうなぁ〜

518 :日本@名無史さん:04/05/08 21:40
>517
まったく妥協しなければ最後は戦争になるよ? 何も理解に苦しむことはない。

519 :日本@名無史さん:04/05/09 13:00
教育勅語の口語文訳

 私は,私達(わたくしたち)の祖先が,遠い昔遠大な理想のもとに,道義国家の実現をめざして,日本の国をおはじめになり,
そしてまた,国民は忠孝両全の道を完うして,全国民が心を合わせて努力した結果,今日に至るまで,
美事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本の優れた国柄の賜物でありまして、教育の根本もまたここに基づくものと思います。
 国民の皆さんは,子は親に孝養をつくし,兄弟、姉妹は互いに力を合わせて助け合い,夫婦は仲むつまじく解け合い,友人は胸襟を開いて信じあい,
そして自分の言動をつつしみ,すべての人々に愛の手をさしのべ,学問を怠らず,職業に専念し、知識を養い,人格をみがき,さらに進んで,
社会公共のために貢献し,また法律や,秩序を守ることは勿論のこと,非常事態の発生の場合は,真心を捧げて,国の平和と、
安全に奉仕しなければなりません。そして、これらのことは、善良な国民としての当然のつとめであるばかりでなく,
また、私達の祖先が,今日まで身をもって示し残された伝統的美風を,更にいっそう明らかにすることでもあります。
 このような国民の歩むべき道は,祖先の教訓として,私達子孫の守らなければならないところであると共に,
このおしえは、昔も今も変わらぬ正しい道であり,また日本ばかりでなく,外国で行っても,まちがいのない道でありますから,
私もまた国民の皆さんとともに,父祖の教えを胸に抱いて,立派な日本人となるように,心から念願するものであります。


520 :日本@名無史さん:04/05/09 20:19
開戦時の実力者は、

陸軍は、阿南、梅津、東条
海軍は、永野、豊田、山本
外務は、松岡、東郷
内務は、近衛、宇垣
重臣は、木戸

でいいのか?

521 :日本@名無史さん:04/05/09 20:34
>>520
開戦時って大東亜戦争のでしょ?なら宇垣は関係ない。
梅津・阿南も関東軍だから違う。松岡ももう引っ込んでる。


522 :日本@名無史さん:04/05/09 20:36
平沼は?

523 :日本@名無史さん:04/05/09 20:40
陸軍:東條、杉山、富永、塚田、田中新、武藤
海軍:永野、嶋田、五十六、伊藤、岡
外務:東郷、大島
経済:賀屋、鈴木貞一
重臣:木戸、米内、阿部、近衛

524 :日本@名無史さん:04/05/09 21:26
>>517
世界を目指したなら、ドイツの要求通りロシアに進攻していたのでは?関東軍はお飾り?

525 :日本@名無史さん:04/05/09 21:35
外務省 白鳥敏夫

526 :日本@名無史さん:04/05/09 22:16
>>523
大島はただの大使では?


527 :日本@名無史さん:04/05/09 23:41
>>523
賀屋とか鈴木貞一が木戸や米内、近衛、東條に匹敵するかなー?

528 :日本@名無史さん:04/05/09 23:58
東郷、賀屋、大島あたりに開戦責任はないだろうけど、
A級に引っかかったということで一応挙げておいた。

鈴木貞一は相当責任ある。

529 :日本@名無史さん:04/05/10 00:15
開戦時の大物で言えば、

陸軍:東條、梅津、杉山、富永、塚田、田中新
海軍:米内、永野、嶋田、五十六
外務:東郷、(松岡)
政界:木戸、阿部、近衛、宇垣、小磯、若槻、(岡本)

では?鈴木貞一とか武藤とかは、キーパーソンだが小物の気がする。

530 :日本@名無史さん:04/05/10 00:28
陸軍の大物は違う気がするなぁ。

531 :日本@名無史さん:04/05/10 00:31
鈴木は軍人としては小物だけど、企画院総裁として東條にいろいろ吹き込んで
開戦をあおってる。
武藤は明かに「大物」でしょ。ただし、彼は日米戦には反対で、交渉に望みをかけてた。

開戦時、関東軍司令官として局外にいた梅津を入れるなら、
支那総軍の畑もいれなきゃいけなくなるよ。
更に山田、岡村、板垣、土肥原・・・

532 :日本@名無史さん:04/05/10 00:39
>>531
開戦の責任者より、
死ぬ気でやれば、開戦を握り潰せるだけの実力者が知りたい。
中将では無理だと思う。

533 :日本@名無史さん:04/05/10 00:40
>>532
それなら梅津か岡村だろうね

534 :日本@名無史さん:04/05/10 00:47
平沼、重光も相当な実力者かな。

535 :日本@名無史さん:04/05/10 00:54
陸軍:東條、梅津、杉山、岡村、塚田、本庄
海軍:米内、永野、嶋田、五十六
外務:東郷、重光、(松岡)
政界:木戸、阿部、近衛、平沼、宇垣、小磯、若槻、(岡本)

って多いな。

536 :戦犯は:04/05/10 00:57
梅津美治郎=陸軍大将、陸軍次官、第一軍司令官、関東軍総司令官、参謀総長
南次郎=関東軍司令官、朝鮮総督
武藤章=陸軍中将、軍務局長、近衛師団長、第十四方面軍参謀長
佐藤賢了=陸軍中将、軍務局長

嶋田繁太郎 =海軍大将、海相 
岡敬純=海軍中将、軍務局長


東郷重徳=外相
重光 葵=外相  
白鳥敏夫=駐イタリア大使
大島浩=陸軍中将、駐ドイツ大使

賀屋興宣=蔵相
鈴木貞一=陸軍中将、企画院総裁
星野直樹=企画院総裁、東條内閣書記官長
木戸幸一=内大臣
平沼騏一郎=首相、枢密院議長  
広田弘毅=首相、外相
東條英機=陸軍大将、首相、陸相、参謀総長

橋本欣五郎=陸軍砲兵大佐、桜会


537 :日本@名無史さん:04/05/10 01:06
こう見ると、極東裁判は大物狙いだな。

まあ陸軍のテロに走る部下を抑えなかった大将連中は、問題ありだ。


538 :日本@名無史さん:04/05/10 01:09
橋欣なんか引っ張るなら田中新一、服部卓引っ張れよ、と思う

539 :日本@名無史さん:04/05/10 01:09
>>537
>こう見ると、極東裁判は大物狙いだな。
GHQが日本の政治の内情を知らんまま逮捕を始めたからだよ
狙ったんではなくて、役職を見て引っ張ったの




540 :日本@名無史さん:04/05/10 01:10
板垣征四郎

541 :日本@名無史さん:04/05/10 01:17
石原莞爾も戦犯級なのだが何故か証人喚問。

542 :日本@名無史さん:04/05/10 02:46
>>541
日本を迷走させた事件(満州事変)で功績があったからねw<石原莞爾

軍規を一度破るとなし崩しになるからな。
あれ以後日本の政治も軍の規律もおかしくなったでしょ?
満州事変を起こしたくらいだから、そりゃ〜褒められるでしょうよ。

543 :日本@名無史さん:04/05/10 20:26
>>535
阿部はやることなすこと失敗した首相。(井上の義兄)
他を動かす実力は無いな。

544 :日本@名無史さん:04/05/10 23:13
中島知久平は?

545 :日本@名無史さん:04/05/10 23:24
>>544
首相経験有りかそれに匹敵しないと、開戦を止められない。

546 :日本@名無史さん:04/05/10 23:26
軍事参議官 広田弘毅とかねw

547 :日本@名無史さん:04/05/10 23:28
小磯は宇垣の子分か。

548 :日本@名無史さん:04/05/10 23:31
荒木貞夫、真崎甚三郎ってどうかな?

549 :日本@名無史さん:04/05/10 23:44
>>546
戦犯に値するかどうかは置いといて、いまいち実力者といいがたい気がする。
他の奴等に比べて内閣決定権無さそう。
>>548
陸軍はキリが無いよなー。でも真崎甚三郎って引退してたから、
(有り得ないけど)陸軍とめられんだろ。

550 :まっぱ:04/05/11 00:06
http://blue.kakiko.com/50zone/50.htm

551 :日本@名無史さん:04/05/11 07:47
>>536
東郷の字が違う。
重徳→茂徳

552 :日本@名無史さん:04/05/11 20:51
古本市で木戸幸一日記が売ってたから買ってきた。

553 :日本@名無史さん:04/05/13 22:47
不可侵条約を無視して参戦してきたソ連代表は、被告に何の罪を問うたの?

554 :日本@名無史さん:04/05/14 00:57
米内は戦犯として裁かれることを覚悟してたけど、アメリカは罪を問わなかった。
三国同盟締結や日米交渉の過程で、誰がどのような立場でどう行動したかを、
アメリカはかなり正確に把握していた。

555 :日本@名無史さん:04/05/14 10:30
>>547
小磯は宇垣閥だね。後、南次郎もそう。

556 :日本@名無史さん:04/05/14 17:36
開戦時の超大物?

陸軍:東條、梅津、杉山、岡村、塚田、本庄
海軍:米内、永野、嶋田、五十六
外務:東郷、重光、(松岡)
政界:木戸、近衛、平沼、宇垣、若槻、(岡本)

557 :日本@名無史さん:04/05/14 18:42
しではら
ゆあさ
とうやま

558 :日本@名無史さん:04/05/14 19:30
>>556
本庄繁は違うだろう。
後、塚田は参謀次長だから挙げただけで”超大物”とはちがう。

559 :日本@名無史さん:04/05/14 21:49
http://www.china.org.cn/japanese/jp-shuzi2003/gq/biao/p36.htm

人口比



560 :日本@名無史さん:04/05/14 23:58
永年日本に在住するイギリス人の大先生が「日本はもっとキチンと謝るべきだ」と言うので、
「イギリス人はこのような事をやって来て一度でも謝ったのか」と、
黒人の奴隷貿易、アヘン戦争、アジアでの暴虐など、説明をはじめると、
すぐに真っ青になって「どうも失礼しました」と陳謝してあたふたと立ち去り、その後態度は一変した。
アメリカ人は彼等の過去の所業を知っていて自分から言い出す人も多い。
中国、北朝鮮、韓国に対しても歴史の事実を示して堂々とその場で討論を展開すると直ちに退散する。
それが出来ない日本の大部分の指導者の不勉強と臆病が日本を危うくしている。


561 :日本@名無史さん:04/05/15 22:33
>>556
岡本って誰?岡田啓介の間違い?

562 :日本@名無しさん:04/05/16 00:08
南京大虐殺スレで
「30万人も殺されたなら数万人の人骨ぐらいすぐ発見できるはずだ」
とカキコしたら
それ以来ずっと中国からネット攻撃を受けている。
今のところ、こっちは最新のセキュリティがあるんで大丈夫だが、
いちいち警告が画面に出るんでウザイ。

おい!北京にいるお前だお前。お前のアドレスだってわかってるんだぞ!
もう一人、重慶にいるお前だお前。いい加減にしろ!

反日教育受けてそれを信じ込まされ、30万人住んでいないところで
30万人が殺されたと主張することの愚かさにも気づかない中国人どもよ、
天安門をもう忘れたか?日本人を憎む前に、お前らの政府がどれだけ
悪いことをチベットでしているかをまず知れ!

日本人の皆様、すいません。
こちらから彼らに警告をする上でこの場をお借りいたしました。
南京大虐殺スレが発端でしたし、そのスレは落ちてしまったので。


563 :日本@名無史さん:04/05/18 23:32
 

564 :日本@名無史さん:04/05/19 00:28
>>562
戦国時代の長平からは今でも人骨が出てくるそうだが・・・

565 :日本@名無史さん:04/05/19 00:49
好戦国アメリカ人として生まれなくて良かったわい。

566 :日本@名無史さん:04/05/19 01:34
>>557
幣原 喜重郎
軍国主義化の波の中、完全に「忘れられた人」となる
湯浅 倉平
内大臣 ありかも
当山 尚幸?

567 :日本@名無史さん:04/05/19 22:57
憲法無視
人権無視
国際法無視
ポツダム宣言違反

なんだこの裁判

568 :日本@名無史さん:04/05/19 23:13
戦勝者裁判とはそんなものよ。
インド人判事だけがまともだった。

569 :日本@名無史さん:04/05/20 00:11
インド人判事のまともな意見は連合国にとって都合悪過ぎた。
よって黙殺&無視。

570 :kk:04/05/20 00:22

インパール作戦か・・・。

571 :日本@名無史さん:04/05/20 01:10
食料の公平な分配は無理としても、コンビニやファーストフード店の新品同様の残飯の廃棄は実にもったいない。


572 :日本@名無しさん:04/05/20 16:08
>>571
今、日本の食糧の6割が残飯になっているそうだ。
こんな贅沢なことはいつかしっぺ返しを食らうと思う。
欧米がどれぐらいの率なのか知らないが。

573 :日本@名無史さん:04/05/20 17:30
>572

残飯作るために輸入してるみたい。
もったいない。
うちの祖父さんは、使用した鼻紙を乾かして何度も使い、最後はトイレの紙に使ってた。
資源は有効利用すべき。


574 :日本@名無史さん:04/05/21 16:53
被告席の数が決まってて、指名を免れた奴がいるって本当?

575 :日本@名無史さん:04/05/21 18:47
>>574
数が決まってたたどうかは分からんけど、
ソ聯が無理やり重光と梅津を押しこみ、
真崎と阿部?がはずれた。

576 :日本@名無史さん:04/05/22 01:24
東條のハゲ頭叩いたら法廷侮辱罪?

577 :日本@名無史さん:04/05/22 04:29
なんかいい本ない?


578 :日本@名無史さん:04/05/22 06:36
中公新書 東京裁判(上、下) 児島襄著 

579 :日本@名無史さん:04/05/23 01:19
DVDだったら「東京裁判」やらある。

152 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)