5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★孝明天皇は殺されたのですか?★

1 :日本@名無史さん:02/09/10 22:06
孝明天皇は倒幕派に殺されたのですか?

2 :岩倉ともみ:02/09/10 22:29
しらん

3 :日本@名無史さん:02/09/10 22:31
宮内庁に情報公開請求シル。

4 :日本@名無史さん:02/09/10 23:07
まだ生きてます。こないだ見ました。

5 :日本@名無史さん:02/09/10 23:40
私も見ました。

6 :日本@名無史さん:02/09/10 23:42
俺も見た。
駅前でカレーライス食ってたよ。

7 :いわくらちゃん:02/09/10 23:43
ねづまさしのデッチアゲという話もあります。

8 :孝明天皇:02/09/10 23:46
今、ともみ君の妹といちゃついている最中ですので
質問はあとにしてね。

9 :日本@名無史さん :02/09/10 23:46
ネットカフェにいたよ
チャットやってた



10 :日本@名無史さん :02/09/10 23:48
北朝鮮に拉致されたらしいね。

11 :日本@名無史さん:02/09/10 23:49
>>9
「朕は孝明帝である」
「ネ天皇Uzeeeee!!」

12 :日本@名無史さん:02/09/10 23:59
まんが喫茶で見たよ。
Dr.スランプ読んでた。

13 :日本@名無史さん:02/09/11 01:17
そうそう、歌舞伎町入ってすぐのとこのマンガ喫茶にいた。

14 :日本@名無史さん:02/09/11 01:48
仮に殺されていたということがわかっても、
いまさらどうなるというの?
岩倉具視の墓を暴いて、大逆罪で火あぶりにでもするの?

15 :日本@名無史さん:02/09/11 07:17
>>14
んなこと言ったら、歴史なんか勉強してどうするんだ

16 :日本@名無史さん:02/09/11 20:13
真相が知りたい

17 :日本@名無史さん:02/09/11 20:21
指導者に恵まれなかったチョンが
ひがんで流しているデムパだよ

天皇と日本を傷つけるためには何でもやる連中さ

18 :日本@名無史さん:02/09/12 13:48
>>17
つまり孝明天皇は朝鮮人に暗殺された、と。

19 :日本@名無史さん:02/09/21 03:28



20 :日本@名無史さん:02/09/21 03:29
つまり孝明天皇は朝鮮人(林利助)に槍でつき殺された、と。




21 :日本@名無史さん:02/10/05 16:02
孝明天皇が死んだ理由は明治天皇がちゃんと示してるでしょ

22 :日本@名無史さん:02/11/03 01:18
薩長に暗殺されますた。定説です

23 :きちがいのすけ:02/11/03 01:28
あれは岩倉が勝手にやったことでごわす


24 :ぁゃιぃアズマ人:02/11/03 01:31
孝明天皇毒殺は、アズマ史観では定説(藁

25 :日本@名無史さん:02/11/05 01:49
鯛の天ぷら食って、食中毒で死んだんだよ。有名な話でしょ?

26 :日本@名無史さん:02/11/05 01:56
ここにもチョンが繁殖してるね。

27 :itou hirobumi:02/11/05 02:32
>>26
soudesuwatasigahennachosodesu.
a hennachsosan a hennachososan

28 :日本@名無史さん:02/11/05 08:36
長州人は朝鮮人だろ。
つまり孝明天皇は朝鮮人に殺されたってことだな。

29 :日本@名無史さん:02/11/10 21:35
アズマ史観では定説

30 :日本@名無史さん:02/11/10 21:39
ダサツマと長州のぐる

31 :日本@名無史さん:02/11/10 23:11
病死説ってすべてまるっと完全に根拠ないんでしょ?

32 :日本@名無史さん:02/11/10 23:27
>>31

その通り。100%妄想です

33 : :02/11/13 20:15
「ムー」とか言う雑誌に詳しく出てたなあ。
ただ、天皇は古墳にしろ、孝明天皇の問題にしろ、謎だらけだ。

34 :日本@名無史さん:02/11/13 23:53
孝明天皇の問題は謎でもなんでもないだろ。
毒殺まちがいなし。

35 :駿河掾:02/11/14 00:12
長州だからテトロドキシン?

36 :日本@名無史さん:02/11/14 00:58
岩見銀山

37 :日本@名無史さん:02/11/14 04:34
岩倉主犯にファイナルアンサー

38 :日本@名無史さん:02/11/14 06:33
現在書店に並んでる今月号のムーによると
天然痘入りの毒薬飲まされたとか
槍で刺されたってかいてあるYO!

水戸も何かやろうとしてたようだ

39 :日本@名無史さん:02/11/14 06:41
>>1こと子豚よ・・・いい加減にしたらどうだ(WWWW
お前は今までずっとそうやって生きてきたな(WWW自分にとって都合のいい話しか聞かない豚野郎(WW
不快になる、反論される話は全く聞く耳を持たないんだろ(WW豚きわめりだな(WW
なぜ自分の卑小さを省みず、常にそんな傲慢な態度をふるえるんだ(WW
お前のような豚は、常に自分の精神状態を気持ちよくする事しか考えてないからだろ(WW
この世を自分中心…豚中心(WW豚世界(WWお前が人間と会話する時は、論議するとか、
意味のある話をしようとか、そういうのがまったくない。ただアフォ豚が気持ちよくなれればそれでいい
自己豚満足しか頭に無い、典型的オナニー豚(WWW
まさに幼児豚がする会話。幼稚豚の典型(Wお前の話は、ゴミだよ豚ちゃん(WWW
イカレ豚のオナニーその最もたるは、お前が書いてきたレスだよ。そして自演ことバレ豚芝居(WWW
なぜあんなレスをしかできない?あんなサトラレ豚芝居をする?自分ではわからないだろうな(W
それは、ただ自分が気持ち良くなりたいという豚望の結果ですよ(WWW
真正面から否定する文は、オナニー豚には通用しまい(Wお前は誰にも論破できない(WW
論破できないというよりは、議論自体できない訳ですが(WWW
豚は豚を不快にする文を受け入れられるような理論的人間じゃないからだ。
つまりオマエが豚だからだよ豚野郎(WWW話の通じない狂豚。狂気豚見参(WWW
ハナから戯言と決めつけることによって、どんなことをいわれても豚の精神状態を
安定させようとする。豚に都合の悪い事は見えません、豚目、豚耳、豚口(WWW
豚のお前にしてみれば、豚が不快になる文は、「バカじゃん」「ただのキチガイ」「で?」で済まされてしまうだろう(WWWそんな事をしていては、他人と論ずる事などできる訳がない(WWW論ずる事など元からアフォ豚にはできませんが(WWできる事はコピペと豚芝居(WWW
とどのつまり、豚ちゃんはハナから他人と論ずるだけの脳味噌を持っていないってこと。
そして、そのレスはすべて何の価値も持たないゴミだということだ。
オマエには何にもできないよ豚ちゃん。ネタ職人などと都合の良い冠が欲しいのか?(WWW


40 :日本@名無史さん :02/11/14 11:27
東映の映画『徳川一族の崩壊』では長州の忍者が寝所に忍び込んで暗殺したことになってる。
この映画、ものすっごく荒唐無稽。だから、TV放送もなければビデオにもなってない。
作ったほうも恥かしいんだな、きっと。

41 :日本@名無史さん:02/11/16 12:18
孝明天皇の従医は病死ではありえない奇怪な症状と述べてる。
政治的理由から露骨な表現を避けたのだろうけど、
事実上毒殺間違いなしとの判断だね。

42 :日本@名無史さん:02/11/16 13:17
>1
学問的に冷静に探求し考えると、やはり「毒殺(暗殺)された」と言えます。

ただ、天皇家ファンの私としては、
(毒殺を)受け入れたくないという感情がどうしても出てきてしまいます。

明治天皇以降の天皇は、孝明天皇以前の天皇家の血筋を全く引いていない
という事実は、非常にショッキングであるので、
「真実の探求」よりも、「感情論」になってしまいがちなのです。

43 :日本@名無史さん:02/11/16 14:16
>>42

>「毒殺(暗殺)された」と言えます。

何の根拠も示さずによく言えるな(w
オカルト板へ逝けよ

44 :日本@名無史さん:02/11/16 14:46
>>42

>明治天皇以降の天皇は、孝明天皇以前の天皇家の血筋を全く引いていないという事実は、

ま た 鹿 島 昇 電 波 か (藁

45 :今月号のムーを読んで:02/11/16 14:55
痘   瘡   で   9   ヵ   所   か   ら   
       
      血   ふ   く    よ      う     な   

          変   な    死     に     か     た   

            す       る      か   y   o   !      藁

46 :大室寅之スレ@二郎三郎:02/11/16 15:19
>>45
ならおまいが痘瘡に罹ってみろや(w

47 :日本@名無史さん:02/11/16 15:44
孝明天皇の症状は、和歌山カレー事件の被害者の症状と同じ。
ただし孝明天皇のほうがずっと重症だけど。

48 :日本@名無史さん:02/11/18 02:42
今月号のムーに掲載されてたね。見直したよ。

49 :日本@名無史さん:02/11/18 04:54
孝明天皇毒殺説は別に電波でもトンデモでもなんでもない。
昔から有名で、有名だけに歴史家によく検証されてる。
通説までいってるかどうかはよくわからんが学界の中で認められた一説ではあるだろ。
なんでこんなありきたりのネタで荒れるかね?
大室ヲタとかアズマとかチョンとかの電波説とごっちゃにするなよ

50 :日本@名無史さん:02/11/18 05:47
明治天皇 = 大室寅之祐 説はトンデモで、鹿島氏のデマと言われますが
この本の殆どが何かからの引用なんです。鹿島氏もここ迄集めたと感心します。
鹿島氏の都合のよい内容だけを引用している可能性ありますが、引用部分に限れば
はでっち上げではない様です。
自分は鹿島氏の信者ではありませんが、執念ですね。

鹿島本の引用要約
・将軍家茂・孝明天皇暗殺?の謎
 毒殺説 → ねずまさし/「孝明天皇は病死か毒殺か」
 刺殺説 → 南条範夫/「孝明天皇暗殺の傍証」(閑院宮家の侍医の証言)
 他 アーネスト・サトウ

・睦仁親王の暗殺/南朝後醍醐天皇の末裔、大室寅之祐と入替えの謎
 → 三浦芳聖/「徹底的に日本歴史の誤謬を糾す」(三浦芳聖と田中光顕との対話)
 → 松重正/「大室家の人々の驚くべき証言」
 → etc...
・明治天皇の変身ぶりについての謎
 → 中山忠能日記
 → 蜷川新/「維新史にこれだけ裏がある」(討幕の密勅とは逆の親書を三条家で発見)
 → etc...
・纂輯御系図の謎(さんしゅうおんけいず・北朝のルーツに当る貞成親王を「父不祥」
 と記載。有栖川を総裁に任命。明治10年元老院発行)
 → 長島銀蔵/「皇統正史」
・明治天皇の奥さんが何故に昭憲皇太后?
 → 原敬/「原敬日記」


51 :日本@名無史さん:02/11/18 05:55
引用ねぇ。
貸し間は平気で捏造してるよ。

52 :日本@名無史さん:02/11/18 05:57
孝明天皇暗殺の真犯人が、初代総理大臣になった伊藤博文であったのは真実である。
そして、この暗殺は南朝革命のために睦仁親王暗殺、将軍家茂暗殺とリンクしていた。
彼が、人斬り名人と認められたのは17才頃であるが、大物を斬殺する度に名前を変え、
幼名は利助であったが、利介、利輔、俊輔などと名前を変えてきている。
大室寅之祐(明治天皇)は、長州奇兵隊の伊藤博文の力士隊の隊士であったから、伊藤の子分同様であった。
大室寅之祐と、殺害された睦仁親王(孝明天皇の実子)は性格も能力も全く異なり、
東京遷都のとき京都で仕えていた女官を全員解雇したのも、口封じの意味があったのだろう。
さて、「できもしない佐幕攘夷」を主張し続けて政局を混乱させていた北朝系(足利義満の後裔)の
孝明天皇が、「倒幕南朝革命」を指向した薩長同盟と岩倉具視らの演出によって暗殺されたのは、
慶応2年(1866年)12月25日洛中下京区岩滝町の堀河紀子邸であった。

同月中旬、英国軍艦に便乗してひそかに上京し、薩摩屋敷をアジトにしていた
長州力士隊の忍者集団は、品川弥二郎らの手引きで堀河邸の警備につき、
痘瘡の治った孝明帝が愛妾紀子のもとへ行幸してくるチャンスを待った。

やがて25日の明け方、便所の床下に隠れていた隊長の伊藤俊輔(博文)が、
自ら愛用の忍者刀を天皇に突き刺し殺害した後、隊士と共に悠々と堀河邸を
立ち去り、待機させておいた英国艦に乗って引き揚げた。
(便所は中二階式になっており、落下してくる排泄物を大きな箱で非人が
受け止め洗浄する仕組みになっていた。当時、非人の代わりに伊藤博文が
潜んでいたわけだ。)




53 :日本@名無史さん:02/11/19 17:59
殺された事実を素直に認めたくない人たちによって刺し殺された。

54 :日本@名無史さん:02/11/19 18:49
痘痕が出たり、消えたりした事実など存在しない
  ソース不明の痘痕説を否定する

「明治天皇紀 慶応2年12月17日」の条に以下
の記事がある(ご希望ならいつでも原文を出すよ)

侍医が痘瘡と診断。そこで孝明天皇は
それまで看病していた睦仁親王に、感染の恐れが
あるので、治るまで参内しないように言っている。
それに対して睦仁親王は中山忠能邸にいた時に
種痘と済ませているので心配ないと答えている。
(種痘を提供した医師の名も明記されている)

これが歴史的事実である

それから明治時代になってからのことであるが、
(種痘の効力の有無に疑念を持った為か?)
再度、種痘をおこなっている。これまた医師の
名も明らかである。明確に「痘痕」があれば、
免疫があるのだから種痘を行なう筈がない。

したがって、前後一貫して、明治天皇には
痘痕など無いのである

55 :二つ目のお気に入りとして:02/11/19 18:57

凄いサイト見つけました

http://home9.highway.ne.jp/cym10262/


56 :日本@名無史さん:02/11/20 03:42
>>54
なるほど。貸し間電波は相変わらずデタラメばかりだな。

とアゲてしまえば、たぶんログ流しにかかるんだろうな
ご苦労さんだよ、まったく

57 :日本@名無史さん:02/11/20 07:05
>>54
要約がおかしいよ。
ソースを全文書き込め(w


58 :日本@名無史さん:02/11/20 07:07
いかん、sageてしまった。
天皇毒殺説がなぜか「マルクス史観主義者」や「佐幕ヲタ作家」
が主張しているのか、こっちが興味あるね(w

59 :日本@名無史さん:02/11/20 07:18

アホな会津厨が下手を打って東国人に対する風当たりが強いと見るや、
アズマのウヨ攻撃は、メインを天皇毒殺&大室スレにシフトしたね。



60 :54:02/11/20 09:25
>>57 理解しようとしてないだけだろ(w

「明治天皇紀 慶応2年12月17日」の条

十七日 天皇痘を患ひたまふを以て、親王、使を
柊社(下加茂社の攝社)に遣はして御病平癒を祷
りたまふこと一七日なり、是れより先、聖體不豫、
侍醫拝診して感冒と為す、是の月十一日、内侍所
御神楽に際し強ひて出御、御拝の後、和琴の御所
作あらせられ、神楽未だ畢らざるに病のため入御
あらせらる、爾来病勢衰ふるに至らず、十三日病
牀に就かせられ、熱気頓に昂騰し、十五日發疹を
拝するに至る、是の日、侍醫痘瘡と拝診す、曩に
児藤丸、痘瘡を患ひ、退出して久しく加療せしが、
漸く全快せるを以て去る十日参仕せり、蓋し玉體
其の餘毒に感染したまへるにあらざるかと疑ふ者
あり、親王、緋綸子又は緋縮緬の服を著け、日々
病牀に侍したまふ、御病痘瘡と決するや、天皇、
親王に感染せんことを慮りたまひ、快癒の日まで
参すべからずとの勅あり、親王、往年中山忠能の
第に在しゝ時、忠能密かに蘭方醫大村泰輔をして
種痘を親王に上らしむ、痘苗は夙に種痘の術に長
ぜる醫師安藤桂州の上る所なれども、牛痘を憚り、
一たび野宮定功の女児に施し、而して後之れを上
りしと云ふ、親王奏するに斯の事を以てし、感染
の憂なき旨を奏上せられしに、始めて宸慮を安ん
じたまふ、
○親王様御日記、押小路甫子日記、青山御所御納
 戸日記、中山忠能日記、冷泉為理日記、護浄院
 湛海日記、二條家日記(孝明天皇紀所載)、御
 痘瘡之記(同上)、非蔵人日記(同上)、御逸事


61 :日本@名無史さん:02/11/23 07:12
指摘するのも恥ずかしいが、明治天皇紀はあくまでも編纂史料であって
2級史料だからね(W
それと、明治期の種痘に関する史料も明示せよ(W

62 :日本@名無史さん:02/11/23 07:57
天皇紀が1次史料でないというのは認めるが

鹿島一派は全て是れ史料を想像力逞しくして読んだ結果の脳内妄想じゃんか。
鹿島一派の「史料」出してくれ。

63 :日本@名無史さん:02/11/23 08:01
鹿島派が論拠とする「一次史料」って何かあるの?

引用している上記のねずまさしとかだって
当時の「噂、伝聞」を又聞きで記した史料を想像で
間違いないものとしてるだけだろ。


64 :日本@名無史さん:02/11/23 08:12

妄想大魔神=鹿島派の一次史料、はげしくキボーーーン

65 :日本@名無史さん:02/11/23 08:13
>>62-63
明治天皇紀は洩れも持っているけど読みやすいので便利だよ。

孝明天皇毒殺は幕府側も新政府の評判を落す為の謀略説
があるぐらいだからね。

「毒殺説」を提示しているのがマルクス史観の流れを組んでいる
石井、遠山、田中というのもおもしろいけどね。

66 :日本@名無史さん:02/11/23 08:14
つーか、まず病死説の証拠だせ

67 :日本@名無史さん:02/11/23 08:16
鹿島昇の本はブックオフで時々並んでいるね(w
古書屋さんで数万という値段をつけている所が会ったけど
「この史料こそ1級史料だ」
話していた。

因みに川越市某書の古本屋で、あまりにもの電波マルキストぶりが
痛くて古書組合から睨まれているそうな。

68 :日本@名無史さん:02/11/23 08:19
>>66
会津シンパの中村彰彦が「孝明天皇稜」を発掘しる書いて
極右から「ゴルアアアア」されたのは有名な話。

余談だけど、ここ2ちゃんで吊るし上げられている会津厨I氏
が孝明天皇毒殺云々で「電波系極右」の掲示板で「比すぞ」
と書かれていたのにはゾーっとした。
毒殺説でゴルアアアアする電波極右もイタイなあ。

69 :日本@名無史さん:02/11/23 08:23
>>65
>孝明天皇毒殺は幕府側も新政府の評判を落す為の謀略説
ありえないね。
孝明天皇毒殺の噂は宮中と倒幕派側から広がったんだよ。
アーネストサトウは「一外交官の見た明治維新」で、
孝明天皇が毒殺されたことを倒幕派中枢のしかるべき筋から確認したと記している。
ちなみにこの本は戦前まで禁書扱い。所持してたら命に関わる文献だった。
そして日本語訳は、最近の版まで毒殺の一節がなぜか削除されていた。

70 :日本@名無史さん:02/11/23 08:24
病死説に根拠はないよ。噂を拡大して、それに都合のいい史料を
明示しているだけ。
毒殺説を挙げているのは石井孝、田中彰。否定説は原口清、吉田常吉。
毒殺→病死に変更したのは佐々木克。
どっちでもないといったのは大久保利謙。

屁理屈で毒殺と言い張っているのが、中村彰彦、星亮一、早乙女貢(w

71 :日本@名無史さん:02/11/23 08:26
状況証拠からすれば限りなく毒殺だね

72 :日本@名無史さん:02/11/23 08:26
>アーネストサトウは「一外交官の見た明治維新」で、
>孝明天皇が毒殺されたことを倒幕派中枢のしかるべき筋から確認したと記している。

ところが、その「しかるべき」を明示していない。
アーネスト・サトウらしくないけど、あの話は意外とあてにならない。


73 :日本@名無史さん:02/11/23 08:30

御存知の通り、>>72 のサトウの文章は
すぐそのあとで、否定に続くんだよ

74 :日本@名無史さん:02/11/23 08:31
>>72
情報ソースを隠匿して取材事実を報道するのはジャーナリズムの基本だよ。
サトウは中立的に事実を記録したにすぎない。

75 :日本@名無史さん:02/11/23 08:32
>>71
其の通り。ところが当時の後宮は「病気」に関する知識がないために
むごたらしい天皇の死を「毒殺」と噂した可能性がある。
ついでだけど、岩倉の妹「紀子」が毒殺したというのは嘘。
この時期は紀子は実家にもどされているので毒殺はむずかしい。

これは歴史書をひっぱって調べるのではなく、医学書をひぱって
調べるべき問題なのかもしれない。
中村彰彦の「天皇の墓を発掘すれば、砒素反応がでる」
という事はやるべきであろうけど、一休宗純の墓すら「立ち入り禁止」
にしている宮内庁が、ましてや王政復古史観の砦ともいうべき所が
やるはずもない。

76 :日本@名無史さん:02/11/23 08:32
>>71

状況証拠じゃなくて、史料を出せと言ってるだろう、ゴルァ

77 :日本@名無史さん:02/11/23 08:35
>>73
否定?
そのすぐあとに続くのは、
孝明天皇の否定的側面つまり毒殺された理由を、
サトウなりに推測した文章だよ。
サトウが毒殺を真実と受け止めたことは間違いないね。

78 :日本@名無史さん:02/11/23 08:36
>>74
歴史はジャーナリズムではないから、根拠になるべき情報を
きちんと明示すべきであった。
これが「枝葉論争」にしか過ぎない孝明天皇毒殺説に信憑性
を持たせてしまった。
更に戦後の弁証法的史観や講座派などの歴史家が天皇制批判に
ことよせて「孝明天皇毒殺説」を明示したから政治的問題にも
なった観があり、歴史論争からイデオロギー論争に発展してし
まい、これに会津シンパの作家が入り込んで余計に混迷してし
まっている。

79 :日本@名無史さん:02/11/23 08:39
ここは2ちゃんだから「枝葉論争」でもいいんじゃないの?
但し、孝明天皇毒殺を標榜している学者、否定している学者、それぞれが
維新史全般の中でどれだけ「森」を眺めているのか気になるけどね(w

80 :78:02/11/23 08:40
ねづの孝明天皇毒殺説の経緯が気になるので、これから図書館に
逝ってきます(w

81 :日本@名無史さん:02/11/23 08:41
>>78
サトウに言え

82 :54:02/11/23 08:42
>>61 編纂史料であることなど、百も承知だよ
何の史料も出せんくせに大きなクチをたたくなよ(w

侍医局長として
 これは明治何年頃の事か判りませんが、或る時表から(表
とは宮内省以外の役所だと思います)、主上に種痘を申上げ
る様にとの通達がありましたので、父上は用意を調え、御前
に罷り出て、其の旨言上致しましたところ、陛下は「朕は孝
明天皇の痘瘡の看護を致したが感染しなかった。依って其
の必要はない。」と仰せられましたので、其の儘引き下がり
ましたとの事。
 しかし表からは「其の後の様子如何に」と度々問い合せが
ありまして、父上は板ばさみとなって大層困られました由。
そこで父上は決心しました。
 「万一の時は辞職を。」と覚悟をきめ、再び用意を調え、
御前に伺候して「本日は種痘を申上げます。」と言上いたし
ましたら、「ウン 左様か。」と仰せられまして、無事に種痘
を申上げることが出来て、「ホッとしたよ。」と語られました。

     『父謙斎の思い出』 高崎斐子(明治26年3月生)

83 :日本@名無史さん:02/11/23 08:43
54が興奮して書き込んでいます(w

84 :日本@名無史さん:02/11/23 08:45
>其の通り。ところが当時の後宮は「病気」に関する知識がないために
>むごたらしい天皇の死を「毒殺」と噂した可能性がある。
「毒殺」と噂してるのは「後宮」だけじゃない。
従医ですら病死ではないと言ってる。

85 :日本@名無史さん:02/11/23 08:46
54氏、本の海に溺れているな。
都合のいい史料検証だけでなく、都合の悪い部分も見て置かないと
ねらーの罠に嵌ると思うよ。
それにここで史料明示しても意味が無いと思われ。

86 :日本@名無史さん:02/11/23 08:47
>>77

漏れにはそうは読めなかったがな
だれかサトウの原文を出してくれ

87 :日本@名無史さん:02/11/23 08:48

>>85 氏、史料が出せなくて試合放棄か(w

88 :日本@名無史さん:02/11/23 08:51
当時の侍医にどれだけ「疱瘡」の知識があったか疑わしい。
まずは「毒殺説」が流布された時代背景。そして戦後にそれが
流された背景、そして「毒殺説」が流布される事による政治的状況
それに医学的情報をもとに組み立てるべき。

54のソースは良質だが、象の耳の形だけを明示しただけで
象全体を表現したわけではない。

89 :85だけど何か用?:02/11/23 08:53
史料なんて持っているわけないでしょ(w
>>87
それだけいえるんだから史料だして(ゲラリ

90 :日本@名無史さん:02/11/23 08:54
朝からお祭りか。

91 :電波右翼:02/11/23 08:57
孝明帝を毒殺にして日本を分断しようとしている香具師
がいるのかここですか?

92 :日本@名無史さん:02/11/23 09:02

北チョンから工作資金が出てます

93 :日本@名無史さん:02/11/23 09:08
なんで史実に光を当てることが日本の分断になる?
もし帝が毒殺されたのなら、
その事実を隠蔽しようとすることこそ、
逆賊を擁護し日本を分断する行為じゃない?

94 :日本@名無史さん:02/11/23 09:17
その毒殺説を標榜しているのが元祖サヨばっかりだろうが(w

95 :日本@名無史さん:02/11/23 09:20
>>1こと子豚よ・・・いい加減にしたらどうだ(WWWW
お前は今までずっとそうやって生きてきたな(WWW自分にとって都合のいい話しか聞かない豚野郎(WW
不快になる、反論される話は全く聞く耳を持たないんだろ(WW豚きわめりだな(WW
なぜ自分の卑小さを省みず、常にそんな傲慢な態度をふるえるんだ(WW
お前のような豚は、常に自分の精神状態を気持ちよくする事しか考えてないからだろ(WW
この世を自分中心…豚中心(WW豚世界(WWお前が人間と会話する時は、論議するとか、
意味のある話をしようとか、そういうのがまったくない。ただアフォ豚が気持ちよくなれればそれでいい
自己豚満足しか頭に無い、典型的オナニー豚(WWW
まさに幼児豚がする会話。幼稚豚の典型(Wお前の話は、ゴミだよ豚ちゃん(WWW
イカレ豚のオナニーその最もたるは、お前が書いてきたレスだよ。そして自演ことバレ豚芝居(WWW
なぜあんなレスをしかできない?あんなサトラレ豚芝居をする?自分ではわからないだろうな(W
それは、ただ自分が気持ち良くなりたいという豚望の結果ですよ(WWW
真正面から否定する文は、オナニー豚には通用しまい(Wお前は誰にも論破できない(WW
論破できないというよりは、議論自体できない訳ですが(WWW
豚は豚を不快にする文を受け入れられるような理論的人間じゃないからだ。
つまりオマエが豚だからだよ豚野郎(WWW話の通じない狂豚。狂気豚見参(WWW
ハナから戯言と決めつけることによって、どんなことをいわれても豚の精神状態を
安定させようとする。豚に都合の悪い事は見えません、豚目、豚耳、豚口(WWW
豚のお前にしてみれば、豚が不快になる文は、「バカじゃん」「ただのキチガイ」「で?」で済まされてしまうだろう(WWWそんな事をしていては、他人と論ずる事などできる訳がない(WWW論ずる事など元からアフォ豚にはできませんが(WWできる事はコピペと豚芝居(WWW
とどのつまり、豚ちゃんはハナから他人と論ずるだけの脳味噌を持っていないってこと。
そして、そのレスはすべて何の価値も持たないゴミだということだ。
オマエには何にもできないよ豚ちゃん。ネタ職人などと都合の良い冠が欲しいのか?(WWW


96 :日本@名無史さん:02/11/23 10:39
54には悪いけど、やっぱ根拠に乏しいね。
岩倉を黒幕、または伊藤を下手人にしたいけど、毒殺の根拠となる医学的
理論に欠けている。
佐幕ヲタの「中山忠能日記」が証拠だというが、中山自身に医学の知識が
あったわけではない。

ついでだが、孝明天皇毒殺を伊藤哲也のような会津厨が一生懸命に議論して
それを否定すると板を荒らすのが問題あるのではないかね?

97 :日本@名無史さん:02/11/23 13:13
>>96の文章読解力はチンパンジーのアイちゃん程度

98 :日本@名無史さん:02/11/23 14:14
つかさ、>>54の元ネタは今月の「ムー」じゃないかよ(w
>>97共々オカルト板に逝け。

99 :日本@名無史さん:02/11/23 14:16
>>97の理解力は「タマちゃん」以下。

日本史板にオカルト持って来るな。
氏ね(w

100 :日本@名無史さん:02/11/23 14:16
100get

101 :日本@名無史さん:02/11/23 14:18
ムーは麻原の件で「前科」があるのに反省の色がねえよなあ。
わざわざ「鹿嶋」を持ってきたのはなぜ?

102 :101:02/11/23 14:19
>>100
おめでとう(w

103 :日本@名無史さん:02/11/23 14:27
ムー読んだら「家茂暗殺」まで書かれているぞ。
これ書いた奴は何者だ?

104 :日本@名無史さん:02/11/23 14:29
総力特集 天皇と忍び――聖と闇の血脈
明治大帝と家康を結ぶ驚愕の真実! 怨霊が作った日本史を暴く!!

文=財川外史

何千年と続く万世一系の単独王朝・天皇家。
その天皇家を軸にした、驚天動地の無血革命・明治維新。
いずれも世界史上の奇蹟と呼ばれる、
このふたつの出来事は、
実はある闇の意思によって操られてきたものだった! 
明治維新はどのようにして成功を収めたのか? 
天皇家の血脈は、いかにして護られてきたのか? 
想像だにしなかった驚異の真実が、
今、ここに明かされる!

これでスレが立てられそうだな(w

105 :日本@名無史さん:02/11/23 14:31
財川外史ってアフォ?

106 :日本@名無史さん:02/11/23 14:37
死因が謎だから様々な説が出てくるのはしょうがない。
ちなみに明治政府公認の「疱瘡による病死」説も、
荒唐無稽な珍説のひとつにすぎない。

107 :麻原症候:02/11/23 14:37
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1029861512/

こちらにどうぞ

108 :日本@名無史さん:02/11/23 14:46
実際はどうであろうと、孝明天皇の死が王政復古のクーデター
の起爆剤になったことだけは避けられない事実だね。

死因は気になるけど、本格的な解明はむりだろうな。


109 :日本@名無史さん:02/11/23 22:29
結局、ここは鹿島電波祭りの末端なだけだ。

くだらん(W

110 :日本@名無史さん:02/11/24 01:12
>>86
「彼ら(日本商人達)は、また私に帝の崩御に関するニュースを伝えた。それは
たった今、公表されたばかりだといった。噂では帝の崩御されたのを天然痘とし
ていた。しかし数年後、その間の内幕によく通じている一日本人が私に確言した
ところによると、毒殺されたのだという。この帝は所信をもって、外国人に対する
いかなる譲歩にも真っ向から反対してきた。そのために、きたるべき幕府の崩壊に
よって、否が応でも朝廷が西洋諸国との関係に当面しなければならなくなるのを
予見した一部の人々に殺されたというのだ。この保守的な帝をもってしては戦争を
もたらす紛議以外の何ものも、おそらく期待できなかったであろう。
重要な人物の死因を毒殺に求めるのは、東洋諸国ではごくありふれたことである。
前将軍の死去の場合も、一橋のために毒殺されたという説が流れた。しかし当時は、
帝についてそんな噂のあることを何も聞かなかった。帝が、ようやく十五、六歳に
なったばかりの少年を後継者に残して政治の舞台から姿を消したということが、
こういう噂の発生に極めて役に立つことは否定し得ないだろう」

111 :日本@名無史さん:02/11/24 01:14
これは会津を叩く為の長州人による陰謀スレだな。

112 :日本@名無史さん:02/11/24 01:39
>>110
「内幕によく通じている一日本人が私に確言したところによると、
毒殺されたのだという」・・・重要なのはこのくだりだね。
後段のサトウのコメントはなんか意味があやふや、翻訳が悪いのかな?

113 :86:02/11/24 08:25
>>110

さんくすこ

後半

>重要な人物の死因を毒殺に求めるのは、東洋諸国ではごくありふれたことである。
>前将軍の死去の場合も、一橋のために毒殺されたという説が流れた。しかし当時は、
>帝についてそんな噂のあることを何も聞かなかった。帝が、ようやく十五、六歳に
>なったばかりの少年を後継者に残して政治の舞台から姿を消したということが、
>こういう噂の発生に極めて役に立つことは否定し得ないだろう」

漏れは、この文章を読んでも>>77 の言うような
>サトウが毒殺を真実と受け止めたことは間違いないね。

などという結論には達し得ないね

>>77 よ、「原文」を原語で出してくれ


114 :日本@名無史さん:02/11/24 14:23
>>113
ここで確実なのは事実に触れている以下の2点。
1.当初は帝が天然痘で崩御されたとの噂が流れた。
2.しかし数年後、内幕によく通じている一日本人がサトウに毒殺と確言した。

おもしろいのは、内幕に通じてる某の言い分。
>この帝は所信をもって、外国人に対するいかなる譲歩にも真っ向から反対してきた。
>そのために、きたるべき幕府の崩壊によって、否が応でも朝廷が西洋諸国との関係に
>当面しなければならなくなるのを予見した一部の人々に殺されたというのだ。
もしも事件と無関係な第三者の根も葉もない噂であるならば、
倒幕の邪魔となった帝が倒幕派によって暗殺されたと説明されるはず。
しかし、内幕精通者は、倒幕が上手くいくかどうかも分からない時点で、
倒幕後の外交問題の種をあらかじめ除去したなどというナンセンスな動機づけをしてる。
これは、毒殺がばれた場合の自己正当化の屁理屈を、
倒幕派があらかじめ準備していたことを示す根拠として重要だね。

なお、後半の文はサトウの主観的な意見にすぎず資料としての価値はない。
「保守的な帝」の死は英国の国益に反しないのだから、
東洋の「ごくありふれた」事例として扱い、
深く詮索する必要はないと考えた様子がうかがえるね。

115 :日本@名無史さん:02/11/24 14:37

2ちゃんの孤児、アズマが必死のジサクジエンしてます(W




116 :日本@名無史さん:02/11/24 15:38


いくら誤魔化しにかかったところで、毒殺派は史料ひとつ出せないのだから、
史料を出してくるまでは完全に黙殺するのが、良識ある大人の態度

117 :日本@名無史さん:02/11/24 15:42
岩波版サトウの日記は
ドナルド・キーンによれば
朕と訳すべき詔書の「We」を
「我々」と訳しているらしい。

日本語→英語→日本語
にする時はほんと気をつけないと駄目だな.

118 :日本@名無史さん:02/11/24 16:08
>>116
逆。
従医の所見をみれば帝の激烈な症状が通常の病死でないことはあきらか。
それにもかかわらず何の証拠もないのに「病死」と言い張るのは無理がある。
毒殺の可能性が極めて高いと見るのが、良識ある大人の態度。
また、毒殺犯が権力を握り、「史料」を消し去り、
科学的な調査ができないような状況をつくり出した側面を無視して、
毒殺の史料がないから黙殺せよというのは馬鹿げてる。

119 :日本@名無史さん:02/11/24 16:13
>また、毒殺犯が権力を握り、「史料」を消し去り、
>科学的な調査ができないような状況をつくり出した側面を無視して、
>毒殺の史料がないから黙殺せよというのは馬鹿げてる

この論理、やめない?
大体「史料」を抹消した証拠があるの?
そう言ったら「証拠など残っているわけがない。毒殺犯が抹殺したから」
で永遠の水掛け論だよ。

というか、史料で確認できない事については
明言は避けるのが正しい態度じゃないの?

毒殺説は仮定、推測の域を出ない。

始めに「毒殺ありき」じゃ説得力ないよ。

120 :日本@名無史さん:02/11/24 16:16

不合理ゆえに我信ず

というのは学問じゃない。信仰だよ
「毒殺信仰」

121 :日本@名無史さん:02/11/24 16:20
>>119-120
何に狼狽してる?
>>110のサトウの記録がそんなに驚きなの?
毒殺否定派は否定する根拠を明らかにする必要があると思うよ。

122 :日本@名無史さん:02/11/24 16:25
PC98ゲーム「維新の嵐」で、孝明天皇殺しましたが何か?
時期が早すぎたのか、次の天皇は明治にはならず、
「孝」の1字を受け継ぐ天皇が次々出現したよ。

123 :日本@名無史さん:02/11/24 16:25
>驚き

驚きも何も、岩波文庫の1冊じゃないか・・・。
同時代人のサトウの見聞を知る貴重な史料だけど
サトウの記述が「天皇は毒殺された」との論拠になるの?

124 :日本@名無史さん:02/11/24 16:30

すさまじい「恨」のパワーを感じるのは何故



125 :日本@名無史さん:02/11/24 16:31
>>121

126 :日本@名無史さん:02/11/24 16:31
>>124
歴史を知らない奴ハケーン。

127 :日本@名無史さん:02/11/24 16:36
>>121

消防がだだをこねはじめたぞ(w

128 :日本@名無史さん:02/11/24 16:41
天然痘らしいよ。漢方医とか祈祷じゃどうしようもなかったかと。
医師たちは自分たちが無能じゃなかったことにするために
責任転嫁のような陰謀説を流布したんじゃないかな。

129 :日本@名無史さん:02/11/24 17:24
>>121はムーの読みすぎ。
陰謀史観はオカルト板に逝け(w

130 :日本@名無史さん:02/11/24 17:38
毒殺否定派がもみ消し工作に必死なのが笑えるw

131 :あのさぁ〜:02/11/24 19:34
まぁ、”何をもって”根拠となすのか・・・だな。

今で言う、教科書や朝・毎・読の記事を”根拠”に
果たして、これらが”まっとうな”歴史的資料と今後もてはやされるのか!?

あと、病気だろうが毒殺だろうが、江戸城・宮城ともに日本のトップが
住まわれた場所にも関わらず、そこで次々と”都合よく”死んでしまった
と言う事のほうが尋常ではない!?・・・と考えるほうが普通だよと。



132 :日本@名無史さん:02/11/24 19:39
>>131

粗悪な燃料だな(w

133 :日本@名無史さん:02/11/24 19:47
サトウは倒幕派と密着してたイギリス人だし、
日本の政争に直接の利害関係がないから、
彼の報告は信憑性が極めて高いと思う。
>>110の抜粋どおり毒殺だね。

134 :日本@名無史さん:02/11/24 19:47

なにひとつ反証を挙げることが出来ないのに
結論だけ信じろという

これを「カルト」という

135 :日本@名無史さん:02/11/24 19:49
トモミちゃんは、嫉妬深かったからなあ〜

136 :日本@名無史さん:02/11/24 19:49
天然痘病死説はカルト

137 :日本@名無史さん:02/11/24 19:49
伊藤博文が殺したんだよ。

安重根が伊藤殺害の理由の一つに
 「孝明天皇の毒殺を」
あげているヨ。

138 :日本@名無史さん:02/11/24 19:50
今は予防接種で天然痘なんて死滅だけど・・・
当時は致死性の高い危険な病気だった

死ぬよね・・・普通

139 :日本@名無史さん:02/11/24 20:02
桂小五郎と坂本竜馬が話し合っていたらしい。

「都合の悪い天皇は取り替えればいい。」
「そうだな。それなら俺が天皇になってやろうか。」

討幕派の中では都合の悪い孝明天皇暗殺は常識だった。
つまり尊皇攘夷は口実でしかなく自分達が政権につく為の方便でしかなかった。

140 :日本@名無史さん:02/11/24 20:29
歴史じゃなくてまさしくカルト。

つか、なんでオカルト板の住人が日本史板に来ているんだよ。

141 :日本@名無史さん:02/11/24 20:30
>>139
出典を明記せよ(w
鹿島の本は論外

142 :日本@名無史さん:02/11/24 20:31

ソースなしのマンガネタ・小説ネタ・妄想ネタ
いらないよ

143 :あなたの後ろに名無しさん腹打て腹。:02/11/24 20:36
オカルト板からも見捨てられたので、悔し紛れに日本史板で暴れまわっているのです。

プロレス板から追放され、その腹いせにボクシング板で暴れまわってるプロレスヲタみたいなものですな。

144 :日本@名無史さん:02/11/24 20:38
で、チンギスハン=義経でいいんだよな?

145 :日本@名無史さん:02/11/24 20:50

M資金って徳川埋蔵金でしょ?

146 :日本@名無史さん:02/11/24 20:50
>>143
名前にワラタ

147 :日本@名無史さん:02/11/24 20:57
時期と、孝明天皇の年齢から見て、自然死としては怪しすぎる。
まあ、ストレスとかで変調をきたしたのかもしれないが。

もし暗殺者されたとして、天皇に近づけて、一番怪しいのは
グシ。
たとい機会を提供されたとしても尊皇志士が天皇を暗殺出来るとは
考えにくい。


148 :日本@名無史さん:02/11/24 21:15
>>138
伊良子の日記を嫁。
天然痘が快癒した段階で、突然全身の穴から血を吹き出して短時間で急死。
これは天然痘の症状では説明できない。
客観的にみて病死説の方が根拠がないと思う。

>>147
直接の下手人とされるグシの姪の何たらの局は、
その後暗殺されてるそうだね。アヤシイ。

149 :日本@名無史さん:02/11/24 22:10
>>148

遠慮しないでソースを出せ
ハッタリでなければ、原文が出せるだろう

>その後暗殺されてるそうだね。アヤシイ。

・・・そうだね、のたぐいは何の価値もなし



150 :日本@名無史さん:02/11/24 22:13
>>149

100年以上前のことに対して、ソース出せ!は酷だろう。
周辺状況から推察して、ああだ、こうだ言うしかないだろう。

151 :日本@名無史さん:02/11/24 22:20
だからさ

「ああだ、こうだ」は「推測、仮定」の範囲にとどめるのが
歴史学だろ?
推測に基づいて「天皇は毒殺された」と断言するのは
歴史学じゃなくて歴史文学の世界だ。


152 :日本@名無史さん:02/11/24 22:21
歴史小説でならいくらでも空想の世界に飛んでもいい。
脚色なくして歴史小説は書けないし。


153 :日本@名無史さん:02/11/24 22:22
病死の根拠まだー?

154 :日本@名無史さん:02/11/24 22:27
>>151
うん、断定は出来ないな。
ただ、精度として推定は可能かと思われる。
(むろん、孝明天皇の話は推定できる精度に無いだろうが)

断定という話で言えば、バブルの原因だって、はっきりしない。
やれプラザ合意だ、都庁建設だというけど明確な答えは何にも無い。


155 :日本@名無史さん:02/11/24 22:54
>>151
毒殺派の意見は可能性の指摘であって「断言」はしてないよ。
むしろ病死派の方が毒殺じゃないと「断言」してる。
「断言」が気にくわなければ、
根拠もなく毒殺を否定してる意見に噛みつくべくだ。

なお、毒殺か否かは科学的にはそれほど難しい問題ではなく、
発掘調査をすれば簡単にケリがつく。
しかし、岩倉たちが天皇を不可侵の存在に祭り上げてしまったため、
現代に至っても科学的な調査ができない。

こういう場合、毒殺疑惑が存在することを認めるのが科学的態度だ。

156 :日本@名無史さん:02/11/24 23:08

ごく普通の知能と理性を持った人が
「合理的な疑いを抱くに足る」と判断できる程度の
資料が出てきてはじめて「疑惑」といえる

現状は「疑惑」ですらない。ネタレベル

157 :日本@名無史さん:02/11/24 23:31
病死もネタ、毒殺もネタなら、
じゃ何が原因で崩御したの?

158 :日本@名無史さん:02/11/25 00:54

自分たちのポジションが危うくなるから(天皇を殺害して元老、元勲まで上り詰めたから)
病死と言う事にして自己弁護したいだけ。

159 :伊藤博文:02/11/25 01:00
>>149
遠慮しないでソースを出せ
ハッタリでなければ、原文が出せるだろう

>その後暗殺されてるそうだね。アヤシイ。

・・・そうだね、のたぐいは何の価値もなし




160 :日本@名無史さん:02/11/25 06:59
財川外史ってヴァカが降臨しているのか?

161 :日本@名無史さん:02/11/25 08:04
孝明天皇って、幕府大好き天皇で、慶喜や容保を異常なほど信頼していたからね。
長州なんかいきなり嫌われていたからね。

162 :日本@名無史さん:02/11/25 08:59

       〃───、
      / _____)
      / /´ (_  _)ヽ
     ||-○-○-|
     |(6   ゝ  | / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |ヽ   θ ノ<  攘夷をしないで切支丹の連中をのさばらせた明治政府の連中、
      ヽ|\_/   \_____________ 具視・博文・有朋・睦仁らはみんなサヨク!!
   ______.ノ    (⌒) ヴィシッ!!            新しい歴史教科書は孝明天皇の御遺徳の顕彰に10ページ費やすべき!!
 //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
/ /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
| /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′


163 :日本@名無史さん:02/11/25 12:49
>>162 プ

164 :日本@名無史さん:02/11/25 14:20
天然痘だそうですよ。

165 :あなたの後ろに名無しさん腹打て腹。:02/11/25 14:26
>>148
孝明天皇毒殺の「実行犯」とされる岩倉具視の妹、堀河紀子は明治三十八年までご存命。
もし本当の実行犯ならば息子の明治天皇が生かしておくまいて。

166 :日本@名無史さん:02/11/25 14:36
毒殺はありえへんよなぁ・・・毒見役も死ぬやん

167 :日本@名無史さん:02/11/25 15:01
どうでもいいけど、孝明天皇が亡くなったとき、岩倉具視らによる毒殺説のほかに
徳川慶喜らによる殺害説も囁かれたよね(実行犯は松平容保だとか)。
なのにそっちについては何にも語られていないね。
やっぱり毒殺説、暗殺説は孝明天皇の死に便乗して、相手方を貶めようとした
討幕派、佐幕派双方によるデマとみるのが妥当かと。

168 :日本@名無史さん:02/11/26 10:37
>166 毒味役なんかどうにでもなるんだよ

169 :日本@名無史さん:02/11/26 10:45
天皇すり替えや暗殺、部落問題とからみetc

正面突破が困難なアズマが、手を変え品を替え必死だなw

170 :日本@名無史さん:02/11/26 10:50
>>169

連中、よっぽど酷い環境に生まれ育ってるんだろうな
天皇の代わりに武家を戴けば、すべて問題なし、といっているのが笑える

171 :日本@名無史さん:02/11/26 10:58
>ここで確実なのは事実に触れている以下の2点。
>1.当初は帝が天然痘で崩御されたとの噂が流れた。
>2.しかし数年後、内幕によく通じている一日本人がサトウに毒殺と確言した。

>おもしろいのは、内幕に通じてる某の言い分。
>>この帝は所信をもって、外国人に対するいかなる譲歩にも真っ向から反対してきた。
>>そのために、きたるべき幕府の崩壊によって、否が応でも朝廷が西洋諸国との関係に
>>当面しなければならなくなるのを予見した一部の人々に殺されたというのだ。
>もしも事件と無関係な第三者の根も葉もない噂であるならば、
>倒幕の邪魔となった帝が倒幕派によって暗殺されたと説明されるはず。
>しかし、内幕精通者は、倒幕が上手くいくかどうかも分からない時点で、
>倒幕後の外交問題の種をあらかじめ除去したなどというナンセンスな動機づけをしてる。
>これは、毒殺がばれた場合の自己正当化の屁理屈を、
>倒幕派があらかじめ準備していたことを示す根拠として重要だね。

>>110 >>114
毒殺を開き直る噂が流れてたってのは驚き。
倒幕派による毒殺以外にありえないでしょ。

172 :日本@名無史さん:02/11/26 11:26
>倒幕後の外交問題の種をあらかじめ除去したなどという
ナンセンスな動機づけをしてる。

先を見越して行動を起こしているのだからナンセンス
とは思えないが

173 :後悔からか肌身離さず勅書を・・・:02/11/26 15:05
松平容保が実行犯っぽいんだけど

174 :壬申戸籍:02/11/26 15:56
>70
病死、毒殺のどちらでもない大久保利謙は、
 刺殺説をとるのだろうか

175 :日本@名無史さん:02/11/27 01:57
一橋慶喜とかが怪しい。

176 :日本@名無史さん:02/11/27 02:03
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2315/

177 :日本@名無史さん:02/11/27 02:04
25歳。
去年まで金無し君だったけど、オンラインカジノとパチンコで
二年で350万貯めた。一度やってみなよ。
初回のみだけど、1ドル以上のチップを買えば30ドル(4000円くらい)貰える。
もらうだけもらってプレイせずに換金することもできるし、ルーレットで赤か黒に
思い切って賭けてしまえば50パーセントで二倍になる。
金なきゃオフラインでゲームすればいいだけ。暇つぶしになる。
ビデオポーカーとかスロとか色々あるのでマジでお勧め。

http://www.imperialcasino.com/~1kl5/japanese/


178 :日本@名無史さん:02/11/27 02:07
>>13
パチンコで負けて悔しそうに伊藤博文の千円札を破き
岩倉具視の500円札をくちゃくちゃに丸めて火つけてた。

179 :日本@名無史さん:02/11/27 02:09
>>178

ダメな香具師は何をやってもダメ


180 :日本@名無史さん:02/11/27 02:24
孝明天皇が生きてたら兵庫開港は不可能。
しかし列強との関係上、開港しないという選択肢は
幕府側にとっても倒幕派にとっても、ありえない。
ゆえに孝明あぼーんは歴史の必然。

一橋だろうが岩倉だろうが、殺すべきだった人物。

181 :日本@名無史さん:02/11/27 02:31
>>180
家茂の時に既に神戸開港の勅許は下りてましたが?

182 :日本@名無史さん:02/11/27 02:38
>>181

初耳。ソース出せ

183 :何だか威張っておられますが:02/11/27 02:49
>>182
慶喜が強引にもらったって幕末ヲタなら常識では?

184 :日本@名無史さん:02/11/27 02:54
>>183

いつ?

185 :日本@名無史さん:02/11/27 02:56
孝明天皇は慶喜、容保を最も信頼していたし、公武の利害は一致していた。
幕府側に孝明天皇を暗殺する動機は全く無い。
一方長州は玉を奪うことができなければ藩が滅亡すると焦りまくっていた。
幕府と密着した帝を恨み、帝を暗殺する最も強力な動機をもっていたのが長州。
長州が黒幕と考えるのが自然だ。

186 ::02/11/27 03:00
詳しくは↓
http://image.excite.co.jp/jp/shop/shopping_logo_290x65.gif

187 :わざと?真性?:02/11/27 03:00
>>183
勅許無しで神戸開港をしようとした阿部らを朝廷が罷免しようとしたので、
家茂が辞表を出したのに対し慶喜が強引に公卿連中に対して勅許を求め、下された。
この一連の流れは結構有名なんだが・・・

188 :日本@名無史さん:02/11/27 03:10
>>187

君、真性?
真性じゃないよな。まさか…

で、その兵庫開港の話
詳しく聞かせてくらさい。


189 :5月24日:02/11/27 03:23
>>
長州についての寛大の処置取り計らうべきことと兵庫開港のこと御差し許しあるべきこと。

190 :日本@名無史さん:02/11/27 03:28
>>189

いいかげん眠いわ…



191 :日本@名無史さん:02/11/27 03:33
>>189

君はもう寝るのん?
俺もそろそろ寝るわ。

192 :日本@名無史さん:02/11/27 03:36
>>181は条約勅許と取り違えたのでは?
兵庫開港の勅許は家茂と孝明天皇が亡くなった後のこと。
ただ>>180のように頑迷な孝明天皇が開港の障害だったと見なすのは誤り。
薩摩や長州は朝廷に対しては開港反対を吹き込みながら、
英国に対して開港のため軍事的威嚇を行うように焚きつけていた。
開国の最大の障害はこうした謀略を行う国賊たちだった。

孝明天皇が西欧嫌いだったのは、
かなりの程度尊攘派に操作・洗脳されていたことが原因で、
慶喜たちの手中に納まった以上、
天皇が開国派に転じるのは時間の問題だったはず。

193 :日本@名無史さん:02/11/27 03:45
>>192

よく出来ました!!!
一つ勉強したね。



194 :日本@名無史さん:02/11/27 03:50
あまりにイタイ自作自演ですなぁ

195 :日本@名無史さん:02/11/27 04:07
孝明天皇を幕府側が殺してその罪を着せようとしたんじゃないかな。
慶喜がいかにもやりそうなやり方。実行犯は松平かも・・・。

196 :日本@名無史さん:02/11/27 07:01
yahooでも会津厨が電波を発信しているぞ。

つかさあ、都合のいい「噂」をどっちも利用しているにすぎないじゃん。

ところで>>1はマルチポスト行為はやめようね。

197 :日本@名無史さん:02/11/27 15:33
打首獄門。これにて一件落着〜


198 :日本@名無史さん:02/11/27 16:52
>>195
minikui jouhousousa kitatyousenn no kim jonniru to kawarann.

199 :日本@名無史さん:02/11/27 17:23
殺されたわけではないようだ。

200 :日本@名無史さん:02/11/28 02:34
これにて一件落着

201 :日本@名無史さん:02/11/28 04:05
やはり岩倉による毒殺ですた。

202 :日本@名無史さん:02/11/28 15:36
実は容保ですた。ばれないかビクビク。

203 :日本@名無史さん:02/11/28 15:43
孝明天皇の父、仁孝天皇も変な死に方してるよね。
風邪をひいた3日後に厠へ行く途中で痰をのどに詰まらせたのが死因だというけど。
なんか変だね。

204 :日本@名無史さん:02/11/28 15:49
風邪をバカにしてはいけません。今でも
世界で毎年万単位の死者が出ています。

205 :日本@名無史さん:02/11/28 15:54
徳川慶喜の死因も風邪をこじらせて肺炎を引き起こしたためです。

206 :世界@名無史さん:02/11/28 15:56
清の西太后、光緒帝もインフルエンザにかかってお亡くなりになりますた。

207 :日本@名無史さん:02/11/28 16:09
孝明天皇は天然痘で体力が弱っているところへコロリ(コレラ)にかかってあぼーん?

208 :最強:02/11/29 15:17
天然痘って、大人で発症した時点でほとんど死にます。

209 :日本@名無史さん:02/11/29 16:39
天然痘の致死率は20〜50%程度。つまり50%以上は2〜3週間で治癒する病気。
孝明天皇は治癒期に入った段階で突然危篤状態となり極めて短時間で致死した。
病状の経過や激しい出血を伴う激烈な症状は、天然痘では説明できない。
毒殺です。

210 :日本@名無史さん:02/11/29 16:48
二割死ぬ病気は、死病分類っす。5人に1人死ぬのは、手の施しようの
ない死病。実際に手のうちようのない病気。

211 :日本@名無史さん:02/11/29 21:09
>210 5人に1人死ぬとは驚いた 恐ろしや、恐ろしや

212 :日本@名無史さん:02/11/29 21:44
風疹とかハシカだって大人が発病すると大変なことになるっていうし。
素直に病死だったんじゃないかなあ。(当時の天皇はいいもの食べてなさそうだし)

213 :日本@名無史さん:02/11/29 22:38
>212 当時の天皇はいいもの食べてない・・・

何を言うんだ大変なグルメだよ
大きな声じやぁいえないが・"卯の花"
明治天皇もやっぱり"おから"Wa~~~


















214 :腐ってるから:02/12/01 16:49
半分以上食べちゃダメの札の貼られた献立だったそうだが・・・


215 :日本@名無史さん:02/12/01 16:52
でも、病名だって、ホントかどうかわかりゃしない。

216 :疫病っすね:02/12/01 16:55
天然痘は間違いないみたいですよ。侍従もそうだったって。

217 :      :02/12/02 08:49
作家の南條範夫氏の祖父か曽祖父だったかな、その方が京都で町医者をしておられて
ある夜中に身分卑しからざる風体の人が来て、至急診てもらいたいお方が居られるの
でということで、用意された駕籠に乗せられ、なにせ夜のことしかも駕籠に乗ってい
るため場所ははっきりしなかったらしいが、非常に大きな屋敷に入ったことはわかった
らしい、屋敷に着いて奥に案内されある一室に通されたところ一人の人が息も絶え絶え
に蒲団に横たわっていたという、直感で非常に高貴な方であることがわかったらしい
診察をしてみると腹部あたりより出血していたということだ。刃物による傷らしかった
このことは長く口蓋を禁じられていたらしいが、高名な作家でしかも歴史学者でもある
氏が、歴史雑誌に自分の身内が実際見聞したかなりリアルなことを書いていたので、
面白く読んだ。(大部前に読んだので多少表現の違うところがあるかもしれませんが・・
・)

218 :日本@名無史さん:02/12/02 09:05
明治天皇って長州人だってさ
天皇家の血は途絶えてたんだよ

219 :日本@名無史さん:02/12/02 09:29
>>217
ああ、それ読んだことあるなぁ...
って事は、もし孝明帝なら御所内でやられた事になるよね。
御所内で天皇に近づく事が出来る人って限られるじゃん。
幕府側が天皇殺しても得する事ってあるかな?
詳しくないもんでこれ以上は分からないけど...

220 :(-_☆):02/12/02 10:29
殺したのは長州に通じた公家の手のものだという話だ。

佐幕派だった孝明天皇は薩長側にとって最大の邪魔者。
賊軍呼ばわりされる前に暗殺して、南朝の血を引く大室天皇家の男を
孝明天皇の息子とすり替えて政治的な優位を図ったのだろうと思う。

 しかも最後の将軍は南朝正統を奉じる水戸家の人間・・・孝明天皇と
その皇子が密殺されても南朝が復興したとなれば逆らいにくかったのでは?

221 :日本@名無史さん:02/12/02 11:08
1 \从/ / ̄ ̄ ̄ ̄\  がーん
        /   U      ヘ
       |,へ.__, ,_ノヽ   /ヘ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       |(・)  (・) U  ||||||| <サザエ!タマの様子がおかしいんじゃが! |
       |⊂⌒◯-------9)   \_________________
       | |||||||||_    | /つ
         \ |_|  \  / //
           \____/ //
        /  ∧_∧ / / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |   (  ゚∀゚ )/ /< 大室寅之祐が新明治天皇になった。
        \\. )    (/ /  \________________
         |\二二つ  \     /⌒\
         | | ∧       \_/ /^\ \__
         | \\\_      /    \_)
         |  | \二二つ    .∠/⌒\
         |  | |  |   \________/^\ \__
         (____).(____)              \_)


222 :日本@名無史さん:02/12/02 11:12
>218、220
それは大嘘だ。明治天皇が大室だなんてまだ信じているのか
大室なら、その身内もみんな出世してるはずだ


223 :日本@名無史さん:02/12/02 11:51

心配するな。信じてるヤシなんかいないよ

224 :日本@名無史さん:02/12/02 12:37
大室なら、その身内もみんな出世してるはずだ
>>
大室寅之祐のメイの孫、橋本龍太郎なんてそれほど出世できる男じゃないな 藁

225 :日本@名無史さん:02/12/02 16:01
>223 224 と、言いつつ信じていそう
信じていないのは >221

226 :日本@名無史さん:02/12/02 21:37
南條の話には「落ち」があって
その身内が書いた記録が家にあったらしい。
そのことをある学者に話すと、熱心に聞いてくれた.
学者曰く「是非見せて欲しい」
南條曰く「戦災で焼けました」

先生、がっくり肩を落とし
途端に興味を無くしたそうな。


227 :日本@名無史さん:02/12/02 21:53
坂本竜馬の妻、お龍の実家は代々、青蓮門院の侍医を務めた家柄で、
その縁で坂本竜馬は孝明天皇の本当の死因を知り、
孝明天皇暗殺の下手人を脅迫したのが竜馬暗殺の真相だとかって話あるけど、
これも南条範夫だったっけ?

228 :公明天皇池口大作:02/12/02 22:36
朕も殺されそうです。

229 :日本@名無史さん:02/12/02 22:41
屍根!

230 :日本@名無史さん:02/12/02 23:31
攘夷の節刀授与を家茂と後見の慶喜も仮病でごまかし孝明帝との関係は微妙。
攘夷期限等、切羽詰っていたのは幕府側。また政変に敗れ押し込め状態だった
岩倉より朝廷を牛耳っていた佐幕派の方が、はるかに機会大。
二条関白の息子が二人疱瘡で死んでるから普通に病死とも思うが。

231 :名無史さん@おだいじに:02/12/03 16:11
砒素などの重金属が体内に入ると腎臓や肝臓の機能低下を引き起こし、
血液やリンパ液などの循環が滞り、不要な体液の排出が困難になる事によって
尿毒症、腎不全、肝不全などを併発することが死因となる。
よって「御九穴から出血」という症状から、砒素による中毒死ではない。

むしろ、孝明天皇は若い頃から慢性的な眩暈や頭痛などといった症状から、
メニエール症候群のひとつであるレクレメチン症である可能性が高い。

レクレメチン症は視聴覚異常、均衡感覚の喪失といった症状のほか、
慢性化すると体内のホルモン分泌量の低下により生殖機能の低下、
リンパ球の現象による免疫力低下などを引き起こし、罹病率はきわめて高くなる。

なお、出血性痘瘡は天然痘菌が胃腸部にまで到達し発症したものであり、
胃腸部に多数の潰瘍が発生したために胃腸部で出血を起こすため、
血液循環機能の低下により体力の消耗をもたらすため、致死率はきわめて高い。
(「臨床医学大辞典」より引用)

232 :日本@名無史さん:02/12/03 22:50
>攘夷の節刀授与を家茂と後見の慶喜も仮病でごまかし孝明帝との関係は微妙。
>攘夷期限等、切羽詰っていたのは幕府側。


おいおい節刀授与だの攘夷期限だのって・・・
何年前の話してんだ? 大丈夫か?

まあ、孝明死んでくれて幕府側も
兵庫開港問題でかなーり助かったと思われ


233 :日本@名無史さん:02/12/03 23:01
>おいおい節刀授与だの攘夷期限だのって・・・
>何年前の話してんだ? 大丈夫か?
確かに三年前だが八・一八の政変でうやむやになっただけで
大丈夫か?とまで言うほど、明快に解決されて無い。


234 :日本@名無史さん:02/12/03 23:04
公明帝も池田先生みたいにサイボーグに改造してもらえばよかったのにね

235 :日本@名無史さん:02/12/03 23:17
>>231
それは微量を長期間摂取した慢性中毒の場合でわ。

致死量の砒素をもられたばやいはこうなるそうな。
「御九穴から出血」という症状そのもの。
>吐き気、嘔吐、腹痛、食道炎、胃炎、胃潰瘍、吐血、(米汁様)下痢、下血、
>頻脈、血圧低下、脱力感、筋力低下、筋肉痛、全身ケイレン、心筋の脂肪
>変性、顔面または全身浮腫、高熱、低体温、手足の感覚異常やしびれ
>激しい痛み、神経麻痺、抹消多発神経障害、不安、錯乱と幻覚、意識混濁、
>麻痺性イレウス、胸水、肺水腫、皮膚に水泡状のびまん性班丘疹状皮疹、
>手足顔の発疹や肥厚や剥落、爪の剥離、多発性基底細胞腫、化膿性
>結膜炎、肝の中心性脂肪変性、肝機能障害、 タンパク尿、血尿、乏尿、
>腎機能障害、溶血、血小板減少性紫斑病、白血球減少、骨髄機能低下、
>貧血、血栓、季節ごとに繰り返す脱毛、脳の軟化巣、等で多岐にわたり、
>症状からの砒素中毒の診断はなかなか困難である。
>一時的大量摂取のばあいは、麻痺型症状(下腹部臓器の血管拡張、
>心臓まひ)または 胃腸症状(がんこな嘔吐、下痢、脾臓けいれん、チアノ
>ーゼ、等)を呈して死亡する。

236 :んなあほな:02/12/04 16:01
毒味役もヒ素中毒になるやん・・・

237 :日本@名無史さん:02/12/04 16:05
当時のミカドに毒見役なんていたんけ?

238 :日本@名無史さん:02/12/05 17:00
形式主義の固まりですから。天皇。
メニューとかどうするとかが決まってて
足りないのは、ゴミで代用してたとか。(食べちゃダメって張り紙付きで)

晩酌する官職とか人数も決まってて近従というか
決まった人員で同じメニュー食します。
料理人の格とかもあって、配膳とかの中間も様式で
制限されてます。

239 :日本@名無史さん:02/12/05 17:15
ゴミで代用
本当?いつ頃の話 明治以降では
そんな話読んだことないもので

240 :江戸モノでは秀逸:02/12/05 17:18
風雲児達のワイド7巻だったかな。最新刊は8巻。
潮出版だと何巻かは不明。絶版かな。


241 :日本@名無史さん:02/12/05 19:09
高山って・・・すげー男だな。

242 :佐伯今毛人:02/12/05 20:46
孝明と明治の間にもう一代書き入れて置けさ
我々の前で英語の腕自慢して呉れる万世一系なんてのが
そも替玉だつたつて証拠 

243 :日本@名無史さん:02/12/06 14:40
242 どういうことなのかさっぱりわからん

孝明天皇の死因については
宜保愛子さんに視ていただくのがよろしい

244 :日本@名無史さん:02/12/06 15:29
天然痘なので当時の医療は無策。漢方医とかじゃなおさら。

245 :日本@名無史さん:02/12/06 16:11
>>243
奥羽列藩同盟が擁立した東武皇帝(白川宮能久親王)のことだよ。

246 :日本@名無史さん:02/12/06 17:05
西武皇帝は堤義明

247 :日本@名無史さん:02/12/06 18:11

>>242

狂人??

248 :京洛スズメ:02/12/07 10:28

 「仰山星が流れはりますなぁ」北野天満宮の俗に言う
「ーしまい天神ー」の宵参りに出かける人々は夜空を見上げ、
「京で戦が始まるのではないか、物価は高騰をつづけ米騒動が
起こったり、江戸でもお救い小屋で辛うじて餓死者を救って
いるそうな・・・」悪い方ばかりを想像してしまう。

 そんなとき土御門邸から、あわただしく輿の出て行く様子が
見て取れた土御門家は代々陰陽師の家柄、それがこの時間、
見れば宮中に参内する様子。おびただしい流星とこの参内を結び
あわせて、人々はいっそう不安にかられた。

 まさか一度快方に向かったと噂される、主上の身の上に異変が
起ころうとは、
 木枯らしの吹く12 月24日のことであった。



249 :日本@名無史さん:02/12/07 13:35
阿倍晴明っておっさんらしいよ

250 :京洛スズメ:02/12/07 18:21
村松剛   稚児の天然痘がうつって、内臓まで炎症を起こしたので
     最期は九穴から出血して亡くなったと。証拠がないから
     暗殺説はとらないんですが。
半藤一利 私は暗殺説です。
南條範夫 暗殺説は、普通、毒薬を飲ませて殺した、ということに
     なっていますが、刺殺という説もあるんです。
      京都で閑院宮家の侍医をやっていた母方のじいさんから
     聞いた話なんです。ある夜、お使いがきて宮中へ連れて
     行かれた。すると高貴な方が槍で横っ腹を突き刺され、
     血まみれになって寝ていらした。その後で孝明天皇が
     亡くなられたという報があったと。
     
     

251 :日本@名無史さん:02/12/07 18:22
天皇は、フリーターみたいに出歩かないだろ(w
刺されるなんて、、どこで・・・(w

252 :日本@名無史さん:02/12/07 18:26
>249
そりゃ〜、過去の人物だから若い時もありゃ老いぼれにもなるさ。
80歳前後まで生きたという説あるから。

253 :日本@名無史さん:02/12/07 18:40
旧華族の筑波常治氏は、「著、明治天皇」で世間で流布されている噂を紹介していたが
@孝明天皇は文字を書くとき筆先をなめる癖があったので誰かが穂先に毒を塗った
A酒を好むので、その中に毒物を仕込んだという説
B統幕派の密命を受けた側付きの女官が刺殺した、などの説を紹介している。


254 :蒲池:02/12/07 18:57
蒲池はお前たち豚と違い名門の家。

255 :日本@名無史さん:02/12/07 19:44
>254 今じゃお前も、おなじ豚かwww

256 :日本@名無史さん:02/12/08 04:40
>251
ちっと考えるとわかるでしょ
前スレで見たけど便所でさされたとか
便所つて、田舎に行けばわかるけど縁側の
すみにあるから、行き帰りも危ない
庭先から飛び出て一つき

257 :日本@名無史さん:02/12/08 06:45
>>256
それって徳川斉昭も同様に暗殺されますたという説があった。
但し。彦根、水戸両方の郷土史研究会は【 ´,_ゝ`】プ状態。


258 :京洛スズメ:02/12/08 08:57
> 257 
そう、井伊直弼の復讐で、彦根藩の手のものが庭師に化けて
とか書かれているが、本当はどうなんなんだかわからんようだ。
(日本だとすぐ仇討ちに結びつけるから)
>256 ありがとう そのとうりと思うけど、御所内の便所の位置まで
  わからないけど
  天皇が厠を使うとき、係の女官も一緒にいるはずで、目撃者
  たり得るのだが

259 :日本@名無史さん:02/12/08 09:13

用便は漆塗りの容器になされるのであって
下民のように便所に行かない罠

260 :日本@名無史さん:02/12/08 10:50
> 259
考えて見りゃあそうだなぁ、それで、二重構造の厠から
伊藤がさしたようなことが、前スレで書かれていたけど
これも無しかな?

刺殺説のもとになるのはしたから突き上げられたような
傷口で、出血が夥しいように書かれていたが。


261 :日本@名無史さん:02/12/08 16:53
閑院宮家の侍医ってのがもう無能の代名詞でしょ。もうほとんどおまじないの類。
灰を飲むとか・・・。

262 :日本@名無史さん:02/12/08 20:39
孝明天皇
卯の花(おから)が大好きだった。
椎茸、ゆば、ぎんなん、麻の実などをなどを入れて煮たもので、
それを周囲が驚くほどよく食べたという。

>213を書いたのは私です。そのアト大きな空間作りました
何でそうなったかわかりました。平にご容赦下さい。<(_ _)>


263 :日本@名無史さん:02/12/09 01:25
http://inoues.net/yamataikoku/tenno/koumei_ryo.html


264 :日本@名無史さん:02/12/09 09:45
孝明天皇は倒幕派に殺された


265 :日本@名無史さん:02/12/09 11:29

孝明天皇は幕府側に殺された

266 :日本@名無史さん:02/12/09 14:00
篠原潤一郎 『修羅の武士道』 祥伝社文庫
桜田門外の変で藩主を暗殺された彦根藩士の水戸藩主徳川斉昭暗殺を描く。主役は「彦根の西郷」と呼ばれた彦根藩士小西鉄蔵。



267 :日本@名無史さん:02/12/09 14:30
知り合いで孝明天皇の侍従だった人の子孫がいるのだが、その人によると木戸孝允に毒殺されたらしい。

268 :  :02/12/09 15:13
常識的に考えれば孝明天皇は倒幕派に殺されたんだろう。
長州征伐をかたくなに唱えていたのは孝明天皇だからな。
ただ、明治天皇が長州に用意されたニセの天皇だったという説が
真実かどうかはわからん。いくらなんでも孝明天皇の子供でないのが
皇位をついでまわりの公家が気がつかないはずないし。

269 :   :02/12/09 16:50
常識的に考えて倒幕派が一掃された朝廷で殺される理由ないですよ。
幕府側が邪魔になって殺した可能性もあるけど・・・
そんなことするかなぁ・・・。

270 :日本@名無史さん:02/12/09 17:21
以前、大正天皇時代のの女官で、その母も明治天皇の初期の頃の女官だった女性の、
『聞き書き』を読んだことがあったんだけど、
それによると、孝明天皇は毒殺されたというのは、
お公家出身の女官さんにとっては『常識』に近かったらしい。
で、経口型の毒ではなく(だから、お毒見役は役に立たなかった、と言ってた)
皮膚から吸収するタイプの毒だった、と語ってマスタ。

271 :日本@名無史さん:02/12/09 17:29
>>270

典型的なバカ女中のデマですな

13代の家定が脚気衝心で死んだ時も、水戸斉昭による毒殺のうわさが
流れて、大奥のバカ女中が明治になっても信じて、ひけらかしてますた

272 :壬申戸籍:02/12/09 20:16
271 それで、斉昭は大奥に人気がなかったのかな


273 :日本@名無史さん:02/12/10 00:54
最近、古本で親が入手していた、
明治天皇の晩年に女官だった人の語った本を読んだけど、
確かに、宮中の女官の間では、毒殺ということになってたみたい。
そのせいで、明治天皇は即位前? は、
母のところの物しか口にしなかった、という話になってました。

274 :  :02/12/10 01:07
>>269
倒幕派の岩倉具視の身内が女官で孝明天皇の側付だった。
彼女らなら十分毒を盛れると思うが。
公武合体派で徳川大好きの孝明天皇を慶喜がキティでないかぎり
殺さないだろう。

275 :273:02/12/10 01:46
そういや、その明治天皇の晩年に女官だった人ってのが、
父の死別した前妻が岩倉具視の娘だか姉妹だかだったような。
本が手元にないのではっきりしないんだけど。

実行犯が岩倉具視の妹? だか説ってのはよく聞くけど、
本当だったら、この人、何か知ってそうな、
かえって何も知らされてなさそうな微妙な位置だな……。

276 :日本@名無史さん:02/12/10 16:51
慶喜って実は倒幕派だったりして。水戸だし。

277 :日本@名無史さん:02/12/10 17:15
なんだか「ムー12月号」が出てから明治維新ネタが増えたな。
おいらの知り合いの弁護士も最近、明治天皇替え玉説とか孝明天皇の
家系は倒幕派の陰謀で絶たれたとか力説してたし。
まぁ天皇家はシステムであって血のつながりはさほど重要では無いという
考えもあるから(対外的には万世一系と宣伝しているが)、
それらの陰謀が事実でも天皇家を利用したい連中にはさしたることでは
ないのだろう。

278 :日本@名無史さん:02/12/10 17:22
明治天皇が臨終間際の岩倉に「そなたが本当に父を殺したのか?」と
質問したという話はよく聞くけど、この話の出典ってどこなの?

279 :日本@名無史さん:02/12/10 17:34
>278

ぶざまな自作自演は sage ろよ(w

280 :日本@名無史さん:02/12/10 17:37
>>278
鹿島昇だろ(藁

281 :日本@名無史さん:02/12/14 12:56
「病状が回復しつつあったときの急死のため毒殺の可能性が高い」平凡社・世界大百科事典

282 :日本@名無史さん:02/12/14 14:44
回復しませんよ。当時の医療技術では・・・。

283 :日本@名無史さん:02/12/14 14:51
天然痘はほっといても半分以上は全快するよ>282

284 :成人致死率ほぼ100%:02/12/14 14:53
普通に死にます。最強の伝染病ですな。


285 :日本@名無史さん:02/12/14 14:58
最強の伝染病のエボラ出血熱などと比べると、
天然痘の致死率ははるかに低い。
もちろん死ぬ場合もあるけど、
危険な時期を乗り越え回復期に入ったひとが、
孝明天皇のような奇妙な症状で亡くなることはありえない。

286 :日本@名無史さん:02/12/14 15:08
致死率は二割超えるともう死病。天然痘は抵抗力の差異があるが
普通でも三割は死ぬ。飛沫感染し、発症後1週間程で感染力は倍強。
宿主を殺して他に感染を促進する。

287 :京洛スズメ:02/12/14 17:11
原口清「孝明天皇は毒殺されたか」
(藤原彰他編日本近代史の虚像と実像1 大月書店1990年)

 天皇の病状が好転したというのは明確な根拠を欠くと批判した
上で、死亡時の紫斑点・出血の症状から見て、
「天皇は、紫斑性痘瘡と出血性膿疱性疱瘡の両者をふくめた
出血性痘瘡で死亡した」と主張した。

痘瘡(とうそう)、疱瘡(ほうそう) ややこしおますなぁ
どちらも天然痘や、おへんか

288 :名無しSATURN:02/12/14 18:46
>>248
そのおびただしい流星の出現は、
@しし座流星群(1866年11月から12月にかけて流星が大出現した)
Aふたご座流星群
のどちらか。

289 :日本@名無史さん:02/12/14 18:46
>>287
その聞いたこともない病気はどの程度出血するの?
当時の京都でどの程度蔓延してたの?
帝への感染経路は?
なんで原口は長州人が独裁してた日共系の出版社で吠えてるの?

290 :日本@名無史さん:02/12/14 18:49
質問です。
あの頃、強力な毒ってあったのですか?
あるいは、毒を作る知識ってあったのですか?


291 :日本@名無史さん:02/12/14 18:51
石見銀山が有名だよ>>290

292 :日本@名無史さん:02/12/14 23:17
明治維新が毒殺陰謀だった事実がばれると、一番困るのはサヨク。

293 :日本@名無史さん:02/12/14 23:27
>>292
困るのは右よりの方々だろ。
とくに平泉澄の「皇国史観」系の方々。
もうすこし日本語を勉強しましょうね、西都くん(w

294 :京洛スズメ:02/12/15 01:04
 戦後に孝明天皇の死因についての論争に火をつけたのが
ねずまさし のようだ「歴史学研究」(173号1954年)誌上で毒殺説。
伊良子光孝 1975年典医の曾祖父光順(みつおさ)の日記とメモにもとずく
      毒殺説を発表。
      石井孝・田中彰らがこれに同意を示す

石井孝と原口清の「歴史学研究月報」での論争
石井は「胃腸型急性砒素中毒」つまり毒殺説を主張


295 :日本@名無史さん:02/12/15 16:51
典医って自分の責任じゃないってことで毒殺説捏造しそうだよね。

296 :京洛スズメ:02/12/15 19:15
>288
 孝明天皇崩御前夜の雰囲気ということで、
ある高名な作家の作品を引用しました。
流星群についてはそんなことがあつたのかどうか心配でしたが、
事実だつたんですねえ。 ありがとうございました。

 文章が拙いのは、これはもう、あまりに脚色をくわえた
私の責任で・・・

297 :日本@名無史さん:02/12/17 13:31
そんなんがあったんならって仮定では?

298 :日本@名無史さん:02/12/30 02:55
age

299 :京洛スズメ :02/12/31 13:16
堀河紀子日記
孝明天皇死去のことを詳しく書いた日記。
天皇毒殺を明示することが書いてある。ーーという人もいた?!
しかし、その日記は行方不明だということだ。
(南條範夫説とおなじーー笑)
第一その頃は、紀子ちゃんは、御所にはいなかった筈だ。
本当に日記が存在するなら、古書店から偶然、なんてことに
ならないよなぁ

300 :日本@名無史さん:02/12/31 16:51
偽書捏造の類だな・・・

301 :日本@名無史さん:02/12/31 17:01
>300必要のないつまらないコメントでは

302 :   :02/12/31 20:45
孝明帝って「おから」が好きだったとか、京都所司代が帝が日頃飲んでいる酒を味見
して、あまりの質の悪さにびっくりして恐縮したと云われているが、天子といわれ
雲の上の存在だったにもかかわらず、そのような生活を強いた幕府は倒されても、
仕方ない。



303 :日本@名無史さん:02/12/31 22:09
>天子といわれ雲の上の存在だったにもかかわらず
それは明治以降のこと。
もともと京都人にとって天皇はただの隣の貧乏人だった。
過去の遺物である天皇なんてこの程度の扱いで十分。
ひっそりと生活していた天皇を神に祭り上げ、
政治の小道具として悪用した明治政府の方が天皇を貶めてる。

304 :   :03/01/01 02:49
>>303
>もともと京都人にとって天皇はただの隣の貧乏人だった。
そんなこと京都人が聞いたら怒るぞ、なぜ京都人が今でも気位が高いかわかる。
それは天皇がいたからじゃないかな、京は千年の都、王城の地だったいう自覚から
だと思うよ、江戸時代あれだけ栄え天下の台所と云われた大阪を「下の下司」と卑し
んだのはそういう京都人の自負から来てるんだよ、京都人は皆五位の位だとという
言葉は、京都の人の気持ちというか天皇への思いをよく表している。

>ひっそりと生活していた天皇を神に祭り上げ
天皇から官位を貰ってる将軍家こそ天皇を天子として神に祭り上げひっそりと生活
するような待遇を強いたんじゃないか。




305 :日本@名無史さん:03/01/01 11:34
将軍を任命するしゃれになんないくらい重要度のVIPだぞ・・・
幕府の正当性は、天皇の認可儀礼がなければ存在意味すらない。
忠臣蔵で有名な浅野は勅旨接待で不祥事だったから即日切腹。
それくらい重い。


306 :日本@名無史さん:03/01/01 14:13
昨年末の放送 壬生義士伝では、浅田次郎はしっかりといわせてますね
薩摩藩が公家の岩倉とくんで孝明天皇をを毒殺したと。。。
歴史をまじめに知ろうとすると、どうしてもここはおかしい、真実はどうなんだろう
という大きな疑問がいくつか出てきますが、私にとっては孝明天皇の死はそのひとつ
他には源頼朝(源氏)は北条家の謀殺によって滅びたなんてのがありますね

307 :日本@名無史さん:03/01/01 15:02
毒殺はなんか理に合わないんだよね。バレたらヤバいやん。
それ理由につぶせたりしそうだし。

308 :日本@名無史さん:03/01/01 18:17
だから、明治維新は「革命」ではない。
薩長の私怨と権力欲に基づく「陰謀」である。
そこには、新国家樹立の理念はなかった。
だからこそ、薩長陰謀集団は
「天皇を神格化して正当性を主張」する以外
手はなかったのだ。

309 :日本@名無史さん:03/01/04 16:34
いや。どちらかというと幕府方が負けたことの理由に天皇があっちに
いたからって理由付けした感じのほうが大きいような・・・。

幕府の失政無能っぷりに有志が立ち上がって、藩を超えて有為専制による
近代化ってのが正しい。事実藩とか潰してるものなぁ・・・。藩どころか
武士という特権すらなくしたってことは大いに評価できる。
天皇制にしても神祇官とかあっさりなくしてるし。

310 :日本@名無史さん:03/01/04 16:43
側近の関と、お友達の中川と山崎くんに殺されました。

311 :日本@名無史さん:03/01/04 16:44
典医の投薬ミスって可能性が高いな

312 :日本@名無史さん:03/01/04 16:50
>>311

>>典医の投薬ミスって可能性が高いな

いいとこつくね。稲葉くん。
バクチ好きの公家のメガネっ子の娘がカウンセラーをやってます。

313 :日本@名無史さん:03/01/04 17:28
>>典医の投薬ミスって可能性が高いな

>>いいとこつくね。稲葉くん。
>>バクチ好きの公家のメガネっ子の娘がカウンセラーをやってます。

薬より、精神的にプレッシャーをかけてるなぁ・・・・。

314 :砒素水銀その他:03/01/04 17:40
漢方医って毒を処方しているようなもの・・・投薬しだいで
人って簡単に死にます。最近話題になったけど中華系って毒を
本当に飲ませるからね。蘭方医がもっと力があればよかったのだが。

315 :日本@名無史さん:03/01/04 17:52
黒船に過剰反応した公明天皇、シャイな内弁慶なんだよ。

そして甘い。

316 :日本@名無史さん:03/01/05 17:01
孔明違いだな

317 :日本@名無史さん:03/01/05 17:14
高名ちがいだな

318 :池田大作:03/01/05 18:12

朕は公明帝なり

319 :政教分離:03/01/09 15:42

   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ミ
  /   ,――――-ミ
 /  /  /   \ |
 |  /   ,(・) (・) |
  (6       つ  |
  |      ___  |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |      /__/ /  < ダメじゃねーかよ!!
/|         /\   \__________


320 :山崎渉:03/01/11 16:47
(^^)

321 :日本@名無史さん:03/01/12 13:15
暗殺の可能性を問うなら、時期を考える必要がある。
将軍家茂大阪城での病死後であることに注意すべき。
孝明帝は慶喜を毛嫌いしていた。
(洋式軍装が虫が好かなかった、騒乱浪士の本場の水戸出身だった)
家茂に対するような信任を慶喜の幕府に与えるとは思えない。
むしろ将軍継承にすら反対した可能性が高い。
現に当時江戸では慶喜以外の将軍擁立の動きがあった。
この江戸での動きと京都での孝明帝の動きが連動すると慶喜は政権を失う。
(孝明帝は幕府の存在は永久不変と信じていたが、
 反面、朝廷の政治への干渉にも積極的だった。)
もしこの時点で暗殺を実行するとしたら、慶喜側の犯行ではないのか?
孝明帝崩御は後の視点から見ると薩長勝利の決定的な要素の一つだったが、
当時の薩長側にとっては、実行しても今ひとつ利点が見えない不確実な賭けだった。
むしろ慶喜嫌いの孝明帝を利用したほうが確実だったと思う。

322 :日本@名無史さん:03/01/15 15:55
慶喜が真犯人だな。

323 :山崎渉:03/01/16 08:44
(^^)

324 :日本@名無史さん:03/01/16 17:34
病死だということだ。実際に天然痘だったという証言もある。

325 :日本@名無史さん:03/01/16 18:09

幕府は将軍の代替わりに際し
それが日本の統治権をもつ主権者であることを
外国側に示さねばならなず
外国側は、公使団の公式謁見セレモニーで
兵庫開港の確約を求めていた。。
その最大のネックが孝明天皇の存在。
「大丈夫です。兵庫は確実に開港されます( ̄∀ ̄*)ニヤり☆」
となぜか自信満々だったのが小栗。

幕府が怪しい・・・まで言わんでも、幕府にとっても
タイミングが良すぎる死であったのは確か。

326 :日本@名無史さん:03/01/16 18:44
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

http://www5b.biglobe.ne.jp/~ryo-kyo/osu.html

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

327 :日本@名無史さん:03/01/16 19:09
おまいら馬鹿だな
孝明天皇は暗殺だよ
実行犯は確定できないが指図した奴は高い確率で奴だよ
動機は孝明天皇が極度の夷荻嫌いで攘夷説を曲げなかったからだ

328 :日本@名無史さん:03/01/16 19:16
>実際に天然痘だったという証言もある。
だからそれはみんな知ってるって(w


329 :日本@名無史さん:03/01/16 19:19
幕府にとっても都合のいい死なので
佐幕派が犯人とも考えられる。

勅許とかでなくて蟄居させられた幕臣とか
本当にいるものなぁ。

330 :日本@名無史さん:03/01/16 19:29
誰が一番儲かったか考えて見ろよ。
薩長率いる明治新政府だろ?
その薩長の装備を整えた奴。恭順する徳川を飽くまで武力倒幕させようとした人物。
平和倒幕を唱えた坂本の暗殺指令したあいつ。命令に反して江戸無血開城をやった西郷を左遷した野郎。
藩の城に行くと島津久光が自ら出迎えた明治維新時30才前のあの人にきまってるでしょう

331 :日本@名無史さん:03/01/16 19:45
>>327-
アフォな奴の粘着はスゴイわの。捏造しないと気がすまんのかw
まあ空想歴史小説の類じゃな。

332 :日本@名無史さん:03/01/16 20:21
孝明天皇が生きていれば
西郷は、兵庫開港問題で幕府側を
さらに窮地追い詰めることができた。




333 :日本@名無史さん:03/01/17 02:27
自殺だよ自殺
しらねーのかよボンクラどもが

334 :日本@名無史さん:03/01/17 02:38
>>253
 筆に毒を塗ったは有名な話ですね。
舐める癖というか私の聞いたのは新しい筆先を噛んでやわらかくする時に
毒殺されたと。。。。真相はどこに。

335 :祐筆歌書き:03/01/17 15:47
当時の天皇は直に筆持ったりしないんだけど・・・上皇とか法皇になると
絵画とか和歌で揮毫して売ったりする。

336 :日本@名無史さん:03/01/17 22:14
>>334
その説の駄目駄目なとこは普通病人が筆など取らないと言うことだな。

337 :日本@名無史さん:03/01/17 22:23
天然痘ってさ原始的な生物兵器として使われてなかったけ。
確か感染者が使ってた衣類などからでもうつるから、
「天然痘に感染させる」という暗殺方法もありだよなあ。
まわりくどいし、実行犯も危険ではあるけれど。

338 :日本@名無史さん:03/01/18 12:25
天然痘は最強の生物兵器だよ。ロシアや米国などの一部の研究所にしか
現在はないはずだけど・・・破棄せよって意見も多い。

339 :日本@名無史さん:03/01/31 00:54


340 :日本@名無史さん:03/02/01 15:34
VIPが死ぬと陰謀説が出るものらしい。
あんまりはまるとオウムみたいになるので注意な。

341 :日本@名無史さん:03/02/01 19:32
いかにも岩倉は人を殺しそうな顔だ。


342 :日本@名無史さん:03/02/01 19:39
科学的には発掘調査をすれば簡単に結論がでる問題なのに、
その調査ができないような体制を薩長がつくり今日に至ってる。
状況証拠を総合すると、毒殺と考えて間違いない。
毒殺説を否定したければ発掘調査をすればいい。

343 :日本@名無史さん:03/02/02 13:31
火葬だろ

344 :日本@名無史さん :03/02/02 14:35
土葬。
発掘調査ができないことぐらい知らないのか

345 :日本@名無史さん:03/02/02 14:44
ナポレオンの墓は子孫が同意したんだろうけど、
発掘調査されたしなあ。
宮内庁は日本史研究のガンだ。
天皇実録といい日記封印といい、
遺族でもなく本来関係ない連中がしゃしゃりでている。
清朝までなら中国の方がよほどオープンだ。

346 :日本@名無史さん:03/02/02 19:57
>341
顔で判断するのなら、孝明天皇も負けてはいない(^o^)

347 :日本@名無史さん:03/02/09 17:38
本当は火葬だったんだぜ。仏教っぽい人だから。


348 :日本@名無史さん:03/02/09 17:42
天然痘発症した人間を火葬しないってことはないだろう。
天皇の神聖化もまだ先の話。

349 :日本@名無史さん:03/02/09 18:00
ブン!!

350 :日本@名無史さん:03/02/09 18:14
孝明帝は落下する断熱材にぶち当たって亡くなりますた、
NASAは否定してますがこれが真実です。

351 :日本@名無史さん:03/02/09 22:14
ブン

352 :日本@名無史さん:03/02/12 16:13
断熱材ってむっちゃ軽いんだけど・・・

353 :日本@名無史さん:03/02/13 07:58
ブン


354 :日本@名無史さん:03/02/13 11:09
孝明帝は自然死です。
この国はグッドタイミングな不幸が訪れたりします。

355 :日本@名無史さん:03/02/14 14:44
慶喜にとってえらく都合のいい死ですが、それはあくまで結果論です。
開港に拒否権を発動するような存在がいなくなって好都合だって
のは原因ではありません。

356 :日本@名無史さん:03/02/14 15:39
実は孝明天皇毒殺説を世間に流布させたのは慶喜なんだよね〜。

大正になっても、慶喜は招待先で出された食事に、一切手をつけようとしなかったけど、
そのたびにその理由を尋ねられると、慶喜の従者が非礼をわびながら、
「公は先帝(孝明天皇)が毒を盛られた、といまだに信じておりまして・・・」と
そのつど弁解させていた話は有名。

357 :日本@名無史さん:03/02/14 15:45
>>356
それが事実なら、慶喜は被害妄想だったとしか思えん。
幕府が倒れてすぐの頃ならまだしも、大正にもなって彼に毒を盛ろう
と思う人間がいるとは考えられない。

358 :356:03/02/14 16:10
>>357
薩長閥への「あてつけ」だよ。
こんな事言っているくせに、大好物のべったら漬けが出されると未練たらたら。
それを承知の上で、招待した主が「では、私がお毒見を・・・」と言って慶喜の前で
食べると、慶喜は従者に頼んで「お土産」にさせているんだから、もう(藁

359 :日本@名無史さん:03/02/15 00:57
もう(藁

360 :日本@名無史さん:03/03/09 12:03
孝明天皇は倒幕派に殺されたのですか?


361 :日本@名無史さん:03/03/09 15:12
一橋卿だよ。自分がやったもんだからビクビク。

362 :日本@名無史さん:03/03/12 00:20
謎は深まるばかり・・

363 :日本@名無史さん:03/03/14 15:10
天然痘で毒殺もなにもないような
気もするが。

364 :日本@名無史さん:03/03/15 15:23
北朝鮮に拉致されたらしいね。


365 :日本@名無史さん:03/03/15 17:08
拉致被害者名簿にのってないぞ。もしや見捨てられた!?

366 :日本@名無史さん:03/03/16 01:52
そして、じょんいるのご先祖サマになりますた。

367 :日本@名無史さん:03/03/16 18:45
井伊直弼に似てなくもない

368 :衣笠王:03/03/16 22:00
殺されていないのでは!
殺すにはそれなりの理由があると思うのですが
そこのところが私はよくわかりません。
孝明天皇が長生きしていたら
世の中はどうなっていたのでしょうか?
維新は?

369 :日本@名無史さん:03/03/16 22:41
餓死

370 :日本@名無史さん:03/03/18 14:38
慶喜にな。

371 :日本@名無史さん:03/03/21 14:40
慶喜にそんな勇気はありません。

372 :日本@名無史さん:03/03/21 15:47
慶喜が使った連中はみんな死んでるよ。口封じの意味もあるんだろうな。
呪われた陰謀の一族である一橋だし。

373 :日本@名無史さん:03/03/21 20:41
リストラ

374 :日本@名無史さん:03/03/22 01:02
毒殺否定派がもみ消し工作に必死なのが笑えるw


375 :日本@名無史さん:03/03/22 01:04
そうね w

376 :日本@名無史さん:03/03/22 01:05
天皇殺しの長州人w

377 :伊藤博文:03/03/22 01:06
僕じゃないよ。藁

378 :日本@名無史さん:03/03/23 02:48
「朕は孝明帝である」
「ネ天皇Uzeeeee!!」


379 :日本@名無史さん:03/03/23 14:52
天然痘を毒殺にするのは・・・いくらなんでも
無理があると思うのだが、陰謀史観に染まるような人間は、
そういうのが好きなのだろうな。オウム真理教みたいだ。

380 :日本@名無史さん:03/03/24 10:37
ほんとうに死因が天然痘なら、周囲にも死人がいるはずなのでは?
考えられる感染源は?



381 :山村貞子:03/03/25 19:34
>>380
呪いのビデオテープ

382 :日本@名無史さん:03/03/25 19:42
天然痘と梅毒とコレラは
暗殺と同義語です。

383 :日本@名無史さん:03/03/26 15:17
っていうか周囲から天然痘が流行って帝が発病した。
疫病大流行ですな。直前に侍従が隔離されてた。

384 :日本@名無史さん:03/03/27 19:41
まだ生きてます。こないだ見ました。




385 :日本@名無史さん:03/03/27 21:28
実は容保ですた。ばれないかビクビク。




386 :日本@名無史さん:03/03/27 23:17
孝明天皇を幕府側が殺してその罪を着せようとしたんじゃないかな。
慶喜がいかにもやりそうなやり方。実行犯は松平かも・・・。


387 :日本@名無史さん:03/03/28 13:21
天然痘だっていうのに。当時はどうしようもないっての。成人で罹病して回復す
るわけないじゃん。

388 :日本@名無史さん:03/03/29 16:14

北朝鮮に拉致されたらしいね。




389 :日本@名無史さん:03/03/29 16:57
天然痘は最凶

390 :日本@名無史さん:03/03/29 19:40
ゴミ天皇のことなんて、オゾンホールが拡大しつつあることに比べたら屁以下

391 :日本@名無史さん:03/03/29 21:41
漏れがころすた。

392 :日本@名無史さん:03/03/30 22:14
テンコロは氏ね!!

393 :日本@名無史さん:03/04/01 01:56
もともと京都人にとって天皇はただの隣の貧乏人だった。


394 :日本@名無史さん:03/04/01 17:51
篠原潤一郎 『修羅の武士道』 祥伝社文庫
桜田門外の変で藩主を暗殺された彦根藩士の水戸藩主徳川斉昭暗殺を描く。主役は「彦根の西郷」と呼ばれた彦根藩士小西鉄蔵。



395 :日本@名無史さん:03/04/04 10:47
確かルイ15世も天然痘で死んだのだが、最初周囲の人間は天然痘だと聞いて、
それなら少し安静にしていれば大丈夫と胸をなでおろしたと言う話もある。
もし天然痘がそんなに恐い病気なら、周りはパニックになっていたはず。

396 :日本@名無史さん:03/04/04 16:28
ラテンアメリカでは、原生人絶滅近くいったが・・・・

397 :日本@名無史さん:03/04/05 23:16
北朝鮮に拉致されたらしいね。


398 :日本@名無史さん:03/04/06 15:36
そんな国存在しない

399 :日本@名無史さん:03/04/08 00:01
総力特集 天皇と忍び――聖と闇の血脈
明治大帝と家康を結ぶ驚愕の真実! 怨霊が作った日本史を暴く!!


400 :山崎渉:03/04/17 14:30
(^^)

401 :日本@名無史さん:03/04/19 17:53
拉致被害者名簿にのってないぞ。もしや見捨てられた!?




402 :日本@名無史さん:03/04/19 17:57
孝明天皇→明治天皇→大正天皇→三笠宮崇仁親王→高円宮憲仁親王→高円宮承子女王

ちゃんと孝明天皇の血を引いていると思うが?

403 :日本@名無史さん:03/04/19 19:10
>>402
だれにレスしたの?

404 :山崎渉:03/04/20 01:48
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

405 :日本@名無史さん:03/04/26 02:18
今で言うなら誰だ!?ヤスかツネかノナカかコイズミか。

きゃつらが”ほぼ同時期に”死んだようなもんだろ。
例えそれが”流行病”でだとしてもだ。

いま、それと”同じ状況”を渇望する人たちがどれだけいることだろう・・・

406 :日本@名無史さん:03/04/26 02:31
人生の成功において必要なことは、学歴でも地位でもありません。
知恵と勇気と冒険心です。
果敢に未知なる世界に挑戦し続ける事です。

http://www.h2.dion.ne.jp/~achooooo/index.html


407 :やまも:03/04/27 12:44
孝明天皇  1831ー1866
称号 煕宮  御名 統仁
父 仁孝天皇【恵仁】母 新待賢門院【正親町雅子】
立太子 1840年 即位 1846年
配偶者 英照皇太后
側室  従1位典侍 中山慶子 子明治天皇
       典侍 坊城伸子 子皇子
       典侍 堀川紀子 子寿万宮・理宮
和宮の兄。孝明天皇は皇女寿万宮を和宮の代理で嫁がせる、考えを持っていたらしい。
       
    


408 :日本@名無史さん:03/04/28 11:39
岩倉具視説に1票。

409 :日本@名無史さん:03/05/15 19:58


410 :山崎渉:03/05/22 03:20
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

411 :山崎渉:03/05/28 11:29
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

412 :真相はこうだ:03/06/08 03:22
孝明天皇殺害は、岩倉具視、吉田松陰が企画して伊藤俊輔(博文)が実行した。
伊藤博文は殺しのプロ。
さらに孝明天皇の息子、睦仁も践そ後7月8日(1867年)に毒殺。
伊藤と幼なじみの大室寅之介が睦仁に成りすまし、明治天皇となった。

こうして明治天皇をパペット(人形)とし、殺人鬼伊藤博文を総理大臣とする明治政府が発足した。


413 :真相はこうだ:03/06/08 03:27
大室寅之祐のすり替わり事件は「中山日記」に”寄(奇)兵隊天皇”として記述がある。



414 :日本@名無史さん:03/06/08 09:21
孝明天皇が毒殺?まだそんなウソを信じている香具師がいるのかよ?

415 :日本@名無史さん:03/06/18 21:55
いるよ!      

416 :暗殺の証拠1:03/06/18 23:58
南條範夫氏は「おもしろ日本史探訪」(廣済堂文庫)(p200)の「孝明帝暗殺
説」の章で孝明帝は暗殺されたと書いている。南條氏の母方の祖父、土肥一十
郎は春耕と号し、幕末の頃、長崎で蘭医学外科を学んで京都松原で医者を開業
していた。もっぱら公卿一般を相手にし、町人は診なかったらしい。その春耕
の書き残した日記を南條氏は中学の頃見つけ、父に読んでもらったが、孝明帝
の条に至って父が顔色を変え「これは大変なことだ、誰にもこんなことを話し
てはいけないよ」と念を押し、読むのを止めてしまった。その後、日記は火災
に遭い消失してしまったが、はっきりと記憶に残っているという。以下がその
内容。

---------------------引用始め-----------------------
 内容の細かい点はもちろん、覚え違いもあろうが、大体の筋途は間違いなく
、はっきり頭に残っているつもりである。それによれば慶応二年(一八六六)
十二月某日夜半過ぎ(この年月は父の誕生と同年同月であり、その手記を読み
ながら、父がそう言ったので、その時の父の口調まで記憶にある)祖父春耕は
突然、激しく門戸を叩く音に夢を破られた。家人が出てみると、閑院宮家から
の急使でただちに伺候せよとのことである。
 何らかの椿事によって負傷者の生じたものと考えた春耕は、所要の器具を用
意し、慌ただしく迎えの駕籠に乗った。ところが、意外にも駕籠の行く方向が
、いつもと違っているようなので、小さい覗き口の垂れを上げて外を見ようと
すると、外部からしっかりと閉めつけられている。駕籠ぎわについて小走りに
ついてくる者に不審を尋しても何の返事もない。(中略)
(つづく)

417 :暗殺の証拠2:03/06/18 23:59
(つづき)
 駕籠はやがてどこかの門内に入ると見えて地上に下ろされると、思いのほか
壮大な玄関である。そこに待ち受けていたのが、宮家において数回顔を合わせ
たことのある公卿の一人であったので、春耕はホッと一安心した。
 しかし、その公卿は春耕に一言の質問も許さず、手をとるごとくにして長い
廊下を導いていった。いくたびか廊下を曲がるうち、それが御所であることを
知って愕然とした時、春耕は広い座敷の奥の小室に導き入れられた。見ると座
敷の中が五寸程高くなっており、そこには寝具が敷かれ、四十にはまだ若干足
りないと思われる総髪の貴人が横臥していた。その周りに五、六人の人が立ち
騒いでおり、かたわらに、熟知の同業者が顔面蒼白となって座している。
 医師としての職業本能から物問う間もなく、横臥する人のかたわらににじり
寄ってみると、白羽二重の寝衣や、敷蒲団はもちろんのこと、半ばはねのけら
れた掛蒲団に至るまで、赤黒い血汐にべっとり染まっている。横臥している人
は脇腹を鋭い刃物で深く刺され、もはや手の下しようもないほど、はなはだし
い出血に衰弱しきって、ただ最後の呻きを力弱くつづけているに過ぎない。
 春耕は仔細に調べた上、絶望の合図をした。
 絶対に口外を禁止された上、再び駕籠に厳しく閉じ込められて自宅に戻され
た。春耕が手記を認めたのはその直後であるらしい。はなはだ興奮した筆跡で
、はっきりと上記貴人を「お上」と断定している。
---------------------引用終り-----------------------

418 :日本@名無史さん:03/06/18 23:59
てか孝明天皇の天然痘は快方に向かってたんだよね。
つまり病原菌に対する免疫ができて、皆が安心し始めたら、そこで突然死んだ。
絶対変だろ。

419 :日本@名無史さん:03/06/19 10:17
終戦後になって、京都市に保存されていた資料の中に、当時祈祷師として多くの信者を
もっていた日蓮宗の僧侶の日記が発見された。
それによると、天皇が急病だというので、あわてて御所にかけつけた時、天皇の顔には
紫の斑点があらわれて虫の息だったという。
これを信じるとすれば、槍による暗殺ではなく、病死か毒殺かになる。
病死説・・・一見回復するように見えた病気(痘瘡 ?)が、実際はそれほど回復していなかった。
毒殺説・・・症状から見て、砒素による毒殺。   真相は如何に?

420 :15番目:03/06/19 14:11
「伊藤博文罪悪十五箇条」安重根

1)韓国閔皇后弑殺の罪
2)韓国皇帝廃位の罪
3)勒定五条約(乙巳保護条約)と七条約(第三次日韓協約)の罪
4)無辜の韓人虐殺の罪
5)政権勒奪の罪
6)鉄道、鉱山と山林川沢川勒奪の罪
7)第一銀行券紙幣勒用の罪
8)軍隊解散の罪
9)教育妨害の罪
10)韓人外国遊学禁止の罪
11)教科書押収焼火の罪
12)韓人欲して日本保護を受くと云々して世界を誣罔するの罪
13)現在、日韓間に競争やまず、殺戮絶えず、韓国太平無事の様を以て、上天皇を欺くの罪
14)東洋平和破壊の罪
15)日本天皇陛下の父たる太上皇帝(孝明天皇)弑殺の罪


421 :日本@名無史さん:03/06/21 18:58
龍馬も林宇一が殺して龍馬が1867年に作った三種の神器をかっぱらって
慶喜追討の道筋つけたのも伊藤では??

422 :日本@名無史さん:03/06/21 19:09
伊藤と幼なじみの大室寅之介が睦仁に成りすまし、明治天皇となった。
>>
鳥羽伏見まで長州犯は朝敵だって。
1868年1月10日早朝、大阪からの使者(つまり慶喜が船に乗って大阪から
脱出)の連絡を受けた中山慶子が流産したから替え玉睦仁が(替え玉でも北朝の
体制派天皇)荷物まとめて岩倉たち倒幕派が鬼門として恐れた比叡山方面の某寺に向かう。
(睦仁はそこで僧として維新後も生き延びた)
1月10日の昼頃、大室寅之祐が御所に入る。(寅之祐の誕生日だ)
1月15日に大室寅之祐が新明治天皇として即位。そこから先は通史どおり。

423 :日本@名無史さん:03/06/21 23:35
鹿島教徒が蠢いているスレはここですか?


424 :日本@名無史さん:03/06/23 14:21
ま、暗殺を認めたくない勤皇の志はお察しするが

病死説の根拠が「暗殺されたソースを出せ」w みたいになってる。
ってのが痛すぎ。

状況から見れば暗殺だ。墓掘り返して骨しらべればわかる。
それが出来ない事をわかっててソース出せとは之如何に。

暗殺なんだよ暗殺。え?病死!?だったら病死のソース出してみろw

425 :日本@名無史さん:03/06/23 16:22
暗殺の是非はともかく明治天皇すり替えについてはねえ。

426 :日本@名無史さん:03/06/23 19:18
幕府が京都を掌握している状況下で岩倉や長州、薩摩だけの手で暗殺は難しいだろうし、
幕府方が殺ったとはいわないが、幕府方にもこれを支持、幇助したものがいなければできないだろう。
暗殺是認者は認めたくないだろうが。



427 :日本@名無史さん:03/06/23 21:23
こりゃあ一大事だ。

どーやら伊藤博文ってのは忠臣どころか大逆臣で
しかも天下の極悪人だぞ。
安重根よくやった。って言えるわきゃねーだろっ!!

日本人として複雑だぞ歴史は奥が深い。こりゃあ一大事だw

30年後くらいには伊藤博文大逆臣説が定説になっとるな絶対。

428 :日本@名無史さん:03/06/23 21:29
天皇を殺した功績で伊藤と岩倉はお札のカオになれたんだよ

429 :日本@名無史さん:03/06/23 21:39
>暗殺なんだよ暗殺。え?病死!?だったら病死のソース出してみろw
なに必死になってんだよ。なにか弱みでもあるのか?w

430 :日本@名無史さん:03/06/23 21:42
>>429
ソース出してみろw


だってさ、どうなの?

431 :日本@名無史さん:03/06/23 21:44
困ったことに東京【明治天皇】が孝明天皇の実子である証拠はどこにもないのでつ

432 :日本@名無史さん:03/06/23 21:47
伊藤や岩倉の名を挙げる暗殺是認者は幕府方の関与の可能性は否定したいらしいが。

433 :日本@名無史さん:03/06/23 21:51
幕府の警戒の目を盗んでどうやって謹慎中の岩倉や伊藤が陰謀を成し遂げたのかを小説にすれば面白いかも。
井沢的な面白さだが。


434 :日本@名無史さん:03/06/23 21:59
>>433
実行に困難がともなうだけではなくて、孝明天皇を殺した結果が
岩倉や薩長に有利にはたらくとはかぎらない点でも暗殺説は弱いな。
中川宮・二条摂政・将軍慶喜は相変わらず健在なのだから。
逆に明治天皇を擁した公武合体派が独裁を強化する可能性さえあった。

435 :日本@名無史さん:03/06/23 22:16
岩倉「なぁ、最近あいつ調子にノッテルよな!」

伊藤「だな。なんか違うよな。最初はもっと大人しかったよな」

岩倉「まいっちゃうよなぁ〜、こないだなんかさ「おい、パン買ってこい!」だってよ」

伊藤「うわっ最悪ぅ!」



これがきっかけだった…

436 :日本@名無史さん:03/06/23 22:58
幕府側で怪しいやつがいるとすれば、勝の息のかかった連中だろう。

437 :日本@名無史さん:03/06/23 23:03
岩倉の命令で堀川紀子が毒を盛ったんでつ

438 :京都は幕府の支配下:03/06/23 23:09
幕府方が殺ったか、もしくは岩倉なり伊藤なりの毒殺の企みを幇助でもしなければ暗殺は難しいと思うが。
まあ暗殺説論者は認めたくないだろうけど。


439 :日本@名無史さん:03/06/24 00:09
>京都は幕府の支配下

その理屈で逝くと同時多発テロもアルカイーダだけではできず、米当局者の幇助があったはず

440 :日本@名無史さん:03/06/24 00:26
東京明治天皇はオヤジを殺した岩倉、伊藤を丁重にもてなすなど
史上最高の親不孝もの天皇様?
「不敬の念」とは自分が成し遂げられなかった願望の事でそれなら
教育勅語で臣民に無理やり押し付けるなよ。 w

441 :日本@名無史さん:03/06/24 06:17
幕府方の情報網や監視の目をすり抜けてガードの固い孝明天皇の暗殺はできないだろう。
下級公卿暗殺とはわけが違う。

442 :日本@名無史さん:03/06/24 06:23
桂小五郎と坂本竜馬の会話も気になるな。

桂「都合の悪い天皇は変えればいい。」
坂本「それなら俺が天皇になってやる。」

443 :日本@名無史さん:03/06/24 23:13
>>442
龍馬は今に残る三種の神器(伊勢神宮に保管)を1867年に捏造し作ったからね。
あながち天皇狙っていたかも??


444 :日本@名無史さん:03/06/24 23:22
電波がとびかってるな(w

445 :日本@名無史さん:03/06/24 23:28
>>439
2億人もいる現代のアメリカと、
せいぜい数百人しかいない江戸時代の朝廷を
比較するのは、いくらなんでも無理だろう。


446 :日本@名無史さん:03/06/24 23:29
>>441
激しく同意。

447 :日本@名無史さん:03/06/24 23:40
>>443
それってどこに書いてある話なの?

448 :日本@名無史さん:03/06/24 23:46
>>441
そのガードをすり抜けて暗殺したんじゃないの?

449 :日本@名無史さん:03/06/24 23:50
>>448
だから、どうやって「そのガード」をすり抜けたの?
岩倉たちにそんな力があったとはとても思えないが。

450 :日本@名無史さん:03/06/24 23:54
>>449
どうやってすり抜けたかなんて知らないけど、
暗殺は絶対にありえないと?

451 :日本@名無史さん:03/06/24 23:55
>>450
どうやって暗殺したのか知らないのに「暗殺はあった」と言い張るのか?

452 :日本@名無史さん:03/06/24 23:58
>>451
諸説挙げれば納得するのかな?
どうやって暗殺したのかわかれば大発見だが。

453 :日本@名無史さん:03/06/24 23:59
>>450
どうやってすり抜けたかなんて知らないけど、と言いながら
暗殺は岩倉らが絶対に殺ったと断言するのはもはや霊感商法の論理では?




454 :日本@名無史さん:03/06/25 00:02
>>453
激しく同意。

455 :日本@名無史さん:03/06/25 00:10
「暗殺はなかった」と言い張るのも霊感商法の論理

456 :日本@名無史さん:03/06/25 00:10
>>453
絶対に暗殺だったなんて断言してないが?

457 :日本@名無史さん:03/06/25 00:12
>>452
わかればの話だがな。

458 :日本@名無史さん:03/06/25 00:12
「暗殺はあったかどうか疑わしい」というのが落としどころなんじゃねえの?

459 :日本@名無史さん:03/06/25 00:27
てか、暗殺の有無なんて、検死をやり直せば分かるだろ今の科学なら
さらに検死を言い出した時に誰が一番強硬に反対するかで犯人の目星も付く

460 :日本@名無史さん:03/06/25 00:28
いちばん強硬に反対するのは宮内庁だろうけど・・・


461 :日本@名無史さん:03/06/25 00:30
尊皇派の人達じゃない?

462 :日本@名無史さん:03/06/25 00:31
>>461
いまどきそんなヤツはいねえよ

463 :日本@名無史さん:03/06/25 00:32
暗殺説の弱点は動機のあるヤツが見当たらないところだな

464 :日本@名無史さん:03/06/25 00:33
>>462
尊皇派の支持者はいるよ。

465 :日本@名無史さん:03/06/25 00:34
早く天皇陵を発掘させてくれればいいのに。
陵墓の名前もでたらめなようだし。

466 :日本@名無史さん:03/06/25 01:12
兵庫開港問題は、動機にならないのかな? つーか、「ケダモノども(外国人)を
京都へ絶対に入れるな!」という孝明天皇なんてどう考えたって邪魔。
この考えを180度転換するかアボーンされるしかないじゃないか(w
あの攘夷の象徴とも言える水戸斉昭でさえ、いざ黒船が来たときに打ち払えなんて
言わなかった。それが大人と言うもんだ。それを外人はどうしてもイヤだなんて、
ガキじゃねえんだよ。こんな奴が日本のトップなんて情けないったりゃありゃし
ないと、薩摩も長州も、また幕府の首脳もうすうす感づいてたんだろう。
孝明天皇の死後、兵庫開港でもめたとき、慶喜が「貴方がたのように古事記や日本
書紀から抜け出てないような考えでは当世間に合わない」と開港反対の公家連中
を一括したけど、これって、まさに孝明天皇へのあてづけじゃないの?(w

467 :日本@名無史さん:03/06/25 01:15
>>466
何が言いたいの?

468 :日本@名無史さん:03/06/25 01:21
>>467
動機なら、薩摩にも長州にも幕府にもあるってこと。
殺したかどうかは知らんよ。

469 :日本@名無史さん:03/06/25 01:59
昭和天皇は戦争に強行に反対したら私は殺されていただろうと言ったらしいが、
何故天皇ほどの人物が殺される心配をするのか不思議だったのだが、たぶん過去
の歴史を知っていたのだと思う。

470 :日本@名無史さん:03/06/25 19:41
「殺された」まで言ったのかな?「廃位されていたかもしれない」とは言ったらしいが。
殺害と廃位とでは危機感が違うよな。そのへんどうなんだろう?

471 :日本@名無史さん:03/06/25 20:21
>>469.470
昭和天皇は、以下のことをのたまっていますが、まともな神経を
持ち合わせた人の発言でしょうか?

1.「私が若し開戦の決定に対して「ベトー」をしたとしよう。
   国内は必ず大内乱となり、私の信頼する周囲の者は殺され、
   私の生命も保証出来ない。」

2.「若し私が戦争に反対したり、平和の努力をやっていたならば、
   国民は私をきっと精神病院か何かに入れて戦争が終わるまで
   そこに押し込めていたにちがいない。」

1.で自分が開戦の決定をしたことを白状し、2.では国民をまるで信用しておりません。


472 :日本@名無史さん:03/06/25 20:24
>>471
1.も2.も実に正直な述懐だな。おもしろい。
2.については大正天皇の先例が頭にあったんだろうな。

473 :日本@名無史さん:03/06/25 20:30
宮中の噂では、岩倉の妹の女官が毒を盛ったことになってる。
多分これが真実でしょ。
もし倒幕派に後ろめたいところが無ければ、
孝明天皇の死因を徹底追及してるはず。
伊藤や岩倉が、この問題に関して箝口令をしき、
天皇陵を一切調査できないようにしたのはなぜか?
それは彼らが毒殺魔だから。

474 :日本@名無史さん:03/06/25 20:38
佐幕派のかたいガードをくぐりぬけて一服盛ることができたかどうか、
あやしいもんだな。岩倉の妹が女官をしていたというだけではねえ。

475 :ますたーべーしょん:03/06/25 20:43
エロりんく
http://www.k-514.com/html/erolink.html

476 :日本@名無史さん:03/06/25 21:06
473のような動きがあれば、幕府の情報網に察知されるだろう。
幕府方としても攘夷に拘る天皇が始末される、とわざと見逃したのかもしれないが。


477 :469:03/06/25 21:14
>>471
漏れが聞いたのは1の方の言葉でした。サンクス。

478 :日本@名無史さん:03/06/25 23:37
公武合体派の天皇と将軍が相次いで死んだ。

何かあると思うのが普通。

思わないやつは真実に目を塞ぎたいだけ。


479 :鹿島昇降:03/06/25 23:49
>>478
徳川家茂が死んだのは七月二十日。
孝明天皇が死んだのは十二月二十五日。

5ヶ月も開いているのに、何で相次いで死んだと言えるんだよ。

480 :日本@名無史さん:03/06/26 00:12
>検死を言い出した時に誰が一番強硬に反対するかで犯人の目星も付く

>いちばん強硬に反対するのは宮内庁だろうけど・・・

犯人は宮内庁に決定


481 :日本@名無史さん:03/06/26 00:20
>>480
宮内庁が設立されたのは幕末かよ(嘲笑

482 :日本@名無史さん:03/06/26 00:31
幕府側も、孝明死んだから
兵庫開港勅許取れたようなものでしょ。
慶喜タイクンが国際的に承認される為に
兵庫開港の確約が必要だったから
孝明生きてたら行き詰ったろね。
いいタイミングで死んでくれてホントに助かったんだよ。

小栗なんか、絶対に兵庫は開港されます( ̄ー+ ̄)ニヤリッ
妙に自信満々のコメントしてるし
怪しいっちゃ怪しいよ。
何も証拠は無いけどね。



483 :日本@名無史さん:03/06/26 00:55
>>480
宮内庁長官とは幕末では内大臣のことだ。
当時の内大臣といえば…

484 :日本@名無史さん:03/06/26 03:36
藤原時平。

485 :日本@名無史さん:03/06/26 08:39
宮内庁長官が内大臣?比較がまちがってるよソレ。
むしろ武家伝奏のほうが近くないか。

486 :日本@名無史さん:03/06/26 08:46
孝明天皇が死んだときの内大臣は、近衛忠房です。

487 :日本@名無史さん:03/06/26 15:16
孝明天皇の暗殺者が幕府側にいたのなら、明治天皇をうまく取り込むに
決まっているではないか。


488 :日本@名無史さん:03/06/26 16:38
少なくとも孝明天皇の暗殺後にすばやく動いて主導権を握ったのは倒幕派。
まるで、事前にその事が分かっていたかのように・・・


489 :日本@名無史さん:03/06/26 20:07
状況証拠ですらないものをよくまあとくとくと自慢げに語るものだな。

490 :日本@名無史さん:03/06/26 20:39
毒殺じゃない証拠は何かあるの?

491 :日本@名無史さん:03/06/26 20:40
毒殺の証拠はあるの?

492 :日本@名無史さん:03/06/26 20:49
看取った医者が病死じゃないと言ってる。
宮中の女官たちの間では毒殺は常識だった。
アーネスト・サトウも暗殺されたと言ってる。
明治政府はこの問題を最大級のタブーとして扱った。
その結果、単純な検査で毒殺か否かは判明するのに、
いまだ科学的調査が一切なされていない。

・・・状況証拠は限りなく毒殺であることを示唆している。

493 :日本@名無史さん:03/06/26 20:53
ただの憶測。状況証拠ですらない。

494 :日本@名無史さん:03/06/26 21:04
孝明天皇は筋金入りの佐幕派で、慶喜や京都守護職と結びつき、
長州や長州系公家を排斥していた。
そして長州は、この事態を「玉を奪わなければ自藩は滅亡する」と、
最大級の危機感を持って受け止めていた。
長州には佐幕派の天皇を暗殺しなければならない、
せっぱ詰まった動機がある。

495 :日本@名無史さん:03/06/26 21:11
結局、孝明天皇って敵ばかりつくっていた暴君てことだよな。
幕府にも薩長にも暗殺の動機があるんだもんな。

496 :日本@名無史さん:03/06/26 21:14
幕府が手中の玉を殺すわけないだろアフォ

497 :日本@名無史さん:03/06/26 21:17
幕府側の動機についてはガイシュツだと思うが。読んでないだろ?

498 :日本@名無史さん:03/06/26 21:28
孝明天皇の写真見たと思うが、こりゃ〜殺されてもおかしくない顔しとる。

499 :日本@名無史さん:03/06/26 21:29
孝明天皇の写真みたことないなあ。
なんか神経質そうな顔した肖像画ならみたことあるけど。

500 :日本@名無史さん:03/06/26 21:42
500000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

501 :日本@名無史さん:03/06/26 21:43
肖像画は違うけど、写真を見る限り明治天皇に顔は似てるけど(親子だからあたりまえだが)。


502 :日本@名無史さん:03/06/26 21:53
兵庫開港勅許など、孝明帝の死が幕府側に有利に働いた面もあり、
直接孝明帝の死で岩倉や薩長が有利になったわけではない。
その後の政争で朝廷工作をやっていた原市之進や住谷寅之助が殺され、
幕府側は有力な工作を行える人物を失ったのが大きい。


503 :日本@名無史さん:03/06/26 22:11
孝明天皇の写真なんて残ってるの?
あのゴリゴリの攘夷野郎がおいそれと写真なんか撮らせやしないだろう

504 :日本@名無史さん:03/06/26 22:13
たしかに孝明天皇は尊攘派に煽られて攘夷を叫んだこともある。
彼はなによりも国際情勢に関する知識が全くなかったからね。
しかし、幕府と結びつき、現実的な情勢認識を与えられると、
徐々に態度を変化させており、
8.18クーデター以降は、それまでの主張を否定して、
攘夷を慎重にしろとの宸翰まで出してる。

したがって、幕府に動機はない。
幕府と結びついた天皇を最も邪魔に思う連中が殺したんだよ。

505 :日本@名無史さん:03/06/26 22:20
孝明天皇が生きていたら、兵庫開港はできなかっただろうよ。
これだけでも充分動機になるね。

506 :>504:03/06/26 22:21
その割には条約勅許も半ば脅迫して慶喜がもぎ取ったという感じだが?
孝明天皇の幕府への信頼とは
「今は出来ないがいずれは攘夷する」と幕府側の説明を信じてたからにすぎない。


507 :日本@名無史さん:03/06/26 22:27
>>506
幕府もその説明がいつまでも保つものではないことは百も承知だろ。
孝明天皇がロボットに成り下がるのでなければ、いつかは決着をつける必要があった。

508 :日本@名無史さん:03/06/26 22:28
理由は異なるが幕府と薩長がとりあえず同じ結果を望んだこの問題では結託して孝明帝を亡き者にしたというあたりが落としどころだろう。


509 :日本@名無史さん:03/06/26 22:32
>>505
薩摩は、パークスをつついて、条約勅許と兵庫開港を認めるようにしむけ、
逆に公家どもに対しては、条約勅許と兵庫開港を認めるなと働きかけてる。
漏れは、この辺の汚いやり口を知って、薩摩が嫌いになった。
結局、慶喜が反対派の公家を押し切り条約は勅許される。
孝明天皇が生きていても兵庫開港は時間の問題だっただろうね。

510 :日本@名無史さん:03/06/26 22:35
岩倉−大久保−大原重徳−中御門経之
…毒殺魔ライン

511 :日本@名無史さん:03/06/26 22:36
孝明天皇が生きていたら勅許は無理だろう。実際兵庫が開港されたら隠居するとまで言いきっている。

512 :日本@名無史さん:03/06/26 22:39
>>510
大久保はともかくあとは孝明天皇が朝廷から排除したヤツばかりだな

513 :日本@名無史さん:03/06/26 22:40
慶喜−板倉−中川宮−原市之進
…家茂&孝明帝毒殺ライン




514 :日本@名無史さん:03/06/26 22:48
兵庫開港問題はそれほど重要な問題ではないでしょ。
事態は流動的で政治的縫合策はいくらでもある。
この程度の障害で幕府が幕府寄りの天皇を殺すとは考えられない。

むしろ孝明天皇が公武合体派だったことが殺された理由。
「王政復古」は孝明天皇が生きていたら実現不可能だからね。

515 :日本@名無史さん:03/06/26 22:49
家茂も毒殺なのか?陰謀史観花盛りだな(w

516 :日本@名無史さん:03/06/26 22:52
まっ、孝明天皇は自然死でほぼまちがいないだろうけどな。

517 :日本@名無史さん:03/06/26 22:52
孝明天皇が幕府寄りというのも一面的な解釈に過ぎず、
孝明天皇は「攘夷ができるのは幕府しかいない」
という意味で幕府を信頼していた。


518 :日本@名無史さん:03/06/26 22:54
家茂はもともと病弱、孝明天皇は頑健、一緒にはできないな。


519 :日本@名無史さん:03/06/26 22:58
家茂の急死で一番得したのは長州でつ

520 :暗殺説乱舞:03/06/26 23:00
家定は斉昭に毒殺されたわけだし、斉昭は幕府の隠密に暗殺されたわけだし・・・・


521 :日本@名無史さん:03/06/26 23:03
斉昭を始末したのは彦根の忍者でつ

522 :>519:03/06/26 23:03
幕府軍撃退されまくりでしたが?

523 :日本@名無史さん:03/06/26 23:28
陰謀史観で日本史板を荒らすのはもうやめてくれ!

524 :日本@名無史さん:03/06/26 23:30
皇国史観で新しい発想を弾圧されるよりずっとマシ

525 :日本@名無史さん:03/06/26 23:56
>>524
妄想史観は電波お花畑板でやっとくれ。

526 :日本@名無史さん:03/06/26 23:58
基本的に、暗殺説ってだいたい信用できないんだよ。
足利義満もそうだし、孝明天皇もそうだし・・・

527 :日本@名無史さん:03/06/27 00:02
孝明天皇病死説はもっと信用できない。

528 :日本@名無史さん:03/06/27 00:02
きみの脳の中の電波がそう訴えかけるのかね?かわいそうにね・・・

529 :日本@名無史さん:03/06/27 00:31
長州系勤皇派が殺したんだろ。

530 :岡田克彦 ◆0uPXG5trJ2 :03/06/27 04:08
>>529
それはおなたの思い込みぶす(笑)

531 :日本@名無史さん:03/06/28 14:43
孝明天皇は病死です。

532 :日本@名無史さん:03/06/28 15:34
>>531
それはおなたの思い込みぶす(笑)

533 :日本@名無史さん:03/06/28 15:59



534 :日本@名無史さん:03/06/28 16:07
孝明天皇は病死です。

535 :日本@名無史さん:03/06/28 17:07
↑と、毒殺犯の岩倉が言ってまつた

536 :日本@名無史さん:03/06/28 17:18
岩倉が言ったのならまちがいないでしょう

537 :日本@名無史さん:03/06/28 18:07
そうだよね。殺人犯が言っていることは、絶対に正しいもんね。
あの麻原も「私はやってない〜潔白だ〜」って歌ってたもんね。

538 :日本@名無史さん:03/06/28 20:25
孝明天皇の死をふせげなかった藪医者の証言なんか信用できるか?

539 :日本@名無史さん:03/06/29 12:15
>>514

おいおいおい
兵庫開港問題が重要じゃない?
政治的縫合策がいくらでもある?
すげえ説だな。
説明してくれよ。

540 :日本@名無史さん:03/06/29 12:25
薩摩は必死だったね

541 :日本@名無史さん:03/06/29 19:15
小栗が構想していた徳川絶対制国家の実現の為にはやはり孝明天皇は邪魔者だったろう。


542 :日本@名無史さん:03/06/30 01:04
孝明天皇は病死です。


543 :日本@名無史さん:03/06/30 02:46
宮中工作にかけては薩摩や長州よりも慶喜の方が上手。
現に彼は孝明天皇を掌中に丸め込んだ。
幕府と天皇を対立させたがってた香具師の思惑が次々と破綻し、
孝明天皇と一橋が癒着しだしたんだから、
薩長としては孝明天皇を消すしかない罠。

544 :ちよ:03/06/30 02:52
よろよろ〜♪
http://kotarou.free-city.net/page002.html

545 :日本@名無史さん:03/06/30 10:49
徳川慶喜を消すほうがよかったんじゃないの?

546 :日本@名無史さん:03/06/30 16:28
暗殺説には薩長説と幕府説が出てるみたいだが、他にはないのか?
例えば外国説。工作員が密かに京都御所に潜入、孝明天皇の前にいきなり屈強な
ロシア人が現れコザックダンスを披露、強烈な光景を見せられ天皇ショック死、
とか。

547 :日本@名無史さん:03/06/30 16:30
なんだか楽しそうだな。

548 :日本@名無史さん:03/06/30 16:57
ちなみに>>546の光景というのは、こんな感じだったのか。音は。
http://village.infoweb.ne.jp/~fwgc6260/pole.html

549 :日本@名無史さん:03/06/30 17:05
孝明天皇は薩長に殺された

550 :日本@名無史さん:03/06/30 17:10
孝明天皇は自然死

551 :日本@名無史さん:03/06/30 20:31
条約勅許や長州征伐中止で孝明天皇は慶喜に対して徐々に不信を募らせていたのだが。


552 :日本@名無史さん:03/06/30 20:40
振り返ってみれば、むしろ幕府側こそ
もっと早い段階でこの排外バカ消すべきだった罠。
タブーに囚われてそんなこともできなかったから
いくら工具氏追っ払ったところで
結局は幕府への国際的信用削りながら
その場その場の弥縫策の繰り返し。
こいつと幕府の公武合体なんて
対外交渉にあたった幕府の人材どもは
そのアホらしさに辟易してたろ。
もし小栗がこいつ殺ってたとしたら賞賛ものだし
その有害なタブーに囚われない政治的リアリズムに
感激してしまうよ。

553 :日本@名無史さん:03/06/30 21:24
>>552
戊午の密勅が出された時、幕府は孝明天皇が言い出した譲位うんぬんの話を認めて
明治天皇をむりやりにでも即位させておけば、1867年に大政奉還をするような事はなかったと思われ。

554 :日本@名無史さん:03/06/30 22:33
>>553
むしろ、青蓮院宮、近衛、三条、鷹司、大原などの
戊午の密勅に関わった堂上公家を国家反逆罪で全員斬首にし、
京都を軍事制圧しとけばよかったんだよ。

555 :日本@名無史さん:03/06/30 22:39
幕府としたら、孝明天皇を暗殺するくらいなら、岩倉や西郷や大久保を殺すだろ。


556 :日本@名無史さん:03/06/30 23:57
岩倉はともかく西郷や大久保は幕府のアウトオブ眼中。
小物程度にしか見なしていなかったのだろう。


557 :日本@名無史さん:03/07/01 00:01
徳川慶喜は「幕府には西郷や大久保のような人材はいない」と嘆いたんじゃなかったっけ?

558 :慶喜:03/07/01 00:03
最初は見くびっていたのにやられたという口惜しさが後の
長州はいいが薩摩は許せないという信条になったのだろう。


559 :日本@名無史さん:03/07/01 00:53
こんな排外バカが天皇やってた事自体が
公武合体側の最大の矛盾であり弱点ですた。
薩摩はずっと、幕府が必死で糊塗してる
その矛盾あぶり出すことで政権参画狙ってきた。
それなのに孝明が逝って矛盾が消滅したから
公武合体側につけいる隙がなくなった。
薩摩は追い詰められ、せっぱつまったクーデターの暴挙。

孝明殺しが即、王政復古に行きつく訳ではないんだ罠。

560 :日本@名無史さん:03/07/01 02:18
孝明天皇は刺殺された。当時の医者の子息がその手記を見ている。
医者が駆けつけたときはすでに手遅れで、次の間には岩倉の妹が不気味な笑みを浮かべていたという。

561 :>560 :03/07/01 06:23
岩倉の妹はこの時点では宮廷にいなかったはずだが?

562 :日本@名無史さん:03/07/01 08:07
排外バカ天皇を上手く政治利用したのが長州ってことか。
出来もしない攘夷を叫んでテロに走っているんだから
幕府の苦労もよく分る気がする。

563 :日本@名無史さん:03/07/01 08:29
孝明天皇の死をふせげなかった藪医者の手記に史料価値はあるのか?

564 :日本@名無史さん:03/07/01 19:56
>>563
医療ミスを隠すためにわざと毒殺説をにおわすように改竄・・・

565 :日本@名無史さん:03/07/01 23:54
孝明天皇は自然死.



566 :日本@名無史さん:03/07/02 14:52
刺殺を隠すためにわざと病死のようでも毒殺説ともとれるように改竄・・・

567 :_:03/07/02 15:03
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

568 :日本@名無史さん:03/07/02 15:25
孝明天皇の死をふせげなかった藪医者の手記に史料価値はあるのか?


569 :日本@名無史さん:03/07/02 17:08
>>568
毒殺説を否定するだけの価値はある。

570 :日本@名無史さん:03/07/02 17:21
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2315/

571 :日本@名無史さん:03/07/02 17:31
やっぱり毒殺というのはガセなのか

572 :日本@名無史さん:03/07/02 17:45
実は孝明天皇は種痘を受けたものの、種痘菌による感染症を起こして死んだ、とか。

ちなみに種痘による感染症は4500人に一人の割合で発症。

573 :_:03/07/02 17:52
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

574 :日本@名無史さん:03/07/02 17:54
孝明天皇は病死です。

575 :日本@名無史さん:03/07/02 20:44
和歌山カレー事件の顛末をみればわかるように、
致死量の砒素を摂取した患者を救うことは、
現代の医療技術をもってしても不可能だよ。

孝明天皇を看取った伊良子は、
通常の病気ではあり得ない奇怪な症状を、
冷静かつ客観的に記録している。
なんの根拠もない病死説をくつがえす史料として、
その価値は大きい。

576 :日本@名無史さん:03/07/02 20:46
孝明天皇の死をふせげなかった藪医者の手記に史料価値はあるのか?


577 :日本@名無史さん:03/07/03 10:50
>>578
知恵おくれですか?

578 :日本@名無史さん:03/07/03 11:47
>>577
578はまだですよ、知恵おくれですか?

579 :日本@名無史さん:03/07/03 18:49
日本人のスレなのに、何で韓国や北朝鮮が出てくるんだ?
比較せずにはいられないのか?

580 :日本@名無史さん:03/07/04 00:47
579は誤爆なんだろうが、これでちょっと思い出したが、
安重根の伊藤暗殺動機で出されてた孝明天皇暗殺の件は、
安の裁判で審理されたのだろうか? 詳しい人いたら説明希ボン。

581 :日本@名無史さん:03/07/04 03:02
>藪医者の手記
それなりに価値はあるな。

582 :直リン:03/07/04 03:11
http://homepage.mac.com/maki170001/

583 :日本@名無史さん:03/07/04 11:40
>>575
原史料に当たったわけでもないのになんか言ってますね(w

584 :日本@名無史さん:03/07/04 12:52
孝明天皇は自然死です。

585 :日本@名無史さん:03/07/05 12:56
孝明天皇は妾の家に行って、そこで刺殺されますた。

586 :日本@名無史さん:03/07/05 12:58
孝明天皇の妾って誰?

587 :日本@名無史さん:03/07/06 00:38
孝明天皇は痴情のもつれから側室に刺されて亡くなったのですか?

588 :日本@名無史さん:03/07/06 12:31
孝明天皇は自然死です。

589 :日本@名無史さん:03/07/06 12:57
>>586

堀川紀子ちゃん

590 :日本@名無史さん:03/07/06 13:01
>>589
堀河紀子は側室じゃなくて女官じゃなかったのか?
それに慶応2年にはもう辞職してるんじゃないのか?

591 :日本@名無史さん:03/07/06 13:04
堀河紀子は側室だよ。皇女も産んでいる。
ただ、慶応2年には蟄居謹慎の身の上だから天皇毒殺のチャンスはないな。

592 :日本@名無史さん:03/07/07 19:39
孝明天皇は刺殺死です。

593 :【^▽^】東一@Bar Atelui:03/07/07 19:41
岩倉&薩長を糾弾しましょう。

594 :日本@名無史さん:03/07/07 20:11
堀河紀子が運んだ薬を飲んだところ。
激烈な発作をおこして崩御されたんだよ。
もちろん毒殺を指示したのは岩倉。

595 :毒殺ではなく呪殺:03/07/07 20:17
堀河紀子が呪殺の祈祷したところ。
激烈な発作をおこして崩御されたんだよ。
もちろん呪殺を指示したのは岩倉。





596 :日本@名無史さん:03/07/07 21:49
堀河紀子は慶応2年には蟄居謹慎の身の上だから天皇毒殺のチャンスはないな。


597 :日本@名無史さん:03/07/07 22:24
岩倉達は蟄居してたけど、岩倉の姪の堀川局が女官として御所に仕えてた。
堀川局は何度か帝と一夜を過ごしたことがある女。
しかし岩倉そつくりのブス女だったため相手にされなくなっていた。
その女の恨みを利用して岩倉や大久保が毒を盛らせた。
…これが宮中の女官達の間での口伝なんだけど、
火のないところに煙は立たないんだよ。

598 :日本@名無史さん:03/07/07 22:29
>>597
堀河紀子が材料として使えなくなったらこんどはいもしない岩倉の姪を持ち出すのか。
暗殺厨必死だな。火のないところに必死で煙をたてているよ。(w

599 :日本@名無史さん:03/07/07 22:49
堀川紀子邸で毒殺または刺殺され、
その直後に御所に運ばれたって説もあるけど、
どうなの?

600 :日本@名無史さん:03/07/07 23:11
堀河紀子に蟄居謹慎を命じたばかりか出家まで強要したのは孝明天皇自身だよ。
この措置は孝明天皇が死ぬまで解除されることはなかった。
そんな相手の家にのこのこ天皇が出かけるわけないじゃん。

601 :日本@名無史さん:03/07/07 23:18
601ゲト
男女の関係は複雑怪奇なんだよ

602 :日本@名無史さん:03/07/08 00:14
暗殺厨必死だな。火のないところに必死で煙をたてているよ。(w


603 :日本@名無史さん:03/07/08 00:22
アーネスト・サトウが記録してるとおり倒幕派による毒殺です。
世界の常識です。

604 :日本@名無史さん:03/07/08 05:26
孝明天皇は自然死です。
常識以前の問題です。


605 :日本@名無史さん:03/07/08 06:34
>>604
つまり自然死は論外な説だ、ということですね。
いや〜あ、さすが、お見事 お見事。

606 :日本@名無史さん:03/07/08 06:49
>>605
はいはい、わかったわかった。いい子だからおとなしくしててね。

607 :日本@名無史さん:03/07/08 07:01
おまいら、こんなことも分からないのか?倒幕派によって
呪いの藁人形に五寸釘を打ちこまれて殺されたんだヨ!

608 :日本@名無史さん:03/07/08 07:52
ケツに五寸釘じゃなかったっけ。

まあ のたうちまわって死んだらしいので結構なことだ。
チョンのくせに攘夷なんて言ってたんだから笑わせる。
お前が言うなって!突っ込みたくなるぜ(笑

609 :日本@名無史さん:03/07/08 07:56
まあ、あのまま攘夷に固執していれば、殺されなくても早晩失脚していたことはまちがいないわな。
孝明天皇のせいで天皇制が滅亡していた可能性もあるぞ。

610 :日本@名無史さん:03/07/08 22:33
暗殺否定派は呪殺のようなオカルトを持ち出したり、煽りレスをしたり、話をそらすのに必死だな。

611 :日本@名無史さん:03/07/08 22:40
暗殺肯定派は呪殺のようなオカルトを持ち出したり、煽りレスをしたり、話をそらすのに必死だな。

612 :日本@名無史さん:03/07/08 22:41
暗殺肯定信者は宮廷不在の堀河紀子の下手人説ような電波を持ち出したり、
煽りレスをしたり、信仰を唱えるのに必死だな。




613 :日本@名無史さん:03/07/08 23:00
岩倉、大久保の陰毛でしょ。

614 :日本@名無史さん:03/07/09 00:22
孝明天皇は自然死です。
常識以前の問題です。


615 :日本@名無史さん:03/07/09 02:19
あの若さで自然死なんてありえましぇん
常識以前の問題です

616 :日本@名無史さん:03/07/09 02:25
>>615
当時の医療水準を知っていて「あの若さで」などと言っているのですか?
孝明天皇よりずっと若い徳川家茂も病死しましたが?

617 :日本@名無史さん:03/07/09 02:45
じゃあ橋本左内や芹沢鴨とかも若死にしたから病死なんでつね。(w

618 :日本@名無史さん:03/07/09 02:58
>>617
馬鹿じゃないの?
橋本左内は刑死、芹沢鴨は暗殺と死因が明らかになってるじゃないか。



619 :日本@名無史さん:03/07/09 03:08
暗殺肯定論者は、電波を持ち出したり、 煽りレスをしたり、信仰を守るのに必死だな。
なんであんな電波な説に固執できるのか、不思議でならない。ネタなのか?

620 :日本@名無史さん:03/07/09 06:04
小栗案が通って、幕府が勝ていれば
「孝明天皇は暗殺された」(真相は関係なし)
ということになり、皆殺しかもね>岩倉他


621 :日本@名無史さん:03/07/09 08:05
孝明天皇は自然死です。
常識以前の問題です。


622 :日本@名無史さん:03/07/09 13:43
>>621
死因に自然死ってあるのか?
老衰というのならわかるが、普通はなにか傷病名が死因になるだろう。
常識を学びなさい。

623 :日本@名無史さん:03/07/09 13:47
>>622
自然死というコトバも知らないのか?
孝明天皇は自然死です。それのどこがおかしいんだ?
常識を学びなさい。

624 :ライフスペース代表:03/07/09 20:07
孝明天皇は自然死です。
サイババがなんと言おうと定説です。


625 :日本@名無史さん :03/07/09 23:02
 幕末期の中川宮朝彦は、孝明天皇の背後にあって朝廷の実権を掌握、1861年(文久3)の
会薩ク−デタ−をくわだてるなど、長州藩に多大な損害をもたらした公武合体運動の陰の主役であった。
孝明天皇を廃し皇位簒奪の陰謀をめぐらしたともいわれ、倒幕派の維新政府にとって、公武合体派の黒幕
である中川宮朝彦こそ、もっとも不気味な存在だった。
岩倉具視はひそかにスパイを送り込み、その動向を監視させた。ついに朝敵・徳川慶喜への密使を逮捕
して密書を押さえた。暗号で綴られた密書の内容は、榎本武揚指揮する幕府艦隊を京阪の地へ急行させ、
京都を制圧して玉(明治天皇)を奪わんとするものだったという。
1872年1月、朝彦は皇族に復し京都在住を許され、1875年5月8日、天皇の詔勅により親王に
復帰して久邇宮家を起こした。
第二次大戦終戦時の久邇宮稔彦首相は中川宮の直系である。

626 :日本@名無史さん:03/07/09 23:38
阪神の今岡ってどことなく松平容保に似てませんか?

627 :日本@名無史さん:03/07/09 23:41
中山忠能は毒殺に一枚噛んでるの?

628 :日本@名無史さん:03/07/09 23:43
要潤のほうが似てる>626

629 :日本@名無史さん:03/07/09 23:51
>>621-623
【自然死】寿命が尽きて死ぬこと。外傷、病気などのためではなく、
老衰により自然に死ぬこと。(出典:広辞苑)

孝明天皇が【自然死】であるとしたら、
江戸時代の日本人の寿命は30代半ばであったことになる。
驚きだ!

630 :日本@名無史さん:03/07/09 23:55
>626
阪神井川は明治天皇に似てるが

631 :日本@名無史さん:03/07/09 23:57
孝明天皇は自然死です。
常識以前の問題です。


632 :日本@名無史さん:03/07/09 23:59
631は粘着オームです。
常識以前の問題です。





633 :日本@名無史さん:03/07/10 01:40
>>620
岩倉タン、伊藤タン、大久保タンなどは逆賊として磔獄門でしょ。

少ない兵力で江戸に突っ込んでいったら破滅する危惧があるのに、
なぜ途中で講和しなかったのか?という謎があるんだけど、
彼らが逆賊であるとするとすっきり説明できる。
一か八かの大博打を始めてしまった以上後戻りは決してできなかった。
帝をコロシちゃったんだから、そりゃ幕府倒すために必死になるよね。

634 :日本@名無史さん:03/07/10 02:42
あのさあ、
孝明天皇が岩倉に毒殺されたってのは
もはや常識じゃん
わかってねえなあ


635 :日本@名無史さん:03/07/10 03:19
孝明天皇が岩倉に毒殺されたってのは常識。

636 :日本@名無史さん:03/07/10 05:08
↑の人は非常識

637 :日本@名無史さん:03/07/10 13:52
常識だから立証する必要はないというわけか(w
証拠もないのに毒殺説を主張する愚か者め。

638 :日本@名無史さん:03/07/10 19:54
>>637
その理屈なら証拠もないのに「病死」と言いふらした明治政府も愚か者だ。
つーか、従医が病死を否定してるのに、病死を主張する香具師らって一体なに?

639 :日本@名無史さん:03/07/10 19:57
その医者の証言がそもそも信用できるのかよ?
単に自分の手に余る症状だったってことじゃないのかい?

640 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

641 :日本@名無史さん:03/07/10 20:03
家茂の遺体を和宮妃が見ることを幕臣達は認めなかったが?

642 :日本@名無史さん:03/07/10 20:04
>>639
公家や女官の記録もある。
激しい吐血と下血。体中の穴から出血し短時間で崩御。
この症状が病気ではないというのは当時の関係者の間では常識だった。

643 :日本@名無史さん:03/07/10 20:04
あのさあ、
孝明天皇が岩倉に毒殺されたってのは
もはや宗教じゃん
理屈じゃないんだよ
わかってねえなあ





644 :日本@名無史さん:03/07/10 20:09
>>640
通報しますた

645 :日本@名無史さん:03/07/10 20:11
>>643
逆。病死説が宗教。
死因解明の調査を一切できない状況をつくりだしたのは、
カルト宗教屋の岩倉。

646 :日本@名無史さん:03/07/10 20:17
>>645
毒殺の具体的な手段を一切できないのに、
岩倉を下手人と断言しているのはもはやカルト。




647 :ライフスペース代表:03/07/10 20:27
孝明天皇は病死です。
サイババがなんと言おうと、これは定説なんですよ。

648 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

649 :日本@名無史さん:03/07/10 20:31
>>646
病死だとお前にとって都合がいいんだろ。

650 :日本@名無史さん:03/07/10 20:33
ニュー板に逝け>648

651 :日本@名無史さん:03/07/10 20:35
>>642
それだけ証言が揃っているのなら事がうやむやになるわけないじゃん。
誰が見ても暗殺だということで犯人探しが当然行われていたはずだよ。
洛外で蟄居している岩倉が隠蔽工作なんかできたはずもない。

652 :日本@名無史さん:03/07/10 20:41
宮中関係者に箝口令をしき、証拠隠滅を謀った。
維新後は天皇を東京へ移し取り巻きをすべて入れ替える。
さらに天皇を神格化し、発掘調査はおろか、
毒殺説を口にすることさえできない社会状況をつくり出した。
岩倉の功績はなんてすばらしいんだ!

653 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

654 :日本@名無史さん:03/07/10 20:44
>>652
なるほど、こいつぁカルトだ。
理屈も何もない、毒殺説はもはや宗教だね。
馬鹿馬鹿しくてつきあいきれない。

655 :岩倉と慶喜が裏で結託:03/07/10 20:44
だから慶喜が一枚かんでいるんだって。

656 :日本@名無史さん:03/07/10 20:47
いつの間にか自然死馬鹿が消えたねw

657 :日本@名無史さん:03/07/10 20:48
毒殺馬鹿もいっしょに消えてくれればいいのに・・・

658 :日本@名無史さん:03/07/10 20:54
>>561
>それだけ証言が揃っているのなら事がうやむやになるわけないじゃん。
だから現にうやむやになんてなってないだろ。

>誰が見ても暗殺だということで犯人探しが当然行われていたはずだよ。
毒殺犯が権力を握ったため犯人探しが頓挫したんだよ。
岩倉や薩長による天皇毒殺事件を公に議論できるようになったのはつい最近のこと。

>洛外で蟄居している岩倉が隠蔽工作なんかできたはずもない。
そもそも岩倉は直接手を下さないだろ。

659 :日本@名無史さん:03/07/10 20:59
658のような
毒殺真理教ではまず「岩倉が殺った」の結論ありきで、
具体的毒殺の手段・過程についてはどうでもいいらしい。

660 :日本@名無史さん:03/07/10 21:38
>>659
毒殺真理教か。うまいことを言うね。
この粘着な主張の仕方はまさにカルト宗教。

661 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

662 :日本@名無史さん:03/07/10 22:53
>>658
>だから現にうやむやになんてなってないだろ。
あんたアホか?うやむやになってるからこそ、犯人がまだ処罰されてないんだろ?

>毒殺犯が権力を握ったため犯人探しが頓挫したんだよ。
あんたアホか?岩倉や薩長が権力を握ったのは孝明天皇が死んで1年もあとだよ。

>そもそも岩倉は直接手を下さないだろ。
あんたアホか?じゃあ誰が岩倉の代わりに毒を盛ったのか明らかにしてくれよ。


663 :日本@名無史さん:03/07/11 00:34
>>662
科学的捜査が可能な現代でも犯人特定に数年にかかることなど普通なんだが。

664 :日本@名無史さん:03/07/11 00:52
>>662
なんでそんなに必死なの?

>あんたアホか?うやむやになってるからこそ、犯人がまだ処罰されてないんだろ?
毒殺犯が政府を牛耳ったんだから当然。
毒殺犯が自分で自分を処罰するはずないわな。

>あんたアホか?岩倉や薩長が権力を握ったのは孝明天皇が死んで1年もあとだよ。
わずか1年たらずで権力を握ったとは!
このあまりにも都合の良すぎる展開は一体…
岩倉たちが毒殺実行以前より謀略を準備してた証拠でしょ。

>あんたアホか?じゃあ誰が岩倉の代わりに毒を盛ったのか明らかにしてくれよ。
逆に天皇に近づける共犯者が存在し得なかったことを証明してみろよ。
「洛外で蟄居している岩倉」がずっと昼寝してたと思ってるならおめでたすぎ。

665 :日本@名無史さん:03/07/11 05:53
毒殺真理教ではまず「岩倉が殺った」の結論ありきで、
具体的毒殺の手段・過程についてはどうでもいいらしい。
まさにカルト宗教。

666 :日本@名無史さん:03/07/11 06:59
>>664
>毒殺犯が政府を牛耳ったんだから当然。
あんたアホか?岩倉や薩長が権力を握ったのは孝明天皇が死んで1年もあとだよ。

>岩倉たちが毒殺実行以前より謀略を準備してた証拠でしょ。
あんたアホか?結果論で歴史を論じるのは電波のやることだぞ。

>逆に天皇に近づける共犯者が存在し得なかったことを証明してみろよ。
あんたアホか?あんたこそ天皇に近づける共犯者が存在したことを証明してみろよ。


667 :日本@名無史さん:03/07/11 07:03
岩倉の共犯者が孝明天皇の傍にいたかもしれない→岩倉が孝明天皇を殺った
大筋として毒殺説とはこんな感じ。


668 :日本@名無史さん:03/07/11 07:05
理解できないなあ。どうしてそこまで「暗殺」にこだわる必要があるのか。
孝明天皇が病死でもおかしいことは何もないのに。

669 :日本@名無史さん:03/07/11 07:06
>>667
なんとも粗雑な思考過程ですな(w

670 :日本@名無史さん:03/07/12 01:25
>>668
崩御されたときの症状は「病死」では説明できない。
急性砒素中毒の症状と酷似してるんだから毒殺を疑うのが自然。
これを無理矢理「病死」と言いくるめた岩倉たちの行動は激しく怪しい。

671 :日本@名無史さん:03/07/12 01:53
だから「病死」と判定したのは岩倉じゃねえっての。
岩倉はまだ洛外で蟄居謹慎中で政治的に復権してないんだから。
「病死」と判定したのは当時の政権担当者=中川宮と二条関白と将軍慶喜だろ。
もっとも、中川宮も二条も慶喜も孝明天皇に死なれたら困る立場なわけだけどな。


672 :日本@名無史さん:03/07/12 02:56
故人の名誉のために腹上死だったということにしたら如何か?

673 :日本@名無史さん:03/07/12 11:54
>>672
スマソ、あんたの言いたいことがよくわからないんだが・・・

674 :日本@名無史さん:03/07/12 12:08
>「病死」と判定したのは当時の政権担当者=中川宮と二条関白と将軍慶喜
中川宮が慶喜が「病死」だと断定した?史料はなに?

当時、宮中のみならず広範囲に毒殺の噂が広まっており、
帝の死因は謎の部分が多かった。
仮に慶喜たちが一方的に「病死」と主張したのなら、
後に政権を盗った岩倉は死因の徹底究明に乗り出すはずだろ。
もちろん岩倉が毒殺に関与しておらず潔白ならばの話だけどね。

675 :日本@名無史さん:03/07/12 13:08
>これを無理矢理「病死」と言いくるめた岩倉たちの行動
これって史料に残ってるのかね?
岩倉が、どう見ても毒殺のものを無理矢理病死にしてしまったと、
史料に残っているのかね?そういう史料があるんなら見せてほしいね。
そりゃ毒殺の噂はあっただろうさ。しかしそれはまともに相手にするに
足りない臆説だと、判断する人のほうが当時ふつうだったのではないかね?
だからこそ中川宮も二条も慶喜も何も騒がなかったのではないかね?


676 :日本@名無史さん:03/07/12 13:42
>>675
明治政府の公式見解は「疱瘡による病死」だよ。
これは即ち岩倉による根回しの結果ね。
もし明治政府が死因解明の科学的調査を行っているとしてら、
その根拠を出して見ろ。

677 :日本@名無史さん:03/07/12 13:45
>676
孝明天皇の病死は立証できない→岩倉が孝明天皇を殺った
ということ?

678 :日本@名無史さん:03/07/12 13:50
676のような毒殺真理教ではまず「岩倉が殺った」という信仰がまずあり、
具体的に、宮中における岩倉の共犯者、その共犯者による毒殺の手法といったことには
全く無関心。


679 :日本@名無史さん:03/07/12 13:52
>>676
明治政府の公式見解?
孝明天皇が死んだときには、まだ明治政府なんて影も形もありませんが?
成立してもいない明治政府の公式見解なんてどうでもいいんだよ。
毒殺を疑うべき理由があるんなら、当時の政府(幕府)はきちんと調査をしたはずだよ。
それだけの時間的余裕は少なくとも1年はあった。

680 :日本@名無史さん:03/07/12 13:59
毒殺が実行されたという情報が三日後には忍にまで伝わってた。
政治情勢が安定していたら当然徹底的な下手探しが行われたはず。
しかし中山忠能が補弼となり、幼帝が倒幕派の手中に落ち、
偽勅が乱発され、岩倉が描いた王政復古の猿芝居が始まる。
この空騒ぎの中で毒殺事件はうやむやとなり、
岩倉のハッタリに怖じけついた慶喜が政権を放り出し、
逆賊が政権の座についてしまった。
というわけで明治維新のMVPは岩倉以外ありえない。

681 :日本@名無史さん:03/07/12 14:07
>>677 >>679
死因に疑惑がある、というより明らかに毒殺なのに、
明治政府が「病死」を主張しこの問題を封印したのは怪しいってことだろ。

682 :日本@名無史さん:03/07/12 14:11
毒殺真理教とは「とにかく毒殺であり、それは岩倉が殺った」という信仰であり、
じゃあ誰が宮中において岩倉の共犯者なのか、どうやって一服盛ったのかという、
事実の検証には無関心。

683 :日本@名無史さん:03/07/12 14:15
>>682
この場合「病死」と言い張ってる香具師のほうがカルトでしょ。
状況証拠は岩倉一味による毒殺を示唆してる。
物的証拠は明治政府によって封印されいまだに調査できず。

684 :日本@名無史さん:03/07/12 14:19
>>680
>>しかし中山忠能が補弼となり、幼帝が倒幕派の手中に落ち、
>>偽勅が乱発され、岩倉が描いた王政復古の猿芝居が始まる。
>>この空騒ぎの中で毒殺事件はうやむやとなり、
>>岩倉のハッタリに怖じけついた慶喜が政権を放り出し、
>>逆賊が政権の座についてしまった。
ほんとに慶応3年の政治情勢わかってんのかよ?ひとつ残らず嘘じゃねえか。
ないことないこと並べやがって、おまえの脳の中の電波の話なんか聞きたくねえよ。
おとといきやがれ、カルト宗教家め。

685 :日本@名無史さん:03/07/12 14:21
>>684
こういった微妙な問題を、
抜き差しならない政治対立を抱えた幕府が、
1年で解決できると思ってるオマエがカルト。

686 :日本@名無史さん:03/07/12 14:21
具体的に宮中における下手人の特定もせずに
とにかく「絶対に岩倉が孝明天皇を殺った」というのは歴史評論ではなく
信仰の吐露に近い。


687 :日本@名無史さん:03/07/12 14:24
>>686
「誰が宮中において岩倉の共犯者」というのは、歴史の謎。

孝明天皇が砒素中毒と酷似した発作を起こし急死、
毒殺の噂が広まったことは、歴史の事実。

その直後に幼帝を握った岩倉や薩長が倒幕の陰謀を実行し、
混乱のなかで真相がうやむやになったことは、歴史の事実。

「下手人を特定できないから毒殺ではない」という主張は詭弁にすぎないんだよ。

688 :日本@名無史さん:03/07/12 14:24
>>しかし中山忠能が補弼となり、幼帝が倒幕派の手中に落ち、
>>偽勅が乱発され、岩倉が描いた王政復古の猿芝居が始まる。
>>この空騒ぎの中で毒殺事件はうやむやとなり、
>>岩倉のハッタリに怖じけついた慶喜が政権を放り出し、
>>逆賊が政権の座についてしまった。

これだけ嘘に嘘を重ねられるのってもはや「芸」だよな。珍芸。
「中山忠能が輔弼になり」というところからしてもう嘘だし。
明治天皇は英照皇太后の「実子」とされていたから、中山は外祖父でもなんでもねえんだよ。


689 :日本@名無史さん:03/07/12 14:27
>>687
「幼帝を握った岩倉や薩長」が「その直後に」「倒幕の陰謀」を実行したわけね。ふーん。
いくらむかしのこととはいえ、1年もたってからの話を「その直後」なんて言えるものかね。
馬鹿じゃないの?

690 :日本@名無史さん:03/07/12 14:30
宮中に出入りできる人間は不特定多数ではない。
下手人の嫌疑を誰かに絞るぐらいならできる。
それを「歴史のなぞ」と放棄して
「とにかく岩倉が殺った」という毒殺真理教。



691 :日本@名無史さん:03/07/12 14:40
>>688
>「中山忠能が輔弼になり」というところからしてもう嘘だし。
なってるじゃん。アタマだいじょうぶ?
中山は実母の父ね。

>>689
陰謀が具体化されるまでに約1年かかったわけだけど、だからなに?

692 :日本@名無史さん:03/07/12 14:43
>>691
「輔弼」って何?そんな役職あるの?いつできたの?
それに、生母の父だからって外祖父として威が振るえるとは限らないのよ。
もう少し江戸時代の朝廷のこと勉強してからおいで、いい子だから。

693 :日本@名無史さん:03/07/12 14:45
そもそも孝明天皇が死んだら岩倉が権力を握れる、という想定からして間違ってる。
握れなかったからこそ鳥羽伏見の戦いが必要だったのではないか。
つくづく愚かだな。まさにカルト宗教だね(w

694 :日本@名無史さん:03/07/12 14:47
孝明天皇の病死というのは怪しい→(中略)→岩倉が孝明天皇を殺ったという信仰に
導きだす毒殺真理教

695 :日本@名無史さん:03/07/12 14:48
>>692
幼少の明治天皇は政治的に無能力だから、
誰が補弼かということは重要だよ。
補弼の一般論に逃げ込もうとしてるけど、
中山が補弼じゃないってネタはもう放棄したの?

696 :日本@名無史さん:03/07/12 14:50
>>693
岩倉が偽勅や偽錦旗を手にすることができたのは、
佐幕派の孝明天皇毒殺に成功したから。
孝明天皇が生きてる限り岩倉に将来はなかった。


697 :日本@名無史さん:03/07/12 14:53
>>695
江戸時代の朝廷のこと勉強してからおいで。
「輔弼」なんて役職は朝廷にはないんだよ、坊や。

698 :日本@名無史さん:03/07/12 14:54
>>696
>孝明天皇が生きてる限り岩倉に将来はなかった。
孝明天皇が死んでから岩倉が復権するまでまる1年もかかってるけどな。

699 :日本@名無史さん:03/07/12 14:57
>>697
もはや江戸時代じゃないんだよ。坊や。
http://homepage1.nifty.com/kitabatake/rekishi23.3.html

700 :日本@名無史さん:03/07/12 14:58
岩倉のことだから薩長がヤヴァくなればさっさと倒幕派に見切りをつけ、
公武合体派に鞍替えしただろう。和宮降嫁にも一役買った実績もあるし。


701 :日本@名無史さん:03/07/12 14:58
小泉政権が倒れるということは、いよいよ菅政権の成立か?


702 :日本@名無史さん:03/07/12 15:00
>>699
慶応3年と慶応4年の区別もつかないのでつか?
もしかしてリアル厨房なのかあんた?
いま問題にしているのは慶応2年から3年にかけての話だろ。

703 :日本@名無史さん:03/07/12 15:01
>>698
つまりわずか1年で慶喜の手から朝廷の実権を奪ったってことだね

704 :日本@名無史さん:03/07/12 15:02
>>702
勝手に1年間に問題を限定してるのはオマエだけ

705 :日本@名無史さん:03/07/12 15:04
>>703
それがどうかしたかい?
それが孝明天皇が毒殺された証拠だとでも言うのかい?

706 :日本@名無史さん:03/07/12 15:05
>>704
中山が輔弼になったから岩倉が権力を握ったんじゃなくて、
岩倉が権力を握ったから中山が輔弼になったんだろう?
因果関係が逆なんだよ。

707 :日本@名無史さん:03/07/12 15:06
>>705
疑惑の死→1年後に岩倉復権
状況証拠のひとつではあるね

708 :日本@名無史さん:03/07/12 15:09
>>707
あの動きの早い時代に1年は長すぎる

709 :日本@名無史さん:03/07/12 15:09
>>707
そんなこと逝ったら
疑惑の死→兵庫開港勅許の方が影響大きいぞ?


710 :日本@名無史さん:03/07/12 15:11
>>708
戦場ならともかく、宮中をめぐる陰謀合戦で、
孝明天皇が死んで瞬間的に情勢がひっくり返るわけないだろ。
タイムラグとして1年は短すぎるくらい。

711 :日本@名無史さん:03/07/12 15:12
>>706
岩倉は謹慎中じゃなかったのかw

712 :日本@名無史さん:03/07/12 15:13
>>711
岩倉がいつ謹慎を解除されたかまで説明しなくちゃいかんのか?
つきあいきれんな(w

713 :日本@名無史さん:03/07/12 15:16
>>712
で、岩倉がいつ「権力」を握ったの?

714 :日本@名無史さん:03/07/12 15:17
宮中に出入りできる人間は特定されており、
その中から岩倉の共犯者の可能性がある者を選定もせずに、
「とにかく岩倉が殺った」と唱える毒殺真理教徒

715 :日本@名無史さん:03/07/12 15:21
>>713
慶応4年1月でしょ。

716 :日本@名無史さん:03/07/12 18:04
とりあえず、暗殺を仮定する。あくまでも仮定ね。
で、1866年12月に孝明天皇が暗殺されたなら、これはもう慶喜(というか幕府)
が絡んでないとおかしい。直接手を下したかあるいは黙認したにせよだ。もし岩倉
とか伊藤なんかの犯行ならば、幕府の知らないところで、天皇が殺されたわけだか
ら、最高に執拗な犯人探しが行われたに違いないからだ。
で仮に慶喜が関わったとして、その動機を考えてみると黒船来航からの対立の流れ
は左幕対倒幕かは結構後の時期の話で、当初は開国対攘夷という図式だった。文久
から慶応までの時期は、原理主義的な攘夷派が淘汰された時代でもある。最後に
残った大物こそ孝明天皇。(むしろ天皇だからこそ、最後まで残ってしまったとも
言えるのだが)慶喜が孝明天皇を回顧したものを読むと、とにかく頑固で最後まで
聞く耳持たなかったと愚痴ってたから、天皇に転向の意志があったとは思えない。
この場合、アーネストサトウが書いたとおり、攘夷に固執し続け「戦争の紛議以外
の何ものももたらさない」状況が起こり得たのか、あるいは天皇が開国路線にぶち
切れて「譲位する!」と言っても「はいどうぞ辞めてください」と突っ放せる状況
があり得たのか。兵庫開港も控えていたし。そこんところを突き詰めて考えると
動機の有無がはっきりするのではないかと思う。個人的には疱瘡が治りかけの時期
に容態が急変するのは医学的にはレアなケースということで、暗殺の可能性はある
と考えられるが、断定はできんなあ。レアなケースが起こったのだ、ということも
あり得るわけだから。

717 :日本@名無史さん:03/07/12 18:08
デムパキタ━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!

718 :日本@名無史さん:03/07/12 19:35
当時の状況で、幕府の保護下にあった天皇が倒幕派に殺されたなんてことになったら、
幕府自身にとって大打撃で、そんなことを認めるわけにはいかなっただろうな。
こっそり誰がやったかを調査はしていたかもしれないがね。

719 :日本@名無史さん:03/07/12 19:43
それまで、普通に生きていけるような健康的な生活、
衛生的な食生活をしてたのかな?

720 :日本@名無史さん:03/07/12 20:57
>>716
レアなケースが起こったのだ、と主張する研究者もちゃんといるからね。

721 :日本@名無史さん:03/07/12 20:57
>>718
こっそりじゃなくて、大掛かりな犯罪捜査が行われたはずだよ。

722 :日本@名無史さん:03/07/12 21:13
>>721
当時の京都は混乱状態。幕府が朝廷内部や敵対藩に対して
大がかりな捜査を敢行できると思ってる?
岩倉が無謀な武力倒幕に固執した理由は、香具師が毒殺犯だったから。
幕府主導で新体制が固まり治安警察力が回復したら、
香具師は間違いなく斬首になるからね。

723 :日本@名無史さん:03/07/12 21:21
>>722
むちゃくちゃだね。
孝明天皇を暗殺したのは権力を握るためじゃないの?
暗殺がばれないようにするために権力を握るんじゃ、目的と手段が顚倒しているよ(w

724 :日本@名無史さん:03/07/12 22:44
慶喜は孝明帝の死の翌年仏蘭英米の使臣と会見してるが
仏蘭米は陛下の敬称、英のみ殿下。
兵庫開港あるから外交的に成功。外国に将軍が国家元首であることを
アピールできた。
もう天皇いらないようにも見える。
ご機嫌伺ってた孝明帝死後いきなり気がでかく成りすぎ。

725 :日本@名無史さん:03/07/12 22:49
>>721
当時の状況で、天皇が暗殺されたなんてことがおおやけになったら、急落していた幕府の権威は
完全に落ちてしまうんだから、表向きの捜査なんてできると思うか?

ルドルフ皇太子が暗殺されたとき、ハプスブルク家が恥をしのんで自殺したと公表した
こととか、考えてみろよ。

726 :日本@名無史さん:03/07/12 22:50

世界最強の板!!!ロリ祭り始まってるよ!。
女子高生もザクザク!熟女まであるし、もうすごーい!

ちなみに無料で変な広告とかないです。まさに管理人は神(ネ申)!

http://www.hl-homes.com/



727 :日本@名無史さん:03/07/12 22:55
>孝明天皇を暗殺したのは権力を握るためじゃないの?
その通り。
そして権力を握るために帝を暗殺した以上、
幕府との中途半端な和解は、岩倉の死を意味する。
岩倉という逆賊の命がけの博打が、
国をひっくり返す巨大な騒乱に発展・・・
できすぎの展開に最も驚いていたのは当の岩倉だろう。

728 :日本@名無史さん:03/07/12 22:55
>>721
当然できるさ。捜査をして犯人を摘発することによってはじめて幕府の権威は傷つかずにすむ。
つまらん遠慮で捜査を行わないことのほうがダメージとしては大きいよ。


729 :日本@名無史さん:03/07/12 23:07
>>728
オマエが言ってることは単なる言葉遊び。
たとえば長州が下手人だったとして幕府にどんな捜査ができる?
これは荒立てれば戦争に直結する問題だったんだよ。

例えば見廻組は国事犯坂本を適法に処刑したわけだけど、
政治的緊張状況を考慮してあえて成果を公表しなかった。
当時の京都は混乱の極みで幕府の警察力は低下しており、
政治的な判断が最優先されていたことが分かるね。

730 :日本@名無史さん:03/07/12 23:09
>>728
犯人が誰であれ、保護下に置いていた天皇を暗殺された時点で、幕府の面目は丸つぶれ
なんだよ。

無論幕府の力が強大なときは問題にならないが(逆に反対派を潰す口実にできる)、
がたがたの時にそんなことしたら、倒幕派から幕府には天皇を守る能力がないと攻撃されて、
幼帝を幕府の保護下から取り上げられる口実にされてしまうだけ。

731 :>729:03/07/12 23:09
幕府側はおおよその下手人や手法についての見当はつけていたということか?

732 :日本@名無史さん:03/07/12 23:59
なんかもうだんだん馬鹿馬鹿しくなってきたな・・・
誰かが言ってたけどまさに「毒殺真理教」だな。
まずはじめに結論ありき。屁理屈はあとからついてくる。

733 :日本@名無史さん:03/07/13 00:06
>>729
>例えば見廻組は国事犯坂本を適法に処刑したわけだけど、
>政治的緊張状況を考慮してあえて成果を公表しなかった。
すみませんけどここは学問・文系の板なもんで、そういう電波な話は遠慮してもらえますか?
私もあなたの想像や憶測を聞きたいわけじゃないですしね。

734 :日本@名無史さん:03/07/13 00:08
>>730
だから、孝明天皇は暗殺なんかされてないってのにわかんねえ香具師だな。
暗殺じゃないから暗殺じゃなく病死だと発表されたんだろ?そんなこともわかんねえのかよ。
馬鹿だなーホントに。

735 :ライフスペース代表:03/07/13 00:24
孝明天皇は病死だと言うのは定説です。
世の中にはいくつも定説があるんですよ。

736 :毒殺真理教代表:03/07/13 00:25
孝明天皇は岩倉による毒殺だと言うのは真理です。
世の中にはいくつも真理があるんですよ。




737 :日本@名無史さん:03/07/13 01:11
病死の証拠はどうなったの?

738 :日本@名無史さん:03/07/13 03:06
知能障害さらしage

734 名前:日本@名無史さん 投稿日:03/07/13 00:08
>>730
だから、孝明天皇は暗殺なんかされてないってのにわかんねえ香具師だな。
暗殺じゃないから暗殺じゃなく病死だと発表されたんだろ?そんなこともわかんねえのかよ。
馬鹿だなーホントに。


739 :日本@名無史さん:03/07/13 03:36
そろそろコナン君の出番だな
>>740

740 :日本@名無史さん:03/07/13 05:14
なんかもうだんだん馬鹿馬鹿しくなってきたな・・・
誰かが言ってたけどまさに「毒殺真理教」だな。
まずはじめに結論ありき。屁理屈はあとからついてくる。


741 :日本@名無史さん:03/07/13 07:53
自然死真理教の諸君には、屁理屈も作れない。


742 :日本@名無史さん:03/07/13 07:59
そりゃまあ、病死説は、毒殺説みたいにあれこれ無理な説明を付加する必要がないからな。


743 :_:03/07/13 08:05
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

744 :日本@名無史さん:03/07/13 08:42
孝明天皇の病死には疑問がある→(中略)→岩倉が毒を盛って殺った。
毒殺説の思考(信仰)過程


745 :日本@名無史さん:03/07/13 08:49
ひどい苦しみ方や病状の急変で亡くなった人について、
毒殺説や呪詛説が取り沙汰されるのは古今よくあること。
孝明天皇のケースもそのひとつに過ぎない。
それを王政復古政変に結びつけるのはまったくの短絡。

746 :日本@名無史さん:03/07/13 11:09
732 名前:日本@名無史さん 投稿日:03/07/12 23:59
なんかもうだんだん馬鹿馬鹿しくなってきたな・・・
誰かが言ってたけどまさに「毒殺真理教」だな。
まずはじめに結論ありき。屁理屈はあとからついてくる。

740 名前:日本@名無史さん 投稿日:03/07/13 05:14
なんかもうだんだん馬鹿馬鹿しくなってきたな・・・
誰かが言ってたけどまさに「毒殺真理教」だな。
まずはじめに結論ありき。屁理屈はあとからついてくる。


747 :日本@名無史さん:03/07/13 11:11
531 名前:日本@名無史さん 投稿日:03/06/28 14:43
孝明天皇は病死です。

534 名前:日本@名無史さん 投稿日:03/06/28 16:07
孝明天皇は病死です。

542 名前:日本@名無史さん 投稿日:03/06/30 01:04
孝明天皇は病死です。

550 名前:日本@名無史さん 投稿日:03/06/30 17:10
孝明天皇は自然死

565 名前:日本@名無史さん 投稿日:03/07/01 23:54
孝明天皇は自然死.

574 名前:日本@名無史さん 投稿日:03/07/02 17:54
孝明天皇は病死です。

584 名前:日本@名無史さん 投稿日:03/07/04 12:52
孝明天皇は自然死です。

588 名前:日本@名無史さん 投稿日:03/07/06 12:31
孝明天皇は自然死です。


748 :日本@名無史さん:03/07/13 11:31
病死説逝ってるヤシキモイね→岩倉が孝明天皇を殺った
746-747の思考(信仰)

749 :日本@名無史さん:03/07/13 11:48
>>746-747
そのコピペで何が言いたいのかわかんないな。
ストーカーじみててキモチワルイ。

750 :日本@名無史さん:03/07/13 11:54
嘘も百回言えば真実となる…
病死説は岩倉一味つまり明治政府が、ナチスと同じ手法で定着させた虚偽。
このスレで必死で病死を力説してる香具師も、同様に嘘の繰り返しによる効果を狙ってる。
明治政府が国家神道というカルト思想にしがみつき、非民主主義的で抑圧的な体制を築いたのは、
天皇毒殺という出生の秘密から逃れるためでもあった。

751 :日本@名無史さん:03/07/13 12:13
>嘘も百回言えば真実となる…
なるほど、このスレで必死で毒殺を力説してる香具師も、嘘の繰り返しによる効果を狙ってるわけだ。
天皇毒殺というカルト思想にしがみついている理由は何から逃れるためなのかな(w

752 :日本@名無史さん:03/07/13 12:13
嘘も百回言えば信仰となる…
毒殺説は具体的な岩倉一味による、毒殺の過程の検証を一切放棄。
このスレで必死で岩倉犯人説を力説してる香具師も、同様に呪文の繰り返しによる解脱を願ってる。
病死が怪しいというだけで岩倉毒殺という結論にしがみつき、非理論的で宗教的な雰囲気をかもしだしているのは、
岩倉による天皇毒殺という信仰への強化を目指すためでもあった。




753 :  :03/07/13 13:17
根本的に、「歴史は偶然か? 必然か?」で、個別にどちらを望んでいるか
にかかっているような気がする。陰謀論(必然派)は甘美な密だけど。

754 :日本@名無史さん:03/07/13 13:17
病死派は孝明天皇が激しい毒物中毒の症状で亡くなったことをどう説明するの?
体中の穴から出血して急死してるんだけど、これはなんの病気?

755 :日本@名無史さん:03/07/13 13:24
>>753
毒殺説が甘美なのは、それが安易だから。

756 :日本@名無史さん:03/07/13 13:26
そして事実を直視できない病死説は思考の怠惰

757 :日本@名無史さん:03/07/13 13:31
そしてとにかく岩倉による毒殺を途中過程を抜きにして吐露する思考は理性の怠惰




758 :日本@名無史さん:03/07/13 13:33
>>754
天然痘でしょ。合併症として全身出血を経て死亡するケースもあるからね。

759 :日本@名無史さん:03/07/13 13:34
途中過程に謎が残るから「病死」だと言い張る思考はカルトな詭弁

760 :日本@名無史さん:03/07/13 13:38
>>758
何の合併症?
死因を天然痘(痘瘡)だとすると、
痘瘡が殆ど全快した段階における様態の急変、
異常な症状を説明することが出来ないという批判にどう答える?

761 :日本@名無史さん:03/07/13 13:38
途中過程に謎が残るから「毒殺」だと言い張る思考はカルトな詭弁


762 :日本@名無史さん:03/07/13 13:39
>>760
天然痘の合併症だよ。出血をともなう症状を呈することがあるの。
症状を説明できないのはあんたの医学的知識が乏しいだけの話。

763 :日本@名無史さん:03/07/13 13:39
病死に謎が残るから岩倉による毒殺だと言い張る思考はカルトな詭弁




764 :日本@名無史さん:03/07/13 13:40
孝明天皇はエボラ出血熱による病死です。

765 :日本@名無史さん:03/07/13 13:45
>>762
だから天然痘と何の合併症なんだよ。
それから、殆ど全快した段階における様態の急変は考えられないというのは、現代の医者の所見。
容態の状況を考慮せず「天然痘でも出血を伴う症状がある」という一般論を対置してどうする。

766 :日本@名無史さん:03/07/13 13:49
病死は怪しいという根拠で岩倉による毒殺と言う結論を導き出そうとする毒殺真理教徒。


767 :日本@名無史さん:03/07/13 13:50
>>765
合併症ってのは天然痘にともなって現れる症状のことだろうよ。
それに、現代の医者って誰よ?もしかしてあんた?(w


768 :日本@名無史さん:03/07/13 13:56
>>767
>合併症ってのは天然痘にともなって現れる症状のことだろうよ。
おまえはアフォか。
天然痘の合併症とは天然痘の疾患に伴っておきる他の疾患のこと。
この場合の他の疾患とは何だと聞いてるんだよ。

>それに、現代の医者って誰よ?
孝明天皇を看取った宮廷医者の孫(本人も医者)の所見。

769 :日本@名無史さん:03/07/13 13:59
とにかく具体的な宮中の岩倉の共犯者及び毒殺の手法の検証は放棄し、
「病死と言うのはおかしい」を根拠に「岩倉が毒殺した」を唱える毒殺真理教徒。


770 :日本@名無史さん:03/07/13 14:09
>>768
ああ、伊良子光孝氏の例のアレかあ。
それしか根拠はないのね。はいはい、ご苦労さん(w

771 :日本@名無史さん:03/07/13 15:05
で、病死の根拠はどうなったの?
合併症説は要するに天然痘ではなく併発した他の病気が死因と言ってるだけ。
ほとんど天然痘が回復してた帝が、
なぜかあっという間に危篤となり急死してるんだけど、
何の病気を併発したわけ?

772 :日本@名無史さん:03/07/13 15:13
>>771
 確かに怪しい。

773 :日本@名無史さん:03/07/13 17:06
天然痘てのは、周りに感染しないのか。
ひとりだけ、しかも孝明天皇だけ発病するのか。
うそ臭さすぎる。

774 :日本@名無史さん:03/07/13 21:31
>773
> 天然痘てのは、周りに感染しないのか。
 人によって体質も違いますし、そのときの体調によっても
 違うので、一概にはいえないはずです。

> ひとりだけ、しかも孝明天皇だけ発病するのか。
 周囲にいたとしても、物の数に入らないから記録には残っ
 てないだけ、ということもありえますね。

> うそ臭さすぎる。
 とはいいきれないですが、不審な点があることは確かです
 ね。

775 :日本@名無史さん:03/07/13 22:53
病死は怪しいというだけで、毒殺と断定、そして具体的な実行犯の目星もつけずに、
「岩倉が殺った」と念仏を唱える毒殺真理教。


776 :日本@名無史さん:03/07/13 23:55
病死が怪しいというだけでなく、その後の扱いも十分に怪しい。
今からでも検死をすれば死因がはっきりするのだろうが、それに反対の香具師がいる。
しも暗殺なら死因解明に反対している勢力の犯行を疑うのは当然。

777 :日本@名無史さん:03/07/14 00:12
公武合体の志半ばで毒殺された孝明天皇はどんなに無念であったことか・・・
ほんとうの尊皇家ならば徹底的な調査を行うのが筋ですね。

778 :日本@名無史さん:03/07/14 00:12
宮中に出入りできる限られた人間の中から実行犯の目星もつけることもせず、
病死が怪しく、岩倉に動機があって怪しいというから、「岩倉が殺った」と結論する
毒殺真理教。

779 :日本@名無史さん:03/07/14 00:24
>孝明天皇の毒殺については、医学的には決着がついたことである。

>孝明天皇の主治医、伊良子織部正光順(おりべのかみみつおき)の
>当時の日記とメモが光順の曾孫にあたる医師、伊良子光孝氏によって発見され、
>その中身が昭和50年から52年にかけ、「滋賀県医師会報」に発表された。
>『天脈拝診日記』と題された、日記とメモの解読報告である。

>光孝氏は、記録に残る孝明天皇の容態から、最初は疱瘡(痘瘡)、
>これから回復しかけたときの容態の急変は急性薬物中毒によるものと判断した。
>さらに光孝氏は、痘瘡自体も人為的に感染させられたものと診て、こう記したという。
>「この時点で暗殺を図る何者かが、『痘毒失敗』を知って、あくまで痘瘡によるご病死とするために、
>痘瘡の全快前を狙ってさらに、今度は絶対心配のない猛毒を混入した、という推理がなりたつ」

>伊良子光順の文書を整理した日本医史学会員・成沢邦正氏、同・石井孝氏、
>さらに法医学者・西丸與一氏らは、その猛毒について、砒素(亜砒酸)だと断定している。

>前述石井孝氏は、女官たちの中で容疑者と目される者の名を、つぎのように挙げている。

>岩倉具視の実の妹、堀可紀子。
>匂当内侍だった高野房子。
>中御門経之の娘で典侍だった良子。

http://www.sasakijo.com/buyoden5.htm

780 :日本@名無史さん:03/07/14 00:33
↑の面々は謹慎処分を受けていて、孝明天皇の崩御時には宮中にはいなかったといわれているが?



781 :日本@名無史さん:03/07/14 00:36
じゃどこにいたの?

782 :日本@名無史さん:03/07/14 00:41
洛外に蟄居させられていたことになっているが、コソーリ
宮中に潜伏して暗殺の機会を窺っていた可能性もある。


783 :日本@名無史さん:03/07/14 01:20
>公武合体の志半ばで毒殺された孝明天皇はどんなに無念であ
>ったことか…

死んだ事で公武合体に貢献できてよかったじゃない。
英米仏蘭が慶喜に兵庫開港宣言迫った時点で
公武合体の最大障害は排外馬鹿のオサヒトそのものでしょうよ。
彼を説得するだとか、もう時間ないんですわ。
こいつが逝ったからこそ公武合体最大の矛盾が解消され
薩摩は追い詰められ、危険なクーデターに走るしかなくなったでしょ。

仮に幕府が殺ったとしたらしっくりくるし
別に非難すべきことでもないと思われ。
排外バカ自体が幕府に殺されて当然の状況だった。


784 :日本@名無史さん:03/07/14 02:11
幕府が始末した排外馬鹿リスト
徳川斉昭
天誅組
長州激派
水戸激派
孝明天皇
ってことか。


785 :日本@名無史さん:03/07/14 08:29
ちょと調べてみました。

天然痘の病状経過(日医雑誌第126巻11号平成13年12月1日参照)
急激な発熱(1日目)
一時解熱(3〜4日目)
再び高熱(9日目前後)
2〜3週間で治癒
死亡する場合1週目後半〜2週目(6〜14日目?)
出血性の場合致死率高し


孝明帝の病状経過(某HP参照)
慶応2年12月17日天然痘発症(1日目)
    一時小康
    12月24日容態急変(8日目)
    12月25日崩御(9日目)

天然痘による病死ですね。急性砒素中毒も調べてみましたが、血が出る話は無かったな。

786 :日本@名無史さん:03/07/14 14:12
「孝明天皇紀」「中山忠能日記」に見る孝明天皇の臨床経過

12月12日 高熱を発し、苦痛を訴える。(前駆期)
12月15日 手に一対の吹き出物が出来る。(発疹期−紅斑)
12月16日 吹き出物が顔にも出来る。
12月17日 典医十五名は正式に疱瘡と発表。
12月18日 吹き出物が変色して落ち着く。(発疹期−膿疱)
12月20日 食欲、便通も順調、吹き出物の経過も良好。
12月21日 吹き出物から膿が吹き出し始めてさらに楽になる。
12月23日 食欲ますます進み、吹き出物の膿も出てしまい乾燥しはじめた。(発疹期−結痂)
12月24日 この日も葛湯、お粥、ほしいいをとり、便通もあり、天皇の機嫌はますます良好。
12月25日 天皇の様態は前夜から急変、激しい嘔吐と下痢におそわれ、顔には紫の斑点が現れた。
さらには「御九穴より御脱血」、七転八倒の苦しみのうちにその夜遅く亡くなった。

http://www.ctk.ne.jp/~knagao/meiji.htm

787 :日本@名無史さん:03/07/14 14:17
天然痘は数日間の前駆期を経て発疹期にはいり2〜3週間で完治する。
発疹期は「紅斑→丘疹→膿疱→結痂→落屑」と移行。
「死亡する場合1週目後半〜2週目」とは6日目から11日目前後の化膿期のこと。

孝明天皇は、12月12日前後に発症(17日は公式発表日)、
その後の経過は極めて良好で、発症から10日目頃には、
「全て御順道との儀承り、恐悦に存じ上げ候」と記録されてる。
「吹き出物の膿も出てしまい乾燥しはじめた」状態から、
亡くなる前日には天然痘が完治寸前の状態だった。
また、気管支肺炎などの吐血を伴う合併症の兆候も全く見られない。

やはり最後の日に突然激烈な発作を起こしたことは不可解としか言いようがない。

788 :日本@名無史さん:03/07/14 16:27
双方必死でググっては自分の説に都合のいいホムペをコピペしあってるな(w
自力で調査しようという香具師はいないのかよ。

789 :???:03/07/14 16:33
http://www.39001.com/cgi-bin/cpc/gateway.cgi?id=ookazujp

790 : :03/07/14 16:39
>>787
許可するからオマエが掘り返してこい

791 :日本@名無史さん:03/07/14 16:53
孝明天皇は病死だよ。天然痘の悪化による病死。
どうして毒殺ということにしなくちゃいけないのか、真意がわからないな。

792 :日本@名無史さん:03/07/14 17:17
孝明天皇が死んで佐幕派も討幕派もホッとしたことは確かだわな。

793 : :03/07/14 17:51
痘   瘡   で   9   ヵ   所   か   ら   
       
      血   ふ   く    よ      う     な   

          変   な    死     に     か     た   

            す       る      か   y   o   !      藁

794 :日本@名無史さん:03/07/14 17:54
病死であることは限りなく怪しい。したがって岩倉が殺ったのは明らかでしょう。

795 :日本@名無史さん:03/07/14 18:24
>>794
非論理的な文章だな。「したがって」の前と後に論理的連関がないぞ。

796 :日本@名無史さん:03/07/14 18:27
>>793
するんだよ。ヤダネェ自分の医学的知識のなさをさらけだしてサ。

797 :日本@名無史さん:03/07/14 19:19
>>785は説明になってないだろ。毒殺だね。

798 :日本@名無史さん:03/07/14 19:26
>>797
要するに「>>785に反論する材料がありません」てことね(w

799 :_:03/07/14 19:28
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

800 :日本@名無史さん:03/07/14 19:36
>>785は反論以前の非論理的な文章。
脈絡もなく「天然痘による病死ですね」と言われてもハア?としか言いようがない。

801 :日本@名無史さん:03/07/14 19:38
>>800
ヤダネ、自分の読解力のなさを棚にあげてサ(w

802 :日本@名無史さん:03/07/14 19:44
>>785
発症日を間違ってるしw

>亡くなる前日には天然痘が完治寸前の状態だった。
>また、気管支肺炎などの吐血を伴う合併症の兆候も全く見られない。

毒殺です。

803 :日本@名無史さん:03/07/14 20:00
病死です。

804 :日本@名無史さん:03/07/14 20:04
腹上死・・・なわけないか。

805 :毒殺真理教:03/07/14 20:16
あきらかに病死ではありません。したがって岩倉による暗殺と断言できます。


806 :日本@名無史さん:03/07/14 20:18
「天然痘は快方に向かっていたときに突如死んだ」
という状況が本当かどうかがけっこう重要だろうけど、
この辺に触れた資料とかって書籍の形で売られていますか?

このスレ見て興味わいたんで、普通の本屋や図書館なんかに
おいてあるような本があれば、読んでみたいのですが。

807 :日本@名無史さん:03/07/14 20:19
>>805
「したがって」の使い方が絶妙ですな、カルト信者殿(w

808 :日本@名無史さん:03/07/14 20:41
>>806
藤田覚「幕末の天皇」(講談社)くらいしかないと思うよ。
ちなみに藤田氏は両論併記しただけで、結論を保留している。

809 :ライフスペース代表:03/07/14 20:48
病死と言うのは定説です。世界には多くの定説があるのです。

810 :日本@名無史さん:03/07/14 20:51
>>809
獄中からのカキコでつか?(w

811 :日本@名無史さん:03/07/14 21:16
>>805 >>807 >>809 >>810
自作自演(・A・)イクナイ!!

812 :ライフスペース代表:03/07/14 21:24
>>811
>>810は俺じゃないよ、ヴォケ!>>805はどうだか知らんがな。

813 :日本@名無史さん:03/07/14 21:42
>>806
中山忠能日記/日本史籍協会編/東京大学出版会
孝明天皇紀/宮内省先帝御事蹟取調掛編/平安神宮
普通の本屋には置いてないと思いまつ
そっち系の古本屋か図書館をあたりませう

814 :785:03/07/14 21:45
>>786
786のHPをみると12日もしくは15日の発症のようですね。
仮に12日発症とみると、山場である膿疱期に元気が出はじめる、というのが解せないところですね。
全体として日付がずれているか、膿疱期に元気で、治癒期(?)に容態が急変する特異体質だったのでしょうかね?
膿疱期の特異性を認めて、治癒期(?)の特異性を認めないのは片手落ちではないでしょうか。
それと唐突に砒素中毒の話が出てきますが、出血性の天然痘の話はあっても、出血性の砒素中毒の話は
ググッた範囲では出てこなかったな。まあ天然痘で弱ってる人に砒素を盛ったら出血するのかもしれませんが。

>>788
おれはこのスレどころか日本史板も785が初カキコなんですが…、
それは置いといて、消極的に病死だと思っています。(17日発症なら積極的)
人の死のデフォルトは病死なり事故死で、暗殺による殺人はレアケースなので、
立証義務は暗殺側にあります。
特に天然痘患者が死んだ場合は、天然痘が原因で亡くなったとみるのがデフォルトだと思います。

>>806
おれもそう思います。

>>808,813
ありがとう

815 :日本@名無史さん:03/07/14 23:28
>>814
急性砒素中毒は粘膜からの出血を伴います。
嘔吐、吐血、下血、肝機能障害、全身ケイレン、チアノーゼ、
体各部の激しい痛み、意識混濁、紫斑、化膿性結膜炎…
孝明天皇の『御九穴より御脱血、七転八倒の苦しみ』という症状は、
急性砒素中毒症状に合致します。
http://homepage3.nifty.com/shinden-forest/04_tougou/doc/10.html

816 :日本@名無史さん:03/07/15 00:18
病死が限りなく怪しいのに死因解明に否定的な香具師がいる。
死因をウヤムヤにしたがっている香具師が岩倉師事者ということは

状況証拠は岩倉限りなく黒だな。

817 :日本@名無史さん:03/07/15 00:19
>>816
> 死因をウヤムヤにしたがっている香具師が岩倉師事者ということは
詳しく教えてください。

818 :日本@名無史さん:03/07/15 00:29
>>816
すみませんが、日本語をきちんと勉強されてから書き込んだほうがいいですよ。

819 :岩倉具視:03/07/15 00:32
もう時効だよ、ククク・・・

820 :日本@名無史さん:03/07/15 00:35
http://homepage3.nifty.com/shinden-forest/04_tougou/doc/10.html

このページ読んでみたけど「出血」なんて一言も書いてないぞ。

821 :785:03/07/15 00:36
>>815
とーもです。815のHPを読むと砒素中毒による出血は粘膜からとは書いておらず、臓器不全による出血
(吐血、下血、血尿)があるといってるように見えますが。尤も臓器も粘膜ですが。

『御九穴より御脱血』の「九穴」が何か特定の穴を指すのか、体中(本来上皮である部分)からも
出血しているということでしょうかね?
特定の穴なら天然痘でも砒素中毒でも説明できることになるでしょうが、体中からという意味なら
やはり砒素中毒では説明できないと思いますが。

822 :日本@名無史さん:03/07/15 01:40
>>821
急性ヒ素中毒−消化管系の症状
>大量投与により毛細血管からの血漿の漏出が起こり、
>消化管粘膜下に小胞が生じる。
>やがて小胞が破裂すると上皮組織の破片が分離し、
>血漿は腸の内腔に放出されて凝固する。
>粘膜からの出血により吐血する。 

HP:キーワード「毒性機序 ヒ素とは?」でググル
パワーポイントが無ければHTMLバージョンの方を見れ

>『御九穴より御脱血』の「九穴」が何か特定の穴を指すのか
砒素中毒は激しい嘔吐と下痢を伴うけど、
それに血が混じっていたらどう見える?
さらに目の充血や鼻血が伴ったら「御九穴より御脱血」っぽくなるでしょ。
さすがに耳の穴から血が出たとは思えないけど、
横たわりながら吐血を繰り返したら顔中血まみれだよね。
女官達の間には「厠にて槍で刺された」という噂が流れてるけど、
ミカドの肛門や口からの出血がそれほどおびただしかったってことだと思う。

823 :山崎 渉:03/07/15 11:35

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

824 :日本@名無史さん:03/07/15 12:09
孝明天皇は病死だよ。天然痘の悪化による病死。
どうして毒殺ということにしなくちゃいけないのか、真意がわからないな。


825 :毒殺真理教:03/07/15 21:21
病死説はあやしいです。どのような手段を使ったかは興味はありませんが、
とにかく岩倉が殺ったと断言します。


826 :日本@名無史さん:03/07/15 21:59
孝明天皇は岩倉に殺された

827 :日本@名無史さん:03/07/15 22:07
>>825
あはははははははははは。座布団1枚あげる(w

828 :日本@名無史さん:03/07/15 22:07
>>821
御目×弐、御鼻×弐、御口×壱、御耳×弐、御尿道口×壱、御肛門×壱、合計御九穴
ちなみに女のばやいは御汚○○古×壱が加算され御壱拾穴

829 :785:03/07/15 22:14
>>822
五臓六腑七…八…九穴みたいな言葉があるのかと思っていましたが、
そうではないようですね。(九⇔陽の終わり⇔崩御 なのかな?)
現代医が臨床記録を取っていたわけではないので、全身から出血していたか
特定の穴からの出血が全身に付着したかは、判定不能というわけですね。

判定不能なら譲歩せざるを得ないので、これで、出血性の天然痘でも急性砒素中毒でも説明可能な
下地は出来ましたが、ここから「急性砒素中毒でなければならない」に進む理由が解りかねるのですが。

830 :785:03/07/15 22:20
>>828
取り急ぎ、どうもです。

831 :日本@名無史さん:03/07/15 23:31
>ここから「急性砒素中毒でなければならない」に進む理由が解りかねるのですが。
それこそまさに「毒殺真理教」なんですよ(w
理屈ぬきで何がなんでも岩倉が殺したことにしなければならない!

832 :日本@名無史さん:03/07/15 23:42
>>829
つか天然痘で9穴出血状態になるの?
病状が段階的に悪くなってるならわからないでもないけど、
カサブタとれたらもう全快だぜ、という時にいきなり七転八倒で悶死だろ。
毒殺ならわかるけど、天然痘で説明できないじゃん。

833 :毒殺真理教:03/07/15 23:48
天然痘で説明できません。したがって岩倉による暗殺であるという結論は明らかです。

834 :日本@名無史さん:03/07/15 23:50
>>833
おまえいつも必死だね

835 :毒殺真理教:03/07/15 23:56
手段や過程など関係ありません。とにかく孝明天皇の死の最終的な受益者は
岩倉になったのだから、岩倉が殺ったに決まってます。


836 :日本@名無史さん:03/07/15 23:56
「毒殺真理教」のハンドルでカキコしてる香具師は、
毒殺説の迷妄をからかってるだけだと思うけど・・・必死か?
洩れには特に必死には見えんが。

837 :日本@名無史さん:03/07/16 00:01
791 名前:日本@名無史さん 投稿日:03/07/14 16:53
孝明天皇は病死だよ。天然痘の悪化による病死。
どうして毒殺ということにしなくちゃいけないのか、真意がわからないな。

824 名前:日本@名無史さん 投稿日:03/07/15 12:09
孝明天皇は病死だよ。天然痘の悪化による病死。
どうして毒殺ということにしなくちゃいけないのか、真意がわからないな。


838 :日本@名無史さん:03/07/16 00:07
>>836

>155 :日本@名無史さん :02/11/24 22:54
>毒殺派の意見は可能性の指摘であって「断言」はしてないよ。
>むしろ病死派の方が毒殺じゃないと「断言」してる。
>「断言」が気にくわなければ、
>根拠もなく毒殺を否定してる意見に噛みつくべくだ。

>なお、毒殺か否かは科学的にはそれほど難しい問題ではなく、
>発掘調査をすれば簡単にケリがつく。
>しかし、岩倉たちが天皇を不可侵の存在に祭り上げてしまったため、
>現代に至っても科学的な調査ができない。

>こういう場合、毒殺疑惑が存在することを認めるのが科学的態度だ。

839 :毒殺真理教:03/07/16 00:13
岩倉がどのような毒殺の手段を用いたのかは興味ありません。
とにかく、孝明天皇の死によって岩倉が躍進し、
その岩倉が病死と結論しているのだから、殺ったに決まっています。


840 :毒殺真理教:03/07/16 00:19
「岩倉に疑惑がある」と強く心に念じ、
「どうやって殺ったの」という邪念を振り払いましょう。
やがて「岩倉が絶対に殺った」という解脱を迎えることが出来るでしょう。


841 :785:03/07/16 00:54
>>832
おれが砒素中毒の症状をよく知らなかったので深入りしましたが、
砒素の話は枝葉というか、二次的部分で、一次的な部分は孝明帝の容態経過の正確な把握だと思います。
で、814に戻ります。まあ、808,813さんが紹介してくれた書物をあたってみますかね。

842 :(-_☆):03/07/16 01:46
>>840

 岩倉がやったかどうかを別にしてもやはり毒殺の疑いは消せないわな。

 ましてやああいう不審な死に方をして大室天皇家の人間が摩り替わって即位した
疑惑さえあったというのに孝明天皇と親しかった徳川家が騒がなかった(それ
どころか無抵抗に徹した)というのも不審極まりない!

 即位前と即位後の明治天皇は特徴から見ても別人過ぎるし、江戸制圧後、
あわてるように遷都した事も奇妙すぎる。(京にい続けると不味い事でも
あったのでしょうか?)

 この謎は南北朝時代から幕府創立までに至る天皇家の秘密を調べないと謎の
ままで終わると思う。

 たぶん足利義満と世良田元信(影武者家康)が重大な鍵を握っていると見た。


843 :日本@名無史さん:03/07/16 05:15
オオムロネタはもうおなかいっぱいだっつーの!

844 :日本@名無史さん:03/07/16 07:05
>即位前と即位後の明治天皇は特徴から見ても別人過ぎるし
 特徴が変われば別人なんですかW
 ダイエットしたり、趣味を増やしたり、態度や言葉遣いを変えたりすれば、簡単に別人になれますね。

 私は小さい頃泣き虫で悪口を言われるたびに泣いてばかりいましたが、今は相手を論破して泣かしています。
 中学・高校の時は友人がほとんどいませんでしたが、大学の時はたくさん友人ができました。

 私は以前と別人なんですか?誰かが入れ替わっているんですかw

845 :日本@名無史さん:03/07/16 07:07
岩倉が殺って、慶喜は見て見ぬ振りというところか?
とにかく徳川にも何か弱味があって真相究明に熱心に取り組まなかったのだろう。

846 :日本@名無史さん:03/07/16 07:13
討幕派も佐幕派も香具師が死んでくれてホッとしたことは間違いないわな

847 :日本@名無史さん:03/07/16 07:19
人の死のデフォルトは病死なり事故死で、暗殺による殺人はレアケースなので、
立証義務は暗殺側にあります。
特に天然痘患者が死んだ場合は、天然痘が原因で亡くなったとみるのがデフォルトだと思います。



848 :日本@名無史さん:03/07/16 12:16
>>841 >>847
「容態経過の正確な把握」は重要。
このスレで出された史料が正しいとすると論点は概ね次のとおり。
・孝明天皇は天然痘の快癒段階で突然激烈な発作をおこして短時間で死亡している。
・これは一般的な天然痘の様態経過として説明することは困難。
・可能性としては合併症か毒物中毒。
・合併症の場合、突然発症した他の病気とは何か?
・毒物の場合、砒素中毒症状として説明可能。
いずれにせよ死因は天然痘とは別にあることになる。

「天然痘患者の死因は天然痘に決まってる」
という先入観を維持したければ、明治政府が行ったように、
この問題について口にすること自体をタブーとする必要がある。
また、
>しかし、岩倉たちが天皇を不可侵の存在に祭り上げてしまったため、
>現代に至っても科学的な調査ができない。
このような状況下で「立証義務は暗殺側」にあるなどという主張はナンセンス。

849 :日本@名無史さん:03/07/16 12:32
>>846
幕府が佐幕派の天皇を殺める動機はほとんどない。
慶喜は孝明天皇の死によって京都での地歩を失っており、幕府にとって孝明天皇の死は最大級の痛手だった。

むしろ玉を握ることに必死になっていた岩倉や薩長に、毒殺の最大の動機があることは間違いない。
孝明天皇の死がなければ薩長による王政復古クーデターはありえなかった。

850 :日本@名無史さん:03/07/16 14:19
人の死のデフォルトは病死なり事故死で、暗殺による殺人はレアケースなので、
立証義務は暗殺側にあります。
特に天然痘患者が死んだ場合は、天然痘が原因で亡くなったとみるのがデフォルトだと思います。


851 :日本@名無史さん:03/07/16 15:22
>>850
孝明天皇は一般人ではなく政争の渦中にいたレアケースな存在。
しかもどう見ても死因は天然痘じゃない。

>なお、毒殺か否かは科学的にはそれほど難しい問題ではなく、
>発掘調査をすれば簡単にケリがつく。
>しかし、岩倉たちが天皇を不可侵の存在に祭り上げてしまったため、
>現代に至っても科学的な調査ができない。

>こういう場合、毒殺疑惑が存在することを認めるのが科学的態度だ。

852 :(-_☆):03/07/16 16:03
>>844

 釣り師でないのなら、単なる勉強不足と見た。

 だいたいあの頃の皇族は数年で趣味、性格のみならず顔つきや体格、付き合う人間の
種類まで変わるほどダイナミックな人生を過ごしていたのかね?(w


853 :日本@名無史さん:03/07/16 16:11
>>851
疑惑はあくまでも「疑惑」でしかないね。立証できますか?できないでしょう。

854 :(-_☆):03/07/16 16:15
>>844

 ついでに指摘するが父親が殺された場合、子供が暗殺者側のくぐつになる
という補償はない。
 むしろ親子共々暗殺される例は多いといえる。

 それに明治帝の奥方の称号が何故”皇太后(先帝の妻)”なのだ?

 彼女は夫の名を騙って皇位を奪った明治天皇に体を許すことができず皇太后
を名乗った。
 だからこそ明治帝との間に子供が生まれなかったとも考えられるのでは?


855 :日本@名無史さん:03/07/16 16:19
>それに明治帝の奥方の称号が何故”皇太后(先帝の妻)”なのだ?
夫の死後も健在で、大正時代になってから諡を贈られたからでしょう。

856 :(-_☆):03/07/16 16:22
>>853

 おっしゃる事はもっともだが怪しすぎる場合、その論法は馬鹿げた屁理屈になる。

 だいたいその話を敷衍すれば、「家康の天下が定まる過程で豊富恩顧の大名が
次々と死亡、取り潰しにあったのは偶然の結果で、家康の野望とは無関係である。」
と主張するようなものだろう?

 おかしい事はおかしいと言うのは常識的な姿勢だ。

857 :日本@名無史さん:03/07/16 16:29
>>856
>だいたいその話を敷衍すれば
どこをどう敷衍すればそうなるのかわかりませんなあ。
デムパな書き込みはご遠慮ください。

858 :日本@名無史さん:03/07/16 16:45
>>853
まず「天然痘による病死」を立証してごらん

859 :日本@名無史さん:03/07/16 16:49
>>858
いえいえ、遠慮なさらず、あなたからどうぞ。

860 :(-_☆):03/07/16 16:51
>>857

 「明確な立証がない=史実ではありえない」という論法が絶対の基準なら

 「豊臣側有力大名の連続的急死は幕府の仕業ではない」という妄言も正当化できる
ではないかいかと思ってああいうアバウトなカキコになってしまった。

 申し訳ない。


861 :(-_☆):03/07/16 16:53
>>859

 「伝染性の弱い新種の天然痘だった」と主張してみたらどうです?(w

862 :日本@名無史さん:03/07/16 16:54
「連続的急死」は幕府の仕業ではなく単に病気か寿命でしょう。
外様大名を次々にとりつぶしたのはまちがいなく幕府の仕業ですけどね。

863 :日本@名無史さん:03/07/16 16:56
>>861
いえいえ、私は「毒殺」以上に笑いの取れるネタは思いつきません。

864 :日本@名無史さん:03/07/16 16:59
もう時効なんだから認めちゃえよ。
なんで岩倉みたいなクズをかばう必要がある?

865 :(-_☆):03/07/16 17:09
>>862

 君のような男は、隠密や忍びがなぜ暗殺術までも磨いていたのか想像も
出来ないのだろうなあ・・・(w
 大体、あれが幕府の仕業でないのなら、別な意味(豊臣系の力を弱めようとする
何者かの暗躍)で幕閣が騒ぐはずだろうが!(w

 ・・・君は1千回生まれ変わっても殺人課の刑事や探偵などにならんほうが
いい。


866 :(-_☆):03/07/16 17:27
>>863

 「毒殺」ってそんなに笑えるのか?

 どうも>>863は特殊な環境で育った方らしい・・・

867 :岩倉具視 :03/07/16 20:20
「毒殺」は笑える、ククク・・・

868 :日本@名無史さん:03/07/16 23:00
>>849
幕府が攘夷派の天皇を殺める動機は大いにある。
孝明天皇は幕府の人事にも積極的に介入しており、幕府にとって孝明天皇は最大級の難物だった。

むしろ洛外に蟄居させられていた岩倉や薩長に、毒殺の手段が乏しいことは間違いない。
孝明天皇の死がなければ慶喜による兵庫開港勅許はありえなかった。




869 :岩 倉具視:03/07/16 23:22
>850
> 立証義務は暗殺側にあります。
 そんな無茶な。わたしは無実だ!

870 :豚一:03/07/16 23:38
回復祝いに一緒に豚食ったんだが・・・・関係無いはずだ・・・・

871 :岩倉具視:03/07/16 23:56
犯人は中御門経之。
漏れはそそのかしただけ。

872 :日本@名無史さん:03/07/17 13:15
孝明天皇は病死です。
岩倉具視は無実です。

873 :844:03/07/17 13:57
>>852
>だいたいあの頃の皇族は数年で趣味、性格のみならず顔つきや体格、付き合う人間の
種類まで変わるほどダイナミックな人生を過ごしていたのかね?(w

 充分にあり得るんじゃないか?つい数年前まで、ほとんど発言力を行使できなかった「天皇」という地位が、重要な地位になってきた時代的背景。
 天皇を利用したい連中が色々な事を吹き込みに来たことだろう。
 公家の傍には、下級武士とかが平気でいる時代だろ?
 幼時には、皆から愚鈍者扱いされた徳川家光が、将軍として充分な権力を発揮したし、昭和天皇だって、幼時は、愚鈍で秩父宮にバカにされていたけど、田中義一内閣を潰したりとかリーダーシップを発揮した時もあった。
 やはり、「特徴」ごときは、論拠に含めるべきではない。
 
>それに明治帝の奥方の称号が何故”皇太后(先帝の妻)”なのだ?
 亡くなった時は、大正天皇の時代であって、当時は皇太后であり、近年では英照皇太后ぐらいしか天皇の妻に称号を贈った例が無かったためでは?

874 :日本@名無史さん:03/07/17 14:13
>田中義一内閣を潰したりとかリーダーシップを発揮した時もあった。
愚鈍だって権力を振り回すことくらいできるさ。
その結果日本は戦争に負けたんだけどね。
ただ禁門の変の砲撃音で気絶するほど繊細で華奢な京都明治天皇が、
戦場を馬で駆け回り女官の前でオナラし放題の粗野で下品な東京明治天皇になるとは、
とうてい考えられない。

875 :毒殺真理教:03/07/17 17:30
「岩倉が殺った」という信仰を得た解脱者は次は鹿島教にステップしましょう。


876 :日本@名無史さん:03/07/17 17:58
なぜ昭憲皇后ではなく、昭憲皇太后なのか?
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/html/history/honbun/nanboku4-2.html

877 :日本@名無史さん:03/07/17 19:12
>874
> その結果日本は戦争に負けたんだけどね。
 責任転嫁は良くないですな。まあ、誰かから教わった嘘を何の考えもなしでオウム返しにしているだけでしょうが。

878 :日本@名無史さん:03/07/17 20:16
岩倉タンってインドネシアの原住民みたいな顔してるんだけど、
ほんとに公卿なの?

879 :日本@名無史さん:03/07/17 21:06
>>877
昭和天皇が十五年戦争を防げなかったのは確かだがな。

880 :日本@名無史さん:03/07/17 21:13
(-_☆) が出現して以来、このスレッドもひとつステージをあがったな。
電波がとびかう度合いがぐっと増した。

881 :日本@名無史さん:03/07/17 21:16
岩倉はただの博打打ちのおっさん

882 :日本@名無史さん:03/07/17 21:17
岩倉は賭場を提供していただけじゃねえの?

883 :日本@名無史さん:03/07/17 21:18
「王政復古」は日本史上まれに見るデムパ

884 :【^▽^】山宗我部豊親@高坂城:03/07/17 21:18
博徒に自宅だかを賭場として貸し、小遣いを
稼いでいた型破りの公卿だよな、岩倉。

885 :【^▽^】山宗我部豊親@高坂城:03/07/17 21:20
それは構わないが、孝明天皇殺しは許せんな。

886 :日本@名無史さん:03/07/17 21:21
>>883
もうちょっと具体的に頼む

887 :【^▽^】山宗我部豊親@高坂城:03/07/17 21:23
中山なんちゃらとかいう尊攘激派の若公卿が
岩倉を殺そうとしたが武市半平太が止めてしまった。


888 :日本@名無史さん:03/07/17 21:26
>>885
だから岩倉は孝明天皇を殺してなんかいねえって。

889 :日本@名無史さん:03/07/17 21:29
>879
> 昭和天皇が十五年戦争を防げなかったのは確かだがな。
 上っ面の責任者を仕立てあげて、それを論うことによって本質を誤魔化そうとする悪い癖は早く矯正するのが世のためだよ。

890 :岩倉具 視:03/07/17 21:30
>888
 わたしは無実だ!

891 :日本@名無史さん:03/07/17 21:46
筑波常治は、著「明治天皇」の中で、暗殺の噂も今となっては立証は困難
だろう、としている。暗殺の方法も数種類紹介してたが。

892 :毒殺真理教:03/07/17 22:01
>>888
だから岩倉以外に孝明天皇殺しはいねえって。




893 :日本@名無史さん:03/07/17 22:09
>>891
病死だって立証不可能なんだよ。

894 :日本@名無史さん:03/07/17 22:11
>>889
要するに、あの十五年戦争は原罪と同じで不可避の災厄だったのだな。

895 :日本@名無史さん:03/07/17 22:13
暗殺説は立証困難とかいう以前の荒唐無稽・抱腹絶倒の説でしかない。

896 :日本@名無史さん:03/07/17 22:15
病死説も立証困難とかいう以前の荒唐無稽・抱腹絶倒の説でしかない。

897 :日本@名無史さん:03/07/17 22:16
「も」ということは暗殺説が荒唐無稽・抱腹絶倒であることは認めるんだな。

898 :毒殺真理教:03/07/17 22:17
病死説の立証困難という状況から見れば岩倉による毒殺という結論しか導き出せない。




899 :日本@名無史さん:03/07/17 22:20
で、病死の証拠はどうなったん?
なんの病気で氏んだの?

900 :毒殺真理教:03/07/17 22:21
とにかく病死の証拠が無いのだから岩倉による毒殺に間違いありません。


901 :日本@名無史さん:03/07/17 22:23
病死派は完全に破綻。
あげあし取りしかできなくなりますた。

902 :毒殺真理教:03/07/17 22:27
病死説が破綻したということで、岩倉による暗殺ということは明確になりますた。


903 :日本@名無史さん:03/07/17 23:02
孝明天皇は病死。天然痘の悪化による病死。ほかに原因はありえない。

904 :_:03/07/17 23:02
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

905 :日本@名無史さん:03/07/18 00:13
>894
> 要するに、あの十五年戦争は原罪と同じで不可避の災厄だったのだな。
 「原罪」という言葉の意味が分からないですが、ともかく、戦争の
 ような巨大な現象は、可避か不可避かとかいったお手軽な事柄では
 あり得ないし、まして、単なる一個人に責任の全部をなすりつける
 ことができるはずがないと思います。
 孝明天皇が病死なり暗殺なりで死んだだけで以後の流れができたわ
 けではないのと似たようなもの・・・スレの趣旨に合わせようとす
 ると苦しいことである。


906 :日本@名無史さん:03/07/18 00:25
>>905
あんたの言っていることは、結局何も言っていないのと同じだね。

907 :殺された事実を素直に認めたくない人たちによって刺し殺された。:03/07/18 00:35
孝明天皇暗殺の真犯人が、初代総理大臣になった伊藤博文であったのは真実である。
そして、この暗殺は南朝革命のために睦仁親王暗殺、将軍家茂暗殺とリンクしていた。
彼が、人斬り名人と認められたのは17才頃であるが、大物を斬殺する度に名前を変え、
幼名は利助であったが、利介、利輔、俊輔などと名前を変えてきている。
大室寅之祐(明治天皇)は、長州奇兵隊の伊藤博文の力士隊の隊士であったから、伊藤の子分同様であった。
大室寅之祐と、殺害された睦仁親王(孝明天皇の実子)は性格も能力も全く異なり、
東京遷都のとき京都で仕えていた女官を全員解雇したのも、口封じの意味があったのだろう。
さて、「できもしない佐幕攘夷」を主張し続けて政局を混乱させていた北朝系(足利義満の後裔)の
孝明天皇が、「倒幕南朝革命」を指向した薩長同盟と岩倉具視らの演出によって暗殺されたのは、
慶応2年(1866年)12月25日洛中下京区岩滝町の堀河紀子邸であった。

同月中旬、英国軍艦に便乗してひそかに上京し、薩摩屋敷をアジトにしていた
長州力士隊の忍者集団は、品川弥二郎らの手引きで堀河邸の警備につき、
痘瘡の治った孝明帝が愛妾紀子のもとへ行幸してくるチャンスを待った。

やがて25日の明け方、便所の床下に隠れていた隊長の伊藤俊輔(博文)が、
自ら愛用の忍者刀を天皇に突き刺し殺害した後、隊士と共に悠々と堀河邸を
立ち去り、待機させておいた英国艦に乗って引き揚げた。
(便所は中二階式になっており、落下してくる排泄物を大きな箱で非人が
受け止め洗浄する仕組みになっていた。当時、非人の代わりに伊藤博文が
潜んでいたわけだ。)








908 :岩倉具視:03/07/18 00:36
おれが殺ったのは、孝明天皇だけじゃないよ、ククク

909 :日本@名無史さん:03/07/18 00:39
>>907
嘘つき。         

910 :日本@名無史さん:03/07/18 00:44
鹿島教の説法が始まったよ〜

911 :日本@名無史さん:03/07/18 00:49
孝明天皇は病死。天然痘の悪化による病死。ほかに原因はありえない。

912 :日本@名無史さん:03/07/18 00:56
つまり毒殺説支持者は、
岩倉が誠実な正直者だと主張してる訳だが、
こんな暴論を真に受ける日本人がいるのだろうか?

913 :日本@名無史さん:03/07/18 01:04
孝明天皇は暗殺。岩倉による毒殺。ほかに結論はありえない。




914 :日本@名無史さん:03/07/18 01:33
>>906
> あんたの言っていることは、結局何も言っていないのと同じだね。
 根本的に勘違いしてませんか?

915 :(-_☆):03/07/18 10:16
>>907

 あなたのいう事はにわかには信じがたいが、伊藤博文は元々世鬼一族の下忍だと
聞いたことがある。

916 :日本@名無史さん:03/07/18 12:51
暗殺説は立証困難とかいう以前の荒唐無稽・抱腹絶倒の説でしかない。

917 :日本@名無史さん:03/07/18 21:13
毒物中毒の症状で氏んでるのに、なんで根拠もなく病死扱いにするの?

918 :日本@名無史さん:03/07/18 21:21
孝明天皇は病死。天然痘の悪化による病死。ほかに原因はありえない。


919 :日本@名無史さん:03/07/18 22:56
>>918
このスレで出された史料が正しいとすると論点は概ね次のとおり。
・孝明天皇は天然痘の快癒段階で突然激烈な発作をおこして短時間で死亡している。
・これは一般的な天然痘の様態経過として説明することは困難。
・可能性としては合併症か毒物中毒。
・合併症の場合、突然発症した他の病気とは何か?
・毒物の場合、砒素中毒症状として説明可能。
いずれにせよ死因は天然痘とは別にあることになる。

「天然痘患者の死因は天然痘に決まってる」
という先入観を維持したければ、明治政府が行ったように、
この問題について口にすること自体をタブーとする必要がある。

920 :日本@名無史さん:03/07/18 23:14
孝明天皇は病死。天然痘の悪化による病死。ほかに原因はありえない。

921 :日本@名無史さん:03/07/18 23:36
「孝明天皇は病死。天然痘の悪化による病死。ほかに原因はありえない。」
と岩倉が言いまちた

922 :日本@名無史さん:03/07/18 23:39
>>921
病弱とはいえ突然死だな。

923 :日本@名無史さん:03/07/18 23:51
>>921
岩倉がそう言うのなら間違いないでしょう

924 :日本@名無史さん:03/07/19 01:36
>>922
孝明天皇が病弱とは初めて聞いた。(w

925 :日本@名無史さん:03/07/19 02:16
当時、重要人物の暗殺は他にいくらでも起きている。
孝明天皇だけが病死と言い張るのはあまりにも不自然。

926 :日本@名無史さん:03/07/19 02:20
徳川歴代将軍の中にもいたんじゃないの?
家継とか。

927 :おじいさん:03/07/19 03:51
ここにはじめてきたけど面白い。
ブッシュとブレアの謀略も100年過ぎるとこんな論争になってしまうのだろうな。

928 :毒殺真理教:03/07/19 05:54
孝明天皇は暗殺。岩倉による毒殺。ほかに結論はありえない。




929 :日本@名無史さん:03/07/20 09:46
「病状が回復しつつあったときの急死のため毒殺の可能性が高い」平凡社・世界大百科事典

930 :日本@名無史さん:03/07/21 22:19
孝明天皇は病死。天然痘の悪化による病死。ほかに原因はありえない。

931 :日本@名無史さん:03/07/21 23:34
孝明天皇暗殺の真犯人が、初代総理大臣になった伊藤博文であったのは真実である。
そして、この暗殺は南朝革命のために睦仁親王暗殺、将軍家茂暗殺とリンクしていた。
彼が、人斬り名人と認められたのは17才頃であるが、大物を斬殺する度に名前を変え、
幼名は利助であったが、利介、利輔、俊輔などと名前を変えてきている。
大室寅之祐(明治天皇)は、長州奇兵隊の伊藤博文の力士隊の隊士であったから、伊藤の子分同様であった。
大室寅之祐と、殺害された睦仁親王(孝明天皇の実子)は性格も能力も全く異なり、
東京遷都のとき京都で仕えていた女官を全員解雇したのも、口封じの意味があったのだろう。
さて、「できもしない佐幕攘夷」を主張し続けて政局を混乱させていた北朝系(足利義満の後裔)の
孝明天皇が、「倒幕南朝革命」を指向した薩長同盟と岩倉具視らの演出によって暗殺されたのは、
慶応2年(1866年)12月25日洛中下京区岩滝町の堀河紀子邸であった。

同月中旬、英国軍艦に便乗してひそかに上京し、薩摩屋敷をアジトにしていた
長州力士隊の忍者集団は、品川弥二郎らの手引きで堀河邸の警備につき、
痘瘡の治った孝明帝が愛妾紀子のもとへ行幸してくるチャンスを待った。

やがて25日の明け方、便所の床下に隠れていた隊長の伊藤俊輔(博文)が、
自ら愛用の忍者刀を天皇に突き刺し殺害した後、隊士と共に悠々と堀河邸を
立ち去り、待機させておいた英国艦に乗って引き揚げた。
(便所は中二階式になっており、落下してくる排泄物を大きな箱で非人が
受け止め洗浄する仕組みになっていた。当時、非人の代わりに伊藤博文が
潜んでいたわけだ。)




932 :日本@名無史さん:03/07/24 12:26
孝明天皇は病死。天然痘の悪化による病死。ほかに原因はありえない。


933 :日本@名無史さん:03/07/24 22:09
>932
 とはかぎらない。

934 :日本@名無史さん:03/07/25 01:15
「病状が回復しつつあったときの急死のため毒殺の可能性が高い」平凡社・世界大百科事典

935 :日本@名無史さん:03/07/25 01:44
大正天皇だって、どうだか。

936 :日本@名無史さん:03/07/25 01:45
孝明天皇暗殺の真犯人が、初代総理大臣になった伊藤博文であったのは真実である。
そして、この暗殺は南朝革命のために睦仁親王暗殺、将軍家茂暗殺とリンクしていた。
彼が、人斬り名人と認められたのは17才頃であるが、大物を斬殺する度に名前を変え、
幼名は利助であったが、利介、利輔、俊輔などと名前を変えてきている。
大室寅之祐(明治天皇)は、長州奇兵隊の伊藤博文の力士隊の隊士であったから、伊藤の子分同様であった。
大室寅之祐と、殺害された睦仁親王(孝明天皇の実子)は性格も能力も全く異なり、
東京遷都のとき京都で仕えていた女官を全員解雇したのも、口封じの意味があったのだろう。
さて、「できもしない佐幕攘夷」を主張し続けて政局を混乱させていた北朝系(足利義満の後裔)の
孝明天皇が、「倒幕南朝革命」を指向した薩長同盟と岩倉具視らの演出によって暗殺されたのは、
慶応2年(1866年)12月25日洛中下京区岩滝町の堀河紀子邸であった。

同月中旬、英国軍艦に便乗してひそかに上京し、薩摩屋敷をアジトにしていた
長州力士隊の忍者集団は、品川弥二郎らの手引きで堀河邸の警備につき、
痘瘡の治った孝明帝が愛妾紀子のもとへ行幸してくるチャンスを待った。

やがて25日の明け方、便所の床下に隠れていた隊長の伊藤俊輔(博文)が、
自ら愛用の忍者刀を天皇に突き刺し殺害した後、隊士と共に悠々と堀河邸を
立ち去り、待機させておいた英国艦に乗って引き揚げた。
(便所は中二階式になっており、落下してくる排泄物を大きな箱で非人が
受け止め洗浄する仕組みになっていた。当時、非人の代わりに伊藤博文が
潜んでいたわけだ。)







937 :日本@名無史さん:03/07/25 05:52
孝明天皇は病死。天然痘の悪化による病死。ほかに原因はありえない。


938 :日本@名無史さん:03/07/25 23:16
篠原潤一郎 『修羅の武士道』 祥伝社文庫
桜田門外の変で藩主を暗殺された彦根藩士の水戸藩主徳川斉昭暗殺を描く。主役は「彦根の西郷」と呼ばれた彦根藩士小西鉄蔵。



939 :日本@名無史さん:03/07/25 23:20
孝明天皇暗殺の真犯人が、初代総理大臣になった伊藤博文であったのは真実である。
そして、この暗殺は南朝革命のために睦仁親王暗殺、将軍家茂暗殺とリンクしていた。
彼が、人斬り名人と認められたのは17才頃であるが、大物を斬殺する度に名前を変え、
幼名は利助であったが、利介、利輔、俊輔などと名前を変えてきている。
大室寅之祐(明治天皇)は、長州奇兵隊の伊藤博文の力士隊の隊士であったから、伊藤の子分同様であった。
大室寅之祐と、殺害された睦仁親王(孝明天皇の実子)は性格も能力も全く異なり、
東京遷都のとき京都で仕えていた女官を全員解雇したのも、口封じの意味があったのだろう。
さて、「できもしない佐幕攘夷」を主張し続けて政局を混乱させていた北朝系(足利義満の後裔)の
孝明天皇が、「倒幕南朝革命」を指向した薩長同盟と岩倉具視らの演出によって暗殺されたのは、
慶応2年(1866年)12月25日洛中下京区岩滝町の堀河紀子邸であった。

同月中旬、英国軍艦に便乗してひそかに上京し、薩摩屋敷をアジトにしていた
長州力士隊の忍者集団は、品川弥二郎らの手引きで堀河邸の警備につき、
痘瘡の治った孝明帝が愛妾紀子のもとへ行幸してくるチャンスを待った。

やがて25日の明け方、便所の床下に隠れていた隊長の伊藤俊輔(博文)が、
自ら愛用の忍者刀を天皇に突き刺し殺害した後、隊士と共に悠々と堀河邸を
立ち去り、待機させておいた英国艦に乗って引き揚げた。
(便所は中二階式になっており、落下してくる排泄物を大きな箱で非人が
受け止め洗浄する仕組みになっていた。当時、非人の代わりに伊藤博文が
潜んでいたわけだ。)





940 :日本@名無史さん:03/07/25 23:47
孝明天皇は病死。天然痘の悪化による病死。ほかに原因はありえない。

941 :日本@名無史さん:03/07/29 04:39
↑というのは薩長が流した真っ赤なウソ。毒殺の可能性が極めて高い。

942 :日本@名無史さん:03/07/29 06:14
孝明天皇は病死。天然痘の悪化による病死。ほかに原因はありえない。


943 :(-_☆):03/07/29 09:28
 死ぬ事で権力を得る人間集団が存在し、しかもそれが実行可能だったという状況にも
かかわらず、容疑者が絶対的な権力を握った時代ではその疑問を口にするものがいない。
       ↓
 病死説を口にする方に問いたい!

 これをあやしいと言わずしてなにを怪しいというのだ!!


944 :日本@名無史さん:03/07/29 10:38
>>943
おまえの単純な思考過程が怪しい。
死ぬことで権力を得られた保証もない(二条関白も中川宮も将軍慶喜も健在)
実行可能だった状況もない(岩倉もその妹の女官も蟄居謹慎中)
疑問を口にした人間は当時から掃いて捨てるほどいた(宮中の女官とかね)


945 :日本@名無史さん:03/07/29 11:00
>>944
だから確実なことのみを記述すればいいんだよ。
 ・孝明天皇の死因はいまだ科学的に調査されていない。
 ・記録に残る死亡時の症状は急性毒物中毒症状に酷似しており天然痘の症状ではない。
 ・死亡当時より毒殺の噂が流れている。
 ・孝明天皇の死によって王政復古クーデターが成功し岩倉+薩長が権力を握った。
 ・倒幕派は天皇を玉と呼び政治の小道具程度にしか考えていなかった。
 ・明治政府は宮中関係者などに箝口令を敷き、孝明天皇の死因を無根拠で「病死」と断定した。
こうした事実から孝明天皇が病死だなんて結論は出てくるはずないだろ。

946 :日本@名無史さん:03/07/29 11:02
>>945
事実ではないものがだいぶまじってますけど。

947 :(-_☆):03/07/29 14:46
>>946の言いたいことを代弁すると

> ・孝明天皇の死因はいまだ科学的に調査されていない。
> ・記録に残る死亡時の症状は急性毒物中毒症状に酷似しており天然痘の症状ではない。
> ・孝明天皇の死によって王政復古クーデターが成功し岩倉+薩長が権力を握った。
> ・倒幕派は天皇を玉と呼び政治の小道具程度にしか考えていなかった。

がデタラメだそうです。(w


948 :日本@名無史さん:03/07/29 17:09
・死亡当時より毒殺の噂が流れている。

これだけが事実であとはデタラメだな。

949 :日本@名無史さん:03/07/29 17:14
アーネスト・サトウの手記では、ヒ素中毒に酷似した症状だという感想が記されている。
従来日本ではヒ素による毒殺が行われて居なかったので、ヒ素中毒だと気づいてないようだ・・・てさ。


950 :日本@名無史さん:03/07/29 17:15
犯人はどこから砒素を入手したんでしょうか

951 :日本@名無史さん:03/07/29 17:18
薩長なら、フランスと競合関係にあったエゲレスがヒ素による暗殺を助言した可能性がありそうだ。


952 :日本@名無史さん:03/07/29 17:47
>>950
幕末期の毒物といったら石見銀山。
殺鼠剤として売られていた砒素化合物で岩倉でも簡単に入手できた。
もともと「石見銀山」は島根県の鉱山の名前なんだけど、
実際は津和野の笹ケ谷銅山で産出されてた模様。

953 :日本@名無史さん:03/07/29 18:28
砒素化合物の購入が可能だということと、
それを孝明天皇に飲ませることが可能だということとは、
おのずから異なるけどな。
前者は簡単だが、後者は不可能。

954 :毒殺真理教:03/07/29 20:52
孝明天皇は暗殺。岩倉による毒殺。ほかに結論はありえない。




955 :日本@名無史さん:03/07/29 21:00
>>954
証拠もないのによく恥ずかしくもなくそういうことが言えるよな

956 :日本@名無史さん:03/07/29 23:12
>>955 ネタにしては激しくつまらない

957 :日本@名無史さん:03/07/29 23:14
>>956
誤爆ですか?

958 :956:03/07/29 23:21
>>957


954 名前:毒殺真理教 投稿日:03/07/29 20:52
       ~~~~~~~~~~~~
孝明天皇は暗殺。岩倉による毒殺。ほかに結論はありえない。

959 :お札君:03/07/29 23:44
戦後のお札のことを知りたいのです。
例:1円札 昭和21年から?年まで
  千円 夏目漱石 何年から何年まで 聖徳太子は ?
どこかに詳しく出ているところありませんか。
教えてください。待っています。

960 :日本@名無史さん:03/07/29 23:54
>>959
永久に待っててください。

961 :(-_☆):03/07/30 01:43
 食事に毒を盛ること自体難しい話ではないぞ?

 大体、当時の公家や女官どもに忍びの者の侵入を察知し、撃退する力があるとは
信じられん!(毒殺説を否定する人は当時の宮中関係者が途方もない豪傑ぞろいだと
信じる根拠があったと見える。ぜひ説明していただきたいものだ・・・)

 しかも毒殺は別に食事の中に毒を入れるばかりとは限らない。
 飲み水に入れる場合、食器に塗る場合、粉末の毒を扇子や団扇につけて風に乗せて
相手の粘膜に付着させる場合、着衣に付ける場合、睡眠中に口元へたらした糸を伝って
唇へ注ぐ場合、小さい毒針を仕込んだ指輪を嵌めた手で介抱と見せかけて刺す場合・・・

 様々な暗殺方法で戦国期の武将ですら討ち取られたとされる例があったというのに・・・ 

 しかも当時の天皇は病み上がりで弱っていたはず、微弱な毒でも効果はあったでしょう?

 まあ、天皇に筆先を舐める癖があった場合、墨に毒を入れるだけで容易に毒殺できる
わけだからさらに簡単な話となるが・・・


962 :日本@名無史さん:03/07/30 04:55
>>961
忍びの者? ( ´,_ゝ`)プッ
想像に想像を積み重ねて、ごくろうなことだ。

963 :京都人150歳:03/07/30 05:36
孝明天皇は岩倉に殺されたよ。
あの日御所から女装して出てくる岩倉を俺は見てしまったよってに。

964 :日本@名無史さん:03/07/30 05:39
>>963
ネタですか?釣りですか?

965 :日本@名無史さん:03/07/30 05:44
あのいかつい顔の岩倉が女装・・・
なんかほほえましい光景だよね。

966 :>961:03/07/30 06:52
影の軍団の三杉です。

967 :日本@名無史さん:03/07/30 20:30
病死派は駄レスに終始し、早くこのスレを終わらせたい模様です。
病死以外だと都合が悪いようです。

968 :山崎 渉:03/08/02 01:24
(^^)

969 :(-_☆):03/08/02 20:40
>>962

 君はまさか幕末の薩長に忍びは無かったと信じているわけか?

 だとすると君は当時の状況を知らないか、当時の日本人が諜報活動を行わなかったと
信じている事になるぞ。

 本気でいっているのか?冗談か?

 本当に何も知らないなら江戸時代、特に幕末時における幕府や雄藩の諜報活動に
関する研究記録だけでも目を通してみな!

 だいたい幕府海軍関係者の勝海舟ですら幕府に於ける江戸柳生家の諜報活動の
重要性を柳生宗矩を例に挙げて認めていたというのに・・・

 君は”馬鹿の振り”をしているのか?それとも本心からああなのか?


970 :日本@名無史さん:03/08/02 20:44
毒殺真理教徒は駄レスに終始し、早くこのスレを終わらせたい模様です。
岩倉による毒殺以外だと都合が悪いようです。




971 :日本@名無史さん:03/08/02 21:06
とりあえずこのスレでは天然痘による病死じゃないことははっきりしたけど、
どうも論点が噛み合っていない。次スレが必要だね。

972 :日本@名無史さん:03/08/03 04:37
孝明天皇暗殺の真犯人が、初代総理大臣になった伊藤博文であったのは真実である。
そして、この暗殺は南朝革命のために睦仁親王暗殺、将軍家茂暗殺とリンクしていた。
彼が、人斬り名人と認められたのは17才頃であるが、大物を斬殺する度に名前を変え、
幼名は利助であったが、利介、利輔、俊輔などと名前を変えてきている。
大室寅之祐(明治天皇)は、長州奇兵隊の伊藤博文の力士隊の隊士であったから、伊藤の子分同様であった。
大室寅之祐と、殺害された睦仁親王(孝明天皇の実子)は性格も能力も全く異なり、
東京遷都のとき京都で仕えていた女官を全員解雇したのも、口封じの意味があったのだろう。
さて、「できもしない佐幕攘夷」を主張し続けて政局を混乱させていた北朝系(足利義満の後裔)の
孝明天皇が、「倒幕南朝革命」を指向した薩長同盟と岩倉具視らの演出によって暗殺されたのは、
慶応2年(1866年)12月25日洛中下京区岩滝町の堀河紀子邸であった。

同月中旬、英国軍艦に便乗してひそかに上京し、薩摩屋敷をアジトにしていた
長州力士隊の忍者集団は、品川弥二郎らの手引きで堀河邸の警備につき、
痘瘡の治った孝明帝が愛妾紀子のもとへ行幸してくるチャンスを待った。

やがて25日の明け方、便所の床下に隠れていた隊長の伊藤俊輔(博文)が、
自ら愛用の忍者刀を天皇に突き刺し殺害した後、隊士と共に悠々と堀河邸を
立ち去り、待機させておいた英国艦に乗って引き揚げた。
(便所は中二階式になっており、落下してくる排泄物を大きな箱で非人が
受け止め洗浄する仕組みになっていた。当時、非人の代わりに伊藤博文が
潜んでいたわけだ。)





973 :日本@名無史さん:03/08/03 06:14
>>969
忍びの者? ( ´,_ゝ`)プッ
諜報活動=忍びの者なわけだ。講談浪曲の聴きすぎじゃないの?


974 :日本@名無史さん:03/08/03 07:42
ゴルゴ13

975 :日本@名無史さん:03/08/03 12:20
そういや西郷も一時期、島津斉彬のお庭番みたいなことやってたよね。

976 :日本@名無史さん:03/08/03 13:40
「彼ら(日本商人達)は、また私に帝の崩御に関するニュースを伝えた。それは
たった今、公表されたばかりだといった。噂では帝の崩御されたのを天然痘とし
ていた。しかし数年後、その間の内幕によく通じている一日本人が私に確言した
ところによると、毒殺されたのだという。この帝は所信をもって、外国人に対する
いかなる譲歩にも真っ向から反対してきた。そのために、きたるべき幕府の崩壊に
よって、否が応でも朝廷が西洋諸国との関係に当面しなければならなくなるのを
予見した一部の人々に殺されたというのだ。この保守的な帝をもってしては戦争を
もたらす紛議以外の何ものも、おそらく期待できなかったであろう。」
アーネストサトウ「一外交官の見た明治維新」

利害関係の無いサトウがこう証言してるんだから毒殺で決定だろ。

977 :日本@名無史さん:03/08/04 02:27
>>973
しのびのものって人殺しの事だろ。伊藤博文が何度も名前変えた理由は  w

978 :日本@名無史さん:03/08/04 02:29
孝明天皇暗殺の真犯人が、初代総理大臣になった伊藤博文であったのは真実である。
そして、この暗殺は南朝革命のために睦仁親王暗殺、将軍家茂暗殺とリンクしていた。
彼が、人斬り名人と認められたのは17才頃であるが、大物を斬殺する度に名前を変え、
幼名は利助であったが、利介、利輔、俊輔などと名前を変えてきている。
大室寅之祐(明治天皇)は、長州奇兵隊の伊藤博文の力士隊の隊士であったから、伊藤の子分同様であった。
大室寅之祐と、殺害された睦仁親王(孝明天皇の実子)は性格も能力も全く異なり、
東京遷都のとき京都で仕えていた女官を全員解雇したのも、口封じの意味があったのだろう。
さて、「できもしない佐幕攘夷」を主張し続けて政局を混乱させていた北朝系(足利義満の後裔)の
孝明天皇が、「倒幕南朝革命」を指向した薩長同盟と岩倉具視らの演出によって暗殺されたのは、
慶応2年(1866年)12月25日洛中下京区岩滝町の堀河紀子邸であった。

同月中旬、英国軍艦に便乗してひそかに上京し、薩摩屋敷をアジトにしていた
長州力士隊の忍者集団は、品川弥二郎らの手引きで堀河邸の警備につき、
痘瘡の治った孝明帝が愛妾紀子のもとへ行幸してくるチャンスを待った。

やがて25日の明け方、便所の床下に隠れていた隊長の伊藤俊輔(博文)が、
自ら愛用の忍者刀を天皇に突き刺し殺害した後、隊士と共に悠々と堀河邸を
立ち去り、待機させておいた英国艦に乗って引き揚げた。
(便所は中二階式になっており、落下してくる排泄物を大きな箱で非人が
受け止め洗浄する仕組みになっていた。当時、非人の代わりに伊藤博文が
潜んでいたわけだ。)




979 :日本@名無史さん:03/08/04 02:50

朝鮮人は日本偽史に詳しいねぇ、我々日本人は朝鮮の歴史を
知らないから、教えていただきたいのだが。

捏造史では国際的に通用しないからいらないよ。

980 :日本@名無史さん:03/08/04 21:55
幕末史の核心部分はいまだ闇の中。
確実に言えることは明治政府の「公式発表」はほどんどデタラメということ。

981 :日本@名無史さん:03/08/04 22:05
>>980
核心部分が闇の中ということはおまえも中身は知らないわけだな。
それなのにどうしてデタラメだとわかるのだ?

982 :日本@名無史さん:03/08/04 22:25
官製の幕末史のデタラメさはこのスレでもさんざん明らかになってる
岩倉による王政復古史観を鵜呑みにしてる香具師は開きメクラだよ
無知の知がすべての出発点だね

983 :日本@名無史さん:03/08/04 22:26
また、オオムロやチケですか?

984 :日本@名無史さん:03/08/04 22:26
>>982
自分が無知であることに早く気づいてくれや。

985 :日本@名無史さん:03/08/04 22:27
どうせ岸や橋本がどうのこうのって言い出すんだろ。

986 :日本@名無史さん:03/08/04 22:32
>明治政府の「公式発表」
が正しいという証拠もないんだよな。
オオムロネタは根拠が薄弱だけど、孝明天皇の毒殺はほぼ事実だろ。

987 :日本@名無史さん:03/08/04 22:35
孝明天皇の毒殺は妄想の産物

988 :日本@名無史さん:03/08/04 22:38
だから確実なことのみを記述すればいいんだよ。
 ・孝明天皇の死因はいまだ科学的に調査されていない。
 ・記録に残る死亡時の症状は急性毒物中毒症状に酷似しており天然痘の症状ではない。
 ・死亡当時より毒殺の噂が流れている。
 ・孝明天皇の死によって王政復古クーデターが成功し岩倉+薩長が権力を握った。
 ・倒幕派は天皇を玉と呼び政治の小道具程度にしか考えていなかった。
 ・明治政府は宮中関係者などに箝口令を敷き、孝明天皇の死因を無根拠で「病死」と断定した。
こうした事実から孝明天皇が病死だなんて結論は出てくるはずないだろ。

989 :毒殺真理教:03/08/04 22:45
明治政府の発表は出鱈目です、したがって岩倉による毒殺であることは明確であると言う結論が導き出せるのです。


990 :日本@名無史さん:03/08/05 00:28
刺殺です。

991 :日本@名無史さん:03/08/05 01:14
じゃ、そろそろ結論を出そう。
>>1が天皇陵にしのび込んで骨を拾ってくるか、
徳川家か松平家に残されてるかもしれない遺髪を手に入れて調べる。
これでいいだろう。

992 :日本@名無史さん:03/08/05 01:30
官製の幕末史のデタラメさはこのスレでもさんざん明らかになってる

>>
それを言ったらおしまい。(Mrオクレのような明治天皇が突然鳥羽伏見の戦い
後に安岡力也のような体格に大変身するんだからサ  藁)

※※即位当初の少年京都明治天皇(写真)※ ※
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/quwatoro/bakumatu3/meiji.html
睦仁親王(京都明治天皇)は幼少の砌(みぎり)、裕福であったので種痘を受けた。故に疱瘡(天然痘)に
は罹っておらず、顔面に「あばた」は無かった。睦仁親王(京都明治天皇)は、右利きだった。

※※即位後(明治天皇時代)1868年1月15日からの明治天皇(写真)※※
 http://www.dokidoki.ne.jp/home2/quwatoro/bakumatu3/meiji2.html
明治天皇(大室寅之祐)は、家が貧しく野生児だったので、2歳の時、痘瘡(天然痘)に罹った。その結果、
口の周りに「あばた」が残った。その為、明治天皇は自身の写真を撮られる事を好まず、わざわざ、キヨソ
ーネに描かせた「肖像画」を写真に撮らせて「御真影」とした。又、「あばた」を隠す為に、髭(ひげ)を
生やされた。明治天皇(大室寅之祐)は、左利きだった。




993 :日本@名無史さん:03/08/05 01:34
>>984
              /          ̄>-‐- 、
             /            /    \
            /             /      ヽ
         /              /|       |
        r                / i        |
       /        __        ノ  ヽ.       |
       (  (    /´  ̄ ~ ̄ ̄    \     |
       、  ヽ   /''''''''''''===i l i===''_"_ヽ.ヽ.    |
        ヽ (`、ヽ r''「囗」〉 r'  i「囗」Tゝ r , r、   |
         | ヽヾr  '' ´  ノ    `ヽ、,  }i | |  /
          ! | ||      ’’ ,,,,,,、   、 |♭ノ /     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ` 、ヽf  __,''','´,、、、-――'''’' .}ノ |     <  減らずグチは それまでだ
            ~|      ,-‐       |ー '       \___________
             ヽ、______      ______,、r'
             _l   ` ‐--‐_""/   L
           /1 ̄ 二-フ71ヽヽ二 ̄  〉゛‐- 、
   _,、 -‐ '''"" ̄  |-‐ ''´// | ヽ\  ̄ヽ|    ''''‐--- 、 __
'""´           ヽ / /  |  \\ /           ` ‐-

なら、「痴情の楽園」にでも逝け(w




994 :日本@名無史さん:03/08/05 01:36
戦前と比べて天皇家の神々しさがネット人口の普及により年々薄れてきたという意味でしょう。
戦前、妃殿下(例えば紀子様)が結婚する前に別の男の子供を2人もオロシタなんて
いっただけでも憲兵にタイ―ホされたわけでしょう。裏返せば日本は金王国のように
情報封鎖国じゃないと言う事。イギリスのマスコミはイギリス王室たたくけど
日本はまだそこまでいってないがこれから先、ネット人口の急増でどうなるかわからない。
皇太子さま、秋篠宮さまが最後の天皇になるかもしれない。このままいけば2050年頃皇室消滅か?
昔に比べて皇室を扱った番組が視聴率取れなくなったというし来年、再来年ますます皇室バトウスレが増えると思う。


995 :日本@名無史さん:03/08/05 01:37
痘   瘡   で   9   ヵ   所   か   ら   
       
      血   ふ   く    よ      う     な   

          変   な    死     に     か     た   

            す       る      か   y   o   !      藁


996 :日本@名無史さん:03/08/05 01:37
孝明天皇暗殺の真犯人が、初代総理大臣になった伊藤博文であったのは真実である。
そして、この暗殺は南朝革命のために睦仁親王暗殺、将軍家茂暗殺とリンクしていた。
彼が、人斬り名人と認められたのは17才頃であるが、大物を斬殺する度に名前を変え、
幼名は利助であったが、利介、利輔、俊輔などと名前を変えてきている。
大室寅之祐(明治天皇)は、長州奇兵隊の伊藤博文の力士隊の隊士であったから、伊藤の子分同様であった。
大室寅之祐と、殺害された睦仁親王(孝明天皇の実子)は性格も能力も全く異なり、
東京遷都のとき京都で仕えていた女官を全員解雇したのも、口封じの意味があったのだろう。
さて、「できもしない佐幕攘夷」を主張し続けて政局を混乱させていた北朝系(足利義満の後裔)の
孝明天皇が、「倒幕南朝革命」を指向した薩長同盟と岩倉具視らの演出によって暗殺されたのは、
慶応2年(1866年)12月25日洛中下京区岩滝町の堀河紀子邸であった。

同月中旬、英国軍艦に便乗してひそかに上京し、薩摩屋敷をアジトにしていた
長州力士隊の忍者集団は、品川弥二郎らの手引きで堀河邸の警備につき、
痘瘡の治った孝明帝が愛妾紀子のもとへ行幸してくるチャンスを待った。

やがて25日の明け方、便所の床下に隠れていた隊長の伊藤俊輔(博文)が、
自ら愛用の忍者刀を天皇に突き刺し殺害した後、隊士と共に悠々と堀河邸を
立ち去り、待機させておいた英国艦に乗って引き揚げた。
(便所は中二階式になっており、落下してくる排泄物を大きな箱で非人が
受け止め洗浄する仕組みになっていた。当時、非人の代わりに伊藤博文が
潜んでいたわけだ。)



997 :天皇は。。。:03/08/05 01:56
469 名前:日本@名無史さん :03/07/20 21:36

明治天皇は本来慶喜が首相になれば天皇にはなれずへたしたらサバク派に取り押さえられて
打ち首になっていたかもしれない。多分「慶喜の兄」 中川宮が上皇に、東武皇帝が天皇に
そして慶喜が雄藩連合の長になっていたから。

慶喜が徳川家○を暗殺し自分が将軍になったことは「小さな革命」といえるが明治維新の本質は
ロシア革命、フランス革命をゆうに越える大革命で、後南朝奇兵隊の足軽革命と言える。
奇兵隊の足軽大室寅之祐がわずか4年〜5年
で天皇(東京明治天皇)となったのはほぼ奇跡に近い。
だから皇国史観2600年とは260年徳川幕府の事で幕府のGNPを明治天皇が江戸城略奪する事で
奪いとる革命のことである。


   つまり明治維新は奇兵隊革命だった。


                  に5万へぇ




998 :日本@名無史さん:03/08/05 01:58
結局孝明天皇も龍馬も殺害した伊藤博文
1 名前: 伊藤博文はハチヤか?

皇国史観って
幕府を倒す=革命的意義が起きたって言ってる(w

まるで唯物史観のようですね(w
ていうかそのものだったりして。その正体は

伊藤博文が孝明天皇を便所の床下から手槍で突き殺したから自分が大日本帝国憲法を
作った時、天皇を殺害する奴は大逆犯になる。という条文を加えたし、、
(だから御九穴から御脱出血とは文字通り伊藤が孝明天皇を槍で9か所刺したという意味)
しかも伊藤はこういう男だから韓国併合の時、閔妃を子分たちに殺させて輪姦したあげく、
ガソリンをかけて焼いた。
ところがこれを外人に見られて、大慌てで三浦梧棲たちを逮捕させるがすぐに朝鮮に圧力
かけて事件に無関係の朝鮮人を出させて、犯人だといって処刑させるし。

龍馬暗殺の際は伊藤、井上馨、山縣の3人で押し込んで山縣有朋が中岡を殺害。
伊藤博文(当時林宇一)が龍馬を暗殺。指示したのは木戸。
井上馨は女性で伊藤とアベックを装う。伊藤、山縣を天下とったから太平洋戦争で
日本が全滅するわけだが龍馬、中岡が天下とっていたら龍馬が1000円札の肖像に
なったであろうし太平洋戦争もなかったといわれている。


999 :日本@名無史さん:03/08/05 01:59
孝明天皇暗殺の真犯人が、初代総理大臣になった伊藤博文であったのは真実である。
そして、この暗殺は南朝革命のために睦仁親王暗殺、将軍家茂暗殺とリンクしていた。
彼が、人斬り名人と認められたのは17才頃であるが、大物を斬殺する度に名前を変え、
幼名は利助であったが、利介、利輔、俊輔などと名前を変えてきている。
大室寅之祐(明治天皇)は、長州奇兵隊の伊藤博文の力士隊の隊士であったから、伊藤の子分同様であった。
大室寅之祐と、殺害された睦仁親王(孝明天皇の実子)は性格も能力も全く異なり、
東京遷都のとき京都で仕えていた女官を全員解雇したのも、口封じの意味があったのだろう。
さて、「できもしない佐幕攘夷」を主張し続けて政局を混乱させていた北朝系(足利義満の後裔)の
孝明天皇が、「倒幕南朝革命」を指向した薩長同盟と岩倉具視らの演出によって暗殺されたのは、
慶応2年(1866年)12月25日洛中下京区岩滝町の堀河紀子邸であった。

同月中旬、英国軍艦に便乗してひそかに上京し、薩摩屋敷をアジトにしていた
長州力士隊の忍者集団は、品川弥二郎らの手引きで堀河邸の警備につき、
痘瘡の治った孝明帝が愛妾紀子のもとへ行幸してくるチャンスを待った。

やがて25日の明け方、便所の床下に隠れていた隊長の伊藤俊輔(博文)が、
自ら愛用の忍者刀を天皇に突き刺し殺害した後、隊士と共に悠々と堀河邸を
立ち去り、待機させておいた英国艦に乗って引き揚げた。
(便所は中二階式になっており、落下してくる排泄物を大きな箱で非人が
受け止め洗浄する仕組みになっていた。当時、非人の代わりに伊藤博文が
潜んでいたわけだ。)


1000 :日本@名無史さん:03/08/05 01:59


孝明天皇暗殺の真犯人が、初代総理大臣になった伊藤博文であったのは真実である。
そして、この暗殺は南朝革命のために睦仁親王暗殺、将軍家茂暗殺とリンクしていた。
彼が、人斬り名人と認められたのは17才頃であるが、大物を斬殺する度に名前を変え、
幼名は利助であったが、利介、利輔、俊輔などと名前を変えてきている。
大室寅之祐(明治天皇)は、長州奇兵隊の伊藤博文の力士隊の隊士であったから、伊藤の子分同様であった。
大室寅之祐と、殺害された睦仁親王(孝明天皇の実子)は性格も能力も全く異なり、
東京遷都のとき京都で仕えていた女官を全員解雇したのも、口封じの意味があったのだろう。
さて、「できもしない佐幕攘夷」を主張し続けて政局を混乱させていた北朝系(足利義満の後裔)の
孝明天皇が、「倒幕南朝革命」を指向した薩長同盟と岩倉具視らの演出によって暗殺されたのは、
慶応2年(1866年)12月25日洛中下京区岩滝町の堀河紀子邸であった。

同月中旬、英国軍艦に便乗してひそかに上京し、薩摩屋敷をアジトにしていた
長州力士隊の忍者集団は、品川弥二郎らの手引きで堀河邸の警備につき、
痘瘡の治った孝明帝が愛妾紀子のもとへ行幸してくるチャンスを待った。

やがて25日の明け方、便所の床下に隠れていた隊長の伊藤俊輔(博文)が、
自ら愛用の忍者刀を天皇に突き刺し殺害した後、隊士と共に悠々と堀河邸を
立ち去り、待機させておいた英国艦に乗って引き揚げた。
(便所は中二階式になっており、落下してくる排泄物を大きな箱で非人が
受け止め洗浄する仕組みになっていた。当時、非人の代わりに伊藤博文が
潜んでいたわけだ。)


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

234 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)