5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

芸術を創造する者にとって知識は邪魔か

1 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/11 06:46
私は大学で芸術理論を学んでいますが創る方も好きです。
しかし理論を勉強していくにつれて、何だか創る方への
可能性がだんだん狭まっていくような気がしてなりません。
そのような理論に沿うことを優先してしまいそうで、そうなると
今のように思いついたままを自由に描いたり創ったりできない気がします。

良い作品を創るためには知識は邪魔になるのか、
むしろ手助けになるのか、どっちなんでしょう?
皆さんはすすんで知識を受け入れるようにしていますか?

2 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/11 08:47
今まで学んだ知識を自分なりに取捨選択すればいいんだよ。

3 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/11 10:40
知識は過去の遺産に過ぎません

そして知識は創作の道具です
画材や用具と同じく使いこなせなければ、宝の持ち腐れ



4 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/11 14:30
疑問に親切なレスがついて、また知識を得てしまう>>1であった・・・

ちゃんちゃん。

5 :1:04/03/12 06:44
お。レスがついている。皆さんありがd

>>3さんの言うとおり、何かをつくる時に何らかの知識を踏まえている時点で
知識を道具として使っていると言えるかも知れませんね。
考えてみて、私もまったく知識に頼らずに
何かつくるというのは不可能だとは思います。
既存の芸術からの引用というのはかならず出てくるものだし、
知識がなくては既存の芸術の限界がどこにあるのかも知ることができませんね。

邪魔になる場合の心配は皆さんはなさらないのですか?
それはもちろん取捨選択に尽きるという感じなんですが、もし
たとえばそれがある芸術上の主張や主義で、権威のあるものであったりしたら
簡単に捨てることができるか心配です。
それを捨てることができるほどに自分は正当性を持っているのか、なんて思ってしまいます。
それはもう知識ではなく、感覚やセンスが決定する領域なのでしょうか?
こんな事を言っているのは何だかあほなようなことだとは思います。
でも具体的にどうとは言えませんが、何かを知ることがあるほど、そのような気がしてくるんですねえ・・。


6 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/12 19:44
ちょっとズレるかもしれませんが。

俺は小学校〜中学校までずっと美術は学校でトップでした。
しかしその後、家が貧乏なので、工業の学校行って、機械設計の仕事して
きたんですが、なんか「左脳人間」というか、理屈っぽくなってしまいました。
26の時社会人入学で美大入ったんですが、その時に感じたのは
「溶けていく」というか「開放されていく」というか。
最初はバカらしく思えた「ガキみたいな作品作る授業」が、重ねていく
内に、なんかこう感性が広がっていくというか、発想が自由になっていった
というか。。
今は34歳なんですが、あの頃出した年賀状は、自分は「なんてアホみたいな
絵書いて出してしまったんだろう?」と思ってましたが、あれは今もみんな誉めてくれます。
たぶん「左脳人間が右脳人間に変わる瞬間」だったのだと思います。

今はまた世間の荒波の中で、また「左脳人間」に逆もどりですが。。
この長くて理屈っぽいカキコミが、まさにそうなんでしょう。
今も絵を書こうとすると「そんな事してて何になる。」「世間はそんな甘くない」
とか、そういう理屈ばっかが先にたって、筆を握ることすらできません。

>>1の言ってるのは「美術の知識がオリジナルの邪魔をするのでは?」だと
思うから、少し違うと思いますが、あんま知識詰め過ぎて「左脳人間」に
なってしまうのは、よくないと思います。
(才能がないから知識でヨロイのように身を固めた、学芸員やエセ美術家も沢山いますが。。)


で、今、趣味で絵を再開してるんですが、

7 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/13 00:55
小中と美術がトップだからなんだっての。
たまにそれ自慢するやつがいるがテキトーなもんだぞ

8 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/13 04:33
デザインなら必須だけどなあ、様々な知識が。
アートはどうなんだろう。
単純に「知識」が必要なのかそうでないのかを結論付ける事はできんだろうけど、
自分に溜まった膨大な知識(情報)を必要、不必要に整理する必要性はあると思う。
芸術は哲学なんだから理論に縛られる必要はないと思うし自分が納得できないなら
そんな理論は捨てれば良いと思う。それさえろ過できずに悩んで(自己表現の)純度の低い
作品ができたとしても見る人の心を動かすものができるだろうか?
不要な情報は雑音でしかない。
大事なのは知識の有る無しよりも、知識をどれだけ自分用に選別できて
それを扱えるかだと思うけどな。
理論に縛られるのは自分の持つ哲学の弱さが原因かと。

9 :T氏の隣人:04/03/14 13:13
その昔ゼロと言う男がいましたとさ。その人曰く「才能に頼る芸術家はただの職人、知識に頼る芸術家はただの学者。」He said
だそうです。芸術の原点知識は、イオニアとエジプトです。プリニウスを見習いなさい!!とY先生はおっしゃっております。
よろしこ。

10 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/14 18:10
>>7
トップのことを自慢したい話じゃないように思えるけど?

11 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/14 20:29
そういうことじゃなくて、あの文だったら書く必要ないじゃん
それだったら美術の授業好きでしたとか絵描くの好きでしたでいいじゃん。
で、あえて書いてるってことは自慢ととれる。

12 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/14 21:11
確かに、必要ないかも。
>>11 さんの言うとおりトップって書かれなくても
それ以降の文章に差し障りはないし、自慢ってとれるね;
つっついちゃってすみません。

13 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/15 13:24
よく海外の古い絵の解説とかでさ。
「この時作者は、不遇な生活をしており、暗い心情で描いたのが、
 絵のこのあたりに出ています」とかぬかしとるけどさぁ。
「そうかな?」って思うんだよね。
別に、例えば父親や母親が別れそうでも、亡くなっても、
その絵描いてる時はハッピーな気分だったかもしれんじゃん。
酒飲みながら描いたかもしれんし、女抱きながら描いたかもしれん。
そういうのエラそうに行っとる学芸員やら教授に限って、絵の才能全くないし。
実際「聞いたのかよ?」「見たんかよ?」ってつっこみたくなるのは、俺だけ?


14 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/15 19:07
>>13
うん、うん、僕もそう思うよ。

15 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/15 21:25
>>13
むしろ、しんどい時こそ明るい絵が描きたくなったりするもんだしね。
俺もきつい時は何か表情豊かな女の子を無性に描きたくなる。

16 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/15 21:58
知識も観察と洞察のうち。

17 : ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/15 23:36
センスや感性も知識だと思うけど。

18 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/16 00:07
どんなに大量の知識を詰め込んでも
結局ひらめきだよ。
理系の研究者すら論理ではなくひらめきだからね。
まあひらめきには知識と24時間そのことを考えることが必要だけどね

19 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/16 00:08
よく見える○○には一般式があるけれど、感動させる○○の一般式が見つからない、なんちゃって。

20 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/16 01:28
>>18
つーことは、結局、知識が不可欠、でよろしいか?
>まあひらめきには知識と24時間そのことを考えることが必要だけどね

21 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/16 03:12
25時間!

22 :1:04/03/16 07:33
>>6 - >>21興味深く読ませてもらってます。

そうですね、自分が何を受け入れて、何を捨てるのかも決定できないうちに
やたらに何かを学んでもよけい頭が混乱するだけ という感じですか・・。

あらゆる知識を受け入れるか否かを決定するのは、知識を吸収するだけではなく
もっと別の力が必要だと私も思います。
それはまさに自分哲学であったり、経験や知識を総合したひらめきやセンスなんでしょうね。
それらはもうすでに自分のなかにあるものであり、成長させていくものなんでしょうね。

23 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/18 22:21
>>22
芸術家で知的な方は多数です。
インサイド的アートを目指すのであるならば知識はあったほうが良いと思います。
逆にアウトサイド的な作品を作っていきたいのなら知識は逆に毒です。
といったところで、すでに世俗に侵されすぎていればアウトサイダーアートは難しいかもしれません。
その前に芸術家にとって作品とは自己表現の方法であるわけなんで、
こういう根源的な問題にぶち当たるなら哲学にも手を出した方が良いかも知れませんよ。
自己の存在を認識できない普通の知的芸術作者が作る作品ほど退屈で当たり障りのないものはないですよね。
それを踏まえたうえで選択し、結果自己表現ができないのであれば絵画には向いてないのだと言えると思います。

24 :T氏の隣人:04/03/19 11:53
芸術は自己表現と言うのはちょっとちがう気がするぞ?
歴史をひもといてみても、芸術が自己表現だったのは、原初と印象派以降でしょう?
少なくとも芸術に知識が必要になったのは、政治的に不安定な(アバウトかな?)
時期からのもので、例えばヨーロッパ芸術なら「文字を読めない人に聖書を理解できる」
ように絵画や彫刻が図像学的に発達していったし(当然顔料やメデュームは錬金術師=知識の源泉はイオニアやエジプト、ササン朝)
あ、ごめん、ここで言う知識って、技法的なことより、表現をするうえで大前提にないといけない最低限の芸術の要素のことね。
まあだから、「最低この位の知識がないとただの落書きかオナニーになりますよー」ってものはあるけど、
いまの安定した(少なくとも日本ではね。)社会情勢のなかだとそれ以上は、個人のコンセプト次第じゃないかな??
9では少しアホなことかきましたが、でもその最低限のものは、エジプト・イオニア・ペルシャにあると私はかんがえています。
プリニウスの博物誌には世界初の絵画起源が掲載してありますが、でもそれはまた次のお話‥
ちょっと、アカデミックすぎて古くさいかな??
長くなってごめんなさい。あ〜指が疲れてもうだめぽ‥

25 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/19 20:51
>>24
確かに、指が疲れて作品作れなくなりそうだ。

26 :T氏の隣人:04/03/20 12:22
同感(泣)

27 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/20 14:47
>>13も言ってるけど、結局絵を見る側の思い込みってのがほとんどだとおもう
と言ってみる


28 :T???I`?×?l:04/03/20 15:09
絵や彫刻、叙事詩や音楽など、芸術を鑑賞することが今世まで高尚なことだと言われてきたのは
、見る側の知識と教育レベルが問われるからだと考えています。
しかし昨今の芸術鑑賞とは、漫画やイラストを見る感覚で
非常にイージーになっていると思うのは僕だけ?(汗
とにかく、見る側の思い込みでしか語れない芸術は、
「落書き」と言うに等しいと思う。「文字を読めない人の為」に
出来た表象が、なんで「見る側の問題」にまで零落したのか
少しは考えてくれないと、今後の芸術の存在意義が
ただの資料か歴史の問題にへんせいしてしまうかもしれません。


29 :T氏の隣人:04/03/20 22:03
28は私です。(汗
HNが変になってごめんなさい


30 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/21 02:06
結局別の人間なんだから全ては見る側の見方や考え方による。
これはどう考えても揺るぎないと思うんだが。


31 :T氏の隣人:04/03/21 13:40
「見る側がどう思うか?」例えば綺麗とか、不快だとか、など「どう思うか?」と言う観念についての
個人差があって、このパターンはご指摘通り、「見る側の問題」なんですが
芸術について「見る側がどう考えるか?」になると、やはり共通の思考である、でしょう。
図像学的に比例的に面積比的に色彩的に‥などで考えるのが芸術の素晴らしさではないでしょうか?
例えば「ウサギ」が描いてあるものについて、我々はまず図像学的に「淫蕩‥抑制のない欲望」を
意識しなければなりません。
(逆に意識できない人は「もう少し勉強してから芸術鑑賞しましょう」と言うことです)
モチーフ一つについても様々な意味があり、組み合わせ次第では、キリスト教やダナウェイ神話など
示す事柄もかわります。とはいえ、24でも書いた通り21世紀の今世までそんなふるいアカデミズムについて
論争しても仕方のない話ですが、一つだけ、「200年後の人々に何を描いているのか(伝え残したかったのか)
わからないものはやはり、ただの落書きや資料でしかなく、美術のもつ意義はそうではない。」
とのこしておきます。

32 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/21 15:44
長い

33 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/22 01:30
かったるい。
エンコード/デコードだけならパソコンにでも見せときゃイイ。

34 :1:04/03/22 08:33
私は今深田康算の芸術理論を読んでいるのですが、
彼の理論は大体は成る程とは思いますし、こんな風に何らかの指針がなければ
自分はずっとふらふら歩きをしていたんだろうと思うと知識をむしろ有難いと思う場合もあります。

しかし、彼の定めるところの理論がそのまま物差しになり得ないのも事実だと思います。
実際にそれらの条件を満たしているならば芸術だ、などとは決して言えないし、
たとえそれらを満たしていなくても自分がこれをよい、と強く思うならば
やっぱり理論は抗うことが出来ないのではないかと思います。

T氏の隣人さんの考える「芸術のもつ意義」とはどういったものですか?
芸術鑑賞は知識がないと正しく理解することができないとか、
あくまで形式的な美があればよいとかいう風に私はとってしまったのですが。

35 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/22 17:41
>>34の中段4行
当然だと思うんだが
あと>>31は釣り


36 :T氏の隣人:04/03/22 18:26
では、逆に「感性」とか「主観」とはどういうものなのか34さんに聞いてもよろしいですか?
と言うと論点搾取と言われそうなので、具体的に…
私は特に個人の意識まで「こうでなくてはいけない」と言うわけではないことを
理解ください。しかし34さんの質問に答えるとすると「芸術は、『ある一定の条件を満たせば
芸術になりうる』と考えます。」(これは技術・知識ともにの事です)
なぜ赤の補色対比が緑なのか?セクションドールとは?テンペラって?_
これらは感性と主観では理解できませんね?で、こういった種々様々な
『知識』が『美術』を形成してゆくのです。
あとは、何度もいいますが、政治や種々様々な時代背景によってイストリアだったり
人物やトルソだったり、モチーフや主題も変化するわけです。
私からみると「感性・感性」と言う芸術家ほど、歴史を意識せず、大局を把握できない
人なのかな?って考えてしまったり‥あと芸術の持つ意義とは?ですが、
太古の錬金術師や占星術師もそうあったように我々には我々のやりかたで
後世に伝えなくてはならないものがあるのではないですか?
まさか今の時代にあるものが、20世紀になって突然すべて現れた!
なんては思ってないでしょ?
そこをはずすとただの落書きか自慰ですよ。
我々は昔の人と比較じても、本当は優位性を見つけられないものなんです。
情報や派手さに捕われて本当の事を見失わないように。


37 :T氏の隣人:04/03/22 18:34
うざい書き込みごめん(半生


38 :T???I`?×?l:04/03/22 18:37
あ〜みんなどう思ってるんだろう?「本当は派手でかっこいいからやってます!」
って人もいるのかな?と問いたい!問いつめたい!小一時間問いつめたい!

39 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/22 18:37
あたりまえのことだと思うけど。
で、なにがいいたいの?

40 :T氏の隣人:04/03/22 18:38
またHNが‥<37>ごめん

41 :T氏の隣人:04/03/22 18:40
そ・そうなんだ…40さんはなんで芸術やってるの?

42 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/22 18:41
>>39
だれに言っているのかと

43 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/22 18:41
>T氏の隣人
としはいくつ?

44 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/22 19:22
なんでも技術はつきものだと思うけど。
何も知らずにはじめても技術=理論&知識は経験を積めば勝手にでも蓄積されてゆくものだし。
それを表現に生かすか殺すかに感性やらセンスやらが問われると思うんだけど。
芸術家の人生って派手ですかね?映画の中だと2時間しかないから派手に見えるだけで、
誰の人生でも2時間ドラマに集約すれば派手なものにならざるを得ないと思うけど。

45 :T氏の隣人:04/03/22 19:35
年は29っす(泣)某日展系美術団体に所属っす。よろしこ。(笑)<43

46 :T氏の隣人:04/03/22 20:32
‥と言うわけで「芸術には知識は邪魔か?」と言うことにたいしては、
「邪魔どころか必要だと思います。」です。
表現の感性・センスも「知識と経験が導いた事象と結果」だと思う。
政治・倫理・哲学‥芸術に必要な知識はおおいんじゃないかな?
って、論点ずれてるさ!もうだめぽ…


47 :1:04/03/24 08:20
>>36>>46ありがとうございます。

私は何だか知識が、感性の対極にあるものだと考えがちですが
皆さんのレスを見ているとそうではないと思えるようになってきました。
私は質問している立場ですし、まだふらふら歩きをしている最中なので
何かを言ったところで当たり前のことしか言えませんね。スミマセン・・

音楽や文学などはまだどうすればそれら芸術を芸術たらしめることが
出来るか、自分なりに定義を下すことが出来そうです。
でも造形芸術という分野は私にとってはまだ曖昧すぎて、
どう捉えるべきなのかということがまだ分からないでいます。

その他の芸術もそうであるように、すべては歴史を継承しているか、
或は歴史を裏切っているかして後世に残っていますね。
そういうものは社会性や政治性を持っているから、というものが多い(すべて?)ですが、
個性なんかはその中でどういったところに入るのでしょう?
なにかまた変な質問のような気がしてきましたが・・。

48 :T氏の隣人:04/03/25 21:38
芸術としての文学・音楽ともに数学的な要素が強ければ強いほど美しい‥
彫刻・絵画‥すべてが数学なのだよ!
ああ!すばらしきかな!数学!
ちなみにもっとも美しい文学はやっぱり「神曲」かな?う〜んダンディー‥
(原文が読めない人にはわからんでしょうな!)
もっとも美しい音楽はKV626でしょう!愛しいマリー!
(マリア(マリー)とレクイエム・・深いね!)
すべてに意味があるように、また全てに意味はない。
「無知の知」って誰の言葉だったかしら_?

49 :T氏の隣人:04/03/25 23:14
続けてご〜めん。
こっちは絵描で、文学・音楽は門外漢です。ごめんなさいそれを大前提に…
やはりラテン語の詩にも、数字規則があったり、音楽にもそれがあったりで
結局は「万人に通用する規範を守れば」芸術なんじゃないかとおもう。
感性でバッハの12音階は作れないし、ドンキホーテなどはもっと無粋だったのでは?
 
 あ と 一 つ !これはどんな芸術にも言える事なんだけど…
遺伝子学的にはど「種の保存」を楯に『知識』としてかたずけられるのですが
唯一!感性的と言える必須条件として『恋』が必要!恋愛なくては全てなし!
Dr.ファウストもそうだったでしょ?(笑)
あなたのドゥルネシアは?ソーニャは?ベアトリーチェは?
あなたは、想い姫に捧げるに値する魂を、命を持っていますか?
な〜ん〜て〜ね


50 :T氏の隣人:04/03/25 23:17
↑ドゥルシネアです〜ちょいボケ

51 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/25 23:34
あぁここってT氏の隣人とかゆーコテのオナニースレだったんですね
なんて書き込みごめんなさい

52 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/27 23:55
>>51
マジでここの見てる香具師もいるんだしやめとくれ。私は賛成派☆t屍の隣人

53 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/28 01:59
本来無東西
何処有南北
迷故三界城
悟故十方空

54 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/28 02:20
芸術を創造しようと意識して創造した芸術は芸術なのだろうか?
それが芸術だとしてはたしてそれは美なのだろうか?

55 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/28 11:11
あまりにも神秘主義的ナイーブさがあってうける!

56 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/28 16:28
>>54
芸術だよ。
 
美だよ。
 
 
とにかくもはや>>54的な考えは古杉。
だって結局はブツをリアルに意識して選別するんじゃないか。

57 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/28 16:59
>>56

リアルに意識して選別‥できてるつもりなだけなんだよみんな。
美の対象=ブツとは限らんよ。

58 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/28 17:01
美に対する考え方に古い新しいがあるという時点でだめだろ。

59 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/28 17:02
選別という考え方もだめ。

60 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/28 17:22
>美に対する考え方に古い新しいがあるという時点でだめだろ。
それをバカみたいに言い切っちゃってる藻前って... 
 なんに限らず考え方には古い新しいがあるでしょ?
 
>選別という考え方もだめ
「だめ」って言い方ですむならバカでも言える
現実的には選別だなとおれも思う。
>>59がファシストでないのなら

61 : :04/03/28 17:23
>>58>>59
必死だな w

62 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/28 17:40
『現実的』って便利な言葉だな。
『必死だなw』ってのもみあきたな。
ま〜必死になるようなこともないのかな、そういう輩は。

63 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/28 17:43
バカでもいえることを平気で言う
これも大切な姿勢。

64 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/28 17:45
自分のいい分だけはマヌケでも大切な姿勢か
やっぱファシスト臭がただよっていたのは...

65 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/28 17:48
上位2つ3つのスレかきこ同じふたりかしら。

66 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/28 17:49
>>64

あ〜考えすぎ、ファシストっていまいち良くわかんないし。

67 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/28 17:51
>>65
ん?上位って何?

68 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/28 17:54
133 名前:ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη :04/03/28 17:32
諦めたってどういう状況が諦めたってことなの?
134 名前:ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη :04/03/28 17:37
死のうかなってことかな。
135 名前:ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη :04/03/28 17:43
>>134
オレは仏教徒だからそれはありえないから、
他のバイトへの移行とかって想像していた。
そういうのもあるのかな。
でもオレの場合はそうなっても一時しのぎで諦めには繋がっていかない。

136 名前:ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη :04/03/28 17:44
ま〜実際死ぬ勇気はないけどね。



69 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/28 18:09
違うな。
死んだらいかんな。

70 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/29 00:39
暇だな、おい…

71 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/29 00:48
なんでかね?

72 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/29 01:26

そんなことより、「アート(art)」って言葉の意味教えてください。

「クリエイティブ」の定義を教えてください。



73 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/29 01:28

あと「成功」の定義も教えてください。



74 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/29 04:46
アートとは絵画のことであり、
クリエイティブとは絵画のことだ。
そして成功とは絵画のことだ。

つまりすべて絵画なのだ。

75 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/30 01:49
そして死と恋も絵画だ。

76 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/30 10:28
>>74 の中のヒトの様に単純に考えられたら幸せだな。
『art』の定義なんて現代では誰にもできないんじゃないの。
とくに現代美術は とネタにマジレス。
カッコ悪い自分に_| ̄|○


77 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/30 17:32
>>31>>36
T死の隣人をみれ

78 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/03/31 13:03
何もないところからは何も生まれないでそ

79 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/04/07 01:00
固い 固いよおい。
そういうことは一人で黙々と考えるもんだ。
苦悩やスランプなしの芸術家なんてろくなのいないんだから。

80 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/04/07 02:21
なんとか満とか?わいんからー♪のヤシ

81 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/05/14 18:17
アートの唯一の現在形は現代美術であり、その他は過去美術
もしくは、工芸だという立場から発言すれば、美術史、特に現代美術
の歴史を理解することは、作品を作るうえで必須です。
知的な要素の無い作品は、過去の美術の単なる模倣と反復にすぎません。
過去および同時代に、どんな作品が作られているか、また、
現代社会、政治、カルチャーについての情報(インフォーメーション)は、
制作(フォーメーション)の大前提です。情報を自分の論理で分析し、
どのようなコンセプトを、どんな形で打ち出すか考えることが、
制作の中心であって、手を動かすことは、本来は職人の仕事です。
芸術的感性は、創造的知性と共存すべきものです。


82 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/05/14 23:45
スレ違いなのですが情報を求めています。
スイスのデザイナー、ヘルベルト・ロイピンという人が描いた
「ペピータ」という飲み物のポスターがあるのですが
この作品が載っている画集等ご存知の方いらっしゃいませんか?

83 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:04/05/15 15:03
考えるな。感じるんだ。

異次元コボちゃん
http://www.ne.jp/asahi/en/takenawa/040101.jpg

http://comic4.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1084576719/


25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)