5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■  絵画芸術は終わった? ■

1 :ルノワール:03/07/10 13:15
絵画芸術は終わった芸術なのでしょうか?
今の時代に『油彩・テンペラ混合技法』とかで
がんばってる人たちは、何故に描くの?

402 :397:03/07/31 16:01
>>401あんただれ?

403 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/07/31 16:02
>>402
396=399=401

404 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/07/31 16:03
ああ、わかった。
>友達みんな絵の年収300万〜1000万くらいあるよ
に対しての
>お金になってることだけで
か。

405 :397:03/07/31 16:12
>>402

>>393見てみれ。w
それと>ビジネスにすることが悪いなんて話はどこにも出て来てないし
>>400の>ビジネスにすることが悪いっていう単純なこと言ってるんじゃなくて、は、>>397の発言の補足だからね、そう読んでくれないと混乱するよ。
>>385はよく分かんない。でも戦略じゃなくて概念ならハゲ同意なんだけど。
もしかして誤用?w

406 :397:03/07/31 16:13
>>404
あ、そーです。



safari使えねー

407 :397:03/07/31 16:15
それと>>405
レス番まちがい
×>>402
>>403

408 :_:03/07/31 16:17
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

409 :    そうぞうしゃ:03/07/31 17:15
戦略――

「芸術」が社会ゲームとなったとき、それは[美としての]「深さ」を失うのだ。

で、あんたの言う「イイもの」って何?(個人の美的イメージは試される)
で、あんたは何を 直 接 見てるの?(個人の美的イメージは試される)

410 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 00:28
>そうぞうしゃ
相当頭でっかちだね
創造するより他のことの方が向いてるんじゃないかな
でもでかいだけじゃなく固そうでもあるので、無理かなあ


411 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 10:51
【戦略的】制作態度
内なるものに突き動かされて、制作に没頭するタイプの作家がおり、
一方で、主題を吟味し計画を綿密に立て、目指す結果に向かって冷静に思考した上で、
制作に入るタイプの作家もいる。
他者に対して何をどのように働き掛け、どのような結果をもたらすか、
という一連の流れを何度もシミュレーションし、慎重に計画的に制作作業を進める、
このタイプの作家やり方は、まさに戦略的と言って差し支えないだろう。
だが、目的の達成がすべてである広告やデザインが、シンプルな戦略を用いるのとは異なり、
芸術の場合、見る者に作家の複雑な思考過程や葛藤が見過ごされてしまうと、
目指す結果に到達できないのだ。表現として不完全なものになってしまうのだ。
このタイプの作家には、何よりも周到な計画=戦略が必要なのだ。

412 :ある芸術家:03/08/01 13:29
ウォーホル以上の戦略を用いた芸術家も芸術も無い。
(たとえばクーンは商品主義に堕落してほぼデザイナーだ)
ウォーホルは(とくに初期において)なにひとつ「芸術」を創らなかった。
つまり社会をコピーした(コピーアート)。 これ以上の芸術的戦略はあり得ない。

自分で言え。間違ってても自分の意見を言え。自分自身の感情と思考で動け。
それ以外はアーティストの資格もない(社会が称号を与えても)。
・・・大体そうでなければ「アート」には永遠に触れられない。
まず「深く考えること(論理)」を放棄すれば、アートにはまったく関係できないね。
>>357を引用。
重要なのは美の「実現」であり、それは[言葉による]批評の埒外にある。
常に芸術家は過去の芸術を踏まえ創造を行わねばならない。
また同時に 新 し く なければならない。
芸術とは普遍的イメージの「抽象的」具体化であり、 ――――
―――――議論(論理的展開)を否定しても創造はできない。
           |
           |
個人はいっそうの 芸 術 的 努 力 が必要となる。
決して中途で立ち止まってはならない。
――われわれは 未 来 時 代 を造形すべきところ[現代芸術の終わり]に来ているのだ。

413 :違うとこで終:03/08/01 13:43
結局この板に書き込んだ人の
99.9999%は、将来絵画の技術だけでは食っていけないと思います。こんな
ことは誰でもわかることですが今の社会には絵画の需要がほとんどありま
せん。でも絵画は終わってないと思います。純粋な「天才」か強力なコネ
か村上たかしのような商才があれば。それ以外の人は油絵の具触ってる暇
があったらフォトショップ、イラストレーターのショートカット覚えたほ
うがいい。こんな事書くと批判されそうだが、批判する人は現実を見てな
い。もう奇麗事はやめよう。


414 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 13:47
ウンチクはもういい!昔の事例をださないと絵画やってる人
は議論もできないの?

415 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 13:48
>ウォーホル以上の戦略を用いた芸術家も芸術も無い

そんなことない。リキテンシュタイン、ラウシェンバーグ、
フランク・ステラ、クリスト・・・

最近のキーファーは豪邸にすんでいるとかで笑えるが
それぞれクレーバーだね。欧米のアーチストは。

416 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 13:54
>>413
絵は商品じゃねえ、つ〜の。野球好きがみなプロ野球選手になって、
金を儲けようと思ってんのか?そんなヤシはごく少数だろーよ。
絵は描くもの。ただそれだけ。絵より金の好きなヤシは、誰も止めない
から、どうぞ銀行員になって下さい。生活が大事と思うなら公務員
でも目指したら?


417 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 14:03
416
絵画芸術は終わった芸術なのでしょうか?
がんばってる人たちは、何故に描くの?

416絵は描くもの。ただそれだけ。

じゃあ議論する必要ないね。ただの趣味なら。


418 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 14:06
416のようなナンチャッテ芸術家しか存在できないのが今の絵画の現実。

419 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 14:12
>そんなことない。リキテンシュタイン、ラウシェンバーグ、
>フランク・ステラ、クリスト・・・

みんな世界的巨匠になっちゃいましたね。
特にリキテンシュタインの版画は馬鹿売れしてるらしい。
ステラの版画もいい。

>最近のキーファーは豪邸にすんでいるとかで
まぁ あの価格なら1枚で一生遊んで暮らせるわな。





420 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 14:12
金にならなきゃプロじゃないなら、ゴッホもセザンヌもみんな
趣味のお絵描き、つーわけだ?

421 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 14:12
385はどうしたんだろ

422 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 14:14
趣味でやるぶんには絵画は終わってない。
ガンバレ!!!

423 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 14:19
音楽も絵画も基本は道楽でやりつつ
金に結びつくことも必死で考えてやる。

424 :_:03/08/01 14:24
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

425 :420:03/08/01 14:24
金にならなきゃプロじゃないなら、ゴッホもセザンヌもみんな
趣味のお絵描き、つーわけだ?

また過去の人の話ですか。ゴッホもセザンヌも命をかけて芸術に取り組んだ
からこそ死んだ後多くの人を感動させ、評価されたと思う。自己満の君の絵
と比べるのも失礼ではないでしょうか?

426 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 14:30
まぁ 美術館にコレクションされる位になるようがんばることだね。

427 :ある芸術家:03/08/01 14:39
ウンチクはもういい!昔の事例をださないと絵画やってる人は議論もできないの?

芸術とは普遍的イメージの「抽象的」具体化であり、議論(論理的展開)を否定しても創造はできない。
って書いてあるじゃん。だからそれは絵画と呼べても芸術じゃないんだわ。


リキテンシュタイン、ラウシェンバーグ、
フランク・ステラ、クリスト・・・

ウォーホル以上の戦略を用いた芸術家も芸術も無い。コピーアートは最高の戦略である。
ってことは、戦略という観点からみれば、この人たちはウォーホル以上じゃないんだわ。
           

428 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 14:49
リキテンシュタイン、ラウシェンバーグ、
フランク・ステラ、クリスト・・・ 、キーファー

あの今現在 第一線級のアーチスト達ですが?


429 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 14:57
427さん
「芸術とは普遍的イメージの「抽象的」具体化であり、議論(論理的展開)を否定しても創造はできない。
って書いてあるじゃん。だからそれは絵画と呼べても芸術じゃないんだわ。」
というとこをもう少しわかりやすく説明して欲しい。お願いします。自分の
言葉で。


430 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 15:02
ある芸術家さんって作品作ってないでしょ。
ただの評論家きどり?

431 :あるゲイジュツ家(現役):03/08/01 16:41
   「文章の引用」は、もうコピーアートなのよ
『社会をコピーした(コピーアート)。 これ以上の芸術的戦略はあり得ない。
 ・・・アーティストの資格もない(社会が称号を与えても)。』
・・・ということは、アートはもう個人の範囲までマジで降りてきているのよね
それで、普遍的イメージってのは「何が芸術なんだろう?」ってちゃんと分かってるんだ!
ってことでしょ?だからそのことをちゃんと自分の頭と心で考えて、議論したり論じないとだめ
    よーするに絵画芸術ってのが写真絵画で終わっちゃったから、
    それ以降はみんなで考えよう!ってこと!写真もアートとは言えないみたいなのだし。
    アンフォルメルってのは「かたち」がダメなのでしょ?

warholが言ってたように、「美?なにそれ?そんなもの無意味だ」ってわけよ。
――個人の言葉は否定されて、それが表現する『アート』に焦点がある。よーするに
   それを評価するのも、それを「アート」として認めるのも、
   個人の「美」のイメージの深さにかかってんのよね。美しくなきゃアートじゃない。
私にとってはwarholよりすごい戦略つかって(てゆーか、楽)して「あーと」してる
よーな人っていないし、社会が一級って認めても・・・なんかダメだなあ。美しいかなぁ
・・・リキテンシュタインとか



432 :現役(初参加):03/08/01 19:18
とりあえず、、
絵画が終わってしまったのは認めるに忍びないが
事実だと思うよ。
そのみじめさを直視もしないでなにが始められるっていうのか
まったく、どうしようもないと思ってる。だってもう今は
「リヒタ−以後」でもあるわけです。
ニューペインティングってなにを歴史に残したの?
一部の人が金持ちになったってだけじゃんか。
もう、なーんにも新しいことってないんじゃない?
それでも描き続ける、、それしか出来ないから。

433 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 19:55
それでいいのダ!!!

434 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 19:58
その無力感を表現するのダ!!!

435 :ある現役芸術家:03/08/01 20:04
| ? 未来はもうすぐ来るハズだ!|
 
  私たちにできること
――――いっしょう懸命描くこと
――――できる限り考えること
――――深く感じること
  
  その他に何がある?
過去の芸術を振り返り、見逃した点が無いか調べ尽くすこと。
新しい芸術を求めつづけること!
芸術家としての「人間」にほかに何ができる?
たったひとりで頑張るしかない!

436 :434:03/08/01 20:19
過去の偉大なアーティスト達も先人の創造に憧れそして又
絶望し、戦の後の焼け野原の様な状況から新しい表現方法を
考えたに違いない。昔からオリジナルなアートなんてないのである。
その逆説をいえば全ての事がオリジナルとして成立するのである。
だからただ作るしか道はないのね。

437 :t:03/08/01 20:20
無料画像でモロ見え!
間違いなくヌケル!!
http://www.cappuchinko.com/


438 :地方芸術家:03/08/01 20:31
    でもだからこそ、
 本 当 に 美 し い も の 
   が試される時代なのだ。

ってことすね
君の作品は、どう?――で僕の作品は・・・


439 :地方芸術家:03/08/01 20:36
『正しい「芸術的前提」を踏んだ』 芸 術 家 の 創 る も の は、すべて 商 品 [レディメイド]となる。・・・彼の行為性は「芸術的価値」を持つようになる[ウォーホルの芸術、あるいは タ レ ン ト ・ ア ー ト ]
・・・とは言え、「日曜大工」がすべて芸術とは呼べない。また、「ファインアート」は深い意味での 精 神 性 を欠いている[芸術的展開を無視する]

新しい芸術家[真正の芸術家]は――われわれの社会体制の「内部」に 抽 象 的 に ――現れるだろう。


真正の芸術家・・・タレントアート
オリジナルだから、なんでもありかっていうと、そうでもない。日曜大工みたいに。
才能!

440 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 20:47
リヒターの前と後ろで何がかわったんですか?

441 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 20:48
前のほうに書いてある!

442 :3:03/08/01 20:54
本日更新日!コスプレ巨乳美女が乱れまくる!
無料の無修正動画はこちらから
http://66.40.59.142/index.html

443 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 20:54
無類の絵画好き

444 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 20:56
写真から描いたり写真を加工したりって
ルネサンスの頃から行われてると思うんだけど
なんでリヒターばっか騒がれるの?

445 :?S?R?S:03/08/01 21:02
昔からオリジナルのアートなんてないのでR。

446 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 21:09
前に書いてある・・・

写真絵画―視覚機能の模倣(模写)
過去絵画―現象描写

決定的な違い。これで絵画は終焉した・・・

447 :現役(初参加):03/08/01 21:09
>444
リヒタ−が注目されるのは別に凄いテクニックでリアルな絵を描いてるからじゃ勿論ないんですよ?
もしリヒタ−が、あのスーパーリアルな絵しか描かない人だったら、
まったくまともな画家としては扱われなかったんじゃないでしょうか。
同時に別人のような抽象画も描き続けてるところに
多くの人が興味を惹かれて同時に当惑してるんだと思います

448 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 21:12
絵画「芸術」は終焉してないでしょ!

449 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 21:30
芸術は悲惨で、シニカルで、愚かで、救いが無く、人を混乱させる・・・我々の精神的乏しさの鏡、
みすてられ、喪失してしまった我々を映している。偉大な理想、ユートピア、あらゆる信念、
意味を生みだしてくれるすべてのものを我々は失った。
信じることもできず、何の希望も無く、ひどく脅かされながら有毒のゴミためで彷う。
わけのわからないかけら、ゴミの一部、がらくたが我々をたえず脅かし、痛みつけ、捻じまげ、
早晩我々の息の根を止めることは免れない。狂気よりたちが悪い。だから慰めが売られる。
さまざまに飾り立てられた迷信、誇張されたちっぽけなイデオロギー、愚劣な嘘が。
アートシーン全体が、みすぼらしさ、嘘、虚偽、堕落、悲惨、愚劣、無意味、
厚顔無恥の一大劇場だ。口にする値打ちも無い。
〔ゲルハルト・リヒター「写真論/絵画論」より部分抜粋〕 
現代こんなことを言うことができるアーティストは他に誰一人いない!
絶望と憧憬だけを抱え、失われた希望を求め、それでも筆だけを武器にし、もがく芸術家――   

450 :直リン:03/08/01 21:32
http://homepage.mac.com/maki170001/

451 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 21:32
>>446
昔から純粋な視覚とそれを2次元化することの問題って
当時の光学やら医学なんかと結びついて色々探求されてきたと思うんだけど
なんで今さら終わったとか言われるのかがよくわかんない
現象描写って何?

452 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 21:37
終わったといいたがる香具師は
どの分野でも
努力を怠っている怠け者

453 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 22:01
『平面』芸術での問題。
写真を模写した絵画で、最も重要なのは「ぼかし」を結果的に模倣していることで、
それは何か自然の現象(光がつくり出す幻影)を平面芸術に写すこととは―――
――決定的に違っている、ということ。
リヒター以前のイリュ―ジョニスティックな平面絵画(この場合「写真」も入るだろう)
は、みなこれだと言える。すべて三次元的な「幻影性」「現象性」を持っていたから。
つまり「ぼかし(ピントぼけ)」は―― 
――自然現象そのものでなく、人間の三次元的視覚の特性。想像でも創造でもない。

理論上では確実にこれで「(自然現象を描写する)平面絵画」は終わったと言える。
〔モダニズムを超えない以上〕芸術は常に『新しく』なければならないから。


454 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 22:36
ますますわからんw
写真のブラーを模写したのはリヒターが初めてじゃないでしょ

455 :ある芸術家:03/08/01 22:39
「ブラー」って何?
でも『意識的に』やったのは彼が最初、そして最期

456 :ある芸術家:03/08/01 22:42
前のほうをじっくり読めば、よく書いてあるだろう。

論理の外在化が芸術なので、「物質化された作品」にはもう[芸術的]価値が無い。
[でも社会が・・・ということも、前に書いてある]


457 :地方芸術家:03/08/01 22:47
>>443
絵画芸術家はみんなそう。女よりもマジで好きだったりする。(楽しいんだ)

458 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 22:50
フェルメールはかなり意図的だったんじゃなかったっけ
それに既にファン・アイク以降のリアリズムからして
レンズを通した視覚を意図的に模倣しているように思えるけどね

459 :v:03/08/01 22:59
◎無修正画像をご覧下さい◎無料パスワードをゲットすれば、もっと凄い画像とムービーがご覧頂けます◎
      ★見て見ておまんこ★
http://endou.kir.jp/betu/linkvp2/linkvp.html

460 :ある芸術家:03/08/01 23:02
カメラ・オブスクーラ
だが「芸術的内容」は描写された内容にあった。
『ぼかし』も模写せず、すべて 芸 術 家 の 目 で造形された。
だから、「ピント」は全画面均一にあり、オールオーバーに繋がっている。
「リアリズム」という言葉はすでに機能しなくなっている。
現代に『フォトリアリズム』がある。――さらにリヒターはそれを破壊した。
それらは「ナチュラルリアリズム(自然的現実性)」と証明された。


461 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 23:12
>>425
過去の人間出すな、つーても未来の人間出すワケにもいかんだろーよ。
じゃあ、現存の人間だけで話しろ、って?アフォか。正論言っているつもり
で、自分の矛盾に気づいてない。しかも、自分の意見に合わない者は自己マン
と決めつけるあんたは、何者?似非美術家にしか思えないが。

462 :_:03/08/01 23:12
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

463 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/01 23:53
あれだな、ゲイジツ家気取るヤシが、難しいこと話したがるの、って
何かコンプを持ってるんだろーな。アフォなヤシは簡単なことを難しく
話し、賢いヤシは難しいことを簡略に話すものだよ。背伸びするなって
モマエラ。ノー書きよりも作品が物言う世界なんだって‥‥‥

464 :芸術評論家:03/08/02 00:12
前に書いてある。「よく読む」と良いのだろう。
芸術が論理の外在化(論理を表現すること)である以上、議論は否定できない。
『俗物の無理解』と言うのは(芸術家にとって)簡単だが、
別に難しいことを言おうとしているわけではない。ただ「論理」自体を無視できないだけだ。
論理の簡略化は芸術家にとっては(ただでさえ、表現と無理解を背負っている)倍の重みなので、
芸術家の努力とともに「素人」と呼ばれる人たちが極力歩み寄りの姿勢を見せることも重要だろう。
『複雑な論理』を生み出したのは芸術家というよりはむしろ「大衆」であり、芸術家はそれらを
――後から追いつくように必死で抽象化し、表現してきたに過ぎない。
芸術言語は生活言語と分離しているが、芸術言語の表現は生活言語の表現―との合わせ鏡であり、
簡略化と具体化を混同している大衆にとっては、芸術家の「抽象化」に逆らって―――
――それが動いていることを知らないのだ。芸術家がすべてを生活言語で表現するならば、
芸術は大衆にとって〔理解できず〕取るに足りないものとして「無視」されてしまう、
あるいは全くに、表現すべき『論理』に気が付かれないまま、―――黙殺されてしまうからだ。


465 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/02 00:16
日本語勉強しろよ。

466 :芸術評論家:03/08/02 00:31
君は――「 日 本 語 」の何を知ってる?

467 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/02 02:38
捨てぜりふ吐くしか能のないチンピラ相手にしても消耗するだけ。
格闘技でも身に付けてるんなら余計なお世話だろうが…

468 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/02 06:18
でもさー
15世紀あたりから連綿と続いてきたレンズ的視覚=リアルという刷り込みを
解体しようとしたのがセザンヌやらキュービズムやらじゃなかったんだっけ?
そういう懐疑精神みたいなもんが簡単に物質化するとは思えないし
眼球のしくみは解明されたにしても、認識論的とゆーか実存主義的というか
個人のリアルを獲得する実験に終わりはないと思うんだけどね
脳科学や神経科学もまだ不完全なわけだし。
それがどうしてリヒターがレンズボケを模写したくらいで終わりになっちゃうのか
あんま美術理論とか詳しくないんだけど
誰かにやさしい言葉で説明してもらいたいですなあ。

469 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/02 09:19
絵画史を意識する作家にとって、
>「(自然現象を描写する)平面絵画」は終わったと言える。(>>453
つまりその他の平面絵画の可能性は残っているということだよね?
それなら誰も反対しないと思う。

470 :芸術解説:03/08/02 12:49

それ以前の現象的絵画は(多かれ少なかれ)「何かを見せかけるため」に描かれた。
しかしリヒターはもう何一つ見せかけず、『人間の(目の)限界』そのものを
――表現したんだ。あるいはわれわれ人類の『社会的意識の限界』を。

表現された平面作品を「人間が世界をのぞく方法」として捉えるとわかりやすい。
人間がもし、写真絵画のように『ぼけた映像』しか見えなかったらどうする。
それは「メガネ」とか「コンタクトレンズ」が必要になるだろう?
つまりそのような『人間が社会を「意識」するがゆえに起こること』
――をも表現しまった。人の「視力」が悪いと、彼の社会生活に支障をきたす。
もうこれで、目の前で起こっている「現象」に対して目を塞ぐしかあるまい・・・
ということだね。芸術には(ピカソ、印象派からはっきりとしてきた)
――『モダニズム(前進主義)』という方向性がある。もうこれ以上どうやったら
前進できるのだろう?という場所まで、芸術家にとっては・・・来ちゃってるわけ。
モダニズムは「死に向かうベクトル」って呼ばれている。
だからリヒターで「絵画は死んだ」って言われているし、――
「絵画の死を表現した絵画」とも言われている。

自然科学は芸術とともに文化として進展してきたわけだけど、ここで――理論上
自然科学からもほぼ分離してしまった。だから騒がれないほうがおかしいわけ。
・・芸術クンは他の文化くんと分かれちゃって、いったいこれからどこ行くの?って。

471 :あるアーティスト:03/08/02 12:49
まず「誰も反対しない」のは芸術の社会的側面だ。
現代では社会体制の中に『芸術』の意味は解体され、
ほとんど金持ちたちが利用するゲーム(金遊び)になっている。
だから 反 対 す べ き な の は 我 々 芸 術 家 か ら なんだ。
そのためには、まず芸術家が自分のやっていることを 意 識 しなくてはいけない。
芸術を社会ゲームとして消費することは、「芸術悪用」に他ならない。
このようなことは、社会現象の内部に無意識的に 反 動 として現れるんだ。
芸術家には、そういう『意識されなかった責任』があるんだ。
これは結局誰の責任とも言えないけど、(おそらく大衆と芸術家半々くらい)
・・・とりあえず「変えること」ができるのは芸術家だけだ。
金の流れを効率よく回すために 芸 術 を用いてはならない!

472 :_:03/08/02 13:09
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

473 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/02 13:45
>>470
>モダニズムは「死に向かうベクトル」って呼ばれている。
>だからリヒターで「絵画は死んだ」って言われているし、――
>「絵画の死を表現した絵画」とも言われている。

論評で言われている、ということの大筋はわかった。
(明解に解説してもらったことに感謝)
しかし、作家に少しでも批判精神があるなら、そのことに単純に同意すべきではない。
それこそがモダニズムの精神であり、「絵画は死んだ」と作家自らが宣告しない限り、
まだまだ疑義を差し挟む制作姿勢は有効だということじゃない?
リヒターはまだ現代の作家であり、彼の仕事の評価が確定したわけじゃないでしょ?
>>471
>まず「誰も反対しない」のは芸術の社会的側面だ。
そういうことではなくて、
「(自然現象を描写する)平面絵画」は終わったと言える。
という主張に対して、絵画史を知っている者ならば、異論を差し挟めないだろうね、
ということを言いたかったわけ。

474 :現役(初参加):03/08/02 14:12
>>473

確かに。
拙速だった。>絵画は死んだと言い切ること
自然現象を描写するだけの絵画が完全に死んだということだけは明言出来る。
でもその後長い時間が経過している。モダニズムも既にかなり行き詰まってしまっているのではないでしょうか。私は具象なのだけれども、抽象も含めての絵画の危機は客観的にある程度まで事実だと思う。
まあそれで新表現主義とかが出てきたわけだけど、それも前述したように
結局ほとんど意義を残さないまま一時の流行で終わった感がある。
却って安易に絵画の復権を叫ぶことは、絵画の命を縮めるだけかもしれない。
なぜ絵画が衰退したか、その根は非常に深いのだろう。
リヒタ−は絵画は現実の物質だけれども写真は単に映像だというようなことを言っています。写真、CGもそうですが、人間がそのような非物質の芸術だけで満足出来るのかといういたってシンプルな問題に関わっているのではないでしょうか。


475 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/02 14:52
>>474
なるほど、たいへん勉強になりました。
私が漠然と考えていたよりも、現代の絵画の置かれている状況は、
はるかに厳しいということが分かりました。
それでも絵画を捨てずにその中で格闘している作家たちには、
ほんとうに頭が下がる思いです。
また、美術館や画廊を回ろうと思います。

476 :あるアーティスト:03/08/02 15:05
>リヒターはまだ現代の作家であり、彼の仕事の評価が確定したわけじゃないでしょ?
>私は具象なのだけれども、
 抽象も含めての絵画の危機は客観的にある程度まで事実だと思う。

まず社会体制の枠組みとして、つまり「文化」の一部として芸術を捉えることを止めるべきだ。
 評 価 というのは、いつも表現者としての『芸術家自身』がしてきたものだ。
 評論 や 論評 などは結局彼らの芸術家としての  仕  事  とは全く関係ない、
ただの 素 人 目 線 に過ぎないのだから(彼らは作品制作をしないから)。
だから各芸術家によって過去のアーティストたちへの評価はぜんぜん違ってくるんだから。
芸術は本当に自分自身の製作者(創造者)としての目線で見て、考え、感じる必要がある。

(私は思うが)具象絵画はリヒターで終わっているだろう。
それがモダニズムへの逆行であるのは確実だと思う。それは「現象的」であるしかないから。
『描写された内容』を越えた具象絵画はない。
この意味で抽象絵画には可能性が残っていると確信する。(・・・私は抽象だ。)
できる限り描写を破壊することと、まず描写を破棄すること。
それ以外に「現在」残された絵画芸術創作はない、と考えている。
・・・『希望』は捨ててもいない。


477 :現役(初参加):03/08/02 17:00
>>476
しかし、私はやはり芸術家の世界だけでしか理解出来ないような
作品は作りたくない。具象のスタイルをとりながら、伝えようとしているものは抽象的。そんなものを作りたい。
といってモノを説明的に描写することには心底飽き飽きしているのです。
まったく無意味で重要ではないことだと思う。
なぜ具象を描くかといえば、真に伝えたい事は言葉やかたちに出来ないことだけれども(自分でも何を表現したいかは言葉ではけっして説明出来ない)、
それを感じさせるために具体的なものを当てはめるやり方が、
ゲイジュツの難しいことを知らない人にでも伝達可能な良い手段だと
思うからです

478 :X:03/08/02 17:25
AVアニメの決定版!
隠すトコはまるでなし すべて見せます。
女子校生も大股開きで頑張ってるよ
http://www.pinkfriend.com/


479 :あるアーティスト:03/08/02 17:44
芸術のことを知らない人(素人と呼んでしまえばそうだ)に――
芸術家が正しく「芸術を表現する」のは最も重要なことだ。
――でも、現在芸術の論理にそって厳密に思考と感情を展開できる作家にとって、
そのような単純化は論理への逆行と 堕 落 に他ならないのではないか?

少なくとも、私にはそうとしか思えない。――誰が何を言っても。

・・・抽象を否定したら、私はどこにも行けない!

言葉ではうまく表現できないことを表現したいのは全作家共通だと感じるが、
それが「芸術の堕落」であってはならないのも疑いの余地は無いのではないか?
モダニズムとその意義を正しく理解している「  芸  術  家  」なら、
―――そのような『過去への 逆 行 』は赦してはならないのではないか?


480 :現役(初参加):03/08/02 19:17
>>479

1>芸術のことを知らない人(素人と呼んでしまえばそうだ)に――
芸術家が正しく「芸術を表現する」のは最も重要なことだ
2> ――でも、現在芸術の論理にそって厳密に思考と感情を展開できる作家にとって、
そのような単純化は論理への逆行と 堕 落 に他ならないのではないか?

1で「最も重要なことだ。」と言いつつ、2ですぐにそれを堕落と言うのは
理解不能です。
それに過去への逆行と決めつけるのも同じく。
確かに安易に迎合する作家は多いでしょうが、そんな行き方は
モノを説明的に描写してOKというのと同じレベルでまったく無意味です。
抽象を否定などしていません。
私は具象と抽象のあわいの場所にどこか居場所を見つけたいと思っています

481 :X:03/08/02 19:21
あの有名女優の無修正が!
セーラー服姿の美少女の無修正も!
http://www.ncdonald.com/


482 :あるアーティスト:03/08/02 19:52
安易に「単純化」「簡略化」をせずに、複雑な論理を表現する。
それは『抽象芸術』にだけ、可能なのではないか?

芸術家が何を考えようとも、素人はそこに「現象的」なものを見出すだろう。

483 :とも:03/08/02 20:07
おすすめだよ〜♪
http://angely.h.fc2.com/page008.html
総合サイトでお気に入りを探そう♪
http://angely.h.fc2.com/index.html

484 :傍観者:03/08/02 22:16
「創造者」がリヒターを引用してから、流れが一気に変った。
特に「現役(初参加)」と「あるアーティスト」のやりとりは
なかなか身のある議論がされているような…
作家にとって、言葉での議論は二次的なもの。
必ずしも明解に説明できることが、その作家の仕事の価値を
決めるものではないことは素人の私とて百も承知。
たとえ議論の上で多少のほころびがあったとしても、
こういう生きた議論に立ち会えることは、
(ROMしているだけだが)たいへん有り難い。

低能の荒らしには徹底して「ムシ」でいきましょう。

485 :あるアーティスト:03/08/02 23:01

あらゆる芸術家は自分のフィールドでいつも全力を尽くしている。
たとえ本人さえそれに気がついていないとしても。
――このことだけは誇りを持って言えることだ。




486 :_:03/08/02 23:13
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/2ch.html

487 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/02 23:22
あーヤダヤダ。ウサン臭いよなー、美術専攻しててインテリぶるヤシって。
ま、美術評論家目指してんのなら、許されるんだろーけど。絵がヘタなヤシ
ほど弁がたつものなんだって。

488 :あるアーティスト:03/08/02 23:31
インテリジェンスと「インテリ」は違う
下手な絵と無意味な絵画、どちらに価値があるのだろうか?
それぞれの芸術家の努力に水を差すべきではない。――冗談でも。

489 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/02 23:34
美術評論家めざしてる諸君へ。
そろそろマスかくのやめて、絵をかいたら?美術手帳にでも就職をもくろんで
ろうだろうけど、そんな浅はかな論評、2chに載せても意味ないって。
ヒマ潰しにしても、アフォ過ぎる。

490 :あるアーティスト:03/08/02 23:39
社会的な評価は私にとって殆ど無価値だ。
飯を食いたいだけなら、他にいくらでも該当する職業はあるだろう。
それに真の「芸術家たち」はそんなことを考えていない。
私は芸術家に話をしている――美術評論家の埒外にいる『創造者達』だ。

491 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/02 23:51
絵描きはスポーツマンだと心得ている。才能とインテリジェンスは
別物だ。絵描きはおおむね馬鹿だから、もっとかみ砕いてやさしく
話してくれ。漏れらが信じているのは、腕力だ。



492 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/03 00:13
まずは言葉を垂れ流すより自分の作品晒してみたら?
終わった後の絵画ってやつをさ
それができないようじゃこんなとこで知識ひけらかしてる意味ないよん

493 :さるアーティスト:03/08/03 00:13
>>490
イイね!

494 :あるアーティスト:03/08/03 00:13
私が信じているのは「希望」、そして『意志』と『力』だけだ。
才能が何を意味しているのかはわからないが、知性自体は現在では極力必要だ。
まず絵画史や芸術史を正しく理解するには「知性」がなくてはできないと思う。

腕力を使って芸術をつくることもできるが、私は―――
それが「単なる暴力」ではならないと思う。アクションペインターなら話は別だが。

私は絵描きであるけれども・・・まず「アーティスト」でありたいんだ!


495 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/03 00:14
>>491
体育会系医って良し!

496 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/03 00:16
>>492
ジジイはカツラの手入れでもしてろ!

497 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/03 00:21
アーティスト、ていう言い方はプロレスラー、というくらいに
ウサン臭いよな。どちらも嘘っぽい。堂々と芸術家と名乗れば
いいじゃん。あー、軽薄‥‥‥。

498 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/03 00:22
あ!スレちがいだ!やあーいやい!!

499 :芸術家:03/08/03 00:25
芸術家ですが――なにか?で軽薄なのは誰?

500 :ФゝФ〕Иαηα∫н!∫αη:03/08/03 00:25
結局このスレ1人しかいないんですね

501 :地方芸術家:03/08/03 00:27
そんなことはないよ、芸術家はたくさん全国にいます。


502 :あるアーティスト:03/08/03 00:28
――世界にもいる。

237 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)