5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

***南京事件は支那の茶番其の伍***

1 :イ爾已経死了:03/09/09 09:27
事あるごとに支那人は南京事件と叫ぶがとんだ茶番劇に過ぎない、
「謝罪しろ!正しい歴史認識を!」と下らん叫びを挙げる前に証拠
を提出してみろ!21世紀に引き継がれた問題を大いに語り支那の茶番
を暴こうではないか。

前スレ
***南京事件は支那の茶番其の四***
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/china/1060415770
***南京事件は支那の茶番其の参***(DAT落ち)
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/china/1056074400
***南京事件は支那の茶番其の弐***(DAT落ち)
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/china/1019987928
***南京事件は支那の茶番***
http://216.218.192.139/china/kako/1013/10134/1013478831.html


2 :名無的発言者:03/09/09 09:33
良スレの2をゲットする喜び!

3 :名無的発言者:03/09/09 09:37
>1 イ爾已経死了さん
乙です。
えーと、3ゲト、かな?

4 :名無的発言者:03/09/09 09:49
書き込めねえ
から2も3も取られた

5 :名無的発言者:03/09/09 13:26
弱虫の中華勇士君よ

ヨーロッパ人は植民地支配で何千万ものアジア人を虐殺したが 何の謝罪もしてない.

チャンコロを3500万人殺したぐらいで騒ぐ事はねえ.

劣った原住民殺して何が悪い.

6 :名無的発言者:03/09/09 18:40
中国人は商売上手なワケだが

7 :名無的発言者:03/09/09 18:52
本当は中国人の方が日本人より賢い.
しかし,中国人は生意気だからな.

8 :中華勇士:03/09/10 05:44
南京事件は支那の茶番?
スレを立てた張本人が南京大虐殺を認めているのに・・・
単なる中国人をからかう場は作りたかったのか?
まあ、反日的な中国語サイトの多さより寥々無機だから、
大和魄の意地のためでも頑張れよ!

撞着、矛盾って知ってる?
中華の5000年の歴史を認めているのに、
始皇帝をベルシャー人だと言ったり、唐太宗をトルコ系だと言ったりして、
遼、金、元、清は我中華960平方公里の範囲内で生息している人々だから、
競争原理に沿って、為政しても中華帝国である事は変りがないのだ。
漢民族以外の為政を中華だと否定するなら中華の歴史はいくつになる?
日本の場合はGHQの当時も日本国だと自認しているし、
仮にアイヌ人、中華系、朝鮮系な人が未来を治めても日本は日本だろう。
島国根性は未来世界には通用しないのだ。

中華は奥深い!
新一代中国領袖は柔軟外交を取るらしいよ。
尖閣問題も南京問題も言わなくなると思うが、
最終的瓦解されるのは日本に間違いない。
金の卵になった香港のように台湾も日本も同じ道に辿るでしょう。







9 :中華勇士:03/09/10 05:50
訂正:中華960萬平方公里、清の時代にはそれにモンゴル、50萬平方公里現ロシア
領を加わる。

10 :名無的発言者:03/09/10 07:46
低能の中華勇士君よ

日本人も2500年前迄は中国の長江流域にいた.
君の見解によると 日本人も中国人になってしまうが それでいいのか?

11 :イ爾已経死了:03/09/10 08:47
>>8

私、何時、南京事件を認める発言をしましたか?

あと>>1のテンプレは考えるのがメンドーだったんで初代スレからの使い回し。

中国は5000年の歴史がありますが
日本は地球に現存する国家の中で最も古く長い国史を持っております。
中華人民共和国の国史は100年もありませんが、
日本国の国史は2000年近い歴史を持っております。

12 :名無的発言者:03/09/10 09:20
このスレは 中華勇士君をからかい

中国人が如何に 無知蒙昧で低能,弱虫で卑怯で嘘つき

かを周知させる為のものだ. 中華勇士君よ 最後まで逃げないで 中国人の恥を晒せ.

13 :名無的発言者:03/09/10 18:33
>>8-9
まーとにかく中国人はなんでも大げさに言いたがるのよ。
それに日本人の島国根性をどうこう言う前に、人口を増やす事と外国製品をパクる事しか脳の無い国民性をどうにかしたら?
治すべきは中国人の身体ではなく思想だと医学を志した魯迅が嘆き、メスをペンに持ち替えた事を知らんのか?
その頃から見て、中国人って言う癌細胞は治るどころか、ますます増長してるじゃないか。
「中国は原子爆弾を持ってるから日本より技術が上だ」とか言ってるウチはただの癌細胞だな。
阿Q正伝、薬、狂人日記、藤野先生、孔已己、等等魯迅が中国人の思想を治そうとして書いた著作は大体読んだ。
でも魯迅が描いた人物像と現在の中国人はちっとも変わっていない、まったく彼の意図を理解していない。
俺自身は南京大虐殺自体は有ったと思うが、中国人が大げさに言っている時点で茶番の謗りは免れない。
つう事で、『中国人大法螺吹き語録』スレでも立ち上げますか?

14 :名無的発言者:03/09/10 18:44
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/china/1063186967/l50
本当に作った。

15 :中華勇士:03/09/10 20:45
>>10
2500年前の中国は当時の日本と違ってちゃんとした言葉も文字も持ったよ。
日本に逃げた事としたら何で言葉も文字も忘れたんですか?
同文同種は認めるが、
通常視のモンゴル系を認めたら洒落になれないから、
最も経済、文化が栄えた長江流域にいた事を日本人が上等人種に証明したいのか?
一人よがりの本性が見えて来るね!
お前はお前、中国軽蔑も一応お前の人権だから、どうぞ死ぬまでやり通せ。





16 :名無的発言者:03/09/10 20:59
君は中国に 色々な民族が次々に流れ込んできて,色々な民族が次々に他の地域に
移動していったというのを認識していないね.

中国では王朝が変わる度に 前の王朝の民族がほとんど殺されて 全く違う民族が
その後に入ってきている. 今の中国人には漢や唐の時代の中国人の血はほとんど入っていない.
中国4000年といっても そのほとんどは今の中国人とは全く別の民族の歴史だ.

日本人の起源については これを読んでネ:

古代日本のルーツ長江文明の謎 / 安田喜憲/著

青春出版社
2003年6月発行
180P 18cm
ISBN: 4-413-04061-9
価格: 750円(税別) 在庫あり



17 :名無的発言者:03/09/10 21:01
目次
プロローグ 日本の源流としての長江文明
第1章 長江文明とは何か
第2章 稲作の源流を辿る
第3章 稲作農耕民が築いた長江文明
第4章 謎の〓王国を追う
第5章 長江文明と日本人
エピローグ 「美と慈悲の文明」としての長江文明

長江文明に遺されていた日本文化の痕跡…。その衝撃の真相を環境考古学の
第一人者が解く。

ちなみに長江文明は文字を持っていなかったし,日本人は縄文人と混血したので
言葉自体も日本に渡ってきてから変わってしまった.

また 長江文明を作った民族は 黄河流域の民族とは遺伝子も言葉も生活様式も全く違う
別の民族だ.



18 :名無的発言者:03/09/10 21:06
朝日新聞ニュース速報、[1999-03-18]
 ◇長江流域で初めて「渡来系弥生人」を確認◇
 大陸から稲作や金属器など弥生文化を伝え、現代日本人の成立に
も大きな影響を与えたとされる渡来系弥生人にそっくりな人骨を中
国長江(揚子江)流域で初めて確認したと、日中共同調査団(日本
側団長、山口敏・国立科学博物館名誉研究員、中国側団長、鄒厚本
・南京博物院考古研究所長)が十八日、発表した。
 北方系とされてきた渡来系弥生人の故郷のひとつが長江下流域に
もあったことをうかがわせる発見で、朝鮮半島経由ルートと江南ル
ートに分かれて論争が続く弥生文化の伝播(でんぱ)をめぐっても
大きな関心を集めそうだ。
 中国・江蘇省の梁王城、胡場などから出土した古人骨を対象に、
一九九六年度から人類学者グループが南京博物院と調査を進めてい
たもの。日本の弥生時代とその直前にあたる春秋戦国時代から前漢
代の人骨約二十体の頭がい骨や四肢骨、歯を計測。併せてDNAも
調べた。その結果、北部九州や山口県で見つかる、背が高く面長で
のっぺりした顔立ちの渡来系弥生人と姿形が酷似し、遺伝的にも近
いことがわかった。また、弥生時代にみられる抜歯の風習も確認さ
れた。
 

19 :名無的発言者:03/09/10 21:07
日本人の成立については、南方系とされる彫りが深く低身長の縄
文人に、大陸北部の北方系の渡来系弥生人が混血したという見方が
有力。九〇年代に入り中国では、黄河下流域の山東省や内陸部の青
海省などでも渡来系弥生人に似る骨が確認されているが、長江下流
域では知られていなかった。山口団長は「稲作文化の中心は長江流
域。渡来系弥生人を北アジア的とする通説に修正が必要ではないか
」と話している。

 近年、長江流域は、中国古代文明を代表する黄河文明とは別に、
独自の高度な文明を持っていたとして注目を集めている。春秋戦国
時代には呉・越や楚などの国が興った。畑作地域の華北とは異なる
稲作圏であることから、稲作中心の弥生文化は直接ここから日本列
島に流入したとする説があり、有力な朝鮮半島経由説と対立してい
る。(以下略)


20 :●のテストカキコ中:03/09/10 21:07
http://ula2ch.muvc.net/ (このカキコは削除しても良いです)

21 :名無的発言者:03/09/10 21:09
これで 中華勇士君も 日本人の方が漢民族より 大昔から はるかに文化も歴史も
優れていた事がわかったろ.

中国人は 日本人と比べれば 未開人で劣等民族だ.

22 :中華勇士:03/09/10 21:33
http://j.people.ne.jp/2000/03/31/newfiles/a1050.html

23 :名無的発言者:03/09/10 21:35
我が首都を目指してしていたファシスト兵に敢然と立ち向い、
撃破し、散っていった勇敢なる労農義勇隊に敬礼!

24 :名無的発言者:03/09/10 21:48
中華勇士君は人類学のことを何も知らないね.

現代の人類(ホモサピエンス)はアフリカ起源だというのが定説だ.
人類は色々な種が出たが その内 現在まで生き延びたのはホモサピエンスだけだ.

すでに滅びた別の人類が大昔に中国にいたとしても何の意味も無い.

25 :名無的発言者:03/09/10 21:58
1.人類は、およそ900万年前にゴリラの祖先と、また500-550万年前にチンパンジー
の祖先と分かれて以降、

@猿人[ラミダス猿人(450万年前)、アファール猿人(320万年前)、ガルヒ猿人(250万年前)]、
A原人[ホモ・ハビリス(200万年-160万年前)、ホモ・エルガステル(170万-150万年前)]、
Bホモ・エレクトス(170万年-25万年前)、
Cホモ・ネアンデルタレンシス(20万年-3万年前)等の仲間を出した後、
D10万年前よりホモサピエンス、すなわち新人というか現代の人類を出すに至っている。

2. このうち、@、Aはアフリカで発生、特にAのホモ・エルガステルがいわゆる
「第1次アウト・オブ・アフリカ」によりユーラシア大陸に移動し、やがてB、Cとなる。
他方、Dはずっと後の時代にアフリカ大陸で新たに発生して、10万年前に
「第2次アウト・オブ・アフリカ」移住によりユーラシア大陸などに拡散、
一時B、Cと共存した時期もあったが、
やがてB及びCの子孫は「消滅」して、Dのみが今日まで生き残るーというのが
これ迄の定説。なお、現代人(D、ホモサピエンス)はB、Cとは別種であり、
基本的にはB、Cの血は入っていない(若干の混血は別として)、ということのようだ

http://www.dengon.com.au/essay/souryouji/souryouji_0103.asp

しかし 中国では 国民に嘘ばかり教えているようだね.

26 :中華勇士:03/09/10 22:04
イ尓己経死了殿:
一々読み返す暇は私にありません。
目に入る13の方も認めているのです。
貴殿24時間体制で対応しているようで、
調べ事にも精を出しているし、中国、朝鮮の事にも詳しそうです。
よって南京事件のような肯定論>否定論の状況の中、
心に鬼が宿らなければ肯定するのは一般だと思います。
もう時効だから認めても誰も貴殿を裁かないのです。
それに心が思う事に反して言葉を発したり、文字を組み合わせたりすると
なかなか脳内にアルファ波が発生しないよ。
精を出して否定するのはとてもご苦労様でございます。
貴殿の文字を読んで南京大虐殺を認めていると読みきりました。
大和のプライドが棄てられないか?
貴殿の節には拍手を送りたいです。








27 :●のテストカキコ中:03/09/10 22:05
http://ula2ch.muvc.net/ (このカキコは削除しても良いです)

28 :名無的発言者:03/09/10 22:42
中華勇士氏は詐欺師氏とは別の人物なのか?

29 :中華勇士:03/09/10 22:42
この板に現われているのは極端な日本民族主義者ばかりです。
全日本に萬人超えるかと言う数字でしょう。
私が訴えているのは日中両国人民が互いに正しい歴史認識をし、
未来の共栄共存のためにアメリカの一極化を止めたいところです。
中国と日本こそ同文同種、未来世界を引っ張って行きたいです。
極端な民族主義者は日本の主流ではないのは幸いです。
何れにして時代に流されるでしょう。
南京事件の事を長い歴史の中に置いたら
大した事ではないと思います。
日本政府が認めているのに何で一部の民が認めようとしないのですか?
中華人は最も寛容的であります。
弱肉強食の競争に負けたから、
自分もなるべく触れようとしない事にするでしょう。

中国への侮辱は避けてもらいたいです。
まだ血が登りやすい年だし、
血迷って卑劣な言葉で返す事になると
折角の論争も出来なくなるかも知れませんし。
ようするに紳士的な言い争いを望みます。



30 :killer:03/09/10 22:48
名無的発言者: you are a son of a bitch!!!!!

31 :名無的発言者:03/09/10 22:53
<中国と日本こそ同文同種>

それは君の思い違いだ. 日本語は膠着語,中国語は孤立語で起源が全く違う.
日本人は漢字を使っているが その使い方は中国とは全く違う.

日本人と中国人は遺伝子も言語も生活様式も全く違う.
日本は漢字と技術以外には中国の影響はほとんど受けていない.

日本人は大昔から中国文化を生理的に嫌ってきた. 日中戦争で日本人が大虐殺をやったのも
中国の文化が大嫌いだからだ. 中国人はそういう事を全くわかっていないね.
http://www.nlp.ie.niigata-u.ac.jp/~matsu/miura4/node1.html

32 :大日本帝国臣民:03/09/10 23:03
    
  ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 <=( ´∀`)  <俺日本人だけど支那なんて糞ニ・・だよ!
 (    )    \____________
 | | |
 〈_フ__フ


33 :詐欺師:03/09/10 23:15
<中華勇士氏は詐欺師氏とは別の人物なのか?>

俺は何時の間にか <中共の犬> から <極端な日本民族主義者> に呼び名が変わってしまったんだ.
俺自身は何も変わっていない. 中華勇士氏君には何故かわからないだろうな.

34 :名無的発言者:03/09/10 23:18
>>30
混!在使孫子兵法!迂回戦術!



35 :名無的発言者:03/09/10 23:25
    
  ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 <=(  `ハ´) <日本は過去を反省しる!
 (    )    \____________
 | | |
 〈_フ__フ





36 :名無的発言者:03/09/11 00:20
<私が訴えているのは日中両国人民が互いに正しい歴史認識をし>

中国というのは本来 黄河と長江に挟まれた中原だけを指している.
華南 や 雲南省,台湾には元々 漢民族は住んでいなかった.

現在の中華人民共和国の領地は清の領地をそのまま引き継いだもので
本来の中国の領域の他に蒙古族が支配した中国とは全く関係ない領地まで含んでいる.

正しい歴史認識というなら まず 黄河と長江に挟まれた中原以外は 漢民族の
土地ではないことを認識して欲しい. 中華勇士君の

<遼、金、元、清は我中華960平方公里の範囲内で生息している人々だから、
競争原理に沿って、為政しても中華帝国である事は変りがないのだ。>

というのは明らかな誤りだ.

37 :イ爾已経死了:03/09/11 02:22
>>26
>>13他の人は、他人をバカにしたいだけの人のようです。
今までの感じから「大学に落ちた在日朝鮮人予備校生」の可能性が高い。

それから、南京事件を政府が認めているというのはあなたの事実誤認です。
既出なのでソース提示を省きますが、
東京裁判に関することは日本政府はすべてノーコメント扱いです。
一部、政治家が認めた発言を政府の発言と誤認しているだけです。

>日中両国人民が互いに正しい歴史認識をし、
よけいなお世話というか、内政干渉にあたります。

38 :イ爾已経死了:03/09/11 02:44
>中国と日本こそ同文同種、未来世界を引っ張って行きたいです。
本当にそう思っているのなら、中共の犯罪者輸出何とかしてくれ。
マジで洒落になっていない。

あと、約束はちゃんと守れ。
中共政府が日本の民間企業との約束反故にしまくったことを忘れないでください。

39 :名無的発言者:03/09/11 05:57
<他の人は、他人をバカにしたいだけの人のようです。>

俺がバカにしたいのは 詐欺師と嘘つきだけだ.

ただし,中華勇士君の場合は中国の学校で嘘を教えられてきたのが嘘つきになった
原因だから イ爾已経死了と較べると罪は軽い.



40 :名無的発言者:03/09/11 06:09
イ爾已経死了は詐欺師で良心のかけらもない嘘つきだ:

「南京事件の見解は同じ」 官房長官会見

 青木幹雄官房長官は27日の記者会見で、一連の中央省庁サイトの不正侵入事件で、
書き換えられたページが太平洋戦争中の南京大虐殺事件の真偽を巡り、政府の姿勢
を批判している点に関し、「日本政府の事件に対する見解は変わらない」と、
「非戦闘員が殺害されたことは認める」との従来の立場を改めて強調した。
しかし、殺害の規模については「この(数字の)問題についてはコメントを
控えたい」と述べた。[官邸]

http://www.kantei.go.jp/
[2000年1月27日]



41 :名無的発言者:03/09/11 06:18
1月27日 p.2 南京虐殺を否定するフォーラムで、中国が抗議。(記事 北京発共同)
◆日本の外交官によると、1937年の南京虐殺は「20世紀最大の嘘」と主張する
フォーラムに対して日本政府が何の手段もとらなかったことについて、水曜日
(1月26日)、中国が強い抗議を行なった。Tang Jiaxuan中国外相は谷野日本大使
を呼んで抗議した。また、Tang外相は、東史郎に対する最高裁の1月21日の判決にも
抗議した。

これに対し、谷野大使は、1937年の南京陥落後に民間人の殺戮があったという見解
を日本政府はとっていると説明した。

42 :イ爾已経死了:03/09/11 06:35
>>40>>41
どー読んでも、ノーコメントって扱いは変わっていないよ。

南京で民間人に死者が出た。=南京事件があった。
と、短絡的に考えるから誤読するんですよ。

戦時中、戦闘(しかも市街戦)で民間人に被害がでないと思いますか?海戦ならいざ知らず・・・
で、具体的なことはすべてノーコメントでしょ。

43 :(* ̄д ̄)y─┛〜〜:03/09/11 07:06
http://homepage3.nifty.com/llllllllll/

44 :名無的発言者:03/09/11 07:16
>俺がバカにしたいのは 詐欺師と嘘つきだけだ.

散々でたらめな発言を繰り返したキミの事じゃないか(笑)

45 :名無的発言者:03/09/11 08:41
イ爾已経死了は本当にあくどい詐欺師だ

谷野大使は1937年の南京虐殺(30万人虐殺のこと)は「20世紀最大の嘘」と主張する
フォーラムに対して 虐殺は実際あったことを 政府の公人としての立場で再確認している.

1000人や2000千人の殺害では有りえない.

46 :イ爾已経死了:03/09/11 08:48
>>45
ソースキボンヌ。
脳内ソースは却下でつ。

47 :名無的発言者:03/09/11 14:40
間違った歴史の本
ttp://homepage1.nifty.com/SENSHI/uso-hon.htm

48 :名無的発言者:03/09/11 14:43

あらかじめ、お断りしておきますが、私も南京において30万人もの中国人が殺されたとは思っておりません。
しかし、それが、物理的に不可能であったという主張は、間違いとしか言えません。

南京事件というのは、東京裁判におけるパル判事の判決文に書かれているように、南京占領後かなり長期間にわたって続いています。



南京における日本兵の行動は凶暴であり、かつベイツ博士が証言したように、残虐はほとんど三週間にわたって惨烈なものであり、
合計六週間にわたって、続いて深刻であったことは疑いない。事態に顕著な改善が見えたのは、ようやく二月六日あるいは七日すぎてからである。」
(東京裁判研究会 「共同研究 パル判決書」講談社学術文庫 P600)


3週間から6週間の期間があれば、「銃や銃剣」でも十分可能でしょう。

付記
また、南京の国際安全区委員会委員長であった、ジョン(ドイツ人ですから「ヨハン」と読むのが正しいとは思うのですが、慣例に従っておきます)・ラーベは、1938年1月17日の日記に、安全区にいる難民の数が25万人に達した旨を記録しています。
また、ドイツ帰国後、1938年6月8日にヒトラーへ提出した上申書にも、安全区の難民の数が25万に達したことを記載しています。
(ジョン・ラーベ「南京の真実」講談社文庫 P216,342)

従って、「南京には当時20万人しかいなかった。」という主張も誤りです。



49 :名無的発言者:03/09/11 14:46

小林よしのりは「南京の安全区に2万人の国民党軍のゲリラが入り込み日本兵に化けて、略奪・強姦・放火を繰り返し、これをすべて日本軍の仕業に見せかけていた。」
と、書いていますが、この主張にも証拠がありません。

実際には、日本軍は、安全区で徹底的に敗残兵狩りを行っているからです。
例えば、歩兵第7連隊の1等兵だった水谷荘の日記「戦塵」の12月16日(南京陥落の3日後)に、難民区における敗残兵の掃討の話がでてきます。
第7連隊は、難民区の街路交差点に歩哨を配置して交通を遮断した後、中隊単位で地域を分担して掃討を行いました。
掃討のやり方は大ざっぱで「目につく殆どの若者は狩り出」した結果、「各中隊とも何百名も狩り出し」ました。
水谷の所属する「第一中隊は目立って少ない方」でしたが「それでも百数十名を引立て」ています。
引立てられた者の「家族であろう母や妻らしい者が大勢泣いて放免を頼みに来る」なか「市民と認められる者は直ぐ帰して、三六名を銃殺する。」
しかし、これが敗残兵であるという確証の下に処刑されたわけではないことは「哀れな犠牲者が多少含まれているとしても、致し方のない」
「多少の犠牲者は止むを得ない。」という日記の記述からも明らかです。

50 :名無的発言者:03/09/11 14:47

付記 ちなみにこのようなやり方は、国際法上問題があることは、海軍大学校国際法教官を勤めた戦前の国際法学者、
信夫淳平がその著書「上海戦と国際法」(丸善 1932年)において指摘しています。

付記2 戦時重罪犯といえども、審問(裁判所が書類または口頭で当事者や利害関係のある人などに陳述の機会を与えて聞くこと)
を行わずに処罰することは国際法に違反することが、「戦時国際法規綱要」に明記されています。

日本軍は、敗残兵狩りをしている兵士でさえ、
「抗日分子と敗残兵は徹底的に掃蕩せよとの、軍司令官松井大将の命令が出ているから、掃蕩は厳しいものである。」
と書くほど徹底的に敗残兵狩りをしています。
にも関わらず、小林よしのりは、日本軍が、二万人もの敗残兵を見逃していたとしているのです。いくらなんでも、そんなことはありえないでしょう。

それに、日本兵が、略奪・強姦・放火をしていたということは、偕行社の南京戦史のような、日本側の記録にも出てきます。
そういった記録はみんな嘘だとでもいうのでしょうか。
それでは、ここからひとつひとつ事実をみていきたいと思います。

51 :名無的発言者:03/09/11 14:50
@略奪の話

家具ノ間題モ何ダカケチケチシタコトヲ愚須愚須言イ居リタレバ、国ヲ取リ人命ヲ取ルノニ
家具位ヲ師団ガ持チ帰ル位ガ何カアラン、之ヲ残シテ置キタリトテ何人カ喜ブモノアラント突パネテ置キタリ
中島今朝吾 1月23日の日記

昭和13年1月の中国は南京、ここを占領した後、暫くの間治安維持を担当した日本陸軍の部隊は、中支那方面軍隷下の第16師団でした。
これはその師団長であった中島今朝吾中将の日記です。この日記は、南京事件当時の日本軍側の当事者が記録したものとして、
南京事件を考察するのには重要な資料のひとつとなっています。中島中将は、砲兵出身で何度も砲兵学校の教官をやった上、
フランス留学までしているくらいのエリート軍人です。ところが、こういうエリート軍人でさえ、家具を略奪して持ち帰るくらいことのどこが悪いのだ?、と公然と主張しているのです。
しかも、略奪を上官である「大将」、つまり中支那方面軍司令官松井石根からとがめられると、反対に逆ギレして突っぱねたりするわけです。

小林よしのりがどう言おうとも、当時の南京を占領した日本軍は、悲しいことに、国際法のみならず、陸軍刑法においても禁じられている、略奪を平気でやってしまう「無法」集団だったのです。
師団のトップが公然と、略奪してどこが悪いといってしまう師団に警察の役割を任せているのですから、言い方は悪いのですが泥棒に戸締まりをさせているのに等しいでしょう。
もっとも、略奪を行ったのは、第16師団長だけではなかったのは、

国民政府ノ中ノかっぱらいノ主人ハ〔中支那〕方面軍ノ幕僚ナリト突込ミタルニ、是ハサスガニしらばくれテ居リタリ

という、中島中将の同日の日記の記述からも明らかです。無論、略奪をしたのは、上層部だけではありません。

歩兵第7聨隊第2中隊の井上又一上等兵の12月19日の日記には、

醤油と砂糖の徴発に出かけ難民の家に行き箱から蓋を取った釜の中を見、引出の中を開き色々と中をさがすのだ。
難民の見ている前でやるのだから彼等とて恐ろしい日本兵の事何もする事も出来ずするままである。(中略)
手榴弾を取って来て池の中に投げ又魚を取る。全く悪い事の出来得るかぎり働くのである。

とあります。




52 :名無的発言者:03/09/11 14:51
また、歩兵第103旅団長だった山田栴二少将は、12月24日の日記には、

一、予後備兵ノダラシナサ
1、敬礼セズ
2、服 装 指輪、首巻、脚絆ニ異様ノモノヲ巻ク
3、武器被服ノ手入レ実施セズ赤錆、泥マミレ
4、行 軍 勝手ニ離レ民家ニ入ル、背嚢ヲ支那人ニ持タス、牛ヲ曳ク、車ヲ出ス、坐リ寝ル(叉銃ナドスル者ナシ)、銃ハ天秤
5、不軍紀 放火、強姦、鳥獣ヲ勝手二撃ツ、掠奪
と書いてあります。(放火、強姦、略奪といった犯罪行為を、服装の乱れ等と同じレベルの「ダラシナサ」で片づけてしまう点に、
当時の日本軍がこういった犯罪行為に「慣れ」てしまっている様子が感じられます。)山田旅団長は、続けて

○兵ノ機敏ナル、皆泥棒ノ寄集リトモ評スベキカ 旅団司令部ニテモボヤボヤシ居レバ何ンデモ無クナル、持ツテ行カル、馬マデ奪ワレタリ
と書いています。

つまり、兵隊は、自軍の旅団司令部でさえ、略奪の対象としていたわけです。
日本軍の司令官自身が兵士を「泥棒ノ寄集リ」と表する程、日本軍の軍紀がデタラメになっていたことが伺い知ることができます。

小林よしのりは、これも、中国兵が日本兵になりすまして、略奪したとでも言うのでしょうか?


53 :名無的発言者:03/09/11 14:53
A強姦の話。

歩兵第23聨隊第2大隊砲小隊長だった折田護少尉の12月16日の日記を見てみたいと思います。

夕刻入城祝を小隊にて催せしが、一八・○○大隊本部に各中小隊長集合を命ぜらる。席上大隊長より次の注意あり。
「昨日UMGの兵二名市内にて支那婦人二名を強姦せるを柚木円優中尉発見しR本部にて問題となり目下取調べ中の由、厳にかかる行為のなきよう注意せられたし」と。

UMG=第二機関銃小隊 R=連隊

付記
強姦について、南京陥落後、杭州攻略に向かった第10軍が、12月20日に出した命令「丁集参一第一四五号」の中に南京において
「婦女暴行ノミニテモ百餘件ニ上ル忌ムヘキ亊態ヲ發生セル」と書かれています。この命令が出たのが、12月20日ですから、南京占領後、
1週間も立たない内に、公式に判明しただけでも、100件以上の強姦事件が発生した訳です。まさに「忌ムヘキ亊態」と言わざるを得ません。
しかし、第10軍は、杭州においては、そのような事態が発生しないように、迅速に対策を講じています。
第10軍は隷下の第18、第101師団から、それぞれ歩兵1個中隊を抽出して補助憲兵とし、これを第10軍の憲兵隊長の指揮下に加えることで警察機能を強化し、秩序の維持を図っています。
こういった第10軍の迅速な対応に比べて、南京に駐留していた上海派遣軍やその上部組織の中支那方面軍の対応はお粗末きわまりないものでした。
例えば、中支那方面軍司令官松井石根大将の12月20日の陣中日記に

一時我将兵ニヨリ少数ノ奪掠行為(主トシテ家具等ナリ)強姦等モアリシ如ク多少ハ已ムナキ実情ナリ

 とあるように、司令官自身が、少数(1週間足らずの間に、強姦だけでも100件以上の事件が発生しているにも関わらず、
それを「少数」としてしまうその感覚は理解を絶しますが)の掠奪や強姦等はやむを得ないと認容し、何らの対策も講じませんでした。
 中支那方面軍が、具体的な対策を講じるのは、1月6日です。
 12月30日に陸軍大臣、参謀総長連名で注意電報が来てから1週間の日数が経過しています。


54 :名無的発言者:03/09/11 14:54
しかし、この後も、信じられないことに、指揮官を先頭に部隊ぐるみで強姦をやる者たちが出てきます。
上海派遣軍参謀長飯沼守少将の日記を見てみます。

憲兵ノ報告ニ依レハ(中略)避難民区ニ将校ノ率ユル部隊侵入強姦セリト言フ。(真偽確カナラサルモ)
12月19日
本夕本郷少佐ノ報告。(中略)中隊長ヲ訊問シタルニ中隊長ハ其権限ヲ以テ交ル交ル女ヲ連レ来リ金ヲ与ヘテ兵ニモ姦淫セシメ居レリトノコト。
依テ憲兵隊長小山中佐及33〔i〕第二大隊〔長〕ヲ呼ヒ明朝ノ出発ヲ延期セシメ大隊長ノ取調ニ引キ続キ憲兵ニテ調フルコトトセリ。
1月26日

注・iは歩兵連隊のこと。

この事件の取調の様子を、上海派遣軍参謀副長だった上村利道大佐も日記に書いています。

天野中尉ノ取調ニ就テ憲兵報告……昨夜ノ勢当ルヘカラス、大隊長不甲斐ナクモ統御出来ス。残置命令ヲ当番兵ヲシテ伝達セシム。
1月27日

まさにこれは、上官が部下を統制出来なくなっていることを示しており、軍隊としては末期的な症状です。当時の日本軍に犯罪行為が多発した理由はこれでしょう。
この後も、強姦事件が続いたことが、飯沼少将の日記から伺えます。

米領事「アリソン」ヨリ一月二十八日以後二月一日迄ノ日本兵ノ非行トシテ掠奪強姦八十九件ヲ抗議シ来レリ。甚タ誇大ナルヘキモ日本兵ノ非行ハ憲兵ノ報告ノミニテモ数件アリ実ニ慨嘆ニ堪ヘス。
2月12日

これらの記録から、日本軍の軍人たちが強姦を行っていたことは明らかです。





55 :名無的発言者:03/09/11 14:57
小林よしのりは「外国人ジャーナリスト、日本の新聞記者も、そこ〔南京〕にいっぱいいたのにだれも虐殺など見ていない。」と書いていますが、これは嘘です。
付記
外国人ジャーナリストも「虐殺」を見ていますし、報道もしています。

例えば『ニューヨーク・タイムズ』の記者であった、F・T・ダーディンは、

『ニューヨーク・タイムズ』の記事でその光景を書きましたが、川岸では日本兵が捕虜の中国兵を何百人がずつ連れ出しては銃殺して処刑しているのを目撃しました。
南京事件調査研究会「南京事件資料集 アメリカ関係資料編」青木書店 P560

と語っています。また、日本の新聞記者も、「虐殺」を目撃しています。毎日の鈴木二郎記者の記事によれば、

十三日に中山門の城壁の上で一列に並べられた捕虜が一人一人銃剣で突き殺されていた。

ちなみに、読売新聞の原四郎記者は

当時の新聞記者が見ていないというのは、つまりは当時の記者は日本軍の勇敢な記事だけ送っていればよかったのだから、
ヒューマニズムの立場から、日本軍の暴行というようなものを、つっこんで取材していないのは当り前

という非常に興味深いコメントをしています。
また、対象を新聞記者に限定しなければ、目撃者は更に増えます。

白井茂氏(映画「南京」の製作者)。
虐殺の現場は二度見た。一度はサクがあったように思う。はるか離れているところで、銃殺していた。数は憶えていない。揚子江でない川のところで、
機関銃で撃っているところも見た。私なら抵抗すると思ったが、彼等は従順に死を待っていたようだ。川にとび込んで、向うに泳きついた者もいた。二百人ぐらいいたと思う。場所は憶えていない。

藤井慎一氏(映画「南京」の録音技師)。

小さな川の傍の門の中で捕虜らしき者を撃っているのを見た。白井氏と一緒だった。いくつかの死体に石油をまき、火をつけた。
中に生きている兵隊がいて"早く射て”と胸を指さし、"蒋介石万歳”といったので、大変驚いたのを憶えている。
それ以外にも、銀行の裏で百人以上が殺されているのを見た。胸のあたりを銃剣で突いていたように思う。虐殺の噂はきいたように思うが、見たのはこの時だけである
(以上「『南京大虐殺』のまぼろし」より引用)


56 :名無的発言者:03/09/11 15:02
最後に、小林よしのりが好んで引用するパル判事の南京事件に関する意見を引用して、締めとすることにしましょう。
(注:パル判事とは東京裁判当時の判事のひとりで、日本には好意的であったためか、いわゆる大東亜戦争肯定派が好んでかれの意見を引用しているのはご承知のとおりです)


いずれにしても、本官がすでに考察したように、証拠にたいして悪くいうことのできることがらをすべて考慮に入れても、
南京における日本兵の行動は凶暴であり、かつベイツ博士が証言したように、残虐はほとんど三週間にわたって惨烈なものであり、
合計六週間にわたって、続いて深刻であったことは疑いない。事態に顕著な改善が見えたのは、ようやく二月六日あるいは七日すぎてからである。
弁護側は、南京において残虐行為が行われたとの事実を否定しなかった。かれらはたんに誇張されていることを愬えているのであり、
かつ退却中の中国兵が、相当数残虐を犯したことを暗示したのである。

東京裁判研究会 「共同研究 パル判決書」講談社学術文庫 P600〜


57 :名無的発言者:03/09/11 15:11
>>49
市民と認められる者は直ぐ帰す、なんて随分と徹底していますね。

58 :名無的発言者:03/09/11 15:13
>>50
国際法なんて片方だけが守っていても仕方ないでしょ。

59 :イ爾已経死了:03/09/11 15:20
>>57
>>48-56
戦史研究所
http://homepage1.nifty.com/SENSHI/
のコピペ

反論しても、まともな答えは返ってくる可能性が低いんで放置した方がいいと思われ

60 :名無的発言者:03/09/11 15:20
>>57
>>58
引き続き反論どうぞ。

61 :名無的発言者:03/09/11 15:20
>>54
12/19のは真偽不明
1/26のは金を出しての買春行為

米領事が略奪や強姦で抗議し、虐殺では抗議しないのはナゼ?

62 :名無的発言者:03/09/11 15:22
>>59
「と」本なのね(w

63 :名無的発言者:03/09/11 19:08
>>59
そういうカキコは反論できないと解釈されてもおかしくない
逃げるな

64 :名無的発言者:03/09/11 20:26
>>63
反論せず次々と話をすり替えているのはオマエ。


65 :名無的発言者:03/09/11 20:28
    
  ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 <=( ´∀`)  <俺日本人だけど中国なんて弱虫ニ・・だよ!
 (    )    \____________
 | | |
 〈_フ__フ

66 :飼育されているチンピラ:03/09/11 21:43
国賊ナントカも石原慎太郎も小銭を貰って飼育されているチンピラに過ぎない。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/1704/sonota1/link1.htm
http://hayawasa.tripod.com/isiikoki09.htm
その三は、反動的な暴力団の育成である。
すなわち、内相床次竹二郎のキモ入りで全国の
侠客を集めて結成された大日本国粋会がそれである。
 床次の故知にならった政治家が戦後にもいる。
元保安庁(防衛庁の前身)長官だった木村篤太郎で、彼は昭和十八、九年ごろ、
左翼勢力に太刀打ちするために、全国のヤクザ、テキヤを国粋会の傘下におさめこれを右翼と称した。
 安保闘争の時、このヤクザ右翼は大いに活動して、デモ隊の向こうを張った。
戦前からの右翼には、動員カはほとんどない。
ヤクザ右翼にはナニワブシはあっても理論はないが、
全国にかけてのその組織的動員力は、無視できない。
 ともかく、単なるヤクザを、右翼というもっともらしいものに
つくりあげたのが有力政治家なのだから恐れいる。


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/09/11 22:01
日本軍の「中国化」は事実なのです。略奪はかなりやっていたでしょう。勝手に
農民等を捕まえて荷物を運ばせているのも中国軍のやり方そのままです。
捕虜の扱いについても、国際法をわきまえないものになってしまった例が
あるのも「中国化」ですね。このような中国化を延々とあげて日本軍を批判する
のはあまりいいこととはおもえません。というのはそれは中国軍の模倣
にすぎないからです。中国ではごく普通のことだったからです。もっとも
だからといって、このような中国化をそのまま肯定できるわけではないの
は確かですが、反省するにしても、きちんと事実を踏まえた上でなければ
ならないのは当たり前のことではないですか。しかも中国軍閥軍と比較
すれば、自己を律する力は働いています。百件の強姦ですが、かなり
死刑になった例があるようですね。中国軍閥軍の将軍や士官が
様々な反省を述べたことなど一度もないでしょう。真面目な教師ほど
生徒たちを叱る場合は言葉は激烈になるのです。それを文字通り解釈する
のは、実は木をみて森をみないものです。逆に日本軍が立派な軍隊であった
証拠ですといえなくもないのです。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/09/11 22:11
花のない墓標 進駐軍による日本人虐殺の歴史
理論社 1959年7月発行 新井鉱一郎著
-1959年になってはじめて、進駐軍による被害者の全国的な組織(全国進駐軍
被害者連合会)が生まれた。

噂には聞いていたが、やはり進駐軍の犯罪は数が多かった。ただ申請すれば
極めて安価ではあるが見舞金がだされたことがわかる。人が一人殺されて、
その見舞金が月収分だけだったり、またよくて月収の何倍かではたまらない
が。府県別被害者数集計表(S33.9.30)をみると、府県別被害者総数は、死亡者2536人、
障害者3012人である。福岡は多いが、妨害されたらしく調査
できなかったようである。したがってこの数字には福岡の分が入っていない。
それに申請のなかった分(被害者の身元がわからなかった分)やまた家族が
和解などして取り下げた分もかなり多かった)は入らない。これらも
かなり多かった。また強姦も実に多かったがほとんど告発されなかった。
見舞金がだされた例があるが、これは強姦され射殺されたからです。
朝鮮戦争当時には、犯罪をおこせば本国送還になるというデマが流れ
この手の犯罪が急増した。見舞金は日本政府が払っていたようです。
   ↑
このような有様ですが、アメリカの将軍や士官で一人でも反省など
きちんと述べているものがいるでしょうか?また犯人が一人として
死刑になった例はありません。勿論、日本軍であれば様々な軍人が
大変、反省することになります。犯人は死刑になることも多いのです。
そこのところをよく考えてみてください。白人と中国人が人種差別的デマを
まきちらした捏造したのが、南京大虐殺です。




69 :中華勇士:03/09/11 23:32
どうやら己経死了>>38は救い手のないやつだ。
徹底的に我中華に対抗して日本をどうするつもりだ。
中国が着実に力をつけてくるのはこれから30年以内だと俺は思う。
どうせその時38号が確実に死んでるはずだから、日本がどうなってもいいのか?
お前は中国人の大敵であって、日本人民の罪人でもある。
21世紀は間違いなく我中華の世紀である。
国をあげて少しずつ支度しとかないと大変な事になるぞ。
お前見たいなやつ絶対許さん!
墓に入っても掘り出して裁いてやる。
50年経っても俺は今中国のリーダーと同じぐらい年になる。
中華人民に絶対仇討ちをさせる事はこれから俺の使命である。



70 :名無的発言者:03/09/12 01:22
>中国が着実に力をつけてくるのはこれから30年以内だと俺は思う。
俺はこれから10年もてばいい方だと思う。
国がバラバラになって生活が立ち行かなくなったら日本にすがりついてくるんだろ?
うそでもいいから日本人に好かれる態度で生活しといた方がお前自身のためだぞ。

71 :イ爾已経死了:03/09/12 01:42
>>70
同意。
それに技術等は買ったり、日本に教えてもらうんじゃなくて、
自己開発で培わなくちゃダメです。
清朝と同じ間違いを犯していますよ。

72 :名無的発言者:03/09/12 07:49
<21世紀は間違いなく我中華の世紀である。>

中国は工業用水はおろか 農業用水まで無くなってきている.
大気汚染や土壌汚染で人間の生存できない環境になりつつある.

中国はあと30年はもたない.
いずれ中国からの難民が何千万と日本に押し寄せてくることになる.

日本人としては 中国人を今のうちに 絶滅させてしまわないと 日本を乗っ取られてしまう.
日本が右翼化してきたのは そういう背景があるのだが
中華勇士君は何もわかっていないね.

これ読んでネ:

環境と文明の世界史 人類史20万年の興亡を環境史から学ぶ
/ 石弘之/著 安田喜憲/著 湯浅赳男/著

洋泉社
2001年5月発行
270P 18cm
ISBN: 4-89691-536-4
価格: 720円(税別) 在庫あり



73 :名無的発言者:03/09/12 07:50
目次
序 今なぜ環境史を学ぶ必要があるのか?(環境史―マルクス主義史観に押し潰されてきた環境史研究
年代測定―歴史認識を逆転させた画期的な年代測定法の発見)
第1部 現代型新人の誕生から古代文明の崩壊まで(二〇万年前〜二〇〇〇年前頃)(現代型新人の誕生―ネアンデルタール人とマンモスはなぜ絶滅したのか?
農耕革命と定住革命―北アメリカの巨大"氷河湖"の崩壊と農耕の始まり ほか)
第2部 グレコ・ローマ文明の誕生から中世ペストの大流行まで(紀元前二〇〇〇年頃〜紀元後一五世紀)(水と文明―たった五〇〇ミリの雨から生まれたグレコ・ローマ文明
金属と文明(1)―金属汚染と引き換えに手にしたローマ帝国の栄光 ほか)
第3部 ヨーロッパ世界の拡大から「欲望全開」の世紀まで(一五世紀〜現代)(植民地と文明―イスラムの圧力に押し出された「大航海時代」の幕開け
遊牧民と文明―ヨーロッパ人の植民地経営法は遊牧民の発想 ほか)
結び 環境史から人類の未来を問う(環境革命と文明―人類の破局を食い止める「環境革命」は可能か?)

人類が営々と築き上げてきた文明は、頻繁に変化する自然環境とともに興亡を繰り返してきた。
人類の飽くなき知恵と欲望は、今日の「繁栄」をもたらしたが、次々に自然を破壊
することで、地球環境の悪化をもたらした。人類の歴史は、自分たちが自然環境に
生かされていることを忘れた滅亡への道でもあった。環境学、環境考古学、
比較文明史の論客が、環境史の視点から人類の滅亡回避の可能性を論じ合った警世
の書。



74 :名無的発言者:03/09/12 07:56
あるいみ、シナ共は北鮮よりどうしようもない国家。

75 :名無的発言者:03/09/12 08:04
中国はすでに限界だ. 未来は無い:

中国の小麦の半分以上、トウモロコシの3分の1を生産する華北平原では、
地下水位の低下速度が10年前の平均1.5m/年から現在3m/年にまで上がっている。
浅い帯水層が過剰揚水でほぼ枯渇したので、汲み上げられる水は降水によって
涵養された分だけとなった。このため深い帯水層まで井戸を掘り下げざるを
得なくなるが、不幸なことに深い帯水層の水は涵養されない。

 北京地質環境監測研究所の責任者何卿誠(He Quincheng)氏は、華北平原の深い
帯水層が枯渇することで「最後の水がめ」も失われると指摘する。氏の懸念は
世界銀行の報告書に反映されている。報告書は「北京周辺で掘られた」深井戸から
水を汲むには今や800m以上の深さが必要で、そのため供給コストが劇的に上昇して
いることが事例証拠によって示された」として、水の需給バランスが早急に是正
されないかぎり「後世に破滅的な結果」をもたらすと、これまでになく強い調子で
警告している。

http://www.worldwatch-japan.org/NEWS/ecoeconomyupdate2003-2.html


76 :名無的発言者:03/09/12 18:23
>>71
儒教的な体制の下ではインダストリィは興らない、って司馬遼太郎が書いてたな。
で、福沢諭吉の「脱亜論」も、それを批判する側もどちらも間違っていると。
そういうアジアの凄惨なる大停滞を招いた、中国を中心とする儒教的体制から距離を
置いていた日本は、そもそも最初からアジアではないと。

77 :名無的発言者:03/09/12 18:31
中国人は儒教なんぞ信じていない. 論語も五経四書も漢文の暗記用のテキスト
として使われていただけで 中国人はその内容には全く興味を示さなかった.

中国人にとって 礼や徳は単なる建前で 実際には自分の損得しか考えていない.

司馬遼太郎は無能人間の代表だ.

78 :名無的発言者:03/09/12 18:40
ちなみに 毛沢東語録 も 漢文の暗記用のテキスト
として使われていただけで 中国人はその内容には全く興味を示さなかったそうだ.


79 :名無的発言者:03/09/12 19:03
儒教を信じているかどうかじゃなくて、権力維持機構としての儒教的体制の話。
官僚が金を取り込む仕組みが、ほとんど社会システムとして出来上がってんだよ。
あれに比べりゃぁ日本の政治家の汚職なんてかわいいもんだよ。

80 :名無的発言者:03/09/12 19:06
最近中華勇士来ないね。
いぢめるの面白かったのに。

81 :名無的発言者:03/09/12 19:35
南京大虐殺 夏の陣
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1030622486/
南京大虐殺は無かった。
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1051856114/    @世界史
【驚愕】小学5年生の兵士が南京で強姦しまくり
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/history/1029580083/   @日本史
南京大虐殺はあったの?何万人殺ったの?8万
http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news2/1058281988/
南京大虐殺はあったの?無かったの?
http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news2/1054817046/
南京大虐殺関連統一スレッド
http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news2/1052396601/      @議論
南京大虐殺報道めぐり遺族が朝日など提訴 2
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1056152045/
南京大虐殺の「手段」について考えるスレPART2
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1050498322/
やっぱりなかった南京大虐殺
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1051076315/         @極東


82 :名無的発言者:03/09/12 19:35
南京大虐殺資料集
http://members.tripod.co.jp/NankingMassacre/
日の出講芸
http://plaza25.mbn.or.jp/~hinode_kogei/
南京事件に関する雑感
http://plaza25.mbn.or.jp/~hinode_kogei/nankin_zakkan01.html
南京大虐殺事件関連
http://plaza25.mbn.or.jp/~hinode_kogei/DATA.html

83 :名無的発言者:03/09/12 19:43
21 :イ爾已経死了 :03/08/11 12:25
>>9
勘違いされているようですが、南京事件がないなんて誰も言ってないと思いますよ。
ただ、肯定派の言う南京事件が無いと言っているだけです。
肯定派の主張する南京事件と、否定派の主張する南京事件は、
その定義、概念が大きく違います。
下手すると肯定派同士、否定派同士でも、定義、概念がかなり異なっていたりもします。
それ故に、私は肯定派の南京事件と否定派の南京事件は全く別の事件と考えています。
第一、南京事件というくくりも大まかすぎますし、この事件を細分化すべきではないでしょうか?
私が見た南京事件の内容だけでも、
1、日本軍兵士による住民殺人事件
2、中国軍兵士による住民殺人事件
3、日本軍兵士による婦女暴行事件
4、中国軍兵士による婦女暴行事件
5、日本軍兵士による略奪強盗事件
6、中国軍兵士による略奪強盗事件
7、日本軍による捕虜殺害事件
8、中国軍による略奪殺人放火事件(清野作戦)
9、南京攻防戦による住民被害及び戦死
10、便衣兵狩り時に発生した誤認逮捕及び処刑事件
11、上記以外の事故死、病死、犯罪事件の被害
12、その他
と、やたらと多岐に渡っていますし、上記の被害者総数でも数千から数十万まで、
その数があまりにも違いまし、被害者の割合もそうです。
ちなみに私は上記事件すべてをひっくるめて南京事件だと認識しています。
22 :名無的発言者 :03/08/11 17:43
「茶番劇にすぎない」と仰々しく銘打ってる割に存在は認めてるんですね。
状況に応じて主張がさりげなく変わる人たち、面白い。

84 :名無的発言者 :03/09/12 21:12
松井大将は日記の中で、虐殺があったことを認めているよ。

85 :名無的発言者:03/09/12 21:29
日本人はどうしてこうも卑屈でプライドがないのか?
ヨーロッパ人は植民地の連中を虐殺したが否定も謝罪もしてねえ。
劣った原住民を殺しただけじゃん。堂々としてろよ。




86 :名無的発言者:03/09/12 22:17
日本人はどうしてこうも卑屈でプライドがないのか?
ドイツ人は東欧の連中を虐殺したが否定も謝罪もしてねえ。
ドイツ資産の請求までしてるじゃん。堂々としてろよ。


87 :名無的発言者:03/09/12 22:47
ドイツ人並み、というのも激しくイヤンな感じなのだが

88 :中華勇士:03/09/13 01:18
ようするに諸等がいくら南京大虐殺はなかったと主張しても無駄だよ。
中国全土及び世界国々の有識者が目を澄まして見てんだよ。
否定すればするほどいままで震撼全世界の大和民族精神が台無しになって行くんだよ。
中国を先進国の行列に導く事は確か容易な事ではない。
阿片戦争以後の100年間は中華の奇恥だ。
それより以前も、以後も中国が列強に蹂躙されるような事はない。

農業も、環境も、儒教も私の専門ではない。
中国は所謂人材の宝庫だから、専門な人が解決してくれるでしょう。
諸等:!!!!
大和ひとりよがりな考えを棄てなさい!
経済、治安上においては優秀でも、
大和は肝心なものを棄てたんだろう?
民の人格、国の国格だよ。
米英、中国等に無条件投降したじゃないか?
死を恐れたから投降したじゃないの?
この恥はいつになったら晴らすの?


89 :名無的発言者:03/09/13 01:47
>>88
戦争に負けた事自体は恥でもなんでもない。
そういうところは、勝てば何を言ってもOK、と思っていそうな
自称「戦勝国」の中国人らしい。

90 :イ爾已経死了:03/09/13 01:52
>>88
日本が負けたのはアメリカ、中国共産党や国民党には負けていない。
中国はアメリカに助けてもらったの。
それなのに、反米している中国は恩知らずですね。

それから、中国は人材の宝庫かもしれないが、
その管理人(中共政府)がダメダメ。
人材をみんな腐らせてしまっている。
それに、中華文明を築いた偉大な人たちの子孫だから、
自らも偉大であると勘違いしている節がある。

あとね、死を恐れたヘタレは中国軍。
日本人は死を恐れなかった、と言ったらウソになるが、
皆、自分の生命より大事なものを持っていた。
それを守るために戦い、それを守らんが為に降伏した。
それら先人のため、これからの国を良くしていきたいとは思うが、
私は、先人の行為を恥とは思いません。

91 :名無的発言者:03/09/13 03:24
すべては、「中国共産党」を将来にわたって繁栄させる為に、中国国内の
不満を「反日」に向けたと・・・・・・・

92 :殺されるかもしれない:03/09/13 05:34
1 名前:⊆(@゜▽゜@)⊇ ◆N8OIdTdC3c @体脂肪率23%φ ★[] 投稿日:03/09/13 00:29 ID:???

東京都江東区の東京港で殺害されているのが見つかった染谷悟さん(38)は「柏原蔵書
(かしわばら・くらがき)」の名前で活動するフリージャーナリストで、最近になって「中国人に
命を狙われている。殺されるかもしれない」と周囲に漏らしていたことが12日、関係者の話で
分かった。

染谷さんは東京・歌舞伎町で活動する暴力団や中国人犯罪の取材を続けており「歌舞伎町
アンダーグラウンド」と題する著書もある。

警視庁東京水上署捜査本部は染谷さんが取材活動の中で何らかのトラブルに巻き込まれた
可能性があるとみて捜査している。

調べなどによると、染谷さんは東京都豊島区のアパートに1人で暮らしていたが、4月ごろに
は自宅の窓ガラスを割られる被害も受け、その後短期滞在マンションで生活をしていたという。

(共同通信)[9月12日21時20分更新]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030912-00000257-kyodo-soci
【社会】東京港に両手に鎖、両足に紐の男性の死体 事件と自殺の両面で捜査[09/12]
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1063334545/l50

【殺人事件】 殺害されたのはフリー記者 「殺されるかも」と漏らす
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1063380566/



93 :名無的発言者:03/09/13 07:25
中華勇士君は 戦争を国民間でやるものだと誤解している.

<米英、中国等に無条件投降したじゃないか?
死を恐れたから投降したじゃないの?
この恥はいつになったら晴らすの?>

宣戦布告するのに国民投票して 国民の意思を問うてから決断する国家は存在しない.
第二次大戦は当時の日本政府がアメリカとアジアの植民地の覇権を争って起こしたものだ.
日本国民がやりたくてやったものではない.

日本兵で死を恐れたから投降した者はいない. 神風特攻や全員玉砕戦を行なったのは
世界中で日本人だけだろう.

無条件降伏はアメリカに勝てないと判断した当時の日本政府が日本の将来を
考えて決断したもので 日本国民が決めた訳ではない.

日本は戦争ではアメリカに負けたが その後の経済戦争ではアメリカに勝った.
アメリカはその後,小国のベトナムにすら負けている.
君はアメリカに ベトナム戦争で負けたことを非難しないのか?










94 :名無的発言者:03/09/13 07:32
<中国は所謂人材の宝庫だから、専門な人が解決してくれるでしょう。>

中国の砂漠化は 中国の人材では全く対処できなくて 全面的に日本の人材に頼っている.

砂漠化、食い止めろ−−中国・緑の再生計画、日本からも支援団体が続々
 砂漠化が進む中国。同国政府が1999年に発表したデータでは、砂漠の面積は
日本の国土の約7倍に相当する262万平方キロにも及ぶ。一方、砂漠化を食い止め、
緑を根づかせるために、90年代から日本を中心にボランティア団体が植林活動を
続けている。日本の学者や企業が携わり、植えた樹木を確実に成長させるのに必要
なかんがい設備づくりや土壌改良も。それぞれの活動の現状を追い、今後の課題を
探った。【高野聡】

 ★増えるボランティア
 「当初、地元の人は『こんな乾燥地で植林してもしようがない』というムード
でした」。92年から内モンゴル自治区を中心に植林を続けている「日本産業開発
青年協会」の太田誠一常務理事は、活動の苦労をそう振り返った。同協会では毎年
春にボランティアを募り、地元の青年団とともに活動している。参加ボランティア
の数は延べ約200人に及ぶ。

 砂漠化防止を目的とした植林活動は、遠山正瑛・鳥取大名誉教授が91年に設立
した日本沙漠緑化実践協会が始めた。94年に活動していたのは3団体だったが、
99年には20団体に増えた=林野庁所管の財団法人・国際緑化推進センター調査。
各団体とも一般の参加ボランティアを募り、参加者は15万〜20万円を自己負担
して活動をしている。

 昨年、故小渕恵三前首相が発案した日中緑化交流基金(小渕基金)も設立された。
同基金は助成対象を中国での植林活動に絞り、初年度は23件の緑化プロジェクト
を助成対象にした。

 

95 :名無的発言者:03/09/13 07:33
★植林活動の成果は?
 「地元の人だけでやっていた当時は植えた木の5%程度しか根づかなかった」と
太田常務理事は言う。せっかく植えた木が翌年には枯れていて、同じ場所に植える
という繰り返しが続いていた。太田さんたちは95年からポンプを持ち込み、
さらに中国側にかんがいの重要性を訴えた。設備が整備されてから「70%以上が
根づくようになった」という。だが、植林活動に取り組む各団体が口にするのは
「結局は地元の人々との意思疎通を深め、協力体制を作ること」の重要性だ。

 同協会も現地で「植えた木は必ず育てよう」と繰り返し呼びかけ、地元青年団が
各植林場所に責任を持つ方式を徹底した結果、根づく割合も向上してきた。枯れた
跡もそのままにせず、必ず新しい苗木を補った。今では参加した地元の団体が
競って木を植える穴を掘るようになったという。

 木が根づくと、緑化が進み始める。ボランティアの植林隊を計98回派遣し、
約280万本のポプラを植えた日本沙漠緑化実践協会の菅原義一事務局長は
「初期に植林したところで林になったところもある。落葉が腐葉土になれば土地の
栄養分も増え、下草が生える」と話した。

 中国側の取り組みも活発化してきた。国連砂漠化対処条約に基づいて、2050年
までを視野に入れた国民行動計画を策定、国民一人一人の植林活動を呼びかけている。
小渕基金の設立も中国側のこうした姿勢を受けたものだった。

人為的要因、9割にも

 

96 :名無的発言者:03/09/13 07:37
★なぜ砂漠化が進むのか
 アフリカのサハラ砂漠のように昔から不毛な土地もあるが、砂漠化は、かつては
草木の茂る環境だった土地が、干ばつや人間の活動などによって荒れて劣化する
現象だ。中国では砂漠化が顕著で、77年に開かれた国連砂漠化対処会議で
「砂漠化の危険が極めて深刻な国の一つ」と指摘された。その後も、1年間に
約2460平方キロずつ砂漠が増え続けている。その原因として(1)過度の開墾
(2)過度の放牧(3)過度の薪炭採取などが指摘されている。人為的な要因が
全体の約9割を占めるといわれる。

 砂漠化が著しい黄土高原は草木の生い茂る土地だった。だが49年の中華人民
共和国建国後、下放政策などで草原の農地化が推進された結果、土壌への栄養分や
水の供給が間に合わなくなり、砂漠化が始まったと考えられている.

http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/details/science/Earth/200102/12/01.html

中国には12億の人間がいながら 役にたつ人材は誰も居ない.
日本人がすべて 手取り足取りで教えないと 自分達では何もやろうとしない.
中国人はこれだけ日本人の世話になっていながら感謝すらしない.

中国人は恩知らずの劣等民族だ. 中華勇士よ. 中国人である事が恥ずかしくないか?

97 :名無的発言者:03/09/13 09:43
>>88
> 中国全土及び世界国々の有識者が目を澄まして見てんだよ。
世界各国はともかく支那には有識者はいないよ。

98 :名無的発言者:03/09/13 09:46
>>88
> 米英、中国等に無条件投降したじゃないか?
これさ、よく誤解されてるけど無条件じゃないんだよね。
勉強不足だよ、おまい。

99 :名無的発言者:03/09/13 11:42
まさに中国は虎の威を借りた狐だな。
日本軍の中国大陸における最大進出ラインは終戦まで維持されていたのはどう言う意味か考えてみよう。
日本が米英とも戦争を始めたから中国は全土占領を免れたのは明白。

100 :名無的発言者:03/09/13 11:44
100!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



     以上の数が数えられないシナ人

101 :名無的発言者:03/09/13 12:45
<南京(米艦オアフ号より)十二月十五日>南京の包囲と攻略を最もふさわしい言葉で表現するならば、
”地獄の四日間”ということになるだろう。
 首都攻撃が始まってから南京を離れる外国人の第一陣として、私は米艦オアフ号に乗船したところである。
南京を離れるとき、我々一行が最後に目撃したものは、
河岸近くの城壁を背にして三〇〇人の中国人の一群を整然と処刑している光景であった。
そこにはすでに膝がうずまるほど死体が積まれていた。
 それはこの数日間の狂気の南京を象徴する情景であった。
 南京の陥落劇は、罠にはまった中国防衛軍の筆に尽くせないパニック・混乱状態と、その後に続いた日本軍の恐怖の支配、ということになる。後者では何千人もの生命が犠牲となったが、多くは罪のない市民であった。
 首都放棄以前の中国軍の行為も悲惨であったが、侵入軍の狼藉に比べたらおとなしいものだった。
 南京にいる外国人は全員無事である。
スティール記者の報告  これでもなかったのか?

102 :毛 沢山:03/09/13 15:41
南京事件はあったのですよ
無かったなんて言う日本人可笑しいのね
中国兵が南京で中国人民たくさん殺したこと
みんな知ってることなのね
最近では天安門でも虐殺やったね


103 :名無的発言者:03/09/13 15:44
>>102
市ね消えろ祖国帰れ

104 :名無的発言者:03/09/13 16:18
>>103
良く読め、バカ

105 :名無的発言者:03/09/13 18:16
いくら歴史修正主義者が「我々は負けていない」などと強弁しても、
1945年の帝都における人民による赤旗掲揚という頑たる事実の前には無意味である。


106 :名無的発言者:03/09/13 20:16
>>105
帝都ってドコ?

107 :開國紀念幣 ◆qV6dwdDny6 :03/09/13 23:23
帝都って帝国の首都でしょう。
>>105は赤旗系の人でしょうがチャンと「帝都」って認めてるところが微笑ましい。

108 :イ爾已経死了:03/09/14 04:37
>>101
ぱっと見の疑問点
1.300人と書いているけど、どうやってこの人数が導き出せたのか?
2.中国人が処刑されたと書いているが、どういう立場の人間か(市民か兵士か)?

あと、具体的な場所等検証するのに必要な情報をくれませんか?

あと、他にも外国の記者が多数乗船していたと思うんだけど、
出来れば、そういったすべての記者の記事等があれば、もっとわかりやすいんですけど・・・

109 :中華勇士:03/09/14 08:49
<日本が負けたのはアメリカ、中国共産党や国民党には負けていない。
中国はアメリカに助けてもらったの。
それなのに、反米している中国は恩知らずですね。>
子供を説教するような口調で俺に失敬じゃないか?
国と国の間には、永遠の友はなく、永遠の利益がある。
当時野獣化された日本軍に勝つには単にアメリカ1カ国の力では無理。
中国は自分の利益のためにアメリカに協力しただけ。
アメリカとの事はお前らの主人と論議したいんだ。
日本は礼儀な国であって、それぐらいの掟が守れるだろう。



110 :中華勇士:03/09/14 09:01
<それから、中国は人材の宝庫かもしれないが、
その管理人(中共政府)がダメダメ。
人材をみんな腐らせてしまっている。
それに、中華文明を築いた偉大な人たちの子孫だから、
自らも偉大であると勘違いしている節がある。>
小泉政権とは比べ物にならないほど中国政府は立派だよ。
才も、節も、根性もなく、只管アメリカの後ろで尻尾を振ってばかりで、
ただの税金無駄使いじゃないか?
再選する見込みだが、またも日本国民の災難である。
不況から抜け出せない、国民の生活が苦しくなって行く一方。
最も犬根性も国だから、犬に引っ張ってもらうとは・・・厳しい!!!!
今の中国は昔の中国ではなく、競争を勝ち抜くために、
知識、人材を最も重視する時代である。



111 :中華勇士:03/09/14 09:17
<あとね、死を恐れたヘタレは中国軍。
日本人は死を恐れなかった、と言ったらウソになるが、
皆、自分の生命より大事なものを持っていた。
それを守るために戦い、それを守らんが為に降伏した。
それら先人のため、これからの国を良くしていきたいとは思うが、
私は、先人の行為を恥とは思いません。>
上海会戦、徐州会戦、長沙会戦・・・知ってる?
武器が劣るハンデを背負いながらも野獣と熾烈な戦いを広げた。
お前らの爺に聞いたらどうだ?
投降後よく(国敗れて、山河あり)で自慰したよね。
お前の論もよく似ている、ただの自慰じゃないか。
投降した先人の行為を恥じだと思わなければ、
その当時亡国奴になるを避けるために自決した人々、
死ぬまで闘った人々に大変失礼じゃない?
全民死ぬ覚悟で闘えば亡国する事が避けたんだろう。




112 :中華勇士:03/09/14 09:21
>>98
その条件と言えば{命さえ奪わなければ}のようなもんだろう。
日本を焦土化にした米軍に復讐するつもりはないのか?
亡国奴め!

113 :イ爾已経死了:03/09/14 09:25
>>109
じゃあ、中国軍は日本軍との会戦で何回勝てましたか、
勝率は何割・・おっと失礼、勝率何分ですか?

>>110
まあ、文革やった頃に比べれば、まともですが、
そういえば、中共には選挙ってあるんですか?
興味が無かったしニュースにもならないから知らないんですけど・・・

税金の無駄遣いはわかりました。じゃあ、ODA止めても大丈夫ですね。
それから、高速鉄道も日本にたからず自前で開発してください。
日本に頼らないでください。

114 :中華勇士:03/09/14 10:21
>>113
野獣の定義を調べてくれ、
人間常識を超えたものだから人間用語の「勝率」では表せないものだ。
ただ、何十万の野獣を殺した中国軍は立派だった。

中国は中国的な政治のやり方がある。
日本とは違って米英の真似はしないだ。

ODA止める?それで中国国民の感情が収まればいいけど。
高速鉄道は恐らく日本のを採用しないと思う。
採用したって、日本に利益をもたらさないと思う。
中国は法的な整備まだ完全に整えっていない。
時代が進むにつれ自分に有利な法を作り出すから相手の大変さは分かるが、
でも、国力を壮大化にし、日本を仇討するためにも必要だ。


115 :名無的発言者:03/09/14 10:28
シナ人(?)は無視しとけよ。
だって人(?)なんだから!!

116 :名無的発言者:03/09/14 10:51
<ODA止める?それで中国国民の感情が収まればいいけど。>

中国の国民は日本から毎年膨大な ODA援助を受けている事すら知らされていない.
中国は恩を仇で返す あくどい詐欺国家だ:

第134号 中国へのODAは即時中止せよ
〜中国の軍事力増強に貢献した日本のODAは完全に失敗〜
 
人から、お金を借りる時や、援助を受ける時は、その相手に「ありがとう、これで
助かるよ」など「感謝」の言葉を伝えるのが人として正しい道でしょう。それが、
感謝の言葉とは言えない「評価する」と相手に言えば、その相手は怒り出すかも
知れません。しかし平成10年11月に来日した中国・江沢民主席は、「あなた
(日本)は私(中国)にお金を貸してくれたことは、とても良いことです。
評価します」と、とても感謝しているとは言葉とは言えないことを平気で言っているのです。

わが国の、対中国向けのODAはすでに3兆円に達しているそうですが、これに
対し中国は評価はしているようですが、感謝はしていないようで、様々な施設が
日本の援助で出来たことを国民に知らせないばかりか、それではあまりにもひどい
ではないかとのことで、日本側が作成した「この施設は日本の援助で作りました」
とのパネルも勝手に撤去しています。これは暴挙でなくて何であろうか。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/3315/syutyou0134.htm

117 :名無的発言者:03/09/14 11:21
中国人は嘘つきの詐欺民族だ:

<何十万の野獣を殺した中国軍は立派だった。>

日本兵の死者のほとんどは飢死と病死で 戦闘で死んだのはわずかだ.
中国兵は日本兵の姿を見ただけで すぐに逃げ出したので 戦闘自体がほとんど無かった.
中国兵は弱虫の臆病者で 口先だけの卑劣な人間ばかりだった:

上海会戦の我が損害      上 海 正 面   北 支 那 方 面
  死 者 負傷者 総 計 死 者 負傷者 総 計
昭和12年8月中 234 1112 1346 615 2367 2982
昭和12年8月29日までの累計 2528 9806 12334 2300 6262 8562
昭和12年10月14日までの累計 3908 15843 19351    不 明
昭和12年11月8日までの累計 9115 31259 40672    不 明

http://yokohama.cool.ne.jp/esearch/kindai/kindai-sina2.html

武漢作戦での戦果と損害

  日本死者 戦 傷 計 中国死者 俘 虜
第2軍 2300 7300 9600 52000 2300
第11軍 4506 17380 21886 143500 9600
総 計 9500 26000 35500 195500 11900


118 :中華勇士:03/09/14 11:37
>>116
中国へのODAは中国国民の感情への配慮であって、
日本に侵略されて、その国から金を借りるなんてとんでもない。
ODAは日本政府が自ら申し込んだものである。
感謝を言うのはそっちだよ。
わが国が5000億ドルの戦争賠償を放棄して、
いままで中国にいくら援助したって、たったの2000億円だろう。
まだ200分の一にも達していないだよ。
ODAを止めると叫ぶ政治家は多くいるが、
昇竜の中国相手には止めるわけには行かないんだよ。
金だけじゃなく、日本国民の心からの謝罪にも必要なんだよ。


119 :イ爾已経死了:03/09/14 11:43
>>118
まず、賠償額5000億ドルの根拠を提示せよ。
また、中華事変当時、中共政府は存在していない。
よって、中共政府に対する賠償責任は無い。
根拠を提示できなければ、ただの妄言と見なす。

120 :名無的発言者:03/09/14 11:50
>>113
選挙制度は今の日本じゃ無意味。
馬鹿が馬鹿相手に票を稼ごうとして利益誘導の田舎政治家ばかりが溢れてる。
出来レースではあるが賢人政治を目指そうとしてる彼の国に対して有意に優れてるとは言えんよ。

小泉ポチみたいなのがいつまでも居座ってる日本はもうダメぽ。


121 :名無的発言者:03/09/14 12:00
>>109
誤:中国は自分の利益のためにアメリカに協力しただけ。
正:アメリカは自分の利益のために中国に協力しただけ。




122 :名無的発言者:03/09/14 12:04
<賠償額5000億ドルの根拠>

中華勇士は嘘つきだ.
実際には 蒋介石は500億ドルの賠償を要求したが,多すぎるとして 当時の
ダレス国務長官の圧力で賠償を放棄させられた.

アメリカの犬は中国人の方だ. 数字を10倍にして 非難するのも 中国人のお家芸だ:

「台湾の声」より

蒋介石神話を事実だったと信じている方は日本では結構多いようで
す。これを打破する史実を明らかにする必要があると思います。

1) 1945年8月18日 重慶で国民党中央常務委員会が天皇を戦
犯として処刑する決議をしたこと。

2) 日華平和条約締結の時も中華民国はしつこく賠償500億ドルを
要求し、サンフランシスコ条約により、これを受け入れられないと日本
側が拒否すると、「賠償放棄は中華民国のイニシャティブが先に声明
したことにする」との条件で取り下げた事。もともと、中華民国はサ条
約の調印国ではないので、賠償は請求できる資格はありませんでし
た。

3) 「蒋介石が日本の分割占領に反対したので、日本が分割されな
かった」との神話がありますが、これは分割占領する能力が当時の国
府軍には無かった事が最大の原因です。



123 :名無的発言者:03/09/14 12:05
4) 日本軍人の大陸からの早期送還に対する協力も、武装した日本
軍が共産側に付く事の恐怖心からだと考えられます。台湾でも1946
年までに、日本軍人を送還し、その翌年228事件が起きています。

確かに蒋介石は個人的には親日的な人物であったと思われます。し
かし、国民党の中での権力闘争にうち勝つためには反日を助長する
ことが必要であったと考えられます。

http://www.wufi.org.tw/jpn/munakata11.htm



124 :名無的発言者:03/09/14 12:07
>>121
その二文の間に意味的な違いは全く無い(w


125 :名無的発言者:03/09/14 12:08
中国人はこういう人間ばかりだ:

蒋介石は賠償要求を出そうとしたが、強欲すぎる、とアメリカが拒否したという
のが真相だ。

蒋介石は満州をはじめとする大陸の膨大な日本資産と台湾を接収した。日本が
インフラや重工業を建設したために、東北(旧満州)は中国で最大の重工業地帯と
なったのであり、台湾は文字どおり宝島であった。

しかも、蒋政権幹部は接収した日本資産のかなりの部分を私腹したのである。

日華平和条約(一九五二年締結)では、日本人が台湾に残してきた財産と台湾人の
日本に対する請求権の問題は、特別取極で解決することになっていた。そのために
日本政府は、蒋政権に対して、特別取極の交渉を三度申し入れたが、蒋政権は反応
を見せず放置した。

日本が賠償を支払うことになれば、日本の残置財産のリストをつくり、その評価額
を定めて、賠償金に算入しなければならない。そうなると。蒋政権幹部が私腹した
日本資産が暴露されることになる。だから蒋政権は、日本の交渉要求に応じられ
なかったのである。そしてもっぱら「日本への賠償要求を放棄した」と宣伝したのだ。



126 :名無的発言者:03/09/14 12:17
中華勇士も詐欺師だ.

<いままで中国にいくら援助したって、たったの2000億円だろう。>

3兆円と言ったろ. 中国人は勝手に数字を10倍にしたり 15分の1 にして 非難するのか?

昭和47年の日中国交回復以来、我が国が中国に対して供与して来たODA総額は何と
約3兆円、旧輸銀(現日本国際協力銀行)からの資源ローンとアンタイドローン
(中国側が資材の調達先を日本にすることを拘束しないローン)合わせて総額
約3兆3,000億円、総合計は何と6兆3,000億円、我が国は中国に対し、正に巨額の
経済援助を続けて来ているのである。

http://www.jasdfmate.gr.jp/gongo/gongo0103/gongo0103.html


127 :意味不明:03/09/14 13:08
ってか人の国を侵略したくせに、よく逆ギレできるな・・・
『日本兵の死者のほとんどは飢死と病死で 戦闘で死んだのはわずかだ』
ってことは、戦わなくても勝手に死ぬほど弱いのかい??日本軍とは。。。
まぁ 結局日本は負けたんだろう?それが事実だべぇ?
事実を認めてほしいんだよねぇ。。。終戦とか言って、敗戦って言うべきだなぁ

128 :名無的発言者:03/09/14 13:12
中国人が日本のODA援助で 日中戦争の被害者を救済しているなら まだ許せるが
実際の使い道は:

ODAの目的はあくまでも低開発国に対する概当国発展の為の開発援助である。
処が中国は12年連続で国防費を前年比二桁増加させ、しかも多くのミサイルの照準
を何と我が国に合わせている。それだけでは無く、多くの国々に対して中国が、
何と多額の経済援助をしているのである。その様な国にどうして我が国が経済援助
を行う必要があるのであろうか?

 中国のノンバンク「海南省国債信託投資公司(HITIC)」のサムライ債(円建て
外債)の利子が期限を過ぎても支払われず、このままでは債務不履行(デフォルト)
確実(2000年10月6日付産経)とのことである。ということは当然それを引き受け、
購入した我が国の証券、金融会社並びに一般投資家が大きな被害を受けることになる。
しかもそれだけではない。何と我が国の多額のODAによって建設された空港等が次々
と民営化され、商業投資の対象となっているということである。例えば、我が国の
ODA300億円を得て建設された北京首都空港(実に立派な大規模空港である)が
株式会社化され、香港証券取引所に上場されているし、我が国がその関連施設に
310億円を供与した宝山製鉄所の民営化が決まっており、その他上海や天津の空港、
高速道路、鉄道(ODA供与総額何と6,000億円)等も次々に民営化される予定であるということである。
 
ODAの対象としては当然公的なものに限られる訳で民間私企業はその対象にならない
にも拘わらず、中国は公的施設等として我が国より多額の援助を受けて建設して
おきながら、何とそれらが完成した後に我が国に何の諒解も得ることなく平気で
民営化上場し、更にそれらを元に諸外国より、多額の資金の導入を図っている
のである。これでは完全に詐欺である。

中華勇士よ,お前も他の中国人もすべて詐欺師だ. 恥を知れ!



129 :名無的発言者:03/09/14 13:15
<『日本兵の死者のほとんどは飢死と病死で 戦闘で死んだのはわずかだ』
ってことは、戦わなくても勝手に死ぬほど弱いのかい??日本軍とは。。。>

日本軍はわずか80万人で 3500万人の中国人を殺した. これは 前代未聞 空前絶後
の記録だ. お前等 中国人には永遠に不可能だ.


130 :イ爾已経死了:03/09/14 13:15
>>127
日本がやらなかったら、アメリカか他の国がやっただろうけどね、中国進出。
当時の感覚だと、弱い中国がいけないって事になる。

あと、日本軍は精強でしたよ。作戦司令部にバカが多かっただけで・・・
補給を軽視しすぎだよ。

131 :イ爾已経死了:03/09/14 13:19
>>129
支那事変当時の中国の人口ってどのくらいだったっけ?

132 :名無的発言者:03/09/14 13:28
1908年清政府は立憲体制を準備するために、「人口調査6カ年計画」を策定・実施
したが、1911年の辛亥革命によって、その人口調査は未完成に終わった。その後、
人口学者陳長衡は清末の調査結果を収集し、全国で71,264,000世帯、
368,245,000人と推計した。この清末の調査が中国での初めての人口調査である。
これがわれわれの近代人口再推計の出発点となる。



133 :名無的発言者:03/09/14 13:33
「人口統計」で確認できる4億台への復活は宣統元年(1909年)であり、それ以降、
多少の減少はあったものの、清末・中華民国期を含めて4億台を切ることもなく、
ずっと増加傾向を示す。

  民国期の人口統計は信頼できる数値ではなく、この方面における更なる研究
発展を待つしかないが、比較的信用できる数値として、共産党政権成立直後の
人口統計によれば、5億5千万を越えている。このことからも考えて民国末年には
すでに5億を越えていたものと考えられるし、少なくとも民国38年間を通じて、
連年の軍閥混戦、頻発する自然災害、そして日本の侵略など人口発展を大きく
阻害した要因があったにせよ、全体的には増加傾向であったのは疑いようもなく、
注目に値する。

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/7906/2-1-s.htm

134 :名無的発言者:03/09/14 13:35
日本が中国に勝つためには 中国人 5億人全員 を殺す以外には 方法が無かった.

日本が中国に勝てる可能性は完全にゼロだった.

135 :イ爾已経死了:03/09/14 13:36
>>132
サンクス!!
清朝末期で3億6824万5000人ですか。

136 :イ爾已経死了:03/09/14 13:40
>134
それじゃ、愛新覚羅溥儀を便宜上とはいえ満州国のトップにたてる意味無いじゃん。

137 :名無的発言者:03/09/14 13:42
>>130
補給は軽視したんじゃなくて能力的にできなかったの。日本の中国侵略目的は戦争と言うより貧乏サラ金苦からくる強盗のようなものだから、端から補給なんて考えてないというか出来ない相談。

138 :イ爾已経死了:03/09/14 13:44
>>137
スマソ、私個人は、インパール作戦のイメージが強いんで・・・

139 :意味不明:03/09/14 13:44
「日本軍はわずか80万人で 3500万人の中国人を殺した. これは 前代未聞 空前絶後
の記録だ. お前等 中国人には永遠に不可能だ」
って、年寄りや女・子供なども含めてんだろう??
こんな残忍なことしといて、自慢しているとは・・・
どの常識で考えてもキミは野蛮人だねぇ

140 :名無的発言者:03/09/14 13:45
>>124
つまり「日本に侵略された!」という主体は存在しない、と言うことでOK?

141 :名無的発言者:03/09/14 13:48
日本人はどうしてこうも卑屈でプライドがないのか?
ヨーロッパ人は植民地の連中を虐殺したが否定も謝罪もしてねえ。
劣った原住民を殺しただけじゃん。堂々としてろよ。



142 :名無的発言者:03/09/14 13:55
おまえ ゴキブリ を殺すのに 年寄りや女・子供をいちいち区別するか?

ゴキブリ も 人間 も同じ生命で その尊さに違いは無い.

ゴキブリの年寄りや女・子供を平気で殺すんだったら
中国人の年寄りや女・子供を殺しても 罪は変わらない.

143 :名無的発言者:03/09/14 14:04
俺の方が イ爾已経死了 より詭弁がうまいのが良くわかったろ.

才能の違いだ. 栴檀は双葉より芳し というからな.

144 :意味不明:03/09/14 14:09
142 つまり中国人はゴキとでも言いたいんだろう??
こういう発言はネットでじゃなくて、中国人会う度に直言えよ
根性見せろよw なんかあったらお前が言ってるゴキを排除してみせろ
ゴキを殺したことあんだろう??中国人を殺すのと同じと思ってるしょ。
やらなきゃ、お前が自分で発言と矛盾するから、証明をみせてください^^ 

145 :名無的発言者:03/09/14 14:20
本当はゴキブリも殺したくない. しかし,ゴキブリとは共存できないから
生きていく為には殺さざるを得ない.

戦争で中国人を殺したのも 同じ理由だ.

146 : :03/09/14 14:24
参照
http://book-i.net/ad07

147 :意味不明:03/09/14 14:33
145へ 言いたいことがわかるけど
でも中国人を殺さないとお前はゴキと共存してちゃうんだよねぇ^^;
あと、中国人をゴキにしたのはお前だから、戦争との話題が違うべぇ
いまお前の発言を責任を解決してから、戦争の話題をしよう^^
これから出合った中国人を殺してぇ☆ ってにげんなよw

148 :名無的発言者:03/09/14 14:42
ゴキブリを殺しても後でゴキブリの仲間から報復は受けないけど
中国人はみんな 中華勇士君みたいに執念深いからな

>>69 中国人は性が悪い. 世界最低の民族だ.

149 :意味不明:03/09/14 14:56
「ゴキブリの年寄りや女・子供を平気で殺すんだったら
中国人の年寄りや女・子供を殺しても 罪は変わらない」
「ゴキブリを殺しても後でゴキブリの仲間から報復は受けないけど
中国人はみんな 中華勇士君みたいに執念深いからな 」
この二つの言葉が矛盾しているねぇw 説明してぇ^^;
あと報復しない民族なんかいないと思うけどねぇ


150 :名無的発言者:03/09/14 15:24
日本人はアメリカ人に 空襲や原爆で 虫並みに殺されたけど 報復する気は全く無いだろ.

アメリカ人が日本をバカにしているのも 報復されないのがわかってるからだ.

あいつらは <劣った原住民を殺しただけじゃん.
神はアメリカ人が利用する為に神が家畜や日本人を造られたのさ.>

と何の疑いもなく信じきっているにさ.

しかし,中国人はみんな 執念深いから日本人みたいには いかないのさ.




151 :名無的発言者:03/09/14 16:42
アメリカ人にとっては 日本人を殺すのは 害虫にDDTを撒く のと同じ感覚だった:

東京大空襲(とうきょうだいくうしゅう)

アメリカ軍による東京大空襲は、1945年(昭和20年)3月10日と5月25日の2回行なわれた。
特に、3月10日のB-29爆撃機による爆撃は、40Kuの円周上にナパーム製高性能
焼夷弾を投下して東京の住民が逃げられないようにした後、その円の内側を塗り
つぶすように約100万発(2000トン)もの油脂焼夷弾、黄燐焼夷弾やエレクトロン
焼夷弾が投下され、8万人以上の一般市民が虐殺された。

非戦闘員を虐殺する目的で行なわれたこの行為は、明らかな戦争犯罪であるが、
現在に至るでこの作戦に関った誰も裁かれてはいない。


152 :名無的発言者:03/09/14 16:47
人口密集地域に二千トン近い焼夷弾を一度に、しかも広範囲にバラ撒いて発生
させた火災により、僅か三時間で九万人近い非戦闘員を焼死させる作戦を指揮した
ルメイは、後に若い後輩から非戦闘員を大量に殺害した倫理性を問われて、

自分の脳裡にあったのは、いかに戦争を終わらせるかであり、日本人の生命のこと
ではなかった。すべての戦争は非道義的なものであり、そのことで悩むのならば、
君は良い軍人ではない、と答えました。

昭和三十二年(1957年)当時、米国空軍副参謀長の職にあったルメイが航空
自衛隊の創設、育成に貢献したとして、日本政府は昭和三十九年(1964年)
十二月八日に、あろうことか勲一等旭日章を彼に授与しました。
東京大空襲をはじめ十数万の非戦闘員を残虐な方法で殺害した人間に、日本が国家
として彼の功績を誉めたたえ栄誉を授けたのでした。

ルメイは 家畜と日本人 はアメリカ人が利用する為に神がを造られたと信じていますね.

153 :名無的発言者:03/09/14 17:06
ルメイはそれまでの高高度精密爆撃を低空無差別爆撃に方針を変えた。
これは場合によっては敵の迎撃によって損害を出す確率が高くなり、
作戦の続行が不可能に陥る危険性も孕む冒険だった。
ルメイは賭けに勝ったのである。


154 :中華勇士:03/09/14 18:02
>>126
援助は私無償だと思っている、正確に2000億円の無償援助である。
返さなきゃいけない数字に合わせたらそっちは正しい。

155 :中華勇士:03/09/14 18:10
>>119
例え人の家族を殺して、
人が加害者に要求する賠償額のようなもんだよ。
5000億ドルも7000億ドルも被害者次第だろう。
犯罪を犯したのはそっちなんだから。

156 :名無的発言者:03/09/14 18:17
数字的な物的・人的損害に対しての補償というより、
偉大なる中華民族という吟辞を野蛮な倭に傷つけられたことに対する感情の表現が
5000〜7000億ドルと表現されているわけなのですね。
まあ人的・物的被害で議論すると中国の被害などソ連の足元にも及ばないわけだが。


157 :名無的発言者:03/09/14 18:22
<5000億ドルも7000億ドルも被害者次第だろう。>

中国はアメリカの圧力に屈して 賠償金を放棄した.
アメリカは日本が共産化するのを恐れて 賠償金を放棄させた.

いづれにしろ 中国が勝手に放棄したので,日本とは関係の無いことだ.

158 :名無的発言者:03/09/14 18:32
<返さなきゃいけない数字に合わせたらそっちは正しい。>

中国は30年前から 食料問題でいづれ破綻すると言われていた.
国家破綻したら 当然貸した金は返ってこない.

日本はそういう 超高リスク にもかかわらず 中国のメンツを
保つために 形だけ 超長期,超低金利での円借款という事にしている.

中国人には感謝の気持ちがひとかけらもないのか?


159 :名無的発言者:03/09/14 18:44
そもそも中国人にとって外国の援助を受けるということ自体
事実ではあっても認めたくないという精神構造が働いており、
戦争中や革命後にもアメリカやソ連に膨大な援助を受けていたにも
関わらず、「下心があってのもの」「真の友好に基いたものではない」
などと難癖をつけて否定したがる傾向があり、
中国に対する支援は相手がそういう精神を持っていると割り切る事が必要。


160 :名無的発言者:03/09/14 18:46
中国は一方で「血の友誼」を固めたとされる北朝鮮の「忘恩」ぶりには腹を立てている。


161 :イ爾已経死了:03/09/14 23:16
>>155
はい、戦争は犯罪ではないので、君の主張は通りません。

162 :名無的発言者:03/09/15 00:54
中華勇士に拍手、日本人として中国に謝罪します。 当時のこと今も忘れない。
当時の日本は犯罪国のである。

163 :名無的発言者:03/09/15 00:56
おめでたいな

164 :名無的発言者:03/09/15 01:22
>>162 当時の日本は犯罪国のである。

↑「犯罪国のである」ってなんだよ(ワラ
知障のチンクスが無理して書き込みすんなよw

165 :名無的発言者:03/09/15 01:26
>>162みればみるほど面白い文章だな。
>当時のこと今も忘れない。
7,80歳のシナ人が2チャンころに書きこですかい。

すごいのである。W

166 :名無的発言者:03/09/15 01:50
なんで支那人ってこんなにバカなの?

167 :名無的発言者:03/09/15 02:02
>>162
爺ちゃん、パソと日本語どこで覚えたの?w



168 :名無的発言者:03/09/15 04:47
<中華勇士に拍手、日本人として中国に謝罪します。>

おまい,謝罪というのは 金銭的補償を伴うものだ.
金も出さないで,言葉だけで謝って解決すると思ってるのは 日本人だけだ.

欧米人は絶対に謝罪しない.

169 :名無的発言者:03/09/15 05:00
日本人はどうしてこうも卑屈でプライドがないのか?
ヨーロッパ人は植民地の連中を虐殺したが否定も謝罪もしてねえ。
劣った原住民を殺しただけじゃん。堂々としてろよ。


170 :世界@名無史さん:03/09/15 06:00
卑屈でプライドが無いからじゃない。
いった事やった事に責任を持ってるだけ。
ウイグルやチベットを蹂躪した中国の方が欧米人には近いだろう。

171 :名無的発言者:03/09/15 12:33
日本人の中国駐在員の意見:

 「あまり、中国人と深く付き合わないほうがいいぞ」
 「中国人の考えに染まっちゃだめだぞ」

 「彼らは、表では日本人にゴマをすっているが、裏では悪口を言ってるから、
気をつけたほうがいいぞ」

 「日本人が和を持たないとだめだ。そうして初めて、会社全体に活気が出てくる。
日本人に和がないと、つけこまれるぞ」

 「中国人は、何か指摘すると、すぐ反論してきて、絶対に自分の誤りを認めようとしない」
 
「中国人は指示されたことしかやらない」
 
「中国人は物事をつっこんで追求しようとしない」

172 :名無的発言者:03/09/15 12:44
中国では友達のことを「朋友」、同郷の人のことを「老郷」と言いますが

ある職員は、数社の業者のうち、自分の「老郷」の業者に有利になるように、他社
の価格の情報を漏らしたりしていました。また、そのような便宜を計らうことで、
業者から様々な利益を得ていたようです。また、ある職員は受け入れ検査の際、
自分の「老郷」の競合業者については不良報告を頻繁に出し、購買科が「老郷」
のものを買うように露骨に誘導しようとしています。ある人は、生産科の職員が
自分の「朋友」の業者から入荷しているもの消化を意図的に早めていると言います。以前はもっとひどいことが行なわれており、「老郷」が業者から入荷したものを再びこっそり業者に返し、また入荷するということまで行っていたと言います。


173 :名無的発言者:03/09/15 12:46
中国では購買担当者が業者からリベートをもらうのは当たり前と考えられています。

私が購買の仕事を始めてからしばらくして、ある業者が営業に来ました。私は、
しばらく考えさせてほしい、と言い、彼を帰しました。その次の日、彼から
ショートメッセージが届きました。

 「○○さん、あなたの口座番号と希望金額を言ってください」


174 :名無的発言者:03/09/15 12:50
社長と交渉を始めました。細かい値段交渉や条件交渉を済ますと、「一度会社に
戻って、上司と相談してから最終的に決めます」と社長に伝え、帰ろうとしました。
すると、社長は「ちょっと待ってください」と言い、何やら紙に書き始めました。
「それでは、飲茶( ヤムチャ)でも一緒にいかがですか」と言いながら、そのメモ
を私に渡しました。 私はそれを見て、ギョッとしました。そこには

「あなたに飲茶をご馳走すると同時に、五千元( 約七万五千円)を差し上げます」

と書いてありました。五千元と言えば、中国の比較的給料のいいサラリーマンの
二か月分以上に当たる額です。ちなみに、これは総取引予定額の7〜8%です。


175 :名無的発言者:03/09/15 12:54
日本企業は、欧米企業に比較すると、仕事を現地人に任せないと言われています。
それは時に批判的に言われます。そして、私も仕事を始めたころ、「なぜ、このような
仕事を中国人に任せないのだろう?」と疑問に思っていました。しかし、こうした
体験をすると、ある仕事を中国人に任せられない理由も理解できます。

私が購買の仕事を引き継いでから、中国人が今まで本来の価格の何倍もの価格でものを
買っていたことがわかりました。


176 :ひ@♪ ◇P5HHHIHIHI:03/09/15 13:57
>中国人が今まで本来の価格の何倍もの価格でものを買っていたことがわかりました。

いい御得意樣でちゅne♪

177 :名無的発言者:03/09/15 14:10
>>169
殺人が罪でない、罪悪感を感じる必要はない、というなら
君は今日本で凶悪犯罪を犯している中国人と変わりないね。
自分の家族が殺されても文句いうなよ。
まさに彼らは「劣った原住民を殺しただけ」って思っているんだから。

しかし仮に日本人が中国人を大量虐殺したという歴史的事実があってそれに対する贖罪意識が皆無というなら
今日本国内で狼藉してる奴らと五十歩百歩なんじゃないか?
同胞が国外で悪事を働くようなことがあったら恥ずかしさを感じるのが良識であり真っ当な感覚というものだと思うのだが。

178 :名無的発言者:03/09/15 14:59
そういうのは こいつらに言ってくれ:

南京では家の中にドンドン弾を撃ちこんだ。草場の中でも壁の裏でも動いとるもん
は撃った。オイと声をかけてポンと撃つ、ポンコロや」と、第16師団にいた
86歳の元兵士は語った。

 特に激しい戦闘があった南京城内では、「難民収容所にも入り、屈強な男は
引き出して殺した」。南京陥落後も残虐な行為は続き、「年寄りも子どもも一緒
くたにして300〜400人捕まえてきて地雷を引いてドンと爆発させた。城壁の
上からガソリンをまいて火をつけて燃やした」などの証言も得られた。

 「徴発」と呼ばれた略奪行為については、「現地では豚でも鶏でも取るのは
当たり前だった」と、多くの人が「やった」と打ち明けた。「分隊でクーニャン
(若い女性)を飼った」などと、悪びれずに話す人が多く、性暴力は常態化
していたという。

 「揚子江に飛びこんだ5、6人を機関銃で撃った」と証言した第16師団の
元兵士(86)は、

「新聞で書いている虐殺なんか信じへんな」と、反省の様子はない。

同じ師団の元兵士(86)も「戦争についてはどうも思わん。侵略とも思わん」。

 同会共同代表で小学校教諭の松岡環さん(54)は、
「心から反省している人はむしろ少ない。戦争だったのだから仕方がないと言う人
が多く、ショックでした」と話した。

http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive/200207/13/20020714k0000m040087001c.html


179 :中華勇士:03/09/15 15:44
>>161
<はい、戦争は犯罪ではないので、君の主張は通りません。>
わかった!じゃー!戦争は殺人ゲーム?それとも、世界周遊冒険?
そのゲームも冒険も何年後恐らく日本でやるだろう。
君の理論で行けば日本人を無差別で殺しても、蹂躙しても正当な行為なのね。
君は日本人の罪人でもあるって俺は言ったろう?
良心のある日本諸君よ:あいつを早く消滅したほうがいいぞ!





180 :名無的発言者:03/09/15 16:00
中国人を管理職に就けると、すぐに一族郎党を山ほど入社させる。
ひどいのになると、自分の嫁を堂々と入社させてくる。
結婚してても名字が違うから、実家の住所でも書かれるとわから
ないんだよなあ。

しなじんは工場の備品も原材料も工具もッ商品も皆、盗みます
トイレットペーパーまで盗んで持ち帰り、口や尻を拭きます
全員遣ってます
DNAに由来する、先天性の泥棒です

アナタは中国の工場を見たことがありますか?
未だに人海戦術でピン先の折り曲げをやっていたり、素手で部品洗浄をやって
いる姿を。技術者と呼ばれる人が製造に必要な薬品類の名前も知らずトンでも
ない薬品を使っている姿を。 アルコール、トルエン、シンナーの区別が
つかないんですから。AUTO-CAD(図面作成ソフト)が使えるだけで、技術者気取.
カンチガイ技術者の場合、何か不都合があっても、"自分は正しい!"と譲らない。
それでも追求するとスネてしまう。ひどい場合は翌日には会社を辞めている。
代わりの人員手配も引継ぎも全然せずに辞めてしまうから現場はしばらく混乱。
歩留まり下がる→不良続出→クレーム→駐在員が尻拭い

中国の工業製品の30%近くが運送中に破損、盗難のために使用不能になる。
中国の電気製品はよく故障するので、電気製品の販売店に「故障した〜!」と
持っていくと例の冷蔵庫やクーラー以外でも新しいのに交換してくれることも多々ある。
2〜3回交換してやっとこさ安定するのが常。
TVが火を噴いたり、電子ジャーが爆発したりと言うのは日常茶飯事。



181 :名無的発言者:03/09/15 16:07
中華勇士君よ. 君の大好きな大前研一は低能で中国の本当の姿を何も知らない.

182 :名無的発言者:03/09/15 16:11
イジメは楽しい. 日本兵も中国人のアホぶりに呆れて
チャンコロチャンコロいじめて、背中に火つけたり、戦車で轢いたり、
38式の貫通力は人間で何体か試したり、ニイ!カイカイ!
とか手招きして、やってきたら蹴っ飛ばして笑って、
そんなことやって遊んでたんだろうなあ。


183 ::03/09/15 16:20
そうか、だから俺はおまえをイジメてるのか。
馬鹿をからかうのって楽しいわな♪

184 :イ爾已経死了:03/09/15 16:24
>>179
近代以降の戦争とは、外交の一形態だよ。
だから、大概、終戦協約をもって戦争の終結としているだろ。

ついでに、戦争自体、国際法に則った行為だよ。

せめて、もーちょっと調べてから書き込め。

185 :アメリカン・ジャパニーズ三世:03/09/15 16:26

戦争馬鹿

186 :名無的発言者:03/09/15 16:28
中国人は

・言われたことしかやりません。
 言われた事以上の事をやるのは損な事、という思考様式に思えます。

・他人が見ていなかったら適当なところで妥協し、手を抜きます。

・韓非子の性悪説は現代の中国でもそのまま適用可能です。信賞必罰主義以外、考えられません。
 例えば、ゴミを床に捨てたら5元の罰金、服装の乱れは1元の罰金。不良品を見つけたら
 10元支給の上、随時表彰。現金が絡まないと効果ありません。

・部下の教育は中国人はやりません。なぜなら下手に教えたらその部下が自分のポジション
 を脅かしかねないからです。逆に足を引っ張ることはやります。

187 :イ爾已経死了:03/09/15 16:31
>>178
注意して、読んでいないから気付いていないだろうけど、
それ、元は「小学生が南京で戦った」あの本だよ。

ソースとして使うのは、止めた方がいい。説得力無いから・・・

188 :名無的発言者:03/09/15 16:31
・喫茶店チェーンの食事メニュー。全部木の箱のようなトレーにおかず
があって、ご飯がある。メニューも味も全部一緒。店の内装も色が違うだけで
作りはほとんど一緒。いわゆる「バカの一つ覚え」という言葉がぴったりです。

・バーもカラオケも茶館もそれぞれの形態はみんな一緒。横並び。
つまり、付加価値を付けるとか差別化を図るという概念が無い.

・コピーや模倣は出来ても、オリジナルなものを作り上げるという思考回路が無い.

189 :名無的発言者:03/09/15 16:36
中国の合弁会社の手口

契約なんてはじめっから履行する気はない、
カネも払う気がない、先に投資させ泥沼に引っ張り込んで、
抜き差しならない状況に追い込んで、吸い取るだけ吸い取って、
もうこれ以上カネは取れないなと判断したら、ハイさようなら。


190 :名無的発言者:03/09/15 16:37
中国の工場で管理していた時のことです。
従業員が、手袋とマスクを毎日クレクレって言うんですが、
なして???と思っていたら、持ち帰って売っていました

191 :イ爾已経死了:03/09/15 16:55
なんか、ハングル板の「韓国人と一緒に仕事で困ったこと」スレみたいな書き込みが続いていますね。

このスレッドもいい加減、脱線上等で書き込みが行われているけど、
中国人の仕事で困った系のネタが多いようでしたら、専用スレを立ち上げてはいかがでしょうか?

今まで、書かれたネタを見ると流石に、韓国朝鮮の宗主国だけあって、
基本的に韓国と同系統のネタが多いようですね。

192 :名無的発言者:03/09/15 17:04
日本兵がなぜ中国人を虐殺したか 理由を明らかにしているのさ.

イ爾已経死了 君はそれがわからないから 虐殺が嘘だと思ってるんだろ.
日本人は中国人が生理的に大嫌いだったのさ.

193 :名無的発言者:03/09/15 17:11
    
  ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 <=( ´∀`)  <日本人は中国人が生理的に大嫌いだったニ・・のさ!
 (    )    \____________
 | | |
 〈_フ__フ




194 :中華勇士:03/09/15 17:13
>>187
お前本当にとんでもないやつだ。
礼儀も、長幼序ありもまったくしらんのか?
あれは正真正銘日本のために戦った大和戦士の声だよ。
お前の最期は惨い事になるぞ。
中華戦士に生殺しされ、やっと地獄に行けると思ったら、
お前の先人にりんちされるだろう。
都合が悪いからソースとして使わないのか?
さすが米軍から辛うじて命を乞った亡国奴の子孫だ。

195 :名無的発言者:03/09/15 17:36
<さすが米軍から辛うじて命を乞った亡国奴の子孫だ。>

お前,日本人のことを何も知らないな.日本人は中国人のように投降しなかった:

日本軍の全滅=「玉砕」(地図参照)
1942.12 バサブア(東部ニューギニア)守備隊
1943.1 ブナ、ギルワ(東部ニューギニア)守備隊
1943.5 アッツ島(アリューシャン列島)守備隊
1943.11 マキン、タラワ島(ギルバート諸島)守備隊
1944.2 クェゼリン、ルオット島(マーシャル諸島)守備隊
1944.7 サイパン島(マリアナ群島)守備隊
1944.8 テニアン島、グアム島(マリアナ諸島)守備隊
1944.9 騰越(中国雲南省)守備隊
1944.10 アンガウル島(パラオ諸島)守備隊

http://opinion.nucba.ac.jp/~kamada/H15KAsia/Asia15-3.html

196 :名無的発言者:03/09/15 20:43

まもなく、「南京大虐殺事件」が、じつはプロバガンダを目的とした蒋介石一派の
大捏造事件であったということが、完全に証明されるだろう。

現在までに、同事件を世界に宣伝した「戦争とは何か」の著者ティンパリー(マン
チェスター・ガーディアン紙の中国特派員)、および東京裁判で証言台に立った南京
大学教授マイナー・ベイツが、いずれも国民党中央宣伝部の顧問であったことがわか
っている。つまり、彼らは蒋介石から金をもらって、嘘の記事を書き、あるいは証言
していたというわけだ。

まもなく、台湾当局より捏造にかかるすべての証拠が暴露され、長年にわたる論争に
終止符が打たれるだろう。そして、ようやく、拉致事件に続き大恥をかくことになる
サヨたちがわが国から一掃されることになるのである。

197 :名無的発言者:03/09/15 20:52
国民党中央宣伝部の顧問であったこと と

彼らは蒋介石から金をもらって、嘘の記事を書き、あるいは証言していた

とは論理的に同値ではない. 国民党中央宣伝部の顧問でもジャーナリストなら
本当のことを書く. 論理学の勉強しろ.


198 :名無的発言者:03/09/15 20:53
中国の恐ろしさ:

タクシーを待っていると、謝謝、ニーハオ、再見しか喋れない日本人大学生が、
スイマセン、泊まる所ありませんか?と声をかけてきた。

 面倒を見ること一週間。彼は北京の友人のところへ向かった。
 彼に日本の住所を聞いていたので、手紙を出したが、返事はこなかった。
 私も留学を終えて、中国で仕事を始めた。

すると、中国の喫茶店で、芋虫にされた日本人が、
液体に漬けられて、見せ物にされている喫茶店があるらしい。

 彼の名は、qing木 啓二。
大学は、qing山学院大学。


199 :名無的発言者:03/09/15 20:55
イ爾已経死了もいづれ 芋虫にされ,液体に漬けられて、見せ物にされることになる.

中国人を甘く見るなよ.

200 :名無的発言者:03/09/15 21:16
芋虫にされた日本人は、喫茶店に来た日本人客2人が、
日本語を話しているのを聞き、話しかけたらしいです。
僕は、○山学院大学の■■です、と。

 その時の日本人客は怖くてすぐに店を出たらしい。
帰国後に、調べたら彼は存在していたらしい。
■■の部分の名前は、分からない。


201 :196:03/09/15 22:25

>>197

ティンパリーとベイツが国民党中央宣伝部の顧問であったことは最近の調査でわか
ったことなのだ。彼らはづーと顧問であることを隠していた、つまり、顧問という
よりも秘密工作員的なものだったのだ。彼らが記事を書き、あるいは証言台に立っ
ていた時点で、もし、このことがわかっていたなら、彼らの主張はまったく信憑性
のないものとしてしか受け取られていなかっただろう。当然、証言台に立つ資格も
認められなかったはずだ。

202 :名無的発言者:03/09/16 02:35
>>197
ジャーナリストが嘘を書かないとは限らない。


203 :名無的発言者:03/09/16 03:59
ティンパリーの報道は 他の記者の報告をまとめただけだという事がわかっている.

ティンパリー自身が勝手に捏造したものではない.

204 :名無的発言者:03/09/16 04:05
Timperley,"What War Means"原資料の著者について 
 ティンパリィー(H.J.Timperley)が編纂した "What War Means" は、南京事件
についてのみ言えば、今日では一次資料としての価値が薄れています。
 なぜなら、資料の多くはフィッチ、ベイツ、南京安全区档案であり、ほとんどは
一次資料が明らかになっており、1938年1月下旬までの安全区から見た情報
しか含まないからです。

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Lounge/3924/article/timperley.htm



205 :名無的発言者:03/09/16 06:36
ところで、話は違うが、福岡の事件はほんとに心が痛い。
中国人恐るべし。
日本にいる外国人は、朝鮮半島出身者が多いのに、っていうか
ぶっちぎりで朝鮮半島出身者で、2位を大きく突き放しているのに
なのに、犯罪特に凶悪犯罪を犯す のは、ダントツ一位で中華人
民共和国出身者。
 何でこんなに悪い奴らなんだ。


206 :名無的発言者:03/09/16 08:44
>>205
貧乏、拝金主義、多民族国家、そして日本の外交下手のせい。

特に毒ガス遺棄は、
旧日本軍が手抜き遺棄をしたために、(犯罪者じゃない)一般人に死傷者がでているのに、
日本政府は、条約や法律を盾に、被害者への保障や、謝罪を拒んできた。

心ある行為は、トルコ、台湾などの親日国を作る。
心無い行為は、心無い敵人を作る。

日本は中国に対しての戦後処理に失敗した。
もう少し心を見せる外交をしておけば、
戦争責任や靖国参拝程度は問題にならなかったかもしれない。


207 :イ爾已経死了:03/09/16 09:43
>>206
ほとんど、関係ないよ。
中共、北鮮、南韓、すべて国内のガス抜きに反日をやっているだけですから。
国内をまとめるのに外部に敵を作るッてのはよくやります。
さらに近攻遠交ってもの、外交の基本術ですし・・・

特に朝鮮半島との歴史を見ると、恩を仇で返されたって感じですがね。


208 :名無的発言者:03/09/16 18:13
>>206
掘り出した爆弾を勝手に分解・解体したら、そりゃ事故もおきるだろ(w
そんなモンは自己責任だよ。

ウチの支那嫁が言うには、
あの事故の原因は「無知」か「故意」のどちらかだってさ。

209 :名無的発言者:03/09/16 20:30
お前の家の 支那豚 にこれ読ませろ:

李貴珍さんの妻、劉愛平さんによると、夫婦は数年前に河南省からチチハルに
移住し、廃品回収で生計を立ててきた。8月4日、李さんは200元で金属製の缶5本を
購入し、廃品買い取り所で切断したところ、漏れ出した液体でやけどを負った。

 9歳の女児、高明ちゃんは最も若い被害者だ。毒ガスの液剤に汚染された土の
周辺で友達と遊んでいたとき、不幸にも被害に遭った。彼女の左足には黄色い水泡
ができ、母親が抱くか背負わないと移動もままならない状況だ。いつも薬を交換
する際、苦痛の余り悲痛な叫び声を上げる。高明ちゃんの両親は失業者で、家庭は
貧しく、母親の陳淑霞さんは当日120元の借金をして子供を入院させた。これまで
子供に果物さえ買ってやることができず、泣いている母親を見て、高明ちゃんは
「もしわたしがおてんばでなければ、土で遊んだりしなかったし、お母さんを
悲しませることもなかった」と自分を責めている。

 関係者によると、今回の事件が発生する以前にも、中国国内では日本が遺棄した
毒ガスで2千人前後が相次いで被害を受け、その大部分は自分で生計を立てられない
状況だという。 

 1974年10月20日、黒竜江省航道局(航路局)の職員、李臣さんとその他数名の
作業員はちょうど船上で作業を行っていた。すると突然泥を吸い上げるポンプが
故障したため、彼らは手動クレーンでポンプを吊り上げた。このとき、ポンプが
毒ガス弾を吸い込んでいると誰が考えただろうか。壊れた砲弾から漏れた黒い液体
は、李さんらの皮膚にかかった。

http://fpj.peopledaily.com.cn/cehua/20030827/home.htm

210 :毛 沢山:03/09/16 21:56
支那夫婦については老酒でも入ってると思ったのか?
「見りゃわかんだろ」って幹事だな
少女については「出来た子だ」って幹事だな


211 :名無的発言者:03/09/16 22:03
>>209
自分の子供の手足を切って乞食として働かせる人々の国ですからね。
激しく「故意」の匂いがしますね(w


212 :毛 沢山:03/09/16 23:55
>>209
>毒ガスで2千人前後が相次いで被害を受け、その大部分は自分で生計を立てられない
られない状況だという。
支那人の80%は自分じゃ生計を立てられないだろ

213 :名無的発言者:03/09/17 04:42
中国の喫茶店で、芋虫にされた日本人が、
液体に漬けられて、見せ物にされている喫茶店があるらしい。

イ爾已経死了と毛沢山 はいずれ 芋虫にされ,液体に漬けられて、見せ物にされることになる.

中国人を甘く見るなよ.


214 :名無的発言者:03/09/17 04:59
B君は国内外問わずによく一人旅をする、いわゆるベテランでした。
この秋は中国に行っていました。
山々の集落を点々と歩き、中国4〜5千年の歴史を満喫していたそうです。
ある集落に行く途中の山道で『達者』と書いてある店がありました。
人通りも少ない薄暗い山道で店があるのは、今思えば不思議なことですが、
そのときは『達者』という看板だけに、何かの道場かなと軽い気持ちでその
店に入ったそうです。
実は、B君も後でわかった事なんですが、『達者』と書いて『ダルマ』と読
むそうです。

『達者(だるま)』というのは、約70年前の清朝の時代の拷問、処刑方法
の一つで、人間の両手両足を切断し、頭と胴体だけの状態にしたものである。

その店の中は薄暗く、数人の中国人がいたそうです。
奥のほうに人形が並んでおり、品定めをしようとよく見ると目や口が動くの
です。そうです。達者だったのです。
B君はもちろん達者など知りません。
いや知っていても、本当にそれを目の前にすると恐れおののくでしょう。
B君はまわりの中国人が近づいてくる気配がしたので、すぐさまその店を出
ようとしました。
そのときです。後ろの達者の一つが喋ったのです。
しかも、日本語で。
おまえ、日本人だろ。俺の話を聞いてくれ!俺は立教大学3回生の◯◯だ。
『助けてくれ!』しかし、B君は何も聞いてない、また、日本語も分からな
いかのように無視してその店を出ました。

その後すぐB君は帰国し、立教大学の◯◯について調べてみたそうです。
すると、確かに今年立教大学の学生が中国に一人旅に行き、行方不明になっ
ているそうです。
両親も捜索願いをだしているとか。


215 :名無的発言者:03/09/17 05:04
在日中国人に尋ねたところ、戦前はよくいたらしい。
しかし、現在はそんなことをしたら罰せられるそうだ。

しかし、中国系マフィアなどは現在も見せしめなども含めて、そういうこと
をする可能性は多いにあるらしいのです。

『だるまさんが転んだ』というような遊びは、昔本物の達者の子供を使って遊んでいた.

俺が聞いことがあるのは、性具のための達者。
そのためだけの目的で、達者を手に入れる金持ちがいるとか。
達者の世話をする専用のまかないもいるそうです。

女性を達者にし、塩水の入った壷に漬け込み、すぐに死なないように食べ物だけは
与えたという。また、しっかりと化膿止めや止血を行えば、いも虫状態のまま何年も
生き存えるという。ただし、食事は誰かが与えてやらねばならないが。

超S(サディスティック)な奴で、達者でないとSEXできないと
いう性癖をもつ奴(男女問わず)がいるらしい。
また、そいつらは、達者屋で随時新しい達者を購入するらしい。

http://www.melma.com/mag/95/m00000195/a00000014.html

イ爾已経死了と毛沢山, 覚悟しとけよ.





216 :名無的発言者:03/09/17 05:15
ある女性(かなり美人だったらしいです。)が、組関係の金融会社から借金を
してしまい、利子がふくらみ、結局返せなくなってしまったそうです。
そして、借金のかわりにどこかの国(たしか東南アジア系の国だったと思う)
に売られてしまったらしいのです。
そして、そこで手足を切り落とされ見世物小屋で、芋虫女みたいな感じで
見世物にされていたらしいです。
そこでは、客達のSEXの相手をさせられ、そして妊娠して出産時まで見世物
にされていたそうです。


217 :名無的発言者:03/09/17 05:21
1. ある日本人カメラマンから聞いた話

そのカメラマンの友人は、インドネシアに仕事でよく出かけるカメラマンで、
観光客がほとんど行かないような所へも撮影に出かけるのだが、インドネシ
アのように、数えきれない程の島々が多数集まって出来てるような国では、
公的な警察機関の権力が及ばないような小島もあり、そこでのもめ事は大抵
犯罪シンジケートが取り締まっている。
そのような場所での撮影は裏社会に人脈をつくり、「案内人」をたててもらっ
た方が動きやすい。
ある時、そういった手順を踏んで友人のカメラマンが「案内人」と共にある
小さな島を訪れると、「いいものを見せてやる」と言って、シンジケートが
経営している小さなバーに連れて行かれた。
暗いバーの中心に置かれた丸テーブルの上には、両手足を切断された若い全
裸の女性が座らされており、島の男達が気ままに彼女をこずいては楽しそう
に酒を飲んでいた。
女性は麻薬漬けにされており、カメラマンと目があうと小声で「助けて…」
とうわ言のようにくり返したが、シンジケートを敵にまわしてまで彼女を救
出する勇気のない彼は、気付かないふりしてバーを立ち去った。


218 :名無的発言者:03/09/17 05:22
2. あるフリーライターから「電気通信業界の間では有名な話」として
  聞かされた話。

大手電通会社Nのイタリア駐在員の奥さんが、ある日突然失踪した。
警察にも届け出たが行方知れず。
何年か経って、その駐在員の同僚が香港に行った時、知り合いの香港人ガイ
ドと共に、地元の人も恐れる九龍城砦に入る機会に恵まれた。
中には見せ物小屋のようなものが建てられており、覗いてみると、両手両足
を切断された女性が置き物のように置かれていた。
その顔を見た彼は、彼女がイタリアで失踪した友人の奥さんだと気付き、ガ
イドと相談して、彼女の救出に成功。
奥さんは変わり果てた姿で夫と再会したが、様々な事情で、今も某病院にひっ
そりと入院している。



219 :名無的発言者:03/09/17 05:30
シンガポールでした。その人は肘から先と膝から先がない状態で
声帯と目をやられてました。(瞼は開いているんですが見えない状態)
発見された時はすでに気がふれており今も静岡の保養所にいます。
池袋二丁目の○○屋さんの娘。11年前の話。卒業旅行中の出来事。
四つんばいで首に首輪 鎖につながれた状態で見世物小屋にいて
自分の娘連れて帰るのに金払って・・・

目をつぶしてフェラチオ専門女に育てるとか、テン足もそうだねぇ
中国の置屋には変な女いっぱいいるらしいよ


220 :名無的発言者:03/09/17 05:43
私の中国内陸部出身の友人(彼は2度と中国に帰らないと言い、難民申請
中です)から聞いた「ダルマ」の作り方。

1、対象者を集める、一度に3人〜4人くらいしか作業出来ないらしい。

2、手術台(作業台?)でまず右手を落とす、ショック死を防ぐため麻酔
  は使う、昔は麻酔なしで取りあえず生き残った奴を出荷してた、
  死んだ奴は人肉市場行き(中国で「2本足羊」とは人肉の事)、1960
  年代くらいまで人肉は結構広く食べられていた。
  今ではダルマの材料調達が難しく、大事にして麻酔してから手術する。

3、両手足切り落とすまで半年以上かかる、更に機能不全やショック症状
  から来る肌荒れを防ぐためにお肌の手入れには気を使う。
  特に肛門等の排泄機関は放っておくと病気の元なので丁寧に洗浄する。
  人気のある若い女ダルマは生理があるが大抵は手足を切られたショック
  で止まってしまう、そこで女性ホルモン投与や日常的な性交(これも製
  造者の仕事)で生理を止めないようにする、これが最も高く売れる秘訣
  です、若くて肌が綺麗で性交可能で生理がある、少し手間のかかるダルマ
  の方が人気があります。

4、立派なダルマとして出荷されるまで実に1年近くかかります、その間に
  食事を与え、手入れをし、綺麗な洋服まで着せて注文者の元に出荷します。
  ダルマにされた若い女性などは「こんなに親切にされたのは生まれて初めて、
  こんなおいしい物食べたのも初めて、家で食べるものもなく、親から虐待
  され重労働させられたいた日々から比べたら天国のよう」と言って喜んで
  出荷されていくそうだ。


221 :名無的発言者:03/09/17 07:23
中国兵に戦友をダルマにされたら 中国人を全員虐殺したくなるわな.

南京大虐殺は本当さ.

222 :名無的発言者:03/09/17 09:51
    
  ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 <=( ´∀`)  <中国兵に戦友をダルマにされたら 中国人を全員虐殺したくなるニ・・わな.
(    )    \____________
 | | |
 〈_フ__フ


223 :名無的発言者:03/09/17 13:20
日本人だって昔中国人に多大な損害を与えたんだ。
南京大虐殺、731部隊による生体実験等々・・
それを考えればODA供与や今中国人がやってる犯罪など取るに足らんことだ。

224 :名無的発言者:03/09/17 13:36
悪い事やったのは 昔の日本人 で 今の日本人ではない.

ODAを貰ったり 日本で犯罪をやっているのは 今の中国人で 昔の中国人 では無い.

225 :名無的発言者:03/09/17 14:27
出版不況の大手編集員:03/09/14 13:54 ID:aRtNUUjZ

日本人の子供は中国人の15倍の値段で売れるようです。
しかし、今の日本では自分の子供がいなくなればすぐに事件となりますし、
自分の子供を売るような親もいません。そこで、中国人マフィアは偽装結婚
をした夫婦に子供を指定した病院で産ませ、病院から死産だったということ
で子供を入手するのです。

みたいなスクープがどこぞの雑誌で掲載されればそれは彼の原稿によるものです。

残暑が残るこの時期に、あのような殺し方をして、あのような死体処理を
すれば一週間待たずにして死体が浮き上がるというのは素人でも理解でき
ます。少なくともプロの中国人マフィアはあのような幼稚な手法は使いま
せん。

よって、私はマフィアになりきれていない中国人留学生が彼を手に掛けた
と見ています。もちろんその対価として幾らかの現金がある大物から流れ
ているのは言うまでもありません。

問題は犯人が中国人留学生だということです。今後、些細なトラブルで
中国人の死体が発見されれば、それは口封じの為と疑う必要があるでしょう。

226 :名無的発言者:03/09/17 16:15
中国人の考え方(白千欣というアホ中国人の言葉)

日本人の工場管理者と従業員の関係なんかがわかりやすい。
管理者Aは本社の命令にしたがい予定通りの品物を予定通りの出来あがりで
予定通りに仕上げて納入すべしという使命感で額に青筋立ててストレスを
溜めまくって現地従業員を督励しながら頑張っています。

中国人従業員にはそれが融通の利かないアホなロボットに見える。
なぜなら、万一本当に深刻なトラブルとなっても双方のトップが
ちょっと相談すればほとんどの問題なんて一発で解決してしまうことを
彼等は百も承知だからです。納期だって中間管理職が青筋立てる割には
トップ(支配者層)の胸算用でどうにだって融通がつく話なんです。
命にかえて死守するような深刻な問題なんて実際のところ会社の仕事
なんぞの中にあるわけないんです。日本人が目くじら立てて大騒ぎ
していることは、実は枝葉末節ばかりであって本質ではないわけです。
本質というものを言葉を変えて表現するならば人間至上主義とかに
なるのでしょうか。人は何のために生きているのかの答えでもあります。
できるだけ安楽に楽しく苦労をせずに豊かに生きたいという素直な
願望です。日本人が見落として忘れてしまっていることです。

実際には 日本で 納期に一日でも遅れれば たとえ それによって困ることがなくても
お客さんはもう二度とその会社に 注文を呉れることはありません.

中国人は資本主義社会の厳しさが全くわかっていないのです.

戦争になったら中国人はいかに自分だけが助かるかに生死をかけます.




227 :日本語教師:03/09/17 17:53
先日の授業にて。

俺「中国にも沢山問題があります。何が一番の問題だと思いますか?」
生徒A「人口問題です」

俺「では、どのようにすれば人口問題を解決できますか?」
生徒B「一人っ子政策を徹底させる」

俺「なるほど。じゃあ君はどう思う?」
生徒C「60歳以上を銃殺にする」

俺「・・・・・・・」

これネタじゃないですよ。


228 :毛 沢山:03/09/17 21:07
>>213〜220
オマエ自分で自分の首絞めてるのか?
支那には究極のオナニストがいると聞いたが
オマエの事だったのか
人に覚悟を求める前に自分で覚悟を決めろ


229 :名無的発言者:03/09/17 21:43
 ドイツ対戦車砲三役揃い踏みの図(ANTI−TANKより)。
左より、7.5cmPAK41、5cmPAK38、3.7cmPAK35/36。
当然口径が大きいほど、大砲自体も大きくなっているのが理解できよう。
すなわち、それだけ取り回しが面倒になると云う事でもある。
 37ミリ砲が、中国軍でも使用され、帝国陸軍戦車にとっては
脅威となっていた事は覚えていて損はない。
http://www2.ttcn.ne.jp/~heikiseikatsu/rekisi/kouryoku.htm


230 :短足同士、いいようにカモられて空しくはないのか?:03/09/17 22:00
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/jyunkin08.htm
http://www.kisc.meiji.ac.jp/~ubukata/oriori/ori_files/1995/0815_1.html
【日本】           【北朝鮮】
・極端な短足        ・短足
・従軍慰安婦用に拉致強制連行・女子中学生を強制拉致
・タクアン自慢       ・キムチ自慢
・IQが低いと愛国右翼   ・IQが無くても愛国右翼
・家が狭く貧乏臭い生活   ・貧乏で家が無い生活
・国中が主体思想のような創価靖国カルト・国中が創価靖国カルトのような主体思想
・マツタケに異常に興奮     ・興奮してマツタケ狩り
・天皇「陛下」(Pu      ・将軍「様」(Pu
(しかしよくもまあ、只の寸足らずのオッサンを天皇陛下だとか将軍様などと
恥ずかしげもなく呼べるもんだなあ日朝国民は、オッサン只の雇われ公務員だろ)
・顔が朝鮮朝顔         ・顔が日本朝顔
・国民皆奴隷制         ・人民皆奴隷制
・愛子「様」がぐったり系デブ  ・金正男「様」がぐったり系デブ
・朝鮮人と実の兄弟       ・日本人と実の兄弟
・右翼が兄弟喧嘩で国民をカモる ・軍人が兄弟喧嘩で人民をカモる

http://www.asahi-net.or.jp/~tq8r-tnk/020316.htm
昨夜、金正男と慎太郎が揃って皇居の石垣をよじ登る。


231 :中華勇士:03/09/18 18:11
使館に112万人署名提出=中国北京

 【北京18日時事】中国黒竜江省チチハル市で発生した旧日本軍の遺棄
化学兵器による中毒事件で、中国のウェブサイト「愛国者同盟網」の運営
者らが18日、日本政府に賠償を求める約112万人分の署名簿を北京の
日本大使館に提出した。 (時事通信)
[9月18日17時5分更新]




232 :毛 沢山:03/09/18 21:49
出?!

233 :名無的発言者:03/09/19 12:15
ダルマの話は衝撃的ですね中国には、絶対旅行には行きたく、なくなりました。
  今の中国人の犯罪から考えると、あながちウソでは無いのでは。

234 :名無的発言者:03/09/19 12:39
>>230
カモられるのは悔しくないが、北チョンと比較されるとムカツク(w

235 :名無的発言者:03/09/20 08:08
中国はこんな国だ:

<中国では死刑囚から臓器を取り出し、日本人患者が、その臓器の提供を受けているのです>

米スタンフォード大学フーバー研究所研究員のハリー・ウー氏は、続く6月16日
の公聴会で述べている。

<92年に私はドイツで、中国の華西大学医学部卒の外科医のチェン氏と知り合い
になりました。彼が語ったところによると86年3月、彼は共産党委員会から他の
3人の外科医とともに四川省のある刑務所へ出向くよう命令を受けた。そこで生きている
1名の死刑囚から2個の腎臓を摘出した。その腎臓は軍用ヘリコプターで
華西大学病院へ運ばれ、待っていた患者に移植された。チェン博士は、患者は
共産党幹部だと聞いたそうです>

「中国での死刑囚からの臓器移植は、医療関係者の間では広く知られている話です。
中国の透析センターの一つである中日友好病院に私も行ったことがあるが、その時、
中国の医師に“透析期間はどれぐらいか”と尋ねたら、“おおむね1年ぐらいだ”
と。
 これは少なくとも一部の患者が1年以内に移植手術を受ける事例も多いという
ことを物語っているのです」

http://www.weeklypost.com/jp/980911jp/brief/opin_3.html


236 :名無的発言者:03/09/20 08:10
中国では諸外国と同様、1980年代半ばから臓器移植が盛んになってきている。

現在、腎臓、肝臓、脾臓、膵臓、心臓、肺、角膜、骨髄、皮膚などの移植が行われている。
そのうち、最も盛んに行われいるのが腎臓移植である。
近年では、毎年二千例行われているらしく、トータルでは一万数千例に達すると
推測されている。

移植手術のためには、当然、移植用臓器の提供が必要になってくる。
これだけの臓器をどこから確保しているのか?
その移植用臓器、実は9割が死刑囚からの提供だと言われているのである。

9割。つまり毎年1800人、トータル9000人以上の死刑囚が臓器を提供していることになる。

死刑囚の出身階級は主として農民であり、大半が男であるという。
また、ここ数年、中国の死刑囚の平均年齢は下降しており、青年、中年層が多くなってきている。

中国では死刑執行に関する統計数字は国家機密であり、正確な数字は分からないが
臓器移植の需要が死刑判決数及び死刑執行数を増加させているという報告もある。


ちなみに、中国での死刑囚移植システムはこんな感じ。

@患者が病院を訪ね、諸検査を受ける。
A死刑囚の血液型、白血球型及び健康状態などがチェックされ、それらの記録が病院に送られる。
B人民法院等が死刑執行の場所及び日時等を病院に通知する。
C病院が移植の準備をする。
D死刑執行当日、病院医師が刑場で待機する。
E死刑が執行され、検視官が死亡を確認する。
F病院医師が腎臓を摘出し、それが病院に運ばれ、移植される(あるいは、遺体が病院に運ばれ、そこで臓器が摘出され移植される)。
G遺体が火葬され、遺族に遺骨の入った骨壷が渡される。

http://egoist.jp/~nakahara/a-d-t/a-d-t$ta.html

237 :名無的発言者:03/09/20 08:18
死刑執行前の麻酔をかけられた死刑囚から現実に臓器が摘出された事例も報告されている(40)。
これらの点に関して、1988年に中国政法大学出版社から出版された法学関係の
テキストブック『労改検察概論』(董春江・蔡柏松・張永恩著)は、
「対死刑判決執行的監督」(訳=死刑判決の執行に対する監督)と題する箇所で
次のように述べている (28頁以下)。

 「1部の地方では銃殺の方法ではなく麻酔剤を注射するという方法で執行したり、
またごく1部の地方では、甚だしくは犯人の身体のある臓器を利用するため執行時
において故意に完全な銃殺を行わず生体組織の保存を図る等のことがあったが、
当然、直ちに是正すべきである。」

 銃殺の際の銃撃の部位については、本来、後頭部とされているようである(41)が、
臓器(内臓)が必要なときは後頭部を撃ち、角膜が必要なときは心臓部を撃つという報告もある(42)。

http://homepage1.nifty.com/awaya/hp/ronbun/r008.html

731部隊よりはましだな.

238 :名無的発言者:03/09/20 08:22
中国では、死刑執行後の遺体から取り出した臓器も移植に使われているとみられて
おり、香港紙、東方日報によると広東省では2万5000−4万ドル
(300万−470万円)で腎臓移植を受けられるという。

中国を脱出、米国への政治亡命を求めている中国人警察医が27日、米下院外交
委員会で証言し、中国当局が処刑した死刑囚の遺体から腎臓(じんぞう)などの
臓器と皮膚を摘出、移植を希望する国内外の患者に高値で売りさばいていると告発した。

王氏によると、この病院では処刑が行われるたびに医師が刑場に出向いて救急車で
待機、銃殺された直後の遺体から臓器や皮膚を摘出していた。腎臓は少なくとも
一つ1万5000ドル(約190万円)で売却されており、王氏は100以上の
遺体からの臓器摘出に携わったという。

 しかし、絶命前の体から摘出した例もあったことから、次第に罪悪感を募らせた
王氏は、今年になって偽造旅券を購入、亡命目的で米国への団体旅行に参加した。
 王氏を支援している中国系米国人の人権活動家、ハリー・ウー氏は27日、中国
で大量に行われている死刑(98年に1769人)の大半について、当局による
組織的な臓器摘出・売却が行われている可能性が高いと指摘した。
(ワシントン共同)

http://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/ishoku/ishoku399.htm


239 :名無的発言者:03/09/20 08:29
今、東京国際フォーラムで人体の不思議展やってるよね、
あそこの標本って全部支那から献体されたものらしいやん。


240 :名無的発言者:03/09/20 09:01
チベットで売春宿を経営している中国共産党

ラサ最大の娼館街は、キチュ河沿いのチャクポリ医学センター近く、チンドロル・ラム区
の中国人民解放軍兵舎脇ににある。五〇余りの娼館が建ち並び、五百人前後が
昼夜問わず営業している. 中国人の若い女性たちをチベットに駆り立てた功労者(?)は、
何と言っても故・ケ小平である。一九八〇年代半ばに「改革.開放」政策を提唱し_
ケ小平は、九二年二月に、「沿岸部より西部」の開放政策を主張した。
江沢民の「西部大開発計画」は、実は中国本土に発生した発生した大量の失業者の
人口再配置計画でもある。中国人娼婦のチベット投入戦術はこの人口再配置計画の
一環をなしている。

チベットで娼館を経営する者が民間の中国人ないならまだ話は分かるが、驚いたことに
チベット自治区政府環境局がその一部施設を娼館として堂々と低利子で民問人に
貸与していることだ。これは共産党が率先して売春業を営み、利潤を得ているということを意味する。
娼館に施設を貸与しているのは環境局だけではない。行政運営委員会の施設も娼館
として利用されている。と報告されている。


241 :名無的発言者:03/09/20 09:13
チベット人の消滅が最終的な狙い

現在チベット人は自国内で急速に小数民族化しつつあります。中国政府による道路
建設、鉄道建設計画、そして漢人のチベット内への入植計画の結果 、チベットの
一部では中国人:チベット人=2:1という現状にいたっています。そして中国政府
による「一つの中国=(チベットの中国化)」計画は現在も進行中です。

●人口コントロール
何年もの間中国政府は政策の一貫としてチベット人女性に中絶、不妊手術を強制
してきました。

104,024人の出産適齢女性のうち、76,220人が既婚者である。このうち、22,634人
がすでに不妊手術を受けている。これはチベット自治区に住む出産適齢女性の30%
に当たる。1985年には、家族計画の方法が教えられた農村や遊牧地帯で、意識と
出生率の両方において目に見える変化が現れた。また翌1986年、ニンティ[林芝]
地区、ロカ[山南]地区、シガツェ地区で、女性の19%が不妊手術を受けている。

シガツェの民政局によれば、1990年7月、シガツェ小児産婦人科病院のチームが
ブチュン(布窮)県の遠隔地域で調査を行った。その結果、この狭い地域だけで
387人の女性が不妊手術を受けていることがわかった。一行は、それまでにも110の
県を回り、2,419人の女性のうち1,092人に不妊手術を施している。

ロカのギャツァ[加査]県にある小児産婦人科病院のツェリン・ヨードン医師によれば、
4,000人以上の出産適齢女性のうち、1,000人以上が避妊を行い、700人が不妊手術を受けている



242 :名無的発言者:03/09/20 09:13
カムとアムドでは、さらに抑圧的な政策が取られている。

たとえば、甘粛省「天祝(パリ)チベット族自治県」では、1983年、2,415人の
女性が不妊手術を受けており、その82%がチベット人である。また1987年には、
四川省「甘孜チベット族自治州」のザチュ県で764人の出産適齢女性が不妊手術を
受け、そのうちの660人がチベット人であった。産児制限チームが農村・遊牧地域
を歩き回っては、女性たちを集めて中絶や不妊手術を施している。すでに腹部の
大きくなっている女性にさえ中絶が強制され、ついで不妊手術が実施された。

http://www4.ocn.ne.jp/~tfreej/c8.html
http://www.tibethouse.jp/human_rights/human34.html


243 :名無的発言者:03/09/20 09:37
チベットでの中国の存在と人権の侵害 - 拷問 -

1997年に虐待と警官の拷問の結果として、チベット人が死んでいると6つの
報告が届けられた。これらの中から、ジャムヤン・ティンレー(25)は、監守の
ひどい拷問により4ヶ月後に死んだ。彼の死体は、電気刑棒によって受けた水疱や
打撲傷だらけで、身体は血で覆われていた。ケルサン・ダワ(29)は、2年半の
監獄拷問の中で自分の両耳を両手で押さえて叫び出し始めた。
「彼らが僕の耳の中に電気棒を押し込んでいる」と。そして、彼が発見された時には、
すでに天井からぶら下がって死んでいた。プンツォク・ヤンキー(20)は、
中国人医師らによって身体から体液を抜き取られた後、昏睡状態に陥った。さらに
彼女の爪や舌や唇は、黒い紺色に変わってから死亡した。

監守と警官によって残酷な拷問の方法が何十件もあるという説が、1997年に
手許に届いた。被害者らの回想によれば、棒や銃床で打たれたり、全身を拳骨で
打ったり、足で蹴飛ばされたり、電気牛突き棒でショックを与えたり、鉄の棒を
口中へ詰め込んだり、闇の中に放置されたり、狭い凍結独房の中に監禁されたり、
そして、血液を強制的に抜き取ったりして、非常にいやな目に会わされている。
ある囚人の証言によれば、彼は両腕を煙突の回りに手錠を掛けられて、水も食べ物
もなしで1日中おかれた。その熱い煙突の灼熱の結果、彼は身体中水疱だらけに
なった。1人の尼僧は、監獄内でお経を唱えているのが見つかったことで、電気棒
で口の中にショックを与えられ、さらに五体投地を行ったことで、水と氷の中で
五体投地をするように強制された。

http://www.tibethouse.jp/human_rights/human12.html

244 :名無的発言者:03/09/20 09:40
「テールズ・オブ・テラー チベットでの拷問」
− 血液、体液の強制抽出 −

尼僧ジンパ・ラモは独立デモに参加したため、91年に6ヶ月半セイツ刑務所で
過ごした。 彼女はある日、病院に行って血液を抽出してくるよう言われた。
「最初私は、軍の病院に連れて行かれた。 私を看た医者が公安当局に、血液の状態
は悪く抽出することはできないと告げた。 そこで私は刑務所近くの病院に連れて
行かれ、2瓶分の血液を抽出された。 公安当局は私に立つよう命令したが、とても
気分が悪く立てなかった。 そのため公安当局は私を棒で殴打し始めた。 彼らは
またゴムの管を私の口に押し込め、それに放尿した。 彼らは私を何度も殴り、
私はついに怒ってこう叫んだ。 『殺したいんなら、早く殺せ!』 彼らは私を
殺さず、その代わりに汚物まじりの塵のたくさんある独房に私を連れ戻したの
だった」

医療目的ということで、体液が抽出されることもある。 ピュンツォク・ヤルギは
ラサのミチュンギ尼僧院の尼僧であったが、92年2月3日逮捕された。 94年の
中頃、警察病院に転送された際、彼女は中国人の医者に2度にわたって背中に注射
を打たれた。 チベットでは生気を増すと信じられている体液を医者は抽出したの
だった。 ピュンツォクはその後昏睡状態になり、毒のまわっている証拠に、爪、
舌、そして唇は青みを帯びた黒色に変色した。 病院に収容されてから6日後、
94年6月4日に20歳の若さで亡くなった。

http://www.tibethouse.jp/human_rights/human33.html

245 :名無的発言者:03/09/20 09:42
「テールズ・オブ・テラー チベットでの拷問」
− 独房監禁 −

独房監禁の状態は、可能な限り非人間的であるようにデザインされる。たとえば
独房は、囚人が座ることが出来るぐらいの広さしかない(5.5平方メートル足らず)。
我慢できないほど凍えさせるため床が金属で出来ているものもある。中にあるもの
は小さなポットだけで、それは皿としてもトイレとしても使われる。

独房に入れられた囚人は尋問以外にはけっして外に出ることを許されず、手錠をかけられた
ままも多い。独房監禁期間は6か月以上にわたることもある。

http://www.tibethouse.jp/human_rights/human30.html

246 :名無的発言者:03/09/20 09:46
「テールズ・オブ・テラー チベットでの拷問」
− 電気ショック −

80年代前半には、中国当局は電気警棒あるいは牛追い棒(写真上)として
知られる新しい拷問の方法を導入した。さまざまな大きさと電力の電気棒が
使われた。ある種のものは警官の装備となり、ほとんどは独立運動支持者に対して
使われた。他には尋問の房に保管され、囚人たちの身体や顔を殴るのに使われたり、
女性囚に対する性的暴行に使われた。膣や肛門に「電気棒」を挿入されたとの報告
も数多くある。

この道具は返答が間違っているとして、しばしば囚人の口に罰として入れられ、
深刻な舌肥大を引き起こした。ある事例では、囚人はそれによって歯を失っている。
その他、手首や親指や他の身体の1部に電気線をまかれて直に感電させられることも
ある。ショックを増大させるために、囚人たちに水がかけられることもある。
こうした電気ショックによる打撃は一般に非常に深刻で、体内の傷害や精神傷害
につながることも多い。

http://www.tibethouse.jp/human_rights/human25.html



247 :名無的発言者:03/09/20 09:48
「テールズ・オブ・テラー チベットでの拷問」
− 冷気・熱気への身体のさらし −

「私が今まで体験した拷問の中でもっとも酷かったのは、両手に手錠をかけられた
まま熱い煙突に固定され、まる1日中、水も食べ物も与えられず放置されたことだ。
焼けつくような煙突の熱で全身は水ぶくれ状態になった。体にできた水泡から水が
流れ落ち、全身の傷が極度の発汗のためにひりひり痛む。 夜になってやっと、
看守が手錠をはずしにやってきた。 その時にはもう、履いていた長靴は汗で
すっかり満たされていた」 
冬の間、囚人たちは、厳寒や雪の降る中、裸あるいは薄い衣服だけで丸1日
たたされることもある。ラサでの冬の気温は平均0〜マイナス13℃になる。
西方や北方では、気温は氷点下数十℃までさがることもある。苦痛を増加させる
ために、拷問者は囚人たちを裸でたたせて冷水を浴びせることもある。独房のなか
には、極端に寒くなるように工夫を凝らしているものもある。

熱にさらすことも頻繁に行われる。囚人たちは暑い日差しのもと、非常に暖かい
洋服と毛の帽子をかぶって何時間も外にとどまらされる。その他、暑くなっている
煙突に囚人を直にくくりつけて焼いたり、たばこで焼く、赤唐辛子を焼いている火
の上にぶらさげるというものもある。

http://www.tibethouse.jp/human_rights/human26.html


248 :名無的発言者:03/09/20 09:56
刑務所や強制労働収容所での死亡事例

刑務所や強制収容所から生還した人たちの証言を元にまとめると、チベット全体で
収容者のおよそ7割が死亡している。たとえば北チベットの荒涼とした高原にある
ジャン・ツァラカでは、5ヶ所の収容所に10,000人以上の囚人が収容され、ホウ砂の
採掘と運搬に従事させられていた。これら収容所から生還した人の話によると、
毎日10〜30人が飢えや殴打、あるいは過労によって死亡し、1年間で8,000人以上が
死亡したという。また、中国が解放軍の仕事だったと主張する、ラサのアチェン
水力発電所の建築現場でも、毎日3、4人の収容者が死亡し、死体が近くの川に投げ
捨てられたり、焼かれたりするのが見られたという。東チベットの例では、1960年
〜1962年の間に、ダルツェド地区の鉛鉱で12,019人の収容者が死亡したと、
元収容者のアディ・タペさんは証言している。

また、チベット亡命政府が収集した情報をまとめると、1949〜1979年の間に死亡
したチベット人は、120万人を下らないという結果になる。

http://www.tibethouse.jp/human_rights/human38.html



249 :名無的発言者:03/09/20 09:57
日本が戦前に 朝鮮や満州でやっていたことも 上のチベットと同じだろう.

植民地支配とはそういうものだ.

250 :名無的発言者:03/09/20 10:19
現代チベット小史

チベットは長い歴史をもつ中央アジアの独立国でした。国民の大部分があつ
い信仰をもつ仏教徒であることも知られています。仏教は国の柱でもありまし
た。
 しかし、1950年、成立したばかりの中華人民共和国が「チベットは中国の一
部である」と主張し、大軍をもってチベットに侵攻。チベット東部をたちまち
占領しました。チベット政府は国連に調停を申請しましたが、国連は各国の思
惑があって討議を延期。北京に呼ばれたチベット政府代表団は、本国との連絡
を絶たれたまま、中国が作成した協定書を前に「調印するか、それとも戦争継
続か」と脅迫され、調印を強いられ、1951年、チベットは中国に併合されまし
た。中国軍はチベットの首都ラサにも進駐してきました。



251 :名無的発言者:03/09/20 10:20
ダライ・ラマがいなくなったチベットで、中国は共産化を強行しました。

 チベットの精神的支柱は仏教です。各家庭は子どもが尼僧(女性)や僧(男
性)になることを誇りとし、国民のじつに20%が僧侶でした。チベットにはた
くさんの僧院があり、地域社会の支えとなり、学問の研鑽を積んだ僧侶が知識
階級を形成していました。

 寺院・僧院は凄まじい攻撃を受け、中国軍の砲撃・銃撃で次々に跡形もなく
破壊されました。チベット全土で僧院の99%が消滅しました。女性・男性を問
わず僧侶は追放され、抵抗すれば拷問と強制労働の果ての死が待っていまし
た。大勢のひとが強制労働キャンプに送られて、わずかな食糧で木材伐採など
の重労働をさせられ、次々と餓死・衰弱死していきました。

 悪名高い「批判集会」が頻繁に繰り返され、僧侶、仏教信仰の厚い者、「チ
ベットを解放してくれた中国に感謝しない」者は、群衆の前で激しく殴打さ
れ、糞尿を浴びせられました。殺生厳禁の戒律を知りつつ、僧侶に虫を殺させ
てみたり、女性と男性の僧侶を引きずり出して、群衆の前でセックスをさせま
した。そして彼らを殴打し石を投げるよう群衆に命じました。これが、中国共
産党のいう「旧弊の打破」「改革」でした。


252 :名無的発言者:03/09/20 10:21
中国内地と同じデタラメな農業政策が押しつけられ、毎年、大勢のひとたち
が餓死に追い込まれま、総数は34万人以上に達しました。反感を示す者は容赦
なく監獄へ、強制労働キャンプへと送られ、拷問で命を奪われました。チベッ
ト人は信仰の自由を奪われ、言語の自由を奪われ、さらに、自分の国に居なが
ら、流入してくる中国人の下になり、二級市民とされました。

 ダライ・ラマ14世は積極的な非暴力主義を訴え続けていますが、こちらの非
暴力に対して相手が暴力を用いてくるとき、その暴力にも非暴力で対抗するこ
とは、ときに、あまりに困難なこともあります。中国侵攻以来、武器を取って
戦うひとたちも少なからずいました。しかし、チベットにはジャングルなどな
く、国際的な支援もなく、圧倒的な中国軍に対しては絶望的な戦いでした。ゲ
リラ戦は70年代までに全滅させられ、43万人以上が死にました。

 中国は内地と同様に公開処刑を「活用」し、大勢の群衆を動員して集会を開
いてから、銃殺刑を繰り返しました。80年代になっても、チベット亡命政府と
連絡を取っていた青年たちが次々と公開処刑されました。

 チベットの人口は約600万でしたが、チベット亡命政府は、そのうち120万人
が命を奪われた、と推計しています。監獄や強制労働キャンプでの死者(43万
人以上)、でたらめな農業政策による餓死者(34万人以上)、中国軍と戦った
戦死者(43万以上)。人口の5人にひとりが死にました。これは、ポル・ポト
政権下のカンボジアの民族虐殺と、ほぼ同じ割合になります。



253 :名無的発言者:03/09/20 10:25
今年(西暦2000年)は、「文化大革命の再
来」と言われるほど思想弾圧が荒れ狂っています。公安警察が民家を抜き打ち
に回って、部屋に飾ってある仏壇・仏像・仏画の撤去を命令しています。そこ
までやっています。(みなさんの家に、夜、急に公安警察がやって来て、みな
さんが心の支えにしている大事な物を指して「捨てろ」と命令することとを想
像してほしいのです。)公安に逆らえば、よくない運命が待っているだけで
す。

 宗教的・政治的な理由で、いまも数千人が拘禁され、拷問を受けています。

 また、最後に触れておきたいことは、軍の駐留のことです。チベットを制圧
するために、またインドに対抗するために、チベットには中国軍の大軍が駐留
しています。総数は30万から50万と言われています。これだけの軍隊が駐
留することが、チベットの女性にどのような苦しみをもたらすか。多くを語る
必要はないと思います。

http://www.jca.apc.org/fem/news/events/352.html


254 :名無的発言者:03/09/20 11:17
中国政府は嘘つきだ:人民日報の記事

「西蔵(チベット)日報」の論文、「ダライの正体を暴露」

「西蔵(チベット)日報」は31日、評論員による論文を発表し、ダライが西蔵を
統治していた時期、人権が剥奪され、西蔵の発展を妨げる行為が行なわれていた
事実を大量に暴露した。またダライが40年間も国外で「民族の代弁者」を装い、
国家および民族の利益を売り渡すことを生計の手立てとし、民族の分裂活動を利用
して封建的農奴制度の復活を企てており、西側の反中勢力の道具に成り下がる
という、恥知らずな振る舞いを非難した。

「『民族の代弁者』ダライラマの真実の姿を明らかにする」と題されたこの論文
の主な内容は、以下の通り。

ダライが西蔵を統治していた時代、その行為は、人類の歴史上の最も反発的な、
最も暗い、最も残酷な、最も落伍した、僧侶貴族独裁による政教一致の封建的
農奴制度であった。旧西蔵の人口の5%を占めていた農奴所有者階級は、土地、
牧草地帯、家畜など全ての生産手段を占有しており、農奴を「話が出来る道具」
として、売り買いしたり譲渡したりしていた。

封建的農奴制を明記した当時の法典規定では、人々の身分は3等9級に分けられて
おり、「身分の低いものの命はわら縄と同じ」と規定した。領主は残虐な方法で
農奴を殺害していた。西蔵の歴史資料には次のような記載がある。「ダライラマの
ために経を読み、誕生日を祝うため、下密院全員は……内臓、頭蓋骨2つ、血、皮が
必要、早速送ってもらいたい。」



255 :名無的発言者:03/09/20 11:17
このようにダライは人間性のかけらもなく、人権を踏みにじる残酷な制度の代表
であるにも関わらず、自ら「民族の代弁者」を装っている。ダライは自分の地位を
守るため、封建的農奴制を「素晴らしい制度」と吹聴し、全面的な武装反乱を
スタートさせた。その叛乱で、ダライをリーダーとする反乱分子は、「宗教保護」、
「民族の利益の保護」をスローガンに掲げ、祖国を分裂し、同胞を虐殺し、寺院を
襲い、宗教を冒涜し、婦女を卑しめ、悪の限りを尽くした。

http://fpj.peopledaily.com.cn/2000/06/01/newfiles/a1180.html

こういうの読むと 南京大虐殺も疑われてくる. いづれにしろ まともな国家じゃない.




256 :名無的発言者:03/09/20 12:54
中国は自国内の木を刈り尽くして,今度はチベットの森林も丸裸にしている:

1949年には、チベットの原生林は22万1800平方kmに及んでいた。
1985年には、これがほぼ半分の13万4000平方kmとなった。

チベットの奥地に新しい道路が通じるにつれ、森林破壊は進んでいる。ここで注意
してほしいのは、これらの道路は人民解放軍あるいは中国森林省の技術者のチーム
によって作られ、その経費はチベットを「開発」する費用として計上されている
ことである。いったん道路が太古からの森林に達すると、きれいそっくり伐採して
しまうことが最も一般的なやり方となっている。こうして、カム及びウー・ツァン
東部の広大な丘斜面は丸裸にされた。(写真右上) 
1985年までの木材搬出(写真右下)は、トータルで24億4200万立方mに
及び、これは1949年時点での森林の40%、金額にすると540億ドルに達する。

http://www.tibethouse.jp/enviroment/envi01.html



257 :名無的発言者:03/09/20 13:01
中国政府は 核及び毒廃棄物をすべて チベットに埋めて居る.

1987年、中国の核計画を援助することを見返りに、西ドイツから使用済み燃料
をチベットに貯蔵する契約が結ばれた。

チベットに核廃棄物処理場を置くという中国の政策は、1991年、米国の
グリーンピースが、メリーランド州バルチモア市から150万トンの汚物沈殿物を
「肥料」の名目で中国に輸出しようとする計画を示す文書を得たことによって、
確認されることになった。この計画では2万トンの最初の船出に144万ドルが
提出されていた。
アメリカでは、こうした都市汚物処理施設からの汚物沈殿は、慢性的に毒に汚染
されているものだ」とコメントしている。シカゴでは、こうした汚物を庭用の肥料
とすることは、含まれる重金属が土に集積することが明らかになったため打ち
切られている。ミルウォーキーでは、こうした利用は、筋萎縮性側索硬化症の発症
と関連付けられている。

輸入とは別に、中国が国内の核廃棄物をチベットに投棄していることは疑いない。
アムド地方からは、原因不明の土地と水の汚染そして人間の動物の謎の死が報告
されている。ジャムコックとカルコックでは、1987年以来、50人以上の
チベット人が、激しい発熱、嘔吐、赤痢に冒された後、不可解な死を遂げている。
アムドのンゴンポ、ウー・ツァンのニャクチュカ周辺の地域では、奇形児の出産
もまた有意に多数、報告されている。

http://www.tibethouse.jp/enviroment/envi05.html

258 :名無的発言者:03/09/20 13:17
235-255どうもご苦労さん!
>>「こういうの読むと 南京大虐殺も疑われてくる. いづれにしろ まともな国家
じゃない.」

死刑囚からの臓器移植及び中国のチベット政策は中国の内政であり、どの個人もど
の団体も干渉するべからず。
南京大虐殺は日本軍国主義が中華人民に対して最も卑劣な行為である。
今その次世代がこのような否定仕方も極めて卑劣である。
中華人民を代表して厳正に抗議します。












259 :横スレ:03/09/20 13:33
チベットに関してはもっとな意見かなと思うんだけどさ、
最近ダライラマって方向転換してきてるのは知ってるのかな?

中国とインドの関係改善化に伴い、
中国との対立項としてのインドの後ろ盾がなくなりつつあるチベット独立派は、
中国政府と何とか折衷案を模索し始めているんだけど。

中国ももともとダメだけど、チベット独立派もその程度なのかね。
個人的なチベタン独立派はとしては残念だよ。

260 :名無的発言者:03/09/20 13:38
<死刑囚からの臓器移植及び中国のチベット政策は中国の内政であり、どの個人もど
の団体も干渉するべからず。>

チベットは中国の植民地で 中国国内の問題ではない.
こういう国に日本がODA援助するのは許されない犯罪だ.
本来なら経済制裁を加えなければいけない.

261 :名無的発言者:03/09/20 13:51
チベット人大虐殺は現中国政府がチベット人民に対して行なっている最も卑劣な行為である。
今その虐殺を行なっている世代がこのような発言をするのは極めて卑劣である。
日本人民を代表して厳正に抗議します。


262 :名無的発言者:03/09/20 13:54
>>260
チベットは中国の一部であり、
チベットは国だとは日本政府が認めているのか?
中華人民共和国と国交がある国以上、そのような発言をしては行けない。

>>「こういう国に日本がODA援助するのは許されない犯罪だ.
本来なら経済制裁を加えなければいけない」
  ボスに向かってなにを言ってんだ?
  ODA止める?経済制裁?出来るもんならやって見ろ!



263 :名無的発言者:03/09/20 14:07
>>261
チベット人大虐殺?事実無根な話だなあ!
それにここは南京大虐殺のスレだから、そういう話するのは何の下心?
世は弱肉強食の世界だから、
今度台湾も尖閣諸島も場合により中国の武力によって収復するだろう。
どうだ?文句があるのか?



264 :名無的発言者:03/09/20 14:17
<チベットは国だとは日本政府が認めているのか?>

植民地が国として認められていないのは当然の事だ.
今の中華人民共和国の領土は清の領土をそのまま受け継いだもので
本来,台湾もチベットも雲南省も内モンゴルも 中国とは無縁の土地だ.

清は満州族の造った帝国で そこでは 漢民族もチベット族も両方共 被支配民族だった.
漢民族がチベットを支配する正当性は無い.

どちらにしろ 漢民族は昔から他の民族の支配を受けていた 2等民族で
日本人からみれば 単なる劣等民族にしかすぎない.

このスレを読めば 漢民族がいかに 無知蒙昧で低能,弱虫で卑怯で嘘つき
かが良くわかるだろう.



265 :名無的発言者:03/09/20 14:19
日本政府はどうしてこうも卑屈でプライドがないのか?
ヨーロッパ人は植民地の連中を虐殺したが否定も謝罪もしてねえ。
劣った原住民を殺しただけじゃん。堂々としてろよ。


266 ::03/09/20 14:27
その論、正論だと思うなら、堂々と公言しろよ(笑)

267 :名無的発言者:03/09/20 14:29
日中戦争の中国軍は強かったよ。
インパール戦争で第31師団五万六千人を全滅させ、
80人の日本人従軍慰安婦も中国軍に投降せず玉砕。
全体から見れば中国軍は最初から日中戦争を長期戦と見て戦術を用いた。
よって上海戦、南京戦、武漢戦、徐州戦などはいずれも主力を温存した
抵抗しながら後退する戦術だから、
中国軍が逃げてばかりとは勘違いするなよ。
長沙戦でようやく中国軍の本来の強さを見せ、
悟った日本軍が既に時が遅し・・・
最終的敗戦に終わった。
***中国軍に挑戦するとは自滅行為に等しい***




268 :名無的発言者:03/09/20 14:43
当時の中国は一つの国家ではなかった. 日本が中国に勝つ為には
中国人 5億人すべてを殺す以外に方法は無かった.当時の日本軍は

満州ー関東軍(兵力約80万人)
万里の長城以南ー支那派遣軍(兵力約90万人)

この人数で 5億人すべてを殺すのは不可能だ.
日本兵の死者のほとんどは餓死と病死で 戦闘で死んだのは僅かだ.

中国兵がまともに戦ったことは一度も無かった. 南京大虐殺は
捕虜にやる食料が無くて殺さざるを得なかったというのが 真相だ.

中国人は弱虫で臆病者だ. 漢民族は劣等民族だ.



269 :名無的発言者:03/09/20 14:44
>>264
如何に中国を分裂させ、瓦解する狙いが見える。
そうすれば日本は中国に代わってアジア、世界の主導権が握れる、
いくら挑発したって無駄だよ。
アメリカに焦土と化して征服された日本人こそ三等、四等あたりの劣等
民族だ。
いまだにアメリカに復讐しようともしないというのはなんなんだ?
奴隷のままで終わりたいのか?

270 :名無的発言者:03/09/20 14:55
<日中戦争の中国軍は強かったよ。>

中国軍が強かったわけじゃない. 日本軍には食料も武器・弾薬も無かっただけだ:

インパール作戦は失敗に終った。日本軍劣勢の一番の原因は物資量の絶対的不足であった。
さらに英米の近代的兵器を駆使した戦闘に対して、日本の兵器戦略は日露戦争当時
のままであり、結果は戦わずとも明らかである。
インパール作戦では、そのような不利な情勢に加えて、アラカン山脈という険しい
山地を行軍する戦いだったため、戦闘による戦死者だけでなく、疲労や栄養失調、
感染病などの病死者も多く、生きて日本に帰ってこれた者は2割くらいだっただろう。
物資面では劣っていた日本軍ではあったが、兵士の質、気概の面ではどの国よりも
優っていたと私は思う。

http://www.kcnet.ne.jp/~kubota/gaiyou.htm

271 :名無的発言者:03/09/20 15:01
>>268「当時の中国は一つの国家ではなかった. 日本が中国に勝つ為
には 中国人 5億人すべてを殺す以外に方法は無かった.」

ではこれから中国が日本に勝つ為の方法を練りましょう!
中国は1億兵力にするのは可能である。
200萬人で5億を殺すのは無理だけど、
1億で1.3億を殺すのは簡単である。
老い者は多いし、若者はSEXに溺れているし、
日本を滅びるのは中国次第じゃないか?

あり得ない話でも、中国に挑戦しては危険ですよ!






272 :名無的発言者:03/09/20 15:02
<如何に中国を分裂させ、瓦解する狙いが見える。>
中国はすでに限界だ. あと20年たたない内に崩壊・分裂する運命だ.
中国には水も資源も食料も無い. あと20年で人口は1/5になるだろう.

<いまだにアメリカに復讐しようともしないというのはなんなんだ?>

日本はすでに経済戦争でアメリカに勝っている. 今は ドルが国際通貨だから
アメリカが通貨政策で円高政策を取り,日本が不景気になっているだけだ.
アメリカは毎年 膨大な貿易赤字を垂れ流している.
いずれ アメリカから金が流出し始める. その時が アメリカの最後だ.


273 :名無的発言者:03/09/20 15:11
>>270
敗軍之将何以言勇!
日中戦争を聖戦だと思っている国民に厳しい報道規制のせいか?
今になっても事実さえ知らない日本国民は本当に情けない。



274 :名無的発言者:03/09/20 15:17
>>日本はすでに経済戦争でアメリカに勝っている. 今は ドルが国際通貨だから
アメリカが通貨政策で円高政策を取り,日本が不景気になっているだけだ.
アメリカは毎年 膨大な貿易赤字を垂れ流している.
いずれ アメリカから金が流出し始める. その時が アメリカの最後だ.

嘘つけ!
子供でも笑うよ!(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)
!(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)!(^o^)(^o^)(^o^)
(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)!(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)
(^o^)(^o^)(^o^)!(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)(^o^)












275 :名無的発言者:03/09/20 15:18
日本人で日中戦争を聖戦だと思っている奴は一人も居ない.

日本人はみんな 中国人が大嫌いだったから,殺して殺して殺しまくっただけだ.
中国人と日本人とは3000年来の仇敵だ. 永遠に友好関係にはなれない.

日本は開国の時から反中国で 日本人は常に中国からの影響を排除しようとしていた.
日本は漢字と技術以外には 中国文化の影響は受けていない.

276 :名無的発言者:03/09/20 15:22
1ドル 200円 が適正レートだ.

このレートになれば アメリカの企業は日本企業に太刀打ちできなくなる.
フェアに戦えば アメリカの企業に勝ち目は無い.

277 :名無的発言者:03/09/20 17:20
アメリカにも未来は無い:

アメリカの人々がすべて豊かになったかといえば、そうではない。米国民の間でも、
貧富の格差は広がる一方だ。たとえば、アメリカ人で最も多くの給料をもらっている
10%の人々と、最も少ししかもらっていない10%のとの給与格差は、1979年には
3.6倍だったが、96年には5倍に広がっている。

 「上の10%と下の10%」との比較ではなく、「経営トップと平均的な社員」との
賃金格差では、アメリカの大企業では350倍になっているケースもあるという。

アメリカのリーダー達が,「自分の事は自分で責任をもつ」の口実をつけて
公共福祉を後回しにしているのは、米国議会の多数派を占める共和党が、
高 くつくからと全国民の健康保健制度を否定し、老齢健保の予算削減を主
張して 譲らないことからも明らかだ。このため何千人もの米国民が医者にか
かれな かったり、高い医療費を払えなくて貧困クラスに転落している。

これは中流階級を犠牲にした金持ち優遇策のひとつである。ニクソン大統領時代
にはじまった金持ち優遇策は、徐徐にアメリカの貧富の差を拡大してき
た。20年前高額所得者のトップ10パーセントがGDPの50パーセントを所有
していたのが、今は70パーセントを越えている統計からも明瞭である。企業
(個人)も自己の利益だけを追求するあまり、社員や従業員に対して道徳的
責任をもたない。解雇された社員が野たれ死になろうがどうしようが会社の
知った事ではない(解雇がある度に、企業幹部は何百倍のボーナスを懐に
する。貧富の格差が極端な点でアメリカは、第三国のそれに負けない)。

http://www.us-ryugaku.com/teacher/T7.htm

日本が世界で一番まともな国だ.


278 :名無的発言者:03/09/20 17:31
アメリカはまともな国ではない:

アメリカの受刑者の数が、ついに200万人を突破した。今や、全世界の囚人の4人に
1人は、アメリカの刑務所に収監されていることになるという。カリフォルニア州を
例にとると、1980年に2万3,511人であった刑務所の服役者数は、今年は16万2,000人
にも達し、20年間に約7倍という急増ぶりを示している。また、刑務所関連の州の
予算は、15年前の7億2,800万ドル(約800億円)から、今年度は46億ドル
(約5,060億円)と、約6.3倍にも膨れ上がった。

 この「刑務所大盛況」の理由は、犯罪に“厳罰(tough measures)”で臨む、
いわゆる“タフ・アプローチ”が、アメリカの治安戦略として確立したことにある。
小さな罪を犯した者でも、とにかく“鉄格子の中(behind bars)”に送り込む
処罰が一般化し、犯罪の発生件数が減少しているにもかかわらず、より多くの
受刑者が生み出されているのである。

人種の違いによって犯罪者の処遇を差別するといった問題も露呈し、非白人の
青少年が成人として裁かれる率は、白人の7倍高く、黒人の青少年が刑務所送りに
なる率は、白人の18.4倍にも達している(『New York Times』紙、2000年2月3日)。

http://www.ashisuto.co.jp/magazine/topic.php?A=23&B=252

279 :名無的発言者:03/09/20 17:50
>>日本人で日中戦争を聖戦だと思っている奴は一人も居ない.
日本人はみんな 中国人が大嫌いだったから,殺して殺して殺しまくっただけだ.
中国人と日本人とは3000年来の仇敵だ. 永遠に友好関係にはなれない.
日本は開国の時から反中国で 日本人は常に中国からの影響を排除しようとしていた.
日本は漢字と技術以外には 中国文化の影響は受けていない>>

そう思ってる日本人は恐らくオマエ一人だけだろう!
東京には15人に一人の割合で中国人がいるよ。
犯罪犯しているやつはいるけど、
高齢化が進む日本にとって欠かせない存在だ。
国際化した今にそんな時代遅れな考えを持つ人は珍しい!




280 :名無的発言者:03/09/20 18:10
おまえ 中国@2ch掲示板 を見ていて

中国人が好きな日本人が一人でもいたか?


281 :名無的発言者:03/09/20 18:25
中国を壊滅させるのは簡単である。
中国13億のうち、11億人は生きてる価値すらない烏合の衆だ。
こいつ等などは、スペイン人がたった130人でインカ帝国を滅亡させた
ように、日本の近代兵器があれば自衛隊の一個連隊でこの11億人を
徹底壊滅できることは、至極容易であり、蟻をひねり潰すくらい簡単な
ことだ。
残りの2億人の処理であるが、この2億人にしても、民度や勇敢度など
総合的な能力では日本人の百分の一程度しかない。つまり一人の日本人
がいれば簡単に100人以上のゴキブリ共を抹消できるのである。
世界の人々が待ち望んでいる支那人の全滅は、必ずや神国日本が世の為
人の為に完遂しなければならない世界事業である。世界の平和のために
日本が早急にやらなければならないかかる問題については、21世紀の
中頃までには実現出来るであろう。
 仮面ライダー8号 一文字つばさ


282 :名無的発言者:03/09/20 18:27
日中戦争証言集
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/syogmoku.html

283 :名無的発言者:03/09/20 18:41
>>280、281
中国@2ch掲示板 にはいろいろ反中国的なものが書いてあるが、
実際堂々と言えるのは石原くらいじゃない?
オマエ勇気があるなら中国人の目の前で言えよ!

281は妄想だ!
オマエ早く精神病院に行ったほうがいいよ。
皆嫌がるゴキブリも駆除出来ないくせに・・・
中国に向かって「NO」と言えるのか?









284 :名無的発言者:03/09/20 19:17
文明人は本音は言わないというだけさ.


285 :名無的発言者:03/09/20 19:23
石原慎太郎は頭が悪いだけさ. これ読んでネ:

貧困なる精神(121) 本多勝一
石原慎太郎の人生

「ウソつき」 と 「卑劣な小心者」 とをこねて団子にしたような男。

「朝日ジャーナル」 の1977年4月29日号は、編集部の取材記事として、
「その周辺で囁かれる人物評」 が 「女みたいですねえ」 だと書いている。

http://www1.odn.ne.jp/kumasanhouse/hinkonnaru_seisin/k121.html

しかし,中国人がこういう日本の恥 を評価するとは.

中国人には人間のことが全くわからないという事だ.


286 :名無的発言者:03/09/20 19:27
            /           -‐      ヽ
           ,.'                 l ヽ  i
           i゙    ,.‐'''ニテラ''''ン‐-..,,, __ ゝ   l
            l   / i,/,,‐=、_‐'''""フ,.''"ヽ、     l
           !   i  /io゚:::::l ヽ  ''"   、/゚'>、  /
        ,.r,.=┤   l  ! ゞ;;;ソ     ,rミ./ヽ/ヽ,.'
      /,.ヘ_ノ.i  l  l、     ,   /リ,ノ'",'彡-'
      /,-<_/i'"'、 !、: !ヽ、  r'''フ  ''"ノ,イ /   ここ通らないと
   / /^)/,.'゙|  ゙、│ヽi __ハ‐---‐‐‐'"ノヽl/      行けないので
  r" ,'ヾ/,.'  ハ  ,.、l.  ヽ  | -‐;ノ,..-l/./ ヽ        ちょっと通りますよっ♪
  ゝ"//  l ,../..i」-、-‐、_/'i ‐''"|  "/

287 :名無的発言者:03/09/20 19:36
<「ウソつき」 と 「卑劣な小心者」 とをこねて団子にしたような >

というのは 中国人の性格そのものだな.

中国人は石原慎太郎と同類だから 石原慎太郎を高く評価するわけだな.


288 :名無的発言者:03/09/20 20:23
石原は反中国の急先鋒じゃないの?
我々のリーダーだよ。
早くも内輪割れて中国人に笑われるよ。


289 :名無的発言者:03/09/20 20:26
俺は中国人は嫌いだが 反中国ではない. 石原慎太郎は唯のピエロだ.

290 :名無的発言者:03/09/20 22:24
うーん、南京事件があったなら
1.なぜ東京裁判の時に南京に調査しに行った
時に『虐殺を否定するもの』とかがいて、証言者がほとんどいなかったのか。
2.世界中の新聞でもさほど南京については当時は書かなかったのか。
3.南京について虐殺が有ったと言ったのはティンパリーとダーティンくらいで、
ティンパリーはスパイで、ダーティンは伝聞情報だった。
4.他にも南京について書いた人が少数ながらいたが、市民への虐殺は特筆していない。


291 :名無的発言者:03/09/20 22:56
嘘言うな. お前 中国人か:

高興祖(南京大学歴史系教授)

南京大虐殺は日本軍国主義が中国侵略の途上で惹き起こした悲惨この上もない、
世界を震憾させた歴史上の事件である。この事件に関する歴史資料は極めて豊富であ
る。例えば、自らこの事件の現場に身を置き、その危害を被った中国民衆の告発、記
録と証言、及び中国の慈善団体の残した死体埋葬記録があり、また、当時、南京に留
まり、中立的態度を保持した外国人の詳細・綿密かつ慎重な記録、そして、当時の国
際救済機構 〃南京安全区国際委員会〃 が日本軍当局と日本大使館に提出した抗議文
書がある。さらには、当時の日本軍兵士が 〃武功〃と〃戦績〃 を誇るために自ら写
した写真と日本の従軍記者が書いた報道記事が残されている。また、最近、南京攻略
戦に参加した日本軍部隊の「軍状報告」と、関係将校・兵士による肉筆の記録が発見
された。これらの資料はすべて、南京大虐殺という日本軍によって惹き起こされた暴
行の明らかな存在を立証しており、かつ、この事件の研究に大量の第一次資料を提供
している。

http://www22.tok2.com/home/asianhomepage/gao.htm

292 :名無的発言者:03/09/20 23:29
291の言うことが本当ならば、南京大虐殺は有った。
>>嘘言うな. お前 中国人か:
これは誰に対しての言葉ですか?290か高興祖?

293 :名無的発言者:03/09/20 23:43
嘘つきは中国人の始まり と言うからな.

ただし,大学の研究者は 嘘を言ったら 学者生命が終わってしまうから
さすがに中国人でも嘘はつかない.

294 :名無的発言者:03/09/21 00:58
291の史料で少し不満
1.日本軍到着の前に、中国軍自身が放火、掠奪、強姦、殺戮などの暴虐を開始してゐた。
これは敗走する中国軍のお決りのやり方である。このことは、南京駐留の米国副領事エスピーの報告にもあり、
また南京防衛軍軍医蒋公穀の手記にも明記されてゐる。
また南京に向ふ日本軍は、夜間、南京城内に上る火炎を目標にして進んだと云はれてもゐる。
  中村粲がこう言っている。蒋公穀この人…
2.中国軍兵士は武装解除の後、殺害されるのである。難民区へ逃がれた者のうち、
壮丁の服を身に纏っている者はすべて将校・兵士と見なされ、銃殺された。
     いわゆる敗残兵のこと今ゴーマニズム版で議論中
3.ティンパリーが打った日本軍の暴行に関する電報を差し押えている事実を明らかにし、
ティンパリーの打った電報の内容を公表している。
    ティンパリーについてはもう良いでしょう。
4.紅卍字会や、崇善堂については何かしらの疑問点があったはず(すまん、覚えていない)
5.南京の人口についての認識が変だ。(グースや、「南京大虐殺はうそだ」のホームページへどうぞ)

まとめ変な所はこのくらいで総合的に判断した結果「南京大虐殺は有った」 

295 :名無的発言者:03/09/21 01:00
追加
>>大学の研究者は 嘘を言ったら 学者生命が終わってしまうから
   これは言ってはいけない。こんなことを言ったなら、
  洞や笠原や藤原や吉田はどうなるのだ?
  東中野や田中や中川や中村はどうなるのだ?

296 :名無的発言者:03/09/21 01:03
>>293
> ただし,大学の研究者は 嘘を言ったら 学者生命が終わってしまうから
支那の場合は"共産党の見解と違う事を言ったら"だな。
だから嘘をつく

297 :名無的発言者:03/09/21 01:15
東中野 ,田中正明,板倉,藤岡 や 秦 はすでに歴史学会では誰にも相手にされず

学者生命は終わっている.

298 :名無的発言者:03/09/21 01:19
東中野修道氏の「南京虐殺の徹底検証」

東中野氏のこの本は、捻じ曲げ引用、勝手な解釈、対立データの無視、一方的な
記述―「禁止事項」のオンパレードでした。いやはや、ここまでいいかげんな本
だったとは・・・。

東中野氏の徹底検証
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/8503/

299 :名無的発言者:03/09/21 01:21
洞や笠原や藤原も終わっているよ。
板倉,藤岡については初耳だな。
293を見る限り虐殺は有った。
>>はすでに歴史学会では誰にも相手にされず 学者生命は終わっている.
そんなことはない。相手にされないと言うことはないだろ。


300 :名無的発言者:03/09/21 01:25
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/8503/higasinakano0.html
のサイトを引用する人は、まずこのサイトを最後まで読み通し、おかしなところが
ないか検証してから引用すべきである。ただこのコピペをするだけの輩は、デマの
広め屋にすぎない。

ちゃんと読めよ。突込みどころ多いぞ。

301 :名無的発言者:03/09/21 01:30
298のサイトはもう終わったことを繰り返している。


302 :名無的発言者:03/09/21 01:30
秦郁彦『慰安婦と戦場の性』批判

秦氏が『慰安婦と戦場の性』(新潮社)という本を出した。「事実と虚心に向き
合う」(同書あとがき)と自分では言っているが、果たしてそうだろうか
この本は、内容以前に物事を研究するうえでの基本的なモラルに関わる問題、
すなわち写真や図表の無断盗用、資料の書換え・誤読・引用ミス、資料の混同、
意味を捻じ曲げる恣意的な引用・抜粋などが目につく。

資料の扱いもずさんさである。たとえば、一九三八年に内務省が陸軍からの依頼を
うけて慰安婦の徴集の便宜を図った資料がある。この本では内務省警保局の課長が
局長に出した伺い書が、内務省から各地方庁への「指示」に化けている。さらに
五府県に慰安婦の数を割当てているが、その人数がでたらめで、資料では合計が
四〇〇人になるのに、氏の数字では六五〇人とされてしまっている。引用も言葉を
勝手に変えたり、付け加えたり、およそ研究者の仕事とは思えない(五六頁)。

http://plaza18.mbn.or.jp/~modernH/paper44.htm

303 :名無的発言者:03/09/21 01:37
藤岡信勝も誰にも相手にされていない.

藤岡氏の著作の歴史的事実に関する検討は、『近現
代史の真実は何か』(藤原彰・森田俊男編 大月書店)という詳しい本が出
ているのでそちらに譲る。この本一冊全てが藤岡氏の主張への批判である。2
6人もの人が藤岡氏の誤りを具体的に引用しながら指摘している。しかもこ
の本についての反論を藤岡氏が発表した、という話も聞かないから、「従軍
慰安婦」の項目以外の項については、あえてここで反論する必要がなくなっ
てしまう。藤岡氏がいかに間違っているかということに興味のある方は『近
現代史の真実とは何か』を読まれることを勧める。論理的にも経験的にも、
事実が間違いだらけの著作が大枠において信頼できるという例は少ないであ
ろうから、もうこの批判本を読んだだけで、藤岡氏の著作を読む気も失せる
のだが、それでもデマ本はもてはやされつづけているのだから、本稿でもし
っかり批判を加えておこう。

http://plaza9.mbn.or.jp/~n2s/bira/huzi01.txt



304 :名無的発言者:03/09/21 01:40
田中正明と坂倉由明はとうに学者生命を絶たれている:

南京大虐殺の証明

著者名 洞富雄 出版社 朝日新聞社

著者は早稲田大学教授の歴史学者で南京大虐殺の専門家。南京大虐殺否定論を宣伝
する田中正明と坂倉由明の歴史修正主義論を徹底的に論破した本である。やや煩瑣
な論証を積み重ねているので、読みづらいという面はあるが、田中ら「なかった派」
はぐうの音も出ないほど木っ端微塵に論駁している。南京大虐殺否定論は徹底的に
論破され、歴史学の世界では誰にも相手にされないが、最近再び再び既に破綻した
ことが明らかな主張を繰り返す馬鹿が現われている。蔓延する歴史修正主義を粉砕
するための必読書。



305 :名無的発言者:03/09/21 01:51
302から304さんよ
こんなもの持ち出しても洞富雄とかの批判も持ち出したらきりが無いよ。
水賭け論になるからやめろ
293の内容もちゃんと検証しないと良く分からない。
変なところもあったし、294に有るよ。

306 :名無的発言者:03/09/21 02:20
上の批判は内容そのものに対するものではなく,資料の改竄や捏造等
研究者としてのモラルに関するものだ.

これだけ悪質なことをやったら学者生命を絶たれるのは当然だ.

307 :名無的発言者:03/09/21 02:23
「南京虐殺」ひたすら隠す 田中正明氏の松井大将日誌改ざん

戦後の資料にも"創作" 上海と南京をすりかえ

日中戦争に全面突入したー九三七年(昭和十ニ年)に、当時の中国の首都で日本軍が起こした
南京事件(いわゆる南京大虐殺)について、株式会社文藝春秋の発行する月刊誌などで「あれは
事実無根だ」というキャンペーンが行われてきたが、その筆者たちのなかでも中心的役割を果
たしてきた田中正明氏(74)の編書「松井石根大将の陣中日誌」に収録されている陣中日誌
が、大規模に改ざんされていることがわかったうえ、さらに戦後に松井・元大将の書いた『支
那事変日誌抜粋』もまたひどい改ざんやでっちあげされていることが、早大元教授・洞富雄氏
(79)らの調査で明らかになった。たとえば、日付をずらして上海のことを南京のことにす
りかえたり、自分の「創作」した文を勝手に加えたりして、ひたすら虐殺の事実をかくすため
の工作につとめている。 (本多 勝一編集委員)

歴史学者たちを中心とする「南京事件調査研究会」の代表でもある洞氏は、主として南京事
件の研究をしてきたが、田中正明氏の引用する資料にかねて疑念を抱き、原文の入手につとめ
てきた。その結果『支那事変日誌抜粋』(注1)について原文と引用文を照合することができ、
大規模な改ざん・加筆が発見された。加筆・歪曲は数十カ所におよび

http://www.bekkoame.ne.jp/~ymasaki/kaizan.htm

308 :名無的発言者:03/09/21 04:42
いや、笠原だって、洞だって藤原だってやってるし、
少しぐらい大目に見ないと話しにならなくなる。

309 :名無的発言者:03/09/21 04:50
坂倉由明が捏造ですか?初耳だな
しかも洞とは古いし、もうよそう
問題の本質に帰れ。
293を見る限りあった。
しかし、293の学者は少し変なところがある。
上に出されたのなんて皆知っているよ。

310 :イ爾已経死了:03/09/21 07:58
>>306
ところで、いい加減コテハンつけてくれませんか。

文体の特徴で特定するのは、だんだん面倒くさくなってくる。

311 :名無的発言者:03/09/21 10:12
天の声だと思ってくれ.

312 :名無的発言者:03/09/21 10:21
>308 名前:名無的発言者 :03/09/21 04:42
>いや、笠原だって、洞だって藤原だってやってるし、
>少しぐらい大目に見ないと話しにならなくなる。

それを言っら南京大虐殺否定肯定自体問題にもならんだろ。



313 :名無的発言者:03/09/21 10:23
「中国」理解のために読む「中国本」

http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/china/1057505919/l50


314 :名無的発言者:03/09/21 12:33
>>299
>>293のどこを読んだら虐殺はあったと?
自作自演ですか?


315 :名無的発言者:03/09/21 12:37
293名無的発言者[] 03/09/20 23:43 ID:
嘘つきは中国人の始まり と言うからな.

ただし,大学の研究者は 嘘を言ったら 学者生命が終わってしまうから
さすがに中国人でも嘘はつかない.


316 :イ爾已経死了:03/09/21 13:11
>>311
>天の声だと思ってくれ.

PC-Engineの「天の声バンク」が真っ先に思いつく・・・
歳かなぁ・・・

317 :名無的発言者:03/09/21 13:48
昔の中国人は:

中国の将校が私たちに言った。「私は、南京戦で日本軍の捕虜になった時、下関波止場で集団虐
殺にあった。次々に銃殺される戦友の死体の下敷となり、死んだふりをして、九死にー生を得た。夜ひ
そかに脱出し、今日まで憎い日本軍と戦ってきた。その無念を思うと、おまえたちを殺して、河へ投げ
込んでやりたい。しかし、「怨みに報いるに、徳をもてせよ」という命令がでた。だから命はたすけて
やる。」と、私は復讐されなかった。この中国軍の寛大さの故に、今の私の命がある。私は中国人の寛
容さに感涙した。中国人は「怨みに報いるに、徳をもてせよ」という。一方、日本では復讐は美徳であ
る。主君の仇討、親の仇討、日本人なら必ず復讐したであろう。
今、私の生があるのは、この時に復讐されなかったからである。これを思うと、日本は中国に戦争に
負けたのみならず、道徳的にも負けたのである。
日本はかつて、日清戦争で「勝利」し、「台湾」を奪い、莫大な賠償金を取った。ところが、この度、
中国は日本からー寸の土地も取らず、その上、一銭の賠償金をも要求せず、「日本人民から賠償金をと
って苦しめるより、永久の友好を築こう」と言ってくれたのである。この寛大な中国人に感謝する。そ
して過去の過ちを反省、謝罪して、親密な友好関係を築かなくてはならない。

http://www.bekkoame.ne.jp/~ymasaki/shiro.htm


318 :名無的発言者:03/09/21 13:51
日本人は:

公判の法廷には旧陸軍将校団体「偕行社」の関係者らが多数傍聴しています。また、原告代理人の
高池勝彦弁護士事務所が「南京事件の虚構をただす会」の事務所となっています。
彼らの手ロは、いつものとおり、膨大な南京大虐殺事件のごくー部の事実を曖昧化させることによ
って、事実の全部をまぼろしと化そうとする手法です。この裁判でも「郵便袋に中国人を入れて、ガ
ソリンをかけて、手榴弾をつけ、沼に落として殺した」部分に焦点が当てられました。
東京地裁判決では、彼らのこの手口にまんまとのせられて、判決で、「南京事件の歴史学上の論争
に判断を加えることを期待されている訳でも、これをよくするものでもなく」としながら、当該の事
件を「事実とは認められない」と判断してしまったのです。

ここが重要な指摘なのだが:

彼らは、これまでも陣中日記を何ヵ所も改ざんして発表したり、今回の裁判でも、ねつ造の疑いの
濃いー兵士の「日記」なるものを書証として提出しています。

つまり,日本兵が虐殺は無かったと証言しても, その証言自体が捏造ということらしい.

319 :イ爾已経死了:03/09/21 14:13
>>318
私としては、どのような証言であろうと、
「陣中日記」なるものは原本(またはその写真)を提示しないと信憑性に欠くと思うんだが・・・

320 :名無的発言者:03/09/21 14:55
東の陣中日記は本物だ:

「東日記」の信憑性についてであった。ところが、60年を超える歳月の流れが、
「東日記」の真実性の立証を困難にした。しかも、「東日記」の基となった
陣中メモ、戦地メモのうち、肝心な1937年9月から1938年8月の分を紛失
してしまっているのである。
しかしながら、1938年8月以降の戦地メモは現存しており、東さんが
1939年9月に復員してから、1942年2回目の出征までに、「東日記」
(第1巻〜第5巻)としてまとめられたものが、それらの戦地メモに沿ったもので
あることが証明されている。そして「東日記」の第5巻の最後に、1944年
2回目の出征のため、日記を中断せざるをえないことも書き添えられている。

http://www.jca.apc.org/nmnankin/azuma12.html

321 :名無的発言者:03/09/21 16:49
戦地で日記をつけたのか、メモだったのかはっきりしてよ。

322 :名無的発言者:03/09/21 16:51
メモを基にして書いたSFが「東日記」

323 :イ爾已経死了:03/09/21 18:39
>>320
これ、論破されているだろ・・・

中国人を郵便袋に詰め込んだ後、ガソリンかけて火をつけて、
転げ回る中国人(in郵便袋)に手榴弾2個くくりつけて、沼に放り込むって作文。

地裁・高裁でもウソ認定受けていますね、この作文。

324 :毛 沢山:03/09/21 18:43
>>371
寛大で道徳心あふれる中国人は
百人斬りと称する無実の日本兵を
正当なる裁判なしに虐殺した。

325 :名無的発言者:03/09/21 19:50
中国系マフィアにより 見せしめのために 中国に 拉致され 達磨にされた日本人が、
液体に漬けられて、見せ物にされている喫茶店があるらしい。

イ爾已経死了と毛沢山 はいずれ 芋虫にされ,液体に漬けられて、見せ物にされることになる.

中国マフィアを甘く見るなよ.


326 :名無的発言者:03/09/21 19:57
裁判官が間違うこともある:

東裁判とは、1987年に出版された東さんの従軍日記中の南京占領下の上官の
残虐事件(中国人を袋に入れ、ガソリンをかけて燃やし、袋の紐に手榴弾を結び
付け沼に放り込み手榴弾を爆発させた)の記述に対し、その上官が東さんを名誉
毀損を理由に提訴した裁判である。東京高裁は、この記述を虚偽と決めつけた。
これを不服とする東さんが上告し、現在最高裁に係属中である。

東弁護団は最近中国で、東日記と同じ方法で手榴弾の水中爆発実験を行なった。
実験の結果、火傷や被弾の危険がないことが改めて確認された。

さらに、判決は、東日記の記述をことさらに歪曲して、大量のガソリンをかけて
燃やした袋を長距離引きずったと認定した。そのうえで、火傷の危険があると
判断するといった、前代未聞といえるほどの事実認定の誤りすら犯している。

他方、上官側は、別人の従軍日記を証拠に、本件残虐事件の起こった場所に
いなかったと主張した。これに対し、東側は、この日記は偽造されたものだと
反論してきた。判決も、日記の「成立の真正は認められない。」とし、上官の
主張を斥けた。にもかかわらず、判決は、上官の当時の行動や矛盾に満ちた法廷
供述を全く分析しなかった。この点も、重大な問題点だ。

http://www.jca.apc.org/nmnankin/magaz101.html

327 :中華勇士:03/09/21 20:30
323へ:おい!オマエまだ死んでないのか?
現われる前に111に対して答えろよ!




328 :名無的発言者:03/09/21 20:49
<上海会戦、徐州会戦、長沙会戦・・・知ってる?
武器が劣るハンデを背負いながらも野獣と熾烈な戦いを広げた。>

中国軍は欧米から最新の武器の供給を受けていた.
日本軍は旧式の武器しかなく,弾薬も食料も満足に無かった.

普通に戦えば絶対に中国軍が勝たなければおかしかった.
しかし,中国兵は日本兵の姿を見ただけで恐怖のあまり すぐに逃げ出して
戦おうとすらしなかった. 日本兵は死ぬのがわかっていても 最後まで戦ったが
中国兵は負けそうになるとすぐに投降した.

中国人は弱虫で臆病者ばかりだった.

329 :名無的発言者:03/09/21 21:14
<中国軍は欧米から最新の武器の供給を受けていた.
日本軍は旧式の武器しかなく,弾薬も食料も満足に無かった.>

新編中国軍のこと?
米軍式の武装し、訓練受けた中国軍は強かったよ。
中国軍が総反撃の前に日本が投降したからね!
インパール作戦を覚えておけよ。
あれこそ中国軍の本来の姿。
朝鮮戦争、ベトナム戦争、中国軍の不屈精神が証明されてるんだよ。


 



330 :名無的発言者:03/09/21 21:24
中国には欧米から武器も弾薬も食料もいくらでも供給された. 日本軍は一切補給を受けなかった.
日本軍が負けたのは弱いからではない:

スターリンのソ連が中国国民党政権への援助を開始。各種航空機のほか、陸上兵器
としてT-26軽戦車などを供与している。共産党軍と抗争を繰り返していた国民党軍
へソ連が兵器を供与するのは一見矛盾しているが、日本による中国制圧を防ぐには
最も合理的な方策であった。
 中国軍では、多数供与されたT-26を中核として、1938年、初の機甲師団と呼べる
第200師団を編成。「PANZER」誌にかつて連載された「日中戦争期の中国軍戦車」
によれば、39年春頃の第200師団は、T-26:79両、CV35:88両、ビッカーズ:
14両、ルノー:10両、I号戦車:6両を保有していたという。
 さらに大戦末期にはアメリカの武器供与も始まり、主にビルマ戦域で、
M4シャーマン、M3スチュアートなどを装備した機械化部隊が編成され、米軍と共同
で、この方面から中国への物資輸送路、いわるゆ「援蒋ルート」を確保・防衛する
とともに、日本軍への反攻作戦に参加した。

http://member.nifty.ne.jp/kaba-maru/afv/chi_l.htm

331 :名無的発言者:03/09/21 21:30
インパール作戦は中国軍が強いから勝ったわけではない:

昭和19年のインパール作戦です。作戦と呼ぶにはあまりに
お粗末な自殺行為です。まずこの作戦の戦略的意味がまるでないのです。
インドにのこのこ日本軍が行って、インドを独立させ英軍の戦力を削ぐという、
壮大な寝言に付き合わされた兵士はたまったものではありません。
ビルマ方面軍司令官河辺正三中将と主力の第15軍の司令官牟田口廉也中将に
より立案された史上まれに見る馬鹿げた作戦で、補給の面から開始前より
軍内部でも無謀な作戦とする意見が多かった。 にもかかわらず両司令は反対する
補給責任者を解任するという暴挙を犯してまで作戦を開始します。

第31師団(師団長佐藤幸徳中将)第15師団(師団長山内正文中将)
第33師団(師団長柳田元三中将)が投入され、一旦はインパール北方の
コヒマを占拠。 しかし補給がないため英印軍の反撃に食料、弾薬は次第に尽き、
山内師団長は報告電で「撃つに弾なく今や豪雨と泥濘の中に傷病と飢餓の為に
戦闘力を失うに至れり。第一線部隊をして、此に立ち至らしめたるものは実に
軍と牟田口の無能の為なり。」と打っています。作戦失敗を河辺中将も
牟田口中将も認めたがらず、その責を山内・柳田両師団長の責任にあるとし、
両師団長を戦闘中に解任するというもはや自分の保身に走っているとしか言い
ようのない行動に出ます。5月に佐藤師団長は司令部の命令を無視し31軍を退却
させます。師団長が司令部の命令を無視したのは日本陸軍始まって以来の出来事
です。7月にようやく作戦中止命令が出ますが、約5万名の戦死者、戦病死者を
出し、生き残ったものもほとんどが飢餓から伝染病に罹患するというありさまで
した。佐藤師団長は当然軍法会議にかけられるべきでした。佐藤師団長も
軍法会議で作戦の無謀さと誰が処罰を受けるべき人間かを明らかにさせようと
しますが、大本営の責任問題になると判断した軍上層部は軍法会議を開かず、
佐藤師団長を終戦まで閑職においたそうです。後に佐藤師団長は日記に、
「ビルマ方面軍、南方軍、参謀本部、大本営のバカの4乗が兵士を犬死に
させた。」と書いたといいます。


332 :名無的発言者:03/09/21 21:34
中国の日本軍死者のほとんどは 餓死と病死で,中国兵に殺されたものは僅かだった.

中国兵は弱かったが 日本軍が自滅したおかげで 生き残れた.

333 :防犯係:03/09/21 22:53
警視庁極秘情報によると、中国人及び不法滞在人の犯罪の増加に対し警察予備隊ならび自警団
の結成に伴い、 銃器規制を大幅に解禁し、ハンドガンの所持を一部許可する。
条件 日本国籍を有するもの。(外国及び在日からの帰化は認めない)
   年齢30歳から60歳まで。
   健康上(精神を含む)問題の無いこと。
   犯罪歴(少年犯罪も含む)の無いこと。
   犯罪抑止、愛国心に旺盛であるもの。
   持ち家を有しなおかつ相応の財産を持つ者。
   警察、政府に対し敵意の無いもの。
   地域から問題の無いもの。


334 :名無的発言者:03/09/21 23:10
>>325
お前にそっくり返してやる
日本の民族派をなめるなよ
お前の首が中華街に晒されるまえに
支那に帰れ。

335 :イ爾已経死了:03/09/22 04:53
>>327
上海会戦、徐州会戦、長沙会戦、インパールほかか・・・

君の云う上記の会戦等はどのようなものであったか、教えてくれませんか?脳内ソースも可。
少なくとも、別世界の架空戦記は書かないでください。

336 :名無的発言者:03/09/22 06:42
インドネシアやマレーシアのような中国人排撃が日本で起こらないことを願います。


337 :名無的発言者:03/09/22 06:56
日本の適正人口は3000万〜5000万人だ. 今の人口の1/3にしないと
環境を維持できない. 日本人の失業者が街に溢れているのに
中国人を就業させるのも許されない. 中国人は中国で産業を興せ.

338 :名無的発言者:03/09/22 08:46
中国軍は弱かった. 日本兵が餓死して自滅したから勝ったことになってるだけだ:

藤原 彰『餓死した英霊たち』(青木書店)
235頁、2500円+税

第一章 餓死の実態
1 ガダルカナル島の戦い
2 ポートモレスビー攻略戦
3 ニューギニアの第十八軍
4 インパール作戦
5 孤島の置きざり部隊
6 フィリピン戦での大量餓死
7 中国戦線の栄養失調症
8 戦没軍人の死因


本軍兵士の過半数が、実は戦闘で闘って死んだのではなく、餓死したのだという
衝撃かつ悲惨な現実を本書で詳細にまとめています。太平洋の各地における日本
軍の食糧不足の悲惨な状況は知られていますが、その全体状況を一冊で明らかに
し、それらの連関も実証しています。単にある部隊がおかれた状況だったのでは
なく、日本軍全体の体質と作戦指導のあり方の必然的結果として兵士を餓死させ
たものであることを具体的かつ総合的に解明しています。「お国のために」「名
誉の戦死」が、いかに荒唐無稽なスローガンにすぎなかったが明らかです。




339 :毛 沢山:03/09/22 11:54
 ケ小平の言葉
日本は中国を助けた事になっている。日本が蒋介石を重慶まで押し上げて
くれたので、我々は日本軍の占領地域の後方に展開できた。日本だけに
責任を押し付け責めるのは不公平である
  平成7年6月30日 中国政経懇談会にて

340 :毛 沢山:03/09/22 12:05
ソ連の土壇場参戦は中国&アメリカの要請によるもので千島樺太を餌
にソ連を動かした。この侵略行為は立派な共同謀議であり極東軍事裁判の
A級戦犯にあたる、アジアでは未だ日本が英雄視され中国韓国が嫌われるのは
アジアの同胞を見捨て欧米に尻尾を振る過去の態度によるものだというのが
アジア各国の市民レベル友好度が示している。

341 :名無的発言者:03/09/22 12:06
当時の中国は食料問題で困っていた.

日本は中国人を3500万人も減らしてくれて 中国は随分と助けられた.
日本が中国にしてくれた最大の功績だ.

342 :名無的発言者:03/09/22 12:11
>>341
もっと減らしてりゃ世界中に感謝されたのに。

343 :名無的発言者:03/09/22 12:39
毛沢東は中国人をさらに7000万人も減らした 中国最大の功労者だ.
未来永劫 賞賛され続ける事になるだろう.

344 :毛 沢山:03/09/22 15:05
酸素を無駄に吸い二酸化炭素を
排出する中国人を削減したわれ等が
毛沢東に万歳!

345 :名無的発言者:03/09/22 17:09
2003年9月22日 愛媛新聞
「南京戦」の加害者と被害者の証言をまとめた
松岡 環さん

 一九三七年十二月、南京で日本軍が行った軍事行動が大虐殺だったのかどうか
の論争が絶えない。事実を知りたいと中国と日本国内を飛び回って関係者から聞
き取りを続け「南京戦・元兵士102人の証言」と「南京戦・被害者120人の
証言」(いずれも社会評論社)として出版した。
 人生の終わりを迎えつつある元兵士たちは真実を話し心を軽くしたいと思って
いるはず、との予想は見事に裏切られた。「反省の言葉は聞けず、戦争だから悪
いことはやってない、実名を出していいよと言う人が多かった。中国人に対する、
当時の日本人の蔑視(べっし)観をそのままひきずっているんですね」
 被害者からの聞き取りを平行していたこともあり、加害者の話を聞いているう
ちに気分が悪くなることもしばしば。しかし「歴史的事実を明らかにしたい」と
の思いから一切反論はせず、聞いて聞いて聞きまくった。
 それでも彼らを「おじいちゃん」と親しみをこめて呼ぶ。「時代が違えば私の
父も同じことをしたかもしれないでしょ」
 兵士は本の中ではすべて仮名にした。「虐殺を否定する風潮が強い日本の現状
では、おじいちゃんたちを守りきれないから」大阪府内の公立小学校教師。反戦
・平和の自主教材作りを長年続けてきたが、
今はそれが許されない雰囲気に。「フェアでないと駄目と子どもたちに
言っている。日本の侵略戦争を否定するのはアンフェアでしょ」。大阪市出身。
五十六歳。

346 :名無的発言者:03/09/22 18:39
東中野氏のペテンの例:

本来は、第6師団の内、第13連隊は12月16日に南京を出発している
けれど、第45連隊(の本隊)が南京を出発したのは12月22日だという
ことですね。

 東中野氏は、第45連隊の12月22日の出発には触れず、第13連隊の
12月16日の出発でサンドイッチにして、あたかも第6師団全体が
12月16日に出発したかの様に見せかけた。みっともない小技ですね.

【東中野氏】
>従って、中華民国は第六師団が十六日から南京を離れ始めていたことを
>知らなかったのである。そうとも知らずに第六師団は「二十一日迄」
>南京で虐殺したと書いていた。

 ゆうさんの仰るとおり、まったく呆れた文章ですね(笑)。
 12月16日【から】南京を離れ始めたのであるならば、「21日まで虐殺を行っていた」としても矛盾ありません。一体、何が「そうとも知らず」なのか、まったく意味が不明です。
 学者の文章とは思えませんね。

http://t-t-japan.com/bbs/article/t/tohoho/6/nueqrf/clfqrf.html#clfqrf

347 :名無的発言者:03/09/22 20:03
元日本兵士の証言
http://www.mmjp.or.jp/nankin1937/kagai.html#SEC1

348 :名無的発言者:03/09/22 20:12
南京大虐殺ーーーーー真実
http://www.bekkoame.ne.jp/~ymasaki/peace.htm#kouno

349 :カルトが巧妙に入り込んで来た:03/09/22 20:32
237 :有名人 ◇/ScoIlEF4c :03/09/11 13:24 ID:LQWpVjde
青楓会という団体がある。
ここで今「引きこもりウヨ坊や」たちがカルトに洗脳され悲惨な目に合っている。
始まりは靖国参拝に行こうという2ちゃんのオフ会だった。
しかし、そこに統一教会・勝共連合系の女が巧妙に入り込んで来た。
http://members.at.infoseek.co.jp/YaYa/isihara.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~am6k-kzhr/index.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~AM6K-KZHR/wgendai.htm
ただのオフ会に青楓会という、それらしい名を冠して
靖国での西村真吾、高市早苗という統一教会・勝共カルトの集会の
常連ゲストへの花束贈呈と記念撮影をセットしたのも彼女だった。
2ちゃんノリで彼女に疑問を呈したものの、セミプロにいいように人集めに
利用されて切られた。
彼女は皆とは偶然靖国で会ったと言い訳していたらしい。
(その後は書く気も起きないお決まりの壷売りパターンだ。)
昔、我が子を侵略強盗皇軍に売り飛ばして恩給を受け取る
「靖国の母」と呼ばれた鬼のような親が流行したことがある。
今は拉致や愛国をエサにおびき寄せられた「少し足りない純粋ウヨくん」が
あっという間に壷売り・英霊グッズ売りの売人に加工されて一丁上がりだ。
靖国というのは国民資産(税金)を吸い上げる兵器利権・恩給利権の
巨大な収奪装置なのだ。口を空けてぼーっと日の丸を振っていたら
金歯の軍需利権屋エロジジイに素っ裸にされた特攻隊の少年達のように
今度は、カルトに拉致されて明日は壷売り合同結婚式である。
靖国・青風会の若者たちの悲惨な末路がその何よりの証拠だ。
http://www.asyura.com/2002/bd18/msg/892.html


350 :名無的発言者:03/09/22 22:00
>>326
だから、その実験とやらは袋に人を入れているのか?
だったら、ちょっとソンケー(w

351 :名無的発言者:03/09/22 22:07
『わが南京プラトーン』には、東の元戦友で上官の橋本光治が、1人の中国人
を引っ張ってきて、郵便袋に入れ、これにガソリンをかけ火をつけ、
そのうえ「地獄の悲鳴をあげ、火玉のようにころげ」まわるのを、さらに、
手榴弾を二発紐で袋に結びつけて沼の中に放りこんだという記述がある。
そして、手榴弾が水中で炸裂、「水がごぼっと盛り上がって静まり、遊びが
終わった」と、そう記述はつづく。

高裁段階では――最高裁段階でも――、東および弁護人、ならびに関係者が、
わざわざ南京の現地まで出向いて、実際に郵便袋に人形をいれ、手榴弾を
結びつけて池に放りこむなどの実験をしてみたり、現地検証の文書を持出
したりしたのであったが、それらは一顧だにされなかった。

http://member.nifty.ne.jp/jsts/tuda.html

今度は イ爾已経死了と毛沢山を郵便袋に入れて実験してやる.


352 :名無的発言者:03/09/22 23:02
>>351
> したりしたのであったが、それらは一顧だにされなかった。
人形じゃダメだよ
必死に暴れる人間を入れて実験しないと。
支那人はそーゆーの得意だろ(w


353 :名無的発言者:03/09/22 23:42
1 名前:知ってた?[] 投稿日:03/09/22 22:44 ID:uOWbmGBA
右翼の多くは在日です

証拠
街宣車に「韓日友好」
http://www.mkimpo.com/image/yasukunix/2003/P8150003s.jpg

右翼団体の多くは在日がやってる!  
http://news4.2ch.net/test/read.cgi/news/1064238241/

354 :麻生の妹の嫁先 :03/09/23 00:11
三笠宮は、「今も良心の呵責(かしゃく)にたえないのは、
戦争の罪悪性を十分認識していなかったことです」とものべています(十四ページ)。
http://www.asyura.com/2002/bd18/msg/894.html
http://www.linkclub.or.jp/~teppei-y/tawara%20HP/2002.4.10/1.html
http://www2s.biglobe.ne.jp/~mmr/glocal/2001/589/kyokasyo.htm
昭和天皇の末弟・三笠宮崇仁(たかひと)著『古代オリエント史と私』(学生社、八四年六月刊)所収の
「一 なぜ私は歴史に関心をもったか」。
 その中で三笠宮は「皇族の身位令」による義務で「軍人への道を進むことになり」、
四三年一月、「支那派遣軍総参謀に補せられ、南京の総司令部に赴任したときに、
日本軍の残虐行為を知らされました」「ごくわずかしか例があげられませんが、
それはまことに氷山の一角にすぎないものとお考え下さい」と前置きして、次のように書いています。
 「ある青年将校――私の陸士時代の同期生だったからショックも強かったのです――から、
兵隊の胆力を養成するには生きた捕虜を銃剣で突きささせるにかぎる、と聞きました。
また、多数の中国人捕虜を貨車やトラックに積んで満州の広野に連行し、
毒ガスの生体実験をしている映画も見せられました。その実験に参加したある高級軍医は、
かつて満州を調査するために国際連盟から派遣されたリットン卿(きょう)の一行に、
コレラ菌を付けた果物を出したが成功しなかった、と語っていました。
 『聖戦』のかげに、じつはこんなことがあったのでした。」(十六?十七ページ)
 いずれも驚くべき事実です。日本軍の残虐行為は「南京事件」だけではなかったのです。
これが日本軍の中国侵略の実態だったのです。
 三笠宮は、「今も良心の呵責(かしゃく)にたえないのは、
戦争の罪悪性を十分認識していなかったことです」とものべています(十四ページ)。


355 :名無的発言者:03/09/23 02:00
>>351
袋に入れて池(川、沼?)に放り込む、ってのは
台灣に敗走した国民党軍が現地人に対し行った虐殺方法。
火をつけた、手榴弾もくくりつけた、ってのはいかにも「尾鰭がついた」感じ。

356 :名無的発言者:03/09/23 05:53
人間の考えることは みんな同じようなものだ というだけだ.

357 :イ爾已経死了:03/09/23 06:56
>>356
>人間の考えることは みんな同じようなものだ というだけだ
これ、散々論破されているだろう。
文化、習慣、民族、倫理観その他様々なものの多様性があることが、上記に対する反証。

358 :名無的発言者:03/09/23 07:32
同じ事何度も言わせるな:

ユングの集合的無意識

「無意識のある程度まで表面的な層は疑いなく個人的である。われわれは
それを個人的無意識と名づける。しかしこれはさらに深い層に根ざしており、この層はもはや個人的に経験され獲得されたものではなく、生得的なものである。このより深い層がいわゆる集合的無意識である。」
(「集合的無意識のいくつかの原型について」;『原型論』林道義訳より)
しかもその無意識は、(人格化しうる)いくつかの部分に分かれている。

「ユングは、精神病者にも正常人にも共通な、また時代や文化を異にする
人々にも共通な、神話創造を行う心の層があると結論したのである。
この心の層を彼は普遍的無意識と名づけた。」(ストー『ユング』河合隼雄訳より)
夢が無意識の創造物であることは、フロイトと同じだが、ユングの場合、無意識の
集合的な層を問題にするから、多くの人が見る典型的な夢のパターンや民族の神話
の解釈が問題になる。
ユングは彼の分裂病の患者が見た「太陽のペニス」という妄想に注目する。
それは、ミトラ教の古い神話と全く同じものだったのである。

http://www.ne.jp/asahi/village/good/jung.htm

中国人と日本人の違いは食べ物や衣服の種類など 表面的な部分だけだ.

キリスト教の天国 と 神道のあの世,仏教の極楽・地獄,共産主義の未来の
共産社会 も 集合的無意識としては 同一の概念で 表現の仕方が異なるだけだ.


359 :イ爾已経死了:03/09/23 08:00
>>358
だからね、ユングのそれとあなたの主張は全く別物なの、わかる?

まず、ユングは根元的なものが同じと言っているだけで、
後天的要素での考え方、行動の違いについては全くふれていない。
と言うより、考え方行動が違っていても根本は同じというのがユングの説だ。

>人間の考えることは みんな同じようなものだ というだけだ
これと、ユングでは全く違うのがわからないかな?

つまり、君の出したユングの説は君自身の論を否定するものですよ。

360 :名無的発言者:03/09/23 08:03
東洋と西洋の死刑の仕方をみれば ほとんどパラレルなのがわかるだろ.
日本と中国ならさらに近いのは当然だ.

361 :イ爾已経死了:03/09/23 08:12
死刑に限定すればね。
人間を死に至らしめる方法が限られてくる以上、似るのは当然。

逆に、死刑以外の刑罰方法は全然違うようですが何か?

362 :名無的発言者:03/09/23 09:13
人間を料理の料の様に細切れにして殺したりするのは 中国風だが,袋に入れて
水に投げ込む殺し方は日本でもあった.

363 :はげしく横スレ:03/09/23 09:23
>>358
>>359
ユングの解釈についてもめてるのか?

>まず、ユングは根元的なものが同じと言っているだけで、
>後天的要素での考え方、行動の違いについては全くふれていない。
>と言うより、考え方行動が違っていても根本は同じというのがユングの説だ。
ユングの説自体が反証不可能だからぁ。>>358はユングによるべきでは無いよ。
(他のも社会科学的な根拠からよっても良いと思うよ。)
ユングはオカルトさ。フロイトも何かって言うと性欲がどうとかってね。
この両巨頭は開祖として尊敬されているけれど、
今じゃ、ほとんど使われないよ。
心理学は認知科学を取り入れて似非科学から科学への道を歩き出してるからな。

364 :名無的発言者:03/09/23 09:39
心理療法家はユング派とフロイト派がほとんどで,それ以外の派の心理学者には治療は出来ない.

365 :名無的発言者:03/09/23 09:41
最近知られるようになった 臨死体験はユングの集合的無意識が実在する事を立証した.


366 :名無的発言者:03/09/23 09:43
>臨死体験はユングの集合的無意識が実在する事
自体が疑われてるぞ、「科学」ではね。君の「似非科学」では信じられているかもしれないが。

367 :名無的発言者:03/09/23 09:45
>>364 治療が出来る事の有無なんて聞いてもいない。

368 :名無的発言者:03/09/23 10:57
治療するには 患者の夢やイメージの分析が必要で 実験心理学では不可能だ.

369 :名無的発言者:03/09/23 11:09
本当に治療できてるかが疑問だがな。

それと治療云々じゃなく
おまいさんのユング引用が適当でないと言ってるだけなんだがな、
なぜそうも見当はずれな過剰反応をするんだ?
落ち着きな、もう一度読み返してみんさい。

370 :イ爾已経死了:03/09/23 12:46
>>362
>袋に入れて水に投げ込む殺し方は日本でもあった.
できれば、事例を挙げてくれませんか。

簀巻きにして川(または海)に放り込むってのはよく聞くが、
袋に詰め込むってのは、聞かないんでね。

371 :名無的発言者:03/09/23 14:09
>袋に入れて水に投げ込む殺し方は日本でもあった.
刑罰にはあるな。

372 :名無的発言者:03/09/23 14:20
溺殺刑というはヨーロッパだね:

膝裏に棒を通し、その下をくぐらせた両腕を足に縛り付け、橋の上から川に突き
落とすのです。そして執行吏が長い竿でつついて水に沈めるのだとか。

またその変種で、袋詰め溺殺刑というのもありました。

その名の通り、罪人を袋に入れて川に投げ込むというものです

http://www.ops.dti.ne.jp/~recht/dp.html

373 :名無的発言者:03/09/23 15:19
日本にはありません
あると言い張る怪人は、史実を示してね

374 :名無的発言者:03/09/23 16:24
当時の日本には袋がないから簀巻きにしただけだ.
どちらでも同じようなものだ.

375 :名無的発言者:03/09/23 18:53
日本人みんな悪いアルヨ!!

靖国神社壊すアルヨ!!



376 :名無的発言者:03/09/23 19:03
>>47-56は徹底放置ですよね、イ爾已経死了先生?

377 :毛 沢山:03/09/23 20:48
>>351 郵便袋に入れて.....
確かに日本軍の郵便袋は人間がすっぽり入る位大きなものだが
はたして皇軍の兵が御国の官物である郵便袋を支那人を殺す
事に使用しただろうか?勿論そんな使用の仕方をしたら
二度と使用できないし故郷を繋ぐ大切な郵便袋を粗末に出来た
だろうか?考えれば判りそうな事だと思うがどうかな
燃え盛る郵便袋に手榴弾を二個付けてピンを抜いて
沼に放り込むのも至難の業だったろう、池ならまだしも
沼であればどっぷり漬かるには岸から距離もあろうに
支那は検証無しに裁く国だから嘘も単純になるわな
それに我輩は大きいので郵便袋には入れない、あしからず
その代わりに君を郵便ポストに入れて支那に帰して進ぜよう

378 :名無的発言者:03/09/23 20:59
証言も検証もすべて日本人がやっている.
郵便袋は古くなって破れかけたものを使ったのだろう.
毛沢山の足だけ外に出してもう一度実験してやる:

私たち弁護団は、繰り返し本件記述の再現実験をしてきた。その結果、本件記述の
行動は危険でないことが明らかになった。@袋にガソリンをかけて燃やしても袋は
破れず、沼に放り込める A燃えた袋の紐に手榴弾を結びつける行為も火傷の危険
を犯さずにできる B手榴弾点火と同時に袋を沼に放り込めるし、四、五秒もあれば
安全な所まで移動可能である。また、放り込み地点と沼に段差があることや水中で
爆発した手榴弾の破片は地上まで飛はないことを考えればなおさら危険はないこと
が明白である。
 このように、本件記述は、客観的事実と一致していることや実験結果から、
その真実性は明白である。

http://www.mmjp.or.jp/nankin1937/azuma3.html


379 :名無的発言者:03/09/23 21:07
袋でも簀巻でも、刑罰には無い
嘘ついちゃいかんよ

380 :名無的発言者:03/09/23 21:24
いちばん残酷になったのはキリスト教を禁止し、それを取り締まった時でした。
平松義郎先生の『江戸の罪と罰』(平凡社刊)によりますと、「磔(はりつけ)・
逆さ磔・串刺・鋸挽(のこぎりびき)・簀巻(すまき)・火焙(ひあぶり)・
釜煎(かまいり)・牛裂(うしざき)・車裂(くるまざき)」などが文献に見られ、
「キリスト教徒迫害の方法として西洋の影響を受けたもの」と記されています。
いまも世界の各地で宗教紛争が起きており、そのやり方の残虐さには誰もが目を
覆いたくなりますが、昔も今も変わらないのです。なぜ、こうなるのか、その最大
の理由は自らの教義を絶対化し、他を邪教・邪宗、排斥すべきものとするからです。

http://www.asahi.co.jp/call/diary/yamaken/jigoku_15.html

381 :名無的発言者:03/09/23 21:26
刑は国法通り、簀巻にされ海に沈められむ、と。弥太七は、魚盗人の件は落着、
と言うが、庄屋等は、深手の平次とともに巴之介・民部も連れ、代官所まで行く。
代官は、刑罰通り深手の平次を簀巻にしようとすると、弥太七は、皆の素性を
すべて明かし、後室の悪心を翻す手だてあり、何卒温情の沙汰を、と言えば、
代官も感心し、平次の首を弥太七に打たせ、亡骸は海へ、首は弥太七に預ける。
国法は立ち、巴之介ら一行は本国大和へ帰る。

http://www.kanazawa-bidai.ac.jp/personal/hangyo/work/ako.htm

382 :名無的発言者:03/09/23 21:30
キリスト教はカルトだからね。
徹底的に取り締まらないと。


383 :名無的発言者:03/09/23 21:38
 典拠を示したのは感心だが採用できない
 平松氏はひとかどの学者だが、ここは誤りであらう

1.磔・鋸挽・火焙・釜煎は例外的には確認できるが、牛裂以下は史実ではない
  貴君、そして平松氏の文章にも一切根拠が示されていない
  なほ380後半は無関係な遥かに時空を越えた事例である

2.381は物語本に過ぎない 物語は事実ではない しかも描かれた時代の遥
 かな後年に書かれたもので信憑性が無い

 子供ではあるまいし、誰々さんが言ってるもん、じゃ済まないよ

384 :名無的発言者:03/09/23 21:44
小栗判官

小栗はこれをご覧になって、恩は恩、仇は仇で報いるべし。十駄の黄金で、
黄金御堂と寺を建て、鬼鹿毛の姿を真の漆で固めて、鬼鹿毛を馬頭観音として
お祀りになる。牛は大日如来の化身としてお祀りする。こうなったのも、そもそも
三男のしわざであるといって、三郎には七筋の縄をつけ、小栗殿にお引かせになる。
 
こうなったのも、そもそも三男の三郎のしわざであるといって、三郎を荒簀
(あらす)に巻いて、西の海にお沈めになされた。舌先三寸の操りで五尺の命を
失うことを悟らなかった、はかなさよ。

http://okukumano.at.infoseek.co.jp/kumano/oguri7.html


385 :名無的発言者:03/09/23 21:48
溺死刑
 全身を水に漬けることで溺死させるという処刑方は、世界中で見られる。手足を
縛って川に放り込むというのが基本で、後に袋に詰める(この場合、一緒に犬など
を袋に詰めることが多い)、箱の中に閉じ込めて川に流すなどのバリエーションが
生まれた。

日本の遊郭で行われていた私刑の『簾巻き』もこの処刑法の一種である。

 この場合、水に沈める(あるいは流す)ことで罪を清めるという宗教儀式的な
側面を持っており、当初は一定の距離を流れれば例え他人に引き上げられたり岸に
打ち上げられたりして息を吹き返したとしても、罪は償われたとみなされて無罪
になった。しかし、時代が下るに連れてそのような特例はなくなり、確実な死刑に
変化していくことになる。そのため、中世以降では罪人が浮かび上がれないように
鎖を身体に巻いたり重りを付けて沈めたりするようになり、更に運良く岸などに
打ち上げられてもすぐにまた川の中に沈められるようになった。

http://homepage1.nifty.com/~Kaduki/GOUMON/mizuseme.html

386 :名無的発言者:03/09/23 22:10
 小栗判官も物語である 物語は創作であり、基本的に虚構で、根拠にはならない
 遊郭には刑罰件が無いし、まして死刑執行権は無い
 そもそも私刑は刑罰ではない

387 :毛 沢山:03/09/23 22:52
>>378
支那人は袋の中でギャーギャー苦しんだんだろ
って事はおおよそ袋に一部が燃えて欠落し内部の
酸素が燃焼を始めたんだからね〜そんな熱いもの
に手榴弾をくくり付けるのは困難だ、万が一付けたとしても
ピンを抜いてから人間が入った燃え盛る袋を沼の中まで
入って放り投げるのは不可能だ、良く考えろよ
沼だろ、ぬ、ま、池じゃないんだぞ、当時の沼だぞ、ぬ、ま、
沼の意が判らんのか?ぬ、ま、だぞ!大体そんな信憑性
の全くないソースを信じる貴様は目出度いな
君を緑のポストで強制送還!

388 :名無的発言者:03/09/23 22:54
ま、何時もの捏造だろうな

389 :名無的発言者:03/09/23 22:56
>>378
> 証言も検証もすべて日本人がやっている.
なんだ?
支那人の証言や検証は嘘ばかり、と言っているのか?
確かにそうなんだけど、オマイがそれを言ったら終わりだろ(w

390 :名無的発言者:03/09/23 22:58
>>378
ニーハオ 墓穴を掘ってるぞ。

391 :イ爾已経死了:03/09/24 10:16
>>374
>>362
>袋に入れて水に投げ込む殺し方は日本でもあった.
と断言している以上、類似の行為を提示してもダメ。
あくまでも、袋詰め溺死刑の提示を願いします。

>>376
まず、訂正。私は先生と呼ばれるほどのモンじゃございません。
高卒歴しかない人間です。
で、ご指摘のレスは放置で構わないと思います。
単なるコピペ厨のようですから。コピペ厨でなければ、とっくに書き込みをしているでしょう。

>>378
散々指摘されているが、その実験、
郵便袋に(暴れ回る)人間が入っていたという状況を再現できていないので、
全く意味がありません。

392 :名無的発言者:03/09/24 12:07
<類似の行為を提示してもダメ。>

水に沈める(あるいは流す)というのは 本来 罪を清めるという宗教儀式的な意味がある.

これは 前に言ったユングの集合的無意識

「無意識のある程度まで表面的な層は疑いなく個人的である。われわれは
それを個人的無意識と名づける。しかしこれはさらに深い層に根ざしており、
この層はもはや個人的に経験され獲得されたものではなく、生得的なものである。
このより深い層がいわゆる集合的無意識である。」 の例だ.

溺死刑
 全身を水に漬けることで溺死させるという処刑方は、世界中で見られる。手足を
縛って川に放り込むというのが基本で、後に袋に詰める(この場合、一緒に犬など
を袋に詰めることが多い)、箱の中に閉じ込めて川に流すなどのバリエーションが
生まれた。

日本で行われていた私刑の『簾巻き』もこの処刑法の一種である。

というのは 民族による 表現の仕方の違いにしか過ぎない.
袋でも簀巻きでも 深層心理の上では同じ事だ.




393 :名無的発言者:03/09/24 12:10
上の実験は東史郎が当時 実際に目撃したものを再現しただけだ.
記憶に間違いの無い事が確認できただけで十分だ.

394 :名無的発言者:03/09/24 12:41
>>393
キチガイの記憶を確認してどーするよ(w


↓「激しくハァ?」のAA貼ってくれ

395 :名無的発言者:03/09/24 13:51
類似もへったくれも、我が国に溺殺刑は一切無い。

396 :名無的発言者:03/09/24 14:07
東史郎が当時 実際に目撃したのは ただの 私刑だ.

397 :名無的発言者:03/09/24 14:09
通常、六十何年前の証言なんて証拠採用されません
却下!

398 :名無的発言者:03/09/24 14:16
東史郎は告訴された側だ. 中国人を私刑にした加害者が右翼に唆されて 東史郎を告訴した.

399 :名無的発言者:03/09/24 16:26
嘘を吐いて告訴され、で嘘を重ねた実験をすると(w
くだらん。

400 :イ爾已経死了:03/09/24 16:35
>>392
>袋でも簀巻きでも 深層心理の上では同じ事だ.
ダメです。
実際に違う行為である以上、深層心理云々は関係ありません。
>>362
>袋に入れて水に投げ込む殺し方は日本でもあった.
と断言した以上、責任を持って事例を提示してください。

>>394
>上の実験は東史郎が当時 実際に目撃したものを再現しただけだ.
再現できていません。
人が袋の中にいて転げ回っていると言う証言部分が全く再現できていません。
よって、この実験は意味がありません。

401 :名無的発言者:03/09/24 17:31
君は

袋に入れて池(川、沼?)に放り込む、ってのは
台灣に敗走した国民党軍が現地人に対し行った虐殺方法。

という言いがかりをつけたのではないか?
ユングの集合的無意識というのは そういう虐殺方法が世界中共通にある理由だ.






402 :イ爾已経死了:03/09/24 17:44
>>401
これのことか?

>355 名前:名無的発言者 投稿日:03/09/23 02:00
>>351
>袋に入れて池(川、沼?)に放り込む、ってのは
>台灣に敗走した国民党軍が現地人に対し行った虐殺方法。
>火をつけた、手榴弾もくくりつけた、ってのはいかにも「尾鰭がついた」感じ。

念のため言っておくが、これは私の発言じゃないよ。
台湾での国民党の蛮行の方はよく知らないしね。

忠告しておくけど、支那人や鮮人の言葉まともに信じちゃダメだよ。
アレをすべて信じると、日本軍は超人軍団かサイボーグ兵団になっちゃうから。

403 :名無的発言者:03/09/24 18:38
>>401
> ユングの集合的無意識というのは そういう虐殺方法が世界中共通にある理由だ.
なんで世界共通なんだ?
どっちも支那人じゃんか。


404 :毛 沢山:03/09/25 15:47
いずれにせよ燃え盛り転げまわる袋に手榴弾を二個
付けるという時点で嘘八百だな

405 :名無的発言者:03/09/25 16:06
南京大虐殺はなかったと主張する学者は存在しますか? もし存在するなら
名前を挙げてください。

406 :イ爾已経死了:03/09/25 17:06
>>405
また、出てきたな、粘着壊れたレコーダー君。
以前、君の定義づけた南京事件を否定する学者はいくらでもいることは示したはずだが覚えていませんか?

とりあえず、南京事件は以下の事件の総称なので、君の質問自体が不適切だ。
質問自体、再考してきなさい。

1、日本軍兵士による住民殺人事件
2、中国軍兵士による住民殺人事件
3、日本軍兵士による婦女暴行事件
4、中国軍兵士による婦女暴行事件
5、日本軍兵士による略奪強盗事件
6、中国軍兵士による略奪強盗事件
7、日本軍による捕虜殺害事件
8、中国軍による略奪殺人放火事件(清野作戦)
9、南京攻防戦による住民被害及び戦死
10、便衣兵狩り時に発生した誤認逮捕及び処刑事件
11、上記以外の事故死、病死、犯罪事件の被害
12、その他

さらに、上記の他に下記HPのような南京事件も存在しているので、
5W1Hは正確に記述するように。
http://www.bk.dfma.or.jp/~senshi/01-08.htm

407 :名無的発言者:03/09/25 17:41
南京大虐殺はなかったと主張する学者は存在しますか? もし存在するなら
名前を挙げてください。


408 :名無的発言者:03/09/25 18:23
>>406
http://www.bk.dfma.or.jp/~senshi/01-08.htmっは見た。
イ爾己経死了!!!!オマエ!
何二を言ってんだ。
日本が中国を侵略しはじめたのは確かに1874年。
中国人民は耐えに耐えてずっと復讐のチャンスをうかがったんだよ。
消滅出来そうな状況だったら消滅してやるって信条はあれから今まで続いて来たんだ。
日本が先に国際条約を破ったんだから、中国も守る必要はない。
領事館、日本商店だけじゃなく、無差別に在中国日本人を殺せば良かったのだ。
1937年12月13日から3週間の南京大虐殺は日本が中国に対しての復讐なのか?
規模の差が多きすぎよ。
南京大虐殺に対して中国はこれからの日本掃討戦でどれぐらいの日本老少男女を殺せば
いいのだろうか?
オマエの理論で行けば東京を太平洋の一部にしても中国人の気持ちが収まらないんだろう。





409 :毛 沢山:03/09/25 18:39
南京大虐殺はなかったと主張する芸者なら知ってます

410 :名無的発言者:03/09/25 18:42
南京大虐殺はあったと主張する芸者も泥棒もいます

411 :名無的発言者:03/09/25 18:51
南京大虐殺はなかったと主張する学者は存在しますか? もし存在するなら
名前を挙げてください。



412 :毛 沢山:03/09/25 19:07
南京大虐殺はなかったと主張する忍者なら知ってます

413 :毛 沢山:03/09/25 19:07
南京大虐殺はあったと主張する犯罪者は大勢います

414 :名無的発言者:03/09/25 19:17
南京大虐殺は誰かが主張するもんじゃない!
事実だ!事実だ!
中国の将来性を嫉妬して、今更遅いんだよ。
毛沢山!もうたくさん!切腹せ!

415 :名無的発言者:03/09/25 19:19
言い負かされたので喚きだしました

416 :名無的発言者:03/09/25 19:23
歴史学者の意見では、中国・日本とも、ほぼ共通の認識で一致している。

@:南京陥落の日に、南京城内一般市民49名の死亡。
これは、国際連盟の調査に基づき、中国が1943年に、
日本に謝罪要求した内容。

A:南京陥落から3ヶ月間で、周辺地域全体の戦死者は、
1万5千人〜3万人程度。

当然、上記でわかるように、
南京戦争であって、虐殺は存在しなかった。
これが、プロパガンダを排除した、本当の事実。

417 :名無的発言者:03/09/25 19:25
歴史学者というのは 板倉と東中野のことだろう.

狂った奴らだ.

418 :名無的発言者:03/09/25 19:27
南京大虐殺はなかったと主張する学者は存在しますか? もし存在するなら
名前を挙げてください。


419 :名無的発言者:03/09/25 19:30
これを説明してみろ:

日本の南京特務機関は新興宗教団体「道院」の社会事業実行団体である紅卍
(まんじ)字会をこっそり指導し、遺体の埋葬を進めたようでした。
  その報告書『華中宣撫工作資料』(1938.2)には「紅卍字会屍体埋葬隊(隊
員約600名)は一月上旬来、特務機関の指導下に城内外に渉(わた)り連日
屍体の埋葬に当り二月末現在に於て約五千に達する屍体を埋葬し著大の成績を
挙げつつあり」とあり、意外にも日本軍の特務機関が関与していました(注1)。

  これからわかるように、虐殺後2,3か月たって急ピッチで遺体の埋葬が
行われたようでした。しかしながら虐殺は大規模であったために、遺体は3月
の段階でもかなり放置されていたようでした。
  先の特務機関の3月分資料にはこう書かれました(注1)。

 「尚、各城外地区に散在せる屍体も尠(すくな)からず、然(しか)して積
極的作業に取りかかりたる結果、著大の成績を挙げ3月15日現在を以て既に
城内より 1,793, 城外より29,998 計 31,791体を城外下関地区並(ならび)上
新河地区方面の指定地に収容せり」


420 :名無的発言者:03/09/25 19:32
うえに紹介した紅卍字会の活動以外にも、惨状を見るに見かね、さまざま
な団体が遺体の埋葬に当たったようでした。最近、こうした研究も進んでいる
ようで、その成果の一端は南京事件60周年にあたる97年、東京で開かれた
シンポジウムの席上、中国江蘇省社会科学院の孫宅巍氏により発表されました。
  報告によると、遺体の埋葬は下記のようになされました。ただし、この中
には戦死した兵士も含まれるし、遺体収容・処理の重複もあると、孫氏はこと
わっています(注3)。

 国際委員会     30,000体
 紅卍字会      43,123体
 崇善堂      112,267体
 赤十字社      22,683体
 同善堂        7,000体
 湖南の材木商    28,730体
 城南市民       7,000体
 南京市第1区役場   1,233体
 南京市下関区役場   3,240体
 南京市衛生局     3,000体
 安達少佐     100,000体 長江に投棄や江北にて焼却・埋める
 南京侵攻部隊    50,000体

  合計      408,276体 (ただし、重複あり)


421 :名無的発言者:03/09/25 20:16
戦闘があったんだから、死体が有るのは当たり前
何が説明だ、馬鹿たれ
それにしても見方の死体遺棄して逃げた支那兵、恥を知れ

422 :名無的発言者:03/09/25 20:21
南京大虐殺はなかったと主張する学者は存在しますか? もし存在するなら
名前を挙げてください。

423 :名無的発言者:03/09/25 20:26
じゃあ,これ説明しろ:

村瀬守保氏の写真と記録
目黒輜重連隊兵站自動車第17中隊で非公式の写真班を務めていた村瀬守保氏は、
補給部隊として進行する南京攻略戦の後を辿りながら、貴重な戦場の記録写真を
多数撮影し、自ら現像した写真を持ちかえっている。その中には、揚子江岸下関
における大虐殺を証明する、殺され、焼かれた死体が累々と堆積する現場を撮影
した決定的な証拠写真4枚も含まれている。以下、『村瀬守保写真集 私の従軍
中国戦線』(日本機関紙出版センター 1987年)からその一部を引用する

ある日、荷物受領に揚子江岸の、下関埠頭へ行きました。すると、広い河岸が一杯に死体でうまっているのです。 岸辺の泥に埋まって、幅十メートル位はあろうか、と思われる死体の山でした。
 揚子江岸で大虐殺が行われた、というその現場でしょうか、軍服を着た者はほとんどなく、大部分が平服の、民間人で、婦人や子供も交じっているようでした。
 死体に油をかけて、焼こうとしたため、黒焦げになった死体も、数多くありました。 死臭で息もつけない中を、工兵部隊が、死体を沖に運んで流す作業をやっていましたが、こんなやり方では、一〜二ヵ月はかかりそうでした。

(写真キャプション)虐殺されたのち薪を積んで、油をかけられて焼かれた死体。ほとんどが平服の民間人でした。
(写真キャプション)揚子江岸には、おびただしい死体が埋められていました。虐殺した後、河岸へ運んだのでしょうか、それとも河岸へ連行してから虐殺したのでしょうか。

(写真キャプション)工兵隊が死体に鈎を引っ掛けて、沖へ流す作業をしていました。一回に数体ぐらいですから、こんなやり方では二ヵ月以上もかかりそうでした。

http://village.infoweb.ne.jp/~fwjh7128/genron/data/nangjin/murase.htm


424 :名無的発言者:03/09/25 20:41
真の馬鹿だな
目黒輜重連隊なんて無い


425 :イ爾已経死了:03/09/25 21:15
>>408
もうちょっと、日本語を勉強してね。

>>419
説明する必要もないだろう。
それらの遺体埋葬に関わった団体の規模、動員数や当時の天候等から割り出せる遺体の処理能力を
遙かに超える遺体が埋葬されていることになっている。
考えるまでもなく、遺体の埋葬数が大きく割り増しされているとしか考えられない。

>>ALL
粘着の壊れたレコーダーがごときコピペ厨はスルーでお願いします。

426 :名無的発言者:03/09/25 21:26
<目黒輜重連隊なんて無い>

お前は嘘つきだ.

師団規模では常時、戦車団、山砲連隊、輜重連隊を編成の中に組み込んでいます。

日本軍の歩兵師団は歩兵3〜4個連隊、山砲又は野砲連隊、捜索、工兵、輜重の
各連隊を一つ持っています。

山砲兵第19連隊
目黒福治 伍長(第3大隊) 陣中日記  12月13〜18日

http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/butaibetu/yamada/hohei19.html#HMeguro


427 :名無的発言者:03/09/25 23:22
>>420
埋葬遺体数って、日本が1体いくらで金を払っていたから
どの団体も水増し申告してたんでしょ。
かの国からはずっとタカられっぱなしの関係だったわけですな。

428 :名無的発言者:03/09/25 23:27
この資料既出でしょうか?
この本『中日関係と世界の前途』は、何応欽が今まで行ってきた講演や、対談、文章などを集めた
ものです。付録として、何応欽の来日を歓迎する岡村寧次や幣原喜重郎の挨拶も収録されています。
出版は台湾ですが、なぜか日本語で書かれています。
初版は1974年 再版は1977年です。 

1972年の講演『早く日本を救え! 日、中(共)の「建交」と日本の前途』から引用します。
------------------------
中華民國は八年間の抗戰中に、日本軍閥によって歴史に類例を見ないほどの殺戮(さつりく)
と迫害を受けた。いまその一、二の例を擧げてみるが、この一事をもつてしても日本軍閥の暴虐が
いかに言語に絶するかを知ることができる。
(一)南京陷落後の大屠殺で、殺害された市民が十萬人以上にも達した。日本軍は麻縄で數百名の
武装のない兵士や市民を一しよにしばつて機關銃で一齋掃射したり、あるいはガソリンをかけて彼
らを焼き殺した。日本の將校が兵士を引率して、いたるところで放火、掠奪(りやくだつ)、強姦
をほしいまゝにし、強姦された婦女子の數は數え切れず、しかも強姦された婦女子の多くは殺され
た。甚だしいのになると軍刀で乳房を切り取った後、裸のまゝで地上に轉がして、その痛み苦し
み、もがいている哀れな姿を見て日本軍の人達は喜んでいた。また、ある日ある婦人は三十七回も
強姦された。この世界を驚かせた大暴行は、今日これを思うだけで、實に胸がはり裂け、血がほと
ばしり出るほどの悲憤の念を禁じ得ないものがある。
------------------------
何應欽 中日文化経済協會・編/『中日関係と世界の前途』/民國63年 初版 民國66年 再版/正中書局 p44

念の為に書いておきますと、この本、なかなかの反共本です。
冒頭から、「國際共産黨の狂妄なる氣焔高揚により人類社會はまさに危機震撼の時代におちいり・・」とありますので。


429 :名無的発言者:03/09/25 23:45
>>428
そこに書かれているような残虐行為は蒋介石率いる国民党軍が得意としていた
ことであって、台灣に逃げ込んだ後も現地人に対して同様の残虐行為が横行した。

430 :名無的発言者:03/09/25 23:59
>>420
高慢次回は日本軍に感謝状送ってんだろ。

つまり、真犯人はシナの残党兵か国民党だってこと。




431 :イ爾已経死了:03/09/26 05:15
「日本陸軍便覧 米陸軍省テクニカル・マニュアル」って本持ってる方、
目黒輜重連隊について記載されているかどうか、確認お願いします。

>>426
階級見ろ、階級。
日本陸軍は伍長で連隊長になれるのか、よく考えろ。

432 :名無的発言者:03/09/26 08:23
>>431
もちつけ
日記は連隊長しか書けない、ってこたぁないだろ。

433 :イ爾已経死了:03/09/26 10:14
>>432
おちけつ

>>426は目黒輜重連隊が存在することの証明として書いたつもりのものだろう。
山田支隊の支隊長が山田栴二少将であるから、
目黒輜重連隊の連隊長も目黒姓であることは容易に想像つく。
で、短絡的に目黒姓の証言者を捜してコピペしたと思われるのが>>426だ。

その間違いを指摘する上で書いたのが>>431だ。

目黒伍長の日記が目黒輜重連隊の存在を証明するわけないだろ?

434 :名無的発言者:03/09/26 11:21
>>419
> (まんじ)字会をこっそり指導し、遺体の埋葬を進めたようでした。
「こっそり」とか「ようでした」とか、そんなモンをどうやって説明しろと(w


435 :甲種幹部候補生:03/09/26 13:15
 飛入ですが、目黒輜重連隊なんて無いでせう

>師団規模では常時、戦車団、山砲連隊、輜重連隊を編成の中に組込んでいます。

 違ひます 戦車團は戦車師團のやうな特殊な師團でもない限り、持ってゐません
 普通は軍直轄です

 山砲聯隊を持ってゐる師團を特に山砲師團と呼びことが有りますが、それが常態
な訳では勿論なく、野砲師團より格下です
 輜重連隊 → 輜重兵聯隊
 あなた方の書込は何時もいい加減で間違ひだらけです

436 :名無的発言者:03/09/26 13:43
<目黒輜重連隊なんて無いでせう>

そこに所属していた人間がそう言っているんだ.
存在しない事をきちんと証明しろ.

437 :甲種幹部候補生:03/09/26 13:50
 そんな屁理屈は認められません
 小兵もまた日本陸軍の高等武官ですが、無いと断言して居ります
 部隊名には規則性があり、出鱈目に付けてゐる訳ではないのです
 正式呼称は数字で、輜重兵聯隊の番号は通常、師團番号と一致します
 己の部隊名もきちんと出せないやうでは、己の職場名を知らないということで、
到底まともな証言とは認められません
 部隊の存否以前に、部隊名をきちんと申告す可きです 

438 :名無的発言者:03/09/26 13:59
南京大虐殺はなかったと主張する学者は存在しますか? もし存在するなら
名前を挙げてください。


439 :名無的発言者:03/09/26 14:02
<そんな屁理屈は認められません>

あなたの発言には何の証拠も無い. 唯の中傷だ.
裁判だったら証拠無しでそんな発言をしても通用しない.


440 :甲種幹部候補生:03/09/26 14:11
 兵站自動車第17中隊も嘘でせう
 輜重聯隊は間違ひ、輜重兵聯隊は中隊の上がいきなり聯隊ですから、自動車中隊だけで
17も有ることは考へられません
 同一兵種の部隊が3−5集まれば、上級部隊を編成します
 つまり、輜重兵聯隊は自動車第17中隊を持ってゐません

 兵站自動車中隊なんぞといふものも有り得ません
 兵站と自動車は、言葉として繋がりません
 捏造者の転記ミスでせう

 非公式の写真班なるものも有り得ません
 戦前の軍隊や戦場は、さういふ者の存在を許す世界ではありません
 報道班員以外は、撮影など出来るものではありません
 直ちに逮捕されるか、うかうかすれば射殺されます

441 :甲種幹部候補生:03/09/26 14:14
裁判で通用しないのはあなたのほうです
小兵は本人証言ですから証拠採用になりますが、あなたのは伝聞です
伝聞証拠は禁止されてゐます
小兵が誰をどう中傷したのです
あなたこそ祖国日本とその軍を中傷してゐます
真面目に反論しないで、こういふ言いがかりをつけるあなた方の態度こそよろしくありません

442 :名無的発言者:03/09/26 14:29
俺の批判をしてもしょうがない. これを批判しろ:

南京戦を取材した日本の報道カメラマンが軍部の厳格な検閲制度に従順に
したがって、自己規制的に南京事件の場面や現場を撮影しなかったなかで、日
本軍の大虐殺の一端をカメラに収めていた一兵士がいた。
  兵站自動車第17中隊の非公式の写真班を務めていた村瀬守保氏で、彼は
自分の中隊の各将兵の写真を撮り、それを自分で現像、焼付けして各将兵の家
族に送らせていた。
  戦闘部隊ではなく、輸送部隊であったため、戦火の直後をまわって、比較
的自由に撮影でき、かつ軍部の検閲を受けないでネガを保持できる恵まれた立
場にいた。
  『村瀬守保写真集 一兵士が写した戦場の記録−私の従軍中国戦線』(日
本機関紙出版センター、1987年)には、村瀬氏がキャプションをつけた南京で
の集団虐殺現場の生々しい写真が何枚か収録されている。
  これらの写真は、集団虐殺の現場から奇跡的に死を免れて逃げ帰った中国
人の証言にある、射殺・銃殺、再度生存者を点検して刺殺したあと、最後は薪
と石油で焼殺、焼却するという集団大量虐殺の手段が事実であることを証明す
るものである。
  その中に「虐殺されたのち薪を積んで、油をかけられて焼かれた死体。ほ
とんどが平服の民間人でした」というキャプションの写真が三枚ある。

http://www1.jca.apc.org/aml/200002/16432.html


443 :名無的発言者:03/09/26 14:33
おまえは中国で女や子供を虐殺しておいて それを隠そうというのだな.

人非人だ. 地獄へ落ちろ!

444 :イ爾已経死了:03/09/26 14:38
>>442
自分は伝聞を書いているだけで、書いた内容には責任を持たない、ですか?

さすがは本多勝一氏を尊敬しているだけのことはありますね。

445 :名無的発言者:03/09/26 14:51
甲種幹部候補生氏は 自分自身が虐殺をやった張本人で 事実を良く知っているのに
平気で嘘をついて他人を騙している.

俺は自分で一番信頼できると判断した情報をコピペしているだけだ.
たとえ間違ったとしても 罪の重さが全く違う.

446 :名無的発言者:03/09/26 15:07
甲種幹部候補生氏が何も反論しないところをみると やはり中国でこういう事を
やっていたんだ. それは誰にも知られたくないわな:

婦女暴行・強姦の実態

1.妊娠している婦人を全裸にして刀で刃傷、木の間に女の両手両足をゆわえて
子宮に手オ留弾をさして爆発。興味本位で、得意気に。(元軍曹T)

2.死体処理の少年の証言、女性の死体は特にひどい。ある女性は両手両足をひろげて
ベッドに縛られ、局部にサイダーの壜を深く刺されて被殺。

3.多くの少女はベッドに縛りつけられ誰でもがすぐに犯せるようにしている。
少女があまり泣きじゃくったり、性病に罹ったりした
ら、すぐに殺されてしまう。路地や公園には女性の死体でいっぱいだ。
彼女らは死んだ後でも切断されたり、局部に物を差し込まれたりして
辱めを受けている。


447 :名無的発言者:03/09/26 15:08

4.1944年の春頃、鈴木氏が分隊長として、討伐作戦に参加した際のある村の話であった。
彼の分隊が休憩していたある農家に、一人の憲兵が現れ、惨劇が始まった。
村の女性に食事を作ることを強い、お湯を沸かせていた時のことだった。突然、
その憲兵は梅毒にまみれた自らの陰茎をとりだし、食事の準備中の、一人の女性に、
これを舐めろと要求した。ところが毅然と拒絶したその女性に、憲兵は激怒し、
服をちぎって沸騰したお湯を浴びせ、遂に殺害した。

5.「冬には、至るところで暖をとります。兵隊は、赤ん坊をひっ捉まえ、火の中に
投げ込んだものです。」と、古参兵の一人が報告する。別の帝国陸軍の兵隊が語る。

彼の部隊は打ち棄てられた村で女をみつけ、裸にし、「膣に布切れを押し込み、
ガソリンを染み込ませて、火をつけました。皆それを見ていました。隊長もです。
部隊の慰安の一種だったんです。」

448 :甲種幹部候補生:03/09/26 15:52
 軍の編成に付ては、官民双方から膨大な出版資料があり、其を見れば如何なる
輜重兵聯隊にも「兵站自動車第17中隊」が存在しないことは一目瞭然です
 つまり「証拠が無い」という言分自体、嘘です

 通称、俗称として人名を冠することもありますが、この場合は必ず指揮官の苗
字です 一兵卒の名を冠することは絶対にありません
 また、人名の後には必ず唯「部隊」とのみ付けます 「目黒部隊」といふ風に
 この意味からも「目黒輜重聯隊」はありえません

 「目黒輜重聯隊」は、幾重にも有り得ない呼称なのです


449 :甲種幹部候補生:03/09/26 16:01
 作戦間、戦野は無人です
 逃げ散ってゐますから
 誰がわざわざ豫定戦場に留まるでせう

 このやうに、あなた方の話は一々嘘なんですよ
 それも、事情を全く知らない人が作った嘘ですね
 軍隊経験者なら、幾らなんでももう少し本当らしい話を創作するでせう

450 :甲種幹部候補生:03/09/26 16:07
 討伐は歩兵の小部隊がする仕事で、そんな所に元々戦闘を本務としない憲兵が
ゐるのも変ですね

 また、軍隊は自前で炊事します
 そのために飯盒その他を携帯してゐるのです
 戦場で敵性国民に調理させたりしたら、懲罰ものです
 井戸に毒を投ずる奸悪な支那人も居りましたから



451 :甲種幹部候補生:03/09/26 16:10
 あなたが出した出所不明の怪しい話は、支那兵はよくやって居りました
 因って、支那人から出た嘘話だと思ひます

452 :名無的発言者:03/09/26 16:14
まず あなたの年齢と あなたがどの部隊に所属して どこに居たかを明記して下さい.

元日本兵の証言や 従軍日記は多数出版されていて あなたの言う事と全く
違っていますが 何故ですか?


453 :甲種幹部候補生:03/09/26 16:18
 そもそも憲兵とは軍事警察であって、取締側ですから、衆目の前で公然と凶悪犯愛を
働くことは有り得ません
 場所も部隊も兵種も階級も示さず、曖昧模糊たる創作悲劇ですな

454 :名無的発言者:03/09/26 16:29
日本軍は司令官自体が強姦・虐殺・強盗をでやっていたので そういう弁解は通用しないですね.

455 :甲種幹部候補生:03/09/26 16:32
何時何処で誰がでせうな
どうぞ事実を示してください

456 :名無的発言者:03/09/26 16:36
松井岩根は、東京裁判で絞首刑の判決を受けた後、教誨師の花山信勝氏に次のように
語っている。

 「南京事件ではお恥ずかしい限りです。…私は日露戦争の時大尉として従軍
したが、その当時の師団長と今度の師団長などと比べてみると問題にならん程悪い。
日露戦争のときはシナ人に対しては勿論、ロシア人に対しても俘虜の取り扱い、
その他よくいっていた。…武士道とか、人道とかいう点では当時とは全く変って
おった。慰霊祭がすんだ直後、私は皆を集めて総司令官として泣いて怒った
−そこには朝香宮も柳川司令官もいたが−『折角皇威を輝かしたのに、あの兵の
暴行によって一挙にそれを落してしまった』と。ところが、この後で皆が笑った。

はなはだしいのはある師団長の如きは『当たり前ですよ』とさえ言った。
だから私だけでもこういう結果になるということは当時の軍人たちに一人でも
多く深い反省を与えるという意味で大変うれしい。折角、こうなったのだから
このまま往生したいと思っている」

 ここで「ある師団長」というのは、16師団長の中島中将だと言われる。
彼は師団長の前は憲兵司令官であったが、中国から貴重な美術品を大量に
持ち帰ったことで憲兵隊の取り調べを受け、その地位を剥奪された。
松井司令官の嘆きのように昭和の軍幹部の堕落が目立った。

http://www.ne.jp/asahi/tyuukiren/web-site/tominaga_hihan.htm

457 :名無的発言者:03/09/26 16:51
略奪の話

 家具ノ間題モ何ダカケチケチシタコトヲ愚須愚須言イ居リタレバ、国ヲ取リ人命
ヲ取ルノニ家具位ヲ師団ガ持チ帰ル位ガ何カアラン、之ヲ残シテ置キタリトテ何人
カ喜ブモノアラント突パネテ置キタリ

中島今朝吾 1月23日の日記

 昭和13年1月の中国は南京、ここを占領した後、暫くの間治安維持を担当した
日本陸軍の部隊は、中支那方面軍隷下の第16師団でした。これはその師団長
であった中島今朝吾中将の日記です。この日記は、南京事件当時の日本軍側の
当事者が記録したものとして、南京事件を考察するのには重要な資料のひとつ
となっています。
 中島中将は、砲兵出身で何度も砲兵学校の教官をやった上、フランス留学まで
しているくらいのエリート軍人です。ところが、こういうエリート軍人でさえ、
家具を略奪して持ち帰るくらいことのどこが悪いのだ?、と公然と主張している
のです。しかも、略奪を上官である「大将」、つまり中支那方面軍司令官松井石根
からとがめられると、反対に逆ギレして突っぱねたりするわけです。

http://homepage1.nifty.com/SENSHI/book/objection/6anzenku.htm

458 :甲種幹部候補生:03/09/26 16:52
 あなた方は自らは階級も部隊もまともに示さないで、相手にだけ要求するのは
間違ってゐます が、一部出しますから、そちらも鈴木氏やら憲兵やらの階級其
他をきちんと明示して下さい なほ、軍隊で年齢は関係ありません

 昭和十五年、郷土部隊(歩兵聯隊)入営(徴兵)
 一期検閲後、甲種幹部候補生被仰付、豫備士官學校入校
 見習士官を経て少尉任官後、出征
 情報係、歩兵小隊長
 中尉進級後、大隊副官、歩兵中隊長
 大尉進級後、師團司令部幕僚、終戦時歩兵大隊長
 昭和二十一年復員
 實役十年
 戦地勤務は支那と南方
 支那は敵が弱く、南方は戦勝期でしたので、極端な難戦は経験しておりません
 ポツダム大尉に近い、素人軍人です

459 :甲種幹部候補生:03/09/26 16:58
 松井将軍は純朴な人で、逮捕後、南京事件が事実だとも思ひ込まされて死んで行かれた
さうです それはさて置き、引用には具体的な犯罪事実が一つもありませんな

 中島師団長は洗脳されて後、可笑しな言動をしたことで有名ですが、唯一の例外です
ここでも家具の単なる挑發を敢て略奪と言ひ変へるなど、あなたの改竄、捏造ぶりが目立
ちます

460 :甲種幹部候補生:03/09/26 17:00
松井将軍の名前は石根でせう
あなた方の話は隅から隅まで間違ひだらけだから信用出來ないのです

461 :名無的発言者:03/09/26 17:02
あなたが 中国で一般人を何人殺したかを聞いているのです.

正直に答えて下さい.

462 :甲種幹部候補生:03/09/26 17:05
 元日本兵の証言や従軍日記(こんな言葉は無いのですが)は多数出版されていて、
大部分が小兵と同趣旨です
 あなた方が普段、戦史を全く讀まないから知らないだけです
 あなたの好むやうな本は、然らざる本の百分の一も無いのです
 つまり、あなた方は稀有の異常データーに依拠してバーチャル支那事変を妄想して
ゐるのです

463 :甲種幹部候補生:03/09/26 17:08
 人にものを問ふのに、さういふ横柄な口のききやうはなりません

 日本軍に限らず、先進國の軍隊が非戦闘員を殺すことは全くありません

464 :名無的発言者:03/09/26 17:18
じゃあ 食料を強制調達する為に 何軒の家から強盗しましたか?

465 :甲種幹部候補生:03/09/26 17:19
 悪い日本軍といふのは、全部あなた方の妄想です
 中支から復員する時、支那の民衆が日の丸の小旗を打振り、涙を流して別れを惜しんでくれた
ことを思ひ出します

466 :甲種幹部候補生:03/09/26 17:23
 當然、零ゼロですな
 食料といふ言葉からして軍隊には存在しないのです
 して、糧秣は師團経理部が購入して、各部隊に送ります
 だから強盗云々も、あなたの捏造です

467 :名無的発言者:03/09/26 17:24
南京大虐殺はなかったと主張する学者は存在しますか? もし存在するなら
名前を挙げてください。


468 :名無的発言者:03/09/26 17:27
じゃあ これを説明して下さい:

藤原 彰『餓死した英霊たち』(青木書店)
235頁、2500円+税

第一章 餓死の実態
1 ガダルカナル島の戦い
2 ポートモレスビー攻略戦
3 ニューギニアの第十八軍
4 インパール作戦
5 孤島の置きざり部隊
6 フィリピン戦での大量餓死
7 中国戦線の栄養失調症
8 戦没軍人の死因

日本軍兵士の過半数が、実は戦闘で闘って死んだのではなく、餓死したのだという
衝撃かつ悲惨な現実を本書で詳細にまとめています。太平洋の各地における日本
軍の食糧不足の悲惨な状況は知られていますが、その全体状況を一冊で明らかに
し、それらの連関も実証しています。単にある部隊がおかれた状況だったのでは
なく、日本軍全体の体質と作戦指導のあり方の必然的結果として兵士を餓死させ
たものであることを具体的かつ総合的に解明しています。「お国のために」「名
誉の戦死」が、いかに荒唐無稽なスローガンにすぎなかったが明らかです。


食料が日本から供給されなければ 中国人から強制収奪するしかないでしょう.


469 :名無的発言者:03/09/26 17:28
 だいたい捏造にもせよ、強盗なんて成り立たないのですよ
 無人の農家から持って來るのは、悪口で言ふにしても、精々窃盗です
 だから、實態を知らない人の拵へた嘘だといふのです
 野戦は、無人の戦野で戦はれるのです

470 :名無的発言者:03/09/26 17:31
無人の農家から隠してある食料を探して持って來るのは不可能だ.

農民を拷問して白状させなければ 食料は手に入らない.

471 :甲種幹部候補生:03/09/26 17:34
 日本軍兵士の過半数が戦闘で闘って死んだのではなく餓死した、といふのは根本的に
嘘です
 死因は厚生省に記録が有り、餓死などは稀有の例外です

 この論争は最近も見ました
 あなたが言ひ負かされるのを讀みました
 コピペ「資料」もさうですが、同じものを何度も出すのは止めてください

472 :名無的発言者:03/09/26 17:36
俺が言い負かされた事は無い.
おまえらはこうやって食料を調達したんだ:

一九四三年一月、山西省聞喜県北白石村。村の住民は一カ所に集められる。
住民は抗日意識が強いようだ。NHは住民の中から十五人を選ぶ。
隠しているはずの武器食料の在処を問うため皆の前で拷問する。一人を殴打。
続いて銃床や棍棒で殴らせる。拷問はずっと続く。彼らは何も言わない。
彼らを一軒の家に閉じこめる。夕方また拷問。口のなかに銃剣を差し込みかき回す。
舌はちぎれ歯も取れる

http://members.at.infoseek.co.jp/noharra/dai.htm

473 :名無的発言者:03/09/26 17:38
病死の中には 栄養失調によって本来死ぬ筈のない病気によるものも含まれる.
専門家の本の方が正しい.

474 :甲種幹部候補生:03/09/26 17:39
 戦場に人はゐません
 例外的にゐたとして、何も拷問しなくても白菜ぐらいくれます
 拷問されないと白菜出さないなどといふ怪人物はゐますまいよ
 無人の農家から隠してある食料を探して持って來るのは不可能だといふのも、根拠を示さぬ妄想です
 兵器の捜索はよくやりますが、狭いしもた屋のこと、すぐ見付かります
 あなた方の話はみな、嘘か妄想です

475 :甲種幹部候補生:03/09/26 17:41
 死因は専門家たる軍医将校によって特定記録されています

476 :名無的発言者:03/09/26 17:44
藤原 彰がそれ位調べない筈は無い.
中国人も食料を取られたら餓死する. 簡単に渡す事は無い.

477 :イ爾已経死了:03/09/26 17:45
甲種幹部候補生氏

以前から第16師団と称する方の証言が多いのですが、
16師団の方々は、そのほとんどがレイテで亡くなられたとききます。

16師団が南京にいたときからレイテまでは約7年ほど時間が空いているのですが、
この間の除隊者は、何名ぐらいいるのかご存じでしょうか?

戦場でなくなられた方や、他の部署へ移られた方などの人数等の資料があれば、
是非とも教えていただきたいのですが。

ぶしつけなお願いですみません。

478 :甲種幹部候補生:03/09/26 17:48
 また作り話ですか
 牛蒡剣(銃剣)は三十サンチも有る長いものです
 口には入りません
 差し込んだら、即座に死にます
 また刺す刃物であって、切る刃物ではありません
 絹漉豆腐なら兎も角、牛蒡だって禄に切れやせんのです

 未知の人を呼ぶのにおまえなどといふ非礼は許されません
 さういふ異常者に、他人を非難する資格がありませんぞ

479 :名無的発言者:03/09/26 17:48
>>472
> 俺が言い負かされた事は無い.
負けそうになると質問をスルーするからね(w

480 :名無的発言者:03/09/26 17:50
これが事実だ.

南京への追撃戦では、最前線の兵士まで食糧が届か
ず、貰ったのは「進め! 進め!」の命令だけで、食糧は「現地調達方式」という略奪に
よった。行く先々で食糧を奪いつくしていくことから、皇軍ではなく、「蝗軍(いなご
の大群)」ともいわれ、日本軍兵士は料理や暖をとるため机・椅子から家までも燃やし
た。上陸戦から続いた戦闘での死傷者の多さから、「中国人は仇」と憎む気持ちが日本
軍兵士にあり、不審とみなされた中国人が片っ端から殺され、女性は強姦された。「強
姦のあとは、必ず殺した」と元兵士は語っていた。

http://www1.jca.apc.org/aml/9811/10064.html

嘘つきの殺人鬼には おまえ で十分だ.


481 :名無的発言者:03/09/26 17:54
南京の近郊農家の場合、生存権、生活権の侵害は更に深刻であった。農家の建物の
40%が失われ、役畜、主要農具、貯蔵穀物、作物などが甚大な被害を受けた。
畑の小麦は兵隊が馬の飼料にし、野菜は兵隊が好んで掠奪(江寧県と句容県では
野菜畑の作物のほぼ半分が損害を受けた)、食糧、種用の貯蔵穀物は「調達」、
「徴発」の名で掠奪された。南京の近県五県の推定人口121万1200人のうち、
春耕の準備の始まる3月になっても移動したまま現地にもどってこなかったのは、
496590人(41%)に達すると推定された。
 こうした農民の再生産活動の破壊は、やがて作物不足となり、穀物不足となって、
都市住民の生活をおびやかすことになる性質のものだった。

http://www.mmjp.or.jp/nankin1937/gaiyo1.html

482 :甲種幹部候補生:03/09/26 18:01
 日本陸軍は郷土部隊の編成を取り、原則徴兵で成立ってゐます
 平時なら毎年正月に新兵が入営し、十一月に二年兵が満期除隊します
 つまり、どんどん入替っておりますから、万余の出入りが有るでせう
 毎年四千と見ても、七年なら二万八千人です
 但し、戦時には再召集が珍しくありません
 たとひ玉砕しても編成地には留守師團長以下が教育訓練に励んでゐます
 在郷軍人も、原隊から出てゐる将校たちもゐますから、師團は存続しま

 資料は厚生省援護局、靖國神社等に残ってゐます

483 :名無的発言者:03/09/26 18:07
これが日本兵の証言だ:

小島隆男さん(59師団機関銃中隊)

 山東省は小麦、綿花、石炭、塩がとれる。みんな戦略物資です。これを奪い取るのが、
59師団の任務でした。初めは日本軍が金を払うからもって来いといってましたが、しだ
いにいうことをきかなくなる。そして軍隊の力を使って三井、三菱が集めたのです。
 収穫期になると小麦の生産の中心地へいって兵力でそれを根こそぎ集めて、ごっそり
持ち帰った。出さない時は拷問を加えて隠してある場所をいわせたのです


484 :名無的発言者:03/09/26 18:07
金子安次さん(59師団44大隊)

 作戦に出ると中国人の部落へ泊まる。
 マキがないから民家のテーブル、イスなどの家具はすべて燃やしてしまう。それを食事
のマキにしたり、寒いときはたき火をし、夏は風呂を沸かす。
 煙が出やすいように天井や屋根には穴を開ける、家財道具はきれいさっぱりなくなって
しまうんです。1個大隊千人ぐらいが入ったら、その部落は全滅ですね、ほとんど立ち直
れない。早くて7,8年ぐらいかかるといわれてました。

http://www1.ocn.ne.jp/~sinryaku/nankin2.htm

485 :名無的発言者:03/09/26 18:08
左翼は物凄い勢いで論破されてるな

486 :名無的発言者:03/09/26 18:10
右翼は何も証拠を提出できない. やる前から 負けている.

487 :名無的発言者:03/09/26 18:13
<また作り話ですか
 牛蒡剣(銃剣)は三十サンチも有る長いものです
 口には入りません
 差し込んだら、即座に死にます
 また刺す刃物であって、切る刃物ではありません
 絹漉豆腐なら兎も角、牛蒡だって禄に切れやせんのです>

30センチ全部入れる必要は無い. どうせ殺すんだ. きれいに殺す必要は無い.
右翼の発言はすべて 揚げ足取りだ.


488 :甲種幹部候補生:03/09/26 18:15
 これも嘘ですね
 歩兵大隊の兵力は、支那派遣軍では精々六百人です
 都合が悪いから聯隊、中隊名を出さないんでせう
 軍隊では、聯隊と中隊名だけを名乗るものですから、異常な名乗方です
 大隊は固有編成でなく、臨時編成ですから誤魔化し易いのでせう
 第一、農家に家具なんて殆どありません
 

489 :名無的発言者:03/09/26 18:20
あなたの発言はただのけち付けで 証明にはなりません.
反論としての価値はゼロです.

490 :甲種幹部候補生:03/09/26 18:20
戦場で矢鱈に火は燃やせませんよ
煙が立つと位置を知られ、酷い時は空襲されます

491 :名無的発言者:03/09/26 18:21
しかし,テーブル、イスがないとしたら どうやって食事するんだ?
右翼は本当にバカだ.

492 :名無的発言者:03/09/26 18:22
<戦場で矢鱈に火は燃やせませんよ>

中国軍はほとんど戦わなかった. 恐れる必要は無い.


493 :甲種幹部候補生:03/09/26 18:23
徴發と掠奪は全く違ひます
結婚と強姦ほど違ふ
敢て同視するのが、捏造の手法なのでせうな

494 :甲種幹部候補生:03/09/26 18:29
 戦場では万事戦闘に合せます
 また、少しは戦うからこそ戦争、戦闘、戦場が成り立つのです
 なほ、支那軍は年中泥棒に來るのであって、警戒を要します
 更に、米支空軍はまめに空襲して來ます
 あなたの反論は、無知に立脚した妄想、良く言っても憶測に過ぎません
 あなた方は何も知らないで唯、言を左右にし逃げ回ってゐるだけです


495 :名無的発言者:03/09/26 18:29
建前は徴発で 実態は略奪だ.

中国人が自分が餓死してまで 食料を出すわけがない.

496 :名無的発言者:03/09/26 18:31
<米支空軍はまめに空襲して來ます>

制空権は日本が握っていた. 嘘ばかり言うな.


497 :甲種幹部候補生:03/09/26 18:31
 戦前の支那の農家に椅子もテーブルもありゃしません
 今ですら禄に無いではありませんか
 思ひ付きで出鱈目を書いてはいけません

498 :甲種幹部候補生:03/09/26 18:34
 496も出鱈目です
 シェンノート将軍の米支空軍が、比較的早期から活動し、時と共に勢力増大して行きました
 あなた方は論争するに必要な基礎知識を欠いてゐます
 何も知らないでは、議論に参加する資格がありません
 尤も、知識が有ればそのやうに支離滅裂な珍説は抱かなかったでせうが


499 :甲種幹部候補生:03/09/26 18:38
いいえ、そんな言分は全く成り立ちません
そもそも徴發と略奪の区別がつかない人は、口を出す可きではないですな
あなたは小兵に色々聞いたから、小兵も聞きませう
でもあなたのやうな傲慢不遜な聞き方はしますまい
徴發とは何ですか?

500 :名無的発言者:03/09/26 18:43
ここの自虐派は猛烈無残な負け方だけど、大痔なのか?
もう止めたほうがいいよ。
100%論破されてる。

501 :名無的発言者:03/09/26 19:14
全然負けてない. これ見ろ:
<戦前の支那の農家に椅子もテーブルもありゃしません>

ワラ製の椅子

http://www.fsinet.or.jp/~yukio/unnan/unnaibu.htm

家具の無い農家なんぞ 石器時代でも存在しない. こいつは完全なバカだ.

502 :名無的発言者:03/09/26 19:17
60年経っても藁の椅子しかありません

503 :名無的発言者:03/09/26 19:24
中国の家具は、明・清時代が最盛期であったので、現在の中国家具の形式はすべて
この時代の伝統を踏襲している。中華民国台湾省では、台中県霧峰の林家、新竹県
の台湾で初めて当時の科挙の進士試験に合格した鄭氏の家、鹿港の民族文物館で、
完全な形で保存されている伝統家具を見ることができる。

http://www.roc-taiwan.or.jp/culture/culture8.html


504 :名無的発言者:03/09/26 19:29
六十年後でさえ藁の椅子ということは、六十年前の椅子無しを想像させるよなあ‥

505 :名無的発言者:03/09/26 19:32
なんだ503は‥
一般農家に家具が無いというのと、支那に家具が存在しないというのは、
違う話だろう。
関係無いこと書くなよな。

506 :名無的発言者:03/09/26 19:35
一般の中国の農村家庭は、家は
大きな建物で堂々としていますが中には家具らきものがほとんど無いのが普通
です。

必ずといってよいほどあるのはベッド、
一卓の麻雀台くらいの大きさのテーブルとその周りのイス、
台所には竈(かまど)と最低限の調理用具と食器、

http://chinachips.fc2web.com/02aruite/301.html


507 :名無的発言者:03/09/26 19:38
をいをい、乗せられてるよ。
徴発の説明できないからわざと家具に粘着して話そらしてるんだろ。

508 :名無的発言者:03/09/26 19:40
見に行ってきた。
家具は無いと書いてあった。

509 :名無的発言者:03/09/26 19:47
家具は最初からテーブルと椅子としか書いていない.

制空権の話も嘘だ:

昭和十二年九月上旬頃は上海地区の制空権はおおむねわが手中にあった

十二年十二月二日に九六戦六機、艦攻八機で南京を攻撃し、南郷茂章大尉の率いる
戦闘機隊はE16三〇機と交戦し、その一三機を撃墜した。当時中国空軍を実際に
指導し指揮していたのは米陸軍航空隊の退役将校クレア・L・シェンノートで
あって、戦闘機を随伴しないわが海軍航空部隊の攻撃隊を散々悩ましてきたが、
この日を最後に南京上空には中国機はその姿を消している。

http://www.b-b.ne.jp/zero/zero005/zero005-0102.htm


510 :名無的発言者:03/09/26 19:54
徴発とは:

徴発は必ずしも違法ではありません。徴発を規定した国際法
があり、その規則を守るかぎり戦時には許されます。しかし南京の場合、その
規則が守られることはほとんどなく、全軍が略奪の集団と化したにひとしいの
が実態でした。南京攻略戦時、そのようすを第9師団経理部将校の渡辺氏は次
のように回想しています(注1)。
  徴発品の代金の支払いは如何にされて居ったのか、軍隊は強盗でも山賊で
もない。必ず代金を払って買はねばならないのである。しかし物はあっても人
が逃れて居らぬ今日、生きん為めに食ふものは是非必要と云ふ時は徴発という
ことになる。従って之(これ)については国際法等で厳重な規定がある。
 後日、所有者が代金の請求を出来るようにして置かねばならない故に、徴発
書はかねて印刷配布して所要の事項を記入すればよいようにして、記載事項や
注意事項も詳細印刷して一読すれば誰にでもわかるのである。
  しかるに後日所有者が代金の請求に持参したものを見れば、其記入が出鱈
目(でたらめ)である。例えば○○部隊先鋒隊長加藤清正とか、退却部隊長蒋
介石と書いて、其品種数量を箱入丸升とか樽詰少量と云ふものや、全く何も記
入してないもの、はなはだしいものは単に馬鹿野郎と書いたものもある。全く
熱意も誠意もない。
(渡辺卯七「第9師団経理部将校の回想・4,南京戦の思い出」)
          

  このように徴発とは名ばかりの略奪行為をくり返し、軍紀や風紀が乱れき
った皇軍は、先ほどの経理将校の渡辺氏によれば「まるで百鬼夜行の行列であ
った。石川五右衛門の物取りの帰りもかくやと思はれた」ありさまでした。


511 :名無的発言者:03/09/26 19:55
優雅だと思うのは俺だけか?(w

512 :名無的発言者:03/09/26 20:02
こうして、家具論争もやっぱり自虐派が負けますた‥

513 :名無的発言者:03/09/26 20:04
米支空軍の活動については大量に文献がある。
アカは誤魔化しきれまい。


514 :名無的発言者:03/09/26 20:07
いや、内陸部の農家なんて、テーブルと椅子も無いね。



515 :名無的発言者:03/09/26 20:10
経理武将校なら、ちゃんと役職階級書かないとまた叩かれるぞ!

516 :名無的発言者:03/09/26 20:14
家具ぐらい 縄文人やアイヌ人でも持ってる.中国人が無いわけないだろ.

517 :名無的発言者:03/09/26 20:15
何百何千機という軍用機を品に展開してたのは事実なんだから、自虐派は
どうあがいても言いぬけできまい。

518 :名無的発言者:03/09/26 20:18
縄文人に家具は無かったと思うが、他スレ見れば、何にも無い支那の農家の貧しさが分る。
駄目だよ、ここは支那板なんだからみんな現地知ってるんだ。


519 :名無的発言者:03/09/26 20:19
中国の農家を燃やしていたのに 火を出す事を恐れる理由は無い.

520 :名無的発言者:03/09/26 20:21
しかし 中華勇士は何故こういう時には 来ないんだ.

やはり 中国人は 無知蒙昧で低能,弱虫で卑怯で嘘つき だった.


521 :名無的発言者:03/09/26 20:27
徴発とは何か?
その説明は、まだなされていないな。
510にも書かれていない。

522 :名無的発言者:03/09/26 20:31
上杉謙信は川中島の合戦で武田軍の炊事の煙を見て奇襲作戦をみぬいたというから、
519みたいなのはやっぱり無知故のたわごとだろう。
大尉殿が正しいと思うぞ。

523 :名無的発言者:03/09/26 20:35
蒋介石は武漢に逃げたのに,戦闘がある筈無い.

524 :名無的発言者:03/09/26 20:36
そもそも 80才過ぎの老いぼれがパソコンを使えるわけが無い.

大尉殿は唯の右翼だ.

525 :名無的発言者:03/09/26 20:41
 航空劣勢の側からでも小規模な空襲くらい、幾らでもできるんだから、
自虐派の言訳は初めから成り立たない。
 ウソツキは自虐派。

526 :名無的発言者:03/09/26 20:44
徴発の説明ができないので、悔し紛れに悪口を書いてみますた

527 :名無的発言者:03/09/26 20:47
523は何言ってるんだ?
馬鹿かいな。
ちゃんと勉強してから来い。


528 :名無的発言者:03/09/26 20:59
南京大虐殺はなかったと主張する学者は存在しますか? もし存在するなら
名前を挙げてください。


529 :名無的発言者:03/09/26 21:05
蒋介石は最後まで主力軍は温存した. 日本軍は戦う相手がいなかった:

十一月二十日、唐生智は南京防衛軍司令長官部を組織し、南京防衛軍の編成が
決定される。そして、この日、蒋介石国民政府は重慶への遷都を宣布した。
この宣布を受けて政府の中央諸機関は、次の暫定首都である武漢に向けて続々と
移転を開始した

http://www.jca.apc.org/nmnankin/nanmin23.html

530 :名無的発言者:03/09/26 21:08
老人サイトへ行ってみな
圧倒的高年パワー!
90歳までいるよ
第一、PCなんて何も難しく無いじゃん
漢字の方がよっぽど難しい


531 :名無的発言者:03/09/26 21:10
じゃああの南京攻防戦は何なのよ
おまいはキチガイか

532 :名無的発言者:03/09/26 21:11
南京攻防戦は無かった.

日本軍は南京では戦っていない.

533 :名無的発言者:03/09/26 21:16
次々と赤い嘘を暴かれるので、もう怪しい「証言」出すのは止めました

534 :名無的発言者:03/09/26 21:16
日本軍には敵襲を恐れる必要はなかった:

日本軍が南京に入城した時にはすでに重要な政府機関は長江上流へ移された後
だった。そのため日本軍は、翌年四月再び戦線を拡大する。今度の目標は中国軍
主力が集結していた徐州である.

四月下旬、日本軍は、北と南から徐州めざして進軍を開始した。中国軍の激しい
抵抗に遭いながら徐州包囲網をしいたのはすでに五月中旬だった。だが、日本軍は
ここでも見事に肩すかしを食らう。蒋介石は無駄に兵力が失われるのをおそれ、
中国軍に撤退を命じたのである。中国軍が機動退却したあとの五月二〇日、日本軍
は徐州を占領した。

徐州における中国軍の戦略的撤退を「戦意喪失によるもの」とみなした日本軍は、
性懲りもなく再び戦線を拡大する。

一〇月二五日、第一一軍の一部隊が武漢に到着すると、中国軍は早々と撤退を開始。
ここに武漢は事実上、陥落したのである。しかし、占領した武漢は、またもやも
抜けのからであった。すでに蒋介石は、武漢陥落直前、さらに奥地の重慶に拠点を
移し長期戦の構えを整えていたのだ。

http://www.mediabahn.co.jp/china/doc/koud.html


535 :名無的発言者:03/09/26 21:19
嘘を言い続けた 甲種幹部候補生氏 は恥ずかしくてもう 出て来れなくなったようだな.

536 :名無的発言者:03/09/26 21:23
sb

537 :毛 沢山:03/09/26 21:23
お前らの学習能力の皆無に呆れたんだろ
支那人なら支那人らしく自己批評しろ

538 :名無的発言者:03/09/26 21:33
kw

539 : :03/09/26 21:33
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Asagao/9764/index.html
伊勢原ちゃんねる

540 :名無的発言者:03/09/26 21:34
↑なんなんだ?

541 :名無的発言者:03/09/26 22:05
>>510
> 石川五右衛門の物取りの帰りもかくやと思はれた」ありさまでした。
伝説では義賊だよな、五右衛門。講談などでも人気あるし。
どんなつもりで、こんな比喩を使ったんだろ?

もしかして日本人じゃないのか?



542 :名無的発言者:03/09/26 22:29
日本軍が840萬朝鮮の人を殺し、20萬人朝鮮婦女を慰安婦にさせ、
何十人の日本人を拉致したぐらいで騒ぐな!

http://news.china.com/zh_cn/international/1000/20030926/11546775.html

543 :名無的発言者:03/09/26 23:11
おまえ 日本語勉強しろ

544 :名無的発言者:03/09/27 00:19
>>542
もし、それがほんとなら20万人もの女性が慰安婦にされるのを
だまって見ていた朝鮮男子のヘタレぶりは相当なもんだと思うんだが。
なんでそんときにファビョらなかったのか?

545 :名無的発言者:03/09/27 01:19
>>542
じゃあ、元寇の時の殺戮と中国人犯罪の賠償してくれよ

546 :名無的発言者:03/09/27 04:48
このスレシナ畜臭ぁい(wとっとと日本から出てって☆

547 :名無的発言者:03/09/27 07:51
<元寇の時の殺戮と中国人犯罪の賠償してくれよ>

モンゴルに請求しろ.


548 :名無的発言者:03/09/27 08:23
だったら、モンゴルを独立させろ

549 :名無的発言者:03/09/27 08:44
>>547
中国の歴史はそこで断絶している、という主張ですか?

550 :名無的発言者:03/09/27 08:59
漢民族は明や南宋以外は常に被支配民族で2等国民だった.
漢民族には元寇の責任は無い.

551 :名無的発言者:03/09/27 11:03
>20萬人朝鮮婦女を慰安婦にさせ

当時の朝鮮半島では200人に一人は慰安婦だったのか!
一体どういうところだ(w

552 :名無的発言者:03/09/27 11:12
>>550
ならば現在の中国政府の主張はデタラメなんですな。

553 :名無的発言者:03/09/27 12:06
今の中華人民共和国の領土は 戦争のドサクサに紛れて 清の領土をそのまま
取り込んだだけだ. チベット,内モンゴル,台湾,雲南省,ウィグル自治区は
本来 漢民族の住んで居なかった地域で 漢民族が支配する正当性は無い.

漢民族はチベット人を滅ぼして チベットを漢民族の国にしようとしているが
絶対に許してはいけない 犯罪だ. この板に来ている中国人には そういう自覚があるのか?

中国人は 無知蒙昧で低能,弱虫で卑怯で嘘つき だ.


554 :名無的発言者:03/09/27 12:18
共産党はまだ徴発の説明ができない

555 :名無的発言者:03/09/27 12:39
「徴発」に対しては、「賠償」をする必要がありますが、その場で売買が成立して
代価を払えば「徴発」ではなく「購買」ということになります。

 「徴発」とは、(1)敵国において行う方法で、(2)高級指揮官の命令、
あるいは許可により実施するのを通常とするが、(3)非常の場合は、指揮を執る
高級先任の将校に徴発の権があり、(4)徴発する物資には賠償を与えるか証票を
与えて後日賠償することになっています。(昭和13年9月『作戦要務令(第三部)』補給及給養 第百二十五〜百二十六)

 将校の指示のもとで「徴発」が行われるので、一兵卒が「不注意で徴発」することも、将校が指揮官でない
「徴発」も原理的には有り得ません。
 石川達三は、進軍が早く奥地に向かっている軍に兵糧を輸送しきれなかったので
「北支では戦後の宣撫のためにどんな徴発でも一々金を払うことになっていたが、
南方の戦線では自由な徴発によるより他に仕方がなかった。」
(『生きている兵隊』中公文庫,p.44)と書いています。

http://t-t-japan.com/bbs/article/t/tohoho/6/nueqrf/tqhqrf.html

556 :名無的発言者:03/09/27 12:48
軍票・軍事郵貯 戦後すべてが「紙きれ」に

 香港の団体が起こした軍票補償裁判は、日本の占領から敗戦までの過程で失われた、
個人的な財産の補てんを求めるものといえる。
 日本軍は一九四一年十二月、太平洋戦争開戦直後に香港を占領し、約三年八カ月間、
統治下に置いた。この間、住民に香港ドルと軍票=写真右=の交換を強制して流通さ
せる一方、回収した香港ドルで物資を調達した。
 軍票は正式には「軍用手票」といい、香港以外のアジア各地でも発行された。しか
し、敗戦直後、連合国軍最高司令官が無効とする方針を示し、大蔵省も追認、所有者
の国籍を問わずすべてが「紙切れ」となった。


557 :名無的発言者:03/09/27 12:53
>>556
条約で解決済み。そんな事も知らなかったの?(w

558 :名無的発言者:03/09/27 13:01
赤い馬鹿
アカ=バカ

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/09/27 13:56
日本の敗戦後、すぐどっと物資がでてきたので不思議に思い、
アメリカ人が調べてみたところ、製造年月日は日本軍が
来るよりも前のものばかりだったという。結局、中国人は
巧みに隠匿していたわけだ。

560 :名無的発言者:03/09/27 13:59
556をいくら熟読しても、日本に何の責任も無さそうだ。
何をとくとくと書いてるんだ。
頭悪いんで無いの?

561 :名無的発言者:03/09/27 14:18
これが日本の責任だ:

日本軍が発行した軍票の裏書きには、いつでも等価で日本銀行券と交換出来る
旨の記載があり、軍票は取りも直さず、日本銀行の発行する正式な紙幣と同じ額面
で交換出来る「兌換(だかん)紙幣」だったからなのです。つまり、軍票は日本銀行
の発行する正式な紙幣と同等の価値を有していた訳で、その軍票がただの「紙屑」
になる等、思っても見なかった訳です。

昭和18年の大蔵省通達により、外貨軍票はそのまま南方開発金庫券に切り替え
られた。軍票の価値を維持するため内地よりその裏付けの物資・貴金属を充当し
軍票の回収をはかることとされたが、戦局の悪化により軍票の乱発を招く一方、
裏付け物資の輸送が困難となりインフレを招き、物々交換−ヤミ取引を増大させ、
その結果、占領地行政の困難に直結した。

当初の軍票は、日本の政府機関に持ち込めば、日本国の通貨と交換するという
但し書きがされており、一応「大日本帝国政府」によって、その価値が保証されて
いました。しかし、太平洋戦争の進展とともに、日本の貨幣と全く切り離された形
で発行されるようになりました。額面が「ドル」や「ルピー」「ペソ」といった
ものはそれにあたります。

 これらの軍票は、日本軍の占領時には、現地の通貨を強制的に軍票に交換させる
などの手段によって通貨として流通させられていましたが、その崩壊とともに
紙屑同然の価値となってしまい(正式には、1945年9月、GHQ最高司令官
マッカーサーの「覚え書き」に基づき大蔵省が軍票の無効化を宣言し、無価値
となる)、旧占領地の住民の生活にも大きな被害を与えました。
日本軍は旧占領地の住民の資金によって戦争を遂行していた.

562 :名無的発言者:03/09/27 14:22
海外の占領地では、日本軍が物資調達のため多額の軍票を発行。さらに現地通貨を
大量増刷。(食料など物資の現地調達は、当時の日本軍の常套手段。)
これが占領地域での激しいインフレを巻き起こし、現地経済を破壊。
占領地域での抗日運動に火をつける事になる。昭和16年を基準にして20年8月
の各地の物価を見ると、

ビルマ周辺 : 1800倍
スマトラ島 : 33倍
ジャワ周辺 : 30倍
ボルネオ島 : 40倍
天津 : 32倍


563 :名無的発言者:03/09/27 14:50
またこぴぺ野郎だな
何にも知らんくせに訳も分からず丸写し繰返すなウザイ

564 :名無的発言者:03/09/27 15:14
まだ徴発の定義が無い
556は断片的で到底定義とはいえない
いわんや、小説は虚構であり、なんら根拠にならない

565 :名無的発言者:03/09/27 15:33
 また馬鹿の裸踊りが始まったな。

 軍票は通貨でも紙幣でもない。
 日本銀行券も、あくまで銀行券であって、紙幣ではない。

 食料等の現地調達は、近代軍の特徴で、これも各国やっていて、今日ただ今も
米英軍がイラクで大規模にやっている。戦争の民活、民間業者に委託しまくって
いる。支那軍は前近代的軍隊であったから違うかどうか知らんが、論者は支那の
強度な洗脳かにあるからこれが分らないらしい。

 軍票は発行して良いし、各国やっていた。
 問題の軍票処理は、支那も参加する連合国軍の合法的決定であり、その決定が
面白くないなら、自分で己が罪を反省すればよろしい。
 当時日本は国家消滅中であり、関係無い。

566 :名無的発言者:03/09/27 15:37

           ___       くーにゃんも支那派遣軍勇士が好き
        , '"  ~~`‐、.....__
        / / ,  ,     `ヽ
       i / /;;,,;;,,,;;;;,, ,,    ヽ
     r‐‐-ll il.li;;;;/.i;ヾ;;;;,;;;;,,, ,,  i
     l.   `ヽ_ゞl. ヾ|ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;,,. i|
.     '、 `''t-|  '''"  i;;;;;;、;;;;;;;;;;l
.     '、.  ヽ',.▽   /i;;/`i;;;;;;;;/
      ヽ.  ヾ、.._ ..../;;`'";;;;;;;;;l
.       ヽ  ヽ, >--、;;;;;;;i;;;;;;;;;!
        ヽ./二/ +>-、;;i;;;;;;;;ヽ
.       r‐''"    /",'"゛、;;i;;;;;;;;;ヽ
       i    + i i:::..  ヽ;l;;;;;;;;;;ヽ
.       ', ::::::::::...... ヽ>、  ヽ;;;;;;;;;ヾ、
        i ":::::::::::::::::/;;;;;;ヽ,  ヽ;;;;;;i i
        l  """"/;;;;;;;/  /;;ii;i
       〉+   ::ヽ;;/  /;;;;;;;;ll;l
       /    +:r'" _,.-''";;;;;;;/l:i i!
.      i +    ! ヽ`i;;;;;;;;;;////
      l  :.....:::/  ヽ. _/;;;;;;;;//ノ
      l.  ::::::/     l;;;;〃//
      l  ::::. + /lレ'/, '
       l +:    .〃l'"
.       ',  ,   〃ll
       ',. /+ 〃;;;l
        V   〃;;;;;l
.       〈   /`-、;;l
        ヽ /   `-、


567 :名無的発言者:03/09/27 15:42
<軍票は発行して良いし、各国やっていた>

軍票を発行する為には それに見合った価値の 外貨・金・貴金属 等を所有して
いなければならない. そういう裏付けなしに 軍票を濫発すると 上で示したような
インフレになる.

568 :名無的発言者:03/09/27 15:50
戦前の世界経済の基本は、金本位制でした。金本位制とは、中央銀行が、発行した
紙幣と同額の金を常に保管し、金と紙幣との兌換(交換)を保証する制度です。
つまり、「紙幣は紙切れですが、これは実は金○○グラムなんですよ。金を持ち
歩くと煩雑なので紙で代用しているのであって、中央銀行へ持ってくればいつでも、
金○○グラムと交換しますよ。」という制度です。この金の裏打ちがある紙幣を
兌換紙幣。ない紙幣を不換紙幣といいます。

 これは「金を買う」のではありません。2002年11月現在で、金1gは1300円前後
を変動していますが、金本位制とは、「1円は金○○グラム」と決まっているの
です。そして、中央銀行が市場に流す通貨の総量(マネーサプライ)は、保有
している金の総量とイコールということになります。つまり、その国が持っている
金(これを正貨という)の量だけ、お金を発行できるのです。

http://www.geocities.jp/michio_nozawa/mado3.html


569 :名無的発言者:03/09/27 16:00
567も嘘だね。
関係無い。
それは兌換紙幣の話だ。
見当違いの言訳に過ぎない。
軍票は貨幣でも紙幣でもなく、特殊な有価証券だ。



570 :名無的発言者:03/09/27 16:02
子供だ。
相手にするな。

571 :名無的発言者:03/09/27 16:20
目黒輜重連隊の実在しないことを誤魔化すため
突然、軍票の話を書いてみますた

572 :名無的発言者:03/09/27 16:24
どちらにしろ国際法違反だ:

国際法の関係では?@軍票の兌換の過程で強制したことが「陸戦ノ法規慣例ニ関スル
条約付属書 陸戦ノ法規慣例ニ関スル規則」(以下「ハーグ規約」という)や人道
に対する罪に違反すること?A軍票を有効な貨幣に兌換しないことがハーグ規約に
違反すると主張しています。憲法の関係では憲法29条の財産権補償義務違反です。
一般国内法との関係では?@兌換の約束債務不履行?A強制兌換が不法行為として
損害賠償を求めています。

日本政府は、政府が賠償協定によって放棄したのは政府が国民にかわって補償を
相手国に対して代わりに求める外交保護権というものであってアジアの個人の
日本政府に対する補償(賠償)請求権は放棄していないことは認めました。
そうすると、日本の政府がこれまで言っていた「解決済み」の主張は崩れているのです。

http://www.ashir.net/siis/koron/KORON-5.htm

573 :名無的発言者:03/09/27 16:33
赤いスズメの学校の教科書鵜呑みにしてる子供の言い分だな。

元々憲法は国内法であって、国際法に関係無い。
だが、国際も国内も、当時日本という国家は存在しなかった。
残念ながら、ポツダム宣言等に見る如く、連合国の支配下にあった。
憲法自体、占領軍が書いて決めさせたものに過ぎない。
占領軍は日本に優先し、当然、日本国憲法に優先する。
絶対支配者たる占領軍に対し、国内法違反を理由にあれこれ言うことはできない。
占領軍は如何なる国内法も、自由に廃止できた。

連合国の決定は連合国の責任である。
不法行為なら連合国を訴えろ。
そうして、支那は連合国の一員である。
自分で払え。

574 :名無的発言者:03/09/27 16:37
終戦から独立までの間、我が国に国際活動も国際関係も無い。
日本の国が無いんだから。

575 :名無的発言者:03/09/27 16:38
大尉殿の言われたとおり、間違いだらけ、虚構に溢れた赤い主張だな。

576 :名無的発言者:03/09/27 16:43
1.そもそも憲法は国内法だから、国外で適用されない。
2.新憲法は昭和23年施行だから、それ以前に適用されない。
3.憲法は連合国を拘束しない。

  何が憲法違反だ。

577 :名無的発言者:03/09/27 16:54
>>572
その論理なら当然、日本人が満州や台湾、朝鮮に持っていた資産の賠償請求権も
ちゃんとあるわけだ(笑)

578 :名無的発言者:03/09/27 16:56
では軍票も払わずに略奪を指導者である毛沢東が奨励していた中国共産党軍
は日本軍以下の最低の軍隊だったと言うことで結論が出ましたな。

579 :名無的発言者:03/09/27 17:02
>日本政府は、政府が賠償協定によって放棄したのは政府が国民にかわって補償を
>相手国に対して代わりに求める外交保護権というものであってアジアの個人の
>日本政府に対する補償(賠償)請求権は放棄していないことは認めました。

その論理で周辺国に賠償請求しまくって顰蹙を買っているのが現在のドイツ
なんだが、アンタは日本も周辺国に賠償請求しまくった方が良いのかね?(w


580 :名無的発言者:03/09/27 17:27
俺は 香港軍票補償裁判 の原告の主張をコピペしただけだ.

<軍票も払わずに略奪を指導者である毛沢東が奨励していた中国共産党軍>

嘘いうなよ:

陸軍中将、第59師団(衣部隊)の師団長 藤田茂

| 日本軍に昔から苦しめられてきた住民にとっては八路軍はまるで後光がさし
| ている軍隊に見えるわけだ。家を出てゆく時には、瓶に水を一杯くんで、全
| 部掃除をし、塵ひとつ残さんようにしてゆく、昨晩の泊まり賃も置いてゆく、
| 食物代もいくらいくらと精算してゆく、子供はいたわる、老人は大切にする。
| こんな軍隊を私は見たことがないわけだ。日本軍が行けば、銃剣で脅かして、
| 米を出せ、麦を出せ、薪を出せ、出さぬと家に火をつける、女は強姦する、
| 手がつけられない。当然、八路軍さまさまになってしまう。






581 :名無的発言者:03/09/27 17:30
<それは兌換紙幣の話だ。見当違いの言訳に過ぎない。>

日本軍が発行した軍票の裏書きには、いつでも等価で日本銀行券と交換出来る
旨の記載があり、軍票は取りも直さず、日本銀行の発行する正式な紙幣と同じ額面
で交換出来る「兌換(だかん)紙幣」だった.

昭和18年の大蔵省通達により、軍票の価値を維持するため内地よりその裏付けの
物資・貴金属を充当し軍票の回収をはかることとされていたが 守られなかった.

582 :名無的発言者:03/09/27 17:31
毛沢東先生が どれ位 偉大だったか 良くわかっただろう.

583 :名無的発言者:03/09/27 17:42
笑わせてくれる。文革の時に「中国に蠅や蚊がいなくなった」と言ってるのと
同レベルの発言を持ち出して何がしたいんだか。

>毛沢東先生が どれ位 偉大だったか 良くわかっただろう.

確かに偉大で無かったら自国民を何千万人も虐殺は出来ないわな(嘲笑)

584 :名無的発言者:03/09/27 17:47
日本の陸軍中将の発言だ. 重みが違う.

585 :名無的発言者:03/09/27 19:30
日銀券は銀行券であって紙幣ではない
同じことを何度も言わせるな

586 :名無的発言者:03/09/27 19:31
藤田茂さんは長期のむごたらしい拘禁洗脳で異常を来したといわれている。


587 :名無的発言者:03/09/27 19:33
怒るな。
子供は、銀行券と紙幣の違いが分らないんだ。

588 :名無的発言者:03/09/27 19:46
>>584
きっと大躍進や文革の時の日本の東大教授だの何だのの発言を喜んで賞賛したんだろうね。
未だに時代錯誤の幻想にしがみついているお前さんには哀れみしか感じないよ。

589 :名無的発言者:03/09/27 21:15
<日銀券は銀行券であって紙幣ではない>

日銀の発行する「日銀券」は、(日銀のB/S上)債務勘定に計上される性格のもの
で、不換紙幣として金(gold)の裏付けを持たないものです。つまり、日銀の信用
(=国の信用)を頼りに流通しています。

http://www.opticast.co.jp/opt/gcom/analist/fp/fp1207.htm

おまえ どこの星から来たんだ?


590 :名無的発言者:03/09/27 21:26
昭和16年(1941)3月、日華事変の拡大とともに増大する戦費調達のため、
兌換銀行券条例臨時特例法が制定され、日本銀行は正貨保有高による制約を受ける
ことなく兌換銀行券を発行できるようになった。さらに、翌17年には新たに制定
された日本銀行法により法律上も兌換義務がなくなった。ここにおいて、わが国は
名実ともに金本位制から管理通貨制度へと移行し、日本銀行券からも兌換の文字が
消えた。なお、日本銀行法制定までの間、日本銀行券の券面には引き続き兌換文言
が記されていたが、昭和6年以来、兌換は行われなかった。

http://www.imes.boj.or.jp/cm/htmls/feature_52.htm

日銀券は戦争中も紙幣だった.

591 :名無的発言者:03/09/27 21:28
>>580
> 俺は 香港軍票補償裁判 の原告の主張をコピペしただけだ.
批判精神のないコピペ馬鹿は、学問系の板に来る資格無し。
お花畑板に逝け(w

592 :名無的発言者:03/09/27 21:31
学問とは哲学や数学や自然科学の事だ. この板のどこが学問だ.

593 :名無的発言者:03/09/27 21:38
>>592
コイツにはこの板が「学問・文系」に入っていることも知らないのか?

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/09/27 21:41
>>580
それは嘘ではありませんが「真実」でもありません。まず日本軍に
「中国化」の傾向がみられることは事実です。そこに書いてある
ことは中国軍閥軍そっくりにみえます。しかしすべての日本軍がそうで
はなかったのも事実です。証言が本当ならば、第59師団(衣部隊)
は中国化の極地までたっしたことになりますが、証言が仮に事実だとして
も彼の経験だけを頼りにそんなことを一般化されてもいわれても困るわけです。

共産党軍も、過去の反省にもとづいてそのような戦術をとるに
いたったにすぎません。敵対分子は容赦なく粛清してしまう
わけです。そのやり方が当初はあまりにも強引だったのです。
もっともこれでは勝てないということがわかると、彼らも
考えます。
日本側の資料が述べているように、満州国に中国人労働者が
家族連れで、移民してくるわけですが、この原因はこの出稼ぎ
を対日協力とみなして、本人や家族を殺害したりした共産党に
あるのです。対日協力者とみなした人物にはテロ戦術を共産党が
とっていたのも事実です。共産党軍は、住民のなかにとけこまねばたたかえないような
状態におちいっていたので、そのような戦術以外にはとりえ
なかったでしょう。片一方でテロ戦術を使い、片一方では
「人民のなかに」という戦術をとったわけです。共産党を
理想化するのも、たいがいにすべきです。共産党軍が
日本軍とまともに戦ったことなどほとんどありません。
彼等がつくりだしている嘘にはいい加減にうんざりします。

595 :名無的発言者:03/09/27 21:48
八路軍は農民の出身だ. 農民を大切にするのは当然の事だ.

596 :名無的発言者:03/09/27 21:50
<コイツにはこの板が「学問・文系」に入っていることも知らないのか?>

文系の学問なんぞ 本物の学問ではない.


597 :名無的発言者:03/09/27 22:14
>文系の学問なんぞ 本物の学問ではない

君は痴呆症かね?

>学問とは哲学や数学や自然科学の事だ

「哲学」は文系の学問じゃないのかよ(笑)

598 :名無的発言者:03/09/27 22:15
>八路軍は農民の出身だ. 農民を大切にするのは当然の事だ.

大躍進でも文革でも農民が一番ヒドイ目にあった事は目に入らないようだ。

599 :名無的発言者:03/09/27 22:25
<「哲学」は文系の学問じゃないのかよ>

ヴィトゲンシュタインやラッセル,ライプニッツ は数学者でもある.
経済学も数学者がやっている.

文系といっても 歴史をやるバカとは脳の構造が違うのだ.

<大躍進でも文革でも農民が一番ヒドイ目にあった>

一番ヒドイ目にあったのは インテリだ. 農民は技術者を殺したために
作物が出来なくなって 餓死しただけで 自業自得だ.

600 :名無的発言者:03/09/27 22:29
>>599
そりゃ理系と文系の両方をやってるだけで「哲学が文系である」事の否定
にはなってないのだが。
キミの脳みその構造が心配だ(w

601 :名無的発言者:03/09/27 23:02
無敗のキチガイが負けそうです。
頑張れ〜♪


602 :名無的発言者:03/09/28 00:14
哲学は文系ではない:

哲学はあらゆる学問の母体となったもので,論理学,数学,物理学,心理学,美学,宗教学
などはすべて哲学から分かれたものだ.


603 :名無的発言者:03/09/28 00:19
イギリスでは博士課程 の学位はすべて 理系でも文系でも

PhD Philosophiae Doctor (Doctor of Philosophy) と言う.

604 :名無的発言者:03/09/28 00:20
アホか。そりゃ古代ギリシャでは「哲学」が「学問一般」を意味したからだろうが。
いい加減見苦しいよアンタ。

605 :名無的発言者:03/09/28 00:24
基礎数学はまだ哲学の一分野だ.
心理学が哲学から分かれたのは 20世紀初頭だ.

ニーチェ も ユング も哲学者と心理学者の中間だ.


606 :名無的発言者:03/09/28 00:30
仏教も哲学と深層心理学の両方にまたがっている.

基礎的な分野は 少し前までは すべて哲学者が研究していた.
カントの純粋理性批判も ニュートンの古典力学の認識論に基づいて構築されている.

哲学はあらゆる学問の母体だ.

607 :名無的発言者:03/09/28 10:24
いずれにしろ、オマイには批判精神はない。
本物の学問はナニかなどど語る資格はない。

608 :名無的発言者:03/09/28 10:31
数学は自然科学でも理系でもないよ
論証材料にはならない


609 :名無的発言者:03/09/28 10:31
で、「大虐殺」は理系?文系?

610 :名無的発言者:03/09/28 10:33
理系と文系の区別が無いので頭が三角になりますた

611 :名無的発言者:03/09/28 11:01
<数学は自然科学でも理系でもないよ>

それは正しい. しかし,数学は理系の能力を持つ人間にしか出来ない.

哲学もニーチェのような文系の人間がやると 深層心理学や宗教学に近くなってしまう.

612 :名無的発言者:03/09/28 11:59
文系理系と曖昧なことを言うからキチガイに逃げ道を与える

学問は研究対象により三分される
自然を対象とする自然科学
社会を対象とする社会科学
人文を対象とする人文科学

哲学は一点の疑義も無く人文科学に属する

これで終了


613 :名無的発言者:03/09/28 12:03
まあキチガイ君は今時、毛沢東を崇拝している時代錯誤の人間ですから。
ハッキリ言えば「大日本帝国復活」と叫んでいるヤシと同レベル。

614 :名無的発言者:03/09/28 12:15
まだ徴発の定義が無い


615 :名無的発言者:03/09/28 12:23
>軍票を発行する為には それに見合った価値の 外貨・金・貴金属 等を所有して
いなければならない. そういう裏付けなしに 軍票を濫発すると 上で示したような
インフレになる.

 以上は壊滅的バカである。

1 軍票発行にそういう義務は無い。
  自由である。
  無いものを有るかのごとく偽る何時もの嘘、捏造でに過ぎない。
  有ると言い張るなら、法的根拠を示せ。

2 軍票高下の価値変動に、外貨だの貴金属だのは、全く関係無い。
  それは一部兌換紙幣の話。
  論者は未成年の生徒で何も知らないやうだが、軍票の相場は唯戦局に因って決まる。
  負ければ紙屑になる。
  外貨も貴金属も勝者に押えられ、接収されるのだから、全然意味無し。

 子供は勉強してれば宜しい。
 人に意見を述べる実力無し!

616 :名無的発言者:03/09/28 12:29
もう一度読め. これは日本軍の公約だった:

日本軍が発行した軍票の裏書きには、いつでも等価で日本銀行券と交換出来る
旨の記載があり、軍票は取りも直さず、日本銀行の発行する正式な紙幣と同じ額面
で交換出来る「兌換(だかん)紙幣」だった.

昭和18年の大蔵省通達により、軍票の価値を維持するため内地よりその裏付けの
物資・貴金属を充当し軍票の回収をはかることとされていたが 守られなかった.

617 :名無的発言者:03/09/28 12:30
 だから

>裏付けなしに 軍票を濫発すると 上で示したようなインフレに

という部分は最も際立った客観的嘘だある
 因果関係ゼロ! 

618 :名無的発言者:03/09/28 12:31
<哲学は一点の疑義も無く人文科学に属する>

哲学という学問は個別的諸学とは異なり、諸学が前提にしている基礎や、日常生活
の日常的意識において見過ごされている前提を問題にするという点でメタ・レベル
の学問であると言える。歴史的に見ても多くの諸科学の出発点が哲学にあったこと
が知られている。

哲学は、また通常の個別諸学のように一つの分野に研究領域が限定されてはいない。
このような研究領域の自由性も哲学の特徴であり、現に人文科学、社会科学、
自然科学を含めて、いろいろな分野に関連する哲学的問題を選ぶことができる。

http://www.flet.keio.ac.jp/department/phil/tetugakuka.html

619 :名無的発言者:03/09/28 12:32
何回読んでも徴発の定義は書かれて無い

620 :名無的発言者:03/09/28 12:36
 太宰の文学作品「月見草」がたまたま月見草を主題に挙げたからといって、作品が
植物学や自然科学に分類される訳ではない
 愚図愚図屁理屈並べても、論者の異常性と粘着性が露呈するだけで、哲学が世界中
で人文科学に分類されている事実は、微動だにしない

621 :名無的発言者:03/09/28 12:40
 公約は選挙用語であるから、此処で持出すのはよろしくない。
 自虐派の概念、用語の乱れは目に余る。

 さて、その約束を破ったのは連合国であるから、連合国を追及せよ。
 つまり、主に支那と米ソ英豪だ。
 日本に何の責任ありや。
 関係無し!

622 :名無的発言者:03/09/28 12:43
主犯は支那と米国だな
犯人を厳罰に!

623 :名無的発言者:03/09/28 12:43
おまいら文系の奴らにはわからないだろう:

「徴発」という言葉の概念を、「用語の通常の意味に従い、誠実に解釈」すると、
「徴発」は、広義において国家権力を行使して、住民や自治体から強制的に物を
取り立てることを意味する。「徴発」は、本質的には、自己の利益のために物を
事実上支配する占有を奪うことであり、収用は、物を自由に使用・収益・処分
できる所有権を奪うことであると見ることもできる。しかし、収用の場合には、
所有権ばかりではなく、占有権も奪うことになるから、徴発から免除されるという
ことを占有権を奪うことだけの免除とみることはできない35。これに従い
「徴発から免除される」という文言を解すると、それは、物を事実上支配する
という占有権のみならず、物に対して自由に使用・収益・処分できるという絶対的
な支配を内容とする所有権をも奪われることに関して、免除されており、そのうえ
で、実際に所有権を侵害された場合には、補償が要求されているといえる。

さらに、条約の解釈の補足的手段として、条約法条約32条に従い、起草過程を
参考にして、先の31条による条約解釈により、得られた領事関係条約における
「徴発」という言葉の意味を確認する36。起草段階では「徴発」に関しては、
一時的なものと永久的なものをはっきりと区別すべきであるとされ、「徴発」は
一時的なものであり、永久的なものの意味として、「収用」という言葉が使われる
ように決められた。そして、領事館とその財産は、永久的な意味として分けられた
「収用」の場合には、免除はされないこともあるが、一時的に物を接受国から物を
取り立てられる「徴発」においては、免除されるべきであるとされた37。

以上から考察すると、領事関係条約における「徴発」とは、財産や物に対して
自由に使用・収益・処分できるという絶対的な支配を内容とする所有権を一時的に
剥奪することをいうといえる。

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/3240/japan/2002japan-a1.doc




624 :名無的発言者:03/09/28 12:44
<哲学は一点の疑義も無く人文科学に属する>

哲学という学問は個別的諸学とは異なり、諸学が前提にしている基礎や、日常生活
の日常的意識において見過ごされている前提を問題にするという点でメタ・レベル
の学問であると言える。歴史的に見ても多くの諸科学の出発点が哲学にあったこと
が知られている。

哲学は、また通常の個別諸学のように一つの分野に研究領域が限定されてはいない。
このような研究領域の自由性も哲学の特徴であり、現に人文科学、社会科学、
自然科学を含めて、いろいろな分野に関連する哲学的問題を選ぶことができる。

http://www.flet.keio.ac.jp/department/phil/tetugakuka.html

625 :名無的発言者:03/09/28 12:47
<哲学が世界中で人文科学に分類されている事実は、微動だにしない>

地理学は東大では理系,京大では文系だ.
数学や哲学は本来 理系とか文系とかに分類できないものだ.


626 :名無的発言者:03/09/28 12:55
地理学は人文地理と自然地理に二分されるから当然だ
数学は論理学の一種だ

何れにせよ、哲学とは関係の無い話だ
話をそらして誤魔化すな

627 :名無的発言者:03/09/28 12:58
<太宰の文学作品「月見草」がたまたま月見草を主題に挙げたからといって>

太宰は「月見草」の研究をしたわけではない.
哲学者は実際に物理学の基礎を研究している.

分類は都合上のもので絶対的ではない.

628 :名無的発言者:03/09/28 12:59
>領事関係条約における「徴発」とは、財産や物に対して自由に使用・収益・処分できるという絶対的な支配を内容とする所有権を一時的に
剥奪することをいうといえる。

 関係無い
 此処で問われているのは戦時国際法上の定義だ
 毎度無関係な話ばかりするなよ、うざい!



629 :名無的発言者:03/09/28 13:00
哲学が時に諸々の事象を挙げるのも、太宰の月見草と同じ
それを本来の研究対象とするわけではない

630 :名無的発言者:03/09/28 13:01
>分類は都合上のもので絶対的ではない

だったら何時までもごちゃごちゃ粘着するな変態低学歴野郎

631 :名無的発言者:03/09/28 13:03
いえ、負けて来たもんで、ちょっと逃げを打って見たんですよ。

632 :名無的発言者:03/09/28 13:05
軍票の話で負けると哲学に、哲学で負けると徴発に、と逃げ回っています。

633 :名無的発言者:03/09/28 13:06
おとつい大尉殿に連打されてから後遺症でふらついています。

634 :名無的発言者:03/09/28 13:08
<哲学が時に諸々の事象を挙げるのも、太宰の月見草と同じ
それを本来の研究対象とするわけではない>

おまい,哲学者の デモクリトス や アリストテレス を知らんのか?
自然科学が専門分野でもある.

http://homepage1.nifty.com/kurubushi/card20741.html



635 :名無的発言者:03/09/28 13:12
たいして違わない:

ハーグ陸戦法規 第五二条[徴発と課役]

現品徴発及課役ハ、占領軍ノ需要ノ為ニスルニ非サレハ、市区町村又ハ住民ニ
対シテ之ヲ要求スルコトヲ得ス。徴発及課役ハ、地方ノ資力ニ相応シ、且人民
ヲシテ其ノ本国ニ対スル作戦動作ニ加ルノ義務ヲ負ハシメサル性質ノモノタル
コトヲ要ス。

右徴発及課役ハ、占領地方ニ於ケル指揮官ノ許可ヲ得ルニ非サレハ、之ヲ要求
スルコトヲ得ス。

現品ノ供給ニ対シテハ、成ルヘク即金ニテ支払ヒ、然ラサレハ領収証ヲ以テ之ヲ
証明スヘク、且成ルヘク速ニ之ニ対スル金額ノ支払ヲ履行スヘキモノトス。


636 :名無的発言者:03/09/28 13:15
今日も今日とて、軍票の相場変動因子で完敗したのは痛かった。
見るからに反論の余地ゼロ。

637 :名無的発言者:03/09/28 13:17
全然違うじゃん。
どっちにしても連合国悪い。


638 :名無的発言者:03/09/28 13:17
「占領のための徴発」だとしても、52条には徴発には対価をきちんと
払わなければならないと書いてあります。

軍票を日銀券と交換できなければ 対価を払ったことになりません.

639 :名無的発言者:03/09/28 13:19
悪い決定した連合国の責任だ

640 :名無的発言者:03/09/28 13:20
徴発は占領のためじゃないよ。
勝手に話を作るなよな。

641 :名無的発言者:03/09/28 13:24
赤いウソツキは言訳すればするほど殴られてます。

642 :名無的発言者:03/09/28 13:27
尻の菊印の右翼ホモは何時も自分が勝ったと勘違いしか出来ません。

643 :名無的発言者:03/09/28 13:36
「占領のための徴発」だなんて、かぎ括弧までつけて、まるでどこかに立派な典拠が
あって、そこから引用して来たように装ってる。念の入った悪質な騙しの手法だ。

644 :名無的発言者:03/09/28 13:39
沖縄の話からコピペしてきたからだ. 唯の徴発でも同じだ:

http://www.gensuikin.org/data/kawakami.html

645 :名無的発言者:03/09/28 13:42
宮本武蔵は絵も描いたし二刀流も使ったので、絵画は剣術です

646 :名無的発言者:03/09/28 13:44
徴発は占領のためにするのではない。
徴発の定義を要求したのはこういうときのためだ。

唯の徴発とは何だ。
唯の徴発も唯で無い徴発も無い。
また捏造か。
唯の徴発と唯で無い徴発の違いは何だ。

647 :名無的発言者:03/09/28 13:45
空間とか時間は 物理学の概念でもあるし,純粋に哲学上の概念でもある.

空間とは何か?, 時間とは何か? というのは哲学と物理学共通の問題なので

哲学と物理学は基礎領域では分離できない.


648 :名無的発言者:03/09/28 13:50
「占領のための徴発」とは 統治のために必要な土地・建物等を強制的に取り上げる
事だ. 唯の徴発とは 食べ物等を代価を払って強制的に取り上げる事だ.

649 :名無的発言者:03/09/28 13:53
南京大虐殺はなかったと主張する学者は存在しますか? もし存在するなら
名前を挙げてください。


650 :名無的発言者:03/09/28 14:01
 バカの書き込みを我慢して読むと、どうも対象が不動産か動産かで
「占領のための徴発」と唯の徴発とを区分したいようだ。
 但し、バカ発作的に立てた勝手な分類で、世界で全く通用しない。
 根拠を問われれば答えられず、また物理学にでも逃げるだろう。

651 :名無的発言者:03/09/28 14:15
発作です。
戦時国際法上の徴発、すなわちここで論ぜられている徴発は唯一種類しかありません。
二種類有るという発作患者は、法的根拠を述べるべきです。
占領のための徴発とやらも同じ。
共に捏造です。

652 :名無的発言者:03/09/28 14:21
 前に徴発は最高指揮官でないと出来ないから下っ端がやるのは徴発ではなく
略奪だ、と書いてたが、あれも大嘘。一兵卒でも出来る。




653 :名無的発言者:03/09/28 14:31
軍票インフレの話も悲惨に負けてた。
知らないことに口を出すからだ。
ほんとに大痔じゃないのか?

654 :名無的発言者:03/09/28 14:32
もう一度読め:

「徴発」とは、
(1)敵国において行う方法で、
(2)高級指揮官の命令、あるいは許可により実施するのを通常とするが、
(3)非常の場合は、指揮を執る高級先任の将校に徴発の権があり、
(4)徴発する物資には賠償を与えるか証票を与えて後日賠償することになっています。

(昭和13年9月『作戦要務令(第三部)』補給及給養 第百二十五〜百二十六)

 将校の指示のもとで「徴発」が行われるので、一兵卒が「不注意で徴発」する
ことも、将校が指揮官でない「徴発」も原理的には有り得ません。


655 :名無的発言者:03/09/28 14:35
作戦要務令は法令ではない。
いわんや国際法ではない。

よってここに典拠として持出して来るのがそもそも無能であるが、どうしても持込むなら、
きちんと原文でやれ。
またぞろ勝手な改竄は許さんぞ。

656 :名無的発言者:03/09/28 14:36
アメリカが沖縄の土地の強制収用を「占領のための徴発」と言っただけだ:

沖縄では、戦後住民が収容所から帰ってくると土地が囲い込まれて米軍のものに
なっていました。ハーグ陸戦法規の46条、47条には、略奪の禁止、私有財産
没収の禁止が定められています。

アメリカが言うように「占領のための徴発」だとしても、52条には徴発には対価
をきちんと払わなければならないと書いてあります.

http://www.gensuikin.org/data/kawakami.html

657 :名無的発言者:03/09/28 14:38
<作戦要務令は法令ではない>

日本軍内部ではそうすることに決めていたという事だ.


658 :名無的発言者:03/09/28 14:51
国際法の問題に、国内法ですらないものを持出すな
まして勝手な抄訳出して誤魔化すな
原文出せ、原文
おまいの書込は信じられないほど大量の間違いだらけで程度が低すぎる

659 :名無的発言者:03/09/28 14:53
>アメリカが沖縄の土地の強制収用を「占領のための徴発」と言っただけだ:

ふてぶてしいウソツキ野郎だな
60何年前の日本の徴発の話だろうが
全然関係無い話で誤魔化すなよ
おまいがテイノウで間違えたか、根性悪で出鱈目書いたんだろうが!




660 :名無的発言者:03/09/28 14:55
作戦要務令は一種教科書であって、日本陸軍内部に於てすら
拘束力はありません。

661 :名無的発言者:03/09/28 14:56
>>634
> 自然科学が専門分野でもある.
で「あった」だろ。


662 :名無的発言者:03/09/28 15:02
建設省や千葉県庁の下僚が土地収用したりするのは大臣、知事の手足として、その名に於てやるのであって
略奪ではありません 大臣、知事にしかないから略奪だというキチガイは居ません。軍隊も同じ。言いがか
りです。

尤も、土地の強制収用は本当に大臣知事のみの権限ですが、徴発は最高指揮官でなくても、自分の名前で出
来ます。最高指揮官でないと出来ない、というのが既にうそなのです。何度言っても定義を出せない所から
察せられるように、自虐派は赤い洗脳教科書暗記して繰返してるだけで、何も知らないのです。





663 :名無的発言者:03/09/28 15:09
軍票には将校の名前が必要だということだな:

徴発品の代金の支払いは如何にされて居ったのか、軍隊は強盗でも山賊で
もない。必ず代金を払って買はねばならないのである。しかし物はあっても人
が逃れて居らぬ今日、生きん為めに食ふものは是非必要と云ふ時は徴発という
ことになる。従って之(これ)については国際法等で厳重な規定がある。
 後日、所有者が代金の請求を出来るようにして置かねばならない故に、徴発
書はかねて印刷配布して所要の事項を記入すればよいようにして、記載事項や
注意事項も詳細印刷して一読すれば誰にでもわかるのである。
  しかるに後日所有者が代金の請求に持参したものを見れば、其記入が出鱈
目(でたらめ)である。例えば○○部隊先鋒隊長加藤清正とか、退却部隊長蒋
介石と書いて、其品種数量を箱入丸升とか樽詰少量と云ふものや、全く何も記
入してないもの、はなはだしいものは単に馬鹿野郎と書いたものもある。全く
熱意も誠意もない。
(渡辺卯七「第9師団経理部将校の回想・4,南京戦の思い出」)


664 :名無的発言者:03/09/28 15:14
自虐派は今日も無残に乱打されています。

665 :名無的発言者:03/09/28 15:28
同じものを何度も挙げるなよ
マルチポストはルール違反だろうが
おまいが挙げるたびにみんな金払わされるんだぞ!
人の迷惑考えろ、変態粘着こぴぺ野郎!

666 :名無的発言者:03/09/28 15:29
<軍票インフレの話も悲惨に負けてた。>

供給より需要が多ければ インフレになるのは常識だ.
軍票が出回らなければインフレは起きない.

667 :名無的発言者:03/09/28 15:31
<おまいが挙げるたびにみんな金払わされるんだぞ!>

俺は金払った事無いぞ. どこの星の話だ?


668 :名無的発言者:03/09/28 15:31
>軍票には将校の名前が必要だということだな

自分で最高指揮官と書いておいて何たる横柄な言い草だ。
真人間なら、間違えて滅茶苦茶書いてごめんなさい、というんだ。
金正男か宅間被告みたいに傲然たる奴だ。


669 :名無的発言者:03/09/28 15:35
また嘘を書いてごまかそうとしているな。
おまいは需給の話はしていない。
軍票相場の変動因子を金、貴金属、外貨とか何とか書いたら、
それらは全く関係無いとやられたんだ。

そういう「常識」なんて無い。
あると言い張るなら、根拠を出せ。
軍票はそういうことでは動かない。

670 :名無的発言者:03/09/28 15:36
俺はそんなこと言ってない:

非常の場合は、指揮を執る高級先任の将校に徴発の権があり、

http://t-t-japan.com/bbs/article/t/tohoho/6/nueqrf/tqhqrf.html

671 :名無的発言者:03/09/28 15:39
軍票は紙幣と同じだ. 印刷機で紙幣をどんどん印刷して それで大量に物資を
買ったらどうなるか 考えろ.

672 :名無的発言者:03/09/28 15:51
>軍票には将校の名前が必要だということだな

これまた嘘。
一兵卒でも出来る。
アカの言うことは隅から隅まで全部嘘。


673 :名無的発言者:03/09/28 15:53
どうもならない
おまいの書いてるのは無知ゆえの推測で、史実ではない
出鱈目言い張るなら事実を示せ

674 :名無的発言者:03/09/28 16:06
おまいは最高指揮官と書いたんだ。
コピペばっかりしてるから自分で自分のUPを忘れるんだ。
但し「高級先任の将校」といっても、ここではおんなじだ。
徴発は兵卒でもできる。
例によって「高級先任の将校」が何たるかも知らないくせに生意気抜かすな。


675 :名無的発言者:03/09/28 16:12
東南アジアのいずれの地域でも、日本が紙幣がわりに発行した軍票の乱 発によって、
物価はいちじるしく上昇し、食糧は不足しました。

http://www.jca.apc.org/JWRC/exhibit/Ewasia43.htm

現地刷南発券
10ルピア
南方開発金庫券は発行限度額を定めていませんでした。
発行限度額とは、発行する国の経済力に合わせて決められる物で、昔なら金の
保有量、現在は経済力に関わります。
これはつまり、本来なら価値のない「紙」のお金を使っても大丈夫であることを
保証すると言うことです。
発行限度を定めていないと言うのは、経済力を超えた発行数になることを意味し、
いざという時、その紙幣を価値のある物(たとえば「金」)に換えてもらえない
ことを意味します。

よって紙幣一枚の価値がその分だけ減っていき、逆に物の価値が高くなるため、
インフレを起こします。

http://www1.neweb.ne.jp/wa/note/16.htm

676 :名無的発言者:03/09/28 16:14
軍票を発する地域でも、経済は軍票で動いているわけではない。
現地貨幣の類で動いてる。
軍票にインフレもへったくれもない。
重ねて言う。
軍票は貨幣ではない。
外貨や金の準備と軍票の価値は関係無い。
それらはバカが勝手に紙幣から連想してるだけで、事実ではない。
事実が無いから示すことも出来ない。
動乱になると米ドルが上がるが、別段米国の金保有量や外貨準備高が増える訳ではない。
それどころか、米国経済急速に悪化してもなほ米ドルは上がる。
まして軍票だ。
相場を動かすのは、圧倒的に武威のみ!

677 :名無的発言者:03/09/28 16:15
最高指揮官というのは <<662 が勝手に言ったんだ.

678 :名無的発言者:03/09/28 16:16
現地刷南発券10ルピア南方開発金庫券
とやらは軍票なんですか?
違うと思いますけど。

679 :名無的発言者:03/09/28 16:18
香港ドルはすべて軍票と交換させられた:

軍票。「軍用手票」・「軍用手表」・「軍用手形」・「軍用切符」共呼ばれ、
軍隊が作戦展開に必要な物資の調達や、占領地での経済活動等に必要な軍費を賄
(まかな)う為に、戦地や占領地域等で一時的に発行・使用した臨時紙幣の事で、
日本軍の場合、日露戦争(1904-1905)以来、青島(チンタオ)出兵(1914)・
シベリア出兵(1918-1922)・支那事変(日中戦争:1937-1945)・大東亜戦争
(太平洋戦争:1941-1945)において大量に発行されました。

さて、この軍票ですが、大東亜戦争中の香港でもご多分に漏れず発行されました。
香港における軍票は、進駐した日本軍が3年8ヶ月にわたった占領期間中、香港市民
の持つ香港ドルと強制的に交換し増した.


680 :名無的発言者:03/09/28 16:21
<現地刷南発券10ルピア南方開発金庫券とやらは軍票なんですか?>


昭和18年の大蔵省通達により、外貨軍票はそのまま南方開発金庫券に切り替え
られた。軍票の価値を維持するため内地よりその裏付けの物資・貴金属を充当し
軍票の回収をはかることとされたが、戦局の悪化により軍票の乱発を招く一方、
裏付け物資の輸送が困難となりインフレを招き、物々交換−ヤミ取引を増大させ、
その結果、占領地行政の困難に直結した。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2687/siryo/siryo07.html

 



681 :名無的発言者:03/09/28 16:21
軍票には軍票と書いてあって、金庫券とは書いてありません。

682 :名無的発言者:03/09/28 16:24
1943年1月南方開発金庫に発券機能が付加され、4月より南方開発金庫券(南発券)
を発行しはじめた。これは軍票ではないが実際には軍票と同じようなものだった
ので、一般には軍票と思われていた。外部との交易関係が断たれ、物が不足する
なかで、物資を調達するために南発券が乱発された。発行高は1942年12月に
4億6326万円だったのが、44年末には106億2296万円、45年8月には194億6822万円
と急増していった。日本が中国で発券した儲備券の場合は1941年末の2.4億元
から44年末には1397億元、45年8月には2兆6972億元にも達した。この結果、
すさまじいインフレが引き起こされた。シンガポールの物価指数は開戦時の
1941年12月を100とすると翌年12月には352、44年12月には1万0766、45年8月
には3万5000と350倍になっている。特に米は開戦時、60キロが5ドルだったのが、
45年6月には5000ドルと一千倍にもなっている。

http://plaza18.mbn.or.jp/~modernH/paper41.htm


683 :名無的発言者:03/09/28 16:51
香港ドルも南方開発金庫券も軍票ではない。
同じようなものだったの、軍票と思われていたのは、何時もの騙りに過ぎない。



684 :名無的発言者:03/09/28 16:57
何百千倍になろうと、それは外貨や金の保有と何の関係も無い。
返事が出来ないものだから、関係無い話を延々書いて反論したように装っているな。
そうゆう要因で軍票相場が高下した例があったら一例でも示せ。
無いくせに何時までもウソを続けるんじゃないぞ。

685 :名無的発言者:03/09/28 17:01
>日本が中国で発券した儲備券


中華民国(南京政権)が出させていた。
でも、軍票ではなく銀行券である。
それも、外国の。


686 :名無的発言者:03/09/28 17:50
「強制的に交換」ってのも、うそ臭い。
一般の通貨だって通貨法により強制通用力がある。
つまり強制的に交換される。
それなのに、当たり前のことをさも禍々しい悪事にみたいな書き方して、
日本が悪いような印象振りまこうとしてる。
汚いプロパガンダだよな。

687 :スレ題にワロタ:03/09/28 18:12
 軍用「手票」「手表」「手形」「切符」の呼称からみても、
軍票は貨幣でないと言うのは本当だと思うな。

688 :名無的発言者:03/09/28 18:26
実在しない目黒輜重連隊の話はどうなった。

689 :名無的発言者:03/09/28 18:28
同じモノなら「軍票」とする必要が全くないな。
紙幣を増刷すれば良いだけ。


690 :名無的発言者:03/09/28 18:31
多くても600人の筈の大隊に何故か千人以上いるとゆう水増話もどうなった。

691 :名無的発言者:03/09/28 18:41
だいたいインフレは犯罪じゃないぞ。
中南米諸国は現在も年率何百%のインフレだが、あれは訴えないのか。
それに、あの頃は世界中インフレだったのを知らないのかよ。
日本だけインフレだったようなこと言うな。
世界各国皆訴えろ。

692 :名無的発言者:03/09/28 18:42
そう、軍票は貨幣じゃない。
寧ろ手形に近い。
だから初めから有価証券だって書いてるんだが、子供は有価証券知らないからね。

693 :名無的発言者:03/09/28 18:54
      , -─‐- 、
 (⌒ヽ. ,' ノ´}´ `y'`ヽ   
  \ V´,、イ从{~jノ}i i}   _______
   〈 __) }i゚j{ ,=v' ソ  |
    〈 __)イ、"lフィ!´    < 自虐派の嘘がバレますた!
   ∧__ノ ハzziト、!l      |
   (( (ハ´    ハヽ ,、    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ヽ/    ∧_二∃
    /     ̄ ̄`ヽ
  _/  /~ ̄ ̄/ /
)⌒ _ ノ     / ./
| /       (  \
し'         \_つ


694 :イ爾已経死了:03/09/28 19:19
>>692
「子供」だから、「日本銀行券」と「子供銀行券」の区別が付かないんだよ。

695 :名無的発言者:03/09/28 19:20
<「強制的に交換」ってのも、うそ臭い。>

香港住民は第二次世界大戦中に香港を占領した日本軍によって通貨を軍票と交換
させられたが、軍票は戦後、無価値となったのである。東京地裁は、香港住民が
軍票との交換を強制されたことを事実として認定したが、日本政府には補償義務
はないと判示した。原告側の高木健一弁護士は、裁判所が原告の被害を認めたこと
は評価しつつも、補償請求が棄却されたことを批判した。

原告によれば、香港住民は香港ドル・宝石類と日本軍の発行する軍票とを交換
させられた。日本軍の命令に従わなかった者は、手の指の爪を剥がれたり、汚水を
腹一杯飲まされた後で腹部を踏み均されたという。

http://www.jiyuu-shikan.org/oversea/03/039/jtimes.htm


696 :名無的発言者:03/09/28 19:28
結局、都合の悪い話になるとコピペして「俺はコピペしただけ」と言い張る卑怯者。
賛美していた本多勝一そっくりだな(笑)

697 :名無的発言者:03/09/28 19:33
嘘を撒き散らす右翼諸君より良心的さ.

698 :名無的発言者:03/09/28 19:37
誤: 嘘を撒き散らす右翼諸君より良心的さ.
正: 嘘を撒き散らす左翼諸君は糞さ



699 :名無的発言者:03/09/28 19:43
ナンナンナンナン ナンキンサン
ナンキンサンノ コトバハ
ナンキン コトバ

700 :名無的発言者:03/09/28 19:51
<同じモノなら「軍票」とする必要が全くないな。紙幣を増刷すれば良いだけ。>

軍票発行の理由

何ぜ軍票が発行されたか、その理由は幾つかあるが、一番の理由は占領地域と本国とを同一通貨にすると
勢い通貨の発行高が増加し、インフレを招く恐れがあったからである。第二は、同一通貨にすると一時的な
戦況の有利、不利が直接、本国の通貨に影響を与えるためであった。

http://www.borneo.ac/gunnpyou.htm


701 :名無的発言者:03/09/28 20:00
<軍票は貨幣じゃない。だから初めから有価証券だって書いてるんだが>

有価証券は額面と実際の価値が違う.軍票は額面通りに日銀券と交換できる建前だった:

日本軍が発行した軍票の裏書きには、いつでも等価で日本銀行券と交換出来る
旨の記載があり、軍票は取りも直さず、日本銀行の発行する正式な紙幣と同じ額面
で交換出来る「兌換(だかん)紙幣」だったからなのです。つまり、軍票は
日本銀行の発行する正式な紙幣と同等の価値を有していた.

http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/honbun/gunpyo.html


702 :名無的発言者:03/09/28 20:48
そりゃ株券の話だろ
しっかりしろや
手形は額面通りだよ

703 :名無的発言者:03/09/28 21:40
手形は額面通りの金額にはならないし,裏書も必要だ:

手形の割引とは、約束手形・為替手形を満期日前に金融機関に買い取ってもらい、
現金や預金にすることです。
満期日までの利息を控除されます。この利息を割引料といい、この講座では
支払利息割引料勘定 を使っています。
割引いた手形を割引手形といいます。

手形の裏書とは、約束手形・為替手形の裏面の所定欄に署名・押印して他人に
譲渡することです。
裏書譲渡した手形を裏書手形といいます。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~search/ac/


704 :名無的発言者:03/09/28 21:43
手形の裏書とは、所有している手形債権を手形期日到来前に第三者に譲渡すること
をいう。この場合、もし手形期日に支払人が手形金額を支払わなかったときには、
裏書人が代わって支払わなければならないという義務が生じることになる(これを偶発債務という)。

705 :名無的発言者:03/09/28 22:28
中国企業「テクノセンター」の未公開株譲渡問題はマスコミは敢えて矮小化しようとしているんじゃないの(嘲)。
いつ自分のことろに火の粉がふりかかってくるかわからないからね。
朝日新聞日経BPに続いて共同通信香港支局長も株を譲り受けていたことが判明した。
日本国最後にして最悪の記者クラブ談合体質から言って、一匹のゴキブリを見れば100匹はいるはずである。
汚染はまだ広がるだろう。それにしてもリクルート事件からキミたちは何を学んだのか。
「まだ配当は受け取っていない」「福祉に使ってくれと返した」という反論の手法はリクルートの安比高原スキー接待を
受けながら「全額返した」と言い抜ける本多勝一様が作り上げた手法である(嘲)。
さすがは築地をどり伝統は先人の芸を学ぶに怠りない。
昨夜からさっそく築地の工作員諸君から情報が続々と集まっているが経済局から電子電波メディア局に異動した
毒まんじゅうイーター君は社長の覚えもめでたく社運をかけたワールドカップも担当。
記者というよりも今回のメディアゴロ的なところは巨人軍騒動のもとを作ったナベツネの茶坊主を思わせる。
一方日経BPの役員様におかれてはなんと大宅賞受賞者にして『文藝春秋』『諸君』の寄稿常連という文春の寵児。
吉田司小林照幸といった田中康夫潰しが大宅賞のお家芸かと思ったら毒まんじゅうも芸風だったとは。
関西大学の長谷川研究室ではテクノセンターのメディア露出を調査している。
http://ipcres1.ipcku.kansai-u.ac.jp/~shin/technocentre.html
炯眼の記者ならお気づきだろうがこの中の「関連文献リスト」は宝の山。
もちろん朝日日経BPの二人の名もあるが他の著者についても調べてみるがいい。
記事露出という代価を払っている以上メディア的には贈収賄。君らが社員だからだよ。

勝谷誠彦の××な日々。 2003/09/28 (日)
http://www.diary.ne.jp/user/31174/

706 :名無的発言者:03/09/29 08:18
手形は期日に支払地で支払を受けないと、たとえ善意の取得であってもその価値を失う。
昔も今も変わらないルールです。
ちなみに「ルールを知らなかった」というのは通用しません。

707 :名無的発言者:03/09/29 08:35
 子供に反論は無理なようだな。

>手形は額面通りの金額にはならないし,裏書も必要だ
 手形の割引とは、約束手形・為替手形を満期日前に金融機関に買い取ってもらい、
        (以下略)

 これも嘘。
 手形は原則額面通りになる。
 バカがごちゃごちゃ書いてるのは、手形割引という変則形態の話に過ぎない。
 10月31日が支払期日である売掛代金がが有るとする。
 債務者が9月1日に手形で支払うなら、決済日はあくまで10月31日だから、
同日を以て期日と書込む。
 当日銀行で元金化しておしまい。
 没有問題。
 ところが此処に資金繰の苦しい会社があって、受取った手形を即日現金化した
いと思う。
 債権は譲渡可能であるから、誰かに売る。
 買手は期日まで二か月分の金利と手数料を引いて買い取る。
 これが手形割引だ。
 支払期日前に金は貰えないのが当然で、それを敢て現金化しようという例外的処理
法である。
 圧倒的大多数は、割引なんかしないのである。
 手形を全然知らぬものが、首っ引きで書き写した大間違いである。

708 :名無的発言者:03/09/29 08:38
>>702
株券だって市場がなければ額面通りだよね。


709 :名無的発言者:03/09/29 08:46
 俺自身は手形より小切手だと思うが、まあ子供にその区別は分るまいから、手形
として話をする。

>期日に支払地で支払を受けないと、たとえ善意の取得であってもその価値を失う。

 嘘をつくな。
 手形小切手といった一般的有価証券は、全世界で支払いを受けるシステムが出来
上がっている。
 金融機関の業務であり、背後に公設の手形交換所まである。
 こういう取引のためにこそ、金融機関は世界的ネットワークを組んでいるのだ。

 手形・小切手を含む商法は早くから世界的統一がが進んでおり、世界中に知れ渡
っている。
 ルールを知らないものなど、大人にはいない。
 子供が知らないだけだ。
 ありもしないことを尤もらしく書くな。

710 :名無的発言者:03/09/29 08:48
でも期日過ぎたら拙いよね、そりゃ。

711 :名無的発言者:03/09/29 08:51
>手形の裏書とは、所有している手形債権を手形期日到来前に第三者に譲渡することをいう。

 嘘。
 裏書とは裏に書くことだ。
 手形の譲渡は手形譲渡だ。
 田方譲渡を裏書とは言わない。
 子供の写し間違いに過ぎない。


712 :名無的発言者:03/09/29 08:51
709の後半は誤爆だと思います。

713 :名無的発言者:03/09/29 08:58
そりゃ失敬。
706さん、ごめんね。

714 :名無的発言者:03/09/29 08:59
>>709
あんたの言うシステムっていうのは期日落ちのミスを防ぐための手段だよ。
今は銀行の手形しかないから知らないだろうけど、昔は私的手形なんかも流通していたんだ。


715 :名無的発言者:03/09/29 09:11
昔は何でも素晴らしい

716 :名無的発言者:03/09/29 09:14
どちらにしろ 軍票は手形や小切手とは 全く取扱い方が違う.

軍票は紙幣に一番近い.

717 :名無的発言者:03/09/29 09:23
軍票は紙幣ではない。
紙幣なら別に軍票を作る必要は無い。
紙幣の定義も知らんで愚図愚図抜かすな!

718 :名無的発言者:03/09/29 09:28
そういう問題じゃないだろ。
軍票処理は連合国がやったんだ。
責任は連合国にある。
日本には無い。
全然無い。
ところで支那は連合国かつ本件当事国。
いまさら文句を言える立場ではない。

719 :名無的発言者:03/09/29 09:36
軍票の使い方は紙幣と全く同じだ:

作家古山高麗雄さん(1920−2002)は、太平洋戦争ではずっと陸軍一等兵だった
ので、毎月23円50銭の給料をもらっていました。

http://homepage1.nifty.com/whotarou/zakki/h14nen/zakki208.htm

軍票発行の理由

何ぜ軍票が発行されたか、その理由は幾つかあるが、一番の理由は占領地域と本国とを同一通貨にすると
勢い通貨の発行高が増加し、インフレを招く恐れがあったからである。第二は、同一通貨にすると一時的な
戦況の有利、不利が直接、本国の通貨に影響を与えるためであった。


戦場では日本銀行券ではなくて軍票で支給されたようです。古山さんはビルマに
送られたときは食料をビルマ人から買い、代金は軍票で払いました。

720 :名無的発言者:03/09/29 09:38
今日もアカちゃん叩かれるんだろな。

721 :名無的発言者:03/09/29 10:09
>>716
つまり、紙幣ではないと言うことだね。
チャンチャン♪

722 :名無的発言者:03/09/29 10:14
>>719
それのドコがいけないことなの?
よく判りませんが?

723 :名無的発言者:03/09/29 10:16
おまいら、まだ軍票の話してたのか

724 :名無的発言者:03/09/29 10:37
 軍票とは、戦争またはこれに準ずる事変等で国外出兵する際に、作戦・駐留地域に於て
軍が経費支弁のために使用する支払証票すなわち徴発証券である。正確には軍用手票とい
い、日清戦争時には軍用切符と称した。正貨や外貨の節約、物資調達や支払上の便宜(現地
通貨の調達は円滑に行く保証がない)、本国通貨使用による本国通貨への悪影響(本国通貨
の価値の動揺等)の防止、経済戦争実施による相手国抗戦力の経済的基礎を動揺させる効果
などが目的である。
 日露戦争時の閣議は「正貨ノ需用灸々加ルハ勢免レザル所ナルヲ以テ、可成正貨節用ノ
策ヲ案ジ、正貨ノ濫出ヲ妨止スルト同時ニ、海外ニ於ケル軍費仕払上最便利ナル方法ヲ講
ジ、以テ皇軍日常ノ経費ヲ支弁スルニ遺憾ナカラシム」としている。
 軍票は清朝末期に革命軍、軍閥が徴発証券ちして使用したが、第1次大戦中にドイツ軍が
大々的に発行するに至った。第2次大戦でも各種のやり方で軍票が発行された。有価証券な
ので流通性を認められることが少くない。
 日本では、西南戦争時に西郷軍が発行した軍用紙幣、所謂西郷札がその先駆とされる。
政府発行の軍票は、日清戦争時が最初のケース(未使用のまま回収)であり、日露戦争、青
島出兵、シベリア出兵、支那事変、大東亜戦争の際に例がある。前3者の軍票は銀兌換、
シベリア出兵軍票は金兌換を建前として通用の安心を図ったが、支那事変以降は金、銀の
字を冠しなくなった。以後は兌換でない。昭和15年汪兆銘政府の中央院備銀行が設立され、
院備券の流通拡大とともに支那では日本軍票の必要性が無くなった。南方占領地に於ては、
従来の円表示にかえて現地通貨表示の軍票を発行したが、同じく昭和17年南方開発金庫が設
立され、その南発券(南方開発金庫券)発行により、こちらも軍票の役割は消滅した。

725 :名無的発言者:03/09/29 10:43
アカちゃん一所懸命反論してるんだが、根が無知でバカなものだから
どうしても見当違いだね。

726 :名無的発言者:03/09/29 10:46
兌換が嘘なこともばれてしまった

727 :名無的発言者:03/09/29 10:58
証券であって通過でないこともばれてしまった。

728 :名無的発言者:03/09/29 10:59
軍票の話から逃げたいので、723を書いてみますた

729 :名無的発言者:03/09/29 11:03
俺の場合、珍宝の使い方と指の使い方は同じだが、だからといって指が珍宝な訳ではない。
十本も増えたらたいへんだ。

730 :名無的発言者:03/09/29 11:03
軍票は有価証券ではない:

有価証券とは、「財産的価値を有する私権を表章する証券であって、権利の発生・
移転・行使の全部又は一部が証券によってなされることを要するもの」をいいます。
具体的には、手形、小切手、株券、社債券、運送証券、倉庫証券、抵当証券等が
あります。有価証券は、証券に権利が合体したものであって、証券の所持人は
権利者であるとの推定が働き、権利の移転を証券のみによってなす事が可能となり、
権利の流通を促進するための手段となっております。

731 :名無的発言者:03/09/29 11:05
だからこそ、軍票は有価証券です。
ばっちり定義に該当します。
はい、ご苦労さん。

732 :名無的発言者:03/09/29 11:05
軍票は現地の通貨を廃止して その代わりに使っていたのだから
有価証券ではありえない

733 :名無的発言者:03/09/29 11:12
730にはワロタ。
軍票は有価証券だと主張しちゃってるじゃん。
725のいうとおりだ。

734 :名無的発言者:03/09/29 11:14
732も嘘。
支那では南京政権側で二つの銀行が銀行券を発行し、流通していた。

735 :名無的発言者:03/09/29 11:14
現地の通貨と交換しようと思っても 交換できない軍票は 有価証券にはならない.

736 :名無的発言者:03/09/29 11:16
色々いいわけを考えてみますたが片端から論破されるので、729はいっそ
エロネタで笑って誤魔化そうとたくらみますた。

737 :名無的発言者:03/09/29 11:20
有価証券は現地通過と交換できなくても全然構わない。
そんなことは有価証券たるの要件ではない。
船荷証は判例も認める確実な有価証券だが、船荷としか交換できない。
鉄道切符もまた判例の認める確実な有価証券だが、何物とも交換できなず、ただ鉄道乗車できるだけである。

反対者はあまりにも無知で、議論に参加する能力を欠く。

738 :名無的発言者:03/09/29 11:24
アカちゃんは今日も朝から負けまくってます
目黒輜重連隊をごまかしたい一心で、見たことも無い軍票の話しを持出したのが運の尽きですた

駄目だよ、大人はみんな経済知識あるんだから、通用しないよ

739 :名無的発言者:03/09/29 11:27
軍票は現地の通貨を廃止して その代わりに使っていたのだから
有価証券ではありえない:

「軍票」とは、軍費支弁を目的に発行する戦地通貨であり、財貨獲得がその主要
目的であって、戦争状態の安定後は回収あるいはしかるべき処理を講じなければ
ならないというのが、本来の趣旨であった(今村忠男著『軍票論』)。取扱業務は
横浜正金銀行(現東京三菱銀行)等現地支店が行っていた。

 ところが、当初香港ドルと「軍票」の同時流通を認めていたにもかかわらず、
1943年に至って香港ドル使用を停止させ通貨を「軍票」のみに限定する旨宣布
するのである。住民は、事実上強制的に香港ドルの「軍票」への交換を迫られた。

http://home.hiroshima-u.ac.jp/forum/28-4/hongkong.html

740 :名無的発言者:03/09/29 11:29
実際、軍票の話も飽きてきた。
でも、何の話題でもアカちゃん弱過ぎてつまんない。

大尉殿ご登場以来、死了氏は昼寝かな。

741 :名無的発言者:03/09/29 11:29
専門家がみんな

「軍票」とは、戦地通貨

と言ってるんだ. 素人の意見は無意味だ.

742 :名無的発言者:03/09/29 11:31
〉739  論理学の勉強しろ。

743 :名無的発言者:03/09/29 11:34
追い詰められてとうとう切れたか。

741も嘘。
何の専門家だ。
そりゃ左翼運動専門家だろう。
きちんとした専門書には、ちゃんと証券と書いてある。
無意味なのは尾舞の書き込みだ。

744 :名無的発言者:03/09/29 11:37
だいたい戦地で通貨発行する権限なんて有るの?
外国軍は通貨発行できないだろ。
出鱈目いいなさんな。
左翼の発想は無法で困るよ。
有価証券は誰でも発することが出来るが、通貨は勝手に作れないよ。

そう言えば品人は偽札作りが好きだね。

745 :名無的発言者:03/09/29 11:40
〉専門家がみんな軍票とは、戦地通貨と言ってるんだ

凄まじい嘘
上の長い転載だって経済辞典だろう。
専門家は軍票を通過と認めないよ。


746 :名無的発言者:03/09/29 11:42
 連打されて見るに忍びません。
 いっそ有りもしない目黒輜重連隊の話に戻った方が、まだしも殴られ
方が少いのではないでしょうか。

747 :名無的発言者:03/09/29 11:48
高木弁護士ってのは有名な詐欺漢。
前にインドネシア戦争被害者協会長から、金で偽証させる悪人として非難されてた。

748 :名無的発言者:03/09/29 11:51
戦争末期、強制的にガソリン止めて木炭で自動車動かしてたんだから、
木炭はガソリンだ。ガソリン以外ではありえない。

749 :名無的発言者:03/09/29 11:55
品でも南京政権が二種類の銀行券発行し、流通してたよ。

750 :名無的発言者:03/09/29 12:44
軍票って知ってますか? 
 かんたんにいえば、占領軍の威力を背景に通用させる紙幣です。
 戦争(侵略)時に、侵略した地域において軍隊が経費調達のためにつかう
支払証票です。しかしはじめは、徴発のための証券であったのが、通貨的機能を
果たしていきました。目的は正貨(現地通貨や本国通貨)の節約、本国通貨使用
による本国通貨への悪影響の防止、なにより物資調達のためです。

http://www.ne.jp/asahi/wh/class/papermoney_box.html

751 :名無的発言者:03/09/29 15:24
↑ 見に行ったら、何と子供向けのHPだった。
  これでアカちゃんの生徒であることがほぼ証明された。
  

752 :名無的発言者:03/09/29 15:37
〉戦争(侵略)時に、侵略した地域において

 これも嘘
 戦時であれば良く、侵略戦争かどうかなど全く関係無い
 自衛戦争でも懲罰戦争でも、また戦争ですらなく事変でも構わない
 
 出してくるもの、みんな出鱈目だな

753 :名無的発言者:03/09/29 15:47
すいません
高校生なものでよく分りません

754 :名無的発言者:03/09/29 15:52
 戦後の新円切替みたいに、ある紙幣が突然無効になるということはあるよ。
 ビルマなんか最近でも良くやってる。
 これは自由な通貨政策ということで、容認されてる。
 まして徴発証券じゃ仕方無いよな。
 なんかさあ、アカちゃんってごく普通のことをさも凶悪事件みたいにおどろ
おどろしく騒ぐんだよな。
 意図的感じがしてやだな。


755 :名無的発言者:03/09/29 17:47
>>741
> 専門家がみんな 「軍票」とは、戦地通貨 と言ってるんだ.
批判精神の無いヤツは氏ね。

756 :名無的発言者:03/09/29 18:23
批判とは 基礎をきちんと学んだ者だけがやる事だ.
おまえら 低能右翼に批判する資格は無い. おまいらはまだ らくだの時期だ:

ニーチェ 精神の三様の変化

<らくだ>重荷に耐える義務精神  

P.38 「何が重くて、担うのに骨が折れるか、それを重荷に耐える精神は尋ねる。
そして駱駝のようにひざまずいて、十分に重荷を積まれることを望む。」

 らくだである精神は、重荷に対して従順であり、何の疑問を持たず、全てを
受け入れている。重荷とは伝統的価値に対する義務であり、らくだはそれに耐える
「畏敬の念に満ちた」精神を指している。すでにある伝統的価値の全てを肯定し、
そしてその重荷を求めている。それも、より重い重荷を求め、それに耐えている
自分の強さを喜んでいる。




757 :名無的発言者:03/09/29 18:24
負けたのでジサクジエンを始めますた

758 :名無的発言者:03/09/29 18:25
<獅子>伝統的価値からの自由 自律へ 義務を否定

「しかし、孤独の極みの砂漠の中で、第二の変化が起こる。そのとき精神は獅子
となる。精神は自由をわがものとしようとし、自分自身が選んだ砂漠の主になろう
とする。」

 義務の観念に従順ならくだの<忍耐強い精神>は、荒涼たる砂漠に踏み入ると、
獅子の<自由なる精神>へと変化する。獅子は今まで支配されてきた伝統的価値の
義務に対して「否」といい、「我欲す」と吠えたてる。そして、最後の支配者で
ある巨大な竜と自由を求めて戦う。この巨大な竜とは、神であり、千年にわたって
築き上げられてきた価値の化身である。

 「汝なすべし」とされてきたことに、受け身であった精神は、初めて世界に対して
自ら働きかける自由を手にする。しかし、獅子はまだ伝統的価値に対して吠えている
だけであり、新しい諸価値を作ることはできない。伝統的価値観からの自由(Freedom)
であり、創造するための自由(Liberty)ではない。その意味ではまだ伝統的価値に
縛られているとも言える。

<小児>無垢な一切肯定のなかでの創造へ

P.41 「小児は無垢である、忘却である。新しい開始、遊戯、おのれの力で回る
車輪、始原の運動、「然り」という聖なる発語である。」

 小児は善悪正邪の区別はなく、世界と生における一切を肯定する。習俗的な世界
を離れて新しい諸価値を創造し、おのれに固有の世界を獲得する。正否、苦楽は
全て繰り返されるという、永劫回帰の思想にたどりついた後に、その全てを肯定し、
生を謳歌しようとする超人であるといえる。

http://semi.natura-humana.net/2002/aki-bunken/nietzsche/nietzsche-resume.html

俺はすでに 小児の時期に入った. おまいらとは でき が違うのだ.

759 :名無的発言者:03/09/29 18:32
高校の理数学級だし、哲学は理系科目だと信じてるので得意なつもりです

760 :名無的発言者:03/09/29 18:35
違うだろう。
負試合を誤魔化すため、突如として哲学問答始め、没収試合を狙ってるんだ。
まあ高校生じゃ勝ち目なかったね。

 専門家はみんな徴発証券だと言ってるんだが、ここらで許してやるか。

761 :名無的発言者:03/09/29 18:38
有価証券で給料を払ったり,買い物したりするか.

762 :名無的発言者:03/09/29 18:43
 全くだ
 子供hpの筆者は有価証券の専門家でも通貨の専門家でも国際法の専門家
でもなく、門外漢の塾講師だった
 何が専門家だ

763 :名無的発言者:03/09/29 18:44
>有価証券で給料を払ったり,買い物したりするか

するよ
欧米へ行ってごらん

764 :名無的発言者:03/09/29 18:50
だーかーらー、子供は金の動き知らんのよ
小遣銭、無駄遣いしないで貯金しろよ

765 :毛 沢山:03/09/29 18:51
ずれとるぞ〜

766 :名無的発言者:03/09/29 19:06
子供なので塾の先生を尊敬してる。

767 :名無的発言者:03/09/29 19:13
逃げるアカちゃん高校生を追い回すちに大分道をそれた。
有りもしない目黒輜重連隊に帰るか。

768 :名無的発言者:03/09/29 19:33
冗談じゃないよな。
欧米は手形とっくに卒業して、有価証券からクレジットカードに比重が移りつつある。
飯食うのも買い物するのも、みんなパーソナル・チェック。
博打の負けまで小切手だ。
子供は勉強して寝ちまえ。


769 :名無的発言者:03/09/29 19:53
今は60年前の話をしてるんだ.

どちらにしろ 軍票は紙幣の一種で 有価証券へ分類したのは単に便宜上の問題だ.

770 :名無的発言者:03/09/29 20:45
紙幣の一種なのに有価証券に分類されるとはコレ如何に(w
所詮、小児だな。

771 :名無的発言者:03/09/29 20:56
軍票は日本銀行券と交換出来るという条件で流布していたから分類上は有価証券になる.
しかし,使い方からすれば紙幣の一種だ:

日本軍が発行した軍票の裏書きには、いつでも等価で日本銀行券と交換出来る
旨の記載があり、軍票は取りも直さず、日本銀行の発行する正式な紙幣と同じ額面
で交換出来る「兌換(だかん)紙幣」だったからなのです。つまり、軍票は
日本銀行の発行する正式な紙幣と同等の価値を有していた.

http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/honbun/gunpyo.html



772 :名無的発言者:03/09/30 09:35
今までまめに見に行って、まともなサイトだったことなんてなかった
どうせまた子供向けサイトだろ
もう見に行ってやんない


773 :名無的発言者:03/09/30 09:43
同じ額面で交換出来るってのは有価証券の常です。
就職すれば判るよ。

774 :名無的発言者:03/09/30 09:54
>子供なので塾の先生を尊敬してる。

いい子だ。


775 :名無的発言者:03/09/30 10:24
>どちらにしろ 軍票は紙幣の一種

それなら通貨法にそう書いてなくちゃいけない
思いつきで出鱈目を書くなや

軍票は唯の領収書類から出発した
始め手形であり、後支払証券だ
どちらも有価証券である
近代以降、有価証券は流通する

故我妻栄東大教授の博士論文「近代法に於る債権の優越的地位」

776 :名無的発言者:03/09/30 11:03
有価証券を紙幣の代わりに使っていただけだ.

おまいらは ついこの間まで 貝殻を貨幣として使っていたんだろ.

777 :名無的発言者:03/09/30 11:35
↑壊れました

778 :イ爾已経死了:03/09/30 11:36
>>776
軍票の所有者が、軍票を紙幣のように扱ったとしても
それは、そのように運用している人の責任であるから、
軍票の発行者に軍票を紙幣と同じにしろとは言えないだろ。

逆に君に尋ねるが、私が紙幣を有価証券と同様に扱ったとして、
日本銀行に対し、紙幣が有価証券であると認めさせることができると思うか?

いくら、駄々こねても駄目なものは駄目。

779 :名無的発言者:03/09/30 12:52
軍票は現地の通貨を廃止して その代わりとして使っていたのだから
個人が自分の勝手で紙幣として使った訳ではない. 給料も軍票で支給されていた:

「軍票」とは、軍費支弁を目的に発行する戦地通貨であり、財貨獲得がその主要
目的であって、戦争状態の安定後は回収あるいはしかるべき処理を講じなければ
ならないというのが、本来の趣旨であった(今村忠男著『軍票論』)。取扱業務は
横浜正金銀行(現東京三菱銀行)等現地支店が行っていた。

 ところが、当初香港ドルと「軍票」の同時流通を認めていたにもかかわらず、
1943年に至って香港ドル使用を停止させ通貨を「軍票」のみに限定する旨宣布
するのである。住民は、事実上強制的に香港ドルの「軍票」への交換を迫られた。

http://home.hiroshima-u.ac.jp/forum/28-4/hongkong.html


780 :名無的発言者:03/09/30 13:22
100年経っても1000年経っても阿Qは永遠に阿Q。 魯迅大先生が幾ら嘆いてもこの国の
愚かな民衆はどうにもならない。騙すわ盗むわ殺すわ、偶にモノを作ればパクリ品ばっ
か。国家や人民の思想や哲学が世界の規範から完全に外れてるこんな国を信用する国家も
国民も居やしない。 それなのに態度だけはデカイ。 ホント、腹が立つ国じゃワイ。
又、そんな国に莫大な政府ODAを毎年拠出し続ける日本政府のバカさ加減にも腹が立つ。
いっそ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
戦争しようぜ。

 

781 :名無的発言者:03/09/30 13:50
日本人が中国人の財産を全部奪ったので 中国人は食べる物も着る物もなくなった.
子供を学校にやる金も無い.

すべて日本人の責任だ. ODAもいづれ返さなければならない.

日本人はやることが すべて えげつないんだ.

782 :名無的発言者:03/09/30 15:39
給料を現物支給しても、現物たる洗剤や電気洗濯機が紙幣になる訳ではない。
卵買いに行って洗濯機で支払い、お釣り呉れ、と言ったらグーパンチで殴られるぞ。

783 :名無的発言者:03/09/30 15:42
日本人が中国人の財産を全部奪ったというのは嘘ですね。
言い張るなら事実を挙げてね。

784 :名無的発言者:03/09/30 15:54
 反論の余地が無くて悔しいので、前に書いたのと全くものを779にうpしますた
 他人の迷惑考えずマルチポストと子供用HPのコピペを繰返すなんて支那人化
しちゃってるでしょうか?

785 :名無的発言者:03/09/30 16:06
俺は軍票が紙幣だなんて信じてないが、もう軍票論争は飽きた。
論争はとっくに勝負ついてるんだし、南京事件の嘘を暴こうぜ!


786 :名無的発言者:03/09/30 16:16
支那では給料が塩や阿片で支払われることも珍しくなく、支那人自身がそれを強く望んだ。
しなじんくるくるぱー。


787 :名無的発言者:03/09/30 16:17
アカちゃん、今日も袋叩きです。

788 :名無的発言者:03/09/30 17:35
<給料を現物支給しても、現物たる洗剤や電気洗濯機が紙幣になる訳ではない。
卵買いに行って洗濯機で支払い、お釣り呉れ、と言ったらグーパンチで殴られるぞ。>

香港の人間はみんな洗濯機で現物支給を受けていたわけだが どうなるんだ?


789 :名無的発言者:03/09/30 17:42
<日本人が中国人の財産を全部奪ったというのは嘘ですね。言い張るなら事実を挙げてね。>

あの頃の日本軍の「戦争の勇士」とは、実は略奪と破壊の達人のことを意味した。
食えるものはすべて、糧秣、ニワトリ、ブタはおろか、農耕用の馬や牛も略奪の
対象となった。炊事用の薪が無ければ、家具を壊し、鋤や鍬の柄までも焼いて
しまう。作戦部隊とは、村一つをムシリ取り、しゃぶり尽くすハイエナ集団であった。

村に残された老人は、どうして生きて行けばよかったのか。「アイヤー、シーサン、
メイファーズ」と弱々しく言うその姿を見て、あの当時の日本兵は「何と情けない
民族ではないか」と笑っていたが、今は到底そんな考えはもてない。老人のあの
言葉は、この世で頼りになるものを全部――働き手は取られ、農具も家畜も家も・・・
すべてを奪われてしまった老人の、最後の絶叫だったのである。

http://www.ne.jp/asahi/tyuukiren/web-site/sawada_kikokumade.htm



790 :名無的発言者:03/09/30 17:43
金子安次さん(59師団44大隊)

 作戦に出ると中国人の部落へ泊まる。
 マキがないから民家のテーブル、イスなどの家具はすべて燃やしてしまう。それを食事
のマキにしたり、寒いときはたき火をし、夏は風呂を沸かす。
 煙が出やすいように天井や屋根には穴を開ける、家財道具はきれいさっぱりなくなって
しまうんです。1個大隊千人ぐらいが入ったら、その部落は全滅ですね、ほとんど立ち直
れない。早くて7,8年ぐらいかかるといわれてました。

http://www1.ocn.ne.jp/~sinryaku/nankin2.htm

791 :名無的発言者:03/09/30 19:12
>>790
あんまりトンデモなHPだとあんたの主張したいことが
ますます信用できなくなるんだが。

792 :名無的発言者:03/09/30 19:38
日本軍は食料をすべて現地調達していたので,こうなるのは当然のことだった.
疑う余地は無い.

793 :名無的発言者:03/09/30 19:43
まあ留学生が強盗団を結成して、
一家を虐殺して金を奪い取って祖国に逃げたりする民族に
いろいろ言われても何も思わんよな。

794 :名無的発言者:03/09/30 19:55
証言しているのは 元日本兵だ. 中国人は

<悪いのは日本のファシズムで,日本の人民は我々と同様に被害者だった>

と言っていた.(周恩来の時代のことだが)

795 :名無的発言者:03/09/30 19:59
悪いのは国家的危機に際しても自分の事しか考えてなかった
中国人指導層だと思うんだけどな。
日本が行かなくてもロシアか欧米にやられてただけ。

796 :名無的発言者:03/09/30 20:25
当時は中国という一つの国家は存在しなかった.
漢民族自体が実際には多数の民族の総称で一つにまとまる必然性も無かった.

各地に軍閥が割拠して,勢力争いをしていて,蒋介石も毛沢東も その中の
一つにしか過ぎなかった. そういう状況下では国家的危機より自分の軍閥の
将来だけを考えて行動するのは当然の事だ.

797 :名無的発言者:03/09/30 20:25
支那事変は支那人が勝手に始めた戦争だよ。
開戦責任は支那共産党にあり。

798 :名無的発言者:03/09/30 20:34
>>796
じゃ、内輪もめしてるあいだに列強にやられても
自業自得だな

799 :名無的発言者:03/09/30 20:34
>証言しているのは 元日本兵だ

 怪しいね。
 軍隊の名乗は役職、階級下級と連隊・中隊名で、それを名乗らないで普通言わない筈の
師団や大隊だけ名乗るのは異様だ、と大尉殿も書いておられたしな。


800 :名無的発言者:03/09/30 20:35
あいつの引用HPは子供用か、何処の馬の骨とも知れない暇人の道楽WEBばっかし。

801 :名無的発言者:03/09/30 20:41
そうそう、出す資料全部大尉殿に隅から隅までほとんど全面的に批判されてズタズタ、
偽者丸出しになってた。

802 :名無的発言者:03/09/30 20:51
元日本兵が自分の役職、階級下級と連隊・中隊名をすべて明らかにすると

同じ部隊の戦友が世間や家族に顔向けできなくなる.
右翼からのいやがらせで家族と一緒に日本各地を逃げ廻らなければならなくなる.


803 :名無的発言者:03/09/30 20:54
こういうことになるからさ:

東史郎さんは、1912年生(現在85歳)。元陸軍京都16師団福知山歩兵20連隊兵士。1937年、25歳の
時に召集で、20連隊第3中隊として南京攻略戦に従軍しました。戦病のため1939年に原隊とは別に内
地送還。帰国した後、前線で書き矯めた日記や陣中記録をもとに従軍日記を清書しました。1987年、
市民運動のもとめで体験を証言、日記を公開しました。南京戦から50年目の、1987年に「わが南京プ
ラトーン」として刊行されました。

証言をした後、賛意と共に100件近い非難、攻撃、嫌がらせが続きました。
また、戦友会からも「除名」されています。

http://www.bekkoame.ne.jp/~ymasaki/shiro.htm

804 :名無的発言者:03/09/30 20:59
 君の言う裁判だったら、そんなものは証拠採用されないよ。
 身元明かして、反対尋問受けなきゃ証拠にならないんだから。

 それを大目に見るとして、本物だというんなら、師団と大隊は要らないから代りに
連隊と中隊、役職、階級は書いてね。
 言訳聞いてやるにしても、兵種ぐらい書けるだろう。
 何処で何やってたんだか分らない名乗らない実在の疑われる香具師の「証言」なん
て世間は認めないよ。
 たださえ内容奇っ怪で信じられないんだから。


805 :名無的発言者:03/09/30 20:59
東京都内の公立中学校に勤務する田中一郎教諭(仮名)は、南京虐殺事件の
「中国人被害者を支援する会」の呼びかけ人に名前を出していた。

 十月下旬から連日、学校に電話やファクスで「公務員の中立性を侵す」
「南京虐殺はなかった」などの主張が続いた。十一月初めには四人が学校に
押しかけて来たが、田中教諭は帰宅。校長と教頭が二時間以上にわたって応対した。

 翌日から、田中教諭の自宅に嫌がらせの電話が毎日殺到するようになった。

 「豚野郎」「公務員を辞めろ」「非国民」「売国奴」「国賊!」
「いつまでも生きていられると思うなよ」…。ありとあらゆる罵詈雑言と脅迫が、
留守番電話に匿名でいくつも残された。そんな電話は十二月初めまで続いた。

http://www2.tky.3web.ne.jp/~norin/kyohaku.html

806 :名無的発言者:03/09/30 21:00
戦友会からも「除名」されたのはウソツキだからです。


807 :名無的発言者:03/09/30 21:01
また仮名では、事件の存在そのものを信ずることが出来ない。
南京と同じ捏造だろう。

808 :名無的発言者:03/09/30 21:05
公務員の政治活動は禁止されている。
免職相当の悪者だな。

809 :名無的発言者:03/09/30 21:14
おまい 脅迫する側の人間だな.

810 :名無的発言者:03/09/30 21:24
>>789
> 村に残された老人は、どうして生きて行けばよかったのか。
そのわりにはずいぶんと余分に生き残っているようだが、また捏造ですか?w

811 :名無的発言者:03/09/30 21:37
生き残った老人だけが 証言しているからさ.

812 :名無的発言者:03/09/30 21:44
王さん

 1972年の日中友好国交回復に対して、この地域の人はみんな反対しました。
私たちは、つらい経験したのに、どうして今更友好などという言葉を言い出して
関係を回復するのか。政府は何回も説得して、「当時は軍国主義のやったことで、
日本人民、日本国民たちとは友好関係を持っていかなくてはだめだ。戦争は、
普通の人民の責任ではない。」と教えられた。しかし、今も気持ちとしては、
今になってもやはり「日本」という二文字を聞いたら「憎む」という気持ちが
湧いてきます。私の考え方では、このような歴史はいつまでも次世代、どんな世代
になっても忘れてはいけないことです

http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/syogen/ryujya.html


813 :名無的発言者:03/09/30 22:41
まあ留学生が強盗団を結成して、
一家を虐殺して金を奪い取って祖国に逃げたりする民族に
いろいろ言われても何も思わんよな。

814 :名無的発言者:03/10/01 07:31
「日本」という二文字を聞いたら「憎む」という気持ちが湧いてくるように
教育された 次世代の人間が日本に来て,昔の恨みを晴らしているのさ.

815 :名無的発言者:03/10/01 08:12
サラリーマンが現地で女買っている民族にいろいろ言われても
何も思わんよ。

816 :名無的発言者:03/10/01 08:14
日支國交回復に反對といふ所だけは賛成だ。
捏造國家と断交汁!

817 :名無的発言者:03/10/01 08:29
アカちゃん、軍票の話が終ってほっとしているね!

818 :名無的発言者:03/10/01 08:37
809よ
公務員の犯罪や違法行為には厳正に臨むべきだろ
訳のわかんないこというんじゃないぞ

819 :名無的発言者:03/10/01 08:38
811はへんじになってない。

820 :名無的発言者:03/10/01 13:37
中国人は捏造してまで日本人を悪者にしたいらしい

821 :名無的発言者:03/10/01 13:58
>>820
今回の買春の件で騒いでる中国人の言ってること聞くと
彼らの日本人感がよくわかる
そうじゃないと困るんだよ

822 :名無的発言者:03/10/01 16:52
イジメは楽しい. 日本兵も中国人のアホぶりに呆れて

チャンコロいじめて、背中に火つけたり、戦車で轢いたり、

38式の貫通力は人間で何体か試したり、シナ兵に『ニーライライ』と手招きして
ぞろぞろとやってきたら 並ばせておいて 笑いながら片っぱしから斬ったり、

そんなことやって遊んでたんだろうなあ。



823 :名無的発言者:03/10/01 16:58
漏れの近所の銭湯で番台やってた爺さん(もう亡くなった)。
漏れが小さい頃よく戦争当時の話を銭湯の番台で自慢げに語ってたバカ。

『チャンコロの妊婦を木に縄で縛って銃剣で刺したら「ボムッ」って鈍い音出して破裂してよー。
ホント面白かったぞー。だから毎日チャンコロの妊婦探して見つけては、それやって遊んでたんだ。あの頃が
なつかしいなあ(ニヤニヤ』


824 :名無的発言者:03/10/01 18:00
人肉を食する民族にいろいろ言われても
何も思わんよ。


825 :名無的発言者:03/10/01 19:04
 822−3は得意の捏造だろう
 追及を恐れてとうとう「亡くなった番台の爺さん」になった

826 :名無的発言者:03/10/01 19:13
>>823
バカの言うことを信用するバカでつか?w

827 :名無的発言者:03/10/01 19:16
バカの自乗

828 :名無的発言者:03/10/01 19:23
同じ話はいくらでもある:

小平義雄は戦地より帰って以来、性的に突如放縦になった。

放縦なだけでは留まらず海軍被服廠の軍属であった戦争最後の年に、同じ職場の
女子工員を強姦した上殺害している。
以後、終戦直後の混乱の中で女性を食料をエサに誘いだし、次々と6人も、犯しては殺していった。
小平が女性を犯して殺す、その味を覚えたのは、中国の前線だった。

予審調書の中で小平は言っている。

「大怙では強姦のちょつとすごいのをやりました。…父親を縛り上げて戸棚の中入れ…
クーニャン(娘)を出せと言って出させました。
…強盗強姦は日本軍隊には付き物ですよ。
銃剣で突き刺したり、妊娠している女を銃剣で突き刺して子供を出したりしました。
私も5,6人はやっています」

取り調べと裁判の段階で明らかになったことがあるんですね。それは、彼の戦争体験
のことだったんです。

「済南事件」:南京大虐殺の先駆けですね。住民の殺戮です。その時にもの凄く多くの
中国人の女性が日本兵によって強姦されて殺された。この小平という人物は、その時の兵隊だったんです。

「連続強姦殺人魔」と言われた人の犯罪を重ねる下地が「戦時強姦」で培われていた、
っていうことです。そのことが日本が戦争で負けた後に一気に吹き出してきた事件なんですね。

http://www.imadr.org/japan/interview/ikeda/hirosiikeda2.html

829 :名無的発言者:03/10/01 19:28
この話も前から何度も出てる
アカちゃんは変態粘着体質なので他人の迷惑考えぬコピペが大好きです

830 :名無的発言者:03/10/01 19:30
小平は歴史的大変質者だぞ
精神異常者の言に信は置けまい
子供HPの次はキチガイか
おまいの持出す根拠は何時もおかしいんだよ

831 :名無的発言者:03/10/01 19:36
「村民を銃剣で追い立てて並ばせ、機銃掃射で薙ぎ倒す。泣き叫ぶ乳幼児や子供
たちを銃剣で突き殺し、妊婦の腹を切り裂いて胎児を放り出す。死体の山に石油を
かけて焼き尽くす。木に縛り付けて鞭打っては冷水をかけ、凍死させる。殴り殺す。
蹴り殺す。死体を野犬に食わせる。背中に石を結わえて水中に投げ込む。

輪姦し、その女の赤ん坊を銃剣に刺して肩に担ぎ、軍歌を歌って歩き回る。
赤ん坊を投げ殺す。踏み殺す。巨大な石を担がせて圧死させる。鞭で殴って焼けた
棒を押しつけ、冷水をかけて極寒の場に捨てて凍死させる。婦女子を狩り集めて
輪姦し、腹を裂いて内蔵をえぐりだす。生き埋めにする。眼をえぐる。耳を切る。
鼻を削ぐ。首を切り、その数を競う。生きながら解剖する。
銃剣で突き刺し、崖から落とす。等々」

 これはフィクションではない。「正義」を掲げた日本軍が中国でやったことである。


832 :名無的発言者:03/10/01 20:09
王さん(69歳)柳河口

 1回だけ見たことがあります。強姦したのは普通子どもには見せないんです。
1回見たのは、若い女性に沢山水を飲ませて、お腹を膨らませたり、鉄の棒を火で
焼いて、赤い鉄の棒を乳房に当てたり、女性の生殖器に差し込んだり、あるいは
銃剣の先を焼いて乳房や生殖器をえぐり取ったりしました。

http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/syogen/syakaho.html

833 :名無的発言者:03/10/01 20:13
目撃者の李克痕はその著作「南京陥落後の五ヶ月間」の中で書いている。

「通りにはおびただしい数の死体が横たわっていた。輪姦され殺された人たちである。
みんな丸裸にされ、乳房は切り取られ、暗い褐色の穴があいている。
お腹を銃剣で切り裂かれている者もいる。はらわたが現れている。
丸めた紙や木片を膣内に押し込まれた死体もある。」


834 :名無的発言者:03/10/01 20:17
日本「皇軍」は、「従軍慰安婦」を自分たちにしたがわせるために反抗する
「従軍慰安婦」を残忍な方法で虐殺した。

 尹京愛氏の証言によると、「ある日、一人の娘が必死に反抗するや、やつらは
彼女を5頭の馬に手足と首をくくりつけて5体を引き裂いて殺し『おまえたちも皇軍
にさからうとこうなる』と脅した」とのべた。

 また、李福女氏は「隣の部屋にいる30歳ぐらいの女性は集団で辱しめようと
するのを拒むと、野獣たちはみせしめだと言って、『従軍慰安所』にいる女性たち
をみな外に集め、その女性を木に逆さ吊りにして飢えた狼のように襲いかかり銃床
で殴りつけ、乳房をえぐり陰部に銃剣を突き刺して殺した。そしてやつらは、
おまえたちも『皇軍』の要求に応じないとこのように殺すとわめき散らした」
と証言した。

 彼女はつづけて、「一度は捕えた中国人の首をはねて釜ゆでにし、高い竹に
くくりつけてさらし、ゆでたものを朝鮮女性に強制的に食べさせた」と、言葉を
詰まらせながら語った。

http://www.eeyo.net/cnt/NK/politics/jk/jkd900901.html


835 :名無的発言者:03/10/01 20:56
<小平は歴史的大変質者だぞ>

小平はまともな方だった というのが わかったろ.
彼は要領が悪くて 内地に帰っても 心の切り替えができず,中国にいた時と同じように
行動してしまっただけだ.

中国では

若い女性に沢山水を飲ませて、お腹を膨らませたり、鉄の棒を火で
焼いて、赤い鉄の棒を乳房に当てたり、女性の生殖器に差し込んだり、あるいは
銃剣の先を焼いて乳房や生殖器をえぐり取ったりしました。

という事をやっていた奴でも 要領が良ければ 内地に帰ったら
家庭ではよき父親, 会社ではよき上司として尊敬されている.

836 :名無的発言者:03/10/01 21:19
アメリカのベトナム帰還兵やソ連のアフガン帰還兵と違って、麻薬や殺人と決別した日本の支那帰還兵の精神力の強靭さは賞賛に値する。


837 :毛 沢山:03/10/01 21:58
クウェートVSイラクの時もほぼ同じ
事例をプロパしてたぞ
何年経っても捏造には進化がないの〜

838 :名無的発言者:03/10/01 22:14
捏造したのは アメリカだ. 捏造は侵略した側が 自分を正当化するためにやる事だ.
南京事件の場合は 藤岡や東中野や秦が捏造する側だ.

バグダッドにて (本多勝一)
 読者の中には、今から11年前の映像を覚えている方も少なくないはずだ。
あの“湾岸戦争”という変てこな呼称が使われているイラク戦争(注)で、
流出した石油にまみれて死にゆく海鳥の姿。テレビで繰返されたこの映像が、
実は完全な「でっちあげ」だったことも、のちに広く知れわたった。

 だが、もっとケタ違いな恐るべきでっちあげが、この戦争ではあった。
イラク破壊の動機たる「イラクによるクウェート侵攻」自体が、実は合州国の
計画的謀略だったのだ。

http://www.kinyobi.co.jp/old/fusoku_oldf/411

839 :名無的発言者:03/10/02 01:13
>>838
>捏造は侵略した側が 自分を正当化するためにやる事だ

アホかコイツ。と言うことは湾岸戦争におけるクウェートの主張する
「イラクの残虐行為」云々には一切捏造は無いのか?
捏造は立場には関係なくどっちの側も行うと考えるのが当たり前。
物事を硬直した図式でしか考えられない化石思考が伺えるな。
今時、毛沢東を崇拝しているキチガイの脳味噌が化石なのは当然だろうけど(w

840 :名無的発言者:03/10/02 07:20
<捏造は立場には関係なくどっちの側も行うと考えるのが当たり前。>

捏造の規模が全然違う:

米軍が昨日行ったのは、いずれも戦時国際法に違反する違法行為です。まず第一に、
住宅密集地への非人道兵器バンカーバスターの使用です。第二に、米軍の残虐行為
を報道するイラク国営メディア、中東系メディアに対する攻撃、記者殺害、恫喝です。

米軍は昨日、フセイン親子を殺害するとしてマンスール地区の住宅密集地に
バンカーバスターという超大型の硬化目標貫通弾を打ち込みました。正真正銘の
非人道兵器です。周辺一帯は廃墟と化し、まるで「ジェニン」の様相を呈しています。

「フセイン親子を殺害するため」という口実を使えば、空から非人道兵器を使うこと
も、市街戦で住民を大量殺戮することも「正当化」される。兵士とメディアと国際世論
にそう思い込ませるのです。

でも凄惨な現場を世界に報道させては、「イラク国民の解放」の「大義名分」が
ウソであることが丸ばれになってしまう.

米軍は、大量殺戮行為を世界中に報道する反米メディアの一掃を企てたのです。
@ その筆頭は、イラク国営TV、国営ラジオを叩き潰すことでした。昨日米軍は
この施設を攻撃し放送を中断させました。
B また米軍は同時に、各国記者団が滞在しプレスセンターになっている
パレスチナホテルをも砲撃しました。ロイター通信の記者が殺害されました。
欧米系ですがロイター通信なども被害映像を世界中に配信しており邪魔になったのでしょう。

米に都合の悪いメディアに対する意図的計画的犯行なのです。こんな連中が侵略軍
を指揮しているのです。

http://www.jca.apc.org/stopUSwar/Iraq/strike_journalists.htm



841 :名無的発言者:03/10/02 07:30
イラクで殺されたイラク人の数は1万人、アフガニスタンでは、2002年5月の
段階で、8000人が米軍の爆撃で殺され、またブッシュの侵略により間接的に
死亡した人々の数は2万人にのぼるだろうと報告されています。カナダを拠点
とするウラニウム医療調査センターが2度にわたってアフガニスタンで行なった
調査では、アフガニスタンで重大な人体のウラニウム汚染が確認されており、
その原因は米軍がウラン兵器を用いたためとされています。長期的に放射能汚染で
死亡する人々の数は、さらに多くなるでしょう。

イラクを占領支配している米国当局は、イラクの資産セールを開始しました。
イラク侵略と不法占領を「イラク解放」「再建」と言いくるめ、そのための費用
供出と自衛隊派遣を実現しようとやっきになっている小泉政権は、単に米国
ブッシュ氏の命令に従順に追随するだけでなく、イラク資産セールに参加すること
を考えているのでしょうか

http://www.jca.apc.org/~kmasuoka/places/soldier0309.html


842 :名無的発言者:03/10/02 08:31
本多 勝一著 貧困なる精神 非常事態のイラクを行く
貧困なる精神Q集
  257805-X
  1100円(本体価格)■2002年12月13日発売
  B6判■192頁(一般書籍)

「悪の枢軸」と名指しされ、アメリカによる一方的な攻撃が刻一刻と迫るイラクに
硬骨のジャーナリストが入った!悲惨を極める劣化ウラン弾の残留放射能汚染被害
や、経済制裁下でもおおらかに暮らす人々を独自の視点でルポする。

2002年4月から5月にかけてイラクを取材したルポ。1991年のイラク戦争

(いわゆる湾岸戦争)時に使用された米軍のウラン弾の影響で、現在民族的危機が
進行・拡大中のイラクの実態を告発。

<収録内容> 非常事態のイラクを行く−アメリカ合州国取材からイラク取材へ/
米軍二百余年の伝統たる無差別大虐殺/小中学校や幼稚園を爆撃する米軍の戦術/
核兵器「ウラン弾」の放射能で全土が汚染され民族存亡の危機に/
激増する奇形児・異常児・死産/イラクを「攻撃した側」にもガンが続出/
今も放射能を出しつづける戦場の現場へ/死にゆく子どもたち 他


843 :名無的発言者:03/10/02 09:37
>>840
> 捏造の規模が全然違う:
有無と規模は関係ない。話をそらすな低脳め。

オマエの宿題は「捏造は侵略者側しかしない」を証明する事だ。



844 :名無的発言者:03/10/02 09:51
人畜無害な捏造は許してやれ. 本当に悪いのは アメリカと日本だけだ.

845 :名無的発言者:03/10/02 11:23
>>844
宿題終わらせろよ

846 :名無的発言者:03/10/02 17:49
捏造は多かれ少なかれどこでもやっている.

問題なのは 東中野や秦のような御用学者の場合だけだ.

847 :名無的発言者:03/10/02 17:58
なんだ、やってんじゃんw

はい、終了〜♪

848 :名無的発言者:03/10/02 18:14
アカちゃんの語る暴兵像って支那兵そのものだという所が笑えるな
支那人の作ったフィクションに間違い無い

849 :名無的発言者:03/10/02 18:46
あいつの出して来たはなしでまともなものが一つでもあったか?

850 :名無的発言者:03/10/02 19:18
俺は信頼できるHPをコピペしただけだ.

851 :名無的発言者:03/10/02 19:31
子供向けHPだった

852 :名無的発言者:03/10/02 19:34
一種の狂人でしょ
幼稚で独善的で凶暴で馬鹿で感情的

853 :名無的発言者:03/10/02 19:49
真理の徒は石もて追われ

というやつだな

854 :名無的発言者:03/10/02 20:43
>捏造は侵略した側が 自分を正当化するためにやる事だ.

>捏造は多かれ少なかれどこでもやっている.

わずか一日であっさり変節か。
まあ一応はまともな結論に達した事は大きな進歩だな。
普通はこの程度のことは「常識」なのだが(w
後先考えず口からデマカセ言ってるからそう言うことになるのだ。
これからは少しはオツムを働かせるように努力しろよ。

855 :名無的発言者:03/10/02 20:52
支那人の捏造は単なる修辞で悪意は無い.

藤岡や東中野の捏造は悪質だ. 同じ捏造でも 意味が全く違う.

856 :名無的発言者:03/10/02 20:52
>問題なのは 東中野や秦のような御用学者の場合だけだ.

中国の学者なんてまさしく「御用学者」ばっかりじゃねえか(笑)
そう言えば慰安婦は40万人という捏造を行った学者をお前は褒め称えていたな。
むしろ「問題なのは『御用学者の捏造』に飛びつくお前のようなバカ」の存在だろ。

857 :名無的発言者:03/10/02 20:55
>>855
「中国の核はきれいな核」と言ったキチガイがいたが、まさにその
後継者を発見したよ。
化石は埋まってろ。

858 :名無的発言者:03/10/02 20:58
>捏造は侵略した側が 自分を正当化するためにやる事だ.

>支那人の捏造は単なる修辞で悪意は無い.

コイツ見苦しいにも程があるな。

859 :名無的発言者:03/10/02 21:26
藤岡や東中野の捏造はすでに周知の事実となっているが,
中国の学者の捏造はいまだ 明らかになっていない.

860 :名無的発言者:03/10/02 21:27
>中国の学者の捏造はいまだ 明らかになっていない.

東史郎を褒め称えている連中は何なんだ?(笑)

861 :名無的発言者:03/10/02 21:33
中国の学者は政府の顔色をうかがっている「御用学者」ばっかりだろうが(w

862 :名無的発言者:03/10/02 22:16
<中国の学者は政府の顔色をうかがっている「御用学者」ばっかりだろうが>

中国では下手なことをするとこうなるからさ:

2001/02/12ロサンゼルス・タイムズ

(北京)現在、中国において拷問行為が広範に拡大している。人権擁護団体は、
自白の強要、反政府抑圧の手段としてだけでなく、国家の「一人っ子政策」強要の
手立てとしてもあらゆるレベルでの身体的虐待行為が官吏によって慣行されている
と訴えている。

ある30歳の農夫の実例がある。彼の妻は許可を得ずに妊娠したとの容疑に
かけられていたが、妻の居場所を自白しなかったため、体をさかさまに吊るし
上げられ、殴打され、焼かれ、そして性器を切断されたのである.

http://www.tibethouse.jp/news_release/2001/news2001_02_12_01.html

安全な日本にいて 捏造を平気でやる 藤岡や東中野とは罪の重さが違う.


863 :名無的発言者:03/10/02 22:18
>>850>>851が秀逸。
このスレをわずか2行で要約したねw

ブラボー>>851

864 :名無的発言者:03/10/02 22:20
「中国のプライド」が、長期にわたる拷問の末、中国の刑務所で死亡

ケ世英さんは法輪功を放棄するという声明書を書くのを拒んだため、裁判がない
まま、1年間の「強制労働を通しての再教育」という判決が下された。
報告によれば、彼女は強制労働収容所に監禁されている間に、電気ショックの
拷問を受け、長時間金属ベッドに縛られ、ゴムチューブで殴打され、そして暴力的
に強制的な食物注入を受けた。また、夜は睡眠を剥奪され、昼間は重労働を
強いられた。

強制労働収容所の看守は、ケさんを洗脳するために、監禁期間中ずっとさまざまな
手段を使っていた、と報告は語っている。

2003年7月19日午後1時、ケさんは死亡した。

http://www.faluninfo.jp/2003/09/html/030903_phss.htm


865 :名無的発言者:03/10/02 22:26
中国:広範囲にわたる拷問の使用

1998年5月、町の計画出産担当官が周建雄[Zhou Jianxiong。音訳]を拘束した。
その際、役人たちは彼を逆さに吊るし、何度も鞭で打ち、こん棒で叩き、タバコ
の吸いさしや焼けたはんだごてを押し付け、彼の性器をいたぶった。

湖南省の30歳の農民は、その妻の居場所を聞き出そうとする役人たちから拷問を
受け、死亡した。彼の妻は、許可なく妊娠したという疑いをかけられていた。

これらは、決して珍しい事件ではない。毎年、中国では多くの人々が拷問の結果
死亡している。拷問は広く、組織的におこなわれている。警察署や「労働矯正所」
といった国の施設はもとより、自宅や職場、公の場にいたるまで。アムネスティ
は、本日発表した中国での拷問についての新しい報告書の中で、そのような状況
を明らかにした。中国では、刑事事件の被疑者、反体制派、労働者、冤罪で捕ら
えられた人から、役人にいたるまで、誰もが拷問の被害者となり得る。

売春をしているという疑いをかけられた多くの女性たちが、警察から強姦や性的
虐待などをはじめとする拷問を受けている。

http://www.incl.ne.jp/ktrs/aijapan/2001/02/010204.htm

しかし,南京事件で事実をありのままに証言して拷問にかけられた人間は一人も居ない.


866 :名無的発言者:03/10/02 22:31
<このスレをわずか2行で要約したね>

おまい バカだな. このスレは エロ・グロ・ナンセンス の集成を目的としている.

個々のコピペ自体に 価値がある. 要約することに意味は無い.


867 :名無的発言者:03/10/03 02:25
■「定着居住者」犯罪者率比較Ver. 2.1.1 (対日本人比率に限定)■

             日本  韓朝  中国  フィリピン  米国  ブラジル  英国  欧州
刑法犯+特別法犯  1.00   2.97  3.77    1.43    2.17   3.16    1.25   1.21
刑法犯         1.00   2.79  4.01    1.20    1.90   3.16    1.00   1.01
特別法犯        1.00   3.87  2.50    2.58    3.56   3.12    2.61   2.21
覚醒剤取締法違反  1.00   4.85  0.64    3.60    7.89   3.04    4.13   1.40
風営適正化法     1.00  10.48 7.17     9.21    0.00   0.00    0.00   0.00

統計データは警察サイトのpdf、平成12年度。
http://www.npa.go.jp/toukei/keiji4/mokuji.htm

(平成12年国勢調査より)
http://www.stat.go.jp/info/guide/8-06-08.htm
(外国人登録者統計より)
http://www.ctic.jp/japanese/data/ctic_tokei.html#h01
(対比参照データとして「日本の統計2002」)
http://www.stat.go.jp/data/nihon/index.htm
(平成十二年度警察庁統計「平成12年の犯罪」より)
http://www.npa.go.jp/toukei/keiji4/mokuji.htm
http://www.npa.go.jp/toukei/keiji4/hon1.pdf
http://www.npa.go.jp/toukei/keiji4/hon428.pdf
その他 参考資料
http://www.moj.go.jp/PRESS/010330-2/010330-2.html
http://www.moj.go.jp/PRESS/020322-1/020322-1-1.html
http://police.pref.fukuoka.jp/news/other/gaikokujin.html
『在留外国人統計 平成13年版』


868 :名無的発言者:03/10/03 02:25
2)調査、において述べたが、ブラジル日系人の歴史のなかで

日系人による殺人事件は過去一度しか起っていないという。

この例が示すように日系人達は「日本的モラル」といったもの
をかなり厳しく親などから教育されてきたという。
殺人はいけないことだというのが日本特有のモラルではないだろうが、

「あなたは日本人なのだから……」というような教え方で親にしつけられたという。

このようにみていくと、日系人にとって日本的アイデンティティ
がいかに大きなものであるかがわかると思う。
http://jinbun1.hmt.toyama-u.ac.jp/socio/lab/sotsuron/96/kanomata/4.html


869 :名無的発言者:03/10/03 07:32
日本兵はこうやって殺人鬼になった:

「銃剣道」

「銃剣道」は木銃(先端に艮いナイフ、つまり剣を装着した小銃を模しています)を持
ち、相手の「左胸」または「のど」にその木銃で一撃を入れると一本(つまり致命傷を
与える)となる競技です。これだけでも血なまぐさい競技ですが、その歴史は「昭和初
期に陸軍が創設された時に近接戦闘での格闘術として軍人や兵士に教え込まれたのが始
まり」(毎日新聞97,11,29〉です。その後、日本軍隊において必修の訓練種目
とされてきました,15年戦争時においては、師範学校・中学校・青年学校等の軍事教
練の一つとして義務付けられてきました。

そして、実際に銃剣道で訓練をした日本軍は、その銃剣で武器を持たない他国の民衆
をじゅうりん、殺害してきました。

http://www.jca.apc.org/keystone/K-ML9810/0744.html

870 :名無的発言者:03/10/03 07:43
山西省の北支那方面軍第37師団第37旅団の機関銃中隊で初年兵教育を受けた。
 訓練の締めくくりは、柱に後ろ手に縛り付けられた2人の中国人への刺突訓練だった。
1個中隊の初年兵20人ほどの中で、上官から「永富が一番優秀だ」と常に言われてきた。
そういったプライドもあり、志願して一番乗りで中国人の心臓めがけて銃剣で突き刺した。

http://www.ne.jp/asahi/tyuukiren/web-site/star/hoshi3.html


高杖子には、日本の新兵訓練所がありました。はじめは、藁束で刺突の訓練を
していたのですが、次に死体、ついにはしばりつけられた「生きた人間」を刺突の
対象にした話を聞きました。

http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/kaih0111.html

871 :名無的発言者:03/10/03 07:47
日本軍第12軍軍曹塚越正男はあふれる涙の中で語った。

「私が軍曹になり、26人の部下を従える分隊長になった時、日本刀を使ってもいい
と言われました。日本刀を持つということはどんな意味を持つのでしょう。
日本刀を持つと人を殺したくなります。その時、新しい日本刀で
試し切りをするという習慣がありました。」

塚越は中国に4年以上いたと言っている。その間、106人の中国人を殺した。

http://www.bekkoame.ne.jp/~ymasaki/8sho.htm


872 :名無的発言者:03/10/03 07:56
入隊してすぐ始まるビンタのイニシエイション。そして、中国の囚人などを
つかった「試し切り」の訓練。試し切りといっても、すぱっとやるのではなく、
さんざん銃剣で(慣れないので相手を苦しませながら)突いたあと、熟練した上官
が日本刀ですぱっとやるのである。

古川康三 (第十六師団歩兵第三十三聯隊第二機関銃中隊)
 機関銃や地雷で殺す以外にも、残虐行為を見たことがありました。戦闘中に
新しい将校、幹部候補生から上がった将校のほとんどが任官制少尉(一年間の教育
を受けて任官)になって小隊長になるものだから、そういう人がよく試し切り
といって敗残兵ということで中国人を捕まえて切っていました。兵隊のまえで、
新しい中隊長が切る。首の皮だけ残して切るのが一番いいのだということで
やっていました。私は目の前ではっきりと首切りを見ました。部落を攻撃して
敗残兵を捕まえると小隊長が切ってるのを南京の陥落の前にも何回も見てきました。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/8503/tamesigiri.html

873 :名無的発言者:03/10/03 08:15
中国戦場へ派遣された新兵たちは3か月の訓練を経て始めて一人前の兵士になる。
その最後の訓練項目は銃剣で活きている人間を刺し殺すと言うものであった。

中国へ派遣される全ての小隊長級の日本軍将校は、必ず皆の前で、普通は連隊長、
大隊長と中隊長の長官らの前で、軍刀で中国人捕虜を切り殺さなければならなかった。
そうしないと小隊長になる資格がなかった。

《毎日新聞》の記者鈴木二郎

「城内に残留した中国軍人を捜索していた時。将校を見つければ、柳の木に
縛りつけ、新兵の射撃または銃剣訓練用の生きた的とした。兵士を捕まえたら、
穴の前で頭を切り落した。私は二等兵だったので、銃剣で中国兵を刺し殺した。」

http://www.come.or.jp/hshy/j95/11si1.html

874 :名無的発言者:03/10/03 08:20
人間 頑張れば なんでもできる. 日本人偉い.

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/03 09:21
もっともらしい証言ばかりあげられていますが、どれほど信用できる
のか?共産主義者の元兵士がそのような語るのは明らかに指示をうけての
ことでしょう。どうもみるはずのないものをみたという不思議な証言には
うんざりしているのです。国共内戦の際、共産主義者の残虐行為に
ついて国民党側が工作し、またその逆に国民党側の残虐行為について
共産党が宣伝した内容をみると、似たような証言が延々と取り上げられ
ていますね。宣伝合戦であることは明らかですが。いまだ日本には有効であると
思っているらしいです。


中国軍とともに戦っていた日本人反戦兵士同盟の記録を読むと、
意外な結論にいたります。日本人共産主義者が組織した同盟です。
活動費用は中国側からでていました。しかし彼等が日本軍について
強く批判しているのは略奪です。残虐行為の頻発ではありません。日本軍のことを
よくしっている反戦兵士たちがなぜ略奪をもっぱら強く批判しているの
か。実に不思議です。また彼らは捕虜になったあとで、一般民衆に襲撃されて殺されそうに
なったという経験もはなしています。中国人兵士を日本の民間人が
襲撃して殺したら、また・・・。反戦兵士のなかには南京事件の際、
その近くにいた兵士もいますが、彼は教育をうけうまれかわって
反戦兵士になったとあります。しかし彼の証言には不思議なことに、
虐殺はでてこないのです。

中国の共産党を宣伝を真に受けた馬鹿げたサイトがいくつもある
ことがわかりますが、われわれの我慢にも限度があるということを
いっておきましょう。

876 :名無的発言者:03/10/03 09:44
<彼の証言には不思議なことに、虐殺はでてこないのです。>

虐殺は常識だったから 特別に言う必要が無かっただけさ.


877 :名無的発言者:03/10/03 09:54
おまいのバーチャル常識だ
子供ホームページに帰れ厨坊

878 :名無的発言者:03/10/03 09:59
これ読んでネ:

父が亡くなる前に、私に次のように書いてある紙切れを渡しました。

「旧軍隊勤務一二年八ヶ月、其ノ間十年、在中国陸軍下級幹部(元憲兵准尉)
トシテ天津、北京、山西省、臨汾、運城、旧満州、東寧等ノ憲兵隊ニ勤務。
侵略戦争ニ参加。中国人民ニ対シ為シタル行為ハ申訳ナク、只管(ヒタスラ)
オ詫ビ申シ上ゲマス」

これを墓に刻んでくれと言われたのです.

十年間の憲兵生活で父はどれだけの事をやったのか、どれだけの中国の人々を犠牲
にしたのだろうか。それを知ることに意味があるのかどうか分からぬまま、
私は父の上司や部下だった人を訪ね当てて聞いてみましたが、答えは避けてしまわれました。

http://www.jca.apc.org/nmnankin/kurahas1.html



879 :名無的発言者:03/10/03 10:04
こういうことを やっていたのさ:

聞喜県や絳県ではこの頃、永富隊は常に数人から20人くらいの中国人を抗日
容疑者として地下牢に監禁していた。そして、尋問の度にそこから出しては棍棒や
鞭で打ちつけ、ある時は赤く焼けた鉄棒で体を焼き、またある時は大量の水を
飲ませては腹を踏みつけて吐かせる、といった拷問を続けた。

 永富隊は「三光作戦」として、このように山西省内の「敵性地区」または
「準敵性地区」で、集落を襲っては人々を殺しまくった。
 「本当にひどいことをしました」と永富は言うが、彼の罪行はこれらにとどまらず、
直接手をくだしたものと部下にやらせたものを合わせると、300人以上の中国人
を殺害したという。

若い女性に沢山水を飲ませて、お腹を膨らませたり、鉄の棒を火で
焼いて、赤い鉄の棒を乳房に当てたり、女性の生殖器に差し込んだり、あるいは
銃剣の先を焼いて乳房や生殖器をえぐり取ったりしました

880 :名無的発言者:03/10/03 10:11
いろんな捏造例があるんだね。w


881 :甲種幹部候補生:03/10/03 10:13
 読みましたが、何時もの通り嘘ですね

 我々の世代は支那と言って中国とは言ひません

 在中国陸軍なんて言葉は無く、一度も聞いたことが有りません
 支那派遣軍です

 憲兵は一般から公募はしません

 満三十歳または二十九歳で准尉には成れません
 上級の少尉には成れても、准尉には成れないのです
 准尉は(陸軍部内の相対的)高齢者専用の階級なのですから
 階級章は上等兵
 手にしてゐるのは、あなたが口に入ると言ふ牛蒡剣ですね

 嘘吐きは泥棒の始まり
 憲兵隊に拘引されますよ

882 :リアル厨房:03/10/03 10:28
聞きたいんですが、
南京の人口は当時20万人しかいなかったという説と、
それは安全区内の人口であり、実際には難民が100万人近くその周りにいたという説、
このどちらが正しいのですか?
あと30万人分の骨は?

883 :大陸浪人:03/10/03 10:39
 僕は政治は分らないんですが、現在だって戸籍上に人口と、出稼ぎ盲流民含めた人口はかなり違います
 どちらか一方だけが正しく、他方が嘘とも言えないのでは?
 中華民国政府自身が昭和十二年に刊行した地理書に人口十二万と書いてあるそうです
 でも、難民百万は、幾らなんでも大袈裟でしょう
 骨は禄に出てませんし、検証もされてないみたいです
 戦場に向けて逃げる人も居ないので、結論に於て支那の主張は嘘っぽいです
 僕は上海郊外ですが、今でも支那軍警の横暴は酷いです
 虐殺はあったにしても支那軍の凶行で、日本軍には関係無いと思ってます

884 :名無的発言者:03/10/03 10:41
>戦場に向けて逃げる人も居ないので、結論に於て支那の主張は嘘っぽいです
当時南京には緊急避難場所があったんですがね。
それを無視して戦場にしたのは日本軍なんですがね。

885 :名無的発言者:03/10/03 10:41
これ読んで下さい:

南京の人口
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/

資料はすべて 30万人大虐殺を示すものばかりです.

886 :名無的発言者:03/10/03 10:44
全部事後、それも近年の捏造です

887 :名無的発言者:03/10/03 10:46
捏造を証明して↑ 証明できないなら捏造なんて言うな。

888 :名無的発言者:03/10/03 10:47
事件って、事後に分かるものだろ。

889 :名無的発言者:03/10/03 10:47
資料は当時のものでなければなりません

890 :名無的発言者:03/10/03 10:48
実際に死体を埋葬した関係者の証言も残っている:

埋 葬 関 係 資 料

http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/

891 :名無的発言者:03/10/03 10:48
偽憲兵がばれそうなので人口論争をいっしょけんめい盛り上げてます

892 :名無的発言者:03/10/03 10:49
>資料は当時のものでなければなりません
資料は当時もの、だが事件後にそういった当時の資料は出てくるだろ。

893 :名無的発言者:03/10/03 10:52
いいえ、近頃作ったのです

894 :名無的発言者:03/10/03 10:53
憲兵はやっぱり偽者だったみたいです
みなさん、旧東欧では偽警官、左翼WEBでは偽憲兵にご用心

895 :名無的発言者:03/10/03 10:56
今日も朝からアカちゃん叩かれてるな。

896 :名無的発言者:03/10/03 11:17
今日も職なしのプチナショちゃん叩かれてるな。

897 :甲種幹部候補生:03/10/03 11:21
〉869
〉これだけでも血なまぐさい競技ですが、
勝手な決め付けですね じゃあフェンシングや「コムド」は血腥くないんですか

〉その歴史は「昭和初期に陸軍が創設された時
嘘です 陸軍の創設は明治四年です

〉近接戦闘での格闘術として軍人や兵士に教え込まれたのが始まり
これも嘘 柔剣道は外国渡来です


〉その後、日本軍隊において必修の訓練種目とされてきました
各国陸軍とも訓練しています

〉15年戦争時においては、
15年戦争は左翼用語です 第一15年も戦争してないのですから名前からして嘘です

〉師範学校・中学校・青年学校等の軍事教練
師範学校は中学の一種に過ぎません
いかにも沢山有ったやうに偽らないで下さい

〉その銃剣で武器を持たない他国の民衆をじゅうりん、殺害してきました。
嘘です
民衆と戦うことは無いですが、もし左様な場合は相手の数が多いので白兵戦や刀槍では勝てません
機関銃の出番ですな

898 :名無的発言者:03/10/03 12:00
いままでの甲種幹部候補生さんの言葉自体がすべて嘘だった.
甲種幹部候補生というのがそもそも嘘だろう.

発言する時には ちゃんと証拠文書を提示しろ.

899 :名無的発言者:03/10/03 12:05
明治と昭和を写し間違えただけで 文章すべてを否定しようとするのが右翼の手口だ:

銃剣道は「明治初年に陸軍が創設されたときに近接戦闘での格闘術として軍人や兵士
に教え込まれたのが始まり」(毎日新聞97.11.29)。
 その後も、日本軍隊において必修の訓練科目とされてきた。しかも15年戦争時にお
いては、師範学校・中学校・青年学校等の軍事教練の一つとして義務づけられてきた。
民間においても、戦争に役立つ「競技」として普及してきた経過がある。

http://village.infoweb.ne.jp/~fwgd0543/kokutai/kangae2.htm


900 :名無的発言者:03/10/03 12:12
〉その銃剣で武器を持たない他国の民衆をじゅうりん、殺害してきました。
嘘です

銃剣はこういう風に使うものだ:

「村民を銃剣で追い立てて並ばせ、機銃掃射で薙ぎ倒す。泣き叫ぶ乳幼児や子供
たちを銃剣で突き殺し、妊婦の腹を切り裂いて胎児を放り出す。死体の山に石油を
かけて焼き尽くす。木に縛り付けて鞭打っては冷水をかけ、凍死させる。殴り殺す。
蹴り殺す。死体を野犬に食わせる。背中に石を結わえて水中に投げ込む。

輪姦し、その女の赤ん坊を銃剣に刺して肩に担ぎ、軍歌を歌って歩き回る。
赤ん坊を投げ殺す。踏み殺す。巨大な石を担がせて圧死させる。鞭で殴って焼けた
棒を押しつけ、冷水をかけて極寒の場に捨てて凍死させる。婦女子を狩り集めて
輪姦し、腹を裂いて内蔵をえぐりだす。生き埋めにする。眼をえぐる。耳を切る。
鼻を削ぐ。首を切り、その数を競う。生きながら解剖する。
銃剣で突き刺し、崖から落とす。等々」

王さん(69歳)柳河口

 1回だけ見たことがあります。強姦したのは普通子どもには見せないんです。
1回見たのは、若い女性に沢山水を飲ませて、お腹を膨らませたり、鉄の棒を火で
焼いて、赤い鉄の棒を乳房に当てたり、女性の生殖器に差し込んだり、あるいは
銃剣の先を焼いて乳房や生殖器をえぐり取ったりしました。

http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/syogen/syakaho.html



901 :名無的発言者:03/10/03 12:16
>>900
それを信じた経緯を教えてください

902 :名無的発言者:03/10/03 12:21
同じ類の証言がいくらでもあるからだ:

一九四三年一月、山西省聞喜県北白石村。村の住民は一カ所に集められる。
住民は抗日意識が強いようだ。NHは住民の中から十五人を選ぶ。
隠しているはずの武器食料の在処を問うため皆の前で拷問する。一人を殴打。
続いて銃床や棍棒で殴らせる。拷問はずっと続く。彼らは何も言わない。
彼らを一軒の家に閉じこめる。夕方また拷問。口のなかに銃剣を差し込みかき回す。
舌はちぎれ歯も取れる

http://members.at.infoseek.co.jp/noharra/dai.htm


903 :名無的発言者:03/10/03 12:31
捏造証言がいくらあっても意味無しw

904 :名無的発言者:03/10/03 12:34
その内容の信憑性がなぁ・・・
それらしいこと書いてあるからってまんま信じろなんて無理な話だし


905 :名無的発言者:03/10/03 12:54
こういうのは 多数決で決まる. 虐殺を否定する証言は無い.

906 :名無的発言者:03/10/03 12:59
絶対に疑えないケースもある:

現場で発掘された部分的な白骨には傷跡があり、特に6号白骨の右側骨盤の上の方
には、一つのはっきりした銃剣の痕跡がある。分析すると、これは銃剣の刃が
残した傷跡で、日本軍が当時使用した銃剣と完全に符合しており、この女性は
推定生前18〜20歳の女性で、銃剣を腹部に刺し込まれた後死亡したものである。

スキャナーと蛍光顕微鏡、骨密度測定器などで白骨の埋葬時期を検査したところ
60年前後を経ており、史料の記載とまだ健在な当時の証人と証言と結び付けて
みると、我々は、この一団の遺骨は、正に60年前中国侵略日本軍によって殺害
された犠牲者の遺骨であると断定することができる。

日本軍による南京江東門一帯での虐殺と遭難者の死体埋葬と発掘について
http://www.mmjp.or.jp/nankin1937/ikotsu.html


907 :名無的発言者:03/10/03 13:21
殺しはあったろうよ
で、大虐殺にそれが繋がるのか

908 :名無的発言者:03/10/03 13:25
捕虜を殺しただけでも 10万人以上の大虐殺だ.

日本軍は捕虜にやる食料どころか 自分達の食べるものすらなかった.
捕虜を生かしておくのは絶対に不可能だった.

909 :阪神優勝!でも大阪は全国最低。選挙で変えろ!政権交代!:03/10/03 15:07
阪神タイガース優勝バンザーイ!
よくやった星野さん。選手たち。
よーし、次はダイエー相手に日本一や!
でも喜んでる場合やないで〜
大阪の景気は超ドン底最悪状態真っ最中!
大阪の選挙の投票率はなんと全国で最下位!(55.69%)
なさけないわ、ほんま。。。
投票率が低いのは社会、経済に対して自発的な努力が無い証拠や!
(....43京都 44沖縄 45埼玉 46千葉 47大阪)
こんなことで大阪の景気が良くなるわけないやろが!
大阪を変えたいんや!
11月9日の総選挙、投票率を上げようや。
全国一位をねらおうや!
それが無理でも、せめて、
阪神の勝率(62,7%)を超えるぐらいの投票率をめざそうやー!
大阪人よ立ち上がれー!!!
そして、政権交代で日本を変えたいんや!
イメージとパフォーマンスばっかりで
弱者の痛みを無視するような政策ばっかりの小泉政治はもうアカン!
自民党の利益を失うような構造改革を
自民党自身ができるわけないのは誰でもわかる。
もうだまされへんぞー!
大多数の無知な国民をあざむくのもいいかげんにしろー!
自民による自民のための自民の政治はもう終わりにしろー!
11月9日総選挙。
政界の明石家さんまこと小泉純一郎と
政界のビートたけしこと菅直人。
さあ、勝つのはどっち!!!?
http://www2u.biglobe.ne.jp/~over80/shugiin_watching-2000.htm
............................................

910 :名無的発言者:03/10/03 15:30
>>906
疑い得ないケースがあるなら、日中共同研究に応じれば良いのにねw
まぁ、一体の遺骨で30万は無理だとさすがの支那人も思っているのかもね。

意外と理性あるじゃんw



911 :名無的発言者:03/10/03 21:53
日本の研究者はちゃんと中国に実地調査に行っている:

1984年、1987年、南京事件調査研究会は二回南京に実地調査のために訪れ、
幸存者を訪問し、保存書類を調べた。1985年、元日本軍の第16師団長の中島今朝吾
の『陣中日記』が発見され、これはまた重要な証拠であった。その後、
『ローゼン報告』、『ラーベの日記』等の一連の多くの新資料が陸続と発見され、
「虚構派」と「中間派」に大きな打撃を与えたのだった。

http://www.mmjp.or.jp/nankin1937/chin.html


912 :名無的発言者:03/10/03 22:14
幸存者とか言うワケワカを訪問したり、捏造文書を発見したりとアカ学者は大変だw

913 :毛 沢山:03/10/03 23:16
>>906
骨盤の刺痕で銃剣の種類まで判るわきゃね〜だろ!
しかも60年前だぞ、六拾年!
日本の銃剣術では胸部を刺すのが基本なんだけど
チミは知ってたかな?
知るわきゃないよな......

914 :名無的発言者:03/10/04 00:01
>日本の研究者はちゃんと中国に実地調査に行っている

ああそうだな。大躍進の時も文革の時も日本の研究者は「実地調査」をして
素晴らしい素晴らしいと褒め称えていたな。
時代錯誤も甚だしい(笑)

915 :名無的発言者:03/10/04 01:34
522 名前:名無的発言者[sage] 投稿日:03/08/25 15:34
>>514
これもまだまだ不勉強ですね。
ドイツのラーべ、ラーべ日記の著者としてこの手の証拠として良く出て来る人物ですね。
しかしこの人の正確な人物像はあまり知られていないようです。

当時南京安全区委員会が日本大使館に送っていた日本軍の犯罪告発の総数は殺人事
件25件、被害者49人です。民間人の大量虐殺に関する告発は全くありません。しかもこ
の被害届の殆どが裏付けの無い伝聞情報であり、ラーべ自身、虐殺を目撃した事は一度
もありません。

さらにラーべは1938年1月14日付けで上海のドイツ大使館に宛てた手紙で虐殺の被害者
を「数千人」としていますが、その2週間後には南京のイギリス大使館に宛てた手紙では
虐殺の被害者「数百人」になっていました。ここからラーべは意図的に情報を操作してい
た事が解ります。南京にいる日本大使館員には反論される恐れがあるから、あまり大袈
裟な事は書けなかったが、南京の情報が乏しい欧米人、殊にヒトラーには日本軍が残虐
行為をしているという偽情報をどうしても伝える必要があったのです。


916 :名無的発言者:03/10/04 01:35
523 名前:名無的発言者[sage] 投稿日:03/08/25 15:35
>>522
続きです。

ラーべは南京安全区国際委員長としての顔以外にもう一つの顔を持っていました。それは
蒋介石に武器を売り莫大な利益を得ていた軍需産業ジーメンスの南京支社長だったので
す。日中戦争勃発後、日本はドイツに対して中国への武器輸出を停止する様に再三要求
をしていました。ヒトラーは武器輸出による莫大な利益を手放す事に躊躇していたが、結局
ソ連を牽制する為に日本と手を結ぶ事を選び中国への武器輸出を停止したのであった。
これに驚いたのがラーべです。何しろ自分が30年間も中国に住み培ってきた商売が水の
泡になってしまうのですから。何とか日本との同盟を止める様に日本を残酷な国に仕立て
て、ヒトラーに上申したのです。しかしころころと変わるラーべの報告に同胞のドイツ人から
も疑問の声が数多く上がりました。ドイツ大使館のシャルフェンベルク事務局長は「暴行事
件と言っても全て中国人から一方的に話を聞いているだけではないか」と一刀両断している。
それから直ぐにヒトラーが不信感を持ちラーべをドイツに召還したのである。

少し調べただけでもラーべの言動には一貫性が見られずに自らの保身に走ったとの見方の
方が正しいであろう。ラーベはナチス党員であったという告発側の表現に惑わされてはならない。




917 :名無的発言者:03/10/04 06:48
ラーべが意図的に情報を操作していた理由:

ラーベの日記には日本大使館が事件を知りながら隠そうとしていた事実が暴露されている。

一方、ラーべはジーメンスから帰国命令をうけ、南京を離れざるを得なくなる。
そして日本大使館は、ラーべにこう釘を刺してきた。

『「もし、上海で新聞記者に不適切な発言をなさると、日本軍を敵にまわすことになりますよ」(中略)
「それならどう言えばいいんですか?」(中略)
「ラーべさんの良識に任せます」
「つまり、報道陣にこう言えばいいんですね。南京の状況は日に日に良くなっています。ですから、
日本軍兵士の恥ずべき残酷な行為についてこれ以上報道しないでください。そんなことをすると、日本
人と欧米人の不協和音をますます大きくしてしまうだけですから、と」

すると非常に満足そうな答えが返ってきた。「それでけっこうです!」』

これが当時の日本大使館の態度だったのである。そして、現日本政府はこれを受け継いで「南京大虐殺」はなかったもの
として対処している

918 :名無的発言者:03/10/04 06:49
南京安全区国際委員会の委員長をつとめていたラーベは、その日記の中で、「虐殺」がどのようにして始まったの
か、日本軍、中国軍、中国民衆、そして南京の外国人たちはどう対処したのかを、克明に記している。中国人でも日
本人でもない、第三者の証言だけに、きわめて信頼度の高い第一級の資料である。そういう意味で、これまで行われ
てきた論争にひとつの決着をつけるものといえよう。

http://www.bekkoame.ne.jp/~ymasaki/rabe1.htm


919 :名無的発言者:03/10/04 06:54
>>918
第三者じゃないのですが

920 :名無的発言者:03/10/04 07:01
ラーべが意図的に情報を操作していたのは 日本軍に殺されたくないからだ.

日記はすぐに公開する予定がないので,検閲を受ける手紙より信頼度がはるかに高い.



921 :名無的発言者:03/10/04 07:05
帰国後のラーベの人生を振り返ってみる。ラーべはヒトラーへの謁見を熱望したが、叶わなかった。そこで講演の草稿
を上申書として郵送している。当時の状況を、編者のヴィッケルトはこう書いている。

『自分の報告を読めば、ヒトラーはショックを受けるだろう、そして対中、対日政策をもうー度考えなおすかもしれない。
ラーべはこう考えたのかもしれない。「君やわれとひとしき人」であるヒトラーは、中国人を見殺しにしない、と。事実
彼は日記にそう書いている。それほど素朴だったのだ』

一九四七年、彼は六十五歳になり、退職したが、年金を増額するため、ジーメンスで臨時の仕事を続けた。
『この年、ラーべは「ひどく疲れた」と書いている。「南京では何十万の人々の生き仏といわれたが、ここではのけ者、
おちこぼれだ。おかげでホームシックも治ってしまった」。
彼は人生をあきらめた』

http://www.bekkoame.ne.jp/~ymasaki/rabe4.htm





922 :名無的発言者:03/10/04 08:08
>ラーべが意図的に情報を操作していたのは 日本軍に殺されたくないからだ.

南京安全区国際委員長の立場にある人間を殺せるわけないだろ(w
妄想も程ほどにしろ。

923 :名無的発言者:03/10/04 08:21
殺人鬼の恐ろしさを知らないな.

924 :名無的発言者:03/10/04 08:33
>>923
お前の妄想上の「殺人鬼の恐ろしさ」なんて誰にも分かるわけなかろう(笑)

925 :名無的発言者:03/10/04 08:48
> 南京では何十万の人々の生き仏といわれたが、
コイツ南京でナニをやったの?



926 :名無的発言者:03/10/04 09:17
多くの中国人を日本軍の大量虐殺から救おう
と奮闘したラーベは、多くのユダヤ人をナチスのホロコーストから救った人物
として有名なシンドラーに匹敵するとして、「中国のシンドラー」と呼ばれる。

ラーベ氏の孫に当たり、ラーベの日記の所有者であるラインハルトさんは
テレビのインタビューでこう述べていたのが印象的でした。

 「ラーベはいつもいっていました。許し、そして忘れなさいと。でも人は加
害者が罪を認めてはじめて許しあえるんです。南京虐殺がでっちあげだなんて
公言する人がいたら、それは再び中国人を侮辱し、恨みを呼びおこすことにな
ります」



927 :名無的発言者:03/10/04 09:18
ラーベの日記に書かれた略奪・強姦等の暴行は、日本軍資料からも間接的
に裏付けられ、その信頼性は揺るぎのないものになっています。さらに最近、
ラーベが記録した資料に登場する被害者女性が名乗り出たのが注目されます。
それについて、駿河台大学の荒井信一教授はこう記しています(注5)。

 「ラーベの目撃者として直接見聞した事柄についての記述は正確であるよう
に思われる。この翻訳では割愛したが、原文には22点の写真が添付され、
ラーベ自身による説明が書かれている。

  そのうちに19歳の身重の体を日本兵の銃剣で重傷をおわされた李秀英さ
んの写真と説明がある。李秀英さんはさる二月来日し、損害賠償裁判で被害に
ついて証言したが、被害状況についての証言はラーベの記述と一致した。・・

  ラーベの報告書は、目撃者の直接記録という資料的価値以外に、南京事件
に関する被害証言をうらづける公文書としても重要な価値を持っている。報告
書の批判的検討を通じて南京事件の研究が一層進むことを期待したい」



928 :名無的発言者:03/10/04 15:08
>>926
すげぇ。
ナニも見ていないのにどうやって救うんだ?

これだからアフォはw


929 :名無的発言者:03/10/04 15:43
>>926
>「中国のシンドラー」と呼ばれる。
はじめて聞いたぞ。
おれもどっかで「日本のベッカム」とか呼ばれてんのかな?

930 :毛 沢山:03/10/04 15:43
ラーベも所詮「ナチ」です

931 :名無的発言者:03/10/04 16:13
当時はナチスの実態が良く知られておらず,ヒトラーは天才政治家と思われていた.
ハイデッカーのような哲学者もヒトラーを高く評価していた.

ナチスの本性を見抜いていたのは心理学者のユングだけだった.

932 :名無的発言者:03/10/04 17:45
毛沢東なんぞ大躍進で「度し難い愚かな独裁者」だと分かっていたのに
文革で再度騙されたバカが大勢いるからな。

933 :名無的発言者:03/10/04 18:32
>>929
それは俺だw

934 :毛 沢山:03/10/04 21:31
>>926
>「中国のシンドラー」と呼ばれる。
「南京のシンドラー」じゃないのか?
でも所詮2匹目のニョロニョロで疑わしい奴に間違いは無い
それよりも「日本のシンドラー」と言われた杉原千畝(?)
のほうが確実に救世主だと思うが

935 :名無的発言者:03/10/04 21:37
杉原千畝は書類を書いただけで,努力を全く必要としない,危険を冒した訳でもない.

価値が全く違う.

936 :毛 沢山:03/10/04 21:44
シンドラーも同じだろ、それともシンドラーが銃を持って
戦ったとでも?当時の日独間の情勢と日本の国体を知って
考えれば杉原千畝の偉業は判ると思うが
人命を救うのに危険とか書類とか関係ない
その行為が賞賛されるんじゃないかな
ところでラーベはなにをした?

937 :おい:03/10/04 21:45
倭蓄、死んでいけ!


938 :毛 沢山:03/10/04 21:52
名前を変えてうろたえるなよ
お前の知脳が飄々と現れてるぞ(藁


939 :おい:03/10/04 21:53
倭蓄、死んでいけ!


940 :毛 沢山:03/10/04 21:57
>>↑
ありがとう、君の愛Pいただくよ。

941 :おい:03/10/04 21:59
倭蓄、死んでいけ!


942 :名無的発言者:03/10/04 23:07
ラーベ氏は陥落した南京において外国人と中国の非戦闘員を囲う地域として
「安全区」をつくり、日中両国と本国のヒトラーに、その安全の確保を懸命に
訴えつづけた。また日本兵によるレイプが行われそうだと聞けば駆けつけ、
卍の腕章を見せつけ、日本兵を蹴散らす。難民のために食料や、防空壕を提供する。
こうしてラーベ氏は多くの中国人の命を助けた

943 :名無的発言者:03/10/04 23:08
自分で書いた>>920のカキコを覚えていないらしいな(笑)
相変わらず思いつきでデタラメばかり並べるヤツだ。

944 :名無的発言者:03/10/04 23:11
920は誤解だった.訂正する.このHPを読んでくれ.右翼がいかにあくどい捏造をするかよくわかる:

南京大虐殺「ラーベ効果」を測定する  
それはラーベとともに残留した二十五人の委員たち―主力は米国人宣教師だが
―にもあてはまる。あえて言えば、中国の風土と人々への愛着と同情、宗教的信念、
反骨精神などがミックスしたものだろう。しかし、無償の人道的支援が主軸だった
ことを、われわれはこのラーベ日記を読むことで否応なしに納得させられたと思う。

シンドラーとは比較にならぬほどの義人―それが私の率直な感想だが、その当否は
別として行間から伝わってくる存在感と迫力に圧倒される思いを抱いた人は少なくないはずだ。

(秦郁彦氏「現代史の争点」P10)


 ラーベがヒューマンな立場から南京の中国人の救済に立ち回っていたことは、
実際にこの「日記」を読んだ方であれば、誤解のしようがない事実です。

「南京陥落」1か月後の「一月十四日」には、ラーベは、犠牲者数を「何千人」と
認識していました。しかし、「陥落」から6か月が経った「六月八日」には、
「中国側の申し立て」を始めとしたいろいろな情報が集まり、「五万から六万人」
に、認識を変えました。

それだけの話です。ラーベは、「相手によって」報告する数を変えたのではなく、
その時々での認識を述べているだけ、と解釈するのが自然です。

「報告する相手によって犠牲者数を大きく変えている」という記述が、いかに
捻じ曲がった表現であるかは、明らかでしょう。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/8503/rabe.html



945 :名無的発言者:03/10/04 23:15
ラーベが武器商人だ というのも右翼の捏造だった:

ラーベは、南京事件当時、独ジーメンス社の南京支社長を務めていました。
南京支社の主な取扱品目は「電話、発電機、医療機器」(文庫版「南京の真実」P14)
などで、各種資料から判断する限りでは、もっぱら民需関係に携わっていました。

当時のジーメンス社は、「電機メーカー」であるに過ぎませんでした。また私が
調べる限り、少なくとも1930年代以降にラーベが「高射砲」を中国側に販売
した事実も存在しません。当時のラーベの取扱いは民需用のものでしたので、
「これらの兵器を売り込むため」というのも、的外れな記述です。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/8503/rabe3.html

946 :名無的発言者:03/10/04 23:32
>>944
このスレはお前の「悪どい捏造」で埋め尽くされているわけだが(笑)
920が誤解なら>>923の「殺人鬼」は全くの捏造発言だったわけだ。

947 :名無的発言者:03/10/04 23:34
>>944
認識で人数調整を行なうというのが、そもそも狂っています。
さらに、「その当否は別として」って箇所を見落としては困るな。
秦はあくまで、読み物の登場人物としてのラーベは義人だね、程度にしか
語っていない。
「いかに捻じ曲がった」なんてほど悪意を感じるものはここにはないね。

948 :名無的発言者:03/10/04 23:35
オグラディの研究によるとバンコクにおいて性的犯罪で逮捕された外国人数は、
ドイツ人がダントツの一位、アメリカ、イギリス、フランス、オーストラリアに続いて、
日本人は6位なのである。セックスツーリズムと言えば日本というイメージが世界的にも付いているが、

これは欧米の研究者が自国に不利な統計を敢えて使わずに研究を発表しているためである。
文献を読んでも、世界におけるセックスツーリズムの諸悪の根源は

日本であるかのごとく記述している研究者は総じてプーンを代表とするドイツ人とナッシュを代表とするアメリカ人研究者に多い。
 
また、セックスツーリズムにおける経済効果という側面も疑わしい。ホールデンの研究によると、
マニラにおけるセックスビジネスのオペレーション上のオーナーは75%がフィリピン人、19%が中国人、
6%がアメリカ人という構成だが、

そのセックスビジネスの資本上のオーナーは、

80%が中国人、

14%がフィリピン人、6%がアメリカ人という構成になる。

ここで中国人はマフィアとの強い結びつきもあり、
マニラにおいてセックスビジネスで稼いだ外貨は自国に留まらず、海外に漏れていくのである。


月例レポート  島川 崇 (松下政経塾 第19期生)
http://www.mskj.or.jp/getsurei/shimakawa0003.html


949 :名無的発言者:03/10/04 23:40
319 名前: [sage] 投稿日:03/09/20 11:08 ID:2Pf09OWO
>>318 極東板、トリビアスレ(初代スレ)より。

279 名前:日出づる処の名無し [] 投稿日:03/07/24 05:25 ID:K+O9Lgn3

【岐阜】杉原千畝記念館を訪問 イスラエルの空手家7人
638 :プライド :03/07/23 21:36 ID:+AQMy7wB
戦前旧リトアニアでドイツから追われた流浪の民ユダヤ人に「本国外務省の指令」を無視して、
日本経由の「亡命の為のビザを発給」しつづけた「杉原千畝」その数6000人前後。
本国引き上げ命令の列車の中でも「ユダヤ人救済の為のビザ」を書きつづけた。

ここまでは有名・・・でも後日談がありんすよ

彼ら亡命ユダヤ人はウラジオストック―敦賀ルートの他、イルクーツク―満州ルートにも流れ込んできました。
ロシア革命以後、ロシア系ユダヤ人が満州に入っていたのでそれを頼ったのです。
で、それを見て驚いた陸軍参謀本部の、ユダヤ人の満州流入阻止の意を受けて関東軍へ赴いたものの、
現地で諭されて逆に「俺が腹を切る覚悟で参謀本部を説得する」と言って帰っていった人が
誰あろう、

「東条英機陸軍中将閣下」

でした♪。

杉原領事の発行したビザはある意味「空手形」。
それに裏書保証を与えて「血の通ったビザ」にしたのが東条だなんて

今の世界じゃ、口が裂けても言えないだろう。

いつまで経っても「杉原千畝」が映画化されない訳だコリャ(W
【電波】本音で話そう日韓朝Part34【禁止】
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/korea/1063127932/


950 :名無的発言者:03/10/05 00:47
>>942
> 訴えつづけた。また日本兵によるレイプが行われそうだと聞けば駆けつけ、
> 卍の腕章を見せつけ、日本兵を蹴散らす。難民のために食料や、防空壕を提供する。
凄いな、殺されるがイヤで発言を変える様な人間とは思えない。
テキトーな事ばかり言うからすぐ撞着するw


951 :名無的発言者:03/10/05 08:09
悪の帝国アメリカの崩壊が近づいている:

米、海外マネーへの依存増す

 【ニューヨーク=山崎宏】米金融市場が海外マネーへの依存をじりじりと強めている。
日本の為替介入資金の流入などを背景に、米国債は海外投資家の保有する割合が
6月末に発行残高の35.6%と過去最高を記録。社債や株式も含めた有価証券全体
でも過去最高水準で推移している。国内の貯蓄不足を海外マネーで補っている形
だが、過剰な海外頼みは持続困難との見方が増え、今後ドル安要因になりかねない状況だ。

 米国債の海外保有比率は1990年代初めの17%台から対米有価証券投資の拡大
により90年代後半にかけて上昇した。米連邦準備理事会(FRB)の直近の資金
循環統計によると、6月末の海外保有残高は1兆3465億ドル。海外保有の比率は
3月末の33.9%から35.6%に上がり過去最高を更新した。1年前に比べると
4ポイント強も上昇した。 (07:00)


952 :名無的発言者:03/10/05 16:30
だからさー・・・・

953 :タラリ:03/10/06 10:43
北村稔「探求」批判
ティンパリーの情報工作員説を世間に流布した北村稔「『南京事件』の探求」
の核心部分を批判した「『ティンパリーの謎』を嗤う」を「南京事件の真実」
に掲載しました。

『ティンパリーの謎』を嗤う その1
http://www.nextftp.com/tarari/timperley.htm

ティンパリー情報工作員説は
(1)孫瑞芹『近代来華外国人人名辞典』の誤読と
(2)『曽虚白自伝』の鵜呑み
によるものである。

続編も準備中ですのでよろしく。


954 :名無的発言者:03/10/07 09:35
東條閣下の御遺徳が偲ばれます

955 :名無的発言者:03/10/07 15:12
口だけなら何とでも言えるからな.

956 :名無的発言者:03/10/07 18:51
そりゃ社民党だろ
東條さんは実行の人
現にユダヤ人は救われた

957 :名無的発言者:03/10/07 19:47
日本人は白人には頭が上がらないからな.

ユダヤ人が中国人と同じ顔だったら,杉原千畝も絶対に
ユダヤ人を救わなかったさ.

958 :名無的発言者:03/10/07 20:12
    
  ∧_∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 <=( ´∀`)  <日本人は白人には頭が上がらないからな.
 (    )    \____________
 | | |
 〈_フ__フ

959 :名無的発言者:03/10/07 23:23
八年日中戦争ーー中国中央軍少将

http://military.china.com/zh_cn/history4/62/20030923/11544382.html

960 :名無的発言者:03/10/08 11:12
ユダヤ人はセム族系で、白人ではない
日本人は黒人にも優しかった
人種差別反対は日本の国是だったのだ

961 :名無的発言者:03/10/08 11:19
リトアニアのユダヤ人はアシュケナジムで 古代イスラエルのユダヤ民族とは全く関係なく,
白人と区別がつかない.

黒人は背が高く,容貌も立派だから 特別待遇しているだけだ.

日本人がアイヌ人や山の民(縄文人の末裔),朝鮮人を差別してきたのを知らないのか?

962 :名無的発言者:03/10/08 11:23
>>961
明治以降の法的差別はないだろ。


963 :名無的発言者:03/10/08 11:39
日本人がアイヌ人や山の民,朝鮮人を差別しようとすまいと突然ユダヤ人が白人になる訳じゃ無し
黒人の背が高く,容貌も立派だと思った日本人など居はしない
妄想書きこむな




964 :名無的発言者:03/10/08 13:21
>>961は、ただいま必死で検索中w


965 :名無的発言者:03/10/08 18:26
なんとかして ラーベ>>>>杉原千畝 に持って行きたいと(w

966 :名無的発言者:03/10/08 20:47
おまいら,アインシュタインやカフカやシャガールが白人でないと思ってたのか?

967 :名無的発言者:03/10/08 21:23
どーでもイイ

968 :名無的発言者:03/10/09 16:01
白人に頭が上がらない香具師なんて見たことも無い
おまいら田舎者だけだろう


969 :名無的発言者:03/10/09 20:40
これ読んでね:

●●(●●●人、●●歳)は、ブラジャーを外す。スリップとハイヒールだけに
なって、舞台に上がる。じりじりして待っていた日本人の観客は、西洋のエロスの
魅力を大いに楽しむ・・・ブロンドの髪、青い瞳、白い肌、大きい胸、長い脚。
こういうものには、特別に高い料金を払わないといけない。

ストリッパー嬢は、2、3ヶ月前にはまだ●●●で●●●として働いていた。
そこに遥かな日本から口きき屋がやって来て、東京では今ブロンドのホステスが
大人気だと説明した。●●●は、躊躇することなく雇われることにした

ブロンドの外人女性は、女家庭教師の代わりのようなものだ。殆どの西洋女性は、
バーのホステスという余り問題ない形で働いている。外国人に対して日本人が
細かく付けた階級秩序においては、「白人」は、タイやフィリピンから何千人と
連れて来られ、酷い仕打ちをうけている性の奴隷たちのような辛い運命を担う必要
はない。

http://www.okada.de/jing/blondine/blondine.htm

970 :名無的発言者:03/10/09 22:26
バーのホステスに頭の上がらない人ハッケソ

勘定はちゃんとしとけw


971 :名無的発言者:03/10/12 09:03
恥かしい田舎者だよな

972 :名無的発言者:03/10/12 17:28
眠いぞ

973 :名無的発言者:03/10/13 11:10
赤い諸君の典拠はみんな捏造だった

974 :名無的発言者:03/10/13 19:12
無い部隊名、任官しない階級ばっかし持出してたな。W

975 :名無的発言者:03/10/13 20:17
韓国人も怒ってます
http://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jphoto/read.php?id=enjoyjapan_13&nid=22356&work=list&st=&sw=&cp=1

976 :名無的発言者:03/10/13 20:46
↑だから何だよ

977 :名無的発言者:03/10/15 10:22
理不尽な怒り

978 :名無的発言者:03/10/16 07:11
〉962 そうです 大日本帝国憲法で保障されてます

979 :名無的発言者:03/10/16 17:38
南京事件なんてシナの狂言だって事は世界が知っている


980 :1-1:03/10/16 21:40
虐殺は無かった!
これにて閉幕!!


981 :名無的発言者:03/10/16 21:42
中国の発言は人口が5人の所で、100人死んだと言ってる
んだろ

982 :名無的発言者:03/10/17 21:15
ダメダメロケットで500人以上死んだりしたんだってな。

983 :名無的発言者:03/10/17 21:39
>>982
政府公式発表は死者6人だけどね。
しょせんあの国では人の命なんて国の威信と比較すればゴミ屑同然。


984 :名無的発言者:03/10/17 21:42
ソース
ttp://www.cnn.com/WORLD/9603/china_rocket/
ttp://www2000.dyndns.org/php/upload/download.php?file=5026


985 :名無的発言者:03/10/17 22:06
>>983
ナニと比較しなくてもゴミ同然

986 :名無的発言者:03/10/18 11:56
支那は滅亡必至です

987 :名無的発言者:03/10/18 19:04
支那事変は正々堂々の義戦であり、南京攻略戦はそのハイライトです
俯仰天地に愧じず

988 :名無的発言者:03/10/19 11:01
大祖国防衛戦争は人民の正義の解放闘争であり、帝都突入はそのハイライトです
俯仰天地に愧じず




989 :旧日本軍化学兵器毒ガス事故、3億円支払で正式合意:03/10/19 13:06
旧日本軍化学兵器毒ガス事故、3億円支払で正式合意
 【北京19日共同】北京の日本大使館は19日、
中国黒竜江省チチハル市の旧日本軍遺棄化学兵器による毒ガス流出事故で、
日本側が3億円を中国側に支払うことで日中両国が正式合意したと発表した。
 日本側が支払う金額は「遺棄化学兵器処理事業にかかる費用」として中国側に渡すことにしており、
中国政府が被害者ら関係方面に「適切に配分する」としている。
 合意を受け、中国外務省の章啓月副報道局長は同日、
事件が「中国人民の生命の安全と民族の感情」を大きく傷つけたとし
「いかなる額の金銭でも補償できるものではない」とする談話を出し、
中国側の不満が根強いことを示唆した。
 日本側は水面下の交渉で1億円の「見舞金」を提示したが、
中国側が難色を示し、北京の実務レベル協議で3億円前後とすることで大筋一致していた。
 事故は8月、チチハル市の工事現場で発生。
1人が死亡、43人が被害を受けた。中国では日本への反発が高まり、
10月上旬にインドネシアで開かれた日中首脳会談でも温家宝首相が小泉純一郎首相に早期解決を求めた。

990 :名無的発言者:03/10/19 15:32
誰もソ連の対独戦を責めてはおらん
責められてるのは、対フィンランド戦や、アフガン戦
これらはソ連が侵略者

991 :名無的発言者:03/10/20 13:01
http://www.doitakako.net/bbs2/msg.cgi?mod=detail&MESSAGE_ID=0000514

992 :名無的発言者:03/10/21 09:23
侵略帝国ソ連は怒れる貧民によって打ち倒された

388 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)