5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

生成文法総合スレ <8>

581 :虚無好き:04/03/24 06:19
「人体足し算」のハナシをもう1回やると、ここに古典ギリシア時代の哲人、仮名Χομσγοσがいて、
動物の体節構造は、見かけ上はちがってるが、じつはプロトタイプがあるのでは、と考えたとする。
すべての動物には頭があるように見えるし、胴体から次々に分岐しているようにも見える。と、
で、かれが見出したことは、「腕がおちている」といえば腕は指先を含む肩からの分岐全体であるが、
さらに腕を仔細に検討すると、腕じたいにも「手を除く腕」が中心として存在するということにゃ。
また「手」handにも、「手の心(タナゴコロ)」という中心的な部分が含まれるにゃ。
このように、メンバーのなかに典型的なものがbodyとして存在する、そしてそれがメンバー全体の範疇としても機能する、
という自己相似的な分析が可能であることを示したのにゃ。
で、彼はthumbとfingerがじつは同じ範疇に属し、
奇蹄類(ウマ)や偶蹄類(ウシ、ブタ)などのひづめを研究するうちに、
中指こそが中心メンバーであり、そこから二項分岐で、5本の指が生成可能であることを示し、
ここにコウモリからクジラに至る動物の5指構造をみごとに説明したのであった。
彼は、奇形に関する考察も怠らなかった。たとえば、肩に手が生えていたらなぜに奇形なのか、
それは、手はまず、「腕」という、もっと近接したものと結合しなければならない制約があるからだと考えた。
この制約を、かれは「最小リンク条件」とよんだ。これで、手が腕にくっついた。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)